2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●●●芥川賞候補予想→受賞作予想24●●●

1 :第136回 芥川賞候補:2007/01/13(土) 12:47:22

候補作あらすじ

田中慎弥「図書準備室」120枚 http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1047865928/613

星野智幸「植物診断室」150枚 http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1047865928/614

柴崎友香「その街の今は」190枚 http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1047865928/615

青山七恵「ひとり日和」250枚 http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1047865928/617

佐川光晴「家族の肖像」150枚 http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1047865928/618


2 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 13:00:24
2get

3 :吾輩は名無しである:2007/01/13(土) 13:06:51
内容なんかどうでもいい、文學界掲載か否か、それで十中八九は決まる。
選考委員は候補作をちゃんと読まないけど、空気はちゃんと読む。

4 :中川泰秀 ◆tyvkWCNtzY :2007/01/13(土) 13:29:16
>>1
知らない小説家ばかり。

5 :吾輩は名無しである:2007/01/14(日) 23:52:12
農耕民族ってA型のこと

O型は狩猟民族、B型は遊牧民族

農耕民族A型は群れを作る。規則正しい横並びの群れを作るためには
無理やり敵を作り差別する・・・・これが、いじめ・・・・遺伝子レベル

AB型は約1700年前にできた。B型は2万年から1万5千年前。
A型は3万から2万5千年前。それ以前の数百万年は全員O型だった。

約2000年前にA型が日本にやって来たとき、日本の先住民(O型)を
大量殺戮したとおもう。アフリカの狩猟民族(O型)の99%は、
農耕民族(A型)に滅ぼされた。北米のインディアン(インディアンの99%は
O型)も大量殺戮され滅んだ。ヒットラーもブッシュもA型。
ドイツもアメリカも農耕社会。

農耕民族社会はいじめ、女性差別、虐待、大量殺戮、売春、ホームレス、
横並び結婚、を作りだした。
虐待されると自傷してしまう。今、日本の自傷者は百万人ともいわれている。
虐待されると、感情でも理性でも考えられなくなる。
農耕社会は虐待連鎖社会。

狩猟民族と農耕民族は歴史、感覚、認識の仕方がぜんぜん違う。
狩猟民族は農耕社会で生活すると傷つく。

教育は血液か遺伝子でクラス分け、しないとダメ。

6 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 00:04:29
何を書き込んでいるのかな。血液型なんぞどうでも良いこと。

7 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 00:10:09
果たしてそうかな?

8 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 01:18:20
 私はO型だが、両親や兄妹はみなB型。つまり、両親ともBO型の遺伝子で、3人兄妹のうち私一人がO型なのはメンデルの法則どおり。
 どうでも良いが、だから私が狩猟型かといわれればNOとしか言いようがない。

 そもそも、ゲルマン民族・アングロサクソン民族は農耕民族じゃないだろ。

9 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 22:58:54
A型家庭は氷の世界、BO育ちには、想像不可能
BOに好かれるAはすばらしい人なんだけど
農耕社会は良くない

10 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:15:35
柴崎友香っぽいなあ。
業界的に、プッシュされてるような気がする。

11 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:36:53
でも柴崎だともろに保坂って感じ?
なんだかなあ。

12 :吾輩は名無しである:2007/01/15(月) 23:41:16
保坂ほどの情報量がまったくないよ、柴崎には。

13 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 00:35:29
田中と青山は完全にスルー。
柴崎は一部で高評価を得つつも、石原あたりが猛反対して、
もう一作読んでからでも遅くないと見送り。
星野と佐川は積極的に推す声もなければ、強く反対する声もないところで、
文春編集長が「受賞者なしっていうのもねえ…」とこぼして、
じゃあ「お疲れ様」の意味も込めて二人まとめてあげちゃえ、と。

14 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 00:46:40
>>12
いや、そういう意味じゃなくてさ、芥川賞も保坂理論を
応援します、みたいな感じになるじゃないかと。

15 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 01:40:14
保坂理論って、何?
色んなところから論を集めてきてコラージュすること?

少なくとも独自性はないと思うが。
独自性のなさが保坂理論?

16 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 03:54:44
>11
禿同
それはそれで悪くないし、
保坂の仕事も評価はしているけれど、
あの「芸風」は保坂ひとりでいい。
それに、あれが新しかったのは10年前。
何をいまさら騒いでいるの? って感じ。

今年の何かの新人賞の選評だかエッセイだかにも、
明らかに保坂の影響をうけているとわかる
応募作品が最近増えて来た、
みたいな話があった。
流行ってんの?

それでも今回候補作の中では柴崎が一番マシなのかも。
今度こそ、受賞作なしにしようよ。
ここ2、3年の芥川賞は本当にひどい。



17 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 12:32:46
>>15
自分の認識違いかもしれないが、柴崎は「保坂絶賛!」が
引きになって出てきた印象がある。柴崎が受賞すると発掘者、
評論家としての保坂にお墨付きが出る感じになる。
だから柴崎受賞はどうなのかなと。
もちろんそれは本人と関係ないから、本当に傑作なら授賞でいいのだが、
「保坂絶賛!」という背景を抜きに読んだ時、そこまでいいか? 
それが根本的に疑問なんだよな。


18 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 14:23:32
芥川賞授賞式の映像誰でもいいから、録画して、うpしてくれ。
ようつべでもどこでもいいから!

19 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 14:28:34
芥川賞発表はいつなの?

20 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 14:32:28
>>19
いつも「文藝春秋」には「2時間に及ぶ協議の結果・・・・・・」って書いてある。
5時から選考だから、6:30〜7:30の間には受賞作発表。

21 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 14:35:18
↑誰この人?

22 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 14:38:21
ニートです

23 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 14:52:21
今日が発表なの?
だれかおしえてー

24 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 15:10:21
石原は都政に専念すればいいのに。
こんな茶番に参加してる場合じゃないはず。
後の面々はどうせ暇だろうし、いい小遣い稼ぎになるようだけど。

25 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 15:15:17
とにかく、うp頼んだよ〜


26 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 15:24:22
佐川にやれ

27 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 15:36:02
>>25
授賞作の発表と授賞式は別だぞ。
後期の授賞式は2月だ。
今日は授賞作の発表と記者会見のみ。

28 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 15:38:58
>>27
へぇー、そうなの?
じゃあ、記者会見映像、いやとにかく、芥川賞の報道映像をうpして頂きたい。

29 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 15:44:21
>>28
初心者?
五年ロムってから書き込め。

30 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 15:48:29
それが最近は記者会見あまりTVでやらないんだよね。
その日のニュースのネタ数にもよるけど。
前々回なんかはホリエモンの逮捕や姉歯騒動が重なって授賞作の発表すらニュースでほとんどやらなかった。

31 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 15:48:57
ともかくもよろしゅうに

32 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 16:32:43
保坂絶賛でも表に出れない青木

33 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 16:50:02
NHKでちょっと触れるくらいで民放ではやんないだろ。
今日は不二家騒動の他に殺人とかのニュースもあることだし。

34 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 16:52:18
どうか可能な限りうpして頂きたい。


35 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:11:51
佐川ってのも胡散臭いよな。。ただもんじゃねえw
食肉つったらチョンブラ産業なのにそこの闇のフィクサーの名前をペンネームに
するなんてよほどの馬鹿か、バックに何かあるんだろうな。。。

36 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:14:57
>>35
お前たったひとりでよく頑張るよな

37 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:18:15
柴崎のあらすじ

良太郎はフリーターで消費者金融の取立てをやっていた。

なんじゃこりゃwゴマスリにも程がある
青山の作品も中国人と母親が結婚するし。。。
朝鮮人への媚しかかかれていない作品ばかりですなw

38 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:20:02
佐川のあらすじの一部

夫の父は一代で財をなした人で、自動車教習所やパチンコ店など、湘南近辺の名士となった。


。。。。パチって。。。。


39 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:23:32
星野のあらすじの一部

会社の同僚女性から勧められ、植物診断なるものを受けてみた。

これは民間の問題多発のカウンセリング産業ですね、新興宗教の入り口も多いという。。
気がついたら財産もってかれたみたいな。。NPOとかも気をつけましょうね、
これ読んで民間団体に駆け込むとか辞めましょうね。

40 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:24:21
今回は案外早かったね。

【想定内?】決定!!第136回 芥川賞・直木賞受賞作【想定外?】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/qa/1148371735/l50

41 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:26:12
田中のは媚びは感じられないが、なんとか左翼ぶらないといけないので旧日本軍を
自虐的に扱ったというところですな。ニートと日本軍一緒にして村上龍に媚売りかww

42 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 17:58:45



文春 ばっちこんかーーーーーーーーーーーい
ギタンギタンにしてやんよ!!!!!!!

43 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:06:53
今回はマジで迷うなあ。
受賞作なしでもいいくらいだが、文春側が受賞作なしにはしないだろう。
読んでみた結果、しいて言えば、星野作品が妥当かなとは思う。
ここでは評価の声あまりないみたいだけど。
佐川は昨年の候補作のほうがいいし、柴崎のはあまりにゆるすぎて純文学というにはためらいがある。
昨年受賞したイトヤン作品と伊藤作品は、地味だが小説技術満載だったが、柴崎にはそれもない。
作品の中にこめられている小説技術としては星野作品がぬきんでていると思うんだが。
柴崎より田中作品の方が文章から沸き立つ力が感じられる。
青山はごく普通に選外。

44 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:35:47
青山に決定!! 芥川賞です

45 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:38:37
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!
私は本気です、この目を見て下さい!

46 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:44:08
大穴、青山にケッテイ!!!!!!

http://www.bunshun.co.jp/award/akutagawa/index.htm

47 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:49:48
突撃 突撃

朝鮮人文学賞に成り下がった芥川賞に突撃だ!!!
突撃 攻撃 火達磨祭り

48 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:50:47
これはびっくり!
芥川賞の迷走はまだまだ続く。

49 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 18:52:19
ほら青山さんだった、おいらの予想が大的中。
http://www.47news.jp/promptlist_001.html

50 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:52:38
きいたふうなこと言ってた大森なんざ、糞だと証明されたことだけが収穫。

51 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:53:39
>>49
で、ハニロウは青山のどこを評価しているのか?
さっきから聞いてるんだが。

52 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:54:26
これは本人が一番驚いてるだろう

53 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:55:21
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

54 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 18:57:14
だから短いネタのオンパレードを評価してると言っておるだろうに。

55 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 18:57:38
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

56 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:58:04
>>53
チョン一郎マンセーやめればな

57 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 18:58:17
細木数子「最初から青山さんだと判ってました」

58 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:00:03
これは六星占術より豊崎、大森のおかげだろ。
完全にアウトオブ眼中、数合わせ扱いだったからな。
これなら豊崎、大森はコメントで吠えようがない。

59 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:00:10
まじか……

60 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:00:57
881 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/12(金) 19:51:38
さてと、2ちゃんがなくなるまえに、恒例の六星占術で予想いきますか。

まず星野と田中は大殺界なので消滅。可能性はほぼゼロでしょう。

残り三人のうち一番可能性があるのは柴崎友香。
一月は達成月だし、年運も悪くない。作品の評判もまあまあ。

佐川は運気じたいはしょぼいが文藝春秋が獲らせたいならそうなるかも。
身も蓋もない選考方法が今回も適応されるなら運気もくそもない。
余談だが、佐川は芥川賞の決定する7月は大殺界で、1月は中殺界にあたる。
だから何回も落ちてきたのかも。

最後の青山だけど、じつはぶっちぎりに運気最高なのが彼女。
しかし実力や作品の評価からいって厳しいでしょう。
運気のおかげでここまでこれたと考えるべきか。本当の意味での大穴的存在(一応文藝春秋だしね)。

以上まとめると、受賞は柴崎っぽい。佐川はあえてナシ。
しかし柴崎ひとり受賞というのも、我ながらなんとも地味すぎ予想だな。
ひょっとしたら受賞者なしの回になる可能性もあるかも。


61 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:03:05
ええーまじで?
普通に星野だと思ってたよ

62 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:03:07
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!
onegai!

63 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:03:41
>>54
くだらん(笑
コイツは一生ダメだわw
もっと小説について語れや。

64 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:05:57
綿矢・金原が無かったら最年少だったんだな。

65 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:06:10
大森と豊崎のエンタメ書評家がいかに文学を読めていないかってことだよ。

66 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:06:34
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

67 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:06:42
そういや、たむたむりさたむと同級生か。

68 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 19:07:22
青山さんの良さを老大家たちもわかってくれていて、おいらは本当に安心しましたよ。

69 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:08:19
今回は共同通信が真っ先じゃなかったのか

70 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:08:57
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

71 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:09:18
豊ちゃんショックwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

72 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:09:23
>>68
ただし評価は「短いエピソードを連ねてるから」では絶対ないけどな 藁

73 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:10:56
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

74 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 19:12:19
エピソードレベルの話をしているのではない。
短いというのは、一文一文の文章の上手さを言っているのであって、
はっきり申して
一つ一つのエピソードに魅力はあまりない。

文章が断然に面白いのである。

75 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:12:21
>>68
いまの選考委員に「老大家」なんかいないだろ?
しいて探せば黒井くらい。

ブリーフィングに誰が出てくるか予想しようぜ。
俺は池澤。
とりあえず池澤は推すだろ、こういうの。

76 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:13:26
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

77 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:14:02
青山l顔の評価はどう?w

78 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 19:15:34
文春のHPにある顔は、真正面からで、長い髪で目元にかかるまで隠していて、非常にうまく撮れている。

とだけ答えておこう。

79 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:16:09
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

80 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:19:09
歯茎がもろ出る顔wwww
どこかの民族の女の特徴だなwww
綿谷もその系統かな?w

81 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:19:26
ブリーフィングか。
山田詠美や村上龍はないだろう。
石原・河野もなさそう。
宮本・高城・池澤・黒井・・・・・

黒井が出てきて褒めちぎっていたら・・・・・・きもい・・・・・・・

82 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:19:27
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

83 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:22:16
びっくりした。びっくりした。びっくりした。
青山だけはまずないだろう、
と思って、作品読んですらいなかった。
他4作品はしっかり読んだのに。

うわー読むの楽しみ。選評も楽しみ。
自分の中では、めっちゃ盛り上がってきた。
文芸春秋発売待ち遠しいわ。


84 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:22:45
NHK来た

85 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 19:23:24
NHKきたー!!!

でも文春と同じ写真を映しただけ。

現実として受け入れられず信じられないそうな。

86 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:23:26
NHKニュースキターーーーーーー

87 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:23:31
kita-----------------!!!!!!!!!!!!

88 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:24:07
「信じられない気持ちでいっぱいです」


まあ、そうだろうなw

89 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:24:51
イキが良かったってことだろうな。
新人賞だしそれでいい。
読んでないけど。


90 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:24:55
直木賞まだ選考続いてるのかよ

91 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:25:09
ありえねーーーー!!!!
大穴すぎるよ

92 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:25:28
>>81
文章がいいなら河野は乗れるだろ。

宮本はどうでもいいがいちおう物語的にはあんま誉める要素ないよね。
高城も同様。

池澤、黒井、河野で、出てくるのは池澤ってとこかな。

93 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:26:07
芥川賞に関係した報道映像を、
録画&うpたのむ!

今日の報道ステーション、明日のニュース群、うp任した!

94 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:29:56
佐川は5回使い切ったから終了ってことで。

95 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:30:05
審査員があの面々では星野さんの受賞はないと思うな。
作風が変化すればまた違うかもだけど。

まあ、どっちにしても今回の作品で受賞しなくて
よかったんじゃないかと思う。ファンとしては。

96 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:30:48
UP厨ウザス!
金原死ね!

97 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:32:00
星野は次回ノミネートがあればラストチャンスだな。
次々回以降は、すば文選考委員として被ってきちゃうから、たぶん無しだろう。

98 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:32:35
NHK7時のニュースの実況スレを見ていたら
「また若い女か」
「最近女ばかりだな」
・・・といったレスばかりだった。

世間一般の人間には、もう3年も前の綿矢・金原がよっぽどインパクト
があったのだろう。
モブ・阿部・伊藤といった「30代のオッサン」の受賞者なんぞ最初か
ら世間では認識されていないことがよくわかった。

99 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:32:42
柴崎は良いとこ無しだって。宮本輝もあきれ果ててるよ、織田作に対して。
田中はまあこれで順当。

100 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:32:47
NHK……もっとマシな写真なかったのか?
とりあえず青山タンおめ

101 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:33:14
直木賞全然こねえな。

102 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:34:08
>>100

あの写真は最大限綺麗に撮れてるぞ。実際はあごぼーん、はぐきにょーん、口でかあ

103 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:34:55
tanomu

104 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:37:40
>>97
うむ。まあ、獲れないんなら獲れなくてもいいと思う。
村上春樹だって国内では無冠なんだし。

むしろ海外向きなんじゃないだろうか。台詞や比喩に
時々強い違和感を感じさせる描き方をするけど
翻訳したらすごくウケルかもしれない。
時間はかかってもいいから、海外で評価してもらえる
ような作家に成長して欲しいな。
それなら今アプローチしている小説もグッと意味が
違って見えてくると思う。

105 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:40:00
>>99
講評はどこで読めますか?

106 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:41:42
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   直木賞はまだかい?
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

107 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:43:15
青山か。思った通りだった。
文章がきれいで透明感がある。
なんとなく正統派の香りがする。小説家というよりは文筆家だが、
将来性も加味していい書き手と読み手であり
良い批評家にもなっていくのではないかと思わせる

108 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:43:43
>>99
織田作は大阪ネタには甘い。

109 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 19:43:54
青山七恵のウィキペディアつくったから、みんなどんどん付け加えて!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E4%B8%83%E6%81%B5

110 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:48:41
青山は確かに上手いし、授賞に異存はないけど、最近の流れからしたら
意外だったな。何回か候補になってから数年後に直木賞って
パターンの人だとおもてた。

111 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:50:24
さて、直木賞も、一番可能性が低いと思われた人が受賞するかもしれませんよ〜〜!

112 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:57:53
青山と一緒に新人賞受賞したもうひとりの作家だれだっけ?
あのひとは今どうしてんの?

113 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 19:59:30
セックスマシンガン状態だって。

114 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:00:03
>>112
まだ高校生だろ。
受賞したとき中学生だったから。

115 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:01:03
直木賞は受賞作なしだとさ。

116 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:01:48
>>104
星野みたいな雑魚を春樹と同列に語るなよ

117 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:06:12
なんでwiki即時削除なんだろ?
初めてだからよくわからん。

118 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:06:57
チョン星野哀れwwww
ざまあ見さらせ バックが弱かったのか?w

119 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:15:29
直木賞は該当なし

120 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:16:08
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   直木賞は該当なしかい!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


121 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:16:35
>>117
青山の項見てみると納得するんじゃない?
これはひどい。

122 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:16:52
まさか青山とは。

123 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:20:39
金原、まじめにやれ!

124 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:21:37
>>121
なんて書き込まれたの?

125 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:21:47
半年に一度の商機をドブに捨てるなんて正気かい?

126 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:21:53
>>104
春樹は谷崎賞も読売文学賞もとってますが?

127 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:23:42
ウィキペディアにふざけて書かれたとおりの年齢の受賞者と内容だったら、
むしろ面白かったかも。

128 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:25:11
>>124
青山七恵

青山七恵(あおやま ななえ)は日本の作家。1932年満州にて生まれる。中国残留孤児の孤独で過酷な生活を描いた作品「ひとり日和」で、第136回芥川賞を受賞。同賞の最高齢受賞記録。

カテゴリ: 即時削除

129 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:25:14
>>126
そーなの?てっきり無冠だと。

130 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:25:59
芸スポにスレ立ったよ〜

【文学】芥川賞に23歳、青山七恵さん 直木賞は受賞者なし
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1168946173/

131 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:26:05
春野秋葉とか言うチョンの仕業っぽい。w

132 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:27:31
5年後に生き残っておるかのう

133 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:27:37
メッタ切り二人組みダサ…

134 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:28:32
完璧ノーマークだったよ

135 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:28:46
めった斬り対策の授賞だねコレ

136 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:31:50
24才?
わかいな〜

137 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:33:09
六星占術で予想した本人だけど。
もっと思い切って予想をしておけばよかったかな。
あれだけ低い評価だった青山だから、
運気は最高と、書くのさえも結構勇気がいったんだ。
教訓としては、一人だけ運気が飛びぬけてる場合は
余計な情報は度外視してよい、ということか。

六星&四柱推命的にいうと、97年から十年続いた日本国内の動乱期も終わり、
次からはまっとうな作家や作品が天下を取るようになるだろう。
島本や綿矢や金原、それから平成マシンガンズの子や覆面作家舞城王太郎
みたいなことはもう起こらないはず。
予想するに、近々新しいスターが生まれます。




138 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:34:28
お、おれ?

139 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:35:14
スタア誕生

140 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:36:15
占い嫌いの俺もさすがに占星術信じたくなった

141 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:37:17
まっとうな作家や作品(笑)

142 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:37:44
大盛と豊崎の運勢も占って見て。早く衰退して欲しいからwwwwwwwwwwwwwwwww

143 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:39:07
>>137
ふむ。説得力あるな。
次回芥川賞の際にこの>>137レス使えるかもしれん。
新たなスター、さすが芥川賞といわれるような作家・作品を希望。

144 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:39:09
ゲイスポ板では、「また、話題作りか、もう騙されんぞ」という風なことが、
書き込まれてますな。

145 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:39:42
>>137
文壇だけじゃなくて政界やスポーツ界も占って。
安倍政権は長続きしますか?
今年のプロ野球はどこが優勝しますか?

146 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:40:18
3年くらい受賞者なしなら納得してもいい

147 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:41:09
今度の競馬も占って下さい

148 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:44:02
そろそろ9時のニュースで詳しくやるかな?

149 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:47:19
他の板で見てきてみた。なんかまた若い女性なのか?
またたいした作品がないから、話題作りでお茶を濁したとか
そんな感じなの?まあ、多分というか十中八九そうなんだろうなー

150 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:49:06
前スレに全候補作予想をした者だけど、今回の結果の感想は、一言、

絶句。


>>137
それにしても六星占術ってスゴイもんですねー。
>六星&四柱推命的にいうと、97年から十年続いた日本国内の動乱期も終わり、
>次からはまっとうな作家や作品が天下を取るようになるだろう。
そうであってほしいものです。

では……

151 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:54:28
>>141
まっとうな作家や作品というか、要するに、
目先の欲ばかりに心を奪われない、心の次元の高い、
それでいて充分に知恵を使った生き方の望まれる、という時代になるから、
それに照応するような作家や作品。

152 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:56:49
>>151
そういう作品、読みたいね・・。
う〜ダメだ今日はもう元気が出ない。



153 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 20:57:58
とはいえいずれ本谷は受賞するだろうな

154 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:00:24
>>150

六星占術の元になった0学占いでは、
2010年ぐらいから本格的に実力主義の保守的な時代に突入するそうで、それは結構長い間続くそうだ。
文学も芸術も、斬新とか若さだけではモノにならない時代なんだそうだよ。
逆に、今までの時代は、斬新さとか若さとか勢いが評価される時代だったそうだ。

155 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:00:36
青山さんは圧倒的な得票で受賞を決めた。
選考経過は委員の石原さんと村上龍さんが2人で説明した。
石原さんは「都会の孤独や虚無的なものを感じさせる。
村上さんのデビュー作に近いビビッドで鮮烈な描写があった」と絶賛。
村上さんは「言葉の組み合わせが厳密で、抑制されている」と語った。

156 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 21:00:52
NHK教育の手話ニュースでだけ、記者会見の模様が映しだされた。

あとはTBSでちょこっと文春の写真を映しただけ。

扱いの小ささは現状を知らされるな。
NHK教育の手話ニュースは、やはり耳の聞こえない人にとって出版分野が生活のメインをしめるので
オンエアしたのかもしれないな。

157 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:02:02
写真が写っただけでも大した扱いだと思うが

158 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/01/16(火) 21:03:11
やっぱおいらのセンスが当たっていたということで、安心できたよ。
純文学ってこういう作品を評価できるんだよねって。

メッタ斬りで散々だったから自信なくしたけど
最後まで青山押しで予想してよかった。

文章が素晴らしいもの。

159 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:03:52
選考委員の石原慎太郎氏と村上龍氏がそろって会見。
村上氏は「最初に○×△をつけた時点で、青山さんは6.0点だった。
その時点でほぼ決まったようなものだった」と青山さんの作品がダントツで評価されたことを説明。
高得点の理由について石原氏は「作品として非常に素直に読めた。
印象が深かった。都会の孤独が一種のニヒリズムに裏打ちされている」と述べ、絶賛した。


160 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:09:09
>>158
予想が当たったくらいで
なんでそんなに得意になれるんだ?

161 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:11:30
>>155
村上龍が青山を褒めたの? 意外と文章力とか技術でジャッジしてんだな。

162 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:11:48
他の作品の評価が知りたいけどこの2人じゃダメだな。
読んでなさそうだもん、青山以外w

163 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:15:27
内容自体は村上龍が喜びそうな話じゃないしな。
金原んときと違って。モブんときに旅行で欠席したのも
許してやるぜ龍。

164 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:15:50
石原が誰かを絶賛したのって
もしかして町田康以来?

165 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:20:42
>>162
だって佐川はさんざん読まされてるから読まなくてもダメって
わかるし、星野はしょうもなかったし田中はあんな感じだし
結局、柴崎と青山の勝負だったんじゃね?

166 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:23:03
>>164
中村文則の「銃」を褒めてた。

167 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:23:32
>>163
文章がどうこうっていうハニロウや龍の話に幻惑されてたけど、
もういっかいあらすじ読んだら、やっぱ
龍や石原好みのセックス系、電通系の内容じゃんw

168 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:24:39
しかしこれで佐川は芥川賞を卒業することになったわけだな。
なんだかなあ。

169 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:24:54
まっとうな文学の時代=平野啓一郎の時代ということか
「決壊」が楽しみだ

170 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:25:22
検索したらぶっさいくでワロタw

171 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:25:38
佐川は面白い作家なんだけどね。
いいのはスルーされて芥川候補になるのはいまいちなのばかり。

172 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:25:46
マジ、ぶっさいくだよなあ・・・・・

173 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:26:59
>>171
そうそう、面白い作品いろいろあるのに、まあ不運ちゃあ不運

174 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:28:11
文春に対する龍の反抗かな
すばらしい選択だ

175 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:35:46
そういえば選考委員が糞だった。すっかり忘れてた。

176 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:37:55
古井が辞めちゃったし、選考評読む楽しみも無くなったな。
作品がクズでも、古井の選考評読みたくて文春買ってたし。
個人的には松浦(寿)か堀江敏幸を選考委員にして欲しい。

177 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:40:26
文藝秋号持ってる香具師は勝ち組。

178 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:42:23
>>137

今更だが、青山嬢を占ってみたが、確かに、今年と今月は最強だな。
でも、来年からちょっと運勢が下がり始めるから、周囲に惑わされないで、地味にじっとしていたほうがいいのかも。

179 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:43:13
NHK出たな

180 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:44:10
ま、若い女の作家のセックスものってのはとりあえず強いね。

181 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:45:49
>>178
じっとしていたら、それはそれで、地味に消えていくことになるんじゃ?

182 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:46:22
石原と村上が並んで若い女性作家のセックス作品を誉めてるという構図なのか???

http://www.asahi.com/culture/update/0116/018.html

183 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:47:56
NHK9時のニュースの実況では、「アウト」という意見多し。
当然、顔のことだ。

184 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:48:15
>>178
星野氏はどうですか?今後パッとするんでしょうか?

185 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:49:46
大森にも豊崎にも「読めてねえなあ」と言わなきゃな。

この作品はやっぱ龍が言うように文章の良さ、的確さが命。
やはり小説とはまず文章なのだと薄汚れたメッタ斬りコンビに教えてやらなきゃだなw

186 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:50:57
>>180
http://www.yomiuri.co.jp/zoom/MM20070116211337880M0.htm
こんな顔でも?

187 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:51:21
>>181

あくまで占いの話だが、運気が冬の期間に入ったときは、じっとしておいたほうがいいみたいだよ。
下手に動いたり、飛躍しようとすると、姉歯のようなことになる。
彼は、冬の時代に事業を拡大しようとして偽装建築に手を下し、そのツケで、本来なら夏の時代で運気が上がる時期に逮捕された。

188 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:53:16
>>186
現実の若い女性はまあそんなもんだろ、平均的に。
こんな顔のほうが、若い女性読者がセックスとか
書かれてることを身近に感じるからいいんだろ?
吉本ばななだってあんな顔でセックス全開だぜ?

189 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:53:29
>>186
これはヒドイw

190 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:53:49
>>167
ま、まて。主人公は確かにばーちゃんの家で彼氏とセックスするんだが、
描写は全然ないんだぞ。昔の少女マンガの
布団にくるまってチュー→夜明け、コーヒー。みたいな感じだぞ。

191 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:54:58
えええええ。サイトとかに載ってる写真、良く撮れすぎだろ。
実物ぜんぜんあかんやん。

192 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:55:23
80 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:40:50.07 ID:gBJzmLEZ
茶川賞キタコレ

81 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:40:50.60 ID:cncRq7T8
なんだこのブスwwwwwwww

82 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:40:52.60 ID:Lcvxojz0
ぎりぎりアウト

85 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:40:55.39 ID:7k/W1ZFt
これはひどい

86 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:40:55.56 ID:uc1P6AMl
23には見えないな

87 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:40:55.84 ID:jJTlkjZv
ははははh
笑えるブサだ

88 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:40:56.71 ID:GVOxgOvw
おれ、ムリ

89 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:40:56.55 ID:bpzfQ1zb
かわいくねーw

92 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:01.84 ID:pHhWxtgl
に・・・に・・・23歳?

93 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:02.16 ID:+4crL5W9
ぶさい

193 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:57:11
青山タンかわいいお。全然抜けるお。
一週間ぐらいガマンすれば

194 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:57:44
94 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:02.31 ID:PTzQe0Dn
きもいな

95 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:02.51 ID:8tar6GTL
若手とか女性とかもういい

97 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:04.01 ID:/RI1dy3I
ブスだから実力で取ったんだろうな

102 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:06.83 ID:q6+Gxdo0
ノーコメント

105 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:10.17 ID:MtOtGGXQ
どう言ったらよいのか

106 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:10.75 ID:Hn5Iz5xz
ぶさ

107 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:10.74 ID:NgZCwg/O
老けてるな

110 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:15.29 ID:7Tkp5G0S
全然アウト

112 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:19.92 ID:uc1P6AMl
そりゃひとり日和だなこの顔じゃwwwww

122 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:37.97 ID:1H6lMGn1
ふけた23歳だな、さっきの93歳と大違い。


195 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:57:49
>>192
これはひどい

196 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:58:23
確かに不細工だが、まあ一般的な観点からは人並みというところか。
実績もあるイケメン星野が取れなくて、こういう平々凡々な女性が
受賞するのもいいんジャマイカ。青山は戸惑ってる感じだったな。自分
でも意外だったんだろう。
それにしても、文藝はバッタ雑誌に成り果ててしまったので、ここ
から芥川賞が出ることはないと決め付けていた。全く文壇というのは
分かんなあ。少なくとも純粋に作品自身の価値とは関係ない、なんらかの
力学が作用しているのは間違いない。それは一体何なのか、誰かこれを
テーマに論文を書いてほしいものだ。

197 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:59:05
>>192
>>194
これ、本人が見たらさすがにへこむだろ。
まあ、見てないと思うけど。

198 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:59:32
>>184

星野氏は、今年は最悪の年ですね。
六星占術でいうところの大殺界。
来年までは冬の時代なので、この2年はおとなしく、力を蓄えたほうがいいかも。
下手に脚光を浴びると、それがあとあとマイナスになる恐れも。
でも、2009年からは冬も抜けるし、時代の節目になる2010年からは、
ぐっと運気が上がる気配。

199 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 21:59:36
>>190
要はエロそのものより、生き方として「普通にセックスしてる」感が
出てれば電通的にはOKなんだよ。

その前にも男がいるし、就職後も早速不倫してるし、
おまけにばあちゃんまで彼氏作ってんじゃん?

そういうのが普通っいう世界観を読者に刷り込めればいいわけよ。

200 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:01:03
114 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:25.25 ID:jJTlkjZv
井川?

133 名前:ユメ見る男色家 ◆69OToKo1TI [] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:52.21 ID:qOg0zVVK
21世紀型林真理子ね

134 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:53.96 ID:7k/W1ZFt
唇がすごいな

136 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:58.26 ID:r7Jw91da
アップ禁止

137 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:41:59.44 ID:rGZeMqJO
どう見ても40間近

138 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:42:00.52 ID:mLkAhTfM
また受け狙いで若い女か

144 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:42:05.07 ID:MtOtGGXQ
な萎え

145 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:2007/01/16(火) 21:42:07.13 ID:Hn5Iz5xz
アップは勘弁してください><

147 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:42:08.26 ID:qlbfIOVN
おまいらせめて「髪きれいだな」とかレスしろよ。

149 名前:公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2007/01/16(火) 21:42:08.98 ID:jwCXFuRZ
DOVEのCMに出てきそうな人だな

201 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:02:26
ワロタW

たしかに井川に瓜二つだお

202 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:02:32
まあ人並みだな。
だいたい世間一般の女はこんなもんだよ。

テレビに出ると、そりゃタレントと比べちゃって、ひどく見えるだろうけど。

203 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:02:33
星野は文章も内容も駄目だから順当
文春社員は星野に取らせようとしてただろうが
それなら赤染晶子を早く候補にしてやれよ
星野よりずっと上なんだから

204 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:03:02
ここんとこ、文藝関係者の比率高いね。ノミネートも受賞も
どうでもいいけど星野先生、土星人なんだなw

205 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:03:47
芥川賞に青山七恵さん「ひとり日和」、直木賞はなし

 第136回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日夜、東京・築地の新喜楽で
開かれ、芥川賞には青山七恵さん(23)の「ひとり日和」(文芸秋号)が決まった。

 受賞作はフリーターの若い女性が老女と暮らしながら、自分らしい生き方を模索する短編。
「選考は一期一会。ポテンシャルの高い作家だ」(石原慎太郎選考委員)などと高く評価された。
青山さんは「20歳のダブル受賞」で話題を集めた第130回の綿谷りさ、金原ひとみ両氏に次いで
女性では同賞史上三番目の若さ。

 一方、直木賞は受賞作なし。北村薫、荻原浩氏ら実力派がノミネートされ、3時間近くも議論が続
いたが、評価が分かれた。受賞作が出なかったのは第128回以来、4年ぶり。。

 芥川賞の贈呈式は2月23日午後6時から東京・丸の内の東京会館で。副賞100万円。
(2007年1月16日21時19分 読売新聞)

206 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:05:24
女はブサイクでもとりあえずセックスはできる。やれ。
恋愛は無理でも。

ってのが電通的世界観であって、
美男美女じゃなく、フツーの人がフツーにヤってくれないと困るんだよ。

207 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:06:42
>>199
そういや不倫ネタ忘れてた。小説のなかに不倫もってきたら
それでガーっ書きそうなもんなのに思いっきりスルーでハッピーエンド。
確かに若い感性の小説かも試練。

208 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:08:31
>>207
若い感性じゃなく電通的感性なw

209 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:12:02
>>129
春樹は芥川賞以外の主要な賞は取ってるよ。
逆に言うと、芥川賞以外の賞が知られていないという現状があるわけだが

210 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:14:08
>>142

この二人の生年月日、分かりますか?

211 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:17:20
>>208
村上龍もひとり電通だからなあ。だから反応したのかな。

212 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:18:56
文藝春秋買うのはじいさんばあさんが多いから、
とりあえず老人になっても恋愛、セックスしろよゴルアっていう
サブリミナル効果は期待できるね。

描写とか物語とかより案外、そんなとこが無意識下に刷り込まれるもんだよ。

213 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:22:35
お年寄りを好意的に描く(若い人が)→石原高感度うp

214 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:25:23
>>213
石原慎太郎「ババアは文明のもたらした最も悪しきもののひとつ」

215 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:29:09
小説を読まない2人に推されたという不思議さ。

216 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:29:40
>>213-214
石原的には要するにセクシャルじゃないものはゴミってことだろ。
だから、ただ好意的に描くんじゃなく、
ちゃんと彼氏とか作ってるように描かないといけない。

217 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:33:37
石原がごみってことだろ

218 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:37:16
二番手作に対する言及がないな。
圧倒的なときでもいつもやるのに。
やっぱ青山だけ言われて読んだんかな。

219 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:37:30
>>217
裕次郎の亡霊にいつまでも脅かされているんですぅ。許してくださぁい><

220 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:38:35
龍は青山も1頁くらいしか読んでないんじゃね?
だから文章のことしか言わない。

221 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:43:17
いちおう掲載する号の売れ行きは伸びるのかな?
「他の連中じゃ本も売れねえし、掲載しても文春も売れねえっぺよ」
ということなのか…

222 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:47:27
まあ>>196のいうように得体の知れない力が働いてるんだろうけど、
それが何かを考えてみても疲れるだけだしね。


ラーメン食って寝るわ

223 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 22:48:12
柴崎は全く評価されなかったようだな

224 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 23:00:00
>>223
クリーンなイメージが守れてよかったじゃん
豊崎のおかげかもしれん

今の芥川なんか取ったら暗黒キャラ決定だぜ?

225 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 23:05:09
これから報道ステーションで芥川賞のニュースやるね

226 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 23:06:10
あ、一瞬で終わった

227 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 23:09:08
直木賞がなしだったから、報道しようにも、間が持たないんだな。

228 :遊介 ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/16(火) 23:22:36
石原の意見はほんとうに当てになりませんね。

229 :遊介 ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/16(火) 23:25:23
そのぼくの記憶にまったくない小説かいたひとが
「ポテンシャル」とやらを発揮したら、石原の墓参りしてあげますよ。

ぜったいに大成しません。保証してもいい。
くだらない小説を書いて芥川賞を得てしまった若者が大成する可能性はない。

230 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 23:29:52
 もうニュースバリューがとっくの昔に無くなったってことじゃない?
 だって、読まないもん。ハズレが多いし。
 宝くじだってどんなに小さいものでも、10枚に一枚は当たるよ。 

231 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 23:34:14
俺的な小さな当たりって、堀江の「熊の敷石」までさかのぼるな。
その前となると、藤原智美「運転士」だ。二十年で二作くらい。

232 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 23:38:07
なんだかんだ言っても「土の中の子供」よりはマシ。

233 :遊介 ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/16(火) 23:38:50
とっくに文化の次元では終わったイヴェントに過ぎません。
一喜一憂する者が愚民なのです。

感性以前に、審査員連中の知能が低いのではないか。
選考の理由が馬鹿バカし過ぎる。

 潜在能力が高いと何なのです?
若者は誰もが可能性に満ち溢れている。
作品は一体どうなったのですか。
石原は文士の風上にも置かれぬ低脳ではないだろうか。
 漱石は40から書き始めました。そのポテンシャルがどこにあったでしょう?

笑う価値すらない愚猥な愚老衆議に同情の余地はない。
私を以って今後、一切無視させてもらう。
商業趣味に媚売る阿呆どもの会合なぞ糞の役にも立たぬ。

234 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 23:39:50
もともと本売るためにできたイベントじゃないの?

235 :吾輩は名無しである:2007/01/16(火) 23:41:55
>>231
おれは「運転士」から追いかけている。
不満だったのは、ユウミリとゲンゲツと平野くらいだな。

236 :遊介 ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/16(火) 23:42:15
>>234
 菊池寛が芥川の追悼に創った賞です。

 芥川は純文学の新世紀旗手でした。
しかし、その作風が学問的なので本が売れずに悩んだ時期もあった。
そして死後には「プロレタリア派に敗れた知識人」というレッテルを不当に貼られた。

 これらの悲惨を新人のレベルで改善する志で創設された賞です。
 石原・龍の両人が牛耳る今の政治経済賞にはなんの関係もない話ですが。

237 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/16(火) 23:46:12
http://risa-wataya.g.hatena.ne.jp/
綿矢りさ情報局なり。
ささいな事でも掲示板へ書き込み。

238 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 00:00:16
 まあ、目標や入り口としては無いよりはマシかもしれないけど(芥川が泣くね)・・・
 読書が趣味な人達のためというよりも、作家志望(隠れ含む)の人達が読む賞になっている印象が強い。
 ブックオフに即流が多いんでしょうね。もしくは、既にそういう流れすらも途絶えちゃってるのかもね。
 まるで代わり映えのしない日本プロ野球みたいです。
 選考委員批判は昔から変化なしだし。村上春樹しかり、筒井康隆しかり。
 ワールドカップみたく、芥川賞ノミネートの勝ち上がり形式で、数年で受賞というのも面白いかもね。

239 :遊介 ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/17(水) 00:31:31
 芥川は漱石による『鼻』の激賞事件がなければ、恐らく、ほかの多くの文士のように
三十以降までデビューする機会に恵まれなかったかも知れません。

 現在の芥川賞にはこのような、
純粋な文学的見地からの新人発掘の機能が一切ありません。
審査員に問題があるのは無論、当の「新人賞」そのものが
綿矢りさ的商業主義で成立しているからです。
 ポップアップされてくる「新人」とやらそのものが質を保っていない。

つまり、文壇はもはや機能していない。
 大江氏が自身の名を冠した賞を創設したのには、このような
現代文壇の不毛への焦りがある、と予想しても必ずしも不当ではないでしょう。

 春樹氏がデビューから変わらず、detachな姿勢を貫く限り、謂わば
日本の文壇というものは完全に壊滅してしまわなければならないでしょう。
なぜならそれを構成すべき大家自体が不在になるから。既にその状態が始まっている。

240 :遊介 ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/17(水) 00:40:33
 私は一介の若輩としてこの事情を汲み、けれど
かならずしも不安ではない。むしろ清々しい。
衆愚制の中央でネットのみを通じ、唯我独尊を貫く。
それしか『純文学』を目指す現代文士が執れる舵先はないのですよ。

出版、文壇(そもそもこちらは存在さえしていない)。
どちらも信用ならないとすれば、頼れるのは賢衆たる読者のみです。
漱石が『彼岸過迄』の序文で、「社会尋常の士人」と呼んだ人々との直接のやりとり。
このなかにしかもはや文学を向上させていこうとする意志の中枢はありえない。


 職業的作家と成る事=恥知らずの俗物小説を垂れ流すこと
である現在、高等文士が世に処する道は唯、ネット言論のみ。
商業と権力とをおのずから棄て、ただ『啓蒙』の為だけに終生を捧げる覚悟が要る。
 愚衆は相手にすべからず。やつ等は勝手に滅びます。悪徳とは身の破滅の暗喩です。
われわれの仕事は民度の養生です。このためには凡俗文芸誌は淘汰侮蔑破棄されて然り。

241 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 00:45:51
つまり『大衆は愚か!売れっ子はみんなレベルが低い!
ネットで意見する俺こそレベルが高い!』ってことか

242 :遊介 ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/17(水) 00:51:22
 三流文芸誌は平成維新文士自ずからの世論啓蒙で淘汰されねばなりません。
例えば『文藝』。これは純文学の雑誌では到底ない。
今回受賞した作品も含めて、《大衆小説》のそれにちがいない。
なぜなら文化的高度を含めていないからである。
 若色売買のみを目的にした凡俗誌は他の四誌から意図的に排除されて然り。

 吾輩を以て文藝は今後一切、大衆小説誌とみなす。
すなわち芥川賞審査なぞ問答無用である。愚老に愚配の搾取種をもたらす社会害毒なり。

 以下、四誌においても、先ず『新潮』および『群像』。
これらは近年、下品作物を権威を傘に着て平気で載せること吾輩、見逃しにはしなかった。
すなわち平野氏の『顔のない裸体云々』
また、金原氏の卑猥至極、官能小説まがいの諸作品。あるいは糸山氏のそれである。
 吾輩を以てして、これら二誌へは薫陶を与えねば成らん。公害誌には教育が必要である。
純文学とは高等純情の文学である。川端『伊豆の踊り子』漱石『こころ』、芥川『羅生門』
こういった傑作を世間から構わず抜擢し、世に送り出す為の機関紙でなければ許さぬぞ。

243 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 00:59:52
漱石は大衆作家と呼ばれてたのでは?

244 :遊介 ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/17(水) 01:02:59
 さて残る二誌『すばる』『文藝春秋』である。
まず『すばる』。これはわりあいまじめである。金原に浮かれた時期はあったものの、
いまだにお堅い雰囲気を保っている。今回はまあ、見逃しにしよう。
最後の不良がおるから。


 日本文学堕落の中枢、これを文藝春秋と断言しても差し支えない。
その原因は石原慎太郎。この愚老にあるのである。
この際、政治的見解はなしにする。文学世論であるから、文学的見地に論旨を限る。
すなわち、この石原はあきらかに文芸誌を「機関報」として利用しておる。
右傾イデオロギーをなんの矜持もなく平気で垂れ流す姿勢はまさに、日本のヒトラー也。
吾輩、こやつはなんとしてでも許しておくまじ。日本文学を堕落させる張本人であるから。

 政治と文学の癒着。これこそ民度を低落させる最大の疾患部と断言しよう。
政文癒着の凡俗言論で民族差別の不当を平気で《文芸誌上へ》垂れ流す石原。
これは日本文学の舞台から一切合切駆逐されねば済まぬ。日本純文学勃興の為なり!

245 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 01:03:24
これはどうみても通俗小説だろう。
それほど他の作品の質が低かったわけだ。
そろそろ佐川にやっておかないと、万年候補で終わってしまうぞ。

246 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 01:06:57
誰こいつ? 遊介 ◆m0yPyqc5MQ

関場守良そっくりなんだが

再デビュー?




247 :遊介 ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/17(水) 01:11:07
 吾輩の石原批判の趣旨は、彼の人権を迫害するものではない、と明言する。
要は彼の《文芸誌の政治利用》が野蛮であることを文民みずから非難迫害する論理なり。

 石原慎太郎氏、これが現代日本文学の程度を低落させた張本人と見定める。
その理由は政治家のくせに文芸審査なぞを兼ねる、《俗物性》にあり!
貴様はヒトラーとなんら変わりのないことを平気で行い、さらにはそれを正当化すべく、
あたかも権威ある振りで純文芸誌の端くれ、『文芸春秋』誌上で政治論を吐いた。
このような俗物を審査員に構える芥川賞が凡俗小説大賞でなくて、一体なにぞや。吾問う。


 在野文士諸氏、以上の論説の本質をよく再考せよ。
あわよくば奴から文学上の権威の一切を奪うべし。
でなければ日本文学の明日はない。覚悟せよ。

以上 血判  独立文士 鈴木遊介

248 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 01:12:43
不条理劇って、見せ物だよねw
プロの演劇人が、あらすじも展開もオチもない劇を「上演」するから、
お芸術になるんであって、
無名の素人が、
あらすじも展開もオチもない素の自分を「演じ」て、お芸術ぶっても、なんでもない。

ジョン・ケージの「4分33秒」だって、プロのピアニストがステージで演じるから、
「4分33秒」が成立するのであって、無名の素人がマネゴトして、「前衛だ、不条理だ」
って騒いでもまるで意味がないよね。


249 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 01:14:35
◆m0yPyqc5MQ

他の板からもお客さんが来る一番盛りあがってたときに沈黙して
一段落ついた頃になって書きこんでんのかよ。
こいつはとんだお山の大将だな。
NGワードにぶっ込んでるから何書いても返事はできないが
これからもチキン振りを頼むなwww

250 :遊介 ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/17(水) 01:20:08
 文学板で大介の名も知らぬ士がいまだ居られたものとは驚きだ。
貴様はこれでも読んでおれ。

http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20070115000085
とある婦人の告白記である。

251 :遊介 ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/17(水) 01:24:20
啓蒙の他、純文学にいかなる目的もなし。

愚衆よ、貴様らを完全に壊滅させるまで文士の仕事は終わらぬのだ。

252 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 01:34:45
モブ・ノリオって今なにやってるんですか?

253 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 01:36:00
よかったねw

一生2ちゃんで遊んでいられるねー

254 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 02:05:15
文藝春秋社発行の文芸誌は「文學界」というのだが……。


255 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 03:29:03
『文學界』を知らない輩が、純文学や芥川賞を語ってもねえw

256 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 04:08:57
さて今度は大江賞で反日ぷりっを見るかw
なっみなさん

257 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 04:13:08
お前みたいな純粋右翼ばっかじゃないんだよこの板は。

258 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 04:32:42
>>256
まだあったの大江賞

259 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 04:41:57
239 名前:あぼ〜ん[あぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
240 名前:あぼ〜ん[あぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
242 名前:あぼ〜ん[あぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
244 名前:あぼ〜ん[あぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
247 名前:あぼ〜ん[あぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
250 名前:あぼ〜ん[あぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
251 名前:あぼ〜ん[あぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん
257 名前:あぼ〜ん[あぼ〜ん] 投稿日:あぼ〜ん

なにが起きた まあいいや

260 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 07:33:18
おまえらの予想って全然あたならないな。読解力も含めて、あらゆる力が不足してるんだろうな。まあ、当てた人もいるんだろうが。

261 :細菌プリン ◆iPiz84nGm2 :2007/01/17(水) 10:17:37
受賞者、もう決ったの?

262 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 10:21:09
三島賞の方が質が高いような気がするけど、どうなの?

263 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 10:24:18
選評はいつ見れる?

264 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 10:33:45
>>262

仲原、保坂、鹿島田、古川と並べるとミシマショウはギャグだな

265 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 10:41:28
モブ・ノリオはギャグじゃないんですか?

266 :細菌プリン ◆iPiz84nGm2 :2007/01/17(水) 10:51:07
おい、オマエら、俺を無視するなって。
なんだぁ? 青山だぁ?
おや? 聞き覚えるのある名だな。
そうか。マシンガンのおまけでついてきた女だった。
http://www.bunshun.co.jp/award/akutagawa/aoyama.jpg

27発目でジャムった薬莢のような顔だ。
この、直巻おにぎりが新芥川賞作家ってワケかい。
この、上手にできた福笑いが新芥川賞作家でいいんだな?

>>104
>むしろ海外向きなんじゃないだろうか。台詞や比喩に
>時々強い違和感を感じさせる描き方をするけど
>翻訳したらすごくウケルかもしれない。

村上春樹の模倣者ならいくらでもいるだろうが、アンタ、
引用の部分を自覚的に読んでいるのかい?


267 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 11:08:19
何で文藝とか文学界とか決まったのからしか芥川賞って出ないの?


268 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 11:10:39
芥川賞とっても年間印税200万、超だせ
それなのにまだ純文学作家にしがみつくユウスケ、大バカ

269 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 11:11:10
大穴だったわりに全然盛り上がらなかったなw
1スレも消費しないとはw

270 :細菌プリン ◆iPiz84nGm2 :2007/01/17(水) 11:11:36
芥川賞。高橋源一郎が審査員じゃなくてよかったな。
でなけりゃ授賞発表と同時に家を焼かれて今ごろ土管の中に布団を敷いてる頃だったな。

271 :粘着師 ◆7Ct6QGLydQ :2007/01/17(水) 11:21:54
>>242
>芥川『羅生門』

本当は俺もさ、そんなのを目指してんだよ。
サクッと始まりサクッと終って読み手の心に一生残る短編。
そういうの、難しいねぇ。


272 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 11:46:55
しんちゃんりゅうちゃんって、若い女のときだけ出てくるね。わたきんとか。

273 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 11:48:25
それが男といういきもの

274 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/01/17(水) 11:51:39
http://risa-wataya.g.hatena.ne.jp/
とりあえず適当にスレ立てまくったから、おいで〜

275 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 11:58:36
しんちゃんて、都知事選の前後にメディア出たがる傾向があるね。
そこで若者に理解を示す。
大体、4年に一度、誰か推しまくる。
りゅうちゃんは、中原に怒られて恐くなったんじゃないか。チキンドラゴン。


276 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 12:39:06
ミニラの小説糞っぽいじゃん?なにあれ。

277 :粘着師 ◆7Ct6QGLydQ :2007/01/17(水) 13:07:00
正直言って、芥川賞とる奴より直木賞の人の方が小説うまいよ。

278 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 13:21:37
東野圭吾の文章みてるととてもうまいとはいえないな
すっかすかの文章がエンタメには多いな
文章に認識がない

279 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 13:37:53
そうだよな。慎太郎は、選挙前なんでほめたんだね。

280 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 14:20:10
前回の時は、再選後の3ヶ月後。
りさたむ人気に乗っかろうとしてた。
今回は4男のこともあり、早めにのっかろうとして、龍とツーショットまでかます始末。

281 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 14:50:29
大森のコメント
「勉強しなおしてまいります」
豊崎のコメント
「ああああああああああ青山七恵!?」

http://www.nikkeibp.co.jp/style/life/topic/literaryawards/070109_1st/

282 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 15:08:13
あくたがわしょう
【解説】
初回で受賞するより、数年、候補としてノミネートされた方が権威が高まる
不思議な賞。5年前までは年若くして受賞するともてはやされたが、現在では
単なる嫉妬・誹謗・中傷の対象となるので25歳までの若手作家は注意が必要。
また、受賞すると女性作家はその容貌まで論評の対象となるので、候補者は
受賞に備えて1ヶ月前からはダイエット・エステなどに励む事が推奨される。



283 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 16:30:43
芥川賞がマスコミの期待通りに騒がれるような作品・受賞者になるのは数年に1回。
それ以外は技量が認められる地味な作品が多い。

http://homepage1.nifty.com/naokiaward/akutagawa/ichiran121-140.htm

284 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 16:54:28
>>266 青山さんの画像が変更されてるような...
(この画像の前のは、画質の悪いものだった)

285 :粘着師 ◆7Ct6QGLydQ :2007/01/17(水) 16:55:55
サッパリ盛り上がらないスレだな。
決定前に「芥川賞、芥川賞」と騒いでた自演バーサンも受賞者が決った後でトーンダウン。
不思議なババァだ。

286 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 17:01:06
>>284
お澄まししてもブスはブスなのを決定づけてるような写真だな・・
23くらいならどんな女でも若さでそれなりにかわいいもんなんだが・・救いがない・・

287 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 17:05:08
あの二人に純文学など到底わからないってことよ。

あいつらにとっては芥川賞はエンタメより数段レベルの低い超新人素人賞って扱いだから。

前に文藝春秋で林真理子や浅田次郎がやった芥川賞批判対談と同じレベル。

288 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 17:10:11
とりあえず大森と豊崎は純文学は読めないってことで、芥川賞予想対談はメンバーチェンジして多少なりとも実のある予想対談にしてもらいたいもんだな。

289 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 17:17:12
数年後に答えは出る
あっさり消えるかもしれないし

290 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 17:19:39
>>289
綿矢は受賞から数年経ったんだが、今はどういう評価なんだろ?

291 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 17:21:33
石原と龍の方がよっぽど読めてないだろ。
「ひとり日和」に対してあの評価は的外れもいいとこだ。
二人とも他の事に忙しくて、文学なんてどうでもいいんだろう。
石原は選挙近いし、龍はテレビでてるから好感度が気になるしで、
とりあえず若者に理解あるふりをしないといけなかったってこと。
選考委員という立場を他の事に利用しているだけ。

292 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 17:37:42
>>291
それもまた将来に結果が出る。
年配の女性作家の作品読んでればわかるが、青山七恵には文章自体の冴えが見られるのは確か。
>>290
金原は順調に伸びてきてるし、綿矢は新作でも相変わら文章自体の技巧が冴えている。

将来の文学性を考えると楽しい。
金原は80を超えても色恋を見事に描く瀬戸内寂聴を思わせ、綿矢は美文の津村節子を思わせ、山崎ナオコーラはプロ中のプロ作家・有吉佐和子のような作家になる可能性を持つ。

青山七恵も、いつでも美しい文章で小説的技巧に満ちた作品を安定的に書き続ける作家になる可能性をもっている。


293 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/17(水) 17:56:40
>>284
>>>266 青山さんの画像が変更されてるような...

変更前とは、この写真のことか?(写真1)
この娘はデコを隠したショートヘアが似合いそうだな。
ついでに文学板のスター・俺の写真も初公開しよう。(写真2)

http://homepage2.nifty.com/blacksilk/gallery/gallery2.html

294 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 18:28:02
結局、星野とか佐川とかって賞の権威をあげるために候補にされてるだけだな。
あほらしい。これからもそういう作家さん達がダシに使われるだろうな。

295 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 18:45:21
>>293
>いでに文学板のスター・俺の写真も初公開しよう。

それは、人類の祖先が二足歩行を開始して以来
最強のロック・ヴォーカリスト「グラハム・ボネット」では?

296 :細菌カスタードプリン ◆iPiz84nGm2 :2007/01/17(水) 18:48:32
>>291
>選考委員という立場を他の事に利用しているだけ。

黙れ! 高橋源一郎。


297 :ペコちゃんのパートいじめ ◆WwF6w4uYgo :2007/01/17(水) 18:52:49
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/ichinenseininattara.html

源一郎になったら
源一郎になったら
愛人100人 できるかな
100人を 食べたいな
膣外射精で構わない
パックン パックン パックンと

298 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 18:53:53
>>292

あんた、どうでもいいけど、そりゃチト持ち上げ過ぎでしょw


299 :ペコちゃんのパートいじめ ◆WwF6w4uYgo :2007/01/17(水) 19:13:35
源一郎になったら
源一郎になったら
セクフレ100人 できるかな
100人で ヤリたいな
スワッピングで ひとまわり
ドッシン ドッシン ドッシンと


300 :ペコちゃんのパートいじめ ◆WwF6w4uYgo :2007/01/17(水) 19:44:49
源一郎になったら
源一郎になったら
隠し子100人 できるかな
100人で 笑いたい
おのれの因業 ネタにして
ワッハハ ワッハハ ワッハッハ

301 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 19:48:49
青山さんの顔は何か初めて岡本真夜を見た時を思い出したよ

302 :生捨:2007/01/17(水) 19:49:04
源一郎が
馬鹿にされているが
(゚Д゚)
許す

303 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 19:51:47
岡本真夜は
槇原敬之と同じで
才能あるブサイクなので気にしないが
青山さんはどうかな

304 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 19:58:22
>>281
豊崎は厚顔無恥というか、なんというか……
気持ち悪いな。

305 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 20:43:02
今となっては、島本理生より将来性というか、
「将来だめになっちゃうんじゃないか」という心配はないよな。

島本理生は、
文章が上手なひと、だったのが、
文章が上手っぽいひと、になりつつあると思う。
そのうち、
文章が上手な雰囲気、になるのではないかと心配だ。

306 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 20:46:49
豊崎 これは読むの辛かったなあ。笑いどころもないし。

大森 でもまあ、20代前半くらいの女の子が読むと、共感できるところもあったりするんじゃないですかね。

豊崎 主人公の自己評価が低いってことなのかもしれませんけど、そんなに容姿が良いとも思えないんですよ、読んでて。
    母親からも薄幸そうだとか言われてますし。

大森 不思議ちゃんだからじゃないの。「だめんずウオーカー」系かもしれない。

豊崎 なるほど、そう言われると分かるような気もしますね。顔の良い男が好きみたいだし。
    新人だからきついことは言いたくないんですけど(ため息)。なんでこれを候補作にするのかなあ、他になかったのかなあ。

大森 そこに限らず。いろんなことが書いてあるだけって感じですよね。
    23歳の作者が、頭のなかだけで考えたイメージを現実とすり合わせしないままで書きましたという感じで。

307 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 20:54:17
今回は反日教育の中国に日本の学校の先生が留学にいくという売国奴的な左翼思想が
選考委員の先生たちの朝鮮人的思想の濃縮液として評価されたものでしょう。
マジで。。。。

308 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 20:59:21
星野が駄目だったのはわかり易すぎる顔と露骨なイチロー批判で彼がどのような人間か
世間に広まりすぎたからでしょうね。
こいつは反日頑張ってるけど、露骨過ぎてさすがにばれるだろう。
いまやネラー界ではランディ、平野、星野が槍玉に上がられてるからな。
ばかな日本人どもでもばれちゃうわなww  て感じでww
まっ今回は無名のねえちゃんに売国洗脳作品えらんで日教組のお仕事やりやすい
ようにしてやろうww 

がははははは BY石原、村上

309 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 21:02:22
うむ、次々回つまり来年のこの時期には、50歳になっている俺の作品が芥川賞を受賞するから、

オマイラ、よく覚えておけよ(ダハハハハハ

310 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 21:17:32
焼豚ネット右翼がまた出てきたかw イチロー批判なんて、文学賞に何にも関係ないよw
巣に帰れよ!!馬鹿が!!

311 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 21:28:21
>>310
じゃあなんで青山のろくでもない作品が選ばれたの?
売国的作品以外にないだろ?

312 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 21:41:30
>>311
小説が読めない人は他の板でやりなさい。


313 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:00:21
といっても今回の受賞作だって、いい点はたくさんあるけど、
他の候補作とくらべてとくに際だっているかというと、そんなことはないと思う。

でもイチローがどうとかは全く関係ないだろうが。

314 :上野ゆーじwithセックスフレンズ ◆rBZT/fMWPs :2007/01/17(水) 22:07:23
いやしかし最近の芥川賞は頑張ってる若手作家から毎回1人ピックアップ
して作家生命を強制終了させる理不尽な賞になってきたね。それほど受賞
作家の生き残り率は低くなってるよね。青山って人も即時終了だ。
取ることが本人のマイナスになる賞、ってのもまあレコード大賞とかある
いろいろあるけど、ここまではっきりしてるのも珍しいね。今時芥川賞なん
か取るってことは、どっかの得体のしれん人が物凄い大金もってきて「今
度は青山で頼むよ」とか言ってるイメージで見られるってことだからね。本
当にそんなことがあるかわからないけど、世間の評価はそうだよね。

315 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:07:57
いや次回あたりは中堅どころに北が崩壊しても難民日本は受け入れなければならない的な
小説が受賞するよ。困った外国人を助ける日本の夫婦の話とかww

「移民受け入れ入門」とか

316 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:11:05
>>314
ふむ、受賞作家のその後の作品など読んだこともないのがよくわかった。
無知は恐いね

317 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:15:43
>>316
いや若くしてとか、一発目で受賞したやつは消える確立高し

318 :ミニスたん ◆pofhvgEbZ. :2007/01/17(水) 22:19:02
ぷぷぷぷぷ。芥川賞は糞でふね。それを予想してる奴等のマンネリも酷いでふがwwwww

319 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:20:57
モブって生きてるのか?あの馬鹿

320 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:21:24
>>317
で、それは誰?
実例は出せない?
イメージで語ってるだけっしょ。

321 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:28:08
>>319
要するにさ、お前が文芸誌読んでないだけだろw
群像ロック特集の時の短編やすばるで開始された連載、どちらも文章に気合が入っていて評価は極めて高い。



322 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:34:39
文芸誌なんて読む奴いるのか?架空の人物だろ?おまえネッシー?

323 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:35:26
いまだに文芸誌を真面目に読んでるって、どんだけ暇人なんだよw

324 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:41:16
>>322
>>323
バカだなあ、こいつら。
芥川賞は純文学5誌掲載作品から選出され、その後も発表の場となるわけだから、興味ない奴は芥川賞語るなってことだよw
真面目に読まなくたっていい、くだらんのが多いから。
だけどさらっと目を通しとけば、最近誰がが書いてるかくらいわかるw

結局、こいつらな〜んにも語れず、ただ騒ぎたいだけなわけねw

325 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:42:25
>>321
おまえこそばかじゃね?文芸誌に書いてるからどうなの?文芸誌読んでる君から
すれば偉いんだろうねw
でもね文芸誌なんて誰も読んでないよ、よって君の意見が特殊なツチノコ的意見なわけ。

326 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:43:50
>>325
バカにつける薬ないなあw

327 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:43:54
モブは清々しいくらいの一発屋だったな


328 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:45:34
>>326
ネッシーにつける薬はないなあw

329 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:48:03
>>328
あ、な〜んにもいい返せなくなったなw
芥川賞受賞作家のその後について、何か語るの、無理だろw
お前の目に入らなきゃ一発屋ってのなら、み〜んな一発屋だろ、お前純文学興味なさそだしw

330 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:52:03
>>329
レアキャラだなww
文芸誌通読してるやつなんて全国で2000人?いくかな?
ツチノコみたいなレアキャラだw
頑張れレアキャラw 自慢にならないぞw

331 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:53:32
>>324
このバカは何が言いたいんだ?
自分は文芸誌を読んでるから芥川賞を語る資格があるんです、ってことか?

こういうバカは文学板じゃなくて芸スポ板でそのバカっぷりを披露すればいいのに。

332 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:55:52
>>330
あ〜あ、話変えてるよ、無知を自慢してどうする!
芥川賞は文芸誌5誌掲載作品から選出され、受賞作家は文芸誌に書くんですが、それを知らずに「消えた」と騒ぐバカw
文芸誌はつまらんけど、芥川賞受賞作家の近況とかを知るにはためになる。
ここは芥川賞のスレです。
無知な人は他で独り言いってなさいw

333 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 22:57:18
>>331
バカだなあ・・・・w

334 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:01:41
>芥川賞は文芸誌5誌掲載作品から選出され

二回も同じこと言うって、この規定を知ってることがよっぽど自慢なんだろうなw
芥川賞作家の近況を知って何か得することでもあんのか?
文芸誌を読んでるなんて自慢げに言ったら、世間ではドン引きされるから、注意したほうがいいぞ。

335 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:04:23
俺の場合文芸誌読んでるって言ったら周囲からすごいって言われたけどな
すごくはないけどな

336 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:07:17
>>334
ばかだなあ、ちゃんと読めよw
作品も読まず、調べもせず「一発屋が多い」といい加減なことを言ってるレスに対して、無知を笑っただけのことだw
誰が好きで2回も面倒な説明するかよw

これも2回目だが「文芸誌はつまらん」から全部精読するわけねーだろw
ほら、お前の読解力が低いから2回もこんなこと言わなきゃいけなくなったw


337 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:15:23
>>305
>文章が上手な雰囲気、になるのではないかと心配だ。

なんか、そんな人いたね。
死んじゃったけど。
死人を悪くは言わないが、
女の感性、
ねぇ……。


338 :俺だぁ、こらぁ!:2007/01/17(水) 23:20:32
>>312
>小説が読めない人

それだよそれ。
「テレビドラマを観れないヤツは観るな」とは聞かないけどね。
「文芸」などと気取ってみても、スポンサーを集った商業誌だろ?


339 :俺だぁ、こらぁ!:2007/01/17(水) 23:22:54
>>321
>評価は極めて高い。

誰が評価してんだよ。

340 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:25:10
>>334
>芥川賞作家の近況を知って何か得することでもあんのか?
いや、今芥川賞作家の近況の話になったからそうなっただけだろ
いってることむちゃくちゃだぞ

341 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:32:27
>>340
お前のような奇特な趣味の持ち主が納得いく発言するわけねー。
お宅度グランプリ優勝乙

342 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:35:08
>>339
どーせ文芸時評とかも読まんのだろうねえ。
文芸時評自体はどーでもいいし、モブがどうとかは別にどーでもいいんだが、時評に目を配ると誰が誰をどう評価しているのかだけはわかる。
そういうことだ。

343 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:45:06
いや、消えてはいなくて、文芸誌に書いてはいても、
もうろくな作品は出せなくなってるのが多いだろ。

344 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:45:59
単行本で出ているものは、ろくな作品ではないものばかりなの?

345 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:46:08
そういういみではここ最近は物凄い淘汰率だよ?

346 :吾輩は名無しである:2007/01/17(水) 23:47:30
でも、批評しているヤツがこれまたヘンテコリン(ただの文学オタク)だから救いがない
大体、【5000部も売れない・内容も全く話題にならない】小説って、円周率の暗記自慢
よりも無意味じゃね?社会貢献度0



347 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 00:01:07
なんか香ばしい人が現れたようですね。
いまどき文芸誌をちゃんと読んでいる人のいるんだねえ。
ちょっと驚き。やっぱ作家志望なのかな?
でも文芸時評がどうのこうの言ってるような作家志望って、
結局、二番煎じの小説しか書けないんだよねえ。
まあ、頑張って。


348 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 00:01:45
批評はもっと売れてないよねw

349 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 00:08:59
>>347
全く読解力が欠如してるようですね。
よーく読んでから書いてね。
まあ言っても理解できないかw

350 :俺だぁ、こらぁ!:2007/01/18(木) 00:28:34
>>342
>誰が誰をどう評価しているのかだけはわかる。
うん。

351 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 00:39:06
>>349
もはや自分の文章が破綻してることも理解できないようですね。
ホント可哀想な人だなあ。
自分が一番と思っているようだけど、
そのままではいつまで経っても日陰の人生だよ。
明日、このスレを見返したら、死にたくなるんだろうけど。

352 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 00:41:43
>>351
ん?
誰が自分が一番って思ってるって?w
具体的に何の反論もできず話を替えて、無知をさらけ出して芥川賞受賞者をバカにする人ってホント可哀想w

353 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/18(木) 00:50:01
>>351
>明日、このスレを見返したら、死にたくなるんだろうけど。

アンタもかい。


354 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 01:19:35
はてなで青山七恵検索したら、面白い意見がいろいろあった。
こういう角度からの芥川賞批判というのは説得力あるよなあと思った。
以下、コピペ。

 正直に告白すると、おれは1,2年前まで勘違いをしていた。
芥川賞ってやたらプッシュされるから、えらい賞なんだと思っていて、順番に読めば日本の文学が分かるんだと。
でも、その勘違いを今でもしている人はいっぱいいるのではないかとよく思う。
日本の文学を知りたかったら、まあ谷崎賞と川端賞あたりか。
それがもっと早く分かっていたら、その頃の読書が楽しかっただろうなあ、っておれはうらみを持っている、この賞に。
芥川賞の作品って、そんなには面白くない。
面白いわけがない。新人賞なんだから。
しかも三島賞とかと比べると、最近は保守系新人賞のポジションだからますます面白くない。
でも、その勘違いをして、文学に触れようとして、芥川賞を読んであれ?全然面白くないぞ、って、文学にのめりこめなかった人ってけっこういるんじゃないかと。
そう考えると、芥川賞がえらそうな顔をしている今の状況は問題だ。
芥川賞が全面的に悪いわけじゃなくて、マスコミとかも悪い。
芥川賞と他の文学賞の報道のしかたが全然違うんだもん。

(引用終わり)

355 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 01:35:01
なんつーか、文学賞のあり方を嘆くのも文学なんでしょ?w
どんな文学界になっても文学好きはとりあえず嘆くんでしょ?

356 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/18(木) 01:40:17
それ、高橋源一郎が覆面で書いてんじゃないのか?
オマエがいちばん悪いんだ、バカ。

357 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/18(木) 01:41:18
俺がグレートマジンガーなら、高橋なんかぶちのめしてやるんだがな。

http://www.youtube.com/watch?v=-zP_O-oYavM
http://www.youtube.com/watch?v=CQyvABY05Mw

358 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 01:47:20
>>248
亀だけど、普通の文化人にとって
ケージの曲って、こういう受容のされ方をしているんだね。
立花隆なんかが、クラシック音楽について
高尚におっしゃられているのと同じ感じ。

359 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 01:50:45
ピカソと鶴太郎の違いみたいなもんでしょ

360 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/18(木) 01:54:32
「青山純がドラムで参加しないなら、ツアーにでない」
 山下達郎は、そう駄々をこねるそうだ。
「青山がドラムのときはライブのランニング・タイムがいつも同じ」
 それが理由だという。

361 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 03:54:24
もしセカチューみたいな、大衆から受けるのを選んだら
文学の終わりとか言われるだろうし
大衆から受けないのを選んでも
文学は終わってるとか言われ
文学の中の人も大変だな

362 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/18(木) 08:26:52
>>361
>文学の中の人も大変だな

文学通のマインドをくすぐりながら大衆うけを狙う。
菊池寛がいまの人だったら、きっとこの路線で攻めたはずだ。
文学板でもっとも可能性を秘めた俺が言うンだから間違いない。

363 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 08:53:51
文学板の中だけじゃトップでも全然ダメ

364 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/18(木) 09:22:12
>>363
>文学板の中だけじゃトップでも全然ダメ

いや、スーパースターの最初はこうして始まるものなんだ。
矢沢永吉や北島三郎をみろ。

365 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 10:05:47
北島三郎はあの年ですごい声出てたな。
紅白見てたらびっくりした。

366 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 10:15:09
>>358
俺もびっくりした。……>>248みたいな解釈が一般的なのかは分からないけど、
誤解されてんのかな?

367 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/18(木) 10:25:34
サブちゃん。
日本の心だね。

『まつり』
歌:北島三郎 作詞:なかにし礼 作曲:原譲二

男は祭りを そうさ
かついで 生きてきた
山の神 海の神
今年も本当に ありがとう
白い褌 ひきしめた
裸若衆に 雪が舞う
祭りだ 祭りだ 祭りだ 豊年祭り
土の匂いの しみこんだ
倅その手が 宝物

男は祭りで そうさ
男を みがくんだ
山の神 海の神
いのちを本当に ありがとう
船に五色の 旗をたて
海の男が 風を切る
祭りだ 祭りだ 祭りだ 大漁祭り
見ろよ真っ赤な 陽が昇る
倅一番 船をこげ

燃えろよ 涙と汗こそ 男のロマン
俺もどんとまた 生きてやる
これが日本の 祭りだよぉ〜

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B3%B6%E4%B8%89%E9%83%8E

368 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 13:42:45
豊崎社長敗戦の弁
ttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2007/01/17/

369 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 13:48:44
聞かないでも何喋ってるかだいたい判るが…
まあ聞いてやるか。
それよりも町山のほうが面白そうだけど。

370 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 14:23:15
豊崎社長「石原慎太郎に誉められたのは先が暗い」
これには同意するが。。。

371 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 15:27:22
実は「ひとり日和」には次のような一節がある。

十四階のその部屋からは、東京タワーは見えるが、わたしの好きな東京都庁は見えない。

笑った。
石原はこの箇所にメロメロになったに違いないw

372 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 15:34:24
豊崎って本当に定見がないな
ストリーム聞いたけど
糸山の作品を語るのに「芸術家タイプと職人タイプのどっちかといえば職人タイプ」
って偉そうにいてるんだけどそれって糸山自身が「文学界」のインタビューで言ったことじゃn

それに青山の作品でも「20代の女の子には共感されるかも」とか
「20代の女の子が頭の中だけで作った」とかいってるけど
それは予想対談で大森が言ったことジャン

「ショックで勉強しなおす」ってそれも大森の敗戦の弁じゃん
全部ぱくりのこいつどうよ?

373 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 15:43:47
しょせん豊崎はそこまでの香具師でつ。
面白がられて木に登って、いつの間にか文学を語れると思い込んでいたが、そんな力など結局なかったということ。
今の豊崎は木から落ちたマントヒヒのように見える。

374 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 16:02:28
ま、昔からマントヒヒには見えたな。たしかに。

375 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 16:50:14
つーか青山の作品読んだ方がまだ有益だぞ
豊崎のご意見拝聴するより

376 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 19:21:33
龍と石原の会見って、画像でも動画でもどっかで見られるの?
なんかそっちの方が興味あるんだけど。

377 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 21:33:07
石原は龍にすりよってるな
よく自分の立場をわかってる
龍は石原を社会的に抹殺できる立場にあるからな

例えば龍が「こんな人と一緒に選考はできません」と言い出したらどうなるか?
これは大騒動になる
どう転んでも石原は選考委員に残れない
大騒ぎで都知事落選
政治家としても作家としても終わる
社会的に終了

378 :吾輩は名無しである:2007/01/18(木) 21:38:36
トヨちゃんが言うには
石原が青山を評価したのは
息子の画家留学問題での評判をけすためなんだってよ

379 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 01:59:56
トヨちゃんの眉毛ってすごいね。
大森にわけてやんなよ。

380 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/19(金) 02:05:29
>>371
あきらかに媚www

愚老いやし
政文癒着いやし

381 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 02:07:12
今の扱いだと「芥川賞=もっとも偉大な文学賞の一つ」ぐらいの認識だろ、一般人は
文壇的にもっとレベルが上の賞のときマスコミももっと大きく取り扱ってくれればいいんだけどね
頻繁すぎるのもあれなんで
やっぱり谷崎賞や川端賞のときかな


382 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/19(金) 02:14:36
龍先生は残すべし
現役最強文士の双壁だ


なおもう一方の春樹氏召集へ励むべし

石原、これはたんなる政治家にて問題外
これの居るかぎり日本文学は大敗しつづけようぞ

383 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 03:36:06
機会があればもらってみたい賞は?
http://www.business-i.jp/news/for-page/ranking/200701160019o.nwc

全体
(1) ベストドレッサー賞
(2) ベストジーニスト
(3) ノーベル賞
(4) 流行語大賞
(5) 頑張ったで賞
(6) 芥川賞
(7) ベストカップル
(7) ジュエリーベストドレッサー賞
(9) 直木賞
(10) メガネベストドレッサー賞



384 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 03:36:42
男女別

男性
(1) ノーベル賞
(2) ベストドレッサー賞
(3) ベストジーニスト
(4) 流行語大賞
(5) 芥川賞
(6) 直木賞
(7) ベストファーザー、ベストパパ
(8) アカデミー賞
(8) 頑張ったで賞
(8) 国民栄誉賞

女性
(1) ベストドレッサー賞
(2) ベストジーニスト
(3) 頑張ったで賞
(4) ジュエリーベストドレッサー賞
(5) ベストカップル
(6) ベストマザー、ベストママ
(7) ノーベル賞
(8) ベスト夫婦
(9) 流行語大賞
(10) ベストスマイル賞



385 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 08:55:05
初めてこの二人「大森望、豊崎由美」を知りましたが、
どっちとも男に見えます。どっちが大森でどっちが豊崎かは分かりませんが、
ともかく豊崎という人は女を捨てているのでしょうか?

386 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 11:31:52
>>385
そーか? おれにはどっちもおばさんに見える。

387 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/19(金) 12:17:41
現在、我が国では男子のおばさん化が進行中だ。
その最もたるは高橋源一郎だな。

388 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 21:32:18
ヤフ文も予想されたとはいえ、朝鮮人が取ったな
ヤマモトw

389 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 21:56:38
浅田彰が、今回の受賞に関して何て言うか知りたいね。
「芥川賞なんて制度としてもうとっくの昔に終わってるものだけど、あえて言うと」
で始まる、論評だと思うけど。

390 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 22:21:33
浅田彰は平野も、綿谷、金平も糞味噌に言っていたからね。今回はもっとかも。


391 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 22:23:41
390です。訂正 金平→金原

392 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 22:24:49
浅田ってまだいたの

393 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/19(金) 23:03:56
源一郎になったら 源一郎になったら
友達なん人なくすかな
背ぇ〜中ぁ〜が危ないな
ひとりの夜道も危険です
ガッスン ボッスン ブッスンこ


394 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/19(金) 23:07:59
わるすぎw

395 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/19(金) 23:12:15
♪パラッパラッパラッパ
源一郎になったら(ハァ) 源一郎になったら(ハァ)
新人賞が 変わります
未婚の女性がうれしいな
10代 バージン 更にヨシ
後付け 好評 お手のもの


396 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/19(金) 23:13:18
げんちゃんはわかいおんなずきやね

おっさんなのにね

397 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/19(金) 23:22:05
♪パラッパラッパラッパ
源一郎になったら(ハァ) 源一郎になったら(ハァ)
審査でごはんが食べられる
あの賞 この賞 どんな賞?
○×△で はいオシマイ
家には 若妻 待ってます
ガッスン ボッスン ブッスンこ
ブッスンこ チャラララン!

398 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/19(金) 23:27:57
渡辺淳一の『愛の流刑地』、原作読んでないんだけど、このたび映画化されたでしょ。
粗筋を読んだんだけど、面白い? ああいうの。
「永遠の愛」とかつって。
なんか、非常にバカバカしいんだが。
それでも読者がいるからいいのか。
五木寛之の齡の取り方を100点とするなら、渡辺は5点

399 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/19(金) 23:30:33
もじのえろほんはやすっぽいねえ

400 :吾輩は名無しである:2007/01/19(金) 23:39:48
>>398
あなたは死にたくなるほど人を愛したことがないんですか!

401 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/20(土) 00:02:00
>>400
>あなたは死にたくなるほど人を愛したことがないんですか!

ってか、この主題そのものが前時代的だと思わないか?
結局、「冬ソナ」のヒットをうけて「あっコレでいけるのか」と、
ベテランがこれまで培った小手先の技術でチャラチャラっと「書いてみました」みたいな、
そんなチープさを感じないか?

402 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 00:10:15
ないなあ。
それでもウェルテルはおっさんになった今読んでもクるものがある。

五木の年のとりかたは好きじゃないな。説教臭くなったよな。

403 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 00:16:00
五木じゃない件

404 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/20(土) 00:37:06
>>402
>年のとりかた

というか、老作家の方向性として首肯けるものがあるんだな。
「それが今のオマエに面白いのか?」と問われれば、あんまり、だけどね。

405 :吾輩は名無しである:2007/01/20(土) 06:52:25
◆在日朝鮮人の生活保護の実態
生活保護費は30代の母親と小学生の子供二人で月に生活費15万円、
母子家庭なら母子加算2万3千円 、教育費として給食費・教材費などが7千円前後。
住宅費は5万円くらいなら全額支給。全部で、ひと月に23万円くらい支給される。

在日朝鮮人の5人に1人は無職で贅沢な暮らしをしています
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/2487/

------------------在日特権 ------------------
   【在日が帰国しない・帰化しない理由】
 地方税→ 固定資産税の減免
 特別区→ 民税・都民税の非課税
 特別区→ 軽自動車税の減免
 年  金→ 国民年金保険料の免除
         心身障害者扶養年金掛金の減免
 都営住宅→ 共益費の免除住宅
          入居保証金の減免または徴収猶予
 水  道→ 基本料金の免除
 下水道→ 基本料金の免除
         水洗便所設備助成金の交付
 放  送→ 放送受信料の免除
 交  通→ 都営交通無料乗車券の交付
         JR通勤定期券の割引
 清  掃→ ごみ容器の無料貸与
         廃棄物処理手数料の免除
 衛  生→ 保健所使用料・手数料の滅免
 教  育→ 都立高等学校
         高等専門学校の授業料の免除

これに芥川賞受賞の優遇もつくわけですねw

406 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 00:55:58
コピペにマジレスするのもあれだけど、
在日の無職率は2割どころじゃないだろ。
最新のデータ(在日側が公開)で4割は超えていたはず

407 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 00:58:56
日本オワタ感漂うね。ヤフーの方でも出来レースに誰も文句言わないし。


408 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 00:59:41
>>405
青山さん在日なの?

409 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 01:17:29
>>408
可能性もあるということでない?
内容的にもそうだし、
青山。。。。。

410 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 02:02:41
真性在日が吠えてるだけだよ

411 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 03:09:38
反日チョン星野の苦し紛れのいい訳

 芥川賞・直木賞をめぐる報道と消費を始め、同じ現象は枚挙にいとまがない。
つまり、このファナティックな傾向は社会のあらゆるレベル、あらゆる事象において、
日本人の日々の生活を進める原動力となっている。私はそれを原動力として生きるのはごめんこうむりたい。

412 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 03:12:33
俺在日じゃないけど(たぶん)無職だよ。

413 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 03:13:54
お前らだって無職のくせに何言ってんだよw

414 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 08:34:09
ユダヤの搾取機関が朝鮮人
その影響は小泉元首相が帰化朝鮮人だということにも現れている
だから芥川賞の乗っ取りなど極簡単なこと。。。
このような書き込みを在日の仕業と馬鹿げた書き込みをする人間は
チョンかそれとも阿呆な騙されやすいb層の日本人だということだ。


415 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 10:01:50
朝鮮とかどうでもいいが、次の芥川賞・直木賞受賞者はどなただよ???
<予想>
芥川賞・・・文學界新人賞受賞者がストレートで取る(今まで数人しかいない)
直木賞・・・三浦ッチョが今度こそ取る

416 :吾輩は名無しである :2007/01/21(日) 12:27:35
あほか。
歴史的にみればほぼ日本人全員が在日じゃボケ。

417 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 18:53:27
今回受賞した女旅行代理店で働いてるのか?
旅行代理店つったら大体帰化チョンが多く働いてる職場だぞ。
よく取引するけど大体あっちの人だぞ。

418 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 19:47:00
>>417
だからなんだ?

419 :吾輩は名無しである:2007/01/21(日) 20:42:08
>>418
馬鹿には言ってないw

420 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 07:33:16
チョンチョンチョン とっても大好き 芥川賞〜

チョンチョンチョン 石原と村上 苗字おかしいよね〜

チョンチョンチョン 自民党の巣窟 GHQのおかげだね〜

421 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 07:34:56
日本人の日々の生活を進める原動力となっている。
      
           BY星野さん



朝鮮人ががたがた卑しい出自隠して日本人批判してもなww
卑怯なことするね 朝鮮人の末裔はよ

422 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 13:19:04
朝鮮人ネタ書き込んでる方って、お1人ですよね?

冗談ではなしに、パラノイアの症状が明確に出てるので、一度医師に相談
してみることをお勧めします。病気は別に悪いものでも恥ずかしいもので
もありません。あまり深く考えず、是非病院に行ってみてください。

恐らく現状自覚はないと思いますが、きっと今より楽になるはずです。

423 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/22(月) 16:26:57
六星占術とかやってるのがいたけど、
業界の「事情通」なんだろうな。
こんなの出来レースに決ってるじゃん。
クダラネェ。

424 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 17:59:58
次回以降の芥川賞を展望する時、予備軍としては・・・・・
〈若手系〉島本理生、鹿島田真希、中村航、青木淳悟、山崎ナオコーラ、生田紗代、
〈実力派系〉星野智幸卒業宣言、佐川光晴卒業っぽい、清水博子卒業っぽい、西村賢太同じ話ばっかっぽい・・・・

こうして見ると、次回は以外に文学界新人賞や群像新人賞受賞作が候補になる可能性あるかもね。

425 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 18:07:43
鹿島田は若手じゃないだろ。ナオコーラ、島本はないっぽい。


426 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 18:12:15
>>425
そうすると候補ってなかなかいなくね?

427 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/22(月) 18:25:48
>>420
>チョンチョンチョン とっても大好き 芥川賞〜
>
>チョンチョンチョン 石原と村上 苗字おかしいよね〜
>
>チョンチョンチョン 自民党の巣窟 GHQのおかげだね〜

若いくせに、オマエほどリズム感と音程の悪い奴は見たことがないね。


428 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/22(月) 19:02:45
>>424
>次回以降の芥川賞を展望する時、予備軍としては・・・・・
>〈若手系〉島本理生、鹿島田真希、中村航、青木淳悟、山崎ナオコーラ、生田紗代、
>〈実力派系〉星野智幸卒業宣言、佐川光晴卒業っぽい、清水博子卒業っぽい、西村賢太同じ話ばっかっぽい・・・・

なんだそりゃ?
アンタの個人的な好みじゃネーか。
クダラネェ。

429 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 21:06:27
>>428
そう言うなら候補になりそうな作家あげてみ?

430 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 21:24:52
木下古栗

431 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/22(月) 21:36:29
>>429
>そう言うなら候補になりそうな作家あげてみ?

次回の芥川賞だろ?
候補者筆頭は「悪い太郎」だ。
他に誰がいるんだ?

432 :オマンコ&コマンコ ◆YaXMiQltls :2007/01/22(月) 21:39:54
>>431
>候補者筆頭は「悪い太郎」だ。

その前に、デビューできてもいない貴公は
超えねばならないハードルが多すぎるが……。

433 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 21:40:59
>>430
こんなところで古栗の名を聞くとは思わなかったぜ

434 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 21:42:46
いやあ彼には大成してほしスwwww
なかなか見所あるし

435 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 21:51:37
だれそれ?

436 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 21:55:17
去年の群像新人賞の人

437 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 21:58:30
でもその時一緒に選ばれた女ばかり注目されてるなぁ

438 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 22:03:10
あの小説すぐやめたよ、読んでてイライラした、学歴どうのこうので

439 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/22(月) 22:08:56
>>437
>でもその時一緒に選ばれた女ばかり注目されてるなぁ

なんだぁ?
久保田凛香か!
その女は女のクセして時代を背負うだけの器があるのか?
わかった。
俺は今日から木下の味方だ。
頑張れ、キノシタ!

440 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 22:26:23
>>439
違う、女は朝比奈あすかという名だ

441 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 22:33:24
>>439-440
受賞発表前に改名したらしいね。

恐らく**は「木下古栗」を検索して出てきた(改名前の名前を載せた)
ページから適当に拾ってきただけだろう。気にする必要なし。

442 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/22(月) 22:41:37
>>441
>受賞発表前に改名したらしいね。

キツネがどうしたこうしたの女もそうだったな。
村上龍を輩出した「群像」
若者文学。
俺の中でイメージは最高なんだけど、
この頃は糞にまみれてるな。
どうしたの?

443 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 22:44:15
高橋変一郎に祟られたらしい。

444 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/22(月) 22:45:03
やっぱりアの野郎かっ!

445 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 22:47:00
「朝比奈あすか」名ですでにノンフィクションの本を1冊出してたから、小説もその名前で出すことにしたってことだろ。

だから朝比奈あすかは先に本も出したし、筆力もそれなりに評価されてるのかもね。
ただ、朝日奈のエッセイは死ぬほどつまらない。

446 :吾輩は名無しである:2007/01/22(月) 22:49:25
すばるのやつ? は、確かに。女性誌の読者欄かと思った。

447 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/22(月) 22:50:26
>>445
>朝日奈のエッセイは死ぬほどつまらない。

筆力があるのにエッセイがつまらないってことは、視点がつまらないってことかい? 
まぁ女だからね。
俺は闇雲に女性(文筆家)を見下しているわけではないんだ。

448 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2007/01/22(月) 22:52:16

まてよ、
どいつが男で、どいつが女だ?
……まったく、くだらねぇ世の中だ。

449 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 00:48:52
……まったく、くだらねぇ世の中だ。

450 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 02:03:14
タマには俺のチンポが立つようなレスをしてみろってんだ!

451 :吾輩は名無しである:2007/01/23(火) 08:04:43
やべ。勝手に立ってきた。しころ。

452 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 00:05:30




これからも朝鮮関連を見張りますからね
文芸春秋さん

453 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 00:44:11
お前のプライドって自分が純粋な日本人だって事以外にないのか?
お前みたいなバカがいるせいで在日利権がなくならないんだよ死ねアホが。

454 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 04:51:33
>>453
なんだ?その論理展開は?
朝鮮人的な発想だなw
日本人がいるから在日利権がなくならないだと?
じゃ日本人が全員死んで朝鮮人だらけになれば利権もなくなるてかw


455 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 09:53:29
馬鹿がいるから誰かが得するなんて
どこでも普通にあることなんだよね。
国籍と関係なく。

456 :吾輩は名無しである:2007/01/24(水) 16:41:35
422 :吾輩は名無しである :2007/01/22(月) 13:19:04
朝鮮人ネタ書き込んでる方って、お1人ですよね?

冗談ではなしに、パラノイアの症状が明確に出てるので、一度医師に相談
してみることをお勧めします。病気は別に悪いものでも恥ずかしいもので
もありません。あまり深く考えず、是非病院に行ってみてください。

恐らく現状自覚はないと思いますが、きっと今より楽になるはずです。


457 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 02:59:23



ニヤニヤ 春秋さん来期は新潮の青木チョン悟あたりに受賞させるんですか?
いや〜あいかわらず露骨ですな〜




458 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 08:00:50




ソニーの創業者一族の森田家は



帰化朝鮮人です



不買願います

459 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 08:16:44
チョンチョン喚いてる韓国人みたいな奴へ。
本当に大丈夫?病院行ったら?
薬飲んだら少し落ち着くぜ。マジで。
まあ最早手遅れな感が否めないがw
2ちゃんで暴れるのはいいけど人殺したりはするなよww
つまらない筈の人生が笑い話になっちゃうよ。

460 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 18:05:44
チョンチョンうるさい奴が攻撃してるのが大企業だったり著名人だったり政治家だったり
犯罪者などは攻撃しないということは・・・やっぱり願望認定狂いの在日かw

461 :吾輩は名無しである:2007/01/25(木) 19:10:26
ttp://2ch-news.net/up/up37886.jpg

462 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 00:56:21
分断工作を狙いバカネトウヨを演じる反日ヤローなのか、
それとも本当に思考停止したバカウヨなのか知らんけど、
リンク切れしたコピペ貼るは、舌足らずな罵倒するはで
悦に入ってるとこ見るのはもう見てらんない('A`)

463 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 06:18:48
在日朝鮮人のすばらしい「愛国心」

・強制連行されてきた外国人のはずだが、祖国に帰らせろとは言わない。
・祖国は日本よりすばらしいと言うくせに、帰ろうとはしない。
・帰る祖国が存在するのに、帰る場所はないと言う。
・日の丸を見るのも嫌な外国人のくせに、日本から出て行こうとはしない。
・立派な朝鮮人名を名乗らず、屈辱なはずの日本人名を自らの意思で名乗る。
・大嫌いなはずの日本人に、リアルでもネット上でも成りすます。
・祖国の参政権もないのに、なぜか先に日本での参政権を要求する。
・祖国を良くするための諫言はしないが、日本には内政干渉をする。

464 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 09:43:21
大森も豊崎も読解力がないことを証明してしまったんだから
仕事辞めて引退した方がいいねwww

465 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 10:18:35
いや読んでみたけど
なぜそこまで評価されるかわからなかった
文章も丁寧ではあるけど
高度な技巧があるわけじゃないし
納得はしてない世俺

466 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 13:42:18
食べていいもん悪いもんの区別は勘でしかつかないからな。


467 :吾輩は名無しである:2007/01/26(金) 18:39:15
不正はあると思う。
でなけりゃあんな作品と言われ続けているはずは ない と思う。
ノームチョムスキーの本読んでからなお一層そう思った。
占領下で何かが起こった。

468 :吾輩は名無しである:2007/01/31(水) 20:16:40
「文藝春秋」発売されたら、
選評云々でまた盛り上がるかな

469 :吾輩は名無しである:2007/02/03(土) 05:32:42






        文芸春秋よ、おれが監視しているからな
        このまま続けるなら週刊誌にとりあげられてえらいことになるぞ
        とりあえず石原、村上、輝を選考委員からはずせ










470 :金原文則 ◆GoodbyeDBE :2007/02/03(土) 06:27:04
オレは芥川賞選考会を生中継したら面白いと思うんだよねー


471 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/03(土) 06:49:20
できないのw

どうせインチキ審査だから

石原がどんな愚見平気ではいてるかバレてみろw即刻都庁降格

472 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 18:44:29
最近の芥川賞受賞者の女性見てくださいw



みなさん笑うと醜い歯茎がでますねーw



朝鮮人の形質そのものですねw



いまやそういうことなんですねw

473 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 19:56:00
笑うと歯茎が出る純日本人女性は一切存在しないということを前提に話しているんだね

474 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 21:12:01
「純」とか言うなよ。同レベルだぞ。

475 :吾輩は名無しである:2007/02/08(木) 23:54:46
女に芥川賞はいらんだろ。

476 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 00:14:34
文藝春秋は10日発売ですなあ。
選評たのしみ〜

477 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 06:51:07
コンビニにあったよ

478 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 07:01:09
選評読んだ
まともだった
星野はみんなに観念の産物に過ぎないって言われてる

479 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 07:19:26
読みてー読みてーどうしよコンタクトはずしてまった

480 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 07:27:18
龍、河野、石原、高樹、黒井が青山七恵

宮本は柴崎友香と青山七恵

池澤だけが田中

詠美は忘れた、腰が定まってない

481 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 10:47:44
>>479
なんかわかるな、これ。

しかし、観念の産物だからこそ持ち上げられてきたんじゃないんかよ。
半径三メートル小説よりも観念小説の方がまだいいや。
地に足が着いてないのだとしても。

482 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 11:32:27
中途半端な観念は駄目ってことだろ

483 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 11:42:59
詠美の選評サイコーw

「ひとり日和」
大人の域に一歩踏み出す手前のエアポケットのような日々が淡々と描かれ……いや淡々とし過ぎて、思わず縁側でお茶を飲みながら、そのまま寝てしまいそう……日常に疲れた殿方にお勧め。いささか退屈。

たしかに青山七恵を強く推していたのは「日常に疲れた殿方」だったもんなw

484 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 11:43:30
星野は自分の観念を検討しないからな。

485 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/10(土) 11:57:32
けさのしんぶんななえちゃんごじらみたいw


どでかし(x_x;)
だれのためにこんなにデカいのwダ作なのに

486 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 11:58:52
宮本、河野、高樹、黒井が青山七恵を押すのはわかるんだけど
龍も押したのが以外だった

石原は今回龍にべったりということだろうし



487 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/10(土) 12:00:07
こんなんして売れるはずないやんw


りさくまはね、花があったから売れたのよ。しかも内容が萌えぶーむに乗ってたからな。
みんな感づいとる

ぜったいななえちゃん売れないw戦略まちがっとる
ほそぼそ載せとったらええねん。本人、隠居したいっていっとるやんw
そもそもおばあちゃん作風なんやから

すぐ下品な交尾するし

488 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 12:20:58
誰からも認められてない妄想ウジムシが芥川賞作家に嫉妬しておりますw

489 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 14:34:05
朝鮮人による朝鮮人の出来レースに選評なんてあるかボケ


490 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 15:14:11
ツウぶりたい選評者たち。

491 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 16:50:59
石原、村上、綿矢の対談で、龍が「三人とも見栄えが悪くない」と言ったのに
ビックリwwwwwwwwww

492 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 17:00:07
それはビックリだなw今日出た文芸春秋に載ってんの?

493 :金原文則 ◆GoodbyeDBE :2007/02/10(土) 17:07:47
選評うpして!全文。

494 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 17:11:27
立ち読みしてこい、乞食野郎!

495 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 17:17:33
ドラのその発言直後の綿谷の表情を、生中継のドアップでみたかったのは俺だけ?

496 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 17:25:49
「わるいが竜君は僕ら二人とはタイプがちがうね」
とか言ったのかなシンチャン

497 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 17:31:28
>>491
ドラゴンwwwww

498 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 17:33:02
「そ、そ、そうですよね閣下、僕だけちがいますよねハハハ」
とすぐに発言撤回する世渡り上手な展開になったりなんかしちゃったりなんかして

499 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/10(土) 17:33:40
りゅー先生はあきらにはべらせとるからな

信用なくすよ
私用だもん。もはや

500 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 17:39:02
あきらにはべらせとるって何?

501 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/10(土) 17:39:50
あきらかに

だつじ

502 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 17:41:33
誰をはべらせてんの?ワタヤ?

503 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 17:50:33
あの登場人物って作者?コンパニオン(笑)無理だろ

504 :金原文則 ◆GoodbyeDBE :2007/02/10(土) 17:53:39
おーい! ちょっと……
オーレの、オーレの、オーレの話を、きっけぇえええ!
一分だけでもいいぃぃぃ!

505 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/10(土) 17:54:25
りゅー先生のキャバクラ文壇w

506 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 19:40:10
青山のインタビューの後で中国人作家との交流の記事があった。
読まなかったけど。。。
文学はチョンにのっとられてますな

507 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 19:41:12
ブスすぎ

508 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 19:42:34
大森と豊崎は読めない君。

509 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 19:49:14
大森>>>>龍

510 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 22:55:21
>>506
蔑称の区別すら付いてない馬鹿発見

511 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 23:05:18
婆さんとの世代ギャップのディスコミュニケーションが面白いな。
場面のつなぎが巧く、すらすら読める。
山田の論評?
微妙なコミュニケーションを理解できるタイプではないんだろう。
婆さんが元歌舞伎町の女王だった、てオチなら一転して絶賛するような人間だろ。
AV女優が映画女優に色気がないとイチャモンつけてるようなもん。
くだらないよ。


512 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 23:09:14
上手いけど退屈って言ってるんだろ。間違ってはいない。
こんなんに日本一有名な賞を与えたら、ますます文学を読む人は減っていくよ。

513 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 23:12:34
確かに先祖返り

514 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 23:27:20
山田詠美とかいうポルノ小説家の批評はどうでもいいが、
中学生日記っぽい話だなーと

515 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 23:43:56
ここ最近の受賞作では一番マシ。


516 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/10(土) 23:53:44
ぜんぜんうまくすらないうえ読む気まったくしない

出版の方針としても
文壇の基準としても
あやまち

二年後に明らか
わたやの二の舞はない。大衆も学習する。


さがわさん、つぎにともかちゃんの時代はもうすぐ。
ヒトラーと先生の時代は長くない。もはや既得権搾取も実態限界。

517 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:02:34
どう悪いかを書いて初めて批判になる。
まともな批判も書けないで駄レス書き散らすな。

518 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:07:43
朝鮮人の造型の特質により女性での容姿の特徴は


顎、エラ、歯茎、が変形しているのが多いと



今後の予想を立てておく

519 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:31:54
↑一重まぶたのお前が朝鮮どうこういうのも空寒いものがあるな

520 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 00:35:29
>>519
真性○○をいちいち相手にするのはやめましょう。

521 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 04:33:55
山田って何で先行委員なの?

522 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 05:28:37
>>521
朝鮮人だからだろ。山田って。井上揚水とまぶだちだって、もろカムアウトしているようなもの。

523 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 06:13:10
次の芥川賞は、とんでもないバカ野郎が受賞する予感。

524 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 11:07:28

422 :吾輩は名無しである :2007/01/22(月) 13:19:04
朝鮮人ネタ書き込んでる方って、お1人ですよね?

冗談ではなしに、パラノイアの症状が明確に出てるので、一度医師に相談
してみることをお勧めします。病気は別に悪いものでも恥ずかしいもので
もありません。あまり深く考えず、是非病院に行ってみてください。

恐らく現状自覚はないと思いますが、きっと今より楽になるはずです。


525 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 16:21:45
夏目漱石に似てる。
起伏のないストーリーの中で、自然な文体で
日常の滑稽さ、退廃感が描かれている。
これぞ純文学という作品。
凝ったストーリーの長編を書かせたら、どんなものになるか楽しみだな。
龍や慎太郎が褒めるのも分かる。

526 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 18:45:47
ちょっとここで試してみるかw


安倍、小泉は朝鮮人であると。。。。
んな馬鹿なとお思いの人、本を読みましょうね?
それとも拒絶反応起こして、現実と戦えないかな?
524さんはどう思う?

527 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 19:35:50
ドラマ化希望
主人公は宮崎あおい、御婆ちゃんはきききりん

528 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 21:48:05
これほど中身が気にならず、かつ話題にならない芥川賞作家は史上初だ。
いろんな意味でエポックだね
大丈夫なんだろうか、これからの小説界。
出版産業的にはOKなんだろうけど

529 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/11(日) 21:54:32
下流小説にしても出来がわるい。

漱石ばかにすんな。『高等遊民』はニートじゃねえ。

ななえちゃんはただ浮世を客観写生しとるだけ。だから凡才、つまり術(わざ)なし。

漱石は思想で明治世界を再構築しとる。なにもない話などない。
すべての作品にかれの在野知識人としての生き方の哲学がある。維新文士ナメるな。
ななえなぞ永久に届かぬ。恥じらい知らずの下流交尾奴が。片手間に文学なぞ出来るか。
 いい加減にしろ、愚衆。漱石を貶めるやつだけはなにがなんでも赦さぬ。

530 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/11(日) 22:03:36
>>525
つまらぬのが純文学ではない。
なら、石平も立派な純文学だ。

大衆凡俗との境目は『純情』の一線なり。
ここからみれば龍、石原ともに凡愚作家にちがいなし。浮世の哀れ、愚老を揺藍して洗い流す。

純文学、即ち純情文学とは野蛮への対抗なり。維新文士の品格の体当たりなり。時代への一矢なり。
命を燃やし尽くして人間を造るものなり。社会風紀を築く美訓なり。神々しき説教なり。
樋口一葉なり。梶井基次郎なり。宮沢賢治なり。夏目漱石なり。芥川龍之介なり。

青山七恵にあらず。近作の綿矢にあらず。金原にあらず。石原にあらず。龍にあらず。詠美にあらず。

輝なり、春樹なり、中上なり。佐川なり、柴崎なり、文則なり、蹴りたい背中の綿矢なり。
純情は人間の至美なり。獣のわざにあらざるなり。人間至当の芸術なり。社会の薫風なり。理想郷の実行なり。
愚猥堕落した芥川賞にあらざるなり。猛省せよ。日本を造れ。文学は社会風紀の基準をもたらす営威なり。
無学不義無粋にあらざるなり。全人啓蒙なり。

531 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:04:30
ドラゴン&慎太郎が絶賛、山田が酷評
これが全てだろ





























名作確定

532 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:06:39
>>530
>純文学、即ち純情文学とは野蛮への対抗なり。

アンタ、間違えてるよ。
「純情文学とは凡俗への対抗なり」だ。
どうして朕が評価されないのか不思議です。


533 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:07:24
>>531
>ドラゴン&慎太郎が絶賛、山田が酷評

アンタ、「罵倒」封じにそれを多用してるね。
いろんなしがらみがあるんでしょう。
総じて、くだらない。

534 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:09:09
平野啓一郎かぶれの痛い人がいるなw

535 :イタリア研究会:2007/02/11(日) 22:09:29
>>530
純情が純文学の条件?

ならば、純情などという言葉では言い尽くせない、自意識をグロテスクにエグりとった
文学はどうなんでしょう?例えばドストエフスキーとか。

また、ジョイス「ユリシーズ」の意識の流れを純情という言葉で括れるでしょうか?


536 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:18:44
純文学=内面重視
大衆文学=物語重視
どっちにしろ出版社が売る時に便利なように勝手にジャンル分けしてるだけ。
おまえらニワカかよw

537 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:18:47
>>535

「自意識をグロテスクにエグりとった」のがエフさんの「純情」だとは思えないのか?
アンタ、「意識の流れ」好きだよね。


538 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/11(日) 22:18:49
 ジョイス、これひとこと下品と読ばれて然り。
イギリス人紳士からも同様の見解に異ならず。シェークスピアと比べものにならず。
 奴の意義は文体なり。形式の破壊なり。
内容はとても手本にならず。ポルノ以下の大馬鹿者なり。猥雑不義もはなはだし。
必竟、奴の《悪徳》の所以なり。弱点なり。弱点まで真似るもの、これを阿呆と呼ぶ。
大江なり、平野なり、密かに上流衆からの侮蔑を買う〈卑猥奴〉なり。

 ドストエフスキー、これを民情の作家と呼ぶも可なり。
ロシアの国民感情の浄化なり。
彼をして純文学の至当と呼ぶも可なり。純情の追求は野蛮への迫害なり。愚劣への抵抗なり。
全人類の教育なり。人生の再発なり。人情愉快への蘇生なり。
 人道は愚猥を飲み込んで流されず。
吾が輩の『星々』にて遊女を描くも堕落せぬ事情なり。文学の至高は純情による博愛なり。

539 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:19:46
>>536
>純文学=内面重視
>大衆文学=物語重視

じゃあ、中間小説はどうなんだよ。

540 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:21:20
しがらみ多様してる馬鹿もどうかと思うが・・・くだらね

541 :悪い太郎・旧一号 ◆LziSwFxVAU :2007/02/11(日) 22:24:28
へ〜ん しん! タゥ!

ピューン

藤岡弘(初期のライダーは彼自身が仮面を被ってスタントしていた)が決死のアクションで怪我をしなければ、
ライダーはずっと「旧一号」で続いたんだ! この生理不順のウすらハゲが。
マンコババァが言葉に詰まったようだから見逃してやる。


542 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:25:07
>>539
だから出版社次第w

543 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:31:19
ドストエフスキーは俗に対する讃歌だろうにw

544 :悪い太郎・旧一号 ◆LziSwFxVAU :2007/02/11(日) 22:36:22
まぁしかし仕様がないババァだね。
人間の意識がいかに流れようが、そんなものとは無関係に時は推移するのだ。
トータルで捉えられないのは女だから勘弁してやるが、
いくら小説を愛していても、小説からはそっぽを向かれている悲惨な例だな。
よくある話だけどね。


545 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:42:42
論点外しすぎw
小賢っぽい表現してみました、がどうですか?みたいなwww

546 :悪い太郎・旧一号 ◆LziSwFxVAU :2007/02/11(日) 22:45:52
>>543
>ドストエフスキーは俗に対する讃歌だろう

現代日本に照応すると「サブカルチャー」ってわけだな。
アニメ、フィギュア万歳。
言い訳は聞かん。
そんな程度のものだ。

547 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 22:52:04
俗=キリスト教から外れた世界
やれやれ(´ー`)

548 :悪い太郎・旧一号 ◆LziSwFxVAU :2007/02/11(日) 22:56:25
>>547
>俗=キリスト教から外れた世界
>やれやれ(´ー`)

白人文学
やれやれ(´ー`)

♪おまんこチャチャチャ
 おまんこチャチャチャ
 チャチャチャおまんこチャッチャッチャッ!
 ドテにぬらぬらおつゆさま(チャッチャッチャッ!)
 みんなスヤスヤ眠るころ(チャッチャッチャッ!)
 源一 箱から飛び出してぇ
「俺にもやらせろ」チャッチャッチャッ!
♪おまんこチャチャチャ
 おまんこチャチャチャ
 チャチャチャおまんこチャッチャッチャッ!

549 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 23:00:34
論破完了
歯ごたえ無さ過ぎ・・・orz

550 :悪い太郎・旧一号 ◆LziSwFxVAU :2007/02/11(日) 23:02:29
「今日はこの辺で勘弁してやるからな!」
池乃めだかみたいな549

551 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 23:05:29
↑ん?なんか言いたいの?
俗の意味取り違えた事に対する言い訳どうぞ(・∀・)ニヤニヤ

552 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 23:13:12
考え中・・・考え中・・・こ、た、え、C、M、の、あ、と、で

553 :悪い太郎・旧一号 ◆LziSwFxVAU :2007/02/11(日) 23:13:33
適当に絡んでみたが、自分の言葉の足りなさを相手の読みの浅さに起因させているらしい
その手法がこんにちでは受け容れられていないというのに、机の上でしか人生を知らぬ文学ババァの
この言い草には救いを感じない。また、スレ延ばしを目的としたカキコ採取方において、
俺という人間=男の無理解から来る挑発のワンパターンにも女ならではの特性を感じぬでもない。

554 :悪い太郎・旧一号 ◆LziSwFxVAU :2007/02/11(日) 23:14:57
これらを端的に言い表せば、「ババァのマンコは臭い」と、こーなる。

555 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 23:16:40
あちゃー、怒らせちゃった(´∀`;)
結局言い訳はしない(できない)みたい・・・orz


556 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 23:21:57
溜めると体に悪いんで、まだ何か言いたい事あれば捨て台詞どうぞ(・∀・)↓

557 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 23:38:56
あんまイジメんなよ

558 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 23:48:14
文藝買ったけど、若き日の石原慎太郎が男前だったことに驚いた・・


559 :イタリア研究会:2007/02/12(月) 00:02:34
>>537
確かに。そうですね。
>>538
なるほど。納得できました。変な質問してしまったすみませんでした。

ジョイスは自分は評価してるのですが、形式の破壊と言われても仕方ない部分はありま
す。モダニズムの極致とも思えるのですが、同時に難解なだけにも思えてしまう、不思議
な本です。

ドストエフスキーについてはその通りだと思います。自分もあなたとほぼ同意権です。

お答えいただきありがとうございました。

560 :イタリア研究会:2007/02/12(月) 00:08:19
失礼。ちょっと読み違えました。
形式の破壊という点は評価しているけど、内容は空虚だということでしょうか?
あまりスレ違いになるといけないし、反論は致しません。自分にもそう感じられるところ
があるので。
例えば、19世紀ロシアの長編と、ジョイスやプルーストの長編は、何かが違う、そう
感じられるのです。後者の方が難解にしてより純文学のように一見見えるにも
関わらず、ドストエフスキーやトルストイにあって彼らに無いものが確かにあるのだろう
と思われてしまうのですね。
でわ。ありがとうございました。

561 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 00:23:17
とりあえず情熱大陸には出るだろう、




チョンだから

562 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 07:53:59
女の顎、エラ、一重まぶた、傲慢率ほんとたけええええええww
朝鮮人ばっかじゃんかw

おまえらくやしくねえの?
芥川賞の選評後のインタビューに朝鮮人である石原と村上っていうのに語られて。。。
挙句に歯茎女の受賞って?
いつから朝鮮人に日本人が賞貰わなくてはいけなくなった????
これでいいのか?


563 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 07:57:57
>>558
大江健三郎に吹いたw

564 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 15:52:35
第三マスターまじうぜー。

565 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 20:22:21
今回の芥川賞作品はなかなかだった
すべてが通り過ぎていく駅でしかない、か

566 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 23:04:57
あんな駄作が芥川賞とはお笑いだな

567 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 07:12:40
↑読解力がないだけw

568 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/02/13(火) 07:17:17
慎ちゃんは『限りなく……』を褒めてるね。最近はアカンとかも言ってた。

569 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 21:27:21
>>567
最初は駄作だと思ってたのに、選評読んだ途端に傑作だと言い出すバカ発見w
あるある見て納豆を買い占めたのも、こういう輩。

570 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 23:03:32
>>569
そうそう。
ドラえもんに「ひょうろんロボット」という道具がある。
そのロボットが「イーイー」と言うと、
みんなが(どんなにひどい作品でも、)その作品に感動するという道具だ。

571 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 23:42:37
選評会前日にセッティングされた石原と龍、綿谷コンパニオン交えての飲み会で
「二十代前半での受賞組」という選民意識とシンパシーの入り交じった甘酸っぱい思い出話が
やたら盛り上がっちゃったもんだから、翌日青山の年齢知ってノリで決めたんだろうな

572 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 23:55:08
じゅうぶんにあり得る話だな、それw

573 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 23:55:50
>石原と龍、綿谷コンパニオン交えての飲み会で


帰化人の闇の会合の間違いだろ

574 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 00:03:36
石原なんか、飲み会でしゃべってんのと同じ事わざわざ選評にまで書いてるしなw


575 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 00:25:09
いずれにせよ一発屋たちの思い出話だな。
シンちゃんの文学界の連載、本当によく活字にできるなと言うぐらいひどい。
会話文ばかりで、それを意識的にしてるならともかく、手を抜いて枚数稼いでいるだけ。


576 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 00:28:09
石原は三国人発言とか生粋の日本人だと思ってたけど
大陸産だったのか・・・

577 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 01:52:24
>>576
だって弟がチョン産業の社会で伝説にまで持ち上げられたんだぜ?
石原の親父のことのしらべりゃわんさと黒い話がでてくる。
石原のウヨはポーズだけ。
石原っていう苗字は基本チョンが多い。

578 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 02:06:11
>>576=577

579 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 02:28:23
>>578
違います

580 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 06:56:40
>>577
なんか世の中を嘆きたくなってきた。

>>578
違うよ。質問しといて寝ちゃってすまなかったw

581 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 07:00:17
>>569
おまえが読解力ないだけ
駄文で自演しまくんなよw

582 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 09:43:48
>>576>>577>>579>>580

583 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 09:55:57
龍がほめた長嶋有は今どうなってる?

584 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 18:34:41
チョンが高確率で含まれる審査委員たちが選考


発表後のインタビューでダブルチョンが受賞理由を偉そうに発言


これが芥川賞という にほん 文学の権威ある賞の実態


なんで朝鮮人に頭下げて審査されなければいけないんだ????


日本の文学賞だぞ???


受賞者も押して知るべし 青山という苗字、旅行代理店勤務

585 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 19:27:29
ほんと酷い
朝鮮人が書いた日常小説なんて読みたくないよ
特にこの混沌とした日本を取り巻く情勢の中で、
何故今さら日常小説なんだよ

586 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 19:46:32
>>584
> なんで朝鮮人に頭下げて審査されなければいけないんだ????

お前を審査する訳じゃないんだからいいだろ。ま、餅つけ。

587 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 21:03:26
俺も平野受賞の経緯を聞いて新潮ひっくるめておかしいなと思ってはいたが。。
やはり同じ疑問を持つ人はいるのですね。

588 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 22:03:14
どうでもいいけど、自演が酷いなw


589 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 22:10:08
自演じゃないつうのに。少なくとも俺の書き込みはね。

590 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 22:28:22
次回は室井佑月受賞でいいじゃないもう。話題性も十分よ

591 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2007/02/14(水) 22:30:05
選評読んだ。
まあほとんどが予想通り。
宮本輝は柴崎推してるし。
詠美が星野推してるし。
佐川は黙殺。

受賞作には池澤と詠美が批判的だわね。

植物診断室について、キャラクター設定が多すぎて支離滅裂というのは納得。
どれか一つだけでやるべきだよ。
それをするには、裾野を広げなくてはならず、とても時間がかかり大変なのだが。

様々な要素をミックスすればいいのだという星野作風に対して、やや疑問。

592 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 23:08:53
星野が方法をもたない、というのはいまに始まったことではない。
好きな作家ではあるけれど、三冠をとる器とも思えない。

しかし、いまのメンツを見ると、池澤と詠美だけなんだよなぁ、おれが信用できるの。

593 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 07:59:28
それは変わってるな。

594 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 15:54:00
評論家目線で語ってるのが笑えるw
小説を自分の批評の枠にはめようとするからつまらくなる。
安易な人間は、小説が面白くない=小説が
酷い駄作であると勘違いしてしまうんだよな。
自分の感受性、読解力が完全だと思い込んでしまってる。
完璧な批評家なんていないのにな。
それに一度読んでつまらないと思っていた本が、時をおいて
読んでみると素晴らしい本に思える事はよくある。
だから素人は感想文だけ書いてりゃいいんだよ。
批評なんてもんは賞を決めるために、仕方なくやってるだけなんだから。

595 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 16:42:51
石原慎太郎は政治家としては嫌いじゃないし票も入れるけど、選評者としては
まじで不要。
おそらくかなり限られた領域の作品しか読んでないから、私小説ぽい内容の本に
しか票を入れないんだろう。

596 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 17:31:39
受賞した時まで、いい年なのに働いたことが無いという人が、
いたと聞いたけど誰でしょう?直木賞かもしれない。


597 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 19:59:50
>>596
結構いるんじゃねーの?
小説家としての活動もしていないという条件で絞っても、たとえばモブとか。

598 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 20:29:01
でもさ、候補に挙がっていた佐川だっけ?あいつ裏社会のドンからペンネームつけるって
どんな神経してんだ?右翼かなんかに因縁つけられてもおかしくないほど、リスキーだろ。
なんであんな名前にしたんだろ、題材に取り上げたとしても。

599 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 20:32:05
>>598
>>35
まだ言ってんのかw

600 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 20:54:57
ひとり日和。これほどまでに、読み進めてゆくのに作家のビジュアルが邪魔になる作品もないわ。
近影写真見なきゃよかった。
ただの手癖の悪いブサイクな、性悪女のブサイクな、ブサイクな女の話にしか思えずまったく共感できない。
ウマいし文章もきれいだからちゃんと読了したいのだが…。
あの面イメージから逃げたい。


601 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 22:05:07
それはいえる

602 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 22:17:48
想像力の問題だろ。
誰も村上春樹の顔でノルウェーの森読まない、てw

603 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 22:52:11
書くのがうまくても内包する世界が浅くて狭い
良く言えば奥ゆかしいが、文学としての価値はゼロに近い

604 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 01:12:59
>>602
春樹はギリギリだがななえさんはちょっと境界を超えてるかもしれない

605 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 17:13:47
おかしい。この受賞作を、龍が誉めて推すことはイメージ的にあり得ないと思っていた。
詠美がまともだ。

606 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 17:17:46
龍が押したものの末路を見てみろ
決して信用できない

607 :金原文則 ◆jG/Re6aTC. :2007/02/16(金) 17:18:51
選評
山田詠美

『図書準備室』。読み進めて行くうちに、暗く、しつこいふざけ方に引き込まれ、
この作品を推しても良いかもーとついうっかり思ってしまったが、
鶏小屋のエピソードさしかかったあたりから、もう、げんなり。
戦争か私刑(リンチ)か、どちらかにして下さーい!! 
両方使うなら、もっと整理して下さーい!!




608 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 20:11:33
さっさと全員の選評あげろ

609 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 20:28:21
立ち読みしてこいや乞食糞虫どもがあ!

610 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 21:08:41
『その街の今は』登場人物の会話を読めば読むほど、大阪という街を好ましく感じ、
地の文を読めば読むほど、大阪という街への興味を失う。
関西弁は七難隠すということか。

611 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 21:12:04
>>610
一見褒めている風でかなりけなしている。さすが。

612 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 03:35:46
あーあ、秋子ちゃんは佐原からも棄てられちゃったよwwwwww

613 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 09:38:21
サハラ砂漠

614 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 20:15:41
>>610
誰だかしらんが読めてないな

615 :吾輩は名無しである:2007/02/17(土) 23:59:48
山田詠美だもの

616 :吾輩は名無しである:2007/02/18(日) 19:54:32
日常に疲れた殿方におすすめ


わらったw

617 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 18:51:34
受賞作つまんなかった

618 :吾輩は名無しである:2007/02/19(月) 23:17:22
自分でも驚くほどサクッと読んでしまった。
ホントになんも起きない話だなw フリーター文学(?)の一種の完成形か?
一箇所だけ、「ライトが近づき、急行列車が〜」のくだりはドキッっとした。
この人案外もっと違った感じの作品も書けるんじゃないか?ウマいだけに期待してしまう。
他の部分は論外と思われる。

619 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 00:58:01
何の発展性もないはなしだな
現実味も乏しい

620 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 02:06:24
この人案外もっと違った感じの作品も書けるんじゃないか?ウマいだけに期待してしまう。
他の部分は論外と思われる。

この人案外もっと違った感じの作品も書けるんじゃないか?ウマいだけに期待してしまう。
他の部分は論外と思われる。

この人案外もっと違った感じの作品も書けるんじゃないか?ウマいだけに期待してしまう。
他の部分は論外と思われる。

そりゃアンタよりうまいだろうさ。

621 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 02:11:19
『その街の今は』登場人物の会話を読めば読むほど、大阪という街を好ましく感じ、
地の文を読めば読むほど、大阪という街への興味を失う。
関西弁は七難隠すということか。

だからさ、もう方言で誤魔化すのやめようぜっての。このネット時代にさ。
この板で方言使ってるの、一人もいないじゃないか。
そんなもので喜んでるのは文学しか知らないオヤジだけなんだ。

622 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 02:14:57
書くのがうまくても内包する世界が浅くて狭い
良く言えば奥ゆかしいが、文学としての価値はゼロに近い

大して売れてねんだろ、こんなもん。
その意味で「世間」ってのは、ちっとは信用できるのかも知れないな。

623 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 02:31:14
負け犬の遠吠え

624 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 02:39:40
>>584
少し前まで、芥川賞作家はカッコいいと思っていたが、いまは違う。
むしろそんなものとは関係のないところで独自の世界観を築き名前を挙げる
作家のほうが「作家」っぽくてイイんじゃないかと。
大藪春彦や(愛読者ではないが)村上春樹の存在こそ貴重だ。
クダラナイ文壇を抜きにして読者と直結する彼ら。
小説家にとって最大の幸せとは、その数を問わず読み手に深く愛されることだ。

>>619
それは、「何もない」ということを表現しているからだろう。
しかし男の「独り」は絵になるが、女の場合はただ無残なんだな。

女にとって、どんな生き方でも選べる自由な時代を思わせるが、今に悲惨な時代が必ず来るよ。
「コンビニ」と深く結びついた男には哀歓を想うが、女のそれには悲しみしか感じない。

625 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 04:17:57
>>623
みんながみんな書いてるわけではなくて、読書専門の人の方がむしろ多いだろう。この
スレにしても。

626 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 04:24:54
チョンかm、、、、
とかいったらスレの流れ止めるわけねwハイハイ

627 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 12:33:14
>>624
コンビ二と深く結びついた男にも悲しいだけなのいるけどな。
自分が持っている「男」像にかなうのだけ「男」と思ってるんだろうな。


628 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 13:17:59
624は糸山秋子ストーカーで文学板の有名めんへらー佐原。

629 :芸者文学にまみれて ◆LziSwFxVAU :2007/02/20(火) 17:32:47
>>627
>自分が持っている「男」像にかなうのだけ「男」と思ってるんだろうな。

男とは、もともと独りで勝手に生きていくものだ。
だが女は違う。その機能上、妊娠&出産をすれば「二人」になるわけで、
二人にならない女に「悲しみ」を感じると言ってるわけだ。
判ったかい、バーサン。
予め妊娠&出産を“拒絶”したジャンクな女に用はない。

630 :芸者文学にまみれて ◆LziSwFxVAU :2007/02/20(火) 17:36:42
文藝春秋を立ち読みしてきた。
石原、村上、綿矢の鼎談で、石原と綿矢のブリッヂを五十代の龍が務めるにはさすがに無理があるだろう。
いつまでも若くはないよ。
日本の小説界に於ける「男流作家」で、三十代〜四十代がキレイさっぱりいないんだよね。
空白地帯。
どうして?



631 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 17:57:58
男流作家ってのは知らんが
三十代〜四十代の男性作家ならたくさんいるだろ。

632 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 18:11:29
>>620
最後のとこは石原都知事をマネしてるだけだろ。
読んでない人多いと思うけどさ

633 :芸者文学にまみれて ◆LziSwFxVAU :2007/02/20(火) 18:20:12
>三十代〜四十代の男性作家ならたくさんいるだろ。

どうして石原慎太郎と村上龍かといえば、芥川賞に「輝かしい足跡」を残した
記念すべき作家としてなのだろうが、ここでは、輝かしい三十代〜四十代の
「男流」はいないのかって意味だ。

634 :芸者文学にまみれて ◆LziSwFxVAU :2007/02/20(火) 18:27:20
石原慎太郎の「現在における男の不善感」には共感するよ。
みんな感じてることだけど。
それにひきかえ村上龍は自分の自慢話をしに来ただけか? いいけど。
綿矢への授賞時「他の作家には期待しない」と言ったのは本音だろうが、
それを、青山の持ち上げ方のウソ臭さといったら……。
「駄目だなぁ、小金持ちのオヤジは」って、言われちゃうよ。

いま一番イイのは三田誠広だ。

635 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/20(火) 18:31:46
いい名前してるなあ。

ほんとに芸者文学だよ。
他ならず石原・龍のコンビが作った流れだけどね。

636 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/20(火) 18:38:24
石原・龍は郭(くるわ)審査員コンビだよね

遊郭マニアすぎwww
作品でなく作者に囚われすぎ。

あらゆる種類の芸者を採択しようとしとる。そしてはべらせて堂々しとる。
まあ結果だけ見ればね。

637 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 18:38:34
ダブルチョン若き帰化娘と対談

これが芥川賞の真実です

638 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/20(火) 18:40:39
『文藝』と『文芸春秋』のコンビネーションがこういう惨めな事態をもたらしたんだろうなあ。

しかも肝心の新潮は平野に夢中、というwww

どーしよーもない
┐(´〜`;)┌あきらめれ
佐川さん、ぼくはちゃんと見とるからね。
まじめな文学も必ず世に出るから、道を信じて!

639 :芸者文学にまみれて ◆LziSwFxVAU :2007/02/20(火) 18:59:52
>他ならず石原・龍のコンビが作った流れだけどね。

違うぜバカ。
石原・村上両先生は袖下を渡されて仕方なくやってんだ。
それと、>>637の「不善感」は「不全感」の誤り。

640 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 19:06:42
>>639
違うぜバカ。
「不善感」と書いてあるのは>>634

641 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/20(火) 19:22:08
なるほど。


なんでも源ちゃんのせいにしたいのねwww
まあ真実だけどね。
少なからず。

鼻の下のびっぱなしだからな

642 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 19:22:29
駄目だなぁ、小金持ちのオヤジは=村上龍
うほうほ
青山の持ち上げ方のウソ臭さといったら
うほうほ
よかよか九州男児じゃなかばってん



643 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/20(火) 19:27:38
ぼく、男が不全だなんてぜんぜん思わないよ。
龍先生はいっつも千里眼ないくせに自信満々だから困るよw

ただ男女って成長スピードが違うんだよ、もともと。
だからね、人生の前半ではあたかも女性がリードしていくように見えるもの。

ちょうどドラクエでも女遊び人が前半やたら強いようにw
なぜか勇者よりこうげき力あるからな


そういうわけで、
あと十年もすれば、綿矢世代の男子文士もたくさん揃うはずだよ。
芸者は育つのがあまりに早すぎるよ。
早熟だった芥川だって25で初短編集しゅっぱんだよ。

まあ、そのぶん、30過ぎたら第一線では役立たなくなるけどね、芸者だけに。

644 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 19:32:28
羽田圭介を忘れるな!!!!!!!!!!

645 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/20(火) 19:33:39
平野だってそろそろ限界みえてきたんじゃない?
たぶんあと数年で、コメンテーターに転身するんじゃないかな。
もう小説じゃ食えないだろwwそもそも最初からちっとも人気ないしね

早成しちゃったらあとは朽ち果てるだけだからね。
ヒトラー石原だって最初の一発であとは駄弁、鞍がえ、駄弁、鞍がえの繰り返し。
龍先生だって流行話題賞のみ、でぜんぜん文学史に影響あたえてないからな。

綿矢も30才までにあとなにができるかだよね。
もう堕落しきるところまで堕落したけどまだ下があるかなww芸者のストリップ劇場だからね。
 まあ、そしたら主婦に転向でオシマイだろうよ。

そんなもんだ。甘くないから、文学。

646 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 19:34:17
ユーモアセンス磨けばそうでもないよ

647 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/20(火) 19:45:30
ユーモアのセンスってやっぱり天才だから生まれつきだよ。

アインシュタインや漱石のそれはもともとあったんだよ。
だって若いときからユーモアあって人気だったんだから。

漱石なんて子規への手紙ほんとにおもしろいよ。
物草次郎殿  平凸凹拝
とかww
 ああいうのって、人生の若かりしある時期に身につけなかったら
たぶん、一生手に入らないとおもうよ。たぶんね、
同性の仲間と盛んに遊ばないとだめなんだよね。

ぴらにあくそまじめでくそつまらんwwwしかも下品だったり衒学だったりでもうサイアクw
嫌われるに決まっとる。

りさくまも平野と似た道を進んどるからな。終わりやろ、およそあと7年で。
くそまじめなくせに、下品、というw芸者文学の代表選手。

648 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 19:49:22
ギャグとかコメディとは違う知恵に近いユーモアが
いまあんまないね
パスだっていってたろ
それクリアすれば愛されるよ

649 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 19:50:27
羽田圭介を忘れるな!!!!!!!!!!

650 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/20(火) 19:55:34
ぱすだっていってたろってなーに

(?д?)ぱすかるかな

ぼくぱすかるまあまあ好きだよ。だってへくとぱすかるだもんwww
けっこうぱんせいいよ
まだ読んでないけど


 ちなみにお笑いキャラでやってくのはわたや無理www
だってくそまじめじゃん。それが今のところいいところなんだろうけどね。
くそまじめに下品で色っぽい、というww

 ぴらにあは衒学ぶったらナイナイとかにイジられやすいかも。
まあ、テレビに出るの好きらしいから、やっぱりエンターテイナーになって終わるんじゃない。
三島もそーじゃない。右翼エンターテイナー。やっぱりばかだよね。学歴はあっても。
作家としては二流だよ。戦略なしにいきなり浮世に出ても流行にあぶられるだけだよw

651 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 20:03:49
オクタビオの弓と雄琴じゃねぇ竪琴
もう古本じゃないとないかっ

652 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/20(火) 20:07:41
 ぼくの親友でね、あと十年くらいしたらたぶん出てくるだろーっていう人いるよ

マイペースだからね


けっこう見た目わるくなくて色ずきだからたぶんりさくま好きだよwww
まぁぼくと外見はわりと似てるけどね

 彼がたぶんいちばん出てくるの遅いくらいだろうな、
われわれの21世紀前半の世代では。


 だから主要人物が揃うにはあと10年待て、って感じだよ。
ぼくはたぶんその後もリーダー格だろうけどね。
だって半ば春吉師匠に直接教え受けとるもんw

はねだはだめw最低w下品すぎてお笑いにもなんない。
なんであんなの文藝は世に出すかね。まじめに不思議。
良識欠落しとるんとちゃうw不思議の国のなんちゃらだよwwwありえないばかじゃない

653 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 20:11:40
文芸社にでも送ってみたら?共同出版させてもらえるかもしれないぞ!

654 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 20:16:56
結構です

655 :芸者文学にまみれて ◆LziSwFxVAU :2007/02/20(火) 20:27:51
>>648
>コメディとは違う知恵に近いユーモア

俺の持論だが、そのためには貧乏をしないとな。
生活苦は、借金取りをかわす咄嗟の言い訳を要求する。
ただ言い訳を捻り出すのではなく、辻褄を合せて尤もらしさを装う能力が試されるのだ。
人生、何が幸いするかわからんもので、あらゆる場面がトレーニングとなる。
これからは「貧乏」がキーワードだ。
それから、俺は村上龍の存在性を面白いとは思うが、巧いと思ったことは一度もない。

村上龍。
クダラナイ仕事は断れ。

656 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 20:47:37
>単なるディレッタント で充分。

>プロは無理 結構。

>クダラナイ仕事は断れ 当然。

>「貧乏」も無理だね。




657 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 21:28:02
村上龍と石原慎太郎は、人間としては大好きなんだが、選評者としては糞なので
やめてほしいな

658 :吾輩は名無しである:2007/02/20(火) 21:47:50
大介の発言をみさくら化



 ぼくのぉおぉぉ゙お゙ッッ親友れねぇっ、ね、ねえッv、ぁあみ゙ゃ゙あ゙あ゙ッあ あぉと十年くらいぃしたらたぶん出てくるらろーっていぃう人いぃるよお゛お゛お゛ぉ

マイペースらからね


けっこう見た目わるくにゃくて色ずきらからたぶんりしゃくまちゅきらよwww
まぁぁ゛ぁ゛ぼくと外見はわりと似てるけどね

 彼がたぶんいぃちばん出てくるのぉおぉぉ゙お゙ッッ遅イっくぅぅふぅんらいぃらろうにゃ、
われわれのぉおぉぉ゙お゙ッッ21世紀前半のぉおぉぉ゙お゙ッッ世代れは、はひぃッ。


 らから主要人物が揃うにはぁあみ゙ゃ゙あ゙あ゙ッあ あぉと10年待てへぇっ、ってかんじッあひッv 感じてるううっ!! 感じらよお゛お゛お゛ぉ、おぉッ。
ぼくはたぶんそのぉおぉぉ゙お゙ッッ後もリーダー格らろうけど、けどぉ。
らって半ば春吉師匠に直接教え受けとるもんw

はねらはらめぇぇw最低w下品しゅぎてお゙ぉおォおん笑いぃにもにゃんにゃいぃのぉおぉぉ゙お゙ッッーッvv、お゙お゙ーーっッvv。
にゃんれぁあみ゙ゃ゙あ゙あ゙ッあ あぉんにゃのぉおぉぉ゙お゙ッッ文藝は世に出しゅかねぇっ、ね、ねえッv。まじめに不思議。
良識欠落しとるんとひゃうw不思議のぉおぉぉ゙お゙ッッ国のぉおぉぉ゙お゙ッッにゃんひゃららよwwwぁあみ゙ゃ゙あ゙あ゙ッあ あぉりえにゃいぃバカ!バカ!まんこ!!!バカ!バカ!まんこ!!!まんこ!!に゛ゃにゃいぃのぉおぉぉ゙お゙ッッ

659 :吾輩は名無しである:2007/02/21(水) 23:41:35
選評うpまだ?

660 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 00:59:37
>>659
ひきこもりは引っ込んでろ。

661 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 06:46:38
青山の作品の見所w
詐欺が横行する浄水器のメイカー勤務の男の登場
母親が中国人と結婚、中華思想に飲み込まれろ、日本の女



これらがダブルチョンの石原と村上に気に入られての受賞となりました
日本文学の新人賞はいまやこういう状態なんですね
朝鮮人に一礼して賞を貰うという。。。

総理大臣が朝鮮人の国ですから仕方ないですねw日本は

662 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 13:44:49
朝鮮人ネタで粘着してる奴と、別板で朝比奈に噛み付いてる(自分の
低学歴を僻んでる)奴ってものすごく文章が似てるんだよな。

別人だとしたら不幸な話だ。
あそこまで壊れたポンコツ人間がこの世に2人もいるわけだから。

663 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 15:10:45
俗に言う分断工作ってってやつかしら。でも、煽ってこないんだよな。
独り言を呟いてるあたり、やっぱパラノイアなのかもしれん。

そもそも石原って三国人発言して叩かれたことあるじゃねぇかw
一見さんは>>661を信じちゃダメよ。

664 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 15:54:24
>>662
ワロタ
全く同意だ。

665 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 16:13:44
ひとり日和は映画化いけそうやん。
市原悦子と上野樹里なら観たい。

666 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 16:14:09
隣のインド人

667 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 16:16:16
>そもそも石原って三国人発言して叩かれたことあるじゃねぇかw

この件に関しては君のほうがメディアに騙されてるだけだと思うが?
石原は指摘の通り朝orz w

668 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 16:20:06
お前、2ちゃんねるに毒されすぎ。
書いてあることを全部鵜呑みにしているんだろう。

669 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 16:46:42
>>668
古い世代のひとだよ。詳しいことは政治板で。


670 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 16:57:46
リンク貼って
どんな妄想なのか興味があります

671 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 02:49:18
>>667
ソースplz
色々検索してみたが、2ちゃんのネタスレしか引っかからん

672 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 12:53:32
ここは文学、芥川関係ですよね、石原とか龍とか、まあいいんですが、芥川賞で最高の二人、
中上健次と小島信夫亡き今、小説の終焉近い中、すごいの書いてくださいよ皆さんのなかで
誰か一人でも突破できる人いるはず。川西センセーに読ませましょう。

673 :芸者文学にまみれて ◆LziSwFxVAU :2007/02/23(金) 16:13:51
>すごいの

どんなんだよ。形式的に?
それとも思想的にか。
慎太郎と龍はそれにセールスが絡んだから凄かったんだよ。
いま文学じゃなくても、マンガとアニメを見ていれば大丈夫でしょう。
30〜40代のクリエーターは、みんなそっちに移っちゃったみたいだよ?

674 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 16:25:16
>>671
政治板行け
ここは文学板

675 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 17:56:10
>>674
スレ違いなのは分かってるけどさ、
喚いてるヤツは放置&誘導促してもずっと居着くだけだと思うわけよ。
現に閑古鳥が鳴いてる今でもちょこちょこ書いてくるわけだし。
今のうちに釘指しとかないと、また半年後暴れるぞ。

・・・と思ったんだが、君の言うことに一理あるしROMに戻りますわ。
ノシ

676 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 20:13:14
なんか一人、臭いものに蓋をしようとしている奴がいるな。

677 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 20:23:43
1人として良いって言ってる人はいないのか・・・酷い受賞作だな。
毎年見てるけど、今年の酷さは異常

678 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 20:47:15
作品は醜く、顔も醜い。

679 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 20:58:34
>>677
いや、今回の受賞作品&作者に対しては、このスレに巣食う連中が単に嫉妬による負のエネルギーを全開にしてるだけだと思うが。
特に若い女性ってことで、徹頭徹尾見た目のことを揶揄しているというのは、昔から文学界隈では行われていること。
相手を卑小化することで、自分らのつまらんプライドを守ろうと躍起になってるだけだろう、きっと。


680 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 21:00:27
一人必死な擁護派がいる ワロスw


681 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 21:56:29
私『ひとり日和』好きだよ。
読中より読後感のほうが良い。雰囲気とか空気感を良い感じで思い出す。
近代の文豪が書いたものって、私にとってはそういう作品多いんだけど、
(読んでるときは意味わからず退屈でも読後好きになる作品)……結局純文学って
そういうものではなかったかしら?
この人のこの作品、上質な気がする。

682 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 21:57:29
擁護というか、>>679はたぶん一般的な感覚(少なくとも俺は激しく同意)。

683 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 22:22:46
今日は朝鮮人どもがパーティーしているのだろ?
あくたがわとかなんとかで

684 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 02:24:54
なんか、おまえら、痛々しいよ。

685 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 03:36:02
お前がいちばん痛いよ、バカ。

686 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 07:09:38
>>681
純文学に「空気感」を求めちゃだめだ。

687 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 07:26:46
それはなんとなく同意だな
空気感って言葉自体は昔の偉大な作家たちには無縁なもだろうし
最近もてはやされてるものだね

その象徴が辻仁成とか


688 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 11:00:13
>>687
辻仁成本人は、自分自身は「オレは昔の偉大な作家に匹敵する存在だ」
と思っているだろうけどな。
もしかして、自分を「現代の文豪」だと思い込んでいたりして。

689 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/24(土) 11:15:32
ぜったいともかちゃんのほーがよかったよ

なにかんがえとんだろ、審査員
せんすないな

690 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 12:29:18
空気感は附属物だよ。純文学に求めているわけではない。
私が求めているのは、読んでるときは退屈でも読後好きになる作品。
私、時々遭遇するんだよね。
そういう感覚私だけかしら?
読んでるときに面白くて仕方ない作品もあるけど、
更に読後の方が好きになれたら、唸るかな。

691 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 12:43:13
空気感って正式な語彙なの?近年の造語?

692 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 12:47:33
私も知らない。
なんとなく使ってみたけど、なんか通じてた?

693 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 12:53:26
その感じは分かるんだ。でも上の書き込みを見て、あれ?って思って。自分が初めて
聞いたのは、「世界の中心で〜」の評価でその言葉が使われた時。もっと昔からある
のかもしれないけど。

694 :692:2007/02/24(土) 16:08:41
>>693
ナール。
「世界の中心で〜」関連で、「空気感」使われてたんだ。ふむふむ。


695 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 18:50:06
ナール

696 :芸者文学にまみれて ◆LziSwFxVAU :2007/02/24(土) 21:15:28
業界ぐるみでの河出救援策。
この国は文学をやったってスーパー護送船団方式だ。
何が芸術だ。
大笑いだ。
その間隙でチョロチョロする村上龍。
オマエには失望した。

697 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/24(土) 22:03:18
まさにねずみw

初期三部作のまんま

698 :七誌のごんべ:2007/02/24(土) 22:13:43
芥川だくだらない そもそも芥川がくだらない

699 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 00:35:24
受賞する女の歯茎出ている率がなんでこんなに高いの?


700 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 01:04:07
>>692さん萌えw 

701 :692:2007/02/25(日) 11:40:38
ドキッ

702 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 17:30:11
次の芥川賞は>>692さんだな

703 :吾輩は名無しである:2007/02/27(火) 12:54:41
なははひゃは

704 :吾輩は名無しである:2007/03/01(木) 06:35:11



再度問う!!!!!
帰化朝鮮人に乗っ取られた芥川賞なぞ無意味だと!!!!
不買を貫くべし!!!!





705 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 12:49:21
芥川賞も
終わったな
PU

706 :山本リンダ:2007/03/03(土) 09:45:03
つまりこれからは、政治的に優遇された在日朝鮮人じゃないと
芥川賞はとれないってわけだな?

ウスギタナイ業界だ

707 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 03:25:55
!!!!【警告 日本がヤバイ 小泉、安倍は朝鮮人だ】!!!!
      どしどし各板にはりつけてください 打倒芥川
 
小泉純一郎 
・戦前大臣を務めた祖父小泉又次郎は純粋な日本人とされる。だが、純一郎の父が旧姓鮫島(父が帰化朝鮮人)が婿として
 小泉家に入る。そこで小泉家は帰化朝鮮人である鮫島(純一郎の父)に乗っ取られた。
 参照http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E7%B4%94%E4%B9%9F
・結婚後、子供をもうけ即離婚した女性は創価学会員
・小泉の元秘書官の名前は飯島勲←注目もろ帰化朝鮮人の名前
・派閥のドン森喜朗も朝鮮人の人脈多し ←森も帰化人がよく使う通名

安倍晋三
・祖父岸信介が文鮮明と共に 反共団体 国際勝共連合(統一教会)を設立
・官房長官時代統一教会「合同結婚式」に祝電を送り、その後謝罪
・グリコ森永事件時、明らかになった帰化朝鮮人企業森永のご令嬢と結婚
・そのわが国のファーストレディーは電通(会長成田豊、半島生まれの帰化人)勤務という分かりやすい
 経歴の持ち主の朝鮮の血筋

708 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 03:47:17
左翼うざ 自民にいれとこw

709 :国際顎研究所師範:2007/03/04(日) 04:18:13
699 骨格の問題じゃない?文学者って実はおしゃべりな人が多いから、顎が発達していて、しぜんと前歯と歯茎が強暴に

710 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 02:14:15
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/932258.html

文学板だけじゃなく、ブログのコメでも活動ご苦労様ですw

711 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 23:04:19
サラシアゲの刑w


712 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 17:28:35
青山たん〜。

713 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 10:24:50
終わったスレッドに来訪ご苦労様です

714 :山本リンダ:2007/03/13(火) 00:43:45
いつの間にか新しい文藝春秋でてるな。
こんな大きな外れ方も珍しい。
政治力。
つくづくウスギタナイ業界だ

162 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)