2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

幕末の歴史小説、お薦め本

1 :コスモ:2006/01/22(日) 00:42:16
幕末ものの歴史小説で、新聞広告等に出なくても、お気に入り・お薦めの本がありますか?

2 :無名草子さん:2006/01/22(日) 04:23:36
2げつととお!

3 :コスモ:2006/01/23(月) 12:31:47
この世に竜馬はいないのか?

4 :無名草子さん:2006/01/23(月) 13:34:17
司馬遼太郎の一連の小説は読んだよね?

5 :無名草子さん:2006/01/24(火) 19:59:20
花神・世に棲む日日・竜馬がゆく
だね。とりあえずはこのへんだ。

6 :コスモ:2006/01/26(木) 14:35:13
吉田松陰や高杉晋作、武市半平太や岡田以蔵も詳しく読んでみたい人物。いい本ありませんか?

7 :無名草子さん:2006/01/26(木) 17:43:54
>>6
>>5の本は読んだ?物足りないのか?
それ以上になると史伝でも読むしかないだろう。

8 :無名草子さん:2006/01/30(月) 20:40:19
幕府側も面白いよ


9 :無名草子さん:2006/02/01(水) 00:38:05
吉田松陰いいね

10 :無名草子さん:2006/02/01(水) 19:18:02
俺、大村益次郎の生まれ変わりだけど
なんか用?

11 :無名草子さん:2006/02/02(木) 23:02:00
大村益次郎って?


12 :無名草子さん:2006/02/03(金) 09:17:23
村田蔵六ですよ。

13 :無名草子さん:2006/02/04(土) 01:06:17
村田蔵六って?

14 :無名草子さん:2006/02/04(土) 01:11:00
司馬に飽きたら海音寺。
それにも飽きたら南條だなw

15 :無名草子さん:2006/02/04(土) 02:33:22
壬生義子伝

16 :無名草子さん:2006/02/04(土) 13:13:48
浅田次郎いいね

17 :無名草子さん:2006/02/04(土) 13:22:29
>>13
良庵先生ですよ。

18 :無名草子さん:2006/02/09(木) 19:09:49
池宮彰一郎の高杉晋作

19 :無名草子さん:2006/02/10(金) 06:33:55
パクじゃん

20 :無名草子さん:2006/02/10(金) 22:50:40
>>18
読みにくくね?

21 :無名草子さん:2006/02/12(日) 01:13:23
池波正太郎
人斬り半次郎よんでみて


22 :無名草子さん:2006/02/12(日) 19:13:14
半次郎ものなら広瀬仁紀のもいいな。

23 :無名草子さん:2006/02/12(日) 22:06:05
>>22
題名を教えてください。 読んでみたいです。


24 :無名草子さん:2006/02/13(月) 01:29:03
確か「薩南の鷹」だったと思う。
この作家は割と創作を多めに入れる人なんで
好き嫌いはわかれるかもしれないけど自分としてはおすすめ。

25 :無名草子さん:2006/02/16(木) 05:44:25
俺も教えて欲しい
>>5>>15あたりは読んだ
なるべく史実に沿った形のが読みたい
幕末以外の戦国ものも面白いのがあったら教えて欲しい

26 :無名草子さん:2006/02/16(木) 19:53:10
男は黙って(燃えよ剣)



27 :無名草子さん:2006/02/17(金) 01:44:49
史実に沿ったのがいいなら吉村昭とかどうかな。『生麦事件』とか。
子母沢寛の新選組始末記と新選組遺聞は創作も入ってるらしいけど
当事者の語り形式をとってるのでリアリティはあるよ。

28 :無名草子さん:2006/02/18(土) 18:29:32
>>26
読んだことある、さんくす
>>27
子母沢寛は読んだけど、吉村昭は一回も読んだことないな
それ読んでみます

29 :無名草子さん:2006/02/18(土) 18:38:42
吉村幕末作品は淡々とした語り口の良作が多いぞ。
『天狗争乱』,『幕府軍艦「回天」始末』,『落日の宴』,『彰義隊』などなど

30 :無名草子さん:2006/02/18(土) 23:00:43
吉村作品の冷静さはすごいよな。新聞記事みたいだ。

私としては海音寺潮五郎の『西郷隆盛』を勧めたいが小説ではないしなあ
史料の具体例をあげつつ面白く読ませる点では小説よりすごいと思う。
タイトルは西郷隆盛だけど実質は幕末全般だし。
ただ未完なのがネックなんだよな。あと5年長生きしてくれれば…

31 :無名草子さん:2006/02/18(土) 23:38:30
「西郷」のダイジェスト版みたいな「江戸開城」があるよ!

32 :無名草子さん:2006/02/19(日) 02:04:41
>>29
なんか題名見る限り時系列的に限定されたものが多い感じがするね

本屋でおもろそうなの探してみます、トン

33 :無名草子さん:2006/02/24(金) 21:59:39
阿井景子の「龍馬のもう一人の妻」、「龍馬の姉・乙女」もいいですよ

34 :無名草子さん:2006/02/24(金) 22:05:29
最近、「竜馬外伝・命脈と継体編」って読んだけど、内容は変わってて、
竜馬が生まれる前の先祖から始まる話。
珍しい内容だけど、読んだ人います?

35 :無名草子さん:2006/02/25(土) 23:34:52
見た事ない。どこにある?

36 :無名草子さん:2006/03/03(金) 23:26:35
「桂小五郎」古川薫をやっと手に入れた。どこにも無かったやつ。貴重〜

37 :無名草子さん:2006/03/05(日) 03:14:25
このスレの方々にお聞きしたいのですが、
中岡慎太郎が主役でオススメの小説とかってありますか??

38 :無名草子さん:2006/03/05(日) 05:30:44
そもそも中岡主役の小説って少ない気がする。
長編だと堀和久のと嶋岡晨のしか思い浮かばないな。
短編は探せば色々ありそうだけど
自分も知りたいので教えてエロイ人

39 :無名草子さん:2006/03/17(金) 16:28:50
司馬センセの本なら「峠」を忘れないで欲しいと思う

40 :無名草子さん:2006/03/18(土) 12:05:15
井上聞多が主役で読みやすい本ってあります?
できれば君尾さんが出てくるのが良いんですが…。

41 :無名草子さん:2006/03/22(水) 00:10:06
東郷隆の幕末ものはいいぞ。
軽妙洒脱に彰義隊砲兵見習いを描く「大砲松」、幕末時点での最新ヘイテク・ガンアクション「狙うて候」など。

あと、どう見ても明治だが、ある意味幕末の最終段階として、橋本昌樹「田原坂」が傑作。売ってないけど。

42 :無名草子さん:2006/03/32(土) 23:20:07
有名人物が主役、という訳ではありませんが…

 まだ読んでる途中ですが、藤村『夜明け前』。
情報量も多いし、読み応えがあります。

 短編小説では吉川英治の『旗岡巡査』。
身分を問わず、時代が人を変えていく無情さを感じる作品です。

43 :無名草子さん:2006/04/15(土) 00:45:52
中岡主役の小説、風巻紘一の「幕末陸援隊」はお薦めです!!!
…もう絶版ですが古本屋で探してみる価値はアリだと思いますvv


44 :無名草子さん:2006/04/15(土) 03:15:40
あの人土佐小説書いてたんだー
探してみるわ ノシ

45 :無名草子さん:2006/04/17(月) 12:36:30
子母沢 寛 父子鷹も面白いよ


46 :タツロー:2006/05/29(月) 18:32:44
「竜馬がゆく」を読み終えたんですが、その後の歴史小説ってゆうとなにが
いいですか。

47 :無名草子さん:2006/05/29(月) 22:29:21
「竜馬がゆく」って読んでみたいな〜って思って本屋でパラパラ〜ってめくってみたんだけど、言葉とか難しくない?
一応高2。余裕かな?まだ早いかな?
現代文には自信あるんだが・・・

48 :無名草子さん:2006/05/30(火) 00:40:56
自信あるほど本読んでるなら、とりあえず一巻だけ読んでみればいい。
3日もありゃ読めるだろ。
竜馬は読みやすさの代表のような気がする、だからこその大衆小説。

49 :無名草子さん:2006/05/30(火) 21:19:10
>>48
そうなんだ!じゃあ今読んでる本読み終えたら読んでみよう。

50 :無名草子さん:2006/06/23(金) 14:59:32
西郷隆盛より大久保利通の小説が読みたいんだけど、おすすめある?

51 :無名草子さん:2006/06/23(金) 16:51:14
萌えよ剣

52 :無名草子さん:2006/06/23(金) 18:45:22
>>50
海音寺の「西郷と大久保」が詳しいけど、読みにくい。小説というよりも史伝だし。
司馬遼の「翔ぶが如く」での大久保は格好いいけど、大久保は数多くの登場人物の一人。

気軽に読みたいんなら、PHP文庫。

53 :無名草子さん:2006/07/07(金) 07:22:08
ボディ・ジャックって最近出た小説、(半)幕末ものだったよ。
買ってからよく見たら幸福の科学出版(笑)だったけど、けっこう面白かった。

歴史認識は司馬準拠と言う感じ。
面白いのは、(幕末とはずれるけど)、全共闘世代の描写、評価がかなり性格なこと。
宗教って時代遅れ左翼に相似性があると思ってたので意外だった

まあ著者の光岡史朗て人(コピーライターらしい)が信者かどうかわからんけどね。

54 :無名草子さん:2006/07/18(火) 13:07:52
時代小説スレの方にも出てたけど
河内和香の「笹色の紅」はすごくいいよ。
幕末だけじゃなく明治もかぶっているけど。


55 :無名草子さん:2006/08/16(水) 23:18:36
津本陽の「剣のいのち」はオススメ
この作家の最高傑作だと思うんだけど

56 :無名草子さん:2006/08/26(土) 19:14:10
『幕末遊撃隊』の他に、伊庭八郎の出てる小説ありますかね??
あったら、教えて頂けると嬉しいです。

57 :無名草子さん:2006/08/26(土) 23:37:31
>>56 東郷隆「我餓狼と化す」(実業之日本社)に入ってる最後の短編(タイトル忘れた)
主人公は林忠崇なんで、当然伊庭八郎も出てくる。

ちゅうか、「脱藩大名の戊辰戦争」読んだ方がいいかも。

58 :無名草子さん:2006/08/27(日) 00:56:32
>57
56です。
『脱藩大名の戊辰戦争』タイトルから面白そうです。
読んでみようと思います。
ありがとうございました!
幕末初心者なので助かりました。

59 :無名草子さん:2006/08/27(日) 20:08:49
幕末新選組 池波正太郎 永倉新八が主人公
大河ドラマではドンドコドンのぐっさんが役だったね

60 :無名草子さん:2006/08/27(日) 21:16:08
>59
それも面白そうですね。
早速チェックさせていただきます!
ぐっさん、いい味出してましたよね。

61 :無名草子さん:2006/08/27(日) 21:19:41


【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!



62 :無名草子さん:2006/09/15(金) 02:12:02
東京日々新聞社編『戊辰物語』
高村光雲『幕末維新懐古談』
篠田鉱造『幕末百話』
山川菊栄『幕末の水戸藩』
今泉みね『名ごりの夢』

小説ではありませんがお年寄りの昔話を聞いてるって感じがいいです。

63 :無名草子さん:2006/09/15(金) 02:46:00
>>56
亀レスだけど、「遊撃隊始末」はすごくオススメ。
伊庭八郎が出ている小説の中でも、私はこの小説が一番好きです。

64 :無名草子さん:2006/09/15(金) 03:26:46
吉村昭先生のご冥福をお祈りして・・・
上に挙ってないので良かった幕末もの

「桜田門外の変」
 襲撃組のリーダーが主人公です。襲撃シーンがクールな筆で書かれててよかった。
「ふぉん・しいほるとの娘」
 シーボルトの娘の生涯。レイプシーンすらもクールに書ける吉村先生に脱帽。
「長英逃亡」
 個人的には吉村先生の歴史物で最高傑作だと思います。小泉首相の愛読書との噂が。

65 :無名草子さん:2006/10/22(日) 17:06:45
最近会津藩に興味があるんだが
山川大蔵とか出てくるいいの無い?

あと中野竹子、山本八重子とかの。

66 :無名草子さん:2006/10/23(月) 09:02:08
永倉新八「新撰組顛末気」
アーネスト・サトウの日記
海舟座談

67 :無名草子さん:2006/10/27(金) 18:15:04
幕末ものといったら、
子母沢寛の小笠原長行ものや、彰義隊もの。
彰義隊ものなら氏の祖父を題材にした蝦夷物語が代表。
小伝記集的な剣客物語や脇役もたまらない
伊庭、今紫、紀文屋と黙阿弥、相良、御庭番くずれの末路など
人選がいいねぇ。哀れに対する温かい眼差しが心にしみる。
三遊亭圓朝の人情噺に通じるものがあるね。

68 :無名草子さん:2006/12/03(日) 12:13:02
やっぱ「燃えよ剣」だな。

まぢでオモロスギル…

69 :無名草子さん:2006/12/03(日) 22:05:32
「燃えよ剣」みたいな傑作を読むと、
土方歳三の生涯は新選組のためでもなく幕府のためでもなく、
この小説のために生まれてきたとしか思えない。

そういう小説がもっと無いだろうか?

70 :無名草子さん:2006/12/04(月) 01:27:03
副島種臣、義祭同盟あたりが気になっているのですが、
幕末肥前がメインの小説ってありますか?
江藤がメインの歳月は読みました。

71 :無名草子さん:2006/12/11(月) 22:57:44
>>69 思い切りスレ違いだが、変革期の志士の伝記という事であえて。

大島直政「ケマル・パシャ伝」(新潮選書)
山内昌之「納得しなかった男―エンヴェル・パシャ中東から中央アジアへ」(岩波書店)

この二つは本当にいいぞ。前は絶版、後は高額すぎるんで図書館推奨だが。
内憂外患から祖国を救った救国の英雄と、その前座として革命の口火を切ったが、
度を過ぎたおっちょこちょいさから全てを後輩に渡さねばならなかった人物のそれぞれ伝記。

72 :無名草子さん:2007/02/14(水) 12:06:40
燃えよ剣

73 :西村博之:2007/02/14(水) 13:19:39
燃えよ剣、ちっとも萌えなかった。
土方の、嵐雪の句の盗作は余りの下手さにわろす。
作中唯一の萌え所。司馬グッジョブ。

74 :無名草子さん:2007/03/19(月) 00:59:22
浅田次郎の「壬生義士伝」を読むと何故だか新撰組贔屓になり
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読むと竜馬贔屓になる。

75 :無名草子さん:2007/03/22(木) 19:50:46
ここ20年くらいの間に出た小説でいいのは無い?
あんまり昔の作家は読む気がしなくて。

76 :無名草子さん:2007/03/29(木) 00:11:26
「龍馬慕情」を読んで、お龍擁護派に。

77 :無名草子さん:2007/03/29(木) 12:56:12
>>56
・伊庭の小説は池波の「幕末遊撃隊」
・中村彰彦「遊撃隊始末」が二大傑作なのだが、
・有名どころでは直木賞作家・北原亜以子の「風に聞け」
(ただし、この作は何故か未完、途中で終わっている)
・短編集の表題作でもある、柴田錬三郎「心形刀」新潮文庫
・子母澤寛の「その男」では準主役級、これは映画化されて
 近藤正臣が伊庭八郎を演じた。
他、子母澤は伊庭贔屓だったので小説やエッセイ各書に登場する。

マイナー書きおろし文庫だと(小説としての完成度は・・・)
光文社文庫www・志津三郎「幕末最後の剣客 上下」
PHP文庫www・野村敏雄「遊撃隊隊長伊庭八郎」

ほとんど恋愛もの風だが、伊庭の義妹・礼子の視点で描いた
女流若手の真野ひろみ「雨に紛う」は情緒感が良い。

他にも幕末剣豪伝集の類にはちょこちょこ登場するけどね。

>>57 >>58
「脱藩大名の戊辰戦争」は中村彰彦著だが、
中公新書のシリーズで小説ではなく評伝だろう。

78 :無名草子さん:2007/03/29(木) 13:43:55
土方が格好いい小説なら北方謙三の「草莽枯れ行く」がオススメ。
主人公は相楽総三と清水の次郎長だがちょこちょこ顔出す土方が渋くていい。
小説自体もかなりの出来。

同作者の「黒龍の棺」は土方が主人公だけどあんまりおすすめできない。
創作度八十%の奇想幕末小説か中村半次郎と互角に切りあう最強土方が読みたい人はどうぞ。

79 :無名草子さん:2007/03/29(木) 20:51:15
かつて「峠」を途中まで読んで、話がなかなか先に進まないので読むのをやめて
しまったがこのスレみてまた読んでみようと思った。

80 :無名草子さん:2007/04/08(日) 18:34:58
幕末の場合、あまり古い新しいは関係ないような気もするが

とりあえずのお勧め

「燃えよ剣」
「竜馬がゆく」
「壬生義士伝」
「「黒龍の棺」


15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)