2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【CIA】エスピオナージュ総合スレッド【SIS】

1 :名無しのオプ:04/06/18 15:46 ID:+sMMzRJA
はじめ!

2 :名無しのオプ:04/06/18 15:47 ID:iRx4VpE1
2げちゃだめだ

3 :名無しのオプ:04/06/18 15:49 ID:+sMMzRJA
レン・デイトン、ジョン・ル・カレ、フレデリック・フォーサイス、
ケン・フォレット、ジャック・ヒギンズ、クレイグ・トーマス、
ブライアン・フリーマントル、マイケル・バー=ゾウハー、
イアン・フレミングら巨匠たちから

ロマンティックエスピオナージュ作家ともいうべきイーヴリン・アンソニー
畑違いからご苦労様なアガサ・クリスティ、ディクスン・カー、
ミッキー・スピレインなどなど語って行きましょう!!

4 :名無しのオプ:04/06/18 15:50 ID:+sMMzRJA
ちなみに私はデイトンのサムソン・シリーズを斜め読みしただけですイエーイ

5 :名無しのオプ:04/06/18 15:51 ID:+sMMzRJA
ル・カレもスマイリーもの最初の3篇しか読んでませんイエーイ

6 :名無しのオプ:04/06/18 15:51 ID:zfgUX6k6
三十九階段とかですかね

7 :名無しのオプ:04/06/18 15:51 ID:+sMMzRJA
ヒギンズも一作しか読んでませんイエーイ(『復讐者の帰還』非スパイだがおすすめ)

8 :名無しのオプ:04/06/18 15:52 ID:+sMMzRJA
>>6
Oh!
バカンを忘れるなんて私としたことがイヤンバカン

9 :名無しのオプ:04/06/18 15:53 ID:+sMMzRJA
フリーマントルは『消されかけた男』と『別れを告げにきた男』しか読んでないイエーイ

10 :名無しのオプ:04/06/18 16:07 ID:+sMMzRJA
バー=ゾウハーは『パンドラ抹殺文書』しか読んでないイエーイ(でもカナーリおすすめ!)

11 :名無しのオプ:04/06/18 16:10 ID:+sMMzRJA
クレイグ・トーマスは『狼殺し』チラ読みして主人公の情けなさに嫌気が指して止めたイエーイ

12 :名無しのオプ:04/06/18 16:35 ID:fXc5B0WA
>>11
『別れを告げにきた男』の主人公(禿)も
けっこう情けない男だと思う。

13 :名無しのオプ:04/06/18 16:38 ID:+sMMzRJA
>>12
確かに。
でも奥さんはひどいよね。

14 :名無しのオプ:04/06/18 17:01 ID:+sMMzRJA
関連スレ

★冒険小説・ハードボイルド総合スレッド★
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1067853107/l50
フレデリック・フォーサイス
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1023316063/l50


15 :名無しのオプ:04/06/18 22:29 ID:E8DP2NsA
うーむ1の気迫が感じられるスレだ、頑張れよ!1.

16 :名無しのオプ:04/06/18 22:35 ID:5OoC9WGU
ペレストロイカなスレだな

17 :トビー・エスタヘイス:04/06/18 22:46 ID:+i4dNad/
ハンガリー人のおれも仲間に入れてくれ。
裏切り者のビル・ヘイドンめ。

18 :名無しのオプ:04/06/18 22:50 ID:1kqJ8QMD
ル・カレとかもここでいいの?

19 :名無しのオプ:04/06/18 22:52 ID:1kqJ8QMD
ごめん>3に書いてあったね。
「寒い国からきたスパイ」
初めて読んだときなんてしょぼいんだ、と思った。
そこがよかったけど。

20 :名無しのオプ:04/06/18 22:55 ID:+4SrTsp1
ランドル・ギャレットのダーシー卿シリーズや
エクスブライヤのイモジェーヌシリーズなんかはどうでしょうか?

21 :名無しのオプ:04/06/18 23:58 ID:RT6fKZvD
これらも関連スレかな

イアン・フレミング/ジェームス・ボンド 007
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1026690757/
【SAS】プリンス・マルコ再び
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1077884532/

22 ::04/06/19 00:35 ID:WypH/yYh
>>21
Oh!
マルちゃんを忘れるとは某一生の不覚!
アレクサンドラ萌えなら「伯爵夫人の舞踏会」がおすすめイエーイ
電話しながらナニする「ソマリア人質奪回作戦」もw

23 :名無しのオプ:04/06/19 01:29 ID:bWlHI/nM
あまり読んでいる人を見かけないが
小学館から第二巻が発売された
エリック・ローランのセス・コルトン・シリーズも
ここでいいかな?
作者はフランス人のジャーナリストで、ブッシュ関連の
ノンフィクションや狂牛病関連も出しているようだ
政府組織のスパイじゃなくて、民間組織だから、
厳密に言うとスパイとは違うかもしれんが

24 :1:04/06/19 19:42 ID:MzpRDXCb
やっほーーー、1タンでーすイエーイ
>>20>>23
知らないっす。どういう話なんでしょうか?教えてください。

実は自分本格から入った口なのであまり読んでないのでつ。。。
プロット(復讐とか男女関係とか)で選んだりもするせいでいくらか箸をつけたっていう感じなんです。
フォーサイスとかもよく薦められたりするんですが、今ひとつ勇気が出ないで逡巡
しちゃっているのです。。。
どうか私をいっぱしのエスピオナー児に育ててくだしゃい。。。

25 :1:04/06/19 19:54 ID:MzpRDXCb
>>17
その名前聞いたことある!
何でしたっけ??

A・J・クィネル「ヴァチカンからの暗殺者」はお薦めだぜイエーイ
ロマンティックエスピオナージュって感じでヨロシク!

26 :1:04/06/19 19:56 ID:MzpRDXCb
サイレンサーやナポレオンソロなんてのもありましたよね。

どっちも映画でしか観たことないけど。
サイレンサーはおっさんが美女とイチャつく話としか思えんかったw

27 :チャールズ・アーチボルド:04/06/19 20:26 ID:AV0Y3IEb
>>11
「ファイアフォックス」か「闇の奥へ」を読むんだ!
汗で表紙カバーがふやけるぞ!

28 ::04/06/19 20:27 ID:MzpRDXCb
>>27
そそそ、そんなにすごいんですか・・・???

29 :名無しのオプ:04/06/19 21:01 ID:XAgJNmeK
ああ、この映画か。
めちゃめちゃ実況向きの映画だな。

30 :名無しのオプ:04/06/19 21:03 ID:XAgJNmeK
やっべ、実況スレと誤爆した(w

こっちに書こうと思ったのは、

>>24
ダーシー卿シリーズは、魔法が実在する世界の
ヨーロッパを舞台に、英仏帝国情報部に属するダーシー卿が
敵国ポーランド王国との間に起きた機密事件(魔法がらみ)を
ロジカルに解いていく、実験的なミステリ。本格でもあるし
スパイ小説でもあるしSFでもあるし、色んな魅力がつまった
シリーズだよ。ポケミスで2冊出てる。入手困難だけど。

です。
イモジェーヌシリーズはよく考えたら1冊目しかスパイ物じゃなかったな。

31 :名無しのオプ:04/06/19 21:10 ID:5SU/ta6A
>>30
うわー、読んでみたくなった>ダーシー卿シリーズ
入手困難なのか。探してみよう。

32 :名無しのオプ:04/06/19 21:10 ID:BfmzZUIv
ギャレットはまあ本格だろ
SFミステリというか
エスピオナージュ的な要素も無いことは無いが

33 :名無しのオプ:04/06/19 21:19 ID:ooeaiO+U
「寒い国から帰ってきたスパイ」の最後の一文(メール欄)の意味が分かりません。
何かの暗喩なんでしょうか?

34 :名無しのオプ:04/06/19 21:27 ID:Z1AvJdmG
>>33
それは12章の最初のところを覚えてないという意味?
それとも、ここで12章のその話が出てくる理由が分からないということ?

35 :名無しのオプ:04/06/19 21:31 ID:NpFUKXrB
>32
同意だが、ホームズ以来本格ものの名探偵はエスピオナージュもこなすという伝統がある。
ポアロやHM卿も。


36 :そそっかしい33:04/06/19 21:46 ID:ooeaiO+U
>>34
レスありがとうございます。
12章の回想の事はすっかり忘れてましたw
一週間ぐらいかけて少しずつ読んでたので。

あらためて最後の数章を読んでみました。
うーん、わかる様なわからない様な…

読み終わった直後
映画化作品「寒い国から帰ったスパイ」も
ビデオを借りて見たんですが
そちらの印象に引っ張られてしまったかな。

37 ::04/06/20 04:13 ID:3/zAXfLJ
とりあえず初心者におすすめの10作とか選定しませんか?
ナンバー1スレでスパイ作家やりましたっけ?

38 :名無しのオプ:04/06/20 09:36 ID:x8br4szs
アダム・ホールのクィラー・シリーズお勧め!
一度読んだら病みつきになること間違いなし!
早川からでたやつに限るけどね。「暗号名タンゴ」「さそりはモスクワに潜入した」等々

39 :名無しのオプ:04/06/20 20:35 ID:3/zAXfLJ
アレクサンドラマリーニナ

40 :名無しのオプ:04/06/21 00:03 ID:ySXaqgNj
ロバート・リテルがあがってないね。
「スリーパーにシグナルを送れ」新潮文庫(いつも思うんだけどひどいタイトルだね)

>>1は本格からミステリに入ったようだが、スパイ小説は
本格と相性がいいと思うね。というのは、とりわけ現代のスパイ小説は
「ダブルスパイは誰?」というある種のフーダニット興味でひっぱっていくのが
多いから。

上記「スリーパー〜」は、俺は初読時に真相で驚かされた作品。
「ああっあれはそういう意味の伏線だったのかっ!」て感じだった。
本格を読み込んでいる人は途中で気付く人が多いんだろうけどね。

41 ::04/06/21 00:33 ID:R5FsMfRr
>>40
「チャーリー・ヘラーの復讐」が積ん読なんですがどうなんでしょうか?

42 :名無しのオプ:04/06/21 00:39 ID:9/Zb68Ap
ロバート・リテルだと『ルウィンターの亡命』が...
でも、絶版。
さらに菊池光訳アレルギーの諸氏にはお勧めできませんけどね。

43 :名無しのオプ:04/06/21 00:48 ID:Xx1/yHBx
よく古本屋に並んでいる講談社文庫旧版赤背表紙・村上龍推薦文つき
マイケル・トーマス「アメリカ経済破壊計画」はそうとういい出来だと思うけどな。

文章が流れるような饒舌で、ル・カレ風だし、作者もル・カレファンだけあって
スパイ小説の作法、完全に自家薬籠中のものにしてる。

内容は「レーガノミクスはソ連の陰謀だった!」ってブラック・ジョーク小説なんだけど、
シティ・バンクのウォルター・リストンと『選択の自由』のフリードマン教授(ノーベル経済学賞)
らしき人物が、資本主義を破壊しようとソ連のモグラとなる描写が圧巻。
作者が作中でラドラム馬鹿にするだけあって、小説として第一級だったなあ

44 :名無しのオプ:04/06/21 02:11 ID:1fF8279A
とりあえずマイナーどころを思いつくままに…

「偽装亡命者キリル」ジョン・トレンヘイル 新潮文庫
ソ連版「寒い国から帰ってきたスパイ」
続編のハイテク軍事スリラーみたいな邦題と表紙はヒドイ。TV映画あり 

「エンドレス・ゲーム」ブライアン・フォーブス サンケイ文庫
主人公ヒルズデンの陰鬱ぶりはアレック・リーマスといい勝負。
完結編「トワイライト・ゲーム」 作者自ら監督したTV映画(アルバート・フィニー主演)あり 

「<赤い風>の罠」ジョン・クロスビー 二見文庫
MASTERキートンの元ネタ? こまっしゃくれなルーシアたん(;´Д`)ハァハァ
他シリーズ2作あり。

「ホップスコッチ」ブライアン・ガーフィールド ハヤカワ文庫
アメリカのポジティブ老チャーリー・マフィン。
MWA長編賞受賞。

45 :名無しのオプ:04/06/21 02:15 ID:LcYpiHKn
ヒューマン・ファクターだよ

46 :名無しのオプ:04/06/21 12:15 ID:nAD+8U/o
エンドレスゲームって黒い背表紙のサンケイ文庫いうと・・・
表紙が麦藁の荒野で初老の男がたたずむ渋い絵だっけ?
どうせ改めて誰も読まないだろうしネタばれすれば、首相だかMI5のボスまでが
ソ連のスーパーモールだったとか何とかのような。ル・カレやテッド・オールビュリーとかと
並んで好きな作品でした。

一時期、キム・フィルビーもの(第5の男は誰か?)が好きで好きでたまらなかったけど
最近は読む気力が尽きて(w
先日、ソ連崩壊後の新資料も含めたセント・ジョン・フィルビー〜キム・フィルビーの
親子二代伝記、入手したけど好きな分野です


47 :1:04/06/21 16:12 ID:cD3EzyoT
>>46
ネタバレはメール欄でお願い。
自分は古いのでも絶版でも読むので。

48 ::04/06/21 16:53 ID:cD3EzyoT
>>44
>こまっしゃくれなルーシアたん(;´Д`)ハァハァ
・・・読みます

49 ::04/06/21 17:57 ID:cD3EzyoT
>>40
今まで読んだ中では「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」「ベルリン・ゲーム」
「パンドラ抹殺文書」「女性情報部員ダビナ」「復讐者の帰還」がそうでした。


50 :名無しのオプ:04/06/21 22:12 ID:LDpPESIk
ミステリではないけど、ウォルフガン・ロッツの「シャンペン・スパイ」も
お勧めしたい

51 :名無しのオプ:04/06/22 00:44 ID:CAzi3yr4
>>46
フィルビーはスパイ小説家にとっての
リトマス試験紙みたいなもので
「やり方はどうあれ、己の信ずる思想に殉じた理想主義者」
「思想など何も持っていない、裏切りが第二の性となっている唾棄すべき男」
と作家によって描き方が全く変わってくるのが面白い。

このあたりの作家達の考えは
アンソニー・マスターズの「スパイだったスパイ小説家たち」新潮選書
中薗英助の「スパイの世界」岩波新書あたりに詳しいよ。

52 :名無しのオプ:04/06/22 01:00 ID:mPmM00aT
国産ではどういうのがある?

53 :名無しのオプ:04/06/22 05:53 ID:mjHhjwtA
今じゃすっかりアレだが、京太郎の「D機関情報」はまあ読めると思う。
映画化もされて、かの「なだしお」が出演していた

54 :名無しのオプ:04/06/22 08:11 ID:9LHk4Tek
>50
>シャンペンスパイ
フォーサイスの「オデッサファイル」を読んで以来、
ああこれが女房をレイプされた偽ナチスのおじちゃんの本だなと
思った。

>国産
高村薫「神の火」がよかったなあ。いや、原発襲撃じゃなく国内の
北朝鮮情報網の描写。地縁血縁を飲み込んでいく諜報活動の恐ろしさ、
冷酷さが秀逸。
こないだ映画「KT」になった中園英助「金大中事件」も傑作

55 :名無しのオプ:04/06/22 18:48 ID:G43wplx5
佐々木譲「夜にその名を呼べば」ハヤカワ文庫
COCOM違反事件・上司殺害の濡れ衣を着せられた商社員の逃避行。
<第二次世界大戦>3部作や「愚か者の盟約」でもそうだったけど
海外ミステリの設定やシチュエーションを
うまく日本風にアレンジするセンスは仲々の物だと思う。
(全部が全部成功してるわけじゃないが)

日本ではエージェントを主人公にした現代エスピオナージュは
リアリティの面で成立しにくいからなあ。
巻き込まれ型なら問題無いんだけど
海外を舞台にした場合、テーマの発見や
どう日本人と世界の関わりを上手く持たせられるかって
ところがまた難しい(スパイ小説に限った話じゃないけど)。

それでも70年代後半からの海外冒険・スパイ小説ブームの洗礼を
受けた世代が業界の中心にいるだけあって
昔に比べれば描かれる外国や外人の描写は
「らしい」というか格段に説得力のあるものになってるね。

56 :名無しのオプ:04/06/22 21:47 ID:t+r33J4W
国産スパイ小説だと結城昌治なんかがあがってくる俺はもうジジイなのか。
「ゴメスの名はゴメス」とか。

57 :名無しのオプ:04/06/22 22:12 ID:vlj4yop5
海野十三とか南澤十七とか持ち出すとスレ違いといわれるんだろうなぁ

58 ::04/06/22 23:16 ID:bguyFLGv
>>57
エスピオナージュも書いてるんですか?

59 :名無しのオプ:04/06/23 02:35 ID:1X5B7Frs
まだダイアナ妃暗殺のカラクリを小説にしたのは出てきてないようだな。
MI6の陰謀説が囁かれているが。

60 :名無しのオプ:04/06/23 10:33 ID:Z7muA5Vi
イラク戦争で英政府の情報操作をBBC記者の勧めで議会で証言した
生物学者自殺に追い込まれたでしょ。
ダイアナ妃はどうか知らんが、イギリスの情報機関は結構、陰気な
国内活動やってそう。

というわけでレン・デイトン「裏切りのXPD」(集英社文庫)
XPDは何とか言う英語の頭文字で<好都合な事故死>を意味する?
だっけ。
WW2の英独秘密外交史が現代に蘇り、関係者が次々と諜報活動に巻き込まれ
無残な死を遂げると言う内容。矢作俊彦「ブロードウェイの戦車」の元ネタ


61 :1:04/06/23 15:35 ID:gD4o9s6U
>>60
それ借りてるんでいずれ読む予定です。
楽しみだ。

62 :名無しのオプ:04/06/23 20:52 ID:4FW1R1De
レン・デイトンは某所に「日本一のレン・デイトン読み」いう人が居るから
悪くはいえないが、例の9部作に関する限り、映画「ワイルドシングズ」みたいな
読者をひたすら騙しに終始するテクに驚嘆。

もっとも識者は、本筋よりは妻との愛憎や組織内の足の引っ張り合い、
作者の分身である主人公「わたし」のベルリンへの深い愛情を楽しむらしいが。

9部作の外伝で「ヴィンター家の兄弟」(新潮文庫)や「黄金の都」(集英社文庫)あり。
前者はナチ党興亡史を背景にした9部作ドイツ人の前日談。
後者は1942年の北アフリカ戦線を舞台にしたSIS米人レンセレイヤーの前日談。


63 :名無しのオプ:04/06/25 12:16 ID:Hz+bWv5S
SS-GBはどうですか?

64 ::04/06/25 14:23 ID:WoLRkcM3
>>62
>レン・デイトンは某所に「日本一のレン・デイトン読み」いう人が居るから
ど、どなたですか??

>もっとも識者は、本筋よりは妻との愛憎や組織内の足の引っ張り合い、
作者の分身である主人公「わたし」のベルリンへの深い愛情を楽しむらしいが。
私は愛憎しか読んでませんw
ていうか、スパイもので組織が描かれる場合って大概ゴタゴタしてますよね(ディッキー凸)
中でも最凶は「ブラザーズ」(W・ゴールドマン)の組織! これは酷すぎるよ。


65 :名無しのオプ:04/06/25 22:46 ID:OWElvQFw
佐藤亜紀『天使』はなかなかよかった。
当時の政治情勢をうまく料理して、ストーリーを構築していると思う。
超能力が出てくるけど、立派なエスピオナージュなんじゃないかな。

66 :名無しのオプ:04/06/28 19:59 ID:HkFo3z9k
>64
仲間内でこそりやってる方なので、「軍装」「レン・デイトン」「ドイツ趣味」
あたりでお探しください。申し訳ない・・・。
そういえば世界史板で諜報の歴史スレがありましたが、よければそちらもお覗き
下さい。諜報機関の内紛小説というのは魅力的ですね。
「ブラザース」は今度、入手してみましょう

67 :名無しのオプ:04/06/28 20:09 ID:OVQAcQao
>65
佐藤亜紀たんは「1809ナポレオン暗殺」でいっぺんにファンになってしまいましただ。
アスペルン・ワグラム戦後の混乱のウィーンを秘密警察やら宮廷陰謀やらからめた
陰謀小説ですが、「紅はこべ」の頃から小説は大分進歩したようです。

似たような趣向ですと野阿梓「兇天使」あたりもいいですね。内容は新ハムレット+シェイクスピア創作秘話で
13世紀(だったかな)の北欧を舞台にした諜報と、近世諜報機関の幕開け背景となる
16世紀エリザベス朝の陰謀劇が交互に進みます。
映画「エリザベス」だと、女王陛下の初代スパイマスター国務大臣フランシス・ウォルシンガムが
大活躍しますが、これはまた別な話・・・

68 :名無しのオプ:04/06/28 20:31 ID:KguuT49i
しかし何を持ってスパイ小説というのか、定義は難しいなあ。
ジョゼフ・コンラッドやジョン・バカンの密偵小説・警察小説は
幻想的なエスピオナージュだけど、かといってクライブ・カッスラーの
MR.ダーク・ピットをスパイ小説というのは困難だろうが、するとプリンセス・マルコは
選外にもれるという不適切が起きる・・・。

「サクラ大戦ってスチームパンクですよね」という言葉を聴くたび、怒り心頭に達しますが
スパイ小説とははてさて。余談です

69 :名無しのオプ:04/06/29 01:58 ID:vPL7nhKY
>>68
たしかにプリンス・マルコは(プリンセスじゃなくて)
スパイ小説というよりは、単に主人公が雇われスパイ
なだけで、スパイ小説というよりは、お色気ありの
時事小説という感じなのかもしれない
でも細かいことを言い始めると、定義が難しくなる

70 :名無しのオプ:04/06/29 11:08 ID:UQaJwZfz
>日本一のレン・デイトン読み

翻訳者の後藤安彦だな

71 ::04/06/29 17:58 ID:NIZT9gV+
おはー!!!
みんなの平和をお世話します^^ 1タンでーーーす♪

ねーねー スマイリー三部作ってー アレック・ギネス主演で映像化してた
って知ってましたぁ? 驚き!! 何で日本に入ってきてないんでしょうか??
アンは誰だったんだろう? 気になるなぁ・・・

>>70
ヘェーヘェー カーの訳とかなさってる方でしたっけ? 
それにしても皆さんよくご存じで^^;

72 :名無しのオプ:04/06/29 20:22 ID:eYUck484
>>71
地味な作りなのは確実だけど
さぞかし面白いんだろうなあ。

アン・スマイリー役はシアン・フィリップスって舞台やテレビ中心の女優。
ピーター・オトゥールの元カミサンだとか。

カメレオン役者、ギネスのスマイリーは当然として
見所はなんつっても
ビル・ヘイドン役のイアン・リチャードソンっしょ。
「消されかけた男」や「第四の核」でも
スパイマスターを演じてたけどメチャクチャハマってたしね。

73 ::04/06/29 20:39 ID:NIZT9gV+
>>72
「消されかけた男」も映像化してるんですか〜
これまた何で入ってこないのか・・・。
コマタコトダ

74 :名無しのオプ:04/06/29 21:21 ID:SMaL2JVD
昔、ル・カレの「パーフェクトスパイ」に熱狂した時分、
NHKで英国製TVドラマ「パーフェクトスパイ」放映で期待に胸が膨らんだけど・・・。
地味でしょぼいつくりだったなあ

75 ::04/06/29 21:33 ID:NIZT9gV+
デイトンの「ベルリン・ゲーム」「メキシコ・セット」もドラマ化されたんでしたね。
でもこれは最後の三作だけ観たいw

76 :名無しのオプ:04/06/29 21:50 ID:E5Zhy96y
>72
ギネスのスマイリーもの、僕も見たいですね。
パーフェクトスパイは期待はずれでしたが、スマイリー三部作TVドラマ
(といってもスクルボイ閣下はさすが映像化不可能でしたが)は
amazonとかDVD評価高いです。

>75
希望のスパイシリーズは、映像化するには前日談をいかに処理するかですね。
でないと、馬鹿正直に9部作全映像化になりかねませんねえ。

デイトンものだとハリー・パーマーシリーズとか映画化されてますよね。
本当はSS-GB映画化して欲しいのですが、ロバート・ハリス「ファーザーランド」
先にしょぼいTV映画化されたので永久に無理でしょう。
SS-GB本ネタ「It happened hereドイツ占領下の英国(1966)」いう
キューブリックも手を貸した暗黒映画があるのでそれで飢えをしのぐのも一興かと

77 :名無しのオプ:04/06/29 21:55 ID:E5Zhy96y
映画板で何故か(w熱狂的少数ファンがえんえんつないでいる
トニー・スコット「スパイゲーム」なんか、割とモダンな20世紀後半の
諜報活動描いていると思うんだけどな。

レン・デイトンもCIAやKGBだけでなく、金融機関や民間企業やNPO法人といった
不確定要素が混乱をもたらす過程を意識的に取り入れれたけど。
ル・カレが19世紀文学なら、デイトンはやはり20世紀の作家だった

78 :名無しのオプ:04/06/30 00:05 ID:RWZAlAt8
このスレ3人ぐらいしかいなくないかw

79 :ROM:04/06/30 00:22 ID:2nG0VXV0
3人でも盛り上がっているようなのでよろしいかと・・・

80 :名無しのオプ:04/07/01 14:49 ID:m37GWgB3
へえ。おれはIDが違うし、ひとり1レスとして最低70人くらい
書き込んでいるのかと思ったよっと。

SicherheitsdienstとかReichsicherheithauptamt?とかGeheime Staatpolize
とか夢中になって憶えても実生活で役に立ったためしは無いがな

81 :名無しのオプ:04/07/01 15:01 ID:9mw32beT
へえ奇遇だな。
SicherheitsdienstがSDとかいう保安警察で
Reichsicherheithauptamt?が帝国中央保安本部とかで
Geheime Staatpolizeがいわゆるゲシュタポ(政治警察)だっけ?

定冠詞をどうつけるのかなんての知らないけど、これにクリポ(刑事警察)の
人情刑事がからんでナチ党の巨悪を暴くなんて展開だと「将軍たちの夜」から
「ファーザーランド」、クリフォード・アーヴィング「警部ナチキャンプに行く」なんて
定番。

諜報機関・軍隊と捜査権を駆使して戦う映画「サイゴン」とかマーティン・クルーズ・スミス
「ゴウリキ公園」とか名作多いなあ


82 :名無しのオプ:04/07/01 15:02 ID:lX4JfmUI
ナマステー!! 火星に代わって折檻よ☆ 1タソでーす♪
>>78
>>79
こらぁー
そんなこと言ってないで参加しなさい!! プンプン(`0´)

ところで、東側から書いてるスパイ小説ってどんなのがありますかね?

83 :名無しのオプ:04/07/01 15:22 ID:komPWnz4
同志、旧ソ連からの亡命検事作家で
「赤の広場, プレジネフ最後の賭け」, E・トーポリF・ニエズナンスキイ
とかいうのありましたがね。未読だけど。

最近は警察小説(もちそん組織内の内部葛藤付)がマイブームだから、
同じ作家のノンフィクション犯罪の大地, ソ連捜査検事の手記なんか
面白く読みました。KGBの国内ユダヤ人の(ソ連憲法違反の)迫害を追う
検事いうのが燃えました



84 :名無しのオプ:04/07/01 15:28 ID:LipDqR3J
ええっ。マジマジ。
中国ものの諜報小説なら、70年代文革末期、夏炎とか内紛小説
いっぱい書いたし、林彪死亡、毛沢東死亡のミステリをめぐり
欧米も含めて多数出版されたな>スパイミステリ。

弁公室とか主席警護室長ワン東興とか無用な言葉や人名もたくさん
おぼえたなあ

85 :名無しのオプ:04/07/01 15:29 ID:LipDqR3J
よかったすね>1氏
短時間の間に5人も書き込んでますがな。
えらい偶然もあったもんだが(w



86 ::04/07/01 15:33 ID:lX4JfmUI
うん☆
きっとかみさまのおみちびきだねo(^-^)o
あしたもいいことありますように…

87 :アドルフに告ぐ:04/07/01 15:37 ID:CjI6c6hA
おいおいゾルゲを忘れちゃ困るよ。
ゴードン・プランゲ教授も早川書房で「ゾルゲ東京を狙え」を
書いてるし、90年代のソ連崩壊後の情報公開でNHK下斗米取材班を
嚆矢とする<新ゾルゲ像>が描かれた。
従来、ラムゼイ情報網を崩壊させたのは北京で客死した(だっけ)伊藤律の
せいと尾崎秀樹「愛情は降る星の如く」でされたけど、実は裏切り者は
91年に文春報道で日本共産党を除名された野坂参三とかいう暗黒があった。

歴史を変えたスパイというより、20年代のロマンチックな革命家としての
ゾルゲ再評価をすべきだなあ。

88 :名無しのオプ:04/07/02 03:12 ID:5pHfy7+g
1とはけして後悔しないことです

89 ::04/07/05 17:40 ID:SquDTPPN
鉄の悪魔を叩いて砕く! 1タン推参也!!

チャールズ・マッキャリーってどうですか?
ミスマガで直井明が触れてたのでちょい気になっているのですが。
そういやミスマガでエスピオナージュ特集とかしないかなぁ・・・。

90 :バーニー:04/07/06 20:46 ID:7BJao6MW
やっぱりフィオーナは許せないなぁ

91 :名無しのオプ:04/07/06 21:53 ID:3xL0KfR7
うちに「ベルリンの葬送」っていう本があるんですが、面白いんでしょうか?

92 :名無しのオプ:04/07/07 12:58 ID:O3ZxJzs8
チャールズ・マッキャリーって誰かと思ったら、『暗号名レ・トゥーを追え』
書いた人か。未読だけど、確か、ゴ・ジン・ジェム暗殺クーデターと「アレ」を
結びつけたものでは・・・?

ラルフ・ネーダー告発本を書いてるところを見ると、結構、玄人筋を
狙った作家と見た
ttp://homepage1.nifty.com/ta/sfm/mccarry.htm

93 ::04/07/07 22:45 ID:qzm0Ow8g
>>92
むむ、なんかつまりすごい人なんですね!!
手を出すのが躊躇われる・・・

スピレインの「銃弾の日」なんかも積んでるんですが、どうなんでしょうか?

94 :名無しのオプ:04/07/10 03:33 ID:rLum3KaU
「ベルリンの葬送」を読んだんですが、
面白さがよく解からなかった・・・。

95 ::04/07/10 22:42 ID:/CCJW+Vr
バーナード…アレック・ボールドウィン
フィオーナ…マデリーン・ストウ
グロリア…ダリル・ハンナ
ケネディ…ジェームズ・スペイダー

96 ::04/07/14 18:56 ID:b1IAmK5B
裏切りのXPD読んだけど・・・ダメだった。

途中で止めた。

97 ::04/07/14 20:04 ID:b1IAmK5B
今調べたら、実際のキャストは
バーナード・・・イアン・ホルム
フィオーナ・・・メル・マーティン
グロリア・・・アマンダ・ドノホー

女優さんもどんな人か興味あるけど、イアン・ホルムって!?
ホビット爺でしょ?87年時でもちょっと年行き過ぎなのでわ・・・
ちっとも強そうじゃないし。

98 :名無しのオプ:04/07/29 05:10 ID:P5StUrdz
新潮文庫って結構単発のエスピオナージュ?出してますよね。
初心者の取っ掛かりにはいいカモ

99 :名無しのオプ:04/09/07 03:24 ID:a1k8sILJ
クィネルの「燃える男」が映画化ってんで、楽しみにしていたら邦題が
「マイ・ボディガード」って、そりゃねーだろ!ダサ過ぎ。
「燃える男」がチョーさんwを連想させるってんでダメなら、せめて原題の
「マン・オン・ファイアー」でいいじゃん。
10月公開だそうで、一応観にいくが。
カナーリ原作は変えてるみたいね。

100 ::04/09/25 00:01:04 ID:j5LcGQVJ
100get!!

こないだデズモンドバグリイ読んだらすげえ読みやすかったよ。
ルカレやデイトンも見習ってほしい。

101 :名無しのオプ:04/10/08 08:57:42 ID:nL8TSD+A
>>100
ル・カレやデイトンに読みやすさを求める方が間違っとる。

102 :名無しのオプ:04/10/08 15:21:08 ID:aAISjzsA
>>101
えー、それはおかしい。
作品の出来と関係ないじゃん。
力量不足ってだけ。
わざとやってるならなおダメ。

103 :名無しのオプ:04/10/23 01:05:03 ID:RXztdmdY
>99
12月18日に延びたね。
ま、主役がデンゼルっていう時点で別物の覚悟は出来てるけどね。
自分の中のクリーシィはリー・マーヴィンなので。

関係ないけど、今まで読んでなかったバグリィに手を出そうと思って
ブクオフで「敵」を買ってきた。
訳者はこないだ亡くなった矢野徹さんなので、追悼も兼ねて読むのが今から楽しみ。

104 :名無しのオプ:04/11/03 01:09:16 ID:VbZnvqkh
>>102
19世紀英国小説がバックボーンにあって書かれてるから、
アメリカンな読みやすさを求めるものじゃない、という意味でわ

105 :名無しのオプ:04/11/09 16:02:46 ID:4ismpUMT
現在の英国情報機関の名称としてMI6ってのは正確なのかい?
SISって事でいいのかな。
なんか6と5が一緒になって統合情報委員会だのになってる?

106 :名無しのオプ:04/11/09 23:54:39 ID:gQ8vgJWI
SISのほうが正式だったような。
ま、MI6と呼ぶのも伝統を重んじるあの国では
必ずしも間違いでもないけど。
統合情報委員会は調整をおこなう上級管理組織だったような気がする

107 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/19 12:18:26 ID:p5vRDE7+
昨日の読売朝刊にフリーマントルが
大きく取り上げられていたね。

108 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/20 11:36:02 ID:IP6DOlXk
クレイグ・トーマス原理主義者の俺としては最近新作がないのが寂しい。
国際情勢が変わっちゃったんでオーブリーものは難しいだろうけど、
せめて「無法の正義」の面々に又会いたい。
なんつってもあのシリーズは無駄に女がからまないのがいいね。
ハイドとロスは。。。あれは定形外(笑)だし。
フリーマントルやデイトンも大好きなんだが身につまされてツライ。
特に最新作のチャーリーとナターリア(当方バツイチのサラリーマン)

109 ::04/11/20 17:35:39 ID:j/b6Idqj
トーマスのは女性が出てこないというか
女性不信かと思える場合があるよーな。
「狼殺し」とか「ファイアフォックス」とかの主人公の奥さんなんて
有り得んかった。
それで止まっちゃったんだよなぁ…

110 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/21 02:39:54 ID:hoeRHd5N
なんか最近のクレイ具・トーマスはイマイチなんだよな。
ベア−図ティあー図とかファイアフォックスダウンの切迫感がないっす。

111 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/21 23:15:47 ID:kNIqww9G
「DC-3の積荷」だか「高空の標的」に出て来る
リチャード・アンダースンって弁護士だけど、
彼は「狼殺し」のリチャード・ガードナーなんだよね?
違った?

112 :名無しのオプ:05/01/12 22:34:07 ID:Lei7CQss
エイリアスはエロい

113 :板ルール変更議論中@自治スレ:05/01/20 00:07:55 ID:QHvy/Dq8
「おおっ、くそっ!」
ハイドは吐きそうになった。

114 ::05/01/20 02:14:58 ID:3oRCyo8x
E・アンソニーのシリーズを読んでるけどなかなか。
ロマンスとエスピオナージュをうまーく両立させてますね。
リンダ・ハワード「蒼い瞳の狼」に不満タラタラだった人にもおススメ。

115 :1:05/01/20 19:54:46 ID:zZftRI85
と思いきや、手痛い打撃を蒙りしばらく動けそうにありません。

116 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/26 01:20:48 ID:L6pvmI+B
>>103
俺にとってのくりーしぃはトム・ベレンジャー

117 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 18:53:12 ID:QREl44I1
>>1


118 ::2005/04/21(木) 06:19:39 ID:CnAa9zBm
「最後のスパイ 希望」がどこいってもない。
前後の2作は時折見かけるんだがこれだけがなぜかない。
そのくせ図書館には分館レベルで置いてたりする。
見る度イケない誘惑と戦ってます。

119 :名無しのオプ:2005/05/04(水) 06:12:18 ID:n+GKYxW3
ル・カレ「ドイツの小さな町」
前半読んでるがいつまでも退屈な会話が続く。
後半は面白くなるんだろうか?

120 :名無しのオプ:2005/05/05(木) 22:43:56 ID:DcCTciEa
「ヒューマン・ファクター」
うーん…あんま面白くなかった。
次は「第三の男」逝ってみようかと思ってたけど、
自分には合いそうにないかも。



121 :名無しのオプ:2005/05/11(水) 21:17:21 ID:iWQBUmrh
やっと「闇の奥へ」読み終わった〜
おもしろかったけど、非常に疲れた。
緊迫感の続く展開は歓迎なんだけど、
文章がこってりしすぎ。
もうお腹いっぱい。

122 :名無しのオプ:2005/05/11(水) 22:12:56 ID:eXpyQbne
>>121
フランス書院文庫を読んで脳味噌とあっちの方をリフレッシュさせてから
今度は「ウィンター・ホーク」でも読んでみたら如何?

123 :121:2005/05/12(木) 01:17:54 ID:Kt432RkB
>>122
や、それが「ウィンターホーク」は下巻しか手に入らんのですよ。
探してるんだけど。
「ファイアフォックス」も近所のブックオフには置いてないし。
次はクィネルあたりを読もうかと。
あ、ちなみに当方、海外ものについてはズブの素人っす。

124 :122:2005/05/12(木) 01:38:04 ID:443zL+1C
>>123
  日本の古本屋
  ttp://www.kosho.or.jp/index.html

  スーパー源氏
  ttp://sgenji.jp/

・・・上記サイトでは見付からなかったけど、ここ↓には「ウィンター・ホーク」がありました。

  ふるほん文庫やさん
  ttp://www.bunkoyasan.jp/search/index_all.php

でも、「ウィンター・ホーク」は「ファイアフォックス」と「ファイアフォックス・ダウン」の後に読んだ方がいいのかな・・・?

125 :121:2005/05/12(木) 12:26:28 ID:Kt432RkB
>124
わざわざどうもです。
しかしこの店、強気な価格っすね…足下見すぎっす。
もうちょっと足を伸ばして古本屋を当たってみてから
検討しますわ。
掘り出し物も見つかるかもしれないですしね。
てなわけで、今は「ヴァチカンからの暗殺者」を読んでます。

126 :121:2005/05/25(水) 07:37:10 ID:1outOR4I
なんだかんだで「ファイアフォックス」先に読みました。
さすがに名作の名を冠されるだけあって面白かったです。
映画版も同時に観たんですが、
こちらはわりかし原作に忠実ですね。
後半の緊迫感が原作よりかなり劣化してはいますが。

127 :名無しのオプ:2005/05/25(水) 07:40:19 ID:1outOR4I
にしても、冒険小説・スパイ小説関連スレは
思いっきり人が少ない…

128 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 00:18:49 ID:m8rkliu0
クレイグ・トーマスの切迫感っていいよな。
ファイアフォックスダウンでソ連兵とSBSチームの銃撃戦のさなかに危険な高速給油を行なって離陸する
mig31とか闇の奥へでのソ連側に引き渡される寸前のオーブリー、奔走するハイドとか。

129 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 12:15:59 ID:Au9zElMA
タマラ・クレイグ・トーマスて女優いるけど関係ない?

130 :名無しのオプ:2005/07/17(日) 08:24:23 ID:IVJBpHoy
「ティンカー、テイラー、ソルジャースパイ」
50Pも行かないうちに挫折しそう…
文章も読みにくいし、話も面白くないんだもん。
スマイリー三部作が最もル・カレに入りやすいって
聞いてたけど、とてもとても…
どなたかル・カレの魅力を漏れに教えてくらはい

131 :名無しのオプ:2005/07/17(日) 08:25:01 ID:IVJBpHoy
ついでにあげときます
スレの活性化を願って…

132 :名無しのオプ:2005/07/17(日) 14:59:03 ID:n29azJEU
こんなスレあったなんて気づかなかったよイエーイ

>130
「ティンカー、テイラー、ソルジャースパイ」

自分は早々と挫折しちゃった。
フォーサイスとかは好きなのですが
こちらはなんとなく読みづらかったです。
相性としか言えないけど。

133 :名無しのオプ:2005/07/18(月) 15:51:55 ID:Bwu/lNpl
>>128
ガント三部作を読んだけど、自分はちょっと苦手だ。
あまりにも危機また危機の連続すぎて疲れる。
細かいところまできっちり描きこんでリアリティを出すのはさすがだけど、
もうちょと省略したり、ユーモアで一息入れてもいいんじゃないか?と思ったり。

134 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 07:15:30 ID:e9VKxQK3
ファイアフォックスって絶版だったっけ?
読み直したくなったから昨日ブクオフで買ってきたんだけど。
¥105。

135 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 01:26:03 ID:LGBGs9hH
>>134

オーライ先生画のmig31がいましも離陸せんとしている表紙だよね。

136 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 20:21:11 ID:HLKHpVLe
クィネル追悼記念に何か読もうかな…
「ヴァチカン〜」は読んだけど、なにか他に良作はない?

137 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 13:52:49 ID:+J5QSQR5
>>136
「血の絆」なんか好きだけど、この板的には「スナップ・ショット」かな。


138 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 13:56:29 ID:jJgim1aV
自分はまだクリーシィ・シリーズしか読んでなかった。
「サン・カルロの対決」が「燃える男」と並ぶ傑作らしいので読んでみようかな。

139 :名無しのオプ:2005/07/23(土) 01:03:36 ID:tM5S3fHL
man on fire でぐいどーがさ、くりーしーに泣きながら心マ施してるってところが
好きなんだよな〜。

140 :136:2005/07/23(土) 01:14:43 ID:ZbUKLxcQ
おお、一日で3つもレスがついてる。
みなさんそれぞれクィネルには思い入れがあるようで…。
となれば、逆にイマイチだった作品を聞いた方がよかったのかな?
「萌える男」は、とりあえず映画の方は評判悪いみたいだけど。

141 :名無しのオプ:2005/07/24(日) 04:02:22 ID:Gus532Vz
重複あげ

142 :名無しのオプ:2005/07/24(日) 05:04:48 ID:vfqDjxqX
↓よろしく

ジョン・ル・カレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1122140339/


143 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 02:05:04 ID:7dD1R9Hr
一般書籍板にル・カレスレ立てたバカがいるな。
とかいいつつ、自分も「ティンカー・〜」挫折しそうです。文を丁寧に読み返さんと登場人物同士の関係どころか、主・述語の関係すら混乱してくる。。。
読みにくいことこの上ない

144 :名無しのオプ:2005/08/03(水) 20:14:32 ID:pTmGmNYM
>143
同意。文章がストーリーへの没入を阻害してる。
読みにくくて時間ばかりかかる。
これだけ多くの人に認められているからには
相応の理由があるはずで、それが分かるまでは挫折しまいと奮闘中だが…
正直もう無理ぽ

145 :名無しのオプ:2005/09/03(土) 08:45:30 ID:PT7XAyQ1
ageないと落ちそう

146 :122:2005/09/03(土) 12:13:09 ID:dCsh2XxQ
今更なのかも知れないけど 「クィラー・シリーズ」 を読んでいます。

『ストライカー破壊計画を追え』
『不死鳥を倒せ』
『暗号指令タンゴ』 と読み続けて,現在
『ミグ戦闘機突入せよ』 を読んでいるところ.

このあと
『第9指令』
『北京暗殺団をつぶせ』 と読む予定です.

『さそりはモスクワに潜入した』 も買った筈なんだけど,どっか逝っちゃって見付からない・・・

147 :122:2005/09/11(日) 21:54:26 ID:xEiS329i
『第9指令』 を読み終え,現在 『北京暗殺団をつぶせ』 を読んでいるところ.

このあと 『ケシ畑で死ね!』 と 『暗殺! ゴルバチョフ』 が待っています.
(『さそりはモスクワに潜入した』 と 『ノースライト諜報作戦』 が見付からない・・・)

ところでクィラーって何歳(っつーか何年生まれ)なんだろう?

『不死鳥を倒せ』 では WWII 末期には既に秘密工作員してることになってンだけど,
『暗殺! ゴルバチョフ』 は1989年の作品だから,もう60過ぎのお爺さんじゃないか?

148 :121:2005/09/13(火) 23:55:59 ID:u8QSPjDd
>146
今さらなんてこたぁないでしょう。
本当に面白いものはそう簡単に劣化しません。

149 :1:2005/09/19(月) 03:04:24 ID:BXDgzHbc
ブクオフでストライカーなる作家のシリーズを見掛けたんですが
面白いのでしょうか?
表紙をみる限りはペンドルトンみたいな感じなのかな
未読だけど

150 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 11:15:26 ID:aRHoYF5p
「ファイナル・オペレーション」ジョン・R・マキシム(新潮文庫)

とあるアメリカの地方都市で、「事故死」の件数が急増。
不審に思った女性記者が調査に出向くと、そこには意外な組織の存在が!

全く先が読めない作品。ハッキリ言って展開が無茶苦茶だが面白いので許せる。

ストライカーって、集英社文庫のですか?
未読で判りません、すいません。

151 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 11:16:37 ID:aRHoYF5p
150のメール欄は無視してください・・・

152 :1:2005/10/08(土) 12:46:44 ID:s+0or4Do
>>150
そう、それ。やっぱマイナーなのか…

ファイナルオペレーションは読んだよ。あの基地害オヤジが印象的だったw

153 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 00:06:31 ID:EMiTg2UH
はげ

154 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 12:18:39 ID:yS29Xk5g
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、A・J・クィネル作品投票中。
締切りは、平成18年1月3日(火)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50

155 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 12:20:40 ID:yS29Xk5g
↑ 上げ忘れた ↑

156 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 13:03:14 ID:sooaCXPG
>>144
ここは不同意。
読み進むにつれて、重層的に今までの出来事が結びついてくる効果は、ああいう書き方でしか出来ない
「パーフェクトスパイ」に比べたら三部作なんぞ分かりやす杉。

157 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 02:56:47 ID:B1ud/EAx
チャーリー・マフィンシリーズのcomrade charlieはなぜ邦訳
がないのだろう?

誰か事情をしらない?

158 :名無しのオプ:2006/01/09(月) 02:20:59 ID:XaeOXaLa
「読まずに死ねるか」に感化されて結構読んできたんだけど、
最近はご無沙汰してて、クィネルが亡くなったことも今知った。

ショック ガキ・デカ!

159 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 03:41:57 ID:/eow+unL
ピーター・ギラムあげ

160 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 02:59:10 ID:YeJJ8I2r
「ナイロビの蜂」の映画でオスカーを獲った女優が
スピーチでル・カレの名前も挙げてた。
普通はなかなか原作者にまで言及しないけよね。

161 :名無しのオプ:2006/04/28(金) 21:20:34 ID:atLeuvwf
ちょっとロンドンに就活行ってくるわ

162 :名無しのオプ:2006/05/03(水) 03:45:31 ID:NplbJ6x4
>>160

その「ナイロビの蜂」、今CMやってるんだが
江原啓介が出てきて
うんたらかんたら言ってるんだよね

多分ル・カレファンは大ブーイングだと思うのだが
どうよ?

>>161

MI6だね
受かったら教えてね


163 :名無しのオプ:2006/05/03(水) 07:11:38 ID:mlGYw1aZ
>>161,162
てっきり、愉快で楽しい方かと。

164 :名無しのオプ:2006/05/15(月) 09:12:00 ID:gEtR1TAF
なーんじゃ、ナイロビの蜂って映画化されたんかい。知らんかった
映画スレ覗いたら、皆、狐に騙されたような書き込みばっか。

リトルドラマーガールやロシア・スパイの時もそうだけど、
映画にすると駄目だねえ

165 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 20:09:00 ID:VlRale3U
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、イアン・フレミング作品投票中。

締切りは、平成18年6月27日(火)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


166 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 20:22:16 ID:lYGX7CV3
【政治】「日本版CIA新設を」 町村前外相 次期内閣での実現求める [06/22/2006]

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150985724/l50



167 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 22:35:13 ID:vGA+C+DB
ウイリアム・ハラハンの
「フォックスキャッチャー」てのがえらい面白かった覚えがあります。
たしかハゲで乱杭歯の中年男が狂言回し的主人公で。
今は無き参詣文庫からでてた。

あとどうしても忘れられないのが、ジョン・トレンヘイルの
「消えたAWACS機」(新潮文庫)。
シリーズの第二弾が突然変異的な面白さだったという迷惑な問題作。
続編らしきものはとうとう訳されなかった気が…。
あのあとどうなったのかいまだに気になる。誰か知りませんか…?


168 :名無しのオプ:2006/06/24(土) 02:32:26 ID:73o7778j
>>167
私も、消えたAWACSの続きを待ってます。
「マージャン・スパイ」も続編出そうで中断してませんでしたっけ。


169 :名無しのオプ:2006/06/24(土) 10:25:26 ID:6g6llNU7
>>168
やっぱり待っている人はいるんですね…
『マージャン・スパイ』も、たしかAWACSのあとに出たので、
てっきり続編だと、ぬか喜びした覚えがあります。

気になったのでぐぐってみたら、『マージャン・スパイ』の方は、
『レッド・チャイナの陰謀』『香港大脱出』 てのが扶桑社ミステリーから
10年以上前に発刊されているようです。(続編じゃないのかな)

それから、AWACSの訳者、矢野浩三郎氏が、今年の三月に亡くなったという
おもわぬ訃報に接しました。エンターテインメント系の名作を多数訳して
おられました。ご冥福をお祈りいたします。

170 :168:2006/06/26(月) 12:09:26 ID:iX1NQCeg
>>169

「レッドチャイナの陰謀」と「香港大脱出」の存在は知りませんでした。
古本屋で探してきます。
情報ありがとうございました。

171 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 18:30:57 ID:dAtlMp+A
先日ビデオで「国際諜報局」を観て非常に面白かったのですが
原作者レン・デイトンというと「読みづらい」「難しい」
「よく分からない」という風評(イメージ)が先に立ってなかなか
手に取る気が起きません。
ちなみに当方のフェイバリットはゾウハー、ガードナー、フリーマントル
etcといった大ドンデンがえし型。
よく読めば(読み返せば)キャラクターや事件が整合性をともなって
ジグソーパズルのように完成するといったミステリ的仕掛けがあれば
いいのですが、単なる実験的&前衛的なスパイ小説だとすると…。
読むべきか読まざるべきか。どうかアドバイスよろしくお願いします。

172 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 20:27:18 ID:uch+oEfN
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、エリック・アンブラー作品投票中。

締切りは、平成18年8月1日(火)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


173 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 01:16:02 ID:4c1WB7cM
まだ上がってない…J.M.ジンメル「白い国籍のスパイ」

大戦直前、平和主義者の若き銀行家が、相棒にはめられて諜報の世界に無理やり引きずり込まれ、
自身の知性と魅力、料理の腕に物言わせてありとあらゆる諜報組織と交渉し、
取引し騙し騙され殺されかかれ殺されかかれ殺されかかれながら、戦中戦後の闇世界を疾駆する。
えらく面白くて読みやすい。傑作。

174 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 20:46:10 ID:JLgKMAUZ
各作家のナンバー1を決めよう!スレにてロス・トーマス作品投票中。

締切りは、平成18年9月26日(火)、〜12:00まで。1人1票でよろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1154275629/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


175 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 15:57:04 ID:1m+QDZV0
ロバート リテルの息子がゴンクール賞。

176 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 13:29:52 ID:4KlsSnMQ
マルクス ウォルフ死去。

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061110&j=0028&k=200611104863

177 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 20:15:12 ID:wcCTpcNT
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、ブライアン・フリーマントル作品投票中。

締切りは、平成18年11月14日(火)、〜12:00まで。1人1票でよろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1154275629/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


178 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 18:28:17 ID:QoO0J7Ll
元KGBスパイが毒殺されたね

179 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 16:34:43 ID:8hhSCWBo
スメルシュだな。スパイに死をだから判る

180 :名無しのオプ:2007/01/26(金) 23:21:48 ID:oQr0a8ai


181 :名無しのオプ:2007/03/03(土) 01:22:24 ID:yxkjghbd
保守

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)