2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【最高峰の】江戸川乱歩賞スレ その九【新人賞】

1 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/11(日) 19:26:18
ここはミステリー新人賞の最高峰「江戸川乱歩賞」受賞を
めざす人たちが情報を持ち寄り、熱く語りあうスレです。

積極的に話題を提供して、このスレを盛り上げていきましょう。

 「アラシは基本的に放置」でおねがいします。

【前スレ】

【最高峰の】江戸川乱歩賞スレ その八【新人賞】

http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bun/1166615648/l50

【原稿枚数及びフォーマット】
広義の推理小説。自作未発表作品に限る。
400字詰原稿で350枚〜550枚。(超過した場合は失格)
ワープロ原稿の場合は、1行30字×40行。185枚まで。A4判の升目の無い紙に印字して下さい。

注※ 20×20で書き上げた原稿を30×40にした場合は185枚を超過する場合があります。


2 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/11(日) 19:27:45
>>1
乙ー!&2ゲット。
このレスで受賞決まりそうだね。

3 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/11(日) 19:29:13
3ゲット!
5までに書き込めば最終決定。

4 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/11(日) 21:04:30
>>1
スレ立て乙!

> 注※ 20×20で書き上げた原稿を30×40にした場合は185枚を超過する場合があります。

おお、なんと親切な!
しかし、550枚まで書いたものを30×40にした場合は、「場合があります」どころじゃなくて、
まず間違いなく超過するな。


5 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/11(日) 23:17:10
旧スレで20×20を30×40にしたらオーバーしたというから、どれだけ改行が
多いのか、漏れも試してみた。
今年出したヤツは、最初から30×40で書いて184枚とギリギリだった。それを20×20
にしてみたら、たったの466枚だった。500枚は優に越えてると思っていたのに・・・。

6 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 01:39:06
改行しすぎ

7 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 02:27:21
どっからを「改行しすぎ」というのか知らないが、1行が
20文字と30文字では、枚数がヘタすると15パーセントくらい、平気で違うのは
事実。

8 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 09:10:36
そんな事実はない。というか、ひどい文章だな。

9 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 09:12:45
そろそろ二次選考の時期だね。
まあ、ここまでは順当に残ってるはずだ。
俺の本格ツンデレミステリー。

10 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 09:43:46
どんなミステリーだよw
くそ、気になるぢゃねーかw

11 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 09:59:00
一次通過って、やっぱり例年1割くらい?

12 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 11:10:27
>>8
文章がひどいかどうかとは無関係。
自分で実験してみてね。けっして不自然な数字じゃないと気付くから。

ね、ボク

13 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 11:45:49
俺のだと、乱歩賞規定で170枚、原稿用紙換算で480枚かな。
会話がやや多め、段落がやや短め(改行が多いってことだな)……と、
自分では思っているが。

14 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 12:11:55
>>12
実験? 不自然? 
やっぱり文章がおかしい。というか、日本語を知らないみたいだね。

15 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 12:16:29
「13階段」なんか、結構、英文調にあまり改行しないで詰めてるよね。
でも、あれはちょっと読みにくいよ。それにあれは、しゃべりかた自体で男女や
上下関係を書き分けれる日本語の伝統にも反している気がせんでも。
とにか>>1

16 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 12:24:25
現在のところのデータ(括弧内は変換率)
20x20:30x40= A:B(A/B)[テンプレ]
20x20:30x40=550:185(2.97)[応募要綱]
20x20:30x40=457:193(2.36)[前スレ]
20x20:30x40=466:184(2.53)[>>5]
20x20:30x40=480:170(2.82)[>>13]
20x20:30x40=480:175(2.74)[>>16](てか俺w)

理想的には30x40/20x20=3.0なので、
カッコ内の変換率が3.0に近いほど改行は少ないという計算。
ただ、応募要綱でさえ2.97と3.0にはならない。(この時点でやっぱ変w)
あくまで単純計算での話なので、細かいところはつっこまないでくれ。
改行が多い(少ない)かの指標は、標準偏差とか出してみないとわからないね。

17 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 12:32:50
WORDだったら、ルビが一行にならない?

18 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 12:36:08
多分、応募事務の人間が550÷3.0=183.33…だから、えいやで185枚!で決めたんだろう。


19 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 13:08:00
選考委員決まった?

20 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 14:06:16
>>14
まあまあ、そうファビョルなって。


21 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 14:10:34
>>16
> 20x20:30x40=457:193(2.36)[前スレ] ── 21%
> 20x20:30x40=466:184(2.53)[>>5]  ── 15.7%
> 20x20:30x40=480:170(2.82)[>>13] ── 6%
> 20x20:30x40=480:175(2.74)[>>16](てか俺w) 8.7%

これは決して無視すべきでない誤差だぞ。


22 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 14:47:36
>>17
ルビが一行になるんだったら「黒死館殺人事件」なんて枚数が二倍になるな……

23 :13:2007/03/12(月) 15:02:03
こうやってみると、俺は改行が少な目か。

24 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 15:34:09
>>17
行間隔固定を知らんのか

25 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 15:53:03
>>24
光文社の新・本格推理に三回連続で採用されている藤原なんとかいうのは、
それすら知らないそうだ。


26 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 16:09:23
どういう文章なら457→193になるのか見てみたい気がするが、
まぁ、無理だなw

27 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 16:57:39
>>11
100作程度。
二次通過が20〜25作程度。

28 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 18:22:16
>>24
知らんかった。orz

29 :前スレ948:2007/03/12(月) 23:32:10
 いろいろと物議を醸してるようですいません。
自分でもおかしいと思って見直したら、1ページ38行になってました。40に直したら、177枚に
なりました。お騒がせしました!



30 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 23:36:08
きみ、誰?

31 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 23:38:06
あ、40行に変えただけでなく、章ごとの改ページもついでに省きました。


32 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/12(月) 23:38:31
しかし、どっちにせよ20×20で500枚いかないんでしょう?
ここ最近の乱歩賞受賞作が書評で「解決部分が駆け足、唐突」といわれるのは
そのへんに理由があるんだろうな。しかしミステリーもいろいろ複合要素で
新たな道を模索している時代だから、500枚以下だと時代にあった作品は
出てきにくいかもしれないぜ。なあ、事務局さん。

33 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 01:20:57
誰か500枚越えた人いる?

34 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 01:31:48
オレ556

35 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 01:36:06
>>34
そんで、応募はどうした? 書式変えたら、当然、185枚をオーバーしたと思うが。


36 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 01:38:39
ネタだろ。相手にすんな。

37 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 09:58:24
ネタっつうか、クレ556をもじっただけだと思うのだが……

38 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 10:37:20
そんな高度なネタだとは思いもしなかったぜ。

39 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 10:48:27
それぐらいのダブルイメージも理解できないんなら、
ハーレクインロマンス向けの作品にでも転向するんだな。ロバート

40 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 10:56:24
しかし一度落ちた作品を他のところに出すのは嫌がられるって言うけど、
これって本当?

41 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 11:43:14
>>39
おーけー、わかったぜ。

42 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 12:47:56
>>40 そのまま出すのはやめたほうがいい。

43 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 12:51:26
>>42
それは同意だが、例外もある。
たしか、ずっと以前に乱歩賞の最終に残って受賞できず、
横溝に出して受賞した作品があったと思う。

それと、少し違うが、漏れ自身、ミステリーズに出して落選した作品を
光文社に出して採用された経験がある。


44 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 13:14:59
>>43
だろう? たまに>>42みたいなことを言う人がいるが、それって個人の自由だし、
選ばれるのも選者や出版社の風土にもよると思うんだよね。
そりゃなぜ落ちたかを考えるのも重要だけど、選評もない状態でそれを考えるのは
無理な場合もある。
結果、審査員が自分の選択眼を評価されないか恐れているだけではないかという
気もする。

45 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 13:40:44
>個人の自由
質問する必要なくね?

46 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 13:43:24
結局、密室状態の選考方法が問題なんだよな。
そういう意味じゃ、このミスはけっこう親切。

47 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 15:59:20
>>44
単に受賞を目的にするだけなら、再投稿することを否定はしない。
けど、俺が否定的なのは、新しい作品を書くことで、ストックが溜まることが大きい。
受賞後、二作目に苦しむ話はよく聞くし、どのみち受賞は単にスタートラインに
立つだけだから、遠回りでも新しい作品を書いたほうがいい。
論点ずれてる回答だけど、俺はそんな感じに思ってます。

48 :43:2007/03/13(火) 16:05:54
>>47
その通りだと思う。漏れが43で書いたのは、あくまでも「例外」だからね。
自作に愛着があるのは理解するが、それを切り捨てて新作に取り掛かれる
心の切り替えとかも作家としては重要なファクターとなる。


49 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 16:38:24
>作家としては重要なファクターとなる

作家になってから言えよwwww糞素人wwwwwwww

50 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 17:08:16
>>49
プロか編集の人でつか?

51 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 17:09:42
>>50

つ 「アラシは基本的に放置」でおねがいします。

52 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 17:11:39
>>51
あなたもでしたか。 これはシツレー。

53 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 17:15:15
>>52
49はアラシだから相手にしないほうがいいだろうってこと。

54 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 17:16:16
>>49
いや、俺はこれに激しく同感だ。
あまりにもツボすぎて笑ったぞ。

55 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 17:17:45
とにかく、ここを仕切りたがる香具師がいることだけは分かった。

56 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 17:51:18
>>49 = >>54
応募する人に「作家としての重要なファクター」について言うのは当然だろう。

えっ? アラシは放置? そうだったね。
 

57 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 20:16:02
>>56 おまえだろ荒氏は。もうレスすんなよ。

58 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 20:23:04
>>57
いや、明らかにお前。もうレス(ry

59 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 22:19:51
流れを断ち切って悪いが、俺は2年前の応募作品が185枚ぎりぎりで書いて
原稿用紙換算で547枚だったよ。
もっとも会話文だろうがなんだろうが、ほとんど改行無しだったけど。

60 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 22:38:27
落ちた理由もだいたい分かるよ。

61 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/13(火) 23:35:40
横レスだが、普通製版されると一行48行程度になるよな。
そう考えると30行のフォーマットの場合、改行が少なくなるのは必然と言えないだろうか。
原稿で詰めすぎに見えても、製版された場合、具合良くなることもあるし。
というか、あまりにも詰めすぎの場合は、製版されるときに、もう少し改行しましょうよ、と編集が提案すると思われ。
どちらにしても、内容さえよく出来ていれば、改行の善し悪しで落とすことなどはないだろう。

62 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/14(水) 00:04:23
185枚で原稿用紙換算547? 絶対嘘だ。

63 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/14(水) 00:25:23
たまには人を信じてみようよ。

64 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/14(水) 00:38:38
だから>>63はくだらないトリックで騙される程度の脳みそしか持てないんだよ。

65 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/14(水) 00:51:44
そうか。悪かったな。

66 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/14(水) 00:58:06
まあ、どうせ関係者の自己弁護レスなんだろうけど。

67 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/14(水) 01:08:30
>もっとも会話文だろうがなんだろうが、ほとんど改行無し
どんな小説なんだw

68 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/14(水) 22:06:49
>67
でも初期の町田康とか舞城とかは、そんな感じ(改行無しで
だらだらと文章が続く)だよな。

69 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/14(水) 22:59:13
谷崎潤一郎の「春琴抄」なんかすごいぞ。文字の密集方陣って感じ。
ただ、その形式を乱歩賞応募作でやるのは正気の沙汰と思えない。

70 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/14(水) 23:09:51
文字の密集方陣って言葉に萌えw
今後、俺も使ってよい?

71 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/14(水) 23:36:07
おう、その言葉を使った小説が本になってたら買わせてもらうぜ。
(テロパラのヤクザ調で)

72 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 01:09:16
しかしそのテロパラのテレビ化したやつはつまらなかったな。
脚本も配役も全然だめ。だいたい金のかけ方が違う、っつうか、少ない。
あれのヤクザ役は、なんていう俳優だったかな? 普通のサラリーマンにしか見えなくて、
「俺達がどういうスジの者かわかるだろう」
「デパートにお勤めですか」
って名ぜりふが全然生きてこない。
原作を曲げて、メガネの指紋だけで(メル欄)を推定したりとか、そのヤクザ役が簡単に
死んでしまうとか、おかしいところだらけだった。


73 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 01:15:54
じゃあどんな配役だったらよかった?

74 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 01:18:51
検索してみた

第41回受賞作品 【 テロリストのパラソル 】

放送日時:1996/11/15 フジテレビ=後 9:00〜10:52
企画:遠藤龍之介 プロデューサー:中山和記
原作:藤原伊織 脚本:中村努 音楽:近藤等則 演出:福本義人
出演:萩原健一、根津甚八、高橋惠子、西岡徳馬、大杉漣ほか

75 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 09:39:59
今、もう見れないの?

76 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 10:12:24
見ないで原作だけ読んだ方が良い。

77 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 10:17:40
原作は読んだよ。
だから見てみたいの。

78 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 10:32:59
福井のローレライも映画はしょぼかったな。
しかし、あんなに原作長く書いといて、「映画のために書いた」って
どこに目ついてんだか。

79 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 10:34:27
そうか、でも、見る価値ないと思うよ。13階段くらいに金をかけて映画化したら、
それなら見る価値あるかもしれないが……。


80 :79:2007/03/15(木) 10:35:22
79は77へのレスね。

81 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 10:36:52
どっちかつうとミステリーは金かけなくてもいい映画が撮れる分野だけどね。

82 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 10:53:20
ローレライを観て感動した俺はどうすれば・・・orz

83 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 10:55:49
>>82
少なくともミステリー書くには向いてないと思う。

84 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 11:28:30
「終戦のローレライ」は、映画化しようとおもったら、タイタニックみたいに四、五時間の
作品にしないと、原作に忠実にはできないと思う。
正直、映画と原作はまったく別物と言って良いと漏れは思う。

85 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 11:29:19
タイタニックよりも、「風と共に去りぬ」みたいに、の方が適切だったかな。


86 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 11:40:25
長くしてもいっしょだと思う。

87 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 14:09:48
そういや、イージスもどうしようもなく痛い作品だったな。
原作よりも、日本の映画産業に問題があると思う。

88 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 16:44:08
長くすることは必要条件であり、十分条件ではないからね。
制作者の気概、意図、見識、そしてそれを実現するのに必要な
金、人材などの要素も絡んでくる。


89 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 16:44:12
つうか、小説とか漫画とかのタイアップを狙いすぎ。虻蜂取らずでどっちの質も低下している。

90 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 23:31:38
こうしてみると
乱歩賞受賞作で面白かったものは必ず映画化されてるな。
その映画の方の出来はともかくとして。
つまり映画化まで行ったか否かで、本当の評価がわかるような肝する。

91 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/15(木) 23:47:32
>>859
888 :阿部敦良 :03/02/25 11:37
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

92 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 00:06:12
>>90
関係ないと思う。

93 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 00:16:38
東京ダモイ&三年坂同時映画化決定

94 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 00:28:08
>>93
マジかよ。
でも、ダモイのトリックは実際は無理だぜ。
日本刀なんかは鋭いからじゃなくて、重量があるから切れるんだ。あれでは無理。
第一、極寒のシベリアで首筋の後ろさらして歩いてる香具師なんていねえよ。

95 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 01:20:32
ガセネタ

96 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 08:20:51
どう考えても釣りだろw
仮に映画化されるとしたら、脚色されるのはお決まりだろうが。

>日本刀なんかは鋭いからじゃなくて、重量があるから切れるんだ。
でも、いいこと知った。

97 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 13:39:19
「天使のナイフ」は早々に映画化されそうだね。
桧山は誰がいいだろ?
あれに出てくる貫井というライターは、俺のイメージでは鈴木ヒロミツだったのだが…。
合掌

98 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 15:31:19
>>94
> 日本刀なんかは鋭いからじゃなくて、重量があるから切れるんだ。

重量があるから切りやすいのは確かだが、鋭いからでもある。とはいえ、
「あれでは無理」ってのは同意。あの作品の中の唯一にして最大の欠点だね。
超自然的な力が働いてスパッと切れた、みたいな記述で補強してあったが、
あの部分だけは良くなかった。


99 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 17:42:02
>>98
つうだけでなく、被害者の死体確認のために刑事が示した証拠も早々と
分かりすぎ。刑事がその証拠を突きつけたときの驚きがないとか、
誰の俳号かを推理する鍵となったあちゃらのあれがあまりにも誰も知らない知識で
しかも唐突すぎ(ジャンケンの方言は伏線になってない)とか
ロシア女の感情がイマイチよく分からないとか、全体的にキレがないよ。
シベリア抑留のシーンはよく書けているが、ミステリー部分とはあまり関係ないし。


100 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 17:58:27
大沢在昌氏と同じ意見だね。

101 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 18:05:47
東京ダモイを本格と見る人と、そうでないと見る人がいるね。
二階堂は、あれは高度な本格だ≒鏑木は俺の弟子だ、みたいに
言っているが、どうかな? たしかに本格としての要素も大きいが、
本格の範疇に収まっているとは思えない。


102 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 18:11:35
本格かどうかは、面白さ、つうか真骨頂がどこにあるかってことによって
分類されると思うが、それでいけば、ダモイの一番面白いのは、
シベリア抑留地での日本人の生活だから、ダモイは事実宣伝広報小説ってことでオk?

103 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/16(金) 18:14:02
>>97
あれは映画化せんほうがいいと思う。
山口の事件を連想するし、どういう理由であれ、13歳の少年三人組が若い主婦を
殺すというのが異常すぎて、非現実的であまりいい感じがしない。
小説でとめておくほうが無難だと思う。

104 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 09:28:13
ダモイは「自費出版の手引き」本だろ。

105 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 10:04:47
乱歩賞の映画化(若しくはテレビドラマ化)って、基本的には
刊行順なんですかね。
カタコンベとかを差し置いて、天使のナイフを先に映像化すること
とかはあるのかな。

106 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 10:33:25
しかし、シベリア抑留だろうが、自費出版の手引きだろうが、
それが知りたかったら、他にもっといい本が歩きも……

107 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 10:42:52
>>105
> 刊行順なんですかね。

順番通りでないのは以前も同じ。

108 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 10:53:14
13怪談とかはどうだったんだ?>映画

109 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 11:12:25
写楽殺人事件なんてのは、土ワイとかじゃなく、ちゃんとした映画でやってほしいね。
原作通り津田・冴子・国府を主役にして。
それにしても高橋氏作品は、炎立つといい、テレビドラマ化で妙に改変されているのが多いな。


110 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 11:16:43
写楽殺人事件は、内容的に言ってテレビ向けだと思う。
「映画」という劇場大画面でやるメリットはないだろう。


111 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 13:50:19
>>110
そのテレビ化されたのがつまらなかったから言っているのでは?
あれはひどかったよ。(メル欄)の証明方法とか、原作から変える必要がどこにあったんだ?
重厚さも全然伝わってこないし。


112 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 14:41:26
13階段、映画の方はかなり不評だったらしいね。
で、宮部が、
「映画を観てがっかりした人、13階段は素晴らしい小説なんです。
ぜひ小説を読んでみてください」
みたいなことをどこかに書いて、映画関係者の顰蹙を買ったとか。
そこまで評価が低いと、逆に映画を観てみたくなる、捻くれ者の俺がいる。

113 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 16:01:19
シネマレビューを見ると、「火サス」だってことで意見が一致している。
しかし、ちょっと意地悪な言い方だけど、案外、本質ついてるかもよ。
13階段なんかも、死刑の回想シーンとか多くてそこが迫力十分の
いわゆる「お勉強ミステリー」でもあるんだけど、あの部分は、映画では
詳細に描くことできないもん。意外と映画にするとそのミステリーの
エッセンスだけが図らずも抽出されてしまうのかもしれん。

114 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 17:36:14
>意外と映画にするとそのミステリーの
>エッセンスだけが図らずも抽出されてしまうのかもしれん。
鋭いな。言われてみれば、単にハードボイルドやサスペンスとしてとらえた場合、
案外、たいしたことないのでは? という気もしてきた。
あの作品の場合、死刑問題という社会性と純一&南郷コンビのひたむきさがよかったわけで、
サスペンスだけによりかかった映画づくりをしてしまうと、
映画として凡作になるのかも?



115 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 18:50:33
なんつーかさぁ、同じ原作小説のある映画でも、
なんで、ハリウッドが作るとあんなに面白いんだ?
原作はもちろん面白いが、映画は映画で映像故に面白いというか。
日本は原作がよくても、映画が駄作に作り変えてしまう。

116 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 19:27:24
一番の理由は、日本じゃ金払うほうが偉くて命令権持つからだと思う。
これは出版、映画界に限らないけどね。
だから、いつまで、とか、これもいれて、あれはいれるなとか実務屋が主導権持ってるから
いいものできないんじゃね?
ミステリーなんかでも、じっくり煮込んだ作品ってあまり日本はないもんな。

117 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 19:44:54
脚本がヘボいんだろ

118 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 20:00:57
>>116
それはハリウッドだって同じだよ。ただ、マーケットが広い=金のかけ方が
違うから、斬新な発想も実現しやすいってだけでしょ。


119 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 20:24:35
いや、日本はスケジュールとか詰め込みすぎなんだよ。
福井の「ローレライ」も、スポンサーが
「第二次大戦を舞台に、潜水艦と女を出すこと」なんて実務屋が
注文つけたんだから、だからあんな世界に失笑される情けない作品ができたんだよ。

120 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 20:37:23
だからそれも金とマーケットで解決する話ジャン。
それに、原作は非常に良く出来ているし。

121 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 20:43:41
乱歩賞作家作品でいえば、「OUT」もなあ。
仮にもエドガー賞候補になった原作が、あんな脱力映画になるとは。
なんなんだよ、雅子と十文字が一緒に焼肉屋やろうだの、
オーロラを見に行くのが主婦たちの夢だの。
原作の凄まじいラストを忠実に再現してこそ、原作の持つメッセージを訴求できるんじゃないのか。


122 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 21:51:12
>いや、日本はスケジュールとか詰め込みすぎなんだよ。
これは同意だな。
ハリウッドとかは、クランクインからクランクアップまでに一年以上かけてるが、
日本は、長くても半年とか、下手すると四ヶ月くらいで仕上げるからな。
あと>>112の宮部が顰蹙買ったって話だけど、実際映画がそうなんだから、
逆ギレするなら、最初からマシな作品を作れって感じだ。
なんか、そう考えると乱歩賞作品てけっこういいのあるじゃないかと思えてきたw

123 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/17(土) 22:32:45
>>120
>それに、原作は非常に良く出来ているし

オタク狙いの美少女が乗った第二次大戦の潜水艦(というほど大戦メカも知らない)
映画のどこがよくできてるのかさっぱり分からない。

124 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 00:34:15
>>123
> >>120
> >それに、原作は非常に良く出来ているし
> 映画のどこがよくできてるのかさっぱり分からない。

君が読解力皆無だと言うことは良く分かった。
だれも映画が良くできているなんて言っていない。


125 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 00:48:29
しかし、「終戦のローレライ」はアニメオタクが読むものだろ。
俺のミリオタの友人は、この小説、馬鹿にしてたし。
まあ、宮部も「ブレイヴ・ストーリー」とか最初からマルチメディア狙いの
オタク本書いてるし、流行なのかもな。

126 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 11:06:35
>>122
乱歩賞、けっこういいのあるぜ。
漏れは今、仁木悦子から読み直している。

127 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 15:54:16
そうかなぁ…
傾向を知るために、ここ10年くらいの受賞作を片っ端から読んでみたけど、
正直、唸るような作品はなかった気がするけど。
特に文章が拙い作品が多い気がする。
ミステリはネタが命ってのもわかるんだけど、小説としての完成度を考えると、
さすが乱歩賞って作品はなかったな。
文章運びだけなら前にホラサス取った「九月が永遠に続けば」のほうが遥かに巧いし、
小説としての完成度も高かった気がする。
まあ、好みの問題なんだろうけど。

128 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 16:08:24
>>125
> しかし、「終戦のローレライ」はアニメオタクが読むものだろ。

そんな先入観、どっから来たんだ?

> 俺のミリオタの友人は、この小説、馬鹿にしてたし。

その友人はそうかもしれない。しかしサンプル数が少ないデータを鵜呑みにしては行けない。

129 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 16:19:42
冷静に考えれば、乱歩賞といえどスレタイにある通り、
最高峰とは言え、新人賞の側面があるから当たり前なんだけどね。
アマ専門の新人賞に比べれば、レベルは高いだろうけど。

130 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 16:58:55
>>128
皮肉だよ。皮肉。でもな、第二次大戦に美少女が乗っかってそれが
新兵器なんて「大人の読むもの」じゃねえだろ。少なくとも。

131 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 17:03:57
>>130
君は終戦のローレライを読んだことがある? 充分オジサンの俺が読んでも
涙が出るほどの箇所があるぞ。それくらい筆力のある作者だ。

132 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 17:07:36
美少女に萌えたオジサン。

133 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 17:13:17
あのこの前テレビでやってたのはひどかったね。
当時「新型爆弾」と言ったのを「原子爆弾」つうたり、
「海軍大学校」を「海軍大学」つうたり、
「特攻の命令」とか言ったり、
(特攻は建前上、最後まで志願制で命令してはならないとされていた)
大戦時にはまだ開発されてない「対潜魚雷」が出てきたり、
が、それ以前にあれの原作がどういい小説になるのか俺もサパーリ分からん。

134 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 17:22:04
>>131
そんなもん、読まないでもだいたいどういうことが書いているか分かるよ。
要は戦争ごっこにオタク受けのする萌え美少女入れて、また、通りありきたりの
中学生でも言うような独立論で擬装してるんだろ。くだらねえ。


135 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 17:55:59
>>134
読んでもいないで批判する人はたいていそういう勝手なことをいうね。
ここに来る資格ナシ。


136 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 19:20:39
>>135
その手にゃ乗らんよ。読ませようとして必死だな。

137 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 19:22:38
「終戦のローレライ」
図書館でちらっと見たが最後の一行がすごく臭いので、読むのやめた。

138 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 19:25:19
>>136
お前が作家デビューしたら、読まずに酷評してやろうw

139 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 19:31:14
>>138
しかし、そんなこと言ってたら、本という本、全部読まなければいけない。
美少女兵器が載っている潜水艦が活躍する第二次大戦末期の小説
(ここまでは合ってるな?)ってだけで判断材料にはなるよ。

140 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 19:32:07
まぁ、軍ヲタがあの映画を見たら大笑いするのは確実。
実際、軍ヲタ専用実況では呆れ返って途中から雑談モードだったからな。
原作は読んでないから知らんが。


141 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 19:32:13
しかし、「大人の起こした戦争に子供を巻き込んで済まなかった」って
あの台詞は原作にもあるの?

142 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 19:34:00
>>139
まぁ、そこをつっこんじゃうとフィクションというものの価値にまで
踏みこんでしまうぜ? その設定の中でどうリアルさを追及するかだろ。

143 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 19:34:53
>>139
それなら、ローレライで福井が主張する「国家の切腹」とかやらも全部フィクションだな。

144 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 19:37:01
「終戦のローレライ」なんかを自称オジサンとやらがいいなんていうのは、
日本じゃオジサンまで幼児化してる証拠だよ。
だいたい、日本の国家としての問題を問うのに、なんでいきなり国防、軍事に
なるのか分からない。

145 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 19:50:27
福井晴敏は、江戸川乱歩賞より大薮晴彦賞のほうが似合ってると思う。


146 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 20:10:57
小説としての技術力自体は福井はあると思うんだが、
あのワンパターンな設定が次の作品を読む気力を起こさせない。
Op.RDも同じパターンらしいし。

147 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 21:19:31
俺の作品、一次通過したと思う?

148 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 21:38:56
うん、思う。

149 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 21:43:56
無理とか言われると思ってたのに、冗談でも嬉しいw
マジありがd。

150 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 21:48:06
無理。

151 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 22:40:10
読みもしないでグダグダ言っている香具師がはびこっている現状では、
このスレで発言する意味がない。


152 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 22:44:31
切れるな、沈着冷静たるミステリ書きがこれしきのことで。

153 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 22:45:48
てーか、「終戦のローレライ」はミステリーじゃないじゃん。

154 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 23:03:52
12yoはミステリーなのか?

155 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/18(日) 23:07:22
福井は基本的にミステリー作家じゃないよ。
多分、講談社がハクつけさせて、かわぐちかいじのジパングとかとの
タイアップ狙ったんじゃないかな。
劇画「ジパング」と「亡国のイージス」は登場人物の名前までほとんどイコールだし。

156 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 00:54:50
福井はミステリー作家だよ

157 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 08:18:22
ガンダム作家

158 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 09:53:54
ガンダムってミステリーだったの?

159 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 09:57:46
ミステリーなわけねえだろバーカ

160 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 10:09:51
バカって言う癖やめなさい

161 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 10:54:32
福井スレになったな、と言いたいところだが、肯定にしろ、
否定にしろ、福井がメジャー作家の一人になったことだけは確かだ。
乱歩取っても、誰それ?って作家多いだろうしな。

162 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 10:58:54
妙に福井擁護が入るな

163 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 11:02:25
乱歩スレだしね。

164 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 11:12:55
あまり福井は乱歩賞ーミステリー系でないとう話をしているんだが

165 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 11:17:52
というか、擁護する人間がいなければ話にならなくね?w
「福井って乱歩賞系じゃないよね」
「うん、そうだね」
オワリw

166 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 11:30:24
ちみの理屈でいうと、>>156が変なこと言ったわけだ。

167 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 11:53:48
とにかく、今がとても暇な時期だということは、よくわかった。

168 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 11:58:11
同意

169 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 14:46:06
無理矢理本来のテーマに引き戻すとしよう。

最終選考会は4月の何日だったっけ? あと一ヶ月くらいか。ということは、
既に最終選考に残った作品は決定していて、選考委員に送られているかも
しれないね。

170 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 14:59:58
乱歩賞受賞作って「選考会の意見を踏まえ、応募作を加筆・修正いたしました」という但書きが付けられてるけど、
この加筆・修正って、どういう性質のものなんだろう?
たとえば「欠点は数々あるが勢いを買った」みたいな選評を受ける受賞作があるが、
その「欠点」は加筆・修正で直せたということか?
一方、「レベルは高いがわずかな瑕疵があって」落選する作品もあるが、
その「わずかな瑕疵」は加筆・修正では直せないものだろうか?
選評読んでいると、受賞作以上に読んでみたい作品って結構あるよな。

171 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 15:17:22
「レベルは高いがわずかな瑕疵があって」で落ちた作品の「レベルの高さ」って
まあそこそこって言う程度のもんじゃね。

172 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 21:49:18
>>169
最終選考会って五月じゃないか?
紙面発表は小説現代7月号、つまり6月発売なので、
4月最終選考作品決定→5月受賞作決定→6月紙面発表の流れだと思うが。
逆算すれば、今頃二次選考作品の精読じゃないかな。
あれ、俺が間違ってる?

173 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 21:51:59
>>172
あってる。
最終作品が選考委員に発送されるのが4月25日前後で、決定が一ヶ月後。

174 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 22:34:19
希望は長いほうがいい(ハメット風に)

175 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 22:37:54
チンコは長い方がいいとは限らない。
    。。
   。     。 +   ヽヽ
゜ 。・ 。 +゜  。・゚ (;゚`Дフ。ウワァァァン
            ノ( /
              / >

176 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 22:51:09
片足撃たれたとき、代わりになるなら役にも立つがな。

177 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 22:51:39
>>175
なんだ、女に何か言われたのか?
今月中なら相談に乗るぞ。

178 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 22:52:57
>>177
今月中? 何だ。来月は幼稚園に入園かい?

179 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/19(月) 23:40:25
よくわかったな。
入園手続きは終わったので、今月中なら大丈夫だ。

180 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/20(火) 00:22:58
幼稚園か……俺も行ってたら、こんな道に入ってなかったかもな。

181 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/20(火) 00:39:58
お前らw

182 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/20(火) 05:16:44
応募者にしてみれば一番の山場は、
最終選考に残ったという通知が
来るかどうか、ですよね。
リミットはたぶん、四月いっぱいだと
思うんですけれど……。

183 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/20(火) 09:42:47
例年だと最終選考の通知は4月20日前後だよね。
そういえば、以前に誰かが書いてたけど、乱歩賞は最終選考に残った人
全員に、受賞インタビューとかの為に自宅付近の地図を送るようにとの
依頼があるっていうのは本当なのだろうか。
それって地方の人や、後海外に居る人とかは意味あるのかな。

184 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/20(火) 10:24:43
栗本薫の「ぼくらの時代」は、知り合いのTVマンに、どうしてもTV業界の
実情とは合わないところを出版前に直したそうだけど。

選考委員の意見で「比喩がワンパターン」とか「〜だった」ばかり、というのを
直すのかな。
「パラサイトイブ」みたいに大売れしてから,選考委員が知らなくて、
専門家には明らかみたいな致命的な矛盾がでたら悲劇。

185 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/20(火) 19:42:31
一次、二次通過者の
発表があるのは、今月発売の
「小説現代」だったっけ?

186 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/20(火) 22:23:12
>>185
違うよ。結果は既に出ているだろうけど、予選通過者の名前が出るのは受賞者が決定してから。
7月号だから6月かな。

187 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/21(水) 09:33:30
つまり、1次、2次とも通過した時点では何の連絡もなく、
受賞作が決まってから、「残念でした。でもあなたは1次、2次は通過してましたよ」って
あとから7月号に発表されるってことでしょ。
要は、1次、2次通過者のありがたみというのは
7月号の小説現代に名前と作品名が載るってことだけだよね。


188 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/21(水) 12:02:17
乱歩賞は、結構一次通過の確率が高いよな。
同じミステリーの賞でも、鮎川賞とかこのミスだったら一割も無いけど、
ここは二割以上あるもんな。

189 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/21(水) 13:16:09
けど、ここの一次通過以上なら、けっこうそれなりに読めるミステリにはなっているよ。
やはりレベルが違うし、応募する人の層も違う。

190 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/21(水) 20:28:34
確か以前、誰かが一次通過者は百人ぐらいだと書いて
いましたよね。と言う事は、小説現代七月号には
その百人の名前と作品名が、ずらずらと並んでいるわけですか?

191 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/21(水) 20:31:20
わけです。

192 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/22(木) 18:52:46
>例年だと最終選考の通知は4月20日前後だよね。

どうせ無理だろうから、あと一ヶ月間、たっぷり夢を見ることにしよ。

193 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/23(金) 09:29:02
やれやれ、4月20日まで近いような遠いような。
それが過ぎたら、一次か二次か期待しつつ、
さらに二ヶ月近くかー。

>7月号
例年6月20日ごろ発売?

194 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/23(金) 14:17:47
27日ではなかったかな。
というか四月に連絡がなければ、さっさと頭切り替えて他賞にかかった方がよい。

195 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/23(金) 20:40:23
題名を変えて『このミス』とか『横溝』に送り直すと
いうのは駄目か……。

196 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/23(金) 20:49:03
二重投稿じゃなければ問題ないだろ。
カテゴリーエラーについては知らん。

197 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/23(金) 20:53:56
>>195
リライト投稿について、だいぶ前にこのミス大賞スレで話題になったが、
その頃、下読み、書評家の杉○氏がサイトで意見を述べていた。
それによると、下読み、編集の中でも意見が分かれていて、一概にはいえないらしい。
ちなみに、杉○氏は、一次オチの場合は一人の下読みにしか読まれていないから、
再応募してみても悪くないのでは、という意見だった。
ただ、乱歩の場合、一次オチが明らかになるのが六月だから、このミスはやめた方がいいと思うよ。

198 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/23(金) 21:01:32
一次落ちかそれ以上で落ちたかは別として、4月20日前後には落ちたことが分かるから、
どうしても出したければ、改題して出せば医院で内科医?


199 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/23(金) 21:10:23
>>198
ミステリの場合、下読みの兼任が多いから、予選通過作の場合、
改題しても、リライト投稿が知れてしまう可能性がかなり高いみたい。
それで、リライト投稿は内容がよほど変わっていない限り、
ダメという考えの人もいるらしい。それだけの話。
出すのはもちろん本人の自由だよ。

200 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/23(金) 22:36:22
やった!
200取った!



201 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/24(土) 00:01:25
ていうか、そうでもしなきゃ、みんな苦労が報われないよな。
300篇の応募があって、1、2篇しか日の目をみないんだもの。
そのエネルギーの総体量を考えたら、あまりにもムゴイ。
その辺のことを出版界もそろそろ本気で考えてほしい。
このミスなら、大賞でなくても出版されるし。
乱歩賞の最終候補に残って、力尽きて消えていった人
きっと多いと思う。

202 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/24(土) 00:02:54
それも他の年なら受賞していた作品までもがね。

203 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/24(土) 00:08:04
乱歩最終作だったら、営業すれば出版してもらえるんじゃねーの?

204 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/24(土) 00:27:56
俺もそう思う。「これは絶対傑作なんだ」って信念があるなら、
他に持ち込んでいいんでないかい? あくまで自己責任で、だけんど。


205 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/24(土) 00:29:26
>>201
それを出版社に期待するのは甘い。無理だよ。
でも確かに運はあるよなあ。
あとは、その運をひっくり返すだけのパワーがあるかだ。

206 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/24(土) 01:01:47
選評を読むと、あ、これ読んでみたいという最終候補作、かなりあるよなあ。
去年のこのミスでいえば「シャトゥーン」みたい位置付けの作品。
乱歩賞も読者賞を設定すればいいのに。
「裏金街」とか「領事代理の密使」とかすげー読んでみたい。


207 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/24(土) 08:18:01
つ文芸社

208 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/24(土) 10:44:12
結局、己を信じて根気よく書き続けるしかないんだよ。

209 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/24(土) 11:48:44
>>207
それだけは勘弁してください。

210 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/24(土) 13:38:45
第○回江戸川乱歩賞読者賞ってなんかやだw

211 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/24(土) 23:48:57
江戸川乱歩賞・傑作最終候補全集てのはどう?

212 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 00:44:31
最終選考の5人への連絡って電話? 郵便?
そこで、経歴とか、参考文献の列挙とか書面を返送するのかな。
その時点では、それまでの予選委員さんたちの評価は知らされるのかな。
どなたか知ってたら教えて。

213 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 00:48:39
古い話だが、写楽殺人事件の高橋の受賞記には手紙って書いてたよ。

214 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 01:52:39
ネット長時間やってるなら肛門をきゅっとする運動するといいよ。座ったままでおk

             彡'⌒`ミ
           (ヽ(     )ノ) 
            ヽ ̄ l  ̄ ./
            ノ . .  ノ
          (((___*__ )))
            ; 丿 ヽ 丿
            ∪  ∪











            ∧_∧
           ( ・∀・) ご一緒に♪
           ⊂|、,  つ  きゅっ♪きゅっ♪
            ((,  |
            | |  ノ
            (.(_

215 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 01:57:54
最終候補の知らせは電話。
そのとき二重投稿していないか確認され、
選考日を知らされる。
で、「その日は連絡取れるようにしておいて」と言われる。

213さんの挙げてる高橋克彦(当時盛岡在住)は事前に編集者から
「有力候補なんで、出来れば前日から東京に出てきてほしい」と
言われていた(記者会見があるため)が、カツヒコのおっさんは、
「町内会の清掃があるので受賞決定じゃないと行かない」と断り、
受賞決定後に朝一の新幹線で上京した。

今は知らない。

216 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 13:34:35
何時ころ来るものだろうか。
昼は仕事で出られない。
俺に来るとも思えないけどな。

217 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 15:44:45
一度電話に出られなかったからといって、まさか最終候補が取り消しに
なることはないだろうし、確か封書も送られてくるはずだから、あまり
心配することは無いとは思うが。

218 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 17:08:27
下読みが終った段階で、次々に発表したらどうだろうか。
1次通過、1次通過出来なかったとほぼ毎週晒されるトーナメント。

219 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 21:00:56
昔のgoodbookみたいに? それもいいかもしんない。


220 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 23:56:30
あるひとつの仮定です。
歴史に残る乱歩賞といえば……。

第41回 テロリストのパラソル 藤原伊織
第47回 13階段 高野和明

この法則性からいくと、プラス6回で
第53回も歴史に残る作品が誕生することになる?
何か今年は相当レベルが高いような気がするのは私だけでしょうか。

221 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 23:57:29
うん、キミだけ。

222 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 23:58:41
天使のナイフは、歴史に残る作品じゃないかな。
ダモイの隣に、まだ平積みされているし。

223 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/26(月) 23:59:33
いや、君は慧眼だな。そのとおり。
電話はまだか>講談社

224 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:00:35
天ナイはちょっと無理。

225 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:02:24
テロパラも段階の世代にしか受けてないという説もある。

226 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:03:46
ピンポイントに攻める。これセオリー。

227 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:12:50
歴史に残る名作はないのか?

228 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:13:25
ない!

229 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:13:47
ねーのかよ!w

230 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:14:53
きっぱり言う。ない!!

231 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:15:50
きっぱり言い切れるほど、ねーのかよ!!ww

232 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:18:34
レベルが低い回であって欲しい俺がいる。

233 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:18:50
ないね。歴史に残るようなミステリは寧ろ受賞外の作品の中にある。
世の中、そんなもの。

234 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:19:51
マジレスすると「八月のマルクス」は名作だと思う。

235 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:21:09
>>234
ロコすぞ、お前w

236 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:22:32
所詮は一個人の主観。

237 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 00:23:03
主観はすかん

238 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 07:31:12
>>234
新野剛さんだっけ?
まだ読んでないけど、新野氏の経歴すごいよね。
会社員なのに失踪しながら
カプセルホテルとかに泊まりながら
乱歩賞の獲得目指して、実際やり遂げたんだよね。

239 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 10:52:22
>会社員なのに失踪しながら
>カプセルホテルとかに泊まりながら

何だかよく分からんが、家族の人は大変だっただろうな
とは思った。

240 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 11:15:23
事情は知らんが、それだけ聞いたら、ただのあほぅだな。
そういうのは、俺は嫌いじゃないけどな。

241 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 11:29:50
確か、受賞して何ヶ月ぶりだかに家に帰った、とかだよな。

242 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 21:15:53
問題は、どうやってそんな人に受賞連絡をしたかということだな。

243 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 21:18:39
警察に頼んだとか。
これがホントの創作願い。

244 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 21:26:12
>>243
ふわ〜あ。寝るべぇ

245 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/27(火) 22:05:46
携帯だろ。

246 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/28(水) 07:34:15
スレが伸びてると思ったら、そんな流れかよw

247 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/28(水) 10:19:01
4月中に連絡来なかったら落っこちってことでいいの?

248 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/28(水) 11:47:41
>>247
良い

249 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/28(水) 13:20:44
>>248
じゅんさんは出したよね? 1次通過してるよね?
間違いないよね?

じゅんさん情報ない??

250 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/28(水) 13:31:03
257 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2007/03/28(水) 10:48:55
741 名前:名無し物書き@推敲中? :2007/03/27(火) 14:18:59 ?2BP(1920)
小4が小4少女レイプしたらしいw

1 Name: 外資系会社勤務(アラバマ州) [] Date: 2007/03/27(火) 13:30:22.49 ID: HPxwWr4W0 Be:
 兵庫県尼崎市の市立小学校で昨年11月、4年の女子児童=当時(10)=が同学年の
男子児童=同=に呼び出され、男児宅で性的暴行を受けていたことが27日、分かった。
男児はアダルト映像に触発され、「同じことをやってみたかった」と話しているという。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

742 名前:残飯速報! :2007/03/27(火) 14:39:01

     ついに逮捕された残飯、半ズボン姿で小4と言い張る!
 

258 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2007/03/28(水) 11:06:25
>ついに逮捕された残飯、半ズボン姿で小4と言い張る!

笑った。よほど愛されない子供時代だったんだろうね。
それでこの残飯さんは創作板で愛情乞食して回っているんだなwww

251 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/28(水) 14:09:28
>>249
じゅんネタは250みたいなクズネタ以下。もう来るな。

252 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/28(水) 17:58:15
>>248
サンクス。ちょっと大幅に改編したいところがあって、あれで最終予選
通ったらどうしようと思ったのだ(大笑)
何がなんでもまず出してみようというのを目標にテーマが弾けんうちに
無理くり書き上げてしまったから。

253 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/28(水) 22:14:16
最近、みんな何してんの?
もう、新しい作品とか書いてるのかな。

254 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/28(水) 22:49:21
ミステリー専でもないから、他の小説書いてまつ。

255 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/29(木) 10:03:06
俺はもう来年の乱歩賞に向けて書いてる。

256 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/29(木) 11:01:40
横溝に向けて書いてます。

257 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/29(木) 11:47:41
みんな一日どれぐらい書くの。他の仕事あるなし含みで。

258 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/29(木) 20:05:36
受賞後、寄稿する短編を書いている。

259 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/29(木) 20:50:05
出来レースだったのか!

260 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 02:21:42
ところでおまいらは何故に小説をかき、投稿するのだ?
仕事した方がよくね?

261 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 10:30:17
>>260
そういう役人か学校の先生みたいなこと言う頭の固い夢なき現実主義者には
何も分からないだろう。

262 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 10:34:55
>>260
仕事をしながら、空いた時間に趣味として小説を書いている、
せっかくだから賞に応募している、、
というごく一般的なパターンは頭にないのか

263 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 10:36:06
だから、クルーザーが欲しいからだってば!!!

264 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 10:39:34
それだったら小説以外にも方法が……w

265 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 11:29:51
それでも、欲しいの!!!

266 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 11:37:46
>仕事した方がよくね?
まるで小説書く人間は、みんな仕事してないような言い草だな。
むしろ、仕事してるほうが多いんじゃないか。
大体が>>262みたいな感じだと思うが。

267 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 11:43:52
機械設計の下請けしてますが、今仕事がなくて暇なもんで。
あるときゃ死ぬほどあるんだけどね(苦笑)



268 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 12:36:22
俺は賞金入ったら住宅ローンの繰り上げ返済しよ(←堅実派

269 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 12:37:20
仕事以外の時間を執筆にあてて書いている人は、単なる自己満足の徒労だとしても平気なのかい?
その時間に友達や恋人と遊んだり、他にもやれることはあるだろうに売れもしない小説ですか(笑)。

それなら君は小説が好きなんだろうね。

270 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 12:40:52
いやな仕事してこき使われているほうが人生の徒労だろう。

271 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 12:40:59
お前公務員だろ。

272 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 12:46:45
それ以前に嫉妬深いスネ者君なんでしょう。

273 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 12:53:39
すっげー極端だな。
仕事しつつ、小説書きつつ、普通に遊んでもいるがw

274 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 13:02:22
>>269

そんなこと言ったら趣味なんか持てないだろ。おまえ頭腐ってるなw
おまえみたいなクズは消えていいよ。気持ち悪いから。

275 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 13:23:31
生きることじたい、徒労なんだよ。
どうせいつかは死ぬんだぜ?

それまで好きなように生きるだけだ。

276 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 13:25:19
だから、とにかく、クルーザーが欲しいんだってばさ!!!!

277 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 15:04:24
もっと友達と楽しめる趣味を見付けたらどうだね(笑)
小説に費やした時間は何時間だ? その時間で何が出来た?
小説家なんて儲からないぜ? ゲームでも楽しんだ方がましじゃねーの(笑)

278 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 15:13:23
俺はまだ未熟者だから
お前がオナニーに費やした時間より少ない。


279 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 15:27:52
というか、>>277は何でここに来てるの? 
大きなお世話。みんな自己責任でやっているんだから。
石原都知事みたいなこと言わない。

280 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 16:24:41
単なる釣りだな。
無視が一番だと思われ。

281 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 16:25:09
>>267>>268
君たちは俺か?
みんないろんな事情を抱えて書いているんだなあ。
ちょっと勇気が出たよ。

282 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 16:48:19
小説って考えてみれば、ローリスク・ハイリターンだよな。
普通に仕事続けてれば、失うものはないし(時間は別にして)、
爆発的に売れれば大きいし。(それが難しいんだけどね)

283 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 21:32:36
乱歩賞は常連が有利って噂を聞きました。
本当ですか?
そんな修行の必要な道場みたいなところ?
それって直木賞みたいだなあ。

284 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 22:07:02
傾向と対策が必要だそうです。

285 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 22:17:06
高橋克彦の分析した傾向と対策が有名だけど、あれは疑問だ。
過去の受賞作は「三人以上殺される」とか「二つの遠隔地が舞台になる」とか
「図が添付されている」とか、そんなもの帰納しても、演繹的に面白くないと
意味がないのにと思ったものだ。

286 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 22:24:45
あえてそういう縛りを設けて書くっていうのも
いいんじゃない?
三題噺みたいで


287 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 22:42:24
いや、それはもちろん自由だよ。ただ、設定枠の決定だけであって、
一般論的でないなと思っただけ。まあ、受賞すれば勝てば官軍だけどね。

288 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 23:30:31
宝くじで3億円当選したとする。

そのうち、500万円で上製本の小説本を自費出版で
大手出版社から発行する。刷り部数は初版5000部
として、9500万円をかけて広告をメディア展開する。
主に新聞と雑誌広告、さらにはPR会社と契約して
TVやラジオでも露出させ、ネットでも工作する。
もちろん、書評家を抱き込むことも費用に含まれる。

もちろん、この方法だと一発屋で終わるが、確実に
「作家」として世間に認知されるようになる。

残りの2億円は遊んで暮らす資金にする。
なんと幸せな人生か!

289 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 23:40:01
だから、なんだよw

290 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/30(金) 23:44:57
>>288
君はもう十分幸せだよ。

291 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 18:48:57
ときどき荒れることもあるけど、乱歩スレって基本的に上品だな。
周りのスレを見てると、よく思う。
作品のレベルが、そこらの新人賞とはやっぱり違うんだろうね。

292 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 18:55:11
>>288
なるほど、あいつは三億あててリアル鬼ごっこ書いたのか!

293 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 19:54:38
>>268
同じこと考えてる人いるんだなw

294 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 19:58:14
ローン返済って、結局、クルーザーと同じレベルじゃねーかよw

295 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 21:16:06
僕は嫁にいつも苦労かけてるから、
受賞したら、なじみのブティックに行って
「ここからここまでぶら下がってる服、
全部ください」と言って良いと、
嫁に約束しました。


296 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 21:23:23
賞金や印税なんてどうでもいい!
日本の文壇を救うのは俺だ!
とか平気で言っちゃうような、熱いソウルを持った奴はいないのか?

297 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 21:42:34
ソウル? おまえ韓国人だろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

298 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 21:44:22
ソウルと聞いて、韓国人を想起するお前は韓国脳。

299 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 22:00:26
でも、俺も別に金は普通に暮らせるだけあればよくて、
別に印税で左団扇なんて生活夢見てないけどな。

300 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 22:16:07
歴代乱歩作家で、受賞後もリーマン兼作家やってる人っている?

301 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 22:25:09
そんなのいいな。俺の前いた会社なんか、忙しすぎて絶対そんなこと不可能だ。


302 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 22:46:58
何も考えてなかったけど、今から1千万の使い道考えよ。

303 :名無し物書き@推敲中?:2007/03/31(土) 23:11:16
残念ながら俺とお前で半分ずつらしーぜ

304 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 00:27:06
授賞式の後、一緒にジョジョエンいかね?

305 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 21:15:22
僕は勤めながらだと、一ヶ月で原稿用紙
百枚が限度です。今回の応募も五ヶ月
かかりました。だからもしデビュー出来たら、
年に一冊ずつ新刊が出せたらいいな、なんて
夢想しています。

306 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 22:48:50
まあ、執筆スピードはあまり気にしなくて良いんじゃないかな。
うんと速い人もいるけど、構想とか、トータルで考えれば、そんなに
大差はないし。
ちなみに私は瞬間最大風速だと、1日100枚を越えることもあるし、
一週間で500枚書いたこともある。それをここか、似たようなスレで
書いたこともある。でもそれはスピード自慢とかじゃなくて、単なる
執筆レポートであって他意はない。乱歩賞には、半年くらいのスパン
で構想から始めるから、その時間も含めれば、まあ普通のアマの
平均的なスピードだと思う。


307 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 23:49:04
ひゃっ、ひゃっ、100枚!?!?
ワープロでですか?
俺なんて15枚ぐらいだ。プロットはあまりがっちり固めないで書くほうだけど
(プロット段階で固めすぎると執筆意欲が萎えるので)
もっとも最後の真相語りの章だけは二倍から三倍の一気スピードでフィニッシュしましたけどね。

308 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 02:28:19
100枚/日かよ。
一時間で10枚書いたとしても、十時間だぞ。
お前、超人だろw
俺なんて、どんなにがんばっても10枚/日くらいなのに。。。

309 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 02:30:50
つか、おい、4月だぞ。
最終選考通知の月だ。
どうするー???

310 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 08:02:16
>>309

はっきり言ってオマエなんかどうでもいい。
問題はじゅんさんが通過しているかどうかだろ。
まず何よりもじゅんさんがちゃんと投稿したのかどうか?
多くの人はそれが一番気になっているのだよ、きみぃ。

311 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 08:11:20
>>310
うざいから芯でくれ。

312 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 08:48:30
最終の連絡まで三週間ほどと思われ。
それまでは良い夢見よう。

313 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 10:31:43
賞金や印税なんてどうでもいい!
日本の文壇を救うのは俺だ!

314 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 11:22:24
熱いソウル キター

315 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 11:45:35
腹案ができた。
救世主殺人事件。

316 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 12:55:21
>>310
わたしもそれが目下の所一番気になります。
もしじゅんさんが投稿していなかったら
今までの応援はなんだったんでしょうということになってしまう。
そんなもどかしい思いでずっと来てますから。
じゅんさんを応援する声が小さいのも気になるところです。
じゅんさんスレは独立したのに貶める書き込みばかりで
誰も応援してません。応援しない人たちの気持ちが分からんよ。
バカ野郎どもが。

317 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 13:10:30
>>316
どういつ人物がまた書き込んでる。
真でくれと言われているのがわからないのか。


318 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 13:43:13
じゅん専用スレでやれよ。
マジ、うざいって。

319 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 13:51:51
最終の連絡きたら、「キターーーーーーーーー」とレス。
もちろん、嘘も可。

320 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 14:04:11
じゅんさんあのプロット使わないのだったら、俺にくれないかな。
てか、じゅんさんのプロットと創作板住人有志の合作で乱歩賞に応募する。
いいアイデアだと思うのだが。


321 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 14:37:21
マジ、乱歩スレにくんなよ。
空気読めない→客観かができない→駄作

322 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 22:42:27
じゅんは一次落ちです


323 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 09:57:16
1日100枚くらいいけるだろ。
毎日500枚書いているとかいったら驚くが。

話し違うがモーツァルトはすらすら作曲していたらしいね。

324 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 10:38:32
お前には可能でも、俺には不可能だ。

325 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 10:41:49
気は違うが残飯はすらすら犯罪働いていたらしいね。

326 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 11:09:54
>>323
おまえ、モーツァルトの曲どれだけ聴いた?
あれは、ほとんど逆に言うと考えないでしか書けない曲だし、
どのジャンルのソナタ形式もそれぞれウルトラ・ワンパターンだぞ。
K.で600数曲あるが、駄作もすげえ多いんだぞ。

327 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 11:24:54
交響曲一曲ををモーツァルトが二週間で書くところを
ベートーヴェンは二年も三年もかけて推敲して創る。
(まあ、ベートーヴェンのほうが一曲の規模がでかいんだけどね)
でも、ベートーヴェンだって、結構やっつけ仕事してるし
(自分のつけた作品ナンバーからは除外してるが)
ベートーヴェンは即興演奏の天才だったから、当時口述よろしく
レコーダがあったら、それ録音して一曲できあがりなんて超スピード作曲もできる能力はあった。
それでも彼は何度も何度もスケッチして熟考して書き直した。
作品の質の差で枚数も変わるってこと。
考えて考えて書くのが好きならそうすればいいだけの話。
しかし一週間で書いた作品っての読んでみたいなw

328 :306:2007/04/03(火) 12:23:37
>>326
> どのジャンルのソナタ形式もそれぞれウルトラ・ワンパターンだぞ。

それは事実です。ある番組で、数十の曲のパターンをサイコロで選ばせて、
それを連続して演奏するという企画をやっていました。ちゃんとモーツァルトに
聴こえるから不思議。

>>327
個人的にはベートーベンの方が好きなんですがが、いわゆる「天才肌」ということ
からすると、モーツァルトでしょうね。彼は作曲は頭の中でやり、推敲が済んで
から楽譜に書いていたといいますから。

> しかし一週間で書いた作品っての読んでみたいなw

それ、私の書き込みへの意見と解釈してレスします。
500枚書くのは一週間で出来ることもありますが、その構想には半年かけています。
推敲は構想用紙の上で済ませ、書いた後は「推敲」というよりも「校正」を2日ほどかけ
てやります。トータルで考えれば、並みの速さか、少し遅いくらいではないかと……。
>>323さんが言ってますが、ピークに1日100枚書ける人は、掃いて捨てるほどいると
思いますよ。




329 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 12:50:50
いや、だからさ、500枚を構想半年、執筆一週間=トータルだと平均かそれ以下の
スピードってことは分かってるよ。とにかく実質一週間という作品がどんなのか
見てみたいってわけ。どんな文章なんだろうって思ってさ。


330 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 12:56:28
受賞を待て。

331 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 12:58:43
ダセーンだがもうひとつ、天才の定義にもよるが、革命的なことをして以後の
世界を切り開いたのが天才ならモーツァルトよりベートーヴェンのほうが天才だろう。
モーツァルトの「天才性」は「特技」か「特殊能力」「突然変異体」的な
ものであって作品のすばらしさと直結したものでないと思う。

332 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 18:36:15
ここでは、ミステリーが受かるような話をしてるけど、
応募要項では、それ以外の作品でも良いと書いてあるが。
あれを文字通り読めば、エンターティメントなら何でもありと読める。

333 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 18:37:40
その時々の選考委員の顔ぶれにもよる。

334 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 19:35:13
ま、これまでの受賞作や
江戸川乱歩の名前を冠にしていることから考えて、
ミステリ以外の受賞はありえないだろ

335 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 19:51:36
これで、それこそほんわか癒し系エンタメが、
「乱歩賞にしてみては斬新だ」とか言う意味不明な理由で受賞したら、
それこそ驚天動地だけどな。
というか、投稿作品自体、ミステリー以外ないと思うよ。

336 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 19:56:06
なぁ、お前ら。
俺は今回受賞する予定だが、受賞したらちゃんと報告するから、
作品読んでもけなさないでくれ。
正直、俺はここが好きだ、お前らも好きだ、長年愛している。
そんなお前らに、「駄作」と言われるのが、何よりも苦痛だ。
頼むぜ。

337 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 19:59:44
ここを見なきゃいい。
俺はそうする予定。
「何も見えない、何も聞こえない!」
と叫んで盗んだバーイクで走ーり出す。○○の夜ー♪

338 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 20:39:10
>>336
絶対、受賞しても報告しない

絶対、受賞しないか
のどちらかだと思う。

339 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 23:02:22
336だが、お前らのそういうレスが好きだから、ここにいるんだけどなw
俺は多分、見ちゃう。
とにかく、お手柔らかに頼むぜ。

340 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 23:43:46
ホストの出ない2ちゃんでよかったな。チンピラ。(チャンドラー風に)

341 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 01:39:30
ほんとに良かったぜ。(チンピラ風に)

342 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 03:40:42
モーツァルトとかベートーベンとか聴く人が
本当にいるんですね。やっぱりこのスレはレベルが
高い……。そういうのって、作品にも反映して来ると
思います。ちなみに僕は石川さゆりが好きなので、
主人公の十八番は石川さゆりの『越前竹舞』という設定です。


343 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 09:47:24
じゃあ俺は「月の法善寺横丁」で。

344 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 09:54:13
>>343

こいさんが……

よし、じゃあ漏れは、「イヨマンテの夜」で行こう。


345 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 10:03:07
俺は普通にコーダクミが好きなんだが。
やっぱり、ベートーヴェンとか聞くほうがレベル高いのかのぉ。

346 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 10:12:57
岡村孝子聴いてますが何か?
あしもとくすぐるな〜みさへ少し遠慮がち〜

347 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 12:04:59
レベルはともかくとして、作者の世界観が反映されるのはあるかもしれんね。


348 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 18:34:06
純粋じゃないミステリーが受賞した方が話題になりそう。

こんなのは乱歩賞じゃないとか言って。

349 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 19:25:47
純粋じゃないミステリーってどういうの?

350 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 19:57:18
カタコンベ

351 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 20:15:19
話題になったか?

352 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 20:25:41
ほら見ろ。>>351に突っ込まれたじゃねえか

353 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 20:35:14
すぐ名前が出る程度には話題になった

354 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 20:43:57
て言うか、そもそも江戸川乱歩の作品自体、
純粋なミステリーでは無いような気が……。

355 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 20:52:09
いや、乱歩は本格はあるんだが、全部短編なんだよな。

356 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 22:30:10
ていうか、
逆に本格だった乱歩賞受賞作ってどれ?

357 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 22:32:49
>>356


358 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 22:40:51
>>356
乱歩自身は結構、本格志向だったみたいだけどね。

359 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 09:11:50
>>356
本格じゃないけど、本格度が高いという点では「放課後」。
逆に、本格っぽい作品で乱歩賞を獲れたのだから、
さすが東野とも言える。

360 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 09:35:30
本格って二階堂の頭の中にしか存在しない
って聞いたけど。

361 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 10:12:30
今はとにかく
1、お勉強的うんちく設定
2、やたらアクティブな女
を出さないとダメだお。
逆にやったら駄目なのは
1、同人のノリ(特に変な名前)
2、軽い会話

362 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 10:58:27
>お勉強的うんちく設定
たとえば万引きGメン、銀行、自衛隊、刑務所、少年犯罪みたいな、
一般人もそれなりに知識がある世界のうんちくはいいんだけど、
「カタコンベ」までいってしまうと、洞窟の中でなにやらが行われている、
ということしか、読んでいてもわからない。


363 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 11:20:23
現代版星新一みたいなもんだろ

364 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 11:21:51
まあ、カタコンベの場合、最年少ブームだったからなあ。

365 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 12:03:41
>>359
> 本格じゃないけど、本格度が高いという点では「放課後」。

いや、あれはどうみても本格だろ。
その他には、「剣の道」「エノケン一座」、それと昨年の「東京ダワイ」もそう。
かなり味付けとかが違うから、いわゆる「新本格」とはテイストが全然ちがうけど、
「謎を提示し、その合理的解決をはかる」という「本格」の要件はしっかり守っている。


366 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 12:47:45
東京ダワイ、ってあんたw
田舎の年寄りが上京したんじゃないんだから、、、

367 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 13:27:17
>>366
> 東京ダワイ、ってあんたw

もちろん、ギャグですよ。強がりじゃなく。ミスタッチするようなキー位置でもないし。


368 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 14:07:13
>もちろん、ギャグですよ。
いや、怪しい。
あんたもしかして、「お義父さんがやりたがっていた自費出版のことが載ってますよ」と嫁に勧められて、
ダワイを読んだクチだろう。
嫁の意図は、「こんなにお金がかかるんだから自費出版なんてやめてくださいね」だからね。
二世帯住宅に波紋を起こすなよ。

369 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 14:37:44
ダワイもロシア語だから間違えたんだろ。
東京ダモノもあり得たな。byみつお

370 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 15:05:22
ダワイはダモイにも出てくるしな。

371 :365:2007/04/05(木) 15:39:26
疑うのは勝手だけどね。
実は、最初は「東京ダゼイ」にしようと思ったんだが。


372 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 15:57:39
銭湯小説「東京タライ」というのはどうだ?

373 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 16:06:37
東京タワシ〜おかんとオレ〜

374 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 16:07:57
 オールでパクリ厨が受賞したらしいので、おまいらも抗議してくんね




375 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 16:09:30
kwsk

376 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 16:39:27
オールはオール。乱歩は乱歩。
故に静観。

377 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 16:41:04
 下読みがかぶってっからなw
悠長なことは言ってられんよ



378 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 18:30:28
しかし、あの小説、どう見ても京都がメイン舞台なんだが(舞鶴も含む)、
なんで「東京ダモイ(帰還)」なんだろ?


379 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 18:42:30
>>374
他人の問題。
そんなレベルの低い賞のことに関わりたくもない。
二度と乱歩スレに来るな。

380 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 20:25:32
>>366
> 東京ダワイ、ってあんたw

もちろん、ギャグですよ。強がりじゃなく。ミスタッチするようなキー位置でもないし。


381 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 00:39:10
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bun/1151232481/l50

 http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bun/1151232481/l50  

 http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bun/1151232481/l50


382 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 01:19:20
マジ、荒らしはカンベン。

383 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 01:24:29
「ワ」と「モ」をどうやったらミスタッチ出来るか。
この件について合理的な解答を導けるくらいなら、
良質な本格推理が書けるような希ガス。

384 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 01:41:20
この中に、包茎の方いらっしゃいますか?
ところで、高野さんが好きでつ


  (*^_^*)


385 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 01:58:47
俺がいつも思うのは、お前らは頭がいいのか悪いのか、よくわからないところだ。

386 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 07:58:31
悪いと思っておいてもらおう。

387 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 09:19:57
大半の香具師は、IQ190の俺よりは、悪いだろう。


388 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 11:16:07
薬丸の「闇の底」読んだけど、全体的に書き足りてない印象拭えず。
犯行の動機、作中触れられていた妻の過去、等々投げっぱなしジャーマン臭い。
自作に期待。

389 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 11:17:31
次作に期待、の間違い。

390 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 11:38:19
いやその意気やよし!
君の作品に俺も期待してる

391 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 12:53:05
>>388
なんでえ。また「妻の過去」か。

392 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 12:55:16
>>388
「天使のナイフ」も書き足りてない感があったが…。
しかしそれは、乱歩賞の制限枚数ゆえのもので仕方がないと思ったが、
「闇の底」もそうなのか。

393 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 12:58:23
闇の底は一言でいうと薄い。

394 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 12:58:35
「闇の底」は読んでないんだけど、かなり薄かったね。
四百枚ぐらいじゃね。それで書き足らんとは、なんかトラぶったんかね?

395 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 13:00:27
133 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2007/04/06(金) 12:41:49
飽きることはない。なぜなら我々は一人ではないからだ。
誰かが飽きたら他のやつが後を引き継ぐだけだ。
お前は一人、勝負は最初からついてるんだよ。

135 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2007/04/06(金) 12:46:07
>なぜなら我々は一人ではないからだ。


     が ん ば れ !

       ざ
        ん
          ぱ
           ん
              脳内軍団
 
      ぶ
         は
           は
             は
               !

396 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 13:01:41
さっーと読めてしまう薄い話だった。

397 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 13:04:21
おまえのキャラのように薄かったのか?
チャンスのように薄汚かったのか?

398 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 13:05:14
「天使のナイフ」も出だしのショッキングさに限れば、歴代乱歩賞のみならず
日本ミステリーでも屈指の衝撃スタートだったんだがなあ。
かなりあとで無理があったからなあ。あのおちびちゃんも何年か後、大丈夫かなあ
と思ったりww

399 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 13:07:44
シークレットブーツ履いた不細工ちびのこと?
あいつなら千葉重罪刑務所に行ったヨ。

400 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 13:08:27
いや、「天使のナイフ」の主人公の娘よ。5歳ぐらいの。

401 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 14:42:26
 おまいら  無駄な努力 乙



402 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 14:52:50
>シークレットブーツ履いた不細工ちびのこと?
>あいつなら千葉重罪刑務所に行ったヨ。

   死刑確定らしいね...
 

403 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 15:06:08
「闇の底」は締め切りに間に合わなかったのかもしれないね。

404 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 15:11:52
締め切りはともかく

    絞首刑

は確実らしい...



405 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 15:16:59
誰の話なのか分からん。残念ながら。

406 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 15:20:25
だとしたら気の毒すぎる。
受賞後の書き下ろしで真価が問われるのに。
京極の新作のときにも、勇み足で発売日を勝手に発表して、
京極に「無理!」とキレられてたし、
「翳りゆく夏」作者の書き下ろしでも無断引用かなにかで回収騒ぎがあったし、
講談社、しっかりしろ。

407 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 15:32:22
でも、まあ、ミステリー史上は、一発屋も多いしね。


408 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 16:42:25
一発、百万部売れて、文壇から消えるのが理想。
あとは普通にリーマンしつつ、焦らずのんびり暮らす。

409 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 17:07:29
そういえば、俵万智のサラダ記念日は当初200万部って言っていたが、
その後も売れて、270万部に達しているんだって? 今は文庫化されてるけど、
印税だけでも2億は越えている計算だよね。

410 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 17:43:41
赤川次郎や西村京太郎は、鳥山明やスラムダンクの人やコナンの人よりも、
はるかに稼いでいる。

411 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 17:48:07
赤川次郎は、俳優や歌手、漫画家、作家の中でもダントツで稼いでるらしい。

412 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 18:24:20
でも、気取るわけじゃないが、別に収入はそこそこでいい。


413 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 18:32:14
300万あればいい。

414 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 18:33:49
そうでぬね。おれも300万あれば贅沢に暮らせる

415 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 18:36:34
原作がマンガ化されたら、三割貰えるんだろう。

416 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 19:28:08
推理小説の漫画化などくそつまらん。

417 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 19:46:17
綾辻がIKKIって雑誌で原作してたね。

418 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 20:09:55
ホラーだと漫画でもそこそこいけるんだけどね。
ミステリだと叙述とかムリポ。
「殺戮にいたる病」なんて特に書きようがないw

419 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 20:10:41
漫画原作なら島田の独壇場だろうw

420 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 20:11:54
東野も多いよ。

421 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 20:57:05
『脳男』の時もそうだし、今回の『東京ダモイ』でも
感じたんですけど、乱歩賞って推理小説とかミステリー
以外の部分で高得点を取らないと、駄目なんですね。
なんか、今まで真面目にトリックとか考えてた自分が
間抜けに思えてきます……。


422 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 20:59:16
今、それぐらいしか「新しい」ところが見つからないからでしょう。
大トリック松。

423 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 00:01:11
「ダモイ」は読んだんだけど「三年坂」は面白いでつか?

424 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 00:03:07
>>423
だもいを10とすると、3くらいだな


425 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 00:17:20
え? ダモイより悪いのですか?
ちなみに自分はダモイは古臭いと思ったです。

426 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 00:18:24
>>424
レス、サンクスです。
肝心なこと言うの忘れてた。

427 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 01:31:46
うんうん、ここが東京だわい!


428 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 07:49:07
 万年落選組の方々  乙です
  (^ .^)y-~~~




429 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 07:57:18

自己紹介 乙

430 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 09:11:39
>>424
俺は、ダワイより楽しめたが…>三捻挫か
この早瀬さんの前回落選作「通過人の31」というのも読んでみてえ。
31って何なんだ?
ダワイは、何と言うか、まとまっているけど、
もうこの手はお腹いっぱいだし、もうちょっとびっくりさせてくれえ!という感じ。
「滅びのモノクローム」読んだときと同じような気分になった。

431 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 10:43:10
三年坂も個人ブログの書評読んでたら、結構古いって書いているね。
あとラストがあっけなくって不満ってのも多いな。
まあ、もう古本屋にたくさん並んでいるから半額で変えるが……

432 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 12:25:56
俺は二十代後半のリーマン乱歩賞投稿者なんだが、
暇な日曜日、昼からビールを飲んでる。
そして、このビールが上手いんだ。
これはオヤジの始まりということでいいのか?
それとも、既にオヤジとして完成してしまったのか?

433 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 12:51:15
知るか。おまえになんか興味ねえよ。失せろ。

434 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 14:06:56
けち!

435 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 14:53:09
>>432
本物のオヤジから言わせてもらえば、
休日の昼間は前日の酒が抜け切れず、酒なんて飲む気にならないというのが
オヤジの生態。昼酒が上手いというのは健康な証拠。うらやましい。
あと俺は読み専だが、呑みながら読むのに適した作品とそうでない作品があると思う。
その点、最近の乱歩賞作品は展開が読めるから、頭使わずに読むには最適だな。

436 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 16:44:57
俺の場合、先が読めるというより、先が気にならないって感じ。

437 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 19:46:22
>>435
>>432ですが、恐れ入りました。
精進いたします。

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)