2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ミステリー好きがミステリー以外の本を語るスレッド

1 :名無しのオプ:03/06/09 21:05
ミステリーばかりだと飽きますよ

2 :名無しのオプ:03/06/09 21:10
案外あるといいかもな、こんなスレ。

3 :名無しのオプ:03/06/09 21:23
乙一の「暗いところで待ち合わせ」を読んだ。
これって、恋愛小説だー。
切なくておもしろかったけどね。

4 :無料動画直リン:03/06/09 21:25
http://homepage.mac.com/norika27/

5 :名無しのオプ:03/06/09 21:41
確かに飽きるな。
でもミステリー以外で面白いの無い。
ていうか知らない。

6 :名無しのオプ:03/06/09 21:43
よっしゃ五体不満足について語ろうか

7 :名無しのオプ:03/06/09 21:45
俺って駄目だなーとは思うんだけど、
本屋に行くとついついミステリーを手にとっちゃうんだよなぁ。

ミステリ以外の作家だと金城一紀とか好き。
こらそこ、在日とかゆーな。

8 :名無しのオプ:03/06/09 21:47
>>7
おい在日、五体不満足について語るんだよ

9 :名無しのオプ:03/06/09 21:51
>>8
わかったよ身障

10 :名無しのオプ:03/06/09 21:54
マジでいい本ないかな?
五体不満足以外で。

11 :名無しのオプ:03/06/09 21:55
「十角館の殺人」がお勧め。
純愛小説でもある。


12 :名無しのオプ:03/06/09 21:56
マンガでいいならハンターハンターやジョジョなんかどうですか?
ミステリファン受けしませんか?

13 :名無しのオプ:03/06/09 21:56
>>11
それはつまり十角館がミステリーではないということですね

14 :名無しのオプ:03/06/09 21:57
金城は普通にお勧めだけど。

あとは森絵都とか。カラフルはミステリっぽかったよ。
・・・って、ミステリー以外の作品がいいんだっけ。

五体〜は早稲田に入学したあたりで読むのを止めてしまいました。

15 :名無しのオプ:03/06/09 22:03
んー、湯本香樹実とかどうでしょ。
「夏の庭」「ポプラの秋」どちらも良かった。

16 :桜田門勤務:03/06/09 22:06
椎名誠さんの「岳物語」。

はじめて読んだときは、淡々としながら絆のしっかりした親子関係に魅かれ、
息子の成長によってそれが変化してゆく切なさに泣けた。俺も将来親になり、
自分の息子とこんなふうな距離感で過ごせたらいいなと思った。

あれから10年。社会人となり、自分の無力さ、他人の醜さを思い知らされ、
世の中も停滞。こんな世界に生まれても子供は幸せになれるわけない! と、
生涯子供を作らない決意とともに、パイプカット手術(上司に叱られて未遂)。
さらに酷い失恋を4回、生涯独身を決意するには至らないものの、近頃は
女体よりも、男性警察官の真夏の柔道着姿に欲情を催す30歳。

先日読み返したら、父子そろってドキュソじゃん、としか思えなくなっていた。

17 :名無し:03/06/09 22:17
“盗まれた記憶の博物館”巻
長い分読みごたえあって面白い。

18 :名無しのオプ:03/06/09 22:36
ハイペリオンは没落(下)で飽きちゃった。

19 :名無しのオプ:03/06/09 22:36
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page002.html

20 :名無しのオプ:03/06/09 22:41
>>12
ハンター×ハンターとジョジョ好き。
そのへんのミステリよりよほど面白い。
でもスレの主旨に合わないような気がするのでsage

21 :名無しのオプ:03/06/09 22:52
Ever17-the out of infinity-
本でなくギャルゲーだがまじにやられたね。食わず嫌いせず一度やってみて。

22 :名無しのオプ:03/06/09 23:30
安部公房はいかが?
「燃え尽きた地図」:ある女から人探しを依頼された探偵。
 わずかな手がかりを頼りに街を彷徨ううち、やがて探偵自身が・・・。
「第四間氷期」:遂に発明された未来予知装置。
 無作為に選ばれた被験者の未来を予知する実験を進めるうち、
 その被験者が殺害されてしまう…。
「密会」:ある夜明け、突然現れた救急車が妻を連れ去ってしまう。
 後を追って巨大病院に辿り着いた男だったが・・・。

ストーリーを紹介すると、どれもミステリ的な発端ですが、論理的な解決が一応つくのは、
「第四・・・」ぐらいかな。
竹本健治言うところの「ミステロイド」な眩暈をもよおす読後感を求める向きには、
ぴったりではないかと。
個人的には「密会」が一押し。筒井康隆的スラップスティックな快作です。




23 :大塚裕司:03/06/09 23:38
http://elife.fam.cx/a001/




24 :名無しのオプ:03/06/09 23:56
>>22
第四は良かったな。エンタメとしても読める。
罪と罰なんかも読みやすくていい。小難しい表現もなく、
物語としてスッキリしてる。少しミステリ的要素あるし。

マンガだと最近では、からくりサーカスにやられた。伏線張りまくりで
ヤツの正体わかって当たり前ってかんじなんだが…たかがマンガと
侮っていた。マンガでは寄生獣の市長以来の衝撃。

25 :名無しのオプ:03/06/10 07:48
五体不満足について語ろうか

26 :名無しのオプ:03/06/10 09:18
どぉーして五体不満足?

27 :無料動画直リン:03/06/10 09:25
http://homepage.mac.com/norika27/

28 :名無しのオプ:03/06/10 11:09
「脳内革命」って、すごいイイ!って思った。
一時マジでプラス思考になったもん。
あと、「NOと言える日本」も、やっぱり最高!!!!
ミステリ以外では、この本が一番好き。
ベタけど、「失楽園」もいいかな。泣けるね。

あっ!ベストセラー小説ばっかりジャン・・・。
でも、ネタじゃないよ。本気。

29 :名無しのオプ:03/06/10 14:02
ある意味、尊敬する。

30 :名無しのオプ:03/06/10 20:05
ミステリーか専門誌しか読まない漏れは、ためになる専門誌とか紹介すべきでつか?

31 :名無しのオプ:03/06/11 09:52
すべきでつ。

32 :_:03/06/11 09:55
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku06.html

33 :名無しのオプ:03/06/11 10:56
>>24
これから『寄生獣』読もうと思とったのに……ヽ(`Д´メ)ノメルランツカエ!!

34 :名無しのオプ:03/06/11 15:28
北方謙三の三国志。無駄に熱い。

35 :名無しのオプ:03/06/11 17:12
>>34
北方三国志は面白かった?
先週ゴミの日に近所に捨ててあったので
とりあえず拾ってある。(1〜9巻)

36 :名無しのオプ:03/06/11 17:34
>>33
ネタバレ…では無いと思う。
というか市長が衝撃だったってのが良く解からん。
ていうか市長って誰だっけ?後藤?













すまん、まったく覚えてねえや寄生獣。>>24はネタバレかも。

37 :名無しのオプ:03/06/11 18:14
舞城王太郎 の「阿修羅ガール」なんてどうですか?
「熊の場所」も良かったですよ。

38 :24:03/06/11 19:51
>>36
漫画内でも事前に露骨に注意を促してるから、ネタバレの内に入らないと
思ったんだが…どうも気分を害されたようだ。>>33氏スマン。

一応、ネタバレはメール欄。このスレで絶賛。
最も伏線の張り方が秀逸な漫画
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1013592941/l50

39 :名無しのオプ:03/06/11 20:39
ミステリを読まないときは、
児童文学なんぞ読んでる。
作者だと小川未明、西條八十、
作品だとゲド戦記、両アリス、
浮世離れしているところがミステリと似てなくはない。
登場人物が純粋で一生懸命なところとか(探偵サンはそんな人が多い)

40 :名無しのオプ:03/06/11 23:07
>>39
コーミアとかウェストールもいいよ。
下手なミステリより凄みがある。

41 :33:03/06/13 22:03
>>38
そんなにネタバレじゃないんなら気にしないでいいっすよ(*・∀・)スマソ

42 :名無しのオプ:03/06/14 11:58
ジョナサン・キャロル(ホラー作家)
『死者の書』『月の骨』『炎の眠り』あたりは、ミステリー的なオチのつけかたが光っている。
最近・・・つっても作品少ないが、『犬博物館の外で』『沈黙のあと』とかは微妙だなぁ。

43 :名無しのオプ:03/06/14 14:07
知ってるヤシも多いかも知れんが、
ゲッツ板谷の『板谷家バカ三代』。
初読当時リア工だった俺は爆笑しまくってしまった。
で友達に貸して2年くらい経ったら戻ってきたので再読。
まあ、あのときは攻防だったしな。
そう思って読んだのにマジ笑えた。
特に親父の昔のあだ名はツボど真ん中だった。

多分今まで読んだ本の中で一番笑った本。
全然ミステリじゃないけど、登場人物全員がある意味ミステリーな本。

44 :基地外 ◆u6OZZYSoz2 :03/06/14 14:22
ちくまからフレイザーの金枝編の文庫版が出ていたから
喜び勇んで買ったけど、岩波から復刻版が出ていたのか・・・

45 :名無しのオプ :03/06/14 17:26
考えることの科学 推論の認知心理学への招待 / 市川伸一/著

なんてどう。

46 :名無しのオプ:03/06/24 22:14
あげ

47 :名無しのオプ:03/06/24 22:41
土屋賢二
宮沢章夫
赤瀬川原平
なんかが好きです。
上二つはエッセイ風読み物が中心なので、どれをとってもそんなに差はないでしょう。
赤瀬川氏は「こいつらが日本語を駄目にした」がオススメ。


48 :名無しのオプ:03/06/24 22:49
>>43
以前、本屋でなんとなく立ち読みしたら、胃痙攣起こしかけた(w

笑いの方向にいっちゃった奈津川家サーガというか。

49 :名無しのオプ:03/06/24 23:45
芦原すなおはいいよ。
ミステリもちょっと書いてるが、書くな。
というか一般小説でいい。
それじゃ喰えんのかもしれんけど。

『東京シックブルース』『オカメインコに雨坊主』『スサノオ自伝』あとむろん『青春デンデケデケデケ』も。
ユーモア色が濃いので読みやすいです。

50 :名無しのオプ:03/06/25 00:30
山川方夫はよい。
一般文学の分野で語られるが、ショートショートで有名になったひとだ。
『夏の葬列』って国語で習ったヤシいるんじゃないか?
オチも妙にミステリチックなのが多いんだよ・・・まあ『夏の葬列』からしてそうだが。
図書館で読めると思うよ。
30代で死んだから作品数少ないんだけど。

51 :すういいと199:03/06/25 02:45
安部公房のスレッドってあるのかな?

52 :名無しのオプ:03/06/25 10:20
佐藤和歌子 『間取りの手帖』
最近読んだ本の中で一番笑えた

53 :名無しのオプ:03/06/25 20:38
室積光の「都立水商!」面白かったよぅ。
水商売の職業高校の話なんだけど
ソープ科の生徒が処女を理由に留年しそうになったりする。
笑いながら読んでいたのに、最後の方でついうっかり泣いてしまった。

54 :名無しのオプ:03/06/25 23:34
>51
SF板にあるよ。死にかけてるから書いてやっておくれ。

>44
ラヴクラフトがしきりに「金枝編」を引用していたので、どんなに暗黒魔術旧世界な奇書だろうと手に取った学生時代。
・・・割と真面目な学術書だったのですね。面白かったけど。

55 :名無しのオプ:03/06/26 00:18
>>54
フレイザーは長い。途中でやめた。

56 :基地外 ◆u6OZZYSoz2 :03/06/26 00:21
>>54
そうですね。>金枝編(ちなみに岩波だと篇だ)
実際、大学の時に一般教養の授業の教科書に使われてましたから。
自分は取ってなかったけど、友人が取ってた。

57 :基地外 ◆u6OZZYSoz2 :03/06/26 00:26
横尾忠則の「私と直観と宇宙人」。
天才って言われる人はある意味、頭が逝っているのかも。
本気で書いてるのか?と突っ込みたくなる。

58 :すういいと199:03/06/26 01:49
安部公房の死にかけサイト、アクセスできなかったです!
目が、充血するぐらい探したのに・・・ぐすっ
かなりのナンセンス?

59 :すういいと199:03/06/26 02:18
安部公房死にかけサイト、アクセスできたけど・・・ほんとやばい!
2002年の書き込みから現在まで数えるぐらいしかなっかた・・・
次に見るのは、いつになるやら(*0*)一人よがりに利用?


60 :名無しのオプ:03/06/29 00:16
ミステリー以外の本を語るときに、ミステリーっぽい属性のものを薦めてしまうのもどうかなあ、などと考えている。

タクシードライバーが休日にはF3で走ってるみたいなものだ。
「職業:サッカー選手 趣味:『サカつく』」みたいなものだ。
日本人がアメリカで「ニンジャ・ランチ」を注文するようなものだ。

いや、それでもいいという人も当然いるだろうが。

61 :名無しのオプ:03/06/29 00:24
大江志乃夫「日露戦争の軍事史的研究」

めでたく復刊されたので早速購入
非常に興味深い内容

62 :名無しのオプ:03/06/29 10:54
>>60
うーん、ミステリと全く関係ない本が語りたいなら、
素直に他の板に行った方がいいように思えるのだが。

63 :名無しのオプ:03/06/29 19:22
>>62
そういうレスならスレタイに向けたまい。

64 :名無しのオプ:03/06/30 01:50
いいんじゃない!読み物であればなんでも・・・


65 :名無しのオプ:03/06/30 11:08
>>63
…?
ミステリ風味の他ジャンルの本もダメとは1も言っていないようだが?

66 :名無しのオプ:03/06/30 18:10
64が正しい。
言いたいことはあるかもしれないが荒れる前にやめて、「ミステリー以外の本」について語りましょうや。

で、スティーブン・キング『ガンスリンガー』を読んでいるんだが訳が小難しいなーー。

67 :名無しのオプ:03/07/01 18:38
まだ60台だし、一荒れした方が盛り上がるんだけどな・・・。

68 :名無しのオプ:03/07/03 23:01
今月は若合春侑の《腦病院へまゐります。》が文庫化するので、それと、
新刊《蜉蝣》を買おうと思うのだが…。
みごとに読んでるものがかぶる人がいにゃい。

ラノベとかクトゥルー関係だと結構いそうだし、あげるのもなぁ…。
藤水名子とか金庸とか読んでる人いる?


69 :名無しのオプ:03/07/05 22:42
普通に新書とか……

70 :名無しのオプ:03/07/06 12:33
酒見賢一だな。

71 :名無しのオプ:03/07/06 14:05
酒見賢一(・∀・)イイ!

72 :名無しのオプ:03/07/08 00:08
村上龍の初期の方とか

73 :名無しのオプ:03/07/08 00:17
トロツキーの「我が生涯」はオモシロいっスよ

74 :名無しのオプ:03/07/08 00:17
ドラゴン村上の『69』は最高に好きだよ。
他のは正直好きになれないけど。

先日、物置掃除してたらリアル工房時代に好きだった
小説版ウィザードリー『隣り合わせの灰と青春』が出てきたので一気に読んだ。
思い入れもあるとは思うが、今読んでも十分に面白かった。

しかしコレ買った頃から、もう10年以上経つんだな…。

75 :名無しのオプ:03/07/08 03:14
>>74
漏れと同世代だな。
「うんこには思想がないからな」
とかいうくだりはすごく印象に残ってる。
もちろん、ほかの所も面白かったけど。

76 :名無しのオプ:03/07/08 10:04
「コインロッカー・ベイビーズ」の冒頭数十ページの疾走感は最高。
キター!という感じ。
すぐに失速しちゃうんだけど・・

77 :名無しのオプ:03/07/09 00:45
>>76
コインロッカー・ベイビーズはまだいいじゃん。
愛と幻想のファシズムの失速度に較べれば。

78 :名無しのオプ:03/07/09 01:17
M氏は、さわり書かせたら最高なんだけどね・・・失速するからなー
みんなもそう思ってんだね〜。

79 :名無しのオプ:03/07/09 02:20
>>78
平成の江戸川乱歩だ

80 :名無しのオプ:03/07/09 17:54
>>79
え〜微妙・・・江戸川乱歩は、言いすぎの感が・・・乱歩は、もっと崇高な
エロだし。Mは、露骨エロで、萌え萎えしますが・・・じゃー誰かな?
谷崎系なのかな?


81 :名無しのオプ:03/07/09 17:55
☆頑張ってまーす!!☆女の子が作ったサイトです☆
       ☆見て見て!!
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

82 :名無しのオプ:03/07/09 18:10
大学で使ってる「微分積分」の本。
めちゃ論理的でミステリーだと思った。

83 :_:03/07/09 18:29
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

84 :名無しのオプ:03/07/09 19:43
もともとジャズが好きで、それで植草甚一のエッセイを読むようになり
氏はミステリーについても本を書かれていてその流れでミステリーを読むようになりました。
好き嫌いはあると思いますが、この悠悠自適爺さんのエッセイはやっぱ面白いです。

85 :名無しのオプ:03/07/11 04:52
爺さんってほど長生きしたっけ?


86 :名無しのオプ:03/07/11 09:55
生まれたのが 1908年 (明治41年) 8月8日
亡くなったのが 1979年 (昭和54年) 12月2日 享年71歳 存命ならば現在95歳。

あの風貌からして(写真でしか知らないけど)、もっと上の人だと思ってた。

僕も植草氏のエッセイは大好きで、多少なりとも影響を受けているかな?
氏にならっって気に入ったペイパーバックや雑誌は買うようにしてしています。
英語が出来るわけじゃないけどね。
植草氏の著作も文庫で手に入るようになれば嬉しいんだけどな。



87 :山崎 渉:03/07/15 10:26

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

88 :山崎 渉:03/07/15 13:37

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

89 :山崎 渉:03/08/02 02:18
(^^)

90 :山崎 渉:03/08/15 16:33
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

91 :名無しのオプ:03/09/27 02:07
期待保守

92 :名無しのオプ:03/11/22 00:18
田中康夫さんのしなやかさについて語ってもいいですか?

93 :害悪細菌:03/11/22 00:21
ミステリー無くして文学は無い

94 :名無しのオプ:03/11/22 00:40
村山由佳とかどうよ

95 :名無しのオプ:03/11/22 00:45
村山由佳が直木賞を獲る時代なんだなと感慨深げだった。
作品は読んだ事ないが。

96 :名無しのオプ:03/11/22 15:58
さぁそろそろ銀色夏男について語りあおうか?

読んだことないけど・・・

97 :名無しのオプ:03/11/22 21:44
銀色夏男だと随分イメージが違って見えるなぁ。
正解は「銀色夏生」ね。
高校時代雰囲気だけ好きだった。

98 :名無しのオプ:04/06/25 18:23 ID:O7jWsOWR
ラノベでも宜しければ秋田禎信なぞ如何でしょう。

99 :名無しのオプ:04/06/30 00:18 ID:UACXM7z5
舞城の「山ん中の獅見朋成雄」よかったよ〜。読みね

100 :名無しのオプ:04/07/29 00:31 ID:fFbTPnnL
「お葉というモデルがいた」

101 :名無しのオプ:04/08/20 01:41 ID:eG+xISkW
本の虫 その生態と病理〜絶滅から守るために
スティーヴン・ヤング著 薄井ゆうじ訳 版元:アートン
本好き、活字中毒を自認するアナタ!
アナタはいくつ作品中の本の虫感染の症例にあてはまりますか?

102 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 19:10:56 ID:X1dDPjWP
テレビで見かけるようになった岩井志麻子の「夜啼きの森」

津山三十人殺し(昭和十三年に起こった、猟銃と日本刀で武装した若い男が一夜に村人三十人を殺した事件)を題材にしたようです。
各章、除け者扱いにされている村人達の視点でストーリーは進みます。
夜這いが横行し、女達はといえば人の噂話や悪口に明け暮れている。貧しくて閉鎖的な村。
「変人」扱いされている村人に共感をもった私はすんなり物語に入ることができた。

結局主人公であるはずの殺人者側の視点は書かれていないが、同じ「除け者」である村人は殺人者に親近感さえ抱いていたように思う。
そして彼の心の闇を窺い知ることができる。


103 :名無しのオプ:2005/09/26(月) 01:11:34 ID:ohDOFaV1
test

104 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 16:41:34 ID:4/qDQp/T
101長編読み虫と、ひたすら本買いかな

105 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 18:57:27 ID:mqyK3HL0
「殺しのメロディ」


106 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 20:52:01 ID:qLc9XUj5
何度も読んでる本となると
大江の「われらの時代」「芽むしり仔撃ち」「性的人間」
「セブンティーン」のデブの話もいいね
中上健二の「枯木灘」(夏になると読みたくなる)
あとは阿佐田哲也の短編かな

107 :12歳非童貞 ◆wSaCDPDEl2 :2006/05/18(木) 21:49:45 ID:bbZfogzd
パンピーは文学読まなくていいよ。もっと崇高で、もっと深いものを得たいなら
文学を読むといい。
君たち、衆愚はラノベやミステリーを読んでればいいよ。
あと、だびんちこーどとか


108 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 01:59:35 ID:/EmG2SgV
まぁ実際の話、ミステリーより
文学書いてる方に変な奴やイカれてる奴多いからね
面白いのは当然

109 :名無しのオプ:2006/05/19(金) 17:37:37 ID:w8zELwtf
万物理論かりてきた。

110 :名無しのオプ:2006/06/10(土) 12:29:23 ID:4FiMRWO6
nai

111 :名無しのオプ:2006/06/10(土) 13:56:06 ID:9Jc8n3JW
歴史系で塩野七生「ローマ人の物語」とか面白いな。
あとはミステリ好きだと、

・「人はなぜエセ科学に騙されるのか」カール・セーガン
・「なぜ人はニセ科学を信じるのか」マイクル・シャーマー
・「奇妙な論理 なぜニセ科学に惹かれるのか」マーティン・ガードナー
・「オカルト探偵ニッケル氏の不思議事件簿」ジョー・ニッケル
・「ゾウを消せ 天才マジシャンたちの黄金時代」ジム・ステインメイヤー

どれも超常現象と呼ばれてる不思議や謎を科学的・論理的に解き明かした本。
特に幽霊や怪奇現象の謎に挑んだ「オカルト探偵ニッケル氏の不思議事件簿」は面白かった。
ドラマ「トリック」なんかが好きな人にはたまらない本だと思う。

112 :キキジイ(5596):2006/09/02(土) 13:57:14 ID:QOtodaJL
村上春樹って、どんな本がおもしろいの?


113 :名無しのオプ:2006/09/02(土) 15:24:12 ID:yeatWZYs
村上朝日堂

114 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 09:50:42 ID:qBDHVDBc
昔読んだ杉森久英の島田清次郎の評伝「天才と狂人の間」
筒井康隆もエッセイかなんかで書いてたけど…

そののち、島田清次郎の「地上」を読んで、なぜこれが天才の作品ともてはやされたのかまったく判らなかった。

115 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 18:51:52 ID:kCkctV9T
ボートの三人男

116 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 22:28:34 ID:Djn3IYJS
>>115
大好き(゚∀゚)

117 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 15:12:07 ID:J1zanuAj
完本 美空ひばり 竹中 労著

 日本のエリートたちよ庶民が愛するものを
軽蔑してはならない。


118 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 16:54:40 ID:+xViYzPj
たまの本はどうですか

119 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 01:14:21 ID:BZVGhQ39
たま姉の本?

120 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 15:49:39 ID:x7YwFOqp
>>115
あの小説をモティーフにして、コニー・ウィリスが
『犬は勘定に入れません』というSF小説を書いていますね。

あれは楽しかった。
ただし、作中に『月長石』のネタバレあり。
それで怒っている人がいました(笑)


英国のユーモア小説といえば、P・G・ウッドハウスが
手軽に読めるようになったのも嬉しいですね。

121 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:29:04 ID:fiqb2Fyj
最近、仙台の紀伊国屋で「レコード芸術」を見かけないのですが、すぐに
売切れてしまうのでしょうか?


122 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:31:38 ID:D5ADXRUk
交響曲の月評だけ立ち読みすれば、あなたも立派な宇野信者

123 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 14:07:35 ID:pUnQEasK
「ブルーもしくはブルー」山本文緒
東京で暮らす蒼子と全く顔かたちが同じ福岡に住む蒼子。
一週間だけ入れ替わることにした二人だが・・・

一気読みまちがいなし!


124 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 23:06:00 ID:FChE5kBR
島本和彦の「燃えよペン」を読んだ。
打ち震えた。

125 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 16:14:47 ID:xr3rkqg9
age

126 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 18:13:52 ID:NvE17hcq
 一足早くクリスマス・プレゼントとしてもらった
『〈こどもの本〉黄金時代の挿絵画家たち』。
西洋の美しい挿絵を眺め、童心に帰り和んでいます。
 リチャード・ドイルの挿絵が載っていますね〜。

 展覧会の画集『19世紀英国ヴィクトリア朝の絵画
フェアリー・テイル 妖精たちの物語』も合わせて楽しんでいる。
 こちらは、チャールズ・アルタモント・ドイルの妖精画が豊富。
彼は、「シャーロック・ホームズ・シリーズ」でお馴染みである
コナン・ドイルのお父さんですね。

(ドイル家の家系図↓こんな感じ?本や資料によって記述が異なるから困る)
ジョン・ドイル――リチャード・ドイル
(風刺画家) \ (1824-1883)次男?三男?
         チャールズ・アルタモント・ドイル――アーサー・コナン・ドイル
           (1832-1893)四男?末っ子?   (1859-1930)第3子で長男

コナン・ドイルは「コティングリー妖精事件(妖精の写真騒動)」にも関わっているし・・・
ドイル家はファンタジー&オカルト好きな一族なのね。

127 :名無しのオプ:2007/01/18(木) 00:30:29 ID:HE6AipC8
アルタモントってホームズが最後の事件で使った偽名だったっけ?
ジェームズ・ワトスンが友人だし、メアリは母親だし、ホームズのモデルは師匠だし、
挿絵のモデルはパジェットの弟さんだし・・・ホームズ物って結構身内ネタですね。

これだけではスレ違いなので。
何度も読み返してるのは「スローカーブをもう一球」。
表題作も好きだけど「江夏の21球」の駆け引きなんて、心理サスペンスを読んでるみたいで飽きない。
文学っぽいものだと
「五重塔」:滑らかな骨太さが美しい。
「ハツカネズミと人間」:するりと入ってくるのに胃に重い。
「贖罪」:縦横無尽に伏線の網。
辺りは、読むたびに違った味わいがあって好きだな。

128 :名無しのオプ:2007/01/29(月) 17:47:07 ID:2RB+5StC
『作家の猫』(平凡社)
猫写真&猫コラム。
猫好きな方におすすめ。とにかく和みます。

表紙:中島らもの飼い猫「とらちゃん」。きょとんとした表情が愛らしい。
裏表紙:室生犀星と「ジイノ」。火鉢にちょこんと前脚をかけて暖をとるジイノ。
      優しく見守る犀星。なんとも微笑ましい光景です。

日本のクリスティ、仁木悦子と愛猫の姿も。抱っこされている黒猫「クースケ」。
『猫は知っていた』(第3回江戸川乱歩賞受賞)にも黒猫が登場しますね。
(実はこの写真集がきっかけで仁木悦子を読んでみたのです。
猫が取り持つ縁ですな。)

129 :名無しのオプ:2007/01/30(火) 22:08:23 ID:WSvbWyQX
角川ホラー文庫の瀬川ことびって人の本
面白いよ「お葬式」おすすめ
ホラー・アンソロジー「悪夢制御装置」に入ってる「ラベンダー・サマー」もイイ

130 :名無しのオプ:2007/01/31(水) 12:29:31 ID:s/+FbqMC
>>129
ああ、乙一の「階段」目当てで買ったやつに入ってた

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)