2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死をテーマにした詩を聞きたい

1 :名無し初心者:2005/09/11(日) 21:15:07 ID:B47ZbP8C
君がいなくなった僕に
生きる意味はあるんだろうか?
その運命の上で
もがき苦しみ命を無意味に燃やし
生きていくんだろうか?

ええと、これに対する感想やその他の詩を募集

2 :高校生:2005/09/11(日) 21:23:11 ID:DLL4VTLh
私は彼氏と別れてから
リスカをとめる人は居なくなった。
みんな別れたら他人。
他人が死んでも他人は悲しまない。
私は今日も死の階段をカッター一本で
のぼっていきます。

3 :名無し初心者:2005/09/11(日) 21:36:01 ID:B47ZbP8C
上手いっすね。悲しい感じ好きやね。マジレススマソ

4 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:37:40 ID:br2ozQWI
花が散りました。花弁が残りました。
花弁がどこかへ飛んでいくと
そこには何ものこりませんでした。
茎もいずれ枯れ果てて
そこにあったという
漠然とした事実しかのこりませんでした。
あの花弁はどこへいく
どこぞの熱く冷めない星の氷のように
じわじわと沈むだけなのだろうか

5 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:42:17 ID:NeDVegT+
別れなくても他人
人に依存ばかりしてると
いつか孤独に怯える

6 :soft ◆soft/e/9Do :2005/09/11(日) 21:48:36 ID:tSrjSeY3
死にたいよ…
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1126071502/
死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1117935344/
生と死の歌を。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1029864741/
死を書いてください
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1109269250

7 :名無し初心者:2005/09/11(日) 22:14:52 ID:B47ZbP8C
どうして死のうとするのと
君は聞きました・・・答えは無い
どうして自分を傷つけるの
君は聞きました・・・答えは無い
どうして人は死ぬの
君は聞きました・・・その答えを
僕より先に見つけたのは
あなたでした・・・

8 :  ◆UnderDv67M :2005/09/12(月) 00:14:37 ID:szQQYHbg
いーよなんら魅力のない無才能なカスはさっさと死んで そのほうが日本のためになる

9 :名前はいらない:2005/09/12(月) 07:45:41 ID:FZao4+jU
まるで十代のような感受性で雀をみたよ
鳥が飛んで青空に消える
ただこれだけのことだった
僕がなにもしていなくても
日は昇りまた沈む
何も変わらない
独りのままそっと消えるのさ
感受性もやがて衰えてきて
今は何が光り輝いているのかもわからない

10 :名前はいらない:2005/09/12(月) 09:30:46 ID:WunB5EQT
私よ もっと醜くなぁれ

喘ぐ豚みたいに卑しく
貪る餓鬼みたいに惨めに
求む女みたいに無様に
口から出る虚無で
私を捉えて

もっと醜くなぁれ

全部憎んでしまう前に

全部諦めてしまう前に

私よ もっと醜くなぁれ

そして潰れてしまえ

11 :名前はいらない:2005/09/12(月) 09:34:53 ID:WunB5EQT
>>1 さん

人は誰でも死んでしまうんですよね
私もあなたも皆いつかは・・・
それは運命・・・確かに運命ですよね
誰かが居なくなる事で自分の人生が無意味になってしまう様な気持ち
解る気がします><

12 :名前はいらない:2005/09/12(月) 13:50:48 ID:y0Hjm33j
産まれてすぐに死んだ命
それに意味はあったのか?
無意味に奪われた命
確かに価値はあったのに。



あの世があれば
つじつまは合うのに

13 :名無し初心者:2005/09/12(月) 16:20:03 ID:fIwYx6IE
この世界にあの世はいらない。誰かが憶えていてくれるなら、それで生きているんだと思う。妙なレススマソ。

14 :高校生:2005/09/12(月) 18:32:56 ID:VZjgUaIZ
殺したいくらい憎いのに
それ以上にあなたが愛しいと思ってしまう。
忘れられない。忘れたいのに・・・・。
そんな自分を殺します。
あなたを思い出すたび殺します。
今日もまた1つ、傷は増えていく。


15 :名前はいらない:2005/09/13(火) 03:26:34 ID:w81u/0oI
あなたは私の手を握り
ぬるい涙を私の手に 顔に…

うるさいくらいに泣いて私の名前を呼ぶのね
いつもの冷静さはどうしたの?

もう暗くて何も見えないけど 今のあなたを想像くらいできるわ

私頑張ったよ
でも無理だった
あなたともう一度すごして見たかった

悔しくて悲しいけど私はもう涙は流せない
私からあなたに触れる事さえできないわ
当たり前ね



どうやら私はもう火葬されるみたいね
燃やされる前の私の顔を しっかりと覚えておいてね
よぼよぼだけど(笑)
今また触れてくれたね
ありがとう


じゃあ いかなくちゃ
さようなら あなた
さようなら 「私」

16 :名前はいらない:2005/09/13(火) 05:01:46 ID:S9PAr462
毎日くりかえし
今日なにしよう

たぶんカレーにしない

こんなんじゃあ
明日ねてしまうだろう

・・・パン

17 :名前はいらない:2005/09/13(火) 07:35:53 ID:PwX8gCmV
恋を失うと、命さえ捨てて生まれ変わりたくなる。
きみへの思いの行き場をなくしたあたしは、モノクロの世界の中をふらふらさまよって、このままたどり着く場所は、死なんじゃないかと、時々思う。


18 :名前はいらない:2005/09/13(火) 07:55:31 ID:MNkfRc+7
どうせいつか死ぬのだから、死ぬ気で直接想いをぶつけるなり
死ぬ気で行動してみよう
その相手だっていつか必ず死は訪れて、
いくら会いたくても会えなくなるんだし
行動してそれからのことはそれから考えればいい
死ぬ気になればなんだって出来る


19 :名前はいらない:2005/09/13(火) 08:30:29 ID:BiUKWsTx
蛋白質だ


そんなこと、分かってはいれど




20 :名前はいらない:2005/09/13(火) 12:44:02 ID:uN3HLXBb
オマエが好きだ!!

オマエが喉を吐く仕草が好きだ!

隠しきれない臭いを隠そうと
必死な姿が好きだ!!

何かといえば、誰かのせい
過剰な防衛本能に苦しむ姿が好きだ!

渇きを嘆くのに、
雨水を嫌う
矛盾した 性格が好きだ!

オマエを 愛してみせる!

21 :名前はいらない:2005/09/13(火) 17:44:55 ID:iJFd/5Y0
死んでも
私は君を笑う

死ななくても
私は君を笑う

生きてても
君は泣くんでしょ?

死ねない生きたいと
泣くんでしょ?

22 :名無し初心者:2005/09/13(火) 21:41:11 ID:erQO6W+Q
殺したいほど
愛おしいんだよ

君が好きなのなんて
きれいごとだけど
だから君を僕の
心に閉じ込めてしまった

駅のホームの闇に
君を突き落として
その笑顔を永遠に
僕だけのものにする

殺してしまえ・・・

23 :名前はいらない:2005/09/13(火) 23:08:47 ID:I6XpnFIy
ホラホラ、これが僕の骨だ、

生きていたときのの苦労にみちた

あのけがらはしい肉をやぶって

しらじらと雨に洗はれ、

ヌクっとでた、骨のさき。


それは光沢もない、

ただいたずらにしらじらと、

雨を吸収する。




24 :名前はいらない:2005/09/13(火) 23:44:12 ID:XKUQdi7B
「はかのなか」

鈴虫は鳴いているかな
机の中に、桃源郷
そびえた草むら二股の恋
あっちからホラ
こっちからも

すきっと通った青い空は昼
今は夜

25 :名前はいらない:2005/09/14(水) 09:53:34 ID:iiXGHf5n
泣いた人
包み込むやさしさを
風が吹く
いつまでも泣き崩れる人
どこまでも
続く悲しみを
果てしなく
終わらない苦しみを


26 :カノン:2005/09/14(水) 12:35:59 ID:tjB2BFHo
泣かないで
可愛い顔が台無しよ
涙を拭いて
その足で立って

きっとね
私が消えたら
優しい風が吹き抜けるから
よく聞いてて
私が 最後に歌ってあげるから
本当に、これが最後だからね?

だから泣いてはダメ
喜ぶべきよ
私はうんざりしたの
嫌だったのよ 何もかも
只・・・それだけ。

27 :名前はいらない:2005/09/14(水) 12:43:07 ID:/REtKSUW
消えてしまいたい

28 :名前はいらない:2005/09/14(水) 13:51:57 ID:TvZLbWf2
ぐだぐだ言わずに腹を切れ。 カッターナイフで手首も切れ。
斧があったら首を切れ、全力で進むんだ負け犬の世界を
世界最強の負け犬になるんだ。

29 :名無し初心者:2005/09/14(水) 15:13:21 ID:sY7OVfPs
どうなんだろうね
死ぬことってさ
なんだかんだ言いながら
お前は生きている
死ぬのは簡単だろう
けど生きているんだぞ
よくわからないけど
この命が鼓動するせいで
生きているんだぞ

意味分かんないよ・・・

30 :名無し初心者:2005/09/14(水) 19:29:07 ID:CHp/VMgP
毎日生きるのが
辛くなってしまうほど
邪悪な心たちが俺を
正しいはずの俺を攻めるから
死を選ぶしかないんだ。
飛ぶぞ。あぁ、風になるため。
飛ぶぞ。あぁ、死ぬためだ。

だぁぁぁぁぁぁぁ!だめだ!

31 :名前はいらない:2005/09/14(水) 19:55:24 ID:ppw5f8Tk
つめたいきみの手
頬を伝うしずく
ふたりをふさいだ遮断機
あかい雨
こわれたからだ
まだのこる体温

きみはどこだ

32 :名前はいらない:2005/09/14(水) 20:01:07 ID:g/o3iPSH
そうだ。空を飛ぼう。

あの空から、この空へ。
小さな世界を。
ちいさなちいさな世界を。

そうだ、そらをとんでみせよう。

君にも見せてあげるよ。
私が飛ぶところ
ちゃんと見ててね?

飛んであげる、とんであげる、とんであげるとんで・・・

それで、残された君が泣いたって
残された君が怒ったって
残された君が・・・笑ったって。

わたしはいまから飛ぶのよ。


33 :なしかえり:2005/09/14(水) 21:07:50 ID:0JgCB2kS
死という事実さえ
生きる事が終われば
なくなってしまう
この循環には続きがあるの?

続きは生きる人が作るとして
私の今はいつまで 生きてる 生きてられるの
はかなくて でもそうでもなくて
今を過去にしてく

その過去は誰の過去なの 誰との・・・・・・
私の過去はどこに行くの
私の過去が誰かの過去になってく時も
私の死は私のすべてを消してゆくのかな



34 :名前はいらない:2005/09/14(水) 21:54:38 ID:ZB83eugK
今、君と離れたくない
でも離れなきゃいけない

生きてる事って
簡単そうで結構むずかしくて
そんな中でも君は頑張っているよ

僕はもう駄目だから
僕の分まで
もがいて生きて

35 :名前はいらない:2005/09/25(日) 02:40:18 ID:8ak9SZVC
「50万円で天国に行こう」

金払って
天国行ける
そんな世にて


くそぅ

また無駄遣いだ
天国は遠いな

あいつはもう払ったから
自殺しようとしている

あぁ

俺もはやく金貯めよう


遅いか速いか
それだけ
たぶん
クスリのように脆い

いわゆる「ハッピーエンドの儀式」

36 :名前はいらない:2005/09/25(日) 04:47:05 ID:ZKMrTr+8
生きていても意味が無いと思うなら死ねばいい
死んでも仕方が無いと思うのなら何もしなければいい
何もしないのが嫌ならただ必死に生きればいい
それが嫌ならやめればいい
きっと人間なんてそんなモン

37 :三雄 ◆M3uDC2HePw :2005/09/25(日) 05:09:28 ID:Pv/omd5H
俺が自費出版した詩集は、死についての詩がほとんどだよ。
ななしうた
でamazonとか紀伊国屋オンラインで出てくる。
よかったら買ってやってくれ。腹部手術三回、欝、自傷など経験した。
今はデプロメールとソラナックス飲んでる。
早大政経政治学科卒の25だよ。飲食店でフリーターやってる。
内表紙に顔と腕の傷の写真も載せた。
…もう面倒くさいだけだよ。色々辛いしな。

38 :名前はいらない:2005/09/25(日) 05:14:27 ID:4dgJVNb+
明日海へ行こう
誰もが漂う海へ行こう
明日海へ帰ろう
誰もが生まれた海へ帰ろう

深く潜った
海の底で
名前を 家を
その想いを失おう

透き通る水に
生命を渡そう

39 :◆FUCKcjokcg :2005/09/25(日) 05:17:46 ID:XlpNA0ei
僕は死なないよ。

この身体が朽ち果てても、

命は永遠だから。

命はこの世に、

たったひとつしかないのだから。



40 :名前はいらない:2005/09/25(日) 11:55:01 ID:O75P5Gmj
好きなバンドの歌詞

今灯火が此処で静かに
消えるから君が確かめて
ただ立ち尽くす僕の弱さと
青さが日々を駆け抜ける

41 :名前はいらない:2005/09/25(日) 12:04:35 ID:+oC1eFHk
私はあなたに恋をしている
あなたをひたすら待っている
いつもいつも頭のかたすみにはあなたがいて
風のように私をさらっていくその日を夢見てる
あなたが私に何かをささやいて
私はあなたにうん、うんと、うなずき返す
かすかに匂うあなたは恋に似て

42 :名前はいらない:2005/09/25(日) 14:07:48 ID:Mr4wK9NM
〔一歩一歩〕

涙を流してもいい
もちろん後悔してもいい
後悔は結して後ろ向きな言葉じゃ無い
後ろが悔しいその姿は必ず前を向いている
そう・・前を見る事が後悔するには必要なんだ
そこから一歩踏み出す事が
生きていくには必要なんだ
ぼくはその辛く楽しい歩みを
今日も愛し憎みながら続けてる

43 :名前はいらない:2005/09/25(日) 15:39:24 ID:f/IdR4gA
君を守る為に刃を握り締めた
僕の手からは血が溢れ
刃は君を貫いた
僕は君を永遠に守る
この瞬間から永遠に
もう誰も君を殺しはしない
君の体を血が伝う
僕の頬を涙が伝う
守ることができたのに
何故涙が溢れるのだろう

44 :名前はいらない:2005/09/25(日) 16:15:19 ID:UL6SzEP+
http://id16.fm-p.jp/1/WORLDsENDxxx/

45 :名前はいらない:2005/09/25(日) 18:08:41 ID:6VbrS8+4
羽をあげたい
泣いている君に
その背中につけてあげたい
一度でいい 空を見上げてごらん
遠い 遠い あの雲の向こうにだけれど
希望なら 溢れるように 輝いている
全ては君のため 未来に撒かれた 宝石 夢の種

泣かないでどうか
手がほしいなら 貸してあげよう
おいで もう二度と うつむいたりしないで
羽を上げる 空を見上げて
とびたとう・・・

46 :ラフレス:2005/09/25(日) 18:17:27 ID:Ho2cpJc4
死ぬなんて事に憧れてたのはほんの一時
時間はいろんな感情を風化させてゆく

憎しみだって
悲しみだって
愛しさだって

歌う朝日の中
そんな簡単な事にやっと辿りついた

47 :夢想猫:2005/09/25(日) 18:39:19 ID:1gdJ3Fgu
突然乱入スミマセン
アジカンのブラックアウトって曲の詞って死をテーマにしているんですかね?
「鈍る皮膚感覚」とか「僕をわすれないで」というところとか・・・

プロモの衣裳とか喪服っぽいし

48 :夢想猫:2005/09/25(日) 18:51:07 ID:1gdJ3Fgu
ついでに詩書きました・・・

無常に過ぎる一時
流す涙はどこへ行くの?
震える体に走る感覚が
今終わりを迎える

初めてを終えてから今に至まで
何度無駄にしてきただろう
白色の布に包まれた最期の空気

せめて、夢だけは見たいから
意識が遠退く中で僕は
届かぬ君を想いここに眠る


内容の解釈によってそれぞれ感じてもらえばいいと思います

49 :小間:2005/10/06(木) 17:10:39 ID:piQRL/Wm
<<47
違いますよ。あれは「今」を歌った歌です。
今現在、冬の雪原地のような場所もあれば、一方では茹だるような炎天下の場所もある。
そんな歌です。

50 :名前はいらない:2005/10/07(金) 02:39:37 ID:8Qbj4g9P
「死ぬ理由はないけど
    生きる理由もない」
と遺書を残し飛び降りた少女が二人いた。
彼女達との間にあるモノは
腰の高さまでのスカスカの柵
彼女達に
何をすれば、何をしてあげればこちらに戻ってくるのだろう?
手を伸ばせば掴めそうだ
手を差し出せば握り替えしてくれそうだ。
でも、彼女たちは飛び降りた
今からも生きる人間
今から死ぬ人間
その差は
スカスカな柵でさいぎられている



また誰かが違う遺書を残し
柵をまたいで向こういく

51 :名前はいらない:2005/10/08(土) 10:28:52 ID:XF2lDbK8
此処にいる、鈍い痛み

生きている感覚が、私を殺していく


52 :旅人:2005/10/08(土) 13:12:36 ID:6ohgV30o
苦しくて 辛くて
この身は押しつぶされそうだった
こんなにも私にのしかかるもの、それは
友達の笑顔 親の期待 悩み イライラ・・・
もう そんなものと一緒に生きて行けない
だから・・・

だから私は 一本の綱に
命を託そうと思う
そう 私は旅立つの
誰も知らない世界 誰にも分からない世界
私を苦しめるものたちがいない世界へと・・・

そう、思ったのに
なぜか綱に 命を託せないでいる
ああ、私は死ぬ事さえ躊躇うような人間なのか

今日も苦しみが私を襲う

53 :名前はいらない:2005/10/09(日) 01:42:31 ID:u4G1Xuzw
もう君の声が聞けないなら耳なんていらない

もう君の姿が見れないなら目なんていらない

もう君に会えないならこの体なんていらない

もう君のいない世界に私が生きてる意味なんてない

何か考えると君のことばかり....。

早く私を連れ去りにきてください

君が連れて行ってくれるならどこへでも行くから。

54 :雨霰:2005/10/09(日) 02:21:24 ID:1lyNuqRk
『最後の手紙〜最後の願い〜』

今死んでいったらあなたは私を忘れないでいてくれますか?
消えかかっている私との思い出を鮮明に思い出してくれますか?
これからずっとあなたの心の中にいられますか?

あなたが他の人と幸せになろうとかまいません
ただ 私を心の中に置いていてください
どんなにどんなに小さくても
はっきりと覚えていてくれればそれでいいです

私はあなたのために死ぬのではありません
私は私のために死ぬのです
あなたの心の中に居たいがために死ぬのですから

罪悪感を感じないで下さい
後悔しないでください
ただ一度だけ 動かなくなった私の前で一滴の涙をながしてください
それが私にとって最高の弔いです

どうか私を忘れないで下さい
罪悪感や後悔で覚えているのではなく
楽しかった思い出として覚えていてください
あなたを愛した人がいた と

今死んでいく私を忘れないでいてください
消えかかっている私との思い出を覚えていてください
これからずっとあなたの心の中に置いていてください

私はあなたの涙をいつまでも大切にします

ありがとう

55 :名前はいらない:2005/10/09(日) 02:29:17 ID:oC/YU8Pr
奇妙なこともあるもんで
嘘か真か有るのに消えた
何故か触れん別のもの
綿と口紅銀色の台
押されたスイッチ緑色
熱と臭いと白い残骸
割られて収まる白い壺
ご一緒の花は煙になった


56 :名前はいらない:2005/10/09(日) 03:19:47 ID:rlGSqmzc
身動きするたびに恥がふえてゆくよ
真夜中に武者震いして心からめをそらす
死への想いがたくましく育つまで
この星の片隅で身動きならない
誰かをもとめながら
誰もかも拒んでる
せめて自分くらいは
溢れんばかりの愛情をあげたい
あげるよ
ほら

57 :名前はいらない:2005/10/09(日) 04:12:52 ID:6GiBcQvW
53 は野島伸司みたいだね。人間失格の始まり…

58 :名前はいらない:2005/10/09(日) 14:33:55 ID:Eug4bn2O
トイレは清潔だった
内定蹴ってトイレになろうかとね
思わないけどね
物体になりたくなるほどキテないよ

もう罪まみれですよ
破産が怖いから罰怖い

破産が怖いから罰怖い
罪といえども罪の財
お腹いっぱいで裂けそうです

たくさんの死刑囚と果物園に行ったら
楽しいだろうなぁ明るいだろうなぁ
雨が降ったら阿鼻叫喚

この罪達磨に満足しろ
罪達磨ほかの罪に満足しない

死刑囚と果樹園に行ったら
楽しいだろうなあ
狂っているだろうなあ
もの悲しいだろうなあ


ところで知ってる?サバは魚へんにブルー


あとさ。罪達磨、ただヘビーマゾな性質があるだけで
その他の罪はあんましそのへんは気にしなくていいから
なんにも気にしなくて、全然いいから

59 :名前はいらない:2005/10/10(月) 00:12:39 ID:YWRZwvTn
僕の汚された遊び場
消えてゆく野良猫
間違った噂話が流れてゆく

ガソリンのにおいにつられて
びしょ濡れになった体に火をともす

Aという会社の前で
僕は焼身自殺をする

60 :名前はいらない:2005/10/10(月) 00:46:25 ID:bZ17CrML
小鳥が死んだ
鉄の小さな檻の隅で小さくなってた
一晩の命

雨の夜
巣から落ちた小鳥を
出来心で拾った
ひとりじゃないと思った
ひとりじゃないと思った

孤独を檻に閉じ込めて

雨上がりの午後
湿った土に埋めた・・

61 :エディについて@:2006/01/06(金) 02:20:51 ID:7fN8Bjyp
それは一瞬の出来事
世界の時間が止まった
私に明日はあるけど
彼には未来がもう来ない
海の向こうからの知らせには
ある程度時間がかかる
彼が逝った次の日の晩に
話は私の耳を伝った
知ったその日はあまりに急で
涙も声も出なかった
夢だとおもったんだ
今日は寝れば
明日この話は無くなってる、と
夢だ、とおもったんだ
朝起きて携帯で2ちゃんねる
板はプロレス
検索する文字は『エディ』


62 :エディについてA:2006/01/06(金) 02:22:17 ID:7fN8Bjyp
あー・・・・・・
やっぱりあった
二日目の朝にして実感した
これから学校なのに
涙がとまんないよ
これから中間テストなのに
涙がとまんないよ
声が出ちゃうよ
みんなには心配されたくない
だからなるべく人とは接しない
机に追悼文書いてみた
ぼろぼろぼろぼろ
泣いてるって気付かれたら
恥ずかしいからすぐに拭った
ぼろぼろぼろぼろ
いい加減にしろよ
なんで止まんねえんだよ
ぼろぼろぼろぼろ
受験生なのに
最後の評価に入るテストは
今までの最低得点ばかり
でも今までできなかった
理科と数学が初めて平均点を
大幅に上回ったんだ
褒めて、エディ!


63 :エディについてB:2006/01/06(金) 02:24:36 ID:7fN8Bjyp
テストが終わって
保健室に逃げこんで
腫れた目にアイスノンつけた
静かになる部屋
すると頭のなかで
JBLのコメントがよぎった
英語だから
何ていってるか分かんなかった
けど最後に
『ワンモアタイム』と
『ローライディン』って。
これはわかった
『エディ、もう一度
 おまえがローライダーに
 乗っている姿が
 見たいよ…』
彼は必死に笑おうとしてる
でも涙が溢れてる
その映像を思い出した瞬間
私の目からは涙が出て
他の学年の子とかいるのに
大声を出して泣いちゃった
私はもう
駄目かもしれない
私はもう
プロレスを
見れないかもしれない
エディがいないプロレスなんて
プロレスじゃない

64 :エディについてC:2006/01/06(金) 02:33:40 ID:7fN8Bjyp
家に帰って
パソコンつけて
公式サイト見て
追悼映像見て
2ちゃんに辿りついた
ギコナビで更新し続ける
追悼スレを見てて
思った事がある
『彼はとても愛されていた』
その言葉が頭から離れないし
誰かもその言葉を書き込んだ
突然、誰かがこう言った
『エディのいない
 プロレスなんて
 プロレスじゃない・・・
 もう俺WWE、いや
 プロレス見ないかも・・・』
私はその文章を見て
無意識にキーボードを打った
『でもエディが愛した
 この(プロレス)の世界を
 私達が愛していかなくちゃ』
あとになって気付いた
そうじゃん、その通りじゃん

65 :エディについてD:2006/01/06(金) 02:41:54 ID:7fN8Bjyp
私はエディが大好きだから
プロレスを愛し
これからも見続ける
一度やり残した事がある
私はエディを
生で見れなかった
私はエディの
生試合を見れなかった
だから、だから
私が死んでしまったときには
エディが私を迎えて
そして泣いた私に声をかけて
『オー!ママシータ!
 そんな泣かないでくれよ!
 お前に涙は似合わねえぜ!!』
って言ってほしい
あくまで希望だけど
優しいあなたは
言ってくれるはず
四十九日も過ぎ
私は前向きに生きてゆける
最後の試合、
最高だったなぁー
エディの人生を
一試合で語られたような気がしました
ありがとう!
Viva La Raza!!


おわり
(長くてごめんなさい)

66 :紫乃:2006/01/08(日) 02:37:58 ID:q2kAd/BI
空を飛べるかな
気持ちいいのかな
苦しい今から抜け出せるのかな
でも誰かが悲しむかも
なんて
理由をつけて見たり
・・・逃げたい
こんな世から飛び立ちたい
消えてしまいたい
それでも
息を吸うことに
考える事に
感じているということに
私は今を見出す
死にたくない
・・・生きたいよ

67 :名前はいらない:2006/01/08(日) 02:44:56 ID:ygCb1lQG
死ぬって簡単にいうけど…
本当は死にたくなんかない。
みんなそうでしょう?








いきたいよう。

68 :ちる:2006/01/09(月) 02:53:53 ID:JyM1DaHV
死んでみたよ。
死後の世界なんて無かったよ。

空もなかったよ。
誰も居なかったよ。
意識もなかったよ。

白くも
黒くも
何も無く。

自分すら無かったよ。


自分の居場所が無い事くらい。
あちらの世界では当たり前のこと。

拡散し、塵になる自分を想像できないのであれば。
貴方にはおすすめしない世界だね。

私には心地よいですが。

69 :いりや:2006/04/10(月) 20:48:40 ID:jK1TUNnG
控えめに言っても
この空は 汚い
でもね
この星空は 僕が知っている中で
一番「キレイ」なんだ

哀しいかな

70 :名前など忘れた:2006/04/11(火) 01:02:18 ID:In4tT48z
眠るように静かに横たわっても
それを死だとは云わない

揺れるように哀しく微笑んでも
それを生だとは云えない

境界の上と下の些細な差異
鏡面の前で、はて生きているのはどちらだろうと
魂が呟いた

愚か者は詭弁で死を語るという
毒の中では毒もまた無の一部に過ぎぬものを

死んだように眠ろうか
それで気が済むなら

71 :名前はいらない:2006/04/11(火) 01:30:13 ID:qSFvbWy5
高校生の時、パソコンを使った授業中に無意識に寿命時計を表示させた、
**君の死亡まであと 31535999999秒(カウントダウン中)

クラスメイトに見せたら薄気味悪がられてしまった、
100年位だと縁起が悪いのでちゃんと1000年で計算したのにな、

後に東欧の裕福ではない国の哲学者がちゃんとした時計の形をした寿命時計
を作っていたのを知った、その人のはちゃんと100年位の寿命で表示していた
その人の真摯さに感動した。

今、私は不幸だと思う、が、小学生の同級生の或る女が幸福になれば、
私は幸福です、と応えられるだろう、
ならば私は幸福にならなければいけない、絶対に。


72 :名前はいらない:2006/04/11(火) 03:59:43 ID:zBQ6w14C
 記憶は瀑布の如く流れ出し
無意識の大海へ回帰する


悲しく燃える太陽が
閃かせたのは あの日のあなた

岩の水を裂く音で
あなたは揺れる 活動写真

砕けた木の葉はどこへゆく?
澱みを知らずにどこへゆく?

すべては空へ昇るため
やがて器を満たすだろう

ようやく願いが叶ったね
今もどこかで煌くあなた

73 :高史:2006/04/11(火) 19:05:54 ID:EX97AhFc

全てが終わりだ

私がこの肉体を以てして愛した日々も

私がこの肉体を以てして愛された日々も
此の瞬間から終わるのだ

星に還るのか

海に還るのか

逝く宛など分からないけど


ただ

終わる事は
揺るぎない事実

74 :名前はいらない:2006/04/12(水) 23:23:55 ID:tNfF/0I8
死んでんじゃね〜〜〜よ!ボケ!

75 :名前はいらない:2006/04/12(水) 23:37:45 ID:Rrxf29KA
たぶんほんとに殺される
すべてを垂れ流す
サイコパスは彼女だす

76 :名前はいらない:2006/04/14(金) 12:08:04 ID:cMu+RNGH
「生きてりゃ良い事ある」なんてのは嘘ですよ。

ただ「死んじまったら良い事なんて無い」ってだけで。

77 :あなたへ。。。:2006/04/14(金) 15:27:28 ID:73BDudMg
生きていくのがつらいんじゃない。おしつぶされそうな日常から
逃げたいだけなの。なのに現実はうまく行かないね。どんなに泣いても
叫んでもいつもの朝がやってくる。ねぇ、時計の刻む時間・・・死への距離?
夢へのカウントダウン?わからないからわずかな希望にたくす未来。どんなに
もがいたって変えられない私がひどく憎らしい。・・・でも、生きている
自分を見ると泣くのも、傷つくのも、くるしいのも。。。すべて生きている
からこそできることなの。ねぇ?明日を信じてみるのも素敵なことでしょう?
変わらないなら変えるだけ。道がとぎれるならにじの橋を架けるだけ。
生きているのなら・・・できる気がするでしょう?だから・・・どうか
生きていて?死なないで。この身体に生まれたことどうか悲しいなんて
言わないで。・・・進んで。どうか笑えますように。生きるから叶う。
生きるから笑える。涙を拭いて走りだそうよ。ねっ?ずっと遠く。うーーーーん
っと遠く。両手に涙が変わった夢のカケラを持ってさあ。あきらめないで。
どうか生きて。。。
私が思うに悩んだり苦しんだりするのはその人が優しいから
なんです。そんな人は絶対幸せにならないといけないんです!!!
それに死にたいって言う人は生きたいっていう本音にきずいてもらいたいから
言ってる気がします。
つらくなったなら逃げたらいいのです。逃げる=幸せ探しの旅ですからw
みなさんには生きてほしいです。。。こんなに苦しいのだから
いつか幸せになるべきなんです。。。
目の前に自分の未来をふさぐものがあるならぶっ壊してでも生きてやればいいの
です。今、発売中の矢井田瞳さんの「Go my way」って曲いい歌詞なんで
オススメですwww「傷だらけの心は生きてきた証だから」って部分が好きです。




78 :名前はいらない:2006/04/14(金) 21:54:17 ID:Y2PllIBO
君の命は、今でも街を彷徨っている。
身体を失っても、生きようとする君は、
まだ諦めていないんだね。

君の姿を映し出すことが出来るのは、
テレビ、パソコン、君を知る人の頭の中だけ。


79 :名前はいらない:2006/06/15(木) 05:26:09 ID:8hgNGeYa
無責任すぎるんだよ

80 :一味とうがらし:2006/07/02(日) 11:09:07 ID:4Rh5eTIE
    『入り口と出口』
 人生のはじまりとおわりに病院あり
 
 「お生まれはどちらですか
 「はい、病院です
 
 病院はこの世の入り口
 あの世への入り口 

81 :ハマベノマチ:2006/07/02(日) 12:47:43 ID:tfraafLM
砂浜で、ぴしっとした水着を着て
ハマナスの根に足の指を絡めながら
桟橋に向かうあなたを見ている

裸の背中の、ジャガイモみたいにくすんだ日焼け
何度見ても不恰好で愛おしい

クルマのエンジンがヤカンのようにチンチン鳴るのをBGMに
あなたはどんどん突端に近づいていく

不安だわ、と私は思う

こんな潮風に当てられていたらクルマも電話もすぐに錆だらけになってしまう
金属が腐食していく町
あなたは迷いなく、ある"地点"を目指しているように見える

先に行き過ぎないで、遠くを見過ぎないで
そう思う

でも
離したボールは重量に逆らえないし、寄せる波は必ず引く

あなたが桟橋の突端に到達する瞬間を見つめながら
私は震える手でタバコに火をつける

82 :本当のさようなら:2006/07/03(月) 21:30:58 ID:cs72iP/o
あんた死にようとね

と、ばあちゃんは言った

ボケの進んだばあちゃんにも
じいちゃんが死んでいるということは理解できたらしい

しかし死んだのが自分の夫だとは気付いていないようだ

床の間から母さんに連れ出されるばあちゃん振り返りもせず
よちよちと

本当のさようならが
こんなにも難しいなんて

83 :(1/2):2006/07/04(火) 12:59:35 ID:pDjDaKND
「旗幟」

永遠などという言葉どもが
紙切れに乗って宙を行き交う
高々と築き上げられた虚空に叫ぶ

その一片の情熱がいつか融けて
雫となったある日の益体のなさ

真実は私の血

円筒内に蓄えられた黴黒に
ピストンが破裂
呂律は奇しくも回転を促される

飛散する俗悪

さもしさを比べ合い
共に汚濁へと流れ落ちるか否か
ただどこまでも褐色に淀みなく

美しくあれかしと
ガラスに爪を突き立てる



84 :(2/2):2006/07/04(火) 13:00:18 ID:pDjDaKND
極彩色の派手な夢に尻の肉を預け
暗むくらいにクロロホルムの浸食した瞳を晒し
饐えた鉄粉を鼻腔から吐き散らす

あくなき旱天の嬰児

樹脂系のその身体に手を回し
歪んだ背骨にジッポを這わせれば
壊死部分の細胞から青草の薫りがする
什宝の剥製かチルドの魚か

隈の浮いた眼孔から凸起する虹彩を浅く切り裂いて
すかさず手繰り寄せる
視線が繋がった時間の帯を
誓いを鬣に立て
我という獣に跨り

ある日の真実を蹄に掛ける

いざや我此処に死せん



85 :名前はいらない:2006/07/04(火) 21:03:00 ID:jq8HAJsz
誰も

本当に死にたがってるやつなんていないんだよ

86 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/07/04(火) 23:26:04 ID:p1hVx4/l
灯のない路地で
煙草に火を点け

黒猫を眺むる

車の前に我が身を差し出し

黒はゆく

俺を置いてゆく

87 :名前はいらない:2006/07/07(金) 20:08:07 ID:QTpkJwgk
大きくなったらドロボーになる

88 :名前はいらない:2006/07/07(金) 21:22:50 ID:jksigpos
ずっと願っていた
この瞳が開くのを
魂は僕の中 木魂するのに
なぜだろう 何も見えないよ

楽しみも 苦しみも 色も あなたの姿も

やがて見えたものは

あなたを愛した 僕の姿 

89 :名前はいらない:2006/07/13(木) 06:32:20 ID:rURdxhzm
死を望むは愚者である
死を拒むも愚者である

90 :名前はいらない:2006/07/13(木) 06:47:56 ID:icIwdX0W
少年はある日傷ついた小鳥を拾った

早く元気になるよう毎日祈った

でも小鳥は死んでしまった

ある日少年の母親がその小鳥そっくりの人形を買ってきた

少年は言った 『おかえり』

91 :名前はいらない:2006/07/14(金) 00:19:59 ID:D94y/YlE
(種村有菜の本で私がスキな言葉↓)

ぁなたが 桜の花びらになって 消ぇる夢

もぅ何十回見ただろぅ。。。


92 :名前はいらない:2006/07/14(金) 00:41:03 ID:koU7K9GF
自分が死んだあとの ことは
想像できないけれど
一万年前とかという数字を 見ると
自分はそのときいなかったんだよな って思う

自分がいない
自分がいない

それは まだ見えないようで
もう近付いている

ただ、あなたと触れ合えたこの時間は
死さえ怖くなくなるほど
甘く 重い

93 :名前はいらない:2006/07/14(金) 01:27:06 ID:SMHcJz53
>>92
正にキセキ

94 :名前はいらない:2006/07/14(金) 02:32:47 ID:UFqljjXI
有菜っちチョコミントが冷蔵庫に12個。


95 :名前はいらない:2006/07/14(金) 02:38:57 ID:SMHcJz53
消えてゆく記憶の果て

凍った遠い届かない命

誰も掴めない鏡の罅割れに

七体の壊れた人形が聞こえない泥の涙を歌う

還らぬ罅に蛆虫の血を流せ

七日の内に朽ち果てた時計の茨を目に穿て

冷酷な神拝者は色褪せた文字を記録する

羽の折れた鳥だけが真実を歌う

分子の果てまで死は凍り

夜は永遠を恋しながら異常の欲望を石斧で割る

張り裂ける脳髄の痛みを飲み干せ

涙の連なる首飾りを胸に骸は歌う

96 :名前はいらない:2006/07/14(金) 13:52:05 ID:G53KzB78
お前が゙死にたい"と言って
無駄に過ごした今日は、
昨日死んだヤツが
一生懸命゙生きたかった"
明日なんだ

97 :名前はいらない:2006/07/14(金) 18:06:37 ID:/wiVhwic
今日はあの人のしゃれこうべを抱いて寝よう

98 :名前はいらない:2006/07/16(日) 09:43:16 ID:ymNsulFQ
【輪廻】

川は流れを止める事なく

ろうそくの火は消えていく

そして闇が訪れ私を永遠の眠りへといざなう

そんな長い夢を見ていた

オギャーという泣き声と共に

私はようやく目覚める

※作・高3

99 :名前はいらない:2006/07/16(日) 10:08:08 ID:Je4N7/Ol
死にたい理由もないくせに
死にたい死にたいほざく馬鹿
死ぬ痛みを味わった事もないくせに
死ぬこと死ぬことほざく馬鹿
この世は終了しました
世界中で悲鳴を上げる馬鹿野郎共
中途半端な人生希望勇気絶望
怒り
理由は単純だ
ただ逃げ出したいだけ
死なれる事の寂しさを 残された血は寂しさを
肉魂は物言わず
後悔と怒りと寂しさとタンパク質だけ残った

100 :名前はいらない:2006/07/16(日) 10:08:26 ID:6EXPyxwo
清志郎「人生経験」喉頭がん

ロック歌手の忌野清志郎(55)が喉頭(こうとう)がんで入院したことを13日、明らかにした。
初期で発見できたため、声帯を傷つける可能性がある切開手術はせずに治療していく見通し。
今夏予定していたライブへの出演はすべてキャンセルした。
ファンには公式ホームページで「人生経験と考え、この新しいブルースを楽しむような気持ちで
治療に専念できれば」と報告。がんと前向きに闘っていく。
医師からがん宣告を受けたのは今月7日。6月末に「のどが痛い。風邪かなあ」と
スタッフに違和感を訴えてから約10日後だった。関係者によると、想像もしなかった病名に思わず
「えっ!?」と口にし、驚いていたという。12日に入院した。
医師の診断によると、初期の喉頭がん。喫煙者に多いとされる。
清志郎は以前1日1箱半程度吸っていたが、1年以上前に禁煙。
酒はもともとたしなむ程度で、今年1月からやめている。
心配されるのが「ロック界の宝」である、あの声。
初期段階で発見できたため、切開手術以外の治療法になる見通しで、
手術によって声帯を傷つける心配はなさそうだという。
ただ、治療にどのくらいの時間がかかるかは現段階では不明で、不安はある。
それでも入院初日の夜にいきなり「外出許可証」を願い出て医師に止められるなど
“不屈のロック魂”は健在のようだ。
5月20日から1カ月間、米ナッシュビルでアルバムの製作を行い、
帰国後も市原悦子(70)主演のドラマ「雨やどり」(日本テレビ、18日放送)
に出演するなど、歌に芝居に精力的に活動中だった。
久しぶりに「RCサクセション」時代の盟友、仲井戸麗市(55)らと
共演するはずだった計6本のライブもキャンセルせざるを得なくなり、その悔しさは計り知れない。
ホームページではライブのキャンセルについて「申し訳ない気持ちでいっぱい」と謝罪。
その上で「新しいブルースを楽しむような気持ちで治療に専念できれば。
またいつか会いましょう。夢を忘れずに」と前向きに記している。
2児の父。50歳で自転車乗りを始めた時には「強いお父さんになりたい。不死身の男を目指す」
と話した。過酷な100マイル(160キロ)レースにも挑戦。その強い精神力で、がんに立ち向かう。


101 :村上 紫苑:2006/07/16(日) 14:08:48 ID:qVzaLyZ3
「死線」


私の胸に
爪を立てて 突き刺して
心臓を抉り出して

私の意識があるうちに 目の前で握りつぶして

それで私は満足する
やっと終わったのだと
この永い苦痛から
逃れられたのだと


私の背中に
爪を立てて 突き刺して
谷間から爪を覗かせて

私の意識が飛ぶように 磔にされたかのように

それで私は笑みを浮かべる
消え行く視界を楽しみながら
伝い落ちる紅い流れを
その皮膚に感じながら

それで私は涙を流す
見開いた目を閉じながら
この狂った世界から
救われたのだと



102 :名前はいらない:2006/07/16(日) 19:53:53 ID:kbW3KX/R
眩しいとも思わないし潰されるわけでもないが
私は

103 :0121:2006/07/26(水) 03:44:30 ID:Zh2IQQbp
数万人の人が死にました。
死者の人数は数十人です。

そんなこと言われても
いまいち「死」ぬ事なんかわからない。

けれど
親が死んだ。
友達が死んだ。
恋人が死んだ。

その悲痛は目も逸らせぬほど
私に「死」を自覚させる。

104 :名前はいらない:2006/07/26(水) 04:52:47 ID:e/o/9z/f
繋ぐ黒
真っ黒
彼方まで

深紅

105 :山羊:2006/07/26(水) 14:32:22 ID:coWComqq
さよならさよなら
面影すべる
さよならさよなら
夜の川
さよならさよなら
風は海へと
さよならさよなら
想いは天へと

さよならさよならさようなら

106 :ぁい:2006/07/26(水) 18:41:36 ID:9AaUWO1K
タイトル「雨」
雨上がりのぬかるんだ道。私は、途方にくれていた。あなたに捨てられるのなら
このまま夢見て居たかった。私は、変わる。鳥になって。あなたの上をとびまわる。
屋上からの景色は、とても綺麗だよ。このまま飛んで鳥になりたい。
さよなら。そして、ごめんね。いつか鳥になって迎えに来るから...。

107 ::2006/07/26(水) 22:13:24 ID:Q/37+LQr
死ぬのが怖いわけじゃないんだ
生きられないのが怖いんだ。


108 :サラブレット:2006/07/26(水) 23:18:53 ID:mY8MkgO7
鞭打たれるよりマイペースが一番速い

109 :二枚舌のサラブレット:2006/07/26(水) 23:21:12 ID:mY8MkgO7
生きることは辛い

共存なんてとても難しい

110 :名前はいらない:2006/07/27(木) 00:40:26 ID:ct0n412j
時は川
昨日は岸辺
ひとは皆、ゴンドラに乗り
いつか離れて思い出に手を振るの

111 :名前はいらない:2006/07/27(木) 00:55:03 ID:y8wKzkVC
?????????
凄い贅沢????
世界??に関心???持つのには資格???いる??というけれど???
世界にきょうみが???自分なりに???なんか????あった
好きなことできたら幸せとずっと思ってた^^
凄い贅沢????????
でもそんなことないよね?????
けれど好きな人とささやかでも幸せに暮らせるのが一番の幸せ^^??


112 :名前はいらない:2006/07/28(金) 00:52:12 ID:7IQTeK09
いつの日か私も君も終わってゆくから
残された日の全て
心を添えておこう
灯る火の果てに

113 :名前はいらない:2006/07/28(金) 01:22:28 ID:nXwX4yGh
睡眠障害

毎晩、俺が眠くなると決まって誰かがドアをノックするんだ。俺は、いつもそれで目が覚めちまう。誰だ?という俺の問には、誰も答えない。便器に顔を突っ込んでる気分さ。死んだ魚の目をした奴ら警察に中指を立てやがる。そして、奴らはいつも俺を殴るんだ。
だから俺は…
寝てなかったからか?いや、仕方なかったんだ。きっとそうさ、俺は正しい。
でなきゃ俺はただの…
けどお前も正しい。だから、俺はだだの…
もう長い間寝てないんだ。勘弁してくれ。ずっと、自分の罪を洗い流そうとしてるんだ。いくら洗っても石鹸でこすっても俺の手は真っ赤なまま、睡眠薬、睡眠薬、睡眠薬
いくら飲んでも眠れない。モルヒネを、モルヒネを、モルヒネを…
痛みから救い出してくれ。
クラック、クラック、クラック
スラム街で会った黒人にもらった。
目の下にはくま、腕には注射針の痕。
けど、苦痛からは逃れられない。
だから、俺は中指を立てたのさ。全てに。
だから、俺は中指を立てたのさ。あの黒人に。
だから、俺は中指を立てたのさ。街のグズ共に。


114 : ◆notePDkbPQ :2006/08/04(金) 21:45:48 ID:y2dH0pTy
「道端」

”交通死亡事故現場”

かたわらには
見知らぬひとへの花束

このひとじゃなくて
俺が
俺が代わりに


ごめんなさい

ごめんなさい
ごめんなさい
ごめんなさい・・・

115 :Metaphysics:2006/09/19(火) 03:17:53 ID:QQbc+v82
冬は始まったばかりで、僕は控え目に言って恋をしていた
それが故に僕は役に立たないテーブルの上のトースターを蹴り上げて
わざわざ新しい弁護士を雇ったのだ
手続きと名のつくものはいつだって婉曲的な自己欺瞞の匂いに満ちている
よかろう、手続きだ
まごうことなき法律的正義に則った公明正大で完璧な手続き
法が設計し、司法書士が建築する
寸分の狂いもなく、剃刀の刃も通らない
僕の資産はくまなく検分されてクリスマスケーキのように綺麗に等分された
それは誰から見ても公正な分け前だった
僕の弁護士は配分と分配の違いとその法律的根拠を説明してくれた
預金通帳に法律的公正さだけが残った晩、
僕は洗濯かごの中に忘れられた小さな靴下を見つけた
それからストイックにワインのボトルを空けることに専念した
小さな靴下の持ち主が僕の名前を呼んだ
それが現実でも幻想でも
それ以上に僕の心を震わせるものなど何一つ存在しないことを僕は知っている
知っていてなお僕は裏切らない訳にはいかなかった
この恋が、そしてまたその先の恋が
愛に到達し得ないことはこの世のあらゆる法則に優先していたからだ

後悔するわよ、父さんは絶対後悔するわ
後悔しなきゃなにもかもが嘘になるもの

その通り、と僕はワインラベルに書きつけた
ボトルは千年で空瓶になり僕の言葉を密閉したまま意識の海を流れていった

116 :水無月 ◆CrdchzRUy. :2006/09/19(火) 03:38:58 ID:keAccqQU
死んだらすべて終わり、ハイそれまでよ
のあとにも、きっと続きはある
綺麗さっぱりの無ですってぇぇ
そんな気のきいた真似は人間には無理
ってタルホ先生が書いてました

117 :山羊 ◆enX68O/pGI :2006/09/19(火) 04:27:01 ID:S6RChhdw
ギチチチギチチチギチチチギチチチ
リンリンリンリンリンリンリンリンリンリン
ギチリンギチリンギチリンギチリン
ギチチチギチチチギチチチギチチチ
リンリンリンリンリンリンリンリンリンリン
ギチリンギチリンギチリンギチリン

死ぬのかえ
死ぬのかえ

こんなにも虫の音が

おまえ達
死ぬのかえ

118 :名前はいらない:2006/12/13(水) 18:39:15 ID:aiWaV3cL
【末路】

青い空
貴方が愛した青い空

空を飛びたい
彼の夢を叶えただけ
高い高いビルから落としただけ

彼が愛した青い空に投げただけ
“ありがとう”
言ってくれたのに

私は今檻の中
彼が死にたいって言ったから
叶えただけなのに

貴方が私以上に愛した空にこの手は届かない

119 :名前はいらない:2006/12/16(土) 19:59:25 ID:UiWQv/Kf
遠くで雷がなっている
あれはきっと 生命の生まれる合図

生命の苗床から カタチ造られる 横暴な意思


近くで 電流がうねっている
サミシイ有機物が 新たな苗床を育もうとしている


120 :ネムノキ:2006/12/22(金) 09:03:02 ID:6lyexUJq
このまま眠るようにして
と私は思う

このまま眠るようにして消えていけるのなら
生きることはすごく簡単なのに

座ってしまえば楽になるけど
立ち上がるのは
だだ歩くだけよりも大変だ

ちっとも簡単じゃない

体温計は正直な働き者だから
私は腹巻を巻いて寝ていればいい

風邪のことも学校のことも忘れて
洗濯機がぐぉんぐぉんと回る音を瞼の裏に感じながら
洗いたての運動靴の夢を見る

ただそれだけ

すごく簡単、だ

121 :名前はいらない:2006/12/23(土) 23:40:04 ID:5n8CArfx
>>85 そうかな?
死んだ親族らの顔や
状況から
そうは思わなかったことが
多々あるんやけど?

122 :名前はいらない:2007/03/02(金) 14:51:47 ID:G5cP0VtH
胸の中心の時計は 刻む数を だいたい決めている

ゆっくりと または小刻みに
チクタク チクタク チクタク

時計の残り時間を知るすべがあったなら
きっと 気が狂ってしまうだろう

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)