2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今まで読んだ中で最高の小説をあげていくスレッド2

1 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 03:58:29
最高の小説をあげていくスレッドです。



前のスレッド
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1065631498/

2 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 04:17:39
「晩年」太宰治

3 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 09:39:17 ?#
3といえば三沢さん

4 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 10:19:11
4get!
定番だが『戦争と平和』

5 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 10:27:20
「ヴィヨンの妻 」太宰治

6 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 11:21:19
万人が認めるところだが
りさたんの『蹴りたい背中』

7 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 11:32:47
>>6
( ´,_ゝ`)プッ

8 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 11:43:02
やっぱ、天才美少女作家りさたんの作品では
『インストール』のほうがいいお?

9 :吾輩は名無しである:2006/05/22(月) 23:38:08
定番だが『僕は死なない』堀江貴文

10 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 00:34:45
両方のスレに書くのが定番か・・・

定番だが『日本なんかに住めるか』村上世彰




11 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 02:03:04
定番だが『騙された私ってバカ?』永田寿康

12 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 10:39:40
「ラバーズ・オンリー」山田詠美

13 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 22:35:31
寝ながら分かる構造主義

14 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 22:36:02
ドストエフスキー 「地下室の手記」

15 :吾輩は名無しである:2006/05/23(火) 23:16:12
ポオ「盗まれた手紙」

16 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 02:17:04
完全自殺マニュアル

17 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 03:57:43
「ビートたけし殺人事件」そのまんま東

18 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 18:18:52
「産婦人科医にイジられて私はもう…・5」(株)ケー・ティ・ファクトリー

19 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 18:28:51
http://ameblo.jp/kimkim0540/

20 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 21:03:25
日本文学の最高傑作といえば
Yoshi「DeepLove」
マジ泣ける

21 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 22:43:40
三浦綾子

22 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 22:45:12
途中送信してしまった…
三浦綾子の「塩狩峠」ね

23 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 14:32:09
人格改造マニュアル
鶴見済

24 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 14:38:48
罪と罰

25 :江戸門 男手司:2006/05/27(土) 14:50:44
三島由紀夫

26 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 17:38:53
Yoshi「DeepLove」

27 :吾輩は名無しである :2006/06/13(火) 13:02:14
000

28 :吾輩は名無しである:2006/06/17(土) 01:24:22
北杜夫『楡家の人々』

29 :吾輩は名無しである :2006/06/29(木) 12:46:38
作られた

30 :吾輩は名無しである:2006/06/30(金) 09:06:22
ナボコフ「ロリータ」
ヘンリージェイムズ「鳩の翼」
マルキド・サド「ソドム百二十日」

31 :吾輩は名無しである:2006/07/01(土) 02:34:10
ドイツVSアルゼンチン

32 :吾輩は名無しである:2006/07/01(土) 02:58:56
やっと自然に帰るんだ・・・・

「それから」

33 :吾輩は名無しである:2006/07/01(土) 07:43:31
>>26 それはないだろ

あんな低俗なものないだろ

34 :吾輩は名無しである:2006/07/04(火) 06:18:04
「女尻」

35 :吾輩は名無しである:2006/07/04(火) 15:08:34
半ズボンの神話-十二歳の屈辱

36 :吾輩は名無しである:2006/07/05(水) 21:13:44
川端康成
古都か山の音

37 :吾輩は名無しである:2006/07/09(日) 23:36:40
辻邦生『夏の砦』
こんなに緻密で美しい文章を書ける作家が日本にいたなんて思いもしなかった。
作品自体の内容も、主人公が、芸術の本質を探究し続けることによって、
そして過去の記憶を現在に蘇らせることによって、
生きる意味と尊厳をつかんでいく様子が、
本当に繊細な描写で感動的に描かれている。
これは、決して大げさでなく、必読の書といっていいと思う。

興味のある人は、amazonで今すぐ買いましょう。
絶対に損はさせません。私が保証します。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4167409046/503-4324554-0458350?v=glance&n=465392


38 :吾輩は名無しである:2006/07/09(日) 23:45:43
ペガサス流星拳

ダイヤモンドダスト


39 :吾輩は名無しである:2006/07/10(月) 00:00:00
箱男

40 :吾輩は名無しである:2006/07/10(月) 03:14:40
>>38同じ工房で「砂の女」


41 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 14:10:49
江戸の陰間茶屋

42 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 14:37:46
世界の中心で愛を叫ぶ

43 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 14:40:12
蛻縺大・縺」縺ヲ繧ょ縺大・縺」縺ヲ繧よ悽縺ョ螻ア

44 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 18:21:53
分け入っても分け入っても本の山

45 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 18:32:48
もりかっ!!!!

46 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 18:37:14
フラニーとズーイ

47 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 18:39:51
アンナカレーニナ

@娯楽作品としても不倫や裏切りなどてんこ盛りで面白い
A当時のロシア情勢、風俗などが良く分かる
B大勢の登場人物が細かく書き分けられていてどれも魅力的
C格調高い文章で文学作品としてもオススメ


48 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 20:11:34

埴谷雄高 『死靈』

49 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 20:41:33
星新一「なりそこない王子」

50 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 14:47:01
マンション久保田 「業界震撼 CR将軍ちゃま3確変 」

51 :吾輩は名無しである:2006/07/15(土) 13:23:45
実録 痴漢電車 関西私鉄編 阪急神戸線 上巻

52 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 23:09:35
アゴタクリストフの3部作。
悪童日記、ふたりの証拠、第三の嘘。
身震いした。

53 :吾輩は名無しである :2006/08/02(水) 13:06:16
不思議だ。


54 :吾輩は名無しである:2006/08/02(水) 16:29:57
>>52
夏風邪か?

55 :吾輩は名無しである:2006/08/07(月) 10:11:58
>>47
アンナとキチィの描き分けは俺も凄いと思った。
オペラならドラマチックソプラノとリリックソプラノで対比されるようなあの違いが
文学では意外と見たことないし。

56 :吾輩は名無しである :2006/08/19(土) 09:45:45
格別ですよ

57 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 14:55:19
ねずみくんのチョッキはガチ

58 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 18:19:09
炎の譜 坂田栄男

59 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 18:23:10
平野っていいよなぁ

60 :吾輩は名無しである:2006/08/19(土) 19:14:24
定番だが「リアル鬼ごっこ」

61 :吾輩は名無しである:2006/08/27(日) 07:30:54
人間失格。
題からいっていいじゃないか

62 :吾輩は名無しである:2006/08/27(日) 19:07:42
土居豊『トリオ・ソナタ』

63 :公爵 ◆o3RrrPgn1I :2006/08/28(月) 19:49:11
光あるうち光の中を歩めが最近読んだ中で良かった。

64 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 07:15:15
パトリックジュースキント「香水」

65 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 13:32:23
>>64
あのラストは驚いた。
善意がまったくない小説ってありそうでないよな。
赤ん坊でさえ悪意の塊だ。

66 :あか:2006/09/03(日) 15:53:48
サマセット・モーム「月と六ペンス」

67 :吾輩は名無しである:2006/09/03(日) 18:26:17
平野っていいよなぁ

68 :吾輩は名無しである :2006/09/03(日) 23:10:11
羽田圭介「黒冷水」

69 :吾輩は名無しである:2006/09/05(火) 11:04:37
小檜山博 「光る大雪」「雪嵐」「風少年」「地の音」
この四作品全部凄かった。
他 三好京三「冬の川」など。

70 :吾輩は名無しである:2006/09/21(木) 09:23:52
セリーヌ『なしくずしの死』

71 :吾輩は名無しである:2006/09/21(木) 09:35:16
メルビル『代書人なんとか』
半分題名わすれましたがさっき読んでとてもよか

72 :吾輩は名無しである:2006/09/21(木) 09:51:50
バートルビー

73 :吾輩は名無しである:2006/09/22(金) 00:37:34
>>69
「光る大雪」は確かに良かった。
北海道の厳しい生活を書かせたら小檜山博が一番だと思う。




74 :吾輩は名無しである:2006/09/24(日) 22:49:14
大江健三郎

われらの時代

熱くなれた。

75 :吾輩は名無しである:2006/09/25(月) 08:59:00
文章に限れば尾崎紅葉『多情多恨』。
谷崎ファンのオレも、あの口語文には圧倒された。

76 :吾輩は名無しである:2006/09/26(火) 00:00:36
ドストエフスキー
「カラマーゾフの兄弟」

最強だろ

77 :吾輩は名無しである:2006/09/27(水) 23:32:04
ベタかもしれないけど遠藤周作「沈黙」

78 :吾輩は名無しである:2006/09/28(木) 22:54:52
芥川龍之介『羅生門』 短編小説とはかくあるべき

79 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 20:49:19
ラファエル・サバチーニの『スカラムーシュ』最高だた ><


80 :吾輩は名無しである:2006/09/30(土) 22:50:52
パピヨン!

81 :大阪の大学生:2006/10/01(日) 17:05:08
ベタで申し訳ないが
「hideの身長は156cm」

82 :吾輩は名無しである:2006/10/02(月) 07:28:05
一番熱く読んだのは三島の「金閣寺」。
ただこれが傑作だとは言い難いな。
とにかく熱く読んだ、ただそれだけ。

83 :吾輩は名無しである:2006/10/04(水) 01:06:41
井上ひさし「吉里吉里人」
とにかく面白かった。

84 :吾輩は名無しである:2006/10/04(水) 01:54:48
ドン・キホーテ

85 :吾輩は名無しである:2006/10/04(水) 06:10:03
がろうでん

86 :吾輩は名無しである:2006/10/06(金) 12:45:52
パトリックズューキンス「香水」(既出か…)
サリンジャー「フラニーとゾーイ」

あとノンフィクション物なんだけど小説に含めて問題無いかと私的に思い
マイケルギルモア「心臓を貫かれて」上下
テグジュベリ「人間の土地」

こんな私が読むべき次の小説は...

87 :吾輩は名無しである:2006/10/13(金) 03:03:40
>>86
「バカの壁」

88 :吾輩は名無しである:2006/10/13(金) 03:18:08
作者が一人というのなら無条件に紅楼夢。次点ファウスト。
作者複数の大衆文学としてはアラビアンナイトか水滸伝(100回本)か。
ホメロスやギリシャ悲劇もいいけど、この辺りは本当に好みですね。

それにしても、中国古典の板が文学版に無いのは、探す所を間違っているから???

板を間違えたのか知らないけど、中国古典関係のエントリーが一つもないのは???

89 :吾輩は名無しである:2006/10/13(金) 03:37:11
板を間違えている。漢文の板にどっとある。

90 :吾輩は名無しである:2006/10/13(金) 09:46:53
砂の女
金閣寺
沈黙
の三作品。同意する方も多いと思う。著者三人の年齢が近いのが面白い。

91 :吾輩は名無しである:2006/10/13(金) 23:45:38
貴志祐介の「黒い家」
この人の本は初めて読んだけどいきなりハマった。
ただ、心理学について詳しい知識を持っているにも関わらず
自閉症という言葉の意味を間違えてるらしいのが引っかかったけど。

92 :吾輩は名無しである:2006/10/14(土) 03:26:55
谷崎潤一郎
細雪

93 :吾輩は名無しである:2006/10/14(土) 14:20:09
青空。
ジョルジュ・バタイユ。
自分が小説に対して求めていたものを全部書かれていた。
コレ以来小説が読めない。今ではノンフィクション専門です。

94 :吾輩は名無しである:2006/10/14(土) 22:07:17
>>91
サイコ系サスペンスとして秀逸だと思います。
しかし添加物やら何やらによる自然界への浸透が心なき異常者を増加
させるという仮説を述べる下りには疑問を感じました。
また経済的学歴的な敗者に対する冷酷な眼差しもいただけませんでしたね。
ちょっと「心のない」視点なのではないのかと。

エンタメ系小説にそんな理由でケチをつけるのは
野暮かも知れませんが、感情移入の能力を持たない功利的殺人者を
軸に展開される内容であっただけに、気になったことは確かです。

95 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2006/10/14(土) 22:14:22
>>93
読んでないけど、シモーヌ・ヴェーユがモデルとか。
面白いのか・・・。

96 :吾輩は名無しである:2006/10/14(土) 22:29:38
吉田健一『金沢』、プラトン『メノン』、志賀直哉『暗夜行路』
内田百間『東京日記』、カルロ・コッローディ『ピノッキオの冒険』
プーシキン『スペードの女王』、ソポクレス『オイディプス王』

97 :弧高の鬼才 ◆W7.CkkM01U :2006/10/14(土) 22:44:29
ジーン・リース『彼らが本を焼いた日』
ヘンリ・ミラー『南回帰線』


98 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 11:49:00
ウィリアム・スタイロン「ソフィーの選択」
ウィリアム・ゴールディング「蝿の王」
安部公房「砂の女」
ジョゼ・サラマーゴ「白の闇」
ジョン・ファウルズ「魔術師」
ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」

99 :93:2006/10/15(日) 19:39:47
>>95
面白いというか、破壊力があるよ。
引力があるっていったほうがいいかもしれない。
退廃とか堕落の物語が好きな人にはお勧め。
でも読者によって合う合わないははっきり出そう。

100 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 23:23:12
>>93
バタイユの「青空」がしっくり来るのであれば、
ロラン・バルトの「恋愛のディスクール」もきっと
バイブルになると思うよ。厳密には小説ではないけど。

101 :93:2006/10/16(月) 08:34:48
>>100
ありがとう。
しばらくしたら読んでみます。

102 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 12:23:08
暗闇のスキャナー

103 :やっちゃん:2006/10/16(月) 12:48:15
万物理論、ノヴァ急報、デッドロード

104 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 17:21:06
平野の『葬送』に決まってる。
平野っていいよなぁ

105 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 18:02:20
最高かどうかわからないけど泣いた『城砦』

106 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 18:03:36
「クレーヴの奥方」イイッ!

107 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 18:03:39
星の王子様

108 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 18:31:44
『路傍の石』

109 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 20:28:14
Kの昇天

110 :吾輩は名無しである:2006/11/22(水) 16:21:52
『これが本物の心霊写真だ!』

111 :吾輩は名無しである:2006/11/22(水) 16:29:29
美しき惑いの年 カロッサ

112 :吾輩は名無しである:2006/11/22(水) 17:35:55
1993年『鏡の影』
1998年『日蝕』

113 :吾輩は名無しである:2006/11/22(水) 19:25:14
明治や大正の人が必読であった本って何かありますか?


114 :吾輩は名無しである:2006/11/23(木) 10:13:53
>>112
ワロタ

115 :吾輩は名無しである:2006/11/25(土) 02:48:31
>>113
十八史略

116 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 06:47:28
「田園交響楽」ジッド

117 :吾輩は名無しである:2006/11/26(日) 07:39:18
池袋ウエストゲートパーク































118 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 02:05:21
機動戦士ガンダム

119 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 01:54:32
ヘッセ「シッダールタ」読んだ人いる?
アマゾンでは最高の小説って評価してる人が結構いるんだけど。

120 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 02:44:30
>>119
俺はあれを読んでヘッセが嫌いになった

121 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 09:12:29
>>119
俺も最高だと思うよ。
深遠な思想を平易な文章の内に織り込めるのは、さすが詩人だと思った。

何か不服か?

122 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 19:06:36
太宰治虫「人間合格」

123 ::2006/12/12(火) 19:51:29
彡    ビュウウウ…
          彡
  彡
        .∧ ∧   すさまじく寒いなオイ…
       ヾ(,,゚Д゚),)
        人つゝ 人,,
      Yノ人 ノ ノノゞ⌒〜ゞ
    .  ノ /ミ|\、    ノノ ( 彡
     `⌒  .U~U`ヾ    丿

124 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 21:38:58
山本周一郎「さむ」

125 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 21:49:56
スレが凍りつきました

126 :吾輩は名無しである :2006/12/19(火) 22:21:43
TRUEーMAN CAT OP「冷尻」

127 :吾輩は名無しである:2006/12/19(火) 22:26:41
カミュ『異邦人』
これに勝る読み物はないだろう。


128 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 02:47:31
ヘルマン「ヘッセ」は秀逸だった

129 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 13:32:52
age

130 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 16:50:29
カサノヴァ「我が一生」

131 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 17:33:33
石川淳「修羅」

ムギ〜となった

132 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 06:10:45
ヘッセのシッダールタは本読まない後輩に
薦めて気に入ってくれたからよかった

133 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 04:07:10
高橋源一郎
「優雅で感傷的な日本野球」

134 :吾輩は名無しである:2007/01/28(日) 16:33:47
地球最後の日
ttp://www.amigo.ne.jp/~eternal/novel/ku/ku.html

135 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 07:46:56
カポーティ「遠い声 遠い部屋」


136 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 22:54:02
ヘミングウェイ「武器よさらば」

137 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 10:48:57
漱石「行人」

138 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 16:28:49
太宰治「晩年」

139 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 20:02:52
吉村昭『仮釈放』

140 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 20:15:47
ノルウェイの森

141 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 20:55:53
モラヴィア「無関心な人びと」

142 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 21:08:18
ジェンエアー

143 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 21:12:16
E.ブロンテ「嵐が丘」

144 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 10:24:19
コレット『シェリ』。
年齢差20歳の男女の恋愛と言う、一歩間違えれば通俗的になるテーマを
全く隙の無い(原文は本当にそう)感覚美を極めた文章で描いた作品。
ジッドが激賞したのも納得できる。

145 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:59:10
ムクゲノ花ガ咲キマシタ

146 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 15:26:18
百年の孤独

147 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 17:17:30
梨木香歩

148 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 21:03:52
>>145
ちょwwwwwwwwwwwwん

149 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 22:10:41
海辺のカフカ。これは不動。

150 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 08:41:40
↑「最低の小説をあげていくスレ」と間違えているようです

151 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 10:04:17
リアル鬼ごっこ!

これは恐い!名作だ!
日本文学の将来が恐い!

152 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 18:41:46
>>150
「根拠無しに作品を罵倒するスレ」でしたっけ?
オイディプスやアンティゴネもお嫌いですか?

153 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:21:28
>>152
「今まで読んだ中で最高の小説をあげていくスレ」だよ。
知らないの?

C.アンチェロッティの「ピルロと愉快な仲間達」

154 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:28:15
やっぱ「罪と罰」かな

155 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 17:39:29
「Butagorira is super funny」

156 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 14:52:33
南野うらら『ディオニュソスの昼と夜』

157 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 17:49:08
ジェン・エアー

158 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 20:52:35
やっぱ『沈黙』が一番
今年一番は『野火』

159 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 19:52:58
>>146

同じく!
読んだ時、出会うはずのない完璧な理想の女に出会った気がした。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)