2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ラ板住人による一行リレーラ 20冊目

1 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 10:43:42 ID:SlU9+QfT
ラ板住人のラ板住人によるラ板住人のための一行リレーラです。


<ルール>
・一レス一行にまとめること
・前の人のレスを受けて展開させること

<禁止事項>
連投/夢オチ/下ネタ/即死/ライトノベルをラノベと省略すること/流れを読まない粘着/スルー

次巻は>>980が出版することとします。この辺例外もあります
過去ログは>>2-3あたりにあります。


2 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 10:44:38 ID:SlU9+QfT
前スレ
ラ板住人による一行リレーラ 19冊目
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1165846889/

ラ板住人による一行リレーラ 18冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1157081839/
ラ板住人による一行リレーラ 17冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1152544147/
ラ板住人による一行リレーラ 16冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1149087235/
ラ板住人による一行リレーラ 15冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1143510371/
ラ板住人による一行リレーラ 14冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1140196494/
ラ板住人による一行リレーラ 13冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1137766322/
ラ板住人による一行リレーラ 12冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1132489702/
ラ板住人による一行リレーラ 11冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1128738990/


3 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 10:45:16 ID:SlU9+QfT
ラ板住人による一行リレーラ 10冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1126640238/
ラ板住人による一行リレーラ 9冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1124512849/
ラノベ板住人による一行リレーラノベ 8冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1122294419/
ラノベ板住人による一行リレーラノベ 7冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1120615682/
ラノベ板住人による一行リレーラノベ 6冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1118233672/
ラノベ板住人による一行リレーラノベ 5冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1115278775/
ラノベ板住人による一行リレーラノベ 4冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1111883669/
ラノベ板住人による一行リレーラノベ 3冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1107758748/
ラノベ板住人による一行リレーラノベ 2冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1103523931/
ラノベ板住人による一行リレーラノベ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1092336548/
【感動?】住人みんなでライトノベルを作ろう
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1088410167/


4 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 10:46:15 ID:SlU9+QfT
我輩は主人公である。名前はまだない。

5 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 11:13:34 ID:Zm9hQtcx
「やあ創造神何をしてるんだい?」「ああ破壊神か、ちょっと暇潰しに英雄でも創ろうと思って」「いいねえ俺も参加するよ、どんな設定にする」

6 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 11:25:07 ID:v995O5NU
英雄?我輩のことだろうか。設定?我輩の運命のことだろうか。こやつらは我輩の運命を決めようとしているのか

7 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 12:38:10 ID:0VJhL4b0
我が輩は軽く両腕を伸ばした。つい、大きめのあくびが出る。良い天気だ。ん、我が輩はどうやら余り上等な服を着ていないようだ。それもよかろう。この分厚く実用指向の服も、嫌いではない。さて、我が輩が持っているのは、

8 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 13:10:40 ID:MzlFJv54
ひのきのぼうとかわのたてだけである。スライム程度を蹴散らすには十分と言えるだろうが、ドラキーあたりを相手にするには少々心もとない。
ただのひのきのぼうを町で買う必要などは本来ないはずなのだが、生憎と我が輩の行動は神の作ったルールに縛られているのだ。是非もない。

9 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 14:57:27 ID:Zm9hQtcx
「創ちゃん我輩って奴が勝手に動いてるけど」「あーいい、あそこ何も創ってない世界だし。まだ主人公候補なだけだし、それより時代設定どうする?」「うーん現代世界にする?」

10 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 15:42:10 ID:SlU9+QfT
我輩は……この一人称疲れるな。普段どおり行こう。俺は身の危険を感じていた。何者かに監視されているような気味の悪い感覚がする。

11 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 16:42:26 ID:0VJhL4b0
イヤな予感。後頭部に焦げ付くような感覚。とっさに俺は伏せた。半瞬前まで俺の頭があった場所を、風を切る音と共に黒い影が横切る。危なかった。凶暴な牙と爪を備えたそれは、音もなく向うの茂みに着地し、こちらを振り返って低い声で威嚇する。その口には無数の牙。

12 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 16:57:36 ID:Zm9hQtcx
獣人?わからん何でこんな住宅街の片隅でオカルトと対面してんだ、ガブッ!腕に鋭い痛みが「この!」俺は腕を地面に叩きつける。くそ意識が「噛んだぞお前も俺の同類になるんだ」

13 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 21:28:31 ID:EfHFS7yJ
それから1週間後のことだった。俺の身体に異変が起きたのは。

14 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 22:01:58 ID:H6k+Cdb3
一日目、

15 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 22:26:01 ID:Zm9hQtcx
一方何処とも知れぬ空間「よっしゃできた」「んー何が創ちゃん」「今回の世界モデルは地球21世紀、さらに特定遺伝子保有者はあるきっかけで特殊能力者に覚醒」

16 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 23:36:44 ID:ltQdDuXk
そのころセバスちゃんは

17 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/20(火) 23:42:16 ID:EfHFS7yJ
週末のペルー戦に向けて

18 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 00:35:55 ID:16Mh2yAr
大型の高速ヨットの整備に余念がなかった。「待つよろしメアリー。今度のアメリカズカップに優勝したら、君と結婚するね。絶対アルよ」

19 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 00:42:33 ID:2O5284Oz
その話し詳しく聞かせてもらえる。今一番聞きたくない、聞き慣れた声が空から聞こえた。

20 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 01:42:09 ID:XHohloIT
「なんだよ姉貴俺の妄想に茶々入れんなよ。あと部屋に入るときはノックしろっていつも言ってるだろ」

21 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 02:23:17 ID:pgH51Xqd
「一樹、お父さんが、お父さんが!」姉の後ろには、父親が立っていた。その腕からは血の滴が、音を立てて床に滴っていた。これはただの傷ではない。何か、大型の肉食獣に噛み割かれたような傷だ。

22 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 13:15:46 ID:2O5284Oz
そこで俺は目を覚ました。嫌な夢だった、汗でパジャマが身体に張り付いていた。時計を見るとまだ午前12時3分。真冬の夜、外では雪が降っていた。俺は着替えるために寝室を出た。

23 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 15:59:36 ID:1DRsskcO
だが腕の傷を見てそれが夢でないと理解した「これじゃ親父と同じじゃねえか」そう十年前俺と同じく腕に傷を負いその後蒸発した。今は姉との二人暮しだ

24 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 16:38:18 ID:pgH51Xqd
俺は夢の中の出来事を思い出した。突然訪れた、あの“感覚”。人後を話す獣人。腕に覚えた火のように熱い痛覚。どうやらあれは夢ではなかったようだ。包帯に覆われた腕をそっと撫でる。でも、いつ部屋に帰ってきたんだろう? そして、誰が治療を?

25 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 20:56:24 ID:XHohloIT
――同時刻の某所。「博士、被験体が目を覚ましたのですが…」「どうした?」「どうも記憶が残っているようなのです」

26 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/21(水) 22:41:19 ID:1DRsskcO
「か・ず・き・・れ・い・こ」白い部屋の中獣が暴れる「部屋の強化は済んであるか?」「はい脱走はありえません」「ふん先日破られたばかりではないか」

27 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 00:23:08 ID:RYVDWqAq
「しかし博士、こんな非人道的な実験に意味は…」「それ以上言うな。すべては陛下のためだ」

28 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 00:56:19 ID:QX7z3qui
「閣下?閣下のためですか?」「そうだ、閣下の壮大なる計画の一部ではあるが、まぁ詳しい話は今度と言うことで…」

29 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 02:30:01 ID:RJJ5cxNt
(はっ…これで計画の一部、ね。一体どんな大事を企んでやがるんだ?)博士の助手、S機関からのスパイ・綾裂はこっそりと心の中で唸った。「どうした、助手?」「…いえ、なんでもないですよ博士」

30 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 10:47:27 ID:AOe0uIl6
「ところで話は変わるんだが綾裂くん、君の名前『綾裂』は何と読むのかね」

31 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 13:01:33 ID:pIYUkCX+
「あやさきです。それより彼がそんなに重要なんですか見たところただの獣人ですが?」「ふふ彼は感染者だわしやお前のように自然発生能力者を探すのと違い量産が可能になる」

32 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 18:22:58 ID:SSdUS0kr
「博士、いいから句読点をつけろ!」「な、なんだね急に?」「聞き取りづらい…んですよねえ、その喋り方は、ははは(…しまったつい地が出ちまった)」

33 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 21:13:11 ID:RYVDWqAq
「綾裂くん、女性なんだからその口調はどうかと思うよ。君は黙っていれば美人なんだから…」言い終わらないうちにドアがバタンと開いた。「!」

34 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 21:25:51 ID:BjnFRar2
開いたドアから黒ずくめの男が二人、ドアの内側両脇に張り付いた。安全を素早く確認すると低い声で「お入り下さい」と声をかける。すると、まだ幼い少年が二人の男を引き連れて入ってきた。「弟王さま。本日はいかなる御用向きでしょうか」博士は臣下の礼を取った。

35 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/22(木) 22:16:51 ID:pIYUkCX+
(王ね、たかが犯罪組織なのに随分と大仰な呼び名ね)綾裂は心中をおくびにもださず同じく礼をとった

36 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 00:38:58 ID:ipogs3/o
「えぇ、僕もそう思います」弟王と呼ばれた少年が、綾裂に対して、柔らかに微笑んだ。

37 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 00:52:23 ID:cVNmVjDl
綾裂の表情が凍った。なぜ、私の考えていることが?「驚かないでください。これだけ数が減ってしまったとは言え、僕も種族が“王”の一人なのですから、この位は嗜みます」やわらかにそう言うと、弟王は博士に向き直った。「新な仲間を造り出す計画、進んで居られますか?」

38 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 01:13:19 ID:CmTaKrHl
「それは問題ないわ。量産はできる…。ただ現在の技術力では造っても寿命が3年しか持たないの。」
「ふん、3年あれば十分だ。所詮人の手で造ったもの。今の所、あの計画さえうまく行けば良い。数を増やすのはそれからでも遅くないだろう。お前の命も俺が握っている。グズクズせず何とかすることだな。」

39 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 01:30:19 ID:abqFfZTm
「ええ、実験体《凶獣》能力は獣化・再生と思われたのですが、能力者を覚醒させる感染者と判明しました」「ふーん、で、脱走した際の行動は?」「え、いや、すぐ確保できたので・」

40 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 06:54:51 ID:yS2Ug0Up
「行動は?」弟王が笑顔で尋ねる。「う、うむ。しょ、詳細は後ほど報告書にして提出しよう」博士は何故か吹き出る汗を拭いながらなんとかそれだけ言った。

41 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 11:49:52 ID:cVNmVjDl
「一樹、朝ご飯食べないの?」キッチンから姉の礼子が呼ぶ。「うん、判った」生返事をしながら、血のこびりついた包帯を、音を立てて腕から剥がす。予想に反して、腕には何の傷もなかった。やっぱり夢だったのか。そう思いながら、一樹は自室を後にした。

42 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 12:30:39 ID:abqFfZTm
「一樹、今日は病院いって怪我を見てもらわないと」「いや、深い傷じゃなかったみたい」「・・そう。一樹は父さんみたく黙って消えないよね?」「当たり前だよ玲子姉さん」

43 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 19:18:49 ID:CigvukUO
「書き置きぐらいは残すよ。それより、さ。例の件どうなった?」

44 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 21:27:18 ID:2Rmn/qUD
「順調よ。今朝報告が入ったんだけど、ついに父さんの仇の目星がついたわ」

45 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 22:15:54 ID:abqFfZTm
「仇って、まだ死んだときまったわけじゃ」「でも、あの事件の後よ、父さんが蒸発したのは。」

46 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 22:29:07 ID:cVNmVjDl
3年前のあの事件。当時、謎の獣に人間が襲撃される事件が多発していた。襲われた被害者の性別や住所、年齢や地位はまちまちだった。

47 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/23(金) 22:48:53 ID:2Rmn/qUD
ただ、1つだけ共通点があった。俺と姉さんだけが気付いた共通点。それは・・・

48 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 03:40:06 ID:dtpOwB2Z
過去に有る特殊なアレルギー治療を受けていることである。そして、父さんや俺。そして姉さんもその被験者になったことがある。

49 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 10:43:00 ID:Uvr719UU
三年前のあの日。ちょっと出かけると言った父は千切れた衣服と大量の血痕だけを残し、行方がわからなくなった。

50 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 18:34:11 ID:nXQCHv5Q
いや十年前だっけ?まあ、どうでもいいか。…ともかく父さんが蒸発し、母さんもその心労と家計を支えるために始めた慣れない仕事のせいで去年、静かに息を引き取った。

51 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 19:31:05 ID:A9G+VVWf
そして、俺と姉さんは二人きりになった。俺にとって家族がいなくなることは、耐え難い恐怖だ。

52 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 20:14:21 ID:N38ER5/Y
「一樹、一樹どうしたの急に黙り込んじゃって。タンメンが冷めるわよ」

53 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/24(土) 22:03:11 ID:Uvr719UU
「父さんは今どこにいるのかな?」・・・「博士、凶獣のデータは?」「はっ、弟王様彼は十年前覚醒。三年前通り魔事件の際確保」「あれか、彼はわかるんだなG遺伝子の保有者を」

54 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 00:37:55 ID:kHsolqIt
「よしそこまで解っていれば上出来だ。…時間だな。僕はそろそろ幼稚園にいく」「行ってらっしゃいませ弟王様」

55 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 14:36:21 ID:/6eLVwwd
『幼稚園』というのは、子供ばかりを集めた実験施設のことである。最近では、規模拡大と、それに伴う大々的な拉致まで計画されている。

56 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 20:08:17 ID:cV5cgLNc
通称「幼稚園」と呼ばれるそこを生き残り卒園する事ができた一握りの者たちは、裏社会で「見えざる者」と呼ばれ恐れられている。

57 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 20:51:44 ID:e2BMp48u
一方、一樹玲子の姉弟。トゥルルル!「はい南方ですあっ弁護士さん。えっ、手を引く。葉海製薬が三年前の事件に関わっている証拠は・ガチャ!」「・・姉さん、店を開ける時間だよ」

58 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 21:22:44 ID:nz1hIPYh
玲子は両親の残した遺産を元に喫茶店を経営していた。生活費と一樹の将来の学費を賄うのでいっぱいではあったが、どうにかやっている。そこで、葉海製薬の薬害と謎の襲撃事件の奇妙な同期のついて、密かに調査していたのであった。

59 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 21:29:41 ID:3NlviZUy
「ねえ一樹。前話したこと、覚えてる?出前をやらないかっていう話。あなた止めたけど、やっぱりやってみようと思うの。ランチ以外での食数増やしたいし…」

60 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 21:47:28 ID:kHsolqIt
「もちろんいいよ。ラーメン始めるんだよね。懐かしいな…父さんの店「雷来軒」は無くなっちゃったけど、きっと姉さんなら幻のタンメンを作れるよ」

61 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 22:17:07 ID:e2BMp48u
雷来軒それは知る人ぞ知る伝説の店。一樹達の父は唯一暖簾分けを許された男だった。

62 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 22:41:50 ID:nz1hIPYh
「冗談じゃないわ。喫茶ライトニングは本格的珈琲が売りなんだから。それに、父さんの味なんて、再現できないよ」遠い目をする玲子。「さ、無駄話していないで学校へ行ってらっしゃい。――学費ならどうにかなるから、勉強をきちんとお願いね」

63 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 23:04:56 ID:kHsolqIt
いつもどおりの退屈な授業。しかし2時間目が終わったころ俺はある違和感に気が付いた。

64 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 23:21:25 ID:3NlviZUy
『学費ならどうにかなる』だって?まさか。店はまだまだ軌道に乗ってないし、弁護士費用だってある。資金難もいいところなのに。
だのに、姉さん…

65 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 23:38:22 ID:e2BMp48u
俺は嫌な予感がして大学を飛び出した。ヒュン!体が軽い?「おい一樹・・つむじ風?」・・喫茶店には黒服がいた机の上には札束「貴女邪魔です。これで葉海製薬から手を引きなさい」

66 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/25(日) 23:57:46 ID:kHsolqIt
「これっぽっちで?フン、桁が違うんじゃないの?」姉さん・・・流石です。

67 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 03:52:00 ID:Fa/l+9Bn
「少し、世間を知った方が宜しいですな」唇の橋をつり上げ笑う。「恐喝でもするの?」姉さんも負けない。「まさか。合法的な手段は……ん?」男が後頭部を押さえた。と、同時に俺も後頭部に焦げ付くような感覚を覚えた。「君は…誰かな?」振り向いた目が金色に輝く。

68 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 10:39:22 ID:WLgN+a/t
「貴方こそ誰ですか?」俺は何とか言い返した「葉海製薬の人間だよ。ふーん、試してみるか」ポーン「グアァァァァ!」頭が痛い痛い「一樹、貴方何を!?」「姉の方は適性なしか」

69 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 20:52:49 ID:QbIwmiY4
男が何を言っているかは分からない。だが、ここで男を排除しなければ、姉さんと引き離されてしまうだろうコトが直感で分かった。

70 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 21:28:25 ID:bJfxxNlZ
「姉さーんお昼ご飯できたよ〜 今日は手打ち蕎麦…あっ」ドンガラガッチャン「いっけな〜い、つまづいちゃった」黒服男の頭に蕎麦をぶちまけてやった。

71 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 21:39:04 ID:j7d7tpGb
台詞こそ萌えキャラ風だが蕎麦つゆの熱は洒落ではない。今回は特にあんかけもサービスしてある。

72 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/26(月) 21:45:51 ID:WLgN+a/t
「・・・面白い事もわかりましたし、今日のところは失礼しますよ」男は平然とした態度で出ていった・・数分後「あっちぃぃー!!お前冷凍能力あったろ冷やせ!」そんな声が聞こえた

73 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 03:00:54 ID:Rp0OAbNE
「ご免ね、一樹。でも、さっき具合が悪そうだったけど、大丈夫?」「平気だよ。それより、午後は休講でヒマなんだ。少し手伝うよ」俺はカウンター奥に入り、エプロンを着けようとし、ふと手を止めた。男が何かした時の、細胞が燃え上がる感覚が一瞬蘇ったのだ。

74 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 07:14:29 ID:nehfBegO
あれは、なんだってんだろう。体が熱くなり血がたぎえり、そして・・・そして、なんだか忌まわしい事を一瞬思ってしまったような気がする。

75 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 10:00:51 ID:nzrKefwh
「どうしたの一樹、鼻血出てるわよ」「い、いやなんでもないパンダ!!」

76 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 17:04:06 ID:krOLuOBI
「パンダ?」「ち、違う。俺、トイレ行って来る!」便所紙で鼻血を拭きつつ俺は考える。なんださっきの他の世界と繋がった感覚は

77 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 17:12:44 ID:Rp0OAbNE
トイレから出、手を洗う。食品を扱う店なのだから、当然消毒まできちんとやる。すっかり洗い終え、水を止めようと蛇口を軽くひねった。すると、蛇口の持ち手が手の中で粘土細工の様に潰れてしまった。「何だ、これは……」背中に冷たい汗が伝った。

78 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 19:15:14 ID:VNUflizc
「盛り上がってきたな創ちゃん」「まあね、でも気を抜くとぐでぐでになるから、その時は修正たのむよ破ちゃん」「あいよ、記憶因果の破壊はおまかせ。さっきちょっと危なかったし」

79 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 19:51:33 ID:nzrKefwh
「なんだお前ら」小学生らしい男の子2人が、洗面所の窓からこちらを覗いていた。

80 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 20:09:34 ID:9hD42hso
「へー、俺たちを認識できるんだ。ちょっと試そうか」窓ガラスから手が伸びてくる。俺はいや人間は此れには勝てない。こいつ等はそういう存在だと唐突に理解した。

81 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 20:44:35 ID:kMz1gqVD
奴らの名は『睡魔』。父さんが言っていた、人類の敵だ。するとさっきの蛇口も幻覚か。そう意識してみれば、蛇口は元の形のままそこにあった。これならば…!

82 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 21:01:51 ID:VNUflizc
どこともしれね空間「くすくす、何か俺達睡魔で幻覚だってよ創造神」「しばらくは様子見だ破壊神。それともそういう存在を創ろうか」「まあ、しばらく葉海製薬に任せようか」

83 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/27(火) 21:41:51 ID:JvJyqAjh
「いやまて、これはまずい兆候かもしれないぞ」「何だよ急に雷神」 なんだ小学生がまた1人増えたぞ。春休みだなぁ

84 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 01:19:18 ID:3zwczi4u
そう、今は春休みだ…。桜の季節………。小学生…………。俺の中で何かが繋がった気がした。そして、ぼんやりしていた頭が急にはっきりした。この研ぎ澄まされた感覚…

85 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 11:40:40 ID:KkNxfEI9
「スイッチは開いたか、じゃあいい加減帰れ」「何をうわわわーーー!!」気がつくと俺は洗面所にいたさっきまで…何だっけ?「一樹どうしたの?」


86 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 13:38:57 ID:Hmwf7rEb
「なんでもないよっ窓の外に小学生男子がいてちょっとショタ魂に火が…いやなんでもないです」冷たい視線が突き刺さる「それよりさっきの奴らは何なんだよ」

87 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 18:44:56 ID:snAGv+xn
「あいつら、ね。名刺には葉海製薬総務部ってあるわ。私、奴らが公表している、例のアレルギー治療薬の治験資料を調べたの。それは特定の時期に行われ、開発中止になっていた。その原材料仕入れを洗っていたら突然奴らがやって来た訳」

88 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 18:56:37 ID:mTKyeiY3
「まいったわね弁護士は手を引かれるし。明確な被害者がいないから誰もがおよび腰よ」葉海製薬全国規模の会社で、この町の発展の中心。そう現状でこの町は全て上手く行っているのだ

89 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 21:53:11 ID:bvMUCDEQ
安定した雇用は住民を根付かせ、その税収は町を潤し、議員は票田を得て葉海製薬の紐付きとなる。俺たちの戦いは、この三者の結合を切り崩すところから始まるだろう。まず倒すべきは…

90 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 22:02:19 ID:MUZovapc
ワンマンぶりが最近鼻につく都知事だ。

91 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 22:42:23 ID:+/Y+ffhX
「一樹、あんた今変なこと考えてるでしょ。都知事を倒すとか」図星。「いい。葉海製薬を潰す必要はないのよ。私達は葉海製薬から真実とお金さえ搾り取れればいいんだから」

92 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 22:56:52 ID:MUZovapc
お金って・・・本音が漏れてますよ姉さん。「でも具体的にどうしたらいいのかな。新聞社にでもタレ込む?」

93 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/28(水) 23:25:39 ID:mTKyeiY3
「何を?どれも噂話で証拠がないわ」そうだ結局現実問題として俺は何の力も持たないただの大学生にすぎない。

94 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 00:14:26 ID:EDmTAvmQ
翌日、

95 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 02:51:31 ID:qFLYoNO9
俺は大学の図書館に入り浸っていた。ゼミのレポート作成の為、と言うのは口実で、実はあの葉海製薬のルーツにについて調べていたのだ。驚いた事に、この会社の歴史は安土桃山にまで遡り、当時漂着したバテレンがその始祖で有るらしい。ところが彼らについて調べると、

96 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 19:09:26 ID:OLDDBqXD
腹がへってそれどころじゃなくなったんでメシに出かけた。

97 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/29(木) 22:20:23 ID:EDmTAvmQ
吉野家に入ると、あいつがいた。

98 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 00:29:57 ID:WjDg0jN4
あいつではなく、あいつらか。俺以外に姿が見えない二人の小学生。「また会ったねえ」「会ったよね」からかう笑顔が気に障る。「いったい何だ、お前ら」「僕達と話しているとら目立つよ」「目立ってるね」店内の数人がこちらを見ていた。独り言と思われている様だ。

99 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 10:59:38 ID:XzFo3a4G
「いいんだよ春だから。大して珍しくないだろ。あー兄ちゃん大盛1つとこの子たちに並盛2つお願いね」

100 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 12:57:01 ID:c9TjX9wD
一度聞きたかったんたが、お前ら双子?? そっくりな顔してよ。 それになんだその格好は………。 タキシードで牛丼食いに来るなっ

101 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 14:14:37 ID:MLA/39yD
俺はそれ以上喋れない。不可視の力で押さえ付けられ、体中に激痛が走る「うるさいよ一樹、それより大学に戻りな物語が動くから」俺はあっけなく気絶した「お客さん大丈夫ですか」

102 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 19:49:30 ID:WjDg0jN4
「判った、判ったって!」ようやく体が自由になる。周囲の変な人を見るような目がとても痛い。その場を誤魔化すように、俺は牛丼をお持ち帰りにして貰い、大盛りひとつと並二つを抱えて学校へ戻った。

103 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 20:57:52 ID:nk++j8GE
学校に着いた。はずだった。「あれ?学校って…ここだよな?」塀はあるが校舎がない。だだっぴろい更地が広がっていた

104 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/30(金) 21:11:04 ID:MLA/39yD
「大学なら移転したをですけど」俺に声をかけた人がいた。おかしいさっきまで確かに此処に−−−−そうだ、そうだったな間違って古い方にきちゃった「貴方は?」「綾裂と言います」

105 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/31(土) 00:52:32 ID:j9m+IE6D
「こんな更地に居ても何もいいことありませんよ…早く帰りなさい」綾裂と名乗った女性はそういって入り口に向かって歩き出す。俺は訳がわからずなんとなく彼女と一緒に歩き出した。「…けっ、しかしこれ程とはな」「え?綾裂さん、何か言いました?」「…いえ、何も」

106 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/31(土) 01:27:36 ID:l930QEj+
何故俺が移転前の学校の敷地へ来たか。多分、調べていた資料に、葉海製薬の始祖であるバテレンが教会を建てた場所だと出ていたからだろう。アダムに知恵の実を食べさせた蛇を知恵の天使として崇め、各地を追われながら変容していった異端の教会だが。

107 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/31(土) 11:36:37 ID:dObzs1fP
GUUuuUURooOO!急に響いた異音に俺は横を見る。立っているのは綾裂さん一人「私の腹の叫びです」視線が狂おしいまでに牛丼一筋。

108 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/31(土) 17:09:24 ID:2aaDbOn1
俺は牛丼をだし「食べる?一人じゃ多いし」「まあ、どうしてもと言うなら」「じゃあいらないの?」「・・・ください」

109 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/31(土) 18:55:29 ID:5m8Vq7YT
「そうじゃないでしょ」「・・・牛丼をいただけませんでしょうかご主人様」「よくできました、はい」彼女のむさぼるように食べる姿を見ながら俺はしばらく優越感に浸っていた。しかしすぐさま、あることに気付いた。

110 :イラストに騙された名無しさん:2007/03/31(土) 19:04:26 ID:O4W19XX3
綾裂さんは両手にひとつづつ丼を持ってかっこんでいる。俺の持っていたのは大盛と並の計三つ。じゃあ、残りひとつはどこへ行ったというのだ…!?

111 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 21:02:32 ID:BE8hKXuc
「美味しいねぇ、これ」「!!」ふと見下ろすと少女がいた。いつの間に現れた!?なんで牛丼食ってる!?

112 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 21:44:22 ID:XfaNYMr2
ピロリロリ〜〜♪
そんな時にメールが届いた。さてと、差出人はと

113 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 21:52:31 ID:etlvMZG8
差出人は『葉海製薬総務部 担当 八島』――!! 「そろそろ、発症因子が目覚めた頃だがどうかね? 研究員である綾裂の指示を聞いて生き残るも良し、聞かずに人としての姿を失うも良し、だ。選択肢は君の手にある」だと?

114 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 21:54:25 ID:BE8hKXuc
「さぁどうするぅ?お兄ちゃん」少女が邪悪な笑みを浮かべている。

115 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 23:03:40 ID:RpnNzVes
綾裂さんもさっきまでの情けなさは完全に消え、怖い顔で何やら考え込んでいる。俺はそれを横目に見ながら、警戒しながらも少女に尋ねた。「君は・・・誰だ?」

116 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/01(日) 23:48:02 ID:b/onkueZ
「葉海清音、調べてるんならわかるでしょ」「・・現会長の孫娘」「偉い偉い、よく調べたね」瞬間、俺は殴りかかってた。が、少女は指一つで止めていた。「疾いねそっち系の能力か」

117 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 00:27:41 ID:AKUr7KFq
「秘蹟を起こす血筋って腐りやすいの」綾裂さんが怖い顔のまま呟いた。「何が…」「でも、長年の純化の果て、我が教団は偉大な果実を手に入れつつある。でも問題は残った。一つは出生率の低下。もう一つ。普通の人間には認識できない個体、ロストチルドレンの発生」

118 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 06:27:28 ID:ZQkoDNoU
親父が異常に子沢山だったこと、俺が最近見えない子供を見るようになったこと。いくつかの疑問に答えができたが、これをこいつらに気づかれてはならない。

119 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 07:30:55 ID:JT5I58j0
「えい!」少女、葉海清音がそんな掛声と共に軽く指を弾く「ぐぉ!?」その瞬間、俺は冗談のように吹っ飛んだ。

120 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 10:07:56 ID:z040VUAx
無様に倒れこむのを拒否して、なんとか体勢を立て直す。「うわ、あれを受けてほぼノーダメージ?」呆れたような清音の声に「んなわけあるか!」と突っ込みを入れる。

121 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 17:10:20 ID:1aqYURuD
「大体なぁ、俺は牛丼食えてないんだよ!返せよ俺の牛丼!」明らかに負け惜しみだし、少女が食べたのは並盛だからお門違いなのは承知の上。まずは時間稼ぎをしないといけない。

122 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 21:31:24 ID:ZQkoDNoU
少女は、おそらく綾裂さんも、知らないのだ。男を苦痛で殺すには、ある場所を指で弾くだけで十分だということを!時間を…回復するための時間を、稼がないと…!

123 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 22:35:14 ID:1UXo8P8S
「何か企んでる目だねー。バレバレだよお兄ちゃん」その瞬間目の前が暗くなった。気が遠くなる・・・

124 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/02(月) 23:21:31 ID:OqVTSGke
だめだ!ここで気絶したら俺は殺される。そしたら玲子姉さんは一人になる逃げるんだ「なあに逃げられると・・疾い」ヒュン俺は走った体が軽い光が見えるこれは光速の世界

125 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 00:42:39 ID:afj0jRqo
と、思った途端足がもつれてすっころんだ。それはもう豪快に、むしろ転ぶのが当然という勢いだった。

126 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 00:42:47 ID:SHLkjtXY
気が付けば、図書館前。携帯の着信音が鳴る。番号は非通知? 「ハーイ、逃げ足の速い一樹君。こちら綾裂姉さんだよ。あんた、名前と住所押さえられた時点で逃げても無駄だって判らない? 取りあえず話の続き。もし、人間で居たければ、切るんじゃないよ」

127 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 12:57:21 ID:UBGxSC6x
時すでに遅し、俺は携帯を図書館の返却ポストに投げ込んでいた。恐怖にかられた俺は図書館の中に入り受付のお姉さんに

128 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 16:54:34 ID:KVxIV0r/
思わず、すりーさいず を聞いてしまった………

129 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 19:50:00 ID:jYAn/8J2
「上から72、56、・・・

130 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 19:52:08 ID:vo/QGoMs
129.3」

131 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 20:47:42 ID:uoYraKC8
「マジで!!」「ウーソ」ガコン!一樹は頭を本で叩かれた「何とち狂ってんのバカズキ」「えっ、お前は!?」

132 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 21:03:09 ID:i0VGrRHC
「何故かいつも俺に絡んできては喧嘩を売る究極のツンデレ、斉藤雪!」まあ、ツンデレとはいえデレッた所は見たこと無いが。

133 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 21:08:10 ID:SHLkjtXY
薬学部の江ノ島、だ。高校からの顔見知りで、葉海製薬についての調査を頼んでいる。「受付のお姉さんは今お昼よ。私、替りを頼まれたの。で、返却ポストを調べたら、こんな物を発見」江ノ島の手には、俺の携帯が!「試薬γ16がどうこうって言ってたわ。どういう意味?」

134 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 21:09:33 ID:SHLkjtXY
>>133
(しまった、被った。取りあえず名前は斉藤雪だとして脳内補完よろしく)

135 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 21:25:53 ID:afj0jRqo
『薬学部の江ノ島』という二つ名を持つツンデレ、斉藤雪が差し出した携帯電話からは、一人で延々と説明を続ける綾裂の声が漏れ出ている。

136 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 22:30:36 ID:jYAn/8J2
「あなたはわたしからにげられないのずっとずっとずっとおいかけるあなたをおいかけるのずっとおいかけるの…」

137 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/03(火) 23:13:08 ID:Oy27FuC1
「聞いてのとおりだ、斉藤雪。お前に頼みたいのは…」江ノ島。デートすると別れる伝説の島を二つ名に持つように、斉藤雪の別れさせ屋スキルは神の領域にある。

138 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 02:29:31 ID:59GDXVPb
「それは難しいわね。相手は葉海製薬の研究員でしょ?」「……知っていたのか」「たっぷり喋ったから。それでさあ、治験に参加しないとどうとかって言っていたけど、どういう事?」「それは…」言葉を継ごうとしたが、声を出しづらい。見ると、手に獣毛が生え始めている。

139 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 14:18:40 ID:DZgktHiS
「もうだめかもわからんね」

140 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 18:04:01 ID:LyLVE5vE
「縁起でもないことを言うなよ」声を絞り出すと、俺は生えてきた獣毛を引っ込めた。最近こういうことは頻繁におきるので、対処はなれたものだ.

141 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 20:01:37 ID:m8EchhRJ
まあ焦ってもしょうがないか。ここまで走ってきて腹も減ったことだし「雪、飯でも食いに行かないか?」と誘ってみた

142 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 20:44:55 ID:viLrOuHc
「やだよ、あなた濡れた犬みたいな臭いするもん」ひどい扱いだ。「ほら、バター飴。舐めながらでいいから話を聞きなさい」なんていい友達なんだろう。

143 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 21:05:49 ID:59GDXVPb
なんて旨い飴だろう。雪がこちらを見る目が細くなったのが気がかりだが、俺は最後まで舐めきった。「ああ、旨かった」「そう、そんなに試薬γ16は美味しかった?」「なにおう!」

144 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/04(水) 22:05:39 ID:m8EchhRJ
直後、俺の身体に異変が起きた。胸が熱い・・・頭がぼうっとする・・・なんだこの感情は、目の前の雪がひどく可愛く見える。好きだ!抱きしめたい!

145 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 02:12:56 ID:JRpb0dWY
「ふん。試薬が眠っていた因子を顕在化させ、発症前の保菌者でしかない私に反応し始めた、か。綾裂さんの言っていた通りね」「どういう意味だ!」「私ね、綾裂さんの助手志望なの。だから協力してたんだ。あーそのままだと獣化が止らなくなるよ。どうする?」

146 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 03:16:12 ID:KQEtIYJY
冥王「フハハハハハお前を殺す」

147 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 04:43:20 ID:IcI4D7gF
【都知事選】浅野氏、志同じならと民団に支援を要請
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1174623990/

東京都の人は、ぜひ読んでみてください。
現在、朝鮮総連や民団その他の反日団体が、総がかりで浅野を応援しています。
浅野が知事になれば、たぶん東京は終了します。

148 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 05:50:50 ID:L4NON4we
何か選挙カーが通り過ぎた。俺も選挙行かなきゃ、義務だし権利だもんな。で俺の状況は変わらないわけで。母さん、富良野の冬は厳しいです。

149 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 07:34:23 ID:CAk168cM
あの時の俺はまだガキだった――ただ、今なら分かる気がするんだ。母さんが、あの時言った言葉の本当の意味が。


150 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 08:16:07 ID:Xso08+OC
そう、あの時母さんは確かにこういった−「あなたは都知事になるのです」

151 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 09:08:44 ID:r80QU/oi
いや違う本当は何て言ったけ?・・あれ何で黒服に囲まれて「綾裂、雪、協力に感謝する」一樹は黒服に運ばれた「綾裂さんこれでよかったんですか?」「ええ、これでより深く組織に入り込める」

152 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 17:20:12 ID:KgAgJUjf
なんとか変な気分が収まり、気付いたときには俺は捕まっていた。「あ、あれ?おい、雪!友達売る気かよ!それじゃあお前ツンデレじゃなくってツンドラだぞ!」

153 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 20:57:59 ID:P4M8Upb5
雪はまるで養豚場の豚を見る様な目で俺を見ていた。俺はすべてを悟り、観念した。そして俺が連れて行かれたのは、

154 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 21:20:20 ID:KQEtIYJY
冥王の前だった。冥王「頂きま〜す」

155 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 21:33:21 ID:jN1EfQOE
γ16---獣化。人を豚に変身させ、来るべき食糧難にむけて売り出すという悪魔の薬だ。生まれてこの方ドングリしか食べたことのない俺の肉は、さぞかしうまいことだろう。

156 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 23:10:57 ID:r80QU/oi
「違う」俺の心の呟きを聞いた!?「この薬は試験薬G遺伝子を持たない者にはただのビタミン薬、しかし因子の持ち主には」「グガアァァー!!」体が痛い「貴男の能力は何かしら?」

157 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/05(木) 23:33:41 ID:KQEtIYJY
怪人バビーボンに変化した

158 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 01:02:02 ID:mcdJkfJ/
冥王「バビーボン死ね」バビーボン「ククク」

159 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 01:03:04 ID:TowfYjO1
綾裂の言葉も終わらぬうちに、俺の視界は変化した。周りの黒服が、綾裂が、雪が、その動きを止めた。いや、違う!俺の認識する速度が上がったのだ。まるで濁流を押し渡るかのようにまとわりつく空気をかき分け、周りを突き飛ばし、包囲を抜けた。

160 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 01:08:14 ID:qAHn1K9V
包囲を抜けた先は、雪国であった。

161 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 01:11:34 ID:F5qcgbIt
【都知事選】浅野氏、志同じならと民団に支援を要請
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/
1174623990/

東京都の人は、ぜひ読んでみてください。
現在、朝鮮総連や民団その他の反日団体が、総がかりで浅野を応援しています。
浅野が知事になれば、たぶん東京は終了します。

162 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 01:16:20 ID:4A9TjRD3
もう訳が分からない…突破したが思考は支離滅裂、体は激痛でもう動かな…いや、動く!動くならとにかく逃げなくちゃ…!俺はバビーボンなんだからにげるれにげろお!!

163 :sageてない奴はスルーでよくない?内容もアレだし:2007/04/06(金) 01:38:14 ID:rlieOgx9
「不甲斐ない奴だ」突然、俺の前に人影が現れた。「我輩が逃がしてやるから、3秒だけ目をつぶっておれ」

164 :そだね。:2007/04/06(金) 01:58:01 ID:TowfYjO1
俺に嫌はなかった。言われるまま静かに目をつぶる。まるで三半規管をかき混ぜられたような不快感があり、そして再び目を開けると、窓のない高い天上のドーム型の空間の中央に俺はへたり込んでいた。目の前には、見知らぬ男。

165 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 02:07:25 ID:4A9TjRD3
「あ、ああうう」俺は礼を言おうとしたが口が上手く動かない。すると「む…喋る事すらもまともに出来んのか。しかたない之を飲め」と、男が飴の様な物をくれた。

166 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 04:59:29 ID:LNGaNS5V
飴じゃない?!カレー味のナノマシンだ。飲み込んだナノマシンは俺の体を修復していく…

167 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 08:17:01 ID:6c3sNXEx
なんということだ!俺の体が金髪ツインテール美少女になってしまった。これはこれでイイ!

168 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 10:10:38 ID:yJxCZRP4
ドゴス!「いてぇ」「静かにしろ!その効果は一時間だけだ」「あんたは?」「黒峰、お前と同じ葉海製薬を調べてるものだ内部からな」「俺どうなったんすか?」

169 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 10:21:08 ID:6c3sNXEx
「お前はあいつらが使っている人体改造薬を飲まされたんだ。諜報活動用に開発されたはずだが…」彼女は言葉を止め、俺の体をなめるように見る「趣味性が強すぎて使い物にならなかったんだろうな」

170 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 19:09:36 ID:TowfYjO1
「使い物って?」「奴らは500年前に異端として追われたキリスト教の一派だ。彼らはその間特殊な血統を育て上げたのだ。真の王、救世主の血脈を」「じゃあ俺はその…」「違う、調子に乗るな。繁殖力が弱い王族の従者。それが貴様ら獣の血脈だ」

171 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 20:22:24 ID:fYKoF0WU
「そして、私は貴様の力をいただきに来た」いきなり唇を奪われた!!!?

172 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 20:29:36 ID:l+cWIzj+
文字通り!

173 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 21:03:59 ID:yJxCZRP4
斬られた唇を押さえ離れる「あんた味方じゃなかったんかよ!」「俺が手柄をたて組織に深く潜り込む、組織に追われてる力の無い奴を味方にする。どっちが得だ」

174 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 21:26:08 ID:fYKoF0WU
「しょうがないな間をとって俺が組織に潜り込むよ。唇うばわれちゃったし、あんたには責任とってもらわないとね」

175 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/06(金) 23:24:18 ID:rlieOgx9
口ではおちゃらけながら、黒峰を観察する。さっきからこいつは、言動、行動、性別までもが全て支離滅裂だ。そう、まるで作りかけの小説のキャラクターみたいに

176 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 00:54:40 ID:IvQ5uOAO
取り敢えず今の俺は女の子で、あいつは男で、く、く、唇奪われちゃったけど。あ、あ、あれ!?私のファーストキス?ウッソー!イヤーン私のファーストキス返せー!エ〜ン奪われちゃったよ〜!ピシ?ピシピシ!あれっ?なんか精神が入れ代わる!パリン!

177 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 01:57:33 ID:N5HUDmQ3
・・・訂正しよう。し、支離滅裂なのは俺もだ。「な、なんだって言うんだこれは・・・」血が流れる口を押さえながら俺は呻く。

178 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 02:34:47 ID:7mBEI9Z/
「これでお前もメサイアウィルス保菌者だ。γ受容体、γ系試薬と合わせ、お前は王族の、我が輩の忠実な僕となったのだ」「何だと!」「悪いことでは無い。我が輩と共に組織に入り込める。珍しい自然発生の獣人としてな」

179 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 04:16:08 ID:Wu3oCotd
その時!
オホホホホ!魔法少女冥王見参!

必殺魔法よん





ふわふわふぁんしー
どりどりどりーみー
ぷりぷりぷりてー


魔法少女奥技!

じぇのじぇのじぇのさいど茸茸茸茸(●^o^●)


なんと魔法の効果で一行ルールが崩壊した!

180 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 04:52:42 ID:G3XdznP7
【都知事選】浅野史郎氏、志同じならと民団に支援を要請
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/%31174623990/

東京都の人は、ぜひ読んでみてください。
現在、朝鮮総連や民団その他の反日団体が、総がかりで浅野を応援しています。
浅野が知事になれば、たぶん東京は終了します。

181 :前の禁則事項だし無視するよ:2007/04/07(土) 09:38:45 ID:3T/gRgpD
先程から言動が統一しない黒峰。ああ、壊れてるんだな、いや俺もかなら「はははは・・ザシュ!何故王の私が?」「革命ってしらない?黒峰さん」さて追っ手が来る前に逃げるか。

182 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 12:19:32 ID:H8jaiElC
………………………………………。
カキーンと乾いた音とともに青空に描かれる一筋の白線。「ホームランだ」と言いながら空を見上げる小学生たち。

これは少し昔の話。
一樹の父の子供時代である。もちろん、今後自分の身や子供に事件が降り懸かるなんて夢にも思っていない。

そう、この日ボールをさがして草むらの中であれを見つけなければ……………

183 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 18:48:07 ID:coOnh6ms
草むらの中に居たのはなんと赤子だった。そばに手紙が置いてある。

184 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 19:15:28 ID:3T/gRgpD
それは手紙ではなく契約書だ。《誓え獣の末裔。私が王になった時、お前の一族は私に仕え私以外の王を消せ》それは赤子から頭に直接声が聞こえるあらがえない声「イエスマイキング」

185 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 23:08:58 ID:Wu3oCotd
そこに冥王が現れた「オホホホホ」

186 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 23:12:30 ID:coOnh6ms
そして冥王は去っていった「その子を大切に育てるのじゃぞぅーーー・・・・」

187 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 23:38:11 ID:shQT/EST
ガン!俺はそこいら辺の岩に頭をぶつけた。とりあえず、冷静に現在の状況を確認しよう。

188 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 23:39:12 ID:3T/gRgpD
赤子はそのまま消えた《契約は成った忘れるな》・・・この契約が影響したのは今から十年前そして現在も・・「あれ一樹帰ったの」「・・ああ、ただいま」おかしい記憶が飛んでる

189 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/07(土) 23:53:35 ID:coOnh6ms
確か魔法少女が選挙カーで革命したら草むらで父さんと俺と出会って…いやそんなはずはない夢に違いない。でも何か変だ…「姉さん、ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

190 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 00:47:56 ID:zd2ony9i
「話は後よ。あなたつけられたわね」腕をつかまれて家の中に引きずり込まれた。鍵をかけてバリケードを組む姉に、

191 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 12:37:19 ID:e/d6ve/W
全身鎧とゆうか、妙にメカニックな何かを着た母さんが、台所から出てきた。「‥母さん?」、「あらコレ?スーパーで買ったエプロンよ、値段の割に戦車以上の火力で空も飛べるの」

192 :最初の方に死んだ設定がある:2007/04/08(日) 13:25:21 ID:3Uqjvahj
「誰だてめぇ!!」「何言ってんの母さんでしょ」「母さんは死んだはずだ」「・・引っ掛からないか、催眠には自信があったんだが」ドサ!玲子姉さんが気絶し、後ろに何かがいた

193 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 16:20:47 ID:/l0HyD3L
後ろを見ようとした瞬間鋭い痛みが肩から頭に突き抜けた、慌てて見れば……あるはずの腕が消し飛んでいた

194 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 16:39:26 ID:r7MH+pBJ
一同「う、腕がー!!」

195 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 17:57:33 ID:y+Iu2P02
「こたびの取り組み、破壊どのの差配であったな」「いかにも」「血迷われたか」「何と申される」「左腕のない剣士に骨を断つことはできぬ。全身甲冑の剣士はおトイレにも行けぬ」

196 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 22:18:21 ID:zd2ony9i
悶え苦しむ俺の前に、あの小学生2人が立っていた。「またてめーらか…目的はなん…なんだ…」それだけ言って俺は気を失った。

197 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/08(日) 23:57:57 ID:sUueOOuZ
「やっぱり僕らが見えてる」「そうみたい」「お前ら、ロストチルドレンって奴か?」「教会は王の失敗作って意味でそう呼んでる」「そうだよ」「違うってのか?」「意外と賢いじゃない」「少しはね」「じゃあ、何者だ?」「神の器だよ」「だよ」王の次は神さまかよ!

198 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/09(月) 00:14:55 ID:pQQp5JTt
何かがおかしい。気を失ったはずの俺が自称神の小学生と喋っている。

199 :イラストに騙された名無しさん:2007/04/09(月) 10:10:21 ID:svQi0zQE
『君は今死にかけてる。だから僕らが見える』はあ?何言って、うわぁ!俺半透明、下に体・・「女は殺しとけ」おい待て、ふざけんなよ死んでる場合じゃねえ!『戻るなんて楽しませてくれるな』

45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)