2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小説家、作家を目指すのははあきらめたほうがいい

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 04:07:14
物書きというのは誰にでもできる。趣味で書くのは一向にかめはめ波だ。
しかし、ここでプロを目指す愚か者どもへ忠告する。
それを目指す事によって人生を台無しにする可能性がある。今すぐやめた方がいい。
物書きというのは高い学識、教養、多彩な人生経験がものをいう。
学歴の事ではないが、一般に学歴のあるものは教養が高い。自らそれを高められるのならば、学歴はいらないだろう。
だが、中卒高卒でとりあえず小説で一発あてようという考えは捨てなさい。人生を棒に振ることになる。
日本の文豪たちは大抵、その歴史、その他の学問、または漢詩等に通じていたり、他国の言語に詳しい。
ゲーテは言う。Those who know nothing of foreign language know nothing of their own.
外国語を知らぬものは、己のそれも知らぬと。
言葉のプロを、日本語のプロを目指すのに、外国語の本すら一冊読みこなせぬような者は今すぐあきらめたほうが良い。
そして自分の家に引きこもっているものへ告ぐ。
引きこもって小説を書いているとなれば、間違いなく勘違いをする輩がでてくる。
自分は才能があるのではないか、自分は天才ではないか、と。
今すぐあきらめなさい。
引きこもりが物語を造りだすなどというのは、まさに童貞がセックスを語るのと同じくらい滑稽である。
豊富な人生経験なしに深い物語は完成しない。
あなたがたが20代30代の引きこもりならばなおさらである。
だが、自分の心の内にある葛藤に焦点をあてて描いたり、心理描写を駆使して大作が出来るかもしれない。
その可能性は否定できない。しかしそれも一回限りである。
人生経験が薄いからと、自分にばかり焦点をあてたものを書いていても一発屋で終わるだろう。
そして最後に、学識、教養、人生経験すべてが申し分ないものへ告ぐ。
そうそういないと思うが、万が一いたとして、あなたが物書きを目指してもう何年も認められていない場合、
あきらめなさい。才能がないのだ。人生を無駄遣いしている。趣味で続けるのならば良い。
あなたなら他の仕事がきっと見つかるだろう。時間を無駄にするのはやめなさい。

2 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 05:38:55
と、自戒と後悔の念にかられながら、齢五十を過ぎた
「元作家志望者」の>>1が申しています。

3 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 05:44:57
>>1
このレスを待ってるのだろう?


>>1の文じゃ作家になれないのも道理。


借り物の言葉を並べてる陳腐な説教です。
5点。

もっと本を読みましょう。
人生経験を積みましょう。
そして>>1自身に才能が無い事に気づきましょう。
お疲れ様です。


悔しかったり、まだ釣る気があれば、高い学識と人生経験を語って。
私たち糞ワナビーを圧倒してください。
お願いします。

4 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 05:48:39
っーか既に台無しになった人生を送ってる奴らの、
「最後の望み」が作家という職業だと思われ。

最後のチャンスにも最後っ屁にも最後の審判にもなる。


大概が息の根を止める杭になるんだがね。

5 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 06:29:32
30代までは何事も、はなから駄目だ、どうせ失敗する。
と決め付けずに、根拠のない自信を持とうと決めました。

6 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 07:50:28
てゆうか作家一本に絞ってるやつって居るの?
俺は仕事も創作も全力投球。つか、ニートで小説家希望って、あきらめるというより死んだ方がいいだろ。作家になったからってそれまでの行為がチャラになるわけじゃなし。


7 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 08:15:45
犯罪者でも作家になれる
犯罪者に言うならともかく
ニートは金稼いで親孝行すれば充分過ぎるほどチャラだろ

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 08:34:30
みんなが書いているもの。
それは、小説ではないのです。

それは、「遺書」なのです。

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 08:35:37
>>7

いってる意味分からん。作家になる前から親孝行すればいいだけの話だし、子供がニートという精神的負担や周囲の目を考えたら、金じゃ変えられない部分もある。
とにかくニートはカスだよ。せめて食費くらいは家にいれるべき。

大体、そんな簡単に金稼げるわけねーだろ。毎日必死に働いているやつに対して失礼だよ。


10 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 08:42:42
           ___
          ./    \
          .| ^   ^ |
          | .>ノ(、_, )ヽ、.| <小説家、作家を目指すのはあきらめたほうがいい
         __! ! -=ニ=- ノ!__ 
    /´ ̄ ̄ .|\`ニニ´/    `ヽ
   {      .|__  ̄ ̄ヾ      }
   i;;',,,  r---イ     /|,、_,,  ,',;:',i
   .l;';',;,,  }  /;\     / ヽ / ,;,;;',;l
   .|;;',;,   } ./;;;,, \   / ;;;;;;ヽ ,,;;','i
   i;',,   / /;;,',';;  ノ--, ',',;;::',',゙i ,,';';i
   i;,';  /./,',',';;" /   \ ',',',;;,'i ,;',i
  /  / i 、  /    ヽ ',;::'、|  \
 ヽヽヽヾ丿  〈       ヽ''  {////
  ```` ト,   i        | 、 i´´´
      |',',;;  }        ! ',',;;i
      |,','、 /        ヽ',',','|
      !;;', /          !,',;,;'|


11 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 08:51:45
今、成功して笑いが止まらない奴らにしたって、一寸先は闇だべ?
人間、生きてるだけでギャンブルなんだし、結局どっちに転ぶかは誰にもわからんべな。
明日も当然生きていると思ってたのに、結局死んじまう人間は沢山いるんだよ。
やらないで後悔するよか、やって後悔するほうを取るね、オレは。

12 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 08:55:40
>>6
全力投球を自慢するな。
よっぽどセンスないんだな。

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 08:58:44
>>1
他の人の人生ですから貴方には関係ありません。

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 11:40:30
>>1

あ  き  ら  め  ろ  !!!

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 13:06:52
>>9
あれ言ってる事がブレてるよ?
食費入れればいいなら、小説でもなんでも
金になりそうな事やればいいじゃんw

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 13:24:46
や、や、やりたい事、や、やれば良いと、お、おぉもぉうぅよぉお

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 14:51:01
ハル・ベリーがラジー賞会場に現れたとき
「どうして来たのか」と問われたときの言葉を>>1に送る
「胸を張った敗者にならなければ、勝利者になれないと母に教えられた」

18 :ミラ ◆YUnDLJjVsc :2006/12/06(水) 22:17:04
産ませてよ!

19 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 01:31:17
つーか「作家を目指すのをあきらめる」って変だよね。
「作家になるのをあきらめる」なら分かるけど。


20 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 10:08:12
変じゃないだろ
例えば、東京大学を目指しているとして、途中で学力が足りないのに気付いて「東大目指すのをあきらめる」
東大合格した後、なにかの出来事のせいで「東大生になるのをあきらめる(東大入学をあきらめる)」
じゃないの?知らんけど

21 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 10:14:18
人生には勝ちなんてない


22 :湯豆腐:2006/12/07(木) 10:24:49
>一向にかめはめ波

これ流行らせよう

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 10:35:36
>自らそれを高められるのならば、学歴はいらないだろう。
どうかなー。
>一般に学歴のあるものは教養が高い。
とくに評論家さんはその自負心が大きいし、なんだかんだいっても
文芸も学歴社会的なところはあると思うよ。


24 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 11:00:40
学歴なんてクソくらえ
他人の評価なんて一向にかめはめ波

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 11:14:54
高い学識や教養なんてなくても例えばイチローとか松浦あやとかがテキトーに小説書きゃ勝手に売れるわけじゃん
でもこの二人に知名度がなきゃ単なる駄作として出版社のゴミ箱行きの可能性が高い
このことから高い学識も教養も知名度を上げる為の売名行為と貶められる
だって物理について高い学識があるなら物理学者になるべきだろ?
政治について高い学識があるなら政治家になるべきだろ?
実際に小説家として根幹的に必要なモノって何さ?
小説についての高い学識?
活字中毒?
幼い頃から培う現実逃避?
想像力?
学歴関係無くね?

26 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 14:12:59
>>25
と息巻かれてもね。
貴方がそう思うならそれでいいんじゃないの?

評論家って書いたでしょ?
とりあえず世間知と文壇と、分けて語っていただけれると幸いです。
貴方のように頭がよくないのでね、混乱してしまうのですわ。


27 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 14:49:15
>>1
この板を去れ!
少しでもライバルを減らしたいというセコイ考えが透けて見えるぞ
断言する>>1よ!おまえは絶対に作家にはなれん!諦めて去れ!

28 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 14:56:05
>>27
おまえの企みなどまるっとスリットお見通しだ!

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 15:04:22
残るやつは残る、伸びるやつは伸びる、じゃなかったのかよw

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 16:29:06
>>1
おまえはアフォか?
童貞が語ったセックスの話こそ「物語」と呼ばれるべきなのだ。なぜなら、そこにはセックス慣れした人々の想像を越えた夢や希望が詰まっているからだ。
その話を聞くまえと聞いたあとでセックスに対する考え方がガラリと変わってしまう。そういうものが本当の「物語」なんだ。
で、非童貞が語ったセックスの話の場合はどうか? そんなの一回聞いて、ふーん、って思っておしまいなのである。

31 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 16:52:48
童貞が語ったセックスの話なんて、「一回も」読みたくないがw

32 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 17:15:44
道程話じゃ勝ち目はない
宇宙人の話にしろ


33 :おまる:2006/12/07(木) 17:42:49
>>30
理屈としてはもっともだが、実際問題としては、道程がセックスの話を書いて
それが本当の「物語」たりえるのは相当凄い才能があっての話だ。
普通はそんなに凄い才能がないから百回も二百回もセックスを重ねて、そこか
らエキスを抽出してセックスの物語を書くのだろう。
並みの才能の道程がセックスの話を書いたって、類型的な妄想で終わるのがオ
チ。セックスに限らず何だってそうだ。そうやって山ほど凡作駄作の山が世に
溢れるのだ。

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 17:51:49
歴史・時代小説家は時の旅人

35 :30:2006/12/07(木) 17:53:31
>>31
そうか。俺は童貞の語るセックスの話にすごく興味があるんだけどな。
しかもなるべく変で、イカレてて、ぶっ飛んでて、馬鹿馬鹿しくて、笑って笑って笑ってやりたくなるやつを。
で、それを読み終えたあとに「これは最高の白昼夢だッ!」と絶賛の言葉を贈ってやりたい。

たぶん>>31は俺と全く趣味が違うんだろうね。

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 18:01:30
そうかわかった!
タイムマシンつくる!
これぞ伝記小説家になる為の最速の近道!

37 :おまる:2006/12/07(木) 18:02:02
ところで>>1の話だが、直木賞の奥田英朗は専門学校で同じ演習グループにいて、
フリーの編集になってからもつきあいがあったが、別に高い学歴も教養も持って
いないぜ。
ただ、ライターとしてのセンスと才能は確かに持っていたが。それは学歴や教養
とはまた違うものだ。ライターとしてのセンスと才能に加えて、人間への関心と
かジャーナリスティックなセンスとか、経験とかそんなものだ。あと実務的な能
力。そうしたものはずば抜けていたな。

38 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 18:24:25
無いより有った方がマシって話だろ?
ムツカしく考える必要ないんじゃない?
無いのをグダグダ言っても仕方ないし
有ったら有ったで転職後の保証にもならんっす

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 18:55:06
>>36
ノンフィクション書いたら?

40 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 19:00:59
>>39
ファンタジー書いたら?
ライトノベル書いたら?

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 19:20:38
今どき型にはまった小説なんてナンセンスだぜ
猟奇殺人がテーマの児童小説くらい画期的に行け!

42 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 19:50:20
作家になるために必要なものは運だ。
そうじゃなかったら知識の浅い十代なんて選ばれないし爆笑

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 20:43:02
>>1
売れてから言ったらどうだい低脳くんwww

44 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/07(木) 21:31:55
>>40
ファンタジーいいねww

45 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 11:15:09
僕は結構高学歴、っていうか日本一の大学を卒業しました。
最近とある理由でアマチュアの人の作品をよく読む機会があるんだけど、
やっぱり低学歴の人が書く作品ってのはテーマも文章もくだらないと思うことが多いね。
まだトイレットペーパーのほうが価値がある。

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 11:22:26
>>1自身が、ひきこもりで、自分の心の内にある葛藤に焦点をあてたり、心理描写を駆使した作品を書いて一発屋で終わったように聞こえるのは気のせいかな

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 11:27:47
トイレットペーパーは読めないからなあw

48 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 14:20:26
新人賞に本気だしてるようじゃ馬鹿だよ
デビューしてからの事を先に考えておけWW

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 14:38:47
ひゃっはー!ケツを拭く紙にもなりゃしねぇっ!


50 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 04:23:35
>>42
自分に才能が無いからって運のせいにするのはどうかとw
その十代のやつらの作品>>>>>>>>>>>>>>>>>42の作品

51 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 07:35:29
>9

子供が夢を叶えて一人前の作家になったのに
ニートだった時の精神的苦痛や周囲の目なんてほざいてる親は死んだ方がいいよ

そんな自分のことしか考えてない親だから自分のことしか考えない子供になる


52 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 07:46:54
ごもっともです

53 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/26(金) 12:10:25
>>1
 すばらしいっ。目指すなんてありえないっ。おっしゃるとおりっ。
 
> 言葉のプロを、日本語のプロを目指すのに、外国語の本すら一冊読みこなせぬような者は今すぐあきらめたほうが良い。

 でもできれば読むだけじゃなくて翻訳までするといいんだけどね。

 読むだけはどうしても甘さが出るし。

54 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 13:13:44
>>1
あなたハイさんですか?
思考と文体が似ている、なんとなくそんな気がしました。

55 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 14:04:46
こんなに気合いの入った1の本文は初めて見た!!怨念を感じる!!

56 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 14:46:11
一向にかめはめ波

>>1はこれを言いたかっただけじゃなかろうか・・。

57 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 14:49:18
1の発言は殆ど当たっている
しかし彼は経験を外部へ限定しているが経験は内部にもある
引きこもりながらの思索、それさえも経験だ
経験の集積が素晴らしい小説を生み出す事に異論はない
だがそうやってここにいる奴らを馬鹿にするのは止めろ
ここにいる奴らも経験を積んでいるのだ

58 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 15:06:10
↑禿同。

一番いいのは、仕事をしながら書き物をすること。
それで書けないようなら、プロになっても書き続けられない。

59 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 16:36:08
入選した人いわく、
「作家になるのは宝くじが当たるよりも難しい」


60 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/26(金) 17:16:29
>>57
> だがそうやってここにいる奴らを馬鹿にするのは止めろ
> ここにいる奴らも経験を積んでいるのだ

 ここにいる人が引きこもりだと決めつける行為もバカにしてると思うぞ。

 まあ僕は引きこもりなわけですが。

> ここにいる奴らも経験を積んでいるのだ

 でも引きこもりの経験が表現として形になったものはあんまり見たことないんですよ。

61 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/26(金) 18:25:08
ここに書かれたことは、売れない作家の皆さんに言うべきことだ。
あなたが、何年も認められていないのは、誰のせいだろう?
だからって、誰かに嫌がらせして良いのか?
人生の無駄遣いをしてどうなる?


62 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/26(金) 20:35:27
>>61
 売れない言語藝人です。
 わたくしが長年貧乏なのはわたくし自身のせいです。
 それはもうプロとしてちゃんと受け入れておる事実です。
 で、それが何か?

63 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 18:31:33
何故、新しい人のために、場所を譲ろうとしない。
より才能のある人が出れるように、どいてあげない。


64 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/27(土) 18:48:12
>>63
 誰に言ってんの?

65 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/27(土) 19:00:05
>>63
 何であたしのほうが可愛いのにヤワラちゃんがプロ野球選手と結婚できて
いろんなひとにちやほやされるのよ、とか言ってる女の人を思いだした。

 あ、松たか子をねたむ女の人も思いだした。

 なんとなく思い出した。

66 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/27(土) 19:03:59
>>63
 と、いうわけで。


 譲るとか場所とかねえんだよ。

 自分の表現力で客を集める、それだけの話なんだよ。

 それがプロの世界なんだよ。

 目指すもへったくれもねえんだやりたきゃやれバカ。

67 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 22:48:45
>>1
まあ、あなたこそもう少しその、教養なり経験を身につけたらどうだい?
人に説教するのは百年早いという気がするが…

68 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/27(土) 23:01:44
>>1
お前、文学そのものに興味ないだろ? 見え見えだぞ。
たんに無学なやつ、無能なやつを叱りつけて、すっきりしたいだけだ。
いつも親かバイト先の店長に怒られてばかりいるんだろうな。



69 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 00:38:22
そっか?>>1には慈悲を感じますが

70 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/28(日) 01:36:59
>>69
 むちゃくちゃ同意。
 反発してる人が信じられない。

>>68
> いつも親かバイト先の店長に怒られてばかりいるんだろうな。

 バイトしてるだけいいじゃん。

71 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 04:06:40
まあプロじゃ好きなものは書けないよな。
そこらへん躊躇う姿勢もあっていいと思う。

72 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 09:27:57
お金を稼いでいる人ならともかくさ、ここにいる人って小説書いて何か得たものあるの?

73 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/28(日) 11:44:40
>>72
 読者様。

74 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 13:30:40
小説家なんて誰かの不幸をネタにご飯食べてる最低の人種じゃん。私小説なんて
ナルシスト以外の何者でもないし、社会を切り取るなんてえらそうなこといって
実は偏見の塊だったりする。一部分しかみていないってこと。私からすれば小説家なんて
一番最低の職業に思える。人の人生はドラマではなくドキュメンタリーです。
小説で感動するなんてことはありえない。

75 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/28(日) 15:00:09
>>74
 確かに最低の仕事です。
 ひとが生きていくために必ずなければならないというような仕事ではあり
ません。
 第一次・第二次産業に従事されている方とは比べ物にならないくらい必要
性のない仕事です。
 比べる事自体が申し訳ないくらいです。
 その中でもえらそうにしている人はおっしゃるとおり最低の人種です。
 えらそうにしたいからという理由でそういう存在を目指すひとも最低です。
 というか、話は置いといて結論としてはドキュメンタリー書けばいいの?

76 :薬叉丸 ◆H2TCSpqpqE :2007/01/28(日) 15:47:24
>>1
もっともな意見だと思いますです。。
九割九分同意見です。
志なかばで、挫折していく過程に多くを学ぶとも考えておりますです。
それは語彙であったり常識であったりその人その人に貴重な経験たり得ると思います。
天秤の一端に時間を乗せて、さあどちらが重い。と比べられるようなものなのでしょうか。
その疑問が残りの一分です。

77 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 18:19:51
ここで書いてるプロは、どうして後ろ向きの奴が多いんだ。
将来成功しようとか、売れっ子になろうとか、そんな態度が見えない。
しかも、新参者を異常に嫌っている。よほど、自分に自信が無いのか。

78 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 19:50:38
>>1の言う事はまぁそれなりに分かる。けど、あまりにネガティブすぎないかい?

79 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 19:55:28
>>74
つうか、読者を感動させようとして書いているアホはいないと思う。

80 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/28(日) 20:17:41
>>79
 アホです。
 感動も含めて面白がっていただこうと日々作文書きに精進
しておる私なのですがそれが何か?
 つうかプロなら普通だと思うんですけどね。
 面白くないとお客様に思われたら次はないわけだし。

81 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 21:37:00
っていうか本当になりたい人は人から言われてやめるもんじゃないでしょ?
結局納得いくまで書き続ければいいんじゃない。

82 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/28(日) 22:11:25
>>81
 なりたい、ってのと、書きたい、ってのは根本的に違うよ。

83 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 22:24:41
>>74
「私小説=ナルシシズム」というのは、私小説の意味がわかっていないんだろう。
実際には、私小説と対立する傾向の小説のほうがナルシスティックだから。
平成に入ってから書かれたものしか読んだことないのかな?



84 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/28(日) 23:47:09
確かに、私小説はナルシシズムというより、
自らの恥を人に晒してお金を貰うようなもの

85 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/29(月) 02:10:33
 ひきこもりの私小説って本当に少ないよなあ。
 小説書いてるひきこもりは多いのに。

86 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 02:24:41
つまりひきこもりの方が向いているということですね

87 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2007/01/29(月) 09:18:46
 書くときは引きこもらなきゃならないでしょいやでも。
 それはありなんだけど引きこもってるから書くってのは違うと思う。

88 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 11:06:31
白石昇様、面白くなかったらプロとして次がないんだし。もっともな意見だと
思います。しかし小説はフィクションとしてモデルとなる人を探しその人を
登場人物として登場させます。もし自分がその中でいやな人物となっていたら
どうでしょう。かなり悪質だと小説家を訴えるでしょう。
小説家は自分を小説のなかに登場させません。かならず誰かをネタにします。
それが悪質だと思います。誰かの人生をネタにしてご飯を食べているのですから。
個人情報保護法にも違反する行為です。
でも退屈だから小説で感動を得たいという人がいたとします。それよりもインターネット
で世界の人と出会えるほうが数倍感動的です。小説の役割が私たちが体験した
ことのない世界を伝えるんであればその価値はまだあるといえますが、今の
日本の小説にそれを伝える力はないと思います。ノンフィクションにはまだ
可能性があるとおもっていますけどね。

89 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/29(月) 11:11:49
ひきこもりのほうがむいているということですね。87さんいってますが
外にでているからいいってもんでもないですよ。町にでてぶらぶらしてつまらない
情報頭に入れるよりは
youtubeでもやって世界中の人と交流しているほうがまだましですよ。

90 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 17:31:19
88、お若いのねえ。

91 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 17:54:38
ひきこもりでも、非ひきこもりでも、要は才能(頭の良さ、センス、教養、
その他)があればいいし、なければ書くだけ無駄ってだけでしょ。

ひきこもりには図抜けたセンスや知識量を持つ奴もいるだろうから、そう
いう奴は面白いのが書けんじゃねーの?

もっともジャンルとしては、恨み節全開の私小説(田中慎弥とか)か、妄
想炸裂系(筒井方面)に限られるような気も。それ以外は「リアリティが
ない」とかの一言で切って捨てられそう。

いずれにしても、>>89みたいなスタンスの奴(>>89自身がどうなのかは知
らん、というより恐らくネタなんだろうが)は駄目なんだろうな。

92 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/30(火) 18:00:07
滝本竜彦みたいになりたい

93 :3:2007/02/14(水) 21:26:14
キムタクの恥ずかしい過去
http://ic.39.kg/prin/1/bai.htm
芸能裏情報

94 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 14:33:00
1GJ!
毎年必ず何千人かは東大医学部を卒業する。
しかし、作家・・・つまり永続的に商業出版し、安定した売り上げをあげる物書きは
一体、一年のうちに何人出るのか。
単純に言えば、東大医学部合格以上の知力を要するということだよ。
まさに、神に愛されていなければ無理だ。
このことに気がついてからは、作家になろうという気が失せてしまったよ。

95 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 16:23:43
同人作家でも、趣味作家でもいいから、書く人が増えれば
読み手や書き手のレベルが底上げされて、小説が売れるようになる

とは沖方の考え方。
>>1みたいな考えでは、どんどん作家人口が先細りになり
小説界は滅びるしかない。

96 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 18:30:54
成功する作家が少ないのはわかるが、
成功しそうにない作家をあれだけ採用するのは何故だ?

97 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 23:15:43
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bun/1142687473/l50


28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)