2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●●● 小説すばる新人賞 7 ●●●

1 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:32:29
20回締め切り記念、投稿者の皆様乙ですた。

前々スレ http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1115114919/
前スレ http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bun/1147901483/




2 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:34:30
200〜500枚 3月末日〆
【出身】花村萬月、篠田節子、佐藤賢一、村上由佳、熊谷達也

選考委員(五十音順・敬称略)
阿刀田 高
五木寛之
井上ひさし
北方謙三
宮部みゆき

枚数は400字詰め原稿用紙で200枚以上500枚までとします。
ワープロ原稿は必ず一行30字×20〜40行で作成し、A4判のマス目のない紙に印字して下さい。
また、400字換算枚数を明記して下さい。

原稿は必ず通し番号(ページ数)を入れて右肩を綴じ、1枚目にタイトル、氏名(または筆名)を記入してください。
原稿の末尾に、郵便番号・住所・氏名・(本名)・年齢・職業・電話番号と簡単な経歴を付記してください。
別に、400字詰め原稿用紙3枚程度に、作品の梗概を書いて、同封してください。

正賞=記念品  副賞=200万円

〒101-8050 東京都千代田区一ツ橋2-5-10
株式会社集英社「小説すばる新人賞」係


3 :ハニロウ:2007/04/01(日) 01:36:14
今回はおいらが受賞するぜ!

4 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:38:08
関係URL
http://www.shueisha.co.jp/bungei-13nen/s_suba/index.html
http://syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/


一次通過の発表 8月下旬発売の9月号(2006年)


5 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:38:34
>>1
ThanX

6 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:39:49
投稿締め切り翌日に新スレっていいな。

7 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:43:18
前スレにいた下読み経験者さん、いますか〜?

とりあえず、8月下旬まで待って、落ちているようなら別に応募しよっと。

8 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:46:09
>7
アンタちょっと落ち着け。

9 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:47:53
>>8
落ち着いてます!

10 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:51:43
下読み経験者さんには俺もいろいろ聞いてみたいかな。

まず、他の人も言っているように、誤字脱字などのミスがあったとしても
一応、作品は(よほど酷くなければ)最後まで読んでくれるものなんでしょうか?

というのも、俺も誤字脱字を前半のしょっぱなでやっちまってて、
それで、というかその時点で「あ、こいつ駄目」って落とされるのは悲しいかなって。
全体のストーリーには自信があるから。

11 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:52:51
>7
【初心者】応募と選考に関する質問スレ2【歓迎】
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/bun/1158671816/l50


12 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:54:28
>>10
自分は下読みじゃないが、このミス大賞HPに載ったことがある。
誤字脱字は1ページ目の、9行目からしてたwwwwwww

13 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 01:56:21
どういうミス?

14 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:01:35
単純な変換ミスだよ。
自信→自身と書いたような感じ。
他にもトータルで十個以上変換ミスや、脱字があった。
「おはようござます」とかなwww

15 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:04:03
ああ、俺もそんな感じ。

これでも、全体的な内容が面白しろければ落とされないよね?

16 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:06:37
前スレの下読み経験者です。
というか、一応現役で某賞をお手伝いしています。
この板の「下読みさんに三言目」スレで時々質問に答えてます。
(今は何か荒れてるようなのであまり書き込みませんが)

3月末〆切の賞は多いので職業柄スレの勢いなどをウォッチしてたのですが
今年の小説すばるは結構激戦が予想されるんじゃないでしょうか。
賞金もアップされることですし。
応募されたみなさんのご健闘をお祈りしてます。

17 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:07:33
私のやった決定的は、

「この人は、これをこんなふうに見るのか?」
という部分を、いつどこをどう触ったのか、それより先の台詞が混じっていた。
「この人は、これを ありがとうございます」
↑みたいな感じで(笑)
いや、笑えない。泣きたい。。。

18 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:09:18
>下読みさん
応募作品は、最後まで読んでくれるんですか?
そこだけ教えて頂けませんか?

上にも書きましたが、前半のミスだけで、作品全体の評価を決めて欲しくないんです!

19 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:10:50
>>18は初投稿?

20 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:11:58
>>19
はい。実は初です。
小説書き歴4年なんですが、「絶対の自信作」ができるまで温存していたんです。

21 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:15:43
心配しすぎ、面白いなら大丈夫だって。
小すばは俺も今回初投稿だから、どこまでチェックするかわからないが、
その経験以来、もちろん誤字脱字には推敲の時点で気をつけてはいるけど、
だからといって、選考自体には大きく左右しないとは思っているね。
多分、今、投稿作品読み直したら、絶対あるはずだよ。
けど、気にしてないし。
もちろん、無いに越したことはないけどね。

下読み氏:沢山の原稿を読んでくれてありがとうございます。

22 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:18:37
>>16です。
ここで出た疑問にお答えしておきますが、
基本的に、私の知る限り、細かい誤字脱字よりも小説の完成度・面白さを
重視するよう編集部から言われることが多いです。
宛名なども然りです。

ただ職業作家として長く書き続けていける方は、基本的な社会性を
きちんと身につけられている方が多いこともまた事実です。
小説も仕事として考えるならば、基本的に人と人との繋がりですから。
もちろん昔ながらの破天荒な芸術家肌の方とか、
対人関係が苦手だけど小説には素晴らしい才能を見せる方もいらっしゃいますが。

>>18
私は最後まで読みます。
どんな小説にも始まりがあり、展開があって、終わりがあります。
終わりを見ないでその小説を読んだ気になる、というのはプロとしてどうかと思います。
が、「最初の何枚かでわかる」とおっしゃる大御所がいらっしゃるのも事実です。




23 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:18:53
ですよね。
あまりに不自然なところは、読んでいるのは人間なんですから、
「ああ、これはタイピングミスだなぁ」
と思って、とりあえずスルーして読み進めますよね。

24 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:20:00
下読みさん乙です。

私もおひとつ伺いたいのですが下読みって、楽しいですか?
日本語理解できないほど、ひどいのが来たら、やっぱりキーっとなりますよね。
すばるレベルだと、どれくらいの割合でそういうDQNがいますか?
身体、大事にして頑張ってください

25 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:23:22
下読みさん、返答ありがとうございます。

これからも、頻繁にスレ覗いてくれると嬉しいです。

26 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:29:20
>>24
総じて楽しい、と言えるから続けていけるのだと思います。
正直、しんどい部分もあります。
おっしゃるように文章レベルでひどいもの、小説になっていないものも
たくさんありますから。
でも、そのなかで「これは!」と思える作品に出会えるとすごく嬉しい。
そしてその作品が受賞した時は心から誇らしく思えます。

前スレでも申し上げましたが、私は小説すばるの下読みではないので
正確なことは申し上げられませんが、
大手で応募者数の多い賞は、かなりの激戦です。
明らかにダメな作品が何割かを占める、というのはどこでも同じですが、
ある程度の完成度はあるけれども、通過作品とするか、選外にするか、
ボーダーライン上で迷うような中間層も厚くなっています。
そこを一歩突き抜ける何かを持った作品を期待しています。

27 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:41:28
一次通過すらしたことありませんが、勇気が出ました。
下読みさん、これからもがんばってください。
そして、いつか認めてもらえる作品を書き上げたいと思います。

28 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:50:07
下読みさんまたきてね。

29 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:56:33
>26
即レスありがとうございます。
ものすごくモチベーション高くなりました。
私はまだまだですが、読んで楽しんでもらえるようなものを書けるよう、頑張ります。

30 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 02:57:32
文章力<<ストーリー展開力なおいらにとっては
小説って不利なのかな(´・ω・`)

31 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 03:01:03
ストーリー展開力があるなら、小説向きなんじゃないか?
それとも、不等号反対?

32 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 03:04:11
>>30
そうとも言い切れないと思います。
ストーリー展開が明らかに映像向きな場合は脚本に転向した方がいいかもしれませんが。
ただ「なぜ小説を書きたいのか」というモチベーションがしっかりしていた方が
小説家として成功できると思います。
小説を書くって本当に孤独でしんどい作業ですから。
あと、文章力は努力次第で磨けます。
ちょっと意識してたくさんの本に触れるようにする、そしてたくさん書く、
自分の文章を他人に見てもらって欠点を指摘してもらう、
そんな積み重ねでずっとよくなるはずです。
ストーリー展開力に自信があるというのは素晴らしいことですので、
頑張って書き続けて下さい。

33 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 03:41:40
締切日ギリギリまで粘って、郵便局窓口に出してきました。
何とか、3/31の消印を押してもらいました。一安心。

書き上げた後というのは、ちょっとした妄想状態に陥りますねえ。
提出しただけなのに、売れっ子作家になったつもりでいました。←我ながらイタい。

応募総数は1000を超えるというから、
受賞するのは、「まずあり得ない」ことなんだと自覚しなくちゃな。

そんなことより、頭切り替えて、今の職業に集中しよう。
そして、出した作品のことは忘れ、次の長編の構想を練ろう。
(提出しちゃえば、もはや頑張ることないもんねえ)

以上、独り言でした。


34 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 04:28:55
そうだな。受賞したいという気持ちは忘れちゃいかんが、
書くの楽しいからやってるんだっていうスタンスでいたほうがいいよな。

こんなに奥深くて、金もかからなくて、時間もつぶせて、熱中できて、
生涯続けられる夢を持てた俺たちってラッキーだぜ。

35 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 05:53:20
>「最初の何枚かでわかる」とおっしゃる大御所がいらっしゃるのも事実です。
マジレス。知り合った編集者(下読みではない)はそういってた。傲慢にも程があると思った
けど、そうなんだと。最後まで読む必要はないんだとはっきりいってたな。
せめて下読みだけは最後まで読んでくれているのだと信じたいよ。

36 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 07:35:45
ま、海水が塩辛いことを確かめるのに全部飲み干す必要はないってことだよ

37 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 07:57:43
>34
激しく同意!
俺も、小説を書くという事の本来の目的というか、
何か忘れかけていたものを思い出したよ。

38 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 19:26:54
評文は一次通過から頂けますか?

39 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 22:59:03
北方とか、いかにも最初の数枚でわかるんだよ
こんなものはとか言いそうだけど、実は律儀に全部読んでくれそう。

40 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 23:28:48
そもそも下読みしないし<北方

41 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/01(日) 23:33:23
下読みさんに激しく萌えたのは俺だけじゃないだろう。

42 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 00:55:14
審査員のメンツによって有利なジャンルってあるかな?

43 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 00:56:46
42は作者Aでーす

44 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 01:47:22
なんていうか、今、この板すごくいい感じだね。

45 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 02:19:07
>>42
有利ではないが、出来の良い時代物とかあったらくるかも。

46 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 02:20:24
審査委員の殆どが時代物好きだし。
宮部さんは、時代も含めて、エンタメなんでも好きそう。

47 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 02:47:05
歴代受賞から見たら、時代は弱いんじゃないか?

48 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 09:41:15
'96年の「陋巷の狗」(時代物)は、審査員全員が高評価だった。
たぶん、良質の時代小説があまり応募されていないのだと思う。

49 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 10:23:10
俺様のやった決定的なミスは

推理小説だったんだが、犯人に「俺は犯人です」と最初のページで言わせてしまったことくらいかな。



50 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 11:43:35
下読みさんに質問です。

応募された作品というのは、それぞれランダムに数人いる下読みさんの手に渡り、
その方が1度だけ読んで、落選か、次の審査かを判断するのですよね?

その時、(ここに来てくれた)下読みさんは、
「私は最後まで読みます」と仰っていましたけど、中には、
冒頭だけ読んでポイという人もいるのでしょうか?
(あまりにも酷すぎる、読むに値しない程のものは除いて)

実は、僕の作品も上に書き込んでいた方々と同様に、前半で少しミスってまして、
その部分だけで判断されたくないな、という1人です。
後半の展開には、かなり力を注いだので、せめて、そこを読んで落選なら納得もいきます。

お暇な時で構いません。返答して頂けると嬉しいです。

51 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 12:36:41
それは俺も知りたい。

52 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 13:03:53
だいたい最後まで呼んで判断しろなんてのが甘い。大甘。
読んで欲しければ最後まで読ませる工夫をしろ。
それができなきゃ出版されても売れるはずがない。
最初はつまらないけど後半は面白いから読めと帯にでも書くつもりか。

53 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 13:12:02
>>49
> 俺様のやった決定的なミスは
> 推理小説だったんだが、犯人に「俺は犯人です」と最初のページで言わせてしまったことくらいかな。

そういうのって良くあるんじゃね? 倒叙ものとか。

54 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 13:41:48
>>50
どんなミスしたん?
ミスの内容にもよるんじゃないか。
単純な誤字脱字は、それほど問題とないと>>22に書いてあるし。

55 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 14:38:05
>>52
いえ、違います。
前半の内容がつまらないのではありません。
前半に決定的な「ミス」をしたんです。で、そこを見て、
「あ、こいつ駄目」みたいに落とされたくないという意味です。
ようは、全体的な内容で判断してほしいと。内容で落とされたのなら仕方が無い。

>>54
誤字脱字なんですが、決定的なのは、
他にも同じ人がいましたが、僕も原稿用紙換算枚数を記入忘れました。
それと、文字が2文字飛んでいた箇所もあります。
全て前半。中盤からはミス無しでした。

56 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 14:39:50
原稿用紙換算記入もれ、算出ミス初の人は結構やるみたいだね。

57 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 14:40:38
↑間違い
「算出ミスは、初の人は○」

58 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 14:41:10
>>55
>>1から全て読めよ。
下読み氏に同じ質問、答えさせるな。

59 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 20:01:04
それにしても、「前半のミスだけで落とされたくない!」と力説してる
↑の者たちは、落選した時、「前半ミスしたために……」という妄想に
取り憑かれるんだろうなあ。

60 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 21:31:33
そもそも投稿した人間で、自分の作品がつまらないと思う人間はいないんだけどな。

61 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/02(月) 23:29:24
このスレッドは熱心で礼儀正しい方が多いですね。
こちらの書き込みをとても歓迎していただいているようで大変光栄です。
>>16>>22>>24>>32を書いた者です。
ですが以降はご質問は「下読みさんに三言目」の方でお願いできたらと思います。
このままこの流れが続くとスレ違いを快く思わない方もいらっしゃるでしょうし。
あちらには私以外でもたくさんのキャリアのある下読みさんが答えて下さいますし。
ただ、あちらのスレでは多少文体を変えてお答えを書かせていただいております。
なぜだかすごく絡んでくる怖い方がいらっしゃるので。
今後少しでも皆さんの励みになる情報がお知らせできますと幸いです。

>>38さん
私の知る限り通過作品ならば、すべて評文をつけた状態で編集部に戻します。
どんな作品が通過しているか、下読みがどう評価をしているかを編集部は把握しています。
基本的に新人賞はとてもお金がかかるものです。
(下読み、選考委員への謝礼、賞金、授賞パーティ、本の刊行など)
ですからきちんとした会社ならば、編集部がすべてに責任を持って管理してるはずです。

>>42さん
審査員の先生の得意分野とぶつかると不利、という説もありますが
基本的には皆さん新しい才能に出会うことを喜び、祝福して送り出したい、
という気持ちで選考に臨んでいらっしゃいます。
この先生に読んで欲しい、と思える審査員がいらっしゃれば
その賞に応募されるのがいいと思います。

62 :61のつづき:2007/04/02(月) 23:30:26
>>45さん >>46さん
時代物は、実は一次二次くらいの段階では結構強いです。
というのは、このジャンルは時代考証をはじめ、調査力や描写など
高いレベルが求められるので、着手する段階である程度の力が要求されるからです。
宮部さんや花村さんなどベテランの作家さんが、ある程度のキャリアを経て
時代物を手がけられているのは、やはりエンタテインメント作家として
ぜひチャレンジしてみたい魅力のあるジャンルだからではないかと思います。
時代物は「絶対この時代にこれはあり得ない」など傷が目立ちやすいジャンルでもあります。
(逆に正確を期すれば、刀で人を斬るのは重労働で「●人斬り」なんてあり得ない、
とも言えるんですが、これを言うと時代劇の大半は成り立たず、
そういう「お約束」をどこまで消化するか、という問題もあります)
また新人賞に求められる「新しさ」に着目した場合、採り上げる時代や人物など
ある程度出尽くした感はあるのですが、切り口や人物の魅力などで
どう新鮮で面白い作品を生み出すか、という面でも難しさはあります。
それらをクリアした上で、最終選考に上がってくるような作品があれば、
期待できるのではないでしょうか。

63 :62のつづき:2007/04/02(月) 23:37:57
>>50>>55さん
おっしゃるようなミスは以前に書いたような「単純な誤字脱字」に分類されると思います。
すべての下読みが全文を読むわけではない、ということに関しては
私一個人で責任が持てないので、ここではもうこれ以上言及いたしません。
ただ『小説すばる新人賞』のようなエンタテインメントの賞ですと
作者自身による梗概をつけているはずですので、梗概が魅力的に書けているのならば
すべてを読み通すわけでない下読み担当者も最後まで読むのではないでしょうか。
ずいぶんと気にしていらっしゃるようなので、次回以降は推敲をしっかりなさって
投稿されると、後悔がなくて済むと思います。

>>60さん
その通りですね。皆さんの気持ちが詰まったものとして
一つ一つの作品に丁寧に臨みたいと思いながら仕事をしています。

最後に。『小説すばる』は非常にいい雑誌だと思います。
下読みさんも何人か存じておりますが「この方が下読みを!?」と思うような
ベテランの方が多くいらっしゃいます。
選考委員の先生方も他社では若さ、新しさを求めるために入れ替わりが激しいですが
ここは大御所の先生方にしっかり選考していただき、常に時代に新しさを
投げかけるようなヒット作を多々生み出しているというのは素晴らしいことだと思います。
皆さんの熱意がこもった作品が素晴らしい評価を得て、世に出ることができますように。
その時は私も一読者として楽しみに読ませていただきます。

64 :63のつづき:2007/04/02(月) 23:42:34
すみません。
>>61>>24と書きましたが>>26の間違いでした。

65 :38:2007/04/02(月) 23:44:30
>>61
下読みがどう評価をしているかを把握しているとは
編集部って凄いんですね
お忙しいかも知れないのに
丁寧に教えて頂きどうも有り難うございました

66 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 00:03:24
下読みさん、丁寧なお答えと解説ありがとうございます。
ことに >63のお話は、単にすばるに投稿させていただいただけなのに
非常に光栄に思えて嬉しくなりました。

あちらのスレが穏やかに進むように祈っております。


67 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 00:27:58
頼む、61さんのような下読みさんにあたってくれ!
と強く望んだ今日昨日。

68 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 00:46:49
>>67
同意!!!!!
落選したとしても、>>61氏のような下読みさんなら悔いはない。

69 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 00:57:18
確かに集英社の編集はいいって評判。オレの知ってる編集とかひどい。
読まなくてもわかるんだとか最後にはいいだすからね。

70 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 07:44:28
>>50です。

ご丁寧に返答して頂いて、本当にありがとうございます。
今回落選していても、絶対小説はあきらめずに頑張ります。
ちなみに、僕の書いたジャンルは時代物です。
僕はてっきり「時代物は不利」と考えていたのですが、
「1次2次に強い」というのは初耳でした。

71 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 20:54:43
今年の応募総数とかは出たのでしょうか?

72 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 20:59:12
受領ハガキktkr
身悶えするぐらい恥ずかしいな。
想像以上の破壊力だ

73 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 20:59:31
〆切過ぎたばかりだというのに…

74 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 21:25:13
もう葉書が届いたって人は早目に出した?
やっぱり今年も葉書が届くんだ〜

75 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 21:42:16
>>74
先週半ばくらいに出した@都内

76 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 22:53:45
今月はじめには出してたのに来ない!

77 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 23:04:27
今月初めじゃあ来ないだろう

78 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/03(火) 23:34:51
3月の10日くらいに出したけど、受領ハガキなんてまだこないお


79 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 00:46:30
今年の応募総数は1417作品です。

80 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 00:53:34
そんなに多いのかw
小すばには初投稿なんだが、例年何割くらい一次通過すんの?
一割だとしたら、150くらい?

81 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 13:53:56
45くらい

82 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 14:26:07
今年初めて応募した者です。
この賞の応募規定(特に枚数)って、今年変わったの?
長編賞で1500も応募があるというのが、ちょっと驚異だったので。


83 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 14:59:37
規定は変わっていないが、賞金が二倍にうpされた。
あとは、ポプラや現代から流れてきたものと思われる。

84 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 15:06:38
無理だよ
残飯
諦めて働け
 

85 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/04(水) 15:28:52
このスレでは、それは意味をもたない。
みんな仕事しつつ、純粋に小説を書きたい気持ちで書いているから。

86 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 01:35:32
うんうん
睡魔と闘い、純粋に小説を書いている人が多いですよね

87 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 04:03:25
締めきりの精神的修羅場を抜け、休息終了。
そろそろ次いこう。次は文學界だ。
下読みさんのおかげで克己心がむくむくきたぞ

88 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/05(木) 10:14:52
88ゲト

89 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 00:00:16
31日に作品を出して今日受理ハガキが来た。
来るとは聞いてはいたけど実際に手に取ると、すごく丁寧なところだな、と思うね。
形式だろうと義理だろうと、やっぱりちょっと好感持っちゃうなあ、この出版社に対して。

90 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 00:15:17
31に出したけどまだこない。
もう来るのか・・・。 今日はポストの前に張り付いて待っていようっと。
恥ずかしいからね。 回避

91 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 00:26:10
俺、マジで3月の初旬に送ったんだけど、受領ハガキなんて来てないぞ。
どういうことなんだ?


92 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 02:14:35
早いからと言って、シリアルが若いとも限らんしな。
もう少しまって、それでもこないようなら、連絡してみれ。

93 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 06:28:35
三月のはじめに出して、昨日葉書が来た
受け付け日が四月二日になってた
ちなみに俺は埼玉県人

94 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 06:47:11
受付番号みたいなのはなかったよ。
こういうところで盛り上がらないようにじゃね?

95 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 07:49:43
受領はがき来たわ

おれてっきり最終選考残りましたってお知らせかと思って小躍りしちゃったよ('A`)

96 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 08:36:56
まだこないなあ。毎日楽しみにのぞいているのに

ちなみにハガキきたひと、ゆうパックだった?

97 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 10:49:37
貴殿等の作品を読んでみたいなーとなんとなく思った
だって賞の上位の小説って普通の市販の小説より面白い(と俺には思える)から
メイルとかメッセとかミクシでやりとりしてみたいです

98 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 13:27:47
そうそう、それ、俺も思うことある。
市販されている小説って、読んでみて「良かった」ってのは、三割もない。
だったら、一位が取れなくても最終とか二次で残った作品とかにも、
けっこうおもしろいのがあるはず。


99 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 15:10:15
出したのは確か27日でした。ゆうぱっくでもなく普通の郵便です。(枚数が多いので)
はがきは4月2日に届きましたよ!

100 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 16:01:52
>>95
そんなお前が大好き

101 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 17:08:19
じゃ、デープキスしてくれる?

102 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 17:43:23
ああ、ゆうぱっくから来てたあれか!
なんだ、てっきり集英社から何かハガキが来るのかと思ってた。

103 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 17:55:12
受領はがきって、集英社からじゃないの? はっきり汁!

104 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 17:57:09
前だした時は集英社からはがき来たよ、PNもタイトルもばっちり書かれたのが。

105 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 18:14:22
今あわてて一階のメールボックスのぞいてきたけど、入ってなかった。
3月30日に出したのに…なんで?

106 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 21:00:42
作品をすばるに送り落ち着いた今
自分の作品を読み返してみると
あるわあるわ誤字脱字、間違い漢字(イヤー恥ずかちぃ)
そんなに追い詰められて書いていたのかしらと
今思っても遅いよね・・・

107 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 21:44:59
>>106
原稿用紙何枚?推敲回数は?


108 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/06(金) 22:24:34
>>107
答えたら下読みさんにどの作品かばれちゃうじゃない

109 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 08:11:28
明日の記憶って映画見て号泣。後で調べたら小すば受賞者が原作者だった。
なんか幸先いいような…

110 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 11:35:34
まだ受領はがき送られてこない
不安で不安で仕方ないよ

111 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 12:18:24
30日に投函して、今日、受領葉書が来ました。
たしかに題名と筆名まで書かれていて恥ずかしいですね。

この葉書は無事に届いたことの証でしかないけど、
小説の公募には初挑戦なので、
ついに応募したんだなあと、感慨深いものがあります。

112 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 15:33:21
今日はがき届いた。
二月末に出したのに、受付日が4月1日になってるよ、おい。
でもこんな丁寧な対応してくれるなんて、集英社っていい会社だね。
1次落ちても、悪口は言いたくないな。


113 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 16:15:46
書留で送ったから届いてるのは判ってる。
だからハガキ送ってこなくていいよー。家族にバレちゃうじゃん、ハスカシー

114 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 22:32:31
>>112を読んで、謎が解けた。
つまりさ、到着順に段ボール箱とかに詰めておくじゃん。
そうすると、当然、先に到着した作品のほうが箱の底に溜まるわけだ。
箱が詰まったら、その上に更に箱をおき溜めておく。
だから、締め切りギリギリの作品のほうが上にあるから、当然先にはがきが届き、
早く投稿したほうが、遅れて届くと。
いや、勝手な妄想だけどな。

115 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 22:34:17
>>112
一次、落ちたら悪口言う用意があった時点で、あんたは神。


116 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 22:51:30
なんだよ、そりゃあ。
下読みの鉄人とかぬかすサイトで、早く出したほうが予選通過する確率が高い
とかホラこいてたけど、やっぱり嘘だったのかよ。
だいたい、予選通過しなかったら、どこに送っても同じとか大ボラもこいてたしさ。
閉鎖しろや、あのクソサイト。


117 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 22:57:57
>>116
下読みの鉄人は、あくまである下読み一人の意見。
それを間に受けたお前がいけない。

118 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 23:00:35
>早く出したほうが予選通過する確率が高い

その恩恵を受けていても落ちたんだね…(合掌)

119 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 23:02:51
閉鎖というか、既に管理されてない放置サイトだろ。
更新されていないし。

120 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 23:06:45
>下読みの鉄人とかぬかすサイトで、早く出したほうが予選通過する確率が高い

つか、当たってね?
>>114の話が本当なら、早めに出したレベルの低い作品が固まって、
下読みに送られるってことじゃん。

121 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 23:08:31
>>120
当たってないよ。下読みの鉄人では、早く来た原稿はすぐに下読みに渡される
って書いてあったんだから。
早めに出したのがレベルの低い作品なんて根拠もどこにもないし。


122 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 23:25:14
>>121
下読みの鉄人には、投稿ギリギリ作品のほうが、
推敲しっかりしてくるから、レベルが高いって書いてなかったっけ?

123 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/07(土) 23:39:12
どんな新人賞でも、まともな小説の形してるのはせいぜい2割。
そいつらが一次通過。その中で、文章センスがあって、ストーリーも
題材もしっかり考えてあって、商業向けに勝負できる可能性があるのが、また2割。
そいつらが2次通過。ここまでは、努力でなんとか到達できるレベル。

ここから先は、斬新さ、時代のニーズ、運、天性の感性、培ってきたモノ。
全部うまく絡まらないと賞はとれない。

つまり、諸々のカス原稿と、出した順番競い合っても仕方ないってことだ。


124 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 00:02:00
>>122
どっちにしても、その「下読みの鉄人」とかっての基準に考えるのは
やめよう。それなりの価値はあるかもしれないが、数多いる下読みの
一人の意見に過ぎないし、その人がありとあらゆる賞の下読みを手広く
全部経験したというわけでもない。
また、そういう仕事をしている人は、どんな書き方をすれば本が売れやすい
かも知っている。ということは、多少誇張や独断と偏見を織り交ぜて書いて
あると考えて間違いない。
少なくとも俺は、その「下読みの……」をほとんど読んだが、すごく参考に
なるとは感じなかった。


125 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 00:41:42
つか、>>124>>116

126 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 01:05:23
1000作品の2割は200本 1次通過
200の2割が、40本    2次通過

多すぎだろww1割がいいとこだな。

100の10の、最終で半分の5、最後に大賞。


127 :124:2007/04/08(日) 01:30:13
>>126
賞によっても、また開催年によってもまちまちだよ。
たとえば乱歩賞だったら、一次通過は2割近くある。
小すばは応募数が多いから、比率はひくいだろうね。

>>125
116じゃないよ



128 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 01:52:32
今「下読みの鉄人」を見た。

なかなか厳しい事書いてた。
俺が厳しいと思ったのは、作品内容の問題ではなく、
その他のルールに厳しいという事だった。
宛名には「御中」とか、そういう。

ちなみに俺は、「御中」をつけていません。
それに、「○○応募作品」とかも書かなかった。
まあ、今回が初応募だから、次から気をつける。

あと気になったのは、今回落とされたら、その作品をさらに大幅改良して
また応募しようとしていたんだけど、それが無駄だと書かれていた。

129 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 02:05:18
>>128
御中は常識だが、「○○応募作品」とか書く必要ないだろ。
だいたい、宛先がその賞の係になってるんだから。
ただ、「応募原稿在中」とか朱書きした方がいいかもしれない、って程度だね。

落選作を書き直して再応募するのも、まあ、特に間違っているとは言わないが、
鵜呑みにしない方が良い。再応募で入選した例はかなりある(漏れ自身もある)し、
手直しの程度にもよる。

130 :129:2007/04/08(日) 02:06:55
ちなみに漏れは、まったく手直しせずに再応募した。複数採用の企画だったから
入選したんだろうが、最初に落ちた賞では、一次選考すら通過していなかった。


131 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 02:09:30
受賞だけが目的なら、再応募でもいいだろうが、
作家として食っていきたいなら、新作を書いたほうがいいに決まってる。

132 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 02:24:28
「御中」云々で選考を左右する出版者の気が知れない。

よほどの常識はずれならまだしも、
総ては作品の内容で判断してほしい。
てか、したほうが出版社的にもいいのでは?

133 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 02:35:53
>>132
だからさ、>>22に書いてあるだろ。
>ただ職業作家として長く書き続けていける方は、基本的な社会性を
>きちんと身につけられている方が多いこともまた事実です。
っていうふうに。
御中をつけたか、どうかでなんかで判断はしない。
あくまで、作品本位だって。
ただ、そういう社会常識のある人間のほうが、
作品もしっかりしているってこと。

134 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 02:40:26
>>133
なるほど。
軽はずみな発言で失礼しました。

135 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 02:52:03
>>124
俺は「下読みの鉄人」を読み、素直にそれに従ってから、
普通に一次通過するようになった。
人それぞれだとは思うけどね。
少なくとも、俺は参考になった。

136 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 03:02:00
下読みの鉄人より

●最終的な判断は自分自身で
 ここに書いてきたことは、あくまでも「私の場合」です。
 この業界にはたくさんの下読みさんがいますので、
人によって微妙に意見が違うような部分もあるかと思います。
一つの「参考」として活用してください。


137 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 07:29:23
受領ハガキ来たー!

138 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 07:59:41
ttp://www.post.japanpost.jp/service/pospa.html

これで30日ごろ投函したが、ちゃんと受領はがき来た

139 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 08:02:22
不幸の手紙来たー!

140 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 10:16:52
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

集英社から受領はがきなんて、まだこないお。30日に出したんだけど。

141 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 12:53:08
下読みの鉄人は、初心者にとっては役立つだろうね。
既に物書き(ワナビー含む)としての常識を身につけた人にとっては、
まあ、暇なときに目を通してみてもいいかな、程度のもの。


142 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 13:40:13
>>140
えええええええええええええええええええええ
葉書は全部出し終えていますYO

143 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 13:57:10
そんなわけで、自分の作品が確実に一次選考通過のボーダーライン上だという自己評価がある人は、少し早めに応募してみてください。一次選考を通過できる可能性が少しだけ高くなります。

by下読みの鉄人

144 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 14:43:39
結局、同じじゃねーか。

145 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 15:11:29
31日の夜の11時に出して、まだハガキ来ていません。
ありがとうございました( ´Д⊂ヽ

146 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 17:01:23
>>145
自分で消印を確認したか?
まぁ、でも安心しれ。
来年分に回してくれるからw

147 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 17:32:37
この賞の発表はてっきり、「小説すばる12月号(11月17日発売)」だと
思っていたのだけれど、12月号ってのはすなわち受賞作品の掲載のことで、
実質的な発表ってのは9月号(8月17日発売)であるんですか?

148 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/08(日) 22:30:23
ハガキ来るの?30に出したのにまだ来ない。

149 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 00:05:44
ハガキは日曜日は配達しないよ。
自分は土曜日に来た。(31日消印)
次の配達は明日中なので、皆まつがよろし。

150 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 00:11:19
今度はどんなジャンルの小説が賞をとるんだろうね

151 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 04:27:07
受領ハガキがきたって事は、=「読んでもらえる」って事でおkなんですか?

ページ数を記入し忘れたもので。

152 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 10:28:14
残念ながら、
「編集部が、原稿を受け取ったという事実の証明」でしか、
ないと思いま。

153 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 12:05:57
今日の郵便でも来なかったよ。なぜだろう。

154 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 12:10:51
別の編集部に送ったから。

155 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 13:35:52
>>152
届いてなかったということでは?

156 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 14:20:54
おいらのとこにもまだ届いてない。30日に送った首都圏組でつ。(つД`)

157 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 14:53:08
届いてない奴らに聞く。
御中書いたか?w

158 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 16:25:53
編集部のバイトくんたちだって必死なんだよ。
一日にそんな何枚も書けるか。気長に待て

159 :名無し物書き@推敲中?:2007/04/09(月) 16:38:53
3月はじめに出したんだけど、今日やっとハガキが届いたよ。
一安心ってところ。


40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)