2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

三島由紀夫Part17

1 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 01:45:31
【前スレ】
三島由紀夫Part16
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1160706193/l50
【過去スレ検索】
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?q=%8EO%93%87%97R%8BI%95v&andor=AND&sf=2&H=&view=table&all=on&shw=

2 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 02:26:57
2げt


3 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 06:37:45
三島って子孫居ないの?

4 :ウンコ漫画の最高峰:2007/02/10(土) 18:27:56
★月照事件で一人だけたすかるズルさ
 =端的に口封じのため・無責任の局地・その後腹を切ろうともしない
★蛤御門の変・四境戦争に見せたすさまじい変節
 =西欧人真っ青の超営利主義・イカサマ商法を地でいく
★長州に武器を供与して幕府と戦わせる
 =自分の手は汚さず漁夫の利を得るイジ汚さ
★坂本龍馬を利用するだけ利用して暗殺
 =ネクラ・陰湿・人間の醜い部分を凝縮したド汚いカス
★小御所会議でみせた将軍家に対する陰湿・暴虐なふるまい
 =まさに「弱い者イジメ」・手のひらを返すような狡猾
★愛伽那に対して子供だけつくって、認知せず
 そのご人に聞かれても「愛人」と答えるのみ
 =無責任にして人非人・人の皮をかぶった獣
★フィラリア症でキンタマがスイカなみに腫れていた
 =キショい、キショすぎ。リアルフリークショウ
★無責任きわまりない征韓論
 =侵略主義者・平和より血を見るほうが三度の飯より好きらしい
★鹿児島私学校の生徒と徒党を組んで反乱
 =ついに本性発揮・やはり野蛮人だけあって安易に力に頼る未開さ
★西南戦役でくたばる
 =正直、ザマーミロ!の一語につきる

5 :吾輩は名無しである:2007/02/10(土) 18:30:26
娘と息子がいるよ。
息子は映画「春の雪」の製作やってたよ
娘は外交官の妻

6 :三島日記:2007/02/11(日) 15:09:50
三島って近視だったの?

7 :吾輩は名無しである:2007/02/11(日) 15:52:02
美輪の舞台見るときは
メガネかけてた

8 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 17:51:02
三島作品を愚弄する奴
http://www.katch.ne.jp/~hayuru/syasin.htm

9 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 18:21:45
美輪さんとは恋人関係だった?

10 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 21:40:40
  
 【東京足立区監禁コンクリート詰め殺人事件】

日本共産党幹部宅で行われた鬼畜行為(裁判で明らかになってます)(監禁41日間の内容)

・オイルを両大腿、膝、すねにたらして着火する。熱がって火を消そうとすると手にもオイルをかけて着火、火が消えるとまた点火する
・性器に異物を入れて玩ぶ、自分の尿を飲ます ゴキブリを食わす。
・性器を灰皿代わりにする、性器にオロナミンCの瓶を2本を強引に入れる
・性器にライターを入れて着火する (この行為によって何度も気絶し、髪の毛が抜けていったという)
・お尻の穴に花火を突っ込む+瓶を挿入し、思い切り蹴る
・性器に強引に直径3Cmの鉄の棒を突っ込んだり抜いたりして性器を破壊する
・頬が鼻の高さを超えるまで腫れ上がり、目の位置が陥没して分からないほどになるまで暴行
・歌謡曲を流して、歌詞にあわせて脇腹に思いっきりパンチをいれる
・痛さをこらえるので口が変なふうに歪むのを見て面白がる
・真冬に裸で外(ベランダ)に出す 女に顔にマジックで落書きされる
・犯人2人の真ん中に立たせ、左右から肩や顔に回し蹴りを数発入れる
・顔(まぶた)にろうそくをたらす、眉間に短くなった火のついたろうそくを立てる
・6kgの鉄アレイを腹に落とす、鉄アレイで大腿や顔面を何十回も殴る
・かなりの量の水や牛乳を強引に何度も飲ませる
・サンドバックに縛り付け、スーパーリンチ
・全身火だるまにする
・裸で歌わせ、踊らせ、キチガイの真似をさせられる
・死体の体重は50キロが37キロになり、顔は原型をとどめず目の位置もわからない、身体は焼けただれ、
腐敗しており、性器(や肛門)の破壊の度合いは顔や身体以上のもので目もあてられない
・陰部にはさらにオロナミンC2本が入っていた。
(コンクリート詰め事件で検索すればわかる)(栃木リンチ殺人事件も凄い)
http://profiler.hp.infoseek.co.jp/concrete.htm
http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2000_03_22_2/



11 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 19:20:54
>>9
美輪が一方的に
三島は自分に惚れてたと思ってるだけ

12 :はるか高み:2007/02/20(火) 14:58:17
708 名前:はるか高み :2007/02/20(火) 14:19:08
>>702
約束通り、日本語を本邦初公開する。
日本語の一文字、解き難き「む」を教えよう。
「む」とは、「けいいちろう」なんだよ。


13 :はるか高み:2007/02/20(火) 15:49:48
717 名前:はるか高み :2007/02/20(火) 15:41:17
>>710
はるか昔(ちょいオーバー)から、
「む」は、けいいちろう、
つまり平野啓一郎なんだよ。

第一、平野啓一郎は文学の体現者だしw、
古典の挑戦者でもあるしなぁw





718 名前:はるか高み :2007/02/20(火) 15:49:03
せっかくの質問だけど、
僕は同じことや新機軸でないことは、
言わんのだよw

南無阿弥陀仏、南無妙法蓮華経。
何故に「む」、けいいちろうが使われているのか、
その辺りから疑問を持ち、日本語を考えて見たらどうかなぁw。
文学のなんたるかも解かるよ。


14 :吾輩は名無しである:2007/02/21(水) 06:33:18
あいかわらずコミュニケーション能力ゼロなようだなw
お前リアルで友達いないだろ、っていうか人との接点ゼロだろw

15 :吾輩は名無しである:2007/02/21(水) 09:09:08
三島アッー!

16 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 11:29:15
薔薇刑

17 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 09:17:11
市ヶ谷の演説の音源ないかなぁ・・・


18 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 20:31:02
age

19 :吾輩は名無しである:2007/02/23(金) 20:41:29
三島由紀夫の食事シーンの描写が、凄く不味そうなのは、わざとなんですか?
色んな芸術や美を語っても、何であんなに飯が不味そうなんだろう?

20 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 00:27:49
どの作品の食事のシーンが特に不味そう?

21 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 00:29:26
わざとというよりは、
本人が相当な味覚オンチだったのだから、仕様がない。

親父の平岡梓著『伜・三島由紀夫』には、
それに関しての詳細が述べられている。
「伜は、味覚オンチで、Aの店の天麩羅はBの店よりも、幾ら幾ら高い。
よって、Aの店はBの店よりも旨いと言う理屈である。呆れる。」
・・・という文意がある。

その他にも、三島の祖母夏子は、幼い三島にビスケットや干菓子の類しか、
おやつとして与えなかったとか。

「三つ子の魂百まで」とは、よく言ったものだと、上の著書を読んで思ったよ。
一説では、味覚は、文章の表現力をもつかさどるとも言うから、
昔の文豪で、美食好きには名文家が多いのは、ごく当然の事。
また、そういう意味では、
三島を悪文家の代表として揚げ足を取るのも、妥当と言える。

特に、ボディビルにはまって、肉食中心にしていた晩年の文章は、
食事の描写に限らず、酷い。
ギスギスして、余裕がないのが丸見え。
衣・食・住ってのは、人生の基本なんだとつくづく思うよ。


22 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 00:44:07
>一説では、味覚は、文章の表現力をもつかさどるとも言うから

なんだこりゃ

23 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 00:48:32
いくらなんでも三島を「悪文家」扱いにするのは無理がある。

24 :チンコ有害説:2007/02/24(土) 01:59:50
>>22
( ̄ー ̄)ニヤリッ 

25 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 02:18:31
デムパだらけ

26 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 13:59:10
頭悪い奴には、どんな説明してみても無駄

27 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 14:32:50
プゲラ

28 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 14:51:27
>>20
ミステリー短編の『復讐』と『水音』。
『復讐』
役人の家庭の夕食のシーンで、鱸の塩焼きの付け合せにサラダが付く。
献立がおかしい。
『水音』
生活保護を受けてる家庭での夕食のシーンでパンに味噌を塗って食うシーンがある。
狂ってるとしか思えない。

29 :はるか高み:2007/02/24(土) 16:45:30
821 :はるか高み :2007/02/24(土) 09:28:41
>>732>>733
よう羊李、月光仮面のおじさん!!


822 :はるか高み :2007/02/24(土) 09:40:25
>>747
日本語とは神を誘う蟻地獄だと思う。
一方、神に目を貸す日本語もある。例えば、樋口一葉。

日本語はあくまでも三通りなんだよ。しかし、一部には四通り
のものもある。平野なんかが読めないのはその一通りなんだけどね。


823 :はるか高み :2007/02/24(土) 09:50:38
>>748
ほう誰だか知らんが、もう一通りを知っているならたいしたもんだw。
それなら僕にだけ判るように言ってみろよw。

「城」、知りたいのだろうなぁw
そんなもの遙か前から知っているんだよw。

間違い?日本語は難しいから間違えることもあるよw。
しかし日本語の思想は誤らないよ。

30 :はるか高み:2007/02/24(土) 18:48:00
825 :はるか高み :2007/02/24(土) 12:19:23
正直、ようの木を見て心が円くなりかけ、
あやうく僕はように負けるところであったw。
結果は何が起きるかは『枕草子』に明らかだが、
僕が今日ここに書き込めたのは、
『枕草子』のお陰だと感謝しているw。

31 :はるか高み:2007/02/24(土) 19:11:46
日本語に李白と白楽天が関わって来てから、
日本語は神を誘う蟻地獄に変質したんだと思う。

李白は神を志したんだ。その志は転生、つまり変態の法則
によってこの日本のある驚くべき者に変態していて、真の神に
なり替わるべき文智の限りを尽くしているところなんだ。

僕や太宰治なんかは白楽天に騙され、三島由紀夫の夜については、
まんまと嵌められているw。
李白と白楽天には負けたくないなぁと思っているw。

そんな訳でまた三島つまり、与謝野晶子、樋口一葉、三島由紀夫
に戻る。

32 :はるか高み:2007/02/24(土) 19:18:22
変態の法は世界の誰にでも転生、
つまり変態できるんだからねw

李白の場合は何代も変態を重ねて、日本のある存在
に狙いを定めて転生したんだよ。実に怖ろしいこと
だね。この法もw。




33 :はるか高み:2007/02/24(土) 19:39:33
>>31で言った真の神とは、救世主のことである。
つまり、李白は救世主になろうとしているんだ。
しかし、真の救世主なら良いのだが、手段が悪いし、
成り代わりなんだからねw

破滅的な危機を起こして救剤し、救世主なんだよ。
破滅的な危機、救剤、この法を知ってるから困るんだよな、李白にはw
しかし、それにはあるものが足りないんだよ。それで躍起になっている
んだけど、はるか高みがそれを阻止してるつもりなんだよ。


34 :吾輩は名無しである:2007/02/24(土) 20:52:39
>>28
それは時代性や美味しそうに見せる必要がない場面だからでは

35 :はるか高み:2007/02/24(土) 21:47:26
日本語の四通り目、平野が読めないってのも、
本当のことを言う時期かも知れないなぁw
平野は李白が変態した「あ」、その「あ」が変態した奴
で李白そのものなので、「あ」の知識を併せ持っている
のは別として、四通り目は本家本元なんだよw。
平野は李白なんだよ。

36 :はるか高み:2007/02/24(土) 21:56:12
829 名前:はるか高み :2007/02/24(土) 21:54:42
漢詩が嫌いな人は中国小説もいいかもねw


37 :はるか高み:2007/02/24(土) 22:03:17
僕が読んだものから言えば、
この日本には古事記以前に、
綿々と続いた一大文学がなければならない。

それは確かにあった。
古代王朝、三島文学がそれだ。


38 :はるか高み:2007/02/24(土) 22:29:56
837 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/02/24(土) 22:19:18
たかみんみたいな電波みたことないw
きょーれつ

かわいそう


838 :はるか高み :2007/02/24(土) 22:22:25
「ん」はどこへ行くんだw?、大介w。


839 :はるか高み :2007/02/24(土) 22:27:20
「ん」、日本語、また一つ教えたなぁw。
去れよ、大介w。


39 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 00:27:32
おまいら柳父章の本を読め。
勉強になるぞ。

40 :はるか高み:2007/02/25(日) 10:59:22
コミュニケーション不足とのことなので・・・w。
>>39
どう勉強になるの?

『枕草子』の題名は、三通りの中の一通りでも世界の破滅とその救剤の
方法が学べる。
破滅を学べば君達のようなポン助にでも世界は感嘆に破滅できる。

例えば三島の短編中の会話、「よう糞かく」では、世界の破滅の方法
がもっと詳しく語られている。三島の作品は総てそういう得がたいもの
ばかりが学べるんだよ。

41 :はるか高み:2007/02/25(日) 12:37:21
転生、つまり変態の法によって変態しているのは、
李白や与謝野晶子の三島だけだろうか?

違うのである。
あのノーベル賞作家の川端康成も変態しているのである。
さすがに文学者なのである。
法を知ったからには家を定めて世界中の誰にでも変態できるだが、
果たして川端康成は誰に変態したのだろうか?
僕も驚いたのだが、現内閣総理大臣の安部さんに変態しているのである。

勿論、川端康成にはその理由があって転生しているのである。
李白や三島の目的に外れてはいないはずであるw。
川端文学とはそういうものなのであるw。


42 :はるか高み:2007/02/25(日) 12:51:54
安部さんのは、何も僕は年齢から探した訳ではないのだよw。
川端や安部には興味が無かったんだがね、ひょんなことで
解ったんだよw。
今はその根拠を伏せとくねw


43 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 12:54:41
日本語勉強して

44 :はるか高み:2007/02/25(日) 13:03:00
>>43
「し」の読みで、二文字のを書いて見ろよw。

45 :はるか高み:2007/02/25(日) 13:09:01
ワロタwwww
VIPから来ますた

46 :はるか高み:2007/02/25(日) 13:10:34
ポン助どもには人として生きる価値があるのだろうか?
最近、そればっかり考えて、悲しくなるよw。


47 :はるか高み:2007/02/25(日) 13:18:33
>>43>>45
おまえらは虫けら以下なんだぜw。


48 :はるか高み:2007/02/25(日) 13:30:00
川端康成の変態は、「の」の日本語を知って初めて解ける
ようになっていて、それを見ると川端はユーモアがあるなぁ
と思うなぁw。

49 :はるか高み:2007/02/25(日) 13:33:53
ラディゲとコクトーの関係がいわゆる「ら」のかんけいなんだなぁ
変態の変態と、神の兵の関係はほんとうに興味ぶかいなぁ
オナニーして寝よ

50 :はるか高み:2007/02/25(日) 13:35:15
>>48
おまえこそキエロ
この雲助野郎

51 :はるか高み:2007/02/25(日) 13:36:17
日本語を知ると未来が判るんだよなぁw。
それにしても安部さんが総理になるとは、
どこに書いてるあったのかなぁw

52 :はるか高み:2007/02/25(日) 13:39:49
>>49>>50
どうでもいいけど、人の名かたって恥ずかしくないの、君達w。
後悔しても、もう遅い。

53 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 16:55:55
三島って生まれる時代が違ってたら
強烈なアニオタになってそうな気がする。

54 :はるか高み:2007/02/25(日) 17:36:48
川端康成は三島の『仮面の告白』を読み、
三島のなんたるかを、
そして救世主成り代わりの秘密を、
そして変態の実在に気付いたんだなぁ。

川端は何故に安部さんに変態したのか?
三島に付くのか、李白、つまり平野に付くのか、それとも・・・。



55 :はるか高み:2007/02/25(日) 17:40:25
決まってるはなw

56 :はるか高み:2007/02/25(日) 17:49:08
「ち」、だもんなぁ、川端さんw
「ち」

57 :はるか高み:2007/02/25(日) 18:08:14
ほう、安部総理の『美しい国へ』が北米で出版だと。
台湾、中国、韓国でも現地語出版だと。
総理の出版物としては初めてだと。
              ーヤフーニュース

英語題でも読んでみようかなぁw

58 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 18:26:40
普通に英文科の批評家から嘲笑されるに賭ける

59 :はるか高み:2007/02/25(日) 18:46:40
>>58
翻訳とはそんなもんじゃあないんだよw。
ましてや川端康成のだよ。日本語とほぼ
同じなんだよw。
嘲笑するほうが馬鹿なんだよ。

安部総理が『美しい国へ』かぁ。
同じ人とはいへ、
ノーベル賞時の川端の「美しい国の私」の三才にも注目してるよ、僕は。




60 :はるか高み:2007/02/25(日) 18:52:52
「の」の日本語を教える時期に来たのかなぁw。
教えて欲しいかい?、君達。

61 :吾輩は名無しである:2007/02/25(日) 19:00:20
>60
バカは誰にも相手にされないそうですw

62 :はるか高み:2007/02/26(月) 12:43:50
と、騙されるところであったw。

63 :はるか高み:2007/02/26(月) 12:54:46
川端は自殺ではない。
そうすると変態はできない。

「美しい国の私」に「美しい国」をそえて
昔と今の李白『登金陵鳳凰台』の再現だったw。
こういう日本語の四通りは確かにあるなぁw
アリバイに過ぎないとは思うけどw。

あえて背景には触れないどくよ、平野君w。



64 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 12:06:21
私の知人の女性(W大国文科出身)は三島は文学としては優れている(特に初期)けど、
人間は好きになれないと言っていた。
三島が楯の会の制服を着たり褌一丁でポーズしてるような写真からは生理的嫌悪感
を催すようなオーラが出ていると。
似たような意見は他の女性からも聞いた。
三島はどうも女には好まれないらしい。
昔、三島の顔をドラキュラみたいで気持ち悪い、と放言した女優だか女性作家がいたそうだし。


65 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 14:17:18
>>64
あなたもその女性もみんなに好かれるの?

66 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 16:02:06
三島由紀夫のヌード写真集「薔薇刑」も芸術として成功しているとは言えないだろう。
問題作ではあるが一種のキワモノ。
三島の自意識過剰ぶりが立ち籠めていて見る者を不快にさせる。
三島の愛人だった福島次郎もあの写真集を見て辟易したと言っている。
だからそういう三島の有り様をまざまざと撮った写真家は凄腕ではある。

67 :吾輩は名無しである:2007/02/28(水) 19:24:05
三島を生理的に受け付けないってタイプの奴が
スレに粘着してるってことか。

68 :はるか高み:2007/03/02(金) 11:42:46
やはり誰も「の」を尋ねないw。
教えたらえらいことだもんなぁw。
それは三島の『春の雪』で解っていた。
実に不思議なものだなぁw。


69 :はるか高み:2007/03/02(金) 11:57:47
三島の夜が白楽天に騙されたものである以上、
無論三島文学は『金閣寺』で終わってはいない。

四部作は凄いね。
僕は三島文学によって毎日あたらしい発見をしている。



70 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 13:18:06
よーし!
それなら俺が尋ねちゃうぞw
その「の」とは?

71 :はるか高み:2007/03/02(金) 13:21:59
一週間待った。
もう終わったんだよw。
だから「の」はもう教えない。

72 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 13:26:06
マジか、残念w

73 :はるか高み:2007/03/02(金) 13:41:54
その代わりといっちゃなんだが、
李白に次いで白楽天も変態して来ていて、
我が国にいるんだよw。

君も一度は白楽天を見聞きしてると思うよw。
今が山なんだから当然だがね。



74 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 13:55:51
>見聞きしてると
マジか。 誰なのw?

75 :はるか高み:2007/03/02(金) 13:58:31
変態でいえば、樋口一葉の『雪の日』は、
僕の<<68の事情を語っていると思うよ。
三島って本当に凄い。

76 :はるか高み:2007/03/02(金) 14:02:19
>>74
マジだよ。
なんでも聞くなよw。

77 :はるか高み:2007/03/02(金) 14:09:24
補足。
「日」の日本語は2チャンネルだからね。

78 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 14:10:08
しばらく自作自演が続きますのでお楽しみ下さい。

79 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 14:21:30
>>77
なんで2chになるの?

>>76
OKw ウォチにまわるw
訊ねるのも難しいw

80 :はるか高み:2007/03/02(金) 14:22:07
↑こういうので、僕の発言はいつも停滞するw。

81 :はるか高み:2007/03/02(金) 15:02:11
>>79
僕が決めたんじゃないからねw。
しかし由来はこうだと思うよw。
「日」の文字を蹴って出来た形で知ることだなw。
それ以上は言わないよw。

82 :はるか高み:2007/03/02(金) 15:05:31
君が言わせたい語はよーく判っているつもりなんだけどねw

83 :はるか高み:2007/03/02(金) 15:07:29
古今集序の「なれに・・・・」を読んでいるのでねw

84 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 15:28:40
ちょww 言わせたい語って何さw
俺は唯のねらーだよ、
色々訊ねてるのも面白そうな話だから、それだけだってw
だけど難しくて分かんないんだよね。
だからウォチしてるんですw

85 :はるか高み:2007/03/02(金) 16:34:08
嘘つきは大介のはじまりなんだぞw


86 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 17:12:47
大介とは失礼なw
でも嘘なんて言ってないしなー。
確かに、ヘンタイの事とか、あなたの言う日本語の事とか、
そういう興味深い話については知りたいなと思うよ。
そういう意味での「言わせたい」ってのはあるけど、語ってのは分からん。
本来なら俺は唯のウォッチャーですからねw

87 :はるか高み:2007/03/02(金) 18:10:10
川端が自殺かどうかを読んでいるけど、
どうしても判らないないなぁ。
自殺ならば、川端の転生がやろうとしていることは予測できる。
ま、なるようにしかならんだろう。

88 :はるか高み:2007/03/02(金) 18:39:50
自殺かどうかはともかく、
川端さんは十八歳時の安部さんに転生
したとしか考えられないなぁ。

この時期に総理となる安部さん以外に、転生する理由がない。
もし僕が川端さんの立場なら、ある理由によりやはりこの時期に総理
となるべく者に変態するだろうし・・・。

89 :はるか高み:2007/03/02(金) 18:41:26
いや、どうしても総理になる必要がある。

90 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/03/02(金) 18:44:06
たかみんは素ででんぱ

91 :はるか高み:2007/03/02(金) 18:47:15
文学とはかくも怖ろしいものなのだよ。

92 :はるか高み:2007/03/02(金) 18:50:52
理由を教えようかなぁ。
どうしょうかなぁ。

93 :はるか高み:2007/03/02(金) 18:52:52
みぐるしか。

94 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/03/02(金) 18:54:35
たかみんは精神へん

95 :はるか高み:2007/03/02(金) 19:06:45
少し教えよう。
それはね、洞爺のサミットの決定権なんだよ。

96 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 19:07:27
>>92
よーし!
面白そうだ、
教えて戴こう。

97 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 19:07:48
あひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ

98 :はるか高み:2007/03/02(金) 19:07:58
この地こそね・・・・。

99 :はるか高み:2007/03/02(金) 19:11:15
世界破滅ができる地なんだよ。
その救剤をできる地でもあるんだよ。
詳しい場所は未だ教えんよ。

100 :はるか高み:2007/03/02(金) 19:20:16
洞爺のある場所へ行き、
ある句を唱えるだけで世界は破滅するんだよ。
チョ・・・ではないよ。あれは・・・。

日本語を読んで知っただけどね。


101 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 19:20:17
>>99
なんか凄い話だな。

102 :はるか高み:2007/03/02(金) 19:34:35
チョ、にだなぁ。
その後のヤチには知ってるし、へでもないわ。

103 :はるか高み:2007/03/02(金) 19:38:36
どうした、平野くん。

104 :はるか高み:2007/03/02(金) 19:41:08
きみたちには>>102で僕が
言ってることすら判らんのだろうなぁ。


105 :はるか高み:2007/03/02(金) 19:48:58
リセットの李白だもんなぁ、平野君。
全部ばらそうか?
どうしょうかなぁ?

106 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 19:55:27
カセットの漂白についてはどうだ

107 :はるか高み:2007/03/02(金) 20:08:46
おい、平野君。
サミットの決定だけではなく、
川端さんはほんまもんの文学を、
やろうとしてると思うか?

僕が川端さんの立場なら、おまえなんかとは組まん
で一人でやるもんなぁ。
それこそ正しい選択というものだし。

ところでおまえ、句の唱える回数知ってんの?
はっきりとは知らないんだろう。



108 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 20:12:30
もちろん知ってるさ。
知らないのはむしろ君の方だろう。

109 :はるか高み:2007/03/02(金) 20:17:41
どうした、平野くん。

110 :はるか高み:2007/03/02(金) 20:23:41
>>108
そんなの僕には関係ないんだよ。
破滅が始まったら僕はそこへ行き、
簡単なあることをすればいいだけなんだし。



111 :はるか高み:2007/03/02(金) 20:26:29
ほんまもんの相対性理論なんだよなぁ、平野君。
いや、数学はよく判らないけど。

112 :はるか高み:2007/03/02(金) 20:27:38
>>108
ありがとう。

113 :はるか高み:2007/03/02(金) 20:29:31
ん?悔しかったの?w

114 :はるか高み:2007/03/02(金) 20:31:31
>>113
子供みたいなことは言ったりしたり、
するもんではないよ。

115 :はるか高み:2007/03/02(金) 21:00:30
文学なんだし、川端さんのを読めば判るよ、平野君。
僕としても考えどころだ。

116 :吾輩は名無しである:2007/03/02(金) 21:29:20
考えることなんてないのだよ。
答えはすでに書かれている。

117 :はるか高み:2007/03/02(金) 21:33:55
「・・・私」でかw?

118 :はるか高み:2007/03/02(金) 21:39:27
それで川端さんが誰の変態なのか、その元も解ったよ。

119 :はるか高み:2007/03/02(金) 22:15:08
それでも考えどこなんだよ。
おまえとある意味一緒の、
ようが仕組んだことかもしれないしなぁw


120 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 02:14:33
皇室と日本を考える会では、

   本 日 学 習 会 を 開 催 し ま す ! @東京池袋

テーマは『万葉集からみる天皇と日本』です。
奈良時代の国民的歌集・万葉集を手がかりに皇室と日本のあり方を、
参加者の皆さんと一緒に探ってみたいと思います。
都合がつくようでしたら、どうぞ気軽にご参加ください。
詳しくは下記のスレッドへ。
http://off4.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1166609691/

121 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 04:37:21
寝て起きたら凄い展開になってるしw
これはウォチだw

122 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 07:31:19
三島って東大だっけ??

123 :はるか高み:2007/03/03(土) 10:14:06
漢字で書けばいいのにw

124 :はるか高み:2007/03/03(土) 10:21:37
早起きだね、平野君w
君が手下の一文字、
漢字にすべきだよなぁw。


125 :はるか高み:2007/03/03(土) 10:24:21
おまえぐっすりできないだろうw
お察しするよw
まだ逃げたり死んだりするなよw

126 :はるか高み:2007/03/03(土) 10:26:19
どの字か判るだろうw

127 :はるか高み:2007/03/03(土) 16:49:24
このスレの半分ほどは僕のレスだなぁw
もう遠慮しますので、皆さんどうぞ。

128 :121:2007/03/03(土) 17:50:30
平野君って121の事か?
天地神明に誓って俺は平野じゃないよ。
ごめん、唯それだけw
では。

129 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 18:13:00
平野さんはもっとバカですよw

130 :はるか高み:2007/03/03(土) 19:55:55
>>128
なんで天地神明に誓うんだよ、嘘をw。
おまえあの読む気もしない『日蝕(触の字は違うよなw)』の冒頭でも、
私はキリストとしてだとか、私は神に真実を誓うだとか、
とんでもない嘘偽りを言ってたじゃないかw。
おまえは平気でなんでもできるイカレタ奴なんだよw

僕にはおまえのレスがよーく判る。
僕に言わせることによって知りたいのはこれなんだろうw
「ブーンと臭うのは偽者」。
はるか高みはおまえなんぞの浅智恵は問題にしてないし、
第一おまえなんか屑以下としか思っていないんだよw。

おまえにとってはその一事が最大の関心事、
おまえのえせ文学の成否が掛かっているんだものなぁw。



131 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 20:33:17
>>130
だからそれは平野に言ってよw
平野は別にいるでしょ。俺じゃないってのw
てか「平野じゃない」しか言えないんですよ、
アナタの言ってる事分からないし、平野じゃないって事しか
確かな事が無いんだからw
天地神明に誓ったんだから、これ以上何も言えないよ。
何か勘違いさせてすまなかったな。
では。


132 :はるか高み:2007/03/03(土) 21:06:26
いや、平野に言ったんだからw。

133 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 22:03:36
じゃあ俺に言わないでよw
高み氏にレスするのは何も平野だけじゃないでしょw
では。

134 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 22:09:48
121も十分バカだと思うのは俺だけか?

135 :はるか高み:2007/03/04(日) 08:35:01
>>134
その通り

136 :はるか高み:2007/03/04(日) 09:51:31
レス付いたねw。
だけど、>>135はいかんよ、君。
悪いことは言わん、よしなよ。

この平野の話題がお望みなら続けようか。

137 :はるか高み:2007/03/04(日) 10:09:36
確かに平野ではないんだ。
しかし平野と或る意味同じなんだよ。
正体はあの大介なんだからねw。
もう一度言うが、大介は平野ではないよ。

親子孫の三代なんだよ。
親は李白が変態した者であり、死と共に平野に変態。
子は白楽天が変態したもので、「羊(よう)」が名。
孫はアダ(伏せるw)が変態したもので、「ろ」が名。
この孫は大介のHNでひがな2chでレスしているw。
不思議に思うかもしれんが、この三人は或る者に
直結しているので同一なんだよw


昔の日本人は偉いんだよ。
李白、白楽天、あだは正にチャンコロ、
すなわち唐の5論棒なんだよw。



138 :はるか高み:2007/03/04(日) 10:18:31
三世代、誰だかアホでも判るよなw。
変態によって、一族、今は唐人お七なんだよw

139 :はるか高み:2007/03/04(日) 10:25:41
僕はこいつらと戦っているんだよ。
それは大変なんだよ。
僕が誰だか証せば楽に勝てるんだが、
あえて僕は一人で彼等とぎりぎりの
せめぎあいをしているんだよw

140 :はるか高み:2007/03/04(日) 10:29:43
証せば、こいつらの家には雨あられのごとく、
爆弾が降り注ぐよw。
僕の遺伝子検査がそれなんだよ。

141 :はるか高み:2007/03/04(日) 10:44:17
もっと詳しく言えば、
僕の遺伝子はある古い存在に一致する。
一致が証明された僕が、
僕がやられていること、
三世代が世界にやったこと、
これから世界にやろうとしていること、
を言えば必ずそうなるなぁw

142 :はるか高み:2007/03/04(日) 10:47:14
降り注ぐのは彼等の屋根ばかりではない。
そう思うから僕は一人で戦っているのだ。

143 :はるか高み:2007/03/04(日) 10:50:34
八連荘w、役満、さすが三島のスレだなぁw

144 :はるか高み:2007/03/04(日) 10:51:24
酸鼻だなぁw

145 :はるか高み:2007/03/04(日) 11:01:30
これでこうなるんだよw。
「三百万この風呂敷にいれ・・・」。
三億円事件の日本信託銀行藤巻支店長に届いた
脅迫状の一文である。

この物語は三億円事件そのものなんだよw。


146 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 11:24:05
やっぱりあなたの話は面白いわーw 
でもね、俺は平野でも大介でもないちゅーのw
彼等が2chに常駐してるのは、あなたが言うんだからそれは確かなんだろうが、
あなたにレスしてる俺はそういう話とは全く無関係。
こんなの書くべきではないんだろうが、俺の正体を明かすと、
数年前、高み氏に日本語教えてと書いた頭のオカシイ青年がいたよねw
それが俺ww
恥ずかしいから自重するわw ウォチはさせて貰うけどw
では。

147 :はるか高み:2007/03/04(日) 11:26:33
↑こういうのも「の」の日本語が知れば、君達にでもボヤー
とは判るんだが・・・。

十回wで初めて連続五回エラーが出たよw
こけおどしなんだよなぁw

148 :はるか高み:2007/03/04(日) 11:34:41
>>146
黄昏w。
三島には教えられるなぁw。


149 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 12:02:50
>>148
意味が分からんw
まぁでももう誰でもいいよw
俺の平野じゃないでスレ汚すのも悪いし、
面白い話聞ければ俺はおkだしw

150 :はるか高み:2007/03/04(日) 12:32:51
三島さんの『太陽と鉄』によるとると、「黄昏」の語源は「誰ぞ彼」で、
その「誰ぞ彼」に名が出てるんだとよw。

僕の日本語のお手本は、『太陽と鉄』で嘘はない。

151 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 13:17:14
名前が分かるの?
だったら凄いなw

152 :はるか高み:2007/03/04(日) 20:24:20
三島は与謝野晶子→樋口一葉が変態したもの。
三島が男を愛したかどうかは別として、
女性は男を愛するのが多いんでないの。

変態すれば人は死なない。
変態しなければ生きとし生けるものは必ず死ぬ。
死なない為には、つまり永遠の命を得る為には、
変態しなければ不可能である。
変態するには、変態の法、家を定める法を基に、
自分の意思で命を絶たなければならない。
で、三島は生きる為に自ら命を絶った。

この義はそうだな、有名な一句、
『葉隠』の「武士道というは死ぬことと見つけたり」
が判りやすいだろう。
日本語の一通りの読みには入らんけどもだ。
日本語とは、まず一応を立てるのだよ。
その場合は『葉隠』にもあるように、
例えば濁点は取ったり付けたりして読むものなんだよw。
そうすると「武士道というは死ぬことと見つけたり」は、
「不死道というは死ぬことと見つけたり」と一応は読む
もんなんだよ。
しかしこれはこじつけでもなんでもないんだよ。
思想が根底にあるし、又、日本語はそう定められているものなのだ。
「不死道というは死ぬことと見つけたり」。
日本語とは、これを基に三通りの日本語を読み始めるものなのである。


153 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 20:33:29
>女性は男を愛するのが多いんでないの。
という一文自体が、分かっちゃいないと思うがねw
男が女を憎悪していると同じ数ぐらい、女は男を憎悪しているんじゃないか。
与謝野晶子から樋口一葉への変態は退化だと俺は思う。
三島のスカスカの内容ときらびやかな外観は、俺は評価しない。

154 :はるか高み:2007/03/04(日) 21:05:55
「不死道というは死ぬことと見つけたり」。
死なない法と僕は言った。確かにそうなのである。
しかし、この句自体は、生とは反対の死も語っている。
つまりこの句のあるものを明かすと殺すよ、
と語っているのであったw。

そのうちにそれも語ってやるよw。


155 :はるか高み:2007/03/04(日) 21:09:10
予告編、そこにある或る漢字だよ。

156 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 21:13:42
はいはい、頑張ってね。

157 :はるか高み:2007/03/04(日) 21:16:15
だから「武士道とは死ぬことと見つけたり」は、
その通りで矛盾はないのであるw。
と言っても、その世を忍ぶw仮の姿さえ、三島以外には
解いた人は一人もいないんだよw

158 :はるか高み:2007/03/04(日) 21:53:19
その漢字を明かすとそうなるのは、
『葉隠』にだけに語られているのではないので、
とんでもないことを言ってると思うよw

159 :はるか高み:2007/03/04(日) 22:27:49
例の唐人お七なんだけど、
氏名を読めばそれが誰と誰なのかが解るんだよ、不思議だろうw。
ほとんどがそうなんだろうけどw

160 :はるか高み:2007/03/04(日) 22:35:56
七人、え、あれもか、これもか、
とビックリ仰天もしないけど、
読みながら床に入るかなぁw

161 :タコ山カス彦 ◆Zun/DZ2mkw :2007/03/04(日) 22:41:59
うむ。

162 :はるか高み:2007/03/04(日) 22:53:24
唐人お七、くだらんものは読まんで、
日光東照宮の三猿でも読もうっとw。
他のでも読んで知ってるけど、
当面の危機だからなぁw。


163 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 00:35:33
また面白い展開になって来たぞw
ウォチ必見w

164 :はちみつ:2007/03/05(月) 05:37:13
いきなりですが、三島で『これだけは読め』って作品教えてください。


165 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 05:55:22
正同一性障害というのがあるそうだが
体は男、心は女とか
三島の場合は完全に身長同一性障害なんだよな
三島を真に理解できるのは身長160センチ以下の男だけだよ
このスレみてると受け売りと借り物の知識で恥ずかしいレスつけてる輩ばかりだけど
無駄な事だよ
まぁその愚かさを笑いはしないが


166 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 00:15:16
また来たw

167 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 03:14:09
仮面の告白って結局いつ、自分がモーホーだって告白したの?

168 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 03:49:52
おーいはるか高み

なまえをこくはくせよ              春樹も文学に招かれるものの不憫さを言っていた              だから文学は死なないんだ            おーいはるか高みー

169 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 21:52:05
三島、生まれ変わりました!

170 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 17:23:42
不道徳教育講座は逆説的で今でも新鮮に感じさせられます
僕の座右の書となっています

171 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 17:49:02
>>170
同意。

172 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 17:52:03
>>170
あの時期の女性週刊誌に書いてる量産型エッセイはメチャクチャ面白いな。
とてもじゃないけど、あんな死に方しそうにないのにな。

173 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 20:32:05
角川春樹はチンギスハーンの生まれ変わり
http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/aoki-ookami/


174 :はるか高み:2007/03/08(木) 22:38:49
>>152の補足

これを基には、これを始めにと言う意味なんだよ。
その一応置いたのを一通りと数えれば、
それをさらに日本語に変換したのが二通り目だ。

三通り目は元々の句「武士道というは死ぬことと見つけたり」に戻り、
その漢字混じり文を読み解く。
四通り目はさらにそれを日本語に変換して読むのだ。

それにだ、日本語独特の文法を考慮する必要があるので、
かなり難解なんだよ。

しかしそれも、「武士道というは・・・」は簡単な方で、
例えば「与謝野晶子」、これは超難解だと思うよ。
「与」の旧漢字も含めてだけど。
これは古典の日本語読みが前庭になっていて、
なかなかに解けないw。
それほど読まれたくものなんだと思うよ。
もちろんはるか高みには、その三通りが読めたよ。

175 :はるか高み:2007/03/08(木) 22:45:56
与謝野晶子の作品を読んで、
様々なことを知った。
三島や「三人の日本人」の本質も知った。

樋口一葉を読み、僕の文学の旅は終わりにしたいなぁ。


176 :はるか高み:2007/03/08(木) 23:11:52
三人の日本人の一人が、
森田の転生「叉」(又は三島が転生ではなく、
三島が転生させた者であったのだ。)てある
ことも知った。僕の傍にいるw。

もう一人は川端、もう一人は大江w。


177 :はるか高み:2007/03/08(木) 23:27:33
叉を連れ、
大江のやることは「薔薇」にもあるけれど、
二人で来なければ受け入れられない、これだなぁ。
二人共、名に矛盾はないなぁw。

178 :はるか高み:2007/03/08(木) 23:43:19
>>279
の動画抜けるww
つぼにはまりますた

179 :はるか高み:2007/03/08(木) 23:57:14

2ch壷だろがw
名をかたるのなら、もう当分来ないよ。

180 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 00:32:36
<ネット右翼
ネット右翼

181 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 00:34:01
<ネット右翼
ネット右翼

182 :はるか高み:2007/03/09(金) 11:56:32
>古典の読みが前庭になって。

「与」が旧漢字の場合、『古事記』の題の四通り中の三通り目。
したがって、尾は『源氏物語』の題に流れる。
新旧、いずれにしてもあの親子孫に関わってくるw。



183 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 23:25:06
>>174
そういう語呂合わせ?的なものだったら多様過ぎて果てしなくない?
それに、その語呂合わせが正しい読み方かどうかなんて、
正しさを規定するものとかがあれば別だけど、普通は分からないと思うけど。


184 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 23:54:06
仮面の告白で面白いのは形式面。
同性愛という内容は、まあいいんだよ。
「第一の前提を書き終えた」・・・とか演繹法なんて言葉が
出てくる小説は好みだなあ。
当人も「森鴎外を意識した」と述べているように
骨格のある文体がよい。
前作の盗賊なんかだと、ふにゃふにゃしてる。
なんで多くの人たちは内容に目がいっちゃうんだろう。
形式重視の三島でしょうに。


185 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 00:21:37
三島がトーマスマンの名を挙げるのも、内容じゃなく
書き手というメタレベルに視点をおいているから。
三島を内容からしかみることが出来ないのなら
三島をわからないだろうなあ。

186 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 00:29:04
なんかこのスレって三島を理解してるのは自分だけって人ばかり集まりますね。

187 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:17:28
三島好きで武道をやってない人は偽。

188 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:56:54
笑いのツボが分からない。

189 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 06:46:09
あのね普段自分の身長忘れているようなヤシが三島読んでも無駄なんだよ
金閣寺にもあるだろ
ドモルなら喋らなければいいだろ違うんだドモリは常に
眼前に突きつけられた眼にみえる現実なんだと
男にとって身長155センチは絶対的現実なんだ
形而上も形而下も。

190 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 06:48:59
じゃあその程度の作家だって事だね。

191 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 08:44:53
身長155センチ程度の作家です

192 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 09:33:56
「三島由紀夫 身長」でググるといろんな数字がでてきた。
どれが本当やら。

193 :はるか高み:2007/03/10(土) 09:39:43
>>183
だから思想がいると教えただろうw。
最初は当てずっぽうや語呂合わせから始めるしかないだよw。
その果てに得るのが思想なのだ。

その思想が正しければ、どんな日本語から得られる四通りの語句でも、
どれもその思想からは決して外れないし、
得られるものは非日常だし、本人には確信できる。
事が事たけに証明は難しいが、第一君達には元々縁がないものだから
証明する必要もないのだよw。
しかし日本語は昔から確立されていて、
知らぬは君たちのようなポン助だけなんだよ。

君たちのような無智魯鈍の総てに解かるようには、
いくら予でも述べるつもりはないw。

例えば、「不死道というは死ぬことと見つけたり」。
あえて漢字を少し替えてある。
何故か?
そこには君たちには与えられない秘密があるからであるw。


194 :はるか高み:2007/03/10(土) 10:13:42
>>189
ポン助だなぁw
戻り、つまり変態は18に戻るんだよw。
進むは、男の身長は18進むんだよw。
155プラス18=173cmw
因みに、予の身長も173cm。
予と三島と同じだぁw。

195 :はるか高み:2007/03/10(土) 10:17:46
僕と三島との共通点は実に多いw
しかし僕には三島の頭脳がないw。
その法則が僕には未だ解からない。


196 :はるか高み:2007/03/10(土) 10:27:42
市谷での森田の死を知ってのは、
そこに居合わせた者だけだよなw。
しかし僕は知らなかったのだw。
最近知ったんだよw。
その法則が知りたい。


197 :はるか高み:2007/03/10(土) 18:22:10
僕の思想の大半は、文学の題名や著者名から得た。
それも最初は名のある古典から得た。
世に大きく遺すのはその必然があると思ったからだ。
そして僕の今の思想がある。

この思想のお陰で、現代作家のが文学であるかなしかも、
作品名とペンネームを読めば容易にそれが判るのであるが、
近ごろ川端康成の変態に興味を持ち、作品年譜を読んで見た。
十八歳までには文学はない。しかし十八歳の時、見事な文学
を書くのである。
その文学思想は十八歳の少年には、決して持てるものではないのだ。
ああ川端康成は、変態されて来た者だったのである。
したがって、川端康成もまた変態するのが必然なのであった。
川端の文学とは何なのか?
サミットが洞爺で行われる可能性が強い。
急いで川端康成とその作品名、それと安倍晋太郎を読む必要がある。
しかし、川端のは読むのが難しい。


198 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 18:37:51
これ、なんつー病気?

199 :はるか高み:2007/03/10(土) 18:40:06
川端康成は読んだ。
十分間で解けたのは、僕の思想があるからなんだw。
僕なんかではかように時間のかかるものなんだけど、
三島ならすらすらなんだろうなぁw。

安倍晋太郎はもっともっと難しいはずだなぁw。



200 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 18:52:17
>>198美香豚ウィルス

201 :MU:2007/03/10(土) 18:58:04
ぼくのホームページにきてください
とってもおもしろいよ、掲示板もあるよ、楽しめるよ
絶対来てね、来ない人はだいきらい
http://www.geocities.jp/mu1ee2r/
http://www.geocities.jp/mu1ee2r/
http://www.geocities.jp/mu1ee2r/

これがけいじばんだよ
http://www.eonet.ne.jp/~muhp/mumu/index.html
ファンクラブにも入ってね

202 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 19:33:46
>>183
ご覧の通り、ちょっとでも接触すると増殖する性質の黴だから以後気をつけるように。

203 :はるか高み:2007/03/10(土) 22:39:15
>>202
孫はウザイw
親の平野啓一郎の名も読んであるし、
おまえなんぞには用がないんだが、
嘘つき自演の哀れに免じて、少し相手をしてやるよw。

徴のきざしならば、一通りは違うなぁw。
もう一通り、安倍の名がおまえに由来しても、以後も気をつけんよw。

204 :はるか高み:2007/03/10(土) 23:26:21
もう一通りはえぐいなぁw

205 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 23:46:37
これ、なんつー病気?

206 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 02:33:51
ウィキで三島を調べたら、英語が相当できたとか
書いてあるんだけど、それがわかる資料ないですか?

207 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 02:42:02
全集の中の、音声収録がある。
自分は、それ聞いて、英語教材張りだと思ったが。
努力家の英語って感じ。
当時としては、「相当できた」と受け止めておいた方がいい。


208 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 02:46:38
thanx

209 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 03:31:25
>>206
http://www.youtube.com/watch?v=DPAZQ6mhRcU
 ↑
資料ですか?
YOUTUBEはどう?三島が流暢に英語をしゃべってますけど。

210 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 03:55:46
語彙の少なさは感じますが、堂々としてて立派と、

211 :fはるか高み:2007/03/11(日) 11:39:23
ボギャのカタカナだろーw。
下の句には連れ出してるけどw。


もう反応しないよw。

212 :はるか高み:2007/03/11(日) 11:41:40
安部公房は文学だ。

213 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 15:47:34
日本人が守るべきは民主主義ではなく三種の神器と言う三島の発言は誤っている。

214 :はるか高み:2007/03/11(日) 23:20:06
人の脳を読む能力を悪用する奴を潰せ。

215 :はるか高み:2007/03/12(月) 09:02:37
>>214
許さんぞ、おまえ。


216 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 09:59:40
>>213
 うん、護るべきはモノじゃなく、制度や精神
>>214
 >悪用
って、この板の住人だと善導の積りなのが多い。尤も、そんな椰子の
方がずっと質が悪い

217 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 10:33:48
他者からの共感や理解、反発、または蔑みなどが怖いのなら、
おとなしく口を噤んでいろって馬鹿がw
能力とは既にして備わっているものであって、
本人にとっては、それを使うも使わぬもないんだが。

218 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 10:36:11
三島が真に苦しみ血を流した身長を離れて
借物の知識で安易に三島語っても仕方あんめえよ


219 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 10:51:23
対象それ自体から離れて、お勉強した「事実」とやらを、後生大事に
こねくり回してるのは君の方でしょう?w

少なくとも俺は、「何故」書いたのかなんてことに興味は無い
(こともないけれどw とまれ俺は、「人間」なんてつまらないものに
引きずられたりはしない)。
俺にとっては常に、「この俺」が読み取ったものだけが全て。

対象を、「身の丈」なんぞに合わせるな。
その時々の対象に合わせ、己を拡張すればいいだけの話だろうが。

220 :はるか高み:2007/03/12(月) 11:05:31
533 名前:はるか高み :2007/03/12(月) 10:08:53
石原慎太郎の『太陽の季節』は凄いなぁ。
本来、文学としても、対峙するものとしても、
世界最高峰に位置するものだと思う。
この人、転生でなければ紛れも無く天才だ。

裕次郎の魅力と才能も並外れている。
一体この二人はどんな星の下に生まれたのかなぁ。

221 :はるか高み:2007/03/12(月) 11:06:29
534 名前:はるか高み :2007/03/12(月) 11:03:44
しかし、石原慎太郎は転生、つまり変態した者であった。
三島や川端と同じく『太陽と鉄』も、
十八歳で得られる知識でないんだよw。
誰の変態なのか?
教えよう。
夏目漱石の変態の変態なんだよ。
即ち石原慎太郎は夏目漱石なんだよ。
勿論、その根拠はある。
文学者は変態は、君達に判らないように語っているw。
変態の法則を知ればこうして簡単に生き続けれるんだよ、君達w。



222 :はるか高み:2007/03/12(月) 11:15:02
君たちの一生は短いなぁw、
あっというまだ。
その短い命でさえ、明日にもある者に握られている。
実に可哀相だなぁ。


223 :はるか高み:2007/03/12(月) 11:33:05
>>214
僕の名をかたるのは罪深いことなんだよw
死後、永遠に苦しみが続くらしいよw

224 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 16:39:52
http://jyouhouya3.sakura.ne.jp/log_129.html#2194



225 :はるか高み:2007/03/12(月) 18:13:44
535 名前:はるか高み :2007/03/12(月) 18:12:51
古今東西、文学者と言われた人は星の数ほどもいる。
しかしそれは嘘だな。
この世の真の文学者は、石原慎太郎ただ一人だ。
者、ただ一人の者とこの僕が断じてあげる。
偉いなぁ、石原慎太郎は。尊敬するならこの人だよ、君達。
あとのは文学には違いないが、いはゆる物書きなんだよ。

226 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 18:26:39
>>225
お前さ、自分が嫌われ者のスレ荒らしだって事実に気づいてる?
劣等感と知的虚栄心を人前に晒さないと禁断症状でも出てくるんなら
自分のスレでも立てて、そこで好きなだけ箱庭療法やっとけよ。
目障りだから。

227 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 19:18:10
はるか高みイコールあほ

228 :はるか高み:2007/03/12(月) 22:12:36
しかし・・・は止めとくとして、
でも三島は物書きでは括れない。
一体、三島は何なのか?
それにはまた日本語を教える必要がある。
教えようか?


229 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:28:38
結構です。

230 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:31:47
頼むから消えてくれ。

231 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 07:17:11
三島や石原みたいな右翼はこの日本から抹殺すべき。日本国憲法第1章廃棄を憲法改正第1号として提案する。

232 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 08:20:52
ついでにあなたも消えて下さい。

233 :はるか高み:2007/03/13(火) 09:36:12
348 名前:はるか高み :2007/03/13(火) 09:35:29
>>347
罪で「ギョ」の、或るにせものが出てくる話だからなぁw。
君達にはギョなんて永遠に判らんがなw。
三島との対談での「ギョ」、君達も一度ご覧になればいいw

石川淳の名がやっと読めたよ。
三通りの中の一通りは、川端康成が変態の安倍晋太郎と、
夏目漱石が変態の石原慎太郎による、
救世主の偽者劇を意味していたんだよ。


234 :はるか高み:2007/03/13(火) 09:40:25
救世主の偽者を成就させるのが、彼等の文学だったんだなぁw。

235 :はるか高み:2007/03/13(火) 09:43:53
総理と東京都知事としての権力をもってw

236 :はるか高み:2007/03/13(火) 10:04:06
「ギョ」を少し教えよう。
ギョにョウが付くんだよ。
そうすると「ョ」が続くだろう?
トトとか続く場合が多いだろう。
その場合の日本語の決まりがあって、
読み方が二通りあるんだよ。
出典の熟語も含め、要望が強ければ教えるよw

237 :はるか高み:2007/03/13(火) 10:27:15
おそらくこの人達は皆んな共謀なんだろうなぁw。
三島の「周到なる共謀」が思い出されるが、
共謀というからには「よう」繋がりなんだろうけどw
周到に読まんといかんのだろうなぁ。

238 :はるか高み:2007/03/13(火) 21:36:58
文学が共謀しているならば、
文学が述べるところの破滅は、
僕の意思なくしては、彼等には出来ないことになるなぁw。
聖書にもあるようになw。
そこでこけおどしの蟻地獄、
文学とはやはりそういうものだったなw。




239 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 00:22:00
>>236
よーし、
教えて貰おう。

240 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 00:30:31
>>236
俺にも教えて

241 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 01:07:13
俺は結構です。

242 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 09:09:23
文壇は共謀社会だけど
三島は学歴共謀社会に生きてそっちには背むけてた
文壇共謀社会がでっちあげた神様小林秀雄との対談読むと
そのへんのすれ違いが露骨に出ていて面白いよ
で顧客広げげるためいろいろ滑稽な事やってみせたけど
チビだから全部から回りで最後はほんとに切腹しちゃった
対談っていえば河上徹太郎とのも面白いね
これは河上がプッツンしてて
法学部だからって文学部見下すなって


243 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 11:56:03
チビチビ言うけど、当時の人間としたら
そんな極端なチビでもないんじゃないの。

244 :はるか高み:2007/03/14(水) 12:05:21
三島さんには教えられるなぁw。
その熟語からしても「法」からしても、
ギョも「の」同様に教えるべきではないんだなぁw。

要望からして、嘘をついたわけでもないし・・・。

245 :はるか高み:2007/03/14(水) 12:20:11
それも文学かもなぁ、三島さんw。



246 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 17:13:21
>>244
そんなこと言わずに教えてくださいよ。
もう長い付き合いじゃないですか。

247 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 19:59:41
はるか高みあほ


248 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 20:04:10
このスレで興味深いのは、三島が味音痴だって事くらいだね。
そこら辺を気付いてた人が意外に少ない事に驚き。

249 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 22:37:44
くだらねー

250 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 00:54:28
うぉー蟹だぞ、ゆっきーv(^o^)v

251 :はるか高み:2007/03/15(木) 13:28:44
>>242
現代語としての評論はともかく、
小林秀雄は日本語の思想はないなぁw。

小林「僕はあれは文学ではないと思う(だったたかなw)」
三島「ええ、ええ、わかります」
を見ても、すれ違いは露骨に出とるなぁw。

川上徹太郎は、君の言う「法学部・・文学部・・・」、
つまるところ「鉄」、更に言えば「きゅう」、
もっと秘密を言えば「田きゅう」の問題で袂を分った
のだが、君は全部知ってるじゃない。何かい君は慎太郎君なの?




252 :はるか高み:2007/03/15(木) 13:41:12
石原慎太郎についてはもう書かないつもりだったが、
君の名前が三島にも誰にも無い特別なあるものだってことは、
このはるか高みは知っているよ。凄いじゃない。

石原君が日本語がたんのうなのも良く判った。
「手」「鉄」なんかの思想もある。
ただ、三島さんに較べると全てがダンチなんだよw。
対談で三島さんにからかわれた半分だが、
いまじゃあ全部が「よう」でないのかい、失礼だけどw。
ま、がんばれば、宿命なんだからw。

253 :はるか高み:2007/03/15(木) 13:45:47
>>242の文章は余人をもってかえ難いw。
なかなかに書けんなぁw。

254 :はるか高み:2007/03/15(木) 14:03:33
川端のもありw、石原君の共和制もありwで、
三島さんは何を考えているのだろうなぁw。
僕のは決まっているw。
自己放棄がそれとも・・・w。


255 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 14:07:34
おれの印象では三島って本当に中身の無い人だったんじゃないかな?
思想も小説のストーリーも全部借り物だしね。

256 :はるか高み:2007/03/15(木) 14:34:46
川端さん、つまり安倍さんのを教えよう。

場を無くす。
つまり総理の政治によって、
洞爺の例の場を現実的に無くしてしまうんだよ。
君たちにとって最悪なことは、
場で破滅を始動させてから、
場そのものを壊して無くしてしまうことなんだよ。
そこは救剤の場でもあるので、
破滅を始動してから無くされると、
もう終わりなんだよw。

慎太郎さん達のはそれと違うんだけど、
結果は似たようなもんだw。





257 :はるか高み:2007/03/15(木) 14:46:05
>>255
アインシュタインに似た特質は持ち合わせているなぁw。

文学は素材はすでにずっとある。君たちが知らないだけだ。
思想は得るものであり、あるものではないし借りれるものでもない。

それでも借り物だと言うなら、しゃべれば。


258 :はるか高み:2007/03/15(木) 14:56:41
ストーリーは描くものなんだよw。
三島、川端、石原、ようそれぞれの描いているストーリーは独自だよw。

259 :はるか高み:2007/03/15(木) 15:01:01
どの壷にはまっても、世界の最低八割がたは死ぬんだよ。

260 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 15:21:43
>>258
初めてプライバシー裁判を抱えた作家って三島だったよね。
思想だって流されっぱなしだし、かわいそうな人ではあるよ。
もっとエゴイズムを持っても良かったのにね。

261 :はるか高み:2007/03/15(木) 15:44:00
>>260
石原さんがそうだねw。
それと石原・・だろうけどw

三島さんのは誰も解からないんだろうなぁw
そんな人ではないよw。
きみらと一緒にすんなよw

262 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 15:50:19
狂人vs馬鹿

263 :はるか高み:2007/03/15(木) 15:50:32
川端→安倍さんのは来年の洞爺サミット前後、
君たちのは・・・。
なるようにしかならんのだよw。


264 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 16:21:02
なんでもいいけどさー
このスレ毎回あげるの止めてくんない?

265 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 17:13:12
>>255
>おれの印象では三島って本当に中身の無い人だったんじゃないかな?

こうやって自分に言い聞かせないと不安なんだろうね。


266 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 17:20:19
>>265
中身が無いのが無能な作家とは思わない。
むしろ適切な引用や、時代に即した題材を使いこなせる能力の方がすごいとも思う。
でも、皮肉な物の見方をする人って大体において中身にコンプレックスがあるよね。
芥川にしてもそうだと思うんだけど、自分の価値基準に自信が無かったんだと思う。
変にミーハーな所があったりするのってそう言う事なんじゃないかな。
信念が無いから流行物に飛びつくんだよね。

267 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 17:28:48
中身って何

268 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 17:30:58
>>267
人生経験の事かな?三島がエッセイで自ら自信の人生経験の拙さについて語ってる。

269 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 17:31:05
三島が自分の価値基準に自信がない?

270 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 17:34:00
三島の語る自分の人生の経験の少なさというのは、小説等によってもたらされた
経験の豊富さというのがバックにあって、その対比として語られてるものでしょう。
ストレートにそこだけ、非常に表面的な読みだけして語っても仕方がないのでは。

271 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 17:34:24
>>269
思わず蔵書を引っ張り出してきてしまった。
『若きサムライのために』の冒頭で「人生について」って章でカサノヴァとスタンダールを例えにそう書いてるね。
作家から人生を学んでるというのは錯覚らしい。

272 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 17:40:33
実際の人生と、想像力によってもたらされる世界というのは
繋がっているようでいて、別のものではないでしょうか。
作家は波乱万丈な人生を送らなければいけないみたいな考えというのは
私には非常に疑問です。

273 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 17:43:54
>>272
カサノヴァについてもスタンダールについても語ってるから、波乱万丈ってのは当たらないんじゃないかな。
ただ、三島は幼少期の自分に自信が全く無かったんだろうね。
『若きサムライのために』でも処女作を発表するまでの人生経験が作家の全てと書いてる。
その発想自体がありきたりな作家の悩みっぽいよね。
三島の失敗から学ぶ所は多いな。

274 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 17:56:35
悩みとして語ってるようには読めないし、自信の無さを語ってるようにも読めない、

三島があそこで語っている人生経験の豊富な人というのは、世の中でも人生そのものが
特異であり、平凡とは対極に位置するような人のことを指しているのだと思うし、
当然のことばがら多くは、小説を書くということには直接には繋がらない種類の人々の事でしょう。
作家にとっての人生とは何に求められるか?という事について語ったいる文章なのでは。

275 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 18:07:59
>>274
自分の信念を生涯発見できなかったと言うのが正直な感想だね。
兵隊に行かなかった事がコンプレックスだったのと凡庸な役人生活に不満を感じて作家になったんだから想像つくよね。
三島には真実、愛や生活に対する満足があったとは思えない。
歪んだ妄想にとりつかれて、奇抜な死に方をしたって事だね。
かわいそうな人だと思うよ。
それにそもそも、あっちこっちでみんなが勘違いしてるけど、三島は経済分野では激しく左翼的だぞ。
エッセイの類を真面目に読んだらわかると思うけどね。

276 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 18:26:50
To reveal art and conceal the artist is art's aim.

Oscar Wilde

277 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 19:51:08
矮小化・通俗化したいという思いが強すぎるんだろうね。

278 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:05:20
発見すべき自分の信念。真実、愛や生活に対する満足。
これらこそが歪んだ妄想の産物に見えてしまいますが。

279 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:41:53
そうか?
信念や真実はともかく、満足は別に妄想の産物じゃないだろ。

280 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:54:22
愛や生活に対する満足という発想が、歪んだ妄想の産物に見えてしまいますが。

281 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:58:17
作家を宗教家か何かと勘違いしてない?>>275

282 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 21:27:12
満足というのは、ただの感覚に過ぎん。
もっとも、他者について論じる際に、そのような概念を持ち出す発想は
いかがなものか、とは思う。
特に三島の場合にはね。

283 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 21:54:14
彼の「愛や生活に対する満足」に象徴されるようななものに対する信頼が一体何なのか興味がある。

284 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 21:55:06
>>278
どっか病んでるだろ?
>>281
どっから宗教が出て来るんだよ。
>>282
三島は快楽主義者じゃなかっただろうし、そりゃあ満足してなかっただろ?
むしろ何事にも満足して無いから活字の世界に走ったのかもしれないしね。
美味しいものを食べて美味しいと感じて、好きな女が出来たらどっぷりハマルのが人生ってもんだよ。
それが出来なかったらしく思えるね。三島の場合。
おれは『不道徳教育講座』の皮肉な三島が好きだな。

285 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:00:19
仮に三島が何事においても自分の尺度に合わせて考えるしか出来ない小林秀雄の様になってれば、切腹なんかして無いと思う。
いつまで経っても自分の信念を見出せないから、あのような中途半端な死に方だった訳だね。
全く持って犬死だと思う。
『檄文』に関しても、精一杯の自惚れだったんだろう。
幼少期に女性の影響を受け過ぎた人はヒステリックに突っ走りやすいね。
哀れな死に方だと思う。

286 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:05:06
健全な自分、人と違わない自分という病。

287 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:12:13
幼少期から書物に親しんで、才能があったから作家になった。
それ以上のものなんてないと思うよ。

288 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:15:06
>>286
人間社会に生活する場合、他人の尺度に合わせて生きる事も大事だよね。
それを一切出来ないとなったら、これはもう精神病ですよね。
世間並みの常識人でありながら、小説家なんて地獄だよね。
三島の言う個性って礼儀に従った個性なんだよな。
常識や礼儀、礼節に従って個性を打ち出すのって難しいよね。
このスレを見てもわかると思うけど、三島の凡庸さを認めないやつが多いよね。
凡庸だけど、それでも良いと思いながら暮せば三島も死ななかったと思う。

289 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:16:09
自分の信念が見出せないから割腹自殺。ここの経緯をkwsk。

それと、三島が自分の信念を求めて生きていたと何故思い込むようになったのかも
聞かせてくれないかな。

290 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:19:21
とにかく知能は高かったし、人間性も十分に歪んでいたと思うがw

291 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:21:26
全体的に何言ってるんだか分からないけど特に

>世間並みの常識人でありながら、小説家なんて地獄だよね。

これがよくわからん。

292 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:25:59
三島をとにかく矮小化・通俗化したいという頭で誤読して2ちゃんねるにカキコ

293 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:26:56
>>289
三島はずっと社会生活に違和感があったんだと思うね。
例えば、なぜ美味しいものを美味しいと素直に思えないのか?
酒を飲むにも、何故酔っ払って他人に迷惑をかけない程度に飲むのか?
大蔵省の官僚時代にスピーチ書いただけで何故怒鳴られるのか?
生きていくのが辛かったと思うよ。
>>291
読者は小説に常識なんて求めて無いからね。
他人の不幸は密の味なんだよ。

294 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 22:30:05
ごめん、笑っちゃうわ。

295 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 00:58:45
>>285
たぶん逆。自分の異常性に忠実すぎたからだと思う。
三島の異常性は、一般人の感覚や同時代の社会的な尺度で測りきれるものじゃない。
その異常性をいくら否定しようが肯定しようが、それが論者にとって無縁である以上
論じることにはなんの意味もない。
三島のキャラに萌えられるか、萌えられないか、それだけの話じゃない?



296 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 01:07:46
>>295
三島は極めて凡人だと思うな。
身近にいると埋没する凡人だ。
ゆえのパフォーマンス好きだったんだと思う。
天才でもなんでもない。
近所の話の合う兄ちゃんだったと思うよ。
学生運動にすらシンパシーを表明してるしね。
行動さえあれば評価してくれると思う。
だってミーハーなんだもの。

297 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 01:14:15
>>296
どこを見て凡人だと思ってるの?
まさか、学生運動に対してシンパシーを表明し
ミーハーのように見えたから、だけじゃないよな?

298 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 01:16:39
曖昧な「愛」みたいなものを(何故か)絶対的な価値とし
全幅の信頼を置きそれによりかかり、そこから三島(の・ようなもの)を造型する。
そしてそこに置かれた三島像は、彼の姿の照射に過ぎない。

299 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 01:17:38
>>297
右も左も見られるだけ、お前らより賢いね。
そう言う意味で非凡だ。
じゃあ、それ以外に非凡な点ってどこだ?

300 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 01:23:22
何かどうにも、どうでもいい事言い合ってない?
凡人だ非凡だなんて評価軸に一体どんな意味があるの?

301 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 01:24:35
>>299
それだけでもすでに「極めて凡人」だとは言えないわな。
三島の自伝的なエッセイ、小説、言動・・どれをとっても
まともな人間の書くこと為すことじゃないだろ。
派手なポーズをとる人間がどいつもこいつも皆凡人だと言える根拠は何なんだ?

302 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 01:33:50
>>300
特に意味なんてないよ。
296が断言する根拠に興味があるだけで。

303 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 01:34:10
>>301
三島の努力を認めないのもどうかと思うよ?
みんな嫉妬してたから、当時どうしようもなかったんだろうね。
ふざけた批評がなければ、三島も太宰も死んでなかったんじゃないかね?

304 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 01:35:43
このスレのやつらはあんまり三島作品読んでないな

305 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 01:39:16
>>303
もちろん努力はしたんだろうな。
もっとも努力だけで形成された人格だとは思えないけど。


306 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 01:58:00
ネタがビンボーくさいよ。
もっと三島作品読んでゲージュツについて語りなさい。

307 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 03:20:43
このスレに限って言えば三島への批判パターンは大きく別けて二通りだな。
一つは三島の作品自体をほとんど読んでいない者の稚拙なイメージ批判。
もう一つは三島作品を読んでいるにもかかわらず、通俗的なイメージに
引き寄せて人生論的に批判するパターン。

どちらのタイプの人もあえて三島に近づくこともないと思うがな。
そのほうが精神衛生的にもいいし、「幸福」でいられるでしょう。

308 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 23:16:20
現実から隔てる要素としては柏木や溝口のドモリやビッコなんか
自分のチビに比べれば甘いもんだと三島は思っていたろうね
でも三島が自分のチビを宿命として意識しだしたのは作家になってからだろうねおそらく
三島ですと自己紹介した時、何度相手が思わず息を呑むのに遭遇しただろう
永久にそそがれる事のない失望
永遠の仇知らずの仇討者

309 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 23:59:07
>>308
そんなチビってほどでもないと思うけど…

エセ作家石原慎太郎が
三島は背が低いから自分に対してコンプレックスを持っていた
とか何かで読んだ気がする
そんときムッとした私w


310 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 01:08:53
あいかわらず身長ネタでの煽りが多いねw
実際は163cmちょっとあったから当時の男性平均身長よりは高いんだけどね。
まあ石原は身長でしか三島に勝るところがなかったから、そうそうに政界にうって出たわけだ。
芸術、表現の世界では才能に対する嫉妬は凄まじいものがあるね。

311 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 12:12:43
>>310
本当にそうですね
石原慎太郎の小説なんか100年後にはなくなってるでしょう

あと
三島さんが切腹したとき青島幸男が
ホモのヒステリーと言ったとか…
人の批判しかできない脳無しの愚の骨頂は死んでも惜しまれませんでしたねw

312 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 20:17:16
皇室と日本を考える会では、次回学習会(@東京池袋)を

   4 月 1 日 日 曜 日 午 後 に 開 催 い た し ま す !

◎今回のテーマ
「神ながらの道〜天皇論をめぐる蓑田胸喜の言語魔術〜」

戦前、機関説の美濃部達吉や神話否定の津田左右吉を始めとする多くの学界
の権威を、愛国憂国の立場から、執拗激烈に批判追究した「原理日本社」。
その筆頭こそ蓑田胸喜である。
純情な少年が明治の風潮に乗じて、文学のロマンと哲学の苦悩にもまれつつ、
いつのまにか論壇界における護国の「狂気」となり、終戦後ひそかに自決。
壮絶ながら地味、地味ながら壮絶な彼は、結局、何を伝えたかったのか?
彼は何に魅せられ、何を守ろうとしたのか?蓑田胸喜の魅力と人間性に迫る。

○参加費:無料(懇親会参加者は飲食代適宜)

詳しくはオフ板までどうぞ。
http://off4.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1166609691/

313 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 20:42:50
四月の馬鹿かw

314 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 05:59:37
>>311
三島の批判でもないだろ
コメント求められたからめんどくさいけど何か言わなきゃならないから

と書いてきて面倒くさくなった

315 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 14:02:30
めんどくさいけど何か言わなきゃならない
ってのは妄想?

316 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 14:55:02
面倒くさきゃ知ったかぶって言わなけりゃよかったわけだ
ついでに都知事もな

317 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 18:49:43
三島の批評は魂を感じさせてくれる批評
最近の批評家の批評は薀蓄シラケポストモダン的な批評で読んでいて
ちっとも面白くない

318 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 19:23:45
三島ほど文賞から魂とか感じさせないのはめずらしいんだが
変わった人もいるもんだ
小説も書割と様式で勝負だったけど
成功したのは二、三作だな
だけど小林秀雄が言うように厳密に言えば小説ではなくて叙事詩になっちゃうんだよな



319 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 19:25:19
なつメロ歌手の三島が割腹自殺したからってコメント求められても青島も困ったろ

320 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 19:28:30
しかしあんだね才能はあったね
最近の平野某なんかと比べれば歴然と
只、大江みたいなのがすぐ出てきてやんなっちゃったかもしれないけど


321 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 19:29:30
トホホ

322 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 17:36:34
大江の文章て翻訳文みたいで、三島さんのような美しさがないと思います
内容もなんか陰気だし

とにかく誰が何と言おうと私は三島さんが好きです


323 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 17:49:44
そのかわり三島は内容がないよね

324 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 17:58:41
>>323には読解力が無いよね

325 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 19:28:20
>>323には松本清張がお似合いだろう

326 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 19:29:40
いや内容はないだろ。
これは誰でも言うことで、別にバカにしてる訳じゃない。

327 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 19:40:58
>>326
確かに内容は無いな。
単純な事をこねくり回すのが上手いんだ。

328 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 20:35:55
内容が無いようって言いたいだけだよね。

329 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 20:45:30
暁の寺!


330 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 20:50:43
内容が無いなんて言ってるのは読解力が無いだけの話だろ。
これはもちろんバカにしているわけだけど。

331 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 20:51:51
>>330
読解力があればあるほど、三島の小説には中身が無い。
エッセイは面白いね。

332 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 20:55:50
美しい星!

333 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 21:12:26
エッセイを読む力しかないんだろ?しかもそれさえ誤読で。
これはもちろんバカにしているわけだけど。

334 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 21:22:52
>>333
エッセイが面白いのは、三島の浮世離れした所が面白いんだね。

335 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 22:38:52
上のほうで三島批判をしてるきみたち、
芸術とは内容ではなく、いかに語るか(形式)だ、というのは
芸術論の基本だろ。司馬遼太郎の作品がいつまでも大衆小説であって
芸術にならない理由もそうでしょ。三島批判で内容がないとか批判されても
三島にとっては痛くも痒くもないよ。

336 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 22:45:23
内容が無いっていう批判こそが内容が無い。

337 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 22:50:59
その形式も、ありきたりなんだよ。
内容がスカスカで金箔を貼った伝統に依拠したものとしか思えないのだが。

338 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 22:52:17
三島にたいして言ってるわけじゃないし
死んどるし
いらんことゆうな

339 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 22:55:39
死んだら批判を言ってはいけないわけだw
当時の文壇では文学の神様扱いされていたんだぜ。
失墜は当然だろうが。

340 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 23:34:58
なんでアンチの方はこんなに必死なんですか
三島さんが嫌いなら、ここに来なければいいのにね
大江健三郎のスレでも行ってエセインテリぶってればいいのに(笑)

341 :吾輩は名無しである:2007/03/19(月) 23:40:06
なんだかなw

342 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 00:01:42
>>337
内容って何さ?
教えてケロ

343 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 00:04:17
どこも酷いな

344 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 01:16:08
評論家の聞きかじりで分かったような事を言いたがる厨房。

345 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 02:16:29
そういや三島が北斎について語ってるところ見た事無いが
あれだけ長生きしたがった人はめずらしいのでは

346 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 06:25:11
しかし金閣寺は三島としては奇跡的に成功したよな
やはり身長の宿命がもたらす僅かな現実感が彼に創造の幸運もたらしたんだな
ところで憂国ってひどいな、ありゃいったいなんなんだろ
吃驚するよな


347 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 06:43:34
色んな種類の頭のおかしい人が集うスレだこと。

348 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 07:08:22
憂国は三島自身がイチオシしている短篇じゃん

349 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 08:53:58
憂国最高

350 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 08:56:12
「憂国」よりも「剣」「英霊の声」の方が好きだわ。

351 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 10:51:41
三島って文章うまいけど、やっぱり短篇の方がいい 童貞性があらわれるからかな

352 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 12:49:37
詩を書く少年 がいいね

353 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 15:58:13
とりあえずBEST3でも挙げて落ち着け



↓↓↓

354 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 17:59:30
仮面の告白
真夏の死
憂国

355 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 18:06:50
三島は学生時代に読むものだろーw

356 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 18:08:40
小説全般そうだね

357 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 18:49:07
やがてオヤジになり、この一冊といえば司馬遼太郎の作品を挙げ
実際に読む小説といえば渡辺淳一の中途半端なエロ小説という現実

358 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 18:55:35
おれは死んだ母親の事をバカにしてた。
乳飲み子を置いて自殺した母親を軽蔑していた。
しかし、おれは今おれを信頼してくれてる娘を置いて死のうとしている。
どうしてこうなってしまうんだろう?
こんなはずじゃなかった。
全ては妻が悪い。
身勝手で他人の心の中を探ろうとしてばっかりの小悪党だ。
嫌ったりする熱意すら持てない。ただ心の底から軽蔑する。
顔の造作も思い出すなり吐き気を催す。
しゃくれた顎が嫌いだ。薄っぺらい上唇が嫌いだ。
もう顔も思い出さない。
ただの敵だ。

359 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:08:27
南無妙法蓮華経 チ〜〜〜ン

360 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:09:13


361 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:14:25
>>358
抑うつ性逃避願望。
幼少時の傷で被害妄想が鬱屈し
全ての責任を自分以外の者になすりつけようとする傾向が顕著。
それが昂じれば
攻撃性を自分に向けるしかなくなり自傷に至る。

病気。


362 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:18:48
>>358
泣ける2ちゃんねるに投稿汁!

363 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:20:55
>362
下手すぎて採用されないw

364 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:24:01
>>363
三島より上手いと思うが。

365 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:27:02
--------------------------------------------------
つ「頭悪くて文章駄目で精神的ビョーニンの女で
歳くってて、
スレ立てて必死で自作自演して自惚れ妄想に浸ってて
お笑い芸人のコメントが頼りの中年おばさん」 
---------------------------------------------------


366 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:28:11
結局三島に足りなかったのって実体験の希薄さだよね。
何もかもが妄想の中だけで完結してしまってるんだ。
食い物の事について書けないのもそう。
現実を見る目が無かったんだね。
むしろそれでこその小説家なんだよね。

367 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:32:18
まあ、それが君の終始一貫した思い込みだよな。

368 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:33:36
誤読→思い込み→毎日毎日必死に2ちゃんで主張

369 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:35:01
>>367
具体的にどこがどうとか書けないんだろ?
そこが妄想的な文学オタクなんだよ。
もっと三島なんかの作品なら一行ずつを咀嚼しながら読めないとね。
本人も批判されるのは好きだったと思うよ。

370 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:37:03
俺に言われても。
>>366にバトンタッチ。

371 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:37:26
自分の意見にそぐわなかったら誤読で済まそうとか、どんだけ本読んでないんだよ。
批判する方がちゃんと細かい部分を引いてきて書いてるぞ。
考えずに信仰するって凄く楽だよね。

372 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:38:15
内容とか実体験とか身長とか言ってる方々はどうか私小説でも読んでてください。
そういう人はわざわざ三島読まなくてもいいじゃん。
日本じゃ三島みたいなほうが珍しいんだから。

373 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:39:26
この前「若きサムライのために」の話の時にアホだなと思ったから。
それが全て。


374 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:39:45
>>372
三島が自身で現実を計る物差しを持ってなかった事を悔やんでいると思うんだけどね。

375 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:40:53
物差しを持ってないってのが思い込みなんじゃないの。

376 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:42:20
『現実を計る物差しを持った』人間の書いた文学ってどんなんだよ。

377 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:43:10
>>376
三島が評価した野坂だったりしてね。

378 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:47:46
>>373
アホだなって言う反論が凄くて低脳そうに思えるね。

379 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:47:55
私小説みたいなのだけが本物だ、とか、そんな雰囲気の人なのか。

380 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:48:31
>>377
どこら辺がそうだったかまでちゃんと書いてくれないとチャットになることぐらい想定して書いてくれないかな。
言いだしっぺに説明する責任があるんだから。
一度でいいから長文でちゃんと考えまとめて書いて、それで気が済んだら粘着やめてくれ。

381 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:49:28
>>379
私小説どころか、全く現実離れしきった描写が多いよね。
同じ様にドキュメンタリーを書いた松本清張を嫌ったのは嫉妬だろ。

382 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:51:33

三島を耽読する奴らの気が知れないw


383 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:51:36
>>380
お前こそ短文でアホだのなんだのうざいよ。
こっちは何度も引用交えて書いてるよ。
全く自分に都合の悪い意見はスルーなのな。
粘着も何もおれはおれの感想を書いてるだけだろ。
具体的な説明から逃れてるのはお前だ。

384 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:51:48
現実離れはしていない。
現実に起こった事件を追及するような手法ではなく、
そこからフィクションの世界を作り上げるのが三島由紀夫。

385 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:54:13
あー、だから三島の場合にはエッセイしか評価しないのか。この人。
エッセイなら現実と地繋がりだという幻想を持ちやすいから。

386 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:55:04
>>384
全く読解力が無いな。
例えば三島の作品って、景色を見てもリアルな描写って一切出来て無いんだね。
食卓のシーンを書かせても、献立から何から全てちぐはぐ。
服装に関しては盾の会の制服を見てもわかるとおりだ。
実生活に全く頓着が無い。
浮世離れしてるってのはそう言う事だ。

387 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:56:37
音楽の酷さを見よ

388 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:58:30
>>383
最近のでは俺のレスは>>276>>372以降のsageで書いてるやつだけだよ。
君は実体験実体験一度書けばいいものを何度も何度も書いているが、
その意見をこのスレの連中がはいそうでしたと認めるまで書き続ける気なの?
とりあえず、実体験の欠如は何故問題か、『現実を計る物差し』とは何かぐらいはっきりさせてくれ。


プロ芸論と私小説崇拝、これが日本の藝術の癌。

389 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:59:11
>>385
例えば三島の小説では庶民の生活に対して全く不理解だ。
取材も何もしなかったのかな。
言葉の言い回しも全く時代に即して無かっただろうね。
そんな所から頓珍漢な自殺ですよ。
おれはむしろ三島の滑稽なピエロ姿が興味深いね。

390 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 19:59:34
三島の場合には風景描写って見事だし、それらがリアルに感じられないってのは
読み手側の能力の問題じゃないの。読解力の無さという大問題。

391 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:01:14
>>390
風景描写すら引用なんだよ。

392 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:04:40
庶民の生活を描いた作品で例えば短編の「鴉」なんて読むと
当時の雰囲気がよく出てるように思うけどね。

>>391
例えば?

393 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:07:42
>三島の場合には風景描写って見事だし、それらがリアルに感じられないってのは
>読み手側の能力の問題じゃないの。読解力の無さという大問題。

こういう奴が三島三昧で影響受けて
文学ならざるものを文学とほざく
お前がリアルと感じるとこ引用してみろ
さぁ



394 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:13:34
めんどくさいから、てきとーに。

「真夏の死」の書き出し
A海岸は伊豆半島の南端近く、まだ俗化されない好個の海水浴場である。

例えばこれのどこかリアルじゃない?何の引用?

395 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:20:38
そんな引用は風景のふにも当たらない

なぜにそれがリアルと感じるのか、そっちの方が興味深いよ

396 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:23:41
これだけでも世界はたち現れるから。
この時点から全く拒絶するような反応しか出てこないなら、三島は読むのやめといた方がいいんじゃないかな。

397 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:24:30
>>394
普通使わない熟語を使う所が引用だっての。
どっから引いてきたんだって話だね。
ちょっと一番酷そうなやつをもってきてやる。
待ってろ。

398 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:26:49
持ってくる前に言っちゃうけど、それは漢文からの伝統でしょ。

399 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:37:26
>>383
勝手な思い込みで
>全く自分に都合の悪い意見はスルーなのな。
とか書いたばかりなのに自分がスルーしてどうすんだよw

もう一つ言っておくけど、平気でチャットはじめる辺り2ch来て間もないんだろうが、
ここは個人が『自分の感想』を何度も書き込んでいいというところではないし、
書くのであればあくまでも一個人の感想であることを意識して書け。
仮にどんないい感想だったとしてもそれにスレの全員がうなずいて考えを改めるということは無いから、
スルーされても粘着するな。

半年ロムってろ

400 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:37:39
『朝の純愛』
「……そうして、今、良輔と玲子は、五月のしらしら明けの露台で一体になっている。」
凡庸だろ?季節感感じないよね。
果たしてこれは凡庸で済むかね?
>>398
芥川だって古典からの引用で責められたけど、オリジナルなフレーズをいくつか作った。
三島にそれはない。

401 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:38:24
『潮騒』に出てくる言葉で、
「台長さん、喜んどたやろ」というのがある。
普通の関西弁だと「喜んどったやろ」になる。
三重県全域も同じ。しかし、離党の神島のみ異なる。
「作った」が「作くた」となる。小さな「つ」を省く。
神島独特の言い回し。三島が庶民の言葉に疎いとは思わないが。

402 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:39:23
盲目w

403 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:43:09
おれの中では三島ってパンに味噌塗って食う人だね。

404 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:46:10
芥川を持ってくるってことはは、引用ってのは古典を題材にとった話のことか?
んなら三島が丸々引用で仕上げた作品って何よ。

405 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:47:33
>>396
三島だからだろw
仮に島田が書いたとしたらその世界はたち現れないだろーw


406 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:49:18
誰が書こうが世界は現れる。
>>400の文章からだってそうだ。

407 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:49:57
>>404
フレーズの話じゃないのか?
代表作の『金閣寺』こそが妄想を交えたルポだろ。
展開が全般的に当時の事件になってるよね。
『美徳のよろめき』なんて文楽の世界だよね。
あれでも斬新なつもりだったんだ。

408 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:54:37
>>406で 立ち現れてどんな感じだ?
鳥になった気分か?

409 :はるか高み:2007/03/20(火) 20:56:06
>>396
その通りだと思うよ。
三島のが読めているなぁ、君はw。








410 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:56:31
芥川は古典に自分のオリジナルなテクストをはさみこむ事によって
作品を仕上げていたよね。で、三島にはそれが無いと。
つまり現実を題材にした『金閣寺』には三島のオリジナルな部分が存在せず、
全くの現実からの引用(?)だと?

411 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:57:11
NHK教育TVの『あの人に会いたい』で、川端康成と伊藤整と共に、三島が出ていた。
三島だけが「世界文学」とか「西洋文学」とかいうことを言っていて、
その当時の文学者の問題意識というか関心が現われていて、たいへん興味深かった。

412 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 20:58:07
>>410
短いフレーズで心に残る言葉ってあるかね?

413 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:00:34
「生きようと思った」ってのは、君の嫌いな芸術の世界から
君の大好きな現実世界へ移行する意思の現れだろう。

414 :はるか高み:2007/03/20(火) 21:07:33
>>396
読める訳もないかぁw。
かな一文字で顕してごらんよ。

415 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:08:31
「三島文学」なるものは単なる「観光案内」だという意見があるが。

416 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:12:04
このスレ見てても分かるように、色んな意見がありますよ。

417 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:13:57
褒め称えるより、間違いを見つける方が面白いしね。
作家のスレでは、安吾のスレがダントツで面白いな。
滅多に書き込みないけど。

418 :はるか高み:2007/03/20(火) 21:16:34
>>415
今日の僕はそう思っている。

419 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:16:38
間違いだと思ってるやつにツッコミ入れるのも面白いよ。

420 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:19:38
>>419
その間違いを指摘されて反論できないやつも痛いよね。

421 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:22:21
痛いよなあ。
芥川なんて関係ないじゃん。

422 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:25:24
>>421
何で他の作家を引き合いに出されただけでそんなに必死なの?

423 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:26:05
ま、わかってない奴に教えてやることもない
仮に説明したって理解できはしないw

424 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:26:37
違うよ。
例の出し方が間違ってるから嗤ってるんだよ。

425 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:27:39
>>424
具体的に書けよ。

426 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:31:07
みんな頭いいやうにみえる。何歳?

427 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:37:04
例えば『羅生門』なら芥川オリジナルな部分を足すことによって
単なる古典の現代語訳ではない作品に仕上がっているよね。

んで、そこに三島の『金閣寺』を持ってくる意図がよく分からない。
現実に起こった事件を題材にした場合、テクストを元にした場合と違って、
時間も空間も作者の構成に委ねられているワケで、最初からオリジナルだよねそれは。
しかも三島の場合には、実際の事件そのままに追及するというのではなく
そこに新たな世界を作り出している。
なんらかの物からの引用だという批判はこれじゃ、空回りするだけと違うか。

428 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 21:37:50
確かに、三島の小説は、世界中の言葉に翻訳されていて、世界中で読まれてはいる。
しかし、それは各国の浅いところにしか入っていないんだ、異国趣味と絡んでいるだけなんだ、
という意見があるわけよ。
俺は、意見というか事実だと思うけどね。

429 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 23:14:18
俺としては金閣寺は三島が障害者の劣等感からなにか凄い悪いことをするという小説が書きたかっただけだと思う。
そんなネタが頭の中にずっと入ってていつかやりたいと思っていたら、実際に事件が起こってこれなら世間に対して説得力を持たせることが出来るからということで金閣寺を書いたのだと思う。
それと三島の小説は内容が無いと言う批判があったが極めて的外れだと思う。仮面の告白や金閣寺に内容がない訳が無いし、もしそう感じるのならちゃんと読めてないだけ。
これらが難しいなら午後の曳航を読んでみるべき。この時代にこのことを書くだけでも意味があるよ。

430 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 01:10:11
まぁ実際書いてみると大変だよ
森村誠一よりはうまいと思うけどね
松本清張にははるかに及ばないけど
宮部みゆきといい勝負だよな
実際文章に関しては大江と清張には負けたと思ってた筈だよ当人も

431 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 01:15:19
とくになんだかんだ言っても三島は学歴信奉者だったから
低学歴の松本清張が月何百枚も書いて
次々と傑作生み出すのには嫉妬通り越して憎悪抱いていたと思うよ

432 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 01:30:42
冗談だか本気なんだか分からない人ばかりだ。

433 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 01:53:11
上手いこツ云いなさる。

434 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 02:17:21
大・妄想大会

435 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 09:45:17
>>413
《世界を変貌させるのは
決して認識なんかじゃない
行為だ》
というやつでつか

436 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 12:55:52
>>430
笑った
森村誠一、松本清張…だってwww



437 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 17:31:14
まあ、結局、好みの問題なんだろうね。

438 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 21:07:39
>430は壮大な釣りございましょう。


439 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 21:22:27
http://hp.kutikomi.net/jkjcjk/?n=top

440 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 21:22:56
”彼の中では”真実なんでしょ。

441 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 03:58:20
文化防衛論っていつの間にか復刊されてるね。
ずっと欲しかったからうれしいことだ。

442 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 21:53:07
由紀夫ちゃんはうるさい真実が大嫌いな方でしたわ、ねえ、お母さま。


443 :吾輩は名無しである:2007/03/22(木) 22:30:25
>>413
生きようと思ったってのはだな・・・・・・

三島はこの一言が書きたくてこの小説をでっちあげたのは明白だろ

444 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 12:26:37
実際の金閣寺事件と三島さんの文学作品『金閣寺』は全くの別物ですから
松本清張の人間ドラマと一緒にしないようにね(笑)

445 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 14:31:38
過剰なる修飾

446 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 20:27:33
国宝放火で重罪が予想されるのに生きようと思うのは
自分変えたくて命ごいする女子高生刺し殺したヤシと同じ精神構造だね

447 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 20:39:41
仮面の告白を読み終えた直後なんだが、この後、どの順番で
読んでいけばいいんだろう?
とりあえず

仮面の告白
金閣寺
春の海
奔馬

の予定なんだが、憂国と潮騒も押さえておくべきかな?
初期の純情プラトニックボーイがガチムチの兄貴と化していく
過程を楽しみたいんだよね。
三島の人間像を理解しようと思った場合、この作品は外せないっていう
お勧めはあるかね?

448 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 21:45:20
お気に召すまま 勝手にしやがれ ローマの休日

449 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 23:25:53
>>447
一番いいのは書かれた順に手に入るのは全部読んでいく事でしょう

450 :吾輩は名無しである:2007/03/23(金) 23:41:11
>>447
読むより全集を全部書写せよ

451 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 00:33:34
三島由紀夫の自決は、潔いなあ。

文学、作家連中は、できるかなあ?

452 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 00:37:57
>>446
可哀想にwww
推理小説だけ読んでな
おまえさん

453 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 00:39:45
支持を得られなかった、劇作家の末路。
自爆は自分で出来ないできるかなあ。
往生際が悪いからなあ。
その辺、笑いが出る。



454 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 00:43:52
>>451
できないから、嫉妬してあれこれ難癖つけるんでしょうね


455 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 00:55:01
>>447
三島由紀夫が影響を受けた
ニーチェの悲劇の誕生も参考に読むといいと思います

456 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 00:59:32
私も三島のようにこの劇作家は自決は出来ないと感じる。
総監を監禁したことも支持は得られない。

すぐに人の責任にして、己の責を一切感じない。
無能な劇作家。(ゴーストライター)
もう先は無いな。



457 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 06:16:12
でもあんだね
歌舞伎とかかわりあったおかげで
歌舞伎座で靴隠されたりイヤな思いしたらしいね
歌舞伎役者の奢り高ぶった生活なんて書いたのは偉かったね
ほんとあいつらにには吃驚するらしいよ

458 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 06:26:56
往時の女形・歌右衛門とは非常に親しかったらしいが

459 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 07:04:27
三島は古典に則った歌舞伎台本を書けたんだよな。
それは誰にでもできる事ではないし、劇作家としても超一流だった。

460 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 12:00:26
いくら一流でも、最期がアレじゃあ意味無し。

三島の作品は、読んだこと無い。


461 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 12:21:00
プライバシー侵害事件も日本初の快挙と呼べるか?

官能小説家として評価。

462 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 12:31:55
「宴のあと」読んでから言ってんのか? そうなら自分の観賞眼の粗末さを呪え。

463 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 14:39:15
戯曲は本当に面白いよね。
小説よりも好きだ。


464 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 16:33:35
三島も
司馬遼太郎も
小説は一遍も書いてないって聞いたんだけど

465 :吾輩は名無しである:2007/03/24(土) 21:39:59
トルストイも
バルザックも
小説は一遍も書いてないって聞いたんだけど。

466 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 11:30:52
三島由紀夫は日本では過小評価されてるね

467 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 12:26:18
>>460-461
読んでから来いよ
誰かが書いた作家評論しか読めないバカは

468 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 12:50:19
切腹しろ

469 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 13:21:45
小説家、劇作家、俳優、エッセイスト、テレビタレント
盾の会隊長、モデル、大蔵官僚、ガチムチ兄貴…
ゆっきーはマルチタレントだなぁ。

470 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 20:22:01
>466
だけど死後から現在に至るまで三島関連本は後を絶たないよ。
ことに未亡人が亡くなってからはー。
評価はともかくとして、今だに関心が薄れていないってのは
凄いね。


471 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 20:27:32
凄いな。死後…37年…か?

472 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 20:59:13
雑誌や新聞で毎月一回はお目にかかるな。

473 :はるか高み:2007/03/26(月) 21:42:51
当たり前だよw。
三島のより優れた文学なんぞあるはずもない。
若年の『仮面の告白』にして、
川端康成が見透かされ敗れているのだからね。
僕も『仮面の告白』に敗れているかもしれないなぁw。

当たり前なんだよな。
三島由紀夫は『源氏物語』の作者なんだもの。
紫式部→・・・→与謝野晶子→樋口一葉→三島由紀夫に変態。
この四人、皆んな同じ人なんだけど、樋口一葉・・




474 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 21:46:17
あーっはっはっはっはー

475 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 21:51:01
三島みてるとピッコロ大魔王思い出すのは俺だけかな・・・
なんか似てね?

476 :はるか高み:2007/03/26(月) 21:57:30
さぁ、たいへんだw。
文学史どころか・・・。

477 :はるか高み:2007/03/26(月) 22:03:18
紫式部ってのは、平民ではないんだよなw。
すると三島は・・・w。

478 :はるか高み:2007/03/26(月) 22:03:56
やっばりなぁw。

479 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:05:54
>>478
じゃあ、そろそろ三島由紀夫も転生してくるのでは?

480 :はるか高み:2007/03/26(月) 22:17:12
三島の死の日時、つまり市谷の切腹死なんぞ、僕は信じていない。
第一、森田の生首がスパッと見事に切られているのが不思議である。
そんな達人いたのかねぇw
僕は僕なりの現場観がある。
少なくとも三島はあそこでは死んでいないと思うよ。
いや変態もせず今でも生きていると僕は思っている。
それこそ、不死道というは・・・でね。

481 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:18:17
じゃあ小説発表して来ないのはなぜ?平野啓一郎とか虐殺しないの?

482 :はるか高み:2007/03/26(月) 22:18:58
総監?w

483 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:21:20
電波来てる。

484 :はるか高み:2007/03/26(月) 22:21:50
もう三島文学は終わっているんだよw。
平野?w
だからあれは、親子孫の中の親が変態したもんだって言っただろうw

485 :218.231.218.34.eo.eaccess.ne.jp:2007/03/26(月) 22:22:51
>>480

私は、三島亡命説を唱えてみたいと思っています。

486 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:23:50
イーアクの規制解除されてるよ

487 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:24:44
>>はるか高み様

このスレにはクソザコ大介がしゃしゃり出てこないから
快適ですね。

488 :はるか高み:2007/03/26(月) 22:26:55
三島の四部作なんて、僕は『源氏物語』だと思っている。
与謝野晶子も『源氏物語』を書いている。
樋口一葉は何故書かないのかと思って、さっき停滞したんだよw

489 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:28:02
たかみさんがアナル好きのガチムチ兄貴だというのは本当!?

490 :はるか高み:2007/03/26(月) 22:30:54
「あ」にしても三島の行方を知りたいかもなぁw

491 :はるか高み:2007/03/26(月) 22:32:29
>>489
マジで僕にはわからん。

492 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:37:22
加護ちゃんクビだってよ

493 :はるか高み:2007/03/26(月) 22:46:23
>>487
この世のどこかで、僕以外に君達に教えてくれた人がいるかい?
僕は真の日本語、変態、不死、思想を教えたよ。



494 ::2007/03/26(月) 22:49:18
>>486

どうやらそのようです。
お知らせ、ありがとうこざいました。

495 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:53:39
>>493
ちょっと意味が良く分からないのですが…。

自分が言いたかったのは、大介がアホ丸出しの低脳連投してるのは非常に不愉快なんで、
このスレではそういうことがなくてうらやましい、という事です。


496 :はるか高み:2007/03/26(月) 22:54:48
僕のここの過去ログをみてごらんよ。
全てのレスがかって誰も言ったことがないことばかりだよ。
世界の人々の誰もが知らないことばかりのはずだよ。
この五百ばかりのレス中だって、そうだと思うよ。

497 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:58:57
>>491謙遜しなくていいのに
あなたはアナル好きのガチムチ兄貴なんだろう!?

498 :はるか高み:2007/03/26(月) 23:05:08
>>495
いや、彼のは凄いんだよ。
しかし、文学と同じで誰にも読めるものでもないし、
誰にも判らないんだから、オナニーしてると同じなんだよ。

僕は彼のなんか一瞬しかみないんだけど、さすがに親子孫中の
孫だけあって、日本語はよーく知っていると思う。
彼は自演だろうがなんであろうが、何者かを誘い込まないとな
らんのだよw。
恥も何もあったものではなく、ただ必死なんだよ。
ここであろうとなんであろうとウザイくらい名無しでレスしてるよ。

499 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 23:11:24
B型は遊牧民
http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/aoki-ookami/

500 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 23:13:51
>>498
やっぱりガチムチ兄貴は何でもお見通しなんだナッ!

501 :はるか高み:2007/03/26(月) 23:15:58
「あ」ってね、例の親子孫を指すんだよ。
ほら出没して来てるだろうw
親子孫の誰が出てきてんか知らんけどw

502 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 23:17:45
>>501
アナル大好きガチムチ兄貴乙!!!!!

503 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 23:21:47
>三島由紀夫センセイ

魅死魔雪翁となって出てきて、石原珍太郎をしかりとばしてもらいたい

504 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 06:29:19
リアルで三島知らない人は
パリで人肉食った佐川くんイメージしてれば間違いない

505 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 11:34:10
>>501
親子孫って何ですか?

506 :はるか高み:2007/03/27(火) 19:44:09
>>505
代助とその父と祖父。




507 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 20:15:30
>>504
 多分、両方とも知っているか、どちらも知らん椰子の方が多いと思う。
また、二人の共通項って何? いいとこのボンで劣等感の塊とか?

508 :はるか高み:2007/03/28(水) 20:21:33
源氏物語の作者は三島由紀夫である。

紫式部から与謝野晶子そして樋口一葉さらに三島由紀夫へと
転生しているのである。
紫式部から与謝野晶子までの経過は僕にも解らない。
しかし与謝野晶子からは藤原定家の名の通りに家を定め、
十八歳の子に昆虫のように変態して、
転生を繰り返しているのである。

三島由紀夫は紫式部なのだ。
紫式部は三島由紀夫なのだ。

検索に引っかかってないようなので・・・w。





509 :源氏物語の作者は三島由紀夫である。:2007/03/28(水) 20:32:16
byはるか高み

510 :吾輩は名無しである:2007/03/28(水) 21:58:19
>>504
佐川を三島の変形と考えるのはおもしろいな。
まあ、佐川は世間に受け入れられなかった三島、といったところだな。

511 :はるか高み:2007/03/28(水) 22:03:03


586 :はるか高み :2007/03/28(水) 21:52:23
石原慎太郎さんの願いは純粋で、金が欲しいんだよね。
その為の知事なんだからw。
思案橋ブルースじゃないけど、僕は金については思案中だけど、
多分動かないよw。
何故ならね、罠も一応は読んでいるけれど、あまり金に興味ないし、
なによりも龍を閉じ込めるのにあそこは適所だからねw。
あそこには金のほかに、三億円事件の五百円札二千枚もあるんだけどね。
でもね、そんなものは僕からしたらささいなものなんだよw。
石原さんは符を知るばかりか、そこで符を唱なえる人なのにねw。
残念かもよw。


512 :はるか高み:2007/03/28(水) 22:06:20

その場所は東京都内にあるんだよ。

513 :はるか高み:2007/03/28(水) 22:09:34
莫大な金、Auだよ。

514 :はるか高み:2007/03/28(水) 22:41:32
与謝野晶子、つまり三島由紀夫によれば、
別に「あ」の金、ゴールドもあるんだよなぁw。
解けるけどそれ以上は読まないw。
ろくなもんじゃない金なんかいらんもの。

515 :はるか高み:2007/03/28(水) 22:48:49
「あ」の金はメッキかもなぁ、二枚目の。
しかしそれをみさだめる気もしない。

516 :吾輩は名無しである:2007/03/28(水) 23:07:31
ttp://www.youtube.com/watch?v=1WhSRHhaE9E&mode=related&search=

517 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 15:51:20
三島って精神病か脳の病気だったんじゃないかな?いや、あおりとかでなく真剣に。
あの漢語の知識とか異常じゃない。記憶力が異常に発達する病気とかあるでしょ。
バカと天才は紙一重って、こういう人のための言葉だと思うわ。

518 :はるか高み:2007/03/29(木) 19:45:47
あの場所は龍を閉じ込めるには適所だし、
樋口一葉の名の一通りにもその危険が述べられている。
しかし莫大な金と五百円札二千枚はそこにあるのである。
そことは東京のどこだと思う?
僕が三億円事件を解いて得た三億円の隠し場所が、奇しくも
その莫大な金の在りかと同じ場所だったのである。

これこそが昔から言われている宝なんだよ。
宝である以上は三億円事件なんかを解かなくても、
その在りかは誰にでも解からなければならない。
実は誰にでも解かるのである。
実はその手掛かりは等しく君達に与えられている。
手掛かりが与えられ、取ってくれと言わんばかりになのに、
君たちは誰もその手掛かりに気付かないだけなのだw。
君達にも例外なく宝の在りかが示されているのになぁw。
宝の在りかを教えて欲しいかい?。

519 :はるか高み:2007/03/29(木) 22:18:20
手掛かりというよりも、宝の隠し場所をズバリ示したものだよ。
間違いなく宝に行き着けるよ、正確無比な絵地図同然だもの。

520 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 22:24:02
教えてくだしあ。

521 :はるか高み:2007/03/29(木) 22:34:38
信じられないんだろうなぁw
常識ではそんなことある訳がないものなぁ。
しかし考えても見給え、宝はそうあるべきではないかい。
僕でもそうするなぁ。全ての人に宝を得るチャンスをやるなぁ。
しかし、千年も前から宝のありかは定められてはいたけれども、
宝の存在はおろか解き明かしたのは僕だけだろうね。

522 :はるか高み:2007/03/29(木) 22:39:56
徳川の三百万両なんてケチな金の量ではないんだよ。
黄金の国ジバングなんだよ、この日本は。

523 :はるか高み:2007/03/29(木) 22:50:48
独学だけどね、僕は金・銀等の分析・精錬の
人に負けない技術を持っている。
そんな僕が考えるには、古代の日本には錬金
術が実在したんだと思うよ。
でなきゃあ、そんな莫大な量の金なんかある
はずもないもの。


524 :はるか高み:2007/03/29(木) 23:02:27
でね、退屈だから錬金術を得ようと、
さっきから考えているんだ。
もちろんその手掛かりは十全に揃っている。
そのうちに解けると思うよ。
解けても実験のみで終わらすけどねw。

525 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 23:05:07
どひひ

526 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 23:11:55
どーでもいいから早く宝の在処を正確に示してくださいよ。

527 :はるか高み:2007/03/29(木) 23:41:40
教えを請う態度でないんだよw。
じゃあ、教えんよ。
真実を見る目がないのが特色だな、君たちはw。

528 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 00:09:12
まぁでも、宝の在処を教えて欲しいなんて
それこそ宝っぽく無いんじゃないw


529 :ペンギン ◆od0qY8Ss/. :2007/03/30(金) 01:31:06
三島と開高がお互いに小説家としては3流と言い合った話って事実だろうか

530 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 06:22:06
柄谷 うーん、そうか。あなたの中ではそういう形で残っているけれど、
それはむしろ例外的ですね。僕が最近感じるのは、一つの重石が取れたと
いうふうにみんなが思っているんじゃないかということです。中上の場合
と意味は違うけれど、例えば三島由紀夫が死んだとき、やっぱりみんな
だらけましたね。どんな形であれ三島がいることで、物書きは緊張していた。
フランスでも、フーコーが死ぬと完全にだらけてしまった。

531 :はるか高み:2007/03/30(金) 07:27:26
>>528
宝っぽく、それを知ってること自体が・・・w。

>>530
対談の抜粋だろうけど、
元もどちらもきいたふうな事を言ってるなぁ、当たり前のことをw。
三島のなんたるかも知らんくせにw、ばかが。
せめて三島由紀夫の日本語を知ってから物書きになれよw



532 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 07:40:03
ゆんゆん来てるね?

533 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 09:56:07
>>531
アナル大好きガチムチ兄貴!おはよ〜ッス!

534 :はるか高み:2007/03/30(金) 10:32:07
>>532
独学だけど、僕は盗聴器の発見技術も日本一だからね。
世界中のプロが出来ないデジタル盗聴器とリモコン盗
聴器の電波が出てない待機中のを、僕はオールマイテ
ィに短時間で発見できるからね。デジタル盗聴器発見
に関しては四国に一人だけできるのがいるけどねw。

ゆんゆんねえ。古事記上巻併(?)序、樋口一葉
を読んでのことなら、答えてあげるよw。



535 :はるか高み:2007/03/30(金) 10:45:29
それはともかく
>>531として、おはようさん。

君も古事記上巻云々の漢字をよーく読めば<
僕がその兄貴とかどうか判ると思うよw



536 :はるか高み:2007/03/30(金) 10:49:38
それをよーく見るだけで、君は誰も知らないことを発見できるよ。
特に「併」の字は古典文学大系などでそのありようをよーく確認
してね。解ったら、当たっているかここで教えてあげるよ。

537 :はるか高み:2007/03/30(金) 10:52:25
日本語の一通りの読み方も解ると思うよ。

538 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 11:23:49
>>537
高み兄貴はどんな男のどういうアナルが好きなんスか?
教えてください!!!

539 :バカボンの親父の友達:2007/03/30(金) 17:54:16
三島由紀夫のいう「日本人が守るべきは民主主義ではなく3種の神器だ」という説は間違っている。
反対します。

540 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 18:03:43
午後の曳航おもすれ〜

541 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 18:07:32
生きた時代がもうちょっと後だったら、少女漫画にはまってそうな気がする。

542 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 19:20:16
三島とか安部公房が長生きしてたら、賞とれなかったであろう作家っているのか?

543 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 20:48:40
大江

544 :はるか高み:2007/03/31(土) 17:07:30
だろうね、よかったねw。

545 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 17:14:57
潮騒じゃー潮騒じゃー!

546 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 17:18:38
はるか高みさんは統合失調症という病気をご存知ですか?

547 :はるか高み:2007/03/31(土) 18:03:19
合、君はあれなのw?




548 :はるか高み:2007/03/31(土) 18:06:58
いっけいも出たようだしw。
僕が出ればそんなんのばっかり出てくるなぁw。

549 :はるか高み:2007/03/31(土) 18:17:27
『仮面の告白』なので、訂正も意味ないし、
それに全てが筒抜けだし、
馬鹿でいないとおまいらの相手はできんw。


550 :はるか高み:2007/03/31(土) 18:34:53
>>545なw。


551 :はるか高み:2007/03/31(土) 18:45:30
もうこういうのやめろよw
おまいら以外はわからんのだからw
反応する僕が二枚舌なんだけどねw

552 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 19:00:20
ホンバ!奔馬!ホンバ!奔馬!

553 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 21:34:53

三島由紀夫は系譜学でいうところのフーコーの系譜に入るだろうね。構造上。
思想が右に偏ってる限りニーチェの系譜学からの呪縛からは逃れられない。
大江健三郎は三島由紀夫から「次は大江君だよ!」と言われたらしいが、
中上健次との対比で言うと三島の後継者は当然中上だろう(鈴木大介)。


554 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 00:04:39
【行政】外国企業が自社株を対価に日本企業を買収する「三角合併」の課税繰り延べ 「準備会社」容認…財務
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175035058/
【政治】アジア・ゲートウェイ戦略会議 (議長・安倍首相)が目指す国家像はアジアと交流する国、アジアか
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1174914000/


日本、いよいよやばいです。

555 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 04:40:06
m9(・∀・)<後の無いT豚S“至上最大の放送免許剥奪前夜祭”、この祭り、もう、どうにも止まらない!!!!


【TBS】 総務相 「(TBS捏造疑惑について)調査している」★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175329681/l50
【TBS】 “TBS、逆ギレ?” 「捏造とは心外」「録音公表、モラルに反す」…不二家「みの氏は謝罪を」「悪意感じる」★8
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175359671/l50
【マスコミ】TBSの対応次第では「損害賠償請求などの法的措置を検討すべきだ」 不二家の対策会議が提言 ★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175269751/l50
【TBS捏造疑惑】 「廃業しろ」 みのもんた氏の発言で、不二家がTBS提訴も…「あるあるってレベルじゃない」★12
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175287156/l50
【TBS捏造疑惑】 TBS、「朝ズバッ!」で不二家に謝らず…みのもんた、セクハラ疑惑でTBSの態度に激怒か★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175217408/l50
【TBS捏造疑惑】 TBS社長ら 「不二家報道、捏造というのはどうか」「みの氏の『不二家、廃業しろ』は励ましの言葉」★8
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175198838/l50
■不二家の抗議にTBSがチンピラ口調で逆切れ! ■
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1175262310/l50
【テレビ】みのもんた、TBS「朝ズバッ!」捏造報道疑惑を完全無視!
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1175200058/l50
【マスコミ】 「TBSの報道、事実と異なる」 “みのもんたの朝ズバッ!”不二家報道で…総務省、調査へ★6
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175081712/l50

※関連スレ
【マスコミ】 「次やったら、電波停止も」 TBSに、最も重い警告…総務省★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150881051/
【マスコミ】 「捏造問題」繰り返すなら電波停止も…総務省、関西テレビにTBSの時より重い「警告」
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1175225646/l50

556 :はるか高み:2007/04/01(日) 10:28:12
僕が盗聴や莫大なゴールドをここでするのは、
決してスレ違いでないのだ。
どちらも三島文学に密接に関わっているのである。
ただし盗聴に関しては君達には関係ないことだがねw。

そこで莫大な金の話をしたいと思う。
君達が僕を信用せずに莫大な金の在りかの教えを請わなかったのは、
あとで後悔すると思うよw。一体この僕を誰だと思っているのかねw。
僕は本当に教えたのだよ、ここで。信ずる者はなんだかなんだよ。

さて、あの場所の莫大な金は錬金術によるものだと思うと僕は言った。
今朝、僕はあらかた解いた。正にその通りだったのである。

557 :はるか高み:2007/04/01(日) 10:44:48
それは大発見だった。
金の分析・精錬技術のみならず、白金族の精錬技術に於いても、
江戸時代から続いているあの徳力(徳力の番頭が田中)が僕の技術
に舌を巻いて(僕との合意書が存在する)いる。
そんな僕でも錬金術は原子転換、方法としてはアーク技術しか
可能性はないと思っていた。それも無理だと。

しかしである。錬金術は実在していた。その方法があったのである。
その方法も又、僕の考えからすると人々に等しく提示されていなけ
ればならないのであるが、その通りで誰もが得られるような形で示
されていたのであった。君たちが知らないだけなのである。

ただし、面白いことに、その方法は莫大なゴールドの在りかを得て、
初めて知ることができるようになっていたのである。



558 :はるか高み:2007/04/01(日) 11:02:09
三島文学には莫大なゴールドの在りかが書かれてある。
それに三島は錬金術の方法がどこにあるか、よーく知ってる
んだな、これがw。或る意味それを書いてし。
三島さんには勝てんとつくづく思い知らされたよw。

僕は理論的にはもう莫大な金を手に入れたと同じだ。
場所と錬金術を公開した途端に金の値打ちなんか無いに等しんだし、
そんなものは僕のやるべきことではないと思うので、この二つは
もう封印するよ。
はるか高みは凄いなぁw。
マジで生きた証を得たよ。もうなんにもいらん。
世界なんか滅びたっていいよw。


559 :はるか高み:2007/04/01(日) 11:15:35
世界の破滅と云えば、『古事記上巻併序』を見てくれたかね?
「併」の文字のありようを見、少しは日本語が読めたかな。
そこで問題がある。
「併序」なのか「序併」なのかが、伝本によって異なり、本当
のところが不明になっている。
実はこれは大問題なのである。そこに世界の破滅の成否が掛か
っていると言っても過言ではないのである。
この僕は「序併」だと思っているが、迷うところなんだ。

(序文の偽書説もあるようだが、序文が虚偽・虚構でなく現実
であり、事実実際に存在し実行されているのはこの僕が身を
持って体験・体現している事実である。)


560 :はるか高み:2007/04/01(日) 11:19:27
このスレに訪れる人は幸せだと思うよ。
他の所、他の人には何にもないんだし、
この僕を信じ追っていれば、得がたいものを
得られると思うよw。

561 :はるか高み:2007/04/01(日) 11:35:18
僕が莫大な金の在りかを教えていれば、
同時に仕掛けられている罠から逃れるすべも教えたよ。
何故なら、罠で死ぬんだからねw。
その時は責任を取ろうと思っていたんだよw。

562 :はるか高み:2007/04/01(日) 11:44:19
断っておくが、僕が莫大なゴールド、
つまり宝の在りかを得たのは三島文学ではないよ。
三島文学は一部の人しか読まないしね。
もっと別なもの、人々皆んながお目に掛かっているものなんだよ、
宝の在りかが正確無比に示されているものは。


563 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 11:50:25
はるか高みさんは三島さんの生まれ変わりなんですか?

564 :はるか高み:2007/04/01(日) 11:52:18
僕が解いたものはたくさんある。
その全てが、宝の在りかが同じ場所なんだよ。
三億円の在りかが最初だったんだけど、
それが莫大な金の在りかと一緒なのには、
僕の運命を感じるけど必然なんだよなぁw。
罠云々ではなく、僕はこの在りかどころか、
その周辺にさえ行ってはいけないのである。
だから在りかを教えてやると言ったんでもないけどねw。


565 :はるか高み:2007/04/01(日) 11:54:58
>>563
だからそれは、「古事記上巻序併」を読んでもらえばわかるよ。

566 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 12:32:33
>>565
アナル大好きガチムチ兄貴こんちわーッス!!!

567 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 12:53:19
www徳川埋蔵金みたいな話になっとるwwwwwww                ひー笑い死にしそうwww

568 :(´台`) ◆nRHFM1v6Oo :2007/04/01(日) 13:42:31
メンヘラホモの巣窟WWW

569 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 13:56:15
岩波文庫総合スレッド
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1168939175/207

これはひどい

570 :はるか高み:2007/04/01(日) 14:08:30
>>569
ホント、ひどい話なんだよw。
岩波の名にもそう書かれている、ひどい話と。
君達はそれを知らんだけなのだよw。
めでたい話でもあるなぁw。


571 :はるか高み:2007/04/01(日) 14:11:38
悲惨な話といった方が適切だなぁw。
いや、笑い事ではないんだよ。
いつか君達にも解る時があるよw。

572 :はるか高み:2007/04/01(日) 14:17:44
その悲惨なことも今、決定したんだよ。
何故だか誰にもわからんだろうなぁw。
でもやったら、僕が暴露してやるw。
遅いけどなぁw、知らないっと。

573 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 14:22:39
で、結局何が言いたいの?

574 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 14:29:15
パンパンパーン
       ∩   ホントニアンタハダメナコネ!! モウソウイバリ ミットモナイ!
  (#`・ω・´)彡☆
   ⊂彡☆))Д´) ア゙―― ←>>571
       ☆

575 :はるか高み:2007/04/01(日) 14:46:31
>>574
ァ゛はおまえだろよ、そんな字あればだがなw。
ホントニ、へたなもの作りやがつてw。

576 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 14:51:08
574のAA俺が見たAAの中で一番俺好み。やっぱ文学板には感性の鋭いやつらがビンビンいるんだなぁいやはや

577 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 15:06:14
, 座敷牢から抜け出して…皆さんにご迷惑かけるんじゃないよっ
、   さぁ帰るんだよ春片紙、尻ペンペンだからねっ      
(-_- )-C< ゚д゚)Ξズルズル


578 :はるか高み:2007/04/01(日) 15:10:40
>>577
専属女王様になってくれると。
遠慮せずにその好意を受け取ろうと思うw。

579 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 15:12:04
(:D)| ̄|_ =3

580 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 15:14:03

    _, ,_  パーン  
 ( ‘д‘)    母ちゃんに対してのぼせるんじゃないよっ、ボケ!
  ⊂彡☆))Д´) >>578 ほんとにクズだねお前はっ




581 :はるか高み:2007/04/01(日) 15:17:26
>>574
ここには凄い奴がワンサと来てるんだよw、見学も含めてね。
石原以外の知事だって来てるんだぜw。
知事ほど凄いものはないんだよw。
君達は知事のなんたるかを知らないんだよ。
あの石原が知事にへばりつきたいはずだよw
それに大勢の小説家も。ここに来ない奴は物書きではないもんなぁw。



582 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 15:20:35

(-_- )-C< ゚д゚)Ξズルズル 精神病棟から逃亡した患者です。
、     >>581    収容します。ご安心ください。



583 :はるか高み:2007/04/01(日) 15:22:10
>>580
クズ!
最高の褒め言葉だw。
私にこそふさわしい。はははw。

584 :はるか高み:2007/04/01(日) 15:27:17
>>578>>583
何がうれしくて人の名をかたるの?
僕と同じで退屈なんだろうねw。
君たちは死ねるからうらやましいよw。

585 :はるか高み:2007/04/01(日) 15:29:21
>>584
偽者はお前だろうがキチガイ!
豆乳に溺れて死ね!


586 :はるか高み:2007/04/01(日) 15:29:50
>>583-584
どうして影武者が表に出るんだ!
喋るのだけは絶対にやめろと言っただろうが!
ひとこと喋ればバカ度がばれるんだから!

587 :はるか高み:2007/04/01(日) 15:30:44
>>574ではなく、
>>576だったねw。

588 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 15:31:35
         _, ,_
     〃〃(`Д´ ∩ < 構ってくんばかり馬鹿ばかりヤダヤダヤダ
        ⊂   (        おもしろくないっ
          ヽ∩ つ  ジタバタ



589 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 17:36:38
>>588
端から見てると貴方の方がバカみたい(笑)

590 :吾輩は名無しである:2007/04/01(日) 23:47:56
二次熟語貼り付けおじさん

591 :吾輩は名無しである:2007/04/02(月) 06:33:02
馬鹿

592 :はるか高み:2007/04/03(火) 11:09:38
僕は、三島の四部作は『源氏物語』だと思っていると言った。
それはまずひとつについては正しかった。
『春の雪』は間違いなく『源氏物語』そのものであった。

紫式部、与謝野晶子、三島由紀夫、同じ三人が揃って源氏物語を書いている。
同じ人である樋口一葉も源氏物語を書いてるかもしれんなぁ。短文だっていい
のだからね、なにも。
しかし、そこは謎として遺して置こう。
僕は封印した錬金術で忙しい。頭がそれで一杯のはずなのだが、
僕の中では次々とあらたな新発見が続いている。
よく頭がはちきんんものだと我ながら感心してる。
しかし、肝心要に近づいてきてるので、
それらについてはだんまりを決め込んでいるw。
僕の名をかたる奴がいて、ここに書き込む気もしないしねえ。

593 :はるか高み:2007/04/03(火) 11:31:05
風邪気味で喉が痛く、38.7度の熱がある。
昨日からのしゃっくりも止まらない。
こういう状態で『暁の寺』を朝から読んでいる。
三木に加えた四木目について読んでるつもりが、よく判らんw。
君達は三木も知らんだろうがねw。
三木、四木、それでも狂言にはいかないんだ、僕は。
うさんくさいからねえw。
錬金術と言い、四木だろうと三島文学には何でもあるんだよw。

594 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 14:52:01
「愛の渇き」と「音楽」両方とも主人公に瀕死の病人の看病させて
意味を持たしている。あ、またかって感じした。この人結構こういう
使いまわしのパターン多い。

595 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 14:56:06
それに、最後の頃の狂言回し的活動は、岡本太郎の姿とダブる。

596 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 16:57:18
>>593
愛の渇き と 音楽 は全く違う傾向だったと思うけどなあ
あんた本当にちゃんと読んでるの?

597 :はるか高み:2007/04/03(火) 18:21:35
そうなのw?

598 :吾輩は名無しである:2007/04/03(火) 18:35:00
えらそうなこと言いたい中学生と病気な人のスレ

599 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 08:54:44
だから傾向は違うけど、 部分的にすごく似た場面が出てくる。
あんた本当にちゃんとレス読んでるの?

600 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 17:08:53
奔馬後半・裁判所内戯曲風の展開部に
三島さんの才能の極みを感じました

サド侯爵・・やら10日の菊よりこの箇所を
戯曲化してほしかったな・・・

601 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 23:52:12
三島の描く女性心理や女性観といったものを、女性はどう捉えているのか知りたい

602 :【無料】日本文化チャンネル桜スカパー241ch見ようぜ:2007/04/05(木) 00:44:39

日本文化チャンネル桜は、平成十九年三月三十一日をもってスカイパーフェクTV!Ch.767における
24時間放送を休止し、同Ch.241「ハッピー241」の夜の時間帯で放送を続けることになりました。

※「ハッピー241」での放送時間(4月1日?)は、以下のとおりです。スカイパーフェクTV!
の受信環境があれば、どなたでも無料でご覧になれます。
       【月?金】18:30?21:30/23:00?24:00
       【土・日】21:00?24:00

http://www.ch-sakura.jp/index.html



603 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 01:17:37
仮面の告白の自序原稿というやつに三島の直筆で「この醜怪な告白に私は自分の美学を
賭けたつもりだ。」ってあるんだけど、これって「賭けた」じゃなくて「懸けた」じゃないの?
でも三島がこんな誤字するかなあ。あんな超博識な歩く百科事典みたいな人が。
賭けたでもいいのかな?

604 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 09:57:36
誤字ではない。漢和辞典で引いてごらんw

605 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 10:20:35
このての用字用語に対する指摘がまえにもあったな。
疑問に思ったならまずは自分で調べる習慣を持ってほしいものだが、
それ以前にもっといろいろな本を読むことだな。

606 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 13:12:13
角川国語辞典
・懸ける…ものを犠牲にする覚悟でことにあたる。「命を・―ける」
・賭ける…かけごとをする。ばくちを打つ。

やっぱり懸けるのほうがベターじゃないか、意味的に。
賭けるはふつうギヤンブルほうじゃないの。

607 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 14:20:41
人生は賭けだ
とよく言うよ

608 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 14:41:18
http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/archives/1117749502/


609 :はるか高み:2007/04/05(木) 18:32:56
酔って滑りそうだが、貝でいようっとw。
いれるかなぁw。

610 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 21:56:53
>606
これは賭ける、で正解でしょう。
小説を発表する、ということ事態が一種の賭け、みたいなものでしょ。
三島の独特の美学が果たして世間に受け入れられるかどうか、の
賭けの心境だったと思うが。


611 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 02:14:50
角川国語辞典より
・懸ける…ものを犠牲にする覚悟でことをする。「命を―・ける」
・賭ける…かけごとをする。ばくちを打つ。

であるから、
「もの(=美学)を犠牲にする覚悟でこと(=告白)をする」ってことだから「懸ける」が
正しいな。「命を懸けて仕事をする」っていうのと同じだ。「命を賭けて仕事をする」って
書くのはまちがい。べつに賭博で勝負してるわけじゃないから。
ex. わずかな可能性に望みを懸(×賭)ける

612 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 02:34:21
か・ける2 【▼賭ける】
「かける」を大辞泉でも検索する

(動カ下一)
[文]カ下二 か・く
〔補説〕 「掛ける」と同源
[1] 勝てば獲得し、負ければ失うという約束で金品を出す。

・ ポーカーに大金を―・ける

・ 晴れる方に千円―・ける
[2] (「懸ける」とも書く)成功すればある物を得る、または失敗すればある物を失うということを承知して事に当たる。

・ 甲子園出場を―・けた試合

・ 新製品に社運を―・けている

・ 首を―・ける
[3] 成功すればある物を与えるという約束をする。

・ お尋ね者に賞金を―・ける

613 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 02:56:55
以上を総合して「賭ける」でもまちがいではないかもしれないが「懸ける」のほうが
よりふさわしいという結論に、我々は至ったわけだな。

614 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 02:58:52
うわ!恥ずかし!

615 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 03:07:14
懸けるのほうが厳密にはふさわしいね。賭けるはギリギリおまけでセーフです。
懸けるは正規合格。賭けるは補欠合格。
ウソだと思ったらあの金田一茂穂先生に聞いてみなさい。

616 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 03:08:26
クスクス

617 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 03:09:19
【都知事選】浅野史郎氏、志同じならと民団に支援を要請
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/%31174623990/

東京都の人は、ぜひ読んでみてください。
現在、朝鮮総連や民団その他の反日団体が、総がかりで浅野を応援しています。
浅野が知事になれば、たぶん東京は終了します。

618 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 03:23:25
金田一茂穂「『懸ける』のほうが正しいんだ!じっちゃんの名に懸けて!」

619 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 03:36:20
>>600
よく読み込んでるなぁ

620 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 03:43:23
そういえばユーチューブで三島の英語を聞いたけど、なんであんな喋れんだ?
三島って海外で生活したことあったっけ?それともあれくらいの英語力って
独学でも十分可能なレベルなのか?

621 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 05:48:25
外務省

622 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 06:24:42
クスクス

623 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 06:39:24
【都知事選】浅野史郎氏、志同じならと民団に支援を要請
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/%31174623990/

東京都の人は、ぜひ読んでみてください。
現在、朝鮮総連や民団その他の反日団体が、総がかりで浅野を応援しています。
浅野が知事になれば、たぶん東京は終了します。

624 :はるか高み:2007/04/07(土) 10:35:48
241 :はるか高み :2007/04/06(金) 22:33:48
君達、つまり世の中の人達には、
川端康成の『雪国』は永遠に読めないなぁw。
『雪国』はマジで見たことも読んだこともないのでなんなんだが、
「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」という冒頭の一句さえ読めないし、
その秘密を明かされることはないだろうなぁw。
その一句は畢竟古事記や日本書紀なんだからねw。
その一句は、僕が僕故に明かせないし・・・ね。
ま、いつの日かね。


625 :はるか高み:2007/04/07(土) 10:36:35
242 :はるか高み :2007/04/06(金) 22:36:59
その一句は、題名で内部が透けて見えない人向けの、
題名の詳しい説明文でもあるんだよw。



243 :はるか高み :2007/04/06(金) 22:40:55
少なくとも三島由紀夫は完璧に読み、
その秘密を知りぬいていたがね。
張本人の一人なんだから当たり前なんだけどねw

626 :はるか高み:2007/04/07(土) 11:00:40
「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」。
この句は三島由紀夫の根本的な秘密をも顕しているのに、
誰も何にも判らない。
文壇にしてもホントに何にも判らないんだよなぁ。
アホばっかりで、小学生にも劣る。
名誉毀損で訴えてくれないかなw。全員、小学生にも劣ることを
このはるか高みが完璧に証明してやるよ。もちろん世の中がひっ
くりかえる事実を沿えてね。
学問とはどういうものか、全国民がわかるようになると思うよ。
無知が恥ずかしくて死にたくなるだろうけどねw。


627 :はるか高み:2007/04/07(土) 11:09:44


410 名前:(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/04/07(土) 10:28:49
石原はもう諦めろw

文化省にでも推薦してやる。
辞めとけ。御前さんにゃ都知事向かないw
 文化バカだもん、君。明らかに視点偏ってるよww


411 名前:はるか高み :2007/04/07(土) 10:42:49

410は馬鹿の象徴になる人なんだよw。


412 名前:吾輩は名無しである :2007/04/07(土) 10:56:02
子宮でモノを考える左翼は最悪だ


413 名前:吾輩は名無しである :2007/04/07(土) 11:01:21
>>410
禿同意。


414 名前:はるか高み :2007/04/07(土) 11:05:44
はて、馬鹿の象徴とは?w
判らんだろうなぁ、君達にはw。


628 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 12:58:40
>>620
三島は知っての通り学習院高等部を首席で卒業、
卒業式に昭和天皇から銀時計を授与されたのが自慢だった。
つまり成績優秀で東大法学部に入学したということだ。
その時点で基本的な英語力はかなりあったはず。

東大法学部でも成績優秀で、国家公務員上級試験に合格。その合格者の中でも
成績上位者しかとらない大蔵省銀行局に入局したんだから
英語はもとより第二外国語ドイツ語?の実力もついていただろう。

大蔵省と作家生活と二重生活を続けたが、ある日睡眠不足で
駅のホームから線路に落下し、それがあって遂に父親も諦めてくれ
作家の道に進んだ。そして26歳で世界一周旅行をした。
まだ海外旅行が簡単ではなかった時代で、三島は朝日新聞特派員のような
肩書きでビザをとり旅行したはず。
実地に現場で話す英語を磨いた(使った)時期はその頃だろう。


629 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 13:09:24
凄く分かりやすい解説

630 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 13:14:05
読み、書く、英語力は、東大時代までに完璧で
話す方はその後の人脈の中で鍛えられていったと思われる。

基本的な英語力が身についていれば
喋ることは、現場に出さえすればすぐに慣れてできるようになる。
現実にそういう人が居たよ。東北大出身の人だったが
年配になって急に仕事でアメリカ担当になったら、何度かの出張で
すぐに喋るようになって回りを驚かせた。


631 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 14:27:44
夜中にカセットテープで英会話の勉強を熱心にしていたらしいね。


632 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 23:52:15
つまり一般に役に立たないと言われるいわゆる受験英語というやつも、やはり大事って
ことであるのか。母国語とは根本的な構造が異なる外国語の構造のルールに則って文を
組み立てるのには、やはり知能も重要かもしれないしな。

現地で生活しているならSVOCとか関係ないかもしれないけど、日本で英語を身につける
なら受験英語的な訓練は避けられないんだろう。パッパラパーのOLとかが英会話学校に
行っても身に付かないのは、そういう基盤がないからだろうな。

633 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 23:55:15
なんか前半の論理が変だなw まあでもわかるでしょ

634 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 13:19:24
由紀夫って煙草吸ってた?

635 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 13:39:48
三島 vs 東大全共闘
http://www.youtube.com/watch?v=3dKnQ63iUSc

吸ってますね

636 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 16:13:11
>>613
それでもあえて
賭ける を使いたかったんだと思います
なんとなくfeelingでね

正しい辞典のような語法と文学は違いますから
作家があえて正しくない送りがなを使用していることもありますしね

文学は公文書と違いますから

637 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 16:20:02
強引に自説に引きつけた結論に持ち込む人にマジレスしても

638 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 17:02:20
>>601
私は女ですが、三島さんが描く女性像は川端康成や安部公房のような性的な視点じゃなく、どこか聖母的な強いものを求めている感じがします
うまく説明できませんが…


639 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 17:05:58
越路吹雪の影響だろうな

640 :はるか高み:2007/04/08(日) 19:43:53
唐の詩人は名を何々、字を何々と云うだろう。
その字、あざなを教えよう。
「あ」に連座する者の名前なんだよ。
「あ」については、僕が何度も匂わしているので、誰かは想像してくれ。
「あ」に連座する者とは或る族なんだが、
族の親分格でもある貝原益軒の和俗童子訓によって、
その族の一人を紹介してもらおう。

 「内閣字府の七十二・・・」。
僕は川端康成は(七十二歳と十ヶ月)で死に、
後に内閣総理大臣となる十八歳の安倍晋三に変態すると言った。
この「内閣字府の七十二・・・」が証左の一つなのである。
ま、文学の世界ではあるがw、君達にも事実が判る日が来ると思うよw。

641 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 19:55:14
三島さんの写真を見ると、どことなく母性本能をくすぐられる感じです
濃い眉と大きな瞳が


642 :はるか高み:2007/04/08(日) 19:57:01
日本語を知らない君達にでも、なんとなく↑の関わりが想像
できるだろう。
日本語を知る者には、よーく解るんだよ。
「あ」に連座する族は、族と言うぐらいだからね、
政治家や文学者だけではないのだが、
それも機会があれば紹介してもらうよw。

643 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 20:26:03
楽しみにしています

644 :はるか高み:2007/04/08(日) 20:30:01
ノーベル賞の川端康成にの自殺には、
それなりの動機やさだめがあるってことだが、
死に方まで感心するよ。

三島由紀夫をそよえて・・・。


645 :はるか高み:2007/04/08(日) 20:56:43
死ななければいけない日、死ぬ方法まで定められていても、
次の生と目的があれば死ねるんだね。
ま、転生つまり変態の実証は自分の身でも三島のでも見てきている
訳だから、なんとか文人でもその死に方なら死ねるかもなぁ。



646 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 21:00:17
文学オタク三島由紀夫。

647 :はるか高み:2007/04/08(日) 21:07:03
総長賭博を総てを長べる貝の者・・と教えたよね。
マジに貝原益軒は総てを長べているんだよ。
日本語は古今集にと同じようにね。
この類のものは葉隠と三島文学もそうだね。
それと・・・・。

648 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 00:59:38
>>645
三島さんの転生は今どこかにいるのですか?

649 :吾輩は名無しである:2007/04/09(月) 16:34:07
>>648
ちょっとちょっと

141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)