2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

詩に作曲した歌曲、合唱曲を語るスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 00:46:26 ID:8NlJwJr6
歌曲や合唱曲を通して、詩に触れるようになった人も多いと思うので。

有名な詩には、複数の作曲家が曲をつけていることがありますが
(ヴェルレーヌ「月の光」…フォーレ、ドビュッシーなど)、どの作曲家の
ものがよいかについても。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 01:17:39 ID:P6lnSfb7 ?2BP(2223)
合唱キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 01:58:42 ID:/4sZk1gv
いきなり池澤夏樹の「ティオの夜の旅」は邪道?w

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 04:04:39 ID:P6lnSfb7 ?2BP(2223)
じゃあいきなりティオを詩的な観点から見ようかw

全体的に意味が分かりづらい詩ではある。
もしかしたらただの言葉遊び的な感覚かもしれない。祝福とか。
その中でもローラ・ビーチの風景なんかはハッとさせられるよね…。

詩集「塩の道」に収録。小説だけど南の島のティオも読んでおこうな。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 00:54:50 ID:QsvilSln
とりあえずスレ立て乙
まずは基本

どの詩人に誰が作曲したかを調べるのに
http://www.recmusic.org/lieder/
http://www.musicanet.org/en/cherchen_less.php 
http://www.minc.gr.jp/ データベース検索でいろいろ調べられる。
http://www.geocities.jp/scaffale00410/

詩人個別
http://www.asahi-net.or.jp/~yp5k-tkn/music.html 高野喜久雄

>>3
池澤夏樹は池辺晋一郎からよく作曲されているけど、
「ティオ」ばかりが話題になる現状はちょっとカナシス

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 03:40:17 ID:pMEUaQ1q
伸びないねー
合唱板からリンクかけたほうがいいのかね

>5
池辺氏へ提供した詞は池澤さんが歌になるのを前提に作ったものだから
ティオの方がどうしても詩としての純度の高さが目立つように思う

そうそう、「見えない博物館」の中に「塩」と「潮」について書かれた文章があったよ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 01:05:27 ID:8QoIykud
もちろん作曲じたいが凄いのだが、
詩の読みに圧倒されるのが、三善晃。

初期は朔太郎、中也、立原道造が多かったが、
70年代から宗左近(彼の著書には、必ず三善への謝辞がある)、
後半からは谷川俊太郎が激増した。

宗、谷川、木島始らには、三善への書き下ろし作がある。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 21:55:41 ID:1zXnh39H
保守ついでに。関係スレ。

合唱曲にふさわしい詩
http://book.2ch.net/poem/kako/989/989578690.html
クラファンはどんな詩人が好き?
http://music.2ch.net/classical/kako/1018/10188/1018814005.html
合唱曲に使われている詩・詩人について
http://bubble5.2ch.net/test/read.cgi/chorus/1124599686/
合唱曲に採用されている詩について
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1043165491/
現代詩歌と現代音楽
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1115862530/

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 00:06:56 ID:DrAqquFi ?2BP(2223)
>>7
縄文連祷、???、路標

谷川の書き下ろし…?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 07:27:45 ID:Zv+v/ctl
>>9
愛の歌。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 23:49:03 ID:ZWBindap
椰子の実。高校の国語教師が授業中に歌って、なんかグッと来た。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 10:39:14 ID:FF9z+FOe
木島始を歌詞にした「遊星ひとつ」。
「バトンタッチのうた」に、詩集の帯にあった言葉が重層して出てくる。
悪く言えば、詩を変えているという人もいるかもしれないが
(少なくとも、時間順には、「原作」とは違う順番で言葉が耳に入ってくる)、
実際聴いてみると「あ、そうか。詩人の内部は、こういうふうに
地下水脈で結ばれているんだ」みたいに認識させられる。

詩の言葉の力でもあるが、三善の読み方の力でもある。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 01:19:03 ID:0m1C7KlN
詩篇(縄文)
縄文連祷、縄文土偶、海、波・・・
みな書き下ろしではなかったっけ。
あと、もちろん校歌や町歌のたぐい(ゆんゆんを含む)も。

夜と谺のテキストの「炎と谺」は、もとは林光への書き下ろし。
こちらもCDになってるね。


5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)