2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Mass◆小栗虫太郎スレ◆acre

1 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 13:37:29 ID:NSLno1sj
語りませう。

前スレ
黒死館殺人事件
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/974374661/l50
青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person125.html#sakuhin_list_1

2 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 13:49:19 ID:M5HBbBeN
おい>>1、Mass(ミサ)とacre(エ−カー)だよ。続けて読んでみたまえ。信仰と富貴がMassacreーー虐殺に化けてしまうぜ。

3 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 13:51:31 ID:NSLno1sj
(((((;゚д゚)))))ガクガクブルブル

4 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 22:23:34 ID:xZkZExTG
黒死館徘徊録
ttp://www5.ocn.ne.jp/~k594k/page001.html

作品リスト
ttp://homepage3.nifty.com/DS_page/oguri/list.htm


5 :名無しのオプ:2005/07/01(金) 01:17:55 ID:R9WYJJtW
>>1

小栗総合スレがやっと立ったのね

6 :名無しのオプ:2005/07/01(金) 01:31:07 ID:O0v9S0OB
佝僂らが立った!佝僂らが立った!ヽ( ・∀・)ノ

7 :名無しのオプ:2005/07/01(金) 22:50:20 ID:S5527NVX
真斎も立った!ヽ( ・∀・)ノ


8 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 00:10:01 ID:B0XiXpeC
ピラミッド三角に立つヽ( ・∀・)ノ モコーリ

9 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 00:15:43 ID:ic/vCqP9
そういやこの間テレビで「"金字塔"とはある有名な建築物のことですが、その
建築物とは何でしょう」という問題が出されてて、一般の正解率は20%ほどだった。
芸能人は8人中1人が正解。

10 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 06:20:19 ID:WxTl5dd+
即死は避けたいので話題ふり。最初に読んだのは何でですか。
俺は現代教養文庫。大学生のとき。注解の多さにびっくりした。

11 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 18:56:49 ID:x1/y2db0
漏れは四十代。
初小栗体験は、少年マガジンのグラビアページだったりする。
例の大伴昌司プロデュースの。

12 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 20:09:08 ID:OuykoYLF
四十代の人も2chなんかで「漏れ」なんて書いてるんだ。
最近の大人ってガキっぽいんだね。

13 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 23:41:14 ID:s2QU4Ts7
>>10
俺が始めて読んだのは、中学2年の時。
近所の古本屋に桃源社のゾッキ本がいっぱいあった。
同じ本屋で三一の夢野久作全集も何冊か買った。

14 :名無しのオプ:2005/07/04(月) 12:54:24 ID:HHF1aUKs
無難に、創元推理文庫

15 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 23:52:35 ID:k20gG+2p
前スレの>>1000に感動した

16 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 00:00:39 ID:mgEG1g4+
上げるか。このスレの住人は4人はいる、と。

17 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 00:19:59 ID:Xf2Of/kQ
>>15
確かに、あれしかないという終わり方だったなw

18 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 10:45:22 ID:uxv3Sy7B
黒死館だけの初心者です。
読中、読後の悪酔いしたような感覚が良かった。
次は何がおすすめですか。入手困難な作品も多そうですが。

19 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 11:16:10 ID:glel9HyD
次があるのか?
と、煽ってみる

20 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 12:23:41 ID:3NRXYV7a
次というより前だけど法水麟太郎関係なら
「失楽園殺人事件」
「二十世紀鉄仮面」
が手に入りやすいんじゃないかな

21 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 00:23:28 ID:bcAi42/f
>>19
勉強しますた。
>>20
とりあえず、「失楽園」注文しました。乙です。

22 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 01:08:33 ID:rE7HXm/B
夏のボーナス一括払いで新潮社版黒死館買いましたよ

23 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 01:43:17 ID:iur0ki7y
ハヤカワポケットミステリの黒死館買ったよ

24 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 00:17:42 ID:QDXpJVer
>21
ちくま文庫「完全犯罪」も



25 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 04:15:52 ID:TpPiyPyD
昔の講談社文庫の装丁好き。

26 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 04:45:21 ID:tzB5zf3e
黒死館だけでも10册持ってる。松山の完全校異注釈版が出ても多分買ってしまうなw。

27 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 12:16:46 ID:KItGo3ko
全部一行ももらさず読んでいたら神

28 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 04:17:48 ID:3W5suTZC
普通読まないか?
頭に入ってるか入ってないかは別として。

29 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 14:39:53 ID:6xubtC72
俺はミステリーは殆ど読んだことなくて、小栗と夢野だけにハマった口。
純粋なミステリーファンの中には「とりあえず有名だから」って飛ばし読みした人も多いかも。

30 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 22:37:32 ID:8Roz5HPO
>>24
遅くなりました。乙です。
危うく他社のを買うとこでした。

31 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 21:11:59 ID:5A4k8yYT
>>30
ハマってしまったら桃源社版にまっしぐらだ
沖積社の小栗虫太郎全作品の方は印刷があまり綺麗じゃないのでオススメしません。

32 :名無しのオプ:2005/07/16(土) 23:28:37 ID:OjgQOxnf
>30
あとは>>4のリストでも見ておけ

33 :名無しのオプ:2005/07/17(日) 20:22:57 ID:YFTjfYaH
これから桃源社版を買うかもしれない人達への注意点としては

大きく分類すると3種類あります。
1:ハード、カバーなし、函入 '68〜(全8巻これがベスト)
2:ハード、カバーあり、函なし'70〜(改題、収録作品の変更あり)
3:ソフト、カバーなし、函入 '79〜(全9巻小栗虫太郎全作品)

体裁を気にしない方はバラバラになってもかまわないとは思いますが、
2は注意しないと作品がかぶります。

沖積社版は高価なわりに印刷がつぶれてますので私も推奨しません。

34 :名無しのオプ:2005/07/17(日) 20:28:14 ID:quQGkA5h
まあつぶれてるっていってもまったく読めないなんてもんじゃないんだし、古書店で偶然見つけるしか
手のない桃源版ではなく金だしゃまだ手に入る沖積版でも悪いとは思わんけどね。

35 :名無しのオプ:2005/07/17(日) 20:40:53 ID:YFTjfYaH
>>34
つttp://sgenji.jp/

36 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 14:46:44 ID:YGriKEvu
ゲーテのファウスト読んでみたが
あまり黒死館との関連性が見出せなかったな。
悲劇というが、どちらかといえば喜劇に見えてしまった。

37 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 21:31:58 ID:fi9CqJ64
良スレage

38 :名無しのオプ:2005/07/27(水) 05:21:35 ID:bPWz4nTg
「小栗虫太郎の夢」にあった高志書房版「屍體七十五にて死す」を間違って削除してしまいました。
どなたかhtmlファイルを保存している方はいらっしゃらないでしょうか?
UPしていただけるとありがたいですm(_ _)m。

39 :名無しのオプ:2005/08/08(月) 21:21:16 ID:RUf4n9cP
>25
講談社文庫版は薄くて持ち運びしやすくて
お気に入り。
ドグラマグラも講談社版で読んでる。

40 :名無しのオプ:2005/08/09(火) 00:10:20 ID:ubsHTUjC
上下巻に分かれてると却って煩わしいが。ドグマグなんてたしか三冊本だろ。

41 :名無しのオプ:2005/08/09(火) 23:48:38 ID:LjO2pi9j
読めるなら何でもいいとは思うけど
講談社文庫版は松野一夫の挿画がないのが寂しい。

章分けされていないドグラマグラを分冊してしまうのは酷いな。

42 :名無しのオプ:2005/08/10(水) 02:42:58 ID:RFgVvgLR
>松野一夫の挿画がないのが寂しい

新潮社版の初刊本もダメですか?

43 :名無しのオプ:2005/08/10(水) 03:58:37 ID:cKQiLEBO
各篇の扉絵等はありませんが、新潮社版(覆刻参照)の装幀は松野一夫(おそらく解説図も)。
新青年とも比べてみましたが、講談社版の解説図は書き直された物です。東都書房版と同じですが詳細は不明。

44 :名無しのオプ:2005/08/10(水) 15:11:04 ID:li9HPzHg
戦時中兵士が戦場に持っていく本っていう
ふれこみが気になり
現代教養文庫の黒死館を読んだ
だめだ〜わからねー
もう一回読んでみる


45 :名無しのオプ:2005/08/10(水) 17:02:33 ID:LHohMswC
黒死館は壮絶な冗談小説だと理解するのが一番かとw

ストーリー的に理解したいなら黒死館殺人事件経過表でもどうぞ。

ttp://www.uploda.net/cgi/uploader2/index.php?dlpas_id=0000002310
(DLパス123)

46 :名無しのオプ:2005/08/10(水) 21:11:09 ID:I+cf63No
小栗というと自分の頭の中では、屍蝋・オルガン・ドイツ人の三点セットだ。
(プラスメル欄)

47 :名無しのオプ:2005/08/11(木) 20:31:35 ID:1/llmydc
今何かと話題の松本清張「砂の器」。
でも原作の方の犯人は小栗を超えた?(メル欄)

48 :名無しのオプ:2005/08/11(木) 21:31:00 ID:i+ICIu3H
>>47
メル欄に似ているね。



49 :名無しのオプ:2005/08/11(木) 21:36:27 ID:EBQ61nO5
>47
あれは海野十三のパクリ

50 :名無しのオプ:2005/08/11(木) 22:29:04 ID:KhHH13OV
海野のは殺人じゃないだろ?
いや・・・ある意味殺人かw

51 :名無しのオプ:2005/08/11(木) 23:09:02 ID:EBQ61nO5
「砂の器」だって元々は殺人でなくて同じ目的。完全なパクリ。
スレ違いスマン。

52 :名無しのオプ:2005/08/12(金) 01:26:32 ID:Ztt6I94W
小栗に関してはトリックがどうのこうのとか語るのは無意味だと思うが、
後光殺人事件で胎龍が殺された時の心理状態が凄い。

53 :名無しのオプ:2005/08/16(火) 17:20:42 ID:rxz/yKO1
ここの住人だったら、ご存知かもしれない。

綾辻行人と法月綸太郎との対談だったと思うんですが、
「ドグラ・マグラ」「黒死館殺人事件」「虚無への供物」「匣の中の失楽」
の読む順番について、こう読むべきだと語っていたんですね。
ところが、何故その順番なのか理由が書かれていない。
京大ミステリ研出身作家の二大巨頭のことだから、これは「読者への挑戦」だと思うんですが。

どなたか心当たりのあるかたいらっしゃいますかね。

54 :名無しのオプ:2005/08/16(火) 17:22:58 ID:Jeh5dJiD
好きに読んだらいいんじゃないのw

55 :名無しのオプ:2005/08/16(火) 18:53:25 ID:cwrj6rIt
単純に単行本発刊の順序の通りの方がいいって事なのかな?
「虚無」「匣」が戦前の2作品に比較されている点がイマイチわからない。特に「匣」


56 :名無しのオプ:2005/08/16(火) 20:35:36 ID:yDX0qUOu
「虚無」には「ドグラ」のネタバレと「黒死館」の言及があるから、先入観なしで
作品に臨みたい人にとっては、
「ドグラ」→「虚無」
「黒死館」→「虚無」
がよかろう。
「匣」は「虚無」(特に第4章)の圧倒的な影響のもとに書かれたから、
「虚無」→「匣」も頷けるかな。どうしてもこの順で読めってわけでもないけど

57 :名無しのオプ:2005/08/16(火) 21:44:17 ID:rxz/yKO1
>>55
確か、本格派の原点というような括り方をされていたように記憶しています。
実はこの対談なんですが、「セッション−綾辻行人対談集」所収と思っていました。
ですが、確認してみたところ載っていませんでした。
引っ越しの際に蔵書を整理したので、その際にこの対談が掲載されている本を紛失したようです。
従って、順番の確認を取れていません。
件の対談の掲載されている本を教えて頂けたら、という思いもあって書き込みました。

>>56
ご丁寧なレスを頂きまして、ありがとうございます。
上記のように、こちらの不手際で順番の確認が取れていません。申し訳ありません。
ただ、非常に説得力のあるご意見で、納得させられました。
ご自身は順番にこだわっていらっしゃらないのに、まずは、こちらの問い掛けに答えて頂き、感謝いたします。

58 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 00:37:10 ID:7Z3KoBlE
虫太郎とはあまり関係ないけど

元ネタをさかのぼる楽しみをとるべきかと迷ったあげく
結局「匣の中の失楽」→「匣の中」の順で読んだが
それで正解だった。元ネタ読んでないと見落とす
ささいなパロディがあふれてたから

59 :名無しのオプ:2005/08/17(水) 00:53:54 ID:vQdpWwOc
基本的には出会った順に読めばいいと思うけど、
オマージュを謳った作品はやはり事前に読んだ方が作者も嬉しいかも。

60 :名無しのオプ:2005/08/18(木) 01:16:52 ID:X6lt+ccn
>>58
なるほど。
明石散人氏が映画を楽しむには「情報量のストック」が必要である、という趣旨の発言されています。
それに一脈通ずるものがあるかと。

>>59
そうですね。結局は出会った順に読むより他ないのでしょうね。
ある作品へのオマージュであることを、知らなければ意識することもないでしょうから。
情報を共有化し、作品と作品とを関連性の網の目で結びつける。
そのことに、何かしらの意味があるのではないかと思います。


お二人ともご意見ありがとうございました。

順番の確認のため、件の対談を見つけ出したいのですが、さてどうすればいいものやら。

61 :名無しのオプ:2005/08/18(木) 10:52:36 ID:FZu8kwGL
>>60
>明石散人氏が映画を楽しむには「情報量のストック」が必要である、という趣旨の発言されています。
>それに一脈通ずるものがあるかと。

構造やスタイルとかにあらかじめのお約束事がある、という点は
確かにジャンルとしてのミステリ小説も映画(もしくは映像一般)も共通する部分がある。
あのおっさん、気の利いたこと言うなw

62 :名無しのオプ:2005/08/19(金) 22:00:16 ID:fSpobyEc
>>61
確かに批評理論も突き詰めればパターンの当てはめですしね。
明石氏いうところの、フォームを身につけることの必要性ですね。
能も予め、幾つかのお約束を踏まえてないと理解できないそうですし。

「黒死館殺人事件」も、ジョイスみたいにネタを知っていればいるほど楽しめそうですね。

私はその境地には到底、至らないようですが。

63 :名無しのオプ:2005/08/20(土) 01:13:54 ID:IDPZbmoL
知的、言語遊戯の最高峰「フィネガンズ・ウェイク」をサラサラと読める日本人は皆無に近いでしょうね。



64 :名無しのオプ:2005/08/20(土) 12:05:48 ID:tW4Iarco
知的、言語遊戯の最高峰「フィネガンズ・ウェイク」をサラサラと読める英国人は皆無に近いでしょうね。

65 :名無しのオプ:2005/08/20(土) 14:35:37 ID:zVhF114d
>>64 確かにw  話が横にそれたので小栗の話題に戻るとするか。

66 :名無しのオプ:2005/08/20(土) 19:15:07 ID:CNZtwwSt
確かに日本人にも英国人にも難しいでしょうね。
「黒死館殺人事件」は英訳しても英国人に通じるでしょうが、「フィネガンズ・ウェイク」を和訳しても…
実際に訳された方がいらっしゃったと記憶してますが、評価不能としか言えないと思います。

だからこそ、虫太郎の作品世界に安住できるのではないでしょうか。

67 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 02:54:07 ID:oORpRBTk
ヤナセさんのことかぁっ!

>>66
あのペダントリーと舞台設定がかもし出す重々しさは
日本人独特の「洋館」のイメージや、西洋文化への
背伸び的憧憬に負うところが大きいと思うのだが
翻訳してあの雰囲気が残るのかなあ

68 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 04:48:20 ID:VP5kxKUj
そりゃぁ細かいニュアンスは伝わらないのは翻訳にはつき物かとw

柳瀬訳は全巻購入したけど挫折中。。。


69 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 04:54:02 ID:oORpRBTk
ニュアンスのレベルじゃなくてさ
もっと総体的なもの

70 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 22:09:44 ID:TpbRVK0k
昭和初期のモダニズムとかオカルティシズムの雰囲気か?
翻訳者の腕次第だろうが難しそうだな

71 :名無しのオプ:2005/08/27(土) 20:29:29 ID:Tk+Jok1N
作中に出てくる見慣れない言葉やものを
ちまちま調べながら読んでるんでぜんぜんすすまないんだけど

「王妃ブズールが唱えば、雨となって降り下って来る―黒人のpenis」

っていう一節の原典も意味もまったくわからなくて止まっとります。
黒死館徘徊録なんかも参照してみたけどのっていなくて。

誰かご存知でしたら、原典でも意味でも教えて頂けないでしょうか。

72 :名無しのオプ:2005/08/27(土) 22:22:52 ID:rQys6Pm6
黒死館徘徊録の掲示板で聞いたほうがええと思う。

73 :書斎魔神 命:2005/08/27(土) 23:01:44 ID:2i9o1za2
書斎魔神様 神様 稲生様
私は一生憑いていきます。

74 :名無しのオプ:2005/08/27(土) 23:08:33 ID:Tk+Jok1N
>>72
ありがとう。そうしてみます。
気になって続きが読めやしません。

75 :名無しのオプ:2005/08/29(月) 00:25:32 ID:SMhezkNw
>>71
王妃ブズールって『千一夜物語』のブズル姫ちゃうか?

76 :名無しのオプ:2005/08/29(月) 00:35:33 ID:SMhezkNw

『千一夜物語』って『千夜一夜物語』の事ね。
バートン版とかマリュドリュス版とかあるやつ。

77 :71:2005/08/29(月) 22:20:52 ID:S9o94Prb
>>75
なるほど、確かに検索してみたらブズルでひっかかりました!
ボズールとかいろいろやってみたんですが、ブズルでしたか。

ちくまで出ているようなので、ちょっと読んでみます。ありがとう!
この調子だと黒死館を読み終わるのに他の本を何冊も読み終えそう。

78 :名無しのオプ:2005/09/03(土) 13:33:25 ID:m17/Cmvf
愛地球博で逮捕された撮影隊が撮ろうとしてたのが「絶倫万国博覧会」ってタイトルだったら泣くよ

79 :名無しのオプ:2005/09/03(土) 16:23:28 ID:p3nKBrAV
>>78
まあ15点くらいかな・・・

80 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 03:28:06 ID:TDRz/t36
何かのアニメのサブタイトルがオグムシ作品名のパロディーで通してたのを思いだした

81 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 04:06:44 ID:WxrvzZDs
ソウルテイカー? 乱歩と久作もあったと思う。

82 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 04:39:16 ID:UEE/6nMM
あった。笑える。
ttp://pmoon.hp.infoseek.co.jp/review/anime/soultaker.html

83 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 08:52:10 ID:WxrvzZDs
そうそう、これ。「黒衣の聖母」は風太郎か。マニアックだなー。

84 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 11:55:05 ID:hR1ChVdM
>>82のHP
「少女地獄 変」
というのも笑える。

85 :名無しのオプ:2005/09/04(日) 16:45:07 ID:jdW2PzL0
乱歩、久作、虫って猟奇趣味だったのか
自覚全くなかったや

86 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 13:36:21 ID:VofjAcjD
y

87 :名無しのオプ:2005/09/14(水) 22:28:13 ID:PXYdmOuN
>>85
猟奇趣味の代名詞的作家ばかりじゃねーか

88 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 03:45:30 ID:14sHZO6d
青空文庫の黒死館を待ち続けてはや7年。未校正版は工作員さんのページにあったのね。
知らなかった。

89 :名無しのオプ:2005/09/26(月) 18:36:10 ID:4f2mKNzf
たまにゃあげとく

90 :名無しのオプ:2005/09/29(木) 22:58:04 ID:6QjMK0aF
ものすごいネタバレ質問で申し訳ないんだけど

黒死館、なんで乾板を割ったんだっけ…。
あの足跡はメル欄に行った痕跡を隠すためと考えていいんだよね

91 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 00:43:18 ID:bA7JbwWU
乾板に犯人の秘密が書いてあったからだろ?
最後の方に途切れ途切れの文章がなかったっけ?

92 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 02:34:55 ID:+uRzKTil
ちん子タンハァハァ

93 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 03:04:01 ID:KRLf6mW/
しずこは50過ぎてますが・・・

94 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 03:29:36 ID:+uRzKTil
セレナタンハァハァ

95 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 13:39:35 ID:aRFJIdbv
>>91
や、そうなんだけど
そもそもなんで割る必要があったのかと…

ついカッとなって割って
その後思いなおして回収したってことかな?
読解力なくてすいません…

96 :名無しのオプ:2005/10/01(土) 22:26:20 ID:uL1aMaxs
単なる不注意では?もしくはヒステリーでマヒしたとか。

97 :名無しのオプ:2005/10/01(土) 23:56:48 ID:uc+YOqTf
算哲の遺書を見たのは去年の四月頃だから今更憤慨して割ったりはしないだろう
これから始まるであろう法水との知的遊戯を予見しての行動
(目的を達したのちに真実を知ってもらいたかった)
ってのはどう?



98 :90:2005/10/02(日) 04:10:55 ID:WjifQtVr
不注意か意識的にか
なんかどっちもありそうに思えてきた…。

それともロダンの彫像に入れ込むためには
細かい破片である必要があったのか。

でも、ただ割るためなら部屋で割ればいいわけで
やっぱり法水(というか捜査陣)に対する
なんらかの意思表示だったって考えるのがいいのかも。



99 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 00:07:57 ID:MI6NyVEy
デジタル書籍化されているらしい。安いのはいいがテキストファイルではないので激しく見にくい。
ttp://ventvert.fc2web.com/ventvert_shoten/
桃源社版は誤字やルビ欠けが多いと聞くので、
どうせなら校正とかもやって完璧なものにして欲しかった。

100 :無名草子さん:2005/10/22(土) 12:31:35 ID:hJH109mW
6

101 :ホットカルピス(;´Д`)ハァハァ ◆PDG4DGZXd2 :2005/10/22(土) 16:33:37 ID:Pspam5gv
カルピスからの一言
    ∧_∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (; ´Д`)  <   オタクの衒学趣味に付き合わされる事はないぞ。
   _, i -イ、    |
 (⌒`    ⌒ヽ   \________________
  ヽ  ~~⌒γ⌒)  
   ヽー―'^ー-' 
    〉    |
   /     |
  {      }
  |      |
  {  ,イ ノ


102 :名無しのオプ:2005/10/22(土) 21:16:15 ID:IYEbnczu
>>101
失笑

103 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 02:29:56 ID:xEOKQRVQ
ホッカルは黒死館挫折したんだろ。

104 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 04:33:55 ID:6ErF14vV
黒死館読了したよ。
うーん、個人的にはドグマグの方が好みだったなあ・・・

105 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 22:41:16 ID:gjOzVJfj
既出かも知れんが、
唐沢俊一のフェイバリッツが『黒死館』で
竹熊健太郎は『ドグラマグラ』派だというのは
さもありなん。

106 :名無しのオプ:2006/02/03(金) 20:54:19 ID:A7GaIjK2
初めて読んだんだけどここまで分からなかったのは初めて。
理解できなかったんじゃなくて、読後話を全然覚えてないのは初めてです。
ドグラマグラとかは普通に読めたんだけどね。

また数年後にでも読み返してみるしかないのか。

107 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 12:19:42 ID:TGz/u4cY
「そんな人用」にあらすじを書いてた本があったなw
あれは良くわかった。

108 :名無しのオプ:2006/02/13(月) 04:22:36 ID:evg2G6gk
「そんな人用」に「黒死館=MMR」視点をどうぞ。

ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、


109 :名無しのオプ:2006/02/13(月) 04:23:24 ID:evg2G6gk
(1)ノリミズがもっともらしい珍説をぶちあげる
 ↓
(2)文献から得られた膨大な情報で裏付けをする
 ↓
(3)  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                                (_
    _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
    _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
    )                                                (
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ 
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、u.   |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'<_o.7 !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ‖  .j     (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ u |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、
 !、\  \.  ̄ハゼクラ   クマシロ    \二-‐' //

  ↓
(4)違った。


このくり返しだと思えば気が楽です

110 :名無しのオプ:2006/02/15(水) 19:45:14 ID:BqB4Ygzu
法水の台詞は全部飛ばすといいよ

111 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 06:11:27 ID:b5bUalMd
 ↓
そしてカーテン・フォール

112 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 18:53:20 ID:uPepPoF+
黒死館殺人事件をオンラインで読みたいのですが……

113 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 20:38:09 ID:GPgToO3T
>>112
希望だけ書かれても,それで?としか返しようが無いな。

114 :112:2006/02/19(日) 22:20:11 ID:CDDTULmZ
すみませんでした
未校正のものが青空文庫で読めるとあったので
それへのリンクが貼ってあるページはどこにあるのでしょうか?

115 :名無しのオプ:2006/02/22(水) 08:44:40 ID:oZQ3/NQ3
青空文庫というキーワードで検索すればいい。
携帯でもパソコンでもすぐ見つかる。

116 :名無しのオプ:2006/04/05(水) 18:45:22 ID:3JwCY4Dk
『白蟻』読んだら具合悪くなったwsage保守

117 :名無しのオプ:2006/04/10(月) 21:02:17 ID:4AMv85r5
黒死館殺人事件読みました。何となく誰は犯人かわかりました。でもなぜ最初の被害者
は光ってたのかや、なんで最後の被害者ああなったかとか全然わかりません。
理解してる皆さんを尊敬します。


118 :名無しのオプ:2006/04/10(月) 21:05:23 ID:IULeOvAz
雰囲気を楽しめればいいですよ
そういう推理小説ですw

119 :名無しのオプ:2006/04/12(水) 22:25:56 ID:V0uG1z3c
この人の本、なんとなく読みづらい

120 :名無しのオプ:2006/04/12(水) 22:59:20 ID:mnBF2lNC
読みづらくなかったら価値がない。
黒死館は10回以上も読んでるけど、そのたびに新鮮だw

121 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 14:15:41 ID:iqGDnJD9
120>同感
私も30年間で十回程、通しで読んだ。

122 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 23:39:14 ID:+ouxi9rY
ストレスたまりそう

123 :名無しのオプ:2006/05/06(土) 22:04:21 ID:1xVbedbL
...

124 :名無しのオプ:2006/05/07(日) 20:37:33 ID:LQP2TQMN
しかしスレすすまねーなw

125 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 23:08:30 ID:/sJELrnl
全読した勇者はいるかい?

126 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 03:29:20 ID:fG9mGuaD
いないのね・・・ふたつの意味で

127 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 03:42:57 ID:BhjU0yeF
今読んでる三島由紀夫の本よりは
かなり意味がとりやすいけどなあ>黒死館

黒死館はペダントリーが煩雑なのと
トリックが机上の空論っぽいのが多いだけで
抽象的ではないから。

128 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 08:50:05 ID:3GI9Y3EN
正式に公開されたぞ。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000125/card1317.html

129 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 22:10:39 ID:m07dF6E1
教養文庫版か

130 :名無しのオプ:2006/06/20(火) 17:15:02 ID:3ddoG4aR
父よ、吾も人の子なり

131 :名無しのオプ:2006/06/21(水) 05:03:12 ID:zGO0wtoW
デスノートは寿命帳のパクリ

132 :名無しのオプ:2006/06/21(水) 10:39:21 ID:XWjSmHZj
ワラタ。パクリというより直訳だな。

133 :名無しのオプ:2006/06/21(水) 17:00:08 ID:EJbo5TCi
青空文庫きてたのか。
青空文庫で全部読むような熱意のあるやつは自分で購入すると思うが
ちょっと興味のある奴が、どんなもんなのか見るのにいいかもしれんね。

134 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 17:28:47 ID:R60R+AlC
自分でもなぜだかよくわからぬが夏になると黒死館読みたくなるんだよな
ってことで毎夏恒例になりつつある黒死館再読を今年も始めたですよ

135 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 07:43:50 ID:6XHhhioJ
今日も元気だ! イエンドラシック反射age
しかし、人いないな・・・

先日、『二十世紀鉄仮面』を読んだ。

・・・法水さん、恋愛的欲求に溺れ過ぎw

136 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 06:53:24 ID:KELLFR/Q
タイトルはうまいよね
国士舘とか後光とか失楽園とか鉄火麺とか
タイトル(だけ)はそそるものがある

137 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 09:04:51 ID:zk2fTey2
『オフェリヤ殺し』『皇后の影法師』『紅毛傾城』
『成吉思汗の後宮』『成層圏魔城』『絶景万国博覧会』

確かに、キャッチーな題名が多いね。

138 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 11:40:27 ID:kFF0eFqX
ラーメンとマグロで海苔巻をつくるわけだな。

139 :名無しのオプ:2006/09/23(土) 21:14:35 ID:xc4K5JXu
国士舘
映像化されないかな
ゴシック趣味むき出しで。

140 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 06:28:35 ID:xwtKsgMR
監督は誰がいいかな・・・・・

鈴木清順とか、実相寺昭雄とか、山本迪夫とか。

法水麟太郎の役は・・・誰だろうな。

英、仏、独、ラテン語を話せなくちゃいけないしな。

141 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 12:54:54 ID:0xxT55Zk
広告宣伝費を除く「正味」の制作費で100億円くらいかけて
酷使間を再現して欲しいね

142 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 11:47:11 ID:FxtuHuz7
黒死館は大昔に鈴木清順で映画化の話があったようです。
難解過ぎるので久生十蘭のほうがやりたかったと語ってます。
観てみたかったような気もするけどやっぱりいいや。
文字でこその黒死館だと思うし。

143 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 11:59:28 ID:taqgeaPD
だが、天才・大和屋竺が「ドグラ・マグラ」をみごとに脚色した例があるからな。
キチガイ地獄外道祭文までドラマに取り込んじゃったんだから度肝を抜かれた。
やはり脚本家がカギでしょうね。野沢尚が生きていればなあ……。

監督は「乱歩地獄」でこりたので、耽美主義や映像美に走らない手堅い人。
美術はもちろん木村威夫で。

144 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 16:41:49 ID:Jq/p7W4g
このスレ1000いくのに10年かかるな。

145 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 07:20:07 ID:+GS6BIzJ
松本俊夫はトホホだったなあ

146 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 15:08:56 ID:v5lki0rM
ミステリに限らず、文学作品を映像化したがるというのがわからん。
オリジナル作品に手を入れて改悪するなということではなくて、
散文作品と映像作品はまったく違うもんだってこと。
黒死館の映画なんて、ほんとうに見たいか?

147 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 15:19:03 ID:NNEfhIrL
是非見たいな。
だって原作は読了したが、内容の三分の一も意味が分からなかった。
だから映像化してもらった方が分かりやすそうだから。
ドグラマグラも映画見て初めて概要が分かったし。

148 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 15:48:42 ID:D7DLjjYA
「こんなの映像化不可能」「映画化して何の意味があるんだ」というのこそ
チャレンジしてほしい気がするんだ。
ドグマグなんて典型だし、今度リメークされる犬神家だって、
まさか横溝ミステリを華麗なる文芸大作として撮るとは当時は誰も思わなかったわけで。
そのためには映像と活字に両方にフェチな作り手がいないと駄目だから
期待薄だけどね……。
黒澤明がシムノン読んでたり、市川崑が夫婦でミステリマニアだったり
するような例は、もう少ないのかもしれないな。

149 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:00:12 ID:oOBCRkcL
昔、「人外魔境」読んだけど、妙なカタカナに頭がクラクラしたきた。
これがこの作者の作風なの?有名な黒死館読もうかな…。

150 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 10:02:56 ID:2Plqkgv+
納豆好きってさ、いつも「納豆嫌いの人」のために、カレーに入れたり
マヨネーズ入れてみたりしたがるんだよな。
で、行き着くところは決まって「納豆アイスクリーム」。

映画化を意識していない原作を映像化するって、「納豆アイスクリーム」を
作ってるってことじゃないか?
「納豆アイスクリーム」って、納豆好きにもアイスクリーム好きにも
マイナスなような気がするし、ネギとかカラシとかで美味いと思わない人に
ムリして食べてもらう必要はないと思う。
特に「黒死館」のような嗜好性の強いものは。

151 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:30:55 ID:I9pntlGk
黒死館映像化希望派だけど、納豆アイスとはうまいこと言いますねぇ。

まあ、本音を言えば、映画屋さんの手を借りて「絵」にしてほしいってことがある。
黒死館ってとは、脳内での視覚化を拒否するというか、
読み進むうちにだんだん情景が浮かばなくなってきて、
手探りと聴覚だけで歩いている気分になる。それが毎回不安で不満。
ドグラマグラの映画版があの原作のストーリー構造を読み解くものだったように、
黒死館のビジュアル的解釈というのかな、そいつを見せてほしいんだよ。

152 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 04:50:57 ID:C60T0RjL
映像化については、ひとつ問題がある。

ゴシック趣味にしろ、バロック趣味にしろ、
白黒で撮らないと、その魅力が半減するということだ。

しかし、『黒死館殺人事件』の場合、
白黒で撮ると、あのトリックがアレしてしまうから・・・・・

153 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:52:29 ID:XweBH3AB
「銀落とし」とか色のトーンを変える手法があるでしょ。
肝心の黒死館だが、東京のど真ん中にこんな格好のロケ地があるではないか。
ttp://artemis.jpn.org/iwasakitei.htm

あとカレル・ゼーマンの「悪魔の発明」とかみたいに
銅版画風の書き割りの前で俳優が演じるのはどうじゃ。

154 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 22:39:35 ID:VpND2w/+
篠田&富岡ATGの心中天網島、
ドグマ具の松本俊夫の修羅みたくか?

低予算でその手もあるかもしれんが
個人的にはやっぱ完全ロケでゴージャスに撮って欲しいね

155 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:05:03 ID:3ehQrX/u
虚無への供物をラジオドラマで聞きたい

156 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:26:09 ID:wu/C+8jv
今映画化されるとしたら、京極映画とかトリックとかみたいな演出をされそうなヨカンがする。

157 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 12:43:30 ID:LTLIsFnk
>>153
岩崎邸って、占領時代に接収されて、
何とかいう秘密機関の司令部になってたよね?

いい感じに、怪しさがあるなぁ・・・

『悪魔の発明』から、ちょっと連想したんだけど、
人形アニメーションなんか、どうだろう?

登場人物は、みんな等身大の人形で、
テレーズだけ、生身の俳優が演じるとか。

158 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 15:44:31 ID:zZp4D+AK
ヤン・シュヴァンクマイエルの「アリス」みたいだな。
この人、オブジェの買い出しでときどき日本に来るらしいから、頼んでみたらどうか。
個人的には「帝都物語」みたいな支離滅裂ごった煮ムービーになるのも
ひそかに期待したりしてる。

159 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 07:56:30 ID:81A8GaOB
ごった煮を良しとするなら、
数人の監督が、シーンごとに分担して撮るというのも面白い。

でも、『帝都物語』ならOKとしても、
『カジノ・ロワイヤル』みたいになったら困るな。

あるいは、誰が誰を殺したのか、
『三つ数えろ』みたいになっちゃったりして。

160 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 06:18:39 ID:/qKveZxi
音楽は・・・武満かな・・
て、故人か。

161 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 08:35:16 ID:ujgj5Mqs
故人の名前を挙げてもOKなら、さらに夢は拡がる。

『黒死館』は、閉鎖的な空間における、
「神聖家族」の葛藤を描いた作品だから・・・


小津安二郎監督で。


【法水】 「ないかい、屍光が・・・ そうか・・・ ないんだねぇ」

【紙谷伸子】 「いいのよ、そんな、蝋質撓拗症なんて・・・ ねぇ、そうよねぇ」

【テレーズ】 「あんパン、食べない?」


162 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 16:53:45 ID:viZpIjUS
突然の怪老人の出現に驚く一同
「き、貴様っ誰だ! 降矢木博士はとっくに死んだはずだぞ」
「そうよ、もし博士が生き返ったのなら、あの装置で知らせがあるはずよ」
「この偽者め……正体を現せ!」
フッフフフ……と低く響く怪老人の含み笑い。やがてウワッハッハという
哄笑に変わり、「ふふん、正体を知りたいか」と変装を解き始める。
「わが正体は……超論理と衒学の使徒、法水麟太郎だっ!!!」
 言うなり一同が見たものは、二丁拳銃を構えた名探偵法水(片岡千恵蔵)!

 ※比佐芳武脚色による。老若男女誰にもわかる娯楽巨編なので安心。
ただし犯人は原作と変えてある。

163 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 18:07:04 ID:dD1H0wAV
なんか芦辺拓みたい。

164 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 07:39:36 ID:m0pRq3Zw
>>162
ある時は、片目の大女優
ある時は、せむしの給仕長
またある時は、インド帽の下半身不随・・・

ちょっと待て。

「名探偵としての名前」は、何なんだ?

165 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 14:28:26 ID:b5ERbkJV
探検家折竹孫七

166 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 22:05:13 ID:1aHfgnwq
黒死館を読了したがサッパリ意味が判らん。
やさしい誰か、俺に真犯人と動機とトリックの解説お願いします。

167 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 22:11:54 ID:Z/cSkrbM
テレーズが生前の算哲のプログラミング通りに連続殺人を実行

168 :名無しのオプ:2006/10/07(土) 22:12:55 ID:Z/cSkrbM
しまったメール欄に書くつもりがうっかり本文にかいちまったよ。
許せ

169 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 01:30:53 ID:+vbkxjqY
真相

1年前の医学会で八木沢博士との論争に敗れ、国外追放の憂き目にあった降矢木算哲は
イギリスから去る旅の途中で妻テレーズまでも失い、二度と学会に立てない体になって復讐の鬼と化し、
1年後に開かれた医学会の決勝で持てる医学知識をすべてインプットしたテレーズ人形を使って
八木沢博士にリベンジをはかったのだった

チリンチリンと不気味な鳴動音しか発さない殺人マシーンテレーズ人形は
1回戦ではダンネベルグ、2回戦ではクリヴォフを殺し、そして準決勝ではレヴェズを植物人間にする。
しかし決勝で法水がテレーズを破り、その人形のマスクをはがすと中から出てきたのは…

170 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 06:26:20 ID:a8ozD2Bx
悪鬼と化した降矢木算哲そのひと
人形と「一体化」するという究極のエクスタシーに陶酔し
人格を崩壊させたまま、殺人を遂行していたのだった。
カーテンフォール

171 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 07:37:14 ID:gPer0W20
>>169
それなんてロビンマスク(ry

172 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 03:20:41 ID:K5SFwwX7
法水…わたしの正体は人形人間なんだ…

人間でも人形でもない人形人間として生まれて来たわたしの人生は悲劇だった…
幼いころより黒死館に幽閉され算哲の人間栽培説の実験台にされ
毎日が地獄の生活…


肉のカーテンフォール

173 :つまり・・・:2006/10/15(日) 02:47:41 ID:HcZGUu6L
       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \  
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   > 黒死館連続殺人事件の犯人は
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__  
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    / ウォーズマンだったんだよ!!
       l   `___,.、     u ./│    /_ 
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │  


174 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 02:49:58 ID:HcZGUu6L
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i

175 :名無しのオプ:2006/10/15(日) 02:50:29 ID:HcZGUu6L
こういうことですか

176 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 13:23:23 ID:g/DTGqqz
ううん、ちがう

177 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 21:34:19 ID:Pa5GVrL1
しかし、それにしてもマリー・キュリーって本当にあっぱれな女性だな。
住み込みの家庭教師として働いて稼いだ金を姉に学資として仕送りし、自分もソルボンヌ大学に
入学、栄養失調でたびたび倒れながらも研究に打ち込み物理学の学士試験に一番で合格。
生涯にノーベル化学賞を2度受賞。一生を人類と科学の発展のために捧げつくした人だった。

ほんと、全無神論者の誇りのような人だな。

178 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 22:32:10 ID:6rNSmtFn
おまい、話題のそらせ方うまいな!

179 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 23:15:54 ID:0Br9ZF6M
うおう小栗スレがあがった!

180 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 02:18:32 ID:+2gpmyAR
悪魔の尿溜

181 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 10:05:54 ID:xmsxiFZs
>>166
澁澤龍彦の解説を読むべし

182 :びっくり:2006/11/02(木) 00:09:09 ID:U91MFfCl
私は虫太郎(栄太郎)の孫なんですが、スレッドがあったなんて、感激です。ありがとうございます

183 :そっくり:2006/11/02(木) 01:23:30 ID:CuMvLL5T
私は虫太郎の読者なんですが、お孫さんが来るなんて、感激です。

184 :びっくり:2006/11/02(木) 06:53:17 ID:U91MFfCl
恥ずかしい事に、孫なのに読んでみても意味がわからないのです。唯一わかったのは人外魔境。これも松本零二さんがマンガにして下さったものを併用してやっとわかった位です。

185 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 10:20:38 ID:mBcGgVce
栄太郎って……

186 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 02:43:17 ID:KdnMivxY
お孫さんw
あったなぁ…松本零士の漫画

187 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 07:26:49 ID:HiBryTwD
桑田次郎じゃなくて、松本零士なの?<漫画

188 :びっくり:2006/11/03(金) 08:01:58 ID:fMU3qYHd
そうです。松本零司さん。なんかレコードもあったなぁ。良くわからない曲の。

189 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 09:15:45 ID:EXyvoE9R
栄次郎

190 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 01:48:24 ID:BOPmQszV
シーッ! まだ黙ってようよ

191 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 07:37:17 ID:81ORu8HH
名前間違えて、いつも親に怒られてるんだ。ごめんねこんなところでもやっちゃった

192 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 00:19:41 ID:n2GuD4Lu
小栗虫太郎って名前に元ネタあるのかなあ、と思って調べてみよう
とやってみたら、「小栗虫」って、古語でキリギリスのことなんだね。そ
れに本名を引っかけたわけだ
いや、まーそれに気づいたのはくっだらないきっかけからなんだけ
ど、清涼院御大のジョーカーに出てくる「螽斯太郎」ってキャラのおかげなんだけど

193 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 09:44:31 ID:RDxyeALK
お!、栗、蒸したろう?


194 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 10:01:33 ID:UnXwWq2w
んー、15点

195 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 10:37:25 ID:teh0C8Vg
こっくりちゅうたろう

196 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 01:06:39 ID:DmxrQvLu
銭湯に、両性具有の人を探しに行ってたって

197 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 23:33:30 ID:ZD1WxoA9
いきなりだが、大阪は難波の古本屋・天地書房に沖積社か桃源社の小栗虫太郎全作品が
揃いで一万八千円で出てた。

俺は、値段はともかく置くところがないんで誰か買う人いない?

198 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 23:48:52 ID:hUV4iyYm
すみません。その値段は、高いの?安いの?
昨日、資料の整理してたら、戦争中の書簡がたくさん出てきた。
検閲が入るから余計な事は書けないらしく、嘘ばかり

199 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 00:54:49 ID:bgcZDZnZ
>>198
お孫さんですか?

200 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 13:12:19 ID:lL6HCAso
また孫か

201 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 20:44:00 ID:U968Ay6Y
200さん、すみません。嬉しくて書いてしまいました。もう、ここは見ないので、許して下さい
祖父の本、みなさん読んでいただいて、ありがとうございます

202 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 23:58:26 ID:jg1SAuHi
何故彼がこうまで自身が虫太郎の孫であると言い張るのか、
日常の謎ですな。北村薫より倉知淳に書いて貰いたいたぐいの。

203 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 21:52:41 ID:FEHr9aHw
202さんかな?別のサイトでも見つけた。私はただ嬉しかったから、本当に祖父の本が好きな人がいれば、本になっていない原稿や井伏さんや乱歩さんなんかと書いた物も読んで貰いたいと思っていただけなのに、疑っていただいてありがとうございます。ちなみに彼ではなく彼女です
。祖父には6人子供がいて、戦後生き残ったのは5人ですが、そのうちの子供の孫です
。残念でしたね、手元にたくさんあるのに。まあ、嘘だと思ってるから、いいか

204 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 22:26:12 ID:iorChTxf
だったら↓こういうところへお行きなさい。喜んでくれると思うから。
http://d.hatena.ne.jp/sutendo/
http://www5.ocn.ne.jp/~k594k/index.html
http://mushitariana.cocolog-nifty.com/blog/

205 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 22:49:35 ID:S9P/606l
あー、はいはい。孫だね。

206 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 23:27:34 ID:dQUBkmzd
黒死館80pくらい読んで挫折…orz
お前らよくあんな本読めるな…

207 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 00:51:30 ID:t/HcskGW
>>108-109

208 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 01:55:22 ID:6dx1C6uZ
80pまで読めるなら、勢いでそのまま読めんか?
俺はいつも3pぐらいで挫折してたぞ。

209 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 23:05:20 ID:P2TqwIdV
初めて読んだ時、序篇だけで一週間費やした。

210 :名無しのオプ:2006/12/11(月) 00:07:08 ID:LS8T0xel
実相寺昭雄が他界したと聞いて、あの世できっと
素晴らしい「黒死館」を作ってくれるだろうと夢想した
法水は岸田森が見事に演じてくれるだろう

この世では・・・決して映像化されない事を望みます

211 :名無しのオプ:2006/12/12(火) 23:10:10 ID:xBWSnwFn
こちらの世界でも黒死館を誰が撮るかは議論の的なのですよ
とりあえず、小栗作品では今までに
中川信夫監督の「後光殺人事件」と
佐藤肇監督の「聖アレキセイ寺院の惨劇」が撮られていて
今は実相寺さんより一足先に来た石井輝男監督の
「失楽園殺人事件」がクランクインしてますが
実相寺さんには「オフェリア殺し」の方が
合っているのではないかという声もありましてね…

212 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 03:18:22 ID:+RtFmbKL
とりあえず清順さんが来るまで待ちなよw

213 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 02:35:08 ID:GFmp1VXY
すみません質問です。
文体が新字体の黒死館って出版されてますか?
浅学菲才な自分に旧字体はキツイです。


214 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 13:01:45 ID:wQ9rLUbU
著者名が小栗蟲太郎じゃなければ大丈夫なのでは?

215 :名無しのオプ:2006/12/27(水) 13:19:50 ID:XyayePZe
小栗蟲太郎 ×
小栗虫太郎 ○

虫は「蜥蜴・爬虫類の意」
本人が爬虫類好きだったためつけた筆名。

216 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 21:53:55 ID:EEuixScf
黒死館、非常に面白かった。
次は復刻版で再読したいです。
「カリオン」「カリヨン」でググると、カリルロンが置いてある所が
いくつか見つかったので行ってみたくなりました。
椅子の上で失神してきます。

217 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 18:28:42 ID:7tGI6IPH
↓ここの「梅干し作り」の講師(和歌山県立農業大学・管理栄養士)の名前…

http://homepage2.nifty.com/oryza/events/2004/events2004-06.html

218 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 20:06:02 ID:F2/myrlb
天正遣欧少年使節の末裔は、梅干作りだったのか

219 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 23:41:24 ID:Z3IrVFa0
まさか実際にこんな名前の人物がいるとは・・・
ほんと本名?

220 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 05:40:04 ID:7zd7Mr8f
リテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール(父よ・吾・も・人の・子・なり)

221 :sage:2007/02/19(月) 17:21:02 ID:MvHrbmzy
てか、218はメル欄だ。

222 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 05:08:56 ID:xV+3e970
まあでもこんだけ回りくどければ
ペダントリーの洪水に溺れやすい構造上
つっこまれて改めて考えてみないと
218が指すメ欄に気付かん人も多いだろう

223 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 13:59:00 ID:s+va0ffh
ヷルデマール一世觸療呪文集
ヷン・ダイン
ヷン・ヘーレン

224 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 02:30:42 ID:8TvllTFq
ワ”レンシュタイン
ワ”レンタイン
ワ”ギナ
ヰ”クトリア
ヴ王
ヱ”リーグッド
ヲ”イスパーカッション

225 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 10:13:05 ID:5J75GKgZ
黒死館、一番読みやすいのは「復刻版」
続いて教養文庫版

逆に読み辛いのはポケミス版…かな?(持ち運び易さは一番なんだけど)

226 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 19:19:30 ID:pwFVA3C7
>>225
復刻版て旧仮名で読みづらくないですか?

227 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 19:20:31 ID:UrXLMwhI
いや。
そこは慣れと言うかなんというか。普通に読めるぜ

ああおれ225じゃないけどね

228 :名無しのオプ:2007/02/25(日) 22:09:07 ID:lhka+ybP
舊假名なのがいいんだ

229 :名無しのオプ:2007/02/26(月) 13:01:55 ID:p0RcT9FJ
何故復刻版が読み易いか、
その種明かし





復刻版には
全ての漢字に
フリガナが付いている

230 :名無しのオプ:2007/02/26(月) 15:59:34 ID:jKzWWZ6y
総ルビなのか。
それはいいなあ。

231 :名無しのオプ:2007/02/27(火) 01:12:10 ID:mMbGLBcc
カリルロン
ゴソニック

232 :名無しのオプ:2007/02/27(火) 13:41:08 ID:KTNVms0J
テレーズ・シニヨレ
レキヱム

233 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 18:36:06 ID:P6hnoIN5
どなたか初版発行当時の黒死館持ってる方いらっしゃいますか?
または書店等で生の現物を見た事ある方いらっしゃいますでしょうか?

234 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 20:19:19 ID:zzjMlDvx
自由が丘のN堂かどこかでガラスケースに入ってた気がする。
何十万だったかは忘れた。

235 :名無しのオプ:2007/03/15(木) 23:02:08 ID:d2qZE5wC
持ってるよ
ttp://f42.aaa.livedoor.jp/~imawaka/imgboardphp/src/1173967311810.jpg

236 :名無しのオプ:2007/03/16(金) 09:20:28 ID:qkbZpkuH
>>234-235ありがとうございます
>>235はさすが復刻版とは色艶が違いますね。
美しい!
私もいつか必ず手に入れたいとは思っているのですが…

237 :鐘鳴器 ◆XGriBasTV6 :2007/03/17(土) 13:27:47 ID:pH+9eGAe
安くて10万くらいかな
買えない値段じゃないな

238 :名無しのオプ:2007/03/17(土) 18:24:18 ID:V1Av0sLa
>>236
今すぐ注文するんだ!
ttp://mayu3.web.infoseek.co.jp/shoei/kokusikan.htm

239 :名無しのオプ:2007/03/17(土) 22:34:35 ID:O6Z5V3ZZ
新潮社ってこのころはよく探偵小説を出していたんですか?

240 :名無しのオプ:2007/03/18(日) 01:25:45 ID:KI6KGmju
ハードカバーで横溝や大下の長編やヴァンダインなどの翻訳書も出してた。
長編文庫というソフトカバーのシリーズには牧逸馬、甲賀三郎、大下宇陀児、浜尾四郎などの名前も見える。
今より大判だった新潮文庫にも多くの探偵小説が収録されているし、立派な装丁の江戸川乱歩選集も出している。

241 :名無しのオプ:2007/03/18(日) 22:51:30 ID:1OEy+aC1
>>238欲しいけどこんな大金すぐには出せません…
この位の金額、自由に使える身なら、迷わず購入するんですけど…

242 :名無しのオプ:2007/03/19(月) 21:57:49 ID:AQXWg4Xc
>>240
どうしてそこで新作探偵小説全集を挙げないのかと…

243 :名無しのオプ:2007/03/20(火) 05:10:15 ID:Kop+Fjfx
ED333-N512M

244 :名無しのオプ:2007/03/31(土) 23:26:41 ID:RFb8OujP
吉祥寺の古書店で、筑摩書房の昭和国民文学全集14「小栗虫太郎・木々高太郎集」
を買って来ました。

245 :名無しのオプ:2007/03/31(土) 23:30:44 ID:mI5ySBwM
それなら100〜300円程度でよく見かけるよ

246 :名無しのオプ:2007/03/31(土) 23:54:13 ID:RFb8OujP
600円でした(´・ω・`)

247 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 21:44:57 ID:IOKh6nYy
>>235って、どこかのショップの写真?あまりにも綺麗に撮ってあるから…。

248 :名無しのオプ:2007/04/03(火) 00:03:32 ID:NA/rEom3
自分の本ですが

249 :名無しのオプ:2007/04/03(火) 10:03:52 ID:9gWsFmcq
>>248失礼致しましたm(__)m

250 :名無しのオプ:2007/04/04(水) 00:46:57 ID:wOZVJcAH
著者降臨 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?

251 :名無しのオプ:2007/04/04(水) 01:05:28 ID:v38KtLj2
自分の(書いた)本
自分の(所持してる)本

(゚ν゚)ニホンゴムズカスィネー

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)