2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ライトノベルキャラが一つの学校にいたら 四時間目

1 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/26(金) 22:29:16 ID:/r+NUdOS
このスレは「もしもライトノベルのキャラクターが一つの学校にいたらどうなるのか?」を想像するスレです。


派生元「もしもライトノベル作家が一つのクラスにいたら 4」
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1070738358/

前スレ
「ライトノベルキャラが一つの学校にいたら 三時間目」
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1155908941/

過去スレ
「もしもライトノベルのキャラが一つの学校にいたら」
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1111242645/
「ライトノベルキャラが一つの学校にいたら 二時間目」
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1146217439/

まとめサイト
http://www15.atwiki.jp/lightnovelcharacters/


【注意事項】
未読の人にはネタバレとなる話題が出る可能性がありますのでその点ご注意を。
SS内でのネタバレはある程度はOKですが、雑談・ネタ振りでは単行本の公式発売日まで控えましょう。
このスレはsage進行なので、むやみやたらにageたりしないようにしましょう。
また、このスレは基本的にギャグテンポなので、そのようなものが肌に合わない人はお引取り下さい。

2 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/27(土) 00:22:30 ID:w/kAOcuv
>>1

3 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/27(土) 01:27:36 ID:D+RcVnx/
初日で壊滅。廃墟と化す。

4 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/27(土) 09:22:08 ID:dTZMxHGD
>>1

5 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/27(土) 11:58:00 ID:dgDA4tGQ
>>1
乙です

6 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/27(土) 12:33:33 ID:DpSdjmwc
二日目に校舎復活、日常が戻る。

7 :学園にもっともっとメイドさんを!:2007/01/28(日) 20:24:10 ID:pxC5RjdK
「お客様大好き!」
「お客様大好き!」
「お客様ぁ──────っ!」
「何かお困りですかあ(メイアイヘルプユー)──────ッ!」

さわやかな接待の声が、澄みきった青空にこだまする。
魔王様の研究室に集うぷちメイドたちが、
今日も獣耳無表情のメイドさんに連れられながら、顔の付いたポータル・シフトをくぐり抜けていく。
釘バットで殴られても傷一つ付かない心身を包むのは、防弾処理されたカチューシャ付きエプロンドレス。
スカートの裾からガトリングガンは取り出さないように、
白いリボンが神器『ペルソナ』から翻らないように、
お掃除ロボに乗ってゆっくり進むのがここでのたしなみ。
もちろん、軍人言葉で「絶賛!」刀を振り回すなどといった、
はしたないメイドなど存在していようはずもない。

ライトノベル学園。
平成17年創立のこの学校は、もとは作家スレ派生でつくられたという、伝統あるネタ系クロスオーバー学校である。
ラ板の下。sage進行の面影を未だに残しているネタスレの多いこの板で、ロリコン熾天使に見守られ
幼馴染の性転換から「ご主人様」と呼べるまでのメイド教育がうけられる奉仕の園。
ヴィクトリア朝時代から移り変わり、メイドが恋をしても良くなった平成の今日でさえ、
ランプをこすり続ければ温室育ちの純粋培養ツンデレお嬢様がメイド服姿で出荷される、
という仕組みが未だに残っている貴重な学園である。

8 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/28(日) 20:30:26 ID:pxC5RjdK
土御門「天国だにゃー」
いーちゃん「そのノリで思想犯にされかけた人知ってるんですけどね」
土御門「構わないにゃー。それより、いーやん。あのメイドさんゆう天使の産地どの位わかる?」
いーちゃん「産地ね………とりあえずあの人とあの団体、それに……(ブツブツ)」
土御門「あの……いーやんさん?」
いーちゃん「静かに!あれは…ブービートラップか……ならあの人が……(ブツブツ)」
土御門「おーい、もどってきてこーい」


……はて?元ネタいくつ出したっけ?

9 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/28(日) 20:57:45 ID:3otCwb3H
メイドの園と言っておきながら3rd-Gを忘れるとは
あそこは100%プラトニックな関係のご主人様とメイドになれる稀有な世界ですよ

10 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/28(日) 22:01:59 ID:3G3/wGkr
「ほ、ほらっ!>>9も言うようにわしと8号君はプラトニックな関係なんじゃ」
と喚く全部長が一瞬現れて消えた。時間が勿体無いので口調確認はしていない。

11 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/29(月) 00:58:10 ID:b82O8zP3
>>9
ち、ちくしょう。作品がかぶるのを避けるために
「京様のお庭に集う侍女人形たちが、今日も花のような無垢な笑顔で
重力制御の門をくぐり抜けていく。」
とか
「もちろん、超過駆動・音速突破で走り去るなどといった
重騎乗りのメイドなど存在していようはずもない。」
とかを泣く泣く削ったんだぞ。

つーか簡単に十個は埋まる川上作品のメイド力がおかしいんだ。・゜・(/Д`)

12 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/29(月) 03:34:02 ID:844CGfa/
>>7
ところで、最初の掛け声はメイドじゃねぇ気がするんだがw
それはゴールデンなボーイズじゃねぇか?


13 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/29(月) 08:24:03 ID:b82O8zP3
>>12
ブービートラップですから。
さ、ゴールデンボーイズの皆さん、>>12様からお声が掛かりました。
しっかりとご奉仕させていただくように。

「ご主人様ぁ──────っ!」
「何かお困りですかあ(メイアイヘルプユー)──────ッ!」

14 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/29(月) 23:33:22 ID:844CGfa/
>>13
女の子に囲まれてるくせに不幸だ不幸だ言ってる某上条さんが不憫で困っています。
彼の人生に輝きを取り戻させてやってください。(脱兎)

15 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/30(火) 00:37:46 ID:8niRMKO9
>>13
幼馴染に告白したいのですが、相手のスルースキルが高すぎて困っています。
どうしたらいいのでしょう。
(17歳・ロクシェ空軍伍長)

16 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/30(火) 01:20:14 ID:RBn3XSAm
残念ながらゴールデンボーイズの皆さんは>>14様の後を追ってイカレマシタ。
基本的にきっぷのいいさっぱりした彼らですが、お客様を思うあまり暴走しがちで…
あ、あ、>>14様が…あーあ。


ところでホントはメイドさんの元ネタ10作品をあげてもらっている間に
「ひっかかったな。それは罠だったのだよフハハハ」というつもりが
なんというかその……まとめの人が先に引っかかってもうたw
もうすでに「きまつこうさ」に引っかかってるんで、追い討ちはなしでww
なんにせよ、毎度毎度まとめ乙です。


17 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/30(火) 23:07:58 ID:H/kgivsA
>>16
まとめ見てきた
罠ってアブデルのことなんだろうか
あと
>スカートの裾からガトリングガン
終クロのSfだよな
電撃メインだから他のレーベルのがわかんない('・ω・`)
釘バットはぴぴるぴ、獣耳無表情はチェルノボーグかなとおもったがたぶんチガウキガス



18 :イラストに騙された名無しさん:2007/01/30(火) 23:58:38 ID:RBn3XSAm
>>17
Sfは正解。『釘バット』のところはまとめにも出てるけど戯言シリーズの千賀てる子。
『獣耳無表情』は上の文と合わせて、別のキャラ。

つか、ネタのつもりで書いたんで、まとめに入るとは思ってなかったw
CASTに全元ネタのキャラを編集したほうがいいんだろうけど、
正解者がどのぐらいでるか、もう一日待ってみてもいい? >まとめの人

19 :メイド服に騙されたまとめさん:2007/01/31(水) 03:25:32 ID:SH28I/FK
>>18
SSの編集は何時でも何処でもご自由にどうぞ。

それはそれとして、思い当たった>>7の元ネタを一つ。
>幼馴染の性転換から「ご主人様」
富士見ミステリーの『ぼくのご主人様!?』だったと思う。

20 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/01(木) 01:47:27 ID:OQc4Sz/0
来る二月三日。節分の日。
普通の人々にとっては、豆をまき、恵方寿司を食べるたわいもない行事である。
しかしライトノベル学園戦闘科に在籍する生徒にとって、二月三日は――。


教師陣を『鬼』にみたてた大規模戦闘訓練の日。

『契約者』『赤い制裁』『地上最強の格闘家』『師匠』など、文字通り鬼とか思えない面子に加え
臨時教員や事務系の職員からも戦闘好き(例:某館長代行、十三階梯剣舞士など)が集まって、
防衛拠点に進撃する。
下手すれば44口径マグナムですら、『豆』鉄砲扱いしそうな鬼集団。

だが、防衛側の生徒側も只者ではない。
『天剣授受者』『尊秋多生徒会』『ガンダールフ』『ソックスハンター』などの猛者が
ここぞとばかりに教師陣を迎え撃つ。さらにはカミジョー勢力という謎のグループが
なぜか勝手に巻き込まれる。
上手く扱わないと、トリガーハッピー・ブレードハッピー発動の勇者軍団。

ライトノベル学園戦闘科における節分、それは。
教師陣からみた体罰OK思う存分暴れられる「折檻の日」であり、
生徒たちには日ごろの恨みを晴らす「鬱憤の日」であるという。



21 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/01(木) 01:49:47 ID:OQc4Sz/0
まあ、一般生徒からはド派手な戦闘イベントなわけで、もうすでにシロンさんの予知映像が結構な売り上げとか。
以下はその一部。予知なので時系列等に乱れがあることはあらかじめご了承ください。
  
「いくぞ!今年こそあの教師どもに目にもの見せてやれ」
「夕樹さんの朱雀四十式が南雲先生に撃ち落されました!」
「八神先生がアニメ化で調子に乗っています。手がつけられません」「くそうっ、DQN教師どもめっ!」
「ダン・原川を向かわせろ!あいつら不良、特に八神先生はバイクに乗ったチンピラにひきつけられる習性がある」
「笑いごとではありません!衛生兵!衛生兵はどこですか!?」
教頭はすでに倒れている。
「正門戦線より報告、矢神君負傷です」「穂村君を投入して」「VITALISE(ヴァイタライズ)!」
「お願い、持ちこたえて。哀川先生の性格なら5分、あと5分も地味な戦闘が続けば……」
「あーあ、なんか飽きちった」
「君は何のために戦っているんだい?」
「拠点防衛?!神裂聞いたかい?ついに僕にも見せ場があああぁぁ(壮絶な爆発音)」
「うっらぁ!南雲ぉ、今日こそワイと決着をおおおぉぉぉ(爆風と悲鳴)」
「みんな落ち着いて!っていうかなんで僕がこんなところにっ!教えてよドクロちゃ(何故か肉のひしゃげる音)」
ぴぴるぴ〜♪
「鳴箭ありっ!」「鳴箭ありっ!」「……時の流れに埋もれし……偉大な汝の名において……」
「灼箭がきたぞ――!」「ファイエ――――ル!」
「佐山副会長、アラストール氏の説得に成功」「概念空間の展開、完了しましたっ!」
「もっと強く!!」「うん」「……もっと、強くなってよ……!!」「うん」
「シンクロ率400%突破!…………すごい……」
「だから、泣かないで」
「総員そこから退避。急いでっ!」
「来るぞ……」

“天壌の劫火”
 ――――顕現――――

※本編は2/3の編集をお待ちください。
※スパロボシナリオではありません。
※イシカワプロ制作でもありません。

22 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/01(木) 01:53:59 ID:OQc4Sz/0
CAST
八神和麻@風の聖痕
南雲慶一郎@リアルバウトハイスクール
草薙静馬@リアルバウトハイスクール
哀川潤@戯言シリーズ
師匠@キノの旅
ハミュッツ=メセタ@戦う司書シリーズ
シロン=ブーヤコーニッシュ@戦う司書シリーズ
ギギナ@され竜シリーズ
レイフォン・ヴォルフシュテイン・アルセイフ@鋼殻のレギオス
佐山・御言@終わりのクロニクル
ダン・原川@終わりのクロニクル
結城・夕樹@奏(騒)楽都市OSAKA
城島硝子@レジンキャストミルク
平賀才人@ゼロの使い魔
中村光弘@ガンパレードマーチ5121小隊シリーズ
矢神遼@ザンヤルマの剣士
穂村響@ミュートスノート戦記
ステイル=マグヌス@とある魔術の禁書目録
草壁桜@撲殺天使ドクロちゃん
三塚井ドクロ@撲殺天使ドクロちゃん
シャナ@灼眼のシャナ
坂井悠二@灼眼のシャナ
アラストール@灼眼のシャナ

節分の日にむけてふと思いついたネタ。
いや、こんな大規模戦闘とても書けるきがしないが。
でも、個人的にはリアルバウトの南雲とDTの青江のマッチョ二人『最強とは何じゃい』対決とか
面白そうだが。けどリアルバウトくわしくないんだよなあ。
あと叩かれそうだが、和麻VSレイフォン新旧DMオレ様サイキョー対決とかw


23 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/01(木) 05:10:47 ID:7NFCivIF
>>22
火目とか抜けてね?

24 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/01(木) 07:07:04 ID:7sXwThH7
>>18
「魔王様の研究室〜」はA君(田中さん専用アシスタントろりメイド)?
「ヴィクトリア朝時代から〜」はエマ(エンターブレインから久美沙織の文庫版)?

25 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/01(木) 12:54:18 ID:a7jfA9tv
「…なぁ、神裂。僕はどうしたらいい?」
「い、いきなりどうしたというのですかステイル?」
「僕は、ここではギャグ調に瞬殺される一発ネタの出番しかないのか?」
「…出るところが悪いのでは?周りが人外過ぎます。
そも、宙に浮かぶ城をかめは○波で消し飛ばすような方々を相手にどうやって拠点防衛するつもりだったのですか」
「……だが、他に出番がない」
「………。せめて、最大主教に頼んで『歩く教会』でも賜っては如何でしょう」
「いや、全く不愉快だがそれでも無理だ。『奴』がよそ見をしつつ走ってくるに違いない」
「修行 身体能力向上」
「NON
 口上のうちに不意打ちされて 回避はおろか地の文への登場も出来ん」
「仙薬・霊薬を施して 修行」
「NON
 不意打ちは躱せても 「広域破壊」がある」

「結論は
 ツッコミも不意打ちも 広域破壊兵器をも物ともせず
 学園内紛争のど真ん中でこの僕を目立たせる事の出来る
 そんな方法(ルール)だ」

「まさしく無理難題ですね」
「………」
「必然。私と我が同士に任せれば」
「「改造は却下だ(です)」」

26 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/01(木) 12:57:48 ID:a7jfA9tv
ごめん、唐突に>>21で受信した。最強を志すステイルに愛の手をー!w

ステイル・マグヌス
神裂火織
アウレオルス・イザード
…とある魔術の禁書目録


今更だが禁書連中しか出てねぇorz

27 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/01(木) 21:05:29 ID:jYDpX6Ad
ヘルシングかよw

28 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/01(木) 22:21:11 ID:3oLzezfT
>>21
教頭―――ッッ!!

29 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/02(金) 01:12:08 ID:zR4DtVpR

「池!」
『遅くなりました、ステイル』
「下の状況はどうだった?」
『余り目立たない先生は、ほぼ壊滅してしまった様です。
地獄絵図ですね、まるで
誰も主人公達に共闘させ、組織的に行動させようなどと考え付きませんでしたから……
何処の誰か知りませんがやるものですね』
「池隼人、率直に聞く。
魔術サイドの主人公ポジションでありながら余り目立たない……

僕はもうおしまいか?」
『否!!(ノー)
ありえません!
ラノベ界の完全スルー組に比べれば、
この程度、苦況(ピンチ)の内にも入りません。
ラビュリントスから完全スルー組が、そして上層から我々が迎撃、いや『出撃』します。
スルー組全体の総意どうり、
主役達は一匹たりともこの学園から生かして返しません。
あの小僧達、坂井、上条、全ての主役に。
スルー組の授業料がいかに高額か、
教育してやりましょう』

30 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/02(金) 03:05:11 ID:BWu0GSB4
>>29
逝け池頑張れw

31 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/02(金) 06:05:01 ID:zR4DtVpR
「あー不幸、ほんとーに不幸。本当
この学園は戦力の差が激しすぎるんだよなー」
上条当麻は迷路の中を坂井悠二、それと青髪ピアスと走り回る。
「まぁまぁ。早く皆を探さないとね」
「カミやーん早く子萌せんせーをぶるぁっ!!」
その時青髪ピアスの後ろの壁が突然弾け、破片が彼の頭に直撃し、彼は意識を失い倒れる。
(狙撃!?)
そして曲がり角に人影が見え、彼等の方に歩き出す。
「外したか……
やはりシュミレーションどうりにはいかないな。
……これは、青髪か。
大体サブキャラの癖に、

目立ちすぎなんだよッ!!」
悠二の眼前には大仰なライフルを構える見知った人物『池隼人』がいた。
「池隼人、準スルー組副長。
元御崎高校、メガネマン」
「いっ、池?!」
悠二は眼前の敵が池だという事を理解出来ずにいた。
 だが上条は気付く、彼の目が『もの凄く』据わっている事に。
――やばい!こいつはやばい!
「坂井!あぶねぇ!!」
 上条はあわてて曲がり角に悠二をひきずる。
 刹那、池は銃撃を開始した。
「なっ、なんで池が僕達を?生徒じゃないか?」
 池は淡々と。
「甘い、やはり偽善者は偽善者だな。


32 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/02(金) 06:06:20 ID:zR4DtVpR
僕の良心に目を付けたのはいいアイデアだが、
それでは、スルー組の怨念には届かない」
弾丸は容赦無く彼等の隠れている壁を撃ち続ける。
「小便は済ませたか?
フラグ神様にお祈りは?
そこでガタガタ震えて命乞いする準備はOK?」
深い暗闇
銃身の火花と
彼のメガネだけが光っていた。

to be continued


池隼人
坂井悠二
灼眼のシャナシリーズ

上条当麻
青髪ピアス
とある魔術の禁書目録

33 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/02(金) 08:45:06 ID:xmmcdMlg
>>23 d
その辺り、ノリで書いたから見落としてた。
CASTに追加。
火護衆@火目の巫女
リナ=インバース@スレイヤーズ
銀河帝国砲撃士官@銀河英雄伝伝説
“大擁炉”モレク@灼眼のシャナ

>>19 正解。
>>24 
エマは当たり。A君は未読なんだが一応魔王様は別キャラ。
「ぷちメイド」「獣耳無表情」「ポータル・シフト」がキーだがそんな素敵キーワードがでて…
コホン、違った。
えーと異世界召喚モノだよな。学園に逆召喚されても目立つキャラがいれば今すぐ買ってくるゼー。

一応、まとめの方のCAST更新してます。

34 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/02(金) 10:09:54 ID:dBatGASm
上の節分戦争を背景にしたエセシリアス短編は迷惑かな?

35 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/02(金) 12:59:38 ID:EXJy+N1r
>>34
是非やってくれ
期待してるから

36 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/02(金) 22:00:13 ID:xmmcdMlg
大樹「明日は皆さんお待ちかねの”節度と分別をもって大らかな心で戦闘訓練”
 通称『節分大戦闘訓練』の日ですよ〜」
生徒A「待っていたかって言うと微妙だよな。結構危険だし」
大樹「でもあくまで授業の一環ですから、放課後になったらきちんと戦闘を止めて
 みんなでお疲れ様って言いましょうね。根に持つのは、めーっ!ですよ〜。
 先生休日出勤嫌ですからね〜。あと余った豆とかくれると先生うれしいです」
生徒B「アンタどこまでも自分本位だな」
生徒C「つか大樹先生が採点すんの?」
戦場ヶ原「何をいっているの?!大樹先生ぐらいになれば、貴方たちみたいな
 名も無い一般生徒くらい、全て完璧に、お見落としなのよ」
大樹「わーい、戦場ヶ原さんに褒められました。Tes.ですよ〜」
阿良々木「ぜ、全力でツッコミてぇ」


CAST
リール・大樹@終わりのクロニクル
戦場ヶ原ひたぎ@化物語
阿良々木暦@化物語


37 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/02(金) 23:37:20 ID:cqLr27VC
モレク「今年は…北北西でしたよね?」
フェコルー「え…ええそうです。たしか話してはいけなかったはずです」
モレク「では食べましょうか?」
フェコルー「そうですね」
モレク「……」
フェコルー「……」
モレク「……」
フェコルー「……」
モレク「(ごくっ)はぁ〜ご馳走様でした」
フェコルー「(ごくっ)ご馳走様でした」
モレク「平和ですね〜」
フェコルー「ええ。気持ちいいぐらい平和ですね」
モレク「…ふと思ったんですが」
フェコルー「はい?何でしょう」
モレク「このSSは何なんでしょう?」
フェコルー「もうすぐとてもハードな豆まきがあるとのことなんで、最後の晩餐みたいなものでしょう」
モレク「…ハァ。後処理は私達がするのでしょうか?」
フェコルー「私達しかいないでしょう…」

38 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/02(金) 23:38:49 ID:cqLr27VC
モレク@灼眼のシャナ
フェコルー@灼眼のシャナ

まだ出てきていないと思ったのでフェコルーも勝手に上のほうに入れてしまいました

39 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/03(土) 00:10:45 ID:A++0EMxZ
ひたぎ通じてないwwwwww

40 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/03(土) 21:51:07 ID:4L5YpJl+
ところでなんで前スレの最初というか>>1は禁書だったのに今回は違うんだ?

41 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/03(土) 22:01:49 ID:ITRr9B+s
1に特定作品ネタを仕込むのは揉める
いろんな作品でやるならいいけど
しかしそれやるとスレ立ての負担が大きい
ぶっちゃけ立てた人の趣味&判断
って事だろう

42 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 00:40:16 ID:GptS4T1t
「ちっ!」
舌打ちと共に銃声が響く。
戦闘訓練が開始され、どれだけの時間が過ぎたのか。
任された拠点を守る仲間はもういない。
彼らを倒したのは模擬戦用のゴム弾だ。命に別状は無い。
だが、次々に飛来したそれは確実に防衛側の生徒を倒していった。
残ったのは"かっこう”ただ一人。
虫憑きの中でも珍しい同化型の彼のムシ、"かっこう”の触手はいまも手にした銃、
そして彼の体に絡みつき、その性能を異常なほどに引き上げている。
それゆえの”最強”。
だからこそ唯一、敵の初弾をかわすことのできた虫憑き。

だが、虫憑き最強を誇るその"かっこう”でさえ届かない敵。

ハミュッツ=メセタ。
その手にするのは、"かっこう”が持つ銃とは比べ物にならないほど原始的な武器。
投石器。
しかしハミュッツ=メセタが使うとき、それは最大射程35Km、最高速は音速の5倍を超える。
そして触覚糸。
触覚、聴覚、視覚を備えた不可視不可触の糸を、ハミュッツは放出する。
魔法としてはそれほど特別でもない。だがハミュッツのそれは限界距離50km、本数百億本。
ひとつの町を包むことさえできるその能力で、はるか先にいる"かっこう”の動きを完全に把握する。
もはや目をつぶっていてもハミュッツは"かっこう”を捉えることができる。
触覚糸を操り、数Km、数十Km先の相手を精密狙撃する、"最強"の武装司書。

絶望的なまでの「射程距離の差」が、二人の"最強”の間にあった。

43 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 00:42:23 ID:GptS4T1t
今もハミュッツが放ったゴム弾が"かっこう”に向かって飛んでくる。
手にした銃で手前のゴム弾を撃ち落とす。
続く2発を走り抜けて回避。
確認できていた4発目は盾にした木をえぐる。鈍い音の連続は見えていなかった5発目だろう。
わずかに息を整える。
ためらわず身を低くして飛び出す。6、7発目が木をなぎ倒す。

(嬲ってやがる)
正面に2発。回避することを阻むように左右にも2発ずつ
どうやっているのか分からないが、弧を描いて飛ぶ左右の弾を見れば分かる。
さっき木をなぎ倒した2発。あれは両側から挟みこむように撃つこともできたはずだ。
しかし飛び出す時間を与えるかのように、弾は木に直撃した。
(ふざけ、やがって)
右側2発を叩き落とす。開いた空間に身を躍らせる。
一歩でも、少しでも、ハミュッツに近づくために足を踏み出し――。

――悪寒が走る。

倒しかけた上体を無理やり起こす。その目の前を垂直に拳大の弾が通過した。
本能的に後ろへ下がる"かっこう”の足元を、腕を、鼻先を掠めるように、次々とゴム弾が追ってくる。
強制的に後ろに退がらされる。
そして再び拠点にしていた木立の中。盾となる木が僅かに時間を稼ぐ。
だが、それこそがなぶられている証。
それでもなお。
「ふざけてんじゃねえぞ――――!」
自分の場所を守る。その夢をもって"かっこう”は弾丸を放つ。

44 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 00:44:22 ID:GptS4T1t
「頑張るわねえ」
"かっこう”君だったっけ?触覚糸に映る少年を観ながらハミュッツは呟く。
その間も手にした投石器の回転は止まらず、弾を送る手も止まらない。
訓練ということで全力では無かったが、それでも初弾をかわされたのには驚いた。
続く攻撃も手を抜いているものの、この少年は避け続けている。
はっきりいって、ちょっと信じがたいことではある。
ハミュッツが使っているのは普段より大き目のもの、クレー射撃用に近い弾ではある。
それでも彼は、音速に近い弾を視認し避け続けているのだ。
あるいはこの距離ではなく、もっと近く。そう彼の射程距離に近ければ勝敗は分からなかっただろう。
「ちょっと殺したくなるわねえ」
あくまで、軽く、気楽に、平然と。冗談の欠片もなく口にする。
――が。
「ありゃん?」


転んだ。
疲れか。不注意か。ムシを使っている代償か。
いずれにせよ"かっこう”の足元がふらつき、木の根に躓いて無様に尻もちをつく。
飛んでくる2発のうち、一発は頭の上に外れるが、もともと腹を狙っていたほうに
頭を差し出したことになる。
たとえ銃を間に挟んでも、衝撃は抑えきれない。
(ここまでか)
それでも一縷の望みに賭け、銃と手を軌道上に置く。
目を閉じず、ただ衝撃に備える。

――そして。




45 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 00:46:35 ID:GptS4T1t
結果から言えば、"かっこう”は無事だった。
当たる直前、援軍に来たようこが、「しゅくち」を使い"かっこう”を引き寄せた。
直前まで"かっこう”のいた地面をゴム弾がえぐる。
それは、おそらく、いや。間違いなく"かっこう”を気絶させるだけの威力を秘めていた。

追撃は来ない。
分かっている。
拮抗していた"かっこう”とハミュッツの力。
それを崩すだけの援軍が来たいま、ハミュッツがこだわる理由は無い。
逃げる。
あっさりと。
"かっこう”が守るこの場所など何の価値が無いというように。
何度か見たことのあるハミュッツ=メセタの顔。
その顔に浮かぶ嘲るような笑みが、『あの女』に重なる。
「くそっ!」
力を込める。
超常的な力を与える代わりに、夢を喰らう"虫"に。
『あの女』と同じ「始まりの三匹」の一人につけられた異形の怪物に。

「くそったれ――――!」
"かっこう”薬屋大助の放った弾丸が、白い軌跡を残して空を射抜く。


46 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 00:49:49 ID:GptS4T1t
「あらら、なんだか有り余っちゃって。若いわん」
「本当よねえ」
教師側の補給係、運び屋オリアナ=トムソンから補充のゴム弾を受け取りながらハミュッツは言う。
その背後では、"かっこう”の放った弾丸が空に軌跡を残していた。
「ん、もう。暴発しちゃって。ちゃんとお相手してあげないからよん」
「んー?もう十分相手してあげたわよう」
それにねえ、とハミュッツは続ける。
「何が一番怖い相手なのかってのを、ちゃんと教えてあげたわよお」
疑問を浮かべるオリアナを見ながらハミュッツは考える。
もし、オリアナと敵対したら?
彼女は逃げるだろう。運び屋が本分とかでは無く。
勝てないなら逃げる。そして力を蓄える。足りなければ仲間を集める。馬鹿のように向かってくるのでなく
伝え聞く彼女の性格ならそうする。そしてそれが一番手強い。
「殺しても生き続ける。一時逃げても何をしてでも、目的を達する。そういうの一番怖いのよお。貴女みたいに」
「うーん、貴女の相手は大変よね。お姉さんじゃ体が持たないわん」
わずかに汗をにじませ応えるオリアナから、ポケットに弾を入れるフリをして目をそらす。
強力な魔力の気配。顔を上げると、既にオリアナの姿は無かった。
「だめよう。そんなに鮮やかに消えちゃ。それじゃ…」
追いかけて殺したくなるじゃない。その言葉は飲み込んで歩き出す。

行くところはいくらでもある。
飲み込んだ言葉のかわりに歌を口ずさむ。
曲名は《殺したいほど、愛してる》。
「Imagines. Tomorrow when you are lost.」
ここに、この学園にきて憶えた曲だ。
よくこの歌を呟いていた死にたがりのガキは気に入らないが、この歌は好きになった。
ハミュッツ=メセタは此処が好きだ。何故ならここなら、あるいは、ハミュッツを――。

♪I Love you. Loves, so that want to kill.

殺せるかもしれないから。

47 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 00:51:25 ID:GptS4T1t
CAST
薬屋大助@ムシウタ
ハミュッツ=メセタ@戦う司書シリーズ
ようこ@いぬかみっ!
オリアナ=トムソン@とある魔術の禁書目録


うわー、すいません。
3日の戦闘訓練なんていいながら、いろいろあって日付変わっちゃった。カッコワリー。
あんまりぐだぐだやるのもよくないとは思うけど、もうちょい書きたいネタがあるんで
明日一日ぐらいいいですかね?



48 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 09:47:00 ID:TrwYQJFk
おっけー

49 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 18:39:55 ID:GptS4T1t
高い金属音と共に刀が弾かれ、鳩尾に打撃が来る。
「負け、ですか…」
仰向けに倒れるレイフォン。それ以上体が動かない。周りには仲間も倒れている。
精一杯抵抗したが、それでも目の前の男、元9th-G大将軍ハジには及ばなかった。
「いやいや、なかなかどうして大したもんだったよ。ん?」
言ってハジは膝を突く。その様子に彼も限界だったことを知る。
「まあ、あれだ、うん?君はまだ思い切りが足りないね」
「思いきりですか」
できない。『天剣授受者』の自分の全力、他の武芸者と比べても規格外の力を示す、そんなことはできない。
「君は何か隠していることがあるようだね?」
自らを振り返ってか僅かにハジは苦笑する。
「だがね、かつて私を負かした少年はもっと真っ直ぐ、必死に向かってきたよ。
うん、体を張ってた…ん?それはちょっと方向性が違うかね?」
まるで教師気取りだ。だが…悪くない。そうハジは思う。
そしてまだ教えてやれることがありそうだとも。
「ちょっとその辺り見せることになりそうだがね」
足音が響く。
生徒側の援軍。その先頭に立つのは二本の概念刀を構えたハジの養女、戸田・命刻だった。

「すまんな命刻。どうにも間の悪い養父だ」
仕方なさそうに笑みを浮かべ、手にした槍を支えに立ち上がる。
「だがまあ、訓練とはいえ私にも意地がある」
槍を持ち替え、不退転の決意を持って構える。
(ダメだ。それ以上は、それ以上はいうな、養父さん)
かつて、偽りで家族でありハジをよく知る命刻は、剣を握る。、
そして、嘘をつき続けながらも信じることのため、一軍を率いていたハジは。
とても満足そうに言った。


「生きハジはさらせんよ。ん?」

瞬間、世界の全てが『停止』した。

50 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 18:42:38 ID:GptS4T1t
その場の全員のツッコミを受け、元9th-G大将軍ハジ敗北。
訓練終了後のハジ家の食卓は、大黒柱がポリポリ豆をかじる
ひどく侘しいものだったとか。


CAST
ハジ@終わりのクロニクル
戸田・命刻@終わりのクロニクル
レイフォン・ヴォルフシュテイン・アルセイフ@鋼殻のレギオス


51 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 20:06:38 ID:iH5jhYKt
 この上ない高揚感を紅世の王“虹の翼”メリヒムは感じていた。
 節分……と言うこの世界のこの国の文化をメリヒムは面白いとも素晴らしいとも思わない。
 本心を述べれば、下らないと考えている。人間の歳数えと祈願風習など、本来ならば切り捨てるにも値しないものだ。
 だが、それが戦い――しかも彼に多大な利益をもたらす――となれば話は別である。
 強大なる紅世の王として幾つもの死闘を潜り抜けてきたメリヒムは、今、この瞬間幾年月思い描いてきた理想が形になっているのを再度確認し。
「っはははははははははは!」
 歓喜の声をあげた。
 紅蓮の軍勢が大地を埋め尽くす中で、虹の翼を広げた剣士は、その幸福にただただ声を張り上げて笑う。
 彼は待ち望んでいたのだ。
 炎の軍勢を束ねる、かつては最強のフレイムヘイズとして名を馳せた一人の女と共に戦うことを。
「馬鹿笑いしてんじゃねぇ!!」
 メリヒムから放たれた、七色に分かれた七本の光線の間を縫うように飛びだした少年……平賀才人が叩き付けるように剣を振るう。
 剣とサーベルが小さな火花を散らせながらぶつかり合い、ちょうど鍔迫り合いの形になった。
 お互いの視線が交差し、その瞳に込められる感情の違いが、平賀才人の心を焚きつける。
 言葉に出さずとも台詞は分かる。「舐めるな」と、その瞳が語っていた。
「貴様には分からんのか? 愛しい女と戦場を駆けるこの喜びが」
「分かんねぇよ! 俺はどっちかってぇと守りたい方なんだ!!」
 才人が左手を腰に回し、ホルスターに掛けてあった銃を取り出す。
 躊躇いなく引かれた引き金と共に飛びだした弾丸に先駆けて、巨大な空気の槍がメリヒムを吹き飛ばした。 
「そうか……ならばそれで良い」

52 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 20:08:19 ID:iH5jhYKt
「っな!?」
 一息に三撃、赤青緑の三原色の光線が才人の足下の地面を抉る。
 しかし、咄嗟に跳躍することで回避したその先に突き立てられたサーベルが、その肩を抉るように貫き傷口を真っ赤に染めた。
 引き抜かれた剣先から飛び散る血を尻目に背中から地面に落ちるが、多少の怪我ならば意に介さずに動くことができるガンダールヴの力を持って瞬時に後転しつつ身体を起こす。
 曲げた膝をバネに獲物を襲う狼の如く飛びかかり、がむしゃらに剣を振るうが一閃、二閃、三閃……繰り出した攻撃は尽く防がれた。
 まるで柳に殴りかかるような感覚……メリヒムが必要最低限度の力をもって太刀を受け流し、斬り返す度に才人は一つ一つ傷を重ねていく。
 ギリリ……と歯が噛み締められる音が口から漏れる。
 今現在、才人の姿は土に汚れ、幾つもの痣と裂傷が痛々しい。
 対するメリヒムは……全くの無傷だ。
 学園都市製の特殊弾丸『衝槍弾頭』による衝撃波の槍も全く効果が無かったようで、外見には傷一つ着いていない。
 端から期待はしていなかったが。
 技術、経験、練度などのおよそ戦闘に関する全ての要素で二人の差は歴然たるものなので、これも有る意味当然の結果と言えるのだが、それでも平賀才人は悔しさを感じていた。
 左手のガンダールヴの刻印、相棒の魔剣デルフリンガー、虚無の使い手たる主人ルイズ。これらと共に数々の強敵と戦い、七万の大軍と一人で立ち向かい、何度も敗北と勝利を重ねてきた。
 しかし、目の前の男にはそこで培ってきた全てが通用しない。不意打ちとして銃まで使ったのに、まるで反撃になっていなかった。
圧倒的に強く、強く、強い。恐らく……いや、確実にワルドやビダーシャルなどよりも遥かに強い。
 剣技は言うに及ばず、速度も反応もガンダールヴを上回り体術も半端ではない腕前なので近接戦闘ではまず勝ち目がない。
 未だ最強の攻撃力を誇る自在法『虹天剣』にはデルフリンガーの魔を喰う力も効果はなく、さらには翼を使って空まで飛ぶ。
 そして何より二人の戦力差を決定付けているのが。
「来るぞ相棒!」
「!!」
 瞬時に相棒の言葉に従い全力で身体を転がす。

53 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 20:10:20 ID:iH5jhYKt
 何本もの紅蓮の弓矢が、先程まで才人が立ってていた辺りに降り注いだ。
 身を起こし天を仰ぐと、そこには弓矢を構えた炎の腕だけが存在するというわりかし奇妙な光景が広がっていた。
 ――自在法『騎士団』――先程から大地を埋め尽くす紅蓮の兵達と同じ、一人の女戦士によって生み出された異形。
「遅かったな」
「ちょっと未熟な坊や達に手ほどきしてたら時間がかかっちゃった」
 出た……と平賀才人は呟く。
 周囲を染め上げる炎と同じ紅蓮の色をした双眸と髪。
 熱く、熱く、尚熱く、それでいて美しく、力強く、その存在そのもので空間を彩る一人の女性。
 最強のフレイムヘイズ……『炎髪灼眼の討ち手』マティルダ・サントメールが、炎の大剣を片手に立っていた。
「……ギーシュ達はどうした?」
「そこら辺に転がってるわよ?」
 やっぱり。
 そうだ、この女……この女丈夫こそが平賀才人とメリヒムの勝敗を分ける決定的な差である。
 もともとこの戦いは紅世の王とフレイムヘイズ、水精霊騎士隊による多人数戦であったのだ。
 それ故に、一人一人の戦力ではなくチームワークこそが勝利の鍵となる。自分達の場合ならば才人は近接戦闘による突撃及び先駆け、他のメンバーは主に遠距離の後方支援と中距離戦闘が主な役割だ。
 そこに足止めや撹乱などを入れ混ぜる事で、それこそ何倍にも水精霊騎士団の戦力的価値は跳ね上がる。
 だが得てして力とはそれ以上の力にねじ伏せられるものである。今回相対したマティルダ・サントメールが、今回の彼等にとってのソレだった。
 彼女の自在法『騎士団』は“天壌の劫火”アラストールの力の顕現のであり、彼女を騎士団長とした一糸乱れぬ統率力を誇る炎の軍団だ。
 その一体一体がフレイムヘイズ一人分に相当すると言われる紅蓮の戦団の力は、指揮するマティルダを先頭として圧倒的な戦力を持ってギーシュを隊長とする騎士団に襲い掛かった。
 歴戦の戦士を筆頭とした『騎士団』に宮廷貴族から「学生の騎士ごっこ」と揶揄されている騎士団が当然敵うはずもなく、水精霊騎士団はあっと言う間に壊滅に追い込まれ、団員はそこら辺で尽くノビている。

54 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 20:11:30 ID:iH5jhYKt
「アイツぐらいじゃ流石にアンタを止められないか」
「ん――服のセンスは今イチだけど造形美は良いのよねぇ。後は鍛え方次第かな?」
「青銅のゴーレムと炎の剣士じゃ勝負にならないと思うけど」
 どうせ作った傍から槍で串刺しにされて、見るも無惨な飴細工になったに違いない。
「中々見応え有るわよ? 確かに勝負にならないけ――ど!!」
 爆炎を背景に、弾丸のように飛来してくるマティルダが大剣を振るう。
 才人が迎撃として斬撃を合わせると同時、燃えさかる炎の大剣からまるで弾けるように火の粉が舞い上がり、空気を焦がす。
「――っはぁ!!」
 瞬時に繰り広げられる剣戟。その一つ一つで大剣と片刃剣の間で焔の華が咲く。
「相棒、熱くてたまんねーぞ!!」
「吸収できねぇのか!?」
「魔力以外は喰えねぇんだよ俺は」
「好き嫌いはよくねぇ!!」
「おしゃべりしすぎると危ないわよ?」
 二人のやり取りにカラカラと笑いながらマティルダが一閃、横凪を放つ。
「――っうぉ!」
 真正面から受け止めた才人の身体がわずかに宙に浮かぶ。
 そしてその瞬間、マティルダの影から飛び出てきたメリヒムが背後に回った。
「合わせて」
「言われるまでもない」
 才人を挟むように二人の蹴りが交差し、腹部と背骨に同時に鈍痛が走る。
 痛みに歯を食いしばって反撃に移ろうとした瞬間、追い打ちをかけるように爆発が二つ、身体を前後から圧迫した。
 今代の炎髪灼眼の討ち手や“闇の雫”も得意とする、局部的な爆破攻撃だ。
 ミシリという音を耳に残しながら爆圧による大打撃に身体が軋み、口から空気と共に温かい何かがはき出され、平賀才人は今度こそ両膝を地面に着き、前のめりに倒れた。


55 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 20:13:02 ID:iH5jhYKt

「ありゃ、やりすぎちゃったかしら?」
 満身創痍の才人をマティルダが指先でチョイチョイとつつく。
 突かれている才人はただ虚ろな……しかしどこか不屈の闘志を感じさせる視線を
 それをメリヒムは鼻で笑い、一言「軟弱」と吐き捨てると次の敵を探すために目を凝らし、存在の流れを読む。
 マティルダとの共闘というのは、メリヒムがかつて何度も願ってやまなかった“剣の向きをそろえる”という願望を擬似的にではあるが叶えている。
 例え時間制限付きであろうが相手が、格下であろうが、それがボロ雑巾のように倒れ伏そうが今の彼にとっては些細な問題であり、気に留めるものではない。
 唯一人の男のために姿形をも捨てる偉大なる紅世の王“虹の翼”メリヒムはそういう男である。
「……向こうに大きな力の流れがある」
「じゃ、そっちに行きましょ。楽しそうだし」
 言うや否や、マティルダの周りから紅蓮の炎が湧き上がる。
 やがて顕れた鬣も、馬体も、馬具も、その全てが紅蓮に燃える悍馬に騎乗し、焔の様に笑いながら手綱を握りつつ、彼女はどこか楽しそうにメリヒムに問いかける。
「戦士の先輩として彼に何かアドバイスは無いの?」
「必要ない」
「じゃ、恋する男の先輩としてでも何か言ってあげなさい」
「……………」
 メリヒムはもう一度、ほんの一瞬だけ才人に目を向け。
「精進することだ………愛する女を守りたいのなら……な」
 溜息混じりにそう呟いた。
 何故か、感謝の言葉が聞こえた気がする。
 しかしメリヒムはやはりそれをどうでも良いこととして切り捨てた。
 彼は、愛と忠義と戦の中に生きる男なのだから。


56 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 20:16:29 ID:iH5jhYKt
キャスト
平賀才人@ゼロの使い魔
“虹の翼”メリヒム@灼眼のシャナ
マティルダ・サントメール@灼眼のシャナ

流れに便乗して宣言していたエセシリアスを投下。
見直しはしたけど、文法が可笑しい場所を発見次第後日修正の予定。

57 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 20:55:08 ID:swjhavK2
ダンッ!!

地面を蹴る音は爆発音に等しい。
無数の力が駆け抜ける戦場を、白い少年は駆ける。
「ッたく、なンだってこんな目に合わなくちゃならねェンだ!」
少年の名は『一方通行』。
数多くの能力者が存在するこの学校においても、
                 レベル5の一位
『最強』の一角を担う、唯一無二の『超 能 力 者』だ。
そんな彼が、今、逃亡という二文字に徹している。
その理由は、腕に抱える一人の少女だ。
「うわわっ! もうちょっとゆっくりして欲しいとミサカはミサカは提言してみる!」
無邪気な茶色の瞳に、肩程度に伸びた茶色の髪の両方を揺らしている。
打ち止めという、とある目的のために『作り出された』少女だ。
一方通行の能力、『ベクトル操作』により得られる爆発的推進力は、
少女には少々負担が掛かり過ぎるようだが。
「少しぐらい我慢しろッてンだよォ!」
それを無視して一方通行は駆ける。
その背後から迫る脅威から離脱する為に、だ。
「―――ッ、チッ!」
だが、彼の能力をもってしても、その脅威からは離脱する事は適わなかった。

ドンッ!

という、加速音と共に、一方通行と、抱えられる打ち止めを挟み込むように人影が並んだ。
その数は無数で、白い装甲服を身に着けている。
その動きは、かなりの訓練を積んだ軍隊かそれ以上に統制の取れた物だ。
「全員、構ーえ!!」
軍勢の先頭を駆ける人物の号令で、白の軍勢が各々、手に持った『武器』を構える。
「クソッ・・・テメエらッ!」
一方通行は悪態をつくが、しかし。
「それでは全員―――」

58 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 20:56:40 ID:swjhavK2
「―――掃写開始!」

パシャッ!   パシャッ!!
   パシャッ!   パシャッ!
  パシャッ!  パシャッ!

戦場に響いたのは、『シャッター音』で、瞬いたのは、『フラッシュ』だ。
「やめろッつってんだろォ! ガキかテメエらァ!」
一方通行が悪態をつくが、先頭を駆ける白い装甲服の、老人。大城・一夫は返す。
「子供の心を持ったオ・ト・ナ♪ と呼んで欲しいなっ!」「おんぷ、じゃねェーーー!! テメエら教師側だろうが!」
「え? ワシ聞こえなーい」「・・・殺す。絶対殺す」「ピースってミサカはミサカはカメラ目線をしてみる!」
「お、良いね! その表情ゲット!」「だから撮るなっつッてんだろォ! おいオマエも何ピースしてんだァ! 何に使われるかわかんねェんだぞ!」
「えっ? それはミサカの事を心配してくれてるの? ってミサカはミサカは上目遣いで聞いてみる」
「ぐッ・・・そういう訳じゃ」「おーナイスな構図」「テメエらァァアアーーー!!!」


「あれ?」
「どうした、当麻。何か問題が?」
「いや・・・どこかで聞いたことある声がした気がするんだが、気のせいか?」
「この戦場だ、空耳の類が聞こえても仕方があるまい」
「それなら良いんだけどよ・・・」
「俺達の担当はあの『赤』の足止めだ。気を抜いている暇はないぞ」
「・・・正直、俺達不幸だよな」
「・・・肯定だ」

キャスト
一方通行@とある魔術の禁書目録
打ち止め@同上
大城・一夫@終わりのクロニクル
友情出演
上条当麻@とある魔術の禁書目録
相良宗介@フルメタル・パニック!

59 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/04(日) 23:58:52 ID:GptS4T1t
>>58 GJ
おーい、誰か八号さんか、黄泉川先生呼んでこい。

60 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 02:10:12 ID:fCln/5Fx
「閣下は豆、撒かないの?」
「下らん。価値の見出だせないモノなぞする必要はない」
『魔王』と呼ばれる少年は一瞬本から目を離し、当然と言うかのごとくそう語る
「でもさ、周りがアレなのに俺たちだけのんびりってのも」
もう一人の平凡な少年は周囲の惨劇を眺め、何とか参加する方法はないか、と必死に語りかける
「…この状況をどうにかしてくれと言うのか?」
「…まぁそんなとこ」
実際は参加もしたいのだが、黒ずくめの少年から
ただならない威圧感みたいなものを感じ、つい頷いてしまったようだ
「…あやめ」
「え?あ、はい」
魔王の言葉で少女の輪郭が明らかになった。
それはまるで、いままで机の存在しなかった人形が、ふと気付くと机の上に存在しているかのように
「鬼を外に導きましょう」
―――凜
少女の詩で世界の空気が変わる
「夜の闇の牢獄より昼の光の監獄へ
訪れの無い自由を知りながら外へ出たがる愚かで全てを知る鬼を
闇の外へと導きましょう」
辺りから雑音が消え、あちこちから生徒や教師の悲鳴が聞こえた
…一人の教師と生徒の狭間の魔法使いが悪ノリで声高にニフ〇ム!と叫んでいる事を除いて
「…これで満足か?」
『魔王』と呼ばれる少年が不機嫌そうにそう話しかける
「…うん。十分だと思うよ」
もう一人の少年は顔を青くして応じる
「…そうか」
やがて黒ずくめの少年は、本に目を戻し何もなかったかのようにページを捲り始めた

ちなみに、武巳の密告により判明したこの神隠しから
生徒と教師を救いだすのに三日はかかったそうな

61 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 02:15:23 ID:fCln/5Fx
キャスト
あやめ、空目恭一、近藤武巳@Missing
佐久間榮太郎@まかでみ

62 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 08:22:01 ID:lgZyepVM
もう少しこのネタで続けたい人もいるかもしれないんで確認。
この辺りで締めのネタ投下していいだろうか?

締めとしては上の「神隠しの物語END」でもいいけどw
夜に、大樹先生の「総評・お疲れ様でした」を投下しようと目論んでいるんで。

ついでといっては何だけど、総評用のネタに
投下分のSS含めて、こんなことがあったんだろうなあってのがあると嬉しい。
いや上手く取り込めるか分からない。ってより取り込めないのが多そうだけど。
とりあえず、教師側で暴走・歯止めが利かなさそうな人とか、
がんばってるけど赤点・補習組になりそうな生徒とか出てくるといいなあ。



63 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 12:14:07 ID:FeMQJ297
締めるのはいいんじゃないか?豆まき終ったら次はバレンタインがあるし。
モテ派と非モテ派が血みどろの戦いを繰り広げそうな美味しいネタだしw

64 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 14:11:58 ID:Dzy6TjFG
スルー組の戦いはしばらく終わりそうにないなw
池のヘルネタどうなったんだろとか思ってたら勢いで書いてしまったので投下。
スレ汚しスマン。

「くっ…」
「…終わりだ、池。」
膝をつき、うなだれる池を、二人の主人公が見下ろす。
「ごめん、池」
「経験の差、って奴…かな」
言って、池は悔しそうに薄笑う。
上条当麻も坂井悠二も、学生ながら並大抵でない修羅場の数々を潜って来た猛者だ。二重の意味で。
どちらか一人に騙し討ちを仕掛けたならともかく、二人同時に相手にしては、池に敵うはずがない。
分かっていた。そんな事は重々承知で、けど、それでも。
「まぁ…なんだ。また明日、な」
少し照れ臭そうに呟いた上条と、こちらは真顔の坂井が、池に手を差し延べる。
しかし、池はそれを振り払った。
――まだ終わっていない。まだだ、まだ一つだけ――!

虚を衝かれつつも、池が懐に手を入れるのを見た坂井は池に向かって飛び込む。
それは、銃を抜かれる前に腕を押さえようとしたからなのだが。
「ダメだ、坂井!封絶!!」
上条の言葉にはっとする。池が持ったのでは銃ではなく――

――手榴弾!?

驚愕を顔に貼付けた坂井を見て、池は、今度は嬉しそうに、しかし少し申し訳なさそうに笑い。
アッラーアクバル
「さよならだ」
「まだヘルシングネタかよ?!」
ツッコミの余韻と共に、手榴弾が炸裂…

65 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 14:15:56 ID:Dzy6TjFG
……しなかった。
「これは…ヤドリギ?」
何処からともなく飛来したヤドリギが、見事に手榴弾を包み込んでいた。
中で炸裂した手榴弾は、立派な音だけを残したが、ヤドリギの強固な壁を破ることは出来なかったようだ。

「…ってことは」
上条が振り向いた先、そこには。
「まいどどーも、<アストラル>です」
「伊庭、高瀬!…助かった」
魔術結社<アストラル>。
様々な分野の一流が揃うこの結社は、今は半年前まで普通の学生だった伊庭いつきが社長に就任している。
ちなみに伊庭、高瀬(あとここにはいないがアディリシア)は上条達の同級生である。さらに主人公とメインヒロインなのでスルー組ではない。

いやよかったよかった、と笑顔で近づくと、突然坂井が上条に体当たりを敢行した。
「なにす――…っ!?」
何すんだ、と上条が抗議の声を上げるより速く、先程まで上条が居た位置にヤドリギの矢が撃ち込まれていた。
その一瞬の隙を衝き、池が高瀬の箒に載せられる。
上条達が気付いたときにはもう、三人の乗った箒は手の届かないところへ飛び去っていた。
「やられたー!ってか別に助けるのはいいけど一般人に殺傷力のあるモン撃ち込むなー!!」
自分で言っててちょっと説得力無いかもしれない、と思ったことが、上条には哀しかった。

66 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 14:21:36 ID:Dzy6TjFG
「何故…?」
一方、池。何故自分が助けられたのか分からない、そんな表情をしている。
「それが依頼やから」
と、端的に説明したのが高瀬。
「えーっと、スルー組組長って人から手紙が」
そう言ってなにかを取り出したのは伊庭である。

それには一言
『次の出番のために 次の次の出番のために』
と、書いてあったと言う。

「最後までヘルシングか…」
「いや、出だしがアレやったから徹頭徹尾行ってしまおうかと」
「…スレ違い気味だね」
「……正直、すまんかった」


キャスト

上条当麻@とある魔術の禁書目録

坂井悠二@灼眼のシャナ

伊庭いつき
穂波・高瀬・アンブラー
アディリシア・レン・メイザース(名前だけ)
@レンタルマギカ

67 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 19:11:33 ID:Ca0Bu592
節分ネタで盛り上がってる所あれだけど、ちょっと思ったことを。
この学園の寮なんだけどさ、やっぱり男女が同じ部屋の寮とかもあるんだろうか。
諸事情とかで、離れるのは色々まずいみたいな奴らとか多そうだし。

68 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 19:26:53 ID:1KtuRd6T
とりあえず主従の誓い結んでるやつと同棲が満天下の大前提になってるやつと結婚してるやつは同室で良いんじゃね?
あと呪い系で離れたらおかしくなるやつとかも。


筆頭に上がるのがほとんど川上キャラになるけどな!

69 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 19:57:37 ID:zlRt0a/S
スルー組にはきっと禁書も居るんだろうな…

70 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 20:01:55 ID:2TIGV9SO
禁書初めとする下宿軍団→原作通り。フルメタの宗介や禁書の上条さんなどはご近所さん。
原作で家がある奴→学園に家族ごと越してきたor近くに住まいを設けている。
明らかに住居に入りきらない人外→学園内に小屋や専用施設有り。
色々想像できるね


71 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 20:07:38 ID:gnwpw5bf
>>68
佐山と新庄はガチホモだと思われてるから問題無いとして
原川への風当たりは厳しそうだな
つうかマジでロリコンだと思われてそうだ・・・

それはともかく、同棲してる奴らって他にどんだけいたっけ?
自分はサイトとルイズにまぶらほ連中
通行止め位しかわからんけど

72 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 20:20:09 ID:fCln/5Fx
同棲と言うべきでは無い気もするが
ナイトウォッチ(コア)組は全員同じ格納庫にいると思うぞ

73 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 20:37:27 ID:ZrzYkfyF
>>71
風当たりが厳しいなんてとんでもない。
皆さん(生)温かい目で見守ってますよ?

74 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 23:12:37 ID:h4TSvr52
生徒会より報告

来る2/14バレンタインデーに際して以下のルールを設ける

1.贈与するチョコは本命1義理3に限定する
2.チョコの中にほれ薬、幻覚剤、痺れ薬などあらゆる薬物を含有させる事を禁止する(
3.受け取る側は本命5個義理は30個までとする
4.削除(相良宗助より爆発物を仕掛けられる恐れがあるからと靴箱にしまうのを禁止しようと言う意見があったが却下)
5.他人のチョコの強奪は禁止する
6.本命チョコに関してはホワイトデーに三倍返しを義務付ける(平賀つばさの要望)
7.チョコの大きさ値段に制限はない

以上

75 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 23:13:08 ID:vqV5QLKe
9Sの二人はどうなってるのだろうか…?
闘真は殺しすぎだし、由宇は言うまでもなくつかまるだろ?
なんか取引でもして居座ってるのかな?

76 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 23:16:51 ID:YxpOyUTa
由宇は学校の地下でダンタリオンと研究したりして闘真や当麻を弄くっております。

77 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 23:34:48 ID:lgZyepVM
大樹「皆さん、お疲れ様でした。これで訓練は終了です〜」
才人「……生きて帰れた」
阿良々木「いや、かなり焦げてるが…。けど、なんでここまでに」
大樹「うーん、それはですねえ」
眉を寄せる大樹の背後に、『2月3日の戦闘訓練』と書かれた小夏が立つ。
その傍らにはカッターにホッチキス、尖った鉛筆、定規、コンパス、アロンアルファ等、
各種文房具を両手にした戦場ヶ原ひたぎ。
その中からクリーナーとマーカーを取り出し、ボードの文字を書きかえた。

小夏『2"月"3日の戦闘訓練 → 2"泊"3日の戦闘訓練』
阿良々木「うわあ、まるで解決していない。というか戦場ヶ原、なんでまた文具を?」
戦場ヶ原「あら、ここは戦場ですもの。当然でしょ」
阿良々木「いや、しかし正直お前や僕ではたいした戦力にはならないだろう?」
戦場ヶ原「ああ、私は遊馬崎さんの所で、情報収集の実施訓練をしていたから。結構褒められたわよ?」
阿良々木「お前は一体…いや、いい!図解するな。小夏先生、何ホワイトボード差し出してるんですか!
  戦場ヶ原も真っ先に赤ペンを手にして、何を描くつもりだ!!」
だが、戦場ヶ原が(地獄絵)図解を始める前に、ずっと鮮やかな『赤』が登場する。

哀川「ったくよぉ。せっかく魔法とかチョー派手なトンデモ兵器とか楽しめると思ったのに。
  魔法は上条が死ぬーとか大げさに騒いで消しちまうし、相良は今日はトラップにこだわって地味だし。
  なーんかつまんねえ。でっけえ火の玉くらいで死なねえってぇの。バーカ」
上条「……スルー組の後、この人の相手……なんで消えないの…幻想じゃないの?……不幸だー」
相良「……対人地雷にワイヤートラップ、ミニミ掃射が生身で…ファンタジー……肯定だ」
哀川「うっせえなあ。んー、上条とあのメガネのいたところは殺伐としてよさそうだったな。
  おっし!お前ら補習。あのノリであたしを楽しませろ。そんときゃ上条右手禁止な?
  化け物を倒すのは、いつだって人間なんだぜ」
ガクリと首をうなだれ、ボロボロの二人を引き摺って、哀川が列に並ぶ。

78 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 23:37:51 ID:lgZyepVM
大樹「これで全員、え?ステイル君や池君とか何人か戻っていない。
  ダメですよお、先生、ぷんぷんです」
阿良々木「ストレス発散しましたか?じゃ、平賀がぶっ倒れそうなんで何かフォローを」
大樹「Tes.すっきりですよ。平賀君は頑張ってお家に帰りましょー。ルイズさん待ってますよ〜」
才人「……鬼ぃ」

大樹「とにかく自分のことは自分で頑張りましょー。あ、先生、今いいこと言いました?」
戦場ヶ原「事故責任ですね。節度と分別。要るものといらない物を分けるのは大事ですわ」
阿良々木「はなっから危険を想定?!おまけに、責任を分別ゴミ扱いした?!一体、なんで
  戦場ヶ原はそんなに大樹先生をフォローするんだ?」
戦場ヶ原「だって最近じゃあなたに普通に言っても、すぐキャッチされるもの。
  それに頼られたら、つい力を貸してあげたくなるの」
阿良々木「僕が今まで受けた暴言、三角跳び駆使してもセーブできる自信が無い!
  それに後半は暗に大樹先生が力不足って事だな」
大樹「えーと?難しかったですけど、戦場ヶ原さんは先生のこと慕ってるということでTes.ですか〜」
戦場ヶ原「もちろんです。だって大樹先生には人望が(ry」
小夏『人ボー』
阿良々木「略した部分をいってみろ!。小夏先生もボーのところちゃんと書く!
  大樹先生もよく見て聞いて喜びましょう!」

だがまあ、なんだかんだでツッコミもむなしく。
大樹は不意に掛かってきた電話に対応していた。

79 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 23:39:38 ID:lgZyepVM
大樹「え?はい、はあ、そうなんですか。Tes.ですよ〜」
電話を切ると、満面の笑顔のまま、 大樹は言う。
大樹「えーとですね、ハミュッツ先生とギギナ先生も見当たらないそうです。
  でも、この程度の訓練であの人たちがどうにかなったとは思えないんで
  皆さん、特に戦闘力の高い人は、帰り道に襲われないよう注意してくださいね〜」
戦場ヶ原「家に帰るまでが訓練ですね。嫌だわ、只でさえ送り狼が心配なのに」
阿良々木「ありえねえ!どんな危険な遠足だよ。それに戦場ヶ原。あの装備を見て
  欲情する程、高いMっ気は僕には無い」
戦場ヶ原「"程"?なら、少しはあるのね?マゾ、じゃないわね、被虐趣味が」
大樹「わあ?!非ギャグ趣味だなんて。お二人は真剣なお付き合いなんですね〜」
阿良々木「言いかえてねえ!そして言えてねえ!!おまけに嬲られるのを少し期待した
  自分が嫌になる!!!」
と、「誘い受け」と書いたボードをかざす小夏に一人の生徒が近づく。
なにやらヒソヒソ話をはじめる。フンフンと頷くと、今度は小夏が大樹に耳打ちした。

大樹「はいは〜い、皆さんちょっと聞いてほしいですよ〜」
くるりと振り返り、大きな声で呼びかける。
その後ろでは小夏がホワイトボードの字を書き換えていた。
次いで、掲げられたボードにはこう書いてあった。
小夏『2泊3日の"戦闘訓練" → 2泊3日の"救出作戦"』
大樹「Tes.報告です。何人か『神隠し』に巻き込まれたらしいので、
  みなさん、張り切ってお友達を助けに行きましょー」
生徒一同「えええぇぇぇぇぇぇ!!!」

80 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/05(月) 23:40:59 ID:lgZyepVM
Y談だが。
神隠しに巻き込まれた人に、浦島さんと竜宮さん、小山田くんと源さんがいたそうだ。
が、三日後救出された時、男性側は疲労困憊、女性はツヤツヤしていたらしい。
ナニがあったのだろう?私も両人を見習いたいものだ。

神原「しまった。一番大事なところでで、うっかりタイプミスをしてしまうなんて」
阿良々木「うそつけぇ!確信犯を誤用と知って使うくらい、お前の意思で確定してる!!」



CAST
リール・大樹@終わりのクロニクル
戦場ヶ原ひたぎ@化物語
阿良々木暦@化物語
神原駿河@化物語
神庭小夏@学校の階段
平賀才人@ゼロの使い魔
遊馬崎ウォーカー@デュラララ
哀川潤@戯言シリーズ
上条当麻@とある魔術の禁書目録
相良宗介@フルメタル・パニック!
浦島太郎@オオカミさんとシリーズ
竜宮乙姫@オオカミさんとシリーズ
小山田耕太@かのこん
源ちづる@かのこん

流れを切ってすまないが、予告していた大樹先生お疲れ様編を投下。
大樹&ひたぎのボケボケ会話がなんか楽しくなって長くなった。

81 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/06(火) 21:22:20 ID:6Up1sxHM
やっぱり、上条とサイトは不幸なんだね・・・。
ともかくGJ!

82 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/06(火) 22:07:10 ID:p9GwAcGc
>>80
GJ!
ただ、赤い制裁VS相良&上条タッグの戦いは読みたかった気も

83 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/07(水) 01:10:04 ID:hPRpdMNu
ところで誰か、>>15のロクシェ空軍伍長さんに2/14のイベントの事を教えてあげないか?
ああ、相良軍曹。君はダメだ。君と『チョコ』という単語は非常にまずい気がする。

きっと他にも、2/14に何があるか知らない、外国の方がいるだろうし。
いいですね皆さん。偏った知識や嘘はいけませんよ。嘘は。

>>82
そこで補習授業ですよ。マジで誰かかける人いないかなあ。

84 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/07(水) 19:49:54 ID:sXHzn8mZ
そういやそのロクシェ空軍伍長はこの場合お目当ての彼と同居しているんだろうか。別居しているんだろうか。

>>67
元の自分の教室から逃げるか帰るかで悩むグロ魔術士殿の姿が思い浮かんだw

85 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 00:39:37 ID:r5S36oX+
リリアの時も別居中だし、あまり同棲とかのイメージが無いなあ>ロクシェ空軍伍長

ところで板違いになるが、>>74をみて、素で壊滅的な料理をするヒロインとかいるよなあと思って
なんとなく"毒入りチョコレート"でググッたら、まんまなミステリがヒットしてワロタ。
いや自分がミステリーあんまり読まないんで知らなかっただけだが、結構有名らしい。
きっと、この学園の迷探偵達wは読んでるんだろうな。

86 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:01:11 ID:js4hg9Pn
「……本当にここなの?」
「これにはそう書いてあるけど……」
ラノベ学園生徒の大半は寮住まい。
その寮もピンからキリまであるのだが、今彼らが居るのはそのキリの中でもキリのキリ、最安価な寮である。
彼ら二人のうち一人は『ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール』。
虚無/ゼロの二つ名を持つ魔法使い/メイジ。
もう一人はその使い魔、背中に剣を背負った少年、ガンダールヴ『平賀才人』。
二人は、とある理由があってこの寮へと来ているのだが……
「……人が住んでるようには見えねえよなあ……」
ぼやく才人。
事実、この寮は薄暗い。というより薄気味悪い。昼からよからぬモノが出そうな勢いである。
……この学園ではめずらしくはないのだが。
「…ああもう、行くぞ。ここでこうしてても埒が明かない」
「ち、ちょっと待ちなさいよ!」
寮の中へと入る二人。目当ての部屋はすぐ見つかった。
その部屋のドアにはこう書かれていた。
『大十字探偵事務所ラノベ学園出張所』と。


87 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:03:04 ID:js4hg9Pn
ピンポ――…ン
呼び鈴を鳴らす才人。しかし。
「「……」」
…誰も出ない。
留守か、とも思ったがどうも違うようだ。中からぶつぶつと何かが聞こえる。
二人は耳をそばたてる。すると聞こえてきたのは…
『ひもじい……ひもじいぃぃ……』
「「…………」」
言葉を失う二人。
「やっぱりあたしたちだけで何とかすべきかしら…」
「かもな…」
何というか、せつなげにそんな会話をする。
だが、この時後ろからかかってきた声で中の赤貧探偵に関わらざるを得なくなってしまう。
「…汝等、何をしておる?」
驚いて後ろを振り向いた。
そこに居たのは、手に購買部のレジ袋を提げた、フリルがついた白い服を着た少女だった。


88 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:04:21 ID:js4hg9Pn
『ふっふっふっはっはー。ふっはっはっはっはー。わひゃーっはっはっはっは!ドォォォクタァァァァァァ、ウエエエエェェェストッッ!!
 メイジのお嬢さん、ならびにその下僕、そしてこのスレをご覧の皆様はじめまして。1億年に一度のどぉぅゎい!天!才!
ドクターウェストで御座いますっっ!
 さぁぁてさて、今回我輩とある研究のためにどぉぉぉしても必要なものがありまして。
 そのために、君たちの持ち物の中にそれがあると知った我輩はこの知性を抑えきれなくなりそれをちょっぱらせていただいた次第!
 この研究が成功した暁には協力者として我輩の改造実験優先券を進呈、そして改造が無事済んだその時にはっ!
 あの憎き魔導探偵大十字九郎を共にぎったぎたのコテンパンにした後に、屋上からゴムの切れ目を入れたパンツ一丁で
吊るしてさらし者にし、「そのゴムが切れた時、お前は死ぬ。(社会的に)」なんて言ってやるのである!
 っつーわけであるからして、『始祖の祈祷書』と『水のルビー』、そしてヴァリエール家の杖はありがたく頂戴。
 貴君らの協力に感謝である、まる。』


89 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:05:21 ID:js4hg9Pn
以上が、今朝ルイズの部屋に残されていたドクターウェストの手書き丸出しの名刺の裏に細かく記された文章である。
この名刺を持ってきたルイズと才人、そして、白いフリルの服の少女、アル・アジフと(そのアルが買ってきた食い物で
空腹を満たした)大十字探偵事務所所長、大十字九郎は虫めがねでこれを読んでいた。
んで、読み終わった後。
「「…………」」
「「…………」」
四者二様の沈黙。
 方や、改めて読んだ名刺の裏書のあまりの内容にせつなくなり。
 方や、出張所での初の依頼なのに故郷でやってた頃とあんま変わんないなー、と、ある種の諦観の念により。
「…で、盗られた物を取り返したいから手を貸して欲しいと」
「…まあ、そういうことです」
 九郎の確認の質問に、才人が答える。
「ひとつ聞きたいのだが、此処のことをどうやって知った?我等は広告費すらも削らねばその日の糧を得られぬほどに
貧窮しておったのだが」
「………」
 アルが語った今更な現状に鬱になる九郎。
「ああ、それなら」
「占い師よ」
「「……占い師?」」


90 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:05:55 ID:js4hg9Pn
 名刺裏とは別の紙に書かれていた『改造手術を受けるのならこちらロボ』という地図の×印の場所へ殴り込もうとした二人を
その占い師は引き止め、この寮の場所のメモを渡しこう言ったという。
『魔導探偵大十字九郎なら力になってくれるさ』と。
「…………その占い師って、黒い髪に紅い眼で、……」
「……なんだ?」
 途中で言葉を切り、アルの様子を伺うようにして続ける。
「…やたら胸がでっかい、美人?」
「「!!!」」
 ぎん。
 そんな感じの擬音が合う眼光をその眼に宿し、それぞれの相方をにらむアルとルイズ。
「…はい」
 そしてその視線に気付きながらも正直に答える才人。すると。
「…ええ、そうなのよ」
 底冷えしそうな口調でルイズが言い、
 ぎゅむ、
 と才人の足を踏みつけ。
 どふ、
 と才人のみぞおちにひじを入れた。


91 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:07:09 ID:js4hg9Pn
「……!!!」
声にならぬ悲鳴。
「ええそうなのよそのとおりなのよこののらいぬったらまたくろかみでむねのでっかいおんなにしっぽふっちゃって
まったくせっそうないったらありゃしないそもそもこのつかいまったら……」
ぶつぶつ愚痴と怨嗟をはく静かな怒声。
「……ああっ、私をお棄てになるのですかご主人さまぁ…私はあなたなしでは生きられぬ体になってしまったというのに……」
腹癒せに陥れようとする演技。
「……アル。お前いいかげん初対面相手に俺を陥れる姦計をめぐらすのは止めれ」
いつものことに対する嘆き。
……事務所はいまや四者四様の混沌の異界となった。
ちなみに、アルの姦計は二人それぞれ痛みに耐えるのと怨嗟をはくのでいっぱいいっぱいで、さほど効果は無かったという。


92 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:09:31 ID:js4hg9Pn
あれからなんだかんだで、ラノベ学園の幾多ある食堂のうちマルトー親父が仕切る所でのしばらくのタダ飯を依頼料代わり
(これも占い師の入れ知恵である)にするということで話はまとまった。
さて、所は変わる。
大十字探偵事務所出張所があるのは確かに最安価な寮であったが、それは家賃を払うと言う前提での話。
学園の敷地の隅っこにぽつんと建っている建物。
学園の誰からも(記録からも)忘れ去られたこの建物、高い安いというよりむしろタダである。
この建物に住む人間はたった一人。その言動はかの『探耽求究』をも超えるほどに常軌を逸すことから、保健室の変態三本柱
(紅と緑とオマケ)からすらもあぶれてしまった、学園中から(多分意図的に)忘れ去られた男。
その男こそは。呪われた頭脳を持って生まれしその名は――
「ドクタァァァァァァァァァーーッ・ウェェェェェェェェストッッッッ!」
ギャァァァァッァァァッァァァィィィィィン!
ギターの旋律に乗せて己の名を叫ぶドクターウェスト。そんな様子を冷ややかに見つめ、
「博士、五月蝿いロボ」
のひと言で主の悦な気分をえぐるのはもう一人の住人……否、一機の同居人、ドクターウェストが鋳造せし
自動人形/オートマトン、エルザである。


93 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:10:43 ID:js4hg9Pn
「そんなことしてる暇があるなら、早く『我、埋葬にあたわず』にも例の新機能をつけて欲しいロボ」
「エルザよ……いつからそんなに自己中で冷たい子になってしまったのであるか?」
「自己中さは博士には負けるロボ。それよりエルザ、早く新しい『我、埋葬にあたわず』でダーリンとの愛の巣を今度
こそこの手で作りたいから――――」
どがしゃぁぁぁん!!
「くぉぉぉぉるぁぁぁぁっっ!!!ドクターウェストォォォォォッッッ!!!!人様にまた迷惑かけやがってぇぇぇぇぇ!!!」
「んお?」
ぼぐしゃぁぁぁっ!!
「げるぶふぉおおおあっ!??」
エルザのセリフの途中、壁をぶち破って現れ、ドクターウェストをぶん殴った黒い影。
「ロボ……?あっ、ダーリン!」
「「ダーリンちゃうわッ」」
息ぴったりのツッコミを入れるその二人は、マギウス・スタイルの大十字九郎と、手のひらサイズに縮んだアル・アジフだった。


94 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:11:17 ID:js4hg9Pn
「……やっぱこの学園の一員だねえ、あの二人。ひもじいひもじいなんて聞こえた時はオレもどうかと思ったがよ」
「だな…よっと」
デルフリンガーを持って九郎があけた穴をくぐってくる才人。ルイズは杖まで盗まれたので魔法は使えない。よって建物
の外で待機なのだ。
「あ…ああ…ハッ」
気絶から覚めるウェスト。
「のぉぉあっ!?お前は大十字九郎ッ!!??とついでに協力者の下僕のほう」
「ざっけんな、勝手に盗んでいって何が協力だ!しかもついでってなんだよ!」
「…下僕は否定せんのか」
「…!相棒、左だ!」
「ロォォォボォォォォォッッ!!」
ぎぃぃぃん!!
「うあっち!?」
デルフリンガーの指示でどうにかエルザのトンファーを受ける才人。


95 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:12:06 ID:js4hg9Pn
「――エルザとダーリンの愛の成就を邪魔する障害は、排除ロボ!ロォォォボロボロボロボロボロボッッ!!」
「う、うお、おおおっ!?」
ガン、ギン、ゴイン、と連続で繰り出されるトンファーを受ける才人。だが、一撃一撃が才人の握力を奪っていく…!
「おおおおおおおおおおりゃっっ!」
ブォン!
「ロボ!?」
ガキィィン!
横合いからの黒い斬撃を受けるエルザ。それはバルザイの偃月刀――!
「大十字さん!?」
「選手交代だ、平賀!お前はとりあえずドクターウェストを動けなくなるくらいにボコッて――――」
ズズズズズ…
その時。不吉な地響きが。


96 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:12:57 ID:js4hg9Pn
「……相棒、なんか地響きを感じねえか?」
「……ああ、はっきり感じた」
「よいしょっと…サイト、今何か地震みたいなのが――」
「ルイズ!?お前、外で待ってろって言ったろうが!」
「九郎、こいつは…!」
「……てめえ、ドクターウェスト!…ってあれ?いねえ!?」
きょろきょろ見回す九郎とアル。そんな二人にエルザが告げる。
「久しぶりにあれを動かすために、ここは少しのお別れロボ、ダーリン」
「なッ…てことはやっぱり」
「…『あれ』か。また面倒なものを…!」
「それじゃ、バッハハーイロボ!」
「ああっ、待ちやがれ!」
いつの間にか床に開いていた穴に飛び込むエルザ。九郎は後を追おうとするが、穴は閉まってしまう。
「探偵よ、それに魔導書の娘っ子、この地響きに心当たりあるみてえだね」
「むう…」
齢千を超えるアル・アジフを娘っ子呼ばわりのデルフリンガー。もっともこの剣は六千歳だが。
「ああ…正直あまり認めたくはねえが…とりあえず外に出るぞ。探し物はこの中にはなさそうだ」


外へ出た大十字一行。地響きはどんどんでかくなり、そして――――
ぐうぃぃぃィ――むっ
「うぉっ!?」
才人の目の前の地面が――否、見渡す辺り一帯が――せりあがった。
そして、そのせり上がりが頂点に達した時、四人は――学園の皆は見た。
その――――――でっかい、ドリルとか腕とか短足とか顔とかがついたドラム缶を。
忘れ去られた建物の地下に、ドクターウェストは格納庫兼リフトを建造していたのだった。

がっきょんがっきょん。
どこか間抜けな足音を響かせて、ドラム缶――破壊ロボは歩き出した。


97 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:13:27 ID:js4hg9Pn
――校舎内。
上条「……なんだありゃ」
悠二「ドラム缶……に見えるけど」
シャナ「……あんなもの作るやつといえば……」
インデックス「……教授かも?」
アラストール「『探耽求究』……奴以外におるまい」
ダンタリオン「皆さん、残ぁぁーーん念ながら違いますよぉぉーーーーう?」
インデックス「わっ!び、びっくりしたかも!」
上条「つか、あんたいつの間に俺らの真ん中に!?」
悠二「…違う?」
ダンタリオン「その通ぉぉーーーり、あぁぁぁーのエキサイティングにしぃぃーて、エクセレントかつ、エェーーーキセ
ントリックに素晴らしいぃぃぃーーーーメカは実に、そーーぉう、実ぃぃぃぃーーつに残念なことに
私が作ったもぉぉーのではありませぇぇーーん!ぜぇぇぇーーひ作った当人に会ぁぁーーってみなくては!」
シャナ「……こんなのがほかにも?」
アラストール「……」


98 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:16:55 ID:js4hg9Pn
『ふひゃーーーーーーはっはっはっはっはっはっはっは!!どうしたであるか大十字九郎!このドクターウェストの頭脳より
生まれた『スーパーウェスト無敵ロボ28號〔こんにちは〜こんにちは〜ラノベの〜皆さん〜♪〕』の前には』
『博士、うるさいだまれ』
『はい』
「ちっ…好き勝手言ってくれやがる!」
「きゃああああああああああああ!」
「ええい、黙らんか小娘!」
 九郎は才人とルイズを担いで破壊ロボから飛んで逃げていた。時折放たれるビームやミサイルをかいくぐるように躱す。
「このままでは埒があかんぞ、九郎!」
「解かってる……!!喚ぶぞ、アル!!!」
「……!ああ!!」
「大十字さん?呼ぶって何を…?」
「相棒、この二人にも切り札の一つぐらいあるってこったろうさ」
「なんでもいいから、手があるなら早くしなさいよ探偵!」
「了解だ、依頼人/クライアント!」
 返事をして地面に降りる九郎。二人を肩から降ろす。
『ほう?遂に観念したであるか大十字九郎?』
「まさか。むしろ観念するのはてめえのほうだぜウェスト。……鋼鉄のダンスと洒落込もうか!!アル、行くぞ!!」
「応!!!」


99 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:17:41 ID:js4hg9Pn
 宗介「会長閣下」
 林水「ん?」
 宗介「なぜあの未確認機への攻撃許可をくださないのですか。このままではこの学園が…」
 林水「それについてはあるところからすでに通信が入っている。『我々の不始末は我々でかたをつける』、だそうだ」
 宗介「…あるところ?」
 林水「……覇道財閥だ」


100 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:18:14 ID:js4hg9Pn
「憎悪の空より来たりて――」
九郎の声が聖句を唱える。
「正しき怒りを胸に――」
 アルの声が聖句を謳う。
「「我等は魔を断つ剣を取る!」」
 重なる二人の声。そして。
「「汝、無垢なる刃――デモンベイン!」」
 二人の聖句に応え、其れは――来る。

其処に有り得べからざる物質が、存在する無限小の可能性。
限りなく『0』に近い確率が集積され、完全なる『1』を実現する。
そして――其れは、この学園に顕現した。
「これ…ロボット…?」
「ああ」
 才人のつぶやきに、九郎が答える。
ラノベ学園では巨大ロボットは、さほど珍しいものではない。それにロボットでなくとも紅世の従などの中には遥かにでかいものも居る。
だが。
それは、この学園にそれまで一度も顕れなかった“鋼鉄の/刃金の”“巨人/巨神”――
「こいつが俺たちの切り札――鬼械神/デウスマキナ『デモンベイン』だ!」
 答えるとほぼ同時、九郎の体が魔術文字となって解ける。そして、デモンベインのコックピットへと転送される。
 ――動き出す。


101 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:19:26 ID:js4hg9Pn
 足元の才人達を手に乗せ、近くの校舎の屋上に乗せる。
 その後に、破壊ロボへと向き直る九郎/デモンベイン。
『ふふん、遂に来たであるなデモンベイン。今日こそ、今日ぉぉぉぉーこそはこの『スーパーウェ(中略)ん〜♪〕』で、
スクラップにした挙句に夢の島にでもこっそり不法投棄してその後でバレて問い詰められても知らんぷり♪にしてくれる!!』
「やれるもんならやってみやがれ!このキ○○○科学者!」
『どぅああーーれが○○ガ○であるかーーーっ!!』
『博士ロボ!(堂々と、かつ晴れやかに)』
『エルズォォァアアアアアアッッ!!?!?』
「己の暗部というものは、誰しも直視したくはないものよな」
 外部スピーカー全開で流れる(、脱力感溢れる)会話。
『ぬえぇぇぇいっ、ともかくっ!今度こそこの新天地で、我輩は貴様に勝つ!エルザ、やってしまうのであぁぁーーるっ!!』
『イエス、ドクター。ロォォォォボォォォォォッ!!』
「……あれだけ言って結局他人まかせか」
「いつものこったろ?ぼやくなよ、アル。……そんじゃ、やるか!!」
「了解だ、九郎!」
「「征っけーーー!デモンベイン!!」」
 ――三位一体の魔を断つ剣が、ラノベ学園の校庭を駆ける。


102 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:20:06 ID:js4hg9Pn
 足元の才人達を手に乗せ、近くの校舎の屋上に乗せる。
 その後に、破壊ロボへと向き直る九郎/デモンベイン。
『ふふん、遂に来たであるなデモンベイン。今日こそ、今日ぉぉぉぉーこそはこの『スーパーウェ(中略)ん〜♪〕』で、
スクラップにした挙句に夢の島にでもこっそり不法投棄してその後でバレて問い詰められても知らんぷり♪にしてくれる!!』
「やれるもんならやってみやがれ!このキ○○○科学者!」
『どぅああーーれが○○ガ○であるかーーーっ!!』
『博士ロボ!(堂々と、かつ晴れやかに)』
『エルズォォァアアアアアアッッ!!?!?』
「己の暗部というものは、誰しも直視したくはないものよな」
 外部スピーカー全開で流れる(、脱力感溢れる)会話。
『ぬえぇぇぇいっ、ともかくっ!今度こそこの新天地で、我輩は貴様に勝つ!エルザ、やってしまうのであぁぁーーるっ!!』
『イエス、ドクター。ロォォォォボォォォォォッ!!』
「……あれだけ言って結局他人まかせか」
「いつものこったろ?ぼやくなよ、アル。……そんじゃ、やるか!!」
「了解だ、九郎!」
「「征っけーーー!デモンベイン!!」」
 ――三位一体の魔を断つ剣が、ラノベ学園の校庭を駆ける。


103 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:22:23 ID:js4hg9Pn
……すみません、ミスってしまいました。
本当に申し訳ありません……。(でも、続けます)

104 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:23:18 ID:js4hg9Pn
「せいやぁぁぁっ!!」
ドガァァァッ!!
『のぁぎゃああああぁぁぁっ!!』『ロ、ロボォォォォォッ!!?』
 デモンベインのハイキックが破壊ロボに決まる。ゴロゴロと転がっていき…しかし、遠心力を利用して起き上がる破壊ロボ。
「ちっ、相変わらずしぶとい…!クトゥグァ!イタクァ!!」
 二挺魔銃を召喚するデモンベイン。それと同時に脚部シールドの周囲が帯電する。
 巻き上がる足元の土や砂……しかし、それら全てが不規則/出鱈目に、重力落下/上昇/停止/出現/消失を繰り返す。
 ――断鎖術式による、時空間歪曲現象。
「ティマイオス!クリティアス!開放!!」
  轟ッ!!
 アルの掛け声と同時に空中を翔けるデモンベイン。破壊ロボをすれすれで飛び越える軌道。
 すれ違いざま、二挺魔銃を構え――
「……散華しろ!!」
 撃つ/BANG。撃つ/BANG。撃つ/BANG――!!

「!今である、エルザァァァァーー!!」
「ラジャーロボ!!」
カチリ。
 ウェストの合図に応え、エルザはそのスイッチを押した。


105 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:24:23 ID:js4hg9Pn
「ッ!な―――」
「―――何だとっ…!?」
 ――――突如。
 クトゥグァとイタクァが消えた。
 魔銃だけではなく、弾丸すらも消えて失せた。さらに――
「っ、断鎖術式がっ!?」
「――――!や、やべぇっ!!」
 時空間歪曲現象すらもが消失。正しい慣性の法則へと引き戻されたデモンベインはそのまま破壊ロボを飛び越え、その
向こう側へと受け身も取れずに突っ込む――。
「ううおおおぉぉぉぉっ!?」「にゃ、にゃああああああああっ!!?」
 ズズゥ……ン!
 轟音を立てて地に落ちるデモンベイン。
 
 それを屋上から見ていたルイズには、あれがなぜ起こったのか理解ってしまった。
「あれって…ディスペルマジック……!?」
「ディスペルって、それって…!まさか!?」
「成る程、それで道具一式ギッていったってわけかい……」


106 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:25:02 ID:js4hg9Pn
「ぬふふふふはははは……えひゃーーーーーははははははははははっ!!!
どーだ見たかである大十字九郎!これぞ今回の大目玉発明品『マジマジいれいずくん(業務用)』であ〜る!
こちらの発明品はまず我輩謹製の解析装置に『水のルビー』を組み込み、それを用いて『始祖の祈祷書』の
文面を解読、その中の『ディスペルマジック』の術式を『ヴァリエール家の杖』を出力装置として『スーパ(略)〕』
周囲にフィールド上に展開するものとなっております。『おかげであの探偵とのTOラブルもきれいさっぱり解決です!』
『これでにっくき彼奴をコテンパンにできました!!』などなど、反響の声も続々と!!」
『二つともてめえの脳内からだろ!!』
頼みもしない発明品解説をやらかすウェストに対し立ち上がりつつツッコミを入れる九郎。
「本当ならエルザの『我、埋葬にあたわず』にもこれのコピーが追加機能として搭載される予定だったロボ。そして
そのだっさいスーツをひん剥いてエルザのマイルームへダーリンをテイクアウトするはずだったロボ……」
『……ほほう、そのようなことを考えておったか機械人形』
がっかりな様子のエルザの声に地の底から響くような声で返すアル。


107 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:26:04 ID:js4hg9Pn
「…何で『ディスペルマジック』だけなのかしら」
何気なくぼそりと呟いたルイズ。すると。
『ご説明するならば出力制御が不安定で無敵ロボ近辺にしか発動できないからであ〜る!』
『近くで『エクスプロージョン』をやればエルザたちも巻き込まれちゃうし、『イリュージョン』を使っても
離れた所に幻影が出ないとあまり意味が無いんだロボ』
『それにほかにも呪文は有るようではあるが我輩の解析装置をもってしてもいまだ解読中なのである(九巻現在)』
 “ぼそり”のはずなのにしっかり聞こえていたらしく、律儀に解説する二人。
「…ご親切に」
 あまりの展開に疲れているのか、気の抜けた様子で礼などいってしまうルイズ。
「……どうして最初から使わなかったんだ?」
これは才人の疑問。
『ふん、貴様も男(おのこ)ならわかるであろう。
 ――新兵器はここ一番の苦境で使ってこそ!それこそが男(おのこ)の浪漫にして美学!!
 イッツ・ジャパニーズ・クール!!!』
 ジャパニーズクール、つまり“粋”。
「……」
 わからなかったからかもしくは呆れてか、とにかく何も言わない才人だった。

「チッ……しかしどうする?」
 舌打ちをして悩む九郎。破壊ロボシリーズには必殺技と言える『ドリル・トルネード・クラッシャー』がある。
おそらく『旧き印/エルダーサイン』すらも解呪/ディスペルしてしまうだろう『発明品』があるからには迂闊に接近戦は
仕掛けられない。バルカンでは威力が低すぎるし、あの『奥義』に賭けるにしてもそれすらも解かれかねない。
「手詰まりかよ、ド畜生……!」


108 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:26:50 ID:js4hg9Pn
――だが、その時!
『科学を悪用するものは〜〜誰が許すとも、我は断じて許すまじ〜〜〜〜』
「「「!?」」」
才人たちの後ろから突如聞こえた大音声。二人は驚いて振り返り、
「!?何だぁ!?」九郎も驚き、
「なッ、何者であるか!」「ロボ!?」ウェストとエルザも驚き、
「な、汝は……」アルは
「……ハァ(溜め息)」呆れた。
 そこに居たのは――
『我は“科学の騎士”なり〜〜〜〜』
 ……なんか名状し難き人型の何か。
 とりあえず才人はこう表現した。
「……潜水服を着たゴリラ?」
『誰が潜水ゴリラですかーーー!!』
(勢いだけ)鋭い反論が返ってきた。


109 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:28:44 ID:js4hg9Pn
『……オーガスタ・エイダ・ダーレス。否、今はエイダ・覇道か。……汝、何故この学園におる』
 アルが潜水ゴリラ――エイダに問う。
『マイアミ市警が購入した新型強化服のオリジナルがこちらの学園にあると聞いたので、それと雌雄を決するためにですわ』
 その答えには何の迷いもなかった。ちなみに、それとは言うまでもなく相良宗介軍曹考案の『ボン太くん』の事である。
『そうしたら、あの―――』
 ビシ、と電撃槍の先端を破壊ロボに向ける。
『不細工極まりないアーカムシティの汚点が校庭で不遜にもデモンベインと戦っているではないですか』
『なっ、不細工極まりないであるとぉぉぉぉぉっ!!?』
『確かに不細工だけど、そっちも人の事言えないロボ!!』
『…全く、同感だ』
『うむ』
同意見な四人。そして破壊ロボとデモンベインも頷くそぶりを見せる。
ついでに、才人とルイズも頷いていた。デルフリンガーも頷けたら頷いていただろう。

『お黙りなさいっ。ともかく、これ以上あなたの好きにはさせませんよドクターウェストっ』
 味方が一人もいなくなったのを誤魔化すように会話を切るエイダ。
『――出番です、リトル・エイダ!!坊ちゃま!!そして皆さん!!!』
『了解した、我が原型(母)』『…まだ坊ちゃまなのか……』『狭いのは嫌だ…狭いのは嫌だ…』『……行くぞ』
 この場の誰のものでもない四つの声が響く。
『L・Aだと?それに、この声…エドガーとアズラッド?』
 アルが呟いた直後。
  ドグォォォォォン
と、爆音。そして――
  ズズゥゥゥン
と、轟音を立てて破壊ロボが傾いた。


110 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:29:49 ID:js4hg9Pn
「な、何が起こったであるかぁぁぁぁ?!!?」
「ちょ、超長距離からの狙撃により脚部関節が破壊されたロボ!」
 コックピット内であわてるウェストとエルザ。
「超長距離からの狙撃であると!?」
「今方向を逆算するロボ……見つけたロボ!」
 エルザが突き止めた方向、その先には――

「……あの、何ですか、あれ?」
 エルザが見つけたものと同じものを指して、エイダに尋ねる才人。
『あれこそは、私が設計した万能自走蒸気機関。その名も“ゴリアテ”と言います』
そこにあったのは、キャタピラの下半身と人間と蒸気船を足して二で割ったような上半身を持った巨大な鉄塊であった。
そのアームには、銃が握られている。
「ちなみに、あの銃もあんたが作ったのかい?」
これはデルフリンガーの質問。
『あら、しゃべる剣ですか!』
 興味深そうにデルフリンガーを見つめるエイダ。しかし、すぐ真顔に戻って質問に答える。
『――質問の答えですが、NOです。あれはこの学園の武器庫からゴリアテのアームで
使えそうな物を見繕ったものですわ』
 先の狙撃で破壊ロボの脚部を破壊した銃である。


111 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:30:51 ID:js4hg9Pn
『敵機動力を削ぐことに成功。原型(母)よ、次の指示を』
 どこかアル・アジフに似た、しかし感情を感じさせぬ声――L・Aの声が通信機を通してエイダの耳に入る。
『ふむ――L・A、ディスペルフィールドの出力装置の位置の特定はできますか?』
『可能だ』
『よろしい。では、特定でき次第装置を狙撃し、フィールドを――』
「ちょ、ちょっと待ってくれよ!」
 才人の声が、エイダとL・Aが出そうとした結論に待ったをかける。
『?どうしました?』
「あのドラム缶が使ってる出力装置には、ルイズの杖が組み込まれてるんだ」
『ルイズ……そちらの方の事ですか』
「ああ、けどそれだけじゃない。あの中にはあいつが大事な友達から譲られたものだってあるかもしれないんだ。だから――」
『L・A、狙撃は中止。ゴリアテをこの校舎に寄せてください』
『了解』
 才人の懇願を聞き入れ、エイダは新たな指令を下す。
『これより私が直接中へ乗り込んで、装置を停止させます』


112 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:32:01 ID:js4hg9Pn
校舎へと寄るゴリアテ。エイダたちがいる屋上へとそのアームを伸ばす。
『任せてください。彼女の大切なものは、必ず取り戻して見せますわ!』
 そういい残し、アームに乗るエイダ。彼女を内部へと収納し、ゴリアテは発進する。
「……あら?」
 不安からか、寄り添おうとして、その対象がどこにもいないことに気付くルイズ。
「……まさか。ご主人様が不安な時にあの犬、また勝手なことを……」
 セリフこそ、怒りから口をついて出たようなものに聞こえるが――
その顔は、紛れもなく自身の使い魔の身を案じるものだった。
 ――彼女の視線は、ゴリアテへと向けられている。

「……で。どーすんだよ、相棒」
「え?」
「あのでっかいドラム缶のまわりにゃディスペルマジックが常にかかりっぱなし。
俺も、相棒のガンダールヴの力もどうなるかわからんぜ」
「……あ」
 ――エイダとルイズに内緒でゴリアテの甲板に飛びうつった才人は、さっそく途方にくれた。


113 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:33:08 ID:js4hg9Pn
『来たロボ、博士!』
『ふん、まともに相手をする必要もあるまい。エルザ、頭部ドリル展開!地面にもぐってやり』
『させっかあぁぁぁ!!!』
  ガキン!!
『すごほぉ!?大十字九郎!!?』
 地中へもぐろうとした破壊ロボをがっしりと捕まえるデモンベイン。引き剥がすべく腕部ドリルでデモンベインを叩く破壊ロボ。
『ええい、この、離すである!!』
『誰が!!』
『ああっ、ダーリン、もっと乱暴に』
『……くっそ、負けるかよっ』
 一瞬離したくなるが、こらえる九郎。
『今だ、ダーレス!』アルが叫ぶ。
『了解ですわ!エドガー、準備はよろしいですね!?』
「おおよ――中の二人は思い切りぶっ飛ばしてもいいんだよなあ?」
『許可します。ですが中の機材には傷をつけないよう』
「へいへい」
 ゴリアテの甲板に二人の人影。
 電動服を着込んだエイダ・覇道とエドガーであった。


114 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:33:50 ID:js4hg9Pn
 電動服を着た二人――エドガーの服は狭所恐怖症であることからヘルメットがない――が打ち合わせをする陰で、
才人とデルフリンガーは甲板横にぶら下がっていた。あくまで乗り込んだのは内緒なのだ。しかし。
『――そこの少年としゃべる剣も、こっちへ来て一緒に行きましょう!』
「「――――――!」」
 バレていた。
 ひょっこり顔を出す才人。
「えっと…なんでわかったんですか?」
『私が教えたからだ』
「え?」
無機質な、この場の四人の誰のものでもない声。だが、どこかアル・アジフの声に酷似している。
「あの魔道所の娘っ子の声か?けどあいつはあのデカブツに乗ってるはずだが」
『その子がアル・アジフのことなら、答えはNOです。彼女はその写し、『ネクロノミコン機械語写本』の精霊。
その名は、私にあやかって『小さいエイダ/リトル・エイダ』。今はこのゴリアテに宿っているため姿は顕せませんが――』
「ダーレス先生さんよ、そろそろだぜ」
 説明の途中でエドガーがさえぎる。
 ――破壊ロボは、眼前に迫っている。


115 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:34:36 ID:js4hg9Pn
『――アズラッドさん、坊ちゃま、お願いします!』
『了解だ、ダーレス!』『……既婚なのにダーレス……』
 旧姓のほうで呼ばれ、しかもそれに慣れている妻に複雑なものを感じる兼定。
 しかし、すぐに気を取り直し、ゴリアテの操縦に集中する。
『『おおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!』』
  がこん!
 デモンベインに組み付かれた破壊ロボを、ゴリアテのアームが掴む。
『さて、行きますわよ二人とも!』
「おうよ!」「はい!」

 デモンベインだけでなくゴリアテからも掴まれて、ろくに動けなくなった破壊ロボ。
「ロボォ?!なんか登ってくるロボよ博士!?」
「んぬぬぬ……エルザ、こうなれば白兵戦用意!すまんが、我輩の命を預ける!!
さあ、今こそ敗北のメビウスの輪を越えるのであーーる!!」
  ギャァァァラギャラギャラギャラギャアァィィィィィッィィイインン!!
 (脳内が)盛り上がってきたのか、ギターを今まで以上に激しくかき鳴らすドクターウェスト。
(……心底五月蝿ぇロボ)
 と、口には出さぬが顔には出すエルザだった。


116 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:35:06 ID:js4hg9Pn
 ディスペルフィールドは、範囲内の魔法、魔術の効力を区別なく消失させてしまう。
 それゆえ、アーム部分はL・Aによる制御ではなくマニュアル操作で掴ませるほか無かったのだが――
 だから才人はひとつ、ダーレスに頼みをした。
 頼みとは――

「おおおおおおおおおおおお!!」
 才人は電撃槍を前に突き出して走る。

 ――電動服の着用。
 ガンダールヴの力は、ある意味意外に電動服にも及び、特に説明を受けずとも才人は使い方を理解した。
 その上スーツの中だからか、武器を持った際のあの高揚感もフィールドにかき消されることもなく持続している。
 服の性能に頼る気になっていた才人にとって、これはうれしい誤算であった。

 そして――
「此処だ…!」
台のようになった頭頂部のハッチ部分へとたどり着いた三人。
  ぷしゅっ
「え?」
 だが、ハッチがひとりでに開く。
「ロォォォボォォォォォ!!」
「うおああっ!?」
 中から才人へ向かって飛び出し、トンファーを振るうエルザ。かろうじてかわす。
「エルザとダーリンの未来のために、ここは通せないロボ!」
『どんな未来を妄想してるかは知らんが、そんな結果にたどり着くことは決して無いッ』
 いちいち音声を拾ってツッコむ九郎。もはや執念すら感じる。
「それじゃ、これでさよならロボ!」
「――って!」
  ジャキンッ!
 エルザはトンファーガンを構える。構えた先はまだ体勢が崩れたままの才人――!


117 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:36:12 ID:js4hg9Pn
「シュー」「ヒャッハアアアアアアァァァァーーーー!!!!!」「とぉぉぉぉぉぉぉ!!??」
 撃つ瞬間、エドガーがエルザに向かってバルザイの偃月刀――を模した刀――をふるい、飛び掛った。
  ガギィン!
 刃と砲身がぶつかり合う。そのさなか、エイダが才人に向かって叫んだ。
『ここは私たちに任せて、あなたは中へ!』
「!?で、でも――」
『大事な人の、大事なものがあるのでしょう!?早く!』
「――!……はいっ!!」
開いたままのハッチへ駆ける才人。
「行かせないロボ!」それを止めようとするエルザ。だが。
「よそ見できんのかよ!ああ!?」エドガーがそれを阻む。
  ヴォォン!
「ロボ!?」ガキィン!
 エドガーの刀をトンファーで防ぐ。だが――!
『えぇーーい!』
「ロボ!??まだ来るロボか!」
 エイダの電撃槍もそこに加わった。
――戦況は膠着。


118 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:36:56 ID:js4hg9Pn
――破壊ロボコックピット内部。
「あ………あが…」
 ドクターウェストは二秒でボコられていた。
「っと………あった!」
道具は三つともあっさりと見つかった。

「ダーレスさん、エドガーさん、見つかりました!」
出てきた才人が作戦の成功を告げる。
『作戦は成功ですね。では、引き上げましょう!』
「ああ?もうかよ!……オレはもうちょい――」
『デモンベインの攻撃に巻き込まれたいのでしたらご自由に』
「……チッ」
「ああっ、待つロボ!」
『待てといわれて待つなんて時間の浪費はできません!えいっ!』
 破壊ロボ頭頂部から飛び降りるエイダ。ほかの二人も飛び降りる。
『――防護術式、展開』
 三人が飛び降りた先に五芒星――エルダーサインが輝く。L・Aが落着の衝撃を和らげるために張ったのだ。


119 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:38:58 ID:js4hg9Pn
『ディスペルフィールドは無力化しました!後は任せます、アル・アジフ!マスター・オブ・ネクロノミコン!
そして――デモンベイン!!』
「「応っ!!!」」
通信機から聞こえるエイダの声に応える九郎とアル。
「断鎖術式、開放!」
 九郎の叫びと共にデモンベインの脚部シールド周囲に再び時空間歪曲現象が起こる。
 エルザが急いでコックピットへと乗り込むのを九郎は見たが――
「――遅い!アトランティス・ストライク!!」
  グォン!
『ろぼぉぉぉぉ!!?』『………(気絶中)』
近接粉砕呪法、アトランティス・ストライク。
本来ならば、時空間歪曲エネルギーを破壊力として相手へとぶつけるデモンベインの必殺技である。しかし。
そのエネルギーは破壊ではなく、対象物をはるか上へと吹き飛ばした。
「……?九郎、なぜ奴らを仕留めずに上空へとほうったのだ?」
「空なら周りには何も無いからさ……!!アル!シャンタクだ!!」
「あ、ああ!凍てつく荒野より翔び立つ翼を我に――シャンタク!!」
「よっしゃ、征くぜぇ!!」
 デモンベイン背部に顕れる黒翼。魔力のフレアがそこから吐き出される。
 ――空を、翔ける。


120 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:39:33 ID:js4hg9Pn
 すっ飛ばした破壊ロボを追うように翔ぶデモンベイン。その最中、九郎は通信を開いた。
「――――!!」
 通信内容を聞いて、ニヤリと笑うアル。
「なるほど、そういうことか……!」

 ――某所、地下司令室。
 オペレーターの一人が叫んだ。
「お嬢…司令、デモンベインから『第一近接昇華呪法』解凍要請来ました!」
 それを聞き、頷く少女。
「解かりました…。言霊暗号化、ナアカルコード送信。術式、解凍!」
 少女――覇道財閥総帥(の座を父から無理やり押し付けられた)覇道瑠璃――が両手を前へと突き出し、構える。
 そして、そこに魔方陣が現れた――。


121 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:40:42 ID:js4hg9Pn
『おおおおおおおおおおおおォォォォォォォォォォ!!』
上昇しながら、両手を剣指の形にし、頭上で重ねてから左右へと振り下ろすデモンベイン。
『旧神の紋章/エルダーサイン』がその跡に刻まれる。
『光射す世界に、汝ら暗黒棲まう場所無し!!渇かず、飢えず!無に還れぇぇぇぇぇぇ!!!』
 九郎の声が言霊を紡ぐ。そしてデモンベインの右手には必滅の術式が――

『博士、いいかげん起きるロボ!!』
『……おのれ大十字九郎。かくなるうえは我輩が作ったには違いないであるが我輩自身にもよくわかんねえ
代物を用いてでも………我輩の血潮が激しくうねって今がその時と轟き叫ぶ!むにゃ………』
『博士ぇぇぇぇぇ!!!』

『レムリアァァァァァ!インパクトォォォォォォォォォ!!!!』
 デモンベインの右手が破壊ロボに触れる。そして――――
『――昇華!!』
 ――――ラノベ学園の空に、あらゆる物の存在を許さぬ絶対否定空間が顕現した。
 そこに巻き込まれずに離脱したデモンベインが旧校舎屋上に着地する。
 昇滅の業火を収める結界が消えるまで、デモンベインはそれを見据えていた――


122 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:41:30 ID:js4hg9Pn
「うぅ…この新天地でも我輩が敗れるだと?そんな…そんなことが許されてなるものかぁぁぁぁーー!…ら?」
「……博士、やっと起きたロボ」
「おお、エルザ。――何故に我輩たちは縛られているのであるか?」
「新兵器用意しても結局負けちゃったからロボ」
 ――ここはドクターウェストが住んでる建物の前。
 いつものことながら、なぜか生き延びたウェストとエルザは九郎のアトラック=ナチャで頭部以外が真っ白に見える程に
ぐるぐる巻きにされている。
 彼らの目の前には九郎とアルがいた。ゴリアテの面々は本当にボン太くんとけりをつけに行ったのか、ここにはいなかった。
「よう、やっと起きたか○チ○○」
「ぬ、貴様大十字九郎。よもやこのまま我輩たちをコンクリ詰めにでもして海の底へと沈める腹積もりではあるまいな」
「いや、それは――」「我らの依頼主の意向次第だ」
「……なぬ?」「ロボ?」
 そんな会話を交わした後、ちら、と“そっち”を向く九郎とアル。ウェストとエルザもそっちを向いた……否。
もとい。向いてしまった。そこには。
「やっとあんたら目を覚ましたのね。ずずず、随分と待っちゃったわよ」
桃色の髪を逆巻かせ、眼をおもいきり吊り上げた依頼人の主人のほうがいた――


123 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:42:22 ID:js4hg9Pn
「犬」
 脇に控える才人を呼ぶルイズ。
「わん」
 声が震えているルイズには何言っても無駄だと理解している才人。犬呼ばわりでもいい返事である。
「今回、私が何してたか言ってみなさい」
「ええっと、せいぜい俺の心配くらいでしょうか」
「ヴァスラ」
「ぎゃわんっ!」
拘束具の電流のショックで叫びを上げる才人。そのままうつぶせに倒れ、その上首根っこを踏んづけられる。
「あああ、あんたの心配ですって?誰がそんなこと。正解は『何もしてない』よ、犬」
「わ、わん…」
「分かればいいの。そそそ、それもこれもみんな――」
 あらためて地面に転がるウェストとエルザを見る。すると、より一層の怒りがこみ上げてきた。
「あんたらが――」
 その左手には、青いルビーの輝きと全頁白紙の大冊。
 その右手には、年季が入った杖。
「こここ、これ全部盗んでいったからよね――――」


124 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:43:12 ID:js4hg9Pn
恐怖のあまり(常軌を逸すほどに)歪むウェストの顔。エルザの第六感回路もヤバげなものをキャッチした模様。
「ちょ、ちょっと待った。そいつはヤバいのである!」
「ロボ!下手すればエルザたち初登場編にして退場編ロボ!」
「そのほうがこの学園にとっちゃありがたいだろ」「うむ、まったくだ」
ウェストとエルザの抗議。だがこの場に彼らの味方は一人もいない。
 そして遂に。
「エオルー・スーヌ・フィル・ヤルンサクサ・オス・スーヌ……」
「……本気だね、娘っ子」
 ルーンを唱えるルイズ。それを聞き、デルフリンガーがポツリ呟く。
「あいわかった。こうなりゃ改造優先券だけではなく試作兵器運用試験参加券に試作日用雑貨運用試験参加券!
さらには無敵ロボ一日操縦券もつけるだけでなくその上なんと!我輩反省しちゃったりしてやるっつーことで、許せ」
「許せるわけ、無いでしょうがーーーーーー!!」
ウェストの長い(上に手前勝手極まる)命乞いが終わると同時、ルーンを最後まで唱え終わったルイズが杖を振り下ろした。
――――エクスプロージョン。

「のぉぉぉぉぉぉぉぉ!
 ノォォォォォォォォォォォォォォォォ!!
 のあぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
「ロォォォォォォォォォボォォォォォォォォォォォォォォォ……」
「おー、飛んでった飛んでった」

 アーカムシティ改め、ラノベ学園の恥、宇宙(ソラ)へ。
   〜〜そして○○○イは星になった(殉職)〜〜

           〜了〜


125 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:44:34 ID:js4hg9Pn
おまけ。 

 この騒動がきっかけで、大十字探偵事務所はそれなりに有名になり、時々依頼も来るようになった。
 だが。世の中、良い事ばっかりではない。弊害とてあるときゃあるのである。
 例えば――

大十字九郎の場合。

ピンポーン
九郎「ZZZ……」
  ピンポーン
九郎「……………」
  ピンポーンピンポーンピンポンピンポンピンポンピンポンピポピポピポピポピポン
九郎「……っっだあああああああああああああ!!うるさああああ」
九里浜「たのもーーーーーーーー!!夏月、まかせたぁ!」
八坂井「はああっ!!」
  どごあっ!!(ドアをぶち破る音)
九郎「ああああ『だがああぁっっ!!!(ぶち破られたドアが九郎にぶち当たった音)』いぎはぁっ!!?」
九里浜「今日こそ表の看板、あたし達九里浜探偵局(仮)が――ってあら?」
長坂「……あー、こりゃだめだな。なんか今日はもォ動けなさそうだ」
三助「…九里浜。そもそも何故探偵であるはずなのにこんな道場破りじみたことを、というのをおいとくとしても」
八坂井「そこをおくんですか…?」
三助「やっぱり短期を起こすのはよくない」
九里浜「そんな事言ったって、いくら呼び鈴押しても出てこないからしょうがないじゃないのよぅ!!」
九郎「しゅ…修理費がぁ……ガクッ(気絶)」

126 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:46:01 ID:js4hg9Pn
アル・アジフの場合。

読子・リードマン「アルちゃぁぁぁぁぁぁん!!読ませてぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」
アル・アジフ「にゃああああああああああああああああああああ!!!???」
(行動描写は、自主規制とさせていただきます)

インデックス「……私も読んでみたいかも。」

 ……とまあ。
 こんな感じであった。


127 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:46:44 ID:js4hg9Pn
 おまけ2。
 天使王は何をしていたか。

ライカ「食事の用意ができましたよー。ジョージ、コリン、アリスンちゃん、それにオルソン君にバート君も
いらっしゃい♪」
ジョージ、コリン、オルソン「わーーい!!」
アリスン(にこにこ)
バート「ありがとうございます」
ライカ「あ、ご一緒にどうですか?」
侵父「では、ありがたく…」

ホッケースティック背負った少年「……平和だねぇ」
頬にばんそうこう貼った地味めな少年「……だな」


128 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:47:39 ID:js4hg9Pn
キャスト
“斬魔大聖デモンベイン(3部作&ド・マリニーの時計)” “ゼロの使い魔”
大十字九郎 アル・アジフ                ルイズ 平賀才人
ドクターウェスト エルザ                マルトー親父
占い師(ナイア)    
覇道瑠璃                      “灼眼のシャナ”
ライカ                        シャナ
ジョージ コリン アリスン              坂井悠二
                           アラストール
“斬魔大聖デモンベイン(外伝シリーズ)”       ダンタリオン
オーガスタ・エイダ・ダーレス             
アズラッド エドガー                “とある魔術の禁書目録”
覇道兼定 L・A                   上条当麻
オルソン バート                   インデックス

“フルメタル・パニック!”    
相良宗介 林水敦信       

“ムシウタ”   
少年二人(薬屋大助、塩原鯱人)  
侵父

“TAMARASE”
三鶴城大助 八坂井夏月
九里浜純 長坂陵梧

“R・O・D”
読子=リードマン


129 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 13:57:07 ID:js4hg9Pn
……やたら冗長な文といい、>>101>>102のミスといい、最後の見ずらいキャスト欄といい、
申し訳ありませんでした。
次があるならこういったケアレスミスが無いようにしたいです。


130 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 16:00:44 ID:4WTfP/nF
デモベ関連のスレでやりやがれでございます。

131 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 16:30:13 ID:U0+oHN2n
デモベはそういえば未参戦だったか

132 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 17:12:00 ID:j95p9jCB
正直ドクターは出オチだからなぁ。
意図的に職人が避けてきたというのもあるかも

133 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 17:17:32 ID:KuG74Lqd
ノベライズを避けてたのもあるな

134 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 19:30:38 ID:NqHSeGeQ
ノベライズを簡単に許してしまうとギャルゲ組とゲーム組の独壇場になってしまう

135 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 20:11:32 ID:yBZjz0iU
何故かガンパレは特に抵抗無く出てるけどな

136 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 20:22:51 ID:u8D+3Z5L
>>134
ノベライズを認めてしまうと某痛快娯楽復讐劇や某あなたはそこにいますかとか
あのへんまで出てくるな。

137 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 20:45:46 ID:VR563Pvn
この議論は前スレにもありましたな。
5121小隊シリーズは単なるノベライズじゃなくて榊ガンパレとして一つのタイトルになってるからじゃないですかね?
話もよく作り込まれているからギャルゲなんかの単発ノベライズ物とは基本的に一線を画しているし、ディスガイアみたいな本編の続きみたいなのとも異なってるし。

本当は書き手の判断に任せたい所なんだが、それだと何でも有りと勘違いする輩が出そうな気もするわけで。
別に妄想垂れ流し交流の場なんだから一々文句はつけたくないが、原作設定は無視する、キャラが全く別人、ラノベとは関係ないのを出すなどの酷いのがいると原作好きなファンの批評(というのは正しいのか?)が非常に口汚くなる。
結果、何か空気がしらける。
だからホントはこの手の問題の基準は物凄く重要………でも、難しいんだよなぁ。

138 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 21:23:06 ID:gqB8ItVF
俺個人の意見としては、あんまり酷くならない限り職人さんの判断に任せたいけどね。
ただ、原作無視厨やら、それに過剰反応する信者やらが沸いて空気が悪くなる可能性が高いから
止めた方が無難だろうとは思うが。

139 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/08(木) 23:40:51 ID:Q77fdpKT
大作乙
面白かったよ
ただ色々と問題のある作品ではあるなあ


140 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/09(金) 01:00:35 ID:LZiFMpV3
確かに面白かったんだが、ちょっと長いな…
導入だけ書いて他の人にパスって方がよかったかも。どうしても最初から最後まで面倒見たいなら簡易投稿所でもいいし。
容量とかで負担掛かっちゃうのもあるしさ。

141 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/09(金) 08:58:40 ID:KypNOtrq
新羅「やあ佐山君。こんなところで会うとは。邂逅相遇ってやつだ」
佐山「いや、全くだ、岸谷先生。模型屋で闇医者に会うとは。一体何を買いに来たのかね?」
新羅「やー、それはだ。うん、それは……」
佐山「……岸谷先生、性犯罪者になる前にその石膏の使い道を答えたほうがいい。弁護はしないが」
新羅「実はさ、バレンタインにセルティの『おっぱいチョコ』を作ってもらうことに決めて」
佐山「医者でもセクハラの強要は重罪だよ、岸谷先生?今自首すれば終身刑ですむ」
新羅「俺の2倍は石膏抱えている奴に言われるとは思わなかったな。同属嫌悪かい。二つも造るかな?」
佐山「ははは。胸なら齧りついて2つはいけるといってのけた洋モノハードエロスがいたが
   私はもっと違いの解る男だよ?あんな大味な男と一緒にしないでほしいものだね」
ヒオ「は、原川さんはちゃんと下ごしらえをして揉んで解して、それからじっくり味わうって言ってましたの!」
新羅「ん?何か聞こえなかった?」
佐山「ああ、きっと裸人教のお告げではないかね?まあ私の尻の精霊には敵うべくも無いが」
新羅「尻?」
佐山「そう、尻だ。私の原料が2倍あるのは切君と運君、2人の尻型を採るためだよ。
   型取りしたチョコを二つ並べて違いを愛でる。宇宙の帝王にのみ許された贅沢だね?」
新羅「すごい傲岸不遜だが、確かに真似できないな。なら僕は「セルティの全身像+翼」を製作して
   『サモトラケのニケ』を再現することにするさ」
佐山「フフフ。それは尻神様への挑戦だね。ならこちらは前面有る無しの差まで鑑賞するとしよう」
佐山・新羅「店長、IAI製『肌に優しく、でもガチなの』セメント、追加注文だ!!」

ゴキィ!
コキャ!

セルティ『店長、迷惑をかけた。請求はUCATにまわしてくれ』
新庄「ヒオ、連絡ありがとうね。セルティさんも乗せてくれてありがとう」
セルティ『お互い様だ。さ、新庄、それにヒオもサイドカーに乗るといい。送って行く』

ブロロロッ……。
店長「…そういえばヒオちゃん、何の用だったんだろう?」

142 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/09(金) 09:00:09 ID:KypNOtrq
CAST
佐山・御言@終わりのクロニクル
新庄・切運@終わりのクロニクル
ヒオ・サンダーソン@終わりのクロニクル
岸谷新羅@デュラララ!!
セルティ・ストゥルルソン@デュラララ!!



おもむろに投下ー。
よくネタを出す身としては、空気さえ悪くならなければノベライズでも何でも
ちょこちょこ投下があった方が嬉しいな。その方が後に続きやすいし。
面白いボケならツッコミいれて、つなげられそうなら斜め上にかっ飛ばすw。
そうでなきゃスルーするだけだし。よくツッコむタイミング逃すけど。

ところで原作無視についてちょっと聞きたい。
バレンタイン絡みになるかもしれないが、別作品のカップリング。
主役級とか、原作で相手やフラグ持ちwのキャラはもちろんダメだろうけど
そうでない脇役・相手無し同士の場合。

たとえば、護くんの周藤汐音と、GOSICKのグレヴィール・ド・ブロワ。
変な髪形で失恋経験ありが共通項のこの二人。そのあたりで絡ませて
でもまあそれなりに美形同士の男女だから、ふとした時に……
っていうのがあると和むし萌えるかなあ、と思わなくも無いんだが。
というか、そうでもないとバレンタイン辺りクロスがさせにくくて。

その辺り、どの辺までOKだろうか?


143 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/09(金) 15:20:49 ID:d7S2wLRC
なんとなく電波を受信してしまったのでとりあえず置いていってみる。

>>86-128の数日後。某教室
かなめ「で……ソースケ? この潜水服を着たボン太君は一体何?」
宗介「うむ、良くぞ聞いてくれた、千鳥。これこそミス・ダーレスとの共同開発で実現したボン太君の最終形態、"ボン太君 ver.G"だ。
    彼らの持つ独創的で且つ十分に実践を経た技術的発想を加味して更に(以下略」
L・A「これは我の力と馴染みがよい。外見も中々にらぶりーだ」
エイダ「光栄ですわ」
かなめ「それ以前に……」
宗介「どうした千鳥」
かなめ「学校に! こんな危なっかしい! 機動兵器を! 持ち込むんじゃ! なーーーーーい!」
宗介「ま、待て千鳥、おちつk」

L・A『62、63……64Hit。凄い格闘能力だ』
エイダ「ゴリアテのパイロットにスカウトしましょうかしら」

エドガー「狭いのは嫌だ…狭いのは嫌だ…」
兼定「……やっぱり既婚なのにダーレス……僕の存在って一体」
アズラッド「ボン太君を信じろ……アレは、人間の為のデウス・マキナだ」



*宗介が倒れた後、この五人(四人と一冊)にもかなめのハリセンが炸裂したことは言うまでもない。

144 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/09(金) 15:22:36 ID:d7S2wLRC
キャスト
“斬魔大聖デモンベイン(外伝シリーズ)”     
オーガスタ・エイダ・ダーレス             
アズラッド
エドガー               
覇道兼定
L・A                  

“フルメタル・パニック!”    
相良宗介
千鳥かなめ    

145 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/09(金) 20:43:22 ID:ayBjAASO
アズラッド何やってるんだw

146 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/09(金) 22:47:56 ID:6M61pzca
なんか昨日の長文連投とか節分の最強バトル厨とか最近SS多くないか
作家スレみたく潜伏していたワナビがまた調子に乗りはじめてないよな


147 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/09(金) 23:00:34 ID:spJxmuVc
あっれここってSS書くところじゃないの?

148 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/09(金) 23:34:02 ID:6M61pzca
いや「もしも一つの学校にいたら」どうなるっていうネタスレだろ
SS書くなとはいわんが作家スレみたくリレーとかで占拠するのは勘弁してほしい


149 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/09(金) 23:35:05 ID:2bHqqztK
クロスネタならネタ雑談でもSSでも好きにやればいいんじゃないかなー

150 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/09(金) 23:36:38 ID:spJxmuVc
俺ルール?

151 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/10(土) 00:17:34 ID:6Ql8zVVY
ssもネタの一つの形っていうか。このスレ今までほぼssメインで
進んできてるような気がするっていうか。キャラぶっ壊れの
ウヘアなもんが投稿されてるようでもないのに(最近投下されてるの
知らんキャラがほとんどだからよく分からんが特にその点に文句は
出てないみたいだし)そんな喧嘩腰で文句垂れるくらいなら
それこそ自分でネタの一つでも落としてけというか。

152 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/10(土) 01:19:47 ID:nsCUnTrO
SS=ワナビとか考えるのは創作文芸辺りに毒されたのが原因である(或いは毒された人間からの二次感染)可能性が高いのでどっかで浄化してこい。

つーか正直何を今更?という気が。
トナメとか核撃墜とか(それ以前はいなかったけど多分体育祭その他も同じような感じだったんでは)あったじゃないか。
と、SS目当てでROMってた俺が言ってみる。

153 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/10(土) 01:25:17 ID:SwQpPbq7
俺が読んだり参加したりして面白ければそれでいいよ
面白くなかったら黙ってあぼーんしとくよ

154 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/10(土) 02:51:27 ID:Be0KNSeB
んー、自分はSS書く人、増えてくれた方が嬉しいんだよなあ。
このスレのぞくようになってから、思考がSS寄りになってて、思いついたネタを投下したい
けど、一人で連続投下は気が引ける、っていう手前勝手な理由なんだけど。
リレーはどうでもいいけど、ネタは皆でいじった方が予想外のが出て面白いし。
ただ食いつきやすく、クロスさせやすいネタって難しいんだよなあ。

人が増えれば改善されると信じて、今日はネタ連打ー


155 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/10(土) 02:54:43 ID:Be0KNSeB
――ライトノベル学園新聞より抜粋――

2月×日、生徒会の指導の下、相良率いる風紀委員会の『チョコ』一斉取締りが行われた。
これにより学食のトメ婆さん(昭和12年製造)が、『チョコ』の不法所持で連行。
この不祥事に対し学園側は学食の早急な再開とともに、マルティジョーファミリーの
関与について厳しく追求するとの姿勢を見せている。



156 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/10(土) 02:56:59 ID:Be0KNSeB
筋肉部部長「何故だぁ――!!何故我々にチョコを売らん!!そんなに俺の僧帽筋が憎らしいかぁ――――!!」
筋肉部A「部長の!部長の広背筋が!チョコが塗られないことを知って泣いているっ!」
筋肉部B「俺の上腕二頭筋だって!あの感動を、あの男祭りをもう一度望んでいるんだぁ――――!」
筋肉部C「部長、もっと。もっと俺らにその輝きを見せてくださいっ!!」
筋肉部部長「そうか!そうだろぅ!!お前らの悔しさ、辛さわかるぞ!!その悔しさをバネにしろっ!本気になれ!!!
    この腹直筋が全て受け止めてやる。どうだお前らっ!バリバリかっ!バリバリきてるかぁあ!!」
筋肉部ABC「キレてま――――――――――――――っす!!」
店員「だからっ!生徒会の通達(>>74)で、いまはチョコの扱いがうるさいの!
   大体、半裸・裸体にチョコを塗ってカップルを応援、ってどこの変態奇習だよ!
   元締め(川平啓太)の許可は取ったのか?!
   ついでに言うと、あんたらの濃さは100レスかけても表現できないから!」

カンフーファイター「オーゥ皆さん落ち着いて。私の大胸筋と乳首を見てリラーックス(ピクピク)」
筋肉部一同「来てるよバリバリ来てるよ、前世紀最大のバリバリだよ(歓喜と畏れと慄きの悲鳴)」

CAST
筋肉部@学校の階段
カンフーファイター@激突カンフーファイター


ところで
・元締め(川平啓太:電撃系裸族TOP)
・大統領(カンフーファイター:富士見系裸族TOP)
とした場合、
・国王(?:スニーカー系裸族TOP)
は誰がふさわしいだろうか?称号は適当ですw

157 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/10(土) 02:58:55 ID:Be0KNSeB
――入居者募集
・石造り2階建て(地下1階)
・築47年
・アトリエ、温泉、ログハウス、修道院つき
・家賃 相談に応じます

ようこ「ねーねー、ケイタ何これ?」
啓太「ん。ほら、この学園、安い部屋探してる学生が多いって聞いてさ。
 この屋敷部屋も余ってるから、少しでも収入になればと思ってな」
ようこ「へー、カオルにはきいたの?」
啓太「ああ、一人二人ならいいってよ」
(こうすりゃ、女の子がいても不自然じゃないしなグフフ)
ようこ「でもさ〜」
啓太「何だよ」
ようこ「このお家、幽霊とか精霊とかいるのにだいじょ−ぶ?」

???「きゃああああああ」

・備考 若干の霊障あり。気をしっかり保てる方向き。


CAST
川平啓太@いぬかみっ!
ようこ@いぬかみっ!

158 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/10(土) 09:34:59 ID:15l4oQK6
スニーカーで全裸というと円環少女の錬金大系が

159 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/11(日) 18:47:51 ID:USK1W8ys
ヴィクトリカ「ふむ、九条。君、甘いものは好きか」
  九条「甘いもの?えーと、飴玉とか?
     姉さんが送って来た金太郎飴まだ残ってたかなあ」
ヴィクトリカ「ば、馬鹿だなあ、君は。
     甘いものといえばチョコレートに決まっているではないか」
  九条「チョコレート?うーんどうかなあ。あ、そうか。
     ヴィクトリカ、君チョコボンボンが食べたいんだね。
     ちょっと待ってて。寮母さんにあったか聞いてくる」
ヴィクトリカ「あ、九条……」

ヴィクトリカ「おかしい。日本ではチョコを贈ると喜ぶと聞いたのだが。
     まだ何か混沌の欠片が不足しているのか」

しばらくそこらでクッションを顔を埋めてはバフバフしたり
パラパラ本をめくっては、むー、と唸るヴィクトリカでした。


160 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/11(日) 18:49:22 ID:USK1W8ys
ツンデレ系によるバレンタインの探りあいということで
GOSICKからヴィクトリカと九条のやり取りはこんな感じかなあと。

きっと某ゼロの人とか某禁書のLv5とかは
すごい動揺しながら訊ねたり、投げつけるように渡すんだろうなあ(ウットリ)


>>158
やっぱりその人か。
称号はいっそ
啓太(ゲバル)、カンフー(オーガ)、スピッツ(オリバ)の衛星偵察の対象(超危険人物)にして
四人目(バキ)を他のレーベルから探してみるかなw


161 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/11(日) 21:00:24 ID:IaMXGgWR
ファミ通のハプシエル(まかでみ)とか?
ただの変態マッチョかもしれないけど

162 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/11(日) 21:34:31 ID:eTWn0Pyc
しかし、一体何組のカップルがバレンタインデーを無事平穏に過ごすことが出来るのだろうかね?
かなりの数が嫉妬組に邪魔されてしまうんだろうけど。
あと、複数から本命もらう奴も大変だろうな。上条とか、上条とか、ついでに上条とか。

163 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/11(日) 21:43:57 ID:UUTkk0BO
奴は義理だと思って受けとりやがるけどなっ!!(血涙を流しつつ

164 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/11(日) 21:48:53 ID:kinIKQz+
ナインエスの由宇と闘真はどうなるだろ?
・・・・・由宇がすごい形のチョコつくりそうだ。


165 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/11(日) 22:05:55 ID:SZ0nDNU0
すごい形のチョコというと巨大心臓型チョコとかだろうか。

166 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/11(日) 22:19:42 ID:q4+j6U+N
>>165
血の味がしそうだなww

167 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/11(日) 22:43:29 ID:4WaKtFez
チェル姐さんは教頭にチョコを渡せるかな?

168 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/11(日) 22:44:05 ID:vjEsCUSi
>163
そんなあなたに文暦
受け取った数は一万超えたんじゃなかったっけかな

169 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/12(月) 00:51:48 ID:cl5KJHX5
>161
筋肉マッチョに半ズボンタイツ、髭面、角刈り、黒ルージュのあの『天使』さんか…
確認のために見ちまったんだけど、あの挿絵きっついわあ…筋肉部とも仲よさそうで。
……やたらと祝福のキスを与えるマッチョオカマなんだけどさあ
2/14「祝福の甘〜い口移しチョコ」を嫉妬組最終兵器に投入したら、人道に反するかな?

>165
できれば血に反応してドックンドックン脈打つような奴をw

>167
1スレ目ではカレールー渡してましたw

>168
それに載ってたさあ、神裂ねーちんのとても口には出せないチョコの渡し方
だれか教え(妄想し)てくれないか?ねーちんの襲撃覚悟でw


170 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/13(火) 19:43:47 ID:gSsYTQTQ
>>142
もしややエロが乳型チョコや尻型チョコを欲しいと言ったら
美影さんは張り切って作るのだろうね、自分の体使って






嫉妬団のブラックリストのTOPに名前が載ってそうだw

171 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/14(水) 23:37:59 ID:P5RSJ4ZW
一般生徒A「お前どうだった?」
一般生徒B「・・・何もなかった」
一般生徒A「・・・俺も、上条やいーちゃんとか大変だったらしいな」
一般生徒B「みたいだな、嫉妬団は結局生徒会に鎮圧されたな、お前参加しなかったのか?」
一般生徒A「余計惨めになるだけじゃん」
一般生徒B「だな」
一般生徒A B『はあ〜〜〜』

二月十四日放課後の毒にも薬にもならない会話

いーちゃん@戯言シリーズ
上条@とある魔術の禁書目録

172 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/14(水) 23:47:16 ID:fOnjqqAO
コンコン。
「ういうい、どうぞー」
「失礼いたします」
ゆっくりと扉を開け、エーネウスは主の書斎に入る。
「お飲み物をお持ちしました」
用件を告げながら、片手を動かして軽く机の上をかたし、カップを置くスペースを作る。
その間も主の手は止まらず、瞬く間に白い紙の一面が埋め尽くされていく。
エーネウスの主、佐久間栄太郎。
魔法使いとしても名高い彼が、それほど熱心に書き連ねるならどれほどの高度な魔法理論かと
魔道を学ぶものなら興味を引かれるところだが…。
「新作のプロットですか」
「おう。今度のイベント、流石にコピー本だけというわけにはイカンしな」
エーネウスがてきぱきとまとめていく紙に描かれているのは、獣耳の女の子。
それもかなりきわどい衣装のイラストやラフスケッチ、設定、書割。
ある意味、別の冥府魔道を追求している。
「ま、年末のサバトに比べたら、ぜんぜん修羅場でもないんだけど…お?」
一旦、手を止め、湯気の立つカップに口を近づけた時、栄太郎はいつものコーヒーと違う匂いに気づいた。
「お疲れかと思い、甘いものを」
「別に疲れは…ああそうか、今日は。ふーん、へー、なるほどね」
からかうような栄太郎の声に表情は変わらぬまま、エーネウスの頬が僅かに赤く染まりピクリと耳が動く。
それを楽しそうに見ながら栄太郎は、チョコドリンクに口をつけた。

「んー、しかしエーネはこんなことを回りくどいことしないで、直接渡すと思ったんだけどな」
「ええ、ですが、一緒に作りたいという方がいらしゃいまして。たまにはこういうのもよいかと」
ふーん誰と何気なくたずねる栄太郎の問いに、返ってきた答えは意外な名前だった。
チェルノボーグ。
学園でも厳しい無口な女教師。というよりモレク教頭を「黙れ、痩せ牛」「もっと威厳を持て」など
叱咤し、時には蹴りまで入れるくせに影では心配する重度のツンデレさんとしての彼女のほうが
よっぽど、有名かもしれない。


173 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/14(水) 23:48:59 ID:fOnjqqAO
「ふーん、へー、ほー。チェルノボーグ先生がねえ。…それは是非見てみないとな」
おもむろに透視の呪文を唱えだす栄太郎。生じた魔法の鏡を武器付モップ『デスキン』で粉砕するエーネウス。
「覗きはよくありませんが」
「いやぁ、エーネと一緒に作ったて言うからさ。彼女もメイド服なのかなー、って気になっただけで」
「いえ、流石に服までは…。でも、そうですね」
台所に立つチェルノボーグの姿を思い出す。
不釣合いに大きな右腕を押さえ、慣れぬ手つきで鍋にお湯を張り、チョコを溶かすチェルノボーグ。
いつもの無表情で鍋の中身を混ぜるチェルノボーグだが、実は緊張しているのかもしれない。
台所に立つのもひょっとしたら初めてなのかもしれない。渡す時どう切り出すか悩んでいるのかもしれない。
けど。面と向かってはつっけんどんにしか渡せないだろう彼女も、今、モレクのために準備をするその時だけは。
「とても嬉しそうでした」
エーネウスの返事を聞いた栄太郎は、しばらく空を見つめると再び呪文を詠唱し、同じように阻止される。
「だってさー、あのチェル姐さんとモレク教頭だぞ?どーせ教頭は全然気づかずボヘヘーンとしてんだろうけど
チェル姐さんがさっきのエーネみたく、ひっそり頬を染めてるとことか見たくね?」
それは、と言葉に詰まるエーネウスの隙をみてまた呪文を唱える栄太郎。
三度デスキンを振るうエーネウス。ただし今度は栄太郎の頭に向けて。
「栄太郎様」
ぶー、何だよケチーと不平をたれる栄太郎だが、流石に頭にデスキンをブッ刺して血をドクドク垂らすのには
懲りたのか、おとなしくチョコドリンクをすする。
できれば、こんな主とは違ってモレクがきちんと褒めてくれることを願うエーネウスだった。
……


「お気を使わせて申し訳ありませんチェルノボーグ殿。ふう、甘くて温かくて、美味しいですねえ」


CAST
佐久間栄太郎@まじしゃんず・あかでみぃ
エーネウス@まじしゃんず・あかでみぃ
チェルノボーグ@灼眼のシャナ
モレク@灼眼のシャナ

174 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/14(水) 23:50:15 ID:fOnjqqAO
同時だった。
同時に食べ始めて、同時に食べ終わる。
気がついたらきれいに空になった皿だけが残っていた。

「あう〜」
「やっちゃったかも」

チョコケーキ好きのようこと、底なし胃袋のインデックス。
バレンタイン決戦用チョコケーキを自分で作って自分で食べてしまう。そんな過ちをしないよう
世古口司を先生に呼び、同じ悩みを持つものどうし監視しあうと決めて。
機械オンチのインデックスにミキサーの使い方を、世古口が10分以上かけて教えたり
「しゅくち」で混ぜた生地を出して3分クッキングと言うようこを、世古口が諭したり
インデックスが魔術的な何かを生地に入れようとするのを、世古口が阻止したり。
ようこが「だいじゃえん」で一気に焼き上げようとするのを、世古口が必死で止めたり。
それだけ(世古口が)必死に頑張ったのに。

出来上がったケーキを互いに見せ合って、交換して、すごいねと褒めあっているうちに。
ついついフォークを手にしていた。
うん。確かに自分で作ったケーキは食べなかった。うん、自分のは食べなかった。

「もう、間に合わないかも」
「ふえ〜ん、どうしよう」
「二人とも落ち着いて、ね?」

結局、世古口が見本に作ったケーキを一切れずつもらって帰ったのだが。
自分の手作りでこそ無いものの、チョコケーキを渡せた二人の少女の結末は。
飼い主(wの性格で明暗くっきり分かれることになる。

175 :川平啓太の場合:2007/02/14(水) 23:51:31 ID:fOnjqqAO
「はいケータ、これ。"ばれんたいん"のちょこれーと」
「お?悪りぃな。うぉ、やけに凝ってるな。手作りか、これ?」
「え、と、そのちょっと失敗したから司に作ってもらったの」
「はーん道理で。あいつお菓子作りが趣味って聞いてるしな。んじゃ遠慮なくいただくか」
「(…じー)」
「え…遠慮なく」
「(…………じ――)」
「……はあ…ほら、よーこ。食え」
「……え?だめだよケータ。それはケータにあげたんだから」
「いや、気持ちだけで十分だから(すんごい欲しそうな目で見られて食べにくいつーの)
その代わり、来年はこれより美味いもんお前が作って食わせてくれよ」
「うぅ〜ケータぁ〜」
「あー、ほら顔拭け。どうだ、美味いか?」
「あぅ〜おいしいよぉ〜うれしいよぉ〜」
「そうかそうか、よかったな(なでなで)」
「ケ〜タ」


176 :上条当麻の場合:2007/02/14(水) 23:52:59 ID:fOnjqqAO
「とうまとうま、はい、これプレゼントなんだよ」
「はぁ?!まさか罠…って、うぉ、チェコケーキ!インデックスさんどうしたんですか?
思わず敬語で聞いちゃいますけど、お前偽者とかじゃねえよな?」
「とうま、その言い方はひどいと思うの。今日は"バレンタイン"だよ?いつものお礼には当然かも」
「あ、そうか悪りぃ。けど義理とはいえ2個もケーキ食えるってラッキーだな今日は」
「え……?義理?2個?」
「おう。なんか御坂の奴も授業で作ったけど女子校だし、白井にやったらそれこそ勘違いされるから
ってんでもらったぞチョコケーキ。授業の余りつうのがいかにも義理だよなー」
「……何か言ってなかった?」
「んー。言ってたつうか、あれだ。いきなりケーキの包み渡してな、『勘違いしないで』とか
『他の人にはもう渡したけどまだ余った』とかさっき言った授業やら白井のことなんかを
一方的にまくし立てて走ってった。すげえ勢い、つーかあいつ人の話きかねえよなあ」
「それはとうまも一緒なの……」
「そんなことねえぞ。ま、いいや。おぉ御坂のも凝ってたが、世古口のもすげえな。
と、そうだインデックス。あとで値段つーか材料費教えろよな。ちゃんと値段分ぐらいの
お返しはするから……ってインデックスさん、なんでそんな目でこっちを睨んでるんですか?
あ、あれか?やっぱり食べたくなったとか。で、でもどうせ世古口のところで散々試食したろ?
だからい、いぃ――たぁ――!あああフォーク使ってるから手にチョコは付いてませんよ?!
痛たたたっ!指ちーぎーれーるー。インデックスさん、止めて―ー」
「ふぁーふぁひは!ふほひほひほひふぁひふほうはほ!!(とうまには!少しおしおきがひつようかも!!)」
「何言ってるかわかんねえよ!何この局所的血のバレンタイン?!やっぱ不幸だ――――!!」

CAST
ようこ@いぬかみっ!
川平啓太@いぬかみっ!
インデックス@とある魔術の禁書目録
上条当麻@とある魔術の禁書目録
御坂御琴@とある魔術の禁書目録
世古口司@半分の月がのぼる空

177 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/14(水) 23:54:15 ID:fOnjqqAO
「ステイルここにいたのか。っと、タバコ見つかるとまずくないか」
「ああ池か。いいのさ、これはシガレットチョコだからな。例の小さい先生に貰ってね。どうだい君も」
「いいのかな。今日くれるってことは、その、そういう意味なんだろ」
「まさか。それに構わないよ。まだたくさんある」
差し出されたチョコの包み紙を向き、口に運ぶ池。
「……第一、IAI製「青春のほろ苦さ!あの日流した汗と涙」味だしね」

…モグモグ。
「……ここで『ブフゥッ!』とか吐き出すのがお約束なんだろうけど……」
「半端に食えるのが嫌だろう」
「うん。なんか塩ようかんみたいだね、これ。こっちの方がずっと不味いけど」
「こんなのが他にもあるのか。理解しがたいな日本という国は」
ビリッ。
「……まともなチョコが欲しいね」
「言うな。それを言って苦しめないために身を引いたんだろう、君も僕も。言えばただの繰り言だ」
「……僕は違うよ」
屋上の手摺にもたれ、引き剥いだ包み紙を眼下に落としながら池は続ける。
「彼女にも傷ついてほしくなかったけど、僕は自分が傷つきたくなかったんだ。だから引いた。
彼女が好きだって言いながら、どこかで冷静に計算して、無駄に物分かりがよくてが踏み込めない
さっきだって面白いリアクションもできなくて普通で……。それだから僕は、あいつらに……」
「だが僕らは選んだ。影に、踏み台にされると知ってもあの笑顔のためにそう望んだはずだ、池」
ビリッ。
「本当にたくさんあるね、このチョコ」
「ああ、『ちゃんと禁煙するんですよー』なんていいながら、1ダース近く押し付けられたよ」
「なら捨ててしまえばいいのに。迷惑なんて考えないでさ……本当、律儀だよね」
「……君もな」
ビリッ。
そしてその後しばらく、二人は無言でただ包み紙を破き続けていた。

178 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/14(水) 23:55:31 ID:fOnjqqAO
CAST
スレイル=マグヌス@とある魔術の禁書目録
池速人@灼眼のシャナ

えーと、>66からスルー組のその後w
この後、結局ニコチン切れでぶちきれたステイルが当麻に襲撃をww
いや、嘘ですよ?

179 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/15(木) 02:43:53 ID:M2n+o/OS
<黒本>というものがある。
ライトノベル学園においても、一級に属するご禁制の魔道書である。
厳密に言えば<黒本>は魔道書ではない。
それはモールドを介して魔法を使役する<魔法士>、その装備についてのマニュアルでしかない。
だがそれなりの知識があればそこからモールドを製造―まがい物の粗悪品だが―し、
ある種の麻薬を用いて魔法を使う技能を脳に定着することができる。

まあ、それだけならまだいい。
所詮、まがい物でしかない技術では、大規模な術など到底行使できない。
だが本来モールドを介して行うべき魔法の違法な行使は、人体に魔素を蓄積させる。
それが一定量を超えたとき、術者は醜悪な魔物へを変わる

そう、ちょうど彼のように。


180 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/15(木) 02:45:12 ID:M2n+o/OS
<黒本>を抱え、彼はつぶやく。
「もういい……もう怖いもんなんかねえ……ああ、そうさ」
ぶつぶつ呟く彼を、本日チョコを渡しめでたくカップルとなった二人が気味悪そうに見る。
「七万の大軍より怖いもんを教えてやるよ、ボクちゃん。
いいか、こちとら生まれてこのかた19年……春夏秋冬……朝昼晩……」

「もてねえんだよぉ!!!!!!!!!!!」
突然あがった絶叫に、周りの生徒が振り向いて彼を見る。
見ないのは靴箱にきれいにラッピングされたチョコが入っていた幸運な男子生徒だけだ。
「だめだ・・・・・もうだめだ。お前ら、僕を完全に怒らせた。」
手にした<黒本>を開く。
そして彼は破滅を選び、魔法中毒患者――通称『魔族』へと変貌した。

それは、ハート、もとい、心臓から足の生えた姿の巨大な異形。
本体は校舎の3階まで届く巨体。そしてそれを支える太い足。
黒く、僅かに光沢を帯びた体はドクドクと脈打っている。
チョコレートで構成された体は、脈動に合わせ動脈から熱いチョコドリンクをぶちまける。
すでにその体には<謡うもの>が現れ、魔法防御たる魔力圏を生成する歌を唱え続ける。
「♪チョッ、コレート♪チョッ、コレート♪チョコレートはメ・イ・ジッ♪」
最後の言葉と同時に、魔族の頭上に嫉妬の炎が吹き上がり、校舎やグラウンドに降り注ぐ。
バレンタイン。恋人達の楽しい放課後が、一瞬にして阿鼻叫喚の地獄絵図と変わった。

181 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/15(木) 02:47:12 ID:M2n+o/OS
「撃て――!!」
いち早く駆けつけた警備員、及び、風紀委員、それに近くにいた生徒達の一部から、
一斉に銃弾や炎、電撃といった攻撃が魔族に押し寄せる。
だがそれら全てが魔族本体まで届かない。
自らの復元すら行える魔族を倒すにはその制御中枢―脳組織―の5割以上を
破壊しなければならない。
しかし強力な魔族になればなるほど、<魔力圏>と呼ばれる物理法則の全てが
魔族の思いのままになる領域で、その身を包んでいる。
ゆえに不意打ち、あるいは、強力な魔法でなければ<魔力圏>を突破し傷つけることはできない。
いまこの場にいる誰もが、目の前の魔族に太刀打ちできる力を持たなかった。

そして人間をやめた魔族は、当然説得にも応じない。
「もう止めろ―!チョ、チョコは禁止されてるんだぞ!!」
応じないはずなのだが、しかし。
「チョコっと?」
意外なことに魔族が、錯乱した警備員ががなり立てるのスピーカに反応した。
「う、うむ。生徒会の通達(>74)で本命は3つまでしかあげられないことになったんだ。だから、な?」
警備員の必死の説得。
「1♪、2♪、3♪、1♪、2♪、3♪」
けれど。
「ま、まずいですよ。元になった生徒は一個もチョコを貰ったことがありません」
「1♪2♪たくさん♪、1♪2♪たくさん♪、1♪2♪たくさ――――んヽ(`Д´)ノ」
先ほどに倍する魔族の怒声とともに、再び炎が吹き荒れた。


「♪チョッ、コレート♪チョッ、コレート♪チョコレートはメ・イ・ジ〜♪」
吹き上がる炎。絶望する人々の呻き。その中を魔族は陽気に歩き続ける。

182 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/15(木) 02:49:02 ID:M2n+o/OS
しかし何時の世も希望の光は訪れる。
そう、この時も。
それは、魔族の闊歩するグラウンドの反対側、まぶしい光の中から。

「っらぁ!いい加減にしやがれ、化けもんが」
「まったく。醜悪な魔物だな、九郎」
光の中、顕れたのは鋼鉄の巨人――鬼械神『デモンベイン』。
その操縦者たる大十字九郎とそのパートナー、魔道書アル・アジフ。
そして――。
「ああああ、危ないじゃない。もうちょっと気をつけて飛ばしなさいよ馬鹿犬!」
「しょうがねえだろ。あいつらのテレポートに巻き込まれそうになったんだからよ」
「まあまあ嬢ちゃん。もうちっと相棒を信用しろって」
デモンベインの頭上。旋回するゼロ戦に乗っているのは
<虚無>の使い手ルイズとその使い魔平賀才人、そしてその愛剣ガンダルーヴ。

強力な使い手二人が魔族に立ち向かう。

「『魔族』は時間と共に強化されていくと聞いている。一気にカタをつけるぞ九郎」
「おうよ!ちゃんと合わせろお嬢ちゃん」
「っ!馬鹿にしないでよ。サイトあんたもしっかりするのよ」
「あたたっ!わかってる。わかってるから、叩くなって。任せろよ」
4人の確認が済み、2つの呪文が紡がれる。
デモンベイン必殺の呪法「レムリア・インパクト」
虚無の系統が持つ破壊呪文「エクスプロージョン」

同時――。

「チョコレート大噴火!!」
脅威を感じたのか、はたまた4人2組男女の息のあい方にトラウマをえぐられたのか。
地響きを立てて魔族がデモンベインへと突撃する。

183 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/15(木) 02:51:13 ID:M2n+o/OS
おそらく。
デモンベイン一人なら魔族を駆逐することは難しかったかもしれない。
かつてデモンベインの力が「ディスペルマジック」に打ち消されたように
魔族の絶対支配域である<魔力圏>をデモンベインは打ち破れたか?
たとえ<魔力圏>を突破しても、いまやデモンベインに匹敵する巨体となった
魔族の制御器官、その5割以上を破壊できたか?
できなければその勝敗はどうなっていたか判らない。

――だが。
虚空に描かれるエルダーサイン。
「エオルー・スーヌ・フィル・ヤルンサクサ」

――相手は二人。鬼械神と虚無の系統。
『光射す世界に、汝ら暗黒棲まう場所無し!!』
「オス・スーヌ・ウリュ・ル・ラド」

――2つの詠唱は絡み合い。
『渇かず、飢えず!』
「ベオーズス・ユル・スヴェエル・カノ・オシェラ」

――その開放の刻を重ねる。
『無に還れぇぇぇぇぇぇ!!!』
「ジュラ・イサ・ウンジュー・ハガル・ベオークン・イル……」

――ゆえに、魔族は2つの破滅を身に受ける。
『レムリアァァァァァ!インパクトォォォォォォォォォ!!!!』
呪文の完成、開放される――――――エクスプロージョン。


184 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/15(木) 02:53:33 ID:M2n+o/OS
「チョコ?!」
魔族の体表に小型の太陽のような光が生まれる。
「チョ、チョコレートッ!!」
膨れ上がり全てを破壊する光を<魔力圏>がかろうじて押しとどめる。
だが、完全に弾き返すその前に。

「おおらっあ!」
デモンベインの追撃が来る。
必滅の力を宿した右手が、押し返される光を押し込む。
虚無と必滅の二重奏が作り出す、<魔力圏>の強制消去。
侵食される魔力圏。押し返される拳。押さえつけられる閃光。
3つの力が拮抗したのは、ほんの数瞬。
魔力圏を突破され、魔族の体に届くのは、灼熱の光と破滅の拳。
一瞬の静寂があり――。


「昇華!!」
「カカオォ――――――――――!!」

爆発と閃光、断末魔の叫び。
そして、魔族の全てが消滅した。

185 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/15(木) 02:54:49 ID:M2n+o/OS
後日談だが。
結局事件は、バレンタインに嫉妬した生徒の自爆テロということで解決する。
解決に協力した大十字探偵事務所にはそれなりの報酬が支払われるはずだったが。

「九郎よ、いい加減チョコは飽きた」
「しょうがねえだろ。これしかねえんだしよ」

ほんの少し術の制御が甘かったのか、呪文の余波で校舎の一部が破損し
支払われた報酬のほとんどはそちらに回り、結果九郎たちには
今回の騒動でだぶついたチョコ、その現物支給ということになった。

「ツインテールは海老の味っていうけど、魔族はチョコの味ってことかよ」
「汝の制御が甘いからだ。もっと精進するがいい。何食うものには困らん」
「マジかよ、トホホホ」

ちなみにルイズのほうはあっさりチョコの報酬で引き下がったらしい
というか、裕福な貴族のルイズには別に報酬はいらないはずなのだが。

「ルイズもう無理」
「なな何よ食べれないっていうの?!これが今度のご褒美なんだから
 全部食べるまで許さないんだからね!」
「まー頑張るこった、相棒」

と、まあそういうことらしい。


CAST
大十字九郎@斬魔大聖デモンベイン
アル・アジフ@斬魔大聖デモンベイン
ルイズ@ゼロの使い魔
平賀才人@ゼロの使い魔

186 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/15(木) 02:59:49 ID:M2n+o/OS
えーと申し訳ない。バレンタインネタの4連打。
しかも最後は議論になったノベライズネタな上に、長くなりすぎて、14日には間に合わなかった。
おまけに>181にミス。「本命1個義理は3個」っていうのを変な風に削ってしまってる。
しかもある意味パクリだしorz
申し訳ない、>86からの奴、読んでるうちにどうしても書きたくなった。

どうも最近電波受信しすぎ。
SSで占拠するなって意見もあったし、一人で連投も気まずいんでしばらく頭冷やします。

あと>171
ぎりぎりまで修正〜とかしてたせいで、かぶるような形になってすみません。



187 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/15(木) 08:28:32 ID:0dPORJKj
いやいや、このクオリティなら連投だろうと文句無し。GJ!
どれも面白かったけど、>>174の苦労人世古口が妙にツボ。

188 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/15(木) 23:32:47 ID:omK36PbV
>>177-178の二人になんとなくホロリ

189 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/16(金) 00:57:08 ID:dpfcfd5D
キャストで名前も間違われてるしな…打ち間違いなんだろうけど。

(言えない…素で>>66のキャストに池入れ忘れてたなんて、今更言えるわけがないっ…!)

190 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/16(金) 05:22:11 ID:8dsVGSsA
>>174
司カワイソスww
自分の分はどうしたんだろうか

191 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/17(土) 19:54:27 ID:U0k458ja
司は確実にもらえる当てがあるから。
おお、憎い。憎いぞー、嫉妬の神よ我に力をー。

(そして誤魔化せ。直打ちでもマグナスなんて間違いしないぜ、と自信満々だったなんてこと。
つか、この学園名前のややこしいのが多いわ!。出席とるのも大変だろうな
まあステイヌとか打ち間違わなかっただけでも…ん?冬なのに背中が熱いなあ)

192 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/18(日) 18:03:57 ID:BNsXd6AD
まとめの人更新乙カレー。たけのこの里買ってきた。

193 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/18(日) 18:35:40 ID:rK0kTl0C
ほんとだ。まとめ更新乙。このときについてるタイトルも結構楽しみなんだよな。
……ところで俺は、2番目の奴を予約しなきゃいかんのかw

194 :名無しさん@公民館でLR変更検討中 :2007/02/18(日) 22:28:54 ID:6WvItZcQ
まとめの人・・・単位落としたんだ・・・。
良いのか、オイ。
まあ、いつもお疲れ様。

195 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/21(水) 19:11:11 ID:oTQXcrbC
保守&ネタ投下。
長坂(タマラセ)が親父に頼まれ学園の魔導書をちょろまかそうとして、
読子=リードマン(ROD)あたりに見つかり、コルシカ忍法で応戦、とか。
ついでに疎開ライダー繋がりで、伊勢谷がついていったり、ヒーローものが好きな霞王(ムシウタ)も
そういう繋がりでグルになったりして・・・・たらいいなあ。

196 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/22(木) 10:59:37 ID:7DZ4oVUY
グルって、なんか悪党の集まりみたいだな

というか、この学園ヒーローが多けりゃその分悪の側も多いよな。
主人公が強いところと悪側が強いところの作品で、ちょうどバランスが取れてるのかもw



197 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/22(木) 17:46:39 ID:xlydZWXo
グル高はs…ゲフンゲフン

某請負人とffの最強対決とかも面白そうだ
主に周りの被害が

198 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/23(金) 15:34:22 ID:+Vp17T98
ぶっちゃけその程度ならラノベ学園にはごろごろいるし、大した問題にもならんだろ。

むしろいるだけで周囲に影響を与えるような連中とかは普段どこにいるんだろうな?
あと超巨大な連中w

199 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/23(金) 23:33:39 ID:lo6rlNT0
とりあえずサンダーフェロウ、アレックス、ナイトウォッチ系などなどは
某可変杖が安置されてた迷宮倉庫に格納されてそうだ

200 :名無しさん@公民館でLR変更検討中:2007/02/23(金) 23:54:06 ID:OxGmKr4k
古いネタだが札1枚で数キロ級の宇宙船を収納とかしてるから、
大きさに関してはあんまり心配を感じないな
ロボ系作品には格納庫とかは付き物だし
サンダーフェロウなんか謎空間から悲鳴一発で自動召喚だ

201 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/24(土) 01:47:06 ID:WV5vxzXd
むしろ、あんまりと言えばあんまりなラノベ学園の環境のせいでヒオがしょっちゅう悲鳴上げたりして大変な気が。主に校舎を始めとする建造物が。

202 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/24(土) 01:48:53 ID:K1h4L7Gv
それ以上に破壊する奴がわりといるから大丈夫。

203 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/24(土) 03:14:41 ID:hDtkou+N
でかいだけなら四海獄や断縁獄の中に入れとけばよろし。攻城用宝貝も喧嘩できなくなる強制安定機能付きだし。

204 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/24(土) 10:30:32 ID:WV5vxzXd
>202
テレビで
『広島長崎に落とした原爆なんか今の核兵器に比べたら花火みたいなもんだから問題ないぜハッハー』
って言ってたアメリカ軍のエラソーなオッサンを思い出した

205 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/24(土) 13:32:14 ID:mmiIfxlA
そういえば、今は受験シーズンなわけだが
ラノベ学園ってどういった入学試験をおこなってるのか気になる。

206 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/24(土) 15:27:51 ID:F4AQFe9x
やっぱり学部とか学科?とかそんなんでだいぶ変わるんでないか?
普通の学科試験やるところから戦闘能力や特殊技能見るところまで
千差万別な感じじゃなかろか。

207 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/24(土) 20:13:00 ID:oAluhv5d
学園側が色々な学生を拉致・・・じゃなくてスカウトして回ってるんでね?

208 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/24(土) 21:21:42 ID:lkE3Tymi
試験形態 面接のみ

面接官 スレ読者





・・・・すみません、無視してください

209 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/24(土) 21:35:01 ID:+bnYJ6bk
「一番、『ICE』のマコト・ランツクネヒトだ……です!
 なんか何年も道迷って、ようやくたどり着きました!」

かくて面接官は凍りついた……。


210 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/24(土) 23:53:12 ID:MHNJJa/N
「二番、池隼人です。えーと、常識人と委員長キャラが要るって聴いたんですが」
この時、彼を待ち受ける辛い未来……

それはまだ、誰も知らない。(一部を除き)

211 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/25(日) 12:58:07 ID:Xo/OpkfQ
>207
内陣会病院の黒服やアレイスターが暗躍してそうだな。

212 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/25(日) 16:24:33 ID:YKXdKuUk
「さんびゃくさんじゅうにばーん。あれ? 違ったかな。ま、いいや。
えーと、ミミズクだよ。あたしを食べてよ」

…どうも、来るところを間違えている気がします。

213 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/25(日) 19:52:26 ID:SkUOF0d3
気がついたら居る、そして何故か誰もそれに危機感を覚えない、みたいな謎めいた感じでもいいかもしれん

214 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/27(火) 08:04:05 ID:TfFl6guJ
話題を変えて。
もうすぐひな祭りだけど、お内裏様とお雛様はやっぱり人形とかその系統から選ぶのかな?

……終わクロの佐山が、主人に質素に仕えることを旨とする自動人形たちへの罰として
豪華に飾り立ててハイホーハイホー奇声を挙げてやるぞ、と脅したのを思い出したw

215 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/27(火) 17:30:24 ID:rx3wmmWg
>>214
等身大雛壇ということか……。
五人囃子とか三人官女とか、そういう役割考えると面白そうだなw

216 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/27(火) 23:41:33 ID:bNdBLGrj
>>214
佐山と新庄が最上段で、以下全竜交渉隊のメンバー(なぜか飛場だけ縛られてる)のひな壇が
目の前に現れたw

217 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/28(水) 00:03:45 ID:8aQ6iij+
>>216
なんて物騒な雛壇を妄想するんだw

218 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/28(水) 00:47:15 ID:W9tv9jEJ
>>215
演奏できるから五人囃子とか、人気で選ばれて三人官女とかならいいけど
実は女性陣の、学園内部での密かな力関係とかだったら嫌だなw

219 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/28(水) 05:49:36 ID:RiXddbst
>>218
「この世知辛い格差社会に絶望したので死にます」
鬱雛段を妄想した

220 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/28(水) 09:05:59 ID:RLdwQYj3
雛段は作品別になってるんだろうか?
………一番派手な雛段は頂上争奪になってて、
アレッシア@ポケロリとか
ルイズ@ゼロの使い魔あたりが雛段の遥か上で繰り広げる激戦と、それを見上げながら「五人囃子くらいならなんとか………」とか呟いて、主人公をビビらせるヒロイン、そんな構図が思い浮かんだ

221 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/28(水) 11:29:29 ID:gHCn5JhI
Missing雛段
お内裏様…神野
お雛様…詠子
以下全員…サバトメンバー

詠子「よろしくね、神野君」
神野「こちらこそ、魔女よ」
詠子「ねぇ、嫌じゃない?」
神野「いいや全く。私は望みを叶えるためにここにいる。
それは私が人間の願望を愛しているからね。
もし君が強く願うのであれば、私は喜んで過程を刻もう」
詠子「んー…どうも私には神野君のそんなところが理解できないんだよね」
神野「理解する必要はない。しかし君は私の本質を知っているのではないかね?」
詠子「うーん……知る事と理解する事は別なんだよねー
……てイタチごっこするのも何だし、そろそろだね」
神野「理解した、魔女よ」
詠子「全く嫌味だなぁ……あ。神野君、用意して欲しいのがあるんだけど」
神野君「何かね?」
詠子「うん。折角雛段に上るんだから、見る人も必要だと思ったの」
神野「君の言う“お友達”を呼べばいいのだね?」
詠子「うん。……じゃあ始めよっか」
神野「あぁ、では結末へと続く過程を始めよう」


キャスト
十叶詠子、神野陰之@Missing

222 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/28(水) 15:26:10 ID:wAvp4rDt
なんつうやばい二人組でお内裏様とお雛様やってんだよw
GJ!

223 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/28(水) 19:35:35 ID:HCgy5WcC
思ったけど、禁書目録の奴らのひな壇、
女性陣が大変そう・・・。
やっぱり一番上の男は、上条かな。


224 :イラストに騙された名無しさん:2007/02/28(水) 23:42:33 ID:W9tv9jEJ
>>221
その雛壇、13段ぐらい無いかw

>>219>>220 多分こんな感じ。
「手加減してあげます。いえ大丈夫ですわ。ジヴさんがボケてても、軽『老』の日と間違えてはいませんもの」
「まあ、優しい。やっぱりひたぎさんは箱入り小娘ですね。お高くとまった売れ残りだなんていいがかりだわ」
勝手に雛壇落ち自殺を図ったストラトスはうっちゃって、
毒舌と文具攻撃で迫る戦場ヶ原ひたぎを、からくも打ち破るジヴ。
だが見上げる先には五人囃子や三人官女が控えている。
頑張れ、ジヴーニャ。ヘタレ眼鏡にゃ、愛想が尽きた。
負けるな、ジヴーニャ。登りつめても、鬱展開だ。

「あたしはまだ登り始めたばっかりだからね。このはてしなく長い雛壇をよ……」


225 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/01(木) 09:31:00 ID:4af2q3ML
そして雛壇の上位争奪レースが始まるのであった。

[告]
来たる三月三日の雛祭りの日、雛壇の上位者には順に一ヶ月の特権付与。
雛壇の段数は未定。賞品の内容未定。参加自由。
参加手段は校内に設置された『超』特大雛壇の上を目指すように。それだけです。
殺人及び障害を与える等の行為以外、あらゆる行為を認めるの事。

お雛様の座を見事獲得した女性には、無条件で男性一人を一ヶ月間自由にこき使える権利進呈。
お内裏様?男の権利?知らんがな。

226 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/01(木) 12:06:40 ID:rBugoxve
>>224
ジャンプの打ち切り漫画吹いたw

227 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/01(木) 14:10:37 ID:B69C0BNO
ttp://up2.viploader.net/pic2d/src/viploader2d204950.jpg

228 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/02(金) 00:23:08 ID:xC46oXG8
>>225
>お雛様の座を見事獲得した女性には、無条件で男性一人を一ヶ月間自由にこき使える権利進呈。
>お内裏様?男の権利?知らんがな。

正に女の子の行事ひな祭りにふさわしい賞品だな。

229 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/02(金) 16:55:11 ID:PcKcWuea
A「いよいよ明日だな・・・・」
B「ああ、雛祭り? ・・・・確か、“さくら”ってのが特大雛段の製作指揮をしてるんだったか」
A「うん。ま、ほかにも手伝ってる奴は結構いるらしいんだ。バイト代目当てのやつらとかさ。
・・・・いったい、明日はどうなっちまうんだろうなー」
B「俺らが気にしても意味無いとも思うが。
・・・・一般人だし、男だし」
A「最初はさー。もうちょい静かなのになると思ったんだけどなー。黒桐のところの所長さんの
生き人形ってのを飾るだけとかさ」
B「・・・・それは・・・・むしろホラーのような気がするぞ」

230 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/02(金) 17:00:00 ID:PcKcWuea
さくら・・・ムシウタ
黒桐幹也・・・空の境界

・・・・きっとオーフェン先生とか、バレンタインにチョコを大量にもらう羽目になった探偵
とかが手伝いしてるんだろーなぁ・・・・

231 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 06:29:51 ID:DgsBk3kI
雑談スレから転載

ラノベ界の就職ランキング

S 情報統合思念体 天使による神域戒厳会議 
A 玖渚機関 EMP学園(教員・執行部) 天才SE 天才科学者

(世界を牛耳れる壁)

B ふわふわ社 宇宙開発系企業(事務系) 国家公務員(非有事)
C 国家公務員(有事) 女学校教師(男性のみ)

(現実世界での優良企業の壁)

D 宇宙開発系企業(現業) 陰陽師 私立探偵 教師(主人公のクラスの担任以外)

(ブラックの壁)

E SOS団 主人公のクラスの担任教師 自衛軍・自衛隊(非有事) 戦闘階級
F フレイムヘイズ 旅人 落ち者系の主人公の両親の会社(転勤・出張・残業多い) 自衛軍・自衛隊(有事)
G 主人公


ちょwwww
下のほう就職と関係ないwww

232 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 12:11:07 ID:cgV+F2Hr
そういえば今年度の卒業生と就職先はどうなんだ?
それともギャグ漫画の一年を繰り返す謎時空か?

233 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 13:02:40 ID:tHtw66v0
入学生や先生はどんどん増えていくが卒業生は0の異空間だろ

234 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 15:23:30 ID:33TjGATR
そして生徒や教師の人数がある程度増えるといつの間にか土地が広がってたり
施設が増設されてたりしてるんだな。

235 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 22:37:32 ID:uFdjKmtt
割と不思議空間みたいだし、一つの教室に全校生徒詰め込んでも
はみ出そうに見えて入っていったりしそうな気がする

236 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/05(月) 23:50:42 ID:0aaO8Z70
つ「無限ホテルのパラドックス」

237 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/06(火) 01:28:42 ID:LYrqrQSx
この学校の図書館は真の意味で無限だからな・・・・・・

238 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/06(火) 17:35:57 ID:itZpd3Kk
魔法とか異能抜きにしても、
普通に物理的に無限なんだろうな……。
一人の歴史を教える教師の私物化が原因で。

239 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/07(水) 08:23:58 ID:002MQqQS
おかげで卒業できない行方不明者も出てるとか

…ダブルブリッドの優樹さん('A`)ドコー



240 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/07(水) 14:13:01 ID:g8HjFlpS
死んだりした人が普通にいるステキ学校だからな

241 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/07(水) 23:08:06 ID:i8hr6SbD
「な……き、貴様! 死んだはずではなかったのか!?」
「地獄の底より帰ってきたのさ。お前に復讐するためにな」

こんな少年漫画な展開が日常的に、お昼ご飯を箸で突いてる横で起こるのがラノベ学園クオリティ。

242 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/07(水) 23:33:18 ID:+B+BxceX
そんな邪気眼的シリアス展開を佐山辺りが落とし穴でぶち壊すのもラノベ学園クオリティ。

「こういうときは『お仕置きだべぇ〜』って言うのがお約束なんだよね、佐山君?」
「ははは、中々渋い趣味だね新庄君」

243 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 07:42:03 ID:xFtaBU9b
邪鬼眼邪鬼眼言ってると、実際にそういう展開で生きてる連中が怒るぜw
どんな連中がいるかわからんしな。
ひょっとすると俺らが知らないだけで、エターナルフォースブリザードくらいなら使える奴がいるかもw

244 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 10:36:01 ID:Ldw2O6iI
ディアボリックデスバーストとかな

245 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 15:51:29 ID:HsZveIOz
そしてそれらを受けとめて平然としている最強な人達。そう言う人達が当たり前の
様にいるのもラノベ学園クオリティ

246 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/09(金) 18:27:23 ID:WQfHl70Q
>>244
一番手っ取り早いのが2nd-Gの概念を使えば必殺技として使えるな

247 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/11(日) 01:19:55 ID:unE/oei+
>>243
ガ板該当スレ曰く、そういう展開で売ってる作品は『発眼性物質』、影響されて開眼した奴が『邪気眼使い』、その妄想の結晶が『黒歴史ノート』だそうな。

>>246
2nd-G劣化概念の賢石を隠し持って能力測定に行く学園都市生徒とか問題になりそうだな…
ってか持っただけで凄いことになりそうな名前の人がたくさんいるw『病院坂黒猫』とか突然死しないか?w

248 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/11(日) 01:43:39 ID:o0pzL+T7
>>247
黒猫だろ? ……ネコミミにネコシッポ?

249 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/11(日) 12:58:02 ID:1ic7whBs
>>247
医療技術が身につくジャマイカw
ただし名前が黒猫(不吉の象徴)なので高確率で御臨終になります

250 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/12(月) 07:37:15 ID:aBEXA7L9
あー、つまり2nd-G概念下での病院坂黒猫は
『ネコ耳ナースで、男を骨抜きにする吸精術が使用できる』
でおk?

251 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/14(水) 08:29:55 ID:cXcLH+Ky
そういえば今日はホワイトデーだけど、
3倍返し以上を要求されて困っているのが何人かいそうなw

252 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/14(水) 22:40:30 ID:s4khBgw7
>>251
傍から見ればただの痴話喧嘩にしか見えないんだろうな。

253 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/15(木) 00:17:30 ID:9pHNwZLq
どっかのフラグ野郎とか金銭感覚がアレなお嬢様の相方とかガチで破産しそうな連中が居ますね

254 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/15(木) 00:59:27 ID:gIoNgWpI
>>253
そういうやつらに限って「何かして欲しいことない?」とかの方向で片付けようとして…更に泥沼に…

255 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/15(木) 20:20:37 ID:pG5FVrGM
つ[式森の体]

256 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 14:05:01 ID:C9iacT99
話は変わるが。
自分で書けないのに言うのもなんだが、ふとテレビ番組、バラエティのネタ
を使ってみてはどうかと考えた。
スレ違いになってしまうか。

257 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 22:09:55 ID:YA7eLnKS
『ココが変だよ能力者』学園都市テレビ
『佐山国会』スポンサー:日本UCAT
『ズバリ言うわよ』進行役:シロン
『新世紀エヴァンゲリオン』(実写)


こんな感じ?

258 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 22:11:51 ID:s/NRO7Mr
ズバリ言うのは十叶詠子じゃね?トラウマをがりがり抉ってくる。

259 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 22:56:42 ID:DzYj08lj
ドクロちゃんが司会を務める『惨事のあなた』

つか、終わクロでやってたな>バラエティー番組ネタ

260 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/16(金) 23:06:08 ID:x4btlPon
いや、十叶詠子はオーラの泉だろ
心の隙間に抉りこむ抉りこむ

261 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 00:21:52 ID:NCyoX8Kp
うろ覚えで書いたんだが、太田のアレの正式名称ググったら全然違ったw
『佐山・御言の私が世界の中心であるからには』スポンサー:UCAT
だな

262 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 13:10:10 ID:RSkG4gMg
>>261 新庄は秘書役かw ネクタイを初めとする痴話喧嘩が全国放送で……
    それができるあたりまさに世界の中心ww マニフェストは
   「新庄君を世界唯一の尻神様とする」とかか。

俺が考えていたのは、例えば「ガキの使い」の「笑ってはいけない」
シリーズをラノベ学園でやってみるというもの。
「絶対にツッコミしてはいけない」にすればかなりの人が引っかかるんじゃ
ないかなーとか考えた。
だってこの学園は、ねぇ。




263 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/17(土) 15:49:47 ID:pSzE0mHJ
何かが起こる度に突っ込まずにはいられないので
「上条、アウト」
変なことが起きる度にもはやクセとなってしまってるので
「草壁、アウト」
喋って無くても心の中で延々とツッコミが五月蠅いので
「キョン、アウト」
ハリセン取り出す度にボケた奴も殺られるけど
「千鳥、アウト」

こんなペースで二十四時間耐久したらさすがに死ぬな。

264 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/18(日) 18:45:06 ID:n7Odu31t
もはやツッコミが存在意義と化しつつある
化物語のあららぎさんも早々に脱落するとみた。


つかそんな事やってたらボケの無法地帯に…恐ろしい。

265 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/18(日) 19:04:38 ID:1Wee9JsC
むしろ「突っ込めなければ負け」のほうが良いんじゃないか?

元が何なのか分からないエルメスの言い間違いとか
下手に突っ込むと半殺しにされかれない哀川さんとか
もはやどこから突っ込めばいいのか分からない佐山とか

266 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/18(日) 21:17:48 ID:nKvxVmeH
大樹先生相手なら突っ込み放題だな

267 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/19(月) 00:29:41 ID:UEy8xGQ8
おーい、>>266のエロ発言に対して佐山空間を展開しろ。

268 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/19(月) 17:33:06 ID:0ihuHHiG
ダウンタウンつながり&放送決定記念で。「人志松本のすべらない話」ならぬ
「ノベルライトのすべらない話」というのを考えた。本家と少し違い、すべらなければ
(白けさせなければ)笑える話でなくとも、「聞かせたい話」を語って良いというルールで。
どのキャラも絶対作品で語られてる以外にも様々なエピソードを持ってるだろうし。

……と考えてみたのだが。
上条当麻の「自分の周囲の女性」話→非モテキャラの怒りを買う
佐久間榮太郎の「オタク原論」→あまりにディープ過ぎて誰もついていけない
いーちゃんの「デタラメな周囲の人々」話→戯言だらけで(完全には)誰も理解できない
佐山・御言の「我が愛する新庄君」話→話し始めると同時に佐山時空に突入。皆ドン引き
山城一の「僕と先輩の日常」話→隣に座る平賀つばさ(先輩)にずっと茶々を入れられ続ける
高須竜児の「小さなトラ」話→そのトラの報復が恐ろしいので放送では全カット
吉永和巳の「僕の外見」話→放送終了後「あの可愛い子は誰?」と問い合わせ殺到
“大擁炉”モレクの「個性豊かな仲間」話→放送終了後「頑張ってください!」と応援殺到
アイザックとミリアの「自分たちの過去の冒険」話→唯一笑いを生む

結論。タイトルを「すべる話」もしくは「すべらない? 話」に変えたほうが良い。


269 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/19(月) 17:39:04 ID:0ihuHHiG
一応CAST。
上条当麻@とある魔術の禁書目録
佐久間榮太郎@まじしゃんず・あかでみぃ
いーちゃん@戯言シリーズ
佐山・御言@終わりのクロニクル
新庄・運切@終わりのクロニクル
山城一@先輩とぼく 
平賀つばさ@先輩とぼく
高須竜児@とらドラ!
(逢坂大河@とらドラ!)
“大擁炉”モレク@灼眼のシャナ
吉永和巳@吉永さん家のガーゴイル
アイザック・ディアン@バッカーノ!
ミリア・ハーヴェント@バッカーノ!


270 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 02:53:15 ID:P3/Q/EpB
スィリー(エンジェルハウリング)に至っては聞いていなかったとしても勝手に喋り続ける。
銀髪執事×スィリー×論悟(閉鎖のシステム)の不条理トークショーキボンヌ

271 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 10:12:19 ID:zpwbEwGh
トークネタか、人間との付き合い方について話し合う
GARP(E.Gコンバット)、その頭の上のガーゴイル(吉永家)、その頭の上のウフコック(マルドゥック)
まじめに話し合っていたのだが乱入してきた
シームルグ(ダブルブリッド)、ベルゼブブ(Dクラ)、病院坂(きみぼく)
によって押し流されてしまう。という妄想を思いついた。

272 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 17:43:05 ID:Fy7i3L8B
前から思ってたんだが太陽系電波新聞部はネタに事欠かんだろうな・・・
むしろ自粛ぎみか?

273 :時間犯罪者見習いCall50 ◆D6llXYFFyA :2007/03/25(日) 01:25:50 ID:ga/0TFbs
>>271
なんとなく面白そうと思って書き始めたら…佐山が出てきて妙な方面にひん曲がって
しまった。どうすんべぇ。

274 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 16:24:44 ID:ZZ9X59jG
ここに投下すべき

275 :時間犯罪者見習いCall50 ◆D6llXYFFyA :2007/03/25(日) 19:35:35 ID:kCVTigAt
学園格納庫

動力砲塔を載せた単発戦闘機とタチコマたちの巣の間にある場所で、GRAPがその
巨体を休めていた。が、GRAP自身は絶賛仕事中だったりする。
GRAPの頭の上にはガーゴイルがいて、そのまた上にウフコックがいて、何やら人
間との付き合い方について哲学的な話をしている。
GRAPの足元には剣牙虎の千早とネコのシャミセンが、人類抹殺計画でも練ってい
るのかお互い顔を突き合わせてニャゴニャゴ話し合っている。さらにその横では黒猫
の幽とタチコマとルークがRTR接続で楽しくおしゃべり中。
…はっきり言おう。どう見ても仕事ができる環境とは言いがたい。それ以前になぜ格
納庫にこんなに集まっているかが気になるが、そこらへんは気にしないように。
そのような環境でも、GRAP特に気にせず仕事を続けている。

早く終らせたいなーとGRAPはそう思いながら仕事を進めている。その為に生命維持
以外の能力配分を最低限にして、残りの全能力を仕事に回している。
ここで1つ疑問が。なぜGRAPは仕事をしているのか?
その答が向こうからやってきた。

276 :時間犯罪者見習いCall50 ◆D6llXYFFyA :2007/03/25(日) 19:37:13 ID:kCVTigAt
「やあGRAP君。新庄君と私の世界を心地よいものにする為に頼んでいた仕事ははかどっているかね?」
「佐山副会長。今日の分はあと5分で終わります…少なくともこれが終れば世の中は少しは良くなります。
別に佐山副会長と新庄さんの為だけではありませんが」
「GARP君もなかなか言うようになったものだね。新庄君と私にとって心地良い世界とはすなわち、他の人
間にとっても心地よい世界なのだよ」
GRAPは呆れ果てたのか沈黙。
「それにだ、我々はGRAP君たちのような知性体にそれぞれの食い扶持を稼ぐ事を推奨している。食い扶
持が稼げるのならその分学園の管理下からは外れる。それ以前に学園は全員を養う予算を持っていない
しな。ならばそれぞれの能力を生かした助け合いと行こうではないか」
「その為に私は自分の持つ計算力を使用し、各種解析を請け負っている」
「その通り。GRAP君には計算・解析で各種維持管理費を補填してもらっている。ここ最近は対がん用蛋
白質解析だな。岸田博士ならば研究によって発生した各種特許収入・ARIEL搭載核融合炉による発電・
各AIによる計算能力提供。八号君たちならば、この格納庫の保守管理からメイド喫茶勤務まで。皆、何か
しら仕事を行なう事で学園や関係者に対して補填を行なっている」
「佐山副会長。八号さんは納得されているのですか?」
「何を言っているのだねGRAP君。『お世話をする事』が彼女たちの存在意義であり、喜びでもあるのだよ。
対象が不特定多数であるが、その分仕えがいがあるようだ」
佐山がGRAPの脚部そばまで近づいた。
「私はこの学園に在籍する『もの』全てを均等にしたいと思っている。どこの管理下にも置かれず、全員が
同じ位置に立って足並みを揃えた時、違いはそれぞれの足の大きさという個性ぐらいとなるように。そして
我々は足並みを揃えて新しい世界へ行くのだ。その新しい世界は芳醇だろう。おお、快なり!」

277 :時間犯罪者見習いCall50 ◆D6llXYFFyA :2007/03/25(日) 19:38:29 ID:kCVTigAt
出演
GRAP(EGコンバット)
動力砲塔を載せた戦闘機(シルフィ・ナイトあるいは現実の英国製変態戦闘機デファイアント)
タチコマ(小説版攻殻機動隊)
ガーゴイル(吉永家)
ウフコック(マルドゥック)
剣牙虎の千早(皇国の守護者)
シャミセン(涼宮ハルヒ)
黒猫の幽(猫の地球儀)
ルーク(鉄コミュニケイション)
岸田博士・ARIEL(ARIEL)
佐山・新庄・八号(終わりのクロニクル)

特別出演
UD@Team2ch がん研究解析プロジェクト
ttp://ud-team2ch.net/index.php?plugin=related&page=UD-Team2chWiki

最初はGRAPたち機械知性連中のトークにしようと思っていたのですが…PS3による解析情報とか、
機械知性たちの維持費ってどうしてるんだろとか、予算が無くて1袋39円のもやしをおかずにしてた
りとか色々考えているうちにこうなりました。それにしても佐山のトークが3巻<下>をなぞっただけ
なのが問題。

278 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 00:30:46 ID:+BU40mQh
8号君がバイトしてる間、あの困った老人が野放しになるのですがー

279 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 02:25:23 ID:/R/bOfzT
モヤシて一袋39円もしたっけ?っつーかモヤシは日持ちしないからオススメしない。
三パック70円前後の納豆を一日一食半パック、大盛ごはんと混ぜて醤油かけると食べ応えあって良いよ。ぶっちゃけ醤油ご飯みたいなもんだが。


…と此処まで書いて俺は何を書いているんだと正気に戻った。
これ何かに生かせないかな、本格的に家計が危なくなった上条が断行しようとしたり。

280 :時間犯罪者見習いCall50 ◆D6llXYFFyA :2007/03/27(火) 01:38:34 ID:OtEP9leN
はっはっは。もやし1袋39円はウチの近所での底値なのだよ。
これを茹でて水にさらしてしまえばしばらく持つ。まぁ3食で食いきるがね。
後はおススメの納豆も食べている。辛子を入れるのもいいが、紫蘇ペース
トやスタミナ源たれもなかなかイケると思うがどうかね?
…なんだか投資一般板の「爆発的に貧しくなった」スレのような返答をして
しまったな。あそこの板にははよく見に行くので感染してしまったようだ。

それではお詫びに「家計が危なくなった上条」で何か書く事にしよう。
問題は、まだ何も書いていないし、また妙な方向に全力疾走しかねない
危険があるのだが。

281 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 08:00:36 ID:bVlHMMKq
>>278
・代わりに吉永さん家のガーゴイル君。見事困った老人を止めるが、犬と同レベル扱いに八号さん大ショック。
・代わりにお留守バンシーのアリアさん。乳を吸いにくる老人以上の変態爺さんを止められるわけが無く、目に涙が…

とかを妄想した俺は末期かもしれない…

282 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 22:05:38 ID:s87sRP1b
>>278
 だったらエーネウスさんが居るじゃないか!

 …あ、あの人も外付け良心回路か

283 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 22:38:26 ID:Cb7E2Vwr
爺さんを縛る代償に爺さん並かそれ以上の危険人物を野放しか

284 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 22:42:07 ID:i054Wpz/
いっそ危険人物全部集めてモレクのラビリントスに閉じ込めろww






3日ぐらいでモレクがぶっ倒れる気がするな……

285 :時間犯罪者見習いCall50 ◆D6llXYFFyA :2007/03/28(水) 00:44:59 ID:gHQQ8TYF
<業務連絡>
「家計が危なくなった上条」ネタで1つ書く予定でしたが、当初予定していたネタが使用不能
になりましたので、執筆が延期となりました。

なんとなく過去ログを読んでいたら、似たようなオチのものが使われてたorg
1スレ目途中でいなくなって、4スレ目途中から復帰したのが悪かった。

286 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 03:04:56 ID:54gOwyVu
>>285
SSをマンセーする前に言っておきたい事がある
少しばかり厳しい事を言うが、黙って聞いておけ

・経過なぞ誰も気にしちゃいない
・ネタが出来たら黙って貼るのがネタ師の心意気
・ネタスレで自己主張する奴ほど無粋なものはない

皆そう思ってる
多分そう思ってる
そう思ってるんじゃないかな
まあ覚悟はしておけ

287 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 03:36:43 ID:/fETQiSe
>>285
そろそろほとぼりが冷めた頃とか思ってるのかもしれんが、
1スレ目でまるでこのスレの主のように振舞ってた時のウザさは
まだ覚えてる。あの時から何も変わってないな。まあ端的に言えば、

お前少し黙れ。


288 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 08:30:00 ID:M+Tsqp/+
>>284
ちょ、お前そんなこと言うと外付け安全装置チェル姐さんに暗殺されるぞw

つかこの学園、迂闊な一般生徒は死亡フラグ立ちまくりかも試練.。死なないまでも記憶操作とか脅迫とかww

289 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 06:26:19 ID:26bhzGmU
どこぞの覇王様に呪われて肉塊になって死に放題とかもきついな

…まあ某ロリコン中学生なんかは既にその状態に近い気もするが

290 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 13:59:07 ID:Sgma1UBd
では空気を変えるためにネタ(と言えるかわからんが)を一つ。
このライトノベル学園も作られてから、かなりの時間が経過した。
ここらで一つ校歌でも作ってみないか?

考えてみれば、やはり必要がないためなのか、ライトノベルの学校の殆どに
校歌が出てこない。でもそれは書かれていないだけで、校歌が無いという事
ではないと思った。この学校の校歌はどんなものかと、いろいろ考えるのは
結構楽しい。
まぁ、本当に歌にするのは難しいと思うが。学校そのものが特殊な場合は
ともかく、多くの場合「学校は普通で生徒が特殊」である以上、作品内容から
歌詞は想像できないし。
この学園の場合は……やはり想像できない。なんか物騒な歌詞が並んでる
ような気がしてならないがw

291 :2番がイマイチ:2007/03/29(木) 17:45:00 ID:2Ie1ty0a
一、ラノベ校生の生き様は 色あり恋あり修羅場あり

  ラブ寄せの道をひたすらに 歩みてフラグを立てちらす

  嗚呼ラノベ校 一夫多妻 ハーレムエンドを魁よ


二、ラノベ校生の魂は 強く激しく痛ましく

  平和の夢をひたすらに 求めて敵と渡り合う

  嗚呼ラノベ校 鬱展開 バトルの果てを魁よ

292 :しょぼくてゴメン:2007/03/29(木) 18:01:31 ID:0cjFS4QQ
三、ラノベ校生は行く末が ハッピーバッド読めたとて

  打ち切りよりはマシだろと 考え先に進むだけ

  嗚呼ラノベ校 打ち切りか 次巻の中身を魁よ

293 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 20:52:53 ID:Xjj56cGD
男塾バロスwww

294 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 22:05:10 ID:/Fu+rRh2
校歌どころかそれぞれの科に代表歌がありそうだ

295 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 01:19:16 ID:QW6dlE6s
歌唱禁止のキャラは何人ぐらいだ?

296 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 01:24:23 ID:MN4W8lbD
>>295
とりあえず終わりのクロニクルの熱田だな
9Sの由宇も歌で何かやりかねないな

297 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 14:47:15 ID:YLdUIyMA
桜咲く4月。この学園にもまた多くの入学生達が訪れる。
(先に入学試験の話が出ていたが、この学園には試験なんて無いほうがいいと
俺は考えてる。「来るなら来やがれ」って言う方がラノベ学園ぽいと思う)
彼らの中には、希望または不安に胸膨らませるもの、あるいはそんな感情なんて
無いものもいるだろうし、また強いものも弱いものもいるだろう。
そんな彼ら彼女らが、体育館に集まり、初めて見る光景は!!

「ラノベ校生の生き様は――」

どんなキャラでもこれには敵わない。いい洗礼だなw
もちろん歌うのはこの学園でも、特に名物となったキャラたち。
そう、「ラノベ学園オールスターズ」とでもいうような。
(このスレ内の補正もあるだろうが、「この学園ならではのヒーロー」って
野が結構いると思う)


298 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 19:55:55 ID:zJCBfpbw
入学条件
1.意思があるモノ
2.意思がないモノ
3.人類
4.人類以外
5.人類とそうでないモノの混血
6.生きているモノ
7.生きていないモノ
上記の項目を一つ以上満たしたモノは合格とする

こんで十分だろ

299 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 20:14:58 ID:s4OWOq85
それって満たさないのが無理だろ

300 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 21:03:22 ID:hTcRmAj/
「来る者は拒まず」をわざと遠回しに言ってるんだろ?

301 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/31(土) 18:23:32 ID:UxZlGtXM
入学後のクラス分けで教師が困りそうだ

302 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/31(土) 23:40:27 ID:8kgjE76v
くじ掴み取りで大まかに決めて、あとは「こいつとこいつは一緒じゃいけない(逆も然り)」と人数調整すればいけるんじゃね?

303 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 02:16:45 ID:j9LIqtWz
むしろ、一緒にしちゃいけない連中を考えていくと自然にクラスが決まりそう。

304 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 02:53:55 ID:9a3nPR7t
4月1日ということで、各キャラがこの日のために考えた嘘


キノ「そろそろどこかの国に永住しようかと思うんだ」

アリス「ドクターペッパーは飽きた。ペプシコーラを買ってきてくれたまえ」

オーフェン「宝くじで一等が……やめよう、虚しくなるだけだ……」

桜「実は僕、熟女マニアなんです」
九郎「ああ、俺も俺も」

千夜子「き、絹川君なんか嫌いです!」
綾「あ、私も私も」
蛍子「じゃあ私も」
冴子「私も……」
健一(ど、どうすれば!?)

ナーガ「オーホッホッホ! 喜びなさい洗濯板の皆さ〜ん、胸の大きくなる魔法を開発したわ!」
リナ・インバース「世の中言っていい嘘と悪い嘘があるんじゃー!」

305 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 02:54:36 ID:9a3nPR7t
CAST
・キノの旅
キノ

・神様のメモ帳
アリス

・魔術士オーファン
オーフェン

・撲殺天使ドクロちゃん


・斬魔大聖デモンベイン
九郎

・ROOM NO.1301
千夜

蛍子
冴子
健一

・スレイヤーズ
ナーガ
リナ

306 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 21:17:48 ID:1Kz7cApa
スレvsオーだとヤクザグロ魔術士殿の夢は「桃缶(通常価格Ver)」だったなw
宝くじで一等というかそもそもクジを買うということそのものが物理的に不可能な悪寒。

307 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 08:45:55 ID:WUP/Zhmq
そもそもくじびきアンバランスとかくじびき勇者さまみたいに、籤を神聖視してるとこもあるから
営利目的の籤は学園内では無いかもしれんなあ。

一攫千金を狙う奴は非合法の地下カジノとかにいってるかも。
すげえだろうなあ。カウンティングや予知できるできる連中がわんさといるから
カジノ側もイカサマとかやり放題w
そんな中、ここ一番の勝負では映画のように悠々とキーカードを引いて勝つ『人類最強の請負人』。

308 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 22:06:53 ID:OUjCBvQo
>>307
当然イカサマ対策要員が大量に居て、下手にイカサマすると永久追放だろうけどなw

309 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 22:14:34 ID:0MmOY9Do
>>307
>ここ一番の勝負では映画のように悠々とキーカードを引いて勝つ『人類最強の請負人』。
それはぜひ一度読んでみたい状況だな・・・・・


310 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 22:28:28 ID:/FdAhHyh
いーちゃん佐山コウベルゼブブによるカジノ対決

てかイレギュラーだからこそノーマルに通用する話術、立ち回り。
イレギュラー同士がぶつかると逆にマトモな対決になりそうだわ。

311 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 23:54:37 ID:h3MTUzv5
>>309
イメージ的には、古くてスマンが映画「マーヴェリック」のクライマックス。

種目はポーカ−。対峙するのはバッカーノのロニー。
最後の勝負。フォーカード確定のロニーに対して、ロイヤルストレートフラッシュまであと一枚の哀川。
「念ずれば好きなカードが引けるんだよ」とうそぶき、自分で引かせろという哀川の要求を
断ることも、悪魔の力で引かせないようにするのもできたロニーだが……。

引いたのはハートのクイーン。
完成するロイヤルストレートフラッシュ。歓声を上げる観客。


勝負の後。
「引かれましたね」と残念がるフィーロ。「引けなかったらどうしました」と尋ねるいーちゃん。
「たまには負けることも楽しいもんだ」と答える『悪魔』ロニー。
「このあたしが、引けないわきゃねーだろ」と返す『人類最強』
そして。
「……手品とは凄いものだな」と、ロニーが返した残りのカードは全てハートのQ。
「こんなのなくてもさ」と、袖口からいーちゃんに渡すのはハートのQと何枚かのカード。

そんなカジノの馬鹿騒ぎ。

312 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 18:23:36 ID:yqYPCZDg
キースはどんな感じなんだろうか。

175 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)