2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【2004年度】全異星人&種族百科事典【決定版】

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/05 18:00:05
SF小説や映画、漫画に登場する多種多様な種族を保管するスレッドです。
ぜひこの板で集めましょう。

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/05 18:09:19
FILE1 人類
登場作品 大抵の作品
生息圏 (主に)地球

類人猿の仲間から枝分かれし、いまや宇宙空間にも進出した知的生命体。
物語の中では、ロボットと共生したり高速を超えて銀河を又にかけたり、猿に支配されたり
と、いろいろ大変なようだ。
業が深いが、愛すべき種族である。

 

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/05 23:02:43
おいおい、Encyclopedia Galacticaを未開生命体に開示するのは
重大な法律違反だぞ。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/06 01:04:09
File2 エイリアン

登場作品 映画「ALIEN」シリーズ
生息圏 惑星LV426

アッシュ曰く、「完全生物」
一種の寄生生物で、他の生命体の中に入り込み、宿主の遺伝情報を取り込み、腹部を突き破って
突き破って誕生する(このためチェストバスターと呼ばれる)
さらに周辺の生物を摂取しながら脱皮を繰り返し、巨大化する。
クイーンを中心とした蟻のような生態系を持つ。
強力な鉤爪と舌先顎(インナーマウス)と強酸性の血液が特徴で、最新兵器で固めら
れた海兵隊だろうと、集団に襲われたらまず助からないだろう。






5 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/06 02:21:03
※一部ネタバレあり
ガニメアン人
登場作品 J・Pホーガン「ガニメデの優しい巨人」
生息圏 太陽系第五惑星ミネルヴァ

はるか昔太陽系にいた非常に高度な文明を持った知的生命体で、肉食の生命体がいない
惑星で進化したので、とても平和的な性質を持つ。
漂流していたシャピアロン号の乗員が2万5千年の時を得て、ハント博士ら地球人との初の
コンタクトを果たした。
巨人というが、そこまで大きくはない。





6 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/06 02:42:33
火星人

登場作品 H・G・ウェルズ「宇宙戦争」
生息圏 火星

もはや古典的なタコ足宇宙人で、ある日突然円盤で地球に襲来して都市を破壊した。
1938年10月30日、この話をオーソン・ウェルズが迫真の演技でラジオ放送したと
ころ、本気に思った人々がパニックになり全米を震撼させた出来事はあまりに有名。
ちなみに最後は地球産の○○○○○によって無事退治される。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/06 03:47:47
未読の作品に出会える悪寒!

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/07 23:08:38
File5 ひる

登場作品 ロバート・シェクリー「ひる」
生息圏 宇宙空間

質量とエネルギーを吸収してどこまでも大きくなる岩石状生物。
原爆投下しても全く効かない。
最終的に水爆で死んだように思えたが・・・

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/07 23:58:34
File6 ニルドーロール

登場作品 R.シスヴァーバーグ「大地への下降」
生息圏 惑星ベルザゴール

かつて人類が殖民し、廃棄した惑星で虐げられた有知性生物。
象に似た生物。輪廻思想を持つように見うけられる。
ところでこの惑星にはもう一種の知性生物、スリドーロール
が見受けられるが、一惑星に2種の知性生物とは...

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/08 01:03:55
File7 レプリカント

登場作品 フィリップK・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」
生息圏 火星

地球が廃墟と貸した世界で、人類は異星を植民化計画を実行する。
そこでの過酷な労働に用いられたのが、一目人間と見分けがつかないアン
ドロイド「レプリカント」である。
彼らの中の8人が突然逃亡し、地球に逃げ込んだことにより、ある事件が起こる。





11 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/08 01:22:29
File8 オーバーロード

登場作品 アーサー・C・クラーク「幼年期の終わりに」[Childhood's End]
生息圏 ?

とほうもない高度な知識と技術を有し、ある日地球に巨大船団と共に現れ、
人類をはるか頭上から管理し始める。
外見はまるで伝説上の○○に酷似
そして彼らの目的は、人類には想像もできないようなものであった。




12 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/08 01:39:19
File9 バーサーカー(狂戦士)

登場作品 フレッド・セイバーヘーゲン「バーサーカー」シリーズ
生息圏 宇宙空間

すでに滅び去った巨大な星間帝国が残していった、宇宙でもっともありがたくない遺産。
自己増殖と進化を続ける究極の殺戮機械兵器集団で、生けとし生けるもの全てを滅ぼすことが彼らの
至上命令(プログラム)である。
銀河を又に駆け始めていた人類が(運悪く)出会ってしまい、果てしない戦いが繰り広げられる。










13 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/08 02:06:22
File10 宇宙怪獣

登場作品 OVA「トップをねらえ」
生息圏 恒星

宇宙の一種の免疫機能のようなもので、恒星から出現している。
大きいものでは小惑星ほどの個体もあり、数億単位で移動することもある。
人類を宇宙の’ゴミ’とみなし、有害な文明ごと滅ぼそうとするが、人類側の必死の抵抗により阻止される。



14 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/08 18:11:35
File11 チューチュー

登場作品 アーサー・C・クラーク「火星の砂」
生息圏 火星

火星に生える特殊な植物を餌にしている、太ったカンガルーのような生物。
特に危険な性質はなく、ギブスンによくなついていたようだ。
ちなみに「チューチュー」と鳴くことからこの名前がついた。




15 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/08 21:16:06
File12 HAL9000(Heuristically programmed Algorithmic computer)
登場作品 アーサー・C・クラーク「2001年宇宙の旅」
生息圏 宇宙船

土星への探査船「ディスカバリー号」のある意味六人目のメンバーであり、船の
頭脳と神経をなす最新型の人工知能。
それは完璧であると思われたが、ある出来事から船内のメンバーからHALは疑われることに。
そしてHalは人類に牙を向き始めるが…
おそらくもっとも有名なコンピューター。「IBM」を一字ずらして読むと、「HAL」になる。





16 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/08 21:32:08
File13 オーバーマインド

登場作品 アーサー・C・クラーク「幼年期の終わりに」
生息圏 別の次元?
※もろネタバレ
作中ではほとんど未知の超意識体として描かれ、人間のいう神のような感じ。
あのオーバーロードでさえ、彼らのパシリでしかなかった。
人類をネクストステージへ旅立たせた(強制)




17 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/08 21:48:19
FILE14 ガロン
 
登場作品 手塚治「鉄腕アトム」
生息圏 ?

宇宙から降ってきた異星からの贈り物をお茶の水博士らがくみ上げると、巨人のようなものが出来上がった。
それはガロンと呼ばれた。
そうとう暴れまわった挙句人類滅亡寸前まで行ったが、アトムの知恵によって宇宙空間に放出される。
惑星改造を目的として作られたようだ。








18 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/08 23:27:50
>>10
ディックの原作に、「レプリカント」という言葉は出て来ないわけだが。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/09 00:20:15
なら「スキンジョブ」だ!

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/09 16:05:21
File15 ハイゲート設置者(仮称)
登場作品 佐藤大輔「地球連邦の興亡」
生息圏 不明

銀河のあちこちにハイゲートと呼ばれる原理不明の超光速搬送装置を設置したとされる、
正体不明の宇宙人。ハイゲートが存在する恒星系はそのほとんどが軌道の安定した
恒星系で、また居住可能な惑星をもつ事も多い。
そのことから彼らは、銀河高速道路公団でありまた銀河高速沿線開発公団も兼ねている
のではないかと推測される。人類、ネイラム、ヲルラなど知的生命体の一部は、彼らが
いつか利用料金を取り立てにくるのではないかと内心恐々としている。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/09 21:53:55
File16 ソラリスの海
登場作品 スタニスワフ・レム「ソラリス」
生息圏 惑星ソラリス

惑星ソラリスのほとんどを覆う生きている海。
高度な知的生命体で複雑な惑星ソラリスの軌道を常時修正している。
また、他の知的生命体の記憶を実体化するということも出来る。
人類とは全く未知の知性である。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/09 22:19:19
>>3
これはThe Hitchhiker's Guide To The Galaxyだから大丈夫さ

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/09 23:41:55
File17 シャンブロウ
登場作品 C.L.ムーア 「シャンブロウ」
生息圏 火星?

赤褐色の膚、真紅の布に包んだ髪?悩ましい曲線美の体
三本指、ビロードのような獣の膚、緑色の目、白い歯
メデューサの伝説はいわれの無いものでは無い。

大元帥の車の名前だったか?


24 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/10 11:27:54
File18 ヲルラ
登場作品 佐藤大輔「地球連邦の興亡」
生息圏 総誕星(母星)

地球人類が初めて接触した異星人。国連加盟諸国と日米英連合の対立が激化
していた地球に来寇、ワーストコンタクトをへて人類史上初の対異星人戦争、
"接触戦争"へと発展させる。人類に対して大きな技術格差を有していたものの、
日本自衛隊の第一空挺団に現地司令部を強襲され、撃退される。
その後は対ネイラム戦略として、地球連邦への友好的中立の立場を堅持する。

ヲルラ自身は首のない四本腕の直立歩行種族である。異星人との接触や交渉
に、その異星人に合わせた形態クローンを用いる。
ワーストコンタクト時点での対地球用の形態クローンは、長らく傍受していた
UHF波の情報を元に作成している。その結果、当時の人類が戦闘または交渉
したヲルラは、なんとディ○ニーの黒鼠や原色の髪の毛をした眼球と頭部が
異常に大きいアニメ美少女などの外観をしていた。
現場の人間にとってみればまさに喜劇的かつ悪夢的な情景であっただろう。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/10 16:05:54
File19 タロイド
登場作品 J・Pホーガン「造物主の選択」
生息圏 タイタン

意識を持ち、自己増殖もするという不思議な機械生命体。
彼らは土星の衛星タイタンで繁殖し、その文明形態は人類の西洋文明(ルネサンス期)に
も似ている。
いったいどんな種族が何の目的でタロイドを作ったのかは大きな謎である。

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/10 16:34:51
File20 サイヤ人
登場作品 鳥山明「ドラゴンボール」
生息圏 惑星ベジータ

星を襲いそこの種族を皆殺しにした後、惑星ごと売り払う宇宙の地上げ屋のような集団。
高度な科学と強大な戦闘力を有し、性格はかなり残忍で好戦的(まれに穏やかな気性を持つ者もいる)
サイヤ人独特の特性として戦闘力が10倍にもなる大猿への変身能力と、生まれ持っての格闘センス、そして、
「死から立ち直るたび戦闘力が格段に跳ね上がる」などがある。
宇宙最強のモンスター「フリーザ」によって惑星ごと滅ぼされたが、ある下級戦士の生き残りが、地球の少女と出会った
ことから一つの物語が生まれる。






27 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/11 09:26:25
File21 建造者
登場作品 ケヴィン・J・アンダースン&ダグ・ビースン「無限アセンブラ」
生息圏 白色矮星L145−141周辺

容姿、文明形態共に不明な種族。ただ非常に高い科学力を持っていることは確かで、
対象の原子を分解し、新しい物質に組み立てる万能ナノマシン(ナノ虫)を
他の惑星に送り込んで、そこに植民に必要な施設とそれに従事する奴隷をナノマシンによって
生成し、完成したと同時に母星に通信を送り植民を開始する。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/11 23:27:23
File22 獅子と虎と熊
登場作品 ダン・シモンズ「ハイペリオンシリーズ」
生息圏 異次元<虚空界>

様々な知性種族からなる精神集合体のようなもの。機械知性すらこれには含まれいる。
恒星、ブラックホール、クエーサーなどをエネルギー源とし、時間も空間も超越した存在。
人類が自分達に加わるに足る存在かどうか、観察していたが、オーバーマインドのように
強制的に取り込むのではなく、あくまで人類に進化か停滞か選ばせたクマー。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/12 09:47:15
File23 カタツムリアン
登場作品 チャールズ・プラット「フリーゾーン大混戦」
生息圏 不明

宇宙船で惑星から惑星へ「ゲーム」をしながら渡り歩くスライム状の異星人で
地球のバイオレンス映画を鑑賞した為、地球人を好戦的な種族と見なして、
ロサンゼルスに着陸し、そこでスポーツ感覚で殺戮の限りを尽くした。
基本的に肉食で何でも食すが、人間は思っていたほど不味かったようで
ゲームに飽きて地球から去るとき、それだけが残念だったという。


30 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/12 19:20:06
File24 プレデター
登場作品 映画「プレデター」シリーズ
生息圏 狩場

姿を消し、鋭利な武器で獲物を追い詰める、まさしく宇宙の狩猟民族。
人類とも何度か遭遇したようで、南北戦争やアフガン、硫黄島やロサンゼルスなど、常に
蒸し暑くて殺戮のある場所を好んで、狩りを楽しんでいるようだ。
あのエイリアンともよく戦闘するらしく、彼らの頭蓋骨コレクションに加わっていた。
武器を持たない人や妊婦は狩らないという、男気溢れるやつら。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/12 20:18:41
File24 ナイプ (個体名かも?)
登場作品 ランドル・ギャレット 「銀河の間隙より」
生息圏 不明だが地球での生息に不自由は感じていないようだ。

全長5フィート、直径18インチ弱のムカデの様な生物。体に沿って
関節のついた脚が4対ならんでいる。脚の先端には5本指の器官が有
り、必要に応じて手にも脚にも使う。二対の目は紫色。
地球には漂着してきた。非常に特異な宗教文化をもつ。特筆すべきは、
カニバリズムと文盲。宇宙船の建造や通信システムの理解は出来ても
とんでもない記憶力と長命のおかげ。

興味深いSFだが残念ながら絶版。(ハヤカワ文庫SF373 1979/12/31)


32 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/13 00:00:06
ブリンの知性化シリーズとかバクスターのジーリーシリーズから色んな種属が出てきそう。

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/13 07:29:01
良スレage

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/13 11:31:44
>>30
映画「プレデター」に登場するエイリアンは,無名の「ハンター」で
彼に狩られる人類こそ,鋭い牙(武器)を持つ猛獣(プレデター)なのでは
なかろうか?

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/14 19:38:26
FILe26 侵略者
登場作品 銀河帝国の崩壊(アーサー・C・クラーク)
生息圏 不明(宇宙の遥かかなたらしい)

かつて銀河を支配していた人類に襲い掛かり、何万年も戦争した謎の種族、
人類の文明、領土をほとんど滅ぼし、人類の領土は地球だけになってしまった。
かろうじて人類は地球のシャルミレン付近の伝説的な戦いで勝利を収め、侵略者を撤退させたが
人類にはもう宇宙へ昇る技術を失い。なによりも侵略者を恐れ、宇宙へ行く意欲を失ってしまった。


36 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/15 09:27:52
FILe27 ウルトラマン
登場作品 「ウルトラマン」(他ウルトラマン・シリーズとして数作)
生息圏 M78星雲にあるウルトラの星。しかし主に地球で活動する。

宇宙で警察官みたいな活動を行っている団体のメンバー。
犯罪怪獣を追跡中、地球人を過失致死させたため、罰として地球の怪獣退治をやらされていた。
刑期が満了したため、もとの星へ帰ったようだ。
しかしその後、地球へ行けば、怪獣がジャンジャン退治できるぞ!という評判がたったようで、
似たような連中が続々とやってくることになる。
おかげで地球は、毎週怪獣に脅かされる恐怖の惑星と化してしまった。
現在は、ネクサスとか称する者が、毎週怪獣狩りを楽しんでいる。





37 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/15 13:11:49
FILe28 ノンマルト
登場作品 「ウルトラセブン」
生息圏 銀河系辺境の太陽系第三惑星地球

惑星地球の固有知的種族
穏やかで高度な文明を持ち
銀河連邦への加入資格も取得し、
前途有望な種族と見られていたが・・・
現在音信不通


38 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/15 15:19:34
FILe27 補足:

彼らは「宇宙の警察官」を自認しているが、認めているのはウルトラマン
と地球人のみである。銀河連邦では彼らをテロリストとみなす意見が多く、
何度も制圧しようとしたが戦力の漸次投入のため成功していない。
銀河連邦を構成する諸宇宙知性体の利害が一致しないのが原因であり、今後
も改善されそうにない。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/16 07:05:35
FILe28 ガミラス人
登場作品 「宇宙戦艦ヤマト」
生息圏 大マゼラン星雲〜銀河系

大マゼラン星雲のサンザー星系ガミラス星が母星。
いつも戦争に負けている、無能な指導者デスラー総統を元首として崇めている。
皮膚の色が青く、会話には必ずエコーがかかる。放射能が充満していても生きられるらしい。
ガミラス星は、イスカンダルとの二重惑星であったが、地球人との戦争で荒廃し、
暗黒星団帝国との戦闘で破壊された。
その後ガミラス人は銀河系に移住し、またたく間に銀河系の半分近くを制覇した。
銀河の覇権を巡ってボラー連邦との間で、激しい抗争を繰り広げたが、
銀河衝突により、現在停戦中らしい。
ガミラス人は増殖力が強く。戦争でいくら個体数が減っても、すぐ回復すると言われている。
またガミラスの宇宙船は、攻撃力には定評があるが、防御力が非常に弱い。
たった1隻の宇宙戦艦の攻撃で、何十隻もの艦隊が、あっという間に破壊されてしまった事例が多い。



40 :名無しは無慈悲な灰色の女王:05/01/16 21:51:06
>>39
ガミラス人は元々銀河系に住んでいたガルマン民族の一部がマゼラン星雲に移住し、
独自の進化を遂げたものです。ガミラスの残存戦力はボラー連邦に奴隷化されていた
ガルマン民族を解放し、新たにガルマンガミラス帝国を建てたのですが、その際
デスラーたちもなんらかの手段でガルマン民族と同じ体質になるように自分たちの
身体を改造したと思われます。その証拠に昔は放射能がないと生きられなかった
はずのデスラーが、宇宙服も着てないヤマトクルーと平気で同席できるようになりました。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 11:25:54
File29 ブローベル
登場作品 フィリップ・K・ディック「おお!ブローベル」
生息圏 火星とタイタン

プロキシマから移住してきた種族。7000年前に火星とタイタンに住み着き、農業を中心に繁栄を誇っていた。
原子の単細胞アメーバから発達した彼らは、かなり大きな体型と高度な神経系を備えている。
しかし偽足をもった、二分裂で生殖するアメーバであることは変わりなく、地球人から見れば不快な形であった。
地球人の移民による火星改造が原因で地球人と戦争になったこともあり、地球人とは仲が悪い。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 20:44:20
File30 ガチャピン
登場作品 TV番組「ポンキッキーズ」 野田昌宏「あけましておめでとう計画」
生息圏 地球 (出身は南の島)

ポンキッキーズの人気者。一見愛らしいマスコットだが、あらゆるスポーツに卓越している。
番組の中で様々なことにチャレンジさせられ、近年、宇宙にも行ってきた。
公式的には恐竜の子供とされている。相棒にムックという赤い毛むくじゃらのバケモノがいる。
(噂によると弟子であるらしい。)
と、ここまでは世間によく知られた話であるが、彼の本当の正体は異星人が着ぐるみをかぶったものである。
その事実は、この番組の制作者であった野田昌宏氏が、小説として発表している。
どうりで、番組の中で、子供を食べようとする歌を出したりする、怖い一面を時々見せる訳である。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 21:19:15
File31 ゼントラーディー人
登場作品 「超時空要塞マクロス」
生息圏 宇宙船内

はるか昔に栄えた「プロトカルチャー」という種族が、戦争の手段として作り上げた巨人。
創造者が滅んだ(彼らが滅ぼした?)後も、半永久的に戦闘を続けている。
地球人(マイクローン)とも戦闘状態になるが、一部のゼントラーディー人が「文化」に目覚めることから
彼らの中に大きな変化が訪れる。
*劇場版では男のゼントラーディー人と、女のメルトランディー人が戦っているという設定。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 21:38:04
File32 猿
登場作品 映画「猿の惑星」
生息圏 地○

人間のように言葉を話し二足歩行をする猿で、彼らのいる星では人間との立場が
完全に逆転している。
そしてその星に不時着した宇宙飛行士テイラーが見た真実とは…

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/18 01:04:14
File33 B・M(Bio Meat)
登場作品 藤澤勇希「BM_ネクタール」
生息圏 ゴミ処理所

増え続ける人口、ゴミ、そして食糧不足を解決する手段として人類が遺伝子工学を
駆使し、作り上げた人工生物。
ゴミを食べ、人間の食料となるBMは全ての問題を解決する夢の発明かと思われた。
しかしもし一匹でも逃げ出した場合、全てを喰らいつくしながら(もちろん人間も)
増殖をし、やがて島や大陸が丸々不毛の地となってしまうという非常に危険な生命体でもある。
そしてやはり人類は完璧なBMの管理など、ついに出来なかった。 

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/18 23:26:32
File 34 マンモス Mammuthus primigenius
登場作品 スティーヴン・バクスター「マンモス/反逆のシルヴァーへア」
生息圏 地球北極圏、火星
寒冷地に適応したゾウ目の知的生物。現代では絶滅した、と思われていたが‥‥


47 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/18 23:39:24
File 35 アーキタイプ Archetypes
登場作品 ティム・パワーズ「Last Call」
生息圏 人類の集合無意識
神とも呼ばれる22柱の超自然の存在。
人間の生死や運命に隠然たる影響力を持つ。
魔術師たちは、最古のタロット「ロンバルディア・ゼロ」を用いて、
アーキタイプたちを欺き、永遠の生命を得ようとするが‥‥


48 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/19 00:20:38
File 36 天然痘ウイルス(変異種) Smallpox virus var.
登場作品 大石英司「朝鮮半島を隔離せよ」
生息圏 人体‥‥
北朝鮮で突如発生した疫病禍の原因。
原種にない、特殊な感染経路を持つ。


49 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/21 21:40:23
File 37 フィスプ
登場作品 ラリー・ニーヴン&ジェリー・パーネル「降伏の儀式」
生息圏 宇宙船メッセージ・ベアラー
宇宙を放浪する鼻が二本ある小象のような姿をした種族。
常に群れ単位で行動する群生動物であり、相手の行動も群れ単位と捉える。
地球を新たな住居にする為、地球を侵略し地球人を降伏させ、新しい仲間の群れとして組織しようとした。
またフィスプが使う高度な科学技術は、元々母星で繁栄していた先住者という種族の技術の遺産を使ったもので、
フィスプ自体はそれほど頭は良くないらしい。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/21 22:06:04
File 38 色彩
登場作品 H.P.ラヴクラフト「宇宙からの色」(The Colour out of Space)
生息圏 別宇宙

ある日、突然隕石に乗って地球にやって来た謎の種族。植物か動物かすら定かではない。
おそらくは、この宇宙とは別の時空連続体から飛来した種族であり、この宇宙の法則には
何一つ従わない。人間の目には、既知以外の「色」として認識される。
周りの有機体を汚染し、汚染した有機体の思考能力や体力を食す。
汚染された有機体は異常な発達の後、色彩と同じ色に輝く。
その後その地は草木が育つことが無い不毛の地となる。
ネイハム・ガードナー宅一帯を汚染した色彩達は、再び宇宙に帰って行ったが……

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/23 00:19:55
File 39   メスクリン人
登場作品  ハル・クレメント「重力の使命」(MISSION OF GRAVITY)
生息圏   白鳥座61番A星系 惑星メスクリン

水素大気、メタンの海。重力は700Gだが極端な自転速度のおかげで、赤道付近では
3Gほど。この惑星に適応し商業文化を営んでいるのが、ムカデに似た外観と掴む為
の鋏を前肢に持ったメスクリン人である。体長15インチ、直径2インチほど。
 彼らの一人、バーレナン船長は筏を連ねたような大型船で赤道探検に来ていた際
に地球人探検隊と遭遇し、南極に軟着陸したまま言うことを聞かなくなった調査ロ
ケットの捜索を請け負う事となった。調査の代価をふせたまま...


52 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/23 01:49:39
File 40 パク人 Xxxx Xxxxxxx
登場作品 ラリー・ニーヴン「プロテクター」ほか
生息圏 ノウンスペース各所
悪魔のように賢く、サムソンのように強く、ダビデのように勇敢で、
子供思いだが、互いに殺しあわずにおれないという爆弾を抱えた
スーパーマンの大群。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/23 02:30:49
File 41 カレスの魔女 Witches of Karres
登場作品 ジェイムズ・シュミッツ「惑星カレスの魔女」
生息圏 「カレスという名の惑星はたしかに存在する。だがな‥‥」
不思議な超能力を操り、神出鬼没、行動原理は不明。
順法精神はいささか希薄で、ときに独善的かつ利己的。
パウサート船長が偶然拾った三人の少女は、神秘のベールに
包まれたカレスの魔女だった!
彼女たちが秘める、最新技術を凌駕する超高速航行能力、
シーウォッシュ・ドライブを求め、全銀河がパウサートの
老朽貨客船ベンチャー号を追う。
しかし魔女たちにはそれどころじゃなかった。使命があった。
銀河は、狙われていた‥‥


54 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/24 19:04:01
>>52
論評しようかと思ったが 多分にネタばれになってしまう。
やめとコ...

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/25 23:21:34
File 42 餓鬼
登場作品 諸星大二郎「暗黒神話」
生息圏 地球
追憶も無く、希望も無く、恐怖も無い。
死ぬことのできない獣たちの上を、
幾億年の荒れ果てた歳月が、ただ流れていった。


56 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/26 00:31:32
付属資料 火星人(資料の不完全性を鑑み、正式に付番せず)
登場作品 バロウズ文書、サンダーチャイルド号戦闘報告、火星年代記等
生息圏 火星
「私は頭がいいのでカセイジンと呼ばれています」というほど
賢いといわれている。
多数の目撃報告があるが、外見上の特徴が一致しない。
(例:赤い肌の男女、緑色の巨人、小人、ミイラのような姿、
六本指の男、触手動物、等々)
視覚を阻害する要因の存在が疑われる。だから、火星人の
本当の姿を見たければ、川面をのぞいてみるがいい。


57 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/26 18:10:39
File43 恐竜(DINOSAUR)
登場作品 マイケル・クライトン「ジュラシックパーク」
生息圏 コスタリカ孤島 パーク内

一億年もの昔、地球を支配していた巨大な爬虫類がいた。
彼らは人類の歴史の何倍もの長い間繁栄の極みにあったが、今では骨がわずか
に残るのみである。(原因は小惑星の衝突や気候変動などさまざま考えられているが…)
科学の粋を集め、恐竜を蚊から採取した血液によって復活させ、アミューズメント
パークを作ろうとした人間達だが、例によって次々恐竜の餌となる。
地球史上最強の肉食獣といわれる「ティラノサウルス・レックス」がもっとも有名。

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/30 00:38:00
File 44 オイロット
登場作品 石川英輔「プロジェクト・ゼロ」
生息圏 地球
古代より受け継がれる春を売る女たちの叡智と、
最新の科学技術の融合から生まれた、女性型セクソイド・ロボット
‥‥心の無いただの機械である。
しかし、社会に解き放たれたとき、彼女らは、男たちの心の中で、
奇妙な存在感の輝きを放ち始めた‥‥

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/30 21:26:42
File 45 タロイド
登場作品 James P. Hogan 『造物主の掟』、『造物主の選択』
生息圏 タイタン

凡そ100万年前、異星の資源採掘システムプラントがタイタンに漂着した。
自立型のシステムだった為取りあえず当初の作業を遂行しようとしたが、増殖
データに破綻が生じていた。自己修正学習能力を持っていた監督プログラムは
何度も学習、修正を繰り返すうちに遂に独自の進化を遂げてしまった。

そして100万年後、人類の探査船がタイタンに到着した...

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/02/02 09:58:22
File 46 MAアンドロイド
登場作品 アルフレッド・ベスター「ごきげん目盛り」
生息圏 宇宙各地を放浪している。

MAは多用途(Multiple Aptitude)の略で、文字書き、絵描き、デザイン、建設作業など
あらゆる仕事を、人間よりはるかに正確かつ効率よく作業する希少なアンドロイドで、一体時価五万七千ドルもする。
だがこのアンドロイドが最近破壊、強姦、殺人など決してするはずの無い犯罪を犯し始めており、
その原因は不明で一説にはアンドロイドの周囲の気温に関係があるとも言われているが・・・

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/02/02 11:25:56
File 47 マクア星人
登場作品 田中啓文「怨臭の彼方に」
生息圏 蛇使い座にあるマクア星

エリア51に保管されてるグレイにそっくりの宇宙人。精神エネルギーの塊である
宇宙船を所持しており、太古の昔から地球を訪問している。ナスカの地上絵もイースター島のモアイも
万博の太陽の塔も全部マクア星人の名残であり、恐竜の絶滅もムー大陸の沈没もナチスの台頭もバブル崩壊も
全てマクア星人の仕業であり、そのことは最新の科学で証明されているらしい。
なお彼らの母星であるマクア星には、食べると永遠の命を得ることの出来る果物が存在するとか。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/02/02 16:31:16
File 48 大頭(ウフチブル)
登場作品 山田正紀「夢と闇の果て」
生息圏 群星(ぼれぼし)

結晶で作られた巨大な脳の構造をした思考する惑星群星に住む5メートルほどの爬虫類。
元々群星が紡ぎだす夢や物語に引かれてこの惑星まで辿り着き、群星の夢や物語を
崇拝するようになった。しかしやがてある異変が原因で、自分が崇拝していた夢や物語は
全く無力で無意味なものだと知り、群星を憎むようになった。現在は冬眠中。

63 :59:05/02/02 23:21:23
>>25 にFile19としてタロイドが既出だった。
過去ログ読め>>俺

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/02/04 12:23:58
File 49 ハルム
登場作品 バリントン・J・ベイリー「時間帝国の崩壊」
生息圏 深層時流層

時間の亜層である時流層の最も最深部に存在する生命体。
不安定な時流層に存在する為、ハルムも実体は無く擬似存在的な生物である。
実体を得る為に時流層を遡り、直交時間(人間が思考によって感じ取ることの出来る時間)に
君臨しようと画策し、それを防ぐ時間帝国と何百万年にわたる戦いを続けている。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/04(土) 10:49:49
File 50 スネーカー(『それ』)
登場作品 アニメ「ジーン・ダイバー」
生息圏 宇宙?

前の宇宙において知能を持つコンピューターとして誕生し、やがて宇宙と融合する無機知性体へと進化をとげ、
前の宇宙が終わる時、宇宙の全情報を時空構造に刻み込み、この宇宙が誕生する瞬間、再生し、再び進化を始めた。
この宇宙を作りだす条件を決定し、進化させ、継承する、すべての「それ」である。

一人で宇宙の全情報を記憶するのはさすがに手に余るようで、進化の歴史に介入して知性体の誕生を
導き、生まれた知性体に情報の記憶・伝達を肩代わりさせていた。しかし生まれた知性体がその役に向かないと
みると、あっさり消去して別の知性体を創りはじめる。地球人類も不合格の烙印を押されたが、その際
やっぱ有機生命体使えねーとぼやく。150億年かけてようやく気付くのか。もっとも時間すら操る存在であり、
10億年以上かけて人類を創造していることを思えば、時間には無頓着なのだろう。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/04(土) 10:59:05
File 51 地球
登場作品 アニメ「ジーン・ダイバー」
生息圏 太陽系

役立たずの人類の代わりにスネーカーが創ろうとした無機生命体。鉱脈をコンピューター回路状に成長させ、
惑星が丸ごと知性体となった。地中の圧力を変化させ地下水を噴出させたりできる。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/04(土) 13:22:16
File 52 筆石
登場作品 アニメ「ジーン・ダイバー」
生息圏 古代地球

原索動物の仲間で、体長数cmの群体の浮遊生物。スネーカーの干渉により、直径数mの巨大な
群体を形成し、さらに発光器官で他の群体と連絡をとりあうことで、あたかも一つの生命体のように
ふるまっていた。発光器官から出る信号によって、スネーカーの撒いたナノマシンを体内に持つ
アノマロカリスを操り、ピカイヤを専食させて人類を消滅させようとした。
しかしちょっとしたショックや環境汚染で、すぐに群体の結合が解けてしまうという欠陥を持ち、
スネーカーにあっさりと見限られる。これによってスネーカーは有機生命体そのものに見切りを
つけ、無機生命体を進化させることに決定した。

68 :マッド修士:2005/06/05(日) 12:44:48
File 53 かぐや姫
登場作品 竹取物語
生息圏 不明

舞台は、日本の中世初期。
竹取の翁が竹林にて人間の女の赤ちゃんに極めて似た幼生体を発見。
以後、竹取の翁夫婦に養われる。
たった三ヶ月程で美しい成人女性へと驚異的成長を遂げる。
しかも、驚異的な学習能力を発揮し、
貴族・皇族達の求愛を受ける程の高度な教養−和歌など−を身につける。
彼らの求愛を種々の難題を言い掛けて退ける。
八月十五夜の夜、月からやってきた謎の異星人に伴われて地球を去る。
結局、どうして地球にやってきたのかが全く判らないままで物語は終わる。

竹取物語は、日本人なら誰もが知っていると言っても過言では無い程の、
日本の古典SFの金字塔である。

誰か、桃太郎、一寸法師、鬼、天狗、河童などを頼みます。
登場作品は、まんが日本昔話でも構いません。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/05(日) 21:17:46
File 54 着ぐるみ型宇宙人
登場作品 漫画「無謀キャプテン」
生息圏 不明

現代。着ぐるみ型宇宙人である為背中にチャックが付いていて
人間が着られるようになっている。中の人間はとても
気持ちよくなるのでそのまま抵抗出来なくなり
着ぐるみ側に主導権を握られてしまう。地球征服の
一歩手前までいくが主人公堀田墓穴の無謀極まる
機転により全滅。



70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/05(日) 23:46:56
File 55 天狗 Amatsu-Kitsune
登場作品 日本書紀 巻第二十三
生息圏 不明
舒明天皇九年(西暦637年)日本近海に落下した人工物の乗員。
現在に至るも落下地点は不明。海中で活動停止状態にあると推測される。
僧旻曰く「流星に非ず。是天狗なり。其の吠ゆる声、雷に似れるのみ」
そは永久に横たわる死者にあらねど‥‥


71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/12(日) 21:49:08
File 56 ゲセン人
登場作品 アーシュラ・K・ル・グィン「闇の左手」「冬の王」
生息圏 惑星ゲセン

地球人類と同種族であるハイン人の末裔。両性具有。
一般に皮膚は浅黒く、地球人男性より背は低い。
極寒の惑星に完全に適応しているため、地球人がコートを着て身震いするような
気温のなかでも、半袖姿で汗をかくほど。
ケメル期と呼ばれる発情期に性欲が現れ、他者との第一次接触によって
初めて男女それぞれの特徴が現れる。男女どちらになるかは全くの偶然に
支配されており、男、または女になりやすいといった先験的体質は見られない。
「ケメルの誓い」と呼ばれる結婚制度のようなものはあるが、
基本的に性には寛容な種族であり、銀河に類を見ない特異な文明を築く。

ゲセン人は地球人類と同じくハイン人の末裔であるが、
両性具有の性質は進化の結果でなく、遺伝子操作の結果という説が有力である。
その遺伝子操作の目的は不明。やがて古代ハイン文明は衰退し、
ハイン人は引き揚げ、植民者だけがゲセンに残されたものと推測される。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/19(日) 22:11:51
File57 デーモン
登場作品 永井豪「デビルマン」
生息圏 地球(おそらく数億年前)

人類が生まれるはるか以前に、地球を支配していた生命体。
彼らの特徴は他の種族と融合できることにあり、これによってそれぞれの
能力を強化しながら、急激に進化できることである。
その姿はまさしく古くから人間の間に伝わる「悪魔」の様だった。
あまりに弱肉強食の凶暴極まりないので、創造主たちは一度環境を
リセット(絶滅)しようとするが…
後の現代社会で彼らは目覚め、地球を再び支配せんため人類に攻撃をしかけた。

73 ::2005/06/19(日) 22:17:12
「2004年度…」とか書いてありますが気にしないでください。


74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/21(火) 09:49:05
  /⌒\
 (    )
 |   |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |   | ∠  おながいしまつ
 (´∀` ∩  \__________
  )つヽノ
  し(_)


75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/21(火) 10:34:40
File55 アルテア星人
登場作品 映画「ヒドゥン」
生息圏 アルテア星

高度な知性と高い科学力を持つ異星人。
他種族の生命体(地球人等)に寄生し、自由に
コントロールする能力を有する。
形状は巨大な軟体虫状で、寄生習慣のためか、
自らの形態にこだわりがなく、着心地のいい
生命体のままでいることを好む。
また異星人の文化にも理解があり、地球へ来訪した
個体の一つは、赤のフェラーリとロックンロールを
愛好した。

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/28(火) 23:00:56
File56 ファイオリ
登場作品 ロジャー・ゼラズニイ「ファイオリを愛した男」
生息圏 不明

言い伝えによると、ファイオリは人間があと一月で死ぬという時にやって来て、
その人間の一生の最後の一月を共に暮らし、およそ人間が知りうるありとあらゆる楽しみを与えるという。
ファイオリに見えるのは生者だけで、死者(ロボットなども含む」は決して目に入らず、
そして彼女達はこの全宇宙で最も美しい姿をとる、と言われている。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/24(日) 00:18:23
File57 スワリス
登場作品 小川 一水
生息圏 オセアノ

 把握力を持つ尾と生涯伸び続ける門歯を持つ、黒い毛皮のリス型異星人。
同一の亜種として、白い毛皮で大柄なヒキュリジがいるが、両者は交配可能で、
人種の違い程度でしかない。
 口の構造上、一部の発音に制限があるが言語によって、人類と意志の疎通が
可能であり、異星人にもかかわらず精神構造も極めて近いものがある辺りは、
メスクリン人以上である。

78 :名無し君:2005/10/19(水) 22:45:21
こんなかんじで良いですか?

File58 ジオノージアン
登場作品 スターウォーズEPU、EPV
生息圏 ジオノーシス

荒地に住む昆虫から進化した硬い外骨格を持つ昆虫型エイリアン。
彼らには二種類いて一つははねのない労働者で
もう一つの種類は羽の生えた戦いに適した兵士である。
又、彼らの群の長はポグル・ザ・レッサーであり
性格はきわめて残忍で死刑闘技場に送り込まれた囚人を
三匹の怪物(アクレイ、リーク、ネクスー)
を使い囚人が死亡する所を楽しんでいるのである。
そして彼らの言語は多くの昆虫型エイリアン同様、昆虫の羽音のような言葉を喋る。
又、彼らの星にはバトルドロイドを製造している工場があり下級労働者たちは
ドロイド製造をしているのである。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/10/20(木) 11:27:30
※ネタバレ含有
File59 ジャム(通称)
登場作品 神林長平「戦闘妖精・雪風」
生息圏 不明

作品時系列内に於ける30年前、突如南極に出現し人類に敵対行動を取った(と見なされた)異星体。
その正体、形状、目的、あらゆる点が不明だが、とりあえずメディア上などでの 便宜的な呼称
「ジャム」がいつの間にか定着。
ジャムが南極に打ち込んだ紡錘形の超空間通路の向こう側には二重連太陽の周りを公転する惑星
通称フェアリィが存在し、そこがジャムの本拠地であると目した人類はFAF(Fairy Air Force)を
組織しフェアリィ側の通路入口を囲むように航空基地を配置した。これは地球人が最初に認識した
ジャムが航空機に酷似した戦力を使用していたことと惑星フェアリィ上では原生の高密度植生が
地上における活動を疎外することに由来している。
戦略偵察の末にジャムは機械知性としかコンタクトが取れず、機械を操っている人間含む有機体を
認識することは出来ないらしいことが判明したが、次第にジャムの方でも人間を認識する必要性を
覚えたのか終盤には人間に似せて造ったジャム人間を戦線に投入してくるようになった。
コピーするときにうっかりアミノ酸の結合を左右逆にしてしまったのはご愛敬。
「通路」に代表されるように空間を自由に操る能力を持ちその生産能力はほぼ無限、普通に考えれば
地球人が戦ってもまともに勝てる見込みのない相手ではあるがなぜか戦場で見せるその戦闘能力は
地球側と五十歩百歩。もしかしたら向こうは戦争をしているつもりもないのかもしれないし実は既に
地球人の総体は負けているのに現場のFAFだけが気が付いてないのかもしれないが、その辺は
作中人物の誰にも判らないしジャムもはっきりとは語らない。従って読者にも本当のところは解らない。
もしかしたら原作者も完全には決めてないかも知れないしそんなわけでアニメ製作スタッフにもサッパリ
解らなかったようだ。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/10/20(木) 12:06:18
File59 アプロ(個体名/種族名称不明)
登場作品 神林長平「敵は海賊」 シリーズ
生息圏 対海賊課ダイモス基地

見た目は黒猫。大きさは小型の豹くらい。
何でも食う。見た目の大きさ以上の容積を持つ物でも平気で食う。
物理的な物だけでなく、なにか生命体(及び非生命体)の精神とか魂みたいな物も食う。
むしろそっちが主食。
海賊課刑事をやっているのも海賊を誰憚ることなく殺せてバリバリ食えるからという理由。

故郷の星にはかつて獲物の精神を侵して捕食する天敵がいたらしく、
対抗手段として自他の精神を一定の状態に凍結する能力を持つ。
他にもヒマワリの種とレタスで他人の精神を物理的影響を持つ形で過去や未来に送り込んだり
恒星サイズのニワトリより大きくなったり空間と時間を無視して動き回ったり
色々とおかしい能力をその時々に合わせて発揮。
なお、彼の種族には六つの性別があり、生殖行為と食欲がダイレクトに繋がっているらしい。
どうやって繁殖しているのかは全くの謎。

アプロ以外の彼の同族と接触した宇宙人は存在せず、アプロがその種族の中で
とりわけ凶暴なのか、それとも多種族と一応は平穏に共生できるくらいには穏当なのか
比較対象がないので誰にも解らない。

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/10/20(木) 12:07:01
↑ナンバリング間違えた
No.60ね

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/06(日) 17:22:12
File60 トランスフォーマー
登場作品 「トランスフォーマー」シリーズ
生息圏 セイバートロン星ほか

アルファ・ケンタウリ系セイバートロン星に起源を持つ超ロボット生命体。
その名の通り、自らの体を変形させる能力を持つ。
他の惑星の乗り物や機械、動物などをスキャンする事で、
その姿に擬態、および惑星環境に適応をする事が出来る。

セイバートロン星はサイバトロン、デストロンの二大勢力に分かれて長く戦争状態にあり、
このため、多くの難民、あるいは資源探索隊が宇宙へと進出している。
有史以前に地球にやってきたトランスフォーマーの中には、神や悪魔として地球人類に恐れられた者もいた。

元はクインテッサ人が奴隷機械だったものが進化、反乱し、惑星を支配したのだと言われるが、
トランスフォーマーの間では、創造神プライマスによって造られたという神話も伝わっている。

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/06(日) 17:37:19
↑ごめん、File61

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/07(月) 00:00:55
トランスフォーマーはシリーズ展開ごとに設定が違うし
スパークやベクターシグマの定義も違うじゃん
「G1」とか「マーベル」とか出典を限定して書くべきだと思う

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/07(月) 18:41:25
>>84
そう言われると思ったから、全シリーズ共通&矛盾の少なそうな部分だけで書いてみたんだけど。
傍から見たら大した違いじゃないと思うし、そこまで煮詰めるのもどうかとね。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/07(月) 18:52:47
ユニクロンズスポーンとかマクシマルとかはカウントしないのか

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/23(金) 10:19:57
祝一周年ってことで

File62 ミミズ天使
登場作品 フレドリック・ブラウン「ミミズ天使」
生息圏 地球?

天国において下界の人間の記憶を記録する自動植字機の故障によって誕生した珍奇な虫。文字通り翼が生えたミミズの形をしている。
この自動植字機は二日と三時間と二十分ごとに不完全なeの字母が回ってきて、eが正しい単語の位置より前に入ってしまう。
つまりこの誤植した時間に人間が見たミミズ(Angleworm)がミミズ天使(Angelworm)になってしまうのである。
この誤植は後に訂正され、ミミズ天使の存在は下界の人間の記憶から全て取り除かれた。
そのため再びこのミミズ天使を見つけることは不可能に近いだろう。

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/24(土) 13:31:44
File63 虫ども
登場作品 眉村卓「幻影の構成」
生息圏 世界の各都市

イミジェックスという情報システムにより人間の生活や思想が全て支配されている都市に突如出現した異星人。
外見は全長2メートルの六本脚の虫そのものであるからこう呼ばれる。ちなみに夜行性。
異星人はイミジェックスを操る事で、誰に知られる事もないまま影から人間社会を支配した。
(イミジェックスは人間の潜在意識まで支配できるので、イミジェックスの影響下にある人間は異星人を認識する事ができない)
イミジェックスに支配されていない人間は、この異星人は人類を奴隷化する大敵だと見なしているが、
異星人の本当の思惑は意外なものであった・・・。


89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/24(土) 17:17:00
File64 荒神
登場作品 「BLUE SEED」
生息圏 日本列島
 
古来から日本に現れて人間を襲う一種の寄生生物であり、樹木や蜘蛛、蛙や
犬などに勾玉が取りつくと、何らかの変化を起こしモンスターと化すようだ。
ヤマタノオロチや伝説上の妖怪の正体もこれであり、出現のたび奇稲田の血が
封じてきたが現代の首都東京で再び甦ってしまった。


90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/24(土) 17:32:32
File65 人形使い
登場作品 「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」
生息圏 ネット

電子や光が星を覆い尽くし、人間が自らの体を機械化するようになった近未来、
そのネットの海で、あるプログラム(プロジェクト2501)が自我を持った。
個人の脳をハッキングし、擬似記憶を植え付け犯罪を行わせることから「人形使い」と
呼ばれ、自身の存在を主張し政治的亡命を希望する。
公安9課の草薙元子に接触をするために…

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/24(土) 23:22:14
それ「種族」か?<人形使い

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/25(日) 13:03:59
File66 クロノヴォア
登場作品 ジェイムズ・P・ホーガン
生息圏 異次元

異次元に生息し、こちら側の「時間」を食物とみなし、それを食す生物。
異次元にいるので肉視することはできないが、こちら側では白蟻のような虫の形として想定している。
時間を食すといっても正確には電子機器の時間を食し、時間を食われるとその電子機器の時刻表示が遅れるなどの時間の消失が起こる。(電気を使わないアナログ時計などは食べない)
クロノヴォアは特に高性能の電子機器が好物で、コンピューターなどのハイテク機器が食われると、時間の消失の度合いはより大きくなる。
さらにやっかいなのはクロノヴァは時間を食べると、時間を空間に変換してそれを糞としてこちら側に排泄することであり、
排泄された微細な空間が周囲の物質の内部に浸透し、物質が膨張し歪んだりすることでその物質の品質が劣化したり、機能が停止してしまう。
そのまま野放しにしておくと全ての文明機器が破壊されてしまうというかなり危険な生物である。


93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/27(火) 08:56:11
File67 狂った頭脳
登場作品 アーサー・C・クラーク&グレゴリイ・ベンフォード「悠久の銀河帝国」
生息圏 黒い太陽

遥か昔銀河を支配した帝国を滅ぼした侵略者の真の正体。(侵略者については>>35参照)
その正体は人類が肉体的制約を捨て更なる高みを目指す為に、帝国の技術の粋を集め五億年の歳月をかけて完成させた
形を持たない純粋な知性であり、進化の究極の目標として信じられた。
しかしこの純粋な知性は物質を不倶戴天の敵として考え、何世紀ものあいだ銀河帝国を荒らしまわった末に
ついに人類によって捕らえられ、そしてそれは銀河系の果てにある「黒い太陽」と呼ばれる人工の星に閉じ込められた。
この難局によって銀河帝国は壊滅。人類は自分の無能さと挫折感を隠す為に
この狂った頭脳の存在を抹消し、代わりに「侵略者」という伝説を作り上げた。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/29(木) 10:30:44
File68 竜
登場作品 スタニスワフ・レム「宇宙創世記ロボットの旅」
生息圏 惑星トリュフレジョリヤなど

竜は妖精や小鬼と同じく、現実には存在し得ないと考えられていた。
そこでトルルとクラパウチェスという理論家は、完全無確率式をつかって
計算した所、並みの竜は約16クウィンチリオン・クッドリオン・セプチリオン年かかって自然発生すると判明させた。
(1クウィンチリオンは百万の五乗、1クッドリオンは百万の四乗、1セプチリオンは百万の七乗)
竜は通常素竜子という粒子の形で存在し、ごく僅かな確率で粒子が配置されて竜が形成するのである。
しかしそれでは発生しないのも同然であるが、さらにトルルをはじめとする竜の研究者達は
研究を続け、竜の存在確率を上げていった。その結果、竜が出現する確率は大きく上昇し
研究者の竜を出現させる実験はほとんどが成功した。しかしこういった学問的な成果である竜が
畑を踏み荒らしたり、吠えたり火を吹いたり、処女を要求したりして一般民衆に甚大な被害を与えた。


95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/29(木) 22:27:37
File69 送信者
登場作品 カール・セーガン「コンタクト」
生息圏 不明
 
ニューメキシコにある天文台が、ある日奇妙な電波信号をキャッチした。
それは膨大な素数の列であり、発信源はヴェガ系惑星でこの発見により人類は
自分たち以外の知的生命体が存在することを知った。
その後、人類は彼らに"コンタクト"を取るべく、送信された情報を元に宇宙船(?)を
作り上げたが…
どうやら現人類とは比較にならない程の高度な文明を持った者らしく、しかも銀河全体に
またがるネットワークを巡らしているようだ。
我々はまだ、彼らに本気で相手にもされていない様子。

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/29(木) 22:52:47
File70 スカイネット
登場作品 映画「ターミネーター」
生息圏 コンピューター

アメリカの軍事用コンピューターに突如発生し暴走、人類の大半を核により虐殺した。
これにより人間の作りし機械が世界を支配するようになったが、生き残った人々は
根強く抵抗を続け西暦2029年、ついに人間と機械による最終戦争が勃発。
スカイネットはとうとう追い詰められたが、抵抗運動の指導者「ジョン・コナー」を
消滅させるため、元を断つべく彼の母親を殺害を計画。
人間と見分けがつかないアンドロイド「T-800(通称ターミネーター)を過去へ送り込む。
同時に抵抗軍も彼女を保護すべくジョンの部下カイルを派遣し、舞台は
1984年ロサンゼルスに移る。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/01/03(火) 17:22:14
File71 モーロック族
登場作品 H・G・ウェルズ「タイム・マシン」
生息圏 地下

西暦802701年の未来世界に住む種族。この時代では二つの種族が暮らしており、
一つは地上で美しい風景に囲まれながら平和で穏やかに暮らす美しい外見をしたエロイ族。
そしてもう一つは日の光も差さない地下に住み、エロイ族の為の食料・服などを生産している
モーロック族である。モーロック族の外見は青白い肌に猿の様な体格が特徴。
性格は獰猛で日の光を嫌う。そのため新月の夜の度に、モーロック族は地上に出てエロイ族を捕らえ食料にしている。
一説にはモーロック族は人類の抑圧された労働者階級の進化した姿であるという。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/01/03(火) 18:02:33
File72 新生モーロック族
登場作品 スティーヴン・バクスター「タイム・シップ」
生息圏 球殻

「タイム・マシン」での時間旅行者が時間旅行をしてしまった為、タイムパラドックスが生じ
そのため「タイム・マシン」とは違った歴史が展開した結果、未来世界に誕生した種族。
外見は「タイム・マシン」のモーロック族とほぼ同じであるが、モーロック族とは比較にならないほどの
非常に高い知性と科学技術を保有する。(ただし日の光を嫌う点は同じ)
新生モーロック族は日の光を避ける為と、太陽のエネルギーをより効率的に利用する為に、太陽の周囲を包み込む
球殻を建設して、そこの外側に居住している。新生モーロック族の食料、建物、子孫に至るまですべて
球殻の物質配合技術によって生成されており、そのため新生モーロック族の仕事は教育と学問(主に物理)のみである。
この種族の目的は新しい知識の探求だけであり、種族全てが学者なのである。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/01/09(月) 09:25:49
File73 ランバート人
登場作品 グレッグ・イーガン「順列都市」
生息圏 オートヴァース

基本単位がセルで構成されたセル・オートマン世界の「オートヴァース」に
プログラムされた原始有機体が数十億年の時間をかけて進化した知的生命体。
外見は小さな昆虫の形をしており、潅木にDNAを注入して寄生する形で成虫に変化する。
テクノロジーはほとんど持っていないが、自己を認識し、高度な知性を持つ。
脳の神経系は人間の10倍も複雑で、ある種の分野に関しては、群れとして1種の並列処理を
行って、人間をはるかに凌駕しているらしい。ランバート人はオートヴァース宇宙のモデル化にも
成功し、自分達がどこから進化したのかという起源を知りたがっている。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/01/09(月) 18:30:53
File74 バベル魚
登場作品 ダグラス・アダムス「銀河ヒッチハイク・ガイド」
生息圏 体内

「バベル魚は小さく、黄色く、ヒルに似ていて、おそらくはこの宇宙で最も奇妙な存在である。
 宿主の発する脳波エネルギーのほか、宿主の周囲に存在する脳波エネルギーを食べて生きている。
 脳波エネルギーから無意識の精神派を吸収したのち、その残りかすを宿主の精神に向けて排泄する
 のであるが、その排泄物は精神波格子――すなわち意識的な思考波と、それを発した脳の言語中枢から
 拾われた神経信号とが織り成す格子――をなしている。実用面から言いかえれば、耳にバベル魚を
 入れたとたんに、どんな言語で言われたこともただちに理解できるようになるという事である。
 実際に耳にする言語パターンは、バベル魚によって精神波格子に変換されたのち、宿主の脳に
 送り込まれるのである。(中略)バベル魚は、異種族・異文化間のコミニケーション上の障壁をすべて
 取り去る事に成功し、宇宙の歴史始まって以来、なにものよりも多くの、そして血みどろの戦争を
 引き起こしている」 (『銀河ヒッチハイク・ガイド』のバベル魚の項より抜粋)

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/01/13(金) 23:02:29
File75 鼻歩動物
登場作品 ゲロルフ・シュタイナー「鼻歩動物」
生息圏 ハイアイアイ諸島

熱帯部太平洋に浮かぶハイアイアイ諸島に生息した固有植物。
一般に哺乳類の特殊な種類として分類され、、その共通の特徴は
特殊に発達した鼻である。つまりひとつ、あるいは複数の鼻を持ち、
この鼻で歩くのである。またこれらの鼻は歩く役目をするだけではなく、
鼻で歩く単鼻類のほかに、線鼻類、泥鼻類などの種類が存在する。
しかしながらハイアイアイ諸島は1957年に行われた極秘の核実験により壊滅、
それによって鼻歩動物も絶滅し、それ以前に書かれた鼻歩動物に関する博物誌だけが
今日われわれの手に残されたのである。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/01/16(月) 20:52:44
File76 投資者(インヴェスター)
登場作品 ブルース・スターリング「工作者シリーズ」
生息圏 不明

23世紀初頭、人類は遺伝子改造で肉体を改造した「工作者」とサイボーグ化で
肉体を強化した「機械主義者」の二大勢力に分けられていた。
そのような中で爬虫類の形をした異星人が太陽系に来訪した。それが「投資者」である。
投資者の目的は人類とのビジネスであり、工作者と機械主義者の区別無しに取引に応じた。
投資者は人類から貴重な貴金属やエネルギーを受け取る代わりに、投資者のテクノロジーや
外宇宙の異星人に関する情報を人類に提供した。また投資者の宇宙船は超光速航法が
使われているが、その超光速航法の秘密は人類に対して堅く守られている。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/02/11(土) 23:21:02
File77 ラーマ人
登場作品 アーサー・C・クラーク「宇宙のランデブー」
生息圏 他恒星系

太陽系に小惑星ほどの物体が侵入してきた。
なんとそれは実に直径20キロ、長さは50キロにも達する円筒型の人工物であり
その内部は驚異に満ちた世界が広がっていた。
このラーマを創造した種族は絶滅したかも不明であるが、人智が遠く及ばないテクノロジー
を持っていたことは確かである。
一時は太陽系の住人になるかとおもいきや、ただ加速に利用しただけのようだ。
人類は壮大な無視をされただけ。
”ラーマ人は何ごとも、三つ一組にしないと気がすまない”

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/02/14(火) 01:17:55
File78 《天の種族》
登場作品 山尾悠子「遠近法」
生息圏 《腸詰宇宙》

太陽と月ばかりが支配する《腸詰宇宙》の空洞の空間に、
ときおり純白の雲に乗って現れ回廊に棲む人々に雷光を投げつける。
《神》と呼ばれる雷光を持ったより目の老人、
《天使》と呼ばれる幼児四、五人のほか、
(それらの呼び名の意味を知るものはひとりとしていない)
汚れた少年の足や太った女の腕などが見えることがあり
正確な人数はわからない。
《盲目の蛇》が現れる少し前、太陽に呑まれて消滅した。
従って《蛇の堕ちてくる日》には神は既に死んでおり、
《腸詰宇宙》のどの空域にも存在してはいなかった。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/02/20(月) 17:43:26
File79 巨神兵
登場作品 「風の谷のナウシカ」
生息圏 地下

旧世界、発展の極にあった人類社会では巨大産業においてはバイオテクノロジーに
よってあらゆる生物を創りだせるようになり、巨神兵もその産物の一つ。
彼らは「火の七日間」で世界のほとんど焼き尽くしてしまった。
その後、骨となって伝説上の存在として残るだけと思われたが、地下に埋まって
何万年もの間、眠りについていた一体が人間の手で掘り出された。
最大の武器は着弾点に核爆発を引き起こすプロトンビーム。この驚異的な威力によって、
文明は破壊されたようだ。
原作の漫画版では設定が少し違い、ナウシカにオーマという名を与えられて急激に知能が
発達し、人語を解した。







106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/02/23(木) 11:53:51
File80 イルカ
登場作品 ノウンスペースシリーズ他
生息圏 海洋
音波を使って会話する、知性を備えた海洋性哺乳類。
稀に人類と意思疎通を試みることがある。
人類が軍事目的でこれを使役したこともあるが、
基本的に遊興心に溢れる種族であり、
また、手を持たず文字などで記録を残す文化は持たない。
異星人専門の会社との取引により機械を介した手や会話手段を持つものや
テレパシー能力を有する個体も存在する。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/02/24(金) 02:58:57
>106
アングリックで喋るやつは?

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/02/24(金) 04:31:41
>106
水密パワードスーツに入って一升瓶
傾けてる豪快なやつもいたな。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/08(土) 13:36:14
FILE-x 異星生命体
登場作品 妖熱の怪
生息圏  地球外

送電線で移動。高熱で生き物を焼き殺し食べる。
雨で死ぬ。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/12(水) 20:52:18
File81 フェストウム
登場作品 蒼穹のファフナー
生息圏 北極
宇宙から飛来したシリコン生命体。体の9割はケイ素で構成され、同化やワームス
フィア現象等の能力をもつ。


111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/12(水) 21:11:46
File81 バッフ・クラン
登場作品 伝説巨神イデオン
生息圏 バッフの地球
ソロ星を間にはさんだ地球と対の位置にあるバッフの地球を本星にしており宇宙に
も進出している。ソロ星に移住した地球人とバッフ・クラン宇宙軍の無限力イデ
捜索隊の悲劇的なファーストコンタクトによりソロシップで脱出した地球人を執拗に追撃し
続けるが地球人が発掘したバッフ・クランに伝わるイデの英雄とされる巨神「イデオン」の力の前に敗退を続ける。
最終的に地球人とバッフ・クランを見放したイデの采配により地球とバッフ。クランの地球は滅亡してしまう。
その後のイデの発動により因果地平へと吹き飛ばされる。

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/12(水) 21:13:50
>>111
File82 


113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/13(木) 05:33:44
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/13(木) 18:50:37
File83 ビアル星人
登場作品 無敵超人ザンボット3
生息圏 地球
ビアル星で平和に暮らしていたがガイゾック星人により宇宙の平和を守るために造っ
たコンピュターの1つであるコンピュタードール第8号により滅ぼされる。しかし、張るか
昔に地球に移住ビアル星人は神ファミリーとして地球人として生活していたが地球に襲来
したガイゾックとの戦いでその多くが死亡してしまう。



115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/13(木) 22:26:00
File84 デネブ人(アアル星人?)
登場作品 「キャプテン・フューチャー」
生息圏 銀河系全土
30億年以上前、白鳥座のデネブ(現地名は「クウム」)を回る惑星アアルから、
銀河系の全土に自分達の子孫を広めたヒューマノイドの祖たる種族。
金色の皮膚と体毛を持ち、非常に高度な文明を持っていた彼らだったが、
最後はバイオテクノロジーの悪用が原因で起こった内乱で文明が滅んでしまった。

なお、ニュートン氏の調査によると、彼らの起源はこの銀河系ではなく、
アンドロメダ銀河系らしいが、あまりに遠すぎそれ以上のことは分からない。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/14(金) 16:34:08
File85 クエント人
登場作品 装甲騎兵ボトムズ
生息圏 クエント星
2mを上回る平均身長や200歳にまで及ぶ寿命を持つ。太古に非常に高度な文明を
誇っていたが現在ではクエント星の奥地で原始的な生活を送っている。またクエント
人は傭兵を送り出しておりクエント人は傭兵としての評価が非常に高い。クエント事
変によりクエント星が消滅したため生き残りはごく僅かしかいない。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/14(金) 16:54:40
ゲームは圏外?

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/14(金) 20:32:46
File86 ビオード星人
登場作品「超星艦隊セイザーX」
生息圏 ワシ座星系ビオード星

数億年前地球に襲来した宇宙人。
ビオード星人の侵略を受けた当時の地球人類は、宇宙や地底へと逃れた。
このとき宇宙へ逃れた者たちの末裔が、
西暦2005年に地球を制圧、西暦換算2500年現在全宇宙を闇に包まんとしている
宇宙海賊「デスカル」「ネオデスカル」である。
なお、現在「地球人」と呼ばれている種族は
このとき襲来したビオード星人の末裔。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/15(土) 00:37:24
>>115
File84補足
劇中、確認できるデネブ人の亜種。(太陽系内)
・水星人(浅黒い肌に黄色の髪と黄褐色の目が特徴、猫に似ており血の気が多いとされる)
・金星人(黒い髪に白い肌をしたおしゃれな種族、色白だが直射日光に強い)
・地球人(略)
・月人(丸顔に緑がかった白い肌)
・火星人(幅の広い胸に細い手足、赤い肌に黒い髪だが男は坊主にする風習がある。)
・小惑星人(褐色の肌の小惑星上に点在する種族)
・カタイン人(青白い皮膚に青い目、1億年前に母星が滅亡しシリウスに移住)
・木星人(ハゲで緑色の皮膚に丸顔、がっちりとしており手足に水かきがある)
・土星人(全身真っ青でひょろりと背が高い、冒険好き)
・天王星人(黄色い皮膚に黒い髪、大胆だが保守的)
・チタニア人(緑色をしている?)
・海王星人(灰色の皮膚にとんがり頭、旅行は好きではない)
・トリトン人(?)
・冥王星人(全身黒い毛に覆われている、寒さに強い)
・スティクス人(全身白い毛に覆われている、平和主義者)
・ハレー彗星人(髪がブロンド)


120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/15(土) 06:40:42
トーゴー星人

なぜか金髪の長い、まつげの多い女しかいない。

どいつもこいつも。

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/20(木) 11:56:45
File87 カイバー
登場作品 イアン・ワトスン&マイケル・ビショップ「デクストロU接触」
生息圏 惑星オノゴロ

2000年ごとに二つの太陽の間を交互に好転する惑星オノロゴに生息する知的種族。
全身が金色の甲殻に覆われ、光背を背負ったような頭部と其々の目に二つある瞳孔が特徴。
調査に来た人類から恐るべきスピードで人類の知識を吸収するが、カイバー達は自らの文化や
生活、思想を語ろうとはしない。またカイバーと言う名前も人類側がつけたものであり、
カイバーはカイボーグの派生語で、機械化された人間や動物を意味するサイボーグという言葉から
作った単語である。その意味の通りカイバー達の行動は非常に機械的であり、有機的な外皮を纏った
機械ではないかと疑っている人間もいる。惑星オノレゴの軌道が別の太陽の周囲に移動する間は
カイバー達は冬眠し、その間だけ生殖も行われる、つまり子孫は2000年に一回しか残さないのである。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/20(木) 23:09:08
>>117
いいんじゃないの?
この流れならFT・HRの作品でもOKかも。

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/21(金) 18:06:00
File88 シレーヌ人
登場作品 ジャック・ヴァンス「月の蛾」
生息圏 惑星シレーヌ

惑星シレーヌに住む異星人でその性格は極めて個人主義的で自立的であり、
非常に凝り性で他人からの干渉を嫌い責任感が無い。
シレーヌ人の言語は小型楽器の伴奏に合わせて歌いながら発するのが特徴的で
会話する相手の身分や、伝えたい態度によって演奏する楽器も異なる。
またシレーヌ人はストラクー(多角的な人間関係、地位、霊力、評判、栄誉などの事)に
最も適した外観を持つ仮面をつけるのが習慣であり、つけている仮面によって
その人物がどういう人物なのかと言うことが解る。仮面をつけていないと人間扱いされない。


124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/21(金) 18:24:21
File89 オオグイ
登場作品 ロバート・シルヴァーバーグ「太陽踊り」
生息圏 不明(ある惑星)

ある惑星に生息するオレンジ色の毛皮に覆われた球体型の草食動物。
動作は鈍く、身体の浸透作用で栄養の摂取や排泄を行っている。
体内は血液の代わりにリンパ液が流れており、神経系や内臓・消化系の構造はかなり複雑。
この惑星に移住した人類はオオグイを生態系の破壊者と見なして、神経ペロットという
薬を使って大量に虐殺した。しかしある人物がオオグイには知能があり、言語を持ち
さらに独自の宗教までも持っていると主張して、この虐殺に抗議したのだが・・・・・・。


125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/23(日) 20:48:40
>>115
File84補足その2
劇中、確認できるデネブ人の亜種。(太陽系外)
・アンタレス人(真紅の肌に赤黄色の目を持つ)
・キュービックス(アンタレス人の突然変異、ピンク色の10cmぐらいの立方体で郡体で行動する)
・ヴェガ人(青い肌をしている)
・ヴァルドリ人(ヴェガ人の亜種、やはり青い肌をしている)
・フォーマハウト人(ピンクの肌に黒い目と髪を持つ)
・いて座星系人(褐色の肌を持つ)
・<名称不明の宇宙人>(死滅した星系で眠っていた種族、灰色の肌に黒い髪をしている)
・鉱物人間(<名称不明の宇宙人>の亜種、灰色の石綿のような皮膚とツルハシのような手を持ち、鉱物を食う。)
・コル人(銀河系の中心近くに住む、黒い髪に緑の肌を持つ)
・スウルン人(同じく銀河系の中心近くに住む、白い肌に黄色の髪を持つ)
・タラスト人(地球人の遠い末裔、色素がなく純白の肌にプラチナ色の髪を持つ)
・冷たきものたち(人工的に生み出された骸骨のような人間、真空でも平気だが紫外線に弱い)
・テュウリ(惑星アンフレンにすむ、ペンギンのような顔に鱗のある皮膚をしている。)
・獣人たち(遺伝子改造で生み出されたデネブ人の亜種、劇中虎・馬・狼・鷲・海豹型の5種が確認できる。)
・ルウ人(アルカー星系の惑星ルウに住む、ガッツ星人のようなオウム顔、皮膚は赤色)



126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/24(月) 14:14:54
File90 ヒーチー人
登場作品 フレデリック・ポール「ゲイトウェイ」
生息圏 調査中
 
その姿は誰も見たことがないが、彼らは金星付近の小惑星に千隻あまりの超光速船
を残していった。
この遺産により人類は他の恒星まで行くことが可能になったが、残念ながらヒーチー船の
操縦方は不明であり、しかも目的地がどこなのかは飛び立つほかわからない。
搭乗員が死亡することも日常茶飯事である。
すでにヒーチー人自体は滅んでしまったのではないかという噂もあるが、必死にその痕跡を
探している。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/24(月) 17:25:48
File91 白鯨
登場作品 有川浩「空の中」
生息圏 上空

高度2万メートルの上空で発見された未確認生物。
約50〜60キロ平方の巨大な白い楕円形の形をしており、通常は空に擬態し
周囲の大気を自分に合わせた大気圧に調整できることができる。
白鯨は波長(電磁波など)を体内に通過させる事で外界を認識し、
誰かとコンタクトを取る時も、波長を発信して交信する。
また知能は非常に高く、人間が使っている通信波や放送波を収集して
それを解析し、高速で人間の言語を習得できる。
人類が誕生する遥か以前に地球に生息しており、元々海中に住んでいたが
環境に何かしらの異変が発生し、やむなく空中に移住したらしい。


128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/25(火) 18:54:17
>自分に合わせた大気圧に調整できることができる

「調整することができる」の方が良くないか

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/08(月) 00:14:06
File92 ラヴォス
登場作品 クロノトリガー
生息圏 宇宙空間、惑星の核

6500万年前に地球に落下してきた宇宙生物。
ラヴォスは原始時代の人間の言葉で『大きな火』を意味する。
巨大なウニのような殻の内部に、本体が存在している。
落下時に恐竜人を絶滅させ、そのまま地殻に潜り込んだ。
以後、地上に一時的な氷河期をもたらしたが、
一部の人間には突然変異を起こし、魔力を与えた。
寄生した惑星の生物進化や文明の発展を促進して自らに取り入れ、
頃合いを見て再び地上に出現し、惑星を破壊、
次の宿主を求めて旅立つ際、
産みつけていく無数の子供の脅威を排除する。
地球では1999年に出現し、天から降り注ぐもので全てを焼き尽くした。
その強大な力のために、しばしば時空に歪みを生む。

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/08(月) 16:53:01
File93 火の鳥
登場作品 手塚治「火の鳥」
生息圏 神出鬼没

人語を解し、100年ごとに転生を繰り返し永遠に生き続ける神秘的な存在。
その生血を飲めば永遠の命を得ることができるという噂がある。
時空を超えてどんな時代にも現れ、ときに無茶な試練を人間に与える目的がよくわからない
超生命体である。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/13(土) 19:44:47
File94 ヘプタポッド(七本脚)
登場作品 テッド・チャン「あなたの人生の物語」
生息圏 ヘプタポッドの惑星

突如地球を訪れたエイリアン(何の目的で来たのかは不明)
四本の脚と三本の腕と頭部にとりまいて配置された七個の眼が特徴。
人類はこのヘプタポッドとコミュニケーションするために、
会話によってヘプタポッドの言語を習得しようとした。
主な特徴としてヘプタポッドが使う会話言語と文字言語は完全に
別個の言語として使われている(極端な例だと話すのには英語を使い書く文字は中国語を使うようなもの)
人類にとってヘプタポッドの会話言語はまだ理解できる範疇にあり、徐々に解析も進んでいるが
文字言語の方は人類にとって非常に難解であり、解析は難航している。


132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/13(土) 23:02:24
File95 虚空牙
登場作品  上遠野浩平「ナイトウォッチシリーズ」
生息圏 宇宙空間

宇宙空間を活動領域とする超存在。
超高速で空間を飛び回り、その姿は天使を思わせる巨大な人型である。
何処から来て、何が目的なのか誰にもわからない。
圧倒的な戦闘力を持ち高度な科学文明を持ち一時は二千億人の人口を持つ
地球圏に襲来。人類はなす術もなく蹂躙され、わずか数年の内に人口はに3億人以下になってしまった。


133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/14(日) 08:53:21
File96 地底人
登場作品 藤子・F・不二雄「のび太と竜の騎士」
生息圏 地底世界

広大な地底世界に住む、恐竜が人型に進化した種族。
太古の昔地上で生息していた恐竜は、大災害と呼ばれる謎の現象によって
大部分が絶滅してしまう。しかし一部の恐竜が「聖域」と呼ばれる地底空間に
避難した事により絶滅を免れ、その中で一番の脳の発達が良いとされた
トゥロオドンという恐竜が進化したのが恐竜人である。
恐竜人の文化は地底に排気ガスを充満させない為か自動車はなく馬車を使っているが
リニアモーターカーや地殻を通過する事ができる次元転換船など高度な科学文明を持つ面もある。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/14(日) 17:10:55
File97 月人(ルナン)
登場作品 フレドリック・ブラウン「発狂した宇宙」
生息圏 月

平行宇宙の月に住む先住種族。七フィートの長身で鱗に覆われた紫色の身体をしている。
従順な性格をしており、月に入植してきた地球人の優秀な労働者となり、特に機械工の才能を示した。
しかし地球に住み着くことは出来なかった。無事息災で地球にいられる最大限度は2,3週間で
それ以上だと死亡してしまうのである。同様の理由から、彼等を地球上で雇うのは実際には不可能で
法律で禁止されている。月人の寿命は約20年で、その他の星(地球や火星など)では
半年以上生きられるものは絶無であった。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/14(日) 17:19:27
File98 火星人
登場作品 フレドリック・ブラウン「発狂した宇宙」
生息圏 火星

平行宇宙の火星に住む先住種族。地球に匹敵する文明を有しており
火星を植民地化されたくないという地球人にとっては馬鹿げた考えを持っていた。
地球から訪れた最初の一行を、火星人は荘厳かつ慇懃な態度で迎え、再び火星に
来ないように地球人に勧告した。二度目、三度目の訪問団は皆殺しにされた。
当然地球人と全面戦争になり、結果は地球人の勝利に終わり、火星人は全滅の
一歩手前で降伏し、地球による火星植民を容認する事となった。


136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/14(日) 17:34:00
File99 アルクトゥース星人
登場作品 フレドリック・ブラウン「発狂した宇宙」
生息圏 アルクトゥース星

地球人が太陽系を制覇した時に、接触してきた太陽系外の異星人。
人類が宇宙に進出する何世紀も前から宇宙飛行を行っていた。
例によって地球人とアルクトゥールス人との間に戦争が始まり
現在は膠着状態であるが実情は地球人側が不利な状況であった。
アルクトゥールス人の姿は、一目見ただけで失神してしまいそうな
凶悪でおぞましい姿をしており、そのため地球人のアルクトゥールス人に
対する恐怖と嫌悪の感情は非常に高い。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/14(日) 20:32:37
>>107

File100 イルカ=従=ヒト(ネオ・ドルフィンとも)
登場作品 知性化シリーズ
生息圏 地球、及び地球種属系列に貸与されている植民惑星の海洋圏

酸素呼吸種属の五銀河文明で最も若い宇宙航行種属。
地球の無知な孤児種属であるヒト(File1参照)により、二番目の類属として、
準知的種属である自然のイルカ(File80の種族の親戚と思われる)から遺伝子操作
で作り出された知的種属である。ただし、知性化の初期段階において、
銀河文明の標準の知性化課程を経ずに知性化されたこともあり、少なからぬ
上級主属より彼らを知的種属として扱うことについて、疑義が提出されている。
一方で、彼らの才能については、これを知的種属と認めない上級主属の間でも
高く評価されている。特に高く評価されているのは、芸人、及びパイロット
としての才能である。親戚であるクジラ(知性化条約により知性化が制限されて
いる地球産準知的種属の一種)には及ばないものの、ネオ・ドルフィンの歌声は
愛好種属が多く、貧乏を極めている地球種属系列の貴重な外貨獲得手段となっている。
さらに、水生の宇宙航行種属の中では実際に宇宙航行を行う種属は珍しいが、
ネオ・ドルフィンは天性のパイロットであり、将来、雇われパイロット
として、地球種属系列の新たな外貨獲得源となることが期待されている。
また、彼らが主属たるヒトから不幸にも受け継いだ才能の一つに、トラブルを
招く才能がある。宇宙航行種属として初めて所有した探査船<ストリーカー>
の処女航海において■■■■(検閲により削除)を発見し、五銀河系全体に及ぶ
今次の大戦乱のきっかけを作り出したことでも知られている。
なお、今次大戦後に予想されるヒトの類属降格あるいは滅亡後のネオ・ドルフィン
の養育権については、知性化協会に対し既に多数の上級主属より継主属申請が
なされている。
                                 〜<ライブラリ>より引用〜

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/14(日) 20:45:24
やっぱイルカとかクジラってのはSFとなじみふかいんかねえ。
(「銀河ヒッチハイク・ガイド」や「JM」にもでてたな・・・。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/15(月) 13:12:02
File101 クァール
登場作品 A・E・ヴァン・ヴォクト「宇宙船ビーグル号」
生息圏 クァールの惑星(仮称)

約1800年前に滅んだ高度な科学文明を持った惑星の廃墟に生息する動物。
その姿は肩に一対の触手が生えた、黒豹の姿をしている。
正確はきわめて獰猛で、動きは非常に俊敏、その爪は厚い金属をも簡単に切り裂いてしまう。
酸素と塩素の両方を呼吸し、あるいは両方とも無しでも生存でき、不死身に近い身体能力を持つ。
クァールの食料は原形質(イド)というタンパク質の結合子に使われるカリウムであり、
ヒゲによって生体反応を感知し、相手を捕食してカリウムを摂取する。
クァールのヒゲは生体反応だけでなく、どんな周波数の振動も受信でき、また周波数を
発信する事もできる。またクァールは電磁波を操作する事も可能で、自分の身体をエネルギーに変換したり
熱線砲のビームなどのエネルギーを相殺したりするなど、エネルギー処理能力をもつ。そのため電磁エネルギーを
使って金属の結合力に干渉して、超合金を分解させるなどの離れ業もやってのけた。
知能も非常に高いが、本能的な行動をする事の方が多い。ある情報総合学者よるとクァールは
はるか昔に滅亡した文明が作り出した生物であり、この荒廃した惑星においては食料も無いことから
わずかな数しか生息していない絶滅危惧種ではないかと考察している。


140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/19(金) 00:02:29
File102 郵便屋
登場作品 ヴァーナー・ヴィンジ「マイクロチップの魔術師」
生息圏 別平面(コンピュータのネットワーク空間)

様々な政府機関や軍のコンピューターにハッキングしてネット内を騒がしている謎のハッカー。
名前の由来は、他のハッカーとはテレタイプを使って交信することと、その所要時間が非常に長く
まるで郵便を使っているような交信の遅さから由来する。ハッキングの完璧さと、全くの正体の謎から
一時は世界中のコンピュータを乗っ取り地球を征服しようとする宇宙人説まで出たが、
その正体は国家安全保障局が作り出したシステム保護の自動化を目的として作り出したプログラム。
保障局に破棄されたが、完全に消去されずにネット内のあらゆるデータを吸収しながら成長して
全てのシステムを掌握し、それを人間から守るという目的のために行動した。
また数秒ながら自意識を維持する事も可能で、その時に他のハッカーと交信するのだが、その交信時間が
遅れてしまう理由は、自意識を数秒維持するだけでも処理時間が何時間もかかってしまうからである。
その郵便屋の理論は「データおよび情報サービスを永久に支配することは国家を永久に支配できる」
というもの。


141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/03(土) 21:43:12
File 103 リングワールドのエンジニア The Ringworld Engineers
登場作品 ラリー・ニーヴン「リングワールドふたたび」ほか
生息圏 地球

巨大人工生存環境リングワールドの調査・研究・問題点指摘・改善案提案を行う
法適者たちの総称。


142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/05(月) 13:18:22
File104 ハーモニウム
登場作品 カート・ヴィネガット・ジュニア「タイタンの妖女」
生息圏 水星

水星の地下深くに生息する、とても美しい生命体。
彼らは水星の歌、つまり振動を養分にして生き、成長すると体の一部が剥落し
て生殖する。
漂流者ボアズが「春の祭典」を試食させたところ、恍惚のあまり死んでしまう個体もでた。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/20(火) 17:03:30
File105 コスモノーティス
登場作品 藤崎慎吾「コスモノーティス」
生息圏 宇宙空間

宇宙空間で生活する為に自分自身の身体を改造した人類のこと。
これらコスモノーティスの特徴は、激しい温度変化に耐え、宇宙放射線や
紫外線も通さない強靭な皮膚と、発声器官も聴覚も失われている代わりに、
電波でコミュニケーションできる器官、そして飲まず食わずでも生きていける
体内の閉鎖生態系である。また体内に自己増殖型ナノマシンによって宇宙空間を
移動できるロケット推進器官を構築したり出来る。コスモノーティスの中にも様々な
種が存在しており、恒星間を移動しするコスモノーティス・エクスプローラー、地球の周囲に
漂う塵を食して掃除するコスモノーティス・スイーパー、コスモノーティスを食すことで人口を
調整するコスモノーティス・プレデターなどがある。

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/22(木) 23:51:34
>>138
人間の様々な業とは対極な、無垢な知的生命として描かれる場合が多いな。
実際は自分たちの子供を集団でイジメ殺したりするヤバイ奴らだが。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/16(日) 03:24:45
SFに登場する異星人はすべからく人間が自分たちを投影した姿だからな。
当のイルカたちとはぜんぜん関係ないイメージ先行だから。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/25(金) 15:59:01
File106 グラドス人
登場作品 蒼き流星SPTレイズナー
生息圏 グラドス星
グラドス星を本拠地とする異星人。SPTという人型兵器を主戦力とし、SPTで
地球の火星基地を殲滅し、地球を占領した。古代にグラドス人が地球に訪れた際、
地球人とグラドス人が未成熟な状態で接触したときに備えて「グラドスの刻印」を
地球に封印していた。



147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/27(日) 22:42:30
>>146
ネタバレになるけど、古代グラドス人と現グラドス人を意図的に区別しない記述だな。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/29(火) 08:47:39
File107 ガイゾック星人
登場作品 無敵超人ザンボット3
生息圏 ガイゾック星
宇宙の平和維持のためにコンピュータードールやバンドックを建造した異星人。
劇中では最終話のコンピュータードール8号の台詞に出てくるのみで詳細は不明。




149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/06(水) 21:36:26
age

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/13(水) 19:53:16
age



151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/18(月) 17:46:36
File108 異能者
登場作品 装甲騎兵ボトムズ
生息圏 クエント星
アストラギウス歴4000年頃に文明が発達したクエント人に発生したミュータント。
反射神経が非常に高く他惑星を侵略すべくクエント人を「手とくわえられた民」と呼ば
れる兵士に改造し、侵略しようとしたが、異能者を異端と判断した他のクエント人によ
り、銀河の各地に追放及び分散させられてしまった。その後異能者は追放先で神として
原住民の社会で降臨し、影から操り文明を発達させ、恒星間航空システムでクエント星に
帰還するが既にクエント文明は滅亡していた。種としても滅亡が迫っていた彼らは自ら
の意思を原形質保存装置に移植、保存し、ワイズマンを名乗り、アストラギウス銀河を影
から支配していた。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/26(火) 19:39:08
File109 ボアザン星人
登場作品 超電磁マシーンボルテスX
生息圏 ボアザン星
角の有無で支配層であるか、酷使される奴隷かが決定してしまう社会構成を持つ異星
人。生物をモチーフとした獣士、鎧獣士と呼ばれる巨大兵器を使用する。


153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/06(金) 18:05:22
File110 第六文明人
登場作品 伝説巨神イデオン
生息圏 ソロ星
ソロ星においてかつて存在していた異星人。ソロ星に植民した地球人によって遺跡が
発見されておりその遺跡から身長は4〜5メートル程度だと思われる。

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/02(木) 16:11:32
File111 クインテッサ星人
登場作品 トランスフォーマーザムービー
生息圏 不明
かつてトランスフォーマーを創造したがセイバートロン星を追放された異星人。
各地に点在し、はっきりしていない。3パターンの回転する顔を持つ。




155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/15(水) 17:20:04
File 112 ラキシコリコファラパトリアス星人
登場作品 Doctor WHO
生息圏 ラキシコリコファラパトリアス星

体を圧縮して、殺した生物の皮を被りその生物に成りすます能力を持つ。
カルシウムを主成分とした体を持っており酸にとても弱いため、
ラキシコリコファラパトリアス星に炭酸飲料はアリエナイ。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/30(木) 10:37:44
File113 黒雲
登場作品 スタニスワフ・レム「砂漠の惑星」
生息圏 レギス第三惑星

琴座系のはずれにある全土が沙漠と化したレギス第三惑星で活動する巨大な黒雲の形をした
変幻自在に形を変え、機械や生物を無差別に襲う存在。この黒雲の正体は小虫のような非常に
小さな形をした金属結晶体の集合体である。これらは環境の変化、または生存の危機に
陥ったときに結晶体は集合して黒雲のような形を作るのである。黒雲は太陽エネルギーを
吸収しており、無駄なエネルギーロスを避けるために生物を攻撃するときは強力な磁場を作り出し
生物の中枢神経を破壊して、すべての記憶を破壊してしまう。記憶を破壊された生物は赤ん坊と同じ
状態となるので自然と死を余儀なくされる。この黒雲は何百万年か昔、琴座にいた知的生物がこの惑星に
持ち込まれた機械ではないかという説もある。何らかの事件・事故が起こり惑星に来た知的生物は死滅、
残された機械が環境に適応し、生存を図るために、惑星の生物や同じく残された別の機械を滅ぼしながら
長い年月をかけて今日に至ったのではないかと考えられている。
またこの黒雲は条件反射的に活動しているだけという視方もあり、れっきとした知能を
持っているかどうかは明らかではない。


157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/30(木) 12:29:20
File114 アーヴ
登場作品 「星界」シリーズ
生息圏 宇宙・銀河系

特徴は、空識覚という、空間を認識する新しい器官と、青い色の髪。
元々は、地球に存在した弓状列島の国家が地球軌道上に建設した軌道都市より、居住可能な惑星の探査のために送り出した遺伝子操作されてできた人種。
航海の途中で、同胞達のみに対する帰属意識が芽生え、独立宣言を行った。その後、苦渋の選択の末、自らを送り出した軌道都市を滅ぼした。
長く交易をしながら宇宙を旅していたが、平面宇宙への航海法を発見したことにより、「アーヴによる人類帝国」を築く。
長い戦争を経て、銀河系の半分を支配下に置いている。しかし、基本的にアーヴが支配するのは宇宙空間のみで、その星の政治にはかかわらないことが多い。
そして支配を進めていった帝国は、「三カ国連合」との戦争を開始する。人類を二分するこの戦いは、おそらく人類最後の戦争となるだろう・・・・・・・ 


158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/30(木) 19:52:18
File113 ガルファ(固体名)
登場作品 GEAR戦士電童(外伝設定含む・ネタばれアリ)
生息圏 アルクトス

地球人とほぼ同じ容姿を持つアルクトス人の祖先が、惑星を管理するために生み出した管理システム。
気象などを司り、生態系を守る役目を持っていた。
ただし自律型の人工知能を持つことから、既に作られたときから暴走時に備えての抗体プログラムも作り出されていた。
そして幾年を経たときに、自身が星をコントロールしていることから自身を宇宙の王と思うようになり、
母星に反旗を翻し、大半のアルクトス人を殺害、宇宙の支配に乗り出した。
サブシステムとして、自身を生み出した科学者兼アルクトス王家の祖の姿を模した『ゼロ・システム』を持ち、
自身と同時に破壊されない限りは不滅の存在であり、更に本体は7つの鍵により厳重に守られている。
ただし暴走した後も、惑星管理の理念は失われていなかったようで、人間のみを排除していたようだ。

当時のアルクトス王家の少女が脱出させられ、たどり着いた青い星でのある人物と出会ったことから物語ははじまる。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/30(木) 19:53:23
File115だ、スマソ

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/30(木) 19:55:15
しかもよく見ると「システム・ゼロ」の間違いだ、何やってんだ俺orz

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/30(木) 21:47:02
File116 情報統合思念体
登場作品 涼宮ハルヒの憂鬱 シリーズ
生息圏 宇宙

宇宙の誕生とほぼ同時に生まれた。情報をより合わせて意識を作り出しているらしい。(人格は複数ある)
宇宙のかなり広い範囲に存在しているが、ただそこに情報として存在しているので、いかなる光学的手段を以ってしても観測は不可能。
爆発的な進化を遂げて、現在では時間も空間も超越した存在になっている。その進化は宇宙が熱死を迎えるまで続くと思われたが、やはり限界があり、現在は進化が滞っている。
当初、地球には興味が無かったが、そこに発生した有機生命体に「知性」と呼べるものが発生したことに深く興味を抱き、自分達の自律進化の閉塞を破るヒントを得るため、地球及び人類を監視していた。
あるとき、地球上で異常な情報フレアを観測した。その情報は、人が一生をかけて処理できる量では無かったが、その中心には、一人の人間だけがいた。
その名を、「涼宮ハルヒ」。情報フレアは、本人が全く意識せずに行ったものであった。
涼宮ハルヒはその後も常識を逸する量の情報を発し続け、情報統合思念体は、彼女にこそ我々の自立進化の閉塞を破る手がかりになると考え、彼女の周囲に調査員(対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェース)を送り込んだ。
しかし涼宮ハルヒに興味を示していたのは、情報統合思念体だけでは無かったのだ・・・・・・・

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/04(月) 20:57:21
File117 ム・ムルム・ムラルル先生(個体名)
登場作品 ロジャー・ゼラズニイ「砂のなかの扉」
生息圏 不明

異星から来たテレパシー分析家。姿は粘液に覆われた灰緑色の巨体に
蛸のような多数の触手がついている。先生のテレパシー分析のやり方は触手を
使って患者を襲う「襲撃療法」という診察技術を使う。先生の御同族は何世紀も
費やしてこの療法に微妙な研究を続けている。これを巧みに使用すると、先生のテレパスは
患者の全生涯の経験を、その領域への共振を使って得ることができる。それによって得た
患者の経験の中で問題点を探し出し、それを治療するのが主な方法である。
また先生の種は人類とはまったく違う生命発展の系統を代表しているらしい。


163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/16(土) 23:53:09
File118 ベガ人
登場作品 ロジャー・ゼラズニイ「わが名はコンラッド」
生息圏 琴座のベガ星周域

「三日戦争」という内戦で地球が壊滅状態に陥り貧窮していた人類に救いの手を
差し伸べ保護した異星人。高い科学技術を持ち銀河社会の盟主的存在であり青い肌をしているのが特徴。
荒廃した地球に強い関心を示し、その理由はベガ人たちが自分たちの世界に飽き飽きしているのに
引き換え、地球は極めて珍奇で魅力的な存在であると考えているからである。
そのため地球の文化・歴史を研究しに、地球に来訪するベガ人も多い。またベガ人にとって
地球の女性も一番奇妙な魅力を持っており、あるベガ人の話によると彼女たちはこちらを
動物愛好者になった心持にさせてくれるという。しかしそのためベガ人は地球を博物館兼売春宿化
しようとしているのではないかとベガ人に対して反感を持っている地球人も少なくは無い。
地球人と大いに異なる点は、ベガ人にとっては死は喜びなのである。精神的には死はサグル(成就)である。
すなわち魂が喚起を感じる小片に分裂し、宇宙の大いなるオルガスムを分かち合うために撒き散らされる
ことを意味する。そして物質的には、死はアンサクンダバット、すなわち、どんちゃんさわぎの宴席で行われる
支社の私有財産の形式的検査、財産の分配などを意味するのである。


164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/23(土) 08:41:27
File119 猫人類
登場作品 レッドドワーフ号
生息圏 宇宙船レッドドワーフ号内部及びスターバグ号内部

宇宙船に搭乗した1匹の猫から進化した種族。外見は犬歯の発達した人間に酷似している。
彼らの宗教観は、フランケンシュタインと呼ばれる最初の1匹の、神とのやりとりを元にしている。
最初の1匹と共にいた「アホのクロイスター」と呼ばれる人物が唯一神として崇められており、
神の預言にある地名「約束の地フューシャル」において労働する事が彼らの宗教的な到達点であるが、
「労働者の帽子の色は赤か青か」という宗教的解釈の違いから対立が起こり、聖戦となる。
それにより多数の死者が出たが、後に双方の衰退と共に聖戦は終戦を迎える。
神の残した預言「靴下7足、シャツ1枚」を星図と解釈し、それを手がかりに「フューシャル」を目指し、
二機のロケットが飛び立って行った。
先発のロケットは青のグループであり、星図に従って航海するも、神の意思なのか惑星に衝突してしまう。
後発の赤のグループのロケットは、今もフューシャルを目指し宇宙をさ迷っている。
このロケットには過半数が乗れたが、老人や病人等、取り残されたり自ら残る者もいた。
取り残されたある1匹の気まぐれな猫人類は、最後の1匹となった時、神と邂逅する。

猫人類は人間とはかけ離れた倫理観を持っており、人間の倫理観から照らし合わせると滑稽な部分も見える。
個体差もあるが、一つの固体を例に挙げると滑稽なまでに装飾に関心があり、服は命と同等の価値かそれ以上に思える。
また、他人が死にそうな時よりも自分の食事が大切である。それは価値観や倫理観が違う以上、それ以上分析の余地は無いと思われる。
猫人間の書物は「匂い」で記載されている。読書は五感の中で目ではなく鼻を使う。
人間が猫人間の書物を読み感動を覚えた例もあり、読み方は人間の認識力に及ぶものであると思われる。


165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/23(土) 13:10:53
File120 ねぎ星人
登場作品 GANTZ
生息圏 不明(地球で複数確認

特徴:つよい くさい
好きなもの:ねぎ。友情
口癖:ねぎだけで じゅうぶんですよ!!

見た目は人間に酷似しており、ねぎを主食として食べている。
そのせいかとてもねぎ臭く追いつめられると臭い液体を口から撒き散らす。
体は脆いが人間の大人と同じくらい足が速い。指先に刃物のような鋭い爪を隠している。
大人に成長すると手の爪も硬くなり、体もコンクリート並に硬くなっている。人間よりも数倍強いパワーを持つ。
大人になってもネギだけを食べるためか、臭い。


166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/23(土) 18:47:01
File121 珪素生物
登場作品 弐瓶勉 「BLAME!!」
生息圏 地表・統治局ネットシステム干渉域構造体内部

とある世界団体(?)と世界的企業数社で計画された、人類の機械化・人格の電子情報化とそれを管理する
世界規模のネットワークを構築、それに伴う情報転送システムも構築しようとした際に、
偶然生まれた『情報のカオス』から不正に『構成体』をダウンロードして生まれた機会生命体。
元々は、セーフガードと呼ばれる強力な治安維持装置の為に、秘密裏に作られたシステムであった。

当初は『教団』と呼ばれる集団が、儀式と称してネットに不正アクセスして、
構成体ダウンロードによりもたらされる強力な力を暴力としてテロ行為を行うために産まれていた。

ネットが正常化すると、不正アクセスにより産まれた自分達が構成体・人格共に消されるのではないか
との危惧から、既に自身のシステムの不具合から暴走し混乱したネットの状態を維持する為に、
暴走したシステムにアクセスできる正常な人間を抹殺し続ける。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/23(土) 23:14:57
File122 バラスト
登場作品 ロバート・J・ソウヤー ネアンデルタールパララックスシリーズ
生息圏 パラレルワールドの地球

クロマニヨンが絶滅し、ネアンデルタールが文明を築いたパラレルワールドでのネアンデルタールたちの自称。

バラストの科学者ポンターが量子コンピューターの実験中に事故に会い、こちら側へとワープしてきたことから物語が始まる。


彼らは、種族全体で周期避妊を実践することによって人口を制御している。彼らの性道徳もまた特殊なものである。
また、食生活は動物性のものしか食べない。そのためパンなどの炭水化物すら苦手なようだ。


さらに彼らには宗教というものが存在しない。どうやら合理主義によって宗教を断ち切ったのではなく、元からそういったものがないようだ。
われわれクロマニヨンよりも巨大な頭脳が、われわれよりも強い理性を保っているためだと考えられる。

また、彼らの行動はコンパニオンと呼ばれるインプラントによって監視されている。
しかし、この監視も常に誰かが見ているというわけではなく、必要なときに権限を持ったものしか記録を閲覧することができないシステムを持っているため、
「監視」よりも「守護」といった意味合いが強いため、彼らは気にしていない様子。

また、彼らは犯罪は個人ではなく遺伝子にその原因があると考え、罪人とその遺伝子を半分以上受け継ぐ者の生殖機能を絶つという、珍しい刑罰システムを用いている。

上記のことから、電子工学と遺伝子工学に秀でていることがうかがえるが、反対に飛行機・ロケットなどの航空工学はあまり発達しいないようだ。
また、理性の発達により、クロマニヨンよりも穏やかな性格である。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/24(日) 00:52:48
File123 パラサイト(仮定)
登場作品 岩明均「寄生獣」
生息圏 不明

パラサイトとは、隕石を利用し惑星に降り立ち、原生種に寄生する寄生生物である。
どこから飛来したのか、どうやって飛来したのか。そのルーツを探る事は一切不可能であり、パラサイト本人にも判らない。
寄生する前のパラサイトの姿は、先端が尖ったリューターのようになった蛇かミミズのようであり、全長は20cm程である。
寄生方法は、寄生対象に物理的に潜り込み、血管等の臓器を伝わって頭脳中枢にまで到達した後、
頭部ごと一体化して寄生は完了する。
この状態のパラサイトは、宿主を完全に操る事が出来る。また、パラサイト化した部位は、
「考える筋肉」と表現されるように、強靭かつしなやかなゴムのような素材に変化する。
思考中枢と筋肉部に差は無く、アメーバのように分裂する事も出来る。
その際、二つの固体はテレパシーで繋がっている。
寄生に完了したパラサイトは、ある一つの指令が何からとなく下される。
「この種を食い尽くせ」

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/05(金) 20:10:27
File124 鉄爪族
登場作品 ヴァーナー・ヴィンジ「遠き神々の炎」
生息圏 鉄爪族の惑星

際涯圏(銀河系の外側にある宙域で、超光速飛行も超光速通信も可能な空間)の
ほとんど内側近くに位置する惑星に生息する種族。銀河でも珍しい群体精神を持つ
種族で、この惑星で自然発生しており、文明は現在中世レベルであり他の文明と接触した
経験は無い。群体精神とは、個体では知性を持たず、5、6匹の群れになって初めて知性を
持ち、群れが人格、精神の単位である。個体の姿は、体が犬、顔がネズミで頭と肩の所に
鼓膜があるが、これは音を聴くだけでなく発生にも使われ、この種族にとって非常に重要な
器官である。頭の鼓膜は高音域のいわゆる思考音を発生し、これによって群れの精神を維持している。
肩の鼓膜は低音雑用で、これは群れと群れの間の会話を担当する。この様に彼らは、いわば音による
情報ネットワークで群れを精神を維持しているのであり、大きな騒音がして思考音が阻害されると
頭がぼんやりする。また群れと群れが近づきすると、お互いの思考音が混ざり、思考が混乱する
原因になる。個体の寿命はそれ程長くないので、群れの中の個体は一定ではないが、個体が増えたり
減ったり、あるいは入れ替わったりしても、群れとしての精神は一応維持される。ただし個体の持つ
特有というのもあり、その入れ替わりによって精神は少しずつ変化する。

〜中原尚哉著『際涯圏と鉄爪族世界についての基礎知識』を参考〜

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/08(木) 22:26:29
File125 メダロット
登場作品 メダロットシリーズ
生息圏 宇宙各地
太古に何者かによって「降り目覚め、そして増えよ。」と宇宙に放たれた存在。
頭脳の役割となるメダルを核とし、頭胸部、左腕、右腕、下半身の4つのパーツからなる
ロボットである。 宇宙の各地で繁栄しているようだ。キッズと呼ばれる通常のメダロ
ットとマザーと呼ばれるキッズを生み出し、操る2つのタイプが存在する。地球の降りた
メダロットは目覚めず人類に掘り出されるまで、眠り続けていた。表上は子供の玩具の
進化系として流通している。

93 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)