2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『怪談文芸』 木原浩勝 中山市郎 総合スレッド

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 13:19:05
新耳袋著者である
『木原浩勝』氏と『中山市郎』氏の話題を扱うスレッドです。

裏耳袋
ttp://pc.webnt.jp/column/ura_top.html
作劇塾
ttp://www.sakugekisha.com/
怪談之怪
ttp://web-davinci.jp/contents/kaidan/index.html

2 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 13:22:00
今どんなネタが上がってるの?

3 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 13:22:32
木原浩勝氏プロフィールはこちらで。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E5%8E%9F%E6%B5%A9%E5%8B%9D

中山市郎氏プロフィールはこちらで。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E5%B8%82%E6%9C%97

4 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 13:26:22
へぇ木原ってジブリ出身者だったんだ。
ところで新耳終わってこの2人どうすんだろ。

5 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 13:32:35
何でこの板にこの2人?

6 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 13:35:55
スレタイに異議あり
怪談文芸をアピールしてるのは
この2人じゃなくて東雅夫や京極夏彦だろ?


7 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 13:37:57
いや、一応彼らも怪談之怪だし。
それに「新耳袋」は怪談文芸の一つと位置づけられているでしょ?
この板で「文芸としての新耳」を語れたら、という思惑もあったのでw

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 13:39:21
何のスレかようわからん。


9 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 13:42:03
現代の遠野物語と新耳のことを言ってたけど遠野物語って
怪談じゃなくて民話だよね。

それと新耳のスレはオカ板にもあるよ。

そっちで語れば?

10 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 13:43:40
これな。
■新耳袋■
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1151054033/

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 14:23:30
>>1
削除依頼出しとけよ。

12 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 14:27:21
■新きんたま袋■

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 15:56:55
創作文芸板的には新耳って文芸じゃないの?

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/06(木) 16:01:03
何か発展しなさそうなスレだな。

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/07(金) 12:17:22



==============終了================

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 11:31:50
388 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/07/14(金) 11:10:02
何にでも毀誉褒貶はつきものだが、新耳という取り組みそのものはGJだと思う。
その共通認識に立った上での批判ならば、それは作品批評として問題ないんじゃね?
新耳そのものに価値を認めないってならスルーすればいいし、
その上しつこく攻撃ための批判するのであれば、粘着言われても仕方ないわな。

とりあえず、このスレでは「創作する者として、新耳に代表される実話怪談をどう見るか」
って話をすればよいと思うが、おまいらどうですか?

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 11:33:17
つことで、「創作するものとして見た新耳」についてのスレにしようか。
創作文芸板的な鋭い考察などをしていけば面白くなると思う。

18 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 12:05:31
「新耳は文章が下手」という意見もある。
俺はそれ禿同なんだが、構成力はまぁまぁだと思っているんだよな。
素人が書く体験談みたいに最初でオチまで分かるという構成ではないし、
話の持って行き方は中々のもの。
1から4夜くらいまでは文章もあまり飾らない感じで、上手くはないが
分かりづらい事はなかったんだよなぁ。
後半から文章が自己満足になってきてるというかさ。

19 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 12:28:08
>>18
構成力に関しては同意。
けど、全部が全部じゃないと思う。

文章に関しての資料はこれ。
561 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 02/06/22 19:44

>>558
激同。

たとえば、第四十八話 黒百足

 p.129 3行目
「よく見ると、全身からはみ出した子供の手足だらけの肉のように見える」

わけ分からん。どんな状況だ。
体から子供の手足のように見える肉が、たくさん飛び出してるのかな??

「思わず息をのんだ。体が大きいのではない。肩が長いのだ。真下を向いた顔から肩にかけておそろしく伸びている。」
(新耳袋七巻p91/メディアファクトリー)
こんな文章書いちゃうんだもんな。肩長いってどんな描写だよw。
たしかに意味がわからない箇所があまりにも多すぎる。ていうかどんだけ文章ヘタクソなんだよ。

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 12:30:17
一応前後の文章を読むと「なんとなく」「なんとか」分かることは分かる。
だけど、読んでいて理解しがたい表現や文章が多くて、
途中で止まってしまうんだよな。流れをきっちゃうから、怖さや不思議さ
に関しても薄れてしまう。

21 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 12:35:35
>>18-20を読むと、なんでこの人たちが「幽怪談文学賞」の審査員にやっているか不思議なんだが。
なんで?

22 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 12:36:55
それは怪談之怪の会員だから。
あとはなんだ?

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 12:38:50
シラネage

24 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 12:41:32
木原氏が審査する部分はやはり
「怪談としての体裁」
「実録の場合の可否」
がメインになりそうだ。

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 12:44:28
前もなんかあったけど、「呪い、祟り、因縁」などを扱った怪談は木原氏たちの評価は低くなるのかな。

26 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 12:46:01
>>25
他の審査員的にはおkなので、関係ないと思う。

27 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 12:56:31
421 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/07/14(金) 12:52:49
木原って結構文章に厳しいらしいぞ。
中山の塾の生徒に「お前の文章力は小学生以下だ」とか言ったりしたそうだ。

423 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/07/14(金) 12:54:33
熟成は今頃長編に向けて凄い推敲作業がされてるんだろうね。

>>421
それは生徒じゃなくて総務Sだろ。
木原と中山の両方からアドバイスを貰えるなんて凄い羨ましい。
半分プロの作家だし今回の賞も入賞の可能性が高いと思われる。

28 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 14:13:55
塾生は新耳大好きなのかな。

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 15:40:33
嫌いだったら入塾しないと思う。

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 16:01:20
解説を書いた恩田陸氏曰く「なんとなくどこかで知っている話ばかりだし、ああ
これはこうなるんだなとほとんどが予想できてしまう」と完全に否定されてしまっている



31 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/14(金) 18:40:34
オカルト好きが塾生には多いのかな。

32 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/15(土) 08:06:18
新耳か。あれを何故ここまで持ち上げるかわからん。
確かに怪談本としては面白いし、エポックだったと思う。
だけど、文章面とか見ると、あまり褒められないと思うんだが。

33 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/15(土) 14:30:25
>>32
宣伝の仕方が上手いからだろ。

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/15(土) 14:35:22
宣伝に力入れてるもんな。
力の入れどころを間違っている気もするがw

35 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/15(土) 17:40:40
宣伝とイベントの相乗効果で売れてると思う。

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/15(土) 18:50:02
売れたもん勝ち、ということかw

37 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/15(土) 20:39:19
文章が下手で売れる、と聞いて「リアル鬼ごっこ」を思い出しました。
あれも装丁とコピーで売れたし、後は宣伝だもんな。

38 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/15(土) 21:36:58
本当ならコンビ二本とレベル変わらないぞ新耳。

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/15(土) 22:22:21
>>37
さすがにリア鬼と並べるのはw
yoshiならわかるけど

40 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 06:48:55
>>39
でも確かに似てるw

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 11:40:33
新耳は他の怪談サイトからの転用が多いのは何とかならんものか。


42 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 14:52:11
著作権問題には厳しくすべき

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 14:56:32
>>41
『新耳袋』というタイトルだって『耳袋』から取ったものなんだよ
なんでサイトからなんていわんや

44 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 18:26:49
>>43
誤爆?
新耳袋の中の話は某怪談サイトの転用が多い。
しかもそのサイトの管理人を奴隷って呼んだりしている。
取材で木原と中山が集めた話より転載の多い巻やイベントの参加者から
了承なしに載せた話があったりと著作権に関しては非常にルーズな本です。

45 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/16(日) 19:15:07
転用に関しては問題ないんだよな。そのネタ提供者がおkさえすれば。
そんで、9夜の場合は管理人がおkしてるだろうし、
奴隷と呼ばれるからには親しい間柄といえるはず。

そんで、問題はその9夜に載ったネタを別のところで管理人氏が本にする場合。
著作権が管理人氏にあればそのままでおk。
問題は新耳に載った=ネタの著作権が新耳及び木原氏・メディアファクトリーに
移っていた場合なんだわなー。
管理人氏が自由に使えなくなっている、となっている可能性もある。
このあたり詳しくないので、詳しい人よろしくw。

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 10:12:31
奴隷氏は本を書くんだろうか?

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 16:44:25
ネタ提供なら、他の色々な作家に提供できると美味しいんじゃない
自分で書かなくてもいいし

権利関係が雁字搦めなら厳しいな

48 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/17(月) 19:49:18
>>47
それに「利」が絡めばね。

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/18(火) 15:37:13
新耳袋の問題点といえばなんだろう?
文章?

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/19(水) 16:29:28
テンプレ2

新耳袋と著者についてはこちらで議論してください。
『怪談文芸』 木原浩勝 中山市郎 総合スレッド
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1152159545/

51 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/19(水) 16:31:12
わり、間違えたわ↑

52 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 00:12:30
無間地獄

53 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/21(金) 08:30:48
>>49
問題点は文章もさることながら、著(ry
そういえばこんなものを見つけた。

http://bubble.2ch.net/occult/kako/1056/10565/1056561021.html
36 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 03/06/26 23:39

あやかし通信『怪』258ページ7〜9行目を抜粋

現在の私の職業は、作家である。
作家を名乗る以上、上梓するものは創作でなくてはならない。聞き書きの『実話怪談』
は、作家の仕事ではないのである。


54 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/25(火) 11:13:35
>>53
怪談之怪の主張、全否定じゃないかw

55 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/14(月) 11:31:55
保守あげ

56 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/15(火) 17:04:18
木原氏中山氏の文章って、分かりづらいよな。
あれは文学でも文芸でもないと思うので、板違いだと思う。

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/18(金) 15:02:16
新耳袋は耳袋を越えられるの?

58 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/19(土) 00:11:58
越えられるわけがなく。
単なる趣味・雑学本に近いわけだし。

59 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/20(日) 14:13:15
いまいち何が言いたいのかわからない。立派なこと書いてると思うんだけど
http://blog.livedoor.jp/kaidanyawa/

60 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/22(火) 18:15:56
>>59を読んで思い出したこと。
「言っている意味は分からんが、とにかく凄いことを言っている!」
というキン肉マンのアップ。

中山氏が言いたいのは
「漫画や小説で身を立てたい人は、色んなことを勉強しなさい」
ということかな。
・・・って、当然のことなんだけど。
沢山の人が口を酸っぱくして言って来た事を、再度言っているだけだね。

61 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/22(火) 18:19:01
何が言いたいのかは読んで一発で分かった。

「オレって知識人だろ?」
って言いたいのさ。

62 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/22(火) 18:24:38
>>60
知識人、じゃなくて中山氏がいつもいつも書いていることなんだよね。
「不勉強や!」
という一言がいいたいだけじゃないかと。

確かに創作文芸に携わる人間が「8月15日は?」と聞かれて
「はぁ?」といっちゃいけないかもしれない。
創作するということは「嘘を書くこと」。
嘘を書くには、本当のことを知らなくてはいけない。
だから中山氏の言いたい事も分かる。

だけどねぇ。しつこいよなぁ。
塾生がいくらいっても聞いてくれないんだろうか?

63 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/22(火) 18:26:14
あ、アンカー間違えた。
>>61ね。

64 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 13:32:15
確かに全部勉強しろという結論だね

65 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/05(火) 15:10:05
中山さんってエンタメ志向なのはわかるけど
文芸作品を目指すのはどうかというのを読んだことがある

怪談って好き嫌いが分かれやすくて
エンタメ向きかと言えば必ずしもそうじゃないと思うんだけど
どう思ってんだろ

66 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/06(水) 12:21:50
怪談は娯楽だからエンタメだと思うよ。

67 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/07(木) 13:14:55
950じゃないけど立てました。
移動世路!

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/07(木) 14:28:04
誤爆?

69 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/07(木) 18:23:39
4 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/07/03 23:38

糞スレ立てんな! と言いつつ記念コピペ


918 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/23 13:19
そこにはですね、私のブレーンやってた中山っていう男が、いたんですよ。
「稲川さん、例のハトの話、もうライブで言わないでくれませんか?」
彼、表情も変えずに、そんな事をいきなり言うんですよ。
どうもおかしい。以前はぜひ離してくれて言っていた彼が、ですよ。
彼の挙動も何か落ち着きが無い。しきりに後ろを気にしてるんだ。
で、私、なんとなーく、彼の視線の先を追ってみたんだ。

そこにいたんだ。君の悪い男が。
その男、何かをしきりにつぶやいているんだ。
私も気になってですね、そのつぶやきに耳を傾けてみた。

「・・・怪談は文化だ、怪談は文化だ、怪談は文化だ・・・」

・・・こんな事って、あるんですねえ・・・。

923 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/06/23 16:54
たぶん>>918に出てくるのと同じやつなんですがね、
アタシの喋るのは怪談じゃない、ていうやつがいるんですよええ、
不思議なんですよねぇ、アタシはただ安全が女王だっていってるだけですよ、
ウ冠が消えて女王なんだ、こりゃ怪談、怪談なんだ、
でもってなんでしょうねぇ、アタシの喋る話に文学性がないっていうんだなぁ、
そりゃね、何もアタシは文学やってんじゃないんだうん、学者でも作家でもない、
だけどなんだなぁ、あんな薄汚い饅頭みたいなやつにいわれたかないなぁ、てね、
思いますよええ、そのうしろにのび太みたいなやつもいたんですがねぇ、
世の中にはミョーなやつがいるもんですよねぇ・・・・


70 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/08(金) 10:38:31
中山と稲川って結局何があったの?

71 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/08(金) 17:08:07
>>70
検索すれ。

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/13(水) 18:28:32
>>70
怪談ディズニー

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/21(木) 12:37:00
>>72
そのとおりだなw

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/22(金) 00:13:23
人に厳しく自分にやさしい

75 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/23(土) 20:28:10
木原さん、ラジオでめっちゃ感じ悪かったよー
楽しみにしている番組なのに途中で聞くの止めちゃった

いきなりすっげ早口で
「日本の怪談を世に広めたのだって外国人ですからねー
ラフカディオ・ハーンですよ!小泉八雲!知らないの?知らないんですかっ?」
って他のゲスト責め立ててた。
オッサンあり得ない。

76 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/25(月) 10:47:44
>>75
kwsk

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/27(水) 17:24:17
>>75
kwsk

78 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 02:37:40
>>75
これのことでしょ
http://reco.jfn.co.jp/podcasts/tokyo/avanti/

中山さんもブログもハーンか
どうでもいいが昔の漫才師も色々な音楽を聴いてたと思えんない
エンタメ志向を自称するならご自身もクラシックだけじゃなく
アニメソングやゲーム音楽も聞いた方がいいんじゃ

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 12:37:47
あ、これか。サンクス、>>78

しかし中山くんの「音楽は格調高いものを」というのはどうなんだ?
何か押し付け臭いな。


80 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 14:28:52
確かにw

塾サイトの開設時に『文学を目指すのは結構だが、生業としてならエンタメ小説の方がいいのでは?』
だったからな

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 19:37:31
てか、エンタメを書くのも技術はいるからねぇ。
文学を目指すより如何に読者を楽しませることが出来るか?
が作家の第一目的じゃないのだろうか?

格付けっぽい発言が多いのが気になるね。
新耳の二人は。

82 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/29(金) 15:02:30
文学軽視の割りにってことかと

83 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/30(土) 13:32:04
新耳が文学を目指しているのかどうか知らないがw
著者は自らを文学作品を書いている、と思い
読者はエンターティメント本として読んでいる。
この差だろうね。

84 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/30(土) 17:30:31
中山ブログ、日本語のなんたるかを云々言ってるんだけど、
解せない間違いがあったので。

スイスは非武装中立じゃなくて、「重武装中立」。
たぶん、コスタリカと間違えてる。
スイスは国民皆兵制を取っていて、各家庭に核シェルターがあり、
銃器の保持と整備が義務づけられている国。
重武装による守りを固め、その上で、ヨーロッパ各国に自国の男子を
「傭兵」として貸し出していた歴史を持つ。それを踏まえての、
「重武装かつ政治的に中立(EUにも加わっていない)」なのだが、
中立=非武装と考えがちなのはどうか。もっと調べてから言え。

日本の標準語について言えば、東京山の手の言葉が元じゃなくて、
もともとは長州(山口)の言葉がベース。江戸(東京)入りした官軍/明治新政府
の主体は薩摩と長州だが、薩摩は西南の役で下ってしまい、官の中枢には
長州閥が残った。そのことで標準語策定にも長州言葉が大きな影響を与えた。
例えば、自衛隊などにも残る「軍制」にまつわる用語や、明冶に多かった
長州出身の警察官の言葉「○○○であります」は、今もそのまま引き継がれてる。
「僕」「君」などの自分を指す言葉、相手を指す言葉、その用法も元は長州言葉だ。
東京山の手というのは、江戸幕府崩壊時は旗本の屋敷があった場所だが、
(その後華族の居留地になったけど)幕臣の旗本の日常語は、品川沿い江戸言葉。
いわゆるべらんめえというのは、今も品川から川崎あたりの「方言」として残ってる。
標準語とは出典が違うのよ。

関西の人だから標準語に何か含むところがあるのか知らんが、もうちょっと
調べてものを書いて欲しかった。

85 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/30(土) 17:33:16
ついでに言えばコスタリカも「非武装中立」とは本来は言い難い。
国内には軍はないけど、軍と同じ機能と能力を持った「警察」軍があり、
戦時徴兵制があり、加えてアメリカを加えた中米諸国と結んでいる、
集団的自衛権の行使を前提にした集団安全保障条約に参加している。
警察軍の規模は日本の自衛隊に比べれば遙かに小さいけど、
コスタリカの人口規模から比率を考えると、自衛隊とさほど変わらない。
(どころか、コスタリカ警察軍のほうが規模が大きい)

さらに言うと、コスタリカは少し前に「非武装中立」の宣言すら取り下げてたハズ。
大統領が替わって。

なんかもう、ツッコミ所多くてなんかいろいろわや。

86 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 01:00:54
>>84-85
おつかれー。

これで文学、か。あきれたもんだな。

87 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 01:36:29
社民党のみずぽもスイスが非武装だと勘違いしていたな。
テレビで突っ込まれていたけど。
平和主義者ってばかが多いよね。

88 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 01:42:32
みずぽに至っては、

「航空母艦からB52を発進させる」
http://www.masdf.com/news/b52cv.html

という、ものすごい誤認識を国会質問で発言した前科がある。
上記URLはB52を空母に乗せるとどうなるかを示す画像と、
それが「事実」だったら、という嘘記事。(発言そのものは実際にあった)

平和主義であることは別に悪いことじゃない。
自衛隊員の多くは戦争になったら真っ先に死ぬのは自分達だけに、
「できれば戦争はないほうがいいに決まってる」という考え方が多い。
所謂ミリオタにしても、戦術ヲタと戦略ヲタでは視点が違う。
それでも「相手を圧倒する自分の能力と、自分を圧倒する相手の能力」
を正確に把握することが戦術/戦略の第一歩だという共通の自覚はある。

平和主義を言い立てる人に限って、「戦争とは何か」「戦力の把握」が
できてなくて、自分にとって都合のいい解釈を言い立てるばかりになってる。
自分の説を補強するために他人の説や歴史的事例を引用するなら、
ソースに間違いや誤解がないよう精査すべきだと思うんだが。

プロなら。

89 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 01:58:13
人間社会で暴力をすべて排除なんて不可能。
平和主義者はそれが可能だと思っている。ある意味妄想が激しいというか。
本当に排除するなら人類全部にロボトミー手術でもするしかないよ。

90 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 02:26:01
平和主義の話はつきつめてくときりがないので、
同様の議論がされているところへのリンクを貼っておく。

反戦平和主義者と議論を重ねてる人のまとめページ。
http://hunbook.hp.infoseek.co.jp/

平和主義者ほど戦争そのものに対して不勉強で、
自分の主観を前提に話をしていることを諫めるため、
議論の下敷きになる資料やソースを提供している。
玉石混淆なので、判断力と疑う心を持って接しないと
劇薬になるけど。

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/02(月) 08:11:43
文芸主義者ほど怪談そのものに対して不勉強で、
自分の主観を前提に話をしていることを諫めるため、
議論の下敷きになる資料やソースを提供している。
玉石混淆なので、判断力と疑う心を持って接しないと
劇薬になるけど。

と言い換えてみると、何かしっくりw


92 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/02(月) 16:02:29
http://www.denpan.org/home/cthulhu/
怪談の怪受賞者の黒史郎の作品を発見した。
これからは新耳コンビじゃなくて、黒氏のような新人が活躍することになるんでしょうな。

93 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/02(月) 16:21:38
>怪談の怪受賞者の黒史郎
????どういうこと?

94 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 11:16:23
>>92怪の受賞者だろw
間違えると角川が怒るぞwwww
それともbk1怪談文学賞、受賞者と間違えたのか?
幽怪談文学賞は、黒氏はファイナリストに名前が2つ入ってるけど
まだ審査中だから受賞するとは決まって無いぞ。

95 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 12:05:54
木原は何でちゃんと調べて書かないの? >>84-85

96 :95:2006/10/03(火) 12:06:29
ごめん。中山の方か

97 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 14:01:10
>>94
出来レースのヨカーン!!!

幽デビュー→「期待の新星」扱い(怪談文芸のスーパースターwwwとか)
bk1作品集の話題づくり。
他、メリットはたくさんあるな。

98 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 14:08:42
東雅夫は出来レースなんてしないだろ。

99 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 14:14:45
雅夫はしなくとも、出版社の思惑というのはある。
文芸春秋とか直木で(ry
文学賞なんて、そんなもんだw

100 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 14:15:43
権威が密室で選んでるんだから出来レースではない証明をするほうが難しい。

101 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 14:42:59
出来レースでも何でもどうでもいい。
ようは受賞者の作品が面白いかどうかが一番重要だろ。
面白い作品を読ませてくれるなら賞の経緯なんて興味無い。

102 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 14:46:12
このスレは木原、中山スレ。
スレ違いな話題は他で。

103 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/04(水) 00:59:38
超-1の高山大豆は出来レースで選ばれたんじゃないの?
やたら出来レース言ってる人たちは自分達に後ろ暗いところが
あるから他人に対しても疑いを向けるんじゃないのかな?


104 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/04(水) 05:23:41
超‐1で出来レースができるって言ってる人は、
超‐1の選出システムをわかってない。

105 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/04(水) 12:24:57
てか、>>103に聞きたい。
何故出来レースだと思った?
そこを詳しく。そうじゃないと単なる妄想でしかないw
それか>>104のいうようにわかってないか。

106 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/04(水) 12:30:21
出来レースは、出場者と優勝者が最初から決まってる、という意味だよな?
主催者が最初から優勝者を決めておいて、出場させるようなのを出来レースと言うが。
超-1は審査そのものが公開制で、途中経過から点数の集計まで全部ガラス張りだった。
不特定多数の審査員が結託していない限り、主催者の一存で優勝者を決めるというのは
ありえないようになってる。

少数の審査員の価値判断というあやふやなもので決めるならまだしも、
多数の審査員の合計(加算も減算もある)評価を基準値にしてる以上、
主催者がごり押しする余地はほとんどない。

超-1のルールをわかってないで、単なる文学賞だと思ってるなら仕方ないかもだが。


107 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/04(水) 12:36:57
文学賞は数人の審査員にさえ認められればいいし、密室殺人ばりに真相は分かりづらい。
超1のルールを調べてみたら>>106の言うとおりだったから、文学賞とは違うね。
超1は不特定多数の大勢に晒されてなお、評価をされなくてはいけないし、
その経過は誰にでも見れる。おまけにその評価も参加可能みたいだし。

まあ、出来レースといえば塾生の件を思い出したw

108 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/04(水) 12:41:37
塾生の子と中山も可愛そうにな。
2chで騒がれなきゃもっと違った結果になってただろうに。


109 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/04(水) 12:47:41
うん。かわいそうだ。
とは思うんだけど、やはり塾生の認識レベルの低さと、塾長の認識レベルの甘さが問題だったと思うんだよね、実際。
最初からちゃんと箝口令をしくか、「応募作に関しては塾はノータッチにしております」と明言しておけばよかった。
ところが、それもしなかったし、騒ぎが大きくなったらそれに反応しちゃったもんだから後に引けなくなっちゃったんだろうな。

110 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/04(水) 15:48:23
塾生の子って殆ど十代なんだよね。
実際、今回の流れは後味が悪かった。
中山氏も別に身を引かなくても良かったと思う。


111 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/04(水) 16:30:29
>>110
噂で「計画されたことだった」というのがあったなw
確か「木原と東が中山を追い出したがっているから、2ちゃんを利用した」みたいな。
妄想にしては面白い説だったw

112 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/05(木) 08:42:06
「木原と中山は仲悪い」「イベントに中山が出なかったの何故?」みたいな流れから

886 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/09/11(月) 14:44:12
これは単なる想像である。

N氏を辞めさせたい――そんなことを思ったH氏。
そういえばK氏も彼とは仲が悪い。
K氏に話を少し振ると、彼もN氏はK之怪に必要ないと思っていたらしい。
「そういえば、今審査員としてNは参加している。だけどNの塾生がね」
「・・・それはいいネタだ」
某巨大掲示板なら、あっという間に広がるだろう。
いや、広がらなくてもいい。
我々がそのスレをみて、対応した、と思わせればいい。

予想通り、いや、予想以上の結果だった。
これで彼は辞退をせざるを得ない。
まあ、辞退を促したのも裏で手を回したからだが。

さて、次に必要ないのは・・・Kか。
なら、次はK叩きを始めるか。
Kyo氏は残さないと。ネームバリューの利用価値はあるからな。
さて、と・・・。




というのがあって

113 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/05(木) 08:43:19
イベントに出なかった理由として

880 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/09/11(月) 14:37:58
>>877
1・中山氏の仕事の都合で、自ら断った
2・木原氏がごねた
3・中山氏がごねた
4・怪談之怪の意向。

どれかじゃないかなぁ。
じゃなければ不自然すぎる。幽で連載も持っているのに。

882 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/09/11(月) 14:40:00
>>880
1は無いだろ、塾の動向を見ている限りあの時期に仕事はそんなに入っていなかった。
それに普通調整するだろ。
4もありえない、何故なら今回の騒動が起こる前から出演しない事になっていたのだから。

887 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/09/11(月) 14:46:17
>>882
4はあるかも。
怪談之怪の正式メンバーは4人しかいない。
なのに、何故か最初から外していた。
これは、3対1の戦いが始まっている可能性がある。


ときて、

114 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/05(木) 08:44:19
中山氏辞退の話へと。

891 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/09/11(月) 14:47:54
H氏が見てることが分かったタイミングも中々興味深いけどなw
もちろんMFも見てるだろうしw

892 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/09/11(月) 14:49:47
過去ログを見ると誰かがH氏にここの騒動をチクッたようだけどな。
もしかしてそれがK?

893 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/09/11(月) 14:50:59
中山本人がもう嫌だって言った可能性もある。

894 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/09/11(月) 14:51:39
>>892
あくまでも想像だが、最初からH氏とK氏、そしてM社が見ていた
可能性が高い。
あとから「こういう騒ぎになっていますが」ということを自然に見せる
為の根回しなどを行った、とも考えられる。

あくまでも想像だが。



ときた。

115 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/05(木) 08:58:52
新耳はいくつかトラブルというか、不穏な空気というかw
そういうのがあるんだよね。上で書いてあるように「単なる想像」「単なる妄想」
という一言できることも出来るんだけど。

・新耳シリーズの途中で担当編集氏が所属会社を辞める
・担当編集が複数人になる(この頃から内容と文章が荒れ始める)
・中山氏がイベントに参加をしていない
・イベント不参加決定後に塾生問題勃発
・塾生問題勃発後のスムーズな情報提示
・2ちゃんの該当スレで、問題に
・中山氏、怪談文学賞審査員辞任。東氏blog、MFサイトで告知

それと怪談の学校なんかを読んでいると
・中山氏の発言などは少なめに感じる
・というか、影が薄いことも
・木原氏との共著で夏の新作が出なかった(再発や資源再利用系のみ)
・木原氏も中山氏も最近は単独行動が多い
・中山氏の話題は、怪談之怪関係であまり出ない(塾から怪談がらみの本もでているのに)
(印象だけで言うなら、中山氏だけ怪談之怪から浮いているような・・・というかハブられているような)

あと、怪談文学賞の審査員発表がかなり遅くなった、というのも気になる。
ばらばらと断片的情報だけでてきて、ようやく・・・という雰囲気だったしね。
なんか「審査員を依頼する際に問題があったのか?」と思ったくらいだしw




116 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/05(木) 12:23:37
木原のイベント行けばわかるだろうけど、木原と中山は
仲が凄い悪いんだよ。
新耳の五夜辺りから色々喧嘩が耐えなかったそうだ。
その辺りからまずは察しろよw

117 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/05(木) 12:31:33
イベントにいったことないので、わからんです。
でも仲悪いのか。

118 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/05(木) 12:46:49
キーハとは色々意見の食い違いがあったそうだよね。
だから、両方が同じ場所で顔合わせるのが嫌だったのかもよ。

119 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 10:08:44
そういえば木原氏がいう「奴隷氏」は木原氏の弟子?
だったら新耳のあとをつぐのは奴隷氏?

120 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 10:10:27
>>119
にしうらわ氏でしょ?

121 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 10:11:54
>>120
木原氏と仕事をしているのは9夜だけっぽいよね。
なのに、何故奴隷?

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 10:14:04
>>121
ロフトプラスワンにはいつも出てる。
中山氏の代わりに。

123 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 10:22:31
マジか。中山氏は出てないの?

124 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 10:28:22
>123
最近はほとんど見かけない。

125 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 10:35:39
解散という事はないよね?

126 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/06(金) 12:26:29
もうとっくの昔に分裂してますが何か?

127 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/10(火) 15:25:46
人がいないスレだな。
新耳ってそんなに人気ないのか?

128 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/11(水) 09:43:48
オカ板の新耳スレもDAT落ちして消えたしなあ。

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/11(水) 16:21:07
すでに終わった、ということか。
怪談を書くことよりも、別のことに執着しちゃったのが間違いだな。

130 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/12(木) 18:30:26
別のこと?

大阪芸術大学ネタが完全になくなったのが寂しいな
流石に限りあるか

131 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/14(土) 18:19:37
>別のことに執着しちゃった
これは個人的に感じたことだが。
新耳が売れ始めて、「大先生扱い」が始まって、怪談之怪を結成してから非常におかしくなったと思う。
自分達以外は怪談ではない、と言っちゃったこともあるし。
そして、各種メディアミックスにご執心になってからは、本篇がおろそかになったような。
肝心の怪談に身をいれずに、自分の地位に執着した、のかもしれない。

132 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/16(月) 14:07:24
日曜日、日本橋歩いてたら中山氏らしき人が歩いてた
後ろに若い奴ついてたみたいだから、塾生

133 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/20(金) 10:43:27
保守

134 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/22(日) 15:08:36
「無料だから。ゴミ」って同意だけど
無料のネットラジオでおっしゃられても困ります><
ttp://www.sakugekisha.com/netradio/net-page.html

135 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/22(日) 18:02:08
スレ違いでしょうが隣之怪ってどうでしょうか?
CM見て気になったもので。

136 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 04:04:57
今さっき「新耳袋4」の「八甲田山」「山の牧場」を
読んだんですが「八甲田山」で削除された部分ってなんなんでしょう?
知ってるからいますか?
あと「山の牧場」ってどこにあるんでしょう?

137 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 13:37:03
検索すれば沢山出てくるよ。
1)「新耳袋」「八甲田山」「封印」
2)「新耳袋」「山の牧場」
など。あとはオカ板の過去ログを漁ればいいはず。

138 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 15:16:23
木原氏の舞台挨拶について触れてるね。
http://kizaemon.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/610_7ed3.html

139 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/24(火) 04:22:13
>>137
ありがとうございます
これから検索してみます

140 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/25(水) 12:23:03
封印と言えば、有線でべらべら喋った挙句に起こった騒動も懐かしい。

141 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 14:04:14
具体的な場所を喋るのってどうなの?

142 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/26(木) 16:33:34
>>140
詳しく!

143 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 08:43:02
>>141
よほど問題がない限りよい、とは思うが、特攻する人間もいるから配慮すべきだと思う。

>>142
昔、有線放送で新耳コンビのライブが流れた、と記憶している。
その中に例の封印話というのが出てきたw
有線放送という媒体で不特定多数の人に聞かれたものであるから
誰かがその封印話を書き込んじゃったんだな。
そしたらその封印話の提供者が現れて色々あった、と。


144 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 08:52:52
整理すると
・新耳の有線放送ライブがあった
・それを聞いていたねらーがその中の封印話を書きこんだ
・すぐに関係者を名乗る人が削除依頼を出した

という騒動だったんだけど、更に突っ込んでいくと問題が沢山出てくる。

1)提供者は「自分の胸に秘めておくのが辛くて」木原氏に話した
2)木原氏は「残る形では出さない」と約束した
3)そこで有線放送という「不特定多数の人間が聞き、録音も残せる媒体で発表した」
4)通常のライブでは「ネットにアップするな」と木原氏は言っている
5)その放送では「ネットにアップしないでください」というのはなかったらしい
6)書き込んだ人がすぐに削除依頼を出して謝罪をした、が削除されなかった
7)今もログは残っている

この封印話は提供者のプライベートな部分にかなり食い込んでいる話。
当然、木原氏も1と2のような流れで承知をしている。が、有線放送で話してしまった。
誰が悪い、じゃなくて、何が原因だったのか?という部分を考えていくと
実録怪談のモラルとかルールに関して興味深い事例になると思う。

145 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 11:50:32
キーハったらおちゃめさん。

146 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 11:18:45
ちなみにその話(○○の花)は封印話ではないぞ
この一件で封印扱いになったかもしれんが・・・

147 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 12:17:22
>>146
どんな話?


148 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 18:25:56
>>147
ここで書くのは、体験者を傷つけることになるので・・・

149 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/12(日) 22:16:35
ホシュ

150 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/14(火) 21:20:53
もうこのスレも終わりか



新耳袋と共に・・・

151 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/14(火) 23:25:19
幽スレで新耳UFO粘着中。

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/17(金) 16:59:46
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1163500653/728
728 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/11/17(金) 16:28:00
>>724
実例かどうか知らんけど、

「教えてくれっつーから話した。
できたものを見せてくれって言っても見せてくれない。
しかたないから捜して自分で見た。
そしたら、自分の話した話が、全然違う話にされていた。
自分の体験談と違う、と文句を言ったら恫喝された」

っていうのが、さかピ事件の要約。


「新耳袋は創作であるから、別に問題ない」という意見もある。
だけどこれは作家としてどうなのだろうか?

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/21(火) 00:04:20
K氏が駅で倒れたらしいよ。
何かの祟りかな?
いい噂聞かないものな。

154 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/21(火) 13:17:15
>>153
ソースは?

155 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/21(火) 23:16:36
女の子にジブリ時代のセル画を見せてやるから
って言って、まんまと家に誘い込み
無理やり食っちゃうらしいぜ。
女の子はジブリに弱いからな。
あんなチビデブ髭面にやられたら・・・
キモイヨナ!

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/21(火) 23:17:10
女の子にジブリ時代のセル画を見せてやるから
って言って、まんまと家に誘い込み
無理やり食っちゃうらしいぜ。
女の子はジブリに弱いからな。
あんなチビデブ髭面にやられたら・・・
キモイヨナ!

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/23(木) 01:51:44
中山さんなんでゲーム嫌いなの?

158 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/25(土) 00:02:35
まさか、ゲーム脳だから、じゃあるまいな?

大方「一方的に享受するだけのゲームという存在が創造力を失わせた」とか
そのあたりじゃないのかね?
映画・落語だって、人によっちゃ享受するだけのものになっちまうんだがw

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/04(月) 13:27:03
「稲川淳二、盗作の疑いで中山氏に叩かれる!」 の顛末って結局どうなったの?

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/04(月) 21:36:04
稲川敗退で示談を申し込んだって聞いた(ソース無しスマソ)
でも、相変わらずパクリは続けてるらしい

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 22:39:14
出所が曖昧なのやればどっちも曖昧だから問題ないんじゃ

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 16:36:29
稲川が折れたんだろうな。
で、当たり障りのない示談ということにしたのではないか。

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 03:10:33
あれ?オカルト板の新耳スレ沈んじゃったのか
最近携帯で読み返して、俺が一番好きだった話は
戦争にまつわる話で
戦時中バリ島で日本兵が捕虜になると
毎晩太鼓の音共に巨大な妖怪みたいなのが現れて一睡もできなかった
みたいなの…ありえねー、って部分が凄い好き

アマチュアでございますがオカルト研究に興味があるので
UFOに関する話は(嘘っぱちだろうと)興味深いよ
今度もこの二人を追っていきたい所存です…

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/24(日) 03:03:10
携帯サイトで通販してる清め塩って明らかにボッタだよな…
直径34mmの缶に入って450円…普通にスーパーで買う方が良い

165 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/26(火) 13:01:20
この話が好きで場所も知りたいので、お好きな人もお好きでない人も、ぜひぜひ
色々カキコしてください。とりあえず知らない人のために概略を説明します。

この話は新耳の著者の一人、中山さんが本気の身の危険を感じて、十七
年間活字化できなかった、っていう話です..。
大学生の時、映画サークルの監督をやっていて、ロケ地探しに山に行ったと。
そこで、これまで気づかなかった、乗用車一台がぎりぎり通れるような狭い横道を発見する。
延々とその道を行くと、台地に出てきた。そこには牧場らしきものがある。
しかし、人は誰もおらず、牛舎の鉄柵はピカピカで、排泄物を流す溝も藁
一つ落ちていないことから、使われた様子がない。
牛舎の屋根を見上げると、半球形にへこんでいる。
トラクターは車輪の轍の上に不自然に裏返って放置されている。
何かの実験室もあり、中を見ると、アームのようなものがついた機械が
あり、沢山あるフラスコやビーカーなどが一つ残らず割れている。
なぜこんなものがあるのか?二階建ての宿舎のような建物もあった。
一階部分には、なぜか石灰の山。下から見ると、二階は寝起きできる部屋のようになって
いるので、登ろうとするも、階段が、ない。
崖から庇に登り窓から入る。やはり一階に続く階段はない。かなり構造が「変」だ。
六畳の和室。雛人形二体、博多人形一体が畳の上にころがり天井を見ている。
部屋一杯、壁、天井そして畳にも膨大な数のお札が貼られており、あまった
お札が束になって机の上においてある。そしてふすまには、ペンキで書かれた「たすけて」の
文字。四畳くらいのもう一つの部屋には同じく人形が数体。壁一面に幾何学的な文字。
厚い医学書。そして壁と同じ文字が書かれたメモ帳。
その最終ページには、人体図が書かれており、部分部分を解説するように幾何学的な文字が。
牧場には変電室があり、電気が通っている様子。他にもいくつかおかしな点があった。


166 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 01:38:13
>>165
その話が載ってる後を読めば分ると思うけど
今は改築されて普通の牧場になってるらしいよ

167 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 13:28:20
>>165は新耳も読んでないのかね?

168 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/20(土) 15:33:13
優位なメスと劣位なオスの歴史

生物:生活能力のあるメスが生活能力のない矮小なオスを養う関係は生態系にはいくらでもある
それで、受精卵ができて、オスの精子が必要なくなる
すると、どのオスも追い出されるか、殺されるか、
メスの体内に吸収されるかのいずれかの運命になる

人類:人間も古代ではメスが優位
一例:アマゾンは狩猟民族で、狩猟の女神アルテミスを信仰していた
女のみの部族であるため子孫を残すためには男が必要である
このため時折捕虜として男を連れ帰ることがあった
捕虜となった男は全裸にされ手枷、足枷がつけられ子作りの道具として多数のアマゾンによって嬲られ精を搾られた
その結果、すぐに発狂するか廃人同然となり、男性機能が役に立たなくなった者から順に絞め殺された
男児が生まれた場合は即、生き埋めにして殺すか、不具として奴隷とする
女児の場合はそのまま戦士に育てた
こうしたメス優位な社会が古代ではごく当たり前であり、男は女に約5500万年間虐げられてきました
メス優位社会は母なる大地(女神崇拝)、自然崇拝が基本です

メス優位がオス優位?になったのは、キリストや仏陀や孔子などの男尊女卑思想登場前後からです
オス優位?社会は父なる天を崇拝、文明マンセーが基本です

ところが、昨今はフェミニスト(女尊男卑思想)によりまたメス優位となってきました
それにつれてメス本来の凶悪性が出てきました(オス優位?な時代ではおとなしくしていただけ、殴られちゃうからね
これらは、妻の夫殺しが年々ハイスピードで激増している事からも分かります
鬼嫁、熟年離婚、女だけ過剰な保護、貢ぐ君、不幸で悲惨な結婚生活、女子にのみ甘い判決、豪華な女子刑務所、金銭搾取、女優遇マスコミ、他多数

女の子は優しい?か弱い?(笑)メスは本来凶悪です。今後、更に男性差別が激しくなっていくでしょう。最終的にオスはメスの奴隷になります
オス優位な仕事場も、今後はどんどんメスに奪われていくでしょう(3k労働や兵役は残してくれるでしょうが・・・
こうして地位も経済力も生活力もやる気も無くしたオスをメスがどのように扱うかは上記を見れば分かります。
男性諸君!恋愛(避妊SEX)は楽しみつつ、不幸で悲惨な結婚生活は回避し、約5500万年間の恨みを晴らそう!

169 :名無し:2007/02/14(水) 06:58:51
木原ってイベントで女の子と知り合うと強○するんだって。最近それで自殺した子がいるらしい。

170 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/16(金) 00:11:47
>>169 板違だけどテラムゴス
イベントで本とか売ってるオバサンと組んでヤってるらしいな。
キーハが名刺を配りまくりなのはそういう理由。

171 :名無し物書き@推敲中?:2007/02/25(日) 23:39:21
>>159
塾のネットラジオで著作権についてだったけど、何にも喋らなかったな

172 :メロ:2007/03/06(火) 00:45:49
おまえら新耳スレの過去ログ見ろ。

http://curry.2ch.net/occult/kako/1019/10199/1019924576.html

木原がいかにろくでもない奴かわかる。

人の体験談を自身の“著作物”に仕立てるのが奴の仕事だ。

と学会もかなりこき下ろしたがってるみたいだが
怪談なんか証拠の無い“言ったモン勝ち”の世界だから出来ないって悔しがってる。

173 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 15:50:20
>>165
結局、何にもなかったんじゃ。大袈裟に喋って煽って煽って作ってるように思うな。>山の牧場

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)