2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

虚無のひかり

1 :(kau-a):2005/03/27(日) 16:03:35 ID:1KeQ6av9
引篭もりスレッド

2 :(kau-a):2005/03/27(日) 16:07:27 ID:1KeQ6av9
虚無のひかり

暗転の夜
我虚空を見詰め
煙を吐く
衝動軽やかに突き抜けて
一陣の風となり
夜の狐となり
朝を消す修羅となる
我指を震わせて
髪を劈き衝動を押す
星は無く
君は無く
時は泣く
少し手を傾けて鼻を啜り

目を閉じる

3 :(kau-a):2005/03/27(日) 16:47:50 ID:1KeQ6av9
弓月を集めて白き夜を想う
夢現なる晴れの間に間に
奏でる葉の音を耳に寄せ
友に会いては恋をわずらう

4 :名前はいらない:2005/03/27(日) 16:58:51 ID:gjKXQb9x
詩夏人

5 :確か…1って:2005/03/27(日) 18:15:55 ID:sKVGb2mm
懐かしいコテだよね
間違えてたら すまそ

6 :名前はいらない:2005/03/27(日) 19:32:17 ID:W9T46Cwd
ひきこもりのくせに幸せに死にたい。

7 :名前はいらない:2005/03/27(日) 19:51:30 ID:W9T46Cwd
お金が欲しい。馬鹿にされたくないから。
比較的多くのお金がいい。でも学歴も能力も職歴もない僕が
稼げるお金は何も持たない男が馬鹿にされない程度のものではないだろうから。
平均以下の人生 ホームレスではなく、障害ももたない一般的美観からは醜いとされる健康的体を引きずって生きている。
お金がないと愛されない。ゼロではない 生きていれば食べもするし排泄もする、人と関わっていたいし発情もする。贔屓目に見てもハエがたかるゴミダメのような生命活動だ。
皆様の精神衛生的によろしくなく、処分されるべきだ。沢山の命が産まれる、試行錯誤 失敗作だってあるものだ。だけど当事者はたまらない。
色とりどりの世界だ  愛知万博では世界一の万華鏡が見られるらしい。名古屋はホームレスが結構多い 多分おれも5年後くらいにはホームレスになるか
自殺している でも俺の予想は当たったためしがない 
小さい頃、台風が来るとわくわくした 公園に埋められていた木が倒れたりしてその上に乗ってはしゃいだりした。
古臭い店の看板にはやりそうもない下手糞なかわいさを狙ったキャラクターが擦り切れて、笑顔を保ったままでいるのを
みて胸が潰れたりもした。全て変わった 僕は当事者になった。




8 :名前はいらない:2005/03/27(日) 20:10:10 ID:W9T46Cwd
これだけ愛してくれている母が年老いていく 今年で58だ
小さいころの思い出を与えてくれた ウルトラマンのお面を買ってくれたりした
一階にある居間で眠ってしまった俺を起こさないように二階の寝室まで運んでくれたりした
それでも、いまの俺には感謝の気持ちなんて一片もない 憎い 憎みたくないのに
憎くて 憎いことがやめられない自分も憎い 母は報われるべきだ。非常に悲しい。
けどもうどうしようもない。状況は複雑に絡み合っていて過去を修復することも修正することもできないみたいだから。
僕だって試行錯誤している。もちろんこれはいいわけだ。いいわけだけどほかにすることがない。どうしたらいいのか教えて欲しい。後押しされないとなにもできないから。
情けないといわれる。あたりまえだ。他人は情けないという。俺はそのとおりだと、こうべを垂れる。他人と俺の関係の全て。

こんな俺がどうしたら一般的な人間になれるのだろうか。恋愛を語る人間というのは生きるのに必死さがないように思える、余裕があるように見える。妬ましい。経験したことがないからわからないけど。
そのくせ俺も恋愛したい。

9 :名前はいらない:2005/03/27(日) 20:24:19 ID:W9T46Cwd
小学校低学年を過ぎてから友達が一人もいない
日本にそんなやつはどれだけいるのだろう。俺だけではないとおもう
だけど割合がしりたい。平均的人間になりたいから。



10 :名前はいらない:2005/03/27(日) 20:38:00 ID:W9T46Cwd
小学生のころ父は俺に対してお前が死んでも悲しむ奴なんていないといって罵倒した
小学生のころの親しかった友人の一人は中学生になってからいじめられ始めていた俺に対してお前をいじめてやるとわざわざ宣言してくれた
人間の気持ちが変わりやすいのか、それともただ俺が真意を読めていなかったのか。どちらにしても信用するのは危険だとおもう。他人には何も委ねてはいけない。でも一人では生きていけない。それでも一人で生きていくすべを身に着けなくては。
他人に好意をもたれるような人間ではないから それはこれからもかわらないから 終わるまで。過去と現在が教えてくれる。
そんな中での母の愛情は、流行らないよごれたマスコット人形のように物悲しくて どうしたって報われないようにおもえる。
どうして嘘でもいいから幸せだといえないのだろう。そう振舞えないのだろう。試みているのに強いているのに。人間には色々なこまごまとした限界が存在している。
きっと計算できる類のことだ 平均化して。


11 :名前はいらない:2005/03/27(日) 20:48:40 ID:W9T46Cwd
醜くない女だったら体を売るのに
今やっていることとそれほど変わらない。ある部分では。
売春を軽蔑しているけど自尊心はもういらない。何の根拠もないから。今だって同じだ。
体を売りたい。下着を売ってもいい。

12 :名前はいらない:2005/03/27(日) 21:35:02 ID:W9T46Cwd
性欲は容姿の美しさに対してもよおすものだと思う。
だったら性器を切り取ったらどうなるのか。性欲はなくなる
だけど美しいものを愛する気持ちはかわらないと思う。
相変わらず醜いものを憎み虐げるだろうと思う。
性欲と美観は混ざり合ってどちらがどちらかわからなくなっている
美観と正義も同じだと思った。性欲 正義 美観 談合社会だ。弾劾するものはいない。

13 :名前はいらない:2005/03/27(日) 21:41:14 ID:W9T46Cwd
愛の名の下に沢山の生命が選別された。適者生存。弱者選別。

愛には誰も逆らえない。反論の余地はない。世界に愛を。

沢山の笑顔。悲鳴が聴こえた。涙する。大げさな手振り身振り。雨がやむ。
空は青くすがすがしい 。幕が引く 。 何も残らない。沢山の笑顔。


14 :名前はいらない:2005/03/27(日) 21:51:28 ID:W9T46Cwd
言葉が不自由だから言葉が嫌い。コミュニケーションの機会も少ないし。脳味噌と他人と取り替えたい。

15 :(kau-a):2005/03/29(火) 02:18:45 ID:dSgRcgI+
彼 彼女がどうかしあわせになりますように

鐘の音を待って家でソファーをむしる彼女
蜘蛛の糸を張り巡らせた箱を抱えて笑う彼
銀色の絨毯で体を巻きつけながら怯える彼女
狭間に作り出した波間の性器を悪戯に突っつく彼
時めきの味をしめ夜の間蝶を追い続ける彼女
偽りは快楽だと信じ今日も舌の上を泳ぐ彼
正邪とは有意義で破廉恥で幸福だと平伏す彼女
首を正直に絞めながらぼやきと煙に身を包む彼
瘴気を糧にしていながら自らがそれを厭う彼女
剣をひたすらに己の首に下ろしながらプールに浮かぶ彼

時の隙間に光は闇を消す
そうすれば彼 彼女はしあわせになれるだろうか
僕はどうかしあわせになりたい
彼 彼女がどうかしあわせになれますように

16 :(kau-a):2005/03/30(水) 03:09:38 ID:3s0gM317


血の女神は膵臓に蛇を巻き
尽きることの無い涙をもたらす
生と死の境界を明確に分け
ゆっくりと全身を炎に包む
淫蕩な活力が心細く夜道を照らし
せめて俺の右腕だけでも
その目に沁み込ませてくれないかと
見もしない神々に懇願する
その実を齧るのを畏れているのは
俺だけなのだろうか
忘却を不可能にする組織
そいつは俺に時が実存したのかと
改めて認識させたのだ

17 :名前はいらない:2005/03/31(木) 21:21:10 ID:Hmmlbh1q
age

18 :(kau-a):皇紀2665/04/01(金) 02:21:12 ID:jfzdC0w/
悲観

灯火が深く目を染める夜
君は鮮血の如く顔を紅にして
視界を犯された夢を見る
感覚は研ぎ澄まされ
明くる朝も夜更けは実に紅く
星は文句を言う間も無く消える
灯火は次第に短くなっていき
俺の焦燥は次第に青く青く
澄んだ空の底の如く青く
張り詰めた感情は瓦解したまま
予定調和の道を
右往左往するのだろう

19 :名前はいらない:皇紀2665/04/01(金) 21:04:57 ID:RRAKI7Ts
だれか一緒に地獄の底にまでいかないか
権利は獲得済みだ 僕を哀れめば君も地獄行き 
やがて君の筋肉は痩せ細り 皮膚は青ざめ 眼窩が落ち窪み 
取り返しのつかないほどの老いみたいに振り返る思い出は触れられない影になる 
そうなればきみは僕を憎むだろうか 老人がみずからの老いを憎むように僕を憎むのだろうか




    

20 :(kau-a):2005/04/02(土) 08:09:26 ID:1lZkEGZL
しゃがれた声が優しい
遠くに行ってしまう前に
少しだけ憂鬱を忘れ
白い時間に消されていってしまう前に
少しだけ憂鬱を忘れる
君は笑う
日々は単調に過ぎる
会話の波が記憶の皺を増やし
僕は波間に溺れてしまうのだろう
晴れ渡った空は
少しだけ憂鬱を誘うけど
心に刺さる棘は無く
僕は少しだけ俯きながら
しゃがれた声で明日を呟く

21 :(kau-a):2005/04/02(土) 13:12:54 ID:1lZkEGZL
宇宙を包み
全てを表し
飲み込み
殺し
流れ
砕き
創り
造り
支え
消し
霞め
生み
放ち
育て
そして殺す
全ての基礎であり応用であり結論である

俺はそれを不器用に操り
操られ
存在する

22 :(kau-a):2005/04/02(土) 15:09:44 ID:1lZkEGZL
五月雨肌を伝い風
一陣の風夜露を払う
地をのそのそと這う夢の
天の高さを僅かに感ず
虚無とは実(げ)に優しく強く
計り無きひかりを世に放つ
そう 零の空気を身に纏い
眼(まなこ)は虚空の彼方を射し光る
遠きことなく近しことなく
反芻する理念のおくゆかしこと
この上なし

23 :(kau-a):2005/04/04(月) 02:32:29 ID:SuCTIBMS
詩とは所詮自慰だ
誰かが見る必要はなく
誰の批評も必要はない
詩とは所詮言葉だ
己を現す為の言葉だ
誰かの要求の為の言葉では
有り得ない
詩とは所詮自慰だ
己の為の言葉で
己の為に己を存在させようする為の
排泄行為の一つなのだ



24 :(kau-a):2005/04/08(金) 02:38:49 ID:O7zplc8e
風が撫でる夜
俺は孤独を掻き鳴らして
草葉の道を闊歩する
遠く吠える夜道は
神話の中でくすんで光り
訝しげに見詰める歩道は
闇を闇で照らしている

そんなにもじっと見詰めないでくれ
ごめんと言わないでくれ
俺はまだここに居るではないか
俺はまだここに居るではないか
テーブルを椅子越しに離れていく体
ぼんやりと窓の外を見ながら
優しいとは言えない音色に
声を強張らせて椅子を引いた

風が撫でる夜
風は夜露を撫でる
風は青を撫でる
クスリともせずよろめいた様な仕草で
夜道は終わりに近付く

25 :whorekitten☆:2005/04/09(土) 16:38:30 ID:HgshM8jH

体の中でショートする
不吉なストレスひきずって
テネシアンだけが鳴る
瞼がはがれる
頭がきしむ

奪い合うしか できなかった
それでも
あの歌がほしい
あの声がほしい
不屈な音がほしい
染み渡ってあたしの血になれ
あたしの全精神になれ

笑ってるショートする
最後の二本脚引きずって
テネシアンだけを聴く
少しだけ世界が好きになる




26 :(kau-a):2005/04/10(日) 16:28:07 ID:CzGZBeku
正義の価値観など相対的で
いっその事己と環境の関係性なぞ
零になってしまえば
罪悪感だとか功徳だとか業などは
己の価値観によって全て順ずるし
だから街で食事を摂ろうが
金を集めようが草をむしろうが
己の中の規範が全て司る事になり
しかしその中で性善と性悪が同居するので
関係性が生まれ社会となり
人は人を見るし
己は己とその他を比較して
感情が発生し
また関係性をどうしても求めていってしまう
堂々巡りだ 俺も同じだ
関係性の破壊は己の破壊だ
何もかも白くて何もかも黒い訳にはいかないようだ
そんなものは
嘘だ


27 :whorekitten☆:2005/04/10(日) 18:03:29 ID:6ga1Bffj
スレ主さま>
誤爆してました…ごめんなさいorz

28 :(kau-a):2005/04/10(日) 18:03:36 ID:CzGZBeku
確かに其処を歩いた 
「ごめんなさい」 結論から言うなよ 
「・・引きずっている部分・・」 言い訳だ
「甘えてしま・・」 言い訳だ
「うん・・」 「しょうがないよね」
何だそれ
「・・んばって・・」
何だそれ
「まあ・・」
何だそれ
良く分からないけど良く分かったよ
「じゃあね」
「はい、じゃあ、お休み」
何だそれ 寝れるわけないだろう
あはは 惨めだな
「お休み」って俺が言ったのか
「お休み」って俺は言ったのだ
「お休み」って俺が言ったのか
「お休み」って俺が言っていた
「お休み」って俺は言ったのだ
「お休み」って俺が言ったのだ
良く分からないけど良く分かった
良く分かったよ 
ああ良く分かった
「お休み」だってさ
「お休み」だってよ
「お休み」って何だよそれ
何だよそれ 何だよそれ
良く分からないよ

29 :(kau-a):2005/04/10(日) 18:05:44 ID:CzGZBeku
>>27
別にスレ主なんて言葉は存在しないですよ。
お好きな時にお好きな所にお好きなように
書けば良いと思います。

30 :whorekitten☆:2005/04/10(日) 22:06:44 ID:6ga1Bffj
>>29
kau-aさんの詩の邪魔をしてしまった気がしたので…すみません。ありがとうございます。

31 :HHN:2005/04/14(木) 17:23:06 ID:K3vB0xel
信じない
喜ばない
落胆しない
私情を挟まない
居なくなることが
社会性のメソッド

義務を
意味を
責任を
知れ感じろ受けとめろ
存在する事が
社会性のメソッド

自分は只ある
俺は俺の事は知らない
弄ばれる《わたくし》に
かける情は持たない

32 :KAWORU:2005/04/15(金) 04:52:57 ID:D9+UtA3c
「虚無ーゼロー」

無へ帰化する
宇宙の深遠で糸が縺れる
僕の心音に似た生命のゆらぎ
虚無に近づく

0(ゼロ)に耳を澄ませる
0に近い距離で
0に近づく日まで

暗闇の中で
星が瞼の上におちた
宇宙へ近づく

0に耳を澄ませる
0に近い距離で
0に近づく日まで

何時かみた真空管の中の永遠に似たゼロ

星の鎖を
指にかけて
星の鎖を
指にかけて
強く
離さないように

虚無へと続くゼロの道標


33 :(kau-a):2005/04/17(日) 14:14:20 ID:SUHEc21x
夢つらつらと語る内に
恨みや辛みへと変遷する様に
己の発奮が先細ってゆく感覚を重ねて
照合をすると奇妙なほど
美しい反比例曲線を描いていて
僕はドロリと吐息を口の端から洩らしながら
今日も満員の吊革を手繰るのです

34 :(kau-a):2005/04/17(日) 21:51:13 ID:SUHEc21x
揺れる乳房に目は止まる
足跡を辿る夜は終わりだ
耳元で囁く破壊の音色
赤は進めだ青は進めだ
交差する直情は揺れる乳房を目撃して
一瞬意識は空ろに染まる
理性よ哀れな豚に眼鏡を
眼鏡を1セット渡してくれ
左手で受け取り右手で引っ掛けて
後は空いた手で髪を引っ張る
いつもの様に首を震わして
しぼんでいく感覚を覚えた

35 :(kau-a):2005/04/19(火) 02:43:56 ID:R67YvaeJ
守来たりて偲ぶ
思いの丈は背の返る
常葉(ときわ)の嫉みに歌は澄む
霞の時か轍の色か
月宵の里を遥かに臨みて

36 :名前はいらない:2005/04/19(火) 02:49:13 ID:rrrXE2mn
助けて!胸に手をあてると 糸がぴんと はりつめている音がする!

生きていたい!生きていたい!生きていたい!



37 :(kau-a):2005/04/21(木) 01:33:47 ID:0SGQISvr
予感は不透明に雨を降らす
忘れたはずの傘は手に収まり
小銭がポケットの中でがなる
時計の針の音だけが超然として
雑踏の狂気を明らかにする
俺は一人の狂気で幸福だ
そして不幸で明朗で阿呆だ
時として浸る深海の光り
目の奥で乱反射を繰り返し
夕焼けを忘れさせる
暫くぶりに見たその顔
こっちが恥ずかしくなるくらいだ

38 :(kau-a):2005/04/28(木) 03:43:18 ID:0mntKfFK
春に疎く
弱さを救う
杓子の端を持つ小さな手
爪の先には光るラメ色
本当にその小さい手で
ハサミを持っているのか不思議に思え
そして俺は奇妙な興奮の為
矢継ぎ早に言葉を溢し
涎はマンホールへと吸い込まれ
夜が一つ更けた
明くる日のその次の夜
そんな絶望が口を開けているとも知らずに
惰眠を貪る夢を見るのだ

39 :平賀元義歌集:2005/04/29(金) 02:32:30 ID:nxz1HOqU
ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/4394/

40 :(kau-a):2005/04/29(金) 03:07:02 ID:aIq0OTdq
時々は良い
二日にはやって来ない
たまに味わう
難攻不落
俺は落ちる
大きな大きな口に
怒りの煙はテーブルを彷徨い
焦った蝉は春の風に驚き
声を上げている
たまには たまにはね
右手を握る煙は震えを起こし
「逆に」という言い訳を繰り返して
夜が眠れなくなる
そして気力は時々襲ってくるのだ

41 :(kau-a):2005/05/02(月) 03:24:27 ID:8Qr05UHO
私は待っている
何を隠すか分からないが
ちょっとした一時ががなる歌声を
待っている
朝焼けに沈むうがいの音色
ふふん、と鼻歌を交える朝の音色
軋んだ朝のベッドに集う煙の音色
等身大のあなたを見ていない私の音色
歪んだ理想を押し付けてばかりでは
部屋の中は荒れるばかりで
作りかけのテープには押し付けがましい
音色のベスト版
けたたましく取り出して
捨ててしまえ
そんな大切ならば捨ててしまえば良い

42 :(kau-a):2005/05/04(水) 18:12:48 ID:ibSuE7m2
左側の日差しに喘ぐ
ビールを持つのは右手にしよう
ペニスを握るのは右手にしよう
傘を持つのは右手にしよう
髪を触るのは右手にしよう
芥子の香りがゆっくりと手をさすり
皺と皺の間の谷の深さ その白さ
酔いしれて頬擦りを繰り返し
「ほんたうにおれが見えるのか」
なんて意味の無い問いかけを修羅に刺す
右手の意味なんて問いに値しない
俺は右手を右足のように地面につけて道を知る
白い線の白さと実なる汚れを好きになる
左手を伸ばせばいけない時は
俺の悲しみが死に至る時だ

43 :名前はいらない:2005/05/04(水) 20:39:06 ID:KAm8yZeI
暗がりの中
手を伸ばして
それに気持を乗せてみる
乗せた気持は
いつもちがって
でもね いきどおりを隠せる事はないんだ
僕は行く道すらわからない
ただの愚か者だよ

44 :(kau-a):2005/05/05(木) 17:49:35 ID:k4DzJt5r
雷鳴の如く襲う吐き気
右手に持つ煙草は機関銃
憂鬱と倦怠を背負って
興味の無い文字を置く
機関銃 明日を撃ってよ
売り捌かれた魚は目で殺され
明日の市場の地面になる
機関銃 機能を返してよ
膿を出し尽くした傷口から
次から次へと沸いてくる文字の山脈
青い形をして羊の口へと注がれる
肩から手の甲にかけて開く姿は
まるで性器の形をしていて
俺は機関銃をポトリと草原へ溢した
雲は何処までも青く青く青く青く
東から西までを覆い
世界は雷鳴の如く吐き気を覚えるだろう

45 :名前はいらない:2005/05/05(木) 20:58:23 ID:eG/2MNxn
「君へ」
僕の手は君をなでる事はできなくて
君の心もなでる事はできない
ほら、ごらん
あそこにいるのは
なでる事すらできない人達だよ
どうしてだろうね
君の方がよっぽど 
あったたかったよ

46 :シンキ ◆vBGOMirAGE :2005/05/05(木) 23:08:45 ID:siQOVJZt
お前は明後日まで帰らない 吾が取り込めと言うのだな?
あそこに吾の衣類はない お前の服だけ濡れてしまえ!
ひと時の憤怒いつしか忘れ ついには吾の罪のみになりけり

47 :(kau-a):2005/05/06(金) 01:27:48 ID:+BO7RASL
あたい、家族
一つの記号と闘っているの
それは分離とかいう馬鹿で
いっつも綺麗事で片付けようとして
めちゃくちゃむかつくの
お腹の辺りが真っ赤になって
溶けちゃうんじゃないかってくらいだよ
夢とか希望とか意味わかんない
とりあえず今飯食ってんのはお前だろ
あたい、家族
つまんないくらいあったかいんだ
つまんないくらいつめたいんだ
つまんないくらいつまんないんだ

48 :(kau-a):2005/05/06(金) 23:21:10 ID:+BO7RASL
夜の山手線、その温度

丸い月を背に咽ぶ
閑散とした景色が頭に浮かぶ
午後の雨は人の足を早く運び
花の咲いた東京に光を生む
雨粒の色素は夜に溶け
俺のアスファルトを焦がす
ビルに欠ける雲も
煙に咲くネオンも
サンダルの音も革靴の音も
一つの夜を目指している

桜はもう散ったのかい
風を薙いで走る山手線の所為なのかい
君が落とす都会の涙は
桜の温度よりも冷たいのかい

俺は車窓から覗く俺の瞳に尋ねた
答えが返ってくる訳も無く
滲んだ雨粒のような窓の明りが
後ろへ流れて歪んでいくばかりだった

49 :whorekitten☆ ◆j1KkCeLwDc :2005/05/08(日) 00:17:22 ID:05A9oX9U

タンデムの猫
だれて眠る犬

ビルの屋上には風
たまにそんな夜を迎えてみる



50 :(kau-a):2005/05/10(火) 02:20:27 ID:tuZeUjs+
二つ

肩と肩は触れ合わない
小指と小指はたまに当たる
そんな絶望的な距離
俺の小指は鼻糞を毟った
鼻毛が風に舞って東北へ行った
夢の中の常磐道では蒲公英の様に
虹の果ての東照宮では朝顔の様に
南に向ける顔は無く
そんな距離よりも
ここは遠く触れることは無い
そして交差点の人の群れは
俺達の間を無神経に通り過ぎ
何時しか赤に変わった信号機を睨み
俺は笑いをアスファルトに落とした

51 :(kau-a):2005/05/10(火) 22:37:38 ID:tuZeUjs+
時麗かに春忘れ
桜の一葉に置きし字は
舞い降り舞い降り幽玄の
狭間を垣間見手は伸びん
地に触れし其の指の
仄かに燃ゆる桜色
眼(まなこ)を潰され心は何処(いずこ)


52 :(kau-a):2005/05/14(土) 10:46:33 ID:H9alSEET
明日は影なり
黄泉は君なり
時はぐれ年は暮れ
意味の意味を意味とし
忌む姿浮かべ意味とす
此花は夢の現よ
富は失せ時は増え
笛の鳴るが如く成る
此花は夢の続きよ
君の手は嫉みの現よ
先に行く足は此花を
踏み躙る

53 :(kau-a):2005/05/16(月) 04:48:35 ID:OfCxyWTM
手に持ったナイフか本で
人を振り向かせて
熱病を沸き起こさせる
沸騰した形の無いウイルスが
海や川を流れ広がり
熱病はいずれ世界を包む
電波だけが邪魔をする
電波を掻い潜り
狭いトンネルを泥塗れで
ウイルスは広がる
まるで精子のように
生き残るのは困難で
でも一つは残り熱病を起こし
何かを与え産み育み起こす
そんな言葉や武器を人は持つ
そして背の高さとともに
足枷となりそれは何時でも捨てられる
人生の5分の2を生きた今
何かに納得している訳ではない
武器を持て武器を自由に使え
俺の手よ
俺の手よ武器を邪に自由に使えば良い

54 :緋陽 碧谷 ◆e59FREEWX. :2005/05/16(月) 13:41:20 ID:0p7fM+bn
行き交う交差点の退屈を言い訳にして
今日も無力を嘆く
模索・打開・打破・挽回
「やることはいくらでもあるが
こう天気が悪くては」

部屋にこもり 画面だけが明るく映る
急かされるように涙を止めている日々に
熱に浮かされた理想がただ澱む

磨かれたシンクだけが現実を映す
ダムの底のこの部屋に風を吹き込もうとしている
まだ眼は生きているか
問い掛けが聞こえたら
今なら答えてもいいと思う

55 :(kau-a):2005/05/18(水) 03:07:20 ID:wGGtuJoi
靴音

長く伸びた止まれの道
街灯は赤く揺すれ
背後に遠く東京タワーの陽炎
暗い道 煙草の明り 煙
息づく音は窓の暗さを助長し
満月の夜の彩りを消す
煙草の匂い
夜半の感情
手持ち無沙汰の帰路
玄関までの距離は幾らも無い
自分だけの足音が
異様に耳につく

56 :名前はいらない:2005/05/18(水) 23:19:04 ID:vnrsu3NH
空を見る

確かな「生」をもぎ取る事すら出来ない牢獄から

空を見る



ただ白い腕が空を舞う

57 :(kau-a):2005/05/20(金) 02:42:17 ID:rnwAqW+y
人形の道は止まる事無くして
地を這いて血を吐きて
生を尽くし黄泉路を急ぐ
我 天より黒き腕を垂らし
闇雲に模造した人形に悔いる
神は知なり知は神なり
我が黒き手は何か為に移ろう
時折地を撫でて
厄をもたらすのみ

58 :名前はいらない:2005/05/20(金) 04:49:33 ID:QxKEit3w
井のなかの蛙
大海を知らず

しかし空を仰ぎて
世界の真実を知る

-解説-
胃のなかに居るおいしく食された焼きカエルは、もぅ何も知れない。けど住み心地よいとこ手に入れた…
ッてちがう?
つまり狭い分野をコツコツやってるひとの方が、実は真実に近づけちゃったりする訳!
カエル君に空の美しさを知ってもらえて感激ッ。

59 :(kau-a):2005/05/23(月) 02:19:16 ID:mtSLnoVj
氷雨の味を瞼で感じ
共に食する朝餉の時
煙と煙は化学反応を起こしつつ
貝殻を手に入れる戦いを始めた
矢じりを研ぎ澄まし
感覚は明日を見詰め
手にする汗と涙を捧げ
今日の神は別れを告げた
そして土地は枯れ
君達の声は皮肉と嫌悪を交え
喜びの名を博した夜を産む


60 :(kau-a):2005/05/25(水) 03:09:12 ID:ihhqEC8f
嗚呼 すずめの死骸程美しいものは無い
俺の慢心や虚飾や幼さを喰らい尽くしてくれ
そして鈴蘭の花は先程から宵の時雨に立眩み

ゆっくりとゆっくりと俺を貶める

そうだそうだそうだ俺は繰り返す もう何も戻らないし恥ずかしい
生きていることは出来るが 何としてその名を辱めれば良いのやら
井戸の中で俺は煙に塗れ下を向く 唾を吐き地面は盛り上り
上を向く面は持ち合わせていない

嗚呼 
天井にお前の顔が見える
悔しい 悔しい
俺の空白はお前の吐息 俺の空白はお前の苛立ち
俺の空白は俺の欺瞞 もう駄目だったのは目に見えている
口先と手先で汚した道を 振り返ろうともせずに
過ごした日々の光の空白は もう戻らないことは間違いない
手を伸ばせばそこに掴まる物は
空白
空白の調べ
旋律は階層を持って
お前の名前を記し
記憶の髄までに染み渡ってしまい
ここから先へと進むことが出来ない
負と正の財産

61 :(kau-a):2005/06/04(土) 08:12:13 ID:tadA45Xe
開眼の理は
前触れも無く言訳染みており
それは唐突に降りかかり
唐突に去って行く
彼方からの呼応に一々答えるでもなく
一々無視をするでもなく
飄々と踵を引き摺り歩み
片足を棒にて支えられるようになるまで
木枯しに吹かれつつ
微笑を湛え
理を築き明日を模索するのだ

62 :(kau-a):2005/06/07(火) 02:19:15 ID:T5vPzhQ8
東京テンション

六本木交差点を抜けて見据えた先に
久しぶりに東京タワーと星が目に映る
ピンクのアルバローザのロングコートの手が
俺の腕に絡みつつ解きつつ
履き潰したパトリックコックスから乾いた悲鳴
白と黒と紫の雲に赤茶けた雑踏
忽然としたビルの隙間で闇達はテンションを保ち
真っ直ぐ先のSシリーズを見詰める
遥か天まで上る階段を抜け轟音の枯れた音楽に
何となく煙と足をふらつかせながら
関わりを忘れつつある脳髄にアルコールを走らせた
俺は首を上に傾けたまま肩を揺らす
朝日はもう永久に見えない
蝶は夜に生まれ夜に死ぬ
月光の先に咲き誇る桜が
俺の襟元に降り注ぎながらフローリング(アルコールに塗れた)を目指す
光は流れ ふと落ちる闇の隙間を愛し
俺は振り向くことも出来ずに沈むクッションを探す
薄絹の向こうに艶かしい夜の舞踏 咆哮
明日を知らない命の塊を踏み付けつつ
もう一度六本木の交差点を抜けた
背中には紫の雲で隠れた東京タワーが林立する
アスファルトは優しくその影を包み
俺の靴音はさらに乾いた音を立てた


63 :無名:2005/06/07(火) 04:10:32 ID:3kL2JrZ4
長かった夢が干されて
俺は行き場を失って
そこに確かに見えた
おまえとのささやかで
平穏な暮らしが
ただの使い捨ての
濡れた樹皮に帰っていった
今じゃもう
俺は風邪をひきっぱなしで
回顧ばかりが大きくなって
感傷しか着る服が無い


64 :工業地帯:2005/06/07(火) 04:42:24 ID:KVwhJWeV
朝は人を魔物から解放する

65 :(kau-a):2005/06/08(水) 02:42:40 ID:6YxPy3r4
俺が東京の詩を書くのは
その隣の県に居て
卑屈を感じつつも憧憬は拒めず
そこで一つの感傷を得つつも
結局は使い古された駅を降りて
煙草の煙に包まれ歩いている
そのニコチンの所為にして
俺は家路を歩き
忘れ得ぬ記憶を右手で
退屈そうに撫でる
そこで俺はふと振り返り
東京の方角を確認する

66 :名前はいらない:2005/06/08(水) 03:09:43 ID:JKD0mnDx
本当に君は大丈夫なのかい
足をひきづってないか

心配している

67 :(kau-a):2005/06/10(金) 02:29:39 ID:AGiBI2qg
ひたひたと頬に沈む雨
顔の横で地面を激しく打ちつける
鼓動は地面の音に合わせ早鐘を打ち
そして次第にゆっくりと時を刻む
獰猛に叫びを上げ
体を中空に向けて背筋を揺るがす
― 揺るがした気がした
相変わらず背中と地面は寄り添ったまま
変わらぬ雨を瞳に受ける
そして視界は赤の面積を感じ
ゆっくりと闇へ溶けて行く

ああ やつとひとつになれたのだ

空を見下ろす
途端に君の笑顔が浮かぶ

68 :(kau-a):2005/06/12(日) 18:51:24 ID:u5vKTUDv
孤立
虚像で目を覚ました
私という虚像は明日を見る事無く
日々の皺の中に埋まり
様々の言訳を言質に取り
無駄な酒 無駄な煙 無駄な金に溺れる
光を見出す為の偶像は
結局は虚像だったことを知り
私という虚像は堕ちる
何処までも澱み無く深く
ちかちかとエーテルが夜の蛾の如く舞い
未来を目指す方位磁針はくるくると回る
何時か訪れたいと考えていた彼の地
多くの建造物の林でおまえはぐるぐると舞い
鄙びた声で何時もを振舞っているのだろう
そんな偶像 
全て虚像だったとは
孤立
無為に過ぎる日々
奮い立たされていたお前の虚像は
堕ちた
方位磁針 
何処に行けばまたお前の本当に会えるだろう
何処に居ればまたお前の本当に会えるだろう
振り返る日々は皺の中
ぎゅうっと拳を詰めて
目を閉じる 暗闇の中虚像を探す
もう何も見当たらない さてさて

69 :(kau-a):2005/06/16(木) 03:33:35 ID:QVU0U3s+
路地裏の蝉達が一斉に芽吹く
風鈴の幻聴が右の角へ誘う
電信柱が永久凍土の様に連なり
それぞれの街灯は明滅で夜を飾る
白と黒の夜道は風も無く
遠くにそびえる峰々も明るい
白い背に筋は凍り汗が音を奏でる
道すがら落ちているハルジオン
白い背に緑の筋 
蜂の羽音と正方形の窓から溢れる光
靴の先で音が躓いて
ふと後ろを振り返る
背中は見えないし
もう右の角は闇に沈んだ
ぽっかりと月は口を開けて
夜道の階段を詰まらなくしていた

70 :(kau-a):2005/07/05(火) 02:34:38 ID:XLzTeysb
いつぞやの春を夢見して
時雨の雫を口に含む
其の味 艶の不如帰(ほととぎす)
仄かに滲んだ苦味と病
日の濁流は肌を刺す
空風の厚さ この厚さ
壇上に忍んだ影を転がす

71 :(kau-a):2005/08/25(木) 12:39:56 ID:80qylC4f
僕は君に対して放てる言葉が
好きだとか愛しているとか
それが最上級だとするならば
その言葉を溢さざるを得ない
僕がこんなにも言葉を手繰る事が不得手で
不器用で軽いものだとは知らなかった
君は何時でも君のままでいるべきだ
僕は言葉しか持たなかった
だから両手に最大級の花束を持って
君に背中を見せて歩いていく
そのままの距離を置く事が
君にとって一番良い事ならば
その選択をする事が一番良い事だ
僕は純然たる自慰をする
その賛辞も告白も何もかもだ
君は君のままでいれば良い
何時でも僕は背中を空けておく
ゆっくりと歩いて生きながら

最大級の言葉をそっと道の端に置いていくよ

72 :Mana魔名:2005/09/06(火) 21:50:19 ID:ik8468po
ふと虚を突かれて、失意の夜に空を見る
何も無い、何も映さない光景に救われた
灯りの届かない場所で、僕は何度も呼んだ
声はひどく掠れて、言葉はぬめりを帯びて
いつかは帰るだろう朝に約束を交わした
明かりに照らされた場所へ、僕は歩き出そう

73 :(kau-a):2005/09/17(土) 19:27:47 ID:2plUMDQl
背骨

髪がゆっくりと舞う
己の掃き溜めを寛ぎの場として
道の先の陽炎を見れば
右手の空き缶からビールがこぼれ
時折覗く帽子の影からの斜光
チカチカと乱反射を繰り返して
週末の午後の公園を染める
砂と砂の間の空気を吸える
地面が近付いてくる
こんな馬鹿なことが広く深く
目を深く閉じると皺の砂漠の表情
右手で持つガラスが震えて
夜が異様に長く感じた
ポツリとこぼす手紙

俺ってアホやな
無理して無理なことばかり言って

風化しそうな光景
朝日が眩しかったろう
海は冷たかったろう
帰り道足は竦んだだろう
片目を瞑り拳を握る
それは所謂自責という怒りだったのだろう

74 :名前はいらない:2005/09/18(日) 22:20:19 ID:TwrbrY1Z


75 :(kau-a):2005/09/19(月) 18:49:58 ID:GoGA9QmJ


うたた寝が過ぎた
夜と朝の狭間の時間
俺は鋼鉄のエーテルを辿るべく
小さな甲虫の背中を押した
耳が腐りそうな感覚を耐えて
キリキリ波長を10回聞いた
俺は心惜しげに最後の甲虫の背中を押した

到来する冬の味
空虚な風は街を席巻して
息巻いた季節の記憶を殺す
いずれ聞こえてくるだろう
その鐘の音色を
イルミネーションを風景に例えて
溜息混じりの煙草を吐き出す
握り潰す煙草の空き箱はポケットの中
感情を捨てるかのように
ゴミ箱を表参道の通りで探す

ゆっくりと人の影はマンホールに消え
人より天国に近い空の下で
目を閉じながら中空を探すだろう

76 :名前はいらない:2005/09/20(火) 12:41:25 ID:KAGMLAGz









77 :(kau-a):2005/09/26(月) 03:19:05 ID:Sv6eTPtP
節々の嘘

薄暮の折
夢見がちの午後を思い
タイルの隙間に舟を漕ぐ
波に埋まる脳髄の群れ
波間に目を背けて
ふと視線を水平線かと思っていた塔の上にやる
まるで襲い掛かる立ち眩みのイメージのように
身体と意識は乖離を繰り返し
薄暮の斜光を乱反射させた
2歩後ろ程の距離から己の頭頂部
というかその中身までが
そこに歩いていて
意識同士も乖離をしようとせがむ
俺はもうこのタイルで漕ぐことは限界なのかも知れない
そんな言訳を思い付いて
ひたすらに両手で抵抗をする水をかく
果して前に進んでいるのやら
無為に周回をしているのやら
但し時間だけは無限大ではない
ということだ

78 :(kau-a):2005/09/29(木) 03:15:54 ID:Zyxfy4RB
光の筋道

灯火に等しい価値観で
夜の煽りを真に受けて唸る
失念と自責は諦観を産卵し
弧を描いた凋落の破線は
朗読されたソウルミュージックを象る
淵に沿って切り取り
壁の染みに近付いて喋る
大人の指先に異なる質量
灯火が灯台で何時の夢が見れるか
三線は幽玄と死と生と現を分かち
光源の遥か奥の闇まで
睥睨できるような隙間を作る
空気中の波間を泳いでいる
くゆらせた自己を時々忘れ
地に足がつかないようにしているのだろう

79 :(kau-a):2005/10/16(日) 13:34:46 ID:Aq+avh80
突然 というのにふさわしく
午後のゆったりとした歩行の途中に
風が俺の右側から横切った

その時に揺すられた木々の隙間から
落ちた八手の紅葉が本の隙間に潜り込む
彼女はその紅葉を取れないでいる
そのままで夜を迎え
再び歩行を繰り返す
月が雲の稜線を鮮明にして
のぞく微かの青白の光に
少し首を恥ずかしそうに傾けて
後悔を思い出した
きっと彼女は紅葉を捨てただろう
何の気もなく
捨てていることだろう

80 :(kau-a):2005/10/18(火) 02:56:53 ID:74Rx0WpX
一度も聞いたことの無い言葉
泥付きの一戸建てにワイフと犬
惚れ易い容姿の飛ぶ形が
猥雑な蝋人形にそっくりで
何時からだったろうか
こんなにも心がさざめき轟きざわめき立ったのは
ポートレイトが午後の灰色はがねを焦がす
そんなフレィズが都会の稜線を煌めかせて眩しい
隣にいるのは悪魔だろうか
それとも俺だろうか
聞いたことの無い言葉で耳元に落とす詩
滝のように命は紡がれて
こそばゆい朝日の為に人は死んでいく

81 :名前はいらない:2005/11/30(水) 11:52:56 ID:rVN0C2wt
age

82 :(kau-a):2005/12/02(金) 15:19:16 ID:7eyk1iJS
揺れる音に重なる心情
鼓動の鳴り響く街に
靴を大きな音で落して
雁が空を翔るかのように
右手を目一杯振り回す
さあ今日という日に別れを告げ
偽りの無い夜明けという事象を認識しよう
切々と心を動かすのは人の業
無機質なこの大地はあるがままの世界を受忍し
感情なんぞまるで空(そら)だ
丸っきり空(そら)だ


83 :名前はいらない:2005/12/02(金) 21:37:44 ID:wUM0GMUF
あげ

84 : ◆zABAZSBt06 :2005/12/04(日) 11:18:09 ID:ZdmjjE+C
【虚無の光】
光源の無い
闇の中に在る光は
幻だろうか
触れようとしても
手を突き抜け
痛みだけを残す
突き抜けた光は
僕の周りを飛んだ
そして
二分して天と地に走った

分かれた光は
もう戻ることはない
暗闇の中に
虚無の光はもう無い

暗闇に
己が溶けるのを感じた

85 :(kau-a):2005/12/12(月) 02:50:24 ID:XCHnwnwC
嗚呼ひかりとは
こんなにも冷たく明るく
俺達を粉々にする

灰色の瓦礫の朝から足はこぼれ
霜を踏むその仕草も凍り付いた
革の匂い草の間左手にひり付く痛み
手袋はどこにしまつたのか
きつと朝焼けの引き戸にひつかけたまんまだ
遠くに霞んだぼやけた丹沢山系に目を細めて
木々の隙間を緩やかにはしる
ごうと鳴る車輪は耳を裂き
俺は階段を下りて日常に降り立つ
そうしてまた不満を溢しながら
車輪を回しながら人を見上げながら
灯火のためにひとりの夜を越えるだろう
商店の落した香りに足を止めつつも
ひとり革靴を溢す

真っ暗な部屋 手を伸ばす前に
いつでも思う

嗚呼ひかりとは
こんなにも冷たく明るく
俺達を粉々にする


86 :(kau-a):2005/12/14(水) 02:15:30 ID:XoWRF5RA

息吹の音は雀達が食む
木漏れ日の死骸
さんざめく夜の月光
木々は荘厳の夜会にて骨を貪る
憤り
風は喉を鳴らし草花を圧し折った
残り香は俺の鼻を突付き
目が細めさせたその視線の先には
真っ直ぐに立つお前の姿
そんなにも小さな手の平で
人一倍の種を拾い集め
空一杯に塗す
雲一つ無い闇に
虹は咲き 夜が終わる
俺はまだ一人林立する夜の中にいる
空蝉の甲高い鼾が
俺の存在の白さに輪郭を付けた

87 :(kau-a):2005/12/16(金) 02:43:51 ID:jVMososr
劈けバイオリンよ
夜のバイオリンよ
調弦の隙間にも狂おしい宵を
真っ赤に裂けた月も
だらだらと血を流しながら
今宵の夢の終わりと続きに咆哮する
迷宮は森の終わりを告げ
汚れの果ての有機体の美学に
俺は数式の海に溶ける
全ては時が加速を求めたからだ
さあ劈くが良い
バイオリン達よ
何をも恐れぬ汚物の音色で
俺の耳にも刃を当ててくれ
そして狂気で忘却を包み
俺を愛する手段を殺してくれ
さあ


88 :名前はいらない:2005/12/25(日) 10:36:49 ID:A99LEzXE
  /⌒○ ゴソゴソ
 (二二二)
 (・∀・ ,,) <メリクリ〜
(( o ; と )
(__ノ―J

 ○⌒\  ドゾ
 (二二二)
. _(,, ・∀・). v
/ o   つ田
(_し―J



89 :(kau-a):2006/03/12(日) 22:56:13 ID:w33TR9pl
オーロラ

虚数の線路の続き
眩いカーテンの裾の向こう
足から伸びる光の影
コツコツと拾う疲労の星
さあゆっくりとベッドに沈め
俺は虚空の自由を手に入れた
数多の負の感情と共に手に入れた
襤褸(ボロ)切れで作った翼で
暗闇のカレンダーをめくる
永久には続かない時間を概念の元に殺して
サイレンを轟かせるんだ
サイレンを轟かせるんだ
山鳴りとは勘違いしてはいけない
戦々恐々とした顔で朝を迎えるのはもう止めだ
もう止めだ
俺はここで止まる
俺はここから動く

90 :名前はいらない:2006/03/13(月) 00:11:30 ID:cflpQE+R
  

91 :名前はいらない:2006/03/14(火) 03:26:10 ID:46qy30mo
あの日

あの日が輝いている
なぜだろう
あの日だって、きょうと変わらずつらい日々だったはずなのに
きょうとは比べ物のならないくらいに輝いている
今とはちがう環境
今とはちがう人たち
今とはちがう自分
皆の笑顔ばかりがよみがえる

あの日が煌いている
そうだろう
あの日々は、きょうとはちがう空が見えていたはずだから
きょうとは比べ物のならないくらいに熱かったから
今日ではない世界
今日はいない友だち
今日など目指していなかった自分
皆の笑顔ばかりがよみがえる

ここへ着たかったのではない
ここを望んだことなどない
ここにいったい何がある?
こんなところに誰がいる?


あの日が輝いている
皆の笑顔がよみがえる


92 :名前はいらない:2006/03/14(火) 04:31:42 ID:UGwtAM1B

前に何があるんだろう
見えない時間が過ぎていく
気づいたら闇の中
はいずり回れば回るほど、何処にいるのか分からない…

明日に何があるんだろう
見えない時間が過ぎていく
気づいたら夜の街
昨日に戻せることが出来たなら 私は一緒に逝っただろう…

私に何があるんだろう
見えない時間はもういらない
周りを見ても一人だけ
生まれる前に戻れたら この世界にはこなかった…




 

93 :名前はいらない:2006/03/15(水) 00:50:11 ID:aIvD8TwQ
すべての事象はただ過ぎてゆく
まるで私の存在に意味等ないと言わんばかりに
感受性等という感情、既に塞いでしまった
膨張する虚無感は心を覆う
が、しかし虚無故の無
月明りやだけが私の影を映す

94 :(kau-a):2006/03/31(金) 15:47:18 ID:YDNiDTaW
永遠の絶望

俺は淡々と流れる
人の端と端の間を縫って
感情を掻き捨てながら流れる
徐々に空になっていく無情
不意に掌を見詰める
じっと汗をかいている
目には映らない焦りが
余分な感情を沸騰させている
周囲360度は全て闇
汗 全身に汗が這っている
歩みは止まる
時間は止まる
それは嘘だ 
虚飾だ
俺は喚いた 
声は何も響かない

95 :(kau-a):2006/06/05(月) 18:27:00 ID:zOx9v6b7
鬱屈の山峰を眺望す
屹立した己の影を林に喩え
叫ぶはずの君の名を
ゆっくりと声にするのを忘れ
いつしか夢の間に沈む
ぽかりと開いた口と泡
白く揺らいだ俺の瞳
影を日々の間に忘れ
振り返る事に怯え
目を閉じた

96 :リーフレイン:2006/06/07(水) 21:07:05 ID:UbtaNWyE
突然失礼いたします。
実は、詩板本 2冊目 というスレッドにて、2005年に投稿された詩作品から
同人誌本を作ろうという企画を開催しております。
大変恐縮ですが、(kau-a)氏の レス番号85 無題(鳴呼ひかりとは) を掲載させていただきたく。
掲載許可をいただけないでしょうか?
本は、7月2日の東京ポエケットにて配付の予定をしております。印刷部数は100部のみで、
利益は発生しません。(売価500円の予定) 6月14日までにお返事をいただけると幸いです。

97 :(kau-a):2006/06/09(金) 18:51:59 ID:7G4qReEA
>>96
どうも、色々な方からご連絡を頂きまして。
返事遅くなりまして申し訳ありません。
掲載に関しては問題はございません。
少しだけ推敲したいな、とは思いますが。
ままの掲載の方が良いでしょうか?

98 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :2006/06/09(金) 19:22:39 ID:wjvN5hU0
>>97
ありがとうございます。
推敲 受け付けております、、最終差し替えは14日あたりまでにお願いいたしますね。
本スレでも、メールでも結構です。

99 :(kau-a):2006/06/17(土) 20:43:10 ID:/atAEKJ3
忙殺

澱み深き皹
虚ろなばかりの日々
興味やら熱意やらは乾き
放心の向こうに咲く轍
深く深く目を凝らし
動かない肩に力を入れる
少し動いた時には腰は曲がり
下半身ごと澱みの中にいた

100 :しん:2006/06/17(土) 23:26:11 ID:u/k5TJAC

カーテンから透ける光と瞼にかかる柔らかな黒
遠く聞こえる虫の声
私を後悔させ
思い出される煙草の煙り

カーテンにもたれ
無機質な冷たさを感じた
目に写る緑の残像が口を開け私を飲み込む

このまま眠らして欲しい
明日にはまた元気になるから

101 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

102 :(kau-a):2006/08/14(月) 23:38:11 ID:UcyMzVlZ
新しい世界

困惑と忍耐の果ての果て
澱みなき未来などあろう筈がなく
零れ落ちて行く希望の流砂は
真っ黒な夜の海のうねりがさらっていった
遠く目を凝らせども
うねりは霞を抱え光を殺し
ほくそ笑んだかと思うと既に朝日が呼ばれた後であった
砂浜は足の裏を焼く煉獄となり
喉からはヒィヒィと乾いた絶望がひり出るだけ
両手足を道化のようにかき回し
掴めぬ明日を確信した最中
俺は時間とか疲労とか言った概念を
同時に朝日に燃やしてもらったようだ
その時大気はエーテルを孕む
俺はその空虚感を身に纏う
つぎはぎだらけの肌を隠すようにして
雑踏を目指す
曖昧な衝動が産んだ残酷な事象だ
俺は自らの暗示で夜の街を愛した
海はもう
南の彼方へ去ってしまったから

103 :名前はいらない:2006/08/17(木) 00:30:12 ID:UVdiDAy4

 このなかに自分の
 涙をわかってくれる人がいる
 それだけで幸せです
 ありがとうございます

104 :天上天下唯我独尊:2006/08/18(金) 14:39:21 ID:+AF1koIm
ビルの上から見てみた

いつも威張っている上司が小さく見えた

更に高いビルがある

そこから見たら私も小さく見えるのか?

ビルを持とう

何人たりとも私を見下ろせないくらい

高い高いビルを

105 :名前はいらない:2006/08/18(金) 23:30:34 ID:zHXxYNNY
今夜、夢の中で会えたら
優しくしてクダサイ

106 :名前はいらない:2006/09/26(火) 02:22:55 ID:4FIMZMjh
ho

107 :名前はいらない:2006/10/06(金) 08:50:37 ID:Tdl9mj+C
今の感情を書きます
無理に詩っぽく捻り出そうとすると
難しいので単純に書きます
切ないです
苦しいです
辛いです
悲しいです

何か色んなことが
色んなタイミングでいっぺんに襲ってきて
俺もどんな感情の対応をすれば良いのか
良く分かりません

俺は馬鹿です
何でこうも色々上手くいかないのか理解できていないし
結局同じ事を繰り返して後の祭りで
いつもこんな感じの感情と一緒にいます

酒だけが俺の心を満たします
感情の起伏がその分なだらかになりました
表情はたまたま作った笑顔がキープされるようになりました

いつも一定のラインを保って虚無の中に住んでいます
時々窓から光が射し込んでくる時は体育座りで見えていなく
窓がパタンと閉まった音でふと顔を上げる
そんな感じです

はい そんな感じなのです

108 :(kau-a):2006/10/06(金) 08:52:19 ID:Tdl9mj+C
↑久々すぎてハンドル忘れてた。



109 :(kau-a):2006/10/06(金) 09:05:07 ID:Tdl9mj+C


その名前を最初に聞いたのは何時の頃だろうか
無意味に氾濫していたその名前を辟易しており
純粋に欲望に忠実な俺がいた
しかしながらその実存に触れた途端に
世界は一変したものだ
例えば 朝起きることが辛くなくなるような
例えば 朝日が妙に眩しくて嬉しくなるような
例えば がなる携帯電話が鬱陶しくないような
例えば 無理矢理の泥酔が必要なくなるような
例えば 帰り道の炊事の香りに幸せを感じるような

但し其れは泥濘であって
一度捉まればもう空を飛ぶ事ができないんだろう
今までも空を飛べた事はなかったが
羽ばたこうという努力ができた
そのような感性が言葉のエッジを研ぎ澄まし
俺は言葉で人を殺そうとしてきた
しかしその泥濘で錆びた言葉は
最早何物をも切ることが出来なくなった
ただ今は下を向きながら
足をばたつかせる事なく
ゆっくりと泥濘で窒息することを夢見ている
夢幻に続く泥濘の底を目指している
笑顔はもう
無い

110 :雨森 通:2006/10/07(土) 02:46:11 ID:qANL+akA
おかえり

111 :(kau-a):2006/10/29(日) 17:59:09 ID:TWmIwTHE
沖縄

沖縄の空、風、星
街灯のない峠の道
両脇には森
それを抜けると湾曲に広がる波打ち際
少し強い風に目が眩む

朧月
眼下に広がる港の明り(乏しい)
遠くに見える白い暗い浜
ぐんぐん雲が凄いスピードで走る
雲間に広がる星と星

嗚呼、俺はこの世のあの世にいて
ずっとみすぼらしい自分がここにいるんだな
もう何もかもが嬉しくて優しくて
悲しくて切なくてバカみたいに思えてきて
少し霧雨のように香る森の音も
次第に好きになってきて

嗚呼、俺はこの世のあの世にいるんだよ
それは限りなく限りなく限りなく
無に近い無限なんだな
そう、それは無に最も遠い有限で
人はそれを時々幽玄とかと呼んだりして

嗚呼、俺はこの世のあの世に来てしまった
どっしりとした現実のある幻想の果ての夢幻に、無限に

112 :名前はいらない:2007/01/03(水) 17:14:18 ID:KX3TJl4u
色焦がす胸の内に荘厳なる花は雅
美しきとはらと口から落つる水は
汚らしき俗世とは乖離した様相の言霊の戯れか
祈りと思しき幽玄の霧は覚め
一つ一つの筋に賑わう夢の遥か
人の頭と人の頭は擽り合うほどに近く
怒りは赤を呼びつつも華やかな通りの色になり
私は戦々恐々として道の端を後ろ向き歩き
とぼとぼと橋を目指しつつも出し抜けに意味も無い
奇声やら汗やらをそこら中にばら撒くのです
ああ面白い面白い
この右手はもう離せないだらう
この右肩はもう離せないだらう
小さきあなた 
大きな瞳で私を見ていてくれ
必ず見ていてくれ

113 :(kau-a):2007/01/03(水) 17:15:21 ID:KX3TJl4u

久々すぎてHN忘れてた

114 : ◆SHIN46tkbs :2007/01/03(水) 17:20:53 ID:o5avDwTw
おかえり。

115 :名前はいらない:2007/02/23(金) 03:11:30 ID:YVj7RBhf
思うのです
人間には心を殺して越えなければならない
幾つかの壁があると

そんな瞬間を前にして僕の足は竦む
笑顔ではない
情熱でもない
恋慕の情でもない
今必要とされるもの
添えられるべきもの
どうか僕に
今こそ虚無の光を

116 :名前はいらない:2007/03/10(土) 22:36:44 ID:1py+Tnxh
虚無に光など無い
人間が思い浮かべるあらゆる理想がそこには無い
得体の知れぬ気色の悪い思念
自ら発するその思念だけがある
不安、不快、恐怖、実体のないあらゆる負の思念だけだ
静けさや安静などどこにも無く
ただ漠然とした苦だけが

理想の境地とは程遠い
誰が望んでこんな地に赴こうか
人は転落し、這い上がれず、この地に留まってしまう
一筋の光も無い

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)