2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆外国人が書いたニッポン本◆

1 :無名草子さん:2007/01/24(水) 21:23:50
について語ろう。

2 :無名草子さん:2007/01/24(水) 21:43:18
映画だけどワイルドスピードはひどかったな

3 :無名草子さん:2007/01/24(水) 23:23:34
アレックス・カーの『犬と鬼』。
オリエンタリズムと植民地主義丸出し。

4 :無名草子さん:2007/01/25(木) 08:04:03
Understanding Japanese
という本があったな。ググると出てくるかもしれん。

5 :無名草子さん:2007/01/25(木) 08:31:18
喪失の国 日本〜インドエリートビジネスマンの日本体験記
M K シャルマ
何かの書評で見て、図書館で借りてみた
なかなか面白かった

6 :無名草子さん:2007/01/25(木) 08:43:16
「混迷日本にとどめをさせ」ヤコブ・モルガン著  数年前に絶版にされてしまった・・でもネット検索してみりゃ、抜粋文が読めるよ(全文は無理)。

7 :無名草子さん:2007/01/25(木) 19:43:59
>>5
バスの描写とかわらった
インドへ出張になる人がいたので
本を餞別にしようかと思って読んでみたんだけど、最後読んで辞めたよ

8 :無名草子さん:2007/01/25(木) 23:08:14
菊と刀

9 :無名草子さん:2007/01/26(金) 00:44:58
>>5
それ、面白かったのは確かだけど、日本人が書いたんじゃないかなぁ?
いや、元になる本は実在するのかもしれんが、
あまりにも話が出来すぎてる。
少なくとも自称訳者がかなり脚色してるだろ。
日本の保守系出版には、山本七平のベンダサン以来、
外人成りすましという一種のやらせを許容する悪癖がある。
ポール・ボネとか。

10 :無名草子さん:2007/01/26(金) 00:47:08
講談社学術文庫には外人の日本見聞録みたいなのが妙に多いね。

11 :無名草子さん:2007/01/26(金) 19:48:46
>>3
アレックスはいいですね。若い頃はオタクそのものな雰囲気だったけど
最近は貫禄と自信がついたみたいでカッコよくなった。
でも,アレックスは骨董の売買で大儲けした訳?



12 :無名草子さん:2007/01/26(金) 20:59:15
『日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日』などの著書があるベンジャミン・
フルフォードというカナダ人ジャーナリストだけど、最近は、『暴かれた
9.11疑惑の真相』『9・11テロ捏造―日本と世界を騙し続ける独裁国家
アメリカ』といったアメリカ陰謀論を立て続けに出してる。

金儲けのためならなんでもありというか、自称ジャパノロジストの欧米人には
ロクなのがいないな。

13 :満族:2007/01/28(日) 18:45:36
>>5
あの本はケッコー面白かったが豆を持ってきて入管で捕まったインド人が文才あればもっと面白い体験をしてると思う

14 :無名草子さん:2007/01/28(日) 18:46:55
このスレおもしれーな

15 :無名草子さん:2007/01/28(日) 18:55:39
菊と門

16 :無名草子さん:2007/01/28(日) 20:39:38
菊とバット

17 :無名草子さん:2007/01/29(月) 01:40:59
>>12
アメリカ陰謀論は親米従属国家でも結構流行っているが、
元々アメリカからスタンスを取れる国家で先行しているね。
 実際、今日の国際問題のトラブルメーカーだとアメリカ
が糾弾してきた国々の変遷を辿っていけば、アメリカは
敵が絶えず必要なのだな、という気がする 


18 :無名草子さん:2007/01/29(月) 10:37:10
誰だっけ、明治時代の日本に来て諸国漫遊していった女性

日本人がみんな本読んでることに驚いていたっていうやつ

19 :無名草子さん:2007/01/29(月) 13:26:47
>>17
アメリカ陰謀論・アメリカ帝国主義論は、戦後の冷戦の中でマルクス主義者やア
メリカ国内の反戦主義者が唱え始めた。
東側陣営ではない国の人間までが反米論に入れ込むのは、先進国にとっては資本主義に対する
贖罪意識があり(自分たちの豊かさは誰かの犠牲の上に作られたのでは? という疑念)、
途上国にとっては”搾取”する先進国の象徴としてのアメリカという姿があるため。

経済学的な議論を少し齧れば、南北問題など虚構と分かるし、アメリカは決して侵略そのものを目的とした
国ではなく(諸外国にモノを売りつけるために戦争をしているとかいう例のあれ)、
むしろその強大な経済力故に世界中の国々と関わらざるを得ないだけということが分かる。日
本も経済大国だが9条の縛りの中で日米安保の下に入ることで防衛費の節約に成功した。9条原理
主義者は9条の効果を認めつつ日米安保は否定するのだから支離滅裂なんだけどね。
安保が無ければ自主防衛になっていたから日本の防衛費は現在程度では済まなかったぞ。

関岡英之あたりの議論も強引で嘘が多いようだな。

20 :無名草子さん:2007/01/29(月) 13:43:56
>>18
イザベラ・バード?

21 :無名草子さん:2007/01/29(月) 16:04:09
>20 それです!ありがとう

イザベラ・バードの日朝中
ttp://www7.plala.or.jp/juraian/ibird.htm

22 :無名草子さん:2007/01/29(月) 16:41:58
イアン・ブルマ『近代日本の誕生』(ランダムハウス講談社)

もともと中国が専門のオランダ人ジャーナリストが書いた日本近代史。
内容は間違いだらけで、日本人の肉体的特長を揶揄したり、左翼的・オリエン
タリズム的偏見に満ちた本。
わざわざ金出して買って損した。この著者の本はもう買わない。


23 :無名草子さん:2007/01/29(月) 20:49:19
>>19
関岡なんとかとか副島某とか
故吉川某とかただのトンデモ屋さんだからなあ

24 :無名草子さん:2007/01/30(火) 22:43:20
元上智大学教授で、現在国際教養大学副学長をやっているオーストラリア人の
グレゴリー・クラーク。
アメリカのインターネット・フォーラム『NBR JAPAN FORUM』へ北朝鮮による
日本人拉致問題を「反北朝鮮キャンペーンのための捏造」と投稿し、これが
日本側にバレてインターネット上で騒ぎになった。くわしい事情がここに
書かれている。
ttp://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/50016/
Gregory Clark Calls the DPRK Abductions "Bogus"
2006/10/03 14:29

25 :無名草子さん:2007/01/31(水) 11:50:37
『日本人だけが知らない日本のカラクリ』 パトリック・スミス、新潮社

レベルが高い。ステレオ・タイプとか、ヒエラルキーとか、アイロニーとかという言葉を始めて知ったのがこの本。

26 :無名草子さん:2007/01/31(水) 11:54:12
『軍隊なき占領 〜ウォールが戦後を演出した〜』新潮社、ロバーツ・ジョン・G、デイビス・グレン共著

近代日本のカラクリや薩長閨閥を知るには一番いい。

27 :無名草子さん:2007/01/31(水) 12:00:01
アーネスト・サトウ
『一外交官が見た明治維新』岩波文庫
『公使日誌TU』新人物往来社

生きたイカサマ無しの日本近代史が描かれている。
明治維新の生々しい場面が赤裸々に伝わってくる。切腹の方法など実にリアル。

28 :無名草子さん:2007/01/31(水) 12:58:06
関連スレ
外国人の見た日本およびアジアの歴史(dat落ち)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1155543605/
世界史の中の日本の歴史総合スレ
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/whis/1115052237/

29 :無名草子さん:2007/02/01(木) 10:37:10
なんで外人が書いてるってだけで、
どうでもいいことが書いてあっても有り難がって持ち上げるんだろう。

30 :無名草子さん:2007/02/01(木) 12:23:57
邱永漢


もっとも、台湾人とはいえ旧制高校&東大経済学部を出た人間を
「外国人」と言い切ってしまうのに抵抗を感じるのも事実だが...

31 :無名草子さん:2007/02/01(木) 19:55:02
>>29
語族の分類法は色々とあるが、日本語族は基本的には日本本土と沖縄(琉球)にしかない言語らしい。
大学でニ外を齧った人は感覚的に分かるだろうが、例えばインド・ヨーロッパ語族内では、
英語とドイツ語・フランス語等には近い部分があったりするわけで、こういった言語のネイティブなら
お互いの言語を習得し合うことは日本人が外国語を学ぶことにくらべれば恐らくは比較的に難しくないと思う。

また島国で内需も大きく、自由貿易の利点を活かしつつ経済的・文化的には日本国内だけで割合
に完結しており、日本語だけで生活することも充分に可能である。
こうした特殊性から、「海の向こうのガイジンは何か凄いことを考えているんじゃないか?」「日本
だけが遅れているのではないか?」という畏怖が日本人には強いのではないだろうか?
(この畏怖が反転すると、第三世界・途上国賛美や反対に嫌韓嫌中に行ったりするのではないだろうか)
要するに英語圏ではないのでそうした不安も好奇心も両面が増幅されるのでは? という話ですね。

ちなみに恐らく日本の大衆メディア(具体的にはTV)ほど、海外もののニュースやネイチャリングものの
ドキュメンタリー・バラエティを大量に放送している国はそんなにないと思う。
もちろんそうした海外取材ものの情報が正しいか否かは別問題ですが、ムラ社会で内向きと言われる割には、紀行・観光ものから貧
困国などの社会派ルポも含めて、日本では海外事情もののTV番組には恐ろしくニーズがあるんですよね。
BBC・CNNやアジア・南米のチャンネルなどもBS・CS(CATV)で鑑賞可能ですし。

32 :無名草子さん:2007/02/02(金) 00:09:17
>>29
うむ。有難がるから自分が特別な存在であると勘違いする外人は多い。
ニューズウィーク日本版の副編集長(だったかな)とか毎回偉そうな事書いてるけど
お前なんぞ大部分の日本人からしたら単なるハゲたアメリカ人でしかないっつーの。

33 :無名草子さん:2007/02/02(金) 13:26:03
同じハゲでも日本人のハゲと外人のハゲでは外人のハゲの方がなんだかありがたい。

34 :無名草子さん:2007/02/02(金) 13:48:21
>>29
インターネットが普及してから、そういう感覚もカナーリ変わったと思われ。

>>31
欧米人(とくに英米人)は逆に自分たちが世界で一番優れていて、他は劣って
いると考えてそうだな。


35 :無名草子さん:2007/02/02(金) 14:22:08
それほど変わってはいませんよ。
2ch外人(白人)に日本が褒められて嬉ちいでちゅハァハァってスレが幾らでもありますし。

36 :無名草子さん:2007/02/02(金) 15:55:25
>>35
逆に白人を軽蔑した内容のスレもあるがな。

37 :無名草子さん:2007/02/02(金) 16:31:01
その類のスレは白人コンプレックスの裏返しだしなぁ。


38 :無名草子さん:2007/02/02(金) 18:33:27
今の時代白人コンプなんてそうそうないでしょ

39 :無名草子さん:2007/02/02(金) 20:26:30
アングロサクソン系の白人で、左翼思想に走る人というのはどういう精神構造を
しているのかなあ。
生まれながらにして“勝ち組”なのになぜこんな思想にハマるんだろ。

40 :無名草子さん:2007/02/02(金) 20:37:18
>>39
アメリカン・リベラルは自分は富裕層や知識層の人が多いと思う。そういう層には先進国
の国民としての贖罪意識がある。>>19
欧州やイギリスの知識人はいまだにマルクス主義的な従属理論にハマっていて
脱け出すことが出来ない。そこに学歴があるのに「負け組」な連中が自分が不幸な理由を
説明してくれる理論としてのエコロジー・反グローバリズム・反帝国論・アウトノミアなどにハマる。

この構造は日本も似ていると思うよ。今の左派論壇・運動界隈も上位にテニュアを持つアカポス知識人・
マスコミ人・有名ジャーナリストを戴く露骨な階級社会だからね。
あれだけ貧困と搾取を批判するのに、みな自陣営の「格差」には見て見ぬフリをしているんだよ。

41 :無名草子さん:2007/02/02(金) 22:18:48
>>40
アメリカン・リベラルや欧州の左派知識人が日本を敵視する理由は何なの?
日本人は有色人種という点では弱者なのに。

42 :無名草子さん:2007/02/02(金) 23:21:40
>>41
具体的にどう「敵視」していますか? そこがちょっとよく分からないですが?

例えばフォーディズム批判としての日本型工業社会批判とか? フォーディズムやグ
ローバリズムがもたらしたとされる高失業や過重労働については、実は別の要因
(比較劣位産業の保護、生産性やイノベーションの停滞、税制、硬直化or流動化した労働市場慣行、マクロ環境など)
に原因を見出すべきなのでは? 近経の人はそういう議論はほとんど相手にしてないでしょ?

日本の戦後処理については、日本国内の保守派やネウヨがいまだに確定した事実(南京大虐殺など)す
ら全否定するのが欧米人には歴史修正主義に見えるのでは? 秦郁彦なども南京大虐殺の存在自体は否定し
ていないのに、いまや「秦はサヨ」とか真顔で言う奴さえいるからな。
昔は左翼文化人に「秦は右翼」と言われていたのに、世の中変わったもんだ。

43 :無名草子さん:2007/02/03(土) 00:08:53
>>42
もう日本が賠償金を払った問題(例えば連合軍捕虜虐待問題)を取り上げて
外交問題化する。

44 :無名草子さん:2007/02/03(土) 00:52:54
>>43
こういうことを言うと「自虐史観」呼ばわりされるけど、都合の悪いことは「無か
ったことにする」日本の保守派も良くないと思う。
「バターン死の行進」にせよ、当時の日本軍の貧弱な体制ではやむを得なかったと
いう議論だけならまだしも、笹幸恵みたいなアホが「私でも歩けた、だからあ
れは虐待ではない」とか言い出して火に油を注ぐわけで。

何かと言えば威勢よく天下国家を論じるのが好きな癖に、平気でああいう記事
を載せる文芸春秋の編集部こそが平和ボケしていることの何よりの証明だけどね。

45 :無名草子さん:2007/02/03(土) 05:43:26
>>44
では、あなたは日本はどういう政策を取るべきだと思っているのか?
具体的に説明して。

46 :無名草子さん:2007/02/05(月) 22:58:25
Koreans speak on Japan
http://www.youtube.com/watch?v=GZTAxinylaQ

以下訳

皆日本嫌いよね〜? 嫌い嫌い!
ばあちゃん達なんか皆「日本地獄へ落ちろ」ってな感じよ!
日本なんて海の底に沈めばいいのよ!そうよ、地獄へ落ちればいいのよ!
悪魔よ悪魔!
手前の女)フィリピンや中国に酷いことしたんだし、太平洋に沈めばいいんだけど
     沈まないのよね・・・。
(ここで三人目がなんか言って言い合いにあるけうるさくて聞き取れん)

後ろの女)日本人は韓国人の方が優れている事に気づいたのよ。なぜかわかる?
     料理を箸やスプーンで食べるからよ。
     でも日本人はまだ手でものを食べるのよ。
     
     日本人って可哀想よね。歴史を歪曲して!認めたくないのよ、過去の過ちを。
     日本人は過去を消そうとしてるのよ!最初からなかったかのように!
     だから韓国国民が怒るのよ!


47 :無名草子さん:2007/02/05(月) 23:36:46
そう

48 :無名草子さん:2007/02/06(火) 05:29:29
『その英語、ワカリマセン! 文庫』(著:マーク レッドベター 訳:佐藤千賀子)
日本本というより日本人本ですね

49 :無名草子さん:2007/02/12(月) 03:05:04
外国人が書いたニッポン本はなぜどれも同じような内容ばっかりなのか?

50 :無名草子さん:2007/02/12(月) 03:17:41
>>49
 そんな本でもソコソコ売れてしまうのが問題

51 :無名草子さん:2007/02/12(月) 03:29:48
「韓国は日本を見習え」って言う韓国のエリート官僚?が書いた本はなかなか面白かったな。
追い越し禁止の道路で追い越さない、車線変更でウインカーを出す、横の信号ではなく正面の信号を見る
信号で止まるときギリギリではなくちょっと手前に止まる、自転車がライトをつける・・・etc

この手の交通ルールに驚いていたのが笑えた。
韓国じゃ、ちょっと遅い車がいると、どこだろうが追い越しをかけるので正面衝突が多い
ウインカーを出すと自分の前に入れてなるものかと猛スピードでつめるのでいつまでも入れない
ウインカーを出さずに隙を見て一気に押し込むのがコツ
横の信号が赤になったら即アクセル
交差点ギリギリまで言って止まるのでトラック等の大型車が曲がれずバックもなかなかできず大混乱
道路が見えるならライトなんか必要ないと思ってた
自転車がライトを点けるのは車から視認しやすくするためと目からウロコが落ちる

韓国の恐ろしい交通事情がよくわかる。

52 :名無し募集中。。。 ◆sLWj8/CsMg :2007/02/12(月) 03:56:58
>>18
イザベラバードか?

53 :無名草子さん:2007/02/12(月) 11:17:57
日本の交通安全第一主義はどこの国でも珍しい。
よその国行くと、こんな運転していいの?
みたいな人たくさんいる。

チョソ本は日本を持ち上げたり下げたりウザイ

54 :無名草子さん:2007/02/14(水) 09:18:31
韓国ほどひどいところはないけどな。

55 :無名草子さん:2007/02/14(水) 10:25:16
>52
そうそうそれそれ、って>20-21で既出だったりして
でもありがとう

56 :無名草子さん:2007/02/14(水) 13:05:49
 最近は日本をこっぴどく批判するものは受けが悪いのか、とんと
お見かけしないな。

57 :無名草子さん:2007/02/14(水) 14:17:44
そのうちBOAとかソニンとかあのあたりが勝手なこと書きそう。
韓流の糞俳優とか

58 :無名草子さん:2007/02/14(水) 14:55:48
流れを遮りますが、小説「いちげんさん」。

59 :無名草子さん:2007/02/14(水) 14:56:34
【北海道】脱税のジンギスカン店「だるま」社長 北朝鮮から2回も勲章…長年にわたって多額の資金送った功績か[02/14]

http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1171429183/l50#tag55


60 :無名草子さん:2007/02/14(水) 15:16:46
>>56
 単にニッポンでは売れなくなっただけか?
>>57
 自分の飯櫃を叩いたら、今だと引かれる恐れあり

61 :無名草子さん:2007/02/14(水) 15:24:41
>>56
ttp://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4140882034.html
生活人新書
「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート
ISBN:9784140882030 (4140882034)
222p 18cm
日本放送出版協会 (2006-12-10出版)
ジョイス,コリン【著】〈Joyce,Colin〉・谷岡 健彦【訳】

これは別に日本叩き本ではない。インターネットが普及して、海外の情報が
直接手に入るようになったおかげで、外人が高圧的な態度で日本批判をする
内容の本は売れなくなったんジャマイカ?


62 :無名草子さん:2007/02/14(水) 15:51:21
姉妹スレ
最悪な本・「外人犯罪裏ファイル」
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/books/1170907657/

63 :無名草子さん:2007/02/14(水) 22:11:12
>>62
最近のアメリカの保守派はコワイ

実は先月末、私はアメリカに行ってきたのですが、そこでいろいろ買ってきた
雑誌や本の中に、最近のアメリカの保守派(宗教右派やメディアの人間を含む)
がすごい発言をしているというレポートがあったり、自分が実際に向こうの
テレビで見てきた中でびっくりしたことを報告します。
まずフォックスのシーン・ハニティ。
私はカナダ時代にFOXが見れなかった(日曜の討論番組以外は放送してない)
のでこの人の存在をまったく知らなかったのですが、最近お馬鹿な保守、ビル・
オレイリーとともにFOXの看板スターキャスター的な存在らしいですな。
この人が2005年の「フリーダム・コンサート」というアメリカ軍を支援
するコンサートか何かで。
「われわれはイランを絨毯爆撃してもいい。そうすればトランジスタラジオも
作れなくなるし、核兵器開発用の武器も作れなくなる」
というスゴイ発言。
ほかにも2000年代に入ってから有名になったマイケル・サベージという
ユダヤ系の保守派のラジオ・ホストが
「1億人のイスラム教徒を殺してもまだ9億人のイスラム教徒が残ってる。
彼らに殺されるよりは彼らを殺したほうがいいに決まってる。やつらの毛布の
中に天然痘をぶちかましてもいいかも」
みたいな飛んでもない発言。

64 :無名草子さん:2007/02/14(水) 22:13:02
次はグレン・ベック。この人は保守派のくせにいつの間にかCNNでニュース解説
の番組をやっていたみたいで、この中で
「野蛮人(イスラム教徒たちのこと)が中東で勝利したら、われわれはこの
地域全域に核兵器をぶち込んで鎮圧するしかない」
という、これまたぶっ飛び発言をしております。
もちろん国内向け、とくにアメリカ軍をサポートするための発言とはいえ、
ちょっとこういうのは日本人の感覚からするとぶったまげますよね。

65 :無名草子さん:2007/02/14(水) 22:56:18
『日本/権力構造の謎』を書いたオランダ人ジャーナリストのカレル・ヴァン・
ウォルフレン。

最新作の『もう一つの鎖国―日本は世界で孤立する』では、とうとう中国共産党の
弁護者になりさがった。

66 :無名草子さん:2007/02/15(木) 13:33:29
ウォルフレンって超劣化させた丸山真男だなww

67 :無名草子さん:2007/02/17(土) 20:20:52
ttp://academy5.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1041017078/
290 :名無しさん@社会人 :04/10/25 01:36:20
ウォルフレンは片手が不自由な身体障害者で
学歴は高卒レベルのオランダ人である。
祖国のオランダでは、完全な負け組で底辺の人間だ。

ヒッチハイクで世界を放浪しているうちに日本にたどりついた。
白人というだけで日本人から敬意を持たれ
学歴がなくても英語教師などで食べていける日本は
彼にとって、居心地のよい国であった。

オランダの新聞から日本特派員の仕事をまかされ
一時は外国人記者クラブの代表を務めた事もあった。
日本に滞在する欧米人のコミュニティにひたることで
彼個人の身体や学歴などの劣等感は癒された。

日本人を見下しながら、何十年も日本に住み着き
日本語もいっさい話さず、覚える気すらない。
西欧人は日本人に比べて、すべてが近代的で先進的なのである。

アメリカの新聞に掲載されたウォルフレンの
「日本権力構造の謎」についての書評がおもしろい。

「これだけ徹底的に批判している嫌いな国に
  なぜ何十年も住んでいるのか不思議だ」と。

68 :無名草子さん:2007/02/17(土) 20:21:40
354 :名無しさん@社会人 :05/03/02 08:33:41
最悪じゃないよ
身体障害者で本国でドロップアウトした白人で
日本に30年以上いながら日本語ができない
にもかかわらず日本社会批判をえんえんとつづける
これはオリエンタリズムやポスコロの問題でもある

ヨーロッパ留学から泣いて返ってきて国粋主義者になった西尾感じと間逆の構造なのさ

69 :無名草子さん:2007/02/17(土) 20:22:36
363 :名無しさん@社会人 :05/03/02 21:49:55
>著者の身体的特徴を引き合いに出した個人攻撃で
心理的優越感に耽るのは下種の卑しい自己満足。

身体的「特徴」に由来する劣等感を補償するために「遅れた東洋社会」を研究対象に選び
心理的優越感に浸るフォルの卑しい自己満足(30年日本に暮らしながら日本語の読み書き
がまったくできずに「日本社会の構造」を論ずる傲慢さ)こそが問題とされないといけない
ウォルは落伍者であるがゆえにそのオリエンタリズムは揺るぎがたく強固なものになっているl
日本社会はウォルの傷ついた自我修復の材料として使われている。この点で西尾幹二
のような国粋主義者と同じ構図が見られる。ウォルがリベラリズムを掲げているから
多くの人がそれに幻惑されているが、その本質は卑屈で小心で無学な白人で事実上の人種主義者である

70 :無名草子さん:2007/02/17(土) 20:23:13
373 :なぜフォルは偽物か :05/03/04 01:12:59
「私の国はあなたの国より優れている」というのは馬鹿げた論法である。
日本にいる外国人が決まって書く種類の文章がある。
私はここ30年ほど日本の英文出版物を呼んでいるが、そのお決まりの形はほとんど変わっていない。その論調は次のようなものである。
「日本にはXという制度や習慣がある、日本人はみなそれはいいものだと思っている。しかし
私の国には(ヨーロッパにはあるいはアメリカには)そのような制度や習慣はない。私の国の人間はそのような制度や習慣はひどくいやなものと感じる。実際にそうだ。だから日本人もそれを悟り、そのような制度や習慣を捨てるべきである」

71 :無名草子さん:2007/02/17(土) 20:23:46
374 :なぜフォルは偽物か :05/03/04 01:13:35
この文章の目的はもちろん、社会批判ではなく自己賛美である。極端な場合は、日本は大
嫌いだが、日本に住むのは大好きだという外国人まで出てくる。つまり、そういう外国人は、
自己賛美の機会がたっぷりあるのがうれしいから、自分たちの嫌っているところに住むのが
好きなのである。悪くするとこの種の考え方は単なる人種主義になりさがる。そしてこのよう
な愚かな人種主義に陥る人物は、これはきわめて言及しずらいことだが、本国での落伍者
であることが多い。本国において満たされなかった傷ついた自我の補償が、白人あるいは西
洋人としてこの極東の地に住み続けることによって得られるのである。なぜ30年間も住みな
がら日本語を覚えようともせず、執拗に日本社会批判を続けているのか、その隠された動機
が醜悪なものであるかぎり、いかに科学的な様相を纏っていようとも、腐ったものである。

72 :無名草子さん:2007/02/17(土) 20:53:39
しかし日本人は何で白人様に説教されるのがこんなに好きなんだろうね。


73 :無名草子さん:2007/02/17(土) 21:41:17
>>72
>>66 の丸山真男の時代から、他ならぬ日本の研究者やジャーナリストがそう
いう芸風だったから。あるいは反対に島国根性から国粋主義になるか。
海外を旅行してきた日本人には、外国にハマってしまうか、「日本がいちばん
落ち着く」「日本がいちばんいい」と言い出すか両極端な人が多いことに似ている。

もっともこうした構造「他国に仮託して自国の現状を嘆いたり啓蒙する」「反対にプチ
国粋主義になる」とは、日本だけではなく世界各国である程度は共通なのでは?

74 :無名草子さん:2007/02/17(土) 23:03:21
海外で差別されたことありますか

という本がなかなか面白い。ただ編者に特ア/マンセーがいるようで、
姦、支那畜をやたら賛美して日本を小物扱いしている点と、
姦酷の女性は行動的でセクシーで、日本女性より魅力的〜とか、
気をつけながら読むと役に立つ。

優しすぎて、不満を口にださず、反論をしない。
お金はあるのに、基本的なテーブルマナー、ドレスコードができてなくて
海外で軽く見られてしまうという点は、非常に勉強になりました。

75 :無名草子さん:2007/02/18(日) 07:17:54
池内恵『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書)に、こんなことが書いてあった。

他方で、少数ながら日本にも存在する専門研究者は、「アラブ」や「イスラーム」
を過度に理想化して論じてしまいがちだ……しかし、かえって逆効果になるのでは
ないかと心配にもなってくる。人に過剰な夢や期待を持たせることは、諸刃の剣である。
「贔屓の引き倒し」のような議論をしていると、長い目で見れば、日本人のアラブ世界や
イスラーム世界への印象を歪んだものにしかねない。

「甘いものほどとりすぎるとすぐに飽きがくる、
そして胸が悪くなるほど見るのもいやになる、
また異端の教えはいずれ人に捨て去られる、
そして欺かれていたと知ったものに憎まれる」

          (シェイクスピア『夏の夜の夢』小田島雄訳、第二幕第二場)

76 :無名草子さん:2007/02/18(日) 19:04:42
>>35
>2ch外人(白人)に日本が褒められて嬉ちいでちゅハァハァ

最近のヨーロッパ人は、外国人とくにアメリカ人に褒められたがっている。
ジェレミー・リフキン『ヨーロピアン・ドリーム』、トム・リード『「ヨーロッパ
合衆国」の正体』なんて本が出版されて…

19世紀にアレクシス・ド・トクヴィルが『アメリカのデモクラシー』の中で
新世界に肩入れしたように、今日のヨーロッパ人は、旧大陸がふたたび世界の
模範となりうるほど輝いているという幻想に浸らせてくれるメルヘンの語り手を
欲している。

77 :無名草子さん:2007/02/18(日) 19:39:25
ダニエル・H・フット「裁判と社会 司法の常識再考」(東大出版会)

アメリカ人の法社会学者が、川島武宣「日本人の法意識」で描かれたような
"日本人特有"とされてきた訴訟嫌い、権利意識の低さ、といった日本の文化を
再検討する。別に日本やアメリカがそれぞれ良いとか悪いとかそういう事を
主張するではなく、それぞれステレオタイプとは実は違ってるんだよ、というお話。

78 :無名草子さん:2007/02/18(日) 20:22:25
>>76
それって 市場原理主義的でネオリベなアメリカVS社民なヨーロッパ という図
式なんですかね? 日本だと広井良典なども欧州を見習えとか言っている。
姜尚中や宮島喬などはもっと凄い。欧州では移民が失敗しているのに、日本人はその挫折を
乗り越えて世界市民をくぁwせdrftgyふじこlp; とかもう無茶苦茶。

東アジア共同体主義者はまだEUが理想なのでビックリするよ。

79 :無名草子さん:2007/02/18(日) 20:35:53
>>78

「社民なヨーロッパ」と括れる程、福祉政策は
ヨーロッパ内で一致してるんかいの?


80 :無名草子さん:2007/02/18(日) 20:54:32
ttp://www.diplo.jp/articles05/0504-4.html
アメリカの夢、ヨーロッパの夢
ジェレミー・リフキン(Jeremy Rifkin)

ル・モンド・ディプロマティークにも記事が掲載されている。

81 :無名草子さん:2007/02/18(日) 22:05:46
イケてない日本―日本人のホントのところ (単行本)
ノイマン クリストフ (著)

内容(「BOOK」データベースより)
「ここがヘンだよ!日本人」に出演する著者が、陰気で、慇懃無礼で、危険で、
エキゾチックで、とげとげしく、成金で、閉鎖的で、拒否的で、理解しがたく、
エロチックで、魅力的な日本人を体験に基づいて書き連ねた日本人論。異文化
の日本で苦悩し、日本人と果てしない格闘に臨んだ著者の出した答えが、この
皮肉なコメントである。

82 :無名草子さん:2007/02/18(日) 22:18:15
サンドラ・ヘフェリン『浪費が止まるドイツ節約生活の楽しみ』
『甘えを捨てるドイツ女性自立生活の楽しみ』

著者は「ここがヘンだよ!日本人」に出演していたドイツ人女性。
日本で比較的楽な仕事をして、高収入を得て、白人女性としていい思いを
している人に「甘えを捨てて自立せよ」なんて説教されてもねえ……

83 :無名草子さん:2007/02/23(金) 08:45:07
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070222i506.htm?from=main5
徳間書店新刊、「反ユダヤ主義あおる」と販売中止要請

ユダヤ人人権団体の「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部・米
ロサンゼルス)は21日、徳間書店の新刊書「ユダヤ・キリスト教『世界支配』
のカラクリ」について、「反ユダヤ主義をあおる内容だ」として、同書の販売
を取りやめるよう要請したことを明らかにした。
同書の広告を掲載した朝日新聞社に対しても、「広告掲載の経緯を調査して
ほしい」と求めたという。
同書は、米誌フォーブスの元アジア太平洋支局長ベンジャミン・フルフォード氏と、
ニーチェ研究家の適菜収氏の共著で、今月発刊された。サイモン・ウィーゼン
タール・センターは反ユダヤ的な著作物などの監視活動で知られている。
徳間書店は、「現段階では、コメントできない。申し入れの内容を確認した
うえで、対応を検討することになるだろう」と話している。

84 :無名草子さん:2007/03/14(水) 11:59:35
「外人はつらいよ」 ドン・マローニ

面白かったってだけだけど。

85 :無名草子さん:2007/04/03(火) 17:32:33
オードリヘップバーンズネックという本。

アメリカ人が書いた日本が舞台の物語。
外センのトシが東京に出てきて、ゲイに襲われかけたり、英会話講師の女性と
付き合ってえらい目に合う話です。

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)