2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

光文社古典新訳文庫part2

1 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 12:31:18
公式HP
ttp://www.kotensinyaku.jp/
光文社古典新訳文庫
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/book/1157639684/


2 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 14:14:44
今起きた

3 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 22:00:22
3get

カラマーゾフ3巻読んだ
次いつやねん

4 :吾輩は名無しである:2007/02/12(月) 22:06:27
来年です

5 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 01:29:54
亀山氏、ブログも今回は申し訳程度に更新しただけだったな。
まあ、四巻と別巻の情報がでていたのでよしとするか。

6 :吾輩は名無しである:2007/02/13(火) 17:54:50
5月か
まぁ未定とされるよりは心落ち着くしいいか

7 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 00:53:44
3巻買ってきたぞ
・・・・・・まだ1巻の半分ぐらいしか読んでないけど

8 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 01:55:33
俺なんか序しか読んでない

9 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 03:54:47
正直、この文庫でカラマーゾフをはじめて読んでいる人って、
間隔があきまくって興ざめしているんじゃないの?
何回も読んでいる人間からしてみれば、深刻ではないけど。
とはいえ、読書ガイドはよくできていると思います。

10 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 16:31:15
無茶言うな。

11 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 19:36:31
他にも読む本はあるし、続刊物になれてるから興ざめはしない

12 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 21:05:18
> 正直、この文庫でカラマーゾフをはじめて読んでいる人って、
> 間隔があきまくって興ざめしているんじゃないの?

フツー、全巻揃ってから読み始めると思うが。


13 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 21:11:59
ええ!!!

14 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 21:13:00
普通、出た順に読むだろ。
全巻揃を待って読みたいのなら、刊行完結後に一括購入するよ。

15 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 21:18:55
>>14
俺は発売したら即買って完結後に1から読み始める
意味はないけど読みたい本があるのに持ってないと
なんか嫌だからw

16 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 22:27:10
本好きなら、読みたいのに持ってない本なんて幾らもあるだろ。
それを全部買ってたら、金も本棚も時間も足りるわけがない。

17 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 22:54:19
俺は潔癖症だからすぐに読むつもりないものでも、きれいなのが積んであるうちに買っとく

18 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 23:03:38
俺は出たらすぐに読む派だなぁ。

19 :吾輩は名無しである:2007/02/14(水) 23:17:59
池沼みたいなのに限って平積みの上から3冊目くらいを取って
それを上から下からなめまわすように見て何も傷がないことを確認してから買うよね

20 :17:2007/02/14(水) 23:24:18
俺いつもそうしてるよ

21 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 00:23:24
> 俺は出たらすぐに読む派だなぁ。

買った本を全部読んでいるのか?!
漏れはちゃんと読むのが1/10、斜め読みが1/3、半分以上は積ん読だ。

欲しい本は買っておかないと、すぐに無くなってしまうよ。


22 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 00:29:19
新刊以外に、古本で欲しい本が幾らもある(古典は特に)。そちらが先だ。

23 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 00:46:40
読みたかったのが出るとうそれはそれでれしいんだけど
また積読タワーが高くなるのかと思うと鬱になる

24 :23:2007/02/15(木) 00:53:18
うれしいの「う」が飛んじったw

コクトーも買っとくかな・・・
星の王子様って割高だな
シュペルヴィエル近所に売ってねえ・・・

25 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 01:35:00
本屋で確かめてからアマゾンで買う
アマゾンで確かめてから本屋で買う
皆さんはどっち?

26 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 01:52:36
なんで、本屋で確かめてから本屋で買うがないんだ?

27 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 07:09:54
それにしても、サブテキストの当選報告がまったくありませんね。
僕が調べたかぎりでは、ヤフオクにも出品されていないし。。

もしかして、サブテキストは忘れられている・・・なんてことはないですよね?w

28 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 09:17:34
今まで23冊刊行されてる。
そのうち15冊は読んだけど、残り8冊はどうしても読む気がしない

29 :吾輩は名無しである:2007/02/15(木) 21:08:13
しかしこの文庫の表紙
読み終えてカバー外しても、そんなに擦れてないのはいいと思う
新潮と岩波はカバーしてても細かい傷ついてるもんなのに

30 :吾輩は名無しである:2007/02/16(金) 02:46:29
>>8
俺なんか買ったのにamazonの書評しか読んでない。
明日有給で連休になったんで徹夜で本読んでる。遠藤周作の「沈黙」だけどw

31 :吾輩は名無しである:2007/02/22(木) 23:11:32
四巻と五巻は一緒に発売します。
五巻は読書ガイドが半分以上あります。

32 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 14:14:54
>>27
「別冊」さっき届いた。
装丁等は売ってる文庫と同様。よく岩波文庫が出してるようなしょぼいのを
想像していたのでちょっと驚いた。というかこれ市販できるのでは?

33 :吾輩は名無しである:2007/03/03(土) 15:17:51
>>31
4部は一冊じゃ収まらないと思ったらやっぱりか

34 :吾輩は名無しである:2007/03/04(日) 12:34:24
>>32
おおうらやましい…
やっぱり応募しとけばよかったな

35 :4月:2007/03/05(月) 10:21:50
「青い麦」コレット 河野真理子
「武器よさらば」 ヘミングウェイ 金原瑞人

36 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 11:59:05
>>35
青い麦か・・・なんか懐かしいわ

37 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 16:55:08
定番の新訳も悪くはないだろうけど 他社文庫で入手困難なやつをもっと出してもらえないかしら?

38 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 17:24:14
『ちいさな王子』やよし。

39 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 17:55:30
最初の頃の勢いでどんどん出るのかと思ってた
月2冊はすくねえ

40 :27:2007/03/05(月) 18:58:41
>>32
俺も今日届きましたよ\(^o^)/
『古典新訳の発見 ゛新大陸゛はここにあった!』

当たったから言うけど、非売品のままであって欲しいw

41 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 19:32:39
やはり仏文と露文が勢いあるね。でもじょじょに英文も増えてる。
独文二冊は少なすぎだよな。しかも文学は今月のマンが初めてだし。
四月の二冊は地味にいいチョイスとは思うんだが、武器よ〜は最近新潮から改版されたし、
青い麦は堀口大學の訳があるから他社との折り合いという点では×かも。
ちょっと他社と張り合うことを意識しすぎ。(その割にギャツビーは逃げたがw)

バルザック『幻滅』(これは野崎のを文庫化するだけでいい)『娼婦の栄光と悲惨』『従妹ベット』、
ゾラ『壊滅』、Cブロンテ『ヴィレット』『シャーリー』、Aブロンテ『アグネスグレイ』
ユゴー『ノートルダム・ド・パリ』、オースティン『ノーサンガーアベイ』

これら出してくれたら最高。

42 :吾輩は名無しである:2007/03/05(月) 19:44:12
>>41
イギリス女流作家の長編は確かにうれしいな。
ギャスケルの「メアリ・バートン」「北と南」なんかもいい。

43 :吾輩は名無しである:2007/03/06(火) 12:32:10
>>42
ボウエン「日ざかり」も欲しいな。

44 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 11:01:28
あんまし偏っていくと商売としてはいよいよ厳しくなるな
小説・詩・戯曲・エッセイの入手しにくい古典を幅広く上梓して欲しいものです

丸谷才一が昨日の朝日で岩波文庫にモダニスムの小説が少ないと苦言を呈していたけど、
個人の嗜好を言われてもなあ、という気もした…

45 :吾輩は名無しである:2007/03/07(水) 13:05:44
『ティファニーで朝食を』の新訳出して欲しい。
正直、龍口以外ならもう誰でもかまわない。

46 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 01:29:12
アナトール・フランス「わが友の書」
ジョージ・ギッシング「ヴェラニルダ」

「わが友の書」の古典(ラテン)教育の章を賞賛する文章は何度か見た。
しかし現物を入手できない。
「ヴェラニルダ」も読んでみたい。
ユスティニアヌスの時代のヨーロッパに興味がある。

47 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 11:52:16
>>45
最近「冷血」の新訳が出たくらいだから 新潮社に投書してみたらどうや?
江國香織か川本三郎の訳でよければ実現しそうな気もするでw

48 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 13:18:04
あれは映画にあわせたキャンペーンだから
今更新潮社からの新訳はないよ

49 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 21:39:32
『ロリータ』も出たけどな

50 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 21:47:21
ラテアメの小説は無理かな

51 :吾輩は名無しである:2007/03/08(木) 23:52:35
ちょうど俺もボルヘス、マルケスあたりの信頼できる訳が欲しいと思ったんだけど、当分ありえない気がす

52 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 00:03:19
コルタサル希望なんだが

53 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 04:58:33
マルケスなんていま全集刊行中だからまあ当分無理だな

54 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 10:19:43
>>51
ボルヘスの「伝奇集」「不死の人」あたりなら何種類も翻訳が出てるじゃんw
岩波、集英社、平凡社、ちくま文庫…

マルケスは新潮、集英社、ちくま、サンリオ文庫(絶版)などから中短篇小説とエッセイが出てるな
どれも売れ行きはいまいちだが…

55 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 20:15:51
ボルもマルも翻訳出まくりでむしろおなかいっぱい
それよりもドノソとかカルペンティエールあたりしっかり訳してほしい

56 :51:2007/03/09(金) 21:04:49
いくつか訳に難ありと聞いたもんでして・・・

57 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 21:11:16
なんかこのスレではいろいろ期待してるけど
どうせしばらくは新潮や岩波なんかで読めるのばっかなんだろうな

58 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 21:35:56
それをいっちゃあおしまいよw

59 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 21:51:32
>>56
ボルヘスが読みたければ英訳も比較的入手しやすいよ
和訳だと観念的で無機質な文章になってしまいがちだから 英語のほうがまだ理解しやすいかも
ただし 簡素に見えてなかなかの難物
スペイン語圏の連中に聞くと 一般人はほとんど読まない作家だそうですw

マルケスの百年の孤独は名訳だとおもうよ
第二外国語のスペイン語の授業で冒頭部だけ読んだけど 猛烈にややこしい文体だと感じました
読みやすい日本語に上手に翻訳したもんだと感心したw

>>57
仮にそうだとしても 岩波の戦前の東大教授たちが訳した赤帯と青帯には最低なのが多すぎるよ
アメリカ文学でインド人がやたらと出てくるなと思ったらインディアンのことだったなんてのはザラですw

60 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 23:12:17
>58
なにいってんだ、おまえ。
その、読み方を変えるからこその新出版だろう。
それが前提だ。
しょうもないバカだ。
58は、発言する基礎地を持たないから、発言する資格がない。

61 :吾輩は名無しである:2007/03/09(金) 23:24:53
なんでそんなこーふんしてるんですか?

62 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 00:32:40
「別冊」に載ってた続刊予定

『箱舟の航海日誌』 ウォーカー/安達まみ=訳
『神を見た犬』 ブッツァーティ/関口英子=訳

63 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 00:41:36
>いやあ、58のような、ひょっとすると、自らは、他よりは頭がいいんじゃないかと勘違いしてるような、
その実、知性も思考も深められないアホが、まあ、確かに、今に棲息していることは確かなんだが、
その輩が、知らぬうちに跋扈……
まあ、どうでもいいか……あほは……

64 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:04:57
なんで58が、自らは、他よりは頭がいいんじゃないかと勘違いしてるように
みえるんだろ?

65 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:07:35
実際58は他の人より頭がいいと思うね

66 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:10:21
なんかおかしなひとがきている?

67 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:12:10
あの発言だけでそんなのがわかるのかw

68 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:13:44
58を次期総理大臣に!

69 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:15:02
63だろ

70 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:30:47
わけわからん・・・

71 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:32:33
63は
結局、58は天才だ! といったに過ぎないね

72 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 01:58:37
この流れをまとめてみた

前から、今普通に出回ってる有名作品より、入手困難なものが読みたいという声が続出
                ↓
みんなそれぞれいろんな作家や作品の名前を挙げる
                ↓
そうはいいつつも、それらの可能性は低いんじゃないかと>>57の発言
                ↓
       >>58が「それをいっちゃあおしまいよ」
                ↓
            >>60がブチギレ
                ↓
       なんでそんなこーふんしてるんですか?
                ↓
    >>63=>>60?が、58は自分が頭いいと思ってる勘違いのアホだ、と発言
                ↓
>>68が58は総理大臣になるべきだと発言、しかし>>69がそれは63だろと発言
                ↓
>>71で、実は63が58を天才だ!と褒め称えていたことが判明  ←いまここ

73 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 03:17:35
>>57から>>72まで全部俺の自演だから

74 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 04:28:17
君ノリいいねw>>72

75 :吾輩は名無しである:2007/03/10(土) 19:19:10
ブッツァーティ出るのか。これは楽しみだ。

76 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 09:01:21
>>75
どこに書いてあるの?

タタール人かな?

77 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 09:02:51
10レスや20レスくらいさかのぼって読めよw

78 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 11:00:02
まあブッツァーティ自体は悪くないけど古典といえるのかな?

79 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 13:55:59
エッチだね

80 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 18:28:38
いきなりへんなの出すんだな

81 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 18:37:26
で、女の障害者は放置?

82 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 23:54:19
>>やはり仏文と露文が勢いあるね。でもじょじょに英文も増えてる。
独文二冊は少なすぎだよな。しかも文学は今月のマンが初めてだし。
四月の二冊は地味にいいチョイスとは思うんだが、武器よ〜は最近新潮から改版されたし、
青い麦は堀口大學の訳があるから他社との折り合いという点では×かも。
ちょっと他社と張り合うことを意識しすぎ。(その割にギャツビーは逃げたがw)

バルザック『幻滅』(これは野崎のを文庫化するだけでいい)『娼婦の栄光と悲惨』『従妹ベット』、
ゾラ『壊滅』、Cブロンテ『ヴィレット』『シャーリー』、Aブロンテ『アグネスグレイ』
ユゴー『ノートルダム・ド・パリ』、オースティン『ノーサンガーアベイ』

思わず、コピーしてしまった。
う〜ん、41は、かなりの、というか、洗練された文学通とみた。
こりゃ、すごい、本格的だ。(でも、なんで、こんなサイトに来るんだろう)

83 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 23:57:39
変にコピペしてやるなよ・・・
普通の書き込みなのに自演臭くなるじゃないか

84 :吾輩は名無しである:2007/03/11(日) 23:58:52
>>83
いやいや、絶対ちがう。
まじ、感動したの。

85 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 00:29:11
自演うざい

86 :日本のマラルメ ◆dF4pNKv/oY :2007/03/12(月) 00:33:32
>>82
>う〜ん、41は、かなりの、というか、洗練された文学通とみた。

そんな奴はクソだ。
居酒屋に於けるプロ野球談義の域を出ていない。

87 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 00:37:16
洗練された文学通って…
背中がかゆくなるからやめてくれw
単なる小説好きの集まるスレだよ

88 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 00:37:51
>>41の書き込みしたのに、誰も相手してくれなかったから
また書き込んだんだろうな。>>42>>43も自演臭いし

89 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 00:42:22
自演というか、2chになれてない&空気読めない人のレスっぽいな

90 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 00:55:25
要するに春ですねってことだな

91 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2007/03/12(月) 00:57:44
春眠暁を覚えず

92 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 00:59:09
すぐ自演自演という、この貧しさ!

93 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 01:08:30
自演だとしよう。
自演で何が悪い。
どうせ匿名のあほ談義だろ。

94 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 01:09:14
自演だとほざくことになんの意味がある。
どうせ、匿名のあほ談義だろ。

95 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 01:44:24
春だねえ

96 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 11:00:27
岩波の新訳って必ずしも良くなかったりするから光文社には期待していますよ
でも ジェーン・エアやクリスマス・キャロルは要らんという気がしたけど…w

97 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 13:00:41
自演まじうざい

98 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 17:33:12
>>97
町内の暇なばばあの、ご意見番みたいに、
勝手に取り仕切るな! あほ

99 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 17:54:23
自演うざいって何度も言ってんじゃないのさ、まったく

100 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 18:25:50
ははは
何度でもくるぜ
しかし、ちみ、
ほんとに、町内会の、地回り婆あだなあ

101 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 19:01:21
もっとインテリ向けのを翻訳してほしいよね。

102 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 19:46:26
町内会をバカにすんじゃないわよ、自演小僧!!

103 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 20:05:56
>>1-102
実はこれ全て俺の自演

104 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 20:14:46
>>103黙れカス野郎

105 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 20:24:52
>>103
う〜ん、
意外とあんた、おもしろいじゃないの〜
(自演小僧)

106 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 20:34:14
>>96
具体的に何?

107 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 20:48:41
自演・絵亜

108 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 21:07:09
ごめんなさい、スレ荒らしと思われるかもしれないけど、これだけは言わせて頂戴。

町内会をバカにするのだけは絶対に許さないわ!
町内会が機能しなかったら困ることがイッパイあるのよ!?
何も知らない小僧が知った風な口聞くんじゃないわよ!!

109 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 21:49:05
>>108
あんた、
もしかして
ゲイ? ゲイばばあ?
いい映画を紹介しておこう
台湾映画 楽日
観て 誇りを持って生きるべし

110 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:03:58
ゲイをばかにするアホノンケ、アタイは絶対に許さないわよ!!

111 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:19:32
明日マン買いに行ってくるわ

112 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:19:43
57からの流れは楽しかったけど、この流れはつまらん

113 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:22:23
すっかり荒んじゃったな、ここ

114 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:27:37
比較的まともなのが多いと思ってた文学板も
やっぱバカが多いとわかっただけでも収穫あった

115 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:27:52
自演小僧の荒らしのせいだわ

116 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:29:36
春休み明けるまでとりあえず俺は来ないことにした
じゃあね・・・

117 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 22:43:27
>>116
一生来なくていいよカス野郎

118 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 23:16:43
ばかろっくでもきいてろ、とーとろじー自演厨チュウ!




ゾクシュウぷんぷん

119 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 23:20:14
すさみきろ
人間、すさみきることにしか生きる未来はない
(自演小僧)

すさみきることをおびえるものはここにくるな


120 :吾輩は名無しである:2007/03/12(月) 23:27:51
すさみきり えんじきったる じえんかな

121 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 02:41:48
結論:とにかく町内会をバカにする香具師は許さないわよ

122 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 10:12:43
春厨が湧いてるようですねw 
もうそんな季節なのか 
一気に次元が低くなるのがなんだかなあ 

当分ここに来るのはよそうっと…

123 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 14:07:31
>>122
一生来なくていいよカス野郎

124 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 14:11:54
>>122
春厨とかいうなって。真昼間にナニ言ってる?





125 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 16:27:58
町内会を愚弄する春厨にはウンザリ

126 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 17:12:33
トホホ ひさしぶりに覗いたら板が春休みの虫けらニートに糞まみれとは…w

127 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 18:44:18
ニートなら春休みとか関係ないじゃん一年中休みなんだから。
あんたアホ?


128 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 19:32:30
アホどころか126がニートという可能性も!

129 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 20:36:02
>>126=このスレで町内会を誹謗中傷するゴミニート

130 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 22:39:05
>>122
おれ、
もともとは、
自演自演っていう輩の敵だった
なんせ、やつらのいう、「自演小僧」はぼくなんだもん。
でも、はっきり云おう。
あんたはおもろない。言語感覚もダメだ。
オレを自演小僧っていった、オレの敵の、憎たらしい限りのヤツの方が、
驚くべきことに、一千倍、すごいんだ。(ゴメン、122よ、落ち込むな)

131 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 22:41:59
>>126
アホやコイツ。全部自分に返ってきてる。


132 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 22:53:12
町内会を馬鹿にする者には必ずやその罪咎が跳ね返ってくるのですwwwwwwwwwwwwwwwww

133 :愚男:2007/03/13(火) 23:04:19
すいません、少しはなしを聞いて貰えますか。

古典を読んでも小学生レベルの争いしかできないんですね。
争いとは本来そのようなものでしょうがあまりにそのフォルムが幼稚に思えます。
もうちょっと知性のあるふりをしたらどうですか?
例えば私のように。

134 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 23:21:50
>>62に出てる名前二つとも知らないや…
読んだことある人いますか?
どんな印象受けたか聞いてみたい。


135 :吾輩は名無しである:2007/03/13(火) 23:35:16
ブッツァーティはググれば出てくるが
ウォーカーってだれよ?これか?
http://www.bk1.co.jp/product/71778

136 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 00:17:03
>>133
ちみは、しかし、いかにも幼いのを〜
小学生に学びなさい
(自演小僧)

137 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 02:54:56
まったくだわ。
>>133みたいな幼稚な小僧、とてもじゃないけど
町内会に参加させてやることは出来ないわね!
おとといきやがれハナタレ小僧寿司!!

138 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 10:44:48
このスレ終わったな いつから春厨とニートの溜り場になっちまったんだ…( ´,_ゝ`)プッ

139 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 12:22:44
>>138

おやおや町内会にトラウマを持つションベン垂れ小僧くん、
今度はちゃんと春厨とニートを別けることができたんだね、
エラいエラい良くできますた(・∀・)ニヤニヤ

140 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 15:39:55
ハァハァ…
これがとーってもキャワキャワな幼女たんのとーってもスイーツでプリチーなおぱんちゅだね。
クンカクンカ!!ちゅっちゅちゅっちゅ!!!
ぺろぺろ!チロチロ!ぺろぺろ!チロチロ!
んんんんんんんんんんんんっまっ!!!!
ハムッ!!ハフハフッ!!ハフッ!!!
スハスハスッハッスゥゥゥゥゥゥハァァァァァァっ!!!!!!!
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ!!!
幼女たんとってもキャワキャワだよ幼女たん…愛してるよ。
ピュルッ!!ピュピュッ!!ピュッピュッピュッ!!!

141 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 16:51:52
病的粘着はたった一人ww
たった一人だよw

142 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 17:37:41
別に相手することじゃないわな

143 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 19:04:36
からーんころーんからんからんころん

144 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 22:16:57
今月の教訓:町内会を笑う者は町内会に泣く

145 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 22:31:03
阿部さんみていた運動会
ちびっこ元気だやらないか
夕焼けこやけでやらないか
やらないか
いいないいな阿部さんいいな
みんなで仲良くホカホカハッテン場
子どもの帰りを待ってるだろが
帰したくない帰りたくない
でんでんまんぐりがえしでアッーアッーアッー

146 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 22:45:28
中国文学は出ないのかね?
アジアの古典も〜とあるから期待してるんだけど

147 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 22:58:23
論語とか史記とか魏志倭人伝とか、どんどん行って欲しいね。

148 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 23:26:32
南蛮王猛獲伝とかね

149 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 23:40:06
それはマイナーすぎだろ

150 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 23:43:04
デルスウザーラ

151 :吾輩は名無しである:2007/03/14(水) 23:48:05
カレワラ、エッダも出してね

152 :瀬戸内”ランペイジ”ジャクソン:2007/03/15(木) 00:11:13
般若心経もよろ

153 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 05:42:07
何よりカニより資本論よろ

154 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 07:22:14
ていうか聖書でしょう、やっぱ

155 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 19:53:15
しおりに登場人物が書いてあってとても親切だよね
戦争と平和だったらどんなしおりになるんだろ

156 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 20:32:54
トロツキーとマン買って来た


157 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 21:06:52
「ちいさな王子」の野崎歓に詩集でも訳して欲しい

158 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 21:13:23
アイスランドサガを出してくれたら神wwww

159 :吾輩は名無しである:2007/03/15(木) 21:14:27
で、ギャッツビーの新訳は春樹のプレッシャーによって立ち消えになったの?www

160 :吾輩は名無しである:2007/03/16(金) 09:53:28
ギャッツビーは他社から何種類も翻訳が出てるから、さすがにもう要らんだろw

161 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 18:49:26
>>160
死んだらいかがでしょうか? 死ぬって手段もありますが?
死んでみるのもいいんじゃないでしょうか?  死んでもらえますか?

162 :吾輩は名無しである:2007/03/17(土) 20:15:36
きもい

163 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 00:39:49
>>156
トロッキーの感想、よろ。

164 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 00:47:19
トロツキー出したのはなにげ相当熱いぜ!


165 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 01:34:09
まーたはじまった
自演小僧め

166 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 06:39:46
どうでもいいがトロツキーをトロッキーと書くのやめれ。

167 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 06:52:36
トリッキーな表記だな

168 :吾輩は名無しである:2007/03/18(日) 07:32:42
♪ワルサー トロツキー

169 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 00:24:45
で、こんだあ、何がでるんだい?

170 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 05:37:16
ユルスナールとロレンス・ダレルだってさ

171 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 08:05:10
>>170
そりゃ凄い。ダレルの
アレキサンドリア四重奏が出たら買いなおすぞ。

172 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 10:09:45
>>171
アレキサンドリアなら もう少ししたら河出書房から改訳が出るよ
続篇も高松さんがいま翻訳中らしい

173 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 12:22:27
高松さんってまだご存命だったのか。
一体いま何歳なんだよw

174 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 12:55:02
アレキサンドリア売ってる本屋見たぞ

まだ一巻だけだが

175 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 14:14:27
ぶんこでだしてくれなきゃいやだい

176 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 17:45:49
でっかい本でした

177 :吾輩は名無しである:2007/03/20(火) 18:09:58
アレキサンドリア四重奏

アレクサンドリア・カルテット

178 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 12:40:57
黒い本も絶版のままだな。

179 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 13:52:46
黒の迷宮も然り。

180 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 15:24:59
黒シリーズは駄作だからいらない。アレクサンドリアは五月、六月、七月で
二、三、四巻が出ると帯の予告には書いてあった。

181 :吾輩は名無しである:2007/03/21(水) 21:10:20
アレクサンドリア四重奏
↑すごいすごいと話に聞きますが、どんな内容なんですか?

182 :    ↑     :2007/03/24(土) 12:03:31
>>181
      さああななななwwwwwwwwwww ちんかすのはなしじゃね?

183 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 14:13:09
>>180
うるせえチンカス

184 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 17:31:35
落ち着け

185 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 18:00:34
女性自身やフラッシュなどのゴシップ誌やってればいいのでは?

186 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 18:26:15
理系馬鹿ってなんでツートンカラーいんけいのやつが多いの?

187 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 23:13:42
荒れてる…
元に戻そうよう…

188 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 23:14:19
うるせえ、馬鹿

189 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 23:27:25
ツートンカラーのやつはたぶん、ちんこ整形したんだわ きも

190 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 23:28:20

3月の新刊『レーニン』トロツキー著 森田成也訳 880円
  〃  『ヴェネツィアに死す』マン著 岸美光訳 440円 


191 :吾輩は名無しである:2007/03/25(日) 23:29:08
4月の新刊ーー4月12日発売予定ーー

『箱舟の航海日誌』ケネス・ウォーカー著 安達まみ訳
『神を見た犬』ディーノ・ブッツァーティ著 関口英子訳



192 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 00:31:21
5月の新刊

特性のない男、キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

193 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 00:37:53
それはいい。誰が書いたか知らないけど話によく出てくる本だよね。

194 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 00:40:37
難解なものはゆとり教育世代にはうけません
読みやすく深いものってことで
ちいさな王子や海に住む少女は大成功
あと、目玉の話も

195 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 00:42:16
読みにくいけど訳が悪いもの、をわかりやすく訳すのが使命だろ。

196 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 01:33:39
ほんとは読みやすいのに翻訳のせいでわかりにくくなっているものを
わかりやすく訳すのは大事だけど、もともと読みにくいものを翻訳で
わかりやすくしちゃだめ。

197 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 01:44:26
ジロドゥの小説(「シュザンヌと太平洋」だったかな)を訳した中村真一郎は
原作のわかりにくさがしっかり伝わるように訳したよ、と言ったらしい・・・。

198 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 01:49:15
>>196
その通りだけどさあ
線引きも曖昧だよね

199 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 01:57:25
シュペルビエルの訳は比較したことないけど読みやすかったよ

光文社はこの路線でいくべき。カントだのレーニンだのいらない

200 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 02:01:20
天才奇想文学者、ジョイス様の、ユリシーズ、やってほしいな。てか古典じゃないが。あとは、トリストラムシャンディもやるべき。
くだらない、シェイクスピアとかトルストイみたいな気取りの古典はいらない。

光文社さん、しかとこのスレに目を通してくださいよ。

201 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 02:05:44
>>192
マジでか!?
ソースある?

202 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 02:38:16
ちょ、ブッツァーティあるじゃん!感激。
光文社さん、この調子で頼みます!

203 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 02:48:17
存在と無、嘔吐をお願いします。今こそ重要なんじゃないかと思う。

204 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 09:42:41
>>192
遂に文庫で読めるようになったか!素晴らしい。
全何巻になるんだろう。

205 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 10:36:53
他社の単行本は中途で終わってしまったからなあ
ちなみにドイツ人の留学生に訊いたら ドイツでムジールをちゃんと読んでる人は皆無に近いそうです
難しすぎてネイティヴにも理解不能なんだとか…

とはいえ 翻訳が出るのはめでたいことですw

206 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 12:22:01
特性のない男まじなのか?
本当ならGJすぎるが。それだけでもこの文庫の価値がある。

207 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 12:45:28
厨のわく時期なもんで、どうしても半信半疑になってしまうが
これは本当であって欲しいな。誰かソース貼ってくれ。

208 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 12:47:49
そんなどうこう言うほどいいわけ?
価値分かって言ってるのかと

209 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 12:59:48
おまえが価値分かってないだけだろw


210 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 13:11:51
のたのたと新潮の第二巻を読んでる
価値が分かるなんて偉そうなこと言えないけど、どうこう言うほどいいと思うぞ
すごく笑える小説なんだが、観念的な表現の咀嚼には難儀するので、新訳は非常にありがたいな

211 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 18:59:35
まあ本当に出るならの話だけどねw

212 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 20:24:50
特性のない男が出るはずがない。
出たら鼻でスパゲッティ食べてやる。

213 :192:2007/03/26(月) 21:27:55
ごめんなさい。
特性のない男の件は全くのデマです(´・ω・`)

214 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 21:30:52
>>213
お前は絶対許さん!
ああ、やっぱり古書を手に入れるしかないのかよお。。。

215 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 21:45:43
「帝国主義論」よみたいの。あれって講談社古典新訳文庫にもあるよね。
でもあれね、新日本出版社のやつは注釈が下段に書いてあって読みやすいじゃん。
あと国民文庫のやつって時代を感じさせるじゃん、あっちのほうが「本場」って感じじゃん。
でね、あのボクの言いたいのはね、訊きたいのはね、どの訳が一番いいのってことなんだよぉ。
だってさ、新日本出版社とか国民文庫とかさ、赤いよね。
「帝国主義論」は、あくまで教養っていうかさ、まあそんな感じで読みたいんだよね。
組織とかさ、思想とかにさ、束縛されたくないんだよね。


216 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 21:54:52
>>215
かんたんじゃん。
自分でそれ全部並べて、比較しながら読めばいい。
一発でどの訳が一番いいかわかる。

好みもあるから、他人の意見きいても、その上で自分で確かめるのが
最も早い。

217 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 21:56:45
そのへんな偏見捨てて国民文庫で読め。あれはいい訳だと思う
ちなみに岩波は最悪

218 :215:2007/03/26(月) 22:06:41
ありがとぉ。とりぁぇず国民文庫のはブクオフで105円で買ったのが
部屋のどっかに埋もれてるので発掘します。。。。
理解できたら光文社古典新訳文庫でもチャレンヂしまぁす…

219 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:09:14
>>215
へえ、講談社古典新訳文庫なんてものもあるんだ。どんな本出てるんだろ?

220 :215:2007/03/26(月) 22:13:19
>>219
ごめんなたぁぃ・・・間違ぇちゃった(>_<)
講談社は光文社です(;_;)

221 :219:2007/03/26(月) 22:16:57
>>220
お仕置きが必要なようだね。w

222 :215:2007/03/26(月) 22:20:14
(´・ω・`)やってみろや。ぬっころすど

223 :219:2007/03/26(月) 22:22:23
いっとくが俺は文学の調教師だぞ?

224 :215:2007/03/26(月) 22:24:44
(´・ω・`)ぉねがぃしまぁす

225 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:45:03
変な流れになっているなw

226 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 22:56:08
春だな。とりあえず>>192=>>213は死ね。

227 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 23:22:30
死ねなんてこと軽々しく口にするんじゃないわよ、小僧

228 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 23:32:53
そうだそうだ。>>227の言うとおりだ。>>226は己の愚を恥じて死ね。

229 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 23:45:08
全くだ。>>226は責任とって死ぬべきだよ。
んでついでに>>192=>>213も餌にしたムージルに詫びて死ね。

230 :吾輩は名無しである:2007/03/26(月) 23:51:58
まぁまぁみんな仲良くしなょ・・・ぁゃ泣ぃちゃぅ(>_<)

231 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 00:13:50
世界は一つ。人類はみな兄弟。

232 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 00:23:52
そう、金正日と横田さんも蓮池さんも西村しんごも兄弟。

233 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 00:25:20
一番売れてるのはやっぱりカラマーゾフかね

234 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 00:35:15
>>213
ムー汁をネタにして俺たちを落胆させた罪は重い。
卵を尻の穴に5個詰め込まないと許さん。

235 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 00:46:06
amazon見るとカントも意外と売れてる。
レーニンの「帝国主義」はあまり振るわないようだけど、
トロツキーの「レーニン」はどうなるだろう。

236 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 01:36:04
ミルの自由論を訳した山岡洋一が日経から国富論を出したんだが
値段が馬鹿高くて泣いた

237 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 05:19:25
カントは読みたくても読めない人が大勢いたんだろう
俺もだがw

238 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 05:20:57
ごめん、カント、新訳文庫でも挫折した(笑)

239 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/03/27(火) 07:38:09
ぼくぜんぶ読んだw解説ながし
解説だけよんでもわかること多いよ。ていねいだよ

本文のないようはそれなりに古いよ。日本でいうと、学問のすすめ的な古典
だって王様とか出てくるもんwそんなのいないよ、もう
けど他の短編はまだあんま読んでない。おもしろそうだから今週読む
世界の起源とか自然の狡智とかいっとるな

240 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 08:49:54
>>235

多分、「帝国主義論」より振るわないだろうニャ。
共産主義の古典ならエンゲルスの「猿が人間になるについての労働の役割」をキボンヌだニャ。
社会主義の古典ならトマス・モアの「ユートピア」もキボンヌだニャ。















241 :吾輩は名無しである:2007/03/27(火) 21:53:13
はやく春終ってほしい

242 :吾輩は名無しである:2007/03/28(水) 22:56:32
>>227
死んでみたらいかがでしょうか?
死んでみてもらえますか?
死んでくれないでしょか?
死んだらどうでしょうか?
死んでくださいと思うのですが?
死んでもいいですよ。

243 :吾輩は名無しである:2007/03/28(水) 23:52:57
死ねとか軽々しく使うなよいいトシこいて
それくらいの常識無いのに生きてる価値ないよ
石川県逝って灯篭に頭ぶつけて死ねよ

244 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 00:03:05
>>243
釣りだとしても、冗談でも死ねとかは絶対に言うなって。 まじで。














だから死ねよwwwww

245 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 00:05:06
>>243

実際に人が死んでる地震なんだからさ、そういう言い方やめろよ。
まあ確かに死んだのは52歳のオバハンだからさ、くさったマンコだし
年金とか医療費とかに使われる税金も節約されるのは事実だしさ、
1人って少なくね?つまんねーのとか思うけどさ、でもさ、
もしも故人を知る人とかがこのスレを見たときのことをさ、もっと考えろよ。
そんなこともわからないなら石川県行って余震で死んだ方がいいよ。

246 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 00:25:00
お前らって本当に最低だな。

247 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 00:26:41
早く春休み終われ・・・

248 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 00:36:33
春休みがおわればすぐGW、GWが終わればジキに夏休み、さらにお盆、
さらに新卒が労働に絶えられず自室にひきこもるに及び
このような傾向はさらに進行するでしょう。

249 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 00:42:44
岩波のやつは読めなかったけど、
こっちの『ヴェネツィアに死す』なら読めそうな気がしてきた

250 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 05:04:21
>>249
新潮なら読めるでしょ

251 :吾輩は名無しである:2007/03/29(木) 10:02:03
岩波のヴェニスを苦労して読んで以来トーマス・マンはずっと避けてたわ
俺も読んでみようかな

252 :吾輩は名無しである:2007/03/30(金) 09:57:07
トニオ・クレーゲルがいちばん読みやすかったな。

253 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 00:50:17
>>197
その訳文とはこんな風だ、冒頭の部分ー

「それは然し、何事も起らず、夕方まで生活は單調であらうと感じて、
雨が續きさうな時の牝鶏達のやうに、
いつもそれを變化あらしめやうとしてゐる星達が、用もなく立現れて
近所交際ヅキアイをする、さうした日々の一つでした。

空には全てがありました。
太陽もあつたし、覆ひの下には月もありました。
夜も朝も全てが同じ輝いている食卓布の上で給仕されてゐました。
南の風が東の風の上に垂直に落ち、東西南北の吐息が、あなた方を
直角に愛撫してゐました。
鐘が鳴つてゐました。鐘の舌が、
既に濕つている東方を打った時、音は半ば更に優しく響きました。

254 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 00:54:30
>>253 続)
皆なは戸口にゐました。
人はその影を陽に当ててゐました。郵便配達夫は片側の歩道から
反對側の歩道へと、ジグザグに歩いてゐました。
好い天氣に醉つてゐるやうでした。・・・」
、       
ーージロドゥ作『シュザンヌと太平洋』中村真一郎訳・昭和21年12月30日初版・青磁社

原作のわかりにくさを伝えつつも、名文。中村真一郎の面目躍如というところ。
敗戦後1年という時期の初版本は
用紙も装丁も粗末ながら丁寧な製本&印刷、なによりも中味…、
訳者はもとより出版社の意気込みが感じられる。
奥付には「配給元 日本出版配給株式会社」とある。配給

日本の出版は、そういう処から再生してきたんだな…

255 :吾輩は名無しである:2007/03/31(土) 11:19:15
いまの目でみると、古色蒼然としてるような。
まあ、悪訳というしかないかもねw
ゼミの購読で学生に訳させると、今でもそんな感じだったりして注意されるわけだが…

256 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 10:42:30
特に英語の文学作品の翻訳は 一般的に昔より良くなってると思いますよ
すくなくとも逐語訳風の意味不明な悪文は滅多に見かけなくなった

257 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 10:54:12
中野好夫さんの訳ってどう思う?
率直に言って悪文だよねえ。
モームの翻訳なんて典型ではないかと。

258 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 21:29:00
中野好夫は翻訳なんか適当にやってると自分で言ってる、と
岩波新書「翻訳家の仕事」で若島が書いてる

259 :吾輩は名無しである:2007/04/04(水) 22:23:24
ttp://www.wombat.zaq.ne.jp/propara/articles/037.html
これだっけか

260 :【無料】日本文化チャンネル桜スカパー241ch見ようぜ:2007/04/05(木) 00:38:55

日本文化チャンネル桜は、平成十九年三月三十一日をもってスカイパーフェクTV!Ch.767における
24時間放送を休止し、同Ch.241「ハッピー241」の夜の時間帯で放送を続けることになりました。

※「ハッピー241」での放送時間(4月1日?)は、以下のとおりです。スカイパーフェクTV!
の受信環境があれば、どなたでも無料でご覧になれます。
       【月?金】18:30?21:30/23:00?24:00
       【土・日】21:00?24:00

http://www.ch-sakura.jp/index.html



261 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 13:06:07
>>256
カポーティスレで非難轟々の龍口直太郎も
向井敏曰く「逐語訳だから」。
複文の接続の仕方とかをかなり変えてる川本三郎の方が
訳として優れているのは結局日英両言語の違いか。

262 :吾輩は名無しである:2007/04/05(木) 22:55:46
中野好夫の翻訳が貶されているなんて悲しいな…
中野の訳した本のたぶん9割以上を持っているのだが…

263 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 10:17:48
翻訳に対する考え方が以前とは変わってきたという気はするなあ
いまは まず日本語としての読みやすさが最優先されてるような…
一例を挙げると 関係詞節は短文に切って訳すのが普通だし
光文社版のE・A・ポーを読んでみて あまりに平易なんで意外だったよw

264 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 10:56:28
やりすぎな気もしないでもない

265 :吾輩は名無しである:2007/04/06(金) 20:42:41
ワンセンテンスが短いとなんか安っぽい。

266 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 07:56:23
まあ好みは人それぞれですな。
岩波で改訳が出て絶版になると、旧訳が他社から再刊されるケースもある。
最近だと、ホメロスとかケストナーとか。
絶版ドットコム?なんてのもあるようだし…

267 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 09:11:55
であるところのであるところのもの。
これに敵う翻訳はない

268 :吾輩は名無しである:2007/04/07(土) 19:25:24
まあ、関係詞節を全くぶった切らなくても「美しい日本語」として成立してる
吉田健一みたいな例もあるけど。
『ファニー・ヒル』の典雅な訳文には脱帽した。

269 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 10:19:13
吉田健一の文体は、句読点が少なすぎて窒息しそうになるのは私だけ?

270 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 10:40:36
>私だけ?

類語)
私って・・じゃないですかぁ?


271 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 11:19:41
たしか
中野・吉田健一・トリストラムシャンディの訳者(名前忘れた)は
3大名翻訳家ではなかったけ?
あの柴田なんたらも仰ぎ見るほどの。

272 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 11:44:55
朱牟田夏雄のことか?

273 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 13:21:37
まあ今の読者は語彙力が圧倒的に少なくなってるから、
>>271それらの訳者だと読むのがつらいんだろう。
このシリーズも含めて、現在の翻訳はゆとりのためのもの。

274 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 13:48:11
>>272
そうですそうです。ありがとうごぜぇます。

>>273
山本夏彦の「定本・文語文」を読むとその辺の事情がわかりますな。

275 :吾輩は名無しである:2007/04/08(日) 14:42:20
人生は一行の寺山修司にも満たない

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)