2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【絶句】漢詩総合【律詩】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 21:45:38 ID:NHmpCfxs
遠い昔に思いをゆだねて
格調高く
漢詩を語りましょう

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 21:53:09 ID:sRiZFi0D
石田幹之助の「長安の春」は散文の場所も含めて全文が詩だ。
胡女旋舞の項が特に好きだな。
引いてる漢詩は失念したがその章をイメージするだけで駘蕩として来る。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 06:36:02 ID:G4iYjod5
漢詩はなんかすごく堂々としてかつ幻想的で好き
なんていうか壮大さと文体の気品さがある

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 12:02:59 ID:ThWLnn6t
その分中身が無い、つーか、見掛けだけじゃん。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 12:26:10 ID:YbDji99z
詩なんてそんなもんだろ。
それでも漢詩は詩の中では理屈っぽい方だよ。
4字になった時の中国語のリズム感っちゃ我々日本人にはわかりにくいからなぁ。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 18:46:24 ID:PIJ1Wk/T
やっぱチャンコロじゃん。
あッそうか、チャンコロなんだ。
そうよ、チャンコロですよ。
なーるほど、チャンコロでしたね。
で、チャンコロで決まりっすか?
まあ、チャンコロでしょうかね?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 00:19:40 ID:/HrtsT/+
漢詩も美しいね。
NHKでやってた江守徹朗読の漢詩紀行
とか見てると、なるほどこういう風土だからこそ
このように詠まれたんだなあ、という気がする。

漢詩の中の中国っていうのはなんとも瑞々しくて
緑と水と奥深い山々と神仙が混在してるのを感じる。
大きな河と空と風と流れる雲と月…
自然豊かだったんだろうなあ…(昔は)


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 00:53:51 ID:8Gdqitxh
作りたいけど平仄とか難しくて未だによく理解できないんだよな。
簡単に出来るとかうたわれてるけど覚えなきゃならないことは
相当多いみたい。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 01:16:35 ID:/HrtsT/+
「じゃりン子チエ」チエの父・テツの先生は
漢詩の権威なんだよな。
漫画の中の音読が正しいかどうかはわからんけど
先生の音読する姿は非常にカッコ良かった。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 09:46:37 ID:OEul7bvP
>>9
日本の李白研究の第一人者なんだよ。漫画の中だけど。
記念講演では李白の酒の詩を引用して自分との関わりを述べ、
教養高いウイットを見せつつ、聴衆席にいたテツからヤジを飛ばされると大笑呵々、非常に魅力的な人物だ。漫画の中だけど。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 04:27:34 ID:spttzdD/
『詩詞世界 一千四百首詳註』
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 04:29:20 ID:5Oy1uWT7
絶句と謂えば李白?
律詩と謂えば杜甫?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 15:23:58 ID:iOh530II
古文・漢文
http://academy5.2ch.net/kobun/

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/28(水) 07:38:31 ID:Wb1TC5sQ ?2BP(350)
>>8
韻とか大変なんだろうな

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/28(水) 13:35:41 ID:2x0C/D5G
同じ「ソウ」という音を持つ漢字で韻を踏んだかに見えて中国では別の発音だったりするからな

16 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/01(木) 21:12:25 ID:njsZknxO
馬を降りて君に酒を飲ましむ。王維

俺のネタはこれでお終い。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 00:24:45 ID:oHWhWokd
石川CHUQ先生萌え〜

18 : ◆NAMH.VE0VU :2007/03/04(日) 22:33:35 ID:KHnDRLYu
漢詩の主流からは外れる、というか
中国本国からすればなってない漢詩らしいが
幕末の漢詩はバキバキの男気が溢れてていい。
ほとんど自分の肉体のみで漢詩として成立させている。



19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 01:10:16 ID:oXQNqlYk
漱石、鴎外の漢詩とかは?

20 : ◆NAMH.VE0VU :2007/03/08(木) 20:57:31 ID:88rDaXdy
http://www.ccv.ne.jp/home/tohou/sen19.htm
鴎外はこれだな。
読むかぎりインテリの嗜み程度、って感じ。
それほど面白いもんじゃない。
http://www.tcct.zaq.ne.jp/tokuyohsu/kanshi/011.htm
漱石でみつかったのはコレか。
イメージに何の鮮烈さもない、
乃木さんのほうが詩才としては上じゃないだろうか

21 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/10(土) 00:20:14 ID:PBbpIPFj
魁、クロマティ高校のファンだろう?

22 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/11(日) 22:08:16 ID:BM6onDyu
マジレスをすると漢詩は俺にとっては枯淡とした
世界なんで、漱石の絶筆は悪くないと思ふ。

23 :rgrggrg:2007/03/11(日) 22:26:06 ID:8aJ5crgH
言葉も出ない漢文…
絶句!!
あ音〜員!!(ちなみに音+員=韻)

24 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/03/12(月) 16:03:40 ID:blnp7+Ki
ガキにゃ分からん世界だよな。漢詩は。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 16:56:56 ID:DM9uty5D
朝鮮人ぶっ殺し隊

http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1167749330/289

糞朝鮮人を日本から追い出し絶滅させましょう


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 19:30:52 ID:SEhlWCur
関連スレ(三戦)
三国時代の文学スレッド3
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1173074113/
そのまとめサイト
http://www.geocities.jp/sangoku_bungaku/

今2ちゃん全体で一番人気がある漢詩漢文スレじゃないかねw

27 :みたらしさん(砂糖醤油) ◆aglqL.ViKQ :2007/03/15(木) 18:29:53 ID:pE5bluci ?2BP(350)
>>26
三戦にそんなスレッドがあったんだ。
まあ、三国自体の英雄にも詩人はいたらしいしね、著名な。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 22:42:42 ID:0TxuIExh
>>26
ごみ箱スレからか?乙

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 01:48:38 ID:dWJk4TTj
>>27
杜甫が現れるまでは曹操の息子曹植が詩聖と呼ばれたんだぞ

30 : ◆NAMH.VE0VU :2007/03/25(日) 02:05:06 ID:D4rL6TYk
演義では曹植が曹丕に詰問された時に詠んだ
豆を煮るに豆殻を用いというのはどうも後世の創作のようだがね。
まとめサイト読んでみたらどうも諸説あるようだが、、、

日本の漢詩なら雲井龍雄に尽きるな。


31 :曹植:2007/04/01(日) 01:08:12 ID:sS4jlf4O
>>29
そ、そ、そ、そうなりか?・・・とほほ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 22:20:50 ID:rOc3VZO7

春眠の季節ですよね〜

ん、ニンニク臭いっ !

って、それは 眠眠 !


33 : ◆NAMH.VE0VU :2007/04/03(火) 17:50:56 ID:bkU6k6VO
ミンミンの餃子なんて安いだけが取り得じゃねえか。
宇都宮で美味いもんなんてひとつもくったことねえよ。
なんだ餃子像って。滅びろ宇都宮。

弘法大師さまの漢詩を最近知ったがすげえわ。
チベット死者の書クラス。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 22:42:46 ID:ayWW9BdS
>>29
曹植が現れる前は曹操が詩壇で結構幅きかせてた。
タイトル忘れたけど起句が「対酒当歌」。
酒に対(むか)いては当に歌うべし。と読むらしい。
曹操の漢詩はわりと骨太だったみたいだね。
大軍団で颯爽と戦場に現れてはいかさまなことをしてさっと引き上げ、
埒もないような詩を作って暮らしていた人、それが曹操。
人からは「曹操の噂をすれば曹操来る」
噂をすれば影、とばかりに皮肉ばかり言われていた人らしい。
不遜な梟雄がいい歌詠みだった例としては伊達政宗の例がある。
共通点は、詩の主人公が常に自分であること。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)