2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

詩 俳句 綴らん

1 :ぴょ(‘θ'):2005/10/13(木) 11:47:46 ID:wCuctAjx
スレタイどうりひたすら綴ります

2 :ぴょ(‘θ'):2005/10/13(木) 12:09:40 ID:quQaeVsl
好きだよと 静かな寝息に 呟いて さようならねと 部屋を去る

3 :ぴょ(‘θ'):2005/10/13(木) 13:22:18 ID:quQaeVsl
秋風に 香る微笑み思い出し 目頭熱く 落ち葉眺める

4 :ぴょ(‘θ'):2005/10/13(木) 15:50:13 ID:quQaeVsl
飲み干した 瓶の茜の残り香に 貴方を想い すてられず

5 :名前はいらない:2005/10/13(木) 17:07:29 ID:quQaeVsl
目が覚めて もぅ居ないと気付いても この手はまだ探してる

6 :名前はいらない:2005/10/13(木) 17:45:31 ID:4vwLX70Y
キャーごきぶり  悲鳴上げて抱きついてきた君はもういない

7 :ぴょ(‘θ'):2005/10/13(木) 22:43:25 ID:quQaeVsl
有難う やっと一人 来てくれた (・∀・)

8 :ぴょ(‘θ'):2005/10/13(木) 23:47:45 ID:quQaeVsl
好きだょと 言ってしまえば 何もかも 終わりのような 気はしてた

9 :ぴょ(‘θ'):2005/10/14(金) 14:55:19 ID:Fa/cuLiB
可愛いな 紅葉のような 小さな手

10 :ぴょ(‘θ'):2005/10/14(金) 19:11:11 ID:Fa/cuLiB
君の笑み 夜空に重ねて 今更と 今は只、只 月を見上げる

11 :ぴょ(‘θ'):2005/10/15(土) 02:08:26 ID:KzbgdEv1
あの頃と 言い聞かせたまま 早一年 何もかわらず また冬が来る

12 :名前はいらない:2005/10/15(土) 02:26:28 ID:OvLeMu7y
夜なのに 僕が観るのは あおいそら

13 :ぴょ(‘θ'):2005/10/15(土) 19:11:38 ID:KzbgdEv1
もぅ二度と 出会うことはないだろう 他人よりも 遠い君

14 :名前はいらない:2005/10/15(土) 20:34:43 ID:OvLeMu7y
深爪を 夜の仕事で 逝かす僕

15 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2005/10/15(土) 21:32:58 ID:ImG9mm/C
あおいそら それはきっとそら違い そらを見ないで ビデオみる
今日もあの子とすれ違う だけどもきっと 他人の空似


16 :ぴょ(‘θ'):2005/10/15(土) 22:48:45 ID:KzbgdEv1
あの時も 貴方と見た この景色 …ちょっと違った あの時"は"

17 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/10/15(土) 22:58:11 ID:ZHNHS8Ka
山の道
梢の陰に
傾いた
栗色の髪に
マヨネーズ

18 :ぴょ(‘θ'):2005/10/15(土) 23:02:22 ID:KzbgdEv1
父の声 いつも近くで 聞いていた 今は冷たい 電話ごし

19 :ぴょ(‘θ'):2005/10/15(土) 23:03:49 ID:KzbgdEv1
後何度 繰り返したら 気が済むの 辛い別れと まだ見ぬ恋

20 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/10/15(土) 23:07:36 ID:ZHNHS8Ka
レジスター
放り投げても
レジスター
カンカン鳴る鳴る
踏み切りで
手招き便り
気が付いて

21 :名前はいらない:2005/10/15(土) 23:11:24 ID:Jjw915zk
  ,:::-、       __
      ,,r::::::::::::〈:::::::::)    ィ::::::ヽ
      〃::::::::::::;r‐''´:::::::::::::::::::::ヽ::ノ
    ,'::;'::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     l::::::::::::::::::l::::::::::●::::::::::::::●:::::ji
    |::::::::::::::::::、::::::::::::::( _●_)::::::,j:l  クマー!
    }::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::|∪|_ノ::;!
.    {::::::::::::::::::::::::::::`='=::ヽノ:::::/     
    ';::::::::::::ト、::::::::::::::i^i::::::::::::/
      `ー--' ヽ:::::::::::l l;;;;::::ノ
【ラッキーレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ株は上がるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です



22 :ぴょ(‘θ'):2005/10/15(土) 23:58:15 ID:KzbgdEv1
レジスターって何?(´・ω・`)

23 :ぴょ(‘θ'):2005/10/16(日) 00:01:57 ID:FKQ+3OAS
携帯じゃ
AAすらも
みれないのに
コピペなんて
できないよ
ぴょ(‘θ')は不幸に
なるのカナ

24 :ぴょ(‘θ'):2005/10/16(日) 00:04:07 ID:FKQ+3OAS
ラッキーレス 皆に幸せ 有りますように

25 :ぴょ(‘θ'):2005/10/16(日) 16:01:24 ID:FKQ+3OAS
貴方って 言葉足りないよ そう思って いたけれど足りないのは 愛だった

26 :名前はいらない:2005/10/16(日) 23:28:19 ID:IB2aUg1Z
優しさの 足るる足らずは 愛でなく 人の資質に よるものだろう

確信を 持てる行動 見逃さず 刹那の情より 明るい明日

27 :ぴょ(‘θ'):2005/10/16(日) 23:49:56 ID:FKQ+3OAS
嗚呼やだな 明日仕事だ あぁやだな

28 :ぴょ(‘θ'):2005/10/17(月) 22:20:16 ID:UswP4j90
逢いたいょ
友達なんて
辛くて辛くて
でも辛くても
友達でも
貴方に逢いたい
『逢いたい』といえば
貴方はきっと
迎えにきてくれる
貴方は優しいから
だから
私はその一言が
どぅしても
言えない


29 :名前はいらない:2005/10/18(火) 01:43:16 ID:EngfJxHm
やさしさは 一字かえれば やらしさよ

30 :ぴょ(‘θ'):2005/10/18(火) 12:15:38 ID:sHncjwL0
なにそれ
ヤダo(□`;o≡o;´□)oヤダ

31 :ぴょ(‘θ'):2005/10/18(火) 16:24:54 ID:sHncjwL0
お早うと
微笑むきみが
夢だった



32 :ぴょ(‘θ'):2005/10/19(水) 12:51:31 ID:XRb3Pqtz
寒かったり
暑かったり
ジリジリジリジリ
また寒かったり

貴方を思い出すよ



33 :ぴょ(‘θ'):2005/10/19(水) 14:43:32 ID:XRb3Pqtz
葵空がきれいで

貴方を思い出します

葵空がトテモ綺麗で

34 :名前はいらない:2005/10/19(水) 20:54:51 ID:EmOxeVvp
振られても
恋の準備は
忘れずに

35 :名前はいらない:2005/10/19(水) 22:15:02 ID:sOwRPcI1
好きならば
抱かれてしまえ
ホトトギス

36 :ぴょ(‘θ'):2005/10/19(水) 22:16:24 ID:XRb3Pqtz
好きだけど
好きだといえない
天邪鬼

37 :名前はいらない:2005/10/19(水) 22:22:07 ID:8umNRT4V
子づくりも
三人目には
そっと出し

38 :ぴょ(‘θ'):2005/10/19(水) 22:34:59 ID:XRb3Pqtz
振ったこと
後悔したって
遅いわよ

39 :ぴょ(‘θ'):2005/10/19(水) 23:27:17 ID:XRb3Pqtz
小さい鉢に
二匹のサボテン
仲良く並んで
どこか寂しげ

小さな窓の外は
今日も雨
静かに振る秋の雨は
わりと好き
だって気持ちいぃじゃない
雨の匂いがする

でももぅ
小さな窓は
見飽きたよ



40 :ぴょ(‘θ'):2005/10/19(水) 23:49:37 ID:XRb3Pqtz
わけわからん
詩を書いちゃって
ごめんなさぃ

ワャッ

41 :ぴょ(‘θ'):2005/10/20(木) 02:20:39 ID:yblWOBPt
すれ違いばかりでお互いの心がわからなくなったあの日から、昔のように笑えなくなったのは私だけじゃないのにね。
自分勝手な私は君の気持ちを考えもせずに只傷付けてた…
なのに君は何も言わずに背中を向けて頷いてた。

いつからだろう
君の優しさを忘れたのは

何時何処で何を間違えたのかな?
今でもわからないけれど
けれどありがとう
優しさをありがとう



42 :ぴょ(‘θ':2005/10/20(木) 12:31:14 ID:yblWOBPt
よった虫がひらひらと
私のように
ここへ来
ソナタモ迷いし
は浪者か

つづく

43 :ぴょ(‘θ':2005/10/20(木) 12:42:38 ID:yblWOBPt
やっぱつづかなぃ

44 :ぴょ(‘θ'):2005/10/20(木) 12:43:25 ID:yblWOBPt
ケドやっぱつづく

45 :ぴょ(‘θ'):2005/10/20(木) 12:48:22 ID:yblWOBPt
ぁあ綺麗
貴方が居ない
世界でも
朝はこんなに
夜はこんなに

46 :越冬つばめ:2005/10/20(木) 17:09:55 ID:FWh0WwXP
ショットバ−

人のざわめき、靴音、重なるグラスの音
煙草の煙が漂い、人の動きがスロ−に見える
反響する音がくぐもって
チャ−リ−パ−カ−が水中で吹いているように聴こえる
気だるくてぼんやりした空間

窓から見える都会の夜空はちっとも暗くない
薄汚れた空気に車のライトが反射して流れる
電車の明かりがビルの隙間で切り取られ
映写が終わった時の空回りフィルムのよう
時おり聞こえるサイレン、街は眠らない

久しぶりに来てみた都会の隠れ家
いざ座ってみるとなんだか落ち着かない
グラスの縁に映り込んだグリ−ンの光を指でなぞる
あの子を呼ぼうかと思ったけれど、そんな気分にもなれなくて
ゆらめく意識の中、時間が過ぎる

氷が音をたてた時、
ソニ−クラークが聴きたいな、とふと思った
このワイルドタ−キ−を空けたら帰ろう

47 :名前はいらない:2005/10/20(木) 22:10:55 ID:60uGwESs
髪型を
変えたあなたに
二目惚れ

48 :ぴょ(‘θ'):2005/10/20(木) 22:39:54 ID:yblWOBPt
超笑顔
変わらぬ貴方に
三目惚れ


49 :ぴょ(‘θ'):2005/10/20(木) 22:41:17 ID:yblWOBPt
冷たいと
泳ぐ貴方が
好きでした
今はもぅ過去
貴方は居ない

50 :ぴょ(‘θ'):2005/10/20(木) 22:44:39 ID:yblWOBPt
ごめんネと
抱きつく君が
憎かった
なのに何故かな
離れられない

51 :名前はいらない:2005/10/20(木) 22:55:22 ID:BGHEM32o
自慰行為 ああ気持ちいい 自己陶酔

52 :名前はいらない:2005/10/20(木) 23:03:34 ID:BGHEM32o
 パーソ
  ↓
 パーソ
  ↓
  ↓
  ゚ーソ < 文字列を 半角にすると 顔みたい

53 :ぴょ(‘θ'):2005/10/20(木) 23:34:26 ID:yblWOBPt
貴方がいつも
大切そうに
棚の上に
そっと置くから
僕は貴方を
困らせたくて
ポッケの奥に
隠しちゃった

悲しませる
つもりなんて
なかったんだ
ほら、もぅ
泣かないで

貴方は涙声で
やっぱりって
笑うけど
僕は笑えないよ

大切なのは
一つだけ
どんなに待っても
一つだけ

なんだか
悲しくなってきて
こんどは僕が
泣いちゃった

心の指輪

54 :ぴょ(‘θ'):2005/10/21(金) 12:58:56 ID:r96B+/95
どの曲を聞いても
どの歌を見ても
貴方をだぶらせてしまいます

貴方は全てでした
貴方が全てでした



55 :ぴょ(‘θ'):2005/10/21(金) 13:03:12 ID:r96B+/95
だれだって
一人になりたい
ときはある

56 :名前はいらない:2005/10/21(金) 14:10:35 ID:tdsAy50O
え?なんか
悲しい詩を書いちゃった?
事態の早さに
ついていけない








57 :ぴょ(‘θ'):2005/10/21(金) 14:31:31 ID:r96B+/95

いいいんです
何も考えず
居てください

58 :ぴょ(‘θ'):2005/10/21(金) 14:34:41 ID:r96B+/95
大丈夫
ついてかなくとも
君は君

59 :名前はいらない:2005/10/21(金) 15:07:50 ID:tdsAy50O
ありがとう
でもなんか悲しくて
うまく言えない

最後のつもりで見にきたら
こんな言葉をかけられた
涙があふれてとまらない

60 :ぴょ(‘θ'):2005/10/21(金) 15:17:54 ID:r96B+/95
最後にしなくていぃとおもぅょ(o´艸`o)

61 :ぴょ(‘θ'):2005/10/21(金) 15:29:44 ID:r96B+/95
意地の張り合いはよくない

62 :名前はいらない:2005/10/21(金) 15:31:32 ID:tdsAy50O
ありがとう。
でもなにかが終わった感じがするの
だから辛くって

リアルタイムで話してくれてありがとう


63 :ぴょ(‘θ'):2005/10/21(金) 15:34:13 ID:r96B+/95
こちらこそ話せる相手いなくなっちゃったし(o´艸`o)

64 :名前はいらない:2005/10/21(金) 15:40:54 ID:tdsAy50O
気、つかってくれて
ほんとにありがとう

そろそろ行きますね

65 :ぴょ(‘θ'):2005/10/21(金) 15:45:00 ID:r96B+/95
とこいくの?
きらめく世界は
君のなか

66 :名前はいらない:2005/10/21(金) 15:51:44 ID:tdsAy50O
ぴょ(’θ・)さん
ありがとう

絵文字が変になっちゃってごめんなさい;
変換がヘタいですよね

きらめく世界は
遠くになりし
瞬間で
だからいつもの
煩悩の世へ

かな


67 :名前はいらない:2005/10/21(金) 16:03:47 ID:tdsAy50O
ぴょさんの(絵文字はなしで;)
おかげで最後はちょっと
悲しくなく去れます。

でもなかなか切れない
友だちとの電話みたいになっちゃってるから
このあと一言入れたらもう行きますね。






68 :名前はいらない:2005/10/21(金) 16:11:15 ID:tdsAy50O
突然の優しいことばに
救われて
涙をふいて
ここに筆おく

じゃあ

69 :ぴょ(‘θ':2005/10/21(金) 16:18:25 ID:r96B+/95
ありがとう
何もできなくて
ごめんなさぃ

70 :ぴょ(‘θ'):2005/10/21(金) 17:08:01 ID:r96B+/95
ょかったらまたきてくださいね。いつでもなんでも書き込んでください(o´艸`o)

71 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/10/21(金) 17:51:44 ID:TWdHkPtE
レジスターというのは、レジです

72 :銀遊 ◆dcTR..a8a. :2005/10/21(金) 18:48:07 ID:a4qkv0XN

朝起きて
 まずやることは
  2ちゃんねる


73 :銀遊 ◆dcTR..a8a. :2005/10/21(金) 19:34:27 ID:a4qkv0XN

2ちゃんねる
カキコに疲れ
zzzzz


74 :ぴょ(‘θ'):2005/10/21(金) 21:10:08 ID:r96B+/95
愛してる
その一言が
言えぬまま

75 :ぴょ(‘θ'):2005/10/21(金) 23:35:57 ID:r96B+/95
肌を刺す
冷たい空気に
君探す

76 :名前はいらない:2005/10/22(土) 00:17:49 ID:h+P8snO6
あかね空
晩の肴に
いわし雲

77 :名前はいらない:2005/10/23(日) 01:46:27 ID:tWOIkV45
かまぼこ改
君の姿はみえないけれど
僕の背中に感じるよ
弾む身体 に白い肌
ピンクのすてきなワンピース

78 :ぴょ(‘θ'):2005/10/23(日) 21:27:33 ID:eM8Q0Fim
なんでかな
すべてが君へ
繋がって
君の温もりが蘇る
寝ても覚めても
もぅ
君は居ないのにね

79 :ぴょ(‘θ'):2005/10/23(日) 23:07:45 ID:eM8Q0Fim
おはようと目を擦る貴方が好きでした
行ってきますとキスをする貴方の後ろ姿が恋しくて、休み時間の度に電話をしてくれる貴方が可愛くて、ただいまと抱きつく貴方が好きでした
ご飯まだ?と嬉しそうに尋ねる貴方が愛らしくて、美味しいと微笑む貴方が好きでした
たまに食器を洗ってくれる貴方の気遣いが嬉しくて、二人抱き合って
テレビを見ながらお菓子のゴミを渡してくる貴方が好きでした
おやすみとキスをして頭を撫でてという手が大きくて愛しかった

そんな毎日のなか、同じ時を重ねる内に、ただ抱き合って居られる事が幸せだという事を私は忘れてしまいました。
なくして気が付いた
まさにそのとうりです。
自分の手で、貴方という幸せを手放して起きながら、あの色鮮やかな日々を振り返らずには居られない、愚かな私を笑いますか?
それでも構いません。どうか笑ってください、どうか忘れないでください

どうか元気で居てください
突き放すという優しさを知らない貴方を今でも嫌いになれなくて
目蓋に貴方を描きます



80 :名前はいらない:2005/10/23(日) 23:23:57 ID:ye7vLb93

510 名前:名前はいらない 投稿日:2005/10/08(土) 01:12 ID:rwn4EZsV
消える失うそれこそ大切。普遍は価値なく、光と闇は今と未来。
華は枯れるからこそ輝ける。枯れない花なら味気ない。
何かが大切であったと知る時に、君は初めて大切なものを手にする。


81 :名前はいらない:2005/10/24(月) 02:10:46 ID:cGolIc2y
思い出に固執しても、何も得られない。
気がつけば多くの出会いと美しい肌を失う。
いつか君は、機会と若さを失ったことを後悔する。

サミエルウルマンは青春とは心の様相だといったが
青春は時間と共に浪費していくものだ。
大切なのは前を向く思考だ。


82 :ぴょ(‘θ'):2005/10/24(月) 05:26:50 ID:GfZ+CjQW
どうしても
今はそれが
出来ないの

83 :名前はいらない:2005/10/25(火) 01:13:26 ID:nYWL8Oxb
君と出会った時に俺は心に誓った。君を好きにならない
君の好意は背負うには重過ぎる 君のまっすぐな思いは痛すぎる

理性と欲望、稼動と成果を天秤に掛けて生きてきた俺は
己の怯懦を恥じる日々に嫌気がさした

だから俺は君を壊そう

君の心が透明な湖なら、エゴと欲望を流し込み濁らよう
君の日常がが静かな海なら、空から星を堕として荒波をたてよう
君の想いが美しい空なら、太陽を隠して闇に導こう

俺が傷つける君。それでも、自分が幸せだと思っている君。
君の好意はあまりにも嬉しくて、君の思いがあまりにも怖い

だから、この幕を引くんだ。

84 :ぴょ(‘θ'):2005/10/25(火) 02:53:30 ID:Eu1GN0yJ
冷たい橋のした
眠る小さな君
昨日どこにいたの
明日は何処へ行くの?
君は暖かな手の温もりも
いいようのない孤独も
自分の意志で
大切に持っているから
僕には君が
とても強く見える

頭を軽く撫でて
今日はこれでさよなら
また来るから
君もたまには
気が向いたら
僕に会いにきてね
いつでも君用の
ご馳走を用意してるから



猫の詞だけど本気で落ちがなぃ(・Д・)もぅダメポ

85 :ぴょ(‘θ'):2005/10/25(火) 15:16:21 ID:Eu1GN0yJ
当たり前に
なるって恐い
煙草を吸いながら
ふと思い出して
何故か漠然と
そう思った

86 :ぴょ(‘θ'):2005/10/25(火) 23:04:59 ID:Eu1GN0yJ
ふとした瞬間に
私の思考は
あの日に戻ってしまいます
そして次の瞬間には
現実に戻されます

至る所で耳にする有線は、まだ真新しい記憶を呼び戻し涙を誘います

朝目覚めると貴方を探し
夜目を閉じて貴方を浮かべ
もぅ夢のなかでさえ叶わない
別人の様な笑顔



87 :ぴょ(‘θ'):2005/10/26(水) 20:36:54 ID:CvyNrnuC
幸せな詩が書けなくなった…

88 :名前はいらない:2005/10/26(水) 23:13:54 ID:cApGhjh/
君が幸せな詩を書けないのではなく
君に幸せが欠けてるんだよ

君の欠けた一部は何処へ行ったけど
君達が描いた幸せは今も君の胸に

いまだ視ぬ幸せを描くより、明日を明後日描こう
楽しく、艶かしく、歯痒く、彩られた明日を

89 :ぴょ(‘θ'):2005/10/26(水) 23:53:30 ID:CvyNrnuC
うん、自分でもわかってた。少し前までは今こんな詩を書いてるのが嘘みたいに幸せで幸せで…。
まぁおもいつた詩を綴ります(・∀・)

90 :名前はいらない:2005/10/27(木) 00:10:59 ID:BffvQVms
いつでも
愛を
ささげ
いつでも
愛で
応える

91 :ぴょ(‘θ'):2005/10/27(木) 15:41:49 ID:C7xYvz78
雪化粧
白銀映える
旅の宿
約束何処へ
一人眺める

92 :ぴょ(‘θ'):2005/10/27(木) 22:57:14 ID:C7xYvz78
貴方がいなくても
こうして夜は
あけるのに
僕の心は
曇り空のまま


93 :ぴょ(‘θ'):2005/10/28(金) 16:36:57 ID:pMx/MIv7
『携帯』

何でかな
今までいつも
出してたのに
最近ずっと
音を消してる


94 :ぴょ(‘θ'):2005/10/28(金) 17:32:32 ID:pMx/MIv7
初めての
目線かわして
恋に落ち

95 :名前はいらない:2005/10/28(金) 18:10:39 ID:R7vgAwT5
それからは
夢かリアルか
分からん日々で

96 :ぴょ(‘θ'):2005/10/28(金) 19:04:19 ID:pMx/MIv7
寒い朝
少し早く
家を出て
今日もこの場所
小さな幸せ

97 :名前はいらない:2005/10/28(金) 19:06:45 ID:R7vgAwT5
早起きは
三文得する
ホントだね

98 :ぴょ(‘θ'):2005/10/28(金) 20:54:14 ID:pMx/MIv7
三文じゃ
十年たっても
……・゚・(Pд`q。)・゚・

99 :ぴょ(‘θ'):2005/10/28(金) 20:55:49 ID:pMx/MIv7
きっと貴方は
本当の私をしったら
離れていくでしょう
だからもう少しだけ
嘘つきでいさせて下さい

100 :グイポン ◆NupQJpV4mg :2005/10/28(金) 21:30:04 ID:e8WdyKdo
!!!100

101 :ぴょ(‘θ'):2005/10/28(金) 22:06:38 ID:pMx/MIv7
あの人はあの子で
あの子の彼は私で
変だね、変だね
これじゃぁ一方通行だね


102 :ぴょ(‘θ'):2005/10/28(金) 23:08:42 ID:pMx/MIv7
歯が痛い
おっきなあなが
あいちゃった

・゚・(Pд`q。)・゚・

103 :ぴょ(‘θ'):2005/10/29(土) 04:48:00 ID:oJ3R8Oc4
久しぶり
変わった君が
可笑しくて
昔のように
笑えなかった

104 :ぴょ(‘θ'):2005/10/29(土) 12:27:38 ID:oJ3R8Oc4
もぅ既に
何もかもが
見えすぎて
貴方が見えなく
なっていた


105 :ぴょ(‘θ'):2005/10/29(土) 18:07:58 ID:oJ3R8Oc4
今その手に
大切なものがある
そして目の前には
金庫がある
その金庫は
一度入れると
失うことはないけれど
もぅ手にとって
眺める事は出来ない
金庫に入れなければ
いつも傍に置いて
触れる事ができる
けれどいつか
失ってしまうかも
しれない

貴方ならどちらを選ぶ?



106 :ぴょ(‘θ'):2005/10/29(土) 20:40:18 ID:oJ3R8Oc4
『林檎と水飴』

なだらかに
流れていった時
眩しい日差しに
眼を閉じて
目蓋に映る残像
木陰は風を迎えて
風は葉を揺らし
季節を伝える

雨と陽に唆された
若い芽は
少しづつ
ゆっくりと
蜜を蓄える

幾つもの夜風に語り
僕はただその時を待つ

いつか見た
君の裸足のままの笑顔
手には水飴
軽やかに駆け抜けて
消えてゆく残りが
今日は
あの時と同じ
香がする
柔らかな林檎の香



107 :ぴょ(‘θ'):2005/10/29(土) 20:53:47 ID:oJ3R8Oc4
『林檎と水飴』

なだらかに
流れていった時
眩しい日差しに
眼を閉じて
目蓋に映る残像
木陰は風を迎えて
風は葉を揺らし
季節を伝える

雨と陽に唆された
若い芽は
少しづつ
ゆっくりと
蜜を蓄える

幾つもの夜風に語り
僕はただその時を待つ

いつか見た
君の裸足のままの笑顔
手には水飴
軽やかに駆け抜けて
消えてゆく残り香
今日は
あの時と同じ
香りがする
柔らかな林檎の香り



108 :ぴょ(‘θ'):2005/10/30(日) 14:00:36 ID:CB1O6AVb
からっぽな
見上げた空は
心みたい

109 :名前はいらない:2005/10/30(日) 14:01:46 ID:HnInlBx1
http://plaza.rakuten.co.jp/discoveryself/
ポエムと写真載せてます♪

110 :ぴょ(‘θ'):2005/10/30(日) 17:05:16 ID:CB1O6AVb
私の記憶は
どうしても
貴方が色褪せてゆくのを
止められない

どんなに貴方を
想って居ても
いつか忘れていく様で
怖い
その手の温もりを
その腕の中の心地よさを
いつか忘れて
しまいそうで



111 :名前はいらない:2005/10/30(日) 17:13:55 ID:y/Auhx1P
急に日差しが強くなる

アスファルトには私の影

日が陰ると同時に私の影も薄くなっていく

まるでアスファルトに溶け込むように


112 :名前はいらない:2005/10/30(日) 17:20:44 ID:K5ufFQ9x
あなたの好きな音楽
あなたの好きな映画
あなたの好きな本

みんな
つまらない
あなたの好きなもの
好きになりたいわけじゃない

僕の気持ち
わかってくれてもいいじゃない
僕の下心
みとめてくれよ

113 :ぴょ(‘θ'):2005/10/30(日) 18:26:16 ID:CB1O6AVb

これ以上無いくらい
汚してほしかった
貴方と同じくらい

なのに答えては
くれないかったね

臆病なのは
お互い様で
貴方を知ってしまった
この世界は
怖いものだらけだよ



114 :ぴょ(‘θ'):2005/10/30(日) 23:49:26 ID:CB1O6AVb
ひらひらと
泳ぐ貴方の
愛らしさ


115 :ぴょ(‘θ'):2005/10/31(月) 00:35:09 ID:TdcquxEd
何時ものように
ベランダで揺れては消える
煙を見つめ
もぅ届かない貴方を想う

夜空を見上げたら
いつか貰った
貴方の言葉を思い出した
他愛無い言葉
何気ない会話
どれも大切な言葉だった

確かに在った筈なのに
状況の変化に
ついていけずに
今ではまるで
夢でも見てたかのよう

けれど夢じゃない

出会った事も
別れた事も
傷付けられた事も
傷付けてしまった事も
全て過去で現実

今何してる?
いまとなってはもぅ
確かめられないけれど

…私はまだ
貴方を想って泣けるんだ

116 :名前はいらない:2005/10/31(月) 00:38:46 ID:HExxX1LS
聞き古した
カセットテープから
流れる
音楽みたいに
とれない
キミの声

117 :名前はいらない:2005/10/31(月) 01:02:44 ID:HExxX1LS
ぴょ(‘θ') ちゃんの
俳句楽しく
読んでます

(これからもたくさん書いてください)

118 :ぴょ(‘θ'):2005/10/31(月) 01:11:40 ID:TdcquxEd
ぁりがとうございます(´∀`*)かなり嬉しぃです(o´艸`o)ってか意味不明だし、暗いのばっかで御免なさいネ(ノдヽ)

119 :ぴょ(‘θ'):2005/10/31(月) 21:23:46 ID:TdcquxEd
貴方は
何時しか忘れてしまった
愛の言葉を
私に囁いて
思い出させてくれる

もぅ何も要らないとさえ
思うほどに……

けれどひどく
傷付けられた筈なのに
あの人の面影を
かさねてしまう

本当に私は馬鹿ね



120 :未明:2005/10/31(月) 21:25:22 ID:6XIdIzYl
次のお方、折句など如何でせう?

121 :ぴょ(‘θ'):2005/10/31(月) 22:25:16 ID:TdcquxEd
折句??ヽ(・Д・)ノ

122 :ぴょ(‘θ'):2005/10/31(月) 23:11:14 ID:TdcquxEd
華やかな
笑顔と飾りに
包まれた
君のはかない
綺麗な涙

123 :雑草:2005/10/31(月) 23:17:10 ID:Z94G0yyT
寂しいと
言う相手も無く
足は冷え


ぴょ(‘θ')さんのファンです。これからも頑張って下さい_(._.)_

124 :ぴょ(‘θ'):2005/11/01(火) 00:17:32 ID:kfjQnJqu
雑草さん>>
ありがとう
こんな拙い
文章で
どれだけ貴方に
伝えられるだろ
それでもめげずに
頑張ります(・∀・)

125 :ぴょ(‘θ'):2005/11/01(火) 02:46:53 ID:kfjQnJqu
くるくる回る蒼い空
眩暈を起しそうな光
淡い風の中、浮かんでは消える愛しい人
これは夢?
一人にしないで

頭のなか、水音

貴方誰?
懐かしいけれど
とても遠いような

貴方誰?
ここはとても
冷たいけれど

貴方誰?
貴方も私を
一人にするの?

冷たい水の中
とても届きそうに
ないけれど

貴方は……‥私?

『‥…声がする』


ねぇもしも私が、もしも貴方が
あの湖に居なかったら、この子は居なかったんだね

126 :ぴょ(‘θ'):2005/11/02(水) 00:00:08 ID:NCY8ecCJ
懐かしい
貴方の仕草に
ためらって
何も言わずに
うつむく私

127 :わけあり:2005/11/02(水) 00:08:47 ID:emsd1fRz
クリスマス
恋人達が集う夜

一人ぼっちで
夜空見上げる

128 :ぴょ(‘θ'):2005/11/02(水) 04:28:07 ID:NCY8ecCJ
喧嘩して
ぉ互いに謝罪メールを
待って携帯片手に
眠った夜
たしかあの時も
こうして
宇多田の歌を
聴いてたっけ

毎朝君は私より
早く目覚めるから
私が目覚めると
いつもメールが来てて
まぁそれだけなんだけど
それだけでも
嬉しかったな

もぅ喧嘩も
出来ないなんて

私は涙が乾きそうにないよ

もぅ君と
あんな風に
幸せを抱き合う事も
出来ないなんて



129 :ぴょ(‘θ'):2005/11/02(水) 18:20:07 ID:NCY8ecCJ
今日も星が
見えないね
昔はよく
あの小さな
部屋の窓から
沢山の星を
眺めてたのに
都会の夜は
思ったより寒いよ

何のために
ここへ来たのか
解らなくなっている
僕が道に迷ったとき
必ず手を
差し伸べてくれた
貴方はもぅ居ないのに
僕は相変わらずだよ

でも決めたんだ
こんな僕でも
いつかの貴方の様に
力強く誰かの
光になれるようにって

だから今は独りぼっちでも
自分の足で頑張るよ



130 :ぴょ(‘θ'):2005/11/02(水) 18:29:13 ID:NCY8ecCJ
風景が浮かぶような
雨音が聞こえるような
切なくなくなる様な
陽の暖かさに
思わず微笑むような
ふと思い出すような
そんな詩が
いつか書きたい


なんか変だなヽ(・Д・)ノ

131 :ぴょ(‘θ'):2005/11/02(水) 19:18:24 ID:NCY8ecCJ
金が無ければ育たない
愛が無ければ生まれない
当たり前のこと

金が大事
愛が大事
何故問う必要が?
どちらも当たり前の事

例えば
゙私と仕事どっちが大事?"

君は自分が大事なの?
君が大事だからこそ
仕事が大事
君と暮らすために
毎日仕事に行く
本当はわかってるくせに




132 :名前はいらない:2005/11/02(水) 19:25:36 ID:V+qrSucT
俺はこれでも俳句良いねって女に言われたから多少才能有るはず、俳句と言うよ
りは短歌に近いけどね(笑)
例・恋時雨、あなたの心に降らせよう!(秋用) 秋桜が、咲いた頃には俺心
も満開さ!(季節によって花は変更可)波の揺れに、僕の心も揺れている!(こ
れは好きになり始め用)

133 :わけあり:2005/11/02(水) 22:06:47 ID:emsd1fRz
秋風に
季節外れの
雪が舞う

寂しき心に
凍みる冷たさ

134 :ぴょ(‘θ'):2005/11/02(水) 22:23:51 ID:NCY8ecCJ
わけありさん>>いぃですね(o´艸`o)季節はずれとか好きです(´∀`*)

135 :わけあり:2005/11/02(水) 23:43:03 ID:emsd1fRz
どもです(´・ω・`)

136 :わけあり:2005/11/02(水) 23:50:17 ID:emsd1fRz
あの人と
共にすごした
三ヶ月

一晩だけの
夢物語

137 :夜王:2005/11/03(木) 00:19:21 ID:csfUKFAl
愛を求めたら愛を感じなくなる
愛を求めないようにしたら愛が消えました

138 :夜王:2005/11/03(木) 00:22:44 ID:csfUKFAl
すれ違う
女(ひと)の香水(匂い)に君思いだす


139 :夜王:2005/11/03(木) 00:24:19 ID:csfUKFAl
寂しくて
冬夜の匂いに
ふと立ち止まる…

140 :夜王:2005/11/03(木) 00:29:28 ID:csfUKFAl
街角で
流れる歌に時止まり…

141 :夜王:2005/11/03(木) 00:34:31 ID:csfUKFAl
街角で
ふいに再会冬の道
「綺麗になった…」の言葉飲み込む

142 :夜王:2005/11/03(木) 00:38:27 ID:csfUKFAl
君を離さないという気持ちより、君が離れないようにという努力が必要なのかな

143 :夜王:2005/11/03(木) 00:43:14 ID:csfUKFAl
店終わり
社会の波に逆らって
辿り着いた
早朝の自宅
死に眠る

144 :夜王:2005/11/03(木) 00:47:23 ID:csfUKFAl
好きだと言う言葉より好きだという気持ちが好き

145 :夜王:2005/11/03(木) 00:48:55 ID:csfUKFAl
最後に…
スレ主さん、いきなり登場して乱文で汚してしまい申し訳ありませんでしたぁ

146 :わけあり:2005/11/03(木) 00:56:10 ID:nLdbHcix
努力しろと
幾度幾度と言われても

そんな才能
オレにはないよ…

147 :わけあり:2005/11/03(木) 01:06:43 ID:nLdbHcix
忍者とは
耐え忍ぶ者

それならば

リストラされりゃ
忍者になれる

148 :ぴょ(‘θ'):2005/11/03(木) 01:07:14 ID:a7D2kCqM
夜王さんそんな他人行儀にしなぃで下さいよ(o´艸`o)


149 :夜王:2005/11/03(木) 01:12:47 ID:csfUKFAl
ぴょさん、お久しぶりです!お言葉に甘えてお邪魔した挙げ句にスレ汚してしまいマヂすいませんですw

150 :ぴょ(‘θ'):2005/11/03(木) 01:19:46 ID:a7D2kCqM
いえいえ、そんな丁寧になられてもかえす言葉が見つかりません。

151 :夜王:2005/11/03(木) 01:24:25 ID:csfUKFAl
お言葉に甘えて今までどーりでいくね〜w
もう少し書かせてもらいまっすw

152 :夜王:2005/11/03(木) 01:26:19 ID:csfUKFAl
強がって
後で一人で
後悔の波

153 :夜王:2005/11/03(木) 01:29:02 ID:csfUKFAl
冬の匂いに誘われて
君を想いに深夜の公園

154 :夜王:2005/11/03(木) 01:30:43 ID:csfUKFAl
あなたは本当の恋愛を教えてくれました、今度はあなたを忘れる方法を教えてください…

155 :夜王:2005/11/03(木) 01:33:13 ID:csfUKFAl
一緒にいれる幸せと別れてしまう寂しさに翻弄されながら流されていく自分が悲しい

156 :ぴょ(‘θ'):2005/11/03(木) 01:34:56 ID:a7D2kCqM
わけありさん>>なんかほんとにわけありって感じですけど頑張って下さいネ(´∀`*)

157 :夜王:2005/11/03(木) 01:35:48 ID:csfUKFAl
あなたが僕の事を一番よく理解していてくれたんだと失ってから知りました…

158 :わけあり:2005/11/03(木) 01:36:33 ID:nLdbHcix
あんがとです(´・ω・`)

159 :夜王:2005/11/03(木) 01:39:54 ID:csfUKFAl
「好き」の上に「大」という文字を足したヒトはたくさんいましたが、「本当に」という文字を足して伝えたのはアナタだけでした…

160 :夜王:2005/11/03(木) 01:43:06 ID:csfUKFAl
わけありさん
はじめまして、がんばってください

161 :わけあり:2005/11/03(木) 01:44:31 ID:nLdbHcix
ととてれの
管理人さん
うん○まん
訳も言わずに
アク禁するよ

162 :わけあり:2005/11/03(木) 01:45:21 ID:nLdbHcix
がんばりもっす(´・ω・`)

163 :夜王:2005/11/03(木) 01:47:50 ID:csfUKFAl
もう迷いはありません、ただアナタを幸せにする事に全力を尽くします

164 :わけあり:2005/11/03(木) 01:49:58 ID:nLdbHcix
何気に短歌は含まれてなかった。ま、見逃してくれや(´・ω・`)

165 :ぴょ(‘θ'):2005/11/03(木) 03:06:17 ID:a7D2kCqM
見逃すょ(o´艸`o)

166 :ぴょ(‘θ'):2005/11/03(木) 03:11:05 ID:a7D2kCqM
わけありさん、ととてれってなんですか?(´∀`*)

167 :ぴょ(‘θ'):2005/11/03(木) 03:12:44 ID:a7D2kCqM
夜王さん>>私も全力尽くされてみたぃですょ(o´艸`o)

168 :夜王:2005/11/03(木) 03:19:43 ID:csfUKFAl
かならず尽くされますよ☆貴女にはその資格があります☆

169 :ぴょ(‘θ'):2005/11/03(木) 03:30:03 ID:a7D2kCqM
ぢゃー全力尽くして下さいネ?WW(o´艸`o)WW

170 :夜王:2005/11/03(木) 04:23:48 ID:csfUKFAl
がんがりますww

171 :ぴょ(‘θ'):2005/11/03(木) 12:40:05 ID:a7D2kCqM
レコードは
傷に針を当てて
音を奏でるんだね


何処かで見た一文だけど、なんか好きなので書きました(o´艸`o)

172 :名前はいらない:2005/11/03(木) 15:47:44 ID:BfEio8b/
二人のり
仲むつまじき
ちどりあし

173 :わけあり:2005/11/03(木) 16:15:59 ID:nLdbHcix
家に着き
熱いコーヒー
飲みながら
2ちゃん閲覧
サビシイオトコ


おれのことだす(´・ω・`)

174 :夜王:2005/11/03(木) 16:54:46 ID:csfUKFAl
不機嫌な君は僕に八つ当り
怒り疲れて寄り添い眠る

175 :ぴょ(‘θ'):2005/11/03(木) 19:21:39 ID:a7D2kCqM
さみしいよ
なんて言えずに
柚子小町

176 :名前はいらない:2005/11/03(木) 19:39:24 ID:msNMiX1T
柚子小町
上がってすっかり
桃色素肌

177 :わけあり:2005/11/03(木) 20:28:02 ID:nLdbHcix
帰り道
近くの川で
散歩する
聞こえてくるのは
ひったくり注意!



今、バイト帰りにコーヒー飲みながら散歩してるんよ(´・ω・`)
で、最近ひったくりが多発してるもんだから注意しろっていいながら回る車があるんだす。

うるせ(゚д゚;)ゴルァ

178 :名前はいらない:2005/11/03(木) 21:00:19 ID:3cyrcugF
「恋して詩を書こう」

詩が欲しいなら
恋をしよう
精一杯背伸びした
片思いがいい

詩が欲しいなら
恋をしよう
二人で暖めた
思い出がいい

詩が欲しいなら
失恋しよう
思いをブツケテ
傷つくといい

そしてまた
恋をしよう
恋して詩を書こう

179 :ぴょ(‘θ'):2005/11/03(木) 21:45:00 ID:a7D2kCqM
陽も低く
柔らかな風
囁いて
七色に揺れる
秋桜


わけありさん>私のすんでる愛知もひったくりすごいらしくてニュースしてたヽ(・Д・)ノ でもそんな車ぁるんだね(o´艸`o)

180 :わけあり:2005/11/03(木) 22:24:00 ID:nLdbHcix
うまかった
今日の夕飯
おでんでお
やっぱ寒い日は
おでんでお



ぴゅサン>名古屋はすごいらしいっすね(´・ω・`)ニュースでよくやってるし。
まったく物騒な世の中になったもんだ(笑)

181 :夜王:2005/11/03(木) 23:23:37 ID:csfUKFAl
「さよなら」の一言なかなかいえなくて
今日も一人で違う人想ふ…

182 :夜王:2005/11/04(金) 02:49:27 ID:lmWWLJqt
つれづれなるままにときを共有し、つれづれなるままに明日を想ふ…

183 :ぴょ(‘θ'):2005/11/04(金) 16:06:00 ID:g+ew7yyf
姫BIG
目押しもせずに
踊ってたWW


わけありさん>ぉでん美味しいですよね(・∀・)私は大根と近着と牛筋が好きです(o´艸`o)

184 :わけあり:2005/11/04(金) 16:57:52 ID:pUDEmkDA
3時から
今まで昼寝
長すぎか?



ぴょ>卵と玉子好き(´・ω・`)
姫ってスロットかい?(笑)

185 :ぴょ(‘θ'):2005/11/04(金) 17:18:43 ID:g+ew7yyf
いつからだろう
人込みの
中でも貴方は
すぐに見つけられるよ


わけありさん>スロットですょ(o´艸`o)

186 :スナフ ◆umFCxuqAhk :2005/11/04(金) 18:12:38 ID:cUi3NsdD
夜王の 紹介で来た スナフです

187 :スナフ ◆umFCxuqAhk :2005/11/04(金) 18:14:47 ID:cUi3NsdD
巡りくる 喜怒哀楽と 春夏秋冬

188 :スナフ ◆umFCxuqAhk :2005/11/04(金) 18:15:57 ID:cUi3NsdD
強さとは 弱さを隠す ことなのか

189 :スナフ ◆umFCxuqAhk :2005/11/04(金) 18:18:23 ID:cUi3NsdD
悲しみは 次の喜び への一歩

190 :スナフ ◆umFCxuqAhk :2005/11/04(金) 18:19:49 ID:cUi3NsdD
またきます よろしければ またきます

191 :夜王:2005/11/04(金) 20:01:47 ID:lmWWLJqt
いつも一緒にいる事を夢見て愛を知った。
いつも一緒にいれる事を実感して現実を知った

192 :夜王 ◆PN6R79L8/c :2005/11/04(金) 20:42:53 ID:lmWWLJqt
隣にいても遠い貴女に心込めずに愛を囁く

193 :ぴょ(‘θ'):2005/11/05(土) 14:06:08 ID:l8Ywq6NC
不思議な人だった
悲しい歌を優しく歌って
幸せな歌を寂しそうに
呟く人だった
何故だか今なら
わかる気がする


スナフさん>またいつでも来てください(o´艸`o)

194 :ぴょ(‘θ'):2005/11/05(土) 16:48:30 ID:l8Ywq6NC
あの人の夢を見た
もう何年も前の恋人で
思い出すような事も
ないけれど
好きで好きで
しょうがなかった人
夢の中でも相変わらず
性格悪そうに笑ってた
嗚呼、でもやっぱり
好きだったな
って、寝ぼけながら
思ったよ
今のこの気持ちも
時間が経てば
いい思い出になるんだろなぁ…って
ちょっと哀しくなったよ



195 :ぴょ(‘θ'):2005/11/05(土) 20:34:48 ID:l8Ywq6NC
貴方は私の
何を見ているの?
私はそんな
大それたもの
持ってはいないのに
貴方に与えられる
ものなんて
何一つ持っていないの



196 :名前はいらない:2005/11/05(土) 21:26:53 ID:Yqy2WZS+
汚れた壁に囲まれた低い天井が息苦しくて 窓に映る自分は此処にいない

いつもの声を聞いて「また始まった」と机の下に隠れた
目を閉じた 耳を塞いだ でも 刃物の輝きは瞼を切り裂く
食器が割れて 机が倒れて 僕は此処からいなくなった
僕はいなくなったら とても楽 なのに涙がでて 窓の外が滲んだ

向かいの窓から いつものあの娘が僕をみてる
どっかの親父に身体を差し出し 異物を宿して 捨てられて
幸せと言い聞かせながら 夕方5時には 重い身体を起こして
品定めをされに行く

子供の頃 大人になったら 結婚する ままごとをしたあの娘は
血がでるくらい エロイ男と付き合って おかしな歩き方をする
目いっぱいに湛えた涙ごしに 赤い膝を赤い腕で抱える黒い僕をみて
まだ 幸せと思っていたんだろうな

世の中の不幸が色恋だけで 詩えるならどんなに 幸せなことか
此処からいなくなっただけで 幸せだと思えた僕には 人の温かさが怖すぎる

197 :ぴょ(‘θ'):2005/11/05(土) 21:44:46 ID:l8Ywq6NC
↑いいですね(・∀・)なんか共感できる部分があってすきです(o´艸`o)

198 :名前はいらない:2005/11/05(土) 22:08:55 ID:Yqy2WZS+
>>197
ありがとう 読んでくれて

199 :ぴょ(‘θ'):2005/11/05(土) 22:38:38 ID:l8Ywq6NC
あんなに簡単に
貴方に手が届いて
その口から
貴方の言葉を
耳で聞いていたのが
まるで夢のよう

貴方はもぅ
記憶の中にしか居ない

二人抱き合って
伝えあった言葉は
嘘になってしまったけど
抱き合った温もりは
本物で
伝えあった気持ちも
本物で
同じ時を過ごせただけで
幸せだった筈なのに
なのに何故
私の頬は乾かないの…



200 :ぴょ(‘θ'):2005/11/05(土) 22:41:42 ID:l8Ywq6NC
198さん>いぇいぇ(´∀`*)ょかったらまた書いてくださいね(o´艸`o)

201 :ぴょ(‘θ'):2005/11/06(日) 00:55:21 ID:5OZkOWw7
あの夢の終わりに
貴方がくれた
繰り返す時の欠片を
私はまだ手放せずに居て
いまだあの場所から
動けないでいる




202 :http:2005/11/06(日) 03:10:24 ID:a3PsjvVw
願い事 お日様よりも お月様

203 :ぴょ(‘θ'):2005/11/06(日) 14:14:36 ID:5OZkOWw7
貴方に手を振れば
優しさよりも弾丸さ
その手を受け入れれば
切なさよりも傷跡

何もないより

何もない

204 :夜王 ◆PN6R79L8/c :2005/11/06(日) 17:58:51 ID:mBvDQJhK
僕が君といて手に入れたのはヒトを愛する気持ちと消えない傷痕

205 :スナフ ◆umFCxuqAhk :2005/11/06(日) 19:34:35 ID:6NExr6oV
秋の夜長と人は言うけど
胸のうちに
たまりにたまったこの想い
ふたりで語りつくすには
あまりにも短くて
あまりにも短くて・・・

秋の夜を 長しと言えど 積もりにし
恋をつくせば 短かりけり

206 :スナフ ◆umFCxuqAhk :2005/11/06(日) 19:44:08 ID:6NExr6oV
もう二度と恋なんかしたくないと
思っていたけれど
秋風が吹くこんな寒い夜だけは
あなたのことを
思い出します

もう二度と 恋ひじとすれど 秋風の
寒く吹く夜は 君しぞ想う

207 :わけあり:2005/11/06(日) 20:36:23 ID:EC/ErGDx
オレは今
とぼとぼ歩く
雨の中
なんだかとても
温かい気がする



なぜかわからんが寒いはずなのに、心も体もポカポカしてるんじゃ(´・ω・`)

208 :ぴょ(‘θ'):2005/11/06(日) 20:55:25 ID:5OZkOWw7
一人酒
また柚子小町
もう空くよ


わけありさん>いいなぁ−(・∀・)ぁたしは今日も一人酒Wぁる意味ぽかぽかWW

209 :わけあり:2005/11/06(日) 21:01:11 ID:EC/ErGDx
一人酒
一年したら
やるつもり
孤独が好きな
変な奴です



まだ未成年なんであんまり酒飲まず(´・ω・`)しかもかなり弱いっす(ー”ー;

210 :ぴょ(‘θ'):2005/11/07(月) 00:10:49 ID:1N1T9jFN
冷たいね
触れる指先
重なって
同じ温度に
交じる体温


わけありさん>私もお酒弱いし未成年です。失恋当初はよく母さんに飲めない酒飲むなって怒られましたよ(o´艸`o)

211 :わけあり:2005/11/07(月) 00:28:27 ID:zuUkTSm3
一番気持ち良いのは

寝そうで寝てないとき

こっくりさん(笑)



ひ゜ょ>大人の方だと思ってますた(´・ω・`)
失恋したことない(;_;)勇気がないから…

212 :名無し:2005/11/07(月) 01:50:45 ID:cZVD1QRI
生きているは苦しいけど
生きていくことは苦しくない

初めて思いついた詩?短歌?です(´・ω・`)

213 :R:2005/11/07(月) 03:42:48 ID:k4tcPbEn
とめどなく
流れる涙
そのままに
乾くまでだと
傍に居るキミ

214 :ぴょ(‘θ'):2005/11/07(月) 14:50:33 ID:1N1T9jFN
嘘で彩られた貴方を
愛してしまいました
嘘の貴方でも
私にとっては
それが全てで
それが貴方なのです
たとえ違う誰かの
違う貴方を
知ってしまっても


215 :名前はいらない:2005/11/07(月) 15:42:58 ID:ZtYtFpi2
30代 新人生と夭逝と

216 :ぴょ(‘θ'):2005/11/07(月) 19:51:23 ID:1N1T9jFN
電車に揺られ
何時も君に会うために
君とメールしながら
眺めた景色を
今また眺めているよ
何時も君に見送られ
心配性な君と
電話しながら
通った夜道を
今一人とおっているよ
あの着信音は
もう鳴らない
なんて淋しいんだろ
失恋って
こんなに淋しい
ものだった?
幸せすぎて
もぅずっと忘れてた




217 :わけあり:2005/11/07(月) 20:03:26 ID:zuUkTSm3
かたつむりは
とろとろ歩いていく

空に向かって歩いてく

雲の向こうの明るい
あの空に向かって歩いてく



私もあいつみたいに
あの空に向かって

ゆっくり歩いて行きたい



明日は晴れるかな

218 :ぴょ(‘θ'):2005/11/07(月) 22:37:26 ID:1N1T9jFN
体を支える足は
力なく折れて
壁をつたう背中
どうしてとしか
言えなくて
ただ膝を抱えた
痩せた腕は
自分でも
驚くほど冷たくて
また涙がでた

こんな事になっても
写真の中の貴方は
今でも変らず
微笑んでるよ

辛くて明かりも
つけれない
この部屋は
貴方の匂いが強すぎる

けれど私には
ここにしか
居場所がない

もぅ貴方が
訪れる事は無いのに



219 :196:2005/11/07(月) 23:45:33 ID:0Ka/eXo8
いつからだろ 嫌いになる前に 別れを切り出さなくなったのは
いつまでだろ 好きなうちに 綺麗な思い出にしてたのは
なんでだろ 泣ける程好きなのに 別れてたのは

涙と 時間の旅をして 僕は 無敵になった

もう 別れない もし 君を 好きじゃなくなったら 
本当に好きなら 言えないような言葉を 君に散りばめながら
好きな人に できないような行為を 君で試してみよう

涙と 時間の旅をして 僕は 機械の身体を手に入れた
改造人間は 涙を流したくても 流せない

嫌いになりたくなくて 君を置き去りにした僕を 僕は 置き去りにした

220 :ぴょ(‘θ'):2005/11/08(火) 21:29:34 ID:9bhDNl5O
インスタントなんて
食べたくない
レンジでチンも嫌
相次と顔を
合わせるくらいなら
食べない
だから帰らない
何もいらないから
どっかいってよ

母さんあいつの
なにがいいの?

なにを偉そうに
あぐらかいてんの
何も知らないくせに
だまれ学歴馬鹿




ちょっと荒れちゃった(o´艸`o)

221 :わけあり:2005/11/08(火) 22:12:48 ID:zWblfk7x
こんな社会で生きてゆくより

気の向くままに旅したい

222 :名前はいらない:2005/11/08(火) 22:20:08 ID:WVA1E4Ep
君に好きな人がいたら その人の大切な人を 好きになれるかい
好きになれるなら 好きになろうとするなら それが大人なのかもしれない

いつか 君が 大人になったら 好きになる必要は ないが 許してあげよう
優しさって 与えるにも 感じるにも 余裕が必要だろ

嫌なことも 余裕で 笑い飛ばせるなら きみは不幸をひとつ手放せるよ

223 :名前はいらない:2005/11/08(火) 23:19:42 ID:OP8vAp4X
友達なんていらねぇ
群れる蟲のように
五月蝿い 目障りだ

群れるものほど醜い物はない

だから俺は
群れを成さない

醜いものに
成り下らないために・・・

224 :ぴょ(‘θ'):2005/11/08(火) 23:58:47 ID:9bhDNl5O
群れることで
強くなったような
そんなのは嫌い

けど辛い時や
嬉しいときに
肩を寄せあう
暖かさは好き

私は一人でも歩ける
心寄り添う友が居るから



225 :ぴょ(‘θ'):2005/11/09(水) 02:49:45 ID:Ivajc+Us
冷めてる女だと思う?
こんなんなに好きなのに
悲しくないわけ
ないじゃない
でもね
貴方の前じゃ
泣けないよ
泣いてしまったら
貴方はこの手を
とってしまう

強がりだってわかってる

だけどやっぱり
泣けないよ



226 :名前はいらない:2005/11/09(水) 03:04:01 ID:Ndp4oDGH
人大杉
嗚呼人大杉
人大杉

227 :ぴょ(‘θ'):2005/11/09(水) 14:16:59 ID:Ivajc+Us
この噛み砕けない
思いを
どぅして
貴方に届けよう


228 :名前はいらない:2005/11/09(水) 21:54:27 ID:o5tRgivO
学生のころマックでアルバイトしてたときの事。
わたしはドライブスルー担当で、その日は日曜。
次から次へとやってくる客の対応に追われ、目の回る忙しさだった。
あまりの忙しさにあせってしまって、

「いらっしゃいませコンニチハ。マイクに向かってご注文をどうぞ!」

って言うとこを、

「いらっしゃいませコンニチハ。マイクに向かってコンニチハ!!」

全身から汗がふきでたよ。
モニターの向こうのドライバーも、
「こ、こんにちは…」 とか言ってるし…


229 :わけあり:2005/11/09(水) 23:32:44 ID:kP4fSqoZ
あせることはない
自分のペースで歩けば良い


どんなに辛い人生だろうと


ゆっくり進めば
いろんなものが見えてくるはずだ


そして
明日はやってくる

230 :ぴょ(‘θ'):2005/11/10(木) 00:27:12 ID:8MvgWZkX
228かなりぅけた(o´艸`o)

231 :ぴょ(‘θ'):2005/11/10(木) 03:24:25 ID:8MvgWZkX
『願い』

訪れてはいけなかった

深い森の小さな泉
畔に佇君は
小さな花瓶に
綺麗な水色の
ベタを入れて
抱き抱えている
澄んだ青空は
眩むように青くて
森は静かに
朝露を揺らして
とても綺麗な音がする

誰を待つのか
何を失ったのか
なぜ俯くのか

今日も君は
花瓶を大切そうに
抱き抱え
その躰に蔦を這わせる

やがて花は
咲くのだろうか



232 :ぴょ(‘θ'):2005/11/10(木) 14:07:15 ID:8MvgWZkX
少しの間
橋の上から見える景色
水面にちりばめられた
綺麗な光達が
月へと流れている

とても綺麗だから
今は
ハンドルを持つ
貴方のほうを
向けないわ


233 :名前はいらない:2005/11/10(木) 15:21:02 ID:/a33O/wM
========冂======================冂==================冂=======
   ノ ̄ ̄ ̄.ノ ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|
   ノ  ジ  ノ  ェ  .ノ  ン  | キ  ノ  ン  |  寿  |   .司. .|
  -─-─-' '-─-─'└─-─└-─--'└-──└-─--┘─-─--┘
      ,-――――――-.
      /           |
     /           |
     /             |
    l"ジェンキン寿司   l
   ,、_lー-―――――‐--、/l
   i ト、ミミ ,r‐- 、``'ニ=‐、.彡リ.
   ヾ,iハ゛.´ _,,、_  i.; _,. ` 彡'i)
    `、j,'  `゚''´:.ノ i::<・ゝ) .ハン       へいらっしゃい!!
     i,   ` ,、/ i_ `` ,r'
   ,r〃'i  ,r'ヽ、 _,〉  /.
   /i:ト、;;i,  ミ=_‐_-, 'i /ヽ__
r-‐'´i::::ハ;;ヾ、‐‐-、  ノ´/i:::'i`i‐- 、_
::i' .l:i 'i::::i ヾ;;`‐---‐'i':/ i、 'i::! i::::i `
:i' i:| !:::l _,r.、;;;;;,r''´ヽi. ll::i i::i l:::'i



234 :ぴょ(‘θ'):2005/11/12(土) 22:03:20 ID:ehtko1I3
携帯を
持つ指早く
車内では
静けさ漂い
うわの空


235 :名前はいらない:2005/11/12(土) 22:52:26 ID:lpZKtsm+
女の人はつよ〜いと思った
男の人もそうだけど
いつまで甘えて
いつまで・・・・・
ねぇいいの?

236 :196:2005/11/12(土) 23:47:30 ID:SqdhZabr
安い羽毛布団 買いました

あの煎餅布団は 君の香りといっしょに捨てました

少し前は あんな布団でも 毛布1枚+君がいるだけで

とても暖かくて 心地良かった

でも 君がいない 煎餅布団は 毛布を何枚増やしても 寒いです

だから 僕は 安い羽毛布団 買いました


今 僕は 身体があったかいけど 心が寒いです 

君は 寒いですか 貴方は寒いですか もし 寒いなら 羽毛布団を勧めます


・・・なんか、布団屋の広告みたいになっちった(´・ω・`)

237 :ぴょ(‘θ'):2005/11/15(火) 00:05:37 ID:361kzk2k
こたつにはいって
転寝していたら
君の夢を見ました

懐かしい声で
掛けてくる君は
とても無邪気に
僕の名前を呼ぶ

そんな暖かい夢だけど
目覚めたら
何処か淋しくて

やっぱり今日は
布団で寝よう



238 :夜王 ◆F2WKDN/ZVE :2005/11/15(火) 22:29:55 ID:SnygMG69
散々迷惑かけたり苦労かけたね
今、心入れ替えて誓う君を二度と離さないために
これからも君とづっと寄り添っていくために

239 :夜王 ◆F2WKDN/ZVE :2005/11/17(木) 12:54:23 ID:8W9K3dqR
ずっときっと君は過ちに気付いてるのさ
どこでもいつでも杜撰な俺に


240 :名前はいらない:2005/11/18(金) 22:24:31 ID:J8lxiJC4
あなたへの愛が
こんなに
こんなに大きくなってしまいました
うけとってはもらえないのですね
しゃあねえ
先着一名さま
どうぞ
お受け取りください



241 :ぴょ(‘θ'):2005/11/19(土) 22:56:02 ID:HVVb9hR7
いつまでも
見つめていたい
その瞳
世界がかわる
様な気がする


242 :長谷川櫂(長谷川隆喜):2005/11/19(土) 23:04:29 ID:u8gq/J+L
お前ら、これ以上ヘタクソな駄作ばかり作って恥をかき散らすなッ!!!





243 :名前はいらない:2005/11/20(日) 01:21:41 ID:qOnzJF8j
己が為
人を殺さば
穴二つ
人が為なら
いと尊きかな

244 :夜王 ◆ROMIO/TUuw :2005/11/20(日) 03:25:23 ID:/hyvky2i
ずっとそうだった
ただ君をかなしませる
ずっとそうだった
ただ君を失望させる
ずっとそうだった
ただ君に苦労かけるだけだった
ずっと君を愛していた

245 :名前はいらない:2005/11/20(日) 11:38:05 ID:V9Weqdg8
ぴょ(‘θ')ちゃんの
スレ読みながら
いい天気

246 :ぴょ(‘θ'):2005/11/20(日) 12:13:38 ID:l/pCFHEt
↑ぁりがとうございます(o´艸`o)駄目文でも頑張ります(・∀・)!

247 :腐れ外道 ◆Yrc5H4X6sM :2005/11/20(日) 12:15:06 ID:nSrs1oqe
「あかさたな」
愛する
命に
歌を捧げる
演技の
女。
 
顔は
狐色の
君。
仮病を
告白するんだ。
 
騒ぐだけの
収録。
素顔の君は
先頭にはいない。
僧侶のような
 
退屈な貴女が
小さく
作る
天然は
扉を開いてくれる。
 
何もかも
似てないから、
盗んでも
狙っても
悩殺なんてできやしないよ。

248 :ぴょ(‘θ'):2005/11/20(日) 12:20:05 ID:l/pCFHEt
242さん>>私だけならともかく『お前ら』は聞き捨てなりませんね、皆さん良い詩をかいてくれているしとり方は十人一色。宜しければ貴方も置き詩を

249 :夜王 ◆ROMIO/TUuw :2005/11/20(日) 19:03:15 ID:/hyvky2i
夜があけてしまうと終わりが待っている
このままコノ夜にしがみついて朝を迎えたくない…
何もかも自分が悪いんだ…何もかも終わってしまう…生まれて初めて思った、朝よこないで…
どんなに悩んでも、どんなに泣き叫んでもかならず朝はきちゃうんだよね…
さようなら…


250 :さんちゃん:2005/11/20(日) 22:51:42 ID:2IyAozEL

煌く星に照らされた蒼い夜

あなたを思い出す

会話もなく二人で見上げた空は

キラキラ輝きに満ちていた

今夜はとても切ない空

あなたがいない それだけで

251 ::2005/11/20(日) 23:01:40 ID:YjpJeube
自分で作った詩ではないですが、
皆さんにも知って欲しいので書きます。


後悔は何も生まないから
なるべく後悔はしません
後悔は何も生まないから
僕はそれを経験と呼びます

窪塚洋介さんの「流」から


252 :196:2005/11/21(月) 00:04:49 ID:Gaps9+1v
後ろ向きに 君を 抱きしめて
前向きに 君を 突き放した

振り返れば 君の横顔
あの日のままの 君の横顔

対岸を歩く君 美しい君 優しい君

重ねる季節が 僕を抉る 振り返れば美しい君

253 :スナフ ◆umFCxuqAhk :2005/11/21(月) 18:41:27 ID:kFzvArax
いつもこころにあおぞらを
あおぞらはかならず
あなたとつながっているから


254 :ちっち:2005/11/21(月) 19:03:03 ID:SQemxJC9
さよならよりも もっと 悲しいのは
いつか 他の人を 愛せることさ

〜矢沢永吉さんの歌より〜

255 :ぴょ(‘θ'):2005/11/22(火) 03:06:17 ID:Xj2KO+6g

幸せを運んでくれたのは
君だった
辛いときに
安らげる場所を
作ってくれていたのも
君だった
諦めそうになったとき
そっと支えてくれたのも
君だったのに
そんなことさえ忘れて
今じゃ作り笑顔が
街に飾られて
夢は叶ったはずなのに
虚しさでいっぱいだよ

街角で僕を見つめる君に
言葉すらかけられない
今更どんな顔をして
君に会えばいい?
君を棄てた僕が
こんな笑い方しか
出来なくなった僕が今更…
今更しか気付けなかった僕が…‥


256 :夜王 ◆ROMIO/TUuw :2005/11/23(水) 03:16:59 ID:AMfcFBkJ
ずっとこんな風に生きてきた。
これからもこんな風に生きていくんだろう。
そして後悔だけを残し僕は死んでゆく

257 :読み人知らず:2005/11/23(水) 18:18:53 ID:fWoSEF4P
やはりこの世界にはサヨが多いようです。アサヒ歌壇は論外として、地方紙にも反戦平和はお気に入りのようで^^;
そこで予告いたします。イラク派兵について某紙に投稿します。勿論架空の住所氏名ですw見事つりあがったらここで皆さんに報告します。楽しみにお待ちください。

258 :名前はいらない:2005/11/23(水) 18:49:53 ID:yqYeO71d
小夜
僕の恋しいひと
その名のように
君と出会ったのは
たった一度の夜
月よ、月よ
あの子の影を
大きく写しておくれ
小夜
追いかけることすら
かなわない
たった一度の


259 :銀遊詩人2nd ◆dcTR..a8a. :2005/11/23(水) 19:47:04 ID:6Aj6FvWH
「ゴールド」

腹八分めでバカを名乗るのなら
せめてお腹いっぱいで戦いたい
それは理不尽といふものではなく
逃げているという事でもない 
それはすべて

ゴールドの世界であるからだ

果てしなく そして 儚い 恋も 
すべて 何もかもをも包括してしまう

ゴールドの世界であるからだ


260 :ぴょ(‘θ'):2005/11/24(木) 03:47:46 ID:TuLJLIF7
貴方の背中を
見つめるのが
淋しくて
その腕を
とってしまった
友達とは名ばかりで
友情なんて
私にはすっかり
無くなってるよ



261 :ぴょ(‘θ'):2005/11/24(木) 16:56:59 ID:TuLJLIF7
何が好きなのか
本当にわからなくなった
これといって、
誰にでもあるような
優しいとか
ありきたりな色々。
でも別れてみたら
決定的なことに気付いた
当たり前な
ごく普通の
無くてはならないもの
そんな存在だったと
思い知らされた頃に
君はこの手紙を
書いていたなんて

やっぱり空気だったんだ

僕達にとって




262 :名前はいらない:2005/11/26(土) 18:27:46 ID:lkf7q5vj
ぴぴよぴよ
ぴぴよぴよぴよ
ぴぴよぴよ

頭から
いや尻からか
ひよこ饅頭

263 :ぴょ(‘θ'):2005/11/26(土) 19:44:31 ID:7f/AX3oF
ひょこ饅頭って可愛いよね(o´艸`o)

264 :ぴょ(‘θ'):2005/11/27(日) 04:52:25 ID:65mGc0Nx
星の下
月を眺めて
頬濡らし
眠れぬ夜に
貴方を想う



265 :名前はいらない:2005/11/27(日) 23:51:48 ID:4CFyLYNe
お願いします。ベスト3を選んでください。

■五七五 最後は必ず 「僕ニート 」
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1133075582/


266 :つき/凛ジ:2005/11/28(月) 00:50:27 ID:i9I93iuH
つきのうさぎの数は多分、二匹
寂しがりやだから、多分、二匹

つきのかぐやひめは今でも地球を眺めているよ
寂しがりやだから、今でも地球を眺めているよ

つきの光を浴びてボクは狼になるだろうよ
寂しがりやだから、誰も襲わないだろうね

267 :必要/凛ジ:2005/11/28(月) 15:17:40 ID:a23+C61Y
「好きだ」と言ったら「嘘だ」と言われた
「好きだ」と叫んだら「嘘よ」と言われた
「大好き」と呟いたら「嘘ね」と言われた

「   」何も言わずに抱きしめた僕

「   」何も言わずに身を預けてくれた君

268 :凛ジ:2005/11/30(水) 21:46:00 ID:WzC8eP4p
君に悲しい雨は降らない
僕が隣で傘を差してあげるから

お前に白い雪は降らない
俺がお前の色だから

いつかは消える
いつも傍に居るのに
君は僕/俺に気付いてくれないから


269 :名前はいらない:2005/12/03(土) 16:12:22 ID:uuMGD7Kt

長い髪
結わえた君が鍋回す
後れ毛の下滲む汗
西陽反射す台所



270 :ぴょ(‘θ'):2005/12/03(土) 16:13:37 ID:mgXfuojd
『着信』

知らない番号から聞こえる
懐かしい声
少しして浮かんだ顔は
昔すごく好きだった人

とても優しくて
でも
誰にでも優しくて
最後まで優しくて

傷付いて傷付いて
傷付いて諦めた人

ぁあきっと
今でも会えば
優しく触れて
くるんだろう

あの暖かい大きな手で



271 :ぴょ(‘θ'):2005/12/06(火) 00:44:08 ID:pYc5ujQi
何気なく開ぃた画像
『これは不幸画像です
三ヶ所に貼らないと
不幸になります
大切な物を
失いたくなかったら
  急いで・・・』
たった今
大切な物を失ったのに
これ以上何を?

閉じた携帯は
光を失って
熱を逃していった




272 : ◆rEUkPxQsCo :2005/12/08(木) 10:46:02 ID:uMNWllhf
「ライト」

黄色いライトの下で浮かんだ君が笑ってる
そっと見てるはずの僕の視線から隠れがち
赤いね
赤いよね
きっとね
密かに思っていたことが実現したのは今日だけど
黄色いライトは眩しくて君の姿を見つけ出せない
青いライトも見えたけど君の姿を見つけ出せない
好きだよと言ってるはずの自分の声を見つけ出せない
壊れる壊れる壊れる壊れる壊れる壊れる
僕は消えたのかな

273 :ぴょ(‘θ'):2005/12/09(金) 16:34:12 ID:gAuCw5Ep
好きな子が呼んでいる
だけど声を聞く耳がない
好きな子が凍えている
だけど抱き締める腕がない
好きな子が泣いている
だけど成すすべがない

好きな子が去っていく
だけどもぅ
呼び止める事すら
僕には出来ない



274 :名前はいらない:2005/12/09(金) 21:12:33 ID:UCGs1OC9
だってさ!
そりゃね!
そんなわけないじゃん!
そうなんだぜ!
そりゃそうなんだよ
そんなわけないんだからさ
いかんせんね
どうにもこうにもってもんだよほんと
だって!
それはまったくもってさぁ
そうだろ?
ねぇそうだろ?


275 :名前はいらない:2005/12/11(日) 03:23:17 ID:p+Q+0xHt
俺 ぼろぼろ

君 俺 関係 終わる 俺 幸せ

好きだった君 流す涙 不思議と 今 うれしい

いつも 君 独りよがり

俺 間違った 愛情 いらない

君 俺 優先してるつもりでも 君 自分 優先

笑う 泣く 怒る キスせがむ 負けず嫌い うざい 1回/1時間 うざい

でも 君 可愛い 髪綺麗 脚細い 胸大きい エロイ 最高 俺 困る

疲れた 俺 ぼろぼろ

もうすぐ 君 さよなら

君 ぼろぼろ 君 ぼろぼろ

276 :ぴょ(‘θ'):2005/12/11(日) 19:44:43 ID:S+1leuEM
好き

だから何?

一緒に居たい

だから何?

そんな言葉に惑わされて

私はまた目を閉じる

それが本当でも

嘘だったとしても

好いた好かれたの
騙し合いに
涙して疲れ果てたとしても

私達は

もぅ離れられない



277 :名前はいらない:2005/12/11(日) 19:58:30 ID:J0lqmdab
毎日、毎日ねむりつづけられたら
しあわせなんよ。

でも、そうしたら、君ぼろぼろ
第一俺のせいだし。

12月からまだ一週間ちょっと。
ずっといっしょだね!

278 :196:2005/12/12(月) 01:01:13 ID:/SQT3hZ4
7番目の船に乗り 今日という旅をしよう

俺が 月から土星まで 旅をするから
君と 太陽で 一休みしよう

俺は また 明日という旅をするから
君を抱きしめて 一人 漕ぎ出すんだ

暗い海原も 君が 灯台になってくれるから
俺は 君めがけて 7番目の船で 漕ぎ出すんだ

279 :196:2005/12/12(月) 22:30:41 ID:/SQT3hZ4

もう終わるけど 最後は最高の終わり方をしよう

何年経っても 色あせない絵を 君の胸に刻もう

思い出せば 胸が少し痛くなって 少し幸せになれる
そんな 絵を君の心に 描こう

今でも 消えない絵を 俺の胸に描いた あの人に倣って

俺を残して 先に行ってしまった あの人に倣って

280 :ぴょ(‘θ'):2005/12/13(火) 12:52:13 ID:2i7Z5Ikv
共に過ごした日々が
少しづつ色褪せていく

記憶が、言葉が
途切れ途切れ

愛してる筈なのに

声が、笑顔が
途切れ途切れ

離れた今
君の悲しい顔しか
浮かばないなんて


ごめんね


281 :196:2005/12/13(火) 23:35:30 ID:qhThLM5Q

今の君の目に映る 空が 曇っているなら それも良いだろ

やがて 笑顔と思い出が 胸を擽る日が やってくる

今の君の目に映る その空が いつか 青く晴れた時

昨日を 明日を 今を 笑う時がくる

今は消えている その笑顔は 炙り出しのように 浮かび上がる

それが 本当の カタルシスだと思う

282 :ぴょ(‘θ'):2005/12/14(水) 21:18:29 ID:+DgD69kS
朝目に移る景色を
目蓋の裏に移して
君を囁く声は
擦れたように
冷たくても
忘れられずに居る

一人温もりを
探す指が妙に冷たくて
君の手の感覚を
必死に思い浮べた
もぅ重なる事は無いけれど
今は只
凍える私を
抱き寄せてくれていた
君の笑顔が
雪のように
降り積もっていくだけ



283 :名前はいらない:2005/12/20(火) 20:30:31 ID:Pv8Ei69D

ぴょ(‘θ')ちゃんは
切ない詩書くの
上手だね

284 :名前はいらない:2005/12/20(火) 20:40:58 ID:Pv8Ei69D

「応援歌」

美男子は出世しにくいとか
聞いたことあるけど
キミだけは
例外だって思ってるよ
そんなことに限らず
なんとかなるって
ほんと
いろいろ言ったけど
なんとかなるって
ほんとほんと
なんだかんだきっと全てが
幸せに向かっての通過点ですよ
そんな気がして
いつものように
出所不明な自信があります よ

285 :ぴょ(‘θ'):2005/12/21(水) 17:29:02 ID:DjK872TN
283さん>>ぁりがとうございます(o´艸`o)

286 :ぴょ(‘θ'):2005/12/21(水) 18:04:16 ID:DjK872TN
静かな部屋に貴方と私
携帯を持つ指だけは
確かに動いているのに
互いに口を開かない

すぐ傍に居るのに
まるで遠い人のよう

心は離れて

メールも電話も
貴方ばかりで
ふざけ合って笑い合って
話しだすと切りがなくて
一晩中手を繋いで
喋り疲れて眠った二人

今じゃまるで別人の二人

好きなのに
大好きなのに
もぅどうする事も
出来ないのかな

だけど何時までも
このままでは居られない

二人のために



287 :ぴょ(‘θ'):2005/12/29(木) 02:01:12 ID:KQ7tvMT9
『小さな窓』

なんだか
よく解らない夢を見た
貴方が居て、私が居て
小さな白い壁の部屋に
窓の外は綺麗な青空
茶色い把手のタンスの横に
白い幅の広い梯子
その梯子の上で
ふざけながら
髪の毛をセットする二人
すごく楽しくて
すごく愛しくて
私はずっと笑顔
貴方もずっと笑顔

強く抱き合ったりもしたな

夢だと気付いた時
ずっとこのまま
目覚めたくないと
願う自分が居た


本当に心から
そぅ願っていた




288 :ぴょ(‘θ'):2005/12/29(木) 21:43:38 ID:KQ7tvMT9

後悔しない
恋なんて
私はした事が無い



289 :196:2005/12/30(金) 01:20:37 ID:2drJZvra
好意って 憎悪に変わるんだ

あんなにも 綺麗に終わりにしたのに
何故 君は わかってくれないんだ

俺を 妬む事も 嫌う事も 求める事も
意味のない事に 何故 君は 気がつかないんだ

笑いながら 俺と歩いた綺麗な君を
ふとした仕草にドキドキして 君を愛しいと思った
泣きながら 俺の幸せを願った 痛々しい君を

あの頃の俺を 今の俺に否定させないでくれ
俺の中の君を 綺麗なままで いさせてやってくれ

君の大きな胸に詰まった 好意も 憎悪も 吐き出して
俺を 好きでも 嫌いでもない 他人にしてくれ

290 :名前はいらない:2005/12/30(金) 17:09:50 ID:/YqE+eyG

『月面ドライブ』

車は誰も責めはしないさ
視線でレールを定めたら
その上を進む 気分次第
知らぬうち轢いているのは
アスファルトだけではないかもしれない
だけどキミを
キミを乗せてくよハニー


291 :名前はいらない:2005/12/30(金) 17:13:20 ID:/YqE+eyG

『ライオン』

よく寝た後の四つの脚は思うさま伸び
ワセリン臭が冬を窘めていた
鬣を揺らし
ぬるま湯が太陽を照り返す
余韻が恋しい夢の見せた
腕の中にあった肉片を思う
空腹が深まりそうなので
ほどほどにしておく


292 :ぴょ(‘θ'):2005/12/31(土) 10:47:19 ID:KskfoQ+K
君が悲しそうに
微笑むなら
僕がそばに居よう
君が泣いて眠るなら
僕が手を握っていよう

温もりは違っても
君が微笑んでくれるなら
僕は此処に居るよ

君の傷が癒える迄




293 :YOUHEI:2005/12/31(土) 11:25:27 ID:QBTP2WIt
『きみへ』

「きみがすき」
簡単に言える
簡単な言葉
誰にでも言える
たやすい言葉
でも
本気で好きになった人
と一緒にいると
なぜか言えない
恥ずかしい言葉
頑張って言うことができれば
とてもいい言葉
2人を近づける
不思議な呪文
早く伝えなくちゃ
君へ贈る
こころの言葉

294 :ぴょ(‘θ'):2005/12/31(土) 11:45:11 ID:KskfoQ+K
『アルミと陶器』

人の気持ちの移り変りは
時に驚くほど早い

熱しやすく冷めやすい

熱しやすく冷めにくい


初めは同じ
だから何?

終わり良ければ全て良し
反面
終わり悪けりゃ全て駄目?

僕は悲恋が大好きで
泣いてばかり居る
僕は悲恋が大好き

だって温度差が
激し過ぎて
悲恋にするしかないじゃない



295 :名前はいらない:2006/01/02(月) 20:48:21 ID:R/vmRn5l

『眩しいだけの季節』

お腹が空いているのかどうか
分からなかったけど
木の実が欲しくなっていた

ひとたび欲しいと思ってしまうと
雪だるま式
欲しい気持ちは高まってくもの

だけどただ転げるだけじゃ
現実が悲しい

横縞Tシャツ似合いそうだね
恋のボーダーどこに引く?
腹筋に触れてもいい?
気が変わるかもしれないけどその時は
ミニスカート穿こうかな
千鳥掛け模様の

チカチカチカチカ
チカチカチカチカ
チカチカチカチカ
チカチカチカチカ....



296 :ぴょ(‘θ'):2006/01/06(金) 07:15:28 ID:mVuFNbl8
今日もまた
浅い眠りに
君を見る



297 :ショートショート:2006/01/08(日) 15:25:01 ID:f29JBQgf
明け方の

堤防の上

猫はいない

298 :ぴょ(‘θ'):2006/01/08(日) 19:14:20 ID:e0mqzaEj

あんたがさ
何時までも手を振るから
あたしは前が見えなくて
切符をなくしちゃったよ

さてどぅしよう?

知らない土地じゃ
近くの駅名もわからないし
また払うしかないか

とか考えながら

あんたの住所の紙を見る

別に見なくたってわかるけど

葉書がいいかな?
それとも便箋?

あんたに散々言っといてあたしも結構素直じゃないなぁ
なんとなく言えなかった
『会いにこい』
とでも書くか

笑う顔が目に浮かぶよ



299 :名前はいらない:2006/01/08(日) 21:03:39 ID:xfZIv787
井上巧一 いのうえこういち 1969.6.10生まれの事件簿
犯人隠避の警視庁赤羽警察署刑事課
http://www2.ttcn.ne.jp/~chipmunk/inoue.htm


300 :名前はいらない:2006/01/10(火) 02:03:01 ID:JSh+WgCk
深々と 確かに降りそぐ 冬の空 無音の恐怖 ここに極まり

今日は雪降らなくて良かった、寒いケド…

301 :ぴょ(‘θ'):2006/01/10(火) 14:23:01 ID:O/m+sPvQ
枯葉散る ベンチに一人 腰を掛け 大きな樹に 桃色を見る

寒いですねぇーッ

302 :夜王 ◆ROMIO/TUuw :2006/01/14(土) 16:40:18 ID:QT2oJe95
所詮この世は弱肉強食

消え去るものが「悪」にされる世の中

303 :夜王 ◆ROMIO/TUuw :2006/01/14(土) 16:43:57 ID:QT2oJe95
あんな風に続くならもっと早くこの地獄に身を投げればよかったとおもふ

ヒトは忘却の生き物…都合の良いことは忘れず都合の悪い事は忘れる…



304 :夜王 ◆ROMIO/TUuw :2006/01/15(日) 15:55:31 ID:GvLsReUd
誰でも 忘れられないもの
笑いあった あの日々のこと…

傷つかないと手に 入らない
痛みそれを知り 優しくなれる…

flower 倖田來未より抜粋


305 :ぴょ(‘θ'):2006/01/22(日) 12:35:08 ID:6EfqeYEI
朝の陽の
眩しきかな
雪化粧




306 :名前はいらない:2006/01/22(日) 21:53:59 ID:YYVIL62k
評判の顔も
美容院で綺麗にしてる髪もモデルみたいな体も
人見知りしない性格も
君に
好きになってもらえないなら
なんの価値もないんです

307 :ぴょ(‘θ'):2006/01/29(日) 00:01:18 ID:Tu4eJOy+

記憶を形にして
その一つ一つに
印を付けて
いつでも傍に
置いておけたらいいのに
大事な思い出も
少しづつ薄れて
曖昧になっていくよ




308 :ぴょ(‘θ'):2006/02/09(木) 02:31:31 ID:sNtWYBTC

たった一つの過ちが
人を傷付けて
たった一つの過ちが
一つだった二人の道を
別れ道にする



309 :ぴょ(‘θ'):2006/03/13(月) 23:40:54 ID:zD1i51Hl
昔通った校道で
隣に貴方を思って
一歩一歩歩きます
あの頃ゎ
好きという気持ちばかり
先走って
すれ違いもあったけど
今ではいい思い出
ほらもうすぐ
黄色い柵の
小さな赤いポストが見えるよ
買い物袋片手に
思うのは
貴方の背中

通り慣れたこの道は
いつからか
とても幸せな道



310 :名前はいらない:2006/03/16(木) 19:07:57 ID:uIeYQGco
着歴を 残しても返ってこない 寂しき携帯


ぁあ〜落ちる。。。

311 :夜王 ◆ROMIO/TUuw :2006/03/31(金) 12:33:50 ID:9QcNTLvM
保守

312 :名前はいらない:2006/04/03(月) 12:58:16 ID:lkiGCifz
誰か藤村操の辞世の句たのむ

313 :BE ◆nEdVj9pCpw :2006/04/04(火) 23:08:35 ID:qi4AfTze
クリスマスケーキのトナカイを踏む 四月

314 :ぴょ(‘θ'):2006/04/08(土) 21:23:49 ID:HboPfkiT
I wanted to be here all the while.

But I'll think that it's soon impossible.

The feeling whose feelings I told?

It isn't false.

But I'm sorry.

I can't find light any more.

315 :ぴょ(‘θ'):2006/04/08(土) 21:29:48 ID:HboPfkiT
Under the star Please look at the month.

Cheek wetting At night when I can't sleep.

I think of you.

316 :名前はいらない:2006/04/09(日) 00:35:58 ID:JiHR6x6y
儚くも 散りゆく桜 降り注ぐ 春雨の露 頬を滴り

317 :名前はいらない:2006/04/09(日) 01:28:44 ID:H5vw3VdC
雄雄しきは 散りて萌えたる 桜かな 志もまた 猛く萌えらむ

318 :名前はいらない:2006/04/09(日) 03:18:37 ID:JiHR6x6y
春風に 桜吹雪は もえ上がる 躍動を残して 空の彼方へ

319 :名前はいらない:2006/04/09(日) 23:55:45 ID:adUN7PVo
春風に 桜舞散る この季節 一の花弁 この手儚く

320 :名前はいらない:2006/04/10(月) 00:39:29 ID:e+BHNdrH
山の手に 桜残して カップ酒

田に畑に 水が満ちたる 5時帰り

夜静か 上戸の盃 月一片

戻り来て 孫と手繋ぐ 遊園地

セーターを 包む春の日 ナフタリン

蛙鳴く 春の午睡の 営業車

321 :ぴょ(‘θ'):2006/04/27(木) 07:56:55 ID:6nZWedTx

If you receive.

Even if this voice withers up completely.
I keep crying.

I keep crying.


Hey, why is it?

Even if voice withers up, a tear doesn't wither up.
†††

もしも君に
届くなら
たとえこの声が
枯れ果てても
僕は叫び続けるのに

叫び続けるのに


ねぇ、何故だろう?

声は枯れても
涙は枯れない




322 :ぴょ(‘θ'):2006/05/03(水) 22:31:04 ID:p2J5ZKew
指先や爪先が
やけに冷たい
嗚呼、きっとこのまま
僕は消えてくんだ
こんな時でさえ
思い浮かぶのは君の涙
傷付けて後悔しても
また繰り返してしまう
同じ時を過ごせば
傷付け合う事を知っているのに

いつまでも二人
離れられないのは何故?

僕達はその答えを探しているのかな?
でもそれもいいね
納得できる答えが出るまで
一緒に探し続けようか

そんな事を考えてたら
少し楽になってきた
確認するように僕は掌を握り締めた

まだ、大丈夫?

君の綺麗な涙を
僕はいつまでみれるんだろう


323 :他スレの31:2006/05/04(木) 22:37:15 ID:di5chKxq

  「 遠出 」

夏日、絡まる、柄の、つる草。
草々、駆付け、掴む、ものぐさ。
やぐら物見も、束の間、休暇。

兵士、集まり、戦の、用意。
どこへゆく、
もどれぬ、日々よ。
がらんに、ぽつり。



跡。



324 :ぴょ(‘θ'):2006/05/05(金) 17:32:54 ID:lsNsMTv1
どうして、どうして
貴方なの
りりしい顔して礼をして
頭巾が要らなくなったとて
待てど暮らせど
きやしない




325 :名前はいらない:2006/05/05(金) 17:56:30 ID:ilNZ0IRD
知っている人にだけは
遇いたくないよね
この場所で

326 :名前はいらない:2006/05/05(金) 18:02:16 ID:ilNZ0IRD
空気嫁
事故保身しかできない馬鹿男
漏埋の嫁もドキュソ馬鹿


327 :名前はいらない:2006/05/05(金) 21:41:13 ID:kMoF+1VI
こんな情報不確かな世界で告訴なんて、できると思うか?

もし、俺の推測が犯罪だというのなら
すでにお前が「思想の自由」の侵略者だ!

328 :名前はいらない:2006/05/15(月) 03:03:44 ID:qlan5Oew
浮き雲がぽつり流ゆる蒼天の
彼方見遣れどその行方
果てなき故に未だ知らざる

329 :ぴょ(‘θ'):2006/05/16(火) 00:35:31 ID:Qz4eqVAV

大丈夫

だから一人で歩けるってば
自分で思うほど強くはないけれど
貴方が思うほど弱くはないの
一度差し伸べた見慣れた手をしまう位なら
最初から求めない

だから一人で歩けるってば

330 :ぴょ(‘θ'):2006/05/16(火) 00:36:33 ID:Qz4eqVAV

大丈夫

だから一人で歩けるってば
自分で思うほど強くはないけれど
貴方が思うほど弱くはないの
一度差し伸べた見慣れた手をしまう位なら
最初から求めない

だからもぅいいよ
強がりでも
一人で歩けるから


331 :ぴょ(‘θ'):2006/05/23(火) 18:57:45 ID:4W0ZRo8v
追憶


幼い頃から繰り返した
薄れゆく記憶を
二人で塗り替えて
時を刻んできたけれど
君を失ったこの世界を
僕は愛せるのかな



332 :名前はいらない:2006/05/23(火) 19:50:53 ID:vfQa5ZMh
〜〜を集めて早し最上川

の〜〜の部分なんだったか教えてクレマイカ。今更だがワロスクードがとけないんだ。

333 :名前はいらない:2006/05/23(火) 20:05:46 ID:8R79zDcr
つ五月雨

334 :名前はいらない:2006/05/23(火) 20:18:34 ID:vfQa5ZMh
ありがとう!!ミとレが分かってて、紙切れ?とか考えてた。

335 :323:2006/05/24(水) 21:43:52 ID:M+JSJaOQ

 「 落ちる ミズ 」

朝が来た...。
顔...。
にが笑い...。

つがいの、
るりちょうが、鳴く。
べつに 泣きたい わけじゃない。
とくべつ 悲しい わけじゃない。
ら い せ で、逢えるワケもない。
れ ん あ い してた、ワケでもない。
てんきは、今日も雨...。




水...。

                 ( ヒトリ )



336 :ぴょ(‘θ':2006/06/21(水) 03:01:07 ID:zo3rLTUO
貴方に逢えるのは
ほんの一時

湿った空気に交え
空を濡らす雨

水面に揺れ浮かぶ月を眺め
何時もより少し寄り添って
別れの時を惜しむ

嗚呼また夏が来る



337 :16082:2006/06/21(水) 03:59:41 ID:q9pQo7J8
我が友よ
心愛しきわが友よ

君無くば 我が心音は色を失くし
君泣くば 我が心根は枯れ果てん

去ってくれるな 我が友よ
泣いてくれるな 我が友よ

君なくば そも我はなんぞや

我が為にこそ 君よ在れ
君が為に 我は在る

338 :ぴょ(‘θ'):2006/06/22(木) 14:37:13 ID:BUs1iVvp
困らせたくて吐いた嘘を
貴方は簡単に見破って
なんだか面白くないけれど
素っ気ない態度の裏の
貴方の気持ちが嬉しくて
その絶対の自信に
少し悔しい思いをしつつ
包むような微笑みの中に
居続けることを
いつも願う



339 :ぴょ(‘θ'):2006/07/05(水) 05:28:47 ID:3gf72U9j
廻る廻る
淡い光

浮かんでは消える
あの笑顔

時は波にさらわれて
また同じ夢のなか



340 :名前はいらない:2006/07/05(水) 15:47:23 ID:QVMlqHjc
いやさ 蜜柑をかじったみたいになってるわけよ 皮も剥かないで

341 :ぴょ('θ'):2006/07/16(日) 17:37:27 ID:ITFconqd
でもね
本当は
こめんねじゃなくて
ありがとうと言いたかった

342 :夜王 ◆ROMIO/TUuw :2006/07/18(火) 00:48:44 ID:MlpUwmv4
そう・・・そしてまた夏が来る・・・

343 :ぴょ('θ'):2006/07/24(月) 15:35:53 ID:WjRv7lDE
曇り空
夏の夜の夢
星隠れ

344 :名前はいらない:2006/07/24(月) 15:39:13 ID:wxIkalYS
(o・ェ・o) ぼく、ドラえもん

ドラえもんを知らない人は、日本にいるのだろうか?

と思うほど、絶大な人気を誇る『ドラえもん』
その人気は日本だけにとどまらず世界各国で翻訳され
アニメ放送されているという。

そのドラえもんの作者が言わずとしれた
『藤子・F・不二雄』さんである。

ある日、藤子さんは子供からこんな質問されたことがある。
『ドラえもんが願いを叶えてくれるなら
なにを叶えてほしいですか?』と。

それに対し、藤子さんが何と答えたかは
これからご覧頂きたい。

ドラえもんの親が藤子さんで本当に良かったと思える
素敵なインタビューであった・・・

http://www.youtube.com/watch?v=umNjrwauDeo

345 :16082:2006/07/26(水) 03:27:00 ID:Zh2IQQbp
「氷雪」

私はついぞそれを見たことが無い

深淵の悲しみにくれる人の顔
貶めるモノを持たぬ無垢な心
最愛を手にした極上の笑み
遥か古を伝うる歴史ある建築物

私は若くしていっとう見る事の難しい物々を
この目で見うる事が出来た

しかし

私はついぞそれを見た事が無い

視界一面を舞う雪の乱舞を。

346 :ぴょ('θ'):2006/08/02(水) 17:04:37 ID:NZeqotSi
何となく寄り添う二人

嫌いになった訳じゃない

只この現場に嫌気がさしただけ

只このぬるい現場に

それだけなの

347 :ぴょ(´д`):2006/08/18(金) 16:36:18 ID:fp540pMj
幸せな筈なのに
素直になれない
天の邪鬼

ずっと傍に居たいねと
繋いだ手は暖かいのに
何故か寂しくて
いつも寂しくて

小さな穴が
どうしても埋まらない

離れてしまったら
もっともっと
大きな穴が空くこと
知っていたのに。。。



348 :名前はいらない:2006/08/18(金) 20:12:10 ID:Q8A+Qe0w
詩が少しあったよ。
ttp://www.k3.dion.ne.jp/~hiro_og/

349 :ぴょ(*´▽`):2006/09/02(土) 01:53:05 ID:kJpJVKt3
少しずつ少しずつ
動いてゆく時の流れ
いつしか二人背中合わせ

もぅどれくらい経つだろう?
貴方と出逢った頃の気持ち
なんとなく覚えてる

最初に行ったお店は
少し遠くのお好み屋さん
その頃は
ドライブばかりで
最初にキスした場所も車の中
その時初めて貴方の気持ちを知った

似たもの同士の二人は
いつも話が絶えなくて
笑い合う時間は
毎日の世界を変えた

同じ朝を望んだ二人は
気持ちを重ねた筈なのに
時の流れは残酷で
お互いの大切さを曇らせていった
見慣れた部屋の知らない香り
諦め
もぅ言葉さえ見つからない

350 :名前はいらない:2006/09/03(日) 21:08:34 ID:CuboMTPX
夜ふかしウサギは餅つきの準備かな

351 :名前はいらない:2006/09/03(日) 21:17:55 ID:biSvK7LU
サングラスなんかより奥二重だ
直射日光は彫りの深さで補え
おっぱいおっぱい彼女はモテル

そんな事実に嫉妬と満足

352 :はんさむ:2006/09/03(日) 21:24:14 ID:biSvK7LU
君の居場所を教えてくれ

優しい出会いが叶うように

353 :ぴょ('θ`):2006/09/16(土) 04:42:15 ID:1tvcUvo2

君と僕 別れ離れ

君の荷物
大きい鞄二つに 
普通の鞄一つ

でもさ、僕だって見るの辛いから
あれもこれも、持ってってよ
二人で買った物だから
半分でもいいよ


最後の夜
背中合わせの二人
あの時僕が思った事

『この布団こんなに広かったっけ』

幸せすぎて忘れてた




354 :名前はいらない:2006/09/17(日) 04:56:23 ID:pPhvkajG
寝息立て
夢見る君に
独り言
知ってか知らずか
手を握る君

355 :名前はいらない:2006/09/17(日) 13:04:14 ID:92Kk8/Dn
和良ってるよ
どんな字なんだこれは
「鬼束」が「卑猥」って見えたよ
もうだめだなこれは

356 :335:2006/09/17(日) 20:23:25 ID:2PqgASWQ
  「 荷造り 」

菜園の、実り多きを、伝えたし。
のびゆく姿、重なり見えて。
花壇の向日葵、張子の虎、
やねの風見鶏、忘れ物。

月日のたつを、たどりゆき。
はこに詰めるは、いらぬかも。
東京の暮らしは、大変だろと、
にを造りつつ、長なる影よ。



西
に。
                     ( 母 )

357 :名前はいらない:2006/10/01(日) 02:10:07 ID:RP0ax2FW

積み重ねた二人の愛は
ねぇ何処へ行ったのかしら


358 :秋桜三交替:2006/11/12(日) 01:11:14 ID:AtGei0Qj
羊羹に よう癇にさわる つまようじ

359 :秋桜三交替:2006/11/12(日) 01:17:03 ID:AtGei0Qj
パタパタぱ 振り向け振り向け 預金残高

360 :未羅琥留:2006/11/13(月) 09:11:03 ID:42yGnFak
あなた居る まずまず良しと しようかな

361 :未羅琥留:2006/11/13(月) 09:13:44 ID:42yGnFak
大和子の わが子いつしか 可愛くて


362 :未羅琥留:2006/11/13(月) 09:16:34 ID:42yGnFak
青空が やけに今日は まぶしくて


363 :未羅琥留:2006/11/13(月) 15:15:04 ID:AKJtmX6N
あなたと私 コンピューターに夢を託して
ふたりの奇跡を2ちゃんに刻んで
歴史になったらいいな
みんながつづる 2ちゃんの歴史
今日も昨日も限りなく

364 :秋桜三交替:2006/11/15(水) 00:51:44 ID:5oMky4GD
涙をね 浮気持ちもの 素行調査

365 :秋桜三交替:2006/11/15(水) 00:52:57 ID:5oMky4GD
粒発進 いつまでたっても 晴れ曇り

366 :未羅琥留:2006/11/16(木) 13:20:20 ID:725d+iro
大好きよ 心に問うたび 思うたび

367 :名前はいらない:2006/11/16(木) 14:11:49 ID:vcJ06w8f
ヒッキーに なる直前の
俺がいる

368 :二代目放浪金魚:2006/11/29(水) 23:05:02 ID:ff5GyW32
もう一度
願いが叶うなら
貴女と繋がりたい
もう一度
もう一度だけでいい…

369 :放浪金魚:2006/12/08(金) 07:08:43 ID:255moJ9h
↑キングー??(o´艸`o)

370 :未羅琥留:2006/12/10(日) 18:00:10 ID:ikpyuRjn
あなたと過ごした マンションの夕べ
高速道路にビルを眺めて
都会育ちの私を 優しく癒す喧騒
お願い もう一度 彼の隣で夜景を見たいの
都会で始まった恋だから
優しくノイズが包んでく
ああ あなたが大好き
胸に詰まるほど 時に切なく
ふたりの思い出は いつも都会のマンションで
もう一度 あなたに出会えたら 言っておきたいことがあるの
「今でもあなたを好きでいるよ」
嫌いになんてなれない あなたと都会の夕べ


371 :詩種 ◆IZByFxSDAg :2006/12/10(日) 21:54:37 ID:rKVuPdAw

詩 バイク 鈴蘭

それが、老後の楽しみ。

なんつって、ゴメン。

372 :名前はいらない:2007/02/20(火) 06:23:46 ID:bFTnbVlb
湧き出る水の 粗き角岩 なんと清きぞ
山を下りて 野をかき分けて
小川の中を 小石となるも 濁り染まらず

人里に入り 流れにまかせ ただ虚しくも
岸にたわむれ 瀬にまとい付き 
入江の端の 砂の我が身は 利休ねずみぞ

373 :名前はいらない:2007/02/20(火) 07:35:18 ID:ZjbC+L66
空を見上げた
ただ見上げた
空には雲が浮かび
太陽が僕を照らす
でも君はいない
いつもの時間が同じように流れる
でも君はいない

374 :二代目 放浪金魚:2007/04/03(火) 10:16:04 ID:1gQPFUTb
ふとした事でフラッシュバックする想い出

君の姿も君の声も君の匂いも忘れたはずなのに

冬の夜の匂いと街の雑踏が思い出させる

君の仕草も君の口癖も君の温もりももう忘れたはずなのに

脳の中で血の中で細胞の中で覚えているんだね

右手の冷たさがそれを俺に教えてくれるよ




375 :二代目 放浪金魚:2007/04/03(火) 23:56:39 ID:1gQPFUTb
春の風舞うこの街で君の姿を探してる。

遠く離れたあの街に君は誰かと暮らしてるのに。

見上げた空はきっとどこかで君の街へと続いてる。

君が空を見上げた時は何をオモウの?何が見えるの?

僕が空を見上げてもあの日の景色はもう見えない。
でも今でも君をオモっているよ…

376 :二代目 放浪金魚:2007/04/04(水) 10:12:33 ID:6c8Py0UC
あの時見上げた夜空で高層ビルが俺を笑ってた。

真っ直ぐな壁が空に向かっている様をみて俺は羨んでいた。

とても自分がちっぽけでやるせなくて、切なかった。
あの夜の空を忘れない、君がいなくなったあの夜の…

377 :二代目 放浪金魚:2007/04/04(水) 18:14:29 ID:6c8Py0UC
朝方の部屋に君の寝息。
仕事帰りの俺を癒してくれてた。

寝てる君に悪戯したね、髪を撫でると無意識に抱きついてきた。

そして温かな布団へと俺を導いてくれた。

朝方の部屋に凍った空気。仕事帰りの俺を待つのはもう君ではなく、冷たい部屋とやり場のないむなしさ。

冷たい布団に体を預けつかの間、寂しさから逃げよう…涙がそれを邪魔しようとも

378 :二代目 放浪金魚:2007/04/04(水) 18:20:36 ID:6c8Py0UC
テレビの上にあるペアチケットをみながら君を回想してみる…

でてくるのは涙と君の笑顔だけ…

テレビの横の写真をみて君を回想してみる…

強がってた僕と強がってた君の涙を思い出したよ…

テレビに写る景色をみたよ駄目な僕はテレビを消して泣いてしまった…

379 :二代目 放浪金魚:2007/04/05(木) 08:54:38 ID:SYpK8DJW
何もうまく行かない毎日は君を失ったからじゃない。
何もうまく行かない毎日は僕がただ前を向いて歩いてないから。

何もうまく行かない毎日はそれでもあの頃と同じように過ぎてゆく。

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)