2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

\\詩人の集まる天文台//

1 :人形使い:2005/03/31(木) 10:29:30 ID:UTTUfcPr
館長です。
このスレのテーマは『言葉が言葉そのままの美しさである場所』です。
詩を書き、詩を読み、詩について語りあってください。
あなたについて書き、誰かについて読み、お互いについて語りあってください。
この天文台はすべての詩人に対して開かれています。

涼やかな恒星の光源の元
望遠鏡『銀河の窓』を覗いて宇宙の果てを詠んだり
屋上のテラスで紅茶しながら星の運行について交歓したり
そういう言葉の星屑が降り積もる場所でありますように☆

2 :人形使い:2005/03/31(木) 10:41:36 ID:UTTUfcPr
『砂時化(スナシケ)』

ざ、ざ、ざざざ

深夜ラジオ
使われていない周波数でそれを知る
静かの海の砂時化の夜

//

3 :人形使い:2005/03/31(木) 10:42:10 ID:UTTUfcPr

―1

夜空に張りついているちいさな月の面積から、銀の光はこぼれだし

ちり、り

せせらぎとたわむれる華奢な手のように白い、繊細な一筋は、今夜、私のテラスに設けたサイドテーブルに触れるようにして、さ、さ、注いでくるので、
絹のハンカチーフを一枚延べて、その上に、危ういほどに肉の薄いグラスをそっと置き、受けとめます


さりん、さりん、さりん

気の遠くなるほど微かな音をたてて、砂粒は器の空間を跳ねて踊り、満たし、しだいに広がってゆくミニチュアサイズの荒涼とした砂漠の夜
明らかにおかしな縮尺で、砂に浮かんで影を落とすもうひとつ青く燃える月の灯火

うるる、る

丘の頂上では、泣き笑いの仮面をかぶったちいさなちいさな道化師が、線香花火のような光を放つ小さな恒星でお手玉

ち、ぱち、ち

顎肘をついて眺めます
月光浴さわさわとあたたかく

いつのまにか寝入ってしまった私の髪の毛は、砂のように真っ白になりました


りーん

4 :人形使い:2005/03/31(木) 10:43:57 ID:UTTUfcPr

―2

闇はあるとき獣になぞらえられて、街の夜の底を駆けた

だ、だ、だ

雑居ビルの窓際、段ボールの中でマネキンが痙攣している

た、た、た

ガード下張り出した鉄骨に垂れ下がる蔓がウウウと唸り声をたてる

と、と、と

トタンの塀の表面にだけ生棲するクラゲのかさが工事現場の赤色灯の光の波にゆらめく

て、て、て、


それ以来、闇は、最終の後の地下鉄のホームの暗がりにとぐろを巻いて、ゆっくりと息をしている

5 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :皇紀2665/04/01(金) 01:20:10 ID:l4DHj8yB
    ∩@”∩ 
    ( ,,・Д・)見つけた!
    /つ  つ 
   // ,,・ω・)ゴメイワクカケニマイリマシタ
 .....し____ノ 

6 :名前はいらない:皇紀2665/04/01(金) 02:30:13 ID:NRCEy6CO
新スレおめw

7 :KAWORU:皇紀2665/04/01(金) 03:33:39 ID:Im+Yy+Gj
こう云うのとても良いですね。

私の小っさな小っさな殆どの人の眼にも映らない程微細な光のカケラを
この望遠鏡の片隅にでも、ほんのちょこっとチと眼に映ったか映らなかったか
解らない程の小さく光りましたのなら、それはそれは幸いに越したことはございません。



8 :KAWORU:皇紀2665/04/01(金) 03:42:25 ID:Im+Yy+Gj
「命の攪拌」

宇宙(そら)の中で地球は命を攪拌(かくはん)する
太陽から絶えず流れる風を受け止めて
未だ見知らぬ君が大地に真直ぐに立って
両手を広げている

スコールを全身で受信する君
その小さな掌を生温い水が伝う
君の足元で草が笑う
フラッシュグリーンの大合唱
その題名は歓喜

宇宙は無限の音楽を奏でる
一つの巨大な楽器生命体
その音は君の歌声に似て

地球は命を宇宙(そら)の中で攪拌する




9 :名前はいらない:皇紀2665/04/01(金) 21:13:02 ID:d9Ml5t/2
てんもん【天文】
 天空に起こるさまざまな現象を観察し、吉凶を占ったり、  
 暦法を考えたりすること。また、その術。

一日の始まりを告げる朝日に伸びをするおじいさん
照りつける昼の太陽に汗をかく子供たち
沈み往く夕日になぜか寂しい感じのお父さん
きらめく星に願いをこめる女の子

誰もが天を仰ぐ
そこはどこだろうと
常に天文台なのか
誰もが天を仰ぐ
それはだれだろうと
常に詩人なのか

10 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :皇紀2665/04/02(土) 01:24:25 ID:qm8wn5LE
「月を抱く」

 瞳を閉じて
 夜空を見上げれば
 重力はすでになく

 風とともに舞い上がり
 星々が安らぎ眠る
 空の海へ


 闇を掻き分けるたび
 空の欠片は宝石となり
  (サファイア、アクアマリン、ブルートパーズ、アイオエライト、ラピスラズリ、アイオライト・・・)
 引力にひかれて
 地上の闇にとけていく...

  ――― 深い深い空の海の下
      傷ついた顔を隠して
      月が泣いていた
 
    できる限りの優しさで
    月を抱きしめて
    孤独と痛みを想って
    一緒に泣いた

11 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :皇紀2665/04/02(土) 01:28:29 ID:qm8wn5LE
今回もまた素敵な詩が館長の周りにあつまりますように。

12 :人形使い:2005/04/02(土) 15:02:24 ID:mmio74tr
>>5
見つかったっ☆
悪魔さんの星屑、待ってます。

13 :人形使い:2005/04/02(土) 15:03:07 ID:mmio74tr
>>6
えへへ
ありがとうございます。
ご愛読ください。

14 :人形使い:2005/04/02(土) 15:36:13 ID:mmio74tr
>>7
そんなこと言わず、シリウスクラスにでっかく映っちゃって下さい。

と思っていたら、
>>8
『攪拌』のキーワードひとつで勝利している、と思いました。
渦を巻いてゆくイメージ
色彩、温度、音
その"緑色の音が見え"ました。
なんと言えばいいのか、音が見える、というこの感覚。
無重力下では、地上と異なる化合物の可能性があるらしいけれど
それに似て、宇宙で攪拌された感覚の化学反応。
本当に眩く、素敵です。

15 :KAWORU:2005/04/02(土) 17:47:20 ID:1ZH4uQJK
>>14
<<8です。
伝えたかったこと、伝わったみたいでとても嬉しいです。
これは銀河の渦を巻いている写真を見て書いたのですよ。

他にもまだ宇宙の詩があるので、また映らせて下さい。

16 :KAWORU:2005/04/02(土) 18:10:08 ID:1ZH4uQJK
「君の宇宙(そら)」

宇宙(そら)を想う
君を思索(おも)う
二つの想いに瞑想

君をふりほどく
アインシュタインの脳髄の中で
宇宙の果てまで逃げてしまいたい
眼を閉じて
君を消して
甘苦しい気持ちを噛み砕いて
しかし胸の内側から広がるものは君ばかり

宇宙を願う
君を羨望(ねが)う
二つの念願の決闘

君を洗い流す
ボイジャーの背に乗せて
宇宙の片隅で膝を抱えて
君はいつしか宇宙を覆う
君は僕に押し寄せる波
君が宇宙を溶かした
夜空が君で満ちてゆく

宇宙さえ抗えぬ君の宇宙(そら)


17 :KAWORU:2005/04/02(土) 18:16:15 ID:1ZH4uQJK
「ニュートリノの雨」

太陽のフレア
ニュートリノの雨が僕のカラダを通り抜けてゆく
静かに眼を閉じると見えて来るんだ
点滅している僕の心臓

ガラクタの街をエスケープ
僕にはもう何も無いけれど
喪失(うしな)って始めて気が附いた大切な何か
でも
それが何か僕には解らない

太陽のフレア
命を繋ぐ氷のカケラを握りしめて
太陽のフレア
見詰めて

今日もニュートリノの雨が僕のカラダを通り抜けてゆく

18 :KAWORU:2005/04/02(土) 18:25:00 ID:1ZH4uQJK
最後に宇宙=音楽シリーズ2

「新世界交響曲」

風の聲
君の眸
息を止めて
眼を閉じて
雑音がメロディーに
空から飛来する
花が開く音
永久(とわ)の水の中の夢
飛行機のエンジン音
流れる
空を
ジェラルミンの光りを降らせる
花は耳を澄ませ微睡む
風の唄
君のまばたきの音
木の葉の潮騒
光のリズムの
ー嗚呼、世界は音楽だったんだ
ー嗚呼、世界は音楽なんだね


19 :人形使い:2005/04/02(土) 21:48:50 ID:mmio74tr
>>9
地球観測所、全地天文台
星が描く天の文を読む私たち
素晴らしすぎるアイディア!!

を流用させていただいて
当天文台は空を望むとき、そこにあるのです
とさせていただきます!
詩想を浮遊する天文台☆

20 :人形使い:2005/04/02(土) 22:14:56 ID:mmio74tr
>>10
どこでもない空へ飛んでゆく魂
誰も見たことのない果てることのない空で
繋がりを持たない月
言い知れない切なさ

この悲しくて優しくて透き通って美しいイメージは
月逆さんの世界の一つの集大成のように感じます

>>11
どうやら出航首尾は良いみたいです。
ありがたいことです♪

21 :人形使い:2005/04/02(土) 22:51:36 ID:mmio74tr
>>15
渦巻、なるほど。
以心伝心、でしたね☆

>>16
宇宙とひとは互いに内包しあっているので
宇宙への思いはどうしても"君"に繋がってしまう
"君"の内宇宙
甘い思いの広がりは
桃色の星雲になって宇宙に浮かんでいる

22 :人形使い:2005/04/02(土) 23:10:44 ID:mmio74tr
>>17
幽霊物質
何にも触ることのできない孤独な旅粒子
なんとなしの透明な悲しみの比喩
その悲しみに悪者はいない

>>18
わたしは音の美しさについてよく立ち止まって考えるので
この、世界に満ちている音の美しさを見知っています。
常に新しい音楽は生まれ続け、流れ続けている。
この心臓の鼓動のリズムに合わせて。

>KAWORUさん
たくさんの惑星世界、覗かせて頂いてありがとうございます☆

23 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/04/04(月) 21:12:10 ID:5EHWTQCG
青く、透明な砂浜に 一つだけ黒く
グノーシス的世界の理
無数の世界の群がり、空を歪めて
レンズに見立てて 深い空を覗き込む

いつしか空は海底に没し

24 :花見:2005/04/05(火) 21:28:14 ID:QjCs+jVd
何年続いているだろう
郷里に戻りて花見酒盛り
懐かしい顔を突き合わせ
年に一度の同窓会

今年は少し寒いので
ニュースによると満開は先
みんなの近況聞きあって
元気な姿に酒もすすむ

場所はいつもの河原沿い
毎日やってた鬼ごっこ
あの頃あった小さな船も
すっかり朽ちて動かない

いまにも咲き誇ろうとする桜の下で
毎年恒例 花見酒盛り

「あんときはほんまに死ぬか思うた」
「先生があんなに怒るとは思わんかったのう」
「たんこぶがこんなにでかくできてしもうたわ」
「そうじゃったそうじゃった」
「ははははは」

毎年同じ話題だけれど
昔話に花咲かす
毎年同じ面子だけれど
思い出話に花咲かす

少年の顔をした老人たちの頭の上で
いつしか桜は咲き誇る
そう 桜だって この日は楽しみだったんだから

25 :人形使い:2005/04/09(土) 01:08:03 ID:kzMuEuoy
新社会人1週目。
なかなか刺激的でした。
とりあえず息をつけるこの週末
「心の豊かさ」と繰り返しあざとく呟いて
初心を固めようかな〜とか。

>>23
透き通っている世界に挟まっている何らかの。
それは青い色。
目に見えない色だけの透明体の圧倒的な存在感。

宇宙の泡状構造とかちらっ頭に浮かんだけれど
これはもっと清浄な世界。

青と青が重なったときのその深みに気が遠くなります。

26 :人形使い:2005/04/09(土) 01:19:23 ID:kzMuEuoy
>>24
春うらら、隅田川沿いで花見
私やりました。
なかなかの風情で
低い桜の花房に
その美しさを再発見することができました。

何度でも咲く、美しい思い出。
繰り返しによる永遠の象徴。

私は年というものは重ねるほど
無駄なものが省かれ、
色合いが微妙に混ざり合い、
複雑になり、
美しさを引き立てると、
何ものにかけても、そう信じています。

年を経て語りあう仲、縁というものの妙味は
そりゃきっとぺらっぺらの若造なんざにはわからない
深い味わいがあるのだと
私は信じています。

27 :饂飩:2005/04/13(水) 00:00:05 ID:tgdYiwXv
スターライトポリス

双眼鏡からのぞくとそこは
まるで手を伸ばしたら触れられそうな世界だった
ツヤツヤした輝かしい野原に並ぶ銀色の街
ネオンのような花壇 軒並みを貫く彗星のように走り去るリニア
街路を歩く人々は皆満たされた顔をしていて 幸せを待っている
広場では噴水から星屑がコインのように弾け
そのそばで吟遊詩人がロマンを歌う
あることのない景色 夢にこぼれた僕の欲求がそこにはあった
夢と好奇心に手が届きそうな あの街へ
僕は期待はずれなこの生を忘れ飛んでいく
ここは銀河行きの発射台

28 :饂飩:2005/04/13(水) 00:14:53 ID:tgdYiwXv
この天文台ごとスレのてっぺんまで打ち上げてしまいました。
いいの?もういいの



夢を夢で飾り憧れる大人は弱いもの
夢の無い現実をを夢に作り変える大人になりたい
ヒーローになりたい子供が 大人たちの前で眠り
あと幾晩を過ぎると夢から覚めてしまうのか
憧れが夢へと変わり やがて愛へとなりうるのか
脱落した枯渇の星が 沢山の愛で再び夜空へと戻る日は来るのだろうか
その乾いて横たわる星は そのまた干からびた時間の水路に水を流すのか
私の星は夢の無いものねだり 金と油をつぎ込めばかわらず輝くの?
しかし星は
私の手が届かない場所にいってしまった

29 :饂飩:2005/04/13(水) 00:25:58 ID:tgdYiwXv
今夜も幼いころの憧れが夜空に光ります。
雨でも曇りでも 遠くても蓋の裏に張り付いていても
私にはいつもそれが目に写って忘れられないのです。
今日は素敵な場所を見つけました。ここならあの星に触れられそうですし
忘れてしまったことも これから忘れることも 思い出せそうです。
一人で遊んでしまう私に付いてきてくれる月と風。今夜も有難う

30 :まーろっく:2005/04/13(水) 01:07:28 ID:iQvDPUhH
春の夜

舞台を演じ終え
西陣のあでやかな衣装から
若草色のセーターに着替えた桜は
三日月の腕の中で
静かな寝息をたてているのでした
その小さな胸のふくらみが
彼を悩ませるので
夜明けになっても消え残りそうな
春の月です

31 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/04/13(水) 23:22:00 ID:GLxXsYQH
あの辺の星、全部吹っ飛ばしてやろうぜ
俺のドラムでかき回してやるんだ星雲ごと
ぴっちり背広の奴らは言うんだ
餓鬼のままごとをいつまでやってるんだって
ヤンキー共のコミニュティーで大将気取りかよってな
月の無い夜にギターを突きつけて
腐臭のする街に高く遠吠えするんだ
腐っちまえよ クサクサしてろよ

成功は腐臭がするもんだ

ベースを一弦鳴らせばあのビルが全部真っ平ら
ギターが唸りだしたら 月がバラバラに砕け
ドラムロールが始まったら もうこの星も長くはないぜ
向こう側の宇宙まで、全部吹っ飛ばしてやろうぜ


32 :人形使い:2005/04/14(木) 23:44:08 ID:IYEezoxR
みなさまご無沙汰しております。
ここのところ残業続きの館長は
週末ゆっくりと読み、豊かな休日の糧とさせていただく予定でおります。
なにとぞご理解下さい。
そしてまーろっくさん、いらっしゃいませ。
もともと彼の評価スレッド関係の集いとして形成されたスレッドなので、嬉しい限りです。
どうぞごゆるりと☆


『アルカディア』

紫水晶の原石の空洞で、永劫につむじを巻いている風は、微塵の聲色で、叶わない願いごとを唱え続けている

響く聲の干渉で晶柱は研磨され、完璧な肌理が生まれた日、一番大きく美しい晶石から澄んだ水滴が湧く

注がれた純水は秘められた小さな泉となり、ほとりには素粒子鳥(ニュートリノ:旅をするもの、鍵を持たざる者)が訪なうようになる

太陽からやってきた鳥は、風に乗って双曲線を描き、風とともに叶わぬ願いを唱え、風を置き去りにして去ってゆく

そして鳥が水をくぐり抜けてゆくとき、かすかに青い電光をたてる

閉じ込められて、永久反射をする青い光は、閉ざされた道の暗示を司っている

しかし鳥は訪れ続け、光は増え続けて、空洞はどこまでも眩く、光で溢れてゆく

その美しく小さな理想郷を誰も知ることはない

33 :人形使い:2005/04/16(土) 12:03:13 ID:3AwYQm8O
>>27
饂飩どんの詩はいつも
たくさんの物がひしめいて
それぞれが温度を持っていて
だからなんだか満たされた気分になり申す。

その銀河の向こうの星の光の街は
まるっきり飛びっきりの理想郷。
その煌めきの都市を思い描いている人は
何かしら現実と夢の摩擦で擦り切れかけているのだけれど
私が思うには
空を見上げる姿勢と言うのは常に美しいのです。

34 :人形使い:2005/04/16(土) 12:17:22 ID:3AwYQm8O
>>28-29
どどーん

ぱぱー

地に足をつけている大人だからこそ
夢と現実を地続きにすることができるのだと
橋立を架けることができるのだと
新社会人は誇り高く信じております。
ぼんやりとした夢にまどろむよりも
くっきりとした理想にひりひりしていたい。
星々は黒板に貼り付けられた豆電球かもしれない
まずは手を伸ばしてみなければその距離も定かではない。

ごめんなさい。
詩から離れてしまっているけれどその分ハートに近づいたつもり。

35 :人形使い:2005/04/16(土) 12:39:44 ID:3AwYQm8O
>>30
静かで密やかなふたりの関係。
春の温もりはその恋の温度。
ため息が出ます。

短く美しく、繰り返しの鑑賞に堪える、あるひとつの理想です。

36 :人形使い:2005/04/17(日) 20:07:43 ID:MrYEjB7U
>>31
私は背広を着てギターを持っているので
とても複雑な心境になります。
ただひとつ、
確かなことは、
音楽を何よりも愛しているということ。

あ、確かなこと、もうひとつ

全部ふっ飛ばしたい!

37 :まーろっく:2005/04/17(日) 22:19:02 ID:sfN8U1iW
60光年

「どうかね、あの星は」
と老博士は、これも若くない助手にききました
「きょうも閃光があちこちで見えます」
と助手は望遠鏡をのぞきながらこたえました
この七年、閃光はひどく激しくなっています
「大陸のそばの小さな島でまた火があがりました」
なんという奇妙な自然を持つ星でしょう
老教授が青年時代に観測をはじめた頃は
神秘的なほど青く美しい星だったのです
しかしこの星は周期的に赤い閃光に覆われるのです
老教授はかすみ始めた目を望遠鏡にあてました
「どうしてだろう」
と老教授は助手に語るともなくつぶやくのです
「あの赤い閃光を見ていると、とても悲しくなるのだよ」
老教授にはいく筋もの閃光や赤い火の下から
悲鳴や泣き声が聞こえてくるように思えるのです
若い人たちがたくさん死んでいるように思えるのです
「いつかまた、青く静かな星にもどりますよ」
観測記をつけ終わった助手はそう言って
老教授にお茶をすすめました
「それにしてもあれは何の閃光だろう?」
ふたりはお茶を飲みながら考えました
とても自然の現象とは思えないのです
それはわかっているのです
でも争うことを知らない星の老教授と助手には
いくら考えてもわかりませんでした。
天文台の望遠鏡の先には
青白い星がかすかに光っておりました。

38 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/04/17(日) 22:48:55 ID:iQ6u7V2a
    ∩@”∩ 9時から22時まではスーツで
    ( ,,・Д・)その後は皮のスーツで
    /つ  つ 
   // ,,・ω・)マシンガンエチケット
 .....し____ノ 

39 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/04/18(月) 00:01:27 ID:gZmgMvT6
私信
まーろっくさん、評価スレでのお言葉、誠に感謝いたしておりますです
100回くらい読み返しております
詩についてはまったくの独学で、詩人を知っているわけでも
本を読むわけでもなく、やかましい音楽を聞き続けているだけの私ですが
人形使いさんとか月逆さんとか饂飩や皆様の言葉にいつも平伏しております
いつも言葉少くなで恐縮です
ありがとう

40 :人形使い:2005/04/18(月) 08:02:28 ID:YTHjGGci
>>37
その赤い光に象徴される強烈な欲望というものは
例えば私も間違いなく持っていて
そういう灼熱の機関こそが人間の原動なのだと思います。
その炎はもちろん人の身をも焼き払います。
だから私たちのあるべき姿は
自覚的に火の使う者なのだと思います。
と私は舌鋒火を噴くように青い星を強く弁護しながら
星の彼方の老教授の清浄な世界に憧れを抱きます。

41 :人形使い in suits:2005/04/18(月) 08:04:51 ID:YTHjGGci
>>39
Rock in suits で溌剌と走り申す。
THE DAMNED !!

42 :まーろっく:2005/04/18(月) 23:08:04 ID:GIJhY9gj
>>39
そんなに何回も読んでもらってるとはうれしいですね。あなたのあの地下鉄
の詩は素晴らしかった。ランボーのようだと思った。自分の内側にはっきり
とした「ワールド」を持っている人だなぁと驚きもし、感心もしました。
あなたは批評に対して作品で答えてくれていたのでレスがないことはちっと
も気にしてませんでしたよ。今は現実の生活を描こうとしているようですね。
楽しみにしています。

43 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/04/23(土) 02:12:19 ID:RMM2zlUd
現実の世界も自分の世界の中に取り込んでいこうと思います
私が憧れるイングランドの町並みやニューヨークのスラムや東京が
北欧の森と南国の孤島とが合わさった世界
そこは多分、私の精神の始まりであり果てであって
そんな世界を少しでもリアリティのあるものに出来たらと思います
私にとっては現実もまた自分の世界なのです

44 :まーろっく:2005/04/23(土) 22:58:02 ID:sIz2z3xL
    異星のアイドル  コリンコリンロックンロール

きみが異星のひとだというなら信じよう
地球人の遺伝子は美容外科のドクターに
すっきり切り取ってもらったんだね

真新しいレーザーディスクは虹をたたえ
きみの新しい顔を祝福する
それはメディアにビーナスの像を結ぶ

踊っちゃいな架空の宇宙で
語っちゃいな架空の言葉で
宿命論的科学より信じたい絵空事
ゲノムゲノムが擦り切れたって事

リップスティックなんかも
ルーズソックスなんかも
地球のクロゼットに忘れてきたのに
少年たちはキミに夢中

遺伝学者が頭をかかえても
コミック誌のありえない美少女に夢中
心理学者が失笑しても
作られたおとぼけ的キャラクターに夢中
きっと大人のぼくも夢中

銀河を果てしなく走ってゆく彗星は
素顔と別れる前夜のきみの涙
もう流れないきみの涙

                    新社会人の館長…お疲れですか?

45 :人形使い:2005/04/24(日) 18:40:11 ID:V5MaH6as
疲労風船、め一杯膨れて、はじける前に、ぷしゅーの空気抜き中。
もともと寡作傾向なのもあるのですけど。

>>44
偶像嫌いな私です。

閉塞した空想の宇宙って安楽椅子ではあるんですけど
どうにも肌が合わなくって
いつも現実にひりひりしていたいのです。
たとえ半生さっぱりもてなくっても、ね♪
・・・orz

46 :人形使い:2005/04/25(月) 23:43:55 ID:c/GXgSSO
言葉遊びの遊び言葉
かきくけこ、き、ききー
教訓:日々の弁別を常に可能にすること

電動階段上向きにエスカレイトしてたぬきの置物になったぽこん/
潮の香りのビル風の中無料情報誌をピックアップする/
電光掲示暗い川面に揺れて主張は散り散り/
帰社道浅草寺には立ち寄らないそれは背景に過ぎない/
過密積載されて鉄道輸送それでも私は自明/

おやすみなさい
何の前触れもなく突然亡くなる方たちがいて
その時私たちが生きていることが明らかになる。
おやすみなさい。
安らかに。

47 :人形使い:2005/04/29(金) 15:47:37 ID:EoaC0QKS
直截的な言葉を配置してみる

-理屈

1.

死は予感することはできるが、死を感じることはできない
(私たちが知る死は全て他人のものでしかない)
必ず言葉のあとにやってくるものだから、それは私のものにはならない
けれども私は死を所有しているそれは左胸の鼓動が保障している

2.
私はあなたではない
私はあなたの感じていることを知ることができない
けれども私はあなたを知ることができないから、あなたをいたわることができる

3.
詩人は日常に偏在する未踏の極地を開拓する、という方法で遼かなる旅をする


リラックス⇒遊戯

蛍光灯を潜る/私は分解する/ 1lx の証明
地下鉄風に当たる/私は霧散する/ 1nm の信号
指をなめる/私はしたためる/ 1byte レポート

48 :人形使い:2005/04/29(金) 19:13:04 ID:EoaC0QKS
顕微

私は観察する
世界を
いたって無感動な瞳孔

私は己の感動を選び取る
という醒めた温度を抱擁している
その事実を俯瞰することの無感動

何かに執着できればという執着
無人世界こそが艶めかしいという倒錯

これらの思索すら本質的な無機とはならない
私という風物の蠕動だけはいかにしても否定することはできない

私は生きている

49 :人形使い:2005/04/29(金) 19:15:24 ID:EoaC0QKS
ビジネス街のオフィスビルいっぽん背筋力で引き抜いて、白い月の見える砂浜に逆さまに突きたててやる

50 :人形使い:2005/04/29(金) 19:24:04 ID:EoaC0QKS
蛍光灯の光で夜の底に浮かんでいる孤島の自室で夜気を嗜む
季節の火照った体温に溶け合う匂い、雑踏の、夕餉の醤油の、草木の、建材の
孤独は常に極点に立つ高揚である
夜という高峰で情緒の分水嶺を探る

51 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/04/30(土) 01:56:04 ID:k52AyTbn
ごぉるでんういーくって何でしょうか?

52 :小早川はじめ:2005/04/30(土) 02:27:06 ID:XcJpzgYe
はじめまして。はじめと申します。とあるサイトの管理人をしております。

ではさっそく一つ詩を

[高校卒業]
あんなに嫌な通学も
あんなに嫌な勉強も

今となっては懐かしく
今となっては愛おしい

くだらない
つまらない
そんな会話やじゃれ合いも

戻ることのできない記憶
一つのクラスの全員が
別の人生(みち)を歩んでいった

会えないわけじゃないけれど
過去(むかし)のみんなはもういない
過去(むかし)のクラスはどこにもない

あんなに嫌な毎日も
あんなに嫌な学校も

今はとても好きになれるなんだかとても不思議な気持ち

53 :人形使い:2005/04/30(土) 09:18:45 ID:TiGqo17y
>>51 懸念なしにのんびり過ごす時間☆

54 :人形使い:2005/04/30(土) 09:27:08 ID:TiGqo17y
はじめまして♪

>>52
人間は自分が歩いてきた道を誇りに思うようにできている
ということだと思います。
そういう感動の積層で心に豊穣な土を培う。
農夫。

55 :名前はいらない:2005/05/01(日) 01:38:10 ID:Oml9OA9J
ごぉるでんの研究

ごぉるでんうぃーく  黄金の週
ごぉるでん劇場    黄金の劇場
ごぉるでんカレー   黄金のカレー
ごぉるでんアワー 黄金の時間
ごぉるでん街 黄金の街
これらのものは、金を含有していると見られる。

ごぉるでんウーマン 黄金の婦人
ごぉるでんシューズ  黄金の靴
ごぉるでんデラックス 黄金の豪華
ごぉるでん姉妹    黄金の姉妹
これらのものは、さらに多量の金を含有すると見られる。

ごぉるでんクレジット 黄金の借金
ごぉるでんスペシャル 黄金の特別
ごぉるでんナイト   黄金の夜
ごぉるでんコース   黄金のコース
これらのものは、金をほとんど含有していない。


56 :人形使い:2005/05/02(月) 22:53:15 ID:/tw2EMzG
>>55
すごく悩みました。
謎かけなのか否かすら皆目検討つかず。
"どうしてワタリガラスと机は似ているか"みたいな。
そんなレアメタル、怪しげな連想の錬金。
が楽しい☆

57 :人形使い:2005/05/06(金) 23:17:23 ID:NKGfRxQS
ときどき無性に
4番目の扉をこっそり覗いてみたり
WAKE UP BOOで目を覚ましたり
ボヘミア民謡で輪舞したり
すっくと立つ清々しい六つ華を香ってみたり
肉球をふにふにしたくなったりして
たまらなくなる。

大好きだからきっとここに私は座り続けている。

58 :人形使い:2005/05/06(金) 23:26:42 ID:NKGfRxQS
号外!銀河の窓破れる!!

館長談

赤い恒星を眺めていたら
銀河の窓が破れて
観測ドームに
深宇宙がどどどと流れ込んできました

桃色の星雲ガスや七色の惑星

せっかくの記録や稀少な計器類は押し流されて
何もかも宇宙浸し

ゆっくり泳いでドーム開閉スイッチを押し
天を開いて
混沌と瞬く星々の海に浮かんでいたら
朝まで寝入ってしまいました


闇が退いてすっかり散乱した部屋に差し込む払暁の光線の清々しさ!!

59 :人形使い:2005/05/07(土) 12:22:06 ID:h8OV/0TW
長らく寝かせていたものを風通し

『百鬼夜行』

古い跨線橋の上から私だけがその光景に見惚れていたのだった。

空は穏やかに回転し、大地に押しつけられた燃えさかる太陽が大きく歪んで潰れ果てる頃、光景はどこまでも傾いでいた。
太陽光のついたてが弱り、陰は倒れこんで、影が涌くのだ。
だらしなく流れ出した穢れた液体のように、ひたひたと染み出してくる影。
瞬きの一瞬に形なき形を纏い、唐突に底に燃えている闇。
それらは気の遠くなるような時を超えて生きてきた、ゆらめく原始の意思の炎を、小さな眼に赤く燃やしていた。
街の遠景で彼らが一斉に立ち上がる様子はまるで不知火の陰画のように壮観だった。
そして這い出してきた闇たちは、わしわしと地面を掴み、ただひたすら地平を目指して歩いてゆく。
お猪口ほどしかないものから小山のようなものまで、それぞれが思い思いの速さで、光に背を向けて歩いてゆく。

線路を大股で歩いて橋脚をよじ登ってきた一つの大きな闇が私の傍らでうずくまった。
肌からは冷たいミズゴケの匂いがする。
滑らかな肌をひとなでした私は、その不思議な引力に吸い寄せられて、またがってしまった。
そうして私はよく知る世界から忽然と消え去ったのだった。

いまや私は、右手で草の葉を握り、振りかざしては光を追い立て、左手では影の袖を引いて夜の横断幕を広げて翔けていく、露払いを司る乗り手、黒の尖兵となった。
誤った軸の上を飛んでいる人々の誰が知るものだろうか。
あの月の黄金は、宙に浮かぶ球体などではなく、覆いの向こう側から一筋覗く、一面金色(コンジキ)の、祝福の言葉が刻まれた大いなる壁面なのだということを。

すべての時、すべての大地を舐めて遥かなる最果てへ。
私は闇。
憧憬と渇望にゆらめく太古の炎。

60 :饂飩:2005/05/08(日) 01:43:56 ID:oypkohTh
ブラインド

ようやくこの部屋にも夜が来た
明日のことも夕焼けのことも気にしなくてすむ
灰と黒にまみれた夜が 俺を覆い尽くすケープ

窓の向こうから野犬達のどうしようもないイラコザが
ドアの向こうからは顰めた顔の良心が
テレビからはモノクロのサイレントムービーが
闇夜に紛れて俺に不味い水を飲ませる

ボロ布で隠した日常の非常階段を延々と
その先には地下室が無い

コーヒーと紅茶の二択しかない画面を眺め
指で脳を弄くり回す 生きるか続けるかの○×クイズ
永遠は保障されない さえない腑抜けた汗が
ミストのように纏わりつき 殺されたいのを待つのみ

寝もせず欲求を要求し続けるあの野犬のように
俺は終わらない夜を 見えている方の瞼で弄るのだ

61 :饂飩:2005/05/08(日) 02:24:13 ID:oypkohTh
ショートカット

生き恥を欠かさずに取っておくのは フリーフォールまでの道を記憶しておくのと同等大切だ
退屈な自分と色達が神経までグロッキーにさせる 仕事も疲れる 人間も疲れる かつてない失望

そんな中考えてみた
どこか遠い島に一人で住んで のたれ死んだらどんなに滑稽だろうと
その島には宝物もないし馬すらいない 人が歩けるような海岸も無く 島を縁取るのは断崖のみ
この島の土を踏むことすら困難を極めるのだが ニートに憧れる私にはどうしても必要な環境だったのだ
ボートを断崖に横付けし その尖った岩肌に手足を掛け必死で登った
・・・・・・・・・・一体何時間かかっただろう 付けてきた筈の腕時計もいつの間にか無くしてしまった
体中傷と血だらけで動きたくない 私はとうとう私の存在を確認する者さえいない場所に着いたのだ
とても喜ばしいことだが今は疲れに疲れて心さえ笑わない
私はここまで頑張れたのなら もしかしたら仕事も続いたのかもしれない
しかしきっと今回でその気力も朽ちたであろう 社会の皆さんごめんなさい
私は大の字に倒れこの隔離された島一面の空を仰いだ くすんだ青色の空が 私の瞳に写る
ああ ここは鳥かごだ 私は飼い主もいない小鳥になったのだ しかしこの狭い島の中でも十分自由を感じた
自由とは元は制限があるものなのだ 忘れてはいけない

案の定この小さな島には飲み水も 食料となるものすら見つからず このちっぽけな命を落すのにはそう時間はかからなそうだ
私は自害を決意した・・・
〜〜〜
ここまで考えて最悪の結末に見舞われた やはり真面目に働く以外生きる術はないのだろうか 終わり

62 :饂飩:2005/05/08(日) 02:31:30 ID:oypkohTh
どんなにシリアスにカッコつけて書いても、駄目なやつは駄目
足りないのは金か?夜か?一人か?わからない
わからないぐらい全て足りないんだ。
カーテン閉めた窓から勘ぐる綺麗な星空でした。

63 :人形使い:2005/05/11(水) 22:51:21 ID:ODHSLFcP
>>60
ようやく闇に覆われて安堵のひと時にさえ
紛れ込んでくる苦い思い
先の知れた人生

そのどこまでも追いかけてくるという性質であることを証拠に、
それは単に己の精神による幻灯にすぎないと主張します。
いつも真実は無味乾燥。

一方でその憤りでこそ打ち砕けるしがらみがある、とも思う。
特に出る釘を打つことが美徳であるこの島国では。

64 :饂飩:2005/05/14(土) 01:02:21 ID:hCeJ17V3
さりげなく

さりげなく マッチを凸凹の地面にシュっとやる
鼻を突く臭い さりげなく 青い光
コールタールのバリアを体中に塗りたくり
さりげなく闇と同化しているつもり どうかしてるんだ
さりげない声にすら 緊張を隠せない
タイピング 静まり返ったスパイラルに落ちてゆく
どうかしてるんだ 嘘の闇とパラドックスの虜の僕には
それらが さりげないで 片付けてもいい気になってしまう
シュっとやった後のマッチ棒は出来損ないのフィラメントになり
さりげなく崩れてく 永久にそれは変わらない
どうかしてるんだ 朦朧としたピントの合わない目で
ギターを掻き毟る 音のミュータント さりげなく分裂する
代わる代わる落ちてゆく白黒の羽を合わせてスパイラルに落ちてゆく
フラクタルのさりげない交差に体中を奪われ色褪せてゆく鼓動
さりげなく瞬く星の その一欠けらに見る自由
緊張を隠せない どうかしてるんだ フラクタルのさりげなく物静かなタイピング

65 :饂飩:2005/05/14(土) 01:31:37 ID:hCeJ17V3


空気を断面化し こそぎ取った背面に光る幻を見つめる
静寂の空に太陽と月のアイシャドウ 全てがそれで化粧を始める
僕はここでの登場人物となり既に暮らしている
川岸に一軒の小屋 ここが僕の家だ 小鳥がアイシャドウをつけ奏でる
水に近い声 それを聴くと僕の眠気眼には小鳥の止まる木が見えた
木の枝には枯れても同じ色の葉が生い茂り
その葉を一枚小鳥は小さく可愛いクチバシで取り
左右に首を回して旗代わりに振る するとどこからか他の小鳥達がやってきた

川の流れと鳥達の声は一体化し 辺りを青く染めた
一つの流れが 完成された世界に同化してゆく瞬間
僕はとても外に出たくなり ベッドから跳ね起きた
扉を開けるとそこには見たこともない景色が僕の心を打つ
太陽も月も空には見えない そこにあるだけの一色多数の世界
影も日もない清濁の時 日の出手前の準備作業 全てのものは青に染まる
地面も 草も 木も 川も 僕も
まるで時間が止まったかのような景色の中から 動き出す一日達
やがて僕の瞳も青く光り 一日の一部になる 朝が来るのを待つために

66 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/05/18(水) 01:33:36 ID:EI8LGM9k
Sunlight℃:RE

夢の中に茂る森にそっと水をやる
私の髪を優しく撫でる 浮き上がる風
カーテンの隙間から 溢れ出した陽光
何かを決めた時の朝 小鳥に誘われて
予感と希望を光に変えて 包む光を体温に変えて
母を失った小猫のように旅に出よう

色褪せ痩けた青空にノイズまじりの白い雲
標無き道をただ真っ直ぐに
水晶のように透明で感じやすい世界に
私はいつでも草原を旅することができるから
不安も悲しみも光に変えて 嫌な黒雲も暗闇も
全部消してしまったから 大丈夫

予感と希望を光に変えて 包む光を体温に変えて 
母を失った小猫のように旅に出よう

そこに光しか無くても Sunlight℃

67 :◆kTbUDdAxZI :2005/05/18(水) 15:37:34 ID:aZEurKtg
[雨夜の観測者]-1

雨の降る日には必ず天文台へ向かいます
何でも何処へでも持ち歩く悪癖
大きな鞄にはガラクタばかり、そんなに重要ではないので
傘におさまりきらず濡れたとしても気になどしないのです
けれども両手で抱える沢山の本や資料はけして濡れないようにと
しっかり抱きしめながら

天文台はいつも万人に開かれているので
雨の降る日にしか一等立派な天体望遠鏡を使うチャンスがなく
      (もっとも、雨の日以外は宇宙をのぞき見ることもないのですが。)
今夜は土砂降りなのでやはりあの立派な望遠鏡でさえ先客はいない様子

68 :つづき ◆kTbUDdAxZI :2005/05/18(水) 15:38:45 ID:aZEurKtg
      (館長が紅茶を淹れてくださった
       好みをよく解ってらっしゃる
       ベルガモットでティーカップからシシリーの潮風が吹く
                  ・・・書類が数枚飛んだけれども、、、)

酷い雨なので雲も随分と分厚い
やっと活躍の機会を与えられるガラクタの中のひとつケーキナイフは嬉しそう
望遠鏡を覗きながら雨雲を綺麗に切り分ける
      (朝が来たらこんがりと焼いて粉砂糖をまぶして朝食にしよう
       雨雲はフレンチトーストのような味わい
       2切れも切ったのはお世話になっている館長の分です・・・)

雲の切れ間から姿を現した宇宙に、ミルクのように流れる屑星の川
推測が正しければ宇宙の外への扉はあの石炭袋の一帯
小さくも尊い天の十字架のすぐそばにそれはあるはずで
その向うにわたしの愛する人はいるので、、、


69 :つづき ◆kTbUDdAxZI :2005/05/18(水) 15:39:25 ID:aZEurKtg
    (雨が降るので、こんなにも雨が降るので
       きっと彼が泣いているに違いないのだから・・・・)

今夜も数時間あちらへの入り口を探したけれども
如何に目を凝らせど見つかりませんでした
けれども空が白み始める頃にはすっかり雨も上がっていたので
わたしは小さく安心して
それから館長と朝食を食べました

    (雨雲はコンロの火を孕むと朝焼け雲のような色に焼き上がります
     好みによってミルクと卵を溶いたものに浸してから焼くのも美味ですが
     わたしは粉砂糖をまぶすだけが一等美味しい食べ方かと存じております。)



70 :◆kTbUDdAxZI :2005/05/18(水) 15:43:45 ID:aZEurKtg
こんにちは。
普段は短い詩しかかかないので
出来はこのようなものですが、
素敵な詩を頂いたお礼に拙いながらも。
どうぞうけとってください館長様^^

71 :饂飩:2005/05/18(水) 21:59:17 ID:M4k70+Rc
ストラトレージ

キャンバーがダッチにピュートしながら
ステコロンがロッケンジーにマイブした
恵の雨が振るスポットはいつもキャビンの中
フォルクローレがキッチンでサンサンガイズ いけるぜ
バストタッチのタイムにミラクルオイッチ ベガンダ愛してる
このままラストマスにベイデュしてアイレンチを決めたい
真っ赤なストラトレージが静かにランブルして
マリアリッチ海溝のパースにフィットレゾンをかませば
きっとノーティスがイレイザーしマイルドにテンペストを起こす
ジャックヘックにタンポン詰めてピローに跨るロンピンペネロ
華麗にジェイクス 過激にベロネード 格好いいストラトレージ
ミリオンサードはこの俺に ワイズバック ストラトレージ joy

72 :人形使い:2005/05/18(水) 23:23:17 ID:sTeJCswe
>>61
生きることっていうのは
どんな場所だって最前線で
やるっきゃないんだ
反吐はきながら地べた這いずり回ってでも。

それでもどこか陽気に
詩をうたいながら歩けたらなおのこといいじゃないか
って超高層ビルの谷間でいつも思っています。

73 :人形使い:2005/05/18(水) 23:32:59 ID:sTeJCswe
>>62
飢餓に走れ!

>>64
この世界のあらゆるものは
一切がさりげなく配置されていて
その一見のさりげなさの中に
美しさを見出せるっていう性質のことを
詩性というのだと思っています。

さりげない仕草で表現されている
展開して展開してゆく物思いの真摯な深みは
詩人と呼ぶにふさわしいと私は思っています。

74 :人形使い:2005/05/18(水) 23:49:28 ID:sTeJCswe
>>65
しっかりとした立体感があるにもかかわらず
すーっと身体に染み渡っていく電解質な詩。

青という色は呼吸を整える作用がある。
(また、息が止まるほどの圧倒作用も持つ)
セラピー。

こういうバランス感覚に私は安堵する。

75 :人形使い:2005/05/18(水) 23:57:29 ID:sTeJCswe
>>66
リライトで柔らかくなった表現は、
陽光の温度にさらに接近して。
しなやかな芯の強さ。
光という温度の中に優しく漂っている幾つかの物語を、
丁寧に両手で掬い上げていると思いました。

物語こそが潤いの源泉なのではないかと思い始めている今日この頃です。

76 :人形使い:2005/05/19(木) 00:43:06 ID:e4WqgaU5
>>67-69
「ああ今日は土砂降りの夜じゃないか!」

椅子に座ったまま、眼鏡を鼻にかけて、うとうと眠りこけていた私は
開け放した窓から流れ込む雨の匂いにはっと気がついた。

寝癖に手櫛を通し
ワイシャツを整え
せめてもの身だしなみに
落ち着いた色のネクタイを首に巻いただらしない格好で
雨夜の来賓を慌ただしくお迎えする。

紅茶を飲み、食事をする、ということ。
その婦人はいつも静かな生活を切り取って
私の元にそっと置いていってくれる。
(婦人は合間に銀河の窓を覗いてとても遠い目をするのだが
(その事について問いただすようなことはしない。

ただ私にはそれらの時間の透明感が、かけがえの無いものに感じられるのだった。
------------------------------------------------------------
ようこそご来館くださいました。
饂飩さんの詩ではないですが、
私はさりげない行為ほど美しいものだと感じていて、
切々と綴られているこの小さな営みの静謐はとても雄弁に感じました。

ありがとうございました。
また、ぜひお越し下さい。

77 :人形使い:2005/05/19(木) 00:48:25 ID:e4WqgaU5
>>71
SUMMER OF LOVE

気持ちいい所をよく知っているなぁと思いました。
乾いたスネアの音に乗っけたら beat !
とっても素敵に違いない tempo
う〜ら〜 うらら〜

78 :人形使い:2005/05/19(木) 00:55:26 ID:e4WqgaU5
どどーん

79 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/05/19(木) 02:11:51 ID:1N+5EVD4
ダブル・シンバル ブラストビート
殺害の悪音 悶絶の雑音
響き渡る叫声 AAAARRRRARARGGGGAAAAHHAAAA
狂った 誰にも当てられない怒り 憎しみ 吐き捨てる言葉
酷く単調な2ビート
浮き上がる血管に射し込む
俺のいらだち カスみたいなもの
誰も見てやしない
またふりだしだ

80 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/05/19(木) 02:16:37 ID:1N+5EVD4
fuck police
fuck politician
fuck religion
fuck social
fuck a lot of you

81 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :2005/05/19(木) 09:47:40 ID:ylfmTJl4
 「カラスの夢」 (1/2)

 硬質な雨が
 街を切り裂さいて
 均等にスライスされるのを横目に
 鳥たちは雨宿り

 アルビノのカラスは
 わずかな隙間に身を寄せて
 とろけた闇夜を飲み干す夢を見る

 紅い瞳に血をにじませ
 鳴き声は弱々しく
 細く弱った体を懸命によじって

 毎夜ごとに夢を見て
 起きてみれば
 ただのアルビノでしかなく
 失望の日常がすぎていく

 雨が過ぎ去り
 きらきらと木々が光を弾き
 剥き出しのコンクリートが
 雨のあとをぬぐい始めた

 アルビノのカラスは
 弱った体をさらに弱らせて
 飛び立つことさえままならない

82 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :2005/05/19(木) 09:48:45 ID:ylfmTJl4
 「カラスの夢」 (2/2)

 力尽きて 眼は霞み
 空と海の匂いを感じた気がした

 弱った体で水場を探し
 飢えにまかせ
 青く透き通った水を
 荒々しく飲み干した

 水を飲むたびに
 空は光を失い
 闇が空に満ちる

 アルビノのカラスは
 もうどこにもいない

 闇色の翼を誇らしげに広げ
 今日も世界に夜を運んでいる
 赤い瞳がわずかに名残を残すだけ
 

83 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :2005/05/19(木) 09:52:54 ID:ylfmTJl4
ものすごくひさしぶりです。
ご無沙汰してごめんなさい。

>>20
そういわれちゃったら、新しい世界を開拓しなくては!
やばい、自信無いよ・・。

84 :人形使い:2005/05/19(木) 22:20:48 ID:e4WqgaU5
>>79-80
対バンしようぜ!悪魔さん!!

バスドラ どむどむ 心音を代替する
スネア つったっつたーん 乾いた広がりが生まれ
べース ぼんぼんぼぼーん 太い蔓は絡まりあって
ギター じゃわんじゃわん 七色の雨が降る

サバンナ!

風が喝采する喝采する
歓喜の雨に打たれる
虹の中を駆け昇って雲の上に打ち上げられる
指先に積乱雲が絡まる
太陽が大音声で祝祭を歌う

オーアーアー!

85 :人形使い:2005/05/19(木) 22:41:13 ID:e4WqgaU5
>>81-82
カラスがついに得た本当の黒。

光と闇の印象の反転や
カラスの傾いだ価値観が
読むたび異なる感慨を抱かせる
万華物語。

ただ、闇色になったカラスはひたすらに美しい。

86 :人形使い:2005/05/19(木) 22:46:45 ID:e4WqgaU5
>>83
ちょっと寂しくなって
にゃーにゃーって暴れようかと思った矢先!

おかえりなさい。

考えすぎないで。
自分の歩幅で。
月逆さんが feel したものが読みたい。

87 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :2005/05/20(金) 23:42:35 ID:NnDS5rtV
>>85
ありがとうございます。
実はアルビノのカラスを見たことがなかったりします(笑
鳩は見たことがあるんですけどね。
鳩のことを書こうと思ってたらいつのまにかイメージがカラスになってました(なぜだ!)

闇色どころか夜そのものになった、というイメージを出したかったのですが
そこまで行けなかったみたいです。(汗 精進しなければ!

>>86
そういえば、最近にゃーにゃー言ってないなぁ・・。
でも、新しい猫さんたちが来たみたいだから場所を譲ってもいいかなって
思ったりしてます。

88 :人形使い:2005/05/21(土) 23:47:23 ID:jg7S8sPe
>>87
月逆さんの詩の中にある物語は
すーっとしみとおるものがあります。
(ってこっそり覗いて改めて思いました。)

当天文台は、猫、入場可です。
旅に出る猫こちらへもどうぞ。

89 :饂飩:2005/05/22(日) 10:05:13 ID:BwysG4pV
テイク ケア

苦しい 苦い 辛い 辛い 体中味覚の宝庫です
とり間違えることもしばしば 今の気持ちの模範解答が欲しい
バシン バチン 恋することも寂しさまでも おぼろげで
涙を流しても誰も泣いてはくれない 僕は今乾いている
取り繕ったボロキレで肌寒い部分を隠して 丸まった状態で北風ぴゅるりり
風笛のようで息をしない塊が地面に立っています
息のままに風のままに足りないものを歌って乾いていく
喉に絡まる痰が毒を包んでくれる気がして 重い頭まで捨てられる気がして
・・・・・歌っています 己の耳で存在を認めて それだけを見つめて...
絶望なんて逃げ遅れただけの言い訳だ 前なんてどこを向いても同じなんだから

起きて 起きてください 最後に目を開けた時は白目だったね
分からずや 甲斐性なし 大嘘つき 寝てていいよ だから起きてよ
喜びに忘却を付けたらオブラートになる 苦しみを包め 早くよくなって

・・・歌っています 干からびながら 溢れてくるものが無限である限り
毛布の中は絶壁です 答え 待っています

90 :饂飩:2005/05/22(日) 10:15:42 ID:BwysG4pV
想像する すべてを 指の先まで






区別する 現実を 頭の外まで

とりあえず今はスルー まだ出てきそうだ から

91 :饂飩:2005/05/22(日) 10:55:07 ID:yw0B3YgA
自我追悼をする作心者

弾き出た愛情が離れていく 空っぽになる境界線の合間で躊躇してる
それは重なっていってしまう言葉たちに飽きてきて 情熱を失う心

それは並んだ文字を記号化して簡潔にしてしまってゆく 慣れた片目
あるいは音に発してハウリングしてゆく憎悪 肥えた耳
枯渇してやせ細って腐ったコンセプト ああ血が臭いんだ
力の抜けた体のままステージに・・・ あぎぇ・・・おあぁぁ・・

もう人と同じ位置に立つことが後ろめたくなった 五感がありありと辛い
離れてゆく 今この時も ゆっくりと空しく 好きと嫌いのストライプの合間に
見えないダンス 空気が滑る手つき 僕はもう踊れない・・
ヘイブラザー 笑ってくれ 無力なこのダンサーを
言葉を背景に飾り付けた舞台も 着立てた衣装も無表情な壁に変わる
意味の無いものから感じ取れる魔力も抜けてしまった 僕はもう 何も

星空が見えない あんなに大きな月さえも 目が見えなくなってしまったみたいだ
泉にあるものは込み干してしまったみたい 今はそっとしておこうか・・・
僕は待つ 何もかも忘れるまで まだ終わらない 今はこれでいいから

92 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/05/23(月) 00:47:55 ID:Oq3+vtqu
夜を連れて行く天球運行装置
語り部:悪魔

夜明けに光る銀の町並み 遠く仰ぎ見る
氷結した大気 朝焼けの太陽と
まだ見える星
チクタクと動き出す
深い空色のあの鳥には見えない
僕だけの幸せに包まれ

銀河に巻かれ
空見る小鳥 瞳に映る
朝日と天体
風去る街の天球遊び

93 :人形使い:2005/05/23(月) 23:21:30 ID:Dghm9dix
*今日はこれだけ置いてもう寝ます。ごめんなさい。おやすみなさい。

『ゴーグル』

ゴーグルをかけて

1.
しみ一つない画用紙のような真っ白い砂丘の真ん中で
葡萄酒色の幽霊クラゲをパラソルにして立て
黒革を鋲でとめた装丁の長い長い物語に耽る

2.
空に浮かぶ超高層の屋上の未踏地で
密やかに蒸留壜の中
大きな菌糸を栽培して
温かいその壜に抱きついたまま
アンテナに擬態するナナフシにまたがる夢を見る

3.
螺鈿色をした象に乗って
雷鳴を追跡しながら
スコールで極彩色にけぶる出口の無い密林を歩き
雨上がりには
大きな樹のまたにもたれて
木彫りの笛を吹き鳴らす


―青い水源に浸した麻のきれで土埃をよく拭き取ったら、また旅を続けるんだ

94 :人形使い:2005/05/23(月) 23:27:23 ID:Dghm9dix
あ、そうだ
今日は誕生日でした。
特に変わりは無いけど、
何か変わろう、変えてやろうって気持ちになりました。

うわーい!

95 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/05/24(火) 03:15:22 ID:VgkdNX5g
お誕生日おめでとう

96 :◆kTbUDdAxZI :2005/05/24(火) 13:48:32 ID:LIDx12Xr
おめでとうございます
歳を重ねるごとに人生は楽しくなりますよね

97 :饂飩:2005/05/27(金) 05:00:21 ID:JUTdmOpz
おめでとう!君の一年リセット!ハッピーバースデー!
今度は何をしてみるんだい?髪型かえたり白衣に着替えたり
一段と大きくなった自分と一年分のケーキを合体だ!
ろうそくの数だけの「ありがとう」を必殺技で吹き消すんだ
みんなと自分が祝ってくれるこの日に!おめでとう!

・・・・四日過ぎてるけどorz

98 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :2005/05/27(金) 10:45:26 ID:liwge9/J
あぁ、ぼさっとしてる間に!!
誕生日おめでとう!


99 :人形使い:2005/05/28(土) 21:34:01 ID:+/6eLbAZ
みんなありがとう!

極めて保守的で臆病者だったし、
誰かに教わり、養われているっていうことに
引け目を感じ続けてきたので、
今が一番楽しいです。
好きなことできて、責任のぴりぴり感も刺激的だし。

今年こそはバンドにてLPを制作することが目標です!
そして、今年もゆっくり詩を書いていきたいです。
みんなと一緒に。
改めて宜しくお願いいたします。

景気づけに
―Maximo park "Graffiti" !!

100 :人形使い:2005/05/28(土) 23:15:19 ID:+/6eLbAZ
>>89-90
精神と身体の折り合い。
どちらからも目を逸らさないバランス感覚を大切に。
快楽への耽溺や自意識過剰による衰弱って、
きっとこの均衡が崩れている状態なんだと思います。

特に振れ幅の大きい詩人達だから、
私は心配で仕方なくなる時があります。
安らかに、あれ。

101 :ボヘミ:2005/05/29(日) 21:31:28 ID:0Kg9niLa
遅ればせながら、おめでとう

ここは「詩板」とはいえ「2ちゃんねる」
荒れるのは仕方がない気もする
もちろん荒れるのが自分は嫌いだし、
多分この板の人の多くはそれを望んでいないと思う
それでも自分は2ちゃんねる詩板が好きなんだろうな
すごい矛盾しているなぁと我ながら辟易しているのだけれど
最近はあんまり多くを語りたくない(だから名無しでやってるんだけどね)から、
この辺にしておくよ

詩人の集まる天文台ね
今の俺は隕鉄みたいに無骨すぎるかな
今度はもう少し上等な服を着て訪ねます

102 :名前はいらない:2005/05/29(日) 21:43:49 ID:0Kg9niLa
月明かりのゆたりと沈殿すなる井戸の
水面を揺らしましたるは、
炉の丸めた灰に魂を籠めたる煤蛙

煙突なりと思いきや
落ちてみれば清澄の水面に打ち据えられ
はい、南無阿弥陀仏

――情けなき身にも降り積むあはれなり

諧謔失敬

103 :名前はいらない:2005/05/29(日) 21:48:09 ID:uNxHdEUz
happy birth day

yoki hi wo

toki ni tumazuitemo

yoki hi wo

104 :人形使い:2005/05/29(日) 21:55:47 ID:DRlDorjY
饂飩っち、悪魔さんちょっとごめん。

>>101
ありがとう。
今日は話せて本当に嬉しいよ。
名無しになるって決めたボヘミ君の意志はもちろん尊重するけれど
たまにはこうして顔を見せてくれると安心できるかな。

あと、諍いはそんなに嫌いじゃないんだ実は。
そういうエネルギーこそが人間らしいなーと思ってたりして。
それは何らかの情熱で、人間って情熱機関で動くものだから。
もちろん行き過ぎは何事も毒だけれど。
"そうであること"って否定してもどうにもならないから、さ。

>>102
井の中の蛙になれなかった蛙かぁ。
儚い物語だな。
ちょっと風刺を含んでいる気もする。
見事なお手前。

105 :人形使い:2005/05/29(日) 22:00:17 ID:DRlDorjY
隕鉄、
神秘的な工芸品が眠っていそうだ。

>>103
祝福をありがとう。

106 :まーろっく:2005/05/30(月) 00:08:58 ID:IYwSCPFm
ずいぶん遅いですが、お誕生日おめでとう、館長。
いやぁ、それにしてもなかなか向こう意気が強い館長で、見事な論陣でした。
まぁ、地球も生きておれば台風や地震もあり、悲しい思いもするのですが、
それも生命のひとつの様相。詩板も過疎板などと言われながら時としてマグマ
が噴出するのでしょう。
机を叩きながら激論した学生時代は遠い遠い昔ですが、ガタガタとそんな懐か
しい物音が聞こえてくるような詩板のこの頃であります。
などといいながら某投稿系サイトで私の罵倒がきっかけになり、言葉で殴り合
ったりなど、たぶん僕より全然若い詩人相手におとなげないことも結構してい
るのであります(笑)。


107 :饂飩:2005/05/30(月) 21:31:42 ID:Pj5hlry8
>>104 むにゃらら。構いませんことよ
最近この板にちょっぴり馴染んできたような気がしないでもない

108 :人形使い:2005/05/30(月) 22:58:16 ID:cgLwqENM
>>91
もう正直に書きます。
この詩の感想は相当何度も書いてはやめました。
何か、饂飩さんの文章って言うのは、
一つの解釈を当てはめようとすると、
私自身がすごく恥ずかしい気持ちになることが多々あって、
なんというか、絵に描いた黒い太陽を滑稽だと嘲笑う人の滑稽みたいな
そういう無粋の気分に陥るのです。
饂飩さんという舞台でくるめいている混沌をそのまま楽しむのが
一番正しい気がしたりしなかったり。

109 :人形使い:2005/05/30(月) 23:22:10 ID:cgLwqENM
>>92
不思議な装置の中にいるぼく
暁の輝きが永遠に封じ込められた
この小さな詩装置
いつまでも何度でも眺めていられる
宝物の魅力を持っている

110 :人形使い:2005/05/30(月) 23:31:46 ID:cgLwqENM
>>106
ありがとうございます!
陣の中央の天幕まで開け放していたつもりでした。
懸命に主張を聞きだそうとしたんだけれど、
安っぽい挑発をする人まで現れて、
全くの徒労だったみたいで残念です。
猜疑心にとらわれて耳を持たない者。
大げさかもしれないけれど、流血は無くならないだろうなと思いました。
ふー
なーんて気苦労。
まーろっくさんの若々しさが羨ましいとか言ってみたりして〜♪

111 :人形使い:2005/05/30(月) 23:33:26 ID:cgLwqENM
ようやく書きました。
遅くなってごめんなさい。

>>107
『わ』って音のイメージが好きです。

112 :饂飩:2005/05/31(火) 00:56:21 ID:uyDc2pTd
>>108
僕も正直に書くよ。
あなたのその探究心にはいつも感謝している。
そして、時にその誠実な態度を見て、僕はあなたを騙している気になる。
粗末なものしか入っていない袋から、光ったものを期待し探るあなた
でもそれはクズから光るものを生成出来る能力を持っている人にしか出来まい
自分が悲惨な状況を作っているようにしか見えなくなる。ああいつも良くしてくれて有難う
この板では一番馴染み深いあなただけど、たまにそう思ってしまうんだ。

偉そうにはしたくなけど、これは、「今自分の言葉に飽きてしまっている
どうみてもどれも同じにしか見えない物達、
構想のイメージも腐って、インスタント食品みたいにその場限りのやっつけのように
栄養も見栄えもよくないものばかり作り続けている気がする。」
とかそういった物を書く上での自信の無い現状をスケッチしたつもり。
こういう心境じゃないと書けないものを書いてみたかった。悩んだけど
最後のは、いつかこういう気持ちが抜けるだろうっていう気軽な気持ち
とりあえず現状はこうだけどまぁ見ててくれと読み手に言ってみた。

113 :人形使い:2005/05/31(火) 21:59:24 ID:47XePPS1
>>112
Don't mind は、和製英語らしい。
好きでやっていることだからさ、多分お互いね☆

なんとなく
「混乱と、でも楽観」の印象が
ここのところずーっと通底しているのには気付いていました。
その対象が何かまでは察することができなかったけれど。
そしてそれは完全に伏流だから
詩一篇を取り上げて
表舞台をあれやこれや語るのに何か違和感を感じたのでした。

饂飩さんのこれからをじーっと見ています。

114 :人形使い:2005/05/31(火) 22:25:04 ID:47XePPS1
詩を一つ書いていたのだけれど
あちこちで破綻して分解してしまいました。
最近こういうパターンがとても多いです。
*供養のために断片を掲載します。
------------------------------------------

その青は深すぎて
息もままならず
(O3未順応の呼吸器官)

その青は虚ろすぎて
何か言おうとしたその言葉が一枚
真っ白になって吸い込まれていった
(今でも多分その一枚は大空のどこか遠方を人知れず舞っている)

確かに私は晴れた日に
落下してくる途方も無い青の質量に耐え切れず
押し潰されて
ある晴れた空の片隅で
誰にも知られぬまま
------------------------------------------

特に青空については
幾ら書いても書いても書いても
何か大切な一節が抜けている気がしてならない。

115 :饂飩:2005/05/31(火) 23:33:47 ID:uyDc2pTd
>>113
俺の書くものは「作品」ではないのかもしれない。

>>114
空は気分屋、そんなところ自分にそっくりだ
空はブラックホール、呟きと破滅した言葉を吸い込む
空は自分の心を写す鏡なのかもしれない。

116 :人形使い:2005/06/05(日) 20:55:52 ID:HOUhEFwN
>>115
私はいまだに空の実体秘密をつかめないでいて、よく晴れた日にはいつも、目の前に答えが分かっているとわかっているのにそれが何かわからないという敗北感を背負わされ続けています。

117 :饂飩:2005/06/05(日) 21:51:35 ID:uIsAQzFF
THE STEP

向こう側に人の足跡がみえるんだ
それはちらつくようで輝いて見える
俺はそこに向かおうとしているのか
一番大切な何かを犠牲にして
わかりたい わかりたくない
真実って何さ? 何かって真実か?
自分の足で立って 獲物を捕らえて生きる
強い力と迷惑な金とその場限りの決意さ
居ても立ってもいられないみたいで一杯さ
限りないは限りあって それは命かもしれない
頭にあるもの全てを我が物にすれば
向こう側にいけるだろうか あの向こう側へ
俺の靴であの地面に残せるだろうか
燃えて黒く焦げた疚しい魂の証を

118 :饂飩:2005/06/05(日) 21:54:22 ID:uIsAQzFF
>>117 ちょっと直す

真実って何さ? 何かって真実なのか?

119 :人形使い:2005/06/08(水) 23:09:55 ID:smICbThC
寂しい人はここにおいで。

120 :まーろっく:2005/06/09(木) 00:31:21 ID:iageyRFL
寂しき者の歌

夜の底を川が流れておりました
桜の古木は咲いて
花を散らしておりました

寂しき者がふたりして
抱き合い眠っておりました
指をからめておりました

いや、眠っていると見えたのは
もうなきがらでありました
肌に降りかかる花びらも
くすぐったくもなく

いや、ふたりと見えていたのは
やはりひとりでありました
寂しき者のなきがらは
もう悲しみようもなく
ほとんど桜に埋もれて

それでも花は降り積もり
清い砂礫を川が運び
花が埋めて砂が積もり
やがて寂しき者の丘ができ

寂しき者の丘にマンションが建ち
マンション建ってともし灯ついて
丘いちめんにともし灯ついて

星空に消えてゆくのでありました

121 :名前はいらない:2005/06/09(木) 22:33:22 ID:MtHA/jtG
(こんばんわ)

一人でいると
言葉がひとつも思いつかなくなったので
仕方なく唇すぼめて
音を殺して長く少しずつ息を吐いてみた

歌になればいいのにな

122 :人形使い:2005/06/09(木) 22:52:07 ID:9NFUrrwQ
>>121
(こんばんわ)
私の場合、暖かい季節になると言葉が出なくなるのです。

その細く長い息が夜気に混ざるときに密やかにたてる分子琴の音が私には聞こえます。

ぽーん

きーん

って、ほら♪

123 :人形使い:2005/06/09(木) 23:04:16 ID:9NFUrrwQ
>>120
物凄い早回しで映す世界というのはとてもとても清冽な美しさで、亡骸はもう人の時間から解き放たれて自然のダイナミズムの中に息づいているものだから、その大らかな変化に思いを馳せると、清清しい風が吹くような心地になる。

そしてフィルムが立ち止まったときの人の営みの映りこんでいる一箔の眩さは焼付きを起こしそうなほどの lx(ルクス)
寂しさをこえて胸を打つ lx(ルクス)

124 :名前はいらない:2005/06/09(木) 23:18:42 ID:MtHA/jtG
>122
小さい楽しい音になった
お礼がしたいけれど手品のひとつも仕込んで来てません
せめて 夜に丸く開いている綿毛のたんぽぽのありかを地図に書きました
屋上の手すりのところに結んであります

125 :人形使い:2005/06/09(木) 23:27:44 ID:9NFUrrwQ
>>124
屋上に駆け上がった私を出迎える大きな月の光をまともに浴びて、まるで手品みたいに、頭真っ白い見事なアフロに膨らみ、暖かくなった夜風でどこまでも綿毛式に運ばれております。
眺望良好。
高度500mからお休みなさい。

126 :人形使い:2005/06/09(木) 23:30:35 ID:9NFUrrwQ
さらりーまん勝てないものが沢山あって眠気もその一つ。
また是非是非にどうぞ。
ゆっくりゆっくりお話しましょう。

127 :名前はいらない:2005/06/09(木) 23:32:48 ID:MtHA/jtG
>人形使いさん
おやすみなさい
良い風とやわらかい地面を

128 :饂飩:2005/06/10(金) 01:53:39 ID:jZlEPBZ7
しまった出遅れた

129 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :2005/06/10(金) 20:21:30 ID:gWn0no5A
「毛布の上で」

 ふわふわな毛布の上で
 のんびりくつろいでると
 おっとりとした眠りの神が
 ハープを奏でているのが聞こえたよ

 パチパチとする
 ひげをなだめながら
 音素記号と音符の
 道しるべをたどる

 おおきな木の下で
 眠りの神はハーブを奏でる

 あたたかい音楽に包まれて
 眠りはさらに深くなる
 しっぽをゆらして
 ひげをゆらして

 流星が落っこちるのを聞きながら
 猫は眠りにとけていく 

130 :人形使い:2005/06/13(月) 23:08:10 ID:CyhnFFnd
>>117-118
見上げたり見晴らしたりしている姿って好きだな。
影がくっきりとしていて、存在がとても明らかだ。

131 :人形使い:2005/06/13(月) 23:09:06 ID:CyhnFFnd
>>128
逐次じゃなくてもいいじゃん♪
ゆっくりと話をしましょう。

132 :人形使い:2005/06/13(月) 23:17:01 ID:CyhnFFnd
>>129
眠りに落ちる時に身体を包んでいるあの身動きが取れないほど果てしなく柔らかい感覚はハープの音色だったのですね、納得。
一つとても不思議なことがあって、自分ではない誰かが静かに眠りに落ちる様子を眺めていると心がとても穏やかになるのは何故なんだろう。
これを考えながら布団に潜り込めばぐっすり深い幸福な眠りが見込めそうです。
ありがとう。

133 :名前はいらない:2005/06/16(木) 22:34:01 ID:7wAFf6jJ
(こんばんは)

夜になっても降り止まないから
雨粒を顕微鏡で覗いてみたら
渦を巻く粒子が集まっては拡散していくのが見えた

触ってみたさにうっかりスライドグラスを床に落とした
そしたらどうだろう、窓の外が大雨だ

おたおたしながらそっと破片を片付けて
残った水滴をおっかなびっくり覗いてみた

小っちゃくて殆ど見えないけどよく見ると
太陽がにんまり笑って隠れてるんだ ひどい話

134 :人形使い:2005/06/19(日) 21:57:13 ID:eb0YeZGu
>>133
雪があんなにきれいな結晶と知っているのに
なぜわたしは雨のことに気付かなかったんだろう

静かな研究室と空は繋がりあっていて
覗いても覗いてもどこまでも繰り返す
たまねぎのようなその部屋の完結した無限の構造に
すっかりはまり込んでしまいました。

素敵です!

135 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :2005/06/25(土) 00:00:58 ID:ZlOUITiN
 「思案中」

 夜が時間通りにやってきて
 太陽を追い出した頃

 影は空をえぐって
 月と星が零れ落ちた

 それを見ながら
 どうしたもんかと考える

 おしゃべりな月と星たちが
 こっちでパーティをしないかと誘ってる

 優しげな夜が
 ゆっくり眠ろうと誘ってる
 
 月もいいけど夜もいい
 どうしたもんかと考える

 悩んでるうちに朝が来て
 ぐーたらな猫が飯くれと催促する

 それを見ながら
 どうしたもんかと考える

136 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :2005/06/25(土) 00:10:12 ID:ZlOUITiN
「月と夜」

 影が空をえぐって
 月と星が零れ落ちた

 影は月と夜の狭間にいる
 どちらにも溶け込めなくて

 包み込むような光も
 冷酷に断罪する闇も
 影の本質だから

 影は真実の偽りの姿
 誰かが気づくのを待っている 


137 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :2005/06/25(土) 00:13:53 ID:ZlOUITiN
>>132
寝てるような起きてるような中途半端な状態をスケッチしてみました。
猫のように眠りたいなぁ。
憧れ強すぎて猫になりそう。
にゃー。

>>135-136
書いた詩をなおしていたらぜんぜん正反対のものが出来ました。
136が最初に書いたものです。



138 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/06/27(月) 01:42:26 ID:9flEaGZ6
ガリガリと音たて登る太陽を嫌悪していた
リズム:僕はどうしてか君に会えないでいる
リーズン:無意味なものだけが満たしていく
声に出して言ってみて
rai rai rararai rairarairarararai da da da
単純だけど暖かく悲しみだけを導くメロディ
針金を巡らした僕の庭にも聞こえるのかな

笑いかけると目をそらす貝殻のようなくつを履く君は彷徨いだして戻らない

カリカリと耳障りなディスク蹴飛ばして
リズム:僕はどうしても臆病で
リーズン:無駄な事だと言い聞かせ
声に出して言ってみた
rai rai rararai rairarairarararai da da da

139 :人形使い:2005/07/02(土) 16:58:58 ID:PijU/T3k
>>135
夜と太陽と月と星と猫
とてもシンプルな生活
そこはきっととても安らかで
そういう生活を最近の私は求めているので
清涼になりました。

>>136
世界と私と光と影はひとつに縫い合わされている一枚の織物で
悩みながら歩き回る哲学者の足はいつもそれらを引きずっている。
一つばかり見ては何もわからないけれど、
一つには全てが隠されている。
とか、感想ではなくて触発されての文章。

>>137
月逆さんかもす雰囲気は充分猫のシルエットですとも。

ネガポジみたいに原風景は一枚。

140 :人形使い:2005/07/02(土) 17:01:32 ID:PijU/T3k
物事の表面を切り取っていくビジネスの世界のスピードの感覚嫌いじゃないけれど、詩を書くということを知っていると何か欠落した気分になって歯がゆくなったりします。
折り合いをつけてスマートな成人になりたいです。

141 :人形使い:2005/07/02(土) 17:09:43 ID:PijU/T3k
>>138
太陽円盤Diskなんかじゃ伝わらない本当の音であるLiveの臨場感で大合唱するStadium song、そんなPowerを感じたのはFesの夏だからかな。

今年もFuji & SUMMER SONIC行きます、夏!

142 :人形使い:2005/07/10(日) 12:55:17 ID:ofgyRt4A
働くということは成人になるということは『なぜ』を思わなくなること。
『なぜ』の問いかけがしばしば陥る閉じた迷宮を回避する賢明。
『どのように』という労働における対処は林檎の皮むきのように世界の表層を切り取っては処理廃棄してゆく作業だから、身を沈める深度は存在しない。
学者や詩人や音楽家の拠り所無き彷徨を私はすっかり失念してしまっていた。
長い時間をかけて炎天下目的も無い徒歩の思索の中でようやくそのことを見つけ出し思い出したのでした。
時々は立ち返らなければ原点に。

その触れ幅で生活を豊かに!

143 :人形使い:2005/07/11(月) 23:08:20 ID:sPPg87EZ
プール

蹴伸びで離陸して、青いコースライン‐タイル上をなぞる潜航
久方ぶりの真水を、(例えば夏の水練の授業の)追憶の貝殻を拾うようにゆっくりと泳いでゆく水面には午後の陽光
自由に伸びる手足で水に抵抗をかけて推進を得ながら、受けた幾つかの観念的な示唆のつぶやきを泡に乗せて排出してゆけば、小さな懸念達は引っ掛かる棘の単位で水に溶けてゆき、私の実在だけが明晰になってゆく
常に新鮮な空気を要求する身体はとても自然で、半ば電解しだしている

揚水

カルキの匂いのする皺指で摘むラムネアイスバーの溶けた滴に丸まって映りこむ、照り返る真っ白なコンクリートブロック塀に夏と名付ける
まだ履き慣れないビーチサンダルがずれて痛い
団地を経由するバスの閑散にうなる空調には、そろそろ快適な夕暮れの空気が混ざり始めており、自邸抜ける涼風を肴にあぐらをかいてビールを飲むまどろみのプランに喉が鳴る
アルコールは灰汁の抜けた心身の隅々までよくまわるだろう

144 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/07/12(火) 23:59:46 ID:VpuMHhJj
炎つかむその手は傷だらけ 刻み込まれたストーリー
剣握るその手は血まみれ 染みこんだカルマー
甲冑の少女は火花を巡らし100億の敵と戦い続ける
まだ続く戦いの旅を誰も止められやしない
聖なる剣をその腕に 祝福の鎧をその胸に
取り憑く悪魔に見向きもせずに
勇敢な少女の物語は続く

空に馬蹄 剣の音 夕暮れは朱に染まる

145 :人形使い:2005/07/13(水) 22:55:50 ID:tZD7yich
>>144
少女を戦いに駆り立てる
何かその一途な思いを想像するに
私は何か切ない物思いに囚われます。
おそらくそれらの敵は
少女の頑なが作り出した犠牲者なのではないかと危惧します。
本当の信念というものの貫き方に気付いたとき
少女が流した血を贖う方法を
私は教えてあげられないので。

などというのは私のエゴイズム
少女一瞥もくれず地平を睨む横顔はいずれ美しい

146 :Mana魔名:2005/07/16(土) 15:34:38 ID:91BPdmv1
天体観測をはじめよう
文章以上に秩序だった空
台形の星座が規則的に廻る
にぶい光は点滅を繰り返して
てのひらに映る暗闇に彩を添える

147 :饂飩:2005/07/28(木) 20:21:39 ID:7djjYhTQ
ソニック

出来るだけ 見つめられるだけのエピソード
そっと今思い出して 夜に掲げる重い星
変わればいい 流せない涙と冷たい糸を
後悔のど真ん中に差し込んで 自己哀れみの章
一節 良かば知らん この現状
稀に見る死体の道 光と闇が形作る
嫌と殺意に混ぜ込んだ 明るいロッカー
思い切り切り刻んで知らない名前になってく
だんだん だらだらと 気が散ってゆく表情
疾走すれば消えてゆく吹き付く血と鉛
失踪すれば逃げてゆくキラキラ光る窓
走りすぎて染まってゆく真っ白いボディ
濁った瞳がが今日も彩られてゆく 魂

148 :饂飩:2005/07/28(木) 20:34:59 ID:7djjYhTQ
地下の孤城

膨れてゆく デ・パ・チ・カ
何小節もコピー&ペースト
寂れた廃墟 デ・パ・チ・カ
ナンセンスもRide on Time
立ち上がり眩んで 零れる
ナショナリズムがまどろっこしくて
飽きれて垂れてく デ・パ・チ・カ
面倒なことと すれ違ってく意識が
合間と合間にチーズが挟んであって
これが一個一日一人 たまに人の指が見える
曲がりなりにも デ・パ・チ¥カ
飛び出したホースをメイスで押し込む
隼のようにとカレーをかけて デ・パ・チ・」カ
夜と昼が混ざって抜け出せない樹海
目の色と羊の数を数え どちらも高さが合わない
張り裂けながら落ちてゆく 惨くて笑える赤い風船
デ・パ・チ・カ

149 :饂飩:2005/07/28(木) 20:58:02 ID:7djjYhTQ
服従者

突然だけど君だって服従者だ 幾たびにも渡る調教の末に
忘れたことさえ忘れてしまった
哀れで そして優秀な 遺伝子組み換え大豆だ
そして最高の審判を待っている
社会の舞台で踊らされて疲れて おどけている 皺の数も違う何人かが
下を そう下を TVでも見るかの如く
ため息や 独り言をあいまぁと呟くよ
忘れることすら仕事になってしまった
可哀想で 可笑しな服従者が 今日も踊っているよ ベラベラと達者に
飛び出た醜い内臓をズルズルと引きずりながら
麻痺していつ身体を切られたのかすら知らないでいる
忘れかけている者たちよ 百目になれ
医者になれ 教育者になれ 知らないでいるときっと忘れる
そうなれば 何故死んだのかすら知らないまま終わる
生きた試しもなくズダズダと幾千もの足跡に揉まれ
怪我をしたことさえ忘れ 堕ちてゆく
そしてだらしなく疲れ果て 内臓が飛び出でて
走りもせずに歩いてゆくだけの日常に
また疲れ 終わってゆく生き方に嫌気が差し
愚かにも他人を巻き込みたくなってゆく
笑顔を 悲しみを 優しさを 他人を
歩きながら落としてしまう人間は
小奇麗に舗装された道を標識見ながら歩いていくだけ
退屈なことが当たり前になっていって
とても臆病になっている自分に腹が立つ
それに気付いたって 忘れ物がとても目立つから
黙って無表情な道しか信じられなくて
それしかないんだ もう何にもなれない
忘れてはいけない 日常に服従してはいけない
だから 違ったモノになれ 何にでもなれる人になれ

150 :人形使い:2005/08/08(月) 20:14:09 ID:hDhj2p4R
夏 肖像画 横顔

―壊れた貝殻に滑り込んだ燃え盛る車輪の形の夏は、細かい蝉の聲に半ば埋没し、首を少し傾げて繰言をいつまでも細長く呟くので、私はいつまでも夕立の簾(スダレ)る積乱雲の翳りから抜け出せないでいる

151 :人形使い:2005/08/08(月) 22:06:49 ID:hDhj2p4R
>>146
紅を刷いた薄い月を浮かべた夜は
茶の湯の深い緑色をしている
嗜酒症の老人が水辺に詠んだ長詩が
むこう岸の柳の葉を揺らす

152 :ポエムテロリスト:2005/08/22(月) 07:08:53 ID:P0ch4jYb
『犯行声明』
グラスの中で溶けていくのは時間だが
我々は社会のホクロみたいな存在である
それはチョコにもラーメンの具にもならない
それは二十一世紀の夢だ
アグレチュゲーゴシゴッゴ
じゃがいもにとろけるバターが瞳をおおい
私は叫んじゃう「赤身と白身生魚じゃないの!?」って流れるように絶叫
皿にきれいに並んだ厚焼かれた卵は堕胎された私の夢とか?ばかな
握りこぶしには割り損ねた箸のささくれでも刺しとけばいんじゃね?
最高の日が最高であるために私はどこの部分を大事にすれば良いのだろう
植木鉢の中に土が盛られそれが沢山の花を咲かせたとしても
足の指で握ればそれは舗装の一種にすぎない
私は「吸いません」と拒む、彼は「すいません」と気を使う
居酒屋で煙草と郷愁にむせかえる一口呷る
今日という時間が来週と明日と夜の灯にうっすらと
まだ私が来ないともたれて
見えないものを地平線に並べる
その上をこうじ菌の知人、身代金がケンタッキー州までドライブスルー
スルー、スルー、もっとはやく
荷物まとめてとっととトリロジー
トリロジーはトポスのかなた
ところで余った大根おろしつまみすぎじゃね?
「こんなあたしでいいのかしら?」置いていかないで
置物みたいで美しく
哀しい

153 :饂飩:2005/08/22(月) 18:21:24 ID:LZjQQLMv
でまかせ

熱くもないのに服を脱ぎ
人間なのに神がかり
良くもないのに辻褄合わせ
人と同じ位置 いつも同じ位置

平坦で愛想が尽きた壁と生と糸屑
それらは他人から見ればカオトピア
叙情に顔を向け 鏡水に睨めっこ
あくる日の朝 汚い夢を思い出そうと
一日分の出来事を捏造し脳内に流す
無理やりにして健気な端末の自分
やれてないやらない険悪なアイデンティティー
それも自分 切っては張り続ける枠を
延々とスクラップブックに閉じれば
きっと誰でもいいから目を通す

フィクションにもならない災いの種
花は咲かない 咲かないけどそれは 広がってゆく
虎視眈々と 岩でも刃物でもない
人間であることへの反応 自分に向ける実験器具
詩は関係ない 言葉も関係ない

ただ溜まった血のかさぶたを貼り付けるだけの
この歌にもならない作業は

154 :饂飩:2005/08/22(月) 18:28:08 ID:LZjQQLMv
>>152

興味なくとも目ざとくても
それすら俺たちには「どーでもいいこと」だ
そう 俺たちが先に飽き飽きしてるんだ
いぃーすよ なんでもいいし
勝手にしてろ 勝手にやらせてもらいますから
というわけでアウトローでも麺類でもない人からにも
嫌煙されそうな煙を吐いた 無秩序軍団。出ました

155 :饂飩:2005/08/22(月) 18:38:17 ID:LZjQQLMv
忘れていました 肉体を
あさって取りにいきます
だから食べないでください
いやね 不便ですから
ヨーヨーもゲームもできないのは
タバコだって自分今煙みたいだから
あれ タバコ吸うの 変でしょ?

156 :人形使い:2005/08/23(火) 23:33:04 ID:KrxKFhZH
>>147
音速で折り合わされる世界の隙間を駆け抜けてゆく
体躯疾駆して絶句
音速の魂は星界も後悔も全てを置き去りにして
加速するほどに色鮮やかに輝きを増す

157 :人形使い:2005/08/23(火) 23:41:35 ID:KrxKFhZH
>>148
肝心なのは何故溢れかえる食料品を埋葬する様に地下に陳列するのかってこと
その理由はデパチカのどこかにあるんだけれど
溢れかえる生産物の中に紛れてしまって
人々は試食品を摘むばかりで
今はもう誰も覚えていない

158 :人形使い:2005/08/23(火) 23:53:29 ID:KrxKFhZH
>>149
知らない人は知らなくて良いことだったり
それは言い訳だったりもする
誰もがそれなりに幸せで
永遠に不幸から抜け出せなくて
自由も服従も角度によって見え方の変わる
細かいギザギザのついたシールみたいに一枚
ただ達観が空想を浮遊する手足をもぎとるのは事実
それが何gなのかは知らない

159 :人形使い:2005/08/25(木) 22:33:32 ID:6xsCl9UX
>>153
声ではない声
バタバタと手足を振り回して何かを
伝心しようというでまかせ
緊張して延長してゆく言葉が
引っ張ったポリエチレンの袋みたいに
細く長く熱くなっていて
その中心に転がっているのは
よく見知ったひとたまのうどん
水のように掴み所が無い中を泳ぐように
人はこの詩を読むのだろうけれど
遠景ははっきりとした実体になっていて
こんがらがった直線
交錯したプロトコル
そういった言葉だけが人を殴打することができる道具なんだなと
たんこぶを押さえながら確認しました

160 :人形使い:2005/08/25(木) 22:35:52 ID:6xsCl9UX
>>154
それは全人類への皮肉なんだと電動釘打ちしていたり?
奴らの歯はだいぶ黒いらしい。

161 :人形使い:2005/08/25(木) 22:37:11 ID:6xsCl9UX
>>155
ふーって吹き散らしていい?

162 :饂飩:2005/08/26(金) 06:04:30 ID:rdPvE6+a
なんでもいいから人に冷ややかな目で見られたい
しかもその目は僅かに憧れている
そう。日本マゾ化計画を進めたい。ルールを変えたい
ポイ捨てしない世の中とか。みんながみんな日本人としての心を思い出してほしい。

>>161
せめて啜ってください。麺類ですから

163 :饂飩:2005/08/26(金) 09:21:50 ID:rdPvE6+a
かんぜん

素っ気無く梱包した花柄のダンボールの中はサメだったり
オス状とメス状が連なって日常を形成してゆくなんてったて
延々積んで行く 無機質に変わる力は構う事ないなんて
なんで気持ちい朝は苦しくて夜になると喜びになるんだろう
中が蛇の目で出来たステンレスの筒に中々出ない体液
これって永遠? 中は傷もので汗が出たり止まったり
飛躍せずに飛び回るなんてあと三秒で飽きそうなのに
なんでって絶対足がないから 鳥にだって足はあるのに
ピヨピヨの小鳥だって餌は淡白なものなのに
腕を振っても風は起きず 骨がなって痛いだけ
白けた顔で仮面を被り 時間をかけて慣れてゆくのは嫌だ
こんなに嫌になっても終わらない世界に僕は嫉妬して 全部を操りたくなる
今の気分はサイケなブルー 明らかに凶だ

164 :人形使い:2005/08/30(火) 23:12:22 ID:MYxeTpTa
>>162
ずるずるっっとー

スマートにルールを変えるなら
選挙には行ったほうがいい
そうじゃなきゃロックをやるっきゃないっ!

日本人であり企業人である私
じゃなくて
私は日本人で企業人です今のところ
って言いたいナァ。

165 :人形使い:2005/08/30(火) 23:32:56 ID:MYxeTpTa
>>163
目も耳も口も鼻も
全て粘土で塞がれてしまったような
そういう閉塞した気分があって
それには何の理由も無い
強いて言うならば世界そのものが諸悪の根源
みたいな

そんな時は掌を広げて
ゆらゆらさせて歩くと良いそうです

166 :ボヘミ:2005/08/31(水) 20:58:39 ID:zDj8Lowg
線路は続くよ どこまでも

地下鉄の不規則なリズムは、美しかった僕の思い出を攪拌してゆく
大都市を縦横無尽に脈打つ目まぐるしい毛細血管
僕一人だけがコレステロールのように行き詰まりたがっている


――…悲鳴
一際おおきな揺れ――急ブレーキに引き裂かれた幻燈
軋轢に泣き喚きながら僕はまた仮初の慰安から隔てられる

日ごと繰り返し繰り返される終点と覚醒への呼び水

駅の明かりが近づいている


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
と、3ヶ月ぶりに立ち寄ってみました
詩板を覗く度にこのスレがあることが僕を和ませます
投下品の内容に他意はないので悪しからず
まぁ初期衝動が弱いから質もないんですけどねw

167 :名前はいらない:2005/09/05(月) 16:35:40 ID:cYRU7qCo
聞きもしない事を喋る人は(ry

168 :人形使い:2005/09/05(月) 23:50:31 ID:WHlXcQA4
>>166
都会の息の根を止めることを狙う異物
漠然とした着点の明かりの希薄さ

久しぶりです。
私も日々のざらついた表面に摩り下ろされて
大分よい調子で衝動を失いつつあり
失望を強く感じとることすらできない感性に
頭蓋骨が歪みそうです。

169 :人形使い:2005/09/05(月) 23:53:31 ID:WHlXcQA4
>>167
連詩

>聞きもしない事を喋る人は
切り取った舌の根に紫陽花を接木する

170 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/09/16(金) 01:09:07 ID:1lDYo25s
昆虫力学U
語り部:悪魔

その昆虫の複眼は 幾何学的色彩を放つ、単純な世界を見つめ
果てしなく、果てしなく、飛び回っている

小指の先ほどの小さな羽を振動させ 砂粒のような複眼をキョロリ
彼ら昆虫は ミニマムな世界を旅す

花弁に海 したたり落ちる 海の雨
強烈な表面張力 ねっとりと巨大な酸素分子
重力を武器に 目に付かぬ世界を蹂躙する

その昆虫の複眼は 百分の一秒の間に 万華鏡の世界を見つめ
果てしなく、果てしなく、飛び回っている

171 :人形使い:2005/09/24(土) 22:52:04 ID:n6boyZdM
お久しぶりです。
おまたせしてごめんなさい。

>>170
顕微してみるほどに
精緻な精彩に満ちた世界の端的な一端
息を飲むような瞬間が
完璧にパッケージングされていると思います。
この封じ込められた極彩色の密度に
私は悪魔の眼の複眼を知りました。

172 :人形使い:2005/09/24(土) 23:07:03 ID:n6boyZdM
秋を吸気すると細胞が満開して
光透過性な内腑が再形成される

姿勢正しく爪先立ちして
それらの器を共鳴させるように
清明なvisionをいわし雲に独唱する

わーい

173 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/09/26(月) 00:28:30 ID:dbNXklQA
ヤクタタズ ロクデナシ ゴクツブシ
何にも出来ないクソッタレ
遠くから 呼んでいる 最悪の歌声
俺が歌を歌うからには覚悟しておけ
この夜の悪夢を ミソッカスを 全部ぶちまけて
あんたの目玉をこじ開けて 見開かせてやるからな

気が狂ったみたいに叫んで
酒浸りの俺を ロクに仕事も出来ない俺を 誰ともなじめない俺を
オナニーばかりの俺を 童貞の俺を 暗い部屋に居る俺を
俺としか言えない俺を 俺を 全部見せてやるぜ

174 :饂飩:2005/09/26(月) 00:32:03 ID:YPdxX7pL
罪の意識

背丈という名の地面から生えている 沢山の頭の中の
その内一つが君の頭だとしようか で さて突然だがここにピストルがある
それで君の頭を撃とう 引き金は君が引くんだ 理由は後回しだ
君は君しか打てない 引けるかね?嫌だ?止めておく?
でも実際問題 ピストルを構えてる君はここにいるよ
ではあれは誰の頭だと思う? あれだよ 赤く印を付けておこうか
ッパン!ほらあれだよ あそこに今私が撃った「君」の頭がある
そしてここには真っ赤な頭をした君がいる
痛いかい?フラフラする?でも本当にあれは君のかい?
認めるか認めたくないかは君が決めるんだ
しかし既に君は あれを君のものだと決めてしまった
大丈夫 直ぐには死なない 治る方法?あるさ
他の頭を撃ってごらん 三人撃てばいい
狙っても誰も気付いちゃいないよ
ッパン! ッパン! ッパン!
うん命中だ どうだい傷は・・・ あぁ どの頭も君なんだね

これでいいんだよ 君のような人が増えてくれればいいのにな

175 :饂飩:2005/09/26(月) 00:58:02 ID:YPdxX7pL
ノイズ

例えば静かに水の滴る音がする天井と床が鉄でできた
廃工場の入り口から北側に連なった三部屋の内の
一番手前「第一加工室」だった空間は息のできないほど
埃の詰まった通気ダクトの中には二・三十年前の
この工場の空気(瞬間的な人の声と永断続的な機械音)が
今でも外へ外へとゆっくりと出て行こうとするが
この空気が外へ出てゆく頃には既にこの廃墟は壊されていて
その時取り壊れていった鉄骨やコンクリートの音も
解体業者の人が休憩の時に飲んだコーヒーの缶を
構わずこの部屋にポイ捨てする音も 他愛も無い雑談も
約三週間分の空気が二・三十年前の空気の後を追って
今は無き錆びちゃけた通気ダクトを通って押し流されていき
あの廃工場の跡地に出来た大型スーパーの店内スピーカーを
出口に詰まった音達がダムが決壊を起すかのように爆音
二・三十年前と一年前の時間が入り混じって押し出される爆音で

176 :饂飩:2005/09/26(月) 01:03:40 ID:YPdxX7pL
[、_、_ラ=ラ=-5-5*,*,g,g,*9*9 AA【*yWW*9*9シシ醪
醪クク箚箚ソオソオiヤiヤヒヨヒヨ0ソ0ソ_ア_アツツm舂* メ メΨ
ΨMニMニee* * 銕ロ・ロロ{{ヲ ヲ /(/(5,5,*$*$エ/エ
/}M}M44qAqAKRKRd)d)l-l-JRJR?8?8y y *3*
3 , ,R%R%*9*93232ハHハHs[s[VfVfハYハY'K'K V V
hHhHL4L4 0 0C@C@*.*.@)@)モ9モ9 6 6弋弋オZオZ
_ _3m3ml\l\ツ^ツ^]m]m穽穽yyyyyy嘲嘲+p+
p;X;X・e・eキyキyyy r rfzfzyyyyIvIvyy^~^~ハh
ハhSSョoョoヒSヒSyyノyノy"s"syy s sOjOjヲUヲU
ノ)ノ)ヤ

ヒ ヒ *5*5ァ[ァ[AZAZ1t1tpp;q;qo{o{xk
xknpnp}u}uテxテxキcキcecech[h[メCメC・・ノaノaムdムd
XWXWムRムRilil ~ ~yy・・ V Vttyyyyqqyyyy
5k5kニcニcロsロs老老dSdS・・コMコM恵恵*>*>s&s&
*2*2^P^Pw]w]-5-5*<*< + +{"{"*%*%K K ! ! ヨ ヨ $
$y#y#* * ホ8ホ8l2l2セAセABBツ0ツ0tKtK・・ H Hレ5レ
5ィEィE&R&Rナ0ナ0* * W"W"ヲ<ヲ<)4)4"&"&|D|D#R
#Rl&l&/8/8_L_L*<*<*9*9a9a9ト;ト;f f S3S3UBUB
*+*+DEDEt!t!゚ ゚ *+*+V V \!\!* * カyカyユユチヤチヤワワl
tltタリタリfシfシロ ロ % % ,&,&q q B B メ7メ7* * * * *

177 :饂飩:2005/09/26(月) 01:07:35 ID:YPdxX7pL
目にやかましいのでカット
文字だけで人の鼓膜に伝えるのは無謀だろうか

178 :饂飩:2005/09/27(火) 01:33:45 ID:BoTts9Y1
イリュージョン

何気なく目を閉じて なんとなく開いたら既に僕の目は失明していたり
何気なく湯船に浸かって なんとなく100数えて上がってみたら
今まで僕が入っていたお湯が一滴たりとも消え去っていたり
何気なく好きなあのコの体の中の内臓が表になって化け物みたいに豹変しまって
脅えきってしまった僕がなんとなく ピクピク動く心臓にキスをしてしまったり
あくる日の夢とあの日の夢が入れ替わったりしてしまっても
気が付くことが出来なかったり
トランプのババ抜きで一番最初に抜けたハズの僕の穴のあいた奥歯から
殺意めいた顔のババが丸まって出てきたり
勇気がなくて見ることが出来なかった高校の卒業文集を
恐る恐る自分の欄だけ見ようとすると
血がベットリついた木炭が網膜にちらついたり
あぁ・・・はぁあはぁ、、、、

僕は最後に何を見て死ぬのだろうか
目が 目がいつまでもついていて欲しい
離れないでおくれよ 死んでもずっと疑ってたいから

179 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/10/04(火) 02:00:42 ID:g6Po0cOJ
空虚な冬が過ぎ去って 荒廃した春が来る前に みんな居なくなって 自分だけが取り残されてしまうよ

180 :饂飩:2005/10/08(土) 00:12:55 ID:TA3sI30x
秋の空気を体中に感じて 僕は一人淡い色の空へと 落ちてゆく

181 :人形使い:2005/10/11(火) 21:37:15 ID:YaT7Bz3t
実は実は
働いて駆け回ってバンドしてライブしてな生活の狭間に
世界の色が一変するくらい素敵なことがありました。
それはとてもありふれていることで
だからこそ世界が続いてきたのだけれど
自分にだけは決して起き得ないと決めつけていたことが
起きてしまったのです。
お陰で私はなんだか丸く丸ーくなってしまいそうです。
苛立ちの触手のように撒き散らしてきた言葉達が
次第に影を潜めていくのではないかという予感がしています。
こうして身辺を埋めてゆく様々な出来事との摩擦で
感性の角が取れてしまうことは
とても淋しいことである気もしますが
今は、それでもいいんじゃないかという気もしています。

そしてこの天文台の在り方も様変わりしていきます。
決して無くなることはありませんが
館長の声は大分小さくなることでしょう。
他に囁く場所を見つけたので。

182 :名前はいらない:2005/10/11(火) 22:11:20 ID:4Is7H9Yg
彼女が出来たら終わりか。安易な。

183 :人形使い:2005/10/11(火) 22:24:37 ID:YaT7Bz3t
安易でいーもんねー、って気分です。今は。ふわふわ

184 :饂飩:2005/10/11(火) 23:39:48 ID:YxJ4ak9h
バックグラウンド

たびたび季節が僕の隙間に色を付けていく
どうにもならないこと 倒れてしまいそうなこと
それらは風にさらされて 小さくなって飛んでゆく
乾いた手の先が 色のついた隙間をなぞり
多くの溜息と重なってゆく それは心のバックグラウンド

雨が 風が 雪が 砂が 吹き荒れて
涙が 朝が 花弁が 言葉が 零れてく

折曲がって 交差して 枝分かれ
一本だけの道は どこまで無限なのだろう

季節は変わる 僕の目の色も変わる  激しく たまに優しく
舞台が変わる 僕がふらり立ち寄った一つだけの部屋は
秋の空気でもなく 季節だったんだ
ゆっくりと 突然スピードを上げて 変化する
僕のバックグラウンドは 今日も目覚めるたびに折れ曲がってゆく

185 :饂飩:2005/10/11(火) 23:42:29 ID:YxJ4ak9h
>>184 修正

季節は変わる 僕の目の色も変わる  激しく たまに優しく
舞台が変わる 僕がふらり立ち寄った一つだけの部屋は
秋の空気でもなく 君だったんだ

186 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/10/12(水) 00:48:20 ID:xw8qGuhX
クサクサしようぜ 全部干からびさせようぜ
どんなに叫んでも 音楽の神に叫んでも
俺は人でしか無いんだ

脳みそをほじくり出して 風の共振を叩き込みたい
インパルスのかわりに音楽を詰め込みたい
ぶちまけたのが無音でもノイズでも

クサクサしようぜ 全部干からびさせようぜ
どんなに叫んでも 音楽の神に叫んでも
俺は人でしか無いんだ

187 :ゼッケン ◆ZKKEnLZjOY :2005/10/14(金) 18:27:50 ID:0nkyOInG
>>181-183
こんにちは。なんだか幸せの匂いがしたので、つい立ち寄ってしまいました。

「ラブゾンビ」

幸せの匂いをかぎつけたラブゾンビが大挙襲来
それで、ぼくらはショッピングモールに立てこもり
息を止めてキスをした

格好をつけたマネキンの並んだ窓の外では
青白い群れが
ただただ指使い舌使い腰使いのテクニック
一夜限りのパレード
会話で酔わせ、視線で惑わせ、ついでに酒で敷居をまたぐ
肢体くねらせセクシー勝負の青白い死体したいばかり
潤んだ先端開く花弁夜に咲き、歯並びは良し
その場のトイレで咥えて咥えさせ合格出して
次に行くだけ

ぼくらはパレードから抜け出し、
ショッピングモールに立てこもり
息を殺して長い長いくちづけ

188 :饂飩:2005/10/16(日) 20:36:30 ID:hJYjHY6c
言葉の錬金術

人を操る言葉を作るんだ 泣かせたり笑わせたり死なせたり
選べる言葉を作るんだ それだけでどうにでもなる魔法さ
身振りより 表情よりもずっと 強烈な言葉を僕は探している

僕は 生まれつき手が無い でも自分が不幸だと思ったことは一度も無い
とりあえず牛カルビ焼いておきますね 三枚
僕はとっても幸せ者 誰よりも 僕以外のクズが幸せを語るな
とりあえず牛カルビ焼いておきますね

俺は口いっぱい剥き出しの歯を嫌な奴に向け威嚇する
彼らはそんな俺を「歯並びが悪い」とか「失礼な奴だ」
そういう理由で相手にしない つまらない腰抜けめ

沢山たくさん 心で泣きました 誰にも涙は見せないだった
でも でもね 今日だけは 泣いていいかな
ごめん 涙でさよならしたいんだ さようなら恭子 一生忘れない
君は死んでなんか ない

私は今日で二十歳。私の母がお祝いに赤飯を炊いてくれました。
お母さん。私の生理が来たときは炊かなかったのに何で?
まさかお母さん・・・?私が宏とフリーSEXしたことを・・・そして・・・
ドクドクン・・・・ドクドク・・・・お母さんは赤飯をよそりながらポツリと言った
「妊娠おめでとう栄子。これを食べたら荷物をまとめなさい」
なんで・・・?なんでそのこと・・・私は・・・私。。
うっ・・・ぐぇ・・・あ・・

人は 作られた言葉に勝てるのだろうか これからも そしていつまでも

189 :饂飩:2005/10/16(日) 20:43:39 ID:hJYjHY6c
詩人の在り方

詩人は気取ってはいけない
詩人を気取ってはいけない

詩人は詩人を測ってはいけない
詩人は詩人と名乗っていけない

詩人は言葉に縛られてはいけない
詩人は言葉を縛ってはいけない

詩人は自由になってはいけない
詩人は自分を自由だと思わなくてはいけない

詩人は旅を続けねばならない

故に

詩人は黙ってても詩人であることを忘れてはいけない

190 :饂飩:2005/10/16(日) 20:53:35 ID:hJYjHY6c
ボクは詩人ではないことを止めてしまった

ボクが書き連ねた文章はなんといいますか
詩ではない

完結も無いし 教訓でもない 足にもならないタンコブだ
ゴワゴワしていて岩だけだ 川をも阻むタンコブだ
決して美的でも 爆発でもない こんな塊は詩とはいえない

しかしボクはこの塊を目を通してくださった みなさんに説明するときに
詩ではないモノ と言うのがなんだか恥ずかしくなってしまった
ボクは諦めてしまったのだ 頑なに否定することを

だからボクの詩は 諦めた詩として これから書きつづけることにしました

「人は皆詩人」だと言った人がいますが 僕のはこれとはニュアンスの違った
詩 です

191 :饂飩:2005/10/16(日) 21:14:05 ID:hJYjHY6c
明日もまた

ヤドカリの足が何本あるか知っているかい
貝に篭っていても彼らの足は10本
家に篭っている僕はとりあえず2本
同じ日の当たらない種類でも彼らと僕ではその差は歴然だ
僕は一日中ここで文字を打ちつづけて詩が3つ
彼らは腹が減ったら鋏で魚をとりあえず3匹お腹に
たまたま動かずに魚が捕らえられたとして
残りの8本は無駄になる 僕はヤドカリ博士でもない
だけどもこんなのってないじゃないか
僕は知らないうちに言葉を捕らえて貼り付けるだけだけど
彼らは食べないと死んでしまう 必死で魚を捕まえようとするだろう
今日はたまたま捕まえられなかったとして 今日を彼らが諦めても
僕なら絶対絶えられない それとも水を飲んで誤魔化すのだろうか
彼らが一日中満腹でいられる為に必要な魚が3匹だとして
今日みたいな日はきっと川の水をおしりの先まで飲んでしまうだろう
僕がそうなったら遺書を書いて自殺する だって10本と2本じゃ天地の差だから
足の数だよ 運が悪く1本0本の人がいたってそう大差ない
彼らは非常に贅沢な生き方をしている
そんなに足があるならどんなに歩いても疲れないし
いざという時は自分の足を食べてしまえばいい そんなの僕には出来ない
魚が横切れば直ぐに捕まえようとすることだって出来る

同じ種類なのにこの差は僕としてはとても不公平に思えてきてしまうんだ
言葉は食べられない だけども
今日も僕は思いつきのトンカツを口いっぱい頬張るのだった

192 :饂飩:2005/10/16(日) 21:32:59 ID:hJYjHY6c
理解されない言葉は多分音の無いノイズなのだろう
一文字一文字を目で追っていくと 実は16進法
そして解読するとこう出る 例えば

わっぱよ びで あジレイタシーン おねえさんと

元の言葉はこれ

分光蛍光光度計

193 :人形使い:2005/10/26(水) 00:03:40 ID:RBFudSSY
ここ数ヶ月真剣にRocker目指して休日バンドの日々
そろそろ遠くないうちに
ここで音を公開しようかなーと思っています。
(だいぶ離れていたので、もう耳を傾けてくれる人も少なそうですが)

最近リズムに合わせて音に気を使い
短くて強い語彙を選ぶ『歌詞』ばかり考えているので
だいぶ指向性の違う言葉にスイッチが入っていて
格好悪くてここになかなか書き込めません。

本当にどうしちゃったんでしょう。
なんだか変化が多すぎて見失ってるものが多い気がします。

194 :人形使い:2005/10/26(水) 00:08:01 ID:RBFudSSY
>173
そういう音楽が無い国家にフラストレーション、です。
例えばこういうフレーズをハードなリフに乗っけて撒き散らす。
なんでそんな当たり前のことを誰もやらないのかということで
自分でやることにしました。
私のはこれに比べたらもっとやわですが。

195 :饂飩:2005/10/26(水) 03:12:44 ID:/+ivRgR9
>>193
重要なモノじゃなければ、落ち着いたら拾いに行けばいいだけさ。
もし重要なものなら誰かに取られる前に取り返すことだな
スマン俺にはこの位のことしか胃炎。あぁx!イテテテ・・・ミズ

196 :ボヘミ:2005/11/08(火) 12:04:24 ID:Tj7CRydC
一雨ごとに秋になる と人の云う霜月の
時雨るこころには くれない夕暮れ
いまだ燃え残る あどけない微熱に
   ~~~~~~~~
おきざられた東京の夜を 長雨の先を
コンビニでビニル傘 いっぽん求め
……古い女と肩組みながら

━━━そら 知らぬ雨とぞ 人のyobaへば(呼ば/夜這)
     涙 拭ひがたき 晴れgoromo(衣/頃も)━━━━━━━

地下鉄の風 上り下りの軋る音 その先に

197 :名前はいらない:2005/11/09(水) 14:27:33 ID:x5J1l3Jx
>>193
むしろ似合う音楽を探せ
日本語ロックを覆す発見になるかも知れない

198 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2005/11/10(木) 01:57:52 ID:sRF862nN
新しい発見をしました
それは硬質でディジタルでおよそロックではないけれど
けれども全身の鳥肌を隠すことはできなかったのです

ボクハオンガクカ デンタクカタテニ
タシタリヒイタリ ソウサシテ サッキョクヲスル
コノボタンオセバオンガクカナデル

そこに言葉無くても 伝えたいことすら無くても
この身体を反響装置に この役立たずの脳みそを研ぎ澄まして
これって僕の大好きだったロックと同じなんじゃないか?
働いても ロックしても明日は来るから
ボクハオンガクカ デンタクカタテニ

199 :人形使い:2005/11/19(土) 22:28:24 ID:ppfKtd+I
>>197
それは親しいバンド「いくらぼくらがギャーと叫んでも空は高い」が
既にやってしまっているのです。
それはそれは素晴らしい、嫉妬すら覚える完成度で。

200 :人形使い:2005/11/19(土) 22:32:22 ID:ppfKtd+I
>>198
刻むことはそれそのものがビートしてロック
例えばそれは電卓であったり、キーボードであったり
友達の肩であったり、自分の生命だったりする
ずたずたの細切れを張り合わせた日々
どたばたの音楽はずーっと鳴り止まない

201 :人形使い:2005/11/19(土) 22:36:37 ID:ppfKtd+I
>>196
絹糸みたいな緊張一本
それは雨粒繋いだ糸
そしてみえているのは
雨に衣かけた時に見える輪郭

ふんわりと掴み取った都会の雨の情緒

202 :人形使い:2005/11/19(土) 22:41:12 ID:ppfKtd+I
>>195
情緒っていう生理現象は
多少現象的に左右できるんじゃないかなって試行錯誤
いつも想像力に満ちていることが出来たら
それはそれは社会に適応できないだろうナァ

たとえば一つ
人って一日に消費すべき言葉の量ってきっと決まっていて
働いて人と接して消費しきっている毎日には
その余剰の償却の必要が無いから
だからクリエイティブな言葉遣いができないんじゃないかなーと
そんな夢想するサラリーマンは
時々密かに黙々と首都を歩き回って
ひっそりと言葉や旋律を
懐に蓄えたりしています

203 :人形使い:2005/11/19(土) 22:45:39 ID:ppfKtd+I
>>192
コールタールの泡がはじけたみたく感じた

204 :人形使い:2005/11/19(土) 22:50:45 ID:ppfKtd+I
>>191
どちらもでっかく見て生きてることだから
なんだか似ているような気もするけど

むしろ魚を鋏で捕らえることと
トイレでお尻を拭くことの違いを教えてほしいくらい
そんくらい今日は世界がまーるくまーるく見えているんだー

205 :人形使い:2005/11/19(土) 22:53:43 ID:ppfKtd+I
>>190
この世のあらゆることは虹だから

それをちゃんと念頭に置きながら
私は何度もうなづいてこの文章を読みましたよ

206 :人形使い:2005/11/19(土) 22:59:19 ID:ppfKtd+I
>>189
私たちはその腕は万能だと信じていて
お互いに盲滅法に振り回して
結局何ものにも触れることが出来ない
それが意思の肩から生えた言語

そのことをちゃーんとわかっていたけど
握り締めた手は
ちゃんと温度がしたんだ
近ごろはじめて知ったけど

だから思いついたんだけれど
温度を目指して歩いてゆけば
道に迷うことは無いんじゃないかなぁ

207 :人形使い:2005/11/19(土) 23:06:30 ID:ppfKtd+I
>>187
ラブロメロ?

肉体なんてもういらないと思ってたけれど
それは嘘でした
魂のイメージって絶対に
五感を持ってしまっているんだもの
魂は、見、聞き、触る

それでもまだ私は身体なんていらないと主張するし
実際そう主張する権利はまだ保有しているから

ゾンビこそが純粋に人を愛せるのかも

208 :人形使い:2005/11/19(土) 23:10:51 ID:ppfKtd+I
うわー>207散漫。
でも纏める重力を発生できない脳髄

>>186
私は神に祈りを捧げる前に
目前に傾注せよと主張します

がむしゃらに、叩いたらええねん

209 :饂飩:2005/11/20(日) 21:39:27 ID:CMW2b+Qp
今日も月が綺麗だね、久々の更新ありがとう
最近の僕の居所は
瓦礫で満ちた美味しいテーブル ここ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1083493690/l50
こっそり見てみて

210 :人形使い:2005/11/21(月) 23:36:01 ID:iFFPi/ML
>>209
どうも
最近めっきり寒くなってきました
注意力は自分の内側に落ち込んで
身体の真ん中で火になって燃えています
寒さは創造の源だと再確認中

とても心地の良いテーブルにズラリの言葉盛り
ちょっと雰囲気変わったね
何も変わってないけど
だからその色とりどりが好きだな
どちらもの理由で

またそのうち酒でも酌み交わして、盤上に世界を展開させたりしよう!

211 :人形使い:2005/11/21(月) 23:38:17 ID:iFFPi/ML
川原にバス停があった

白い標識だった

光に濡れてバスを待ったが

いつになってもやってこなかった





停留所の名は喪失であった

212 :向日人:2005/11/22(火) 00:07:00 ID:E6ZQqmda
段差

最近起きているときに見る夢にはよく階段が出てくる
なんでかは僕にもわからない でもこれには何か意味があるのではと

僕の影と階段が不協和音しつつも成長してゆく
それは比例してゆく それは西と東に交互に点滅して見える太陽だ
前後左右と僕を柱にして伸びるその七色の影は
ついには僕を無色透明に染め上げる
僕は上から下へと ピアノ線で切り刻まれたかのように
何人にも部分分けされ やがてトラックに跳ねられる
飛び散った何人もの僕は空中で音階のように前方に押し出され
目には見えない段差を作り出す 僕は
無為な試行錯誤の乱列で組み立てられた階段なんだ
 
僕の影が 僕の髪と爪が 何千もの回数を重ね切り落とされるように
僕の段差は 僕の躊躇の甲斐もなく分断され 高さを積み上げてゆく

僕の夢は段差を繰り返す作業を暗示しているのだろうか
それともただ単にエスカレーターを逆走する願望なのだろうか

213 :向日人:2005/11/22(火) 00:09:17 ID:E6ZQqmda
出張ってのは一度帰ることなんだ

また笑顔で会おうぜ

214 :人形使い:2005/11/23(水) 14:14:13 ID:1fuEm2VB
「空挺」

―降下
真っ青な空に水が満ち溢れている
惑星たちの運行は青空にきれいな螺旋状の航跡を幾つも描いている
(私は惑星たちの航跡に巻かれた繭である)
青空の白い月の下半分は宇宙を吹き抜ける風の浸食で崩れて、
臼で挽かれた粉のようになって、
名前を忘れ去られた丘の上に降り積もっている
降り積もった月の跡形には木が一本生えていて、
私は月の真下に着地する
その動きに埃ひとつたたない


―飼育箱
私は胸に取り外せない透明な箱があり、
それは乳で満ちていて、
その中に虚無の幼虫を飼育している
幼虫は乳の中にぽっかりとあいた穴としてその存在を認識される
穴は箱の中を這い回る
私は満たされることが無い

//

215 :人形使い:2005/11/23(水) 14:14:39 ID:1fuEm2VB
//

―月
箱の中から幼虫が這い出て、
跡形の木を登りはじめる
頂点に辿りつくと、
幼虫は残った白い月を食べ尽くしていく
満たされた幼虫は光の色に色づき、
そのまま月のあった位置に寝転がる
それは上弦の月になって、
ときどき寝返りを打った


―後記
そうして私は満たされることとなり、
満ち足りるということは、
己の中の何かを失うことで入手するものなのだと知った
また、
月を見るたびに、
満ち足りた感覚の中で、
月の裏側でいくつものこうした物語が織り成されていることを思うようになった

216 :◆FUCKcjokcg :2005/11/23(水) 14:19:36 ID:rD1Xz+pt
お、人形さんじゃん!お久しぶりー。
おひさしブリブリブルドック
おひさしブリブリ鰤カマ食べたい。
また詩書きに来させてもらいます。

217 :人形使い:2005/11/23(水) 15:04:14 ID:1fuEm2VB
>>216
北さん元気そうで何よりです!
ぼくも鰤カマにブルドックソースかけて食べたいです。
嘘です。

仕事したり趣味したり恋したりで
さらにスローポエマーになっちゃいましたが
やっぱり言葉繰りはやめられません。
特に寒い休日は
心の底の厚ガラスの向こうの青い燎原に目を凝らして
つれつれと綴りたくなります。

またどうぞ☆

218 :饂飩:2006/01/03(火) 02:21:25 ID:OaIPpo6h
新年の挨拶はこちらでよろしいでしょうか。
あけまして
今年も何事にも熱心でいきましょう

219 :人形使い:2006/01/04(水) 20:49:57 ID:8QQukuXM
明けましておめでとうございます。

とりあえず社会に出てみて色々考えていますが
どうせいつか死ぬのだから、
何かを創作することに全てを賭けてみたいと
やっぱり思います。
とりあえず今年はバンド活動に全てを注力します。
絶対に糸口を掴みます。
これで駄目なら死んでもかまいません。
饂飩くん、見ててください。

ということで、今年もよろしくお願い申し上げます。

220 :饂飩:2006/01/08(日) 05:23:02 ID:0pUCh/Xh
力強い意思を示してくれてありがとう。
君のせいで死のうとした気も失せた。
見せてくれよ。しっかりと見届けたいから


221 :人形使い:2006/01/09(月) 01:34:46 ID:zdoSFsTs
こりゃあへたれられないなぁ。
男の約束!
見届けてもらおうかね!

Rockerである私は
詩を書いている私よりも衝動に対して純粋です。
「晴れた日に死にたい」
なんて歌ってるバンド、この国にはいないでしょ!?

222 :饂飩:2006/01/10(火) 02:21:32 ID:XeXTdFOX
全てに対しての感謝を表している良い言葉だと思う。
インディアンの「今日は死ぬにはもってこいの日」に近い。
それは人形どんの?

223 :人形使い:2006/01/12(木) 23:36:32 ID:wl4bL52E
そうそう。
絶望してるわけではなくただ自然体な感覚。
↓こんな詞です↓

【天然色】
いつも心のどこか、世界が終わる時に、なぜか憧れていた
何も望まないのは、ひとつの悪徳だけど、それでいいんだと思う
紙に書こうとした、叶えたい夢だけど、何も思い浮かばない

晴れた空の下で、光の波打ち際で、いつも考えていた
いつか命が尽きて、乾いた骨の中に、何が残るというのだろう
万物は奔流で、奔流は現象で、現象は手に掴めない

栄枯盛衰、喜怒哀楽、せいぜい一瞬で
どうせくたばるなら、そうだなあ…

晴れた日に死にたいな

224 :饂飩:2006/01/25(水) 02:17:04 ID:yL3CB0Z/
いいな。
CDあったら買うよ。
カラオケにあったら歌うよ。

225 :人形使い:2006/02/05(日) 12:19:57 ID:MfK8zL3M
人間の心の距離とは。
ある一要素の些細な差異が物凄い距離として立ちはだかるのだと知りました。
誠意というものが伝わらないこともあるということや、
他人の心に自分へ善意を期待することは我侭なのかもしれないと知りました。
でもそれでも私はひとへ基本的な善意を持つことや
善意を向けることで信頼を得ることができるのだということや
ひとから信頼されることは何より尊いことだということを
疑いたくないと思います。
(それを疑うことは自分を苦しめることだから、
(という理由にすぎないかもしれませんが。

そのときは全くわかりませんでしたが、
私はその関係(またはその関係を信じ込むこと)に苦しんでいたようで、
無理をせずに済む様になって、
ようやく色々と物事を本当に清明に考えることが出来るようになった気がします。
私自身については不思議と悲しい気持ちは起きません。
ただ己を裏切らないことによって、
ひとに裏切りをしてしまった、そのひとのこの先が少し気懸かりです。
(という思いもやっぱりある傲慢を含んでいるのだとも思います。)

正しいこと、正しくないことなどなく、
己の信じることだけが道しるべなのだなと
身をもって知りました。
隅々まで晴れ渡る青空も、雲を払う強く冷たい風も、
ちょっと身に沁みる今日この頃です。

226 :人形使い:2006/02/05(日) 12:35:57 ID:MfK8zL3M
書きながら気付いてきましたが、
仕事にしろ、恋愛にしろ
私が社会に出てこの一年足らずの間に気付いたことは、
自分の欲望を裏切らないためにひとを裏切れる人間という存在が
この世の中には存在していて
むしろそういう人間のほうが圧倒的に多数であるということです。
そしてだからやっぱり人間関係を恐れて
世に出る前に内に引き篭もってしまう繊細な人たちの感受性は正しいのだと思います。

でも、それでも私はそういう繊細な人間こそ世に出て
人間のかすがいになるべきなのだと思っています。
お互いを尊重することの出来る人間は寄り合って、
強く結託して、
誇りをもって生きるべきだと思います。
その一つの拠り所としてこの天文台が機能すればいいなーと、
あらためて愛着を感じました。

やっぱり人間って面白いし、好きだな。

227 :饂飩:2006/02/06(月) 19:15:16 ID:fZUotPFs
また大人になりましたな。怖いくらいだぜ
俺がしばし思うことと、自覚して嫌になっているモノをスラッと言われた。

228 :悪魔  ◆UdDeviLKPI :2006/03/03(金) 00:55:12 ID:wpvh6x3C
純粋な鉱石色した君の目に
沢山のつまみが付いた大きな楽器で
そこに立っているのかを確かめるみたいに
ニコニコと踊っていよう 崩落の瞬間まで

229 :名前はいらない:2006/06/04(日) 03:50:42 ID:b8FqrEo7
うんこ

230 :饂飩:2006/06/05(月) 02:07:16 ID:+uBUZ8ui
>229
ヽ(饂Д飩#)ノ

231 :饂飩:2006/06/05(月) 02:50:47 ID:+uBUZ8ui
自由人

気ままに裸の服を着て
味のしないお菓子を片手に街を歩こう
線で区切られた名前だらけの地図はポケットに
頭に埋め込まれたタイマーは海馬から引き抜いて
いつも眺めているだけだったあの川に行って
退屈な毎日を 今度は遠くで眺めてみよう
車の音と人の声がいつもよりも小さく聞こえる
それはまるで街が 絞った雑巾の中の世界みたいで
絞った水が川を作り その川に今は口笛交じりの僕がいて
厳しい人 謝る人 どうにもならない人 何も見えてない人
そんな人たちが居る世界が我侭に思えてくる
そんな人たちを傍観してやろうという見方が 僕を自由にさせる

僕がどんな人なのかは お菓子の食べ方から
自分でプロファイルすればいい
僕は何が好きなのかは お菓子の味を想像して
よだれを出しながら人に伝えれば良い
僕にこの先何が起きるのかなんて 今空に架かる飛行機雲を渡って
地球を一周してくるついでに 明日を見てくればいい

考えるなんてことは 生きるのが嫌で面倒くさがりな人が考え出したんだ
僕はとりあえず 今まで よく見えていなかったこの川の眺めの分は
考えることにするよ 自分のことだけ

232 :  ◆UnderDv67M :2006/06/06(火) 02:03:05 ID:+Axs7z2p
*1ばん
ぼーくはかーわいいー あおーむしー♪
おいしーいはっぱーは どーこにあるー

ぼーくはかーわいいー あおーむしー♪
じゃーまするやーつには つーのだすぞー

Oh- Oh- あおーむしー
うまれてみっかでつのだすよ

Oh- Oh- あおーむしー
とりさんのうんこにばけてるよ

*2ばん
ぼーくはすーてきーな あおーむしー♪
はをいっぱーいたべてー ちょーになるー

ぼーくはすーてきーな あおーむしー♪
おーきいめーだまーが こーわいでしょー

Oh- Oh- あおーむしー
あおくもないけどあおーむしー

Oh- Oh- あおーむしー
けむしといっしょにしないでねー

      _
    /ヾ;. `ヽ
   ゝ  ● ノノ⌒//⌒//⌒ヽ
   (_・ヽ___/_ヽ// .. // ..  )
      〃〃〃~~u^u^u^u^^'∪  モソモソ

233 :名前はいらない:2006/08/10(木) 14:31:22 ID:j2UaeK9n
          ∧     コンナモノガアルカラ …モグモグ
         /´。 `ーァ
       (( {  々 ゚l´           シバンハダメニナルンダ…モグモグ
       / っ  o `ヽ
      /    /  ● ノノ⌒//⌒//⌒ヽ
      ∪^∪   ヽ___/_ヽ// .. // ..  )
            〃〃〃~~u^u^u^u^^'∪



    ∧
   /。 `ーァ  …トコロデイシャハドコデスカ?
   { 々 ゚ l´    
  /っ  っ 
 /    /        n n   ))
 ∪^∪



234 :向日人:2006/09/06(水) 01:56:04 ID:9x3nhHfb
考察

どんなに走ろうがそれは近い所にあった
見落としていたものは誰が見ても明確で
しかしそれを見つけた者は一人としていなかった

煙草が好きでも無理に吸ってしまう時だってあるだろう
好きが命というならばそれはきっと短命だ
溺愛は持ち主を蝕み殺すことだってある
金が好きというならば人のままではいけない
そんな奴らは人々から神や悪魔だと囁かれる

皆何かを愛し 何かに縛られて生きている
何かは違うものかもしくは=でもある
人生を操るためには長生きするだけの
知恵を持たねばならないではないだろうか

235 :人形使い:2006/09/17(日) 11:58:58 ID:vjOMQbTQ
『帰路』

闇に融けかけた駅のホームの舳先から
先駆けて夜に突っ込んでゆく人の疎らな先頭車両に乗り込んで
i-pod でゆったりとした post rock を聴きながら
指揮をするように立てた人差し指で
蛍光電灯の影混じりの光を撹拌する

光の中には温かい部分があって
人差し指が巡るうちに幾度か触れるのだけれど
その確かな在処は探り当てることができない

ただ伝わってくる小さな温もりは
地底湖の深い青色のようにとても心を落ち着かせてくれた

やがて眠り込んでしまい
終着駅のアナウンスと開扉の音で目が覚めると
音楽は電池切れ
指先の記憶も夢とうつつの境目に溶けて流れだしてしまっていた

水に紋を描くアメンボウを踏んで池を渡るような足取りのイメージで帰路を辿り
まだ幽かに浮かんでいる眠る前に聴いていた曲の旋律を鼻歌で小さく辿りしながら
あの温もりと安らぎを


何度も何度も繰り返し反芻しつづけた

236 :名前はいらない:2006/09/17(日) 14:43:30 ID:TtJ5L1up
          ∧     コンナモノガアルカラ …モグモグ
         /´。 `ーァ
       (( {  々 ゚l´           シバンハダメニナルンダ…モグモグ
       / っ  o `ヽ
      /    /  ● ノノ⌒//⌒//⌒ヽ
      ∪^∪   ヽ___/_ヽ// .. // ..  )
            〃〃〃~~u^u^u^u^^'∪


    ∧
   /. `ーァ
   { 々 ' l´

      _
    /ヾ;. `ヽ
   ゝ  ● ノノ⌒//⌒//⌒ヽ ゴチソウサマ…
   (_・ヽ___/_ヽ// .. // ..  )
      〃〃〃~~u^u^u^u^^'∪  モソモソ

237 :名前はいらない:2006/09/17(日) 18:55:43 ID:oxFanIG1
          ∧     コンナモノガアルカラ …モグモグ
         /´。 `ーァ
       (( {  々 ゚l´           シバンハダメニナルンダ…モグモグ
       / っ  o `ヽ
      /    /  ● ノノ⌒//⌒//⌒ヽ
      ∪^∪   ヽ___/_ヽ// .. // ..  )
            〃〃〃~~u^u^u^u^^'∪



       ∧/i
       [・Д・] ケプ
      ノ(_)ヽ
        | |

238 :「月」の逆位置 ◆rAprrpGEjE :2006/09/17(日) 22:47:40 ID:btqZ7Bc+
>人形使いさん
お帰りなさい。


攪拌された光は
ぬくもりを集めはじめる
冷えた体を温めるために

人差し指がそっとふれたとき
かたちを失い 青く透き通った夢となった

239 :弱法師 ◆Ui4cf2fuuM :2006/09/21(木) 23:36:44 ID:QT1wFTZH
>>235
良いんだか悪いんだか分からない詩だと思える。
こういう詩は頭でイメージしにくい。
饒舌で気取った感じ?

女性とはうまく行ってますかね?

あと、アンパンマンみたいな人間に見える。
無駄に善意を強調するのは美男の特権か?
容姿の良い人間はそう簡単に世間を憎むことができないと聞いたが。

義理を知らないという批判はいくらでも受けるが逼塞がきわまったので戯れにレスをしてみた。

240 :名前はいらない:2006/09/23(土) 23:54:31 ID:OZ4g4bV2
このスレッドは、GL5 掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿の
スレッド 「掲示板の趣旨に無関係なもの」 に該当すると判断します。

削除依頼を望まないのであれば、自治スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1155999946/
にて、一週間以内にスレッドの方針を説明し、存続に対する詩板住人の合意を得て下さい。

期限 2006/09/30 23:00 まで。


241 :人形使い:2006/09/30(土) 23:49:32 ID:uvEc4rl7
>>239
すごく曖昧な感覚だから伝わらなかったかも

女の子とはとうの昔にお別れしました

アンパンマンのくだりはちょっと良くわからなかったけど
君らしさは伝わってきた

ぼくは世界に満ちている静寂をとても愛しているし
いかんともしがたい歪さに激烈な憎悪を燃やしもしているよ

ともあれ元気そうで何よりです

242 :人形使い:2006/10/01(日) 00:14:55 ID:m6xj2zKQ
>>238
ただいま

ありがとう
『温もりは青い夢の洞窟への入り口』
語られていないブロックを一つ積み足してくれて
そして出迎えてくれて
この温もりを抱いて今夜は眠ります

243 :人形使い:2006/12/08(金) 01:07:00 ID:NEXXVD3Q
『麻痺』

ぼくに内蔵されている銀製でとても小さくて精巧な回路装置は、
少し白みのかかった繊細な金属片を繋いだ掌にのるような小さな箱に収まっていて、
いつも冷たくひえていて、大気にしみ込むような動作音を発している
動作音は太陽の灼熱が風景を溶解するときの果てしない低音と同じように無音よりももっと静かな音で、
いつもぼくはその音に集中すれば、
いらだちや虚無感など心理の海面にたつさざ波はすべてならされ、
肺の最奥までO2が配達される深い呼吸ができるのだった //

244 :人形使い:2006/12/08(金) 01:08:31 ID:NEXXVD3Q
しかしこの冬は特別凍えるような寒さだったためか、回路の箱に霜がおりて中から聞こえる声は極めて小さくなってしまった。
//そこでどうしても気になるぼくは、
機械学なんて齧ったこともないのに、
執着と好奇心とで箱をそっと取り出して開き、
中を覗いてみたのだけれど、
そのとき細かな黄金のシャフトが一本外れて落ちて、
結局紛失してしまったのだった
シャフトを探すことに気をとられて時を費やすと、
箱自体への熱意は冷めてしまい、
箱はそのまま中身も確認せずにしまい込んだ
その時、何も為さなかった宙ぶらりんのままの気持ちの所為なのか、
シャフトの紛失が原因なのかはわからないけれど、
ぼくの思考の真ん中にぽっかりと穴が生まれたのだった //

245 :人形使い:2006/12/08(金) 01:10:13 ID:NEXXVD3Q
//その穴はどんなに探っても何の手応えもない空白で、
穴のために考えはいつもまとまらず、
考える毎に穴はその思考に寄生して増殖し、
やがて精神はその真空の領域に広く浸食され、
頭の中は白塗りにされていった
そして精神の浸食の進行に従って、
肉体にも支障があらわれた
段々とぼくは歩くことができなくなり、
手が動かなくなり、
息が浅くなり、
いつしか日がな部屋の隅に崩れ落ちているようになった
ぼくはいずれ生命の停止を予感したが、
ただ一つ、
小さな回路装置だけが改めて気がかりであった //

246 :人形使い:2006/12/08(金) 01:11:37 ID:NEXXVD3Q
//夕暮れ時、ぼくはもう唇は乾いてひどくひび割れていて、
睫毛には塵が積もってきていたのだけれど、
薄地のカーテンを透過して床を漂っている儚い暮光の中に、
きらりと反射するものを発見して、
はっと目を見開いた
それはあの黄金のシャフトだった
しかし力を失ったぼくはもう、
それを拾うどころか、
指一本動かすことも、
うめき声を上げることすらできない
その時、
白い意識の片隅にうすぼんやりとあったのは、
以前のぼくならば、
その喪失感に涙しただろうという乾燥した感慨の一片だった //

247 :人形使い:2006/12/08(金) 01:12:49 ID:NEXXVD3Q
//ああ、よく見れば、黄金のシャフトにも、ぼくと同じように薄く塵が積もっているよ

冬の中
ぼくは半ば壊れかけ
世界はすべて白く燃えている

麻痺 ―『麻痺』終わり

248 :人形使い:2006/12/08(金) 01:31:03 ID:NEXXVD3Q
『青い星の庭』

冷たい天然石の匂いがする雨足、が遠退いた午後
太陽は内面に密積した煤をすべて洗い流され、光透過すぐれた透き通る珠になり、その内側で、今は音も熱も失った白炎が灯っていて、その体温を手渡しで伝達する風は冷たい

道に敷き詰められた舗装タイルは磨き上げられたように光沢を増しており、その目地には水が通っていて、少し傾いた太陽の光はタイルの表面や水の中を幾条もが絡まりほぐれしながら、するするとたなびき、流れ、光の頒布はあたり一面に及んだ

光の原野をぐるりと取り囲むように林立する圧倒的な質量のビル群は、宇宙の容器になって、摩擦ゼロの球面のような質感の青空を吸い込み、その容積の内に湛えていた
それらひとつひとつは独立した別の空であり、その下にはそれぞれ私の知らない別の世界が根付いているはずである
その内の一つなどはきんきんと煌めく鈴のような太陽の分身をも取り込んでいて、それは四つに分割しており、ふるふると潤んでいた

そして実際の大空は光原野と宇宙林を遥か上回る那由多の広がりをもって軟らかく午後の総体を包み込んでいた
明るくて極めて鮮やかな原色の色彩をした大空の大深度には、青ざめた石灰の塊ような月が沈み込んでいて、それは大気の果てしない透明度によって覗いて見ることができた

私はこの真っ青な午後に浸りきってほとんど窒息し、遠ざかった意識は大きな白いヴェールに覆われたようで、やがて薄れてゆく視界は淡い輪郭だけで構成されるようになっていった
その湖底の石片のような小さな認識の焦点において、頬を薄い刃で切るような鋭さで、私は、白い月の肌に想い焦がれていた

249 :名前はいらない:2006/12/08(金) 01:34:11 ID:OY7t0ayG
なげぇよ

250 :人形使い:2006/12/08(金) 01:39:16 ID:NEXXVD3Q
>>249
目にとめてくれてありがとう

251 :◆rAprrpGEjE :2007/01/01(月) 11:01:31 ID:fSsvWQgH
「永く長く響け」

永く長くながながく
響き震えよ心よ奮え
其処は未知満ち道長く
道は日々日々風あらし

夢はゆめゆめ怠らず
道はゆめゆめ間違えず
鈴よ鳴れなれ夢よ鳴れ
世界に響け夢よ成れ

252 :◆rAprrpGEjE :2007/01/01(月) 11:04:10 ID:fSsvWQgH

あけましておめでとうございます。
今年も人形使いさんによい日が訪れますように。

125 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)