2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

第一作目が書きあがらない奴が集うスレ

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 00:43:12
応募とかようと思って書いてはみるが、まず第一作目が完成しない奴が集って傷を舐めあうスレですか?

2 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 01:12:54
最初から完璧を求めてたら
書きあがるものも書きあがらないと思う。

しょぼくても最後まで書ききって、
人に見せれるようになればまず第一段階なんじゃあないかなあ。

3 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 01:20:08
まずは応募を考えずに書いてみればいい。

4 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 01:29:23
>>2
そんなこと言っても俺様完璧主義じゃん?

5 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 02:40:45
1よく作ってくれたこのスレ

自分は賞に応募したいのだが
いくつかの物語は考えてはいるが、どれを実際書いてみるかに迷う
どれも基本的には趣向は似ているからよけいに迷う
と、言うかどれが受賞できそうか 選別できない
ただどれも書くという選択は時間的に無理

6 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 03:05:36
上手いとか下手とか、賞に受かるとか何とかあれこれ考えず、とにかく一本は、何としても書くべし。
小説の結末の一文を書き付けるとこまでいかないと、絶対にわかんない感覚ってのがあると思う。
文章力を磨くとか、一般受けするとか、細かい話は、そういうものを経験してからでもいいと思う。

漏れはまだ新人賞狙いの浪人だけど、やっぱり、一本書いた後と前では文章の書き方や眺め方がまるで違うものになったな。


7 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 15:35:54
>>6
そうだと思うんだけど書けないんだよなぁ
途中で挫折して別なの書き初めちまう

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 15:58:24
書き上げるのも一つの才能です。


9 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 16:20:40
俺は一作書き上げたけど、それっきりだな。二作目が仕上がらん。
どうも>>2で言うところの書き上げる前のレベルまで下がってしまったような感覚なんだよな。うん。
なまじ書き上げたことがあるだけに、今の状態からどうやって抜け出すか悩んでしまう。

10 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 16:39:20
最初の一文は誰だって書けるし、魅力のある文章を書ける人もたくさんいる。
だけど、物語を書き上げて完結させることができる人は少ない。

上記の言葉をある小説家の人が言っていました。
それを見た私は「書き上げる前に悩むな!」って自身に言い聞かして書き上げた。
それまでの私は悶々と悩むだけで、一作だって書いたことがない日々が続いていたよ。

真剣な話をするなら、書き上げれない人の多くは言い訳ばかりしているだけじゃないかな?
時間がない、文章力がない、才能が無い、面白い作品が書けない、って理由はたくさんあるけど、
そんな言い訳を蹴散らすことができなければ書き上げれない状態が続くと思う。

言い訳はするな! 書き上げてから悩め! これが私が学んだ事の一つです。
偉そうに語りましたが、参考になれば幸いです。
(これを聞いても言い訳ばかり並べて、書き上げることをしない人はたくさんいるだろうけど)

あなたが作品を書き上げないからといって誰も困らない。
やめたければやめればいいと思う。

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 16:55:23
全然参考にならない、そんなこと誰でもわかってる。

12 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 17:10:35
>>7
人にもよるだろうし、ジャンルにもよるから滅多なことは言えないが。
漏れが挫折する時は、
・テーマの掘り下げ方が甘い時、またはテーマを眺め損なった時
・行きがかり上、自分が苦手な物を書かなくてはいけない時(主題の選択を誤った時)
・前段落やら前章で、何かミスをやった時(話が続かなくなる)
ってのが多いかな。

下手にあれこれ手を付けず、自作のプロットやテーマを一回冷静に調べてみれ。
案外、ちょいちょいと直せばすんなり書けてしまうかもよ?

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 17:37:56
>>11
関係ないが、もし>>10をわかっていなくて書けない書けない言っている人は……。

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 17:46:52
必要だと思うことをそのまま実行できたなら、すべての人間は夢を叶えられるだろう。
だが、それが出来ないという話だ。

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 17:57:06
とりあえず草稿は書き終わった。
1から推敲していくのが苦痛。

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 18:37:04
>全然参考にならない、そんなこと誰でもわかってる。
わっかてるなら努力すればいい。>>10の言葉を参考にするまでないならこのスレこないで書けよ。

>必要だと思うことをそのまま実行できたなら、すべての人間は夢を叶えられるだろう。
だが、それが出来ないという話だ。
それが言い訳だろ? 小説に関わらず実行しなければ何もできんだろ。阿保かあんた。

そうか! ここは言い訳する為だけのスレなんだね。

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 19:03:41
マジレスだが、このスレに励まされた。
投げだそうと思っていた書きかけの小説、
下手でもなんでも完成させます。
小説を書きたい、でも書けない、状態が
三年も続いている俺です。


18 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 19:57:25
>>12に励ましてもらうスレ

19 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 20:06:52
書ける書けないの前に、何に書こうか迷ってる……

普通の原稿用紙か、ルーズリーフの原稿用紙か。それとも只のノートか…

皆さんどうしてる?

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 21:07:42
ノートパソコン買って
ワードとかに書くのはどうよ

21 :えいいち ◆GRGSIBERIA :2006/04/18(火) 22:08:42
>>16
お前の言う実行って何だ?

22 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 23:23:17
>>16
>>14

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 23:39:45
自分は 書けない のではなく 書ける からゆえに
どの話から書き始めればいいか迷うんだよ
自分は趣味じゃなく賞を狙っているから
賞にあった作品をどう構築していくか悩む
いろいろ悩んでしまうんだ ないよう重視でいくか
文章力でいくか ややエンタメ系にするか それとももろ純文にするか
主人公は男か女か 進め方は1人称か3人称か
こんなふうにいくつかのパターンを考えた数話の作品の構想はあるが
だが、実際どのパターンで攻めるか(送るか)で悩んでいる
せっかく書いた作品が的外れなんてことになったらもったいないからな…


24 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 23:48:13
おまえにいわれたくないんじゃ、どあほ!!!!

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 01:48:50
>>23
文学賞を総ナメにしてくれ。


26 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 01:51:58
自分はとりあえず書いてるけど自信がない
まねだとかオタクの妄想だとか都合がよすぎるとか
そんなのありえないとか 言われそうで…
いつも書いてて自分の作品が嫌になってくるよ
そうすると書きたくなくなる。でも、書くが好きだからまた書く
そしてまた自信を無くして嫌になる そんなことを繰り返して
未完成の作品の山です・・・

27 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 01:56:30
>23
そうなんだよ例えて言うなら
ホームラン狙いはいいが三振のリスクが高い
ヒット(安打)狙いでいくのはいいが得点の可能性は低い みたいな

28 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 02:18:11
>>27
で、全打席、見送り三振w

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 02:39:01
http://blue.ap.teacup.com/nonsensenoise/

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 16:44:56
>>17
がんばれ、おまえ。
がんばれ、俺。

31 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/19(水) 16:49:41
>>23
ぐだぐだ悩む前に片っ端から書けばいい。
時間がないというわけではないみたいだし。

32 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 15:04:41
>31 
いや、時間がないよ
賞に間に合うようにしないといけないから

作品を女性 応募することを結婚とすると
いまの自分状態はどの女性と結婚するのが一番いいか悩んでいるところだ
それぞれ、可愛い人やキレイな、みんな違う魅力を持っている
雰囲気が似ている人はいても、同じ人はいないわけで
いまこうして悩んでいるうちに、また一人また一人と素敵な女性が現れる
そしてまた悩む、いったい誰と結婚すべきか… 
だれが僕を幸せに(受賞)近づけてくれるのか…

33 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 15:16:29
悩んでるはいいが、自分は不細工で
現実には誰にも相手にされなかったりな。

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 15:17:11
悩んでいる間にも時間は過ぎていく。
あみだくじかなんかで決めてでもいいからさっさと書くことをお勧めする。
切羽詰まった状況になって書きはじめると確実に作品の質が落ちるから。

35 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 15:59:18
自分の場合は書いていくうちに何かの作品で見たような展開になっている気がしてきて書けなくなる

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 16:36:07
>作品を女性 応募することを結婚とする
その例えがもう間違ってる

37 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 16:59:59
>>32
未完成でもいいから、これまでに小説を書いたことあるの?

38 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 17:03:34
>37
趣味でね そのときはあーだこーだ考えなかったけど
今は賞を取りたいから、いろいろと考えてしまう


39 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 17:13:41
たしかに趣味で書くのと賞狙いでは違うだろうな
自己満足ではダメだからな
しかも受賞となるとそれがデビュー作になる可能性があるわけだし
受賞出来るレベルだとしてもあんまり変なものも書けないし
とりあえず賞の趣向に合ったものでないとな
いいものでもその賞が求めているものと違えば没になるから
まさかとは思うがその辺は考慮しているだろうね?
基本中の基本だよ


40 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 17:21:04
自分はまだ書いたこと無いです
でも構想だけあります(数種類)
まず何を書けばいいんでしょうか?


41 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 17:30:20
自分が一番書きたいものから始めてみれば。

42 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 17:31:45
>41
それで「はい」なて言うくらいならここに書き込まないだろ


とりあえず書きたいものから書け

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 17:39:36
>受賞出来るレベルだとしても
その仮定はおかしい

>40
一番最後(最近)に作った構想を書け

44 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 17:51:17
プロローグとエピローグを先に書き上げるというのはどうか
もしくは、プロットで切ったシーン単位で、お気に入りの場面からとか。

45 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 18:14:40
>43
最後という発想がないんです
次から次に新しい構想を思いついてしまう
でもそれは今現在書いているものとは別のもので
だから書いている途中でまた浮かぶから今は書いていないんです
しかも新しいほうがよさそうな場合が多いからよけい

構想だけならもう100以上あるんですが 結局どれを書いたらいいのか…
はっきり言って本当に最初のほうは冬眠状態ですよ 

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 18:18:39
>45
一番具体的に細かくできているヤツから書き始めるのがいいと思う。
とにかく完成せんことには始まらんから一番完成しそうな構想に集中的に取り組んで、まずは完成させることを覚えよう。

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 18:20:11
まぁこんなとこでぐだぐだ言う暇があったら1バイトでも打てって言う話だよな。

いや、俺も書けてないからここにいるんだけどな?

48 :45:2006/04/20(木) 18:22:11
一番いいのは自分が他にたくさんいればいいんですよ
それか、ドラゴンボールの「時の部屋」みたいなものがあれば

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 18:26:35
>48
君が売れっ子作家だったら 幸せだろうに…

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 18:52:59
100以上の構想を全て混ぜちゃえ。

51 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 19:06:22
>>50は闇に舞い降りた天才。

52 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 19:23:40
>50
なら、君が好きな料理を全部ミキサーで混ぜてみろよ
それでもいいのか?

53 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/20(木) 20:46:29
3つの構想を一つにまとめたことはあるのだが、100以上はやはり無理だったか。

54 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 05:45:37
馬鹿かお前ら。
低レベル低次元過ぎるだろwww
もうちょっと大人になれ。
このスレ自体が厨臭えんだよwww
いい加減にしてくれよ。
このうすらトンカチども
わかったらさっさと消えろ
ハゲ

55 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 11:20:09
>>54
お前の発言が厨房臭いしw。
ちょっと匂うから消えてくれる?
自分が臭いこと自覚してるんだろ?
お前の部屋が厨房臭くて家族が迷惑してるぞ。迷惑な厨房だなー。

56 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 11:22:18

ナード・バーンスタイン氏の御言葉
http://plaza.harmonix.ne.jp/~k-miwa/magic/singen/si_bernstein.html

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/24(月) 00:43:58
みんな何か書き込めよ
なんだよこの過疎状態

58 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/24(月) 00:45:15
書けないヤツらのたまり場だからな。
当然書き込みも少ないと。

59 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/24(月) 00:59:05
>58 スゲーワロスw

60 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/24(月) 02:56:54
タイトルすら決まらない
プロットなんて言わずもがな

61 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/24(月) 09:05:26
一年に三作品書いてみよう


62 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/24(月) 09:53:35
無理

63 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 00:45:19
ああ、今日も進まない

64 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 19:59:58
おまえら
作品が書けないのならせめて
ここに何か書いてくれよ

65 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 22:44:28
ちとマジレス入れると「なにを優先して書いたらいいのか解らない」
「書きたいけど書けない」とかウダウダいうてるうちに
現実の時間は驚くほど刻々と流れていくよ。
日々の生活に流されて、ふと気づいたら「小説書きたい」とか
明け透けにいえる年齢じゃなくなってたりする。
書きたくても書く時間が取れなくなっていたり。(ニートとか除く)
「書きたい」という衝動があるうちに、とにかく書きあげておいた方がいい。




何年後かに自分で読み返してスゲー笑えるからなwwwwwwwww


66 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 23:58:17
ネタをひらめくときは完全に0の状態からスタートするから、何の規制もなく抑制もなく、自由気ままなことを考えられる。冷蔵庫が空を飛んでもいいし、宇宙にハサミ虫がいてもいい。
仮にその発想が小説を書くに値するぐらい面白いものだとすれば、当然それを人に伝えるために物語の形を考えなければならない。
とすると、ひらめきの部分を活かすため、より面白く見せるために、設定や展開を考えなければならない。
ここに苦痛が発生する。
ネタをひらめくときは誰しも楽しいものだと思う。俺ってもしかして天才じゃね? 大体誰でも思うと思う。
だけど物語の形を構築するためには、自分で考えたネタや世界観などに展開を規制されて身動きが取れなくなってくる。
ネタも大事だけど、ひとつにまとめ上げるというのは想像以上に難しい。
作品をひとつ書き上げるとレベルアップだ、というけど、その通りかもな。

67 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 00:14:17
そうです
いつの間にか30歳の誕生日を数ヶ月経過してしまった無職の僕がいます


どうしよう・・・

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 00:23:36
取りたい賞の傾向に合わせなければいけないという規制があるだろ
純文なのにエンタメ系を書いてもダメだよ

69 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 00:25:36
純文にエンタメ送ったら目立つじゃん

だから送りますよ


僕は



70 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 01:03:01
>69
あほw
いくら巨人だってロナウジーニョはいらないのと同じだ

71 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 10:15:36
>ひらめき
がひらめきになるためには、
書き上げたものがそれなりに成功していなければならない。
そうならないものは、ただの
>思いつき
に過ぎない。

しかし、書き上げてみなければ
>思いつき

>ひらめき
に昇華する可能性は0だ。

72 :えいいち ◆GRGSIBERIA :2006/04/26(水) 22:52:24
>>39
受賞するって、金が欲しいだけだろ。
競馬でもやったほうがマシ。

>>45
僕の小説は最後すらないよ。建設中のアリ塚みたいなもんだ。
満足したら終了。

>>60
だったら決まるまでタイトルは「NoTitle」にしとけ。
案外はまるかもわかんね。

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/26(水) 23:52:51
金が欲しいなら就職だろ、普通。

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/27(木) 15:29:13
金がほしくて作家をやりたいやつなんているかよ


75 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/27(木) 19:05:37
ノシ

76 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/27(木) 20:38:43
金と時間が欲しい

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 00:37:17
>75
奇遇だな。俺もだw

78 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 00:40:45
俺も俺も
でも完成しねー

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 03:55:29
ふつうの就職なんてダサくてやってられないよ

80 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 19:26:19
ようするに自分の好きなことで金を稼げれば最高だ、というわけだ

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 19:34:46
某きららメール小説のように1000文字でも
書き上げられないのか?
それはちょっと考えた方がいいんじゃないか、将来を。

82 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 21:09:20
誰がそんなこと言ってんの?
妄想乙

83 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 21:37:46
キャラは考えたし、おおまかなストーリーも決まってるが、
最初の1ページしか書けない…100枚以内の短編なのに。
こんなことの繰り返し三年は経過してるんだ…。
完成させた作品は新人賞に送ったがハシにもひっかかんなかったし。

84 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 01:09:39
僕はようやく書き始めたよ
でも自分の書き方がいいのか悪いのかさっぱり分からん

それは雷の夕暮れ、構想は突然舞い降りた

85 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 02:32:24
>>84
よし晒せ

86 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 03:17:26
俺はプロット書いた段階で満足しちゃって、書き上げたことが無いタイプだったんだけど。
GWの予定がなにもなかったから、ちょっと今まで以上に真面目に書いてみたんだ。

初めて「キャラが勝手に動く」ってのを経験したよ。
(そんなことあるかい、と思ってた)

プロット段階とはかなりキャラの性格が変わって来ちゃった。
なにか一つ上のワナビになれた気がした。

87 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/21(日) 03:12:49
俺も早く経験したいものだな。
ところで。俺は今まで60〜70枚程度まで行くと筆が止まっていたんだが
今書いてるのは150ぐらいまで行ってるんだ。
だが、今度は長くなりすぎて挫折しそうなんだ。
あと200ぐらいかかりそうなんだが、なんか長く書く秘訣ってないかな?

88 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/23(火) 16:45:38
>87
それは自分の物語をとことん愛してやることです。
愛すればのめり込むし、書いてて楽しい筈。
次、またその次を書きたくなる筈。
つまり86が言うように、キャラが動いてくれるようになる。
そして筆が止まったら、初めから読み直してみるといい。
客観的に見ることができるから。

遅くたっていいじゃない。出来上がった時の喜びは格別ですよ。



89 :無名草子さん:2006/05/27(土) 10:51:59
弱い

90 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/15(木) 02:21:11
代一作目を早速
文学界に出してみました

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/18(日) 03:36:04
おめ

92 :名無し物書き@推敲中?::2006/07/18(火) 12:41:05
書いてみます

93 ::名無し物書き@推敲中?::2006/08/19(土) 09:42:09
格別ですよ

94 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/24(木) 04:43:49
私はプロットの時点で止まっちゃってる。

思いついたシーンやストーリーなんかを面白そう!と思って書き溜めてきたけど
自分で全部ボツにしてしまう……。
ありきたりだし、どっかで見たようなものばかりだなと思って。



もういやだ……



95 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/24(木) 10:20:34
一作目を書き上げてから考えがかわったこと。
1)設定とは書きあがったあとに残るものであって、書く前にガチガチに固めすぎるものじゃない。
  やたら硬い設定は、自分の作品世界の展開を束縛するだけ。
2)「自分の書きたい設定で書きたいものを書きたいように書く」欲望はもう充分に満足した。
  ようやく、「他人が読みたいものを書く」というつぎのワナビステップに進めた。

96 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/24(木) 16:11:53
自分も書きたいけど書けないな。
プロットっていうか、ものすごく奇抜な設定や印象的なラストシーンは思いつくんだけど
そこに至るまでを考えるのを面倒くさがってしまう。
それになまじ脳内妄想を立派に感じてしまうから未熟な文章力で原稿に起こそうとしても
半端な出来になりそうで怖かったりする。

まあオナニー状態なわけですな。はぁ。

97 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/24(木) 17:12:58
>>95
結末は考えないで書いた方がいいですか?

98 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/24(木) 19:24:38
>>97
おおまかな話の流れや設定は決めるけど、それにはこだわりすぎないってだけ。
書きやすいほうに、おもしろいほうに、どんどんコンセプトを変えていくんです。
(もちろん、最終的には全体の統一感を出すためにリライトが必要)

99 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/25(金) 04:30:11
>>98
なるほど……勉強になります。

私はまだ1作目を書き上げてないので分からないけど、
ゴールが決まってないと話があられもない方向へ行っちゃって
とりあえずまとめに入る、みたいな形で終わるんじゃないかと不安で。
ストーリーが凝り固まってしまわないように、最初と最後だけ考えておいて
その間の経緯は自由に……と考えているのですがどうなんでしょうか?

>全体の統一感を出すためにリライトが必要
ストーリーのつじつまを合わせるということ?
内容は変えずに、文章表現を直すということなのでしょうか?

100 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/25(金) 10:48:56
>>99
うんうん。一作書き上げるまでは、それで悩んで筆が止まるんだよね。
でも、まずはどんな内容でもいいから、書き上げるのが先だと思うよ。
書き上げれば、「どのように書けばいいか」の自分なりの答えが見えてくるでしょうから。

>>全体の統一感を出すためにリライトが必要
>ストーリーのつじつまを合わせるということ?
>内容は変えずに、文章表現を直すということなのでしょうか?

例えば、話を書き進めていくうちに、
・キャラ間の役割分担にお約束パターンができる(&そうしたことで面白くなる)
・作者のお気に入りキャラが入れ替わる(&そうしたことで書きやすくなる)
・2人のキャラの役割が1人に集約される(&そうしたことで分かりやすくなる)
とかがおこったら、ストーリーも設定も内容も文章表現も全部ひっくるめて、
つじつまがあうようにばっさりと書き直すわけですな。

ただ、こういうことを考えるのは二作目以降でいいと思うよ。
まずは、一作書き上げた充実感と、自分の好きなように書いた満足感を
得ることのほうが、なによりも大事だと思うから。

101 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 02:07:51
>23
このパターン、これが一番作家に向いてないらしいね。
書いた物が無駄になるのは当たり前だと思うくらいでないとやってけないらしい


俺もだけど。。


102 :名無し物書き@推敲中?::2006/09/14(木) 11:47:00
当たり

103 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/21(木) 01:33:51
こんな、俺の為に建てた様なスレがあったとはw
飽きっぽい性格だからか、絶対に途中で飽きてしまう
んで忘れた頃に一から読むと寒い寒い。
ってか、飽きるからじゃ無くて自分の作品に魅力が無いから続かないのかな。

104 :名無し物書き@推敲中?::2006/09/28(木) 11:46:18
無い

105 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 12:23:34
途中で切れたら気持ち悪いから
強引に夢落ち終了で名目上は祝完成!→永久封印&キャラとか設定とかは別作品に流用

106 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 12:49:53
どうせ構想やら設定やらを先に決めたって、
打ってるうちにどんどん修正していくことになるんだから、
とりあえず打ち始めれば良いのに。

第一作目ってことは最初の壁だろ?
他の壁も知らないのに、今見える壁にびびってんのかよ。
越えてみなけりゃ見えない景色もあるだろうに。

107 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 13:46:22
こいつらどうせ本気じゃないんだから、何言っても無駄無駄

108 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/05(木) 18:21:00
はぁ……一日1〜3枚程度しか書けない。350枚とやになるのはいつの日やら。


109 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/05(木) 18:28:13
創作文芸板に初めて来ました
で、スレタイに惹かれました
あ、俺のことじゃん…みたいな(笑)

110 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/05(木) 18:30:09
>>108
早くても117日後
おそくて350日後

111 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/05(木) 18:31:15
金を貯めるのと同じなんだ!
百蔓延まで、めっちゃめっちゃ苦し。(がんがんがんばれ! おれ。
五円だってててててぇぇぇぇぇぃぃ。 お金? どどぅぅぁ。
一枚だっててててててててててててぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぃぃぃぃぃぃ。

112 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/09(月) 00:07:33
最初の一枚目が書けない…。
書きはじめれば何とかなるんだけどな。

113 :携帯 ◆NEGI2J35rE :2006/10/09(月) 00:14:25
>>112
わかるわかる、僕なんか毎回そうだわ

114 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/09(月) 00:21:44
一箇所ばかり推敲してぜんぜん前に進まない俺

115 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/09(月) 07:03:28
>>114
あるある
自分の納得できるレベルの文章にしないと先に進めないんだよなorz

116 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/09(月) 12:24:21
プロットも全て書いたし頭にも入ってる!
でも1から書き出すとすぐ止まる……。
ほら、猛烈に好きな歌を小説化しようと決心したって途中で疲れてやめてしまう感覚と一緒なんだ。
それでもその歌が好きで歌うのはやめない。
でも歌う度、小説化してみたいとは思うのだ。
そんな気持ち。

117 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/09(月) 20:23:36
読み返すとつらい。超つまんねぇ。
手持ちのプロの本と比べると、あまりにくだらなすぎるし読みにくい。
それはわかるんだが、どう直したらいいかすらわからない。
こんな下らないもの書く意味なんてあるのか?
てか、くだらないものしか書けない事がくやしい。

118 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/21(火) 21:48:00
一作


書くって



 難しいね

119 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/24(金) 02:03:33
一作書き上げると、できはともかく執筆速度が速くなる気がする。
というか、最後まで書き上げられやすくなるような感じだ。


120 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 11:19:22
この先、ぼちぼち悲劇的な展開が始まるので、可哀想で書けなくなっちゃった。

原稿用紙150枚目ぐらい。

121 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 13:33:58
プロの人から聞いた話では、未完の名作より完成した駄作…ということだそうな。
他に、最初の一行は記憶に残るような言い回しが重要と言っていた。
最初の数ページで、読者を惹きつけられない作品は駄目だと言うこと。

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 14:05:43


おまえら真面目に働けよ

小説家なんかになるより、企業で月給もらってたほうがよほど稼げるんだぞ。

年収数千万なんてのは、ほんの一握り。他は、女子大卒の新入社員より年収低い



123 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 15:59:44
どうすりゃまともで割がいいかなんてわかってる

パンよりタバコが好きなだけだよ

124 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 18:36:31
未完の大作

『A.I.』 S・クーブリック
『レクイエム』 W・A・モーツアルト

やっぱ未完でも大作のがよくね?


125 :生枝:2006/12/06(水) 21:21:34
取材とかってしますか?小学生ぐらいの人物を出したいんだけど、今の小学生ってどんなこと考えてるのか分かんないから母校に話聞きにいってみようかと思ってるんですけど

126 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 21:47:13
>>124
俺が聞いたのは、どんな名作も完成していなければ、作品ではないし売り物にもならないと言うことだった。
逆に、どんな駄作でも完成していれば、一つの作品として商品になり読者に提供出来るってことだった。

127 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 21:47:57
>>125
想定している読者が今時の子供ならば必要だろうね。児童文学とか。
ただ一般向け小説ならば、むしろお前さんの子供時代を思い出して、そこに今の子供の流行を加えた方がいいかも。逆に、読者が「らしく」とらえてくれるかもしれん。

128 :生枝:2006/12/06(水) 21:56:08
ていうか小学生時代に何考えてたとか覚えてないんですよね 携帯も少年犯罪とかも今よりなかった気がする 児童殺害事件とかもなかったと思うし教育が見直されたりとかもなかったかな

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 02:10:14
>>121
映画とテレビドラマの比較に似ているよね。
映画は最初の10分で席を立つ人は皆無だけど
テレビの場合は始まりの5分でチャンネル変える視聴者は大勢いる。
惹きつけられる冒頭を書きたいもんだ。

130 :哀し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 11:26:22
自分も一作目の途中でテンションが落ちてしまって書けない。
昔、短編を一つ書き上げたことがあるのだが、読み返して落胆。
ひどいもんだった。
だから、一作目とはいえないが、長編はこれが最初。
HPで公開しつつ書き続け、原稿用紙で370枚ほどまで来て、ストップ。
書いた分を何度も読み返してはいる。自作ながら面白い。世界でオレだけという自負もある。
ファンも大勢いて、みな、温かい態度で待っていてくれた。
が、突然テンション消滅。
焦るばかりで、とにかく書いてみようと試みても、うそ臭く、
そこから別の作者が書いたかのように文体が変わってしまう。
完結見通し枚数は500少し。
ここまで書いたのに、これからがこんなに長く感じるとは…。

131 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 11:33:40
未完成の作品を推理物だと考えてみろ。
密室殺人起きました。トリックはこれから考えます。
とりあえずここまでで評価をしてください。これじゃ評価も糞もないだろ?


132 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 12:16:17
ウンコはちゃんと最後まで出したほうがいい。

133 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 12:22:24
ソウル五輪のマラソンで四位入賞した中山って選手がな
「優勝できなければビリでも同じ」
って言ったんだ
ナンバーワンになれなければ同じなんだよ吾郎くん

134 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 12:26:13
>>131
未完の部分を推理物と捉える

何気に名言かもな
作家はみんな探偵屋さんなわけだ

135 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 01:29:17
個人的な体験を言わせてもらえば、トリックも犯人も決めずに推理モノを書き始めたことがある。
いくつか事件が起こった中盤で行き詰まった。
そりゃそうだ。だって、誰がどうやって犯行を行ったのか俺もわかんねーんだもん。
でも折角途中まで書いたのだからと脳を振り絞ったら、
伏線でも何でもなかった描写、重要人物でも何でもなかった脇役らがうまい具合に噛み合って、
メインキャラクタと化学反応を起こし、一本の推理モノとして完成してしまった。
書きながら「お前が犯人だったのかよ!」と突っ込んだりしながら。
止まってしまっても無理矢理書き進めると、うまい具合に転がることもあるみたいよ。

136 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 09:30:30
アホですかー!?

137 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 09:40:53
良ければ>135の作品のおおまかな概要だけでも晒して欲しいものだ

138 :哀し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 11:11:59
中断したまま消えた作品は、世間で多いんだろうな
結果が全てだと思う。
書けなかったら、それまでってことだ、わかってる。
人のせいにlはしない。できるわけがない。
自分の能力だ。
ちくしょう!!!!!!!!!!!
オレの存在が消える。
生まれてこなかったのと同じ。

139 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 12:08:20
んなことはない。

最低でも、次の作品の肥やしになる。
新しい要素を負荷して、いじりまわしているうちに、化ける事はいくらでもある。

140 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 12:53:05
時計じかけのオレンジって有名だけど当初は最後の一章を故意に削除されたらしく
失われた一章と言われ
映画でもラストは二十章目になってる
未完の大作なわけだ


141 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 13:06:56
>>135
推理物をその方法で完成させられたのは運がよかったのかもしれないな。



142 :135:2006/12/08(金) 18:42:38
>>137
詳しい内容を晒さずに説明するのも難しいが、
書き始めたときには単に事件の解決を依頼しに来ただけのキャラが、
物語の前半部で犯人以外が取ると不自然な行動を取っていたので犯人にしたり、
脇役にさせた何気ない動作が、後付で事件解決のヒントになったり、
みたいな感じ。まあ何のことだかさっぱり判らんと思うが。
運がよかったというのも当然あるとは思う。
一応、賞の選考進んでるみたいなんで詳細は勘弁。

でも執筆者のランクは当然違うが、
森博嗣なんかがトリックや犯人は書き始めてから考えた話もあるって言ってたので、
お勧めはしないまでも、行き詰まったら
そこで諦めずに頭を捻れば何とかなるかもよ、ってことで。

143 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 19:24:43
作者が推理しながら書くって案外リアル感出せて良いかもな


144 :哀し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 08:25:10
>行き詰まったら
そこで諦めずに頭を捻れば何とかなるかもよ、ってことで。

そっか。無理にでも書いてみるしかないか
最後まで書いてなかったら、批評しようがないもんな
受賞するといいね

オレはちくしょ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
「存在したこと」が無くなってしまう

145 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 08:52:50
誤爆か

146 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 22:28:16
今から偉そうな事を書くけど一作書き終わるという観点のみの話なので誤解のないよう…。
俺はいまさっき1作目を完成させたばかりだから。原稿用紙換算240枚くらいを。

書き上がらないのは経験不足。
よく人生経験が足りないと文章は書けないと言う。
人生経験は大げさとしても得意な分野や詳しい分野を作っておくといい。
それだけで一作は書き終わる。

極論としての例。
俺は現役高校生で脚本を書こうとしていた。
しかし演劇の台本というのは人生経験の無い俺には難しかった。
たった原稿用紙80枚程度の一作目を書き上げる事もできなかった。
プロットを組み立てても自信が全くなかった。

とある時、小説を書いてみたいなとふと思った。
純文学を目指したが・・・脚本と同じ結果に。

しかし、俺は小さい頃から漫画付けの生活だった。
開き直って文学とはほど遠いラノベみたいなものを書いた。
何でもありの世界だから書けたのかもしれないが、小さい頃からの知識のおかげで一ヶ月で書き終わった。
上記のと1番違う感覚は、面白いのかつまらないのか自分で判断がつけられる部分にあった。
やはり何でも得意な知識は大切だなと思う。

一作書き終わると世界はやっぱり変わるね。
自信がつく。
今度こそ、脚本やリアリティのある小説を書こうと思う。

長々と駄文失礼しました。

147 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 22:47:38
>>146
おめでと。
俺はまだ百枚以上書き上げたことのないヘタレだが、
146がそのまま道を突き進むことを祈る。

148 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 23:52:57
俺も、二十作くらい色んな小説を書き出しながら、
ほぼ全て起承転結の起だけ、或いは山場だけしか書けていないタイプだった。

そんな俺を変えてくれたのが、締め切りを設定するってこと。
と言っても自分で設定した締め切りを守れるくらいの人なら、とっくに書けているだろう。
俺も無理だった。
そんな俺の大学生活も終わりに近づき就職活動という現実が迫ってきたとき、
一つ賞を定め、意地でもそこに投稿すると決めた。
他人の設定した締め切りなら守れるかもと思ったからだ。
それに時間が自由な学生時代に書けなければ一生無理だとも思った。
決めてから数ヶ月経ち、気付けば賞の締め切り二週間前。
それでも全く進んでいなかった。
ここで諦めたら一生小説なんて書けないと奮い立ち、
書きためてあった沢山の起のなかから一つを選び、
ほとんど毎日ファミレスに籠もって、承転結を書き続けた。
締め切りの当日に原稿は完成し、推敲をする時間もないまま印刷、
時間外窓口を使って送ったとき、何とも言えない達成感を感じた。

その小説は結局、一次選考を突破したところで終わってしまったが、
一次選考突破作品の中に自分の名前を発見したときの喜びと言ったら、
就職活動で内定を貰ったときより遙かに嬉しかった。
今読み返してみれば構成も滅茶苦茶で、誤字脱字が山盛り、
視点の固定さえできていなくて読むに耐えない。
それでも、自分の創作態度を変えてくれた一作として宝物だ。

ちなみに自分は>>135で、>>135は二作目の話。
他の人も言ってることだけど、無理矢理にでも一作書き上げれば変わるよ。ほんとに。
書き上げてみて初めて自分の拙いところも見えてくるし、構成ってモノもわかってくる。
みんながんがれ。

149 :哀し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 07:32:48
そっか、ありがと。
やってみる。
これ書けなきゃ、苦しんできたことが、最初から苦しんでいなかったのと同じ。
全て「無」になる。
みな、苦しいんだな。
やるしかないもんなぁ。
ここでぐちっていても完結しない。
一作を書き上げると、次のを「書き上げる力」がでてくると何かで読んだことがあるよ。
書き始める力、というレベルではなくて。
やるのもやめるのも自分だけだわ。
ちっくしょ



150 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 18:45:19
主題だけ思いついて書き始めないまま悶々としてる間が楽しい
ダメ人間

151 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 19:19:58
空想妄想がやめられない人のスレ part7
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1160998020/

生活板に↑こういうスレがあるんだけど、ここのスレの住人は
どっちかっていうと上のスレの方が向いてるのかもね。
想像してる段階が楽しい。

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 17:55:46
現在原稿用紙換算で170枚とっぱ〜。

それでも、まだ中盤の山場から抜け出せねぇ。
はやく泥沼の状態から抜け出してぇ。

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 20:57:50
なあ同人やってみたいんだけどさ
やっぱ自分だけでやるから途中で終わっちまうわけじゃん
自己完結したりしてさ
でも元々あるもんに入るよりも同じような人で集まってやってみたいわけさ
同人がどういう仕組みかも知らないけどさ
初めは集まった仲間うちだけでコピーとかで製本して自分らだけで読み合って
次の月に批評コメントし合うとかさ
月いちで
書けた分だけとか自分のペースで発表してさ
どう?
それで批評とか踏まえた上で構成し直した作品を賞に出品するワケ
無理かな

154 :BE ◆nEdVj9pCpw :2006/12/12(火) 21:00:46
>>153
ええな、それ。

155 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 22:01:42
たしかmixiでそんなことをやっていたコミュニティがあったような気が。
SNSとかでやるといいかもしれないね。

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 22:32:54
いきなり賞に出すよりは遥かに良くなると思うさ
ネット上でやっても良いんだけどさ
それだと何か続かない気がする
拘束力って言うか
なんと言うか
批評も何か適当になりそうな
その辺はネラーならみんな何度も経験してると思うさ

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 22:55:02
>>1
なんで聞くの
なんで聞くの


とりあえず一本書き上げた事はある。その作品を好きだと言ってくれた人もいた。それどころか、他の自分の作品(出だしがほとんどだけど)が好きだとも言ってくれた。

今でも、書けない時は書けない。ただ、以前より、小説というものをより深く捉えようとするようになった(面白くなったかは別として)気がする。
やっぱり書き上げる事は大事。

158 :BE ◆nEdVj9pCpw :2006/12/12(火) 22:56:58
>>153が主宰でそれやってよ。んで俺も参加させてくれ。

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 03:07:13
というかさ。どっかで物書き志望とか向けのSNS
の話を聞いたことがあるような気がするんだ。
そこでやれば良いと思うんだ。
正直mixiではあんまり創作話してない創作系コミュもおおいし。

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 05:29:37
snsが何なのか知らない
協力者がいないと出来ない


161 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 05:35:37
例えばさ
年内に完結した作品の中で一番良かったのを話し合って
決戦投票して大賞を決めるとか面白くね?
賞品はアカデミー賞のラジー賞みたいな金かからないふざけた置物

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 05:43:41
同人の名前なんにする?
自分的にはピカレスク(風刺)かエクスタシー(有頂天)だな

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 06:23:33
 横合いから失礼。
 まず集まれる場所を確保したらどうだろう。
 手順としては、

 1 ミクシィでコミュを立ち上げる
 2 ここですてあどをさらす
 3 参加希望者はそこへ参加表明をメールする。
 4 参加表明がまともな相手をミクシィに招待
 5 そっちで活動開始

 という段取りで進めればいいんじゃね?
 ミクシィの利点は、
 匿名じゃないところ。長文が書けるところ。
 各自がミクシィ内に自分のページを持っているので、逃げづらいこと。
 2chだと、「ダッタライイナ」から抜け出せない気がする。

 オレは同人誌制作には興味ないんだが、管理人になるって人がいたらミクシィに招待してもいいけど。

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 06:27:55
 あ、ミクシィは18歳未満お断りだから、参加者が18歳未満なら別の方法を考えてくれ。

165 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 06:43:15
ちょっと調べたけど、今はレンタルSNSとかいって無料でSNSをつくれるんだそうだ。
そのうちの物書き向けの一つに入ってみたんだが、とりあえず年齢制限はなかったみたいだ。
といってもそこは参加人数一桁だったからあんまり参考にならんが。
一応、そういう手段もあると報告。
mixiが何だかんだいっても人が集まるから一番なんだろうけどね。
でもその分、やる気ない人や荒しに近い人も多くなりがちだし。

166 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 06:48:15
こんぴーたぁを持ってない場合は…

167 :165:2006/12/13(水) 08:26:34
話題を出した手前一応調べたが、携帯対応のレンタルSNSもあるそうだ。
FC2ってところのだけど。
というか、今の時代、原稿は印刷で応募が基本じゃないのか?

168 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 09:45:33
普通に手書きですが何か(;´`)

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 10:12:09
しばらく見ないうちに別スレになってるな……
せっかく書けない人を励ましにきたのに

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 10:53:39
なんで上から言うか

171 :163:2006/12/13(水) 11:04:13
 オレも書き込みした手前、補足しておく。
 ミクシィも携帯利用可。
 それと、コミュニティは参加者以外に非公開にできる。

172 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 11:06:59
>>169
君の励ましが良い方向に動いているのではないか。


173 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 12:24:48
ミクシィとかいいからさ、とにかく書こうよ。書くか書かないかだろ!ミクシィやっても作家にゃなれんぜ

174 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 13:51:58
>>173
書くか書かないか、そんな中で書けないって言っている奴が集まっている訳だが・・・。

175 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 17:02:53
やる気はある
だがやり方がわからない


176 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 17:03:16
どこまで書けるかが、人によって違いすぎるんじゃねぇのかい?

あんたら、最高で何枚くらい書いたことあるのよ?

177 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 17:31:52
400枚だな。
300くらいから迷いが出てきた。
その分岐点から二つの案が出てきて、どちらが良いのか、分からん。

178 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 20:35:01
うん、4枚なんだ。すまない。

179 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 21:20:28
>>178
スマン!! ワロタwww

180 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 22:16:40
>>173だが
1日に一行でもいいから書くことを義務づける。
内容は小説とか関係なく、その日感じたことでも何でもいい。
そうして書き連ねていけば膨大な量の自分の文章になり
いつか小説になる。
俺の場合はそうだった。
真新しいものを書こうと焦らず、自分で勝負。
でなきゃ作家になったあと辛いと思う。
俺はそれでどこの賞でも最終選考まで残る
デビューできてないから偉そうに言えないが

181 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 22:51:18
書いてきゃ終わりは来るな。

182 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 01:35:05
で、180は「どこの賞でも最終選考まで残る奴」なのか「第一作目が書きあがらない奴」なのか。
どっちなんだ?

183 :182:2006/12/14(木) 01:52:29
すまん。つい厭な書き方しちまった。

184 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 01:55:25
「俺の場合はそうだった」と過去形になってるから前者じゃね?
後ろから二行目がちょっと判断に困るが。
まあでも、書くのをやめないというのは賛成。
やっぱり、書かないでいると自分の文章が変わっちゃうのが分かる。
途中で書くのが止まった作品なんか、続きで明らかに感じが変わったし。

185 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 18:15:05
SFを通して哲学的な小説を書きたいけど
踏襲されまくった感あるからな〜

186 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 19:52:41
「〜〜したい」って話はもういいよ。
 第一作目が書き上げられずにいる人は、どんなところで詰まってるの?

187 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 21:59:38
とりあえず最初の十枚が書ければいける気がする
気がするだけかもしれんが

188 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 23:46:58
問題はどう始めるかじゃなく、どう終わらせるかだぜ?

189 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 23:53:39
お話が、きちんと頭の中に組みたてられていて、書けないのか?
お話そのものが頭の中にない状態で、書きたいという気持ちだけが
空回りしているのか?

その辺から、対象方がまるっきり違うだろ。

190 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/15(金) 01:16:52
>>189
鋭い指摘ですね。
私も最近それに気付いて、まず頭の中で最初の場面から最後の場面までの全てを思い描くようにしました。
そうすると、書けない時は途中が曖昧だったり欠落していたりする事に気付きました。
今では結婚して幸せです。本当にありがとうございました。

191 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/15(金) 02:26:14
>>190
唐突な最後の一行にワロタw
お幸せにw

192 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/15(金) 14:46:59
>>184
毎日日記を書き続けてると文体は変わりづらいよ。
ちなみに俺は来年で11年目だったりする。

193 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/15(金) 15:29:00
日記の力は結構大きいかもな

194 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/15(金) 18:40:39
>>180でつ。
最近はずいぶん書けるようになったけど
処女作は五年以上かかったんでみんなの気持ちがわかる。
俺の処女作というのは、それまで書いていた数々の書きかけとは
全く別の物語になった。というのも突然閃いたんだ。
そして1ヶ月で348枚書いた。
書けたのはそれまでの書きかけ達のおかげだと思う。

195 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/17(日) 15:43:03
同人どうなった?
計画倒れ?


196 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/17(日) 15:46:23
境遇が似た者同士の方が続けやすいから良いと思うけどね
既存の同人とか入ってもすぐやめる自信ある


197 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/17(日) 16:11:25
つか同人とかやっててもプロ作家にはなれないからw

198 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/17(日) 18:18:33
俺はプロを目指してんじゃない
文学王に俺はなるんだ!

199 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/17(日) 18:21:19
まぶしいよお前……

200 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/17(日) 19:02:22
だから同人やろ同人

201 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/17(日) 23:42:05
現在原稿用紙換算で280枚とっぱ〜。

終盤へ向けて、いま、最後の山場を上ってるところ。
その後は、ひたすらエンディングまでまっすぐ一直線。
ようやく出口の光が見えはじめて来た感じ。

202 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 00:08:37
>>201
 細かいこと気にせず勢いで書き上げちゃえ。
 あとで推敲すればよし。

203 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 09:09:49
そもそも第一作が書けないって、それで作家になる気?
こっちは数えきれんほど落選しまくってるってのによ
なんか泣けてきた

204 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 10:31:59
>>203
どんまい。
かと思えば鼻歌交じりに書き上げた一作目でいきなり受賞する奴もいるからな。
つくづく難しい世界だ。

205 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 17:37:56




206 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 18:17:32
数えきれんほど落選するのって、難しそう。。。
俺には真似できん。
ふつうは、途中で挫折するか、デビューするかだと思う。

207 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 19:02:40
>>206
世の中には趣味を兼ねて書いてる人もいるんだよ。

208 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 19:18:05
一作も書き上がらないワナビ。
書いても書いても落選し続けるワナビ。
適当に書いて送ったらいきなり最終選考まで残ったワナビ。
ワナビにも色々あるけれど、受賞してデビューしないかぎりは世間的には一緒なんだよな……

209 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 19:20:52
小説書くのが趣味なのか。
応募するのが趣味なのか。
落選するのが趣味なのか。

210 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 19:47:16
ここに書き込むのが趣味なんだよ。

211 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 19:52:51
俺は作家になると断言した手前ひっこみがつかなくなった

212 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 19:55:42
なんだそりゃ。
趣味でも作家志望でもなく、意地で書いてんのか?
それって、書いてて愉しいの?

213 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:08:21
創作してそれを表現する仕事ってのはさ
別にそれが金を産まないものだとしても仕事なんだ
もちろん金がなきゃ社会生活は営めないけどさ
金をどれだけ産めるかは作品の価値じゃなく本人やそれに携わる者の生活上の価値なんだ
じゃあ作品の価値とは何かというと鑑賞者によって違いが出る
作品の価値を高めるには自分なりの感情や哲学的な部分をどれだけ表現できるかってことじゃないか
と思うわけ
例えばここをどれだけどうしたら面白いかとかさ
やるだけやったら一人くらいはチョーウケルって言わせられるモンになるさ





たぶん田舎の母ちゃんとか

214 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:19:28
すまん。なにが言いたいのかさっぱりわからん。

215 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:24:40
告白シーンを書きたいんだが、告白のセリフが浮かばない。
何かいいのある?
できればでいいけど、キザなのがいいな。

216 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:26:35
あ、わかった。
つまり213は、自分はアーティストだと言いたいんだな。

217 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:28:10
>>215
どのレベルのどういった告白なんだよ?

それによるだろ。

20人の娼婦を惨殺してきたシリアルキラーが、逃げ込んだ教会で、
神父相手に懺悔してるのと、実はそこがプロテスタントの教会で、
牧師が戸惑ってるとか、色々あるだろうがー。

218 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:31:52
>>217
えっ?w
いや、普通に真面目な高校生の男の子が、前からずっと好きだった真面目な同級生の女の子に告白するだけですよ?
高校の屋上で。




219 :218:2006/12/18(月) 20:32:33
え、何故かいくつか空白ができてた。
ごめん、技とじゃないんだ。

220 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:38:51
二人の関係、現在の状況、前から好きだったのにどうして今になって告白する気になったのか。
その程度の情報は欲しいな。

221 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:42:22
>>220
あぁ、そっか、そうですよね。
関係は……なんというか、親友ってかんじです。
どうして今かって言うと、特に理由はありませんね……。強いて言えば今までは勇気がなくて、でしょうか。
で、現在の状況は男(名前未定)はついに決意をして、彼女を屋上に呼んで、告白するところです。

222 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:49:32
ドラマのかけらもないな、それ。
どうしろって言うんだ。

223 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:51:01
呼んで来てくれたならOKと強引に解釈しましょう。


224 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:53:27
「すまない。どうやら僕は、君を――殺さなければならない」

どうだい。キザで衝撃的な告白だろう?

225 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:53:34
告白は物語の始りなの? それともクライマックス?
どうしていまになって勇気がでたのか。
友達がエッチを体験したから自分もカノジョが欲しくなったとか。彼女に言い寄る男があらわれて焦ったとか。
彼女が密かに自分のことを好いていて、しかも彼女はあと半年の命だとか。

いやまあ、てんぱった状態で男が言う告白なんて、「付き合ってください」ぐらいしかないんだろうけどさ。
気持ちに余裕があるか、なにかどうしても伝えたいことがある切羽詰まった状態かでもなかったら、告白の言葉なんてそんなもんだと思うけど。

226 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:56:54
あっそれはですね
主人公が一週間禁オナして我慢できなくなってヒロイン呼んだんです

227 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 20:58:53
>>221
俺のマグナムを味わってみないか?                        ハードボイルド風
だから、とってもにこにこと付き合って貰えるとうれしい。            新井素子風
僕ドラえもん。じゃじゃじゃじゃんじゃじゃーん、好きです付き合ってください どらえもん風
るぱぁーん、付き合って                                峰藤子風
あんな、付き合ってくれへんか                            伸介風
やらせろ                                          ナンパ教室の講師風
生まれ変わったら一緒になろうね                           郷ひろみ、松田聖子風
僕はつまり君と一緒にいたいんだと思う                       春樹風
つまり認識において客体とは(略)故に貴女は僕に惚れていますね。     京極風
僕はずっと、他人と話すが怖かったでも君と会えて僕は僕でも良いんだと
初めて思えた、付き合ってください                          乙一風
好きだー                                          青春小説風
好きと言え!! 「ゴリ」また指の骨が折れる音がした。女は悲鳴すら上げない 猟奇小説風



228 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 21:49:44
>>227
不覚にもドラえもんでお茶吹いた

229 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 21:55:00
黙ったってことは>>227のどれかを採用したのか

230 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/18(月) 22:21:50
>227
あんた羊たちの沈黙とか大好きだろ?

231 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 04:56:45
>>188
その通りなんだよね。
もちろん冒頭にも苦労してるんだけど、
どうやって締めくくるるのかも非常に頭を悩ませている。

232 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 13:38:13
>>229
別にそう言うわけじゃありません。
寝てただけです。
でも、>>227さんのを3校に、考え付きました。
どうも、ありがとうでした。

233 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 15:49:17
>>232真面目だなこいつ
名字は「出来杉」か?

234 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 16:37:30
世の中フコーヘーだ!!

235 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 20:56:47
屋上で告白というのがミソだ。
その告白という行為はその世界ではタブーなのだ。
主人公の行動は、秩序への反逆とみなされる。
絶対ちくられるよ。高校生が異性不純交友とは、俺の時代じゃ考えられなかった。
まず、親が呼び出されるね。兄弟がいたら内定取り消し。

236 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 21:07:49
>>235
屋上から飛び降りると脳ミソが

まで読んだ

237 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 23:02:10
ミソ

238 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 23:48:31
カニミソ

239 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 00:58:22
>>234はのびたくんですか。


240 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 03:39:51
そうか屋上ってのは死亡グラフか!

僕は死にませーん あなたが好きだから〜 グシャ


アーイ キャン フラーイ … グシャ

241 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 04:46:07
出だしは納得いくものが書けるが、その後続かない。
すぐ飽きてしまう。


242 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 06:22:12
飽きない展開にすれば

243 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 00:24:31
だいたい書けない書けない言うなら書くな!
仮に苦労して書いた処女作で奇跡的に新人賞とったところでよ
そのあとに待ってるものはまた「書けない」だよ

244 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 01:07:07
さもありなん

245 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 01:27:00
昔 小説かいててまた最近書きはじめたけど自分の言葉のレパートリーの少なさにウンザリした。
今 漢字検定の問題集で言葉を勉強中。
世の中知らない言葉だらけだった。ついでに文章の書き方も勉強しようとわけのわからない方向に進んでる…
みんなは言葉のレパートリーは多いですか?

246 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 03:06:40
言葉のレパートリーは少ないな
何ヶ国語も話せる奴らに比べ何と貧しきことか

247 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 18:15:22
>>246
お前が言ってるのは言語のレパートリー
>>245は言葉のレパートリーと言ってる。
日本語くらいちゃんと読め。

248 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 18:19:16
>>245
漢字検定の問題集ってのはどうかなぁ。
文章表現がふくらむテキストじゃないように思うが……。

249 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 18:33:20
ATOKの連想変換を眺めてたほうがよさそうな気はするな

250 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 22:21:38
言葉のレパートリー=語彙力か?
色んなジャンルの小説読んでみる、とかどうだろう。
漢字検定はやはり違うような…。

251 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 22:50:14
>>245です
例えばだけど「図書館で本を調べて読んだ」って言葉でも「図書館で本を閲覧する」など「読む」とか「見る」っていうだけでも他にも沢山の言い方があるんだなぁと勉強してます
他の本は読んでいるけどその漢字の読み方や意味がわからない…とそのままなんとなくの意味で理解してとばしちゃうので結構役に立ちそうです。
表現の仕方は他の本を読めば勉強になるけどやっぱりそれにも限界があると思う

252 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 00:00:05
>247
なんでそう上から言うんだ?
外国語をたくさん知ってる方が単純にレパートリー多いだろ
世の中にはロシア語と英語を融合させた造語だらけの不可解な小説もある

253 :250:2006/12/22(金) 00:17:01
>>251
そうか。……まぁ、人の勉強方法って個人で違うしな。
そのテキストが自分に合ってると思ったら、それが最高の教科書になるだろ。
でも少し疑問が残るとすれば、
「調べて読む」→「閲覧」という言い換えは漢検ので学べるけども、
「見る」→「目に入る」とかいうのは大丈夫なのか?
他にも比喩とか。その辺気になる。

ちなみに俺自身は小説でレパートリー増やすタイプ。
数は他人と比べてみたことないので何とも言えない…。スマソ

254 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 00:56:21
>>253さん
目に入るとか比喩などは結構思い付くんですけど
小説書いてても単純な言葉ばかりで難しい言葉はまったく思いつかないので
知らないよりは知ってた方がいいかなぁと思って漢字の勉強をしました
漢検といってもテキストを使ってるだけで意味のわからない漢字や読めない漢字を調べるのが目的なんで漢検じゃなくてもいいんですけどね。
他の人の作品を読むと影響されてその作者さんを意識した文章になっちゃいませんか?
私はすぐ影響されちゃうので作品を書いてる時はあまり他の本は読まないようにしています

255 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 01:07:45
何百人もの本を濫読した上で
好きな文章の何人かの本を座右に置くのですから
影響されても困らないです

256 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 01:14:54
第一稿は影響されるけど、どうせ何度も書き直すんだし。

257 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 02:27:46
〇〇は起きた。
〇〇はお腹が空いたのでパンを食べた。
そしてまた寝た。

↑こんな稚拙な文章でいいからとりあえず書いたほうがいいよ
書き上げてから推敲すべし
それなら書き上がらないなんて現象は起きない。
ここは「如何にして練達された文章を身に付けるかスレ」ではない
無駄に考えるのは書き上げてからでないと余計に書けない
つーわけで、がんがれよライバル達

258 :253:2006/12/22(金) 16:51:41
>>254
確かに知ってるほうが得だもんな。そういう事だったらおk。
でも>>257も言ってるけど、表現学習+本文書くことも必要だから頑張れよ。
あと、他の人の作品読むことについては>>255-256に同意。
それと書いてる最中は出来るだけ読まないことにしてる。

短編なら仕上げたこともあるんだが、長編書こうと思っても中々手に付かない。
という理由でこのスレに引き寄せられた俺。

>>257
がんがるよ

259 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 17:35:11
>>257
同意。
俺も書けなかった時期は、書き出しからちゃんとした小説になるようにと肩肘張って苦戦してた。
でも、とりあえず一端、地の文すっとばして会話文だけとかで最後まで書き、
その後で色々足していく、っていう手法にしたらちゃんと一本書き上げることが出来た。

260 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 23:47:58
でも、手抜きして考えるのをサボると、
展開が変になってしまわないか?

突然、自分自信が予想もしていなかった凄い展開へ発展するのは、
まじめに書いているときだけじゃないか?

最初に手抜きをすると、
プロットに沿ってただ書いただけの、味気ない小説になっちゃわないか?

261 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 23:54:08
↑たしかに途中脱線による化学変化は超重要
しかし一作目が書けないってひとは>>257方式で書くのがいいと思う
まず書いてみて、それを熟読し自分の武器と欠点を知ることが大事と思う
って俺が>>257なんだけどね。
さっ書くか〜

262 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 01:19:33
>>260
 執筆を三段階にわけて考えれば問題ないのでは。

 話を徹底的に考えてメモを作る(プロット)。
 とにかく書く。書くことだけに集中して、話の展開はもう考えない。
 推敲する。言葉と文章にだけ集中する。

 書く前にキャラもストーリーも十分煮詰めておかないから、キャラの行動も操られているようで味気なくなる。
 十分に煮詰めてあれば、キャラが生き生きして勝手に話を進めてくれる。
 しかも、プロットに沿うように次々と事件が起きてくれるので、うまく収まる。

263 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 06:09:03
ちゃんと構成考えてから書き始めたほうがいいかなやっぱ。
なんか「書きながらストーリー展開考えてる」みたいなこと言ってる人見たけど。

264 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 07:37:24
デートと一緒。
誘ったくせにどこへ行くか決めてなくてウロウロしてたら、相手はどんな反応する?
この場合、彼女=読者ね。

265 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 07:39:21
>>260
手抜きして書くのとはちょっと違うんだよ。
とにかく書きたいように書いていくと、筆が止まるっていうことがないから、
勢いで話がどんどん自分の予想以上の方へと発展していった。

まあ、人それぞれだから色んな方法試した方がいいよ。
向いてる人と向いてない人がいる。
それこそ、同じ方法でやっても味気ないものが出来る人もいるだろうし。

266 :260:2006/12/23(土) 08:36:04
>>262
その方法は、構想20年とか30年とかいう、
自分の中で密かに、大切に暖めていたお話でなら通用する。

けど、プロットを十分な完成度まで煮詰めようとすると、
その時点で燃え尽きたり「書く」という工程の中から喜びや驚きが全くなくなって、
別の意味でまったく「書けない」人になってしまい、
頭でっかちのワナビ以上の存在になれないまま、一生を終える危険性が発生する。

267 :262:2006/12/23(土) 09:37:11
>構想20年とか30年
 なんでそんな大げさに考えるのかなぁ。
 自分が書こうとしている作品の材料を揃えるだけだろ。

 話の矛盾や設定の矛盾を潰すためにメモを書き出して。
 もっと面白くするためにエピソードを入れ替えたりして。
 自分の書きたいものと徹底的に向き合うだけ。
 煮詰めるというのは、自分が書こうとしているものを、書く前にきっちり把握しておくってこと。準備を整えておくってこと。

 ラジオを組み立てる前に、部品と道具は用意しておけって、それだけの話。
 組み立てはじめてからパーツを買いに行ってたんじゃ余計に時間がかかる。
 それにも組み立て始めたら、組み立てることに熱中したいだろう、ふつーは。
 準備が足りないから、計画倒れになる。未完成で終わる。

 そもそも、
 構想を練る楽しさ。
 実際に執筆し作品を作り上げる楽しさ。
 推敲で作品を磨き上げる楽しさ。
 それぞれの工程に喜びや驚きがある。
 小説を書くことを、もっと愉しんだら?

268 :262:2006/12/23(土) 10:10:28
 レスを付けてからこのスレが「第一作目が書きあがらない奴が集うスレ」だと思い出した。
 混乱させるようなことを書いて申し訳ないです。

 オレも、一作目は整合性とかどーでもいいからとにかく書き上げることだと思う。
 ポルノでもなんでも、自分のモチベーションを維持できるネタで。
 まず完成させる癖をつけて。おもしろくするのはそれからの話でした。

269 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/28(木) 21:42:42
本当は書きたいんじゃなくて読みたいんだ。これが初心。書きながら読んでいる
状態が最高。簡単な方法としては、
オレは朝起きて飯を食った。
オレは飯を食った後、会社へ出かけた。
オレは仕事を終えて家に帰ってきてオナヌーした。
これが書いている状態で、つまらない。これを読んでいる状態にするには、
オレを巨乳に女の子に変換する。
巨乳の女の子は朝起きて飯を食った。
巨乳の女の子は飯を食った後、会社へ出かけた。
巨乳の女の子は仕事を終えて家に帰ってきてオナヌーした。

270 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/28(木) 22:36:46
ゲドは朝起きて飯を食った。
ゲドは飯を食った後、ペンダーへ出かけた。
ゲドは仕事を終えて家に帰ってきてオナヌーした。

なるほど……

271 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/28(木) 23:08:58
パソコンで書いてるやつ、ついつい2ちゃんしちゃわない?

272 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 00:17:55
パソコンが壊れてた間、わざと1ヶ月修理しなかった。
そしたら本が読めた読めた。
でも修理したらもう10分置きにブラウザを切ってはまた起動して2ちゃん。

273 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 15:36:57
>>271
ネト用のパソコンは1Fに。
書きようのパソコンは2Fにおいてある。

万が一、もれたらヤバイ情報は、ネト用マシンには一切入れていない。

ただ、一度2ch始めちゃうとなかなかやめられないとまらない。
ヘたすりゃもう、その日はまるまる、一日ネト漬け。

274 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 00:20:52
一作目すら書き上げられないとか、処女作に五年とか情けないやつばっかだな。
俺は始めての小説をたったの一日で書き上げた。

枚数5枚、夏休みの宿題の作文、自由課題だ。
「小説書いてきたのはおまえがはじめてだな」って先生に笑われたよ。

特に褒めては、もらえなかったな。

275 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 00:52:24
あぁ、そういえば小学校のとき書かされたな。
なんか変な童話みたいなんだったけど。
じゃ俺このスレ卒業じゃん^^

276 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 02:33:22
>>274
貴方が芥川賞を取ったら、先生は得々と「いや、当時から彼の才能は…」と
インタビューで語るでしょう。

277 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 03:39:52
第二作も書き上げて送ったけどさ、つまらんね
未完の大作を抱えている方が正直楽しい

278 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 15:41:47
書いたよ

279 :名無し物書き@推敲中?::2007/01/24(水) 13:08:12
直楽

280 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/24(水) 15:23:32
書き上げたぜ!! 間違いなく名作だぜ!!

281 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 21:15:54
>>135を読んで、涙がでた。すげー笑った。
あんたの作品読みたいよ。

282 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 01:57:21
書き上げるぜ

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)