2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

湖のほとりで..

1 :名前はいらない:2005/12/16(金) 10:44:55 ID:YfSd1Zq2
霧深い森をぬけた
すきとおった湖のほとり
木々に囲まれ
白い白い鳥が静かに


楽しい森の動物仲間たちの見守る中

やさしくあたたかな眼をしたあなたが
私を待って..

2 :名前はいらない:2005/12/16(金) 10:50:22 ID:YfSd1Zq2

長いあいだ見続ける - どこにも存在しないだろう

-わたしのあこがれ-

3 :名前はいらない:2005/12/16(金) 10:54:07 ID:YfSd1Zq2
ただ..感じている時
眠りに似たように
包まれて

4 :名前はいらない:2005/12/16(金) 10:55:53 ID:YfSd1Zq2
物語は始まりもなく
そして
終わりもない

5 :名前はいらない:2005/12/16(金) 10:57:47 ID:YfSd1Zq2
魂だけが 独りで遊んでいると
それでも
迎えに来てくれた 
永遠の絆

6 :名前はいらない:2005/12/16(金) 11:01:58 ID:YfSd1Zq2
ここでは..なにも見えないもしない 

7 :名前はいらない:2005/12/16(金) 11:16:26 ID:YfSd1Zq2
見えもしないもの でしょ 
ここでは まちがいだって!

まちがいだってあるの 
息づかいのはっきりした
そんな やんちゃな躍動的なリズムに乗せて
踊る心にも

-こんにちわ!

時として-それは-
また ちがう扉から 飛び出して来るの!

わざと いっぱい まちがってやるから! 

たのしいね にぎやかだね

動物たちは きょとん とした
へんな おかおで
くす くす
わらってくれるよ  

8 :名前はいらない:2005/12/16(金) 11:34:23 ID:YfSd1Zq2
惑い彷徨う 静かな朝の夢物語




9 :  ◆UnderDv67M :2005/12/16(金) 23:54:22 ID:JzOTiLPU
その動物達の暮らす湖畔にお前の居場所は無い くだらぬ思い上がりよ

10 :名前はいらない:2005/12/17(土) 11:20:32 ID:cvfc9VH9
>>9
レスありがとうございます。
もちろんないのは私自身がよく知ってます(笑
単なる脳内空想夢物語の世界ですから
ぜんぜん勝手自由で広がりますので(笑

適当に続けますね

11 :名前はいらない:2005/12/17(土) 11:24:13 ID:cvfc9VH9
そう思えば 白雪姫の話と白鳥の湖を足したような
バレエ物語みたいですね

他にも空想パターンは沢山あります。(笑
クリスマスが近いですね
また、出て来そうです(笑

ポエムというより
単なる空想の吐き出しだけで
文章能力は問わないでね(笑

12 :名前はいらない:2005/12/17(土) 11:29:34 ID:cvfc9VH9
ここに於いては
単なる退屈しのぎというか
タイピングをしていると心が落ち着くので
そんな意味だけで立てました
大意はございません(笑

たまたまROMられた方にはお見苦しいかもしれませんが
何卒ご了承願います(笑


13 :名前はいらない:2005/12/17(土) 11:38:36 ID:cvfc9VH9
道化のピエロはバレリーナに恋をしました
花束を届けました
踊りが終わるとハンサムな男性が現れて
バレリーナは「花束をありがとう!」と男性に抱きつきました
楽屋裏ピエロの涙


14 :名前はいらない:2005/12/17(土) 11:40:59 ID:cvfc9VH9
>>13
何年も前の好きだった某CMのパクリです


15 :名前はいらない:2005/12/17(土) 11:43:47 ID:cvfc9VH9
シチリアーノの音楽にのせて
それはそれは素敵でした

16 :名前はいらない:2005/12/17(土) 11:46:11 ID:cvfc9VH9
では、ごきげんよう

17 :  ◆UnderDv67M :2005/12/19(月) 18:02:09 ID:mT6Up/w3
あらら終わっちゃったどーしましょ このまま終わらすのもなんだからageませう

18 :名前はいらない:2005/12/20(火) 03:42:48 ID:Br3DB45B
色褪せた鏡を拭こう
大事に大事に

それが永遠なんだから

とても大事にやさしく拭こう

君をいつも映してくれたあの色褪せた鏡を

19 :名前はいらない:2005/12/20(火) 04:01:06 ID:Br3DB45B
それなのに君はいつも新しい手鏡を持って来る
それはそれは
しなやかな曲線の繊細な掘り細工がされている

僕はいつも君を顔を美しく映してくれる手鏡を
持たせた
君の手に

僕の気持ちを知っていますか?

君にはわからない
わかるはずないじゃないか

君の顔は とても美しく映ってるもの...

けれど、君は自分で手鏡を粉々に割った...
僕はその時
粉々になった欠片を集めて君に渡した
君は言った
もう、要らないんだ...











20 :名前はいらない:2005/12/20(火) 04:07:18 ID:Br3DB45B
そしてまた明日になれば
君は新しい手鏡を手に入れるだろう

僕は知っている




21 :名前はいらない:2005/12/20(火) 04:10:33 ID:Br3DB45B
それでこそ人生は輝いている 

22 :名前はいらない:2005/12/20(火) 04:17:32 ID:Br3DB45B
それは割れた鏡だって知っている



23 :名前はいらない:2005/12/20(火) 04:18:33 ID:Br3DB45B
そして...


粉々に割れたわけじゃない

破片は君の中のどこかに 1粒残っている

永遠に




24 :名前はいらない:2005/12/20(火) 04:38:32 ID:Br3DB45B
うにゃ・そんなことど〜でもいいから〜〜
 
 「こっち おいでよ〜」  

    (・・)ハテ?



♪そりすべり

てぃやら らん てぃやら らん てぃやら らんたん た〜ん 

「ちゅめたい!」

「なにすんだ!」

「て!てめっ!」 

「べ〜だ! くやしかったら なげてみろ〜ってんだ きゃ!!」

「まちやがれ〜〜〜!」

たんてぃかたん たん てぃか たん たか 

(略 w

ひゅるっるるるるるるるっr

ぱふっ! 

は〜うぁ (^^;

25 :名前はいらない:2006/01/08(日) 23:09:51 ID:7RL02rs1

今日で 朗子は45歳になったんだよ。 大田窪


26 :名前はいらない:2006/01/13(金) 10:36:47 ID:ADMhCoPb
戻って来た1は、ここで

27 :名前はいらない:2006/01/13(金) 10:39:01 ID:ADMhCoPb
-Granadas-

   光と陰

28 :名前はいらない:2006/01/13(金) 10:43:52 ID:ADMhCoPb
あの腕組みをした大正の着流し姿の髭のお方は
なんと、素敵なんだろう

風が吹く 吹く

立ちこめるように

小さな縁側に小さな池を作った




29 :名前はいらない:2006/01/13(金) 10:48:30 ID:ADMhCoPb
もしくは、シチリアマフィアのようないでたちでー

あの人は 眉間にしわを寄せている
タートルネックに吹かしタバコ

黄色い色も貴方なら
際立たず、とても
とても素敵に見えます

なんて、素敵なんでしょう...

少し触れさせていただけますか?

遠くて届かない

うつむいて少し笑ってく下さるでしょうか


30 :名前はいらない:2006/01/13(金) 10:57:24 ID:ADMhCoPb
舞台はローマ?

いえ、アーリーアメリカン?

ちょっとダサイ パステルカラーのテーブルクロス

食べ残しのマフィン スコーンがこぼれてますよ 

バターとマーマレードナイフ

とろけそうな午後のひととき

アコーディオン?
オルガン?
ちいさなヴァイオリン?

グライドが妙に色っぽいのは

貴方がきついカクテルを少しいただいたせいでしょう


31 :名前はいらない:2006/01/13(金) 11:11:13 ID:ADMhCoPb
脳内物語って楽しい〜
一番すき!

ただ困るのは
文才がないんだ w



32 :名前はいらない:2006/01/15(日) 02:47:36 ID:8bAXz7Mr
ありがとう!

くまさんとあひるさん

愛してるよ
とってもね

ほんとだよ


33 :名前はいらない:2006/01/15(日) 02:48:44 ID:8bAXz7Mr
そして
そして

ぼくのパパへ



34 :名前はいらない:2006/01/15(日) 02:51:08 ID:8bAXz7Mr
そして
小さな天使たちへ

もう
ぼくより
でっかくなっちゃったけどね

35 :名前はいらない:2006/01/15(日) 02:54:38 ID:8bAXz7Mr
そして
つり目の美人さんへ

病気に負けるな!





36 :名前はいらない:2006/01/15(日) 02:58:15 ID:8bAXz7Mr
浪速のブルースシンガーへ

干支のぬいぐるみたちは元気だよ
ピラニア軍団から守ってるもの

37 :名前はいらない:2006/01/15(日) 03:01:25 ID:8bAXz7Mr
らどんへ

はらはらどきどきを
ありがと!


38 :名前はいらない:2006/01/15(日) 03:05:06 ID:8bAXz7Mr
フランスイヤミ&恋におちてへ

感謝

パパはもう一度 ね


39 :名前はいらない:2006/01/15(日) 03:07:24 ID:8bAXz7Mr
銭の花へ

いつもちっこいぼくでしゅ

40 :名前はいらない:2006/01/15(日) 03:09:39 ID:8bAXz7Mr
東大屋&腹出へ

わけあいわけあいしたもの

41 :名前はいらない:2006/01/15(日) 03:12:05 ID:8bAXz7Mr
カサンドラちゃんへ

ごめんね
天国で会おうよ


42 :名前はいらない:2006/01/15(日) 03:13:54 ID:8bAXz7Mr
数えきれない数えきれない
すべてのすべての---へ

ありがとございます


43 :名前はいらない:2006/01/15(日) 03:15:15 ID:8bAXz7Mr
 
   - ありがとうございます -



44 :名前はいらない:2006/01/15(日) 03:19:11 ID:8bAXz7Mr
もう一回言う時がきますよ

いつかね

もう少しお待ち下さい

もうだいぶんで
よろしございますでしょうか?

かみさまへ

  最大の感謝の時に あなたのもとへ



45 :名前はいらない:2006/01/15(日) 03:31:24 ID:8bAXz7Mr
まだまだ!



すこし^^; だいぶん^^;; 

÷ですから

ごめんなさい ませ ませ ♪

お修行 頂戴いたしまする


46 :名前はいらない:2006/01/17(火) 06:03:39 ID:aYc6xW3Y
パパ 

ごめんね&ありがとう

47 :名前はいらない:2006/01/18(水) 10:48:32 ID:ONbgdKDY
現実にはありえない世界で遊びましょう♪
することしてから(笑

48 :名前はいらない:2006/01/18(水) 10:56:28 ID:ONbgdKDY
椰子の木陰
けだるい午後

あまりに暑いから 
そんな歌をうたうのですね あなた

力が抜けて
自然と巻き舌

アコギとブルーペパーミントジェット

49 :名前はいらない:2006/01/22(日) 15:42:45 ID:7xjZCohx
ややこしいから
他板の自スレに一括します

よって、ここは閉鎖いたします
ロム下さった方

ありがとう

よければ
あと
どなたでも
お使い下さい

では

さよなら〜♪

50 :名前はいらない:2006/02/18(土) 11:00:38 ID:iZ1VIPer

−はじまりもおしまいもない幻灯界−

Hello~ Hello~ 湖に沈めた かたちのないものたち

なんでも知ってるそこのキミ 教えておくれ
どうしろと?蔦う法術は教え殲したこの私に これ以上 

大切におもっているよ きみのこと 盲いて視覚は無いんだ 

なにも出来ない なにも云えない なにも知らない

知っているのは自分のことだけ  今日は暖かいね


51 :名前はいらない:2006/02/19(日) 01:06:18 ID:kz9pF86U
他板の自スレとはどこでしょうか?
あなたの詩はとても面白いのでもっと見てみたいです。

52 :名前はいらない:2006/02/21(火) 00:53:40 ID:Xs/WWeYn

          
 
_  ぽ と ん っ 。゜!!_ _



  



53 :http:// 61-27-92-13.rev.home.ne.jp.2ch.net/:2006/05/01(月) 00:35:54 ID:49dDxtXT
sakuratanmoe

54 :名前はいらない:2006/05/12(金) 00:59:26 ID:pk0ptbu2
………

55 :名前はいらない:2006/05/20(土) 05:59:49 ID:Ny0PjtjI
なにここ

56 :名前はいらない:2006/06/15(木) 02:41:38 ID:vecOk/9a
ほんざん

57 :名前はいらない:2006/08/23(水) 16:01:14 ID:OouRU/P6
しばのさわ(AP)

58 : ◆2WgbgFgdIs :2006/09/16(土) 16:01:27 ID:g1diWD0U

音の葉は船上に踊る
きりきりと弦の連なりを削りゆく
波あおく感傷を照らす
くずれやすい命 ただ終へ泳ぐ

音の息は板格子に沈む
振動が影を束ねて余韻をひらく
雲のびて光を活かす
ほどけやすい絆 また解を逃がす

音の羽根は核を穿つ
錆びきった球も粒と弾ける
雪あさく瘴気を落とす
はぐれやすい希望 ただ日々と眠る

音の宴は鏡と消える
船は砂地へ頬ずり溶ける
風よわく湖を閉ざす
わすれやすい幻想 また夢と過ぎ行く

音の湖水 花を浮かべて
はなれがたい午後の森 ただ目をこする

59 :Mana魔名:2006/10/03(火) 21:26:51 ID:WKiJbfvC
澄んだ湖面に映る顔は、青白く優しい悲劇のヒロインの様で
逆さまの空から降る音は、太陽の背を受ける月の嘆きの様で
貴方のほほ笑む仮面の裏を見透かせたならよかったのに・・・
私がふと歩みを止めた場所で、貴方と永遠の約束を交わし
跪き祈り願った日々は六月のまま、今も静かに流れている
湖の畔で囁き合った言葉ひとつひとつは、未だに私を赦さない

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)