2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』

1 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 18:40:28
ロチェスター

堅物すぎる。

2 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 18:44:56
        Y⌒''''|'"⌒`⌒⌒'ー、_/   》
      \ γ;;;;;ノ..;;;)       /   /
       ,,,γ;;;;,,…../     ::::::::::*::/NO!KOIZUMI!
       (;;;;;;;;;;;;;;;;;;人_(\!((^i_/ヽ、::*::: }  NO!KOIZUMI!
       |    / -'' ̄    ̄''-   i  リ 
       |   ソ r(:;;:),,、i   r(;;;;;;)、  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ∞〜 プーン
       リ  i ;;;;;;;;   |   ::::   |  | 
〜∞ プーン }  <ヘ   ノ :::   /;; >  i 
        |  |::::l   `;;ー;;`ヽ: l::::|   | 
       ノ  ヽ:::  ∬ll===ュヽ ::/  リノ  
      彡ノ ソ;;∬:∬ |、'^Y^',,|:::/| / |  
        彡  |∬ \.`-;;;;-'/  
              ~ ~~i ~i~
              ・ ・
               ・・

3 :質問です:2006/01/04(水) 18:45:04
自分は小説とか読む人とは正反対の人なので、
ストーリーをついていくこと理解することには苦労しました。

自分の理解した範囲でストーリーを紹介すると、
(1)エア(♀)
(2)ロチェスター
(3)館に閉じ込められた女(♀)
が主登場人物。

(2)は無愛想、頑固、ブサイク、と3拍子そろったドキュソな男なのだが
そんな男に(1)の孤児のエアは惹かれます。・・・第一の疑問点(Q1)

そして、(3)は(2)の前妻だったのです。
(3)は館の閉じ込められた部屋を抜け出し、(2)の部屋を放火しようとしたり。
夜中にキチガイじみた笑い声をひびかせ、まさに精神病といった感じの女です。
なぜこんな人と結婚したのだろう・・・第二の疑問点(Q2)
そして、たとえ精神病だったとしても、なぜ塔の一室に閉じ込める必要があったのか。
人を閉じ込めておくなんて、あまりにもひどいではないか。・・・これが第三の疑問点(Q3)

ほかにもいっぱい疑問がありますが、このQ1〜Q3の疑問、わかるかたいらっしゃけば教えていただけませんか?

ちなみに、最後は(1)と(2)は結ばれ、結婚して子を産みます。
(3)は館を放火して、館は崩れ落ち、そのときに本人は焼死してます。

このように、TVで流行るようなトレンディードラマとは程遠い内容の話であり、
重い話ですが、印象には残りますね。

4 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 19:20:30
よろしければ、よろしくお願い申しあげます
(Q1) なぜいつも不機嫌そうなロチェスターのことをエアは好きになったか
(Q2) なぜロチェスターはキチガイ女(前妻)と結婚してしまったのか
(Q3) 好きで結婚したのに、なぜロチェスターはキチガイ女を塔に監禁し続けたのか


5 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 20:09:28
>>1はキチガイ。

6 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 21:59:22
>>3,4
全部、作品に書いてある。
きちんと読み直せ。

7 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 22:37:58
>>6
レスありがとうございます。
実はダイジェスト版の方を読んだので、載ってませんでした。
ネタバレでもokなので教えてくれませんか? なんならメアド欄でも…

8 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 16:10:38
>7
>7
>7
>7
>7
>7
>7
>7
>>7
>>7
>>7
>>7
>>7
>>7
>>7


9 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/07(土) 09:46:52
8はなにがしたいんだ

10 :スレぶち壊しさん:2006/01/07(土) 21:01:08
氏ね

11 :スレぶち壊しさん:2006/01/07(土) 21:02:36
氏ね

12 :スレぶち壊しさん:2006/01/07(土) 21:03:13
氏ね

13 :スレぶち壊しさん:2006/01/07(土) 21:04:34
氏ね

14 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/08(日) 00:20:32
ジェーンエアって、その物語の設定がエマの家なき子に類似いているような印象を持つ


15 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/12(木) 21:46:26
そのころのロマンス小説といえば
美男美女カポーが定番だったから
ヒーロー、ヒロインともに不細工というのが
当時は斬新だったらしい。


16 :リリナ:2006/01/17(火) 21:57:32
リメイク版の映画なら
観た事ある

17 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 00:22:18
>>16
シャルロット・ゲンズブールのやつ?
俺はそれで彼女のファンになったよ。
今は母親の方が好きだけど。

18 :リリナ:2006/01/18(水) 15:19:30
〉17
確かそれです
後アデール役でアンナ・パキン出てました
ps
>2へ
死んだ香田さんを馬鹿にするのは止めなさいゥイラクにいる海外の記者達だって武装勢力に捕まって惨首
されてるのだから
イラク行ってお前も同じめに遭ってこいよ
どれだけ命が大事か分かるから

19 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/18(水) 20:41:43
ジェーンが伯母の家を出て行くときの捨て台詞が強烈だった

20 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 21:48:21
サルガッソーの広い海も読んでみるといいかも

21 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 23:05:48
あれは本家の「ジェーン・エア」を壊された感じがして嫌だった
確かに差別的表現たくさんあるけどさ

22 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/20(金) 23:39:45
サルガッソー、前にすごく期待して読んだのだが、つまらなかった。
ジーン・リースの自己憐憫的妄想って感じ。
「ステレオタイプの白人と黒人にいじめられた可哀想な混血のわたし」
というイヤラシさが行間からにじみ出てる。差別を告発してるようで、
周囲、特に黒人を差別しまくってるしな。
ストーリーだって結局は、「うまくいかなかった夫婦の話」に過ぎない。
「ジェーン・エア」のもっと面白いファンフィクションってないのか。




23 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/24(火) 07:46:25
「アデール」っていうのがあるらしいけど、それはどうなんだろう

24 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 06:44:05
誰もいない…

25 :カフカース ◆RhyhO8SlPs :2006/02/09(木) 21:49:54
この物語にエマの「家なき子」との類似点を見た気がする。どちらも孤児院を
経験して死を賭して行動する部分が見え、最後には安泰を迎えたことはどこか
そんな想念を引き起こしてくれる。

26 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 21:45:43
研究本とかで、ジェーンが教師辞めて結婚したことに対して
文句言っているやつが多いのはどうして?

27 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 13:01:56
またBBCで映像化されるらしいね

28 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 18:30:45
ハリー・ポッターの境遇ってジェーンと被ってるよね。

29 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 19:48:41
>>26
女の幸せ、というのを理解してないただの文学オタの戯言。

30 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 03:16:34

The Bronte Sisters Web
http://www.lang.nagoya-u.ac.jp/~matsuoka/Bronte.html



31 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 11:51:19
女の幸せというかジェーンはずっと一人だったから
当然 結婚(家族)>仕事 だと思う
牧師よりもロチェスターを選んだのもそこらへんの理由だろうし

>>18
アンナ・パキンは子供時代のジェーン役

映像化したものの中で、子供時代は映画(97年)の
アンナ・パキンが一番いいと思った。
大人になってからはドラマ(83年)のゼラ・クラークが良かった

32 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 16:33:53
この小説自体、ジェーンの自伝という体裁になっているし、
実はその後もカリスマ主婦&小説家・エッセイストとして活躍していたのではないかと、
勝手に想像している。

33 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 15:46:51
どの訳者が良いでしょうか?

34 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 15:26:07
久しぶりに読み返してみたら、セント・ジョンが
なんだかかわいそうに思えてきた。

35 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 02:14:01
保守

36 :吾輩は名無しである:2006/04/04(火) 21:47:14
人がいない…

37 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 18:28:19
そういえばブロンテ姉妹は読んでなかったな

38 :吾輩は名無しである:2006/04/05(水) 18:35:55
イギリスのブロンテ記念館行きたいなあ。行った人いる?

39 :吾輩は名無しである:2006/04/06(木) 23:52:45
ジェーンの「聖書の詩篇は面白くありませんわ」という
台詞に共感した中学時代が懐かしい。
ヘレンって今で言うADHDって感じじゃね?
(知力は非常に高いんだけど、身の回りのことができない、片付け
できない、授業中空想の世界に入っちゃう)

40 :吾輩は名無しである:2006/04/08(土) 16:19:20
>>39
ただ先生が厳しいだけだと思ってたよ…>ヘレン
確かにそう言われてみれば、そんな感じかも
お姉さんがモデルなんだっけ?

41 :吾輩は名無しである:2006/05/17(水) 23:03:12
なつかしいな漏れ卒論で書いたわでも昔のことで記憶が

でも3だけはこうだったようなという記憶がある
Q3) 好きで結婚したのに、なぜロチェスターはキチガイ女を塔に監禁し続けたのか

あの時代離婚という概念はなかった
結婚したら一生添い遂げるというのが常識
持参金ももらい結婚したものの気がふれてしまった妻(以下バーサ)
表に出すということはロチェスター(以下ロ氏)にとって恥になる
体裁を気にするロ氏には耐えられない
以上の理由からロ氏はバーサを閉じ込めた

そんなだった気が

あーなつかしい、もう一度読もうかね

42 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 13:28:02
あの時代結婚相手が精神病になってしまったら離婚できないんじゃなかったっけ
それは別の話か?

新しく作られるジェーン・エアのドラマが日本で放送されるのはいつになるんだろう…
ジェーンの写真見たけど、結構良い感じだった。
嵐が丘やブロンテ一家の話も映画化するらしいし、
今年(来年?)なにか特別なことでもあるんだろうか。

43 :吾輩は名無しである:2006/05/20(土) 21:22:20
>>42
>>あの時代結婚相手が精神病になってしまったら離婚できないんじゃなかったっけ
そう、離婚できてたら話は簡単だった。
ただし、この法規定は19世紀中にも変遷があったので、
「ジェーン エア」の時代設定を何年にするかによって、解釈が
変わると言う評論家もいる。

ブロンテ物は今ブームだね。去年はシャーロット没後150年だったわけだが。
ブロンテ一家の映画って、ミシェル・ウィリアムス主演のやつかな?

44 :大学生。:2006/05/24(水) 21:11:00
初めまして。
今日、学校で『ジェーン エア』の映画を見ました。
途中から見ても最後まで見てなぃので、DVDでも買っても見ようかとネットで調べたら、今日、見た映画の出演者のやつがなかったんです。
何度か映画化されてるのは知ってますが、発売されていないDVDもあるんでしょうか?

45 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 10:28:46
>>44
誰が出演してるやつ?
シャルロット・ゲンズブール主演のだったら、
DVDは出ているので、探せば買えるよ(amazonには無い)

46 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 14:10:27
↑ごめん、amazonにあった。
日本で見れるのはあと1983年のと1947年のか

47 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 11:03:06
>>34
>久しぶりに読み返してみたら、セント・ジョンが
>なんだかかわいそうに思えてきた。
あの人は昔も今も嫌いだなぁ。
現代の感覚から見るとあの宗教的情熱は理解できないし、
女性を物としてしか見ていない傲慢な印象しかない。

48 :吾輩は名無しである:2006/05/29(月) 13:35:49
家族や愛情を求めて転々とするジェーンとは逆に、
家族や好きな人を捨てて一人で生きていくという図は
面白いと思ったけど、確かに好きにはなれないなあ。>セント・ジョン

ジェーン・エアって、家族と切り離されて一人で生きている人物が多い気がする。
ジェーンだけじゃなくてロチェスターとかヘレンとかバーサとか、
アデールもそんな感じか?

49 :吾輩は名無しである:2006/05/30(火) 15:33:47
1970年作、スザンナ・ヨーク主演のジェーン・エアが見たいんですけど
まだDVD出ていませんよね?
なんと言うか音楽がすごい好きでした。

50 :吾輩は名無しである:2006/06/01(木) 13:18:41
1970年のDVDは輸入版ならあるみたい。ついでにサントラもある。
>>43
そうです。ミシェル・ウィリアムス主演のです。
imdbにエミリやアンの名がまだ出てきていないけど
シャーロットとブランウェルがメインの話なんだろうか?

この映画や、2006年のドラマがヒットして
原作もブームに…なんてことにならないかなーと期待しているんだが。

51 :吾輩は名無しである:2006/06/13(火) 21:16:07
ここも人が少ないし、ネットで感想とか見ると批判が多いし
寂しいなー。結構好きなんだけど
ドラマとか映画は…日本では、やるとしても当分先か

52 :吾輩は名無しである:2006/06/16(金) 23:19:33
>>51
うん
同じブロンテ姉妹でもなんでこんな人気ないんだろ
嵐が丘とかゼミの卒論題材として大人気だけど
ジェーンエア超不人気。。。英文学選考30人中1人て!
別に大人気ではなくても良いんだけど
解釈のディスカッションとかできなくて困った
教授が専門だったから良いものの


53 :吾輩は名無しである:2006/06/17(土) 00:13:31
本国では「嵐が丘」より人気らしいのにね。
やっぱキリスト教や身分制、童話との関連性etcの奥深さが、
日本人にはわかりにくいのだろうか。

54 :腹痛:2006/06/17(土) 14:56:23
今日読んだ。聖書を分かってたらもっとおもしろいのかななんて。
もっと早く読めば良かったな。最後のほう、ジェーンはお金を持てなかったら
帰らなかったのだろうか。ロチェスターが、身体に障害を負わなかったら、二人は
あんなになかむつまじくは行かなかったのかなとか考えた。二人が、下巻のはじめのほうで、
結婚を決めてからのすれ違いを読むのがちょっと辛かった。でもありのまま、おこりえる
すれ違いをちゃんと描いたブロンテってすごいと思う。ジェーンは平等を求めて苦闘する人
で、すごく愛されてもそのことだけに埋没しないのが素敵。平等な関係というものを、抽象的でなく
具体的に描くことに成功している。聖書を読んでみようかなーーー。

55 :吾輩は名無しである:2006/07/07(金) 21:20:03
>>54
結局遺産を相続したから戻れたんだと思う。
経済的に自立できて情婦になる心配が無くなったから

しかし五千ポンドってどのくらいのお金なの?
ロチェスターの財産とか身分とかもいまいちわからない

56 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 02:12:33
BBC版のドラマ観た。確かにかなり原作に忠実だけど、
ロチェスターがどうしてバーサと結婚したのかとか、
セント・ジョンの事とかかなりはしょってたー

原作読んで補完して楽しむドラマって感じ。

ところで、童話との関連性って部分をよければ教えて
もらえないでしょうか。絡んでるなんて全く気付かなかったもので…


57 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 22:32:23
読んでて涙が出た所。
 1 ローウッドの教室で理由も無くブロックルハーストさんに罵倒されたジェーン
   とその後のヘレンとの会話
 2 全てがばれた後のロチェスターの必死の求愛
 3 ジェーンとロチェスターの再会

 唯一笑ったところ
  セント・ジョンの「女中仕事に満足しましたか?」の一言

 


58 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 22:43:25
>56
>>56
「ジェーン エア」には、作者シャーロットが子供時代に熱中してた
童話や物語の要素がつまってる、らしい。
有名どころとしては
・美女と野獣
・青ひげ
・シンデレラ
・茨姫(眠り姫)
・ラプンツェル etc.
この小説の完全なハッピーエンドも、童話の定型に沿ったものだそうだ。
ほかに、アラビアンナイト(シェラザード=語る女)や
「吸血鬼伝説」のイメージも盛り込まれている。
最近の研究では、「不思議の国のアリス」との共通性も指摘されてる。
もちろんこちらは後の作品だが。



59 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 22:44:33
アンカー変になっちゃった、ゴメン。

60 :56:2006/07/12(水) 11:47:13
>58
ありがとうございます。
前に読んだのは岩波版だったので、それらを踏まえて
今度は新潮版を読んでみます。


61 :吾輩は名無しである:2006/07/12(水) 22:06:49
ロチェスターが、パーティーの席にわざわざジェーンを呼んで、
上流階級のとりまきたちに、意地悪な言葉で
これでもか、これれでもか、と蔑まれるシーン、
何か妙に興奮させられる。

62 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 02:42:24
嵐が丘はついこないだ英語で読み終わって、albeit weird, かなり感銘を受けた。
ジェーン・エアは50pくらいで中断したままなんだが、
最後まで頑張ったほうがいい?

知り合いのイギリス人の娘(13)が二晩でこれ(unabridged)を読み通したそうで、
かなりショック。


63 :吾輩は名無しである:2006/07/22(土) 11:07:16
この作品は河野一郎さんの訳が秀逸。

64 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 05:55:45
>>62
文学としてではなく「楽しむお話」としてだけなら
ジェーン・エア>嵐が丘
という評価をする人が多いからねえ。
頑張らなくてもいいけど、読んで損はないかと。

65 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 22:09:57
ブロンテの作品も発表当時は急進的過ぎて嫌われたが、
今では、古臭くなって道徳の教科書に載ってもおかしくない。
(今の少女漫画のストーリにも影響を与えている)
知識を追求せよ、真面目な生活者になれといった中流家庭の
女の子向けのメッセージも盛りだくさんだし。

>>39
違います。そんな病気、最初からないんだから。



66 :吾輩は名無しである:2006/08/08(火) 16:47:36
>>56
セント・ジョンの話は、映像化されるときによくカットされるね
子供時代、ロチェスターとの恋愛、叔母の死、不気味な声の正体、従兄弟の登場
と場所や内容が結構切り替わるからそのまま映像化するのは長さ的に無理なのかな

ジェーン・エアはロチェスターとの恋愛だけの話では無いと思うので、
他の部分にも力を入れて作って欲しい
今度のBBCのやつはオリヴァー嬢までちゃんと出てくるみたいだから、ちょっと期待してる

67 :吾輩は名無しである:2006/08/26(土) 21:28:15
ジョンが多過ぎる

68 :吾輩は名無しである:2006/09/06(水) 15:18:58
『ジェイン・エア』か。

評論の中で「典型的な退屈な小説」とか何とか
散々に酷評しておきながら
結局は自ら翻訳してしまった御仁がいたなぁ。


それにしても、アンの『アグネス・グレイ』は
まともな文庫にならんのか。
全集を買うほどでもないしなぁ。

69 :吾輩は名無しである:2006/09/09(土) 14:15:58
光文社古典新訳文庫でジェイン・エア出るね。

>>68
アンの小説も面白いのになー
なんで出ないんだろう。
シャーロットの「ヴィレット」も文庫にしてほしい。


70 :吾輩は名無しである:2006/09/10(日) 12:39:44
大学のレポートで「The Life Of Charlotte Bronte」の5章を精読しなきゃなんないんだけど、
どっかいいサイトないかな?

71 :吾輩は名無しである:2006/10/06(金) 12:02:41
ttp://www.bbc.co.uk/drama/janeeyre/

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)