2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

横山秀夫 Part5

1 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 01:47:40 ID:yl6zqt7O
引き続き、横山秀夫について語りましょう。

過去スレ
☆横山秀夫☆祝「このミス」第一位
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1040485804/
何でみんな横山秀雄を語らないの?! (実質Part 2)
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1053096771/
横山秀夫 Part2 (実質Part 3)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1074862166/
横山秀夫 Part 4
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1122876737/

2 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 01:57:35 ID:MJrVXOcG
2ゲット
そんな俺は伊坂幸太郎フリーク

3 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 02:12:04 ID:y+92I37N
!乙

4 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 12:40:01 ID:GxckBy3p
>1

 乙! 早く新作出さないかなぁ〜・・・



5 :名無しのオプ:2007/02/10(土) 19:52:32 ID:0hUZ8Mid
きのと!

初スレはhtml化されてるね。
まあ見に行けばすぐ分かることなんだけど。

http://book.2ch.net/mystery/kako/1040/10404/1040485804.html

6 :名無しのオプ:2007/02/11(日) 04:11:26 ID:4dt3EvtB
「このミス」に4年連続でランクインしていたみたいだけど、
去年はめだった活躍がなかった。

http://www18.ocn.ne.jp/~konomys/record.html

良質な作品を出してくれれば、待っているけどね。


7 :名無しのオプ:2007/02/12(月) 22:04:43 ID:c3L6PkT1
影踏み、顔−FACEは、この人って漫画原作もやってたよな、
と思った作品だった。
漫画で読めば結構面白いと思ったかも。他が善意と手厳しいリアルに溢れてるので
(特に動機とか、陰の季節とかの警務課もの)ややファンタジーに感じた。
とはいえ、最初はなんだよこの脳内、と思っていた弟の存在になれてきたり、
結構面白かったけどな。横山さんの中で上とは評価しないけど、普通の小説なら
割と面白いと思う。そんな私はF県警の続きが読みたくて、雑誌まで追いかけました。
楽しみは加筆修正です。
二渡の出てくるD県警舞台の作品も好きなんだけど、
F県警ものは一応ゴール(メル欄)っぽいものがところどころ出てくるだけに、
続きが楽しみ。

8 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 00:59:14 ID:UaXwzzGk
看守眼はどう? 単行本買おうか迷ってる。

9 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 20:35:48 ID:Ke8Dw0TC
「顔FACE」って評価低い人多いんだけど俺は大好きなんだよなぁ
婦警版ハードボイルドで読み物としてとても面白い
嫌いな人はミステリの部分でだめなのかな?
俺はトリックとかそーゆーのはほとんど気にしないタイプだからその辺で評価が別れるんだろうな


10 :名無しのオプ:2007/02/13(火) 22:06:44 ID:aq6vPY6j
>>9
仲間ドラマを先に見たからそのイメージがありすぎてダメだ。
影踏みは評判よろしくないけど好きだな。

11 :名無しのオプ:2007/02/14(水) 19:32:21 ID:zRu4JTL2
「真相」双葉文庫読んだ
それなりに面白かったけど、ちょっと薄味だったかな
改行がやたら多くて小説ってゆーより詩とか戯曲に見えるページも一杯有った
この時期ちょっと濫作気味だったのかもね
後、「脳がゆれた」ってフレーズがこの短編集でも2回出てきたけど
これまでにも何度か以前の作品で使ってるよな
よっぽどお気に入りのフレーズなんだろうけどちょっと使いすぎかなw
これで横山9冊読んだけど震度0と看守眼と臨場は文庫落ちしてないし
深追いは100円で見つけたときに買い忘れてその後100円では見かけないw
影踏みはまだうちの近所じゃブクオフデビューしてないからちょっと当分横山は休憩だな
また3年ぐらいしたら読もうっと

俺の中での途中順位は第三、顔、動機、陰、クライマー、半落ち、出口、真相、ルパン
んでベストは第三の時効の楠見さんってことでw

12 :名無しのオプ:2007/02/16(金) 17:11:05 ID:wLLFRlwH
「影踏み」読んだ。
いやぁ、驚いた。なんでイキナリ東野圭吾っぽい事を?
高倉健が西田敏行のマネをしたような違和感。
無理に芸風に幅持たせなくてイイですから。横山流そのままで充分面白いですから。

13 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 01:44:47 ID:5S+ntu2Y
新刊じゃないだろ

14 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 11:30:13 ID:+SRb+OtX
>>11
楠見さんキャラ立ってるよなあw

15 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 18:25:27 ID:oINVcjo8
陰踏み面白かった。
修兄ぃの洞察力の高さと指が折れてたりしてても行動する超人振りにはどうかと思ったが。
啓二の声が本当にそれだったのかどうかは読んだ人によって答えは分かれるんだろうな。
短編で繋げてあるので区切りが付けやすくて自分に合ってた。
前に読んだ出口のない海は面白かったものの、ちょっと肌に合わなかったんで。

16 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 19:10:51 ID:xbWBiIOf
>>15
「出口のない海」は長編で嫌われるのと政治的に左翼に嫌われるのと両方アンチ要素が有るからなw
後半どんどん面白くなるから途中でやめたのならもったいないと思うぞ

17 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 19:36:28 ID:CMiuUD+k
>>16
おれ共産党員で明らかに左翼だけど面白かったよ。
あれは政治的にはむしろ右翼の一部が嫌うと思うが

18 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 19:41:21 ID:oINVcjo8
>>16
「出口のない海」はちゃんと最後まで読みましたよ。
あと普段スティーブン・キングのを読んだりもしているので長編でもへっちゃらです。
私は文庫落ちした作品しか読んでませんが「陰踏み」を除いた他では「クライマーズ・ハイ」と「顔-FACE-」
「陰の季節」辺りがお気に入り。
積んである「半落ち」を読み終われば多分文庫落ちコンプリート。


19 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 23:23:20 ID:puITzhJh
やくざの事務所でのくだりが、ありきたりで
安っぽく感じた。
それ以外は、楽しく読めた。

20 :名無しのオプ:2007/02/17(土) 23:46:09 ID:aj6Txawd
クライマーズ・ハイのドラマをようやく今更ながら見たんだけど
現在れんたろうだけ猛烈に演技の素人ぽいのはなんで?

21 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 00:25:58 ID:dL9BOI8G
知らん

22 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 04:21:34 ID:bRmkeAge
高橋一生の仕様です

23 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 11:02:55 ID:gV1WLBGK
>>19
あるある

主人公がヤクザ相手に堂々とする

下っ端が「ふざけんな!」

親分がそれを制して「気に入ったで兄ちゃん」

というお芝居的ノリだもんな

24 :名無しのオプ:2007/02/18(日) 17:05:50 ID:PmZ8Vq8H
いまさらだけど
「半落ち」読みました。

主人公の気持ちはよく判る。

合理的でなくても
「信念」を貫きたいと思うことがある。
おれも。

25 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 20:29:25 ID:1w2yMlBY
3年経ったので
「深追い」実業の日本社ジョイノベルズ読んだ
横山10冊目

コンヤ ハ カレーデスでいきなり引き込まれてしまった
表題作と後2,3本いいのがあった
しかし、この人の書く世界ってみみっちいよなぁ
ちっぽけでみみっちくてだからリアリティがすごい
短編とか短編連作ってのがこの人の良さが一番出るみたいだな
後、どうでもいいけどまた「脳がグラリと揺れた」が出てきたw




26 :名無しのオプ:2007/02/19(月) 23:32:12 ID:2qMlWtKe
「深追い」は又聞きと人ごとがよかった。
訳ありみたいな笑えてほのぼのするのもいい。

27 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 00:28:48 ID:vJOlWAvs
又聞きだったかな
最後あたりの文が鳥肌たった

想いを乗せたメールは、この青い空を走っているか
ってやつ

あの一文であれは俺の中で、横山短編作で「逆転の夏」の次に好きになった

28 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 08:01:30 ID:1+hADlQK
短編集は文庫化しても、どれ買ったのか読んだのかよくわからん。

29 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 10:06:20 ID:I9k9P1lL
>>17
共産党員は書き込むな。目が腐る。

30 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 18:32:56 ID:DwLursdu
こういうのがいるから右寄りの人が(ry

31 :名無しのオプ:2007/02/20(火) 19:24:41 ID:crhZTcUo
真相読んだ。面白かった。不眠以外は。他人の家は逆転の夏とかぶる。
出口のない海、なかなか読み進められない…けど中盤からだんだん
面白くなってきたかも??頑張って読むぞ!

32 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 19:12:57 ID:pbVgVC7V
>>29みたいな不快なレスがつくため、共産党員は以後書込みを行わないこと。

横山秀夫の陰の季節のドラマのレープシインが良かった。
でも小説はそれほどでもねえな。

33 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 23:21:43 ID:p1AbEIFS
この人の作品全ておもしろいです。
引き込まれます。
クライマーズハイは衝撃的でもありました。
この人の作品にめぐり合えてホントよかった(・∀・)

34 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 23:22:37 ID:Q9ewce83
ん、あんまりエログロは期待出来んな。
馳あたりと合作すると、無敵に思えるんだが。

35 :名無しのオプ:2007/02/21(水) 23:55:25 ID:P6+Rlvk7
馳は手段が目的化してる感じが否めないというか
どうも初期作以外は適当に乱暴やってるだけのイメージが拭えない

36 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 01:59:19 ID:l/fMxGug
俺は共産党シンパだが横山も好きだ

37 :名無しのオプ:2007/02/22(木) 23:27:01 ID:j0F1rEZ0
さっき日テレで志布志事件の特集をやっていたが「沈黙のアリバイ」(『第三の時効』所収)の島津を思い出した
あそこに書いてあった捜査二課の取り調べ法を村民相手に使ってもなぁ……

今年中にF県警シリーズの続編製本化キボン

38 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 00:00:14 ID:rqER3DzP
>>37
文庫落ちのときに加筆されるからそれまで待った方がよくないか?

39 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 18:49:27 ID:OQLvHIVJ
>>36
お前が恥ずかしいおこないに気付く時には人生手遅れになってるぞw

40 :名無しのオプ:2007/02/23(金) 23:24:10 ID:gpZ9OjP7
>>17>>36
お前ら中国か北鮮逝け。ウザいスレ荒らしが。

41 :名無しのオプ:2007/02/24(土) 07:54:47 ID:uvb7N66Z
狂産荒らしはスルーでよろ

42 :名無しのオプ:2007/02/27(火) 01:15:13 ID:fMZQADGu
クライマーズ・ハイ読みました。正直ちょっと微妙かも・・・
何か色々詰め込みすぎてて、そういうのあんまり好きじゃないので。

それは置いといて、この人は何で新聞社やめたの?
単に小説書ける環境ができたから?新聞社が嫌になったとかそういうは訳ではないんですかね?

43 :名無しのオプ:2007/02/27(火) 09:42:06 ID:hduQeaai
>>42
女性問題

44 :名無しのオプ:2007/02/28(水) 01:37:40 ID:7EPSp7bx
半落ち読んだ
奥歯ギリギリしながら読んで、最後に泣かされて少し救われた思いだ
あれでも他の人間のその後は?( ゚д゚)

45 :名無しのオプ:2007/02/28(水) 18:28:23 ID:FurMJ+yh
半落ちと陰の季節はなかなか良かった

本には横山の生サイン…

46 :名無しのオプ:2007/02/28(水) 19:11:59 ID:xscfhVmm
>>43
マジで?ソースキボンヌ

47 :名無しのオプ:2007/02/28(水) 19:27:43 ID:Y+XM8Dcd
>>44
アイツの生き様に触れて、皆それなりに何らかの決意なり覚悟なりしてるんじゃね
最後の刑務官なんかは特にさ

48 :名無しのオプ:2007/03/05(月) 18:42:28 ID:+mUQNkrQ
震度0
俺の心も
震度ゼロ

49 :名無しのオプ:2007/03/09(金) 18:08:11 ID:tBa97O15
テスト

50 :名無しのオプ:2007/03/10(土) 16:20:48 ID:rGOa/O85
>>46
普通にガセだろ

51 :名無しのオプ:2007/03/17(土) 04:35:39 ID:hWP7IsS+
>>37
選挙違反なんて、ずばり「二課の調べ」の対象だと思うんだが
汚職、詐欺、選挙違反、経済犯が二課の担当でしょ
犯意が大きく絡んでくるので供述頼みになりがち
(事実関係があっても犯意がないと犯罪が成立しない)
なので、必然的に調べが強引になる
で、限界を超えてしまったのが鹿児島の事件

>>42
「組織の縛りから逃れたかった」
という趣旨のことを、どこかで読んだ記憶がある
クライマーズハイや短編で出てくる新聞社の重苦しさは、
横山氏の気持ちを反映してるんだろう。愛憎入り交じった感じ。
会社やめて長期間稼げなかったらしいから、
小説で食えたからってわけでもないような。

52 :名無しのオプ:2007/03/22(木) 03:29:40 ID:i1Wuljfy
看守眼は文庫落ちしたっけ?
あれは結構好きなんだよな。

53 :名無しのオプ:2007/03/23(金) 19:14:47 ID:9rPwDPDw
ついこの前まで刑務所では誰が何の罪でどんなやつかは管理を補佐する役目の受刑者に
は丸分かりだったらしいね。(名簿に書いてあった)
つまり半落ちの主人公は死ぬよりもつらい目にあって、刑務所から出てくる時には人格
が豹変していただろう。
広田雅晴みたいに逆恨みでポリ公殺しちゃうかもw

54 :名無しのオプ:2007/03/25(日) 14:04:34 ID:aD0PuglZ
修兄ぃと久子はその後結婚出来たのかな?

55 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 22:10:22 ID:1Grb8cAi
【ゴールデンレス】
  ∩ ・∀・)∩∩ ´∀`)∩  このレスを見た人はコピペでもいいので
   〉     _ノ 〉     _ノ10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
  ノ ノ  ノ  ノ ノ  ノそうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
  し´(_)   し´(_) 出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です



56 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 22:30:31 ID:kIe0Tu6U
「深追い」の「人ごと」が好き。
警察官ではなくて一般職員なのが良いし、読後感も爽やか。

57 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 22:52:29 ID:rZIW6rEG
>>52
「看守眼」は今年中に文庫化じゃなかったかな。

そういえば、先日図書館で横山さんの本を探してたんだけど
俺以外に女性が横山さんの本を探していたんですけど、美人だった。
なんか、少し引いたなぁ。女の人が読んでるイメージないんだよな。

58 :名無しのオプ:2007/03/26(月) 23:49:28 ID:1Grb8cAi
ご主人様から「横山秀夫の本借りて来い」って命令されたメス豚と考えればおk。

59 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 00:25:34 ID:sRtrxFZA
このミスだと七月に「看守眼」(実業之日本社)らしいから文庫じゃなくノベルスだろ

60 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 00:53:11 ID:2OT9a6IA
>>57 俺の母さんがはまってる。あと母さんの友達も。

「顔」と「陰の季節」読んだ。
「顔」は面白いのもあるが、全体的には微妙。多分主人公が女っていうのがダメなんだと思う。
「陰の季節」は普通に面白かったが、「地の声」がそれ以上に面白かった

61 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 13:01:27 ID:mgY+C4GL
>>60
元公安刑事が良い味出してるよね。楠見班長もそうだけど、横山秀夫の書く
公安刑事は神出鬼没の悪魔のようで格好良い。

62 :名無しのオプ:2007/03/27(火) 13:48:32 ID:xW3QqCXa
公安刑事ってかっこいいもんね。正義の味方って感じ

63 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 14:32:08 ID:ZuIImADL
『動機』を今更ながら読んだ。『逆転の夏』で泣いた

64 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 23:02:33 ID:2w2n4Bda
安い感動の押し売り。
>>53みたいな取材不足が露呈すると化けの川がはがれる作家だな。

65 :名無しのオプ:2007/03/29(木) 23:39:15 ID:SmmVZGgH
半落ちの主人公は〜
とか小説の主人公をあたかも実在したら、みたいに語る奴キモ過ぎ

66 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 00:00:27 ID:LXNE7DQo
>>65
同意

67 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 04:24:13 ID:FASOxJ4D
この人なんで急に新刊出さなくなったんだ

68 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 04:57:06 ID:LXNE7DQo
印税ぼこぼこ入ってくるからだろ

69 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 06:09:18 ID:IYyJ2tzC
日本の流行作家は書きすぎだよな
実働10年で廃人になってる
売れっ子ばっか追いかけて旬が過ぎればポイってのはどうかと思うよ


70 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 18:20:38 ID:H4bnWz17
体調を悪くして出せなかったのでは?
今年は2作以上出るようなので、楽しみにしているのだが。

71 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 20:04:27 ID:2m6X1uxL
献血の話はデタラメ、ラストの刑務官の決意は嘘。
実はトンデモファンタジー小説な「半落ち」。
しかし新聞記者だったくせに調べものすらできないとはね。
さすが有名な日本の事件記者だ。

72 :名無しのオプ:2007/03/30(金) 22:06:15 ID:pRsXLYb9
なんかしつこく粘着してるヤツがいるなw

73 :名無しのオプ:2007/03/31(土) 10:52:23 ID:t6aYGuoC
献血www

74 :名無しのオプ:2007/04/01(日) 15:43:00 ID:Voyvn0tK
>71
半落ちに献血の事、書いてあったっけ?

75 :名無しのオプ:2007/04/01(日) 16:31:58 ID:iE60xXIl
>>74
まあまあ・・・w

76 :名無しのオプ:2007/04/01(日) 18:41:46 ID:IwFLUI+M
日本の事件記者とはサツ回りと呼ばれ、取材はまったくせずに警察から垂
れ流される情報をそのまま記事にするしか能がないことで知られている。
真実は薮の中。事の是非は問わずにとにかく警察ヨイショ。
そんな提灯記者たちへの出版会界の評価は当然低い。
そのうちの一人が横山秀夫であった。

77 :名無しのオプ:2007/04/01(日) 18:46:27 ID:IwFLUI+M
北方謙三は本業ではない批評を行う際にしても取材を怠らなかったのに較
べ、妄想でお涙ちょうだいの三文小説を書き散らす横山のいい加減ぶりに
は呆れる。
人々の活字離れが叫ばれて久しいが、このようなでたらめな男がベストセ
ラー作家になれるような現状においては無理からぬ話である。

78 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 01:34:27 ID:c/YiQHZN
粘着乙

79 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 10:18:24 ID:el4HzprH
まあとりあえず警察ヨイショとは程遠い横山作品をよろしく
4月8日は投票日です

80 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 12:22:03 ID:36ekjSr8
「深追い」来月文庫化ですね。

81 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 13:09:11 ID:SyhrOL0R
新潮社から出るのね

>>59
見てないけど新潮社の「看守眼」が実業之日本社から
新書で出るって変じゃない?

82 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 15:38:02 ID:KEwb6aYJ
別に変じゃない。

新潮社は新書を持っていないし、実業之日本社は文庫を持っていない。
単行本→新書→文庫と判型を変える過程で誰も損をしないからな。

83 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 15:52:39 ID:SyhrOL0R
損はしないかもしれないけど、新潮社にとっては新書なんて挟まないで
自社ですぐ文庫化した方が良くない?

84 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 15:57:37 ID:KEwb6aYJ
新書を挟んだからといって文庫の売り上げが落ちることもないよ。

第一、作者が一冊分の印税を得するだろ。「うちがすぐに文庫に
したいから他所で新書を出すな」と言い張るよりも作家に有利な
やり方を認めておいた方が、結局は新潮社も得になるんだよ。

85 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 16:12:33 ID:SyhrOL0R
そうだね。ただ、発売を先延ばしにする分、文庫の売り上げは多少なりとも落ちると思うけど。
「看守眼」の新書が実業で出るのが事実なら
実業の「深追い」の文庫を新潮で出す件と合わせてそういう取引があったんだろう。

86 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 16:21:38 ID:KEwb6aYJ
つか、「深追い」が新潮文庫に入るなら、作家とのパワーバランスとか
考えるまでもなく、新潮社にとっては美味い話じゃないか。いちばん
長く売れる文庫がどっちも自分のところに来るんだから。

「深追い」
ハードカバー(実日)→ノベルス(実日)→文庫(新潮)

「看守眼」
ハードカバー(新潮)→ノベルス(実日)→文庫(新潮)

87 :名無しのオプ:2007/04/02(月) 22:34:55 ID:f+ubwxGt
あと「看守眼」と「ルパンの消息」でこの人の作品を一通り読みおわるんだが、
次に手を出す作家としてお薦めなんかありますか?

88 :名無しのオプ:2007/04/03(火) 05:55:46 ID:IZz3RIEC
>>87
そうだねえ、最近の佐々木譲とか。
「制服捜査」、「うたう警官」、「警察庁から来た男」・・・。

89 :87:2007/04/03(火) 12:28:21 ID:ohvC7+Kn
おお、ありがとう。警察ものがいいなあ、と思ってたとこなんで、探してみるよ。
実は龍一京という人のを読んでしまったのは秘密だ。

90 :名無しのオプ:2007/04/03(火) 16:41:11 ID:eYYdyNeE
警察ものなら
今野敏「隠蔽捜査」もいいよ

91 :名無しのオプ:2007/04/06(金) 14:37:35 ID:Btrzjzh9
それ、もしかしてこないだテレビドラマでやってたやつ?
陣内&柳葉主演の。

92 :名無しのオプ:2007/04/07(土) 00:50:08 ID:tjnRJ8Mq
あの主演二人のせいで原作の雰囲気ぶち壊し。



93 :名無しのオプ:2007/04/08(日) 20:49:23 ID:jwkSej5I
『影踏み』読んだ。
啓二の「声」、あれは改めて論議する必要もなく修一自身の心の声ということでしょう。
ラストの告解にしても、修一が認めたくなかっただけでとっくに気づいていたこと。

それより気になったのは、馬渕に対して「ウタう」と約した見返りに情報を得たこと。
修一のことだから、自己に課したモラルとしてあの約束は守るのだろうなあ。
そして、懲役をくらう、と・・・・

『逆転の夏』もそうだったけど、こういうところの冷徹さも横山秀夫の持ち味のひとつだね。
『使徒』などでは、『酔いどれ探偵街を行く』や稲見一良の「猟犬探偵」ものを彷彿とさせる
ハートウォーミングな側面も覗かせるけど、
基本的にはハードボイルドでビターな作風が彼の本領とするところだと思う。


94 :名無しのオプ:2007/04/09(月) 10:00:44 ID:tNx9LN08
>>93
でも主人公が知りようのない情報を霊から得ていたような・・・

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)