2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【言葉の】!お題出すから詩を作れ2nd!【錬金術】

1 ::2005/06/29(水) 08:03:22 ID:Lh6PFGpJ
※ここは詩作の訓練or己の力量を試すスレです

自分の思いついたままに詩を書くのもいいが、与えられた課題に対して詩を作るというのも、
想像力を刺激していい鍛錬になると思う。
※以下、このスレのルール
【注1】最低でも8行以上は書く(無駄に改行せず、長い詩を書くことを心がけてみよう)
【注2】自分で詩を書いた後、次のお題を出してもいいが、自分が出したお題に対して書かれた詩には
   必ずすべてに批評を付けること。(他人の詩を吟味して批評するのも自分の肥やしになる。
   それができないならお題は出さないこと。でも積極的にやろうね)
【注3】馴れ合い厳禁(自分の詩に自信がないと、他人の批評も甘くなりがち。
   良いと感じたところは素直に褒め、悪いと感じたところは遠慮なくバッサリいこう)

さあ、言葉を鍛えたい初心者も己を試したい熟練者もやってみよう!


前スレッド:【言葉の】!!お題出すから詩を作れ!!【錬金術】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1035221277/

2 :名前はいらない:2005/06/29(水) 08:17:50 ID:W7+b/Gi1
どわっはっは!俺が2を頂いた!お前等!俺のキンタマのでかさにひれ伏せ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /■ヽ
           ヽ( ・Д・)ノ   (´⌒(´
            へ(   )   ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
              ω >    (´⌒(

3 :名前はいらない:2005/06/29(水) 08:42:34 ID:D++MXKJ3
2のキンタマ
ちびちびで
しょぼしょぼで
普段はちっちゃいのに、でかくなるときは
でかくなる
普段は謙虚で
実は大器
人間性も
ちんこに似なよ?

次の題は、自分自身

4 :リーフレイン:2005/06/29(水) 10:58:38 ID:ZjEn/e8j
>1 乙です。

5 :モコモコ ◆Moco/9DDpQ :2005/06/29(水) 11:21:14 ID:aKJcND3W
>>1
ありがとう(。・ω・。)ノおつかれ様

6 :紫苑:2005/06/29(水) 17:13:15 ID:Dxn4qCrV
全てを壊したら
何もかも壊れたら
誰か気づいてくれるって
思ったんだ

だけど
いつの間にか
壊れていたのは自分自身で
もう戻れない


7 :名前はいらない:2005/06/29(水) 18:57:58 ID:D++MXKJ3
壊れて居たら詩を書くのは無理なので、Cで、どうか許してください…僕の感性には暗く淀み系は…勝手な裁量なので、気になるのであれば他スレで投稿するとかすれば評価あがるかも…


8 :名前はいらない:2005/06/29(水) 21:44:43 ID:WNke5Z+y
お題よろしいですか?

『星見が原』

9 :紫苑:2005/06/30(木) 14:28:09 ID:gHAjQw8h
>>7
いえいえ
人それぞれですものね

別のところに
投稿してみます。。。

10 :紫苑:2005/06/30(木) 14:35:23 ID:gHAjQw8h
まわして
スイマセン。
もうしません。

11 :ぼん:2005/06/30(木) 14:48:58 ID:9+/ndKGD
評価って難しいですよね。同じ気分の人にとってはAに感じる詩も違う気分の人にはCだったり。僕は明るい詩が好きだから紫苑さんの詩がCに聞こえたり。まわしても大丈夫だと思うなぁ。
だって、大抵の人は高い評価を受けたい筈だもの。理解されたいのは誰にも在る気持ちですよ。多分。


12 :紫苑:2005/06/30(木) 15:40:22 ID:gHAjQw8h
>>11
ありがとうございます。

言葉っていいものですね。

今度
出来たらですが
ここにも明るい詩を残したいと思います。

ホントにありがとうございました。

13 :000:2005/06/30(木) 19:04:26 ID:dV2MwX9h
 叶 (星見が原)

あ、見えた
また一つ流れるの 私とあなたの時も一緒に

青くないのに香る芝生とか 暗いはずなのに光る夜空とか
ずっと綺麗ね そう変わらないの

あなたが好き でももう会えなくなる
星みたいに流れてゆくわ 秘めた甘い煌めき

明日はまだ来ないでいい もう少しもう少しだけ
今夜が続いていればいい 残るのは我が儘だけ

もっと見えなくなる瞬間に光ればいいのに
この野原だけ私が囲いたいわ 永遠に

だからそっと願ったの

14 :ぼん:2005/06/30(木) 19:11:20 ID:9+/ndKGD
そういえば「まわす」って何ですかぁ??あとこの掲示板てハンネって言わないんですか?コテハンて、コテは大工とか機械作業に使う固めるやつで固めるハンドルネームって意味だよ…ね?ディーキューエヌとか…親切なひと探しに行こうかな。。

15 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/06/30(木) 19:19:32 ID:SOybaatt
一番嫌いなのは俺の顔だということでした
面と向かってじゃないにせよ
滅多にないくらいはっきりした意見だと思いました
俺は、顔のことで落ち込んだりはしませんでした
ただ、嫌われてるってことが悲しかった
俺の家がある区画を、星見ヶ丘と言います
高台の公園にはよく来ます
カップルが沢山居てもいい場所ですが
ベンチで煙草を吸っているのはいつも
俺くらいです

16 :名前はいらない:2005/06/30(木) 19:33:44 ID:gHAjQw8h
まわす=ほかのトコに投稿?



17 :ぼん:2005/06/30(木) 19:57:46 ID:9+/ndKGD
なんかそんな感じですよね??それでいいのかなぁ、専門用語みたいなのばっかり、ずらずら並んでて、ハニャ〜?!なんです

18 :名前はいらない:2005/06/30(木) 19:59:38 ID:ZF1CAKmx
お題よろしいですか?

「片思い(男から女へ)、叶わない、死」
暗い系・病んでいる系だと嬉しいです。
職人の方々お願いします。



19 :名前はいらない:2005/06/30(木) 20:12:59 ID:gHAjQw8h
ホラ声がする
俺を呼ぶ 君の声
泣いて縋って喚いたって
君はもう腕の中

あぁ君はなんて
イイ声で泣くんだろう
あぁ君はなんて
きれいな声で鳴くんだろう
君がそんな声で誘うから
戻れなくなるんだよ?

いい加減
僕の想いに気付いて
どうせ逃げられないんだから

あぁ君は鳴く
かぼそい声で
「助けて」と・・・

20 :名前はいらない:2005/06/30(木) 20:19:40 ID:gHAjQw8h
↑ >>18「片思い」

のつもりで書いた・・・。
絶対叶わなん恋みたいな?
殺す寸前。

21 :名前はいらない:2005/06/30(木) 20:51:32 ID:+Nm570Gz
>>18のテーマで書いてみる

軽軽しく息のできてしまうような
くだらない此の世に別れを告げて
僕と一緒に
真っ赤な尾ひれで泳いで下さい

…棺は何にいたしましょう?
おそらく気泡でよろしいでしょう。
…苦しくなったら如何しましょう?
もっと深くに潜れば良い。

…嫌だと言えば?
それは、それまで。

赤い尾ひれが光ります
月の光にぬらぬらと
粘膜を残して光ります

さあ 水がそろそろ満たして行きます
可愛いお目目をお閉じ下さい






22 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/06/30(木) 21:33:00 ID:SOybaatt
>>18
残念さよならごめんなさいね
残念さよならごめんなさいね
残念さよならごめんなさいね
残念さよならごめんなさいね
聞いて聞いてちょっと聞いて
聞けよ俺の聞けよ
悔しいよ

23 :名前はいらない:2005/06/30(木) 21:40:36 ID:E/gOS1ZT
叶わないとか、そう言った類は小さい頃から考えた事がありません。
この件もそうですよ。
氏が私を好きなように、私もまた、氏が好きでしたから。
ええ、私、何分そう言った事とは本当に無縁でしたから。
自分で言うのも滑稽だと思われますでしょうが、本当に、そう言う事はわからませんでした。
片思いと言うのは、苦しいのですね。
まさか死んでしまう何て、自分でも思っていませんでした。

24 :23:2005/06/30(木) 21:43:44 ID:E/gOS1ZT
失礼、>23のは>18のお題。
しかも誤字発見したとです、ひろしです。

25 :名前はいらない:2005/06/30(木) 21:49:02 ID:3ZeSzSCD
>>18
見ているだけで良かったのに
いつの日からか君を僕だけのお人形にしたいと思った
あれもしたいこれもしたいとただ考えては
勇気も出せず顔も見られずに
明日があるからと今を逃げてた
僕の考えは間違っていたんだね
いつも君がそこにいるわけじゃない
明日の保証なんてどこにもなかったんだ

26 :名前はいらない:2005/07/01(金) 18:00:09 ID:hnT0ZCtB
君がいつか他の誰かに抱かれるならば
僕がこの手で殺してしまいたい。
傷ひとつ無い綺麗な死体にして
僕だけのお人形にしてしまいたい。

どうせ叶わぬ恋なのだから
どうせ実らぬ恋なのだから

だから明日、君の元へ行きます
二人で永遠の愛を誓いましょう

27 :名前はいらない:2005/07/01(金) 18:34:27 ID:iKFYEStI
>>18
評価は?
お題出し逃げ?


28 :名前はいらない:2005/07/01(金) 22:36:59 ID:ZSmmUgtm
>>19
>>21
>>22
>>23
>>25
>>26
>>27
亀レスすいません、学校などで今家に帰ってきて見さして頂きました。
どの詩も切なさと、叶わない恋のもどかしさが表現されてて、
見ていて目が潤みました。
いま自分がお題の様な状況なので心を動かされてしまって。
職人の皆様、お題を目に留めて頂き詩を考えてくださって有難うございました。


29 :漂流者:2005/07/01(金) 23:05:28 ID:iKFYEStI
お題出してもよろしいでしょうか?
『夢』『空』『漆黒』
です。

書き込み、よろしくお願いします。
自分でよろしければ
評もさせて頂きますので。

30 :000:2005/07/01(金) 23:18:44 ID:b3aRkMll
「Final View」(夢空漆黒全て)

振り撒く 欠片が刺さっていく
君はまだ目覚めないけれど 嘘

逢いたいなんて思わないのに 鉢合わせてる白昼夢
うれし泣きや感動なんて無縁すぎて 反吐が出るね

今も嘆きだけが僕をそっと撫でていくのに
微笑う君なんて 僕の暗闇と相容れないんだ

いつかは幻だって 見えてたって言ってもいいかい
偽りを鏤めた漆黒の空 君よ溶けてしまえ

またすれ違うことが 快感過ぎて癖になる
霞んでいく君の目に 夢みたいによぎるのは僕だ

31 :漂流者:2005/07/01(金) 23:33:10 ID:iKFYEStI
>>30 私でよければ評価を。

言葉と言葉が
つながってないような気がしますね。
それに
連から連の
時間の経過がわかりづらいと思いました。

ただ一連一連ずつ
言いたいことは伝わったので
もう少し言葉の使い方、つなげ方を
考えてみては?

言わんとしていることはわかります。
でも
少し複雑にしすぎている感じがあります。
もうちょっとストレートに書いてみたら
胸にくる詩になるかもと思いました。

書き込みありがとうございました。
一応評価とさせて頂きます。

32 :名前はいらない:2005/07/02(土) 00:47:05 ID:0YRwnrpv
のらりくらり
ふらりふらり
見知らぬとこへ回り道
誰もいないねぇ、まぁいいか、そこの木陰で一眠り。

はるか彼方に蜃気楼、
ゆらり ゆらり

目指すとこかなぁ 夢のなかかなぁ


33 :名前はいらない:2005/07/02(土) 01:42:57 ID:YAMsBJ+Y
「空」「漆黒」

七夕のための熊笹を見た

直に夜になる まだ未熟な夜空だった
鼻先から待ち遠しくなり なんだかいたがゆくなった
もう十分に暑い
祭りにはもう十分だと思った
わたしはきっと行けないから
台無しになるほどの大雨が降ればいいと思った

大雨が降ってもきっとあの二人は
車の中や家の中で
不運は不運なりに話の種にして
結局お似合いに微笑み合ったりするだろう
絶対に私がさわらないだろうなまっ白い肌に
あの人ばっかりさわるだろうと思う

真っ黒い水面に提灯の火が平たく映るのを
あの人が色っぽい顔をして見つめるのを
彼は「可愛い」と思って横目で見つめるんだろう
そのあと暗闇にあの人を誘うんだろう

湿気のせいで夜がずるずる重たそうにやって来る
笹の葉は揺れもしない

34 :漂流者:2005/07/02(土) 15:54:29 ID:IykpmCsh
>>32
回り道というのは
行きたい場所があって
回り道と言うのではないでしょうか?
知らない場所へ行くのに
回り道というのは
少し違和感を感じました。

見知らぬとこ=新しい場所?
だったわかりますが、どうなんでしょう?

のらり、などを使うのならば
もう少し統一した方が
よかったかなと思いました。

書き込みありがとうございました。




35 :漂流者:2005/07/02(土) 16:07:41 ID:IykpmCsh
>>33
鼻先から待ち遠しくなり、は
祭りのことを言っていたのでは
ないのですか?
なぜ わたし は行けないのでしょう?
その関係をもうちょっと説明してほしかったです。

笹と詩の関係がわかりません。
ただ季節を表すだけなら
祭りがあるので必要性が感じられません。
意味があるのなら
もうちょっと強めに書いてみては?

まとめ方がもう少しな気がしました。

書き込みありがとうございました。

36 :漂流者:2005/07/02(土) 16:10:39 ID:IykpmCsh
↑一応評価とさせて頂きます。

では
次のお題。

『必死』『唄』『傷』

でよろしくお願いします。

37 :名前はいらない:2005/07/02(土) 16:22:07 ID:34F4B8zr
漆塗りの器に水を張ると、そこには漆黒の空が見えました。
ぼんやりとそれを見つめていると、それは実に私の夢に似ていました。
空のように何もない、と言うのでしょうか。
いや、この黒のようにどこに広がっているのかわからないのでしょうか。
いわば、私の夢は叶えたいと願っても非常に途方もないのです。
他の人が次々それを叶えて行く中、私のみはそれに呑まれてしまう程の存在で、更にふかく沈んでいくだけなのです。

38 :名前はいらない:2005/07/02(土) 20:53:15 ID:LJB5j2Gp
「届け」(>>36の三つのお題で)
叫んで叫んで 誰にも聞こえない声で
叫んで叫んで 僕自身のための誰かの唄
辛くて苦しくて それでも僕は

逃げることすら出来なかった。
不思議に淀んだ世界の中で
ただ
一人で。

妬んで羨んで 360度が絶望に見えた
静かで平たくて 感情だけが息苦しくて
叫んで叫んで それしか出来なかったから
静かに叫んで それは本当に切実な願いでした

あれから僕は
結局どこへも行けないまま。 

もう声は出ないけど それでも僕は
これからも
僕なりの
唄を
唄を


39 :名前はいらない:2005/07/03(日) 01:09:49 ID:3cDYvYEb
『唄』『傷』
意味もなく心がカサツくよ。
まだ間に合う?
体の芯が乾きはじめ 街の色に視点が合わなくなりはじめた日を僕はまだ覚えている。
平和、自由、愛を掻き鳴らす青年たち。
赤で待ち青で行く。
歩き向かう。
正解がわからないよ。
風が体に染み込みキリキリと痛んだあの日へ。
まだ間に合うかな?

40 :000:2005/07/03(日) 16:29:46 ID:y4EXmuL2
「追走」(必死 唄 傷)

走ってる今 ただ君に追いつかなきゃと
だけどわからなくなるよ 見えない闇に逃げる
正直負った傷は深くって 溢れる涙を飲み込んで

どうしてなんだと叫んでる 複雑に交差しすぎて
何を思うかさえ知らないし 歩いていいのかはっきりしない
もしもまた逢えたなら そう思うことはあっても

ならいいのかな 君に追いつけばわかるかな
好きだなんて言わないけど 嫌いなんて言えないし
やっぱり折り重なったままの夜に 少し伏せてみた
塞がりそうな傷開いても 絶対諦めないつもりだし

また君に逢えたなら きっと唄って欲しいから

41 :名前はいらない:2005/07/03(日) 18:30:25 ID:3cDYvYEb
『傷』
満開の美しさより散り際の儚さを尊び、複雑な苦味の味わい方を覚え、完全だった親の弱さを知りはじめた。
時間から一番遠いところで走り回り、汗と土の味を知っていた頃。
夕日が溶けることも心がオレンジに染みることもみんなみんな普通だった。
表面にばかり世間を塗りこむうちに灰色の部分が増えた。
背負ったんじゃない。纏いすぎた。
青白く痩けた僕の足にはもう 土の匂いのする傷はない。

42 :漂流者:2005/07/03(日) 20:04:35 ID:hOBONIHA
>>38
唄、願い、感情 が
どういうモノなのかよくわかりません。
哀しかったのか、
願ったモノは何だったのか。
その辺をもう少し詳しく書いて頂けたら
良かったのではないかと思います。

ですが
言葉の使い方は上手いなぁと感じました。
ただ
少し区切りがわかりにくいので
一連一連をちょっとまとめてみてはどうでしょう?

書き込みありがとうございました。



43 :漂流者:2005/07/03(日) 20:11:37 ID:hOBONIHA
>>39
三、四、五行目の意味が
理解しにくいです。
何か伝えたい意味があるのなら
少し説明を入れてもらいたかったです。

人それぞれの書き方ですが
行をあけて書かれたら
間の取り方や意味の区切りがわかりやすくなり
より良くなり、いいと思います。

書き込みありがとうございました。

44 :漂流者:2005/07/03(日) 20:21:28 ID:hOBONIHA
>>40
走っている理由が
最後の行ということでいいのでしょうか?

連と連との
繋がりが薄い気がします。
特に二連と三連のつなげ方が
わかりません。

伝えるための言葉の選び方は
上手いのですが
まとめ方がいまいちな気がします。
より伝えたいことを重視して
書いてみては?

書き込みありがとうございました。



45 :漂流者:2005/07/03(日) 20:58:56 ID:hOBONIHA
>>41
なぜ 僕 は
世間などいうモノを
塗り込めてしまったのでしょうか?
何があったのでしょう?
少し説明が欲しかったです。

最初の一行
親 の意味性が感じられません。
もし意味も持たせているのなら
もうちょっと書き足した方が伝わると思います。

書き込みありがとうございました。



46 :漂流者:2005/07/03(日) 21:02:58 ID:hOBONIHA
↑評です
書き込みありがとうございました。
また
お題出させてもらいます。

『言葉』『静止』『道』

47 :名前はいらない:2005/07/03(日) 22:51:01 ID:YeMpprOC
じ、じゃあ。
アスファルト立ち止まり叫んだ
やらせろ〜!

48 :『静止』で1つ。:2005/07/03(日) 22:52:47 ID:kCdXxrHO
ある雨の日 一匹の猫と出会いました
物思いに耽ったような顔で歩いていました

彼は分かれ道でふと立ち止まり 何かを考えているようでした
一緒に立ち止まった僕の視線にも気づかず 何かを考えているようでした
恋人に逢いにいくのでしょうか それともお気に入りの餌場にいくのでしょうか

彼は僕を少し振り返った後 少し高い塀の方を歩いていきました
「お前はまだか 俺は決めたぞ」と言い残して

49 :名前はいらない:2005/07/03(日) 23:41:22 ID:6LOANZ/L
ぎゅっと抱き締められることより
そっと頬にキスをされることより
あなたの言葉が欲しかった
偽りのない、言葉が欲しかった

ねぇ、どうして『愛してる』の一言が
言えなかったの、私達
ねぇ、どうして言葉より先に
肌を合わせてしまったの、私達


50 :『道』でいこう。:2005/07/04(月) 19:47:16 ID:H5nQwOzy
「ごろごろ転がる誰かの腕や脚 それが全て溶けてしまえば 
またすぐに石のような雲を呼んでしまうよ」
赤いワンピースの少女がやってきて その手を思い切りなぎ払った
まだ幼い彼女だから 道はそれとなく行き先を示しているが

やっと世界がわかる年頃になった 赤いワンピースの少女は
慌てて振り返り なぎ払った手を探す
彼女はもう幼くはないから 二度と手はやってこない
大嫌いな手のかわりに 彼女は道を連れ歩く

ある日 赤いワンピースの少女は
自分が脱皮する夢を見て
張り裂けそうな皮の内の自分はもう 女であることに気付いたが
少女は女になることを怖がった
飛行機雲を写し取った半紙のように
夏がくればセミと一緒に 掻き消えてしまうだろうから
せめて別れの挨拶にと 恋しい道を探し回るが
道はもう眠り込んでいた
皮がむけ 胸が膨らみ 少女は女に化けてしまった
あああ ああ あああああ
 
突然 道がごろごろころがって 坂道になって
脱皮した赤いワンピースの女を 暗い暗い 地獄の底に落っことした
あああ ああ あああああ

あとに残った 赤いワンピースの少女の抜け殻を
道はそっと抱きしめて 手と手を取って笑いつづけた
あああ ああ あああああ
あああ ああ あああああ



51 :000:2005/07/05(火) 17:03:47 ID:AyUDNYsA
「歩行続行 夢未來」(道・言葉)


ほら誰かはまた真っ直ぐすぎる 馬鹿みたいにできすぎたレールの上
言われたままの理屈で歩き続ける意味のない人生
終わりさえも完全に決まった嘘みたいに見通しの良い物語

嫌なんだ 僕は自由さ 生きることさえも己の心から
夢だけは無くさずに スピードを自在に変え巡らせて
明日の天気さえわからない 道無き道進む


交差したことがあっても ぴったりくっつくはずが無い
いつかは誓い合った二人も ゆっくりと離れていくものさ

君はいつか言ったけど 「ずっと、一緒に生きていこうね」って
信じられるはずがないだろ 空振りの両腕が虚しかった


きっと独りじゃなくても 一人で歩き続けていく専用道路
遅すぎた驚きは捨てなくていいよ きっと拓ける明日があるから

52 :名前はいらない:2005/07/05(火) 19:33:25 ID:YUAxU/DD
『言葉』
空気がゴムに吹き込まれ風船を形どって
木々が光を遮って陰を縁取り
水が空に溜まり雲を形どるように
この想いをキミに贈ろう
『好き』という言葉で縁取って

53 :名前はいらない:2005/07/05(火) 20:39:21 ID:MF1ros0W
『静止』
毒林檎を齧る
君は綺麗

言葉のない
静止空間

さらば銀河
渦巻いて
尾をひいて

ありのままで
死んでいく
君は綺麗

54 :名前はいらない:2005/07/08(金) 00:52:57 ID:xlodEBml
『道』
草道を歩いてみた。
ぽかぽかと陽があたって気持ちがいい。
‥ふと道を逸れて原っぱへ行ってみた。
小さい頃先生が言っていた。
「人が造った道を行くも良し。道なき道を行くも良し。」
この僕がたたずむ地面の向こうには
星が輝き、眠る子供たちがいる。
空を見上げた。
青く光る空と黒々と星散る空の境目は?
道‥丸い地球に引かれたラインを僕は
またぎながら走り抜けたくなった。

55 :名前はいらない:2005/07/08(金) 02:57:48 ID:V2ygrthg
「グランジェ」(道)

心を失う若者がはびこる今
言葉はやけに達者で止まる事を知らず

反れてゆく
現実の自分自身から
鏡を見ろ
目の前に映る無様な奴を見ろ
どうせこんなもんだと卑下してる暇があるなら
そんな生き方やめちまえ

人は皆それぞれ
自分の道を行く
他人に道を合わせる必要は無いから
人は皆それぞれ
自分の生き方で
一つだけじゃない道を歩んでく

まるでグランジェの花の様に
静かな沢山の道筋があるから
ゆっくり、ゆっくり、ゆっくり歩いて行こう
どこまでも

56 :名前はいらない:2005/07/11(月) 21:15:36 ID:lDYoSUE/
ねぇこの題出したヤツちゃんと評書けよ

57 :名前はいらない:2005/07/12(火) 15:18:19 ID:WHAm3odL
ちゃんと感想書かないと
感想書いちゃっうよ(`・ω・´)!

58 :名前はいらない:2005/07/12(火) 20:51:23 ID:/0DKDoYz
てかもう評は誰でもいんじゃね?

59 :名前はいらない:2005/07/12(火) 22:44:56 ID:0C+qXlrR
>>58
わかった。

>>1-58
>>60-1000




お 前 ら キ モ い か ら 今 す ぐ 死 ね







以上、VIPPERでしたwwwwwwwwwwっうぇwwwwwっうぇwwwwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwwww

60 :名前はいらない:2005/07/18(月) 09:51:38 ID:6cqF7qFy
お題ちょーだいage

61 :忘れな草:2005/07/18(月) 11:31:05 ID:+/xyLZBX
お題出してみます(素敵な詩を読んでみたいので)。
評価もします。
でもあんまり多いと無理なので、先着五名までってことで。
お題『子供』『虹』『かすか』からご自由に選んでください。

62 :000:2005/07/18(月) 12:19:13 ID:ao919zv7
「となり」(かすか)

聞こえた なんて 呟いてみた
だけど わからない 中身だけ
音だけが 妙に 響いて消えた

空耳だなんて 笑われるのかな
君がいなくなった 隣にだけは
誰も 入ることはできないけれど

まだ今も 聞こえる 君のうたが
反芻されてく 僕の体の中で
好きだって 事さえ 伝えられずに
ずっと 聴く側 だったから駄目なのか

微かな 夢の跡 君は 戻らない

63 :名前はいらない:2005/07/18(月) 13:06:56 ID:6cqF7qFy
「人生の塗り絵」(子供)


青色の氷を当たり前のように頬張って笑う表情は
何もまだ知らないけれど
そろそろ自分の塗り絵をはじめなくちゃいけない

カレンダーを7色に変えるのも
365色にしてみるのも
おまえがしたいと思えば今すぐにだってできる

生まれた瞬間におまえは神様から極彩色の右手を受けとったんだ

私は自分の塗り絵を今やっと終えたところ
つむじの上からつま先まで
もう余白はない

だから今は神様が
「よく出来たね」って頭を撫でてくれるのを待っているんだ

神様はもうすぐやってくる

64 :名前はいらない:2005/07/18(月) 13:08:17 ID:6cqF7qFy
まだ真っ白なおまえの色たちを見届けられないのは残念でならないよ
でも自我の芽生えたおまえは自分の色をきっと決められると信じてる



それじゃあな

65 :名前はいらない:2005/07/18(月) 13:29:41 ID:lkfH3NIY
「記憶」(虹、子供、かすか)

虹を渡る子供達
彼らは虹がなんなのか
何も知らずに渡ってる
彼らは天国行くだろう
虹のことを知らない限り

虹を無視する子供達
彼らは虹を知っている
知っているから気にしない
彼らはきっと地獄行き
死ぬまで働く歯車地獄

虹を嘆くは大人達
昔は七色だった虹
昔は綺麗だった虹
今の虹は七色が
黒くなって消えかける

かすれた色の黒い虹
彼は何も思わない
七色だけど誇らない
黒くなっても気にしない
だって彼は盲目だから

66 :忘れな草:2005/07/18(月) 16:01:46 ID:+/xyLZBX
素敵な詩ありがとうございます。
感想みたいなものになってしまうのですが評価させていただきます。
>>62
第一印象は「透明感」でした。言葉の流れが綺麗ですね。
ただ、四段落目で言葉を短く切りながら並べるところが印象的だったので、
逆にほかの段落ではあまり切らない方が四段落目が引き立つのかな、とか
ちょっと思ったりしました。
でも切なくて好きです。
>>63>>64
青色の氷、365色、極彩色の右手…鮮やかなイメージですね。
子供の常識って大人が思ってるものと違ったりするし、子供の目線って
何だかちょっと変わってますよね。本当は当たり前じゃないものを
当たり前って思っていたり、その逆も。
そんな子供たちへ、これから生きていく後輩たちへの愛情が感じられる
詩だと思いました。無邪気で真っ白ではいられないけど、おまえなら
頑張れるよ、っていうような。
>>65
何となくマザーグースを思い出しました。
七五調でリズムがいいからでしょうか。さり気なく残酷な言葉が出てくる
からかも(歯車地獄とか。嫌ですね死ぬまで働くの)。
「虹」が何なのか、私にはよく解りませんでした(社会?)
でもこの詩でいくと解らないほうがいいのかな、というのは冗談ですが。
解らないながら、心の中の色んな場所に触れるような気がする詩でした。

67 :名前はいらない:2005/07/18(月) 16:59:07 ID:6cqF7qFy
>>66
早いレスありがとう
また気が向いたら頑張ってくれたまえ

68 :忘れな草:2005/07/18(月) 18:17:28 ID:+/xyLZBX
>>67
はい、そのときはまたよろしくお願いします

69 :名前はいらない:2005/07/18(月) 21:28:40 ID:YGDi6KfU
先着五名ならまだ大丈夫ですかい?
ではテーマは「虹」で
虹の花

虹の花の香は心軽やかになる
花に込めた思い
光と繋ぎ あなたの元へ

愛は終わるものと皆は言うけれども
それは嘘 嘘・・・
人は裏切り 傷つけ合い 生きていくもの

本当の愛はその中にある

虹の花の慈愛(あい)はあなたの愛を探して
この世に生きる喜び
光と共に私の元へ

70 :漂流者:2005/07/18(月) 23:25:18 ID:IOLFBTF3
すいません
諸事情により書き込み出来ませんでした。

『言葉』『静止』『道』
↑にたくさんの書き込みありがとうございました。

遅くなりましたが
>>49 >>50 >>51 >>52 >>53 >>54 >>55
について
評を書かせて頂きたいのですが
よろしいでしょうか?


71 :名前はいらない:2005/07/18(月) 23:47:30 ID:D5dfDSBJ
むしろかくべきです

72 :55:2005/07/18(月) 23:49:04 ID:YGDi6KfU
>>55ですが
いいですよ

73 :漂流者:2005/07/19(火) 15:14:14 ID:k54yOpc8
>>49
すれ違い・・・でしょうか?
作者さんの想いがよく伝わってくる詩ですね。

なぜ後悔しているのかが
ちゃんと伝わってきて
驚くほどの完成度。

ただ気持ちをストレートに書いたぶん
少しリアリティーに欠けたかな、という気もします。

とても哀しく素敵な詩でした。
書き込みありがとうございました。


74 :漂流者:2005/07/19(火) 15:27:43 ID:k54yOpc8
>>50
少女にとって「手」「道」とは
どのようなものだったのでしょうか?
一体何のことを指しているのですか?

物語調にしたことにより
恐怖感が増しましたが、それと同時に
言葉の意味の理解がしにくくなったと思います。

ただ最初と最後がわりとはっきりしているので
読む方はすっきりしました。

書き込みありがとうございました。

75 :漂流者:2005/07/19(火) 20:01:04 ID:NhP6TWUq
>>51
詩の創り方などは素敵だと思うのですが
もう少し
意味を考えて行替えをしてみては?
せっかくの詩が分け方によって
理解しにくくなっています。
人それぞれの書き方なので何とも言えませんが。

「誰か」と「君」は同一人物ですか?

つながりというか
連と連の飛び方が少し激しいなと感じました。
もう少し連と連をわかりやすく
つなげてみては?

書き込みありがとうございました。




76 :名前はいらない:2005/07/19(火) 21:09:47 ID:JMLoTrMR
「子供」

こんなに大きくなったのに
まだ声を気にしてるのね
返らない声に怯えているでしょ
自分が中心にいないと不安なのね
あなたはいつまでも子供のままです

だったら捨てなさい
ブヨブヨの服を脱ぎ捨てなさい
そうしたら空だって近くなる
足だって速くなる
みんなが好きになる
好きだって言ってもらえる

ほらね、拍手に包まれて
誕生日の歌声が届くよ

強い大人になれないあなたへ
嘘つきな母より

77 :漂流者:2005/07/20(水) 18:37:46 ID:Xt2zfsGv
>>52
物事の見方が新鮮でした。
逆の発想ですね。

逆の発想は面白かったのですが
なにかその後が薄いように感じました。
悪いわけではないのですが
もう少し気持ちが欲しかったです。
形式ではなくリアルな気持ちが。

その時の自分の想いを
間接的にでも表してみては?

書き込みありがとうございました。

78 :漂流者:2005/07/20(水) 18:44:23 ID:Xt2zfsGv
>>53
もう少し連と連に
関連性を持たせてみては?

一つの詩と詩を
つなげているような感じがします。

ストーリーを持たせるのならば
もう少し言葉を足した方が良いかもしれません。

書き込みありがとうございました。

79 :漂流者:2005/07/20(水) 18:51:15 ID:Xt2zfsGv
>>54
ストーリー的には
とてもよく出来ていると思います。
しかしもう少し
 僕 のことについて
書かれても良かったと思います。

いったい今 僕 は
どういう 道 を歩んでいるのでしょう?
いったい何を夢見てるんでしょう?
もうちょっと 僕 について知りたくなりました。

書き込みありがとうございました。

80 :漂流者:2005/07/20(水) 18:58:07 ID:Xt2zfsGv
>>55
最初と最後が
少しバラバラな感じがしますね。
一番伝えたいことを中心に、だんだんと
広げていくような感じで書いてみてはどうでしょう?

一連一連的にはわかりやすく書かれていて
ちゃんと読み手に伝わっていると思うので
とても良いと思います。

書き込みありがとうございました。

81 :漂流者:2005/07/20(水) 19:05:31 ID:Xt2zfsGv
↑遅くなりましたが、評とさせて頂きます。
厚かましくも次のお題出させて頂きたいと思います。

『影』『陰』 です。

今回みたいにならないよう、
評は早い方から五名様とさせて頂きます。
ですが
書き込みは自由ですので。


82 :名前はいらない:2005/07/20(水) 20:40:22 ID:2DMMTghu
『眠りの途中』(影)

どうして冷静でいられる?
どうして狂気を感じない?

甘美な夢はいつまでも続きやしない

世界は終わりを告げようと
一夜毎に歩みを進めているのに
未だ君は眠りの途中

もう数回,朝を迎えれば
総て消えてしまう

留まり続ける影に
今在る全てが淡くなってゆく

それなのに

どうして冷静でいられる?
どうして狂気を感じない?

甘美な夢はいつまでも続きやしない

83 :名前はいらない:2005/07/20(水) 21:28:56 ID:ZVa6w2sW
「秘密」(影)
消えない 絶えない
そんな部分が誰にでも

みせない 退(ひ)けない
そんな部分が僕にもある
それは闇
暗いくらい影

秘密・ひみつ・ヒミツ

長い永い迷路
もしくは破れた地図

ふかいふかい溝

秘密・ひみつ・ヒミツ

84 :リーフレイン:2005/07/20(水) 21:40:33 ID:uQw0jtuT
「すぐ其処にある影の国」

雨の白い線が
不連続に視界を切り裂いている夜の道路を

走る。

街灯の下に、ごく普通でしかも奇妙な男が立っていた。

違和感の原因をたぐる。

男が大きい。

ごく普通の 太めで青い作業服に タオルを巻いた
髪の短い丸顔の男は
カーネル・サンダースの人形看板のように大きかった。
顔、手足、胴体、全てが微妙に大きい。
背景の電柱やガードレール、彼が立っていた角にある家の塀、
そうしたものと、人間との寸法が合っていなかった。

違和感の原因に気が付いた瞬間、
男の姿が掻き消えた。

”ああ、あれはそういうものだったのか”

人外の人は
どこか寸法が違うことが多い。
きっと、彼らも間違えてしまうのだろう。


85 :名前はいらない:2005/07/21(木) 11:13:40 ID:jYroOaGj


小さい頃に追いかけた
自分の影を追いかけた
それぞれの影を追いかける
「追いつけないね」と誰かが笑う

影を踏まれちゃいけないよ
心を盗られてしまうから
どこかで読んだ御伽はなし

自分の影も踏めない僕が
誰かの影を踏んだなら?
僕の中身は誰になる?

恐くなったのはいつの頃か

今日もまたすれ違う
人の影をまたぎ越す
今日もまた追いかける
自分の影を追いかける


86 :名前はいらない:2005/07/21(木) 13:06:55 ID:dzwBrky2
「幸福は何処へ」(影)

君はいなくなってしまった

私の心は ゆらゆら ユラユラ
音のないこの部屋で
ただ彷徨っています

悲しみはどんな風に昇華すればいい?
わからないよ 君がいなくちゃ

心に影が宿っては
愛すること
それ自体が色褪せてゆく

ねぇ
昨日までの幸福は何処へ...

87 :名前はいらない:2005/07/21(木) 17:57:40 ID:Z2BKsUTH
5つ揃ったよ
お題頂戴age

88 :名前はいらない:2005/07/21(木) 19:23:55 ID:hetp1Wk3
生きる

89 :名前はいらない:2005/07/21(木) 19:44:56 ID:TX4wGJF5
死んだように 生きる
今日も一日 君は寝ぼけてる
幻を追い掛けて 夢の中に生きる
置いていかれた君は また夢を見て 一日をやり過ごす
独り善がりの 甘い夢

過ごした日々を 振り返る
今日の一日を 君は過去にする
現実が目の前に 夢の中に逃げる
置いていかれた君は また夢を見て 一日をやり過ごす
自分勝手な 甘い夢
世間知らずの 甘い夢

君は今まで 生きた事はなかった
生かされてきただけだった
幼い頃を思い出す
君は自ら 生きた事はなかった
生かされて 生きただけだった 

90 :名前はいらない:2005/07/24(日) 15:20:56 ID:0gWXoaNJ
age

91 :金魚鉢:2005/07/24(日) 16:33:45 ID:ZrAH2t3B
生きてるってなんだろう?
それは、この世に存在して心臓が鼓動している者
でも、毎日がつまらなくて、ただぼーっと生きている人より
病気しがちだけど、一生懸命生きている人のほうが、生きてるって感じる

外を見ている、生きていないガラスの目はどこを見ているの?
毎日、一人ぼっちで何を考えているの?

問い掛けても、ただじぃっと私を見る、悲しげな目
ねぇ、貴方は何を考えているの?

92 :名前はいらない:2005/07/24(日) 16:39:58 ID:4FKNSAxo
「オルゴール」

あなたの言葉に わたしは答える
同じ言葉 同じ答え

あなたの言葉で わたし弾かれる
同じ時刻 同じ音で

オルゴール 回る弾かれる
同じ時刻 同じ音で

オルゴール 今日も朝が来る
昨日と同じ あなたとの朝が くる ルルル・・・


同じ強弱に わたし弾かれる
同じ時刻 同じ音で

弾く回る 回る弾かれる
同じ言葉 同じ答え

お互いよくも飽きもせず
同じ言葉 答え同じ

お互い今日も響きあうの
同じ時刻 同じ音で

オルゴール ルル 回る弾く
昨日と同じ あなたとの朝が くる ルルル・・・

93 :桜舞う:2005/07/24(日) 18:06:48 ID:04lTdCB2
私は、黒い蝶を見た
黒い蝶は、ひらひら華麗に舞い
黒い羽がきらきら光とても綺麗だった――――

蝶は花を求めて、飛んでいる
それでも、ここはもう、花畑なんて潰れて
ただの、コンクリートジャングルだ
アスファルトに当たった太陽の光は余計、空気を暑くする
じりじり、じりじり・・・・。太陽がもっと照りつける。
しょうがなく、蝶がアスファルトに止まった姿は儚げで寂しそうだった
ほんのちょっと、止まってすぐ飛び立った蝶はまた花を探し求める
だけれど、ここは東京。どこで、生まれたのか分からないが
花は、もう存在しないだろう。
あの蝶は、生きているのだろうか?

ただ青い空が続く、蒸し暑い日の悲しい物語


94 :名前はいらない:2005/07/24(日) 18:07:51 ID:4FKNSAxo
5つルールは継続するの?

95 :忘れな草:2005/07/26(火) 21:46:28 ID:27IgE8SD
しばらく作品が来てなかったので、もう来ないかと油断してしばらく見ていませんでした。
スミマセン。書き込みありがとうございます。
69と76の批評をさせていただきます。
>>69
「心軽やかになる」という一行目そのままの印象の爽やかな詩ですね。
虹の花ってどんな花なんでしょうか。「光と繋ぎ」とあるので、「虹」は何か
と何か、または誰かと誰か(「あなた」と「私」?)を繋ぐ希望のようなもの
と捉えているのでしょうか。
素敵ですね。
虹の花の香を嗅いでみたくなりました。
>>76
怖いですね。嘘つきで残酷な母。
一見親身に心配している言葉なのに、声が底冷えしているような。
優しく名前を呼ばれて「お母さん」と駆け寄ったら、突き飛ばされてドアの外
に出される、みたいな。
三段目の「誕生日の歌声」が、よくできたホラー映画のエンディングテーマ
みたいに想像力をかきたてます。
ちょっと気持ち悪くなったくらい、イメージの作り方がとても上手だと思います。

私は5つルール継続で。
お題「さざ波」「花火」
できたら暗い詩が得意な方は明るい結末を、逆の方は逆を狙ってみると
練習にもなりそうだし面白いかも、という提案付き。


96 :名前はいらない:2005/08/14(日) 02:53:43 ID:fSqhWOal
だれかお題だしてよ

97 :すぐる:2005/08/14(日) 03:36:52 ID:OeUd1Eyt
次のお題は「(><)」でお願いします

98 :名前はいらない:2005/08/14(日) 09:54:24 ID:R3psz0Ks
「(><)」
そこにはいないあなた
それでも日々は流れ
少しは笑い飛ばす位の
そんな日々に近づいてきたよ
考えても動かない現実
想いもあざわられるようなかなしさ
それでも生きてゆく
私はどこかこわれているのだろうか
でもそうでなきゃ息をすることもできないから
きっと・・・・笑い飛ばせる位の日々に近づいてきたよ

99 :ゼッケン ◆ZKKEnLZjOY :2005/08/14(日) 11:01:40 ID:5aSMQ2GY
(><)

大きくもなく小さくもなく
まさにジャストフィット
言うなれば等身大
寸分たがわぬ輪郭
互いに鏡合わせ なぞる
指先 ぴく、と震えたね
うつむいて 泣きたいのか
問う ちがうちがう 
蝶のような羽がないだけ
肌に きれいな模様を描く 鱗粉 
なぞられてぼうと光る軌跡

100 :名前はいらない:2005/08/14(日) 12:20:59 ID:fSqhWOal
(><)

(><><) (>)
(>< (<) )(><)>>(
<))((< <) )(>)>)))><<
>><>))<>()<)(><>>)
>><>))()(<<<>))<>
)(((<)>>)()(>>

101 :氷深:2005/08/14(日) 14:30:10 ID:DMteCjKl
(><)
顔文字にしては手抜きも良いほどだと馬鹿にしてた自分は
このマークの必要性が理解できなかった
悲しいなら悲しいと文字で書けば良いのに
わざわざ記号を用いるのはパソコンだと面倒だ

102 :名前はいらない:2005/08/14(日) 15:04:25 ID:dpQEYnL4
「(><)」

ねえ君が泣いたら
僕は君をどう慰めればいいの?
いつも泣いていた僕を
過剰な程に慰めてくれた強気な君
僕はそんな君への慰め方を知らない

ねえ君がいなくなったら
僕は自分をどう慰めればいいの?
ちっとも友達が出来なくて
君以外に話し相手がいない
僕はこんな僕の慰め方を知らない

ねえ君の写真を見たら
僕はこの思いをどうすればいいの?
いつも一人ぼっちだった僕を
太陽みたいに眩しい笑顔で手を差し伸べてくれた君
僕はそんな君へのこの湧き上がる思いの伝え方を知らない

103 :なうり:2005/08/15(月) 23:23:38 ID:ZJcl5COQ
「さざ波」
岩井海岸 到着したのは 真っ暗な時
時々 雷が光って 海を教えた
白い波が 幾度も 繰り返す
さざ波が 今を 知らせる
湿っぽい 地べた
砂が付いても いいよって 座って
あれから 静かになった
さざ波の音が揺れてるよ

104 :名前はいらない:2005/08/15(月) 23:26:39 ID:lBuZKu/L
波が君を呼ぶ
もっとも
きみが到着するずーっとまえに
波は
君を知っていた


105 :名前はいらない:2005/08/18(木) 23:41:44 ID:9pDwebg4
(><)
やっぱり あなたには 手錠が必要だと思うの
片方 あたしに くっつけといて
そうそればさ あたしの飼い犬になる
欲しいものは 父性だったけど
変わりだした
あたしを必要としている人に
ずっと必要とされていたいの
アイマスクもあげるから つけていって
一緒 一緒 もう飽きた

106 :名前はいらない:2005/08/18(木) 23:58:06 ID:8mnQuiTO
(><)
痛っ!
小指を挟んでしまった
何に挟んだかここに書きたいところだけど
それは無理だ
お前らが思ってる以上に
事は複雑なんだ
もし書けば
まず28秒以内に俺はCIAが極秘に雇っている上海マフィアに消されるだろう
察してくれ
すまない

107 :名前はいらない:2005/08/20(土) 04:32:25 ID:VmGIH9Gm
(投下(><)いやっほ

素敵なカウボーイ・カウガール
テンガロンハットがお似合い
馬にまたがり手綱を握る
さあそれでは世界を救ってきます

108 :名前はいらない:2005/08/24(水) 10:12:17 ID:LZcYzKEC
(><)

えへwアタシ綺麗。
某ゴージャス姉妹より、小さい金髪のおねぇさんよりもセクシー
あの歌手にも負けないほどのファッションセンス
でしょう?アタシが一番。
なのになんで貴方はアタシを見ないの?
なんでなんで?アタシ綺麗でしょう。
キレイでしょアタシ。アタシ綺麗綺麗キレイキレイキレイ

109 :名前はいらない:2005/08/24(水) 21:22:54 ID:TXX4K1Ck
(><)

絵に描いたモチモチ肌
悩みなんてゼンゼンない
海の上ではもう
クルーザ貸切りでぼくの誕生パーティ
カーラジオからロマネコンティ
ランデブーって何だかデブみたいだよね
デブが走るぞー、っみたいな
ワッシャワッシャ、ワシャワシャ
人生は素敵すぎ
ぼくのガダルカナルも陥落しそうです!

110 :名前はいらない:2005/09/13(火) 05:03:36 ID:S9PAr462
a

111 :名前はいらない:2005/09/13(火) 05:21:29 ID:YpwIMgx6
いんこっていった。

112 :名前はいらない:2005/09/13(火) 05:22:23 ID:YpwIMgx6
から、ぶす。

113 :名前はいらない:2005/09/13(火) 17:46:27 ID:iJFd/5Y0
(><)

確認と観察 わたしとあなた

114 :名前はいらない:2005/09/21(水) 00:08:33 ID:XVary2TZ
(><)
NGワード口走ったあとに
どれだけ焦っても
もう その時は戻らないの
沸点に達した頭からの指令で
「去れ」と言ってる
おどけた顔も 気を落とす素振りも
もぉ充分 ありがとう

115 :名前はいらない:2005/10/11(火) 21:12:28 ID:J9+yM9TF
(><)

何に見える?目を瞑った人の顔に見える?
痛いから瞑っているのか
悲しくて泣いているのか
眩しくて目を開く事ができないのか
それとも、ただはしゃいでいるだけなのか

ある人は言った
「毛虫が終末と嘆く その形態を 救世主は蝶と名付けた」

そこに込められた想いを見るだけで知る術は無い
ただ、感じる事ができるだけ

私は貴方を知らないけれど
文を読んで感じているよ

116 :名前はいらない:2005/11/28(月) 23:31:44 ID:wpSSzY93
あげ

117 :名前はいらない:2005/11/29(火) 00:26:07 ID:IzegSE7e
「言葉遊び」でお願いします

118 :000:2005/12/06(火) 13:57:09 ID:UACjGoIF
「言葉遊び」
うしろむき 探しているのはだあれ
きみのてと 僕の手合わせてぱちん
小さなくちびるからこぼれてく
虹色の呪文が羽を伸ばして
少しずつ新しい香りをつくっていく
そして端っこに落として
「また明日もあそぼ」

119 :花音 ◆dmko/Us606 :2005/12/13(火) 13:33:46 ID:Fe/bMRqb
「ゆきの降る日の言葉遊び」

ゆめを見ていた
きよらかに白い
のはらに落ちた
ふるえ
るような
ひいらぎ
の花
こいをするのなら
とけていく痛みの前に
ばんそうこうを
あげましょう
そうして夢から覚める午後
びろーどの雪にさよならを


120 :名前はいらない:2005/12/14(水) 02:58:18 ID:VGKMCBJZ
お題出させて下さい。

「皆がそれぞれに考え悩み生きているのに
断片しか見ることの出来ない他人に、批評出来るわけないよね
あなたが誰かの欠点を見つけた時、あなたに欠点が一つ増えているんじゃない?」

この言葉の意味を、伝えることの出来る詩を書いて下さい。



121 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/12/14(水) 03:19:27 ID:ytKDOtHJ
>>120
・うるささ(欠点を増していく人間の側)

芸者の半生を描いた映画を観た
残ったのはただ一つ、「どうして僕はこんなにかっこ悪いのだろう」という問い
外は寒くてたまらなかったので
原付に乗るなりそれも忘れた
コンビニへ寄っておにぎりと、アルミ缶入りの酒を買う
未明の公園でそれらを消化していると
寒くて倒れるに倒れられなかった

122 :名前はいらない:2005/12/14(水) 05:12:27 ID:+rZMjouk
>>120
色んな意味で「オマエモナー」

123 :至らないですが:2005/12/14(水) 06:02:49 ID:Tqzm1pi7
>>120
闇ばかり黒く映る
この目はいつか光を逃してしまう
自然に発する脳裏のそのもっと裏
年輪を増すうちに焦げ付いたか
基準よりもあたしを見て
不具合な慣れで飛ばすディスカッション
目にも止まらない
速さで
憂いで
この部屋は狭すぎる
もう一度視野を持つコトを決めて
もう一度目を開けたらいい

124 :書かして戴きます:2005/12/14(水) 07:54:28 ID:S+XfAvaE
・わかることで増えるわからないことの例…微妙にずれてます(汗



あれは何?これは何?どうして?
わからなくてあたりまえ?
母さんどうして教えてくれないの
がんばって考えてもわからないよ
…あ!
そうだ、こうだったんだ!!
ぼくはよくわかったんだ!!

どうして部屋の隅に行きたがるのかしら
あの子の育て方を私は間違えたのかしら
最近独り言が多いみたいね
ああ心配だわ
「どうして?」
「さあね。」
もう…人の気も知らずに…

125 :名前はいらない:2005/12/14(水) 23:27:56 ID:62DR1zkM
>>120

タイトル:蛹

昼間の道路で一人 裸の犬と話をしてる
しおりを挟んだ本も 真っ黒なモノに生まれ変わる
お金の詰まった缶を 無理やり蓋開けて投げた捨てた

双眼鏡を二つ 小さな箱から取り出して
見えない汽車の内部を 笑いながら覗いてた

ゴミ箱の中があふれて また一つ無駄が増えて
泣いてる鳥の目玉を 薄いティッシュで拭き取る

ありがちな辞書を抱えながら 糸の外へ逃げ出した



126 :名前はいらない:2005/12/14(水) 23:31:49 ID:62DR1zkM
>>125
投げた捨てた→投げ捨てた

127 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/12/15(木) 01:57:46 ID:AX8bhBu7
>>120
・寂しさ(考え悩む人間の側)

人の声がする
誰だろうと思う暇なく、ざわざわ
俺は途方に暮れて、数が掴めずにいる
見ているとサッカーボールが飛ぶ
こちらへ、ボールを取りにかけてくる人が居る
俺は場所を移すことにした
あの人のことは覚えている。俺を嫌ってる
離れた場所に身を落ち着けて、少しまた彼らを眺める
笑顔で笑いあっているのが見える
頭が熱くなって言葉になる。なぜ俺を嫌うのだろう
いや、理由らしいものは既に出されている
ただそれが、そいつにとっての何なのか、仲間うちにあるそいつの砕けた笑い顔を見ていても要領を得ない
そいつは俺の前に現れてこう言った。「お前は薄汚くて、不愉快で、自覚もなく存在がえげつない」
反発もあったが、あの語気に触れればその通りなのだろうと思わざるを得ない
落ち着いてはいない。血にのぼせた頭でそう思ったのだ
それきり何の縁もなく過ごせていることに安堵しているのが正直な俺の気持ちだが
のぼせた頭の燃やされた細胞はいくつか死んだ
冷めた目で自分の今後を見据えてみて
こうやって、万事成り立った中やっていくのかと考えると
僅かの寂しさと、再燃する膨大な頭の火種が俺の何もかもの行く手を阻むもののように思えた

128 :名前はいらない:2005/12/15(木) 16:13:08 ID:SDCzoFuU
彼は良い奴だと皆に言われ
笑い、泣き、心配し、心配され、力一杯に生きている

私は、考え、嫉妬し、愛し、生きようとしている

確かに、彼も私も、愛をもってこの世界を見、
喜び、悲しみ生きているだろうに

私にとって、彼が良い奴でないのは
どうしてなんだろう

良い奴、と言われる彼に嫌われる私は
何なんだろう

129 :名前はいらない:2005/12/15(木) 18:46:33 ID:9tsqi+td
断片しか見ることの出来ない他人に、
批評出来るわけないよね?
違うよ 表現した中の断片しか理解できない表現は
批評できないんだよ

あなたが誰かの欠点を見つけた時、
あなたに欠点が一つ増えているんじゃない?
違うよ 君が誰かに欠点を見つけられた時
仕返しに君がそいつの欠点を見つけるんだよ

130 :名前はいらない:2005/12/18(日) 12:31:09 ID:lOTpSjlq
>>120

『虹』

遥か高みへと架けられた夢は
その場所に行き着くことなく失速し
弧を描いて地上へと戻ってきた

失意に頭を垂れる
それを見た人々は口々に言った
「美しい」と

131 :名前はいらない:2005/12/30(金) 00:46:08 ID:zkv+TlBa
お題出します★
「来年のカラー」でお願いします。

132 :名前はいらない:2005/12/30(金) 18:41:32 ID:Brxxyih5
お題 【ずれた反省心】

133 :名前は言えない ◆GZf2bUqCh6 :2005/12/30(金) 20:04:09 ID:Fd2Qhvkm
【ずれた反省心】

猛反省 していたつもりだった
辛抱に辛抱を重ねながら
分析に分析を重ねながら

ごめんね 奈々子
ごめんね 竜次
ごめんね 愛子

いっぱい ごめんねを言って来た

のだが・・・

あいつらぶっ殺す!
嗚呼、、、なぜなんだろう

心って何?

134 :名前はいらない:2005/12/30(金) 20:12:52 ID:Fd2Qhvkm
131さんの>お題出します★
「来年のカラー」でお願いします。

135 :名前はいらない:2005/12/31(土) 00:19:57 ID:df9IW+0u
>>133
軽い感じでいいなこれ
ありがとー

136 :277 ◆lpf/TAjzto :2005/12/31(土) 01:12:14 ID:GaHpXfuQ
干支は無情にも 確かに廻ってくる
いずれは自分の番なのだ
そしていよいよ来年は
記念すべき 3回目の年男
悲しきかな 3回目の年男
若いと思う自分は居る 確かに此処に居る
だからこそ 胸を張ってこう言おう
「涙色の青なんて 薄めてしまえばいいのさ
私はここからが青春、淡い水色の来年が待っている」
全てを受け入れる 寛大な空と海の色、水色
第二の青春はここから始まる


・・・何書いてんだろ俺_| ̄|○ll

137 :◇PLAYBOYc7c ◆VGMdSbKWD6 :2005/12/31(土) 04:50:20 ID:st4x2puG
『来年のカラー』

ずぅんずぅん、大晦日が迫りくる

カラーと言えば?、襟でつよ

ほら、ワイシャツのカラーや黒服の詰め襟とか

中国の拳法家が着る胴着の襟が、びちっと立っているのを思い出したので

来年のカラーは中国風の詰め襟に決定なのだ!

な・の・だ・!



138 :名前はいらない:2006/01/05(木) 05:20:41 ID:QXKRHbLP
読書感想文

139 :時間皇子:2006/01/05(木) 16:44:20 ID:hM/qsrXw
>>120

題・好きという事

「貴方が、私のことを好きだという事がわかったわ。
私も、貴方のこと、嫌いじゃないわ。
でもね、
私は、貴方を、好きになれないの。」

「貴方が、私のことが、好きだというのなら、
私以外の人は、私より、劣っていることを、認めることになるの。
今まで、私の知っている人たちに、平等に接していたのに、
私だけ、特別扱いされたくないの。」

「私は、貴方のことが好きだった。
でも、私を特別扱いした瞬間から、
全ての人に対して、平等に接していた貴方がいなくなった瞬間から、
私は、貴方のことが、嫌いになりました。」


140 :名前はいらない:2006/01/05(木) 19:27:01 ID:MZIvP4Th
お題【光、とは】

でお願いします

141 :名前はいらない:2006/01/07(土) 20:32:40 ID:Po17tk4T
【光、とは】
光は暗闇の中でしかその存在を示さない
帰りの電車で月をみて
真っ暗な背景の中
気を解したんだ
つまり光、とは
そういうこと
世の中の錆付き
汚染された街
海を泳げば迷宮入りさ
そういうとこにある


142 :名前はいらない:2006/01/07(土) 21:13:51 ID:2mWvwgsg
お題【射程距離】で。

143 :名前はいらない:2006/01/07(土) 23:09:08 ID:jXmTw7+X

【射程距離】

届かないと 知っていたの
苦し紛れの嘘で底上げされたブーツは
今や流行に流された 過去の遺品

伸ばされた手は 逝き場を亡くして
未だ 虚空にさ迷う

然れど

力の限り発した声は 貴方の耳に
いつまでも 呻吟う

それなら 報われるか知らないけれど
いつだって 後1つ何かが足りなくて
涙で濡れるのは
私の頬だった


144 :名前はいらない:2006/01/08(日) 01:15:17 ID:lPu6jTH8
【射程距離】

ひたすらに打ち続けた
セイフティーなど付いていない
ひたすら連射、熱心に
貴方は目の前で笑ってるから

あたしの言葉をあなたは全て受け止めてくれるから
あたしは安心して言葉の引き金引き続けるの
あたしの声がスキだって言ってくれるから
あたしはひたすら打ち込むマシンガントーク

月日は流れて貴方は突然銃口を向ける
貴方は突然離れてしまった
あたしはそれでも引き金を引く
もう届かない貴方に向かって弾を撃つ
幾度も幾度も弾を撃つ
射程距離外、それでも貴方に銃口向けて
貴方にだけしか打つこと出来ない
あたしの弾丸 空回り

145 :時間皇子 ◆silver/aTM :2006/01/11(水) 17:11:19 ID:LF+wi0sK
【射程距離】

私の聖域を汚してほしくなかった。
貴方が、私の中に侵入をしてきたその時、
何もかもが、弾けてしまった。
そして、破壊されてしまった、心。

重なれば重なるほど、短くなる距離。
それは、遠くに行くことを拒むかのように、
私の、射程距離を狭めていく。
そして、零になる、心。

迷いは無くなった。
私と彼の、射程距離は、無くなった。

そして、幸せを掴んだ、心。


146 :名前はいらない:2006/01/27(金) 11:04:33 ID:LS1bxi44
射程距離

きっとまた振り返る
きっとまた振り返る

ほらまたすぐに笑う
さびしそうな顔をして

あんなに時間は過ぎたのに
また後ろを見てしまう

錆びた看板に書いてある
「前世とあなたはつながっている」

きっとまた振り返る
明日になっても、一年経っても

私にマークがある限り
髪の色も染められないでしょう

147 :名前はいらない:2006/01/27(金) 23:09:16 ID:TnnrW9bi
猫、歌、マフラー



これは難題かな…

148 :名前はいらない:2006/01/28(土) 01:46:03 ID:nRd+1Z66
>>147
やってやろうじゃね〜か。
【猫、歌、マフラー】
自由なんだ!って思っていても、結局は何かに縛られていて、窮屈で・・・。

けれど、時々聞こえる歌に耳を傾けているんだ。誰が歌っているのか分からないけど、

その歌は優しく、マフラーのようにあたたかくて。

歌っているのは誰なんだろう??って考えてるけど、実はもう答えを知っていて。

でも、その答えを口には出さず、今日もマフラーの歌に体を寄りかからせる。

スレ汚しスマソorz


149 :名前はいらない:2006/01/28(土) 02:22:59 ID:F79Hbbvt
[猫、歌、マフラー]
しん、と冬が香る朝に僕は目を覚ます
窓の外 降り積もった雪は僕の幼心を揺らすのに十分で
僕は目を閉じて ゆるやかに思いを馳せる

僕は白い猫になって
雪原を歩く
忘れてた何か探す様に
それとも大して理由なんて無い様に
真っ白な雪原に足跡をつけて行く白い猫
それが僕にはたまらなく楽しくて
自由人になって歌いたい
それが幼くとも僕の憧れで

やがて僕は再び目を開く
白い猫は雪原の何処かへ溶けていく
自由人になって歌いたい
僕はベッドから立ち上がってマフラーを手に取った
僕はこれから何を見つけに行くのだろうか


150 :147:2006/01/28(土) 02:57:05 ID:i0ny6I5p
>>148-149


つ旦

151 :名前はいらない:2006/01/29(日) 20:15:28 ID:6y5GnZeO
[猫、歌、マフラー]

日のあたる、それでも寒い空の下
お気に入りのマフラー巻いて 貴方がくれたマフラー巻いて
外に出た
あぁ思い出せば 最後に散歩をしたのなんていつのことだろう?
あの時はそう 貴方がいた

同じく散歩中の 野良猫一匹
何を思うでもなく 後を追う
太陽の光が気持ち良く、眩しい
こんな日はそうだ あの歌を

気付けばあの時と同じ道
もう 泣いたりなんかしないよ


詩の定義が今だにわからない初心者です。駄文なのは軽やかにスルーして頂けると助かります…

152 :名前はいらない:2006/02/05(日) 02:31:08 ID:RjqdFKYP
テーマ「進化」で


153 :名前はいらない:2006/02/05(日) 02:57:33 ID:5Zj+waD2
他愛のない日々に進化を求める日
螺旋状に進んでゆく理論
自分が見ていたよりも
深い場所を知る
自分が住んでいた場所は
今では見えなくて、懐かしくて
それでも未来を求めていく
かけがえのない思い出と
思い描いた虹を重ねて

154 :1043:2006/02/06(月) 14:23:18 ID:5a//vyhj
「今日もどこかで」

始めて見たとき
その他大勢の
ヒトリだった

笑ったとしても怒っても
フツーのことだと思ってた

二回目に見たとき
始めて見たときのこと
思い出した

二回続けて見た笑顔
ボクのパルスはゆらめいた

三回目に見たときは
知らないうちに探してた

続けて見たいあの笑顔
ボクのココロは決まってた

ココロのパルスが進化する
キミに向かって進化する

地球の未来に影響しない
小さな進化は

今日もどこかで
パルスをゆらす

155 :名前はいらない:2006/02/11(土) 14:59:38 ID:beWvHIAL
【進化論】

進化してゆく僕の幸福論
誰のため?僕のため?君のため?

進化してゆく君の感情論
誰のため?僕のため?君のため?

ぶつかり合う言葉

絶える事の無い白昼論議

神化してゆく僕らの進化論
誰のため?僕のため?君のため?

きっと

何のためでもないのだろう

156 :名前はいらない:2006/02/14(火) 03:54:57 ID:Vr4/vqWg
今じゃない
この先を考える
そういう点にきているから
点を黒々と塗りつぶしているだけじゃ
もうだめだから
ぐりぐりと塗りつぶす行為は
紙を破ってしまうだけだから
少し ほんの少しだけど
一歩。

157 :名前はいらない:2006/02/14(火) 17:59:53 ID:sCxdIFNb
かなり昔の事なんですが
「母・宗教・桜」この三つをテーマに
詩を書いて欲しいと友人に言われました。
とても難しかったのを覚えていますが
皆さんならこの三つのテーマで何を
お書きになられますか?

158 :152:2006/02/14(火) 22:58:55 ID:bgmOdplI
ごめん、自分でテーマだしといてすっかり忘れていました

>>153
クラシックな進化観でストレートに書かれていて潔いと思うが、
「進化」「理論」「螺旋」など直接書くのはあんまり面白みがないんじゃないかと思う
ひょっとして出産のイメージも含んでいるのだろうか、だとしたらちょっと面白い
最後の「虹」とは進歩のシンボルだろうか、それがなぜか螺旋状だったら面白いんじゃないかとふと思った



159 :152:2006/02/14(火) 23:02:44 ID:bgmOdplI
>>158
「〜思った」ばっかでアホみたいな文章だな

>>154
残念ながら、進化と言う語がなくてもいいんじゃないだろうかと感じた
恋愛の進歩の過程を進化に見立てたということだろうか
「パルスが進化する」とはどういうことでしょうか、理解できず

160 :お題だお:2006/02/15(水) 02:26:00 ID:wY5HgHBu
【あはは】
「あはは」とは、笑ってる仕草のことです。
詩のどこかに「あはは」をいれてください。

1つから何個でもかまいません。
「あはは」が寂しげに笑っているのか、にこやかに笑っているのかはもちろん自由です。
色んな「あはは」を楽しみに待っています。
宜しくお願いします。

161 :名前はいらない:2006/02/15(水) 04:25:05 ID:iG2/aPy0
「井戸」

あはは 人がゴミのようだ!
そんな台詞をどこかで聞いた

すっと立ち上がった良心が
「なんて悪いやつだ!」

腕を組み警棒を振り回す傍ら

彼らの隠し守っている井戸の底
やけに純粋な何かが

あはは あはは
あーはっはははは

ドロついたよだれを撒き散らしながら
テレビをガタガタ揺すっていた




162 :名前はいらない:2006/02/15(水) 05:25:39 ID:hPAWa6fg
「音」

ドアノブを握る、静か。
ドアを開く、静か。
足を踏み入れる、静か。
衣擦れ、静か。

声どころか涙まで殺し、君は振り向く。
何事もなかったように僕に笑う。

あはは。


静か。

163 :1043:2006/02/16(木) 17:14:22 ID:D6tvEcgf
>>159 コメントどうもです

164 :名前はいらない:2006/02/16(木) 20:29:51 ID:F3I8iGho
『あはは』

あ!母!
あれは僕の母。
遠くに見える、僕の母。
こちらへ来るよ。
歩いて来るよ。


あはは!
これは、笑い声。
僕の大きな、笑い声。
あちらから来る僕の母
つられたように、笑いだす。
笑顔は親子を伝播する。


あ!母!あはは!
あはははは!

僕はなんだか
わからなくなる
これは母か、『はは』なのか?
あっはは!あはは!

僕は気付いた!

これは
賑やかに
母と『はは』なのだなぁ



165 :152:2006/02/16(木) 22:26:29 ID:x7kBOcJE
遅くなってごめんなさい

>>155
進化論発展の歴史が下敷きだと読めた。面白いです。
「神化してゆく」はまさにその通りだなあと納得した。うまい。
結論への導きがシンプルすぎてちょっと物足りない。

>>156
人類の未来を書いているのだろうか。
「〜だから」の理由が書いていないので、消化不良になる。
最後も良くわからない。「塗りつぶす行為」と「一歩」進むことがつながっていないようにおもう。

>>163
つたないコメントですが、読んでくれてありがとう

166 :名前はいらない:2006/02/19(日) 22:45:23 ID:J6xN6v2G
あげ

167 :名前はいらない:2006/02/19(日) 23:02:33 ID:R8DXYXLZ
今日は
あなたに会える日
私はいつもよりおめかしをして待ち合わせ場所で君を待つ

君は10分も遅刻をして『ごめんごめん』と言いながら笑ってる
少し憎たらしいけどそんな君が好き

今日は
二人で映画をみる予定
映画の内容は『スパイの彼女が殺そうとしている相手を好きになってしまう』
ってゆうラブストーリー
最後には感動的すぎて泣いちゃった。
そのあと彼と一緒に
ご飯を食べにいった。
そのとき映画で泣いたことからかわれたでもそんな彼も大好き



そしてもうタイムリミッド
彼は最後まで
寂しい顔をしてなかった
むしろ『あはは』って笑うばかり
寂しくなるじゃんか

すると私の気持ちを悟ったか
優しい包容のあとにKiss
貴方を好きでよかった。

168 :名前はいらない:2006/02/23(木) 17:28:48 ID:XF8r1qZs
お題出した人責任とれあげ

169 :名前はいらない:2006/02/24(金) 14:53:18 ID:bviJqZ9u
あははあげ

170 :名前はいらない:2006/02/25(土) 16:24:15 ID:k/Lgnj3u
あばば

171 :名前はいらない:2006/02/26(日) 01:13:42 ID:ZM1uqaZ8
あはひふへほ

172 :名前はいらない:2006/02/27(月) 01:03:39 ID:G3e9ypBk
にゃあ

173 :名前はいらない:2006/02/27(月) 11:10:26 ID:G3e9ypBk
埋め

174 :名前はいらない:2006/02/28(火) 16:00:30 ID:rwJjdrMl
埋め

175 :名前はいらない:2006/02/28(火) 19:09:07 ID:JHRXyxBI
共に目標にむかって頑張ってきた友人に別れの言葉を

176 :名前はいらない:2006/03/02(木) 19:35:21 ID:K1bQ8IgQ
いきなりお題。

『傷』『空』『闇』

3つの中でどれでもいいので、誰か書いてください。
なんなら全部入ってても良いです。

批評は先着5名様まで。
批評は必ずします。

177 :1043:2006/03/03(金) 18:51:21 ID:0OkuDj3m
お題【空】

其の一
「空を見るとき」

もし
青空を見ても
心のゆがみは
なおらない

でも
青空を見ると
少し心のゆがみを
忘れられる

きっと
雨空よりも
青空の方が
心にやさしい

そして
雪空を見ると
どう思うんだろう



お邪魔します。

178 :1043:2006/03/03(金) 18:52:23 ID:0OkuDj3m
お題【空】

其の二
「雨ノ降ル日ニ・・・」

雨の降る日に
空を見上げた

どうせ見るなら
晴れた空の方が
気持ちイイのに・・・

でも

雨の降る日に
空を見上げた

きっと何か
イイコトがあると
思ったりしながら



再びお邪魔します。

179 :名前はいらない:2006/03/03(金) 20:23:45 ID:vXJBuAMT
>>175 共に目標にむかって頑張ってきた友人に別れの言葉を


かけがえのない、だとか

たったひとつの、だとか

そんなこと言えるはずもない

滲む視界

震える声

全ての想いを込めて

君へ

『ありがとう』

180 :名前はいらない:2006/03/04(土) 12:17:03 ID:UUhnInVg
@『空』
空が人を見下している
見上げてやっと空と目が合った
いつまで見てんだよって
空を殴ろうとしたら
まるで闘志に燃えてる様な姿になってた
無駄に広くて
開けっ広げな空
いつだって 見てるだけ
なんだって 知ってるだけ
常に傍観者
自分もやりたいことあるけれど
客は舞台に上がれない


あやふやな雲も
大きすぎる星々も
幻みたいな昼の月も
全部羨ましかった。

同じ舞台に立ちたいと願ってた
きっとどんな天気でも
楽しめるんだ


181 :名前はいらない:2006/03/04(土) 12:18:34 ID:UUhnInVg
A『空』
でもわかったんだよ
僕は
自分で作った枠の中から
世界を眺めていた
それだけの事だったんだ

笑っちゃうよね
傍観者だと決め付けて
足下には既に舞台は広がってたんだから

きっと傍観者は
空ただ一つだけだったんだ


水溜まりにうつる空
見下したら目が合った。
狭い世界で窮屈かい?
笑った後にばしゃと踏んだ。

天と地がひっくり返った気がした。

182 :名前はいらない:2006/03/04(土) 19:38:31 ID:4Ulefj2I
『傷』『空』『闇』

『闇』の中で手を振り回してみても
なにも掴めずただ『空』をきるだけ
なのになぜ『傷』を負ったみたいにこんなに痛いんだろう?


183 :名前はいらない:2006/03/05(日) 01:34:01 ID:SCOkh0rb
「空」

空が落っこちてきて 世界を包んだなら
僕らは空の上を歩き 「飛べた」って言うんだろう
人間なんてそんなものだ。

184 :名前はいらない:2006/03/05(日) 11:26:16 ID:f1FZ6pVo
>>177
第一連での
もしの意味がよく分かりません。

それと、第三連で
雨空と青空を比較するのなら
前に少し、雨空についての描写を入れた方が良いと思います。
読んでいて前の連と繋がりませんでした。

第四連については、どう考えても意味が通りません。
多分いきなり文がとんでしまったからだと思うので
最後の締めをもう少し考えてみては。

以上、批評とさせて頂きます。
ありがとうございました。

185 :176:2006/03/05(日) 11:49:07 ID:f1FZ6pVo
>>178
なぜ、空を見上げたのか
しかもわざわざ雨の降る日に。
そのあたりの説明が少し欲しいですね。

最後の連が理由になっているのだと思いますが
文の書き方で違う意味になっているので意味が分かりません。
まぁこれは自分の勝手な捉え方なので
無理矢理自分のスタイルを変えなくても大丈夫です。

以上、批評とさせて頂きます。
ありがとうございました。

186 :176:2006/03/05(日) 12:20:00 ID:f1FZ6pVo
>>180-181
中間あたりの詩が、もう少し詳しく描写されていると
より分かりやすい詩になると思います。

特に舞台と空の関係のところは
もう少し詳しい方が読む方にとっては助かります。

全体的に良い雰囲気で、とても良いと思います。
文の構成も良いと思います。
また読みたいですね。

以上、批評とさせて頂きます。
ありがとうございました。

187 :名前はいらない:2006/03/05(日) 17:29:01 ID:Ivo+Kc/p
「くびすじ」「うなじ」「えくぼ」
のどれかを使って詩を書いてください。
批評はできませんが……。

188 :1043:2006/03/06(月) 15:30:51 ID:ca0cGQTG
>>184 185

 どうもです。

189 :名前はいらない:2006/03/06(月) 18:27:08 ID:51a4Zt4k
お日さまが空にお顔をカツカツカツと 水平線の向こうからのぞかせて
ダイヤモンド や エメラルドの宝石を 少しずつ 少しずつ 
このすきとおった コバルト・ブルーの 大海原にちりばめた
そんな世界とは裏腹の ダーク・ブルーの海の中を
一頭のクジラがつぶらな瞳で 悲しげな歌を語っていた

ある時その悲しげな歌がとまって 悲しくなったイルカ達が
ダーク・ブルーの海の中を あのクジラの居場所を
一生懸命捜しているのだ
やがてイルカ達は 長い間 歌を語り続けた
クジラが、海の底で お昼寝している所を発見した

「どうしたんだい」
だけども空気の泡をぶかぶかと 口のはしから吐きだしているだけで
無視しているのか それとも眠りついて聞こえていないのか
クジラの耳はピクリともしないし 微動だにしない

「眠っているのかな」
だけどもイルカ達は 夢の中には現れなかったのだろう
そしてしばらく困ったように イルカ達はユラユラ漂って
やがて 悲しいような 淋しいような クジラに礼をして
宝石のちりばめられた 大海原に戻って行ったのだった

広い海の底は、まるで荒野の夜のように静かで
クジラ以外のものは波のモザイクにかき消され
分別もつかない
しばらくして 目を開きジロジロ周囲を眺めてから
再びクジラは泳ぎ始めた

そしてまた 悲しげな歌を語り始めたのだ

190 :ttp://ameblo.jp/jukinzoku/:2006/03/06(月) 19:04:36 ID:BRkqGNRl
「いじめ」なんて最初からない、あるのは反吐が出る集団犯罪。

いじめと呼ぶな。
腕力で人の正常な生活を捻じ伏せる。
言動で人の安楽な毎日を踏みつける。
いじめと呼ぶな。
集団で一人のささやかな人生を台無しにする。
結託して一人のありふれた暮らしを放棄させる。

いじめを行ったものは裁かれない。なぜなら。
たかがいじめだから。
(中略)
涙で卒業式を迎える犯罪者の集団。
笑って同窓会を開く犯罪者の集団。
頬染めて結婚式に招かれる犯罪者の集団。
晴れやかに孫の手を引く犯罪者の集団。
(中略)
その集団全てが前科を負うべき。
学級全てがクラブ全てが前科を負うべき。

社会生活妨害行為と、心身虐待人権侵害。

そう呼べ。
二度といじめなどと、いじめっ子などとかわいらしい単語でそれを呼ぶな。



191 :名前はいらない :2006/03/06(月) 23:41:28 ID:tj/Vhbvg
えくぼに指を突っ込めば
指がズブズブ入っていく。
誰もが知っている事を「今更」と言わないで・・・
だって、どこまで入るか誰も試した事がないでしょう。。。
実は私は・・・まで入れて・・・
「教えてあげないよ」

192 :名前はいらない:2006/03/07(火) 01:22:42 ID:Y6JzVf5B
>>186
評価どうもです。
出来たらまた来ます

193 :176:2006/03/07(火) 19:19:16 ID:hLdZX/IB
>>182 >>183
このスレのルール【注1】を読んで下さい。
無視したと思われたらいけないので一応書いておきます。
批評しようと思ったのですが、短かったため出来ませんでした。
お題出し逃げのような形になって申し訳ありません。

>>188
>>192 
こちらこそどうもです。

194 :名前はいらない:2006/03/12(日) 19:36:46 ID:qtMyvrap
お題
『信じる』とは
でお願いします

195 :不思議草:2006/03/12(日) 20:14:30 ID:hRjbnLkn
あなたと交わしあった 最後のキス
恥ずかしそうに顔を赤らめる二人

微笑みが向日葵みたいに明るくて
いつも側にいると暖かくなるんだ

瑠璃色の空の隙間から そよぐ懐かしい日差し
いつでもあなたを感じてる

そう思いたい 

あなたが帰ってくると信じ続けながら・・・

--------------------------------------------
全然まとまっていないと思いますが、よろしければ
読んで頂きたいです。。
よろしくお願いします。


196 :000:2006/03/13(月) 08:57:12 ID:y2LfXGA5
信じるって、こうやって見つめること?
通うのは少しの動揺と遠い壁

信じるって、こうやって手を繋ぐこと?
通うのは少しの温もりと嬉しさ

信じるって、こうやって笑いあうこと?
通うのは少しの安心と近い心

信じるって、こうやって抱きあうこと?
通うのは少しの躊躇いと愛しさ

全て君を好きになれる一つの理由だね

197 :名前はいらない:2006/03/14(火) 01:01:02 ID:ZfOm/Q+d
あなたを教えてもらったよ
空をみて 草花をみて 神様に教えてもらった
ずるいのかな
いっしょうけんめいだったんですけど
助けてもらったんです
あなたが そんなところにいると思って
あなたを そんなところでみつけたくって

198 :☆栄治☆:2006/03/14(火) 08:05:13 ID:obasR3r9
朝、唐突に、確かに覚めて
窓の外は光って
電球は死んでいる
昨晩は、しきりなしに雨模様
真っさらな洗濯物、大事に支えるために
物干し竿の一つや二つ
不器用な洗濯バサミ
の一つや二つが必要だったか
そうすれば
ぬかるんだ土に不甲斐なく濡れなかったか?
そうすれば
つむじ風の砂埃なんて我慢できたか?
昨晩、言い忘れた言葉の意味は
まだ確かに起きているなのに
素直に晒された悲しみも喜びも
太陽を浴びてもうかばれないよな
嘘つけないほど
外は晴れてるみたいだから会いに行くつもりだよ
「信じる」って言葉でそっちの空がつながるといいな

199 :ラフレス ◆sH5oy/3qJM :2006/03/14(火) 16:45:10 ID:jbeL5HWQ
信じるのなら
傷つけるのも
傷つけられるのも
嘘をつくより容易いことだと
理解した上で信じると言いなさい
それすら出来ないのなら
それは始まってもいなかったのでしょう。


次の方『煙草』でお願いします。

200 :名前はいらない:2006/03/14(火) 18:00:51 ID:49DgDyw8
『初めてのデート』『初めてのキス』でお願いします!

201 :名前はいらない:2006/03/15(水) 00:34:12 ID:jZSRjSbC
間に合うかな、天気予報が気になる
服、きちんとしてるかな。
大丈夫かな、これおかしくない?
気持ちふわふわ落ち着け、私
まだ始まってない。
はじめの挨拶、どうしよう。
やっぱ型どおりで良いかな。
でも型どおりって?
私うまく話せてる、笑えてる?
最後の挨拶、しっかりと。
これが私の『初めてのデート』
じゃなくて『初めての面接』


202 :名前はいらない:2006/03/15(水) 00:49:35 ID:jZSRjSbC
追記:
浮き草日記ってblogで詩・小説を書いています。
機会があれば読んでやってください。


203 :名前はいらない:2006/03/15(水) 10:47:50 ID:jCmyIkLs
『信じる』とは 出した人そろそろ批評したほうがいいと思いますよー

204 :たばこ:2006/03/16(木) 22:55:27 ID:U4k6kdoN
公園でね
煙草を吸ったり じっとしてたり
じっと寝そべり 土いぢったり
空を斜めに 森みたり

スッキリ空気と
もやもや煙を吸ってみる
気のむくままに交互にからだに たっぷりね

なんか世の中がわかったような気がして
ほんとはわかってないけどね
そんな気がして もう一服

スッキリ快適!
いつもの儀式だ
自転車で坂を 急ビヒューン!!

205 :名前はいらない:2006/03/17(金) 17:20:04 ID:/UNx3uaz
>>204
勢いはいいんだけど、言葉のテンポがいまいち。
雰囲気はいいんだけど、伝えたいことがはっきりせずちょっとぼんやり。
でも最後の件は好き。

206 :204:2006/03/17(金) 20:58:34 ID:LgO9sVwg
>>205 ありがとう!

207 :名前はいらない:2006/03/17(金) 22:10:55 ID:hZED7nYH
[昭和初期]と[銀座、モガ]でお願いします

208 :名前はいらない:2006/04/20(木) 15:50:58 ID:Qu0z/vMb
モガって何だろう
調べよ

209 :名前はいらない:2006/04/25(火) 15:13:43 ID:CC05bNef
『煙草』
むせ込みながら唾を吐く
久しぶりに吸い込んだ紫色の煙は
やっぱり少し苦かった。
暗闇に赤々と灯る火を見つめながら
色々なことを思い出そうとするけれど
もうどれもこれも手遅れ
だからもう一服。さっきより深く。
君との約束でやめた煙草
約束を破ったのは最後の意地。
僕なりのけじめ。

210 :  ◆UnderDv67M :2006/05/11(木) 00:31:02 ID:6c0l35bm
ぼーくはすーてきーな あおーむしー♪
はをいっぱーいたべてー ちょーになるー

ぼーくはすーてきーな あおーむしー♪
おーきいめーだまーが こーわいでしょー
      _
    /ヾ;. `ヽ
   ゝ  ● ノノ⌒//⌒//⌒ヽ
   (_・ヽ___/_ヽ// .. // ..  )
      〃〃〃~~u^u^u^u^^'∪  モソモソ


211 :変人@k:2006/07/09(日) 21:33:03 ID:mxMUqZVf
急にこんにちは。私も即興でどこまで書けるか
やってみます。
「モガ」ですか。はい。
洒落た ハイソを着こなして
私はコツコツ歩くようになった
それとともに段々
街が静かになったわ
誰もいないのかしら
私が着飾ったから
いけなかったのかしら

もしもあなたが戻ってくるのなら
私木綿の服のままで待っていたのに
あなたが戻ってこないから

何て呼ばれてるか知ってる?
私モガですって
モガなんですって

212 :変人@k:2006/07/18(火) 12:57:06 ID:fG60tI6d
久しぶりに来てみたけどここあまり人いない?
お題くれー。

213 :名前はいらない:2006/07/18(火) 13:46:17 ID:Txh178Ol
『スーパーマン』でお願いします

214 :000:2006/07/20(木) 19:21:24 ID:pK7c/6/Q
(スーパーマン)
僕はヒーロー? そんなわけない
躓き転んで 唸る毎日
卒倒しそう 張り詰めた糸
頑張ることで 何が出来る

だけど
君への 微かな想いに
嘘は無いって 気付いたら
飛べないままで 跳びだした
精一杯に 好きでいるから

だから
僕は君だけの ヒーロー
内緒の秘密の 謎の英雄
伝えられるその 日までに
空を飛べるように 生きてくよ

215 :名前はいらない:2006/08/11(金) 18:42:38 ID:3NocT1Ro
タイトル「ロトくじ」でお願いします。

http://ezmk.jp/lotlot/

216 :000:2006/08/12(土) 09:03:50 ID:sJd6O+C6
(ロトくじ)
選ぼう 試そう
自分の運なんて
たかが知れてるけど

色とりどりの数字の世界で
大きな夢まで渡る仲間探そう

初心者だなんて違う違う
適当だなんて違う違う

当たりはずれも全部楽しんで
明日の今を待っていよう

217 :名前はいらない:2006/09/02(土) 22:28:23 ID:0/jRdkFb
かわいい女の子に依頼されました。
お題は「豪華なラブホ」でお願いします。

218 :名前はいらない:2006/09/11(月) 00:33:20 ID:fcVoR5BX
豪華なラブホ


長い廊下が見えました
いつかも通った廊下です
たしか雨の日だったと思います
蒸し暑い待合スペースを覚えています

電話がかかってきました
友人です
いま隣にいるのとは別の友人です
コンピュータが壊れて困っているそうです
こちらも困ってしまいます

今日はいつもより…なのです
お時間はたっぷりあるのです
色々なものも用意しました
お口に合うとよいのですが

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)