2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ほとんどの小説の話ってさ

1 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 16:54:08
主人公が穴に落ちる

そこから這い上がる

これだけのことを長々と説明してるだけなんだよね。

2 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 16:54:57
それなんてビルドゥングスロマン?

3 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 16:56:11
内容じゃなくて、質を見ろよ。
同じ穴落ち小説でも、力量は段違いだったりするだろよお前。

おまえ、まだ文学板くるの早いよ。一般書籍板におもどりなさいな。

4 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 16:56:42
その構造は普遍的ではないね。
ほとんど、理想が云々だな。

5 :◆XywcDiO5sg :2006/01/03(火) 17:10:44
じゃそのカテゴリーに入らないものを上げてみよう。
まず漱石「猫」は入らないでしょうね。あれは登場人物がはじめからしまいまで風刺されているわけだし。
カフカの諸作品も入らない(不条理文学に救済などない)。

6 :◆XywcDiO5sg :2006/01/03(火) 17:18:29
それからモーパッサンの「首飾り」でも主人公は確かにどん底に落ち、そこから必死にはい上がろうとするもののラストでそれが全く無駄だったとわかる(あれ冷たい話ですよね)。
フロベールの「ボヴァリー夫人」もはいらない。

7 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 17:34:09
「砂の女」の主人公は、穴の中にずっと住み続ける。

8 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 17:34:58
デミアンはひたすら理想に向けて邁進してる

9 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 17:36:15
内海文三はリストラされて、彼女にも振られて、散々ですね。

10 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 17:37:11
蜘蛛の糸だと落っこちちゃうよな。


11 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 17:37:50
エロ小説は、穴に突っ込む話だ。

12 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 17:38:17
カラマーゾフ家は?
イワン喪心、ドミートリイ監獄、アリョーシャ??

13 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 17:39:16
檸檬の主人公、これが一番凄い。
本でお城を作る→檸檬をのっける→テロリズム

14 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 17:40:11
>>1
穴は気持いいんだからしょうがないだろ

15 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 17:42:47
>>1なんてほっといてさ、5からの流れで行こうぜ

16 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/03(火) 17:44:06
ジェットコースター文学サイコーじゃないですかww
え?
あれ以来でしょ。
ゲーテとかのsturm und drang(疾風怒涛)。
18世紀から連綿と続く青春文学は
産業構造近代化によってもたらされた社会的ゆとり[moratrium]の使用法を模索する
「理由なき反抗」の流れを身にまとうなんて文学研究者にとっては常識以前の定義なんでしょ?

さすがにそれくらい誰だって知ってますってば。まさか!ばかじゃあるまいしww

そんであれでしょ。
俳句くらいしかドラマツルギーがない文学は知らないんでしょみんな。
そりゃあそうじゃない。日本の花鳥風月を愛でる脱世の雅人にモラトリアムなんて関係ないもんw
そんなの金や名が欲しい俗世での出来事じゃん。当たり前でしょ。

17 :◆XywcDiO5sg :2006/01/03(火) 18:18:04
じゃこのへんで、叩かれるのを覚悟でとりあえずまとめてみます。

パターン1.登場人物が穴に落ちてそこからはい上がる。いわゆる成長物語。
(チェーホフ「かもめ」など。読者に伝わるメッセージは「努力は大事」)


18 :◆XywcDiO5sg :2006/01/03(火) 18:21:25
パターン2.登場人物が悪いコトをして相応の報いを受ける神話、仏教説話的物語(芥川「蜘蛛の糸」など、メッセージは「悪いことはするな」)
パターン3.登場人物の努力が報われない写実主義(「首飾り」「平凡」メッセージがあるとすれば「現実は厳しい」)

19 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 18:30:30
綿矢りさの穴にちんちん入れたい

20 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 18:35:52
>>1
「主人公が穴に落ちてそこから這い上がる」
「主人公が穴に落ちてそのまま死んでしまう」
ストーリーとは、この2種類しかない

ってやつでしょ?もともとあるのは。

21 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 22:51:24
人間ってさ、生まれたら死ぬよね。
っていうのと同じだろ。
何を求めてるんだかさっぱりわからん。
深海の調査団にでも入って新種発見してきたらどうだ。

22 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 22:59:52
とりあえずチンコしごこうぜ。

23 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 12:28:28
タクシードライバーの脚本家が、映画のストーリーについて
>>1と似たようなこと言ってたぞ

24 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 12:33:33
>>20よ、構造主義者たらんとするなら今一歩だ。

25 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 20:25:05
あと、「山に登ってそこから転げ落ちる」というのもある。

26 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 22:04:10
ハッピーだろうがバッドだろうが、ちゃんと人物が
どうなったかわかるようなエンドの用意されていない
小説は糞小説。

27 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 22:06:42
と糞読者が申しております。

28 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 22:07:16
それは童話だな

29 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 22:21:39
ほとんどの小説の話ってさ

主人公が穴に入れる

そこから汁が出る

これだけのことを長々と説明してるだけなんだよね。

30 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 17:23:45
それは・・・w

31 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 19:09:56
村上

32 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 19:54:57
>>7
「砂の女」は、まさに>>1が言うような「穴に落ちて這い上がろうとする」
話を文字通りに書いたわけだな。
安部公房は「あらゆる小説を読んでから、砂の女を書いた」と言っているし。

33 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 21:20:32
直接本編を読まず、
裏表紙のあらすじだけ読んで
知ったかぶりこく香具師にありがちな発言>1

34 :吾輩は名無しである:2006/04/09(日) 20:50:03
喜びを知らないんでしょう。

35 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 05:44:50
と低学歴が申しております。

36 :吾輩は名無しである:2006/06/07(水) 20:21:24
>>35
ものすごい遅いレスですね

37 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 15:51:27
穴に落ちて這い上がるとは、

穴に落ちて這い上がれそうになるが、落ちそうになるが
マタ這い上がれそうになるが、マタ落ちそうになるが・・
選択
1.這い上がれる。やったー。でもそんなうまくいかないよな。面白いけどうそだよな。
2.穴に落ちて這い上がりそうになるが結局おちる・・俺の人生だ。つまらないけど、文学だな。

38 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 22:41:25
3.下から来たかわいい女の子に、今まで培った上り方ノウハウを教えようとしたら、
俺の上にいる池面が、もっと詳しく教えるもんだから、
女の子は俺をまたいで上って言ってしまう・・青春だな。
4.がんばって上ると、上のほうで女の子が待っていてくれた・・青春だな。
5.「ストーカーかよ」といってけり落とされた・・ひどいよ。うわああ・・ドン。
6・また底か。人のために働こう。みんな俺を踏み台にして上ってくれ・・いいやつだなお前。
7.おーい。みんな上ったかあ。・・・一人か。美学だ。これが美学。

39 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 23:12:06
8.穴の底に遺体が。自殺か、他殺か。それに誰なんだ。穴の中のアパートの住人に聞くと、
ああ、その人は、今まで踏み台になって美学といっていたおっさんだよ。昨日までは生きてたんだけどな。
誰が殺したのか、どうやって、またどうして殺したのか・・。
聞き込みを続けるうち、そのおっさんが10年も踏み台になっていたことがわかった。
さらに調べると、容疑者として一人の女が浮かび上がる。追い詰めると、
穴の中の穴の断崖に立って、そうよ、私よ。この男は私がけり落としたことを恨みに思って、
わざと踏み台になって私を否定し続けたのよ。だんなには疑われるし私の人生めちゃくちゃよ。
男と女の悲しい過去がよみがえった。10年前、この暗い穴の中にはある男の深い思いが存在していた。
落ちればいいんでしょ落ちれば。もともとあの男に上らせてもらったんだから。貸し借りなしよこれで。
女は絶叫し、断崖から飛び降りる。
振り返ると、死んだと思っていた男は昼寝をしていただけだった。
底まで俺を嫌っていたのか。美学のおっさんは、美学を捨て、穴を力強く上り始めた。推理、再生物語


40 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 18:12:18
なにムキになってんの

41 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 23:35:23
@主人公(或いはそれに準ずる人)が困難に陥る→解決する(大抵の小説)
A同上 → 頑張るけど徒労に終わる          (不条理)
B同上 → 風の吹くまま気の向くまま何ら対策を講じない(厭世的)

この3パターンに該当しない小説はあまり無いのでは?

42 :吾輩は名無しである:2006/11/27(月) 01:12:29
困難のない小説は?

43 :吾輩は名無しである:2006/11/27(月) 11:53:47
困難のない小説は?

44 :吾輩は名無しである:2006/11/27(月) 23:25:44
あげ

45 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 13:00:53
ヌーヴォー・ロマンみたいな小説は人生の困難や苦悩なんかとは疎遠。
むしろ読者に困難を強いるw
冗談抜きに>>1の疑問からスタートしたような小説だな。


46 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 14:04:34
>>1
だからいっそ、穴の中で暮らしてみたらどないだ?ちゅうのが
村上龍の「5分後の世界」

とりあえず穴の中をずぅうううううっと逝ってみたら何処にでるかしらん?ちゅうのが
村上春樹が連作で描く世界か…

なるほど、そういうことか、ようくわかった。

47 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 23:57:19
ぜんぜんちがうわカス
むらかみりゅうなんて
ありがちプロットとありがち世界観のくず三文ルポライター


春樹のほうがぜんぜん上

48 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 23:10:30
こんな良スレをdat落ちにしたら文学板の見識を他板に哂われるところだったぞ
今後は気をつけるように

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)