2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

電波王 アントナン・アルトー2

1 :7はいずこ:2006/07/09(日) 20:35:25
電波王 アントナン・アルトー
http://web.archive.org/web/20031106025803/http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1024061180/

神の裁きと訣別するため A・アルトー(1896-1948)著 宇野邦一(1949-)+鈴木創士(1954-) 訳
河出文庫(河出書房新社) 06年7月刊 本体620円 文庫判184頁 ISBN4-309-46275-8
新訳による『ヴァン・ゴッホ』併録
http://urag.exblog.jp/3885251/
■2006年11月より、『アルトー後期集成』(全3 巻)刊行予定。
 監修:宇野邦一 鈴木創士

2 :吾輩は名無しである:2006/07/09(日) 22:25:46
222222にだにだにだニダニダニダやったやったやったー!!!!!!!!
やったよやったようれしいうれしいうれしい
すげー2にだにだにだにだにだにだにだあああああああ

3 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 00:18:05
>>2

4 :吾輩は名無しである:2006/07/15(土) 12:07:21
age

5 :吾輩は名無しである:2006/07/15(土) 13:57:52
このひとって劇作家なの?演劇理論家?

6 :吾輩は名無しである:2006/07/15(土) 20:34:52
小説も書いてるし役者もやっとるよ

7 :吾輩は名無しである:2006/07/15(土) 23:04:00
age

8 :吾輩は名無しである:2006/07/15(土) 23:08:55
文化新刊出てないか
どうよ

9 :吾輩は名無しである:2006/07/16(日) 02:40:22
アベル・ガンス『ナポレオン』のアルトーはいいよな

10 :吾輩は名無しである:2006/07/16(日) 17:19:39
デリダのアルトー解釈と
ドゥルーズのアルトー解釈、
どちらが好きでつか?

11 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 13:14:21
俺はドゥルーズ。
でもテヴナン(事実上アルトーの義理の娘みたいな感じ)に嫌われたんだよな

12 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 15:57:06
ドゥルーズのアルトー論ってどの本だっけ?

13 :吾輩は名無しである:2006/07/17(月) 17:20:57
たしか批評空間の何号目かにデリダのインタビューの翻訳が載ってたが、
そのなかでデリダは
「自分とドゥルーズの思考の分岐点、一番の違いは、それぞれのアルトー論に如実にあらわれている!」
みたいな趣旨のことを言っていたな。

14 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 09:40:51
コント赤信号の師匠である杉兵助師匠が、
「笑っていいとも」で、アルトーを引用した言葉を新人アイドルに贈ってたので
ビックリ

15 :吾輩は名無しである:2006/07/18(火) 11:51:12
アントナン アルトー「ヴァン・ゴッホ」を読む
http://www.sonimage.ne.jp/hyouden.htm


16 :吾輩は名無しである:2006/07/19(水) 13:10:03
ヘビメタのモトリークルーのアルバム名「シアターオブペイン」も、
アルトーから取ったんだよ。参考は下リンクの一番下。

http://en.wikipedia.org/wiki/Antonin_Artaud

その他のロックバンドではドアーズ、バウハウスは完全にアルトーの影響下。

17 :吾輩は名無しである:2006/07/20(木) 01:03:50
Antonin Artaud
(1896.9.4-1948.03.04)
http://www.asahi-net.or.jp/~md5s-kzo/artaud.html

18 :吾輩は名無しである:2006/07/20(木) 13:57:36
アルトーの影響は絶大

19 :吾輩は名無しである:2006/07/20(木) 14:06:02
で、ドゥルーズのアルトー論ってどの本だっけ?


20 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 04:24:35
解説本読んでるだけで、おまいらほんとはアルトー読んでないだろ

21 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 04:37:29
『ヘリオガバルス』
しか読んでませんが何か?

22 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 21:15:16
ロッテの有藤選手は、影響受けてる?

23 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 23:30:16
>>19
いまさら何言ってるのさ…
てか、自分で調べて。

24 :吾輩は名無しである:2006/07/22(土) 22:34:54
昔サブローザから出た「神の裁きと決別するために」のCD持ってるよ
なんかアルトーがギャーギャー騒いで太鼓叩いてるみたいな音源

25 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 14:58:48
電波あげ

26 :吾輩は名無しである:2006/07/28(金) 16:02:16
上げ

27 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 01:45:31
>>24
どっかにupされてない?

28 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 01:58:41
ペヨトル版のカセットテープと同じようなものか?

29 :吾輩は名無しである:2006/07/29(土) 14:15:07
>>27
検索したら出てきたよ
http://www.ubu.com/sound/artaud.html

30 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 09:25:03
>>29
THX!

31 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 16:24:25
宇野邦一のアルトー論って良いですか?

32 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 17:14:01
確かドゥルーズが激賞したはず。

33 :吾輩は名無しである:2006/10/30(月) 17:37:25
デリダのアルトー論(『基底材を猛り狂わせる』)は
松浦寿輝が翻訳してるけど、訳の出来栄えはどうなんですか?


34 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 11:57:03
河出書房新社 『アルトー後期集成 1』 
アントナン・アルトー
宇野邦一監訳・鈴木創士監・岡本健訳 2/22 ¥4,200 


35 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 13:03:05
アルトー後期集成(1)
アントナン・アルトー著/宇野邦一監訳
河出書房新社2月20日
税込価格:4,200円
ISBN:9784309705316
身体と精神の実験の極限をしるす重要な
著作「タマウラマ」の新訳、後期の核心的なテクスト
「アルトー・ル・モモ」など。

36 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 02:51:50
もうちょっとだな

37 :KEMANAI:2007/02/06(火) 22:56:40
「アルトー・ル・モモ」楽しみだな。
ついでにデリダの「アルトー・ル・モマ」も出たらいいな。

38 ::「KEMANAI」@タコシェ:2007/03/04(日) 01:19:11
「アルトー後期集成 1」 出たね。

39 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 01:21:09
アルトー伝はどう

40 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 15:41:06
4,410円って高えー

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)