2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

かき氷、夏祭り、君と見た花火、ラムネのビー玉。

1 :名前はいらない:2005/07/22(金) 17:18:46 ID:AEYKkneC
ちょっと昭和の香りがするような、“日本の夏”の雰囲気が好きです。
懐かしい気持ちにさせられる、そんな詩を書いてください。

2 :kaya ◆D.9cZ13tDA :2005/07/22(金) 17:35:01 ID:P975jqBC
群青の香りと蝉の鳴き声で目を覚ました
真夏の太陽は風を寄せ付けず圧倒的な強さを見せてた

あら粒のかき氷も、ラムネも、花火も、一瞬だけの楽しみだって冷めた事云っていた

でもそんな自分があいつの為にラムネのビー玉、必死になって取ってる

矛盾してる、こんなにも冷めた自分と夏の日
蚊取り線香の匂い、古びた畳の匂い、まだこの家に残ってた
蚊帳の中でなかなか眠りにつけず、君と何時までも喋った夜
もうそんな夏の日は来ないんだって、今思い知らされたよ

空調設備された部屋、おいしくパックに詰められたアイス、きめ細かい氷のかき氷
今じゃ当たり前だけど、昔はこんな日常にあこがれてた

今は昔のあの時、君が居た夏の日にあこがれているのにな
なんて矛盾してるんだって、群青の香りと蝉の鳴き声で目を覚ました自分に吐いたよ


***
イマイチ昭和ではなくてすみません。

3 :名前はいらない:2005/07/22(金) 23:24:44 ID:9g7drI6I
>>2の詩で良スレの予感
個人的に良いと俺は思うよ。

4 :名前はいらない:2005/07/22(金) 23:35:24 ID:AEYKkneC
あら粒のかき氷ときめ細かいかき氷
快適な日常と、君と過ごした懐かしい夏

その対比が矛盾と空しさを感じさせて
素敵な詩だなぁと思いました

群青の香りとは何だか
夏の濃い空の色を思わせるようで
それでいて雨を耐えて潤んでいるかのような
どちらとも取れない不思議な表現ですね。

古びた畳の匂い、蚊帳の中、という言葉から
昭和の香りを感じましたよ。
ありがとうございました。

ぜひまた書いてください。



5 :名前はいらない:2005/07/22(金) 23:37:30 ID:AEYKkneC
>>4>>5へのレスです。
すみません。

6 ::2005/07/22(金) 23:38:17 ID:Z9lzdYBh
!?

7 :名前はいらない:2005/07/22(金) 23:38:41 ID:AEYKkneC
あわわわわ((((;゚Д゚)))
>>5の訂正↓
>>4>>2へのレスです。
本当すみません。。。

8 :名前はいらない:2005/07/22(金) 23:46:40 ID:9g7drI6I
>>1 まあ落ち着け。
つか、2。kayaだっけ?謙虚だなw
ついでに俺は昭和的にも思えるんだがどちらかというとノスタルジックだよな。
また書いてやってくれ、1の為にも俺の為にも(w

9 :名前はいらない:2005/07/23(土) 01:32:55 ID:PacesQlg
あんなにイヤな粉薬
駄菓子やだとね
しゅしゅシュワワーー
ソーダはじけて
みどろベロ
赤チン ヨーチン うしろ蹴り

(これでいーかな?昭和の風)





10 :kaya ◆D.9cZ13tDA :2005/07/23(土) 22:39:49 ID:cB5m1l6m
>>1さま。
私の詩を素敵だと言って下さり、大変光栄です。
古びた畳や、蚊帳などは昔私の田舎の家にあり、
夏になるとその中で寝たりする事が小さい時にありましたね。
今はその家も無くなってしまいましたが、この詩を書いた事で思い出せた様な気がします。
その時代は昭和でしたね。近くの駄菓子屋に今じゃ考えられない安い値段のかき氷が売ってました。
また、書かせて頂きますね。有難う御座いました。

>>8さま。
謙虚ですか…。人によってはそう思えるかもですね(w
ノスタルジック、私が好む雰囲気ですので自然とそうなってしまったかも知れませんね。
>>1さま、>>8さまの為に等なるか解りませんが、見て下さっただけで光栄です。
有難う御座いました。

>>9さま。
>>1さまではないのですが言わせて頂きますね(苦笑)
粉薬というと駄菓子の中では粉ジュースでしょうか?
小さいころ粉ジュースを粉のまま飲んで叱られるわ咽るわで散々だった夏の3時を思い出しました。
そうそう、私がそのとき飲んだ粉ジュースが苺味だったので下が真赤になってしまいました。
みどろベロ、ちょっと解り難かったですが(すみませんね;)そんな事も思い出させて頂きました。
有難う御座いました。

このスレに書き込んで下さる方が増える様に、ageときますね。
余計な事でしたらすみません。

11 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/07/23(土) 23:44:48 ID:008Hgd4/
白地の浴衣に風が通る
うちわ片手に見た花火
お盆を過ぎた頃
蛍を虫篭に捕っていたね
線香花火、どちらが長く
つけていられるか
競っていたよね

ラムネのビー玉に閉じ込められて
私はあの日に囚われたまま

赤い金魚帯を結びなおして
下駄を脱いで裸足で
青い稲の間を駆け抜けて
あの頃の私を探しにゆこう

12 :アルファ ◆CSZ6G0yP9Q :2005/07/24(日) 08:56:45 ID:Yd+SaOms
「夏祭り」

ぴーぴーひゃらら〜 どどんどどん

夏のお祭り 夕下がり
ヨーヨー釣りに 店めぐり
のばした指先 お空を指せば
笛や太鼓が 舞い踊る

ぴーぴーひゃらら〜 どどんどどん

今日はお祭り 豊漁祝い
手に手にうちわ 持て行きて
歌い踊れや 夜がふけても
神社の裏にも 祭りの香り

わたがし ラムネ 金魚すくいの
浴衣うなじに 見とれてた
灯す提灯 焦がす夜には
踊る太鼓も更けてゆく

遊ぶ高下駄 からんころんと
笑う季節も 懐かしみ
「はい、嬢ちゃん」とおじさんの
おかし持つ手が 目に浮かぶ

ぴーぴーひゃらら〜 どどんどどん
ぴーぴーひゃらら〜 どどんどどん

13 :名前はいらない:2005/07/24(日) 12:27:18 ID:I02pTD60
ジッタリンジンの夏祭りみたい

14 :名前はいらない:2005/07/24(日) 17:12:45 ID:0Ry48Xws
蛍狩り
花火に君に
萌えていた

ゴメソ

15 :名前はいらない:2005/07/25(月) 03:36:20 ID:SaUlvRmZ
 “君にどこかでバッタリ出会えたら”
 そんなことばかり考えてる夏休みも もう三度目
 宿題もそっちのけで どうやったら君に会えるか考えてる
 
 たぶん今年も君には会えない
 夏祭りも 花火大会も ましてや今日みたいな昼下がり
 
 君に会いたいだけの浴衣姿も
 君に会ったときのための色づいた唇も
 きっと最後の夏だから
 15歳はいつの時代も別れの歳って決まってるんだ

 短くなった花火の熱さみたいな
 8月31日の夜に開いた絵日記のような
 体中の血液が冷えていく感覚
 こんなに暑いのに
 でも 最後の夏だから

 君と過ごせない夏なら
 夏なんて来なきゃ良かったのに
 
 これが最後のチャンスだから
 夏さえ来なければ
 ずーっと チャンス あったのに

 あの人に会わせてください
 ついでに 好き と言う勇気も下さい
 
 夏の馬鹿
 ばーーーーか

16 :750F:2005/07/25(月) 14:37:00 ID:riR4dffj
ラムネ瓶の涼しげな碧を透かして見上げた入道雲
ビーダマの宇宙に散りばめられた幾千万の星屑たち
路地裏を通り過ぎる風鈴の音
蝉時雨にうたた寝する仔猫の寝息
遠くから聞こえる雷が運ぶ雨の匂い
夏の日差しが焼き付けた遠い記憶の断片

17 :名前はいらない:2005/07/25(月) 17:19:57 ID:DlXs8uNO
響く爆発音
闇に咲く花
その中に君がいた
頬に涙が伝う



灼熱を浴び
耐え続ける向日葵
その中に君がいた
頬に涙が伝う



君のいない日々に
慣れた振りをしていたんだ
それでも季節が告ぐ
君を忘れぬようにと





18 ::2005/07/25(月) 23:49:47 ID:aXVCYtoA
あーだんじり祭り!
きみのぷりぷりケツふんどし、
すってんころりんあいたたた。
暑いね、
熱いよ!
だって夏だもの。

19 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/07/27(水) 14:53:46 ID:rC/2WnUU
焼夷弾で
カラスのような夜空が
昼間のようになった
夏のあの日
1時間40分の爆撃
防空壕で震えてた

となりのおじいさんと
三軒先のにわのさんと
近所のミヨちゃんが
焼け死んだ。
一組のおおた先生と
クラスで威張っていた
げんた君が焼け死んだ。
町は八割焼け野原

夏も終わらないうちに
天皇陛下様が
戦争をやめるといいなされた

一年経った夏
夜空を明るくしたのは
焼夷弾でなくて
可憐な大輪の花

三尺玉は落下して
だけど町は焼けない
防空頭巾も必要ない
ただただ目いっぱいに
花が夜空を飾っていた

20 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/07/27(水) 21:49:18 ID:Uq9MHCuL
先輩
お祭りに行こう
今日の部活が終わったら

白球を追いかける
先輩の汗
フェンスを握る
キツク締めて痛む拳

ママにたのんで
浴衣を着るから
先輩
お祭りに行こう

帽子が飛んだとき
先輩がこっちを見た
私を見て笑う先輩

部活が終わったら
お祭りに行こう

21 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/07/27(水) 22:26:10 ID:Uq9MHCuL
あ、、、、、、
あまり昭和でなかったです。
野球はあんまりスレにあってなかったかも

ゴメンナサイ。

22 :750F:2005/07/27(水) 23:33:18 ID:y/mW1xuO
盆踊りの帰り道の寂しさ
プールで泳ぎ疲れた虚しさ
夜店のアセチレンランプの妖しさ
遠く聞く祭囃子の悲しさ
線香花火の切なさ
心の幻燈の懐かしい影絵




23 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/07/27(水) 23:42:08 ID:Uq9MHCuL
蝉の声
神社の裏
わたあめみたいな
キスをした

はじめてきた浴衣
りんごあめ
ヨーヨーだけで
はしゃいでた

手をつないで
見た花火
帰り道に
下駄が
カランコロン

24 :750F:2005/07/28(木) 00:11:50 ID:ab12JWzL
水彩絵の具で色づけしたような朝顔の花に朝露
首に掛けたラジオ体操のカードにはスタンプが三つ
真っ青な空に滲んで消えてゆく飛行機雲を見上げると
南からの風が心躍る太陽の匂いと夏休みを連れてきた

25 :名前はいらない:2005/07/28(木) 18:38:35 ID:nxKSOOeq
地味に盛り上がってる?

26 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/07/30(土) 01:34:16 ID:jxtuRojB
水ヨーヨーが
弾けてつま先を濡らす

熱が篭る神社の屋台
わたあめが舌の先で溶ける

石段に腰掛けて
見えるのは祭りの喧騒
遠くに聞こえるお囃子
草陰で手をつないだ
ほかの誰にも内緒で

去年はすくえなかった金魚
今年は一匹すくった

川に映る空と双子の花火が
風で歪んだ

27 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/07/30(土) 01:40:39 ID:jxtuRojB
縁側でスイカ
宿題投げ出して
ホースの先をつぶして
撒いた水の先の虹
蒸かしたてのとうもろこし
ばあちゃんの作った麦茶

せみがそんなに短い一生だなんて
知らなかったから邪険にしてた
夏休みは31日で終わることも
なんだか先のことのように思えてた

浮き輪持って市民プールに行って
帰りにガリガリくん齧って
永遠に続くような気がしてた
夏休み

28 ::2005/07/30(土) 23:15:17 ID:PN1kvOnZ
わにさんいっぱいありがとう。
学生っていうか、青春という感じで好きです。
私自身もそういう年頃なので
憧れるような 共感のような
そんな気持ちにさせられました。
>>20が好きです。
私は好きな人を誘ったりは出来ないけど。

29 :750F:2005/07/30(土) 23:30:25 ID:i7RMC/D0
アスファルトがゴム草履に粘る昼下がり
逃げ水を追いながら隅田公園まで歩いた
夢中で遊んだ池の生ぬるい水びしょ濡れの半ズボン
時の経つのも忘れて

母の顔を思い出しながら帰る夕暮れの都電通り
家の前で立っている母が見えて零れた涙
いつのまにか乾いてた半ズボン

今はもう面影さえ失われてしまった風景
記憶の中の遠い夏休み

30 :名前はいらない:2005/08/01(月) 09:47:35 ID:sQr++OyT
祭の紅白の垂れ幕を下げるだけでどきどきする。まるで恋をした娘のよう。お囃しが遠くで聞こえる

31 :名前はいらない:2005/08/02(火) 19:43:07 ID:uyvlI5xk
焼けた町を夕立が洗ったら

自転車に乗って出かけよう

オレンジ色の夕陽が笑う

君もどこかで見てるといいな
 

32 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/08/03(水) 10:15:39 ID:HA/rpHFK
>28
いえいえ、こちらこそ書きすぎてスイマセン。
夏が好きだし、花火がすき。
トトロの世界みたいな昭和っぽいのも好き
なんでつい筆が滑りすぎました。

学生でいる時間は少ないから
思い切って誘っちゃえ、なんて。
ふふふ。いいね、青春。

33 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/08/04(木) 12:17:05 ID:qdKSCBWY
お昼からの
怖い話のテレビを
背に向けて
そうめんを啜る

麦茶に砂糖を入れる
弟の頭を小突いてから
母の真似して食器を洗う

井戸底から引いてきた水に
一度手を引っ込めて
もう一度その冷たさを感じる
テレビの音声のせいではなくて
冷たかったからだよって弟に
今度は蹴りを入れる

セミの音が台所まで入り込んできて
夏休みの自由研究で作った
へたくそな風鈴を揺らす
井戸からスイカを運んできた母が
汗をかきながら4等分にする

縁側でかぶりつくために

34 :S ◆8flcEGOGgY :2005/08/14(日) 01:30:38 ID:Er0LA+VM
「しゅわわ」
歩きながら開けたラムネの栓からしゅわわ 泡
慌てる僕
いつもよりおめかしして
浴衣を粋に着込んだ君
あはは、なんて笑ってみたりする顔が愛おしくて

しゅわわ
からころと下駄をならしてかき氷 いちご
舌をだして真っ赤になっちゃったよと笑う君

しゅわわ
恋心 炭酸味の恋心
君がそんなにおめかししてくれたのに
学生服でごめんよ

景品で貰った線香花火
近所の公園で ふたりで
ぱちぱち
ぱちぱち
器用な君は最後まで落とさない光
不器用な僕はぽとん

どーん
花火が上がる
どーん
大きな音が苦手なの
そういって引っ付く君の腕

しゅわわ
炭酸味の恋心

35 :S ◆8flcEGOGgY :2005/08/14(日) 18:19:30 ID:JqgbSs55
麦わら帽子を被って網を片手に虫かご下げた
あの頃は毎日が冒険で
真っ赤な太陽が僕らの友達だったよね

お小遣いでかき氷
一気に食べたらきーんてした
日焼けして火照った身体をおかあさんが
水風呂に入れてくれて、ひんやりしたものを塗ってくれた

夏祭りの金魚は次の日に大半が死んでいる
泣きながら庭に埋めた
ザリガニが脱皮に失敗して死んだ
また泣きながら埋めた

セミの死骸が転がっている
命の尊さ 教えてくれた
セピア色の夏休み

36 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/08/16(火) 12:53:22 ID:BFk2WJAp
田んぼ 蛍 線香花火
稲穂の波間に 光が揺れてた
懐かしい風景を夢見る

夜風 蚊帳 蚊取り線香
ばあちゃんの 皺皺の手のひら
やさしい夏休みの記憶

日記帳いっぱいに
描いたクレヨンの色
眩しい黄金色の向日葵

寝転がった板の間の冷たさ
裏山の蝉の合唱
あの日にした昼寝がきっと
僕の還る場所


*Sさんの詩、かなり好みです。

37 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/08/16(火) 14:34:00 ID:BFk2WJAp
浴衣姿 燒きそば 線香花火
衣文掛けに殘した勇氣
肌の下に思ひを隱したまま
蹴つたところであなたは氣付かない
てんで私には興味ないから
誘蛾燈の下で素早くキスして逃げた
うんざりしてしまひさうなほど鈍い
君のあつけに取られた顏を思ひ出し笑ふ

38 :S ◆8flcEGOGgY :2005/08/17(水) 21:28:32 ID:dmB8blsY
はわわ。
わにさんの、下駄の音のからんころんて表現と、麦茶のイメージを少しパクってるんです(笑)
そっから生まれた詩なんで恐れ多いです。
わにさんの夏休みのイメージと私の夏休みのイメージが近かったので嬉しいです。有難うございます。

39 :アルファ ◆CSZ6G0yP9Q :2005/08/28(日) 18:14:27 ID:/4ISx3eb
外は日暮れて またあした
ゆうやけこやけで またあした
おっきなお空に かげおくり
みっつのびたら なかよしこよし

海にパラソル 入道雲に
ビーチサンダル 砂だらけ
母が作った カルピスと
イチゴミルクの かき氷
夕暮れお空に 浮かべたら
ラムネの泡と 消えてった

夏は日暮れて またあした
ゆうやけこやけで またあした

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夏も終わるねぇ




40 :ばいく男:2005/08/29(月) 22:59:36 ID:4jBHrcf0

気持ちよく昼寝のプールサイド
目を覚ますとポツリ 独り取り残されて
なぜかしら 心の中に秋風が吹きました

想い出はいつも夏
眩しい日差しが焼き付けるから
いつまでも心に残ります

41 :◆FCXRNaWgHs :2005/09/02(金) 01:11:23 ID:LgU39mbw
八月三十一日

まさにラストシーン
もう残りあとわずか
明日になれば
また再開するんだろう

西瓜を割る音が聞こえる
西瓜を割る音が聞こえる

でもまだ終わってないから
気が抜けない
あともうちょっとなんだけどな
油断は禁物だから、って言い聞かせる

花火の弾ける音が聞こえる
花火の弾ける音が聞こえる

あわてて飛び出した
今日は八月三十一日

42 : ◆Wani6uvhK. :2005/09/04(日) 22:55:07 ID:+4O7kxKk
夏の終わり
消えたせみの声
鈴虫が代わりを担う

日に日に
暗くなるのが早い
涼しい風の
夜空を彩る4尺玉

43 :S ◆8flcEGOGgY :2005/09/05(月) 01:31:00 ID:3q0y6JFR
きみとしようと思った線香花火
使う前に夏が終わった

涼しくなったね
うん

暗くなるの はやくなったね。。。
うん。。。

終わらない夏は胸に刻まれてるの
ちくちく
ぱちぱちとはじける線香花火みたいに
ぽつん
落ちて
涙に変わる

44 :名前はいらない:2005/12/05(月) 00:37:18 ID:ks2HUTzR
真っ白な入道雲に緑色のたんぼの畦道
疲れも知らず、我武者羅に走り回った
それでもひぐらしが鳴くと無性に家が恋しくなったっけ
派手なものに目がいって
残った線香花火をやるのはいつもじいちゃんだった
時間は止まったように長くって
いつまでもいつまでも夏は続いてた
来る日も来る日も同じように過ごしても
全く飽きることはなかった


45 :名前はいらない:2005/12/05(月) 14:27:31 ID:BUT6iyb/
キミが呼び出した 8月13日
阿波踊り その音楽や人波の中
見つけてくれたね ありがとう
キミを感じたものは
台風の日の白いシャツ
蒼く照らされた街灯のなか
キスをくれた
半袖のキミもあたしももういないな
寒さが夏を滲ませてしまったんたんだ


46 :プル・コギ:2005/12/05(月) 17:39:44 ID:QHp/xoVy
夏を遊び尽した僕達は
焼けたアスファルトに寝そべりながら入道雲の向こうを見てる

『横恋慕が来るよ』

友達は笑いながら言った
僕は『そりゃあ大変だ』と答えるのだけど意味なんて全く分からない

『フフフ』
『アハアハ』

やっぱり宿題は明日にしようと決めた8月30日

空はどこまでもどこまでも青く
輝く未来が僕達には見えていた。

47 :名前はいらない:2005/12/05(月) 23:53:55 ID:ks2HUTzR


暗かった
月の光だけが「それ」を照らした


「それ」は一人
仕事をこなしていた


「それ」は止まることがなかった


怖くなった
「それ」が小さくなって
今にも消えそうにだったから


一人になった
いつのまにか目を閉じていた

48 :名前はいらない:2005/12/18(日) 12:50:59 ID:c8Bku2yP
ほしゅ

49 :名前は要らない:2005/12/18(日) 23:22:00 ID:wzokro0D
 今日、花火だった
 見たかったな
 先輩と
 やっぱ
 一人だと
 全部真っ白だよ
 病気のせいだよ
 全部
 全部 
 全部
 
 病気のせいだよ
 
 薄暗いこんな病室
 抜け出したいよ
 
 砂利道の向こうに
 みんなの声が聴こえてくる


50 :名前はいらない:2005/12/19(月) 10:52:33 ID:cqltijZX
五時のチャイムが鳴ってもまだ帰らなくていい。
顔が見えなくなるまで遊ぼうよ。

51 :RED APPLE:2005/12/22(木) 23:53:34 ID:V3S2sZ9i
あの時のキミはもうどこ探したっていないよ
わかってる わかってるんだけど
もう一度帰りたい
あなたのうでのなか
寒くなるに近づき 
あの夏は幻想を増す
どうしても触れたい日でも
会えなかったキミ


52 :名前はいらない:2006/01/09(月) 15:59:23 ID:a4yAEOel
8月の恋
寒くなった季節で
僕らは長袖を着て
触れ合うことさえも少なくなってしまった
夏の日を懐かしがると
キミは「今はどう?」って聞いて
その時間がなんとなく
キミと離れたことを知らせて悲しい
花火の音 笑った声 冷たいジュース
白いシャツ
手を繋いで歩く帰り道
息が白いから
それを見て
静かに歩く
もう寒くなってしまった
また夏はくるのか
それすらも思えぬまま
手を振る僕
さよなら さよなら

53 :b4 ◆2WgbgFgdIs :2006/02/26(日) 01:51:26 ID:TUHKpE0q

         まちは今宵
         祭の熱気に
         あてられて

    四方の声が期待を孕んでゆく
    川辺をたたたた、と駆けてゆく
    渦巻いた歓喜をてっとりばやく
    花火はどおん、と再度ばらまく

 シロップが気持ち程度に
 かき氷を溶かしては乱す

   ひとくち分にも満たなかった言葉を
   ひとくち分のいたずらな唇にかえて

            頬が、指先が、二つの口が、
            色を得る、熱気にあてられて

     一夜の熱い渦はそっと
        一夏の淡い夢によって
     一面の笑い声とともに
        一枚の想い出にかわる

         炎が消えるまで終われない
            意固地な君の傍でしゃがむ
          
  線香花火のささやかな光源が
       彩色の浴衣だけを映していた

54 :名前はいらない:2006/03/25(土) 20:34:51 ID:RyUOsvPX
`∧_∧
( ・∀・)
( <V>つ日~~
| | |
(__)_)

 nnnn    nnnn
 ノノノノ    ノノノノ
(  つ   (  つ
// ∧_∧/ /
\\( ・∀・)/
 \ <V>/
  )  |
 / /||
ノ / //
し′ ∪

  ∧_∧
 ( ・∀・)   ノ)
 ノ <V> 二二二ノ
(ヨo人  \
   > へ \
   ( ( \ \
   し´  \ノ


55 :名前はいらない:2006/03/25(土) 21:59:08 ID:tagteNqt
窓から差し込んで肩に乗った日差しが
暖かくって
今までの夏の景色が蘇る
広いオフィス 静かな箱の中
遠い記憶のスライドショー

ビールは酔ったよ
花火もキレイだったから沢山笑った
ヤンキーの集団に飲み込まれそうになった時
キミが手を引いてくれたんじゃない

覚えてるよ
思い出した
あの火照った頬
早朝バイバイした駅前の風景
1つの夏
あたしたちは深め合っていた


56 :名前はいらない:2006/03/30(木) 23:58:51 ID:Tr1qWf+W
何故ラムネにビー玉が入っているの?


何故、ラムネにビー玉が入っているのか。。。
不思議に思いませんか?「飲みにくい」との印象を受け、
ビー玉を取るのに一苦労する・・・というのであまり好印象を与えないビー玉クン。
さて、その役割とは?

ソース 続き
http://www.mosimo-pocket.com/report/0005

57 :名前はいらない:2006/03/32(土) 10:06:29 ID:UM2PNOVB
ラムネ色のすたるじぃ っていう歌が凄い良い
ユーカラにも入ってた
http://sound.jp/ya-foo/

58 :ねこきゅう ◆Dr5z.oaBCo :2006/03/32(土) 10:25:53 ID:IIPY+rAg
鳴り響く風鈴
庭でみんみんと鳴く蝉
団扇で風を引き寄せ
お婆が切り分けられた西瓜を持ってきてくれる
そんなヒトトキ

59 :ブラッド◇sKAmIPOtwF:2006/03/32(土) 13:49:41 ID:Z2BEuzXP
「織月の家路」

浮かんでた太陽が沈む 薄明かりの大地を越えて
過ぎる風 遠く遠く 駆け抜けていく

家路を急ぐ車の列 信号が待てないのか
自転車が車をぬって走る

西の空には織月が そして 庭でフライングした花火
二つの光がゆらゆら揺れて 星の輝きに変わる

沈んでく織月が見える 夜明かりの大地の先に
過ぎる風 そっとそっと 駆け抜けていく

曲がり角過ぎた先に 遅くまでやってる店
ちょっとした人溜まりが出来る

西の空には織月が そして
庭でフライングした花火
二つの光がゆらゆら揺れて
星の輝きへ 君の微笑みへ変わる

60 :名前はいらない:2006/03/32(土) 20:10:48 ID:qWh0EH30
砂浜には空と海の青さと潮の匂いを

林にはと木々と土のむせるような匂いを

家には麦茶と畳の匂いを

夜には澄んだ水田と蚊取り線香の匂いを

鼻の奥の奥に夏の匂いが
知らず知らず鼻腔の奥に焼き付いて
その匂いを手繰り寄せれば
いつも瞼の奥には夏が広がっては花火の様に散ってゆくよ

そして段々この匂いが淡くなってしまって
気付けばアスファルトの焦げた匂いだけ

61 :名前はいらない:2006/04/05(水) 00:44:43 ID:nTszDK7p
金魚柄の風鈴と、蝉達の鳴き声。
赤い鳥居をくぐり抜けた先の
懐かしい匂いをまた取り戻す。
あなたがいない、月日は長く
僕はまた、少しずつ失ってゆくのでしょう。


嗚呼、今とても、あなたに逢いたい。

62 :名前はいらない:2006/04/25(火) 11:20:12 ID:fAEXzaQs
夕方、夢を見ていました あなたと暮らした夏。
それはかけがえのない永遠の季節のこと

まっすぐに伸びてゆく向日葵のような人でした・・・・・

黄昏に 頬染めて 膝枕    夕涼み 肩寄せて 宵祭り

うれしくて うれしくて 何度もあなたの名前を呼んだ


それがうれしくて・・・・・

63 :名前はいらない:2006/04/25(火) 11:21:05 ID:fAEXzaQs
夕方、夢を見ていました あなたと暮らした夏。
それはかけがえのない永遠の季節のこと

まっすぐに伸びてゆく向日葵のような人でした・・・・・

黄昏に 頬染めて 膝枕    夕涼み 肩寄せて 宵祭り

うれしくて うれしくて 何度もあなたの名前を呼んだ


それがうれしくて・・・・・

64 : ◆Wani6uvhK. :2006/04/30(日) 14:36:25 ID:F52ODF/K
下は夜のチョコレイト
上はミルクの白い雲
間は紅茶色の夕暮れ

グラスの外は汗をかいて
コースターを湿らせる

からりと氷が鳴って
ストローで一気飲み

65 :名前はいらない:2006/05/02(火) 21:01:04 ID:BVPuMANn
夜が一番心地良い温度
夏は寒くないからキミとも近づける
公園のベンチ
語り合い 笑い合い キスしたり
あの時のドキドキを
感じれる 今でも感じれる

公園の時計何度も見上げた
終電の時刻近づく度に
悲しくなる
寂しくなる
まだ一緒にいたい気持ちが
溢れ出して
隠せそうもない
空は夜の青
空気は暖かい薄いオレンジ
キミはいつも白で
それがあたしを浸らせた

2005夏

66 :名前はいらない:2006/05/23(火) 10:43:31 ID:tSAcuhBY
ふふ

67 :蘭華:2006/05/23(火) 18:31:23 ID:5zvC/Moe
浴衣を何度も着直して
大きな声で、
「ぉヵぁぁさぁぁぁん!!!これでぃぃ!?へんじゃなぃ!?」
なんでも髪を結っては、
「ぉヵぁぁさぁぁぁん!!!これでぃぃ!?ぐちゃぐちゃじゃなぃ?!」
なんども、なんども、着直したり…結い直したり…
それは全部ぁんたのために…
好きだから努力する
好きだから綺麗になりたい
好きだから…離れたくない…
好きだから……ずぅっと一緒に居たい…
ヶど神様はそんなこと許してくれない…
夏祭りへ行く途中…
私が車に轢かれそうになり彼は私をかばって…死んだ…
神様ごめんなさい…
ゴメンナサイ…
お願い…彼を生き返らして…私の命は要らないヵら…
ねぇ…お願い…

68 :名前はいらない:2006/05/23(火) 23:51:43 ID:8R79zDcr
上手くいかなくて今日も帰り道は遠回り
のども渇かないのにセキが出る
涼しげな世界を思い浮かべてただ歩きたいくせに
やっぱり帰途に着く
なんと暑苦しい季節

69 : ◆Wani6uvhK. :2006/05/26(金) 22:43:14 ID:kIYT4ojy
白い生地にピンクの花柄
真っ赤な絞りの金魚帯
駆け出したカランコロン下駄鳴らし

線香花火の火薬のにおい
バケツの中に落ちた残骸
カラフルな光がみんなを照らして
浮かび上がる夜の風

絵日記の最後のページ
へたくそな浴衣のおんなのこ
手に持っている花火が
やたら激しく弾けてた

70 : ◆Wani6uvhK. :2006/06/02(金) 15:20:44 ID:AVvfXyfq
毎日お昼にタモリを見ながら

そうめんと氷

麦茶をがぶ飲み

午後のプールの帰りのアイス

おばあちゃんの切ったスイカ

早朝の畑のたくさんのトマト

自由研究で追いかけたカブトムシ

終わらない夏休み

71 :名前はいらない:2006/06/07(水) 10:36:30 ID:EGXzZ4sD
そおいっ!!!!!!!

72 :名前はいらない:2006/06/07(水) 10:56:17 ID:tHF8u1t/
>>65
好きかな。あなたの詩

73 :名前はいらない:2006/06/07(水) 19:12:35 ID:T0XWd7aW
『 夏は伸びちぢみ 』
宿題のドリルは 睫毛にのっかり 引力と重力の授業中

部屋の隅では 宵待ちの 衣文に掛けた

浴衣のきんとと あかい三尺ゆらしてる

夏の悪意を やんわり カーテンが絡めとる昼下がり

眠りを誘うミシンの音に

ゴマダラカミキリがとまる 

遠くなり近くなり

コップの氷と溶けた子供は 

ほおづきの がくの袋で 丸くなる


74 : ◆L4LyBSss3w :2006/06/09(金) 23:06:23 ID:H4JrBcOu
【水風船】

金魚柄のゆかた
ざらっとした着心地が心細くて
何度も胸元の合わせを直しながら

雑踏の端っこにぽつん、と
手持ち無沙汰に約束の時間を待って

手には赤い水風船。
ぱん、ぱん、ぱん、

ぱん、ぱん、

ぱん、

陽が落ちると不安ばかりが浮かんで
だけど待ち合わせには未だ早くて
思わず両手で握った水風船

きゅ、きゅ、

きゅ、


もういちど合わせを直しながら
やっと見付けた顔に向かって手を振った

手の中には、少しくたびれた水風船。

75 :名前はいらない:2006/06/11(日) 10:26:05 ID:rVC59iYS

見れねええええええええええええええええええええええええええ
ウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア嗚呼アアアアアア嗚ぁぁああああ嗚蛙ぁアアアアアアアアアアアアアアア嗚アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア


76 :名前はいらない:2006/06/11(日) 16:47:35 ID:diX5sCTJ
8月31日

お母さん…
アレはどこ?あれ!なんか全部でてるやつ!!

新聞新聞天気天気天気!!あとがきなしかよ!!

ウワァァァァァァーン!!!!!!!!!!!!!!
(快晴)

77 : ◆Wani6uvhK. :2006/06/13(火) 21:32:14 ID:BCqH30A1
じぃちゃんがみた終戦

線路。背負ったリュックの中の部品。

軍事工場で作った製品を納品するために

東京まで歩き始めた8月15日。

入道雲はいつもと同じ空にいた。

もう、これ以上歩かなくていいと

熱した地面に横になった。

78 :名前はいらない:2006/06/22(木) 18:39:31 ID:V3jILm3D
夏の夜道 風に吹かれ 立ち尽くす

今日も 花火

君のいない 花火

花火開き 涙散る

懐かしい匂いがした

夏の香りと 幸せの香り

夜の香りと 切ない香り

君に会いたい

恋しい

寂しい

悔しい

届かぬ想いは 花火のように 咲いた






79 :ふぃー:2006/06/23(金) 19:01:16 ID:h9Alamjw
十四歳の夏休み
キミと、桃色の朝顔の浴衣を着たあたし
二人で歩いたのは最初で最後
一緒に過ごす夏祭りも、最初で最後

からから、ころり。
ラムネから取り出したばかりの、きぃんと冷えたビー玉

キミに手渡して「お守り。転校しても持ってて」なんて
すこしだけ うそをついてみて。


ビー玉には、キミのための願いなんて込めていなくて

ただひとつ

キミがあたしを忘れないでいてくれるようにと



透明で澄んで丸い硝子が、二人の淡い恋と一緒に きらきら 光った。

80 :名前はいらない:2006/06/25(日) 10:35:20 ID:4TPJJY7p
動画upしました

スキバラ トッターマンDS #12 6/21
大放出祭り 空豆 カンガルー エスパー伊東 ラムネ
ゲスト FUJIWARA 大沢あかね

■ スキバラ ■
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/tv/1144324318/175

81 :名前はいらない:2006/07/06(木) 21:34:08 ID:NRPuJoMJ
we

82 :名前はいらない:2006/07/20(木) 15:33:47 ID:BidzHe+X
お互いののキモチに気づいた二人
だけどもう他に付き合ってる人がいて、、、思わず涙がこぼれた

二人だけの秘密の夏 誰も知らない海へ行こう
二人すべては許されない 恋と知りながら走り出した・・・

あんなに笑ってあんなに泣いていたね 二人でいれば何も怖くなかった
苦しいくらいにホントの恋をしてたね いつも裸の心で抱き合ってた・・・

あの夏も 海も 空も いつまでも忘れないよ・・

83 :名前はいらない:2006/07/20(木) 16:27:54 ID:SjZnbGR4
http://allabout.co.jp/

ここで調べたらなんかわかるかも

84 :夏花火:2006/07/21(金) 10:50:46 ID:2kZ7oTd9
初めて知った
この気持ち
胸の奥がキュンとなる

君に恋した十四の夏


85 :名前はいらない:2006/07/31(月) 01:09:28 ID:xo+T5PLO
今でもあの輝きは褪せない。君といた夏の輝き。

はじめての君へのプレゼントは赤い、赤い小さな金魚だったね。
君は嬉しそうに目を細めて笑ったね。

花火も見たっけ。にぎやかな宵に咲く空の花。
花火が咲くたび歓声を上げて。
光に染まった君の横顔、今でも忘れてないよ。

きみがすきだった

言えなかった言葉たち。
浮かんでは消える。

何も言えずに君とさよなら。最初で最後の君とのデート。

今でもあの輝きは褪せない。

86 :名前はいらない:2006/07/31(月) 01:55:18 ID:JoJt8hIG
夏に蝉が鳴かなくなったの
夏になると
いつもうちの木に留まって
鳴いていたのに
いつの間にかしら
私も
あなたの後を追いかけなくなったわ
四年前の冬に別れてから
ずっと想ってたけど
夏の暑さにやられたのかしらね
蝉と一緒で
所詮三日の命だったのだわ
さよなら

87 :名前はいらない:2006/07/31(月) 02:31:49 ID:8c7CdQO2
祭の人込みの中、
離れないように、掴んだ君の服、
君は、気付かないふりをした

人込みを過ぎ、
君に近付きたくて、
差し出した手は、
君の手を、捕まえた


灯は奥のもっと先、
君は、振り向けば隣、
ふと近付く顔、
賑やかさが生んだ、熱

「離れたくない」
その言葉に、君は少し笑って、
手を強く握り返した



一年経っても、君の笑顔が瞼に浮かぶ

あの時の熱が、今もあたしを縛る

88 : ◆Wani6uvhK. :2006/08/04(金) 22:06:16 ID:nxV8+otK
線香花火は京都の遊郭で始まった遊びと聞いた

やっと履きなれたサンダルの間に
我慢してた涙みたいに火玉が落ちる

昼間の日差しに焦げた跡のアスファルト
夜になって涼しげに星座が見下ろしている

夜は短く 夏は儚い
ビールの空き缶に主を失った線香花火を埋葬する

去年行った京都の夏を思い出す
鴨川べりでの線香花火

89 :名前はいらない:2006/08/14(月) 09:07:20 ID:jEZ2wcVk
セミの合唱の下
夏の白い制服の君
青い木の下で
初めてのキスをしたね

その瞬間だけ
セミも口を噤んでいた

風がびゅうぅぅと
通り抜けたら
ふたり目を合わせて
なぜか笑いだしてたね

ふたたびセミの大合唱
部活の帰り道
昼下がりの日差し

90 : ◆Wani6uvhK. :2006/08/19(土) 10:17:51 ID:UZkDE5aA
白いシャツに露草の紫
夏休みの自由研究
捕まえ損ねたセミの音

空はどこまでも遠くで
夏休みは永遠に思えてた

プールのビニールバッグのにおい
水着の跡を自慢しあってた
サンダルの裏が溶けるくらいに
アスファルトの上を走り回って

ラジオ体操のハンコの数だけ
終焉の影がやってくる
行きそびれた海
花びらの落ちたひまわり

宿題が終わらない

91 :名前はいらない:2006/08/30(水) 09:17:10 ID:/v7pg6OC

 かき氷、夏祭り、君と見た花火、ラムネのビー玉。


    なつのいのちがこぼれてさらさ

      がらんどうの砂山くずれ

       きせつが 飛び立つ


    さよなら、またね と 手を振ると

        雲が ひかった



92 :名前はいらない:2006/09/23(土) 17:48:19 ID:Dter5M/t
このスレッドは、GL5 掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿の
スレッド 「掲示板の趣旨に無関係なもの」 に該当すると判断します。

削除依頼を望まないのであれば、自治スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1155999946/
にて、一週間以内にスレッドの方針を説明し、存続に対する詩板住人の合意を得て下さい。

期限 2006/09/30 23:00 まで。


93 :名前はいらない:2006/09/24(日) 05:56:58 ID:83/T+El+
アホかw

死ねよ。>>91 マジで。交通事故で死ね。家族もろともなw

94 :93:2006/09/24(日) 05:57:48 ID:83/T+El+
間違えたw

死ね は >>92 な

マジ死ね

95 :ふぃー:2006/10/28(土) 13:13:55 ID:hJ6zV9tN
夏休みも終わりまで、あと十日を切ったけれど
もう大人になってしまった私たちには
そんな些細な切なさすらも語りかけてはくれなかった


でも

私とキミが
偶然、出会ったのは 思い出の場所
感傷を煽られてしまう場所だった


何も知らないキミは
私が聞きたくなかった言葉 を
笑って告げ


幸せそうなキミを笑顔で祝福するなんて私には無理だった
だからキミの持っていたぬるい炭酸を奪って飲み干して
私は 十四歳に戻ったみたいに
本当に十四歳だったときに言えなかった言葉を告げながら

涙で濡れた顔で 笑った

96 :名前はいらない:2006/11/01(水) 21:59:43 ID:soSa6v4s
季節が移りこのスレも落ちるのみなのでせうか

97 :名前はいらない:2006/11/01(水) 22:41:41 ID:m4bVRn7Q
(素敵なタイトルだったので、記念に一つ。)


からんからんと澄んだ足音
夏夜 浮かれた浴衣の模様
肌にまとわりつく熱気
慣れない藍の衣と向日葵

石の重なる川辺にて
初めて履いた下駄によろけつつ
君に手を借り夜気に酔う
やがて灯るは大の文字
空に浮かんだ鮮やかさ
嗚呼 夏も終わる白々と
動けぬ我を置き去りに
あの日あの時あの時間
未だ我は囚われて
あの文字と共に揺らめかん


98 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :2006/11/01(水) 22:45:39 ID:NrpBX/Rj
日本国内の情報だから小さい話だが。

女は強いな

99 :名前はいらない:2006/11/06(月) 17:57:56 ID:qrxeM16K
【この貧乏ったれどもがぁぁぁ〜!!】

    ッツmmmmmmmmミッ 
   ッmmmmmmmmmmmミッ
  ッmmmmmmmmmmmmm 
 ッmm          mmmmmミッ      民間企業出世率私立第5位【立命館】
mm,r':::    ミ;=     mmmmミッ 
mm〈r",,ゞィ ´ヨ ●ヾ`、;::::mmmmミッ 
mm,イ●ノ  "'ーヘヽ ヾ、;mmmmミッ 
 mi'` i"ヽ ゛;;,` ゛'''"  ゛-';mmmミッ  お前らみたいなしょっぱい大学の連中は
  m) ゙・ ・'';;::..  _,,..-ー-ツ m     もっと立命館に対して尊敬の念を抱け!!
   〉,_,_,、,、_, _  イ'"   /ーゝ'   
  . `i.j.j,j,j,tt゛i,jイj::ノ  ,.i' |    
''''''''''''''トr,r,r,rrtf,ソ    j`〉`゛T''''''''''''''''
   l }゛ '"`'"   _,,..-";;/ / /.| |   
m |  |` `-ー--''"::::::::/ ./ |  |  m

06年度司法試験現役合格者34名 NEW!
06年度国家公務員一種史上最多46名合格!慶應・早稲田に次ぎ私大3位!全国9位! NEW!
4大財閥内定者数過去最高56名!同志社の60名に肉薄! NEW!

100 :名前はいらない:2007/03/31(土) 01:54:22 ID:Cz/IHphC
やっぱり>>2が最高な件

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)