2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【チャーミング】つずみ綾を応援しよう3【大活躍】

1 :名無しのオプ:2007/02/09(金) 23:35:44 ID:SFoJopAN
評論に翻訳に大活躍!
”才媛”、これ以上の言葉が見つからないほど才媛の
つずみ綾嬢を応援するスレッドです

プロフィール
ttp://www.so-net.ne.jp/e-novels/hyoron/syohyo/0.html#tsuzumi

つずみ綾様ご尊顔
http://www.shinetworks.net/cgi-bin/img-up/src/1159627316123.jpg

2 :名無しのオプ:2007/02/09(金) 23:40:27 ID:SFoJopAN
初代スレ:【山田を】つづみ綾を応援しよう【超えた】
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1159147011/

前スレ:【土人の】つずみ綾を応援しよう2【逆襲】
ttp://book4.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1162707584/

話題沸騰の訳書
チェスタトン「マンアライヴ」はこちらです
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4846007375/

マンアライブの訳に関しては、この辺参照のこと。
ttp://d.hatena.ne.jp/puhipuhi/20060925
ttp://d.hatena.ne.jp/smoking186/20060928/1159451138
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1159147011/173-176

小森に満点入れた人間が、マンアライヴにも満点入れる不思議
ttp://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/AIWV9RLX1VFDV/ref=cm_pdp_reviews_see_all/250-2781147-0113033

こちらでも大活躍
【週刊書評】
ttp://www.so-net.ne.jp/e-novels/hyoron/shukan-shohyo-under.html

【探偵小説研究会blog】
ttp://d.hatena.ne.jp/noririn414/

3 :名無しのオプ:2007/02/09(金) 23:42:20 ID:SFoJopAN
その他の情報
ttp://www.kanazawa-u.ac.jp/news/acun_10/wadai.htm
ttp://ilc2.doshisha.ac.jp/fbaba/reports.html
ttp://ilc2.doshisha.ac.jp/fbaba/homestay.html

4 :名無しのオプ:2007/02/09(金) 23:49:16 ID:WrgUonie
とてもチャーミングな>>1

5 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 00:44:44 ID:/1roD8uJ
結局自分のスレタイ案で立てたのかw
まあ立てたもん勝ちだしなw
とにかく乙

6 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 19:24:54 ID:bOkWpMwL
「俺ミス」の目次が発表されたな

> 【5】今年の注目作家の紹介
>  竹本健治(小森健太朗)、鏑木蓮+麻見和史(二階堂黎人)、道尾秀介(大池洋子)、森谷明子(つずみ綾)
> 【7】「読者に勧める 黄金の本格ミステリー!」
>  (1)選者:小森健太朗、つずみ綾、二階堂黎人
> 【8】「私の選ぶお勧め本格ミステリー」
>  (2)海外部門 つずみ綾、横井司、森英俊 二階堂黎人
> 【9】海外ミステリーの評論、研究について つずみ綾
> 【11】ベテラン作家インタビュー 天城一(聞き手:つずみ綾)

大活躍で砂

7 :名無しのオプ:2007/02/11(日) 16:58:37 ID:IFuX9dW7
死なない程度にあげときますね

8 :名無しのオプ:2007/02/11(日) 18:09:57 ID:+bTr0Ayk
「俺ミス」を手に取る前にスレが死んだらしゃれにならないからなw

9 :名無しのオプ:2007/02/11(日) 18:44:16 ID:SyxPO9Av
>海外ミステリーの評論、研究について

さあ、みんなー、しっかり読ませてもらいましょねー。
「海外ミステリーの翻訳について」も書いて下さいな。

10 :名無しのオプ:2007/02/11(日) 21:53:19 ID:rG6ibKJJ
>>9
うまい!

11 :名無しのオプ:2007/02/12(月) 18:48:53 ID:7irmuJnL
つずみブーム、ほぼ完全に去ったな。
レイザーラモンHGよりも短命だった。

12 :名無しのオプ:2007/02/12(月) 21:26:19 ID:AaMrQc6i
ブームでなくて、バブルだろ

13 :名無しのオプ:2007/02/12(月) 21:32:57 ID:d8lyh6Jh
確かにマンアライヴはアンビリーバブルだった

14 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 16:20:39 ID:MpQEIPF/
誰がうまいことを言えと(ry

15 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 21:48:18 ID:Di/w9aTC
長いスパンのつっこみだな。

16 :名無しのオプ:2007/02/15(木) 20:17:55 ID:uCjN7o+V
明日、「俺ミス」発売

17 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 00:36:00 ID:LT5VqOvI
本日発売

18 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 03:16:09 ID:P61jP9r7
チャーミングチャーハン

19 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 21:43:34 ID:N3G7rVfs
>>18
お前京都人だな!w

20 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 21:59:34 ID:E/U1ibYM
チャーハン400円ってすげーなw

21 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 16:51:58 ID:n7UJjaVC
http://blog.taipeimonochrome.ddo.jp/wp/markyu/index.php?p=1048
>それと、最後の天城御大へのインタビューもかなりアレで、聞き手の天城氏を小バカにした口振りがかなり辛く、
>熱烈な天城ファンはこれを讀むなり頭に血が昇って卒倒してしまうこと間違いなし、という素晴らしさ。
>
>天城御大が「ペンシルバニアのカディスンが率いる云々……」なんて調子で滔々と語れば
>「すばらしいご成果ですね」と棒讀み、そのほかにも「それが数学の研究に役にたったんですか?」
>「それが探偵小説をお書きになった理由ですか?」「それが一転して、どうして「椿説」になったんですか?」
>「一本とったおつもりですね」などなど、何だか讀んでいるこちらがカチン、とくるような質問の仕方もアレなんですけど、
>聞き手に小馬鹿にされているのに氣がつかず好々爺のごとく自らを語りまくる天城御大のお姿が脳裡に浮かび、
>……ってまア、詳しくは実際に皆樣の目で確かめていただきたいと思いますよ。

(ノ∀`) アチャー

22 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 17:12:19 ID:ve5F9i/Y
これは天城信者(笑)として購入せずばなるまいなwww

23 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 17:46:03 ID:oRjStzeR
さすがtaipei氏、仕事が早いw
インタビューの模様の写真はあるのだろうか?

24 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 13:03:39 ID:V1fB5B4+
残念だが、写真はない。
俺はむしろ、49ページのムチャクチャ英語につづみ嬢の真骨頂が発揮されてると思う。

25 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 13:29:48 ID:vVe5WGE1
立ち読みしました。座談会もインタビューも、
なんだかなあという出来。わたしは買う気はないです。
なぜなら編集の方向性として新鮮な視点はなく、
身内ホメホメもうっとうしい。
論じている人たちのミステリーへの愛も浅く、
ミステリーという業界に関わることの優越感、
みたいなもののほうが優先されているように感じるのは
わたしだけでしょうか?
総じて子供っぽい派閥争いのなれの果てのようで、
悲しくなりましたね。自分たちが自分で首をしめている状況が
わからないんでしょうか?

26 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 13:36:48 ID:fMJpPWCw
>>24
サンクス
写真がないのは残念だけど、ムチャクチャ英語ってのは気になるw

27 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 21:30:41 ID:VnOLhxtn
つーか、肝心の天城インタビューが少なすぎる。
グダグダでもいいから、もっと発言を引き出してくれと。

28 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 21:31:19 ID:DiQbM5aZ
>>27
何ページくらいありましたか?

29 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 21:38:38 ID:VnOLhxtn
>>28
4ページ。

30 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 21:42:41 ID:CKjFXvIp
>>27
天城は体調がかなり悪いらしいので、長時間の拘束は無理だったのでは?

31 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 21:50:30 ID:VnOLhxtn
>>30
そうなのか…だったら限られた時間を
もっと有効に使えるインタビュアーにして欲しかったな。

32 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 21:52:45 ID:DiQbM5aZ
流石に4ページに1260円は出せませんなぁw

33 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 22:00:46 ID:BN+GQl+l
みんな、コピれ。メモれ。

34 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 16:33:58 ID:JoJEKYld
インタビュアーって「聞くに値する質問ってどういうものだろう?」とか
めちゃくちゃ気ぃ使ってやるもんなのに、なんで空気も英語も読めない子にやらせるんだ。
身内を使い過ぎだぞ禿人。

禿人に人事権(っていうのかなこの場合も)を一任してる出版社もどうかと思うが。

35 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 17:02:59 ID:gnAjU6Jk
天城インタビューはつずみの持ち込み企画なんだろ
天城へのインタビュアーとして適任なのって誰だろ
小森?芦辺?飯城勇三?山前?日下?
鮎川御大が存命だったらなぁ・・・

36 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 19:28:47 ID:NNRHtH0j
インタビューを読んで思ったのだが、天城への尊敬の念はもちろん、
学問を修めることに対する尊敬の念もないよな。
それが役に立ったのかとかよく聞けたもんだよ。
一度大学を出ているのに、もう一度大学に入りなおして勉強するなんて、
頭は悪いが、少なくとも勉強家なのだろうと思ったが、
完全な勘違いだったようだ。京大生になりたかっただけか。

37 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 20:58:45 ID:pykj5rF3
>>36
京大にしても学歴ロンダリングだけどな

学問の本質をわかってる人間なら「役に立ったのか」なんてことは絶対に聞かない
こいつはそれに加えて日本語が不自由だからよけいにおかしなことになってる

38 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 19:01:31 ID:goE08Els
「俺ミス」で、チャーミングの意味が明かされてるぞ
立ち読みGO!www

39 :名無しのオプ:2007/03/05(月) 12:58:43 ID:rckA/hnc
>>38
確かに弱小出版社だから高すぎるよね。
『このミス』と比べると。。。

40 :名無しのオプ:2007/03/06(火) 01:51:15 ID:5b3Ctl1n
週刊書評「『大庭武年探偵小説選I・II』/大連と探偵小説」あげ

41 :名無しのオプ:2007/03/06(火) 01:51:53 ID:5b3Ctl1n
あげてなかったorz

42 :名無しのオプ:2007/03/06(火) 20:45:28 ID:m5rXDdYI
>>40
また仲間褒めかよ

43 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 03:28:48 ID:tlbjTsNV
>>42
大庭武年が「仲間」?
無知な書き込みは禿人組を増長させるだけだからやめてくれないか

44 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 05:08:05 ID:WAJaRIbm
論創のシリーズは小森や横井がほとんど解説を書いているわけだが
大庭武年は知らんけどね

45 :名無しのオプ:2007/03/07(水) 11:53:21 ID:K0hoqqSj
週刊書評を読んだが、相変わらず薄っぺらい内容で、「〜であろう」と推測してたw

>>42
読まずに批判するのはよくないぜ
読めばわかるけど、横井を褒めてないからw

そいや、チャーミングな女探偵がカメオ出演するスタウトの長編
「苦いオードブル」が出るな

46 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 00:03:53 ID:NHEjR/MN
話題があちこちに飛んでいて、結局のところ何がいいたいのか
ちっとも分からない文章だった。あれで書評?

書誌にあたろうともせず、資料の孫引きばかりで碌な文章も
書けない。こいつに大庭の書評はやってほしくなかった。

47 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 00:38:58 ID:PfnOgCb8
ほかに書く人がいないから禿人組の寡占状態になってる
論叢社みたいな三流出版社がこういう企画に手を出すからこうなる
在野の探偵小説マニアでも探したほうがまだよかったのに・・・

48 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 01:27:24 ID:M14GRkpJ
こんなもん書評じゃないよ。
基本的にはド素人ですから。
文章もこなれてないし、中身もバラバラ。
そもそも対象とする作品を鑑賞する能力すら疑わしい。
だから出来の悪い大学生のお勉強しました、みたいな
こういう内容になるわけでしょ。
誰か本当のこと言ってあげなさいよ〜

49 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 02:08:10 ID:PfnOgCb8
本当のことを聞いたら耐えられない無能者たちは
互いに甘やかしてくれる人同士で集落を作るものですよ

50 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 02:53:03 ID:EJMELsgb
「大 庭 さ ん ご め ん な さ い」

と皆を代表して謝っとくw

51 :名無しのオプ:2007/03/08(木) 22:18:47 ID:3VUz7sc8
シャレードで大庭の企画が出たときの発案者の某女史だったら
よかったのに。今回の論創にだってかなり作品提供したようだし、
近々、満州と探偵小説をテーマに論文書くなんて言っていたし。

52 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 01:04:31 ID:Ju0DTa8K
>>45
横井は単なる解説者じゃなくて論創ミステリ叢書の監修者
「編集長」とも言ってたっけ
さらにいうなら海外の方でも
「マンアライヴ」の刊行時はともかく翻訳段階では監修役だった
それを考えると
「本ミス」座談会のときの他人事のような発言は無責任だ
ていうか、そもそもつずみに訳が回ったのは横井ラインじゃないのか?

53 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 01:40:23 ID:yAnR0My6
>>52
「マンアライヴ」の翻訳はつずみの持ち込みだったらしい

横井は論創ミステリ叢書の監修者で、海外の第1期も監修していたが、
第2期からは完全に外れてる
監修者だからといって、訳文のチェックをするのは編集者なわけだから、
「他人事のような発言は無責任だ」というのは言いがかりじゃないかなぁ
監修者といっても、ラインアップ案を編集にあげるだけだったらしいし

54 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 10:26:35 ID:Ju0DTa8K
いや、訳文にも目を通していたってよ
「マンアライヴ」もつずみが遅れに遅れたんで刊行時は監修から外れていたが
翻訳作業中は関わっていた
もっとも、横井は「マンアライヴ」の訳がそれほど悪いとは思ってないようだが

55 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 11:00:45 ID:Scq3c2En
一言でまとめると横井もチャーミングってことでいいな?

56 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 11:05:14 ID:cl84MWtt
あの訳がそれほど悪くないってどういう読者だよ。半世紀前の水準で語ってないか?

57 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 11:46:42 ID:1VhbUjRI
横井が訳文にも目を通していたとは知らなかった
つずみのだけに目を通していたの?それとも他の人のにも?

58 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 17:23:17 ID:MZDEIXp3
>>56、57
半世紀以上前のマイナー作家を読みすぎたせいだろ。我々も気をつけなければ。しかし本当の話なのか?
それに月に三冊訳文チェックは無理だろう。解説もシモンズのみたいに力が入ったのはそう書けないしね。

ファンタジーのファンに聞いたが弾丸を発射する弩は現実にあったらしい。ただクロスボウとは呼ばれない。

59 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 17:44:27 ID:lMW9Orxd
訳文には目を通しませんでした怠慢でした

と言うよりも

訳文には目を通しましたその上でOK出しました

の方が罪が重いってのは困ったものだ

60 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 01:26:03 ID:rq2wJ6uT
あげ

61 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 12:23:25 ID:/UajlMOR
つずみは天城一に直接会ってインタビューしてはいません。
質問状を送ってその回答をもとに対談形式に編集した
わけですが、いかんせん能力の限界で、何ともはやの
出来になったわけです。

62 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 15:19:31 ID:BgolPGM1
>>61
本当? 「俺ミス」にはそんなこと一言も書いてなかった気が。

63 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 15:34:24 ID:GMSv+v6P
天城一の冒頭の口上も質問状への回答だったのか
天地がひっくり返るくらいの衝撃だ、マジで

64 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 15:40:20 ID:BgolPGM1
あの「対談」のつずみの無神経な言葉遣いからして、
実際の対談を第三者が忠実に文字に起こしたものだとおもってた。
(つずみの質問は文字で読むと無礼だが、実際の会話の流れならまだ許せる)

あれが手紙を元につずみが作り上げた対談なら、つずみの日本語能力は壊滅的だ。
目上の大作家に「お育ちは?」なんて文章形式で質問状出すやつが、どこの世界に
いるというのか。「手紙のマナー」本読め。もっと常識を身に付けろ。

65 :名無しのオプ:2007/03/24(土) 16:11:19 ID:0Vd4rjsI
本格理解派系集団の恐ろしさを今更ながらに思い知ったぞwww

66 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 00:10:31 ID:SoAkJftp
断り書きがないとするとこんなふざけた話はない!
それは捏造ではないか? 皆の意見をもとめたい。

67 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 01:22:43 ID:kk5cLFsi
書面で質問したのならそのまま載せればいいこと。
それを対談に見せようとする(多分カッコつけたくて)発想がすでに病的。
つづみ本人もさることながら、むしろ監修者(名目の人じゃなく実質の)
の問題のような気もする。

68 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 02:35:03 ID:131bt0Td
天城:(ニヤリと笑って)

みたいに書いてあるから、対談自体は実際に行ったのでは?
往復書簡を対談形式に改めて、それを注記せずに商業誌に
載せることは考えにくいし、出版ルールにも思い切り違反してる。

また、机の前に座って練り上げた文章にしては、いくらなんでも
不自然かつ拙劣に過ぎる。

あの対談が文書を対談形式にしたものだというソースは?



69 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 04:56:23 ID:gV4wCkty
>往復書簡を対談形式に改めて、それを注記せずに商業誌に
>載せることは考えにくいし、出版ルールにも思い切り違反してる

いや、たまにあることだよ。それ自体は問題ではない。
結局はつづみの文章センスおよび、あれをそのまま掲載した
編集サイドの問題だろう。

まあ、ソースがあるなら知りたいが。

70 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 07:40:07 ID:3lvkmopE
SRの会の記念大会で複数の探小研メンバーから聞いた。>創作インタビュー

71 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 07:59:42 ID:gV4wCkty
うーん、それがソースだとはちょっと言いがたいような……。

72 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 08:35:20 ID:3lvkmopE
別にすべての事象がネットで確認できる文書として記録される訳じゃないからな。
信用できないと思えば信用しなけりゃいいだけのことだ。

73 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 08:44:06 ID:gV4wCkty
>>72
けっきょく風聞だしねえ。
とはいえ、文書対談だったというのはあり得そうな話だと思ってるけど。

そして自己レス>>69
>いや、たまにあることだよ。それ自体は問題ではない。

>>68の「それを注記せずに」を読み逃してた。
確かにこれが無い場合は問題なんだよね。

74 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 09:29:45 ID:g7D4/d4C
面談していないのは事実だが対談形式に編集するのは別に違法ではない。
注記したほうが誠実だが、対談日時・場所を書いていないから察しないほうがにぶいといわれてもしかたない。
ただし対談と銘打ってそれを売物にしようとした禿人・つずみの卑しさは記憶に残る。

75 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 09:39:56 ID:dRKqnP5f
素朴な疑問だが、天城一は原稿にゲラに目を通したりしなかったの?

76 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 10:17:55 ID:9Zu2XUfs
違法とかの問題ではなく、対談をやってないのに
「天城:(ニヤリと笑って)」
などと書いた場合、そうしたフィクション性を断らないかぎり
ダマシではないでしょうか。ものを書く人間の倫理と素養の
問題ではないかと思います。とにかく私がこの本をお金を出して
買ったのですから。公開質問する? 

77 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 10:25:52 ID:l6wULguG
つずみを擁護するわけではないが、実際には面談していなくても
対談形式で原稿を仕上げることは、それほど珍しくない。

お金を出して買ったのだから「(内容的に)正しい商品」である
ことを要求する権利がある、という考え方は、ちょっとどうか。

書籍は電気製品なんかとはちがうからね。

78 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 10:59:17 ID:g7D4/d4C
>>75
実際に対談していても編集者が取捨選択したり適当に
加えたりして作るフィクションに過ぎない。報道とは違うよ。
公開質問なんかしたら、「あなたの対談の定義を述べよ」と
言われちゃうよ。

79 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 11:31:30 ID:DvHp6jM8
雑誌のインタビュー・座談会なんてそんなものらしいよ。
俺のおじさんが某雑誌の座談会に出たんだけれど「最初から最後
までライターの創作」だと言っていた。

そう言えば、俺の大学時代の友人も某ファッション誌に出たんだが、
「写真を勝手に撮られ言ってもいないコメントを掲載された」と
怒っていた。

つずみを擁護する訳じゃないが、出版人の倫理って相当低いように
感じる。

80 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 11:44:14 ID:gV4wCkty
だからこそ、これは実際は文書で質問した内容を
対談風にまとめたものだ、とか誌上で書くことが誠実なんだよ。
原書房の「名探偵の世紀」の巻末座談会で、やけに北村薫の
発言が薄いなと思ってたら、ちゃんと最後に、氏は同席できなかったので
ゲラに後から発言を加えた、って表記されてた。

この件が事実だとすれば、批判されるべきポイントは
・誌上で、実際の対談ではないことを明記していないこと
・安易な手法を使っている割に、言葉遣いがむちゃくちゃすぎること
の二点ではないか? それもまあ、物書きとしてのつづみの無能さを
露呈させることと、版元が不誠実だってことを示すだけで、
公開質問状なんぞ出して読者が被害者面する話ではないよ。

81 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 11:53:57 ID:9vprHfCX

そのとおり!

82 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 11:58:03 ID:l6wULguG
インタビューイの発した言葉を「あの…」とか「ええと…」まで一言一句
違えずに忠実に活字に起こすことが「誠実な態度」ではない。活字による
対談やインタビューは、最初からまとめる人の創作物と考えた方がいい。

そのうえで、「興味深い内容が判りやすく配置されているか」「発言者の
人となりや雰囲気がどのぐらい再現されているか」を評価すればいい。

誌面でのまとめ方が実際と違うからといって「不誠実」「倫理観が低い」
と批判するのは的外れだ。

問題は、書面での質問に対する回答を元に対談形式に仕上げた原稿である
にせよ、実際に行なわれたインタビューの録音テープから起こされた原稿
であるにせよ、恐ろしく無礼で質が低いというその一点にある。

83 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 13:31:14 ID:5ZLoWS1u
所詮、つずみなんてそんなもんだよ。
普段の文章だって碌なものが書けないし、だいたい、本気で天城を
云々できるくらい読み込んでもいないだろう。そんな奴がやる
インタビューにお前ら、何を求めているんだ?

悪いことは言わない、恥の上塗りになる前に
仕事辞めろよ、つずみ。

84 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 13:49:28 ID:DmmBL8jm
>>64大作家ではないだろw

85 :64:2007/03/25(日) 14:42:12 ID:131bt0Td
そっかw

ただ、自分は天城ファンなので、滅多に聞けない肉声(文字とはいえ)が
聞けるということで「俺ミス」購入したんだよね。
それが日本語能力もおぼつかない人間が再構成した「創作」だったという点に
ちょっとがっかりした。確かに普通対談とかすれば写真載せるよね。
だから出版サイドは「察しろ」というつもりかもしれんが、
こんなムックで叙述トリックやられても困る。注記してほしかった。

86 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 15:29:29 ID:g7D4/d4C
ま、そこはそれ つずみだし。それに禿人だし。

87 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 22:58:33 ID:I3agfD8D
もともと違法とかいう類の問題ではないんだが
よーするに倫理クオリティ、意識クオリティ、ライターの技術クオリティがぜんぶ低い本だってだけ
出版社、企画者、参加メンバーをみればそんなことは最初からわかりきってたはずだぜ

88 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 00:42:05 ID:7QuXtHze
綾辻の寄稿がすべてを物語っているような気がする

89 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 02:11:04 ID:MRRXTZ2x
「こんなムックにまじめに文章載せられるかよ〜」ってな感じの
ふざけた予定だったな。島田御大監修ということで義理立てたのかしらんが。

90 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 16:03:31 ID:5CGP1I1f
>綾辻の寄稿がすべてを物語っているような気がする

あれ、よくあのまま載ったもんだね。「全部ウソ」っていう、最後のひと言が超うけた。

「だが何と云っても、目下最大の隠し玉は、デビュー当時からこつこつ書きつづけてきた渾身の社会派ノワール超大作『馬鹿野郎ども』だろう。」
 ↑
これは大いなる皮肉か!?

91 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 17:48:06 ID:Efo9NC3w
「あれは皮肉なんだよニヤニヤ」って内輪で言って喜んでるんだろうね
落ちぶれた勘違い作家らしい末路だ


92 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 19:20:56 ID:7QuXtHze
「こんなネタ思いついたけど「このミス」には書けねえなw」
と思っていたところに「俺ミス」から依頼が来て
「あ、これにだったら、このネタ使えるじゃんw」
て感じだったのでは

93 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 05:04:19 ID:HGu9FVly
つずみって、こんなに妬まれてるとは知らなかった。才色兼備だから仕方ないが

94 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 16:18:11 ID:XMyYkOy+
>>93
それをつずみ本人に言ってやれ。マジで釣れるぞw

95 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 20:45:32 ID:5AcX1hGO
まあ、まだ若いんだから伸びしろはあるかもしれん。
長い目でみてやれ。
ただしひっぱてきた奴は、1〜2年は原稿のチェックしろよ。
今のレベルだと勘違いしたまま、つぶれちまうぞ。

96 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 21:43:06 ID:YUtsAFp8
>95
前にも似たようなレスがあったが
あそこまで日本語のセンスが壊滅的で知識がなくて勘違いしてる禿人に尻尾を振るような人間を育てるよりは、
そのへんのミステリー研の学生をスカウトしたほうがよっぽどいいよ。これは100%マジでそう思う

97 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 22:35:29 ID:HGu9FVly
美貌で生き残るしかあるまい

98 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 23:30:19 ID:YUtsAFp8
>>97
>>1
……

99 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 00:44:23 ID:ByrKD9NS
>>97
そうだよな。生き残るのに必要な人脈作りや営業は苦手そう。
まして業界の派閥や政治活動とかは、全く知らないだろうし。
純粋に美貌と知性だけが武器な者は、つらいよな。

100 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 03:31:01 ID:4gdjpFTQ
政治的センスはないね、マジで。よりによって業界最果てグループに接近するとは。

本流か、せめて傍流でも御大にじかに食い込むとか…

101 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 06:48:17 ID:sC7Ah5C4
どうせやるなら、古本の某女王のようにおやじアイドル目指せば
よかったのに

102 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 08:45:33 ID:u23THGax
あれはアイドルというよりも気持ち悪いおばさんだけどな

103 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 09:29:42 ID:P/FqZ6th
>よりによって業界最果てグループ

笑。最悪グループともいえる。

>美貌と知性だけが武器

エロとエセ知識がおもちゃ


104 :名無しのオプ:2007/03/28(水) 10:07:29 ID:+6Cx6QDS
>よりによって業界最果てグループ

他に拾ってくれるところが無かったんです。

105 :名無しのオプ:2007/04/01(日) 01:05:20 ID:6FSgHYOR
>美貌で生き残るしかあるまい

無理だわ。生き残れない。

106 :名無しのオプ:2007/04/03(火) 22:25:17 ID:RIWFCPz6
あるあるの誤訳捏造インタビューのようなマンアライヴ

107 :名無しのオプ:2007/04/03(火) 23:43:39 ID:j5yzsrSw
>>106
 うまいっ!
 ただし、あるあるは超訳

108 :名無しのオプ:2007/04/04(水) 15:12:06 ID:fbf2/b1z
話が変わって申し訳ないが「超訳」って実際のところ、どうだったの。
いわゆる誤訳だらけだったのか。
翻訳は正しいけれど日本語としてこなれていなかったのか。
それ以前に読むにたえない日本語だったんでしょうか。

いわゆる「超訳」ブランドの本は一冊も読んだ事ないんで。

109 :名無しのオプ:2007/04/04(水) 15:17:51 ID:Dfbf6SR4
>>108
日本語としてこなれてるが翻訳が正しくない。原本を穴だらけにしてリライトしたもの

110 :名無しのオプ:2007/04/04(水) 20:52:35 ID:58zJNx9L
シドニィ・シェルダンをつずみタンの訳で読んでみたい

111 :名無しのオプ:2007/04/05(木) 02:44:46 ID:txTFJ0uu
超訳が批判され始めた頃、週刊誌(どこかは忘れた)が超訳をさらに再英訳してシドニー・シェルダンに見せに行った。
シェルダンは「こんなの俺書いた覚えねーぞ。元と全然違う。でも売れてるのか?じゃあいい。ハヤカワから出したときは全然売れなかったからな」と言ってた。


112 :名無しのオプ:2007/04/06(金) 00:33:33 ID:ZeGQMK4f
シェルダンと論創には共通するものがあるな。

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)