2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

安部公房:COMPLETE WORKS 010

1 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 07:53:33
【作家紹介】安部公房(1924〜1993)
東京生れ。東大医学部卒。1951(昭和26)年、「壁」で芥川賞受賞。
'62年発表の『砂の女』が読売文学賞受賞、フランスの最優秀外国文学賞を受けた他、
戯曲「友達」の谷崎潤一郎賞、『緑色のストッキング』の読売文学賞等、受賞多数。
'73年より演劇集団「安部公房スタジオ」結成、独自の演劇活動を展開。
'77年には米国科学技術アカデミー名誉会員に推され、海外での評価も極めて高く、
急逝が惜しまれる。                 (参考・新潮文庫カバー裏)

【総本山】
http://www.shinchosha.co.jp/zenshu/abekobo.html

前スレ:安部公房:COMPLETE WORKS 009
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1143459693/

過去ログ
安部公房について今こそ語り尽くそう http://book.2ch.net/book/kako/962/962039293.html
安部公房part2 http://book.2ch.net/book/kako/1009/10099/1009954781.html
安部公房part3 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1046611443/
安部公房004 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063636525/
安部公房005 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1079083297/
安部公房006 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1090186046/
安部公房:COMPLETE WORKS007 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1108103866/
安部公房:COMPLETE WORKS 008 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1122471545/

2 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 08:06:05
絶版単行本と復刊ドットコム投票一覧

飛ぶ男(絶筆・未完) http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=14640
石の眼(長編) http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=16689
けものたちは故郷をめざす(長編) http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=16690
終りし道の標べに(冬樹社版・長編) http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=16692
カ−ブの向う(短編集) http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=16684
夢の逃亡(短編集) http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=15337
幽霊はここにいる(戯曲) http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=16680
緑色のストッキング(戯曲) http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=4127
都市への回路(評論) http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=20670
死に急ぐ鯨たち(評論) http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=16682
その他安部公房特集 http://www.fukkan.com/fk/GroupList?gno=2015

3 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 09:31:10
今風呂入りながら「虚構」読んできた

4 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:02:24
ところで別巻発売まだですか?

5 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 18:50:15
>>4
そう尋ねられてから、2年後に出る規則になっている

6 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 19:32:54
『壁』読んだ。個人的には公房作品の中で何故これが高評価を受けているのか全く理解不能なんだが誰か教えてくれませんか。

7 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 19:46:32
>>6
高評価なんてうけてないよ。

8 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 19:48:37
>>5
まじで出るんだろうか?
新潮社のサイトもだんまりだし。なんのニュースもない。

9 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 21:12:37
>>8
なんで出るの遅れてるの?
教えて、エロイ人。

10 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 22:59:14
萌えていい、萌えていいんだ。

11 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 23:18:41
安部公房は『方舟さくら号』が最高!
だって絶対俺がモデルなんだもん。

12 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 23:28:18
>>11

デブ乙

13 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 23:32:38
>>11

ピザデブ乙

14 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 23:37:48
『方舟さくら丸』の続編?
死後、『飛ぶ男』と一緒に見つかった『もぐら日記』ってのがあるらしいよね
発売されているのかしら?
『方舟さくら丸』って評価は低く見られがちだけど、個人的には読みやすいし面白い小説だと思うんだよね。

誰か、絵描いてコミックにしない?ねぇねぇ!

15 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 23:46:57
>>14
全集読めばいいよ。

16 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 23:53:48
さくら号(誤)→さくら丸でした;
漫画化というより映画化してほしい。
ヒッキーのデブが作る便器が中心のユートピア。

17 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 23:59:26
>>16
さくら丸の続編ではないよ。もぐら日記は。
あれは読まれるのを意識して書いた日記だね。

18 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 08:32:27
もぐら日記か。昔へるめすに載ってたね。

19 :吾輩は名無しである:2007/01/10(水) 21:47:15
箱男と密会がまったく理解できなかった・・・

20 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 02:58:40
わかった気になるよりよっぽどいいよ


的なレスをこれまで何度も見た


まあ箱も密会も難しい、深読みすると迷路入るね。

21 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 05:49:12
人生の教訓を書くなんていうことはね、論文とかねエッセイに任せればいいことで。
小説っていうのはそれ以前の、ま、意味にまだ到達しない或る、実態を提供すると。
で、そこで読者は体験、それを体験すると。いうもんじゃないかと思うんだな。
(で、それを割合その、私などは意味を読んでってしまう。と、やはり迷路に入るっていうことに・・)
いや、迷路でいいんです。迷路という風に自分がそれを体験すれば、迷路なんですよ。それでいいんです。

終局的に意味に到達するってことは、ちょっと間違いですね。
これは日本の、やっぱり国語教育の欠陥だと思う。

22 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 12:02:51
だがやっぱり箱男と密会は最高傑作の2つ

23 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 13:16:58
『飛ぶ男』の続きについて考察(ぜひ皆さんの意見を聞きたい!)以下自説
登場人物:父親、兄、弟、隣人・・・今後増える可能性について、またどのような人物が登場するのか? 
父親については、今後目の前に登場するのか?それとも携帯・無線で会話のみの出演となるのか?
場所:アパート・・・今後アパートから出て行くのか?それともアパートで話が進むのか?
 出て行く場合、兄・弟で出て行くのか?隣人(女)もついて行くのか?
主題:超能力についての話になるのか?兄も飛ぶことになるのか?

自分的には、超能力研究所的な所へ場所を移動して、そこの所長的な人の話を聞いて、
父親の属する組織との対立とか、弟に恋する隣人(女)とか、そんな感じなのかなと予想。

どうよ?



24 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 17:35:52
ふーん

25 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 22:44:41
ハルキストだが、こいつなかなかやるじゃねえか。

26 :吾輩は名無しである:2007/01/11(木) 23:22:00
                             |
                             |
      ∩___∩             |
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((  | プラプラ
     /  ●   ● |         (=)>>25
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)   J  ))
    彡、   |∪|  ノ
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

                        /
                 ぷちっ   /
         ∩___∩  .   从 /
         | ノ       ヽ      /
        /  ●   ● |  (=)ヽし
        |    ( _●_)  ミ/ ` ノ
       彡、   |∪|  ノ   /
         /   ヽノ     /  ノノ
         /         /
        /        /

           ムシャ         |
             ムシャ       |
      ∩___∩              |  ぷらぷら
      | ノ      ヽ        ((   |
     /  ●   ● |         J  ))
. ((  |    ( _●_)  ミ ・
    彡、   |∪}=) ,ノ ∴
     /    ヽ/^ヽ ヽ  。
     |      ヽ \ |
     |      ヽ__ノ

27 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 00:57:18
俺も砂の女のとこ行って嫁と職がほしい

28 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 01:14:17
職はあっても待遇的にどうか

29 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 02:09:51
箱男と他人の顔は半分ずつ読んだが、そこから先が進まない。


30 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 09:30:22
職が無ければ、辞める楽しみもない(;_;)

31 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 15:49:22
>>27
公開性交はそのうち快感になるのかな?

32 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 19:00:14
でも多分、膣内に砂が入って、男も女も痛いんじゃない?

33 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 19:08:01
風呂にもまともに入ってないのに裸で抱き合うなんて嫌

34 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 16:03:08
汚れが無ければ、風呂の楽しみもない

35 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:28:46
体臭


また、それもいい

36 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 01:55:08
>>29
つまり
他人の箱・男顔になってるわけだね?


37 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 20:45:22
箱男と密会が理解できないんだが・・・

38 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 20:53:02
安倍公房で始めて読んだ作品が「燃え尽きた地図」
だから安倍公房と言ったら、これが頭から離れん。

39 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:02:56
今日一日で密会を86ページまで読み進めました
明らかにわけがわかりません、本当に樹海です

40 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:27:20
きみふさの作品を、判った、理解したなんて思いながら読んでる奴はいないと思うよ

41 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:21:25
警備員のブツをどのように加工したのか視覚的にみてみたい。

42 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 00:19:37
まあ箱と密会は構造的に分かりにくいのは確か

43 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 00:24:16
ほかのは分かりやすいかい?

44 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 00:31:19
第四間氷期とか桜丸なんかは読みやすいんじゃない?
間氷期なんかは単純に、秀逸なSF+サスペンスとして楽しめる

45 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 08:18:27
「人間そっくり」は非常に分かりやすい。異色だけど。

46 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 08:31:38
人間そっくりは主題的にも構造的にも一番分かりやすいな

47 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 14:45:01
いや、一番分かりやすいのは「けものたちは故郷をめざす」だろ

それか「石の眼」

48 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 21:52:32
>>47
石の眼は異質な作品じゃないの?

49 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 03:20:08
他人の顔を読み終えた。分裂すると、人は怖いね。歪んだ主人公だった。

50 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 10:03:12
「チェニジー」どっかに売ってないのかな。
検索しても、安部氏のプロフィールしか出てこない。

51 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 21:05:51
今は液状チェーンまであるからね
安部が見たら感心しただろうね

52 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 15:25:05
人魚伝 (赤)
http://x51.org/x/05/02/0354.php

53 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 18:02:37
新潮カセットブック「R62号の発明」について、詳しく書いてあるHPってないかなぁ
出演者や・・・、なんならセリフまで。



54 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 00:53:10
>>53
もってるけど。
しってどうするの?

55 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 20:03:26
松井

56 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 23:02:21
今日は命日ですね・・・もう何年たつのでしょう

57 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 00:50:22
ドラゴンボールがあったら安部公房と三島さん生き返らしたいな。
二人とも断固拒否しそうだけど、、、一目でいいから会いたい。

この二人せい(おかげ?)で女性の見方、ひいては・・・が変わっちゃったんだよなあ。

58 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 00:55:04
>>57
で、その二人は2chにどういう反応を示すのだろうか?w

59 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 01:00:26
>>58
三島は怒り、安部は面白がる

60 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 01:06:22
まーなー、2chなんてまさに箱男の世界だもんなぁw
名無しの煽りや荒らしにファビョりまくる三島っつーのもみてみたいなw
あとはネットウヨとかホロン部とかに対しても、この二人では反応が違いそうで
興味あるな。。

61 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 01:11:27
名無しを訴えられないから、ひろゆきを訴えることを
イソップの裁判に例えていたレスがSF板のスレッドにあったな

62 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 01:39:52
死後の世界が在るのならば、二人との対面を愉しみに死ねるのに・・・。(自殺願望はないです、一生をまっとうするという意味で)
無いのなら、生き返ってもらう他ないわけで・・・ああ、とほほ。

63 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 01:46:43
今の時代に仮に彼らがもう一度生まれたとして、再び文学の道に進むだろうか?

64 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 03:47:14
昨日、近所のブックオフで『カーブの向こう・ユープケッチャ』新潮文庫が
200円で売っていて、一瞬目を輝かせたが、紐の栞がぶち切れていて萎えた。
都内の店舗だとかだと、気を使って新潮文庫にはクリーニングかけないところ
とかあるみたいだけど、うちのような糞田舎の地方都市の店だとダメだわorz

まあ、紐の栞も健在な美本を持っているからいいんだけどね。

65 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 07:58:08
>>61
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/sf/1025136755/25-27
これか。

66 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 00:30:03
>63
二人が昨今のラノベを意識して書くなら、
三島はきっと格調高い萌え小説とか書いてみせる。
安部は逆に萌え狂っている人々を風刺とか。
こんな時代だから文学を見捨てないでほしい二人だ。

67 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 01:55:01
三島はいらんだろ(笑)

68 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 18:42:08
あべこーべー

69 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 19:08:52
>>64
古い本は美本を買えればそれでもいいが、汚本を買ったときは、
自分で装幀を仕直すってのも楽しいかもしれないね。

手に入れた本は、どうせもう売らないしね・・・。


70 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 20:55:01
愛の片側ってどんなのですか?他人の顔と関係あるんですか?

71 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 01:49:27
ケッ  ケッ  ケッ  ケッ  ケッ

72 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 13:47:22
「君は安部公房という小説家を知ってるかい?」

73 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 18:45:31
「いやにげすな話を書くやつなんだなあ」

74 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 21:47:05
>>70
他人の顔に出てくる映画かなんかだったと思う。

75 :吾輩は名無しである:2007/01/29(月) 22:26:24
砂の女だけ面白いと感じた

76 :吾輩は名無しである:2007/01/30(火) 00:07:11
砂の女はおとなしすぎ

77 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 01:18:54
砂の女は高校生の時からすりきれるくらい読んだ。
箱男も人間そっくりも好き。でもやっぱり砂の女がだんとつ。

78 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 16:27:06
砂の女 ハァハァ。。


79 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 17:10:30
>>78
またその流れか




じゃりじゃりして痛そうだよな

80 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 20:22:16
この作者って変態?

81 :吾輩は名無しである:2007/02/01(木) 22:09:30
何も考えずに見れば。

82 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 04:06:02
変態じゃない人間なんていない

83 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 08:09:55
変態よりは

84 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 10:11:06
めがね

85 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 21:10:02
天パ

86 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 21:18:55
しゃくれ

87 :吾輩は名無しである:2007/02/02(金) 22:07:23
難解ランク

壁>>>密会>>箱男

88 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 01:15:09
個人的には壁はわかりやすいと思う。少なくとも面白い。

カンガルー・ノートは難解ではないけど、底が知れないと思った。

89 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 03:52:53
カンガルー・ノートは鬼の少女に萌えた。
あと、ラストシーンが本当に怖かった。

90 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 01:34:59
そうでもない

91 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 02:28:10
>>89の後ろ姿が見えた。ひどく脅えているようだ。恐かった。

92 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 11:18:06
安部流の私小説なんだろ、あれ。

93 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 15:53:18
ドナルドキーンの受け売り乙

94 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 16:35:14
カンガルーノートのラストは逸品。
夢の終着点、情景が美しい。
死の唐突さ、あっけなさを感じた。

95 :吾輩は名無しである:2007/02/04(日) 17:20:57
キーンさん、古典文学や文学史に関してはあれほど鋭いこと言ってのけるのに・・・。

96 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 00:46:49
壁が理解できないのは低能だから

97 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 01:48:04
HAL胤

98 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 17:34:35
ハァハァハァハァ


99 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 18:14:30
壁が理解できると言いきってしまえるのは勘違い

100 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 18:47:08
理解できる?

いや、あなたが「理解できる」と感じれば、それでいいんですよ。

    (中略)

小説っていうのは、こう、なんだか形の決まっていない何かを提供する媒体なんですよ。


だからね、「理解できる」とか言っちゃう人は、馬鹿なんですよ!!!w

101 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 18:52:47
あぁ我が愛しのキミフサ様


102 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 19:14:32

・安部の文章力がない
・映像でやるべきところを文学でやった点
・オナニー

103 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 19:39:01
壁は面白ければそれでよし。

104 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 19:50:32
NHKでの安部公房本人の語りは>>21


105 :吾輩は名無しである:2007/02/05(月) 20:11:56
>>100
人間の記憶のあいまいさを如実に表しているね。

106 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 18:24:36
>>100
>「理解できる」と『感じれば』
>「理解できる」とか『言っちゃう』

日本語読める?

107 :吾輩は名無しである:2007/02/06(火) 20:31:01
「理解できる」と「感じる」のは問題なく
「理解できる」と「言う」のは問題である

と読める俺は、日本語できるのかなぁ


108 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 04:58:04
安部公房なら人間は機械だとはっきり言うだろうな…

109 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 14:08:20
>>108
無限の情報ですよ、人間なんて考えてみたら。
そういう風に人間を見るということね。
見なきゃいけないし見えるんだよということを、作者は書かなきゃいけない。
読者に伝えなきゃいけない。

110 :吾輩は名無しである:2007/02/09(金) 21:46:45
壁壁わかんね

111 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 14:27:58
壁わかったけど教えない

112 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 14:56:41
昨日ぬりかべ見た

113 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 16:08:23
>>112
デカいよな

114 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 20:58:32
密会は判りやすいだろが君たち

115 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 21:54:33
壁、壁、愉快

116 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 23:24:12
世界の果てについての演説が好きさ

117 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 23:30:22
なにそれkwsk

118 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 23:31:06
>>117
壁を読みなされ

119 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 23:41:13
読んだけどそんな場面あったっけ?

120 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:10:23
くるくるしてんじゃん

121 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 01:34:43
芥川賞選考委員で「壁」の受賞に反対だった宇野浩二の評
「(前略)・・・退屈をしのび、辛抱して、しまいまで、読めば、
作者が書こうとしたことは、少し(少しであるが)わかる。・・・(中略)
・・・一と口でいうと、「壁」は、物ありげに見えて、何もない、
バカげたところさえある小説である。・・・(後略)」

典型的なアプレゲールと思われたようだが、
「砂の女」や「他人の顔」の感想も聞いてみたかった気がする。
宇野は「砂の女」発表の一年前に死んだ。

122 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 06:57:08
>>119
はらむし

123 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 17:33:36
>>121
三島の安部評に似てるな
的を得ているよね
でも悪評には思えないな

124 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 18:05:25
>>123
あなた、馬鹿ですか
文学板なんだから、日本語くらいちゃんと使え

125 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 18:31:56
>>124
正鵠を得た評価ですね
ところで、ttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%C5%AA%A4%F2%C6%C0


126 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 19:10:12
>>124
ずいぶんと品の無い日本語ですね。
お里が知れますよ^^

127 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 20:10:58
「的を得る」って日本語は存在しなかったのか orz

128 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 20:32:20
馬鹿しかいねえや

129 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 20:34:24
存在はしてますよ。国家がそれを認めていないだけ。
文学とは、日本語とは、国家が定義する物では無い!

>>124にとって文学とは国家のいいなりになることなのだろう。

安部公房スレにも、こんな人間がいるとはね・・・。

130 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 20:55:32
>>128
お、公房の小説にでてきそうなセリフだな

131 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 21:35:35
みんな馬鹿者だよ

132 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 21:36:46


133 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 21:47:11


134 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 00:32:26
筋男

135 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 03:50:18
>>125
ニュー即あたりでわざと的を得るを使ってみて、馬鹿がたくさん食いついたところで・・・何てことはしないでおこう

136 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 07:15:33
よほど悔しかったとみえる

137 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 09:42:33
いくら安部公房でも、誤用は容認しないと思われ。

138 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 12:27:12
仮にも日本が生んだ世界の知性といわれた男が、
掲示板のカキコの誤用ごとき気にするかよ。
馬から落馬するぞ!

139 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 12:33:25
馬から落馬って・・・

こんなやつが安部読んで理解できるの?
せいぜい安倍の美しい国どまりだろ

って、安部は言うね

140 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 12:41:14
作品は理解云々じゃなくて、何か感じればそれで良いんだって言うよ。
安部ならこう言うって言い方も好きじゃなさそうだ。
いい加減にしないと強盗に盗まれるぞ!


141 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 15:27:32
意味を求めたら謎なのは村上春樹だって書いてる

142 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 16:40:28
村上春樹って何?

143 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 16:41:05
>>142
マラソン好きなオッサン

144 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 17:09:56
そしてカフカ。

145 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 17:35:24
ハルキなんてものをカフカと同列にあつかうなんて
やめてほしいです。ほんとうに。うつになります。

146 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 19:01:43
ウンコとチンコは一文字違い、
ハルキとカフカは…三文字ちーがーいーーー!

147 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 19:57:19
村上春樹はオリジナリティを感じないなあ
ところどころ、安部公房とか大江健三郎っぽさがあるんだけど、すべてが浅い
『ねじまき鳥クロニクル』は『密会』を下手にパロディにしたような気がして不快だった
春樹4部作の<鼠>は、大江の『個人的な体験』の<鳥(バード)>みたいだし、
『1973年のピンボール』はタイトルが『万延元年のフットボール』のパロディーだし・・・

安部公房が現存してたら村上春樹のこと嫌いだった気がするんだけど
安部が存命中に、春樹のこと語ったことがあるのかな?知ってる人いる?


148 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 21:44:48
公房も春樹もノーベル賞落選者同士じゃないか

149 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 23:28:28
>>148
俺もノーベル賞落選者だが?

150 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 23:40:15
俺も俺も!

151 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 23:50:05
それは的を獲た回答だな

152 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 05:34:55
なあなあ、関係ないけど
この前インド人がやってるカレー屋に行ったんだけど、
カレー注文したらスプーンがついてこなくて
「あ、本格的な店なんだ」とか思って手で食ってたら、
半分くらい食ったときに、インド人の店員が奥から
すげー申し訳なさそうな顔してスプーン持ってきた

153 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 12:01:15
それって安部公房というより内田百閧フ世界じゃないか

154 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 18:03:04
>>152は昨日、狼でも見かけた

155 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 19:09:52
そういや、村上春樹に『インド』(だっけ?)っていう短編があったな。
短編読んでると安部公房とは元から方向性が違うんだろうなぁ〜。って思うよ。
確かに春樹は浅い深いで言えば浅いということになるのだろうけどね。
要するに砂の女最強。

156 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 19:27:21
浅いレスばっかじゃねぇか

157 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 20:37:05
この人って言葉を捨ててるよね


158 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 21:00:33
捨ててないよ

159 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 00:10:23
文学板なのにライトノベルファンの集いみたいで困る

160 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 01:17:16
壁和漢ね

161 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 23:47:31
吹雪の日は「終わりし道の標べに」を読むといい感じ

162 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 01:40:00
砂の女はめちゃくちゃ面白かったです。
他人の顔、壁、密会、箱男で次々と挫折しました。。
砂の女以外に阿呆な私にも楽しめる安部本ありませんか?

163 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 02:02:07
>>162
挫折した理由が知りたいな
砂の女がOKで、他の作品がダメだった理由がわからないと、紹介もできない。

164 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 02:44:28
どなたか密会を解説してください。読んだけどよくわかりません

165 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 03:39:24
方舟さくら丸はすごくおもしろいよ。

物語がこれまたおもしろくて、かつ安部のセンスがエンターテイメント面で光ってる。
壁や密会は好きじゃないけど、方舟さくら丸は好き。

166 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 05:29:25
>>162
地図

167 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 06:33:29
>>164
炉利小説

168 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 13:57:13
>>162
第四間氷期
>>164
不覚にも勃起した

169 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 17:27:27
安部公房の書く「卑屈な中年」と「エロ」は他の追随を許さない

170 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 17:40:56
ドストの書く卑屈な中年もかなりのものでしょ

171 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 21:29:36
>>162

つ『美しい国へ』

172 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 23:01:28
どうも安部の本はあまり女には理解されないようだ

173 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 01:13:39
>>162
何回か読んで見れば? カンガルーノートなんかは特に、読めば読むほどその
面白さにはまってゆく。

174 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 10:51:41
女受けよかったょ

175 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 11:33:00
緑面の詩人がわけわからん

いつ読んでも人さらいで泣いてしまう

176 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 17:21:20
安部公房は大好きだが
安部公房好きな女はちょっとw

177 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 17:41:35
緒川たまきのことか

178 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 19:07:04
バベルの塔の狸おもすれー

179 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 19:22:32
たまきはダイチュキ

180 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 22:00:09
宇多田ヒカルも読んでたな、公房

181 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 23:48:27
>>180
あいつ本当に読んでんのか? なんか意識的に言ってるだけじゃねーの?

182 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 07:19:38
安部公房を読んでいる女性有名人といえば、
俺の場合、緒川たまきさんを思い出す。

183 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 10:01:31
宇多田は文学好きらしいな。
結局JーPOPノリの歌詞だけど。
死霊とか読む頭があるんだから、ファン置き去りの難解な詞でも書けば良いのに。

184 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 14:09:11
>>29
箱男と他人の顔は、覗き文学の模範なのだそうです(『のぞき学原論』第2章)
安部とは作風のまったく違う谷崎潤一郎の
「瘋癲老人日記」「鍵」に通ずるそうです。

185 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 15:44:42
アメリカの作家ジェイムズ・サーバーに、
「A box to hide in」という短編がある。(1935年発表)
安部が読んでいたかどうかはわからないが、
ユーモア小説なので、関連はないと思われる。
ただ、同じようなことを考える人間というのはいるものだなあ、と思う。

186 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 20:12:13
文がスカスカで大衆小説を読んでいるみたいだった。

187 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 20:19:21
大衆小説ってなんだろ

188 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 20:36:19
おまいの体臭

189 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 21:48:56
この人ってノーベル賞候補だったの?

190 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 21:52:24
そうらしい。

191 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 23:29:57
聞いた話しだけど、長生きしてたら大江より先にとってたらしいよ

192 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 01:19:05
別巻発売まだですか?

193 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 02:00:39
ry

194 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 02:17:12
>>192
最後のその質問が出てから1年後に出版される規則になってます

195 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 06:08:06
じゃあ、また延期かよ┐('〜`;)┌

196 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 19:00:12
長生きしてたら〜説は俺も聞いたことあるな。ソースは中学の時の先生です。

197 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 19:14:50
それは単に大江が自分が取った際に自分より安部が取るべきだったと言っただけで
安部に将来のノーベル賞が確定されていたという証拠は当然無い
またノーベル賞候補は各国のペンクラブが推薦すればなれるので
候補としては谷崎、西脇、井上靖、三島、遠藤周作、村上春樹なんかがなってる

198 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 19:30:57
戯曲・榎本武揚の榎本の鬼謀ぶりは公房の作り話なの?
本当だったら凄いんだが

199 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 23:00:55
>>197
まあそれにしても、関係者にここまで言われてるからな。
ttp://book.asahi.com/clip/TKY200610050215.html

200 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 23:08:22
パール・バックひどい言われようだ

201 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 04:13:31
パール・バックカワイソス
いや読んでないけどさ、、

202 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 04:59:24
谷崎が死んで川端受賞
公房が死んで大江受賞
一国の中で選択肢が絞られたほうが決まりやすいってことだ

203 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 07:06:16
公房もノーベル賞の証言文学みたいなの意識したのかな?
アメリカ論とかやりたかったみたいだし、鯨たちみたいなエッセイはノーベル好みっぽい。

204 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 07:20:13
ぬるいこいつはぬるい

205 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 10:49:30
やはり足穂とくらべるとイマジナティブポテンシャルは低いな

206 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 11:23:53
国家の規範に縛られてるのかな?ノーベルは。
それなら独我的な人間の営為はすっぱり忘れちゃってるのか。

207 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 14:51:39
何らかの団体が個人に賞を与えるときに、
国家の規範とまでは行かなくとも、何らかの規範に縛られるのは
仕方のないことです。

手塚治虫に国民栄誉賞をなんて言う人もいるが、当人は受賞を辞退すると思う

なんて文章をネットで見かけたが、逆に考えてみたい。
ノーベル賞を貰う程度の評価なのだと・・・

安部もきっとこういうだろう「読者の評価こそが作家の栄誉」と


208 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 17:10:28
勝手に妄想してるよ(ノ∀`) アチャー

209 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 17:17:49
安部公房ファンなら妄想癖があって当然だろw

210 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 17:24:22
感情爆裂のない作家なんて損だよ

211 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 17:35:23
感情爆裂kwsk

212 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 17:42:57
kwsk?

213 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 19:17:54
ん〜sk2。

214 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 19:24:58
感情爆裂ワロタw
芸術は感情爆裂だ!

215 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 01:31:33
もっともシュールな作品って何?

216 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 01:53:26
あげ

217 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 02:29:52
>>176
呼んだ〜?
NHKの養老とかのインタビューもビデオ撮ったよ。
男性として魅力的とは思わないけど。


218 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 02:34:30
きみはもしかしてあのお店のおんなのこ?

219 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 02:35:52
>>217
そのビデオ、youtubeあたりにうpしてくださいませ


220 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 02:37:31
完全にラリってるな。
アベ知らないよ。
大体生き写しの女の鏡さ。体がクソ熱い。
戦車を洗車しなきゃな。

221 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 03:01:13
>>219
やり方わかんないし、テープの状態もヤバい…。
斉藤アナだっけ? そっちもある。
老後の楽しみに取っておく。


222 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 06:07:55
本人はかなり狙ってたよ賞。
大江さんと同じくらい。

223 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 10:08:01
女の乳房にしゃぶりつきてぇ

224 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 10:15:33
安部乳房

225 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 10:41:48
モグラ日記を読むと、米国の何かの(ニューヨークタイムスだっけ?)評点では、
クンデラやゴーディマ、リョサに混じって、安部も満点じゃなかった?

226 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 12:56:58
お前らまだ本当の旧満州に出会ったことないからそんな事言えるんだよ
部屋に匂いが充満するんだぞ、しかも男の身体からは絶対に発することの無い
あのチーズと腐った魚の混ざった匂いがよ
俺も満州に出会う前までは臭いが興奮するとか思ってたがな
まさかあそこまでの匂いとは知らなかった

227 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 17:10:50
あべぷれぼーの方が上

228 :吾輩は名無しである:2007/02/21(水) 20:20:11
>>227
>あべぷれぼーの方が上
そんな事は分かり切ったことなんだよ!
こんなド素人が居るとはな・・・
それを言って良いなら俺も言うぞ

あっべこらぼーの方が上

229 :吾輩は名無しである:2007/02/21(水) 20:29:56
安部棍棒

230 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 00:19:22
安部氏!

231 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 11:38:41
安部肉棒

232 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 20:21:23
安部神像

233 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 14:38:01
赤い繭って初めて読んだけど凄いな。
最初は、安部もこんなかわいい文書いてた頃が
あったのかと微笑ましく読んでたら終盤神かかってて参った。

234 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 15:43:24
結局、ダイヒョウ作は、砂の女でよろしいでやんすか?


235 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 17:57:32
最初に読んだのが「赤い繭」だった。
一挙にはまった。

236 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 17:58:09
まず一般的に言われている代表作は「砂の女」でよろしいでやんす。
だが、代表作とは一体何だろう?
少なくも、このスレにいる人間は、他者の評価を鵜呑みにするようなヤツらでは無いはずだ。
その意味において、代表作とは何を指すのか?
考えてみて欲しい・・・。

代表作は、「箱男」でやんす。

237 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 18:07:34
俺は代表作は地図かな
箱男はサイン付きの初版本持ってる

238 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 18:17:43
「公然の秘密」

239 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 19:00:26
偽物サイン付きが多いって話を聞いたけど・・・。
どうなんだろう?


240 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 21:07:21
安部あーべー

241 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 21:38:58
赤い繭は教科書に載ってたな

242 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 12:26:32
高校のとき教科書で読んで
あわてて本屋で壁買ったよ。

243 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 14:29:57
>>242
俺は、壁の文庫本を古書店で買った十日後に安部公房先生が亡くなった。
それが、先生の本を初めて買った時だった。(50円)

「えーー」と思った。

俺が、本を買っていなければ・・・。そんな思いを抱き続けている。(実話)


244 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 18:15:33
悪魔がいるな。

245 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 20:33:55
お前が一生安部の小説と出会わなけりゃ良かったのに

246 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 20:53:31
ちがう、俺がオナニーさえしなかったら安部先生は死ななかった

247 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 22:41:22
>>246
じゃあ、昨夜のオナニーで死んだのは誰だ?

248 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 00:58:26
そのうち、俺が続飛ぶ男でも書くけど、
べつに期待しなくていいよ。

249 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 00:59:50
期待してないから安心しろ

250 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 01:05:03
安部が生きてたら、文壇の新人の誰を絶賛してると思う?

251 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 01:08:37
高橋源一郎

252 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 01:10:09
>>250
絶賛するかどうかは知らんが、綿矢りさにどんな反応示したかは興味ある。
安部流の(良い意味での?)セクハラとか…どんな風なのかな、なんてね

253 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 02:16:28
まぁ安部は基本的には今生きていても海外に眼を向けてるだろうな

254 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 02:19:49
世界といっても、インターネット中毒になってそう。

255 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 03:28:57
中毒にはならんだろ。煙草をいとも容易くやめられる人だ。

256 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 03:48:51
SF作家のくせにインターネットを予言できなかった時点で失格だろ。

257 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 04:16:32
予言者ではないんでw
でもちょっと前のSFとか読むと面白かったりはする
筒井の読んでたらカメラの瞬間現像とか出て来て
これってデジカメで実現しちゃったじゃんとか

258 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 05:31:10
単純に未来予想が当たってるかどうかは、面白さに関係ないよな。
第四間氷期なんて、古臭さの割りにものすごく面白い。
結末知っててもドキドキさせる。

259 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 05:44:35
>>256
安部はインターネットを知らずに死んでしまって良かったのかな?
安部のホムペやBlogとか読んでみたかったし、動画などの配信とかも面白そうだ。

260 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 06:04:24
あー
安部ならホームページは作るだろうなぁ
それも凝ったヤツ。。。

261 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 08:55:12
ニュース見てて
「韓国籍男」が「韓国箱男」に見えてしまった・・・

262 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 11:21:38
>>261
違いがわかるのに1時間かかった

263 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 13:50:30
>>262
え? 何が違うの?

264 :はるか高み:2007/02/25(日) 15:45:04
:はるか高み :2007/02/25(日) 12:37:21
転生、つまり変態の法によって変態しているのは、
李白や与謝野晶子の三島だけだろうか?

違うのである。
あのノーベル賞作家の川端康成も変態しているのである。
さすがに文学者なのである。
法を知ったからには家を定めて世界中の誰にでも変態できるだが、
果たして川端康成は誰に変態したのだろうか?
僕も驚いたのだが、現内閣総理大臣の安部さんに変態しているのである。

勿論、川端康成にはその理由があって転生しているのである。
李白や三島の目的に外れてはいないはずであるw。
川端文学とはそういうものなのであるw

265 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 19:26:01
>>264
え? 何が違うの?

266 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 19:29:08
しっ!頭のおかしなおじちゃんと目を合わせちゃいけません!

267 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 20:43:47
壁って短編じゃないのになんで芥川賞受賞なの?

268 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 20:54:34
S・カルマ氏の犯罪で芥川賞をとったから

269 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 21:00:13
芥川賞が、実質短編ではなく中篇を対象とするようになって久しい

270 :吾輩は名無しである:2007/02/26(月) 22:23:09
今、一番安部公房に近い(影響を受けている)作家と言えば誰だ?
なるべく有名どころで。

271 :吾輩は名無しである:2007/02/26(月) 23:01:01
>>270
教えて欲しいの?

272 :吾輩は名無しである:2007/02/26(月) 23:11:37
>>271
欲しい欲しい!

273 :吾輩は名無しである:2007/02/26(月) 23:57:14
>>272
そう尋ねられてから、2年後に教える規則になっている

274 :吾輩は名無しである:2007/02/26(月) 23:59:04
>>272
村上春樹だよ。
安部に影響受けながらもう一歩踏み出している作家はどちらかといえば
大江に近い。

275 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 00:03:34
>>274
意外にストレートな答えだな
たしかに「羊をめぐる(ry」とかはちょっと安部っぽい
といえば安部っぽいかな
ていうか安部の影響なのか、カフカの影響なのか

276 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 01:15:18
春樹でいいなと思うのは、ピンボールくらい
以上 (春樹の話はこれより禁止)

277 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 06:09:04
定期的に湧いて出てくるハルキスト(苦笑)Uzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!!!!!!

278 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 06:29:30
アビスト?
コウビスト?

279 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 11:20:04
コウバーだろ、普通。

280 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 14:00:05
コウボーでは?

281 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 20:28:51
カフカVSカミュVSヘッセ

安部VS池波VS北方

282 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 20:36:37
安部の文章は退屈

283 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 20:37:43
んな馬鹿な

284 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 23:16:58
ベートーベンの音楽は退屈、っていうレベルの発言だろ。

285 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 23:43:07
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【3大シリーズ】池波正太郎を語ろう【真田もの】 [一般書籍]
安部公房をSFの立場から読む [SF・FT・ホラー]
安部公房の映画 [懐かし邦画]
君のセンスを5段階で評価するよ!カスタム3[指名制] [詩・ポエム]




きも

286 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 00:09:00
そもそも退屈な研究所読んでるみたいで熱が感じられない
このお方

287 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 00:11:24
コボちゃんはね、オシャレさんなんだよ。

288 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 06:00:10
谷崎とか川端とか、日本の文学者はオシャレさんばっかりだな。
ドストエフスキーみたいな強豪がいない。

289 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 08:08:35
一見ホームレスって感じの?

290 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 15:28:15
一見天パって感じの?

291 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 17:38:05
>>288
坂口安吾

292 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 21:32:14
駄目だ駄目だ!

293 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 00:49:26
箱男が砂の女の家に行ったらどうなるのだろうか

294 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 03:54:21
箱が砂で腐る

295 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 11:39:19
セックス前に必死に箱に穴を開ける

296 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 17:48:19
覗き窓のピラピラが砂を防ぐことに感激する

297 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 21:44:16
で、この人の一番は箱男?砂の女??

298 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 21:47:19
密会だ

299 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 21:59:41
実際のところ、箱男の覗き窓の仕組みがよくわからない・・・
わかるんだが、よくわからない・・・

300 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 22:10:14
 もしかすると、こうしたすべてが、夢のなかの出来事なのではあるまいか。

301 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 22:50:29
実際にあの作り方どおり箱作って入ってみた人いる?
私はそこまでする勇気なかった。

302 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 23:00:54
話にならない。馬鹿向け似非文学

303 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 23:27:57
>>302
ハルキストは、ハルキスレでハルキの文句言おうな・・・
ここでハルキの事言われても、対処できないから・・・

じゃあね

304 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 23:55:39
>>297
地図だっつってんだろこの莫迦

305 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 07:27:59
評価なんてそう簡単にできるもんじゃないけど、
一番好きなのは『燃えつきた地図』だなあ

306 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 07:28:39
>>303
ワロス

307 :吾輩は名無しである :2007/03/02(金) 21:16:28
でも欧米で春樹を紹介する時は必ず安部の名前が出てくるよね
まあ日本文学として売り出すのにヴォネガットとかの名前は出しづらいんだろうけど

308 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 21:55:05
別巻はまだですか?
もう6年くらい待ってます。死にそうです。

309 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 22:59:54
安部や倉橋を読んでる人から一歩距離を置いたような発言してたくせにな

310 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 10:23:28
安部文学を読みこなしてる俺は、一般人とは一線を画している。

>>308また延びた・・・

311 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 12:20:48
>>308
>>194

312 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 12:30:44
ユープケッチャって何ですか?

313 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 15:33:45
小説のタイトル。

314 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 16:35:59
>>312
皆様ご案内のように、ユープケッチャとは、このスレのマスコット的存在であり、
かつ、>>313の通り小説のタイトルにもなっているところの、我々が目指すべき指標
であります。
ごく稀に、ユーケプッチャ・ユープケッチャーなどの誤用が見られることでも知られています。



315 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 17:56:08
ユーフォーキャッチャー

316 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 04:52:46
ユープケッチャー・イン・ザ・ライ

317 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 08:32:11
万延元年のユープケッチャ

318 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 09:49:05
BMWのラジエーター・グリル

319 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 13:35:44
砂の女のあまりの文学的センスのなさにもう二度と手に取るまいと思っていた公房だけど
第四間氷期はそこそこ面白いな。


320 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 16:02:15
安部公房やトマスピンチョンとか、理系の小説家って面白いなぁ、と素直に思う。回答より質問の作り方にほれぼれする。現実の人間関係を因数分解する瞬間に立ち会ったりして、参りました、ってなる瞬間がいい。

321 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 18:07:55
安部公房って、いつからこんな馬鹿ばかりの読者に読まれ出したの?

誰?

322 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 18:29:38
>>321よく分からないけど面白い。っていう感想が一番嬉しいとか、小学5年生くらいの言葉で書きたいって安部公房自身が語ってるじゃんよ。
実際、実社会で頭のいいやつは前衛文学なんて読まずに、エンタメと割り切ってエンタメと付き合ってるし。
バカが手にとって読むのを勝手に憂うお前が一番バカにみえる。いや、お前なんか、頭が良くても悪くても、嫌な奴だね。

323 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 18:33:06
ありがとう。最後の一文をそっくりそのまま返すよ。

324 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 18:42:11
どうみてもおまえの負け

325 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 18:49:23
いかにも2ちゃんねる的な「勝利宣言」だね。

じゃあ、ヒント。
レトリックに騙されるな。表面的な文字に煽られるな。

君には素質アリと見た。

326 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 19:03:37
着信アリ

327 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 19:10:31
答えがほしい。

328 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 19:13:39
副詞を削れ

329 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 19:34:57
僕の勧めた本を閉じると、女は口を開いた。さあ、今度は、僕が敗北宣言を聞く番だ。
「わからないものは、わからないのよ。私ってバカだから。」
密度の濃い沈黙。これを、素直な敗北宣言だと思ったら、大間違いだ。
囚人にだって、善人と悪人がいるのだ。
わからないものを、わからないと、おのれの無知をさらけ出したからといって、それが、そっくりそのまま、無能であることの証明には、なりえないだろう。
ひょっとしたら、僕の勧めた本の内容が、間違っていたという可能性も、捨てる訳にはいかないのだ。
僕は、今まで、鉄で出来ていると信じていた、自分の心臓が、高濃度の酸素に触れ、急激に錆びついたような感覚に、すっかり滅入ってしまった。

330 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 19:48:20
正解だけど模範的すぎでふ。。
もっと引っ張ればいいのに・・・

331 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 20:08:47
マイケルジャクソンに及ばないまでも、コロッケのムーンウォークには、目を見張るものがある。
やはり、ムーンウォークには、何か、人を引き付けるものがあるようだ。
いずれにせよ、彼は、ああやって前に進みながら後ろに下がってみせた。
具体的な行為、という事であれば、英雄待望論者のニヒリストよりはましだと言わねばならないだろう。

332 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 21:44:34
サイレンの音が聴こえた

333 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 21:46:40
考えるのをやめてしまった。

334 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 22:08:23
そして北方謙三になった。

335 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 22:44:26
「どう、大丈夫、医者に行こうか」

336 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 23:26:50
「台所の上の、納戸だっていいよ。」

337 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 23:30:05

「人間そっくり」?

338 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 23:34:18
あれだよ……ほれ、雄と雌が、つがいになって……あの、あれだなぁ……

339 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 23:55:58
さすが公房スレ。

助かった。>>331恩に着る。

340 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 21:55:29
韓国そっくり

341 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 01:25:05
なんてシュールなスレッド・・・

342 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 01:36:43
素質ナシばかりですから。
同じ「箱」の中にこもりっぱなしで

343 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 02:19:34
「箱って言い方は正しくないね。ここは方舟なんだ」
「なんのための方舟だい?」
「なんのって……決まってるじゃないか、生き延びるためのさ」
―以下略―

344 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 03:14:13
シュールなさくひんが一つもないよね。
「壁」とか発想が陳腐だし、カンガルーノートはすねに貝割れ大根だし
砂の女は別に、ただ砂の中の話しだし
だめだね、この人。シュールな作家は日本にはいないのかな・・・

345 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 05:04:28
>>344
「密会」を声を出して100回読んでこい! 話は、それからだ!

346 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 08:07:03
>>344
正統派シュールレアリスムを欲しているなら、瀧口に行け。

347 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 11:58:51
僕は火星人です。

348 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 15:56:13
>>344
昭和20年代の作品に「陳腐」とは是如何に。

349 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 18:35:14
>>347
人間そっくりじゃないか!

350 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 18:45:54
>>344マンガだが、諸星大二郎でも読め。

351 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 21:48:50
夢想的という意味では筒井康隆が一番かと思うよ。
芸術性という意味では安部より大分落ちるんだろうけど。

352 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 21:54:06
>>344
砂の女は環境破壊を主題にしたものだから
たしかにシュールさはないよね。

353 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 22:01:22
>>344
シュール馬鹿だな。
そんな目で読んでたら他のものが見えなくなるぞ。

354 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 22:18:34
馬鹿にはおすすめしない

355 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 23:49:38
もしかして・・・「シュール」=「インテリ」とか脳内変換してるんじゃ?

356 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 03:15:35
以下、この話はシュルー

357 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 23:10:13
今日、誕生日だっけ?
あめでとうございます。

358 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 00:13:48
遅れた_| ̄|○

359 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 09:41:14
何歳になられたんですか?

360 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 21:14:45
壁箱男密会はだめだめ

361 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 22:57:17
>>360
早くスイートポテトを作る作業に戻るんだ

362 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:02:56
蒲鉾喰ってから出直せ・・・

363 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 06:21:36
>>360
砂はどう?

364 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 12:43:40
魔法のチョークって作家(自分)のこと書いてるの?

365 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 12:52:19
安部厨房

366 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 21:44:12
>>363

最高


367 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 21:47:19
ダメと最高とか、本当にどうでもいいな

368 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 21:50:25
近所のブックオフに、文庫の死に急ぐが売っていたが、
新潮文庫の命である紐の栞がブチギレていた。
ゆえに誰も買っていないし、俺ももちろん買わない。
紐がついていれば、二冊目のストック要員で買ったのにな。

369 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 22:43:13
みな引きちぎってたよ、俺。
邪魔だから。

370 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 22:46:54
ワラタ

371 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 22:48:02
中身に価値を見いだせない奴は、本を買う資格無し!


372 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 22:48:32
ゴーカイ>>369だが、そういう不良品を売り物に出すのは間違っているだろう?
しかも105円じゃないんだぜ?

373 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 22:54:15
>>371
いろんな価値観があっていいだろう
狭量だなあ…
それに二冊目なんだから、状態が気に入らないなら買わなくたっていいでしょう

374 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 23:03:08
死に急ぐ鯨たち「あたしのために喧嘩しないでアーッ!」

375 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 00:36:45
飢餓同盟

376 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 00:46:35
ひもじい

377 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 02:17:32
人類史上かなり上位の天才
と叩かれそうなことをいってしまふ

378 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 03:02:03
そりゃお前、「人類史上」なんて言える人間なんているのかよってことになるわさ。
でも公房読み終わったあとの興奮はわかるよ。
こだわりを持たずに色々読んでみるこった。

379 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 09:51:22
はあ?なに、エラソーにしてんのよ!?あ!??

380 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 20:00:25
そのキレ方はないだろ。すげぇな。

381 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 20:13:33
ネタにマジョレス・・・

382 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 11:03:26
>>379
ちょっとウケたから許す

383 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 11:16:16
箱と砂がなんか新装版出てた
銀色のカバーで。
もちろんスルー。

384 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 11:20:46
ずいぶん前からそれ話題になってたからスルー。

385 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 11:22:10
金色のカバーになったら買おうと思ってスルー。

386 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 11:49:41
はあ?なに、スルー。してんのよ!?あ!??

387 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 19:15:28
あ???!!あ!?あ!あアッー!!

388 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 20:44:37
べ???!!べ!?べ!べベッー!!


389 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 21:55:26
こ???!!こ!?こ!こコッー!!

390 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:21:22
神戸!!!!!!!!!!!!!!!!!




391 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:26:35
どうでもいいけど神戸出身の作家多いよね。
確かに綺麗な町ではある。

392 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:43:18
山と海、街と工業地どちらもあるのがいい。住みたい。

393 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 23:15:48
筒井とか・・・
安部は違うよね。

394 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 23:46:58
安部は東京→満州→東京かぁ・・・。
なんか納得するな。

395 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 00:34:33
評論では安部は観念的だと言われてるけど
それについてはみんなどう思ってるの?

396 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 03:55:47
観念するの方だと思ってる。

397 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 04:14:00
他人の顔ってどうよ

398 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 05:55:34
ものすごく即物的、あるいは唯物論的。
処女長編は観念的だけど。

399 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 08:16:15
壁の穴ってどうよ

400 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 09:50:52
短編だと、赤い繭と無関係な死がいいね。

401 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 10:11:52
のぞいてみるといいよ。

402 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 10:42:05
壁の穴ってパスタ屋のことか?
いかにも公房にありそうなタイトルだけど。

403 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 21:32:09
他人の穴ってどうよ

404 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 21:34:49
仮面の穴ってどうよ

405 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 23:06:18
闖入穴か?

406 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 23:17:18
狸の美術館かな。あれも脚なんだろう。

407 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 13:49:29
;

408 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 21:38:21
* アッーーーーーーーーーーーーーー

409 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 21:39:43
これだから日本人は・・・・・

410 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 21:48:18
そろそろ安部の最高傑作が何かを決めないか。

411 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 22:00:09
絞るなら箱男か砂の女だろうな
個人的には砂の女だが

412 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 22:12:51
地図・・・

413 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 22:35:59
さくら丸
箱男
第4

414 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 22:38:46
ミッカイ
ひもじい


415 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 22:58:24
安部の作品が、文学界における最高傑作なのだよ!

416 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 23:18:47
長編と短編を分けないか。

417 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 23:34:34
登場人物の精神分析から始めようよ

418 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 11:38:42
アベデミー賞

長編作品ノミネート 箱男
短編作品ノミネート 詩人の生涯

主演男優賞 
   女優賞
助演男優賞
   女優賞


419 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 12:24:47
助演男優賞ノミネート:田代君 頼木君

420 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 12:44:43
長編 密会
短編 デンドロカカリヤ

421 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 18:38:11
主演女優と助演女優の境界が分からない作品が多いね。
溶骨症の少女

422 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 19:22:42
主演男優賞ノミネート 私(他人の顔)

423 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 19:51:46
助演男優賞ノミネート ミスター・ハンマー・キラー

424 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:50:39
「壁」読んだ。おもしろかったなー
若い頃はどこが面白いのかわけわかんなくて挫折したんだっけ。
40近くになって楽しく読めるようになるとは。
歳取ると物の受け取り方って変わってくるんだね。

425 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:53:48
さすが40歳。不惑というだけあるなwおめ!

426 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:54:20
と思ったら、40近くか。40ではなかったのね。すまんこ。

427 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:55:00
あと、漫画家が「壁」から影響受けてると思われる部分を思い出し、ニヤリとした。
手塚治虫は「檻から脱走した巨大鼠が人間を襲う」場面を描いてたし、
木城ゆきとの「銃夢」では、自殺機械をユートピアと名づけていた。

428 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:55:39
>>426
いや、あと3年だから大して変わらないよw

429 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:58:00
あれ?ユートピアじゃなかったかもしれない。
どこで見たんだっけな。

430 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 23:40:20
安部公房ってなんか村上ハルキとにてるのぉ

431 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 23:52:11
ハハハ こやつ

432 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 23:58:31
主人公が鈍臭くて、やたら狭くて暗くて汚い所へ入りたがるのは似てる。

433 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 00:07:27
そんなに数読んでないけど、春樹の方は沈黙してるような印象が強い。

434 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 05:50:00
詩人の生涯とか、4読ぐらいして、やっと意味がとれた。
かなり良作だと思う。

435 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 06:44:38
ハルキヲタってほんとにどこでも現れるな。
なにかというと高名な作家をすぐ「春樹に似てる」と言うのが口癖らしい。
ドストスレでも以前暴れてた。

436 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 13:18:28
>>435
いや、もう、病人ですから。この連中(ハルキスト、ハルキオタ)は。
ある意味、村上春樹が一番の被害者かもしれないよ。

437 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 18:13:33
春樹の文章は、お洒落な感じがして素敵ね。

438 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 18:43:58
カフェで毎日春樹読んでるよ。
安部公房とか臭いよね。なんか。

439 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 19:16:14
別巻の発売予告はまだですか?

440 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 20:14:16
>>439
最後のその質問が出てから1年後に出版される規則になってます。

441 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 20:47:17
>>439てめーのせいでまた一年延びちまっただろうが!!

442 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 21:06:26
お約束だなw

443 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 23:10:52
でも実際別巻出るのを待ってる人っているのか?




444 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 02:04:50
村上春樹って安部公房を10000倍薄めたような感じ

445 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 02:11:36
>>444
安部をいくら薄めたってハルキにはなりません!

446 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 03:23:03
この作品↓、ご存じの通り、箱男をモチーフにしてます。
本人は、小説の書き方もわからなかったので、安部を参考にしたと言っております。
それだけです、はい。
安部ファンの方なら、おもしろいのでは?

>>『さよなら アメリカ』(講談社)で今年(2006)5月に
>>第48回群像新人文学賞を受けデビューした。同作は芥川賞候補にも挙げられた。

さて、誰でしょう?w



447 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 03:37:12
群像新人賞の選評でさんざん箱男との類似を指摘されてたね。
まあ、選評しか読んでないけどw

448 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 04:24:46
>>446
ソース、これね。
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20051104bk0a.htm?from=os1

449 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 11:14:54
名無しで書き込む私たちこそ
本当の箱男に他ならないのだ。


450 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 22:47:54
パックって芥川賞候補って、ありえない・・・

451 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 05:36:50
なんでいまさら、こんな話題がw
パクリじゃなくってオマージュだおwww(;^ω^)

なんてな

452 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 19:16:18
まだ若いなあ。公房に憧れるのも分るけど、
この年でオマージュオマージュ言ってても
一生超えられんぞ。

453 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 19:20:31
若いやつはオマージュオマージュではなくて、
オマンコオマンコだろーが!

454 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 19:31:17
昔読んだけど、小手先だけ真似た感じがしたよ

フランス留学中に、現地で(安部公房の評価が高いから)人から薦められて
読んで真似できると勘違いしちゃったんだろう
村上春樹なんかと同じで、安部の手法やモチーフだけ真似てるだけで、表面的なんだよな
浅い

オマージュとか言ってるが、心底、安部に魅了されてるわけじゃないだろ
ホントの安部公房ファンだったら、真似しようと思わんでしょ
てか、恐れ多くて出来ない

安部好きで、安部と違う表現方法を模索した大江と比べると可哀相なくらい才能無いな

455 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 19:42:07
村上春樹は別に安部公房の真似はしていないと思う。

456 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 20:09:41
>>455
『ねじまき鳥クロニクル』の妻が失踪するモチーフとか
病院で顔の無い奴が現れるモチーフとかはどこから来てるのかな?
他に『羊をめぐる冒険』とか安部っぽいと思わなかったか?
ま、上の作家と同じようにオマージュとかいえば済んでしまうのが、文学なんだけどさ

一般的に村上春樹は安部より大江の影響の方が強いと思われてるから君みたいなひとも多いかもしれんね
『万延元年のフットボール』→『1973年のピンボール』に見られるような露骨過ぎるタイトルのパロディ
『個人的な体験』の<鳥>という主人公の動物のあだ名が→鼠4部作の<鼠><ぼく>
異様に井戸に固執しているとことか(『万延元年〜』でも大江が地下に固執してた)

村上春樹は、安部以外にも大江とか海外の大作家からパクってるよ
だから安部ファンの島田雅彦とかからいつまで経っても罵倒され続ける

457 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 20:10:29
オマージュしようが勝手だが、↑みたいに読者は思うから絶対損する
ということがわからないのが一番の問題。

458 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 20:12:58
なんか道徳の時間のさわやか3組の感想で
「〜〜でした。そこで〜ちゃんは〜〜しました。おもしろかったです。」と
話のあらすじを書いてちょwwwそれ感想じゃねえwwwwってのが沢山あったが、
ドナルドはそれに近いものがある気がする。自分の見解も述べてるが引用が多すぎ…

459 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 20:53:54
確かに。
しかし、小学生の感想は絶対思った事書いてない(書けない)と思う。
その分周りに頼って書くから、時代背景(と言うほどではないか)がよく出てるな。
この間、小学校の時の文集を見てそう思ったよ。
キーンは一応思った通りに書ける・・・と思うよ。
見た感じはすっごく似てるけどね。

460 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 21:27:40
ストルガツキー弟って、
「第四氷期」をロシア語訳してんすね。
安部ってつくづくSF作家だよな〜。
なんで日本のSF作家には安部のフォロワーがいないんだ!
おかしくないか?

461 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 21:28:21
春樹がいるじゃん

462 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 21:43:07
>>461
アンチ春樹ネガティブキャンペーン乙

463 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 23:29:48
アヴァンギャルド芸術ってどんなことが書いてあるの?
読んで安部公房の作品についての理解深まるかな?

464 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 00:08:00
安部公房の戯曲>三島の戯曲

465 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 17:02:52
全集買えない貧乏人は春樹でも読んどけ

466 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 23:53:07
金ない 場所ない 読む気ない

467 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 00:16:05
俺の頭にゃ髪がない

468 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 00:42:04
緑色のストッキング

469 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 00:40:41
どの本から読んだらイいのかな?
教えて

470 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 00:46:11
密会だね^^

471 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 00:53:50
>>470
ありがτ♪

472 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 04:39:27
密会は3日以内に読もうね

473 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 06:28:18
ゆっくり読みたけりゃ、ゆっくり読めばいい。

474 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 10:54:50
まだ壁しか読んだことありません。
でも面白かったです。
箱男と砂の女も買いましたが積んでます。
きっと面白いと思うのでずっとドキドキしてて楽しいです。

475 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 13:57:20
「密会」

             (^ω^)⊃ 
         _,,..,,,,_⊂ミ⊃ ) プルルン
        ./ ,' 3 `∩ηっ
        l   ⊃ ⌒_つ
         `'ー---‐'''''

            


            /⌒ヽ
            ( 人  )
            |  |
            | ノ(|
            |.⌒| (^ω^;)
           _,,..,,,_|  | (つ ⊂)
         / ,' 3 |  |ーっ
         l   ⊃ ⌒_つ
          `'ー---‐'''''"


476 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 21:53:20
いかっみ
なんおのなす
ずちたきつえも
きうょひんよいだ!

477 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 21:57:01
レオナルドくんが来てる…

478 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 23:10:16
壁密会箱男は詰まらん
砂の女はおけ

479 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 23:15:09
人間そっくりが一番印象に残ってる

480 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 23:18:15
他人の顔が安倍のパトスのなかでは爆裂してておもろい

481 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 23:24:50
馬鹿専門だよ安部ぼうぼうなんて。
ただのSF

482 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 23:25:15
箱舟サクラ丸はあそびこごろたっぷりで楽しいんでね?


483 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 01:02:39
ワラゲン

484 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 01:12:36
>>478
おまえの感想など、 ど う で も い い

485 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 01:20:43
>>479
俺も好き

486 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 01:39:40
>>479
 俺も。あれ、読んでて何度も吹き出した。「しかし、僕の首は、いっこうに傾がない!」
の所とか。笑いという意味では彼の作品の中でも一番だと思う(もちろん深みもあるけど)。
TVドラマ版で、田中邦衛が(自称)火星人の役をやったらしいね。
一回見てみたいな。

487 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 08:53:26
ケイト・ウィルヘルムのインタビュー読んでみたら、日本では安部がメインストリームの作家として扱われているのは驚きだ、と語っていた。

488 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 10:18:53
とりあえず英訳版を2冊買った。

the ruined map と the box man



489 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 18:59:13
>>487
どっちの意味で?

490 :吾輩は名無しである :2007/03/24(土) 19:10:28
キム・ギドクは絶対安部ファンだな

491 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 01:11:24
ruined mapって格好いいな
買ってみようかな

492 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 01:22:47
ruined mapは表紙が地図とビール瓶で
各章のアタマの挿絵が「大和奉仕団」のバッヂのなんだよね
あれがかっこようて

493 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 08:40:22
>>489

ケイト・ウィルヘルムは安部を完全なSF作家として捉えていたらしいよ。
昔からNW-SFみたいな作品書いてるからね。
「鉛の卵」とか「人魚伝」なんか完全にそうだよね。
ソムトウも日本のSFで読んだことがあるのはアベの「第四氷期」だけだって語っていたらしい。

494 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 09:12:50
燃えつきた地図

英訳本だと RUINED MAP とほぼ直訳どおりでカッコイイのに

勝プロの映画だと

THE MAN WITHOUT MAP というとってもダサいタイトルになってしまっている



495 :包茎理系人間に多いタイプ↓:2007/03/25(日) 15:51:03
自慢たらたらの人間

さらに自分だけが正しいと信じる人間

誰かと比較して優劣を気にかける人間

内輪の世界の幸福を他人に見せびらかす人


496 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 16:57:34
理系と文系を分けた思考ってどっち系?

個人的には文系だと思ってるんだがんが

497 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 17:00:21
最近は文理融合型の院がひそかに流行っているけどな

498 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 17:13:16
んー、じゃあ受験用のギミックだったんかなあれは

499 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 17:21:00
http://www.amazon.com/Box-Man-Novel-Kobo-Abe/dp/0375726519

砂の女は好きだけど、箱男は時間の無駄だと酷評されてるね。w

500 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 21:29:48
>>496
安部自身分析しすぎる人間だから考えすぎて水に浮かなくて、泳ぎが下手って言ってるけど
安部の表現を借りれば明らかにデジタルな人間
ただ分析しすぎると小説は書けないから感覚的に書くのも必要だとか言ってた様な

501 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 22:37:35

安部交尾王



502 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 23:07:15
つまらんよ、つまらん

503 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 05:09:03
箱男にある「反月賦主義」だっけか?
あれは作家らしい言葉だね。
感動した^^

504 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 10:44:56
公安部 房

505 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 12:36:53
安部公某

506 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 23:44:15
THE交尾王!!!!!!!!





507 :吾輩は名無しである:2007/03/28(水) 00:48:05
安部公房でしょ。

508 :吾輩は名無しである:2007/03/28(水) 06:58:43

勅使河原×阿部公房の映画のBOXセットでまだ店頭で買えるのかい?

509 :吾輩は名無しである:2007/03/28(水) 07:13:03
>>508
字幕ついてる?

510 :吾輩は名無しである:2007/03/28(水) 08:11:35
>>509
確か、燃えつきた地図以外はすべてに英字幕が付いている筈

最近店で見掛けたかい?

511 :吾輩は名無しである:2007/03/28(水) 08:37:42
>>502
そうかね。

512 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 05:42:35
>>510
いや、みたことない

513 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 17:00:03
無関係の死を今日偶然見つけて購入。
今読んでる本を読み終えたら読もうかな。
これって普通に手に入るもん?初めて見つけたんだけど。



514 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 20:48:28
「無関係の死」は超希少本ですね

515 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 21:03:32
そうなの?新潮文庫のならブックオフで105円で買ったよ。
それと今日は『カーブの向こう・ユープケッチャ』を105円で見つけて買ってきた。

516 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 21:34:06
ここでも105円だ。
http://www.ubook.co.jp/shop/goods/goods.asp?category=00&artist=%88%C0%95%94%8C%F6%96%5B&search=e&ctg_search=x&wring0=1&sort0=05&max_cnt=0

517 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 03:33:52
終りし道の標べには希少価値ある?近くの本屋で1500円で売ってるんだけど、買うべきか迷う……
というか純粋に面白い?

518 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 03:36:49
>>517
どっちの?

519 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 10:22:06
どっちって何と何があるの?

520 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 10:36:45
そんなことも知らないでこのスレにいるのか。おどろき

521 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 11:17:30
新潮文庫の『終りし道の標べ』なら、これも105円でブックオフで買った。
ただ俺の場合は、都内在住で自転車乗りを趣味にしてるから
そういう値段で買えてるって気もするから、本当に欲しいなら
値段なんか気にせずに買っちゃうべきかも。
本来の市場価格が如何ほどなのかってのはよく分かりません。

522 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 11:21:00
いや文庫なら、そりゃ安く買えるだろう。。
だから、どーしたって感じ。。

523 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 13:53:27
サンリオSF文庫 とか文庫でも安くないよ

524 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 14:43:39
いちいちうるさいなぁ。。
そりゃ新潮文庫ならウンコみたいな安い値段で買えるだろう。。

これでいいか?

525 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 15:07:33
レスつけといてうるさいとか面白いんですが
新潮文庫だって絶版モノはプレミア付きますよ

526 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 15:27:53
うるさいなぁ
絶版ものでも、うまくいけばブックオフで安く手に入るんだよ
それにプレミアついていたとしても一千円台がいいところなんだよ

これでいいか?

527 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 15:54:56
一千円台とか超えますよ
例えば
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Syousai?sc=F7CAA2997A9F720CA0B5AF5F76091EA7&p_bk_tourokubi=F7893C496743A13073275C2B0B26E0AF25744F0C8291752B&p_bk_seq=3&wg=W
とか
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Syousai?sc=417DF3FB44B13C61A0B5AF5F76091EA7&p_bk_tourokubi=61D4175840A5FFCC5A40058E232892CFC5D4DBA6336A641B&p_bk_seq=374&wg=W

528 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 16:00:38
>>527
おまえ、し つ こ い な ! ! !

安部公房の新潮文庫のことを言っているんだよ

これでいいか?

529 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 16:02:21
探しました

夜ひらく・夜とざす
モウラン、ポオル 堀口大学訳、新潮社、1 、S4
386p、18x12、14版 新潮文庫(旧型)・・・ ブックエンド 2,940円

ジェニー・ゲルハート 上下
ドライサー著 高垣松雄訳、新潮社、昭和9
新潮文庫 初版 風光書房 6,800円

神々の死  上下揃
メレジュコーフスキイ、新潮社(新潮文庫) 、S17 悠山社書店 7,000円

若き支那の子画像あり 
パール・バック、宮崎玉江訳、第三次新潮文庫、昭13
初版帯 170頁 氷川書房 5,250円


ああめんど。飽きた。。。

530 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 16:02:39
ちなみに よみた屋 のおじいちゃんの本買いますっていう
ふれこみは何となく嫌いだ。
そりゃそうだけど、そうストレートに言われると、なんか好い気がしない。。

531 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 16:03:30
>>529
なにが探しましただ
安部公房の新潮文庫だって言っているだろうが

このおたんこなす!!!

532 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 16:04:37
おれとおまえで土曜日の午後になにをやっているんだか

俺はサッカーの試合が夜からあるんで、そろそろ外出するから

じゃあなノシ

533 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 16:13:17
残念ながら実は二人だけじゃなかったのです

534 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 16:17:31
じゃあ、何人なんだ?

535 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 16:24:52
一人

536 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 16:30:52
言っちゃった

537 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 19:20:19
ていうか本なんて読めれば文庫だろうがハードカバーだろうが何でもいいだろ
そんなどうでもいいことにこだわる房がいるんですか?

538 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 20:02:42
たとえば、壁の挿絵が違うんだな。

539 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 20:25:24
ダンボール内で生活してるとハードカバーの本はかさばるんよ。

540 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 21:27:54
>>537
おまえ、読解力のない馬鹿だな


バーーーーーカ!!!

541 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 21:53:52
>>540
幼稚すぎてワロタ

542 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 22:47:58
箱男の「写真」は文庫本でもありますか?

543 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 23:45:48
あります

544 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 01:21:49
dくす

545 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 21:57:13
おい!!みんなぁ!!!鼻つまんで学級文庫って言ってみな!!!

546 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 22:02:06
卓球うんこ

547 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 22:15:20
脱臼ちんこ

548 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 22:33:27
箱男について
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1080467583/
http://www.doblog.com/weblog/myblog/62423/2555156#2555156
http://yakenn2002.seesaa.net/article/36493174.html

549 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 23:06:40
花粉症だから、つまんでもつままなくても一緒だった。

550 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 23:13:20
別巻発売はまだですか?

551 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 23:16:15
>>550
最後のその質問が出てから1年後に出版される規則になってます。

552 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 01:17:30
>>550
また延ばしやがった・・・。

553 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 19:15:15
べっかん! べっかん! べっかん! べっかん!
  −=≡    _ _ ∩
 −=≡   ( ゚∀゚)彡   
−=≡   ⊂  ⊂彡   
 −=≡   ( ⌒)      
  −=≡  c し'     

554 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 20:27:59
>>553
この書き込みがあると、3年後の出版に変更される規則になってます。

555 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 22:20:10
新しいな・・・、オイ!

556 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 23:07:44
今回の黄砂で砂の女を思い出した諸君は挙手

557 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 23:11:43
うん、ベットで読んでるとこだよW

558 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 04:48:36
細かいことを言うようだが、ベットではなくてベッドだよ
それとも賭けでもしていたのか?

559 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 05:31:59
ベットとベッドの違いを間違いだと勘違いしてる人多いな。
これに関してだけは、外来語として両方正しい。

日本には寝台が最初医療器具として輸入されたため、ドイツ語読みで
官公庁などの書類を通してベットで広まった。
その後、家具として英語圏からベッドが輸入されるようになり、ベッドも広まった。
つまり、両方が外来語として定着してるわけ。

いや、外来語は英語だけだ!と主張したいなら別だが。

560 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 07:36:03
>>559
だってさ、たいがいの小説ではベッドになっているよ。
ほかのメディアでもそうじゃないかしらん。
ワードなんぞはベットと入力するとご丁寧に注釈が入るよ。
手持ちの広辞苑でもベッドは載っているけど、ベットは載っていないよ。

561 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 09:53:16
発音のしにくさと関係があるんじゃないかな。
促音のあとに濁音が来ると発音しにくい(少なくとも日本人には)。
「handbag」も口に出して言うときには、ほとんどの人が「ハンドバック」と言ってると思う。

562 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 22:35:26
あなたちょっと安部っぽいね

563 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 01:56:52
               _  ∩
             ( ゚∀゚)彡 べっかん!べっかん!
            ⊂ ⊂彡
             (つ ノ
              (ノ
     \      ☆
             |     ☆
          (⌒ ⌒ヽ   /
    \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
      ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
     (´     )     ::: ) /
  ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )


564 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 02:50:42
>>563
この書き込みがあると、5年後の出版に変更される規則になってます。

565 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 09:54:02
2012年になったか・・・

566 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 23:11:06
まじで別巻はなんで出ないんだ?
なんか問題でもあるのか?

567 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 23:14:13
ヒント:うーらうらうら!べっかんこー!

568 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 23:34:47
砂の女を一番最初に読んでよかったー

もし壁箱密会を先に呼んでたら砂の女を読むことなんて無かったろうからなー



569 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 23:38:55
俺は
カンガルー・ノート→壁→他人の顔→燃えつきた地図→砂の女→

570 :【無料】日本文化チャンネル桜スカパー241ch見ようぜ:2007/04/05(木) 01:09:06

日本文化チャンネル桜は、平成十九年三月三十一日をもってスカイパーフェクTV!Ch.767における
24時間放送を休止し、同Ch.241「ハッピー241」の夜の時間帯で放送を続けることになりました。

※「ハッピー241」での放送時間(4月1日?)は、以下のとおりです。スカイパーフェクTV!
の受信環境があれば、どなたでも無料でご覧になれます。
       【月?金】18:30?21:30/23:00?24:00
       【土・日】21:00?24:00

http://www.ch-sakura.jp/index.html



571 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 03:57:36
>>566
著作権がらみじゃない?

572 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 19:52:07
>>571
いまさら著作権ってことは・・・ねりか?

573 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 20:59:36
安倍公房
大江健三郎
中上健次

他には何もいらない何も

574 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 21:00:32
2ちゃんは物凄く必要なクセに

575 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 21:12:35
USODARAKE

576 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 21:27:16
文庫改訂まだ?w

577 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 21:59:05
>>573
戦後左派三羽鴉の一羽埴谷を忘れてる

578 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 23:12:58
>>576
この書き込みがあると、3年後のしゅっぱ(以下略

579 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 07:05:34
戯曲の上演なんかも難しいらしいね

580 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 21:37:31
安部の作品の権利って長女ねりが持ってるんだっけ?
奥さんは確か安部が死んで程なくして亡くなったよね

581 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 22:09:47
>>573
なんで、村上春樹がない?

582 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 22:58:56
なんで、三時のおやつがない?

583 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 23:32:01
ピンクフロイド
って聴いたことないシド バレットなんて知らない
無限の情報っていっても0か1かでしかない
でも無限であることには変わりない
安部読んだことない

明日本屋行こっかな
砂の女と舞城の熊の場所どっち買うかな
やっぱヤンソギルにするかも

584 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 01:24:01
・・・そして結局、みのもんたの「義理と人情」を買ってくる。

585 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 18:27:21
>>583
俺はとりあえず『狂気』だけは買ってみた。
が買って半年くらい経つが一曲も聴いていないw
ビニールの包装すら開けていないw

586 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 20:43:27
>>499
こんなもんは翻訳の問題だわなあ

587 :吾輩は名無しである :2007/04/08(日) 21:22:45
>>573
あー安部好きで中上好きって初めて見た
安部は「枯木灘」読んだのかなあ・・・

588 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 23:48:17
中上の作品は独特の方言というか、あの特有の空気が俺には重すぎた。
とてもじゃないが読みきれなかった。
たいていの作品は読めるけど、中上だけは俺はダメだったなぁ。

589 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:06:36
中上と安部って全然違うでしょ。

安部ならやっぱ村上春樹が

590 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:10:15
>>589
いろんなスレで、ほんとにうざいなハルキストは
おまえら、そんなことしても逆効果だと分からないのか?

591 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:35:10
アンチハルキストの可能性も大

592 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:40:09
>>591
それもあるな。
ハルキを貶めようと意図的にやっているのかもな。
まあ、どっちにせよ、ウザイ。

593 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:54:44
安部→ピンクフロイド
中上→マイルスデイビス
大江→なんだろ?

594 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:58:41
大江は日本の殊勲はバカにして、西欧の賞だけは嬉々として
受け取るわりには、洋楽には疎いというか関心がなさそうなイメージw
単なる俺のイメージだけどw

595 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:00:31
>>594
息子の曲にしか興味ないかも

596 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:05:52
そうそう、息子のことを忘れていたw
大江はあまり好きじゃないけど、『新しい人よ目覚めよ』だけは好きな作品だな

597 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:06:37
大江→武満徹

598 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:07:55
中上はマイルスじゃなくてボブ・マーリー

599 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:09:16
>>596
ただしくは『新しい人よ眼ざめよ』だった・・・

600 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:16:53
>>594
大江は小沢征爾と同年で非常に仲が良い。対談本も出ている。
息子の曲は小沢も聴いている。
武満とは両方親しかった。

601 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:22:31
>>598
ボブだと思想があまりにも偏るし
マイルスが死ぬほど好きとエッセイにある

602 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:25:33
中上はレゲエに出会ってからはジャズの即興性を評価しなくなってる

603 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:30:36
中上の安部公房評ってどんな感じだったんだろうね。
あんま好きそうな感じはしないけど。

604 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:32:10
へぇ、知らなかった
何でだろ

605 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 01:34:49
604→602

606 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 03:15:51
ねりさんの病院って某評価サイトで叩かれてるけど、何でなんだろう。
本当に質が悪いのか、それとも誰かの私怨なのかな。ちょっと気の毒。

93 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)