2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

イラストレーターって画家とは違うの?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:08:55 ID:7bcbDq60 ?2BP(0)
美術系の板とは何が違うんだ?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:18:48 ID:MxsfsFpf

その境界は非常に曖昧であり、そして同時にはっきりとしている。うーん、アンビヴァレンス…。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 01:13:13 ID:tcGAYEq6
アニメ(漫画)絵を描くか描かないかの違いじゃないか?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 01:19:54 ID:MxsfsFpf
天野喜孝は?レーター?ガーカー?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 01:33:18 ID:BWE49HU0
>>1
雑談スレで同じ質問があったよ

25 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/02/15(木) 01:30:25 ID:3x0Gejrg
>24
仕事が前提にあって絵を描くのがイラストレーター。
自らの動機が先にあって絵を描くのが画家。って感じかなあ。
端的な話ではあるけど

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 01:38:44 ID:WCkitBzv
おーなかやまっ!なかやまなかやま

















きんにくんでっす!

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 02:50:16 ID:I3QNN5cv
例外や、曖昧な境界線辺りの仕事はあったり、両方の仕事をする人もいるけど
一応イラストレーターと画家は違うよ。

イラストレーションは本来は挿絵、図版、図解等の事で「指し示し説明する物」みたいなニュアンスがあり
挿絵にしても、図解にしてもクライアントからこのような絵を描いて欲しいと言う指し示す対象などを
指定されそれを絵や図にして表すもの、絵だけでなく図版なども含まれる。

一方画家は依頼もあるが、主に純粋に絵を売る商売。
依頼される場合でも印刷用に版下作成ではなく、絵の現物そのものを売る事を生業とする人。
クライアントの依頼無しで自分の好きな自由なテーマで絵を描きその絵を売り込むのも画家のスタイルで
イラストレーターは基本的にそのようなスタイルで仕事はしない場合が多く、クライアントが現れる前に
漠然と仕事の絵を描く事は普通は無い。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 10:39:59 ID:u7lAATVB
画家のイラストレーターの境界は実際にはないだろうけど世間的な権威が違う
そのため仕事を依頼される場合、まず金額が一桁以上違う

イラストレーターだと下は1000円台と「バカにするな」な金額からあるのに、
画家の相場は10数万円からなんだよなあ
その分、依頼の数は少なくて本職にはできないだろうけど

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 11:22:52 ID:I3QNN5cv
>>8
画家でもイラストレーターでも上はいくらでもいるし、下はいくらでもいる。
画家の相場が10数万と言うのは嘘、10万以下の一点もの油絵の方が世の中には数が多い。

そしてある程度売れる国内の現役画家は依頼で描く訳ではなく、描いたモノをカタログに載せて
そこから客が選んで買う、また値段は画家によって円/号(1号辺りいくらか)が決まっていてその値段から
交渉がスタートする、有名でも絵が小さいと値段は低めで漠然と10数万からなどと言う相場は無い。


一方イラストレーターの場合印刷媒体が多く、考え方としてそれは原稿であり払うのは依頼料と使用料、
つまり再録などで再び使う場合はまた料金支払われる、これは絵そのものを売ってしまう画家には入らない
タイプの収入だ。

後1000円代の原稿料なんて普通の商業イラストではありえない、テラネッツOMCやトミーウォーカーなど
素人も別無く雇うようなハードルの低い特殊なところくらいで、あのようなところでも1000円代は最下層。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 13:38:42 ID:5dOZPRm6
イラストレーターと画家って、ただ主な取引き相手が違うだけかと。
イラストレーターは出版関係で、画家は画商と言うだけ。
当然その間では絵の方向性が違うし、何よりも相場が違う。
イラストレーターはカラー原稿で数万円、画家は数十万円。
もちろん画家でも安く取引きされる人もいるけど、
現実問題としては1枚10万以下の画家は画商としては相手にしないから、
そんな例外を言い出したら話にならん。
同様に画商がイラストレーターの絵をン十万円で取引きした例もね。

ちょっと話として別の例を持ってくるけど、
文具・画材店で3千円以上する小物の仕分けトレイとほとんど同じ物が、
台所用品売り場で数百円で売られてることがあるでしょ。
しかも台所用品としての方が使う場所柄、熱に強かったりしてね。
これは分野が違うと相場が違う例として出したけど、
イラストレーターと画家の相場の違いも、これと同じだと思うよ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 14:07:52 ID:I3QNN5cv
だから何故取引相手が違うかと言えば、イラストレーターは絵ではなく主に使用権利を売っている
画家は絵そのものを売っているそして「1枚10万以下の画家は画商としては相手にしないから」と
言うのも嘘。

相場や相手の違いじゃなく主に扱う商品の形態が根本として違うのと、製作のスタンスが違う、
クライアントが居ないと仕事が始まらないのがイラストレーター、居なくても描いた後に見つけれるのが画家、
絶対的なことではないがどちらを主としているかがその違い。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)