2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今まで読んだ中で最も怖かった小説

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/27(日) 16:55:37
一冊だけ挙げて

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/27(日) 17:15:55
2get!

筒井康隆「敵」
老いの恐怖は新たなホラーだne

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/27(日) 18:42:01
小松左京 「静寂の通路」 

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/27(日) 22:16:07
楠見朋彦『零歳の詩人』
背筋が凍った

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/27(日) 22:34:36
「牛の首」著者不明

こんな恐ろしい本読んだことない

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/27(日) 22:37:46
>>5
著者は小松左京だ

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/27(日) 22:48:20
元々は今日泊亜蘭じゃなかったっけ?

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/28(月) 19:28:40
ポール・エルンスト 「小さな巨人」

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/28(月) 22:57:57
鈴木光司「リング」
ベタで申し訳ないが後ろを何度も振り返る小説を読んだのはこれだけ。

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/28(月) 22:58:52
小松左京「少女を憎む」

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/28(月) 23:06:11
黒い家

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/28(月) 23:08:39
>>9
貞子が出てくる辺りの描写は確かにオレも何度も振り返った。

これがまた誰もいない札幌の別荘で読んだから堪らない。
良い環境だったと思う(笑


13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/28(月) 23:13:15
ある意味ウラヤマ

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/29(火) 18:01:00
『フェッセンデンの宇宙』
存在論的恐怖だな

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/29(火) 22:48:58
>>14
あれがもしも自分の宇宙だったら、ってか。

でもフェッセンデンはとても面白いから許す。


16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/30(水) 03:50:12
筒井康隆の、ゆっくり轢かれるのって何だっけ?

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/30(水) 14:54:33
>16
「お助け」
デビュー作だze

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/30(水) 14:56:19
あれがデビュー作なのか。知らんかったわ。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/31(木) 20:55:31
ジャック・ケッチャム『隣の家の少女』

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/31(木) 23:32:26
藤崎詩織ハァハァ

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/01(金) 20:31:30
レイ・ブラッドベリ 「骨」

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/01(金) 22:15:10
宇宙人の宿題のオチが地味に怖い

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/02(土) 20:00:19
>>19
怖いというか、もっとも読後感が重く、もっとも鬱になる小説だな

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/03(日) 01:19:36
「リング」はまだ超マイナーな頃に先入観無しに読んだから凄い衝撃的だった。
ビデオを見てしまうシーンで中断して眠ったんだが、そのビデオのシーンが夢で出てきた。かなりリアルに。
生涯始めて怖い夢を見て飛び起きた。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/03(日) 23:53:33
      _______________
      | _____________  |
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  ザー
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
      | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;::::::::::::::| |
      | |:::::::::::/ ̄ ̄ ̄`´    `ヽ:::::::| |
      | |::::::::::|  :ill||||||||||ll: ,-‐‐、l::::::| |
      |  ̄ ̄|  ||||||||||||||||「しi .l ll ̄  .|
      | ̄「 ̄|  ||||||貞|||||||i ̄川リ ̄| ̄|
      |_| ノ   ||||||||||||||||||     |_|
        /    ||||||||||||||||||
        /    /||||||||||||||||||
       / ̄/ ̄ |||||||||||||||||
       /  /    |l|l|l|l|l|l|l|l
     / /    |l|l|l|l|l|l|ll
    / ヘJ      l|l|l|l|l|l|l
    ノ川        ||l||l||ll



26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/03(日) 23:54:56

              :ill||||||||||l:
             :i|||||||||||||||
           /''';:|||||||||||||||||l:、
          /:i  :||||||貞|||||||i `'!
          / :|  :||||||||||||||||||l ノ!
          | ヽ |||||||||||||||||||| :|
          ! !;ヽ:||||||||||||||||||||!; |
      .__|  |/|||||||||||||||||||||; |____
       |  _|  .|/||||||||||||||||||||; |_____  .|
      | |:='ヾ‐イ:||:|l|l|l|l|l|l|ll|||||' |::::::::::::| |
      | |:::::::: | |;:|||||:l|:l|l|l|:l|:||||| イ=::::::| |  ザー ……
      | |:::::::::/ };|||||||||l|:l|l|l|:l|:|||.ノ:=:::::| |
      | |:::=!川!;|||||!l|||l|:l|l||||ー'‐'.;:::::::::::| |
      | |:::::::::!l.|ノ      / ./:::::=:::::::| |
      | |::::::::::::|:::      ノ }::::::::=::::::| |
      |  ̄ ̄~|:::      川リ ̄ ̄ ̄ ̄ |
      | ̄l ̄ ̄|::::      | ~ ̄ ̄ ̄| ̄|
      |_|:.::.:.:.:|:::::      |:.:.:.:.:.::..:.:.:|_|
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:|;;;::::      .|.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:



27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/03(日) 23:59:03
あのシーンは「ほ〜よくできてるな〜」とは思ったが全く怖くなかったな。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/05(火) 18:25:29
ホラー映画でも未だに俺はリングを越えるものに出会ったことがない。

っていうと「メジャー作品厨乙w」なんて言われそうだが、>>25-26のシーンは正直反則。
従来のホラー映画だったら

画面内でギリギリまで近づいてくる

TV消える

寒気を感じ後ろを振り返るとそこにドーン! ギャー!

とかが鉄板だったのに何ですかありゃ。そのまま画面から出てくるとかヤバス。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/05(火) 22:56:32
リングは最大の衝撃だな。実はリングには、
松島奈々子主演の映画の前に、高橋克典主演のドラマが放映された。
あれを最初見たとき、ビデオの映像が異常に怖かった。
でも数年後再び見ると大して怖くなかった。免疫ができちまった。

というか、「女優霊」っていうのがある。あれは非常に恐ろしい。
リングに匹敵するかもしれないぐらい怖い。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/06(水) 01:31:58
俺は幽霊や呪い系はダメだな…怖くないんだ。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/06(水) 10:00:30
>>29
「女優霊」は
ええとしこいて、びびってシッコ行けなくなった。
とくに笑ってる女が、こ

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/06(水) 14:13:20
なんで映像の話になってんだ?w

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/09(土) 02:54:08
映像ついでになんだけど。
心霊モノの映像って、みんな作りものだよね?
貞子さながらのとかあったんだけど(ようつべ)
男の子の後ろで貞子が手振って、次の瞬間
真後ろにいるの。


34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/09(土) 03:38:14
>>33
それ見たい。リンクして〜

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/10(日) 04:37:48
ttp://www.youtube.com/watch?v=mIKe4IrgKbw

作ってんだよね?これ!!

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/10(日) 04:43:59
だぁぁ!貼る為にまた見そうになっちゃったじゃん!!
これ作ってたら芸細かくない?無垢な子供に手を合わさせて
「帰ってきて!」って言わせて…
単身赴任のパパへのビデオレター風なんだろうけどさ。
子供カワイ過ぎ!!「いつ帰ってくる?ふんふん…3時半だって!」
カワイイのに… カワイイのにぃぃぃぃ!

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/11(月) 19:38:19
>>35
これヤバイ。
典型的なホームビデオっぽさがリアル杉。
瞬間移動も怖いが、少女の佇まいの暗さが異様だ。



38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/11(月) 21:55:06
漏れ、宇宙戦争とタイム・マシンがめっちゃ怖かったけどなぁ。
熱線砲で焼かれたり、モーロックに追い掛けられたり。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/11(月) 23:26:15
本当でも偽物でもどっちでも「感心できる」のは豊かなのか貧しいのか。
で、小説の話は…

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/12(火) 00:11:14
ホラー小説で本気で怖くなったことないんすよ
つまりは怖くなってみたい、ということなんだがね
「山荘奇談」、ポー、ラブクラフト、フランスの怪奇小説とか
つまみ食いしたものの、よく出来てるとしか思えなくて。
トマス・ディッシュはクローネンバーグっぽくてかっこいいし
「キャッチ・ワールド」なんかも足元があやふやになる怖さがあった。
だけど結局、小説よりも映画よりも

2chで踏むブラクラが一番怖いと思わないか?


41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/12(火) 01:13:49
>>40
ブラクラは怖さの意味が違うだろう。
ホラー的な意味で怖いとはあくまでも超自然的なものに対する恐れだよね。

おれも小説読んでてぞっとするってあまりないな。
「シャイニング」で床に転がった消化ホースが蛇のように
脚にからまってきそうな瞬間があって、なぜかそこで急に
恐怖を覚えた。主人公の恐怖が感染する瞬間ってあるんだな。

それと今読むと大したことないだろうけど、「墓地を見下ろす家」は
昔読んだときは息を詰めて読んだ。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/12(火) 02:08:47
>>37
ちょっと待てーーー!!!!
なんでスレチで申し訳ないとこ貼ったかというと
「これあからさまにフェイクじゃんw」
とか言って欲しかったんだけど!
特にこーゆー板の人ならちゃんとわかるかなー、と。
これモノホンじゃコワすぎるんですけど。
ビデオや写真の心霊ものは全部編集してるんでないの??

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/15(金) 18:00:24
>>31
>「女優霊」は
>ええとしこいて、びびってシッコ行けなくなった。
>とくに笑ってる女が、こ

れだろ、今、無料配信やってるよ。
http://streaming.yahoo.co.jp/special/mty2006/index.html

オレはもう見ないけど。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/15(金) 21:54:17
三年峠

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/20(水) 23:49:37
黒い家読んだけどあんま怖くなかったい

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/21(木) 19:57:56
生理的に怖いなら平野夢明かな。新聞の社会面の、片隅に載る犯罪記事の被害者は、平野
小説のような恐怖に襲われながら・・と思うとorz。読んでからしばら
くは、夜中のコンビニに行けなくなったわ。

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/21(木) 20:15:45
自分はNHKでやってたタイムトラベラーだっけかが怖かった。

インド人が歩いてきたり、扉の向こうが宇宙だったり。

扉を開けるのが怖くなった。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/21(木) 21:20:21
墓地を見下ろす家って地底人のはなし?

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/25(月) 22:35:10
>>48
小池真理子の?
地底人ではないよ

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/28(木) 18:02:23
小松左京の「復活の日」は
読んでいるうちにどんどん怖くなってくる

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/30(木) 22:00:09
>>35
俺もこれは「ほん呪」ビデオの中でも最高に怖かった。
仮に作り物だとしてもうまくできてる。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/30(木) 22:07:36
墓地を見下ろす家 はまじ怖かった。

夜中に目が覚めて窓を見ると、手形がペタペタ付いてくるんじゃないか、と思ったものだよ。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/30(木) 23:11:03
小松左京 「石」

夜中に一人で読んで・・・ギャアアアッ!!!
怖すぎ、異常すぎ、震えが止まらなくなった!
あと、この作品の映画化は不可能と思います。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/01(金) 02:26:30
ぼっけえきょうてえ

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/01(金) 07:19:23
ジョージ・オーウェル「1984年」。

人間と、人間が作り出すものが一番怖いです。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/03(日) 12:17:55
安倍公房の「闖入者」。
しばらく単行本ごとしまいこむくらい怖かった。

今思うに同人板の押しかけ厨みたいな話だなあ。


57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/22(金) 18:38:12
あげ

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/22(金) 19:23:39
「あげ」ってどんな小説か教えてくれ。
ちょっと怖そうじゃないか

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/22(金) 21:02:15
「そして誰もいなくなった」
小説読んで初めて背筋が寒くなった。
筒井康隆さんもほめてたので、琴線が似てるかもしれない。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/23(土) 20:37:12
>>1 さんが読んだ作品では何かな? 
また、ここまで挙がった中の未読作品は何か読んだ?

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/29(金) 20:32:08
「メドゥサ、鏡をごらん」
「クリムゾンの迷宮」
「ホラー作家の棲む家」
「隣の家の少女」
どれもミステリー板に名のあがってる作品ばかりだけど。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/29(金) 20:38:22
クリムゾンはサバゲーみたいな

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/30(土) 01:36:12
五十嵐貴久『リカ』

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/30(土) 12:37:48
牧野修「スイート・リトル・ベイビー」

ちなみに「リトル・スイート・ベイビー」のほうが表現としてしっくり来るのだが・・・

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/30(土) 22:24:14
タイトルうろ覚えだが「エヴァが目覚めるとき」とかいうやつ。
別に怖い話じゃないんだが、よく考えると嫌な設定だらけだ。
エヴァ以外の奴の実験が失敗(発狂)てのも頷ける。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/31(日) 03:51:47
天使の囀り

黒い家も怖かったけど、夜に一人でよんでたこともあってこっちの方が怖かった。

コンナンナッチャッタヨ

逆に墓地を見下ろす家は終盤、恐怖現象が力を持ちすぎで怖くなかった。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/06(土) 00:45:32
>>64
正直あんまり怖くなかったな、天使かわいいだろな〜っておもてたから


68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/06(土) 12:42:02
>>67
そんなあなたに「リアル・ヘヴンへようこそ」

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/06(土) 13:58:01
何度も名前上がってるけど「黒い家」だな
ラストらへんのスラッシャー展開じゃなくて子供の首吊り見るとことかがヤバイ

以前自分も保険会社に勤めてたし
保険関係じゃないけどクレームの電話対応もしてたからキチガイ人間の醸し出すある種の怖さを知ってるもんで…
人間の心はほんと、底知れないよ

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/16(火) 18:56:21
あげ

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/16(火) 20:52:25
本であまり怖い経験をしたことが無いおれだが
小林泰三の玩具修理者がちょっときた
酔歩する男がやばい

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/17(水) 11:50:26
「リング」
はやる前によんだ。病院で読んで、帰り道緊張した。
「兆」小林泰三、短編集のなかに入ってたんやけど、
マジやばい。発狂しそうやった


73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/17(水) 12:45:20
ルース・レンデル「ロウフィールド館の惨劇」
まさにスレタイ通り、今まで読んだ中で最も怖かった小説。
特に残酷描写は無いのだけれど、「こんな動機で人を殺すのか?」
実につまらない理由(1ページ目で紹介される)なのだが、読んでる内に
犯人の気持ちが納得できてしまう。
サイコ・ホラーが一番怖いよ。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/17(水) 12:50:05
>>69
> 以前自分も保険会社に勤めてたし
> 保険関係じゃないけどクレームの電話対応もしてたからキチガイ人間の醸し出すある種の怖さを知ってるもんで…
> 人間の心はほんと、底知れないよ

それそれ、オレは郵便局員なので、クレーム対応は現実の恐怖だ。
キチガイ人間って、住まいの庭から既にキチガイオーラが放射されている。
言ってみりゃユングの箱庭療法を家全体でやってるような。


75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/17(水) 15:49:01
言いてえことはわかるがひどい表現だなおいw
>>74
変な人形が大量に棲んでたり、ガーデニングアイテムが人智を超えた配置に並べられてるとか?
それとも全然手入れしてないジャングルとか?

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/17(水) 15:58:49
そういや近所にちょっとした洋風の家があるんだが、そこずっと空き家らしいんだ。
前を通るたびに銀杏の実みたいな悪臭がいつもする。季節に関係なく。

特筆すべきは門のところの立派なケヤキ。
ちょっと吐き気もよおすくらいにみっちりと、
ツタ系の木?に幹全体を網状に締め上げられてしまってる。
区の仕事か、誰か思うところあったのか、
いつのまにかツル科植物の根っこに近いところが鋸で切断されていた。
だがツル科植物の枝は残り、ケヤキをを網状に締め上げたまま。

事件があったとかオカルト的な現象があるとかそんなんじゃないんだが、
あんなふうになるまで放置しておいた家主の心を思うと……
あながち>>74の言うことも間違いじゃないのではと思う。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/17(水) 17:20:01
単に持ち主が年取っただけじゃね?

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/17(水) 23:31:28
にょろにょろ寄生虫系がダメな俺は「天使の囀り」が生理的に怖かった。
特に最終段階まで進んだ犠牲者…ウプ…吐いてくる。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/17(水) 23:56:26
イソラ

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/18(木) 02:13:51
姉飼

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/18(木) 03:56:23
デビッド・リンチの映画「イレイザーヘッド」を勝手にノベライズした
同人小説が怖かった。
読み返したいと思い、掲載されてる同人誌持ってた友人に
また借りようとしたら
「大切にしていたのにいつの間にか紛失していた」と言われた。
本の内容も怖かったが、何でこんなもの作ってるんだという
本そのものが禍々しい空気湛えていて厭だった。

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/18(木) 04:01:39
レス読むだけだとなんか笑えるw

83 :74:2007/01/18(木) 14:52:10
>>75
そういうのもあるし、貼り紙も怖いね。
よくある「新聞勧誘お断り」みたいな文面に、狂気がにじみ出ていたり。
「あなたがやっていることはみんな解っているんです」という類の貼り紙が、
美容院の前面にびっしりと張り巡らされていたり。(当然、つぶれた)。
 
一番スゴイと思ったのは、ドアを開けたら生活ゴミが1メートル近い
高さまで堆積していて、中にけもの道みたいな通路があるんだよ。
その通路から現れた40代の主婦。男がはくような股引の股間に生理の血が
染みついてゴワゴワしている。……この時は吐きそうになった。


84 ::2007/01/18(木) 23:30:27
追伸 その主婦の体重は100キロ以上ありそうだった。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/19(金) 00:15:52
>>83
そもそもおまいはその家に何しに行ったんだよ
と訊こうとして>>74を見た

お仕事ご苦労様です

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/19(金) 02:28:47
宇宙からの色怖かったよ

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/20(土) 20:06:44
>>83
こええええええええええ!!!!

>>86
生き物が灰色のカスカスになっちゃうのが怖かったな…

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/20(土) 20:28:53
かなりマニアックだが
マシュー・グレゴリー・ルイスの「マンク」
ラストが最悪…

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/20(土) 21:06:28
ホラーとはまた違うのかもしれないけど…
夢野久作の「ドグラマグラ」

何か知らんけど小学校の図書室に置いてあって、
当時小四ぐらいの漏れは『変な名前ー』ぐらいのノリで普通に読み始めて、
読了後、とにかく嫌な感じだけが背筋に張り付き続けたよ…

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/20(土) 23:35:06
>>88
古いゴシック小説でいま読むとあれだし読むのに骨が折れたけど、
なかなか凄惨な物語だったね

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/21(日) 00:07:30
>>83
>「あなたがやっていることはみんな解っているんです」という類の貼り紙が、
>美容院の前面にびっしりと張り巡らされていたり。(当然、つぶれた)。

そういいえば、そういう張り紙しまくってて、しかも店舗内に銀紙をびっしり
張りめぐらせている(電波防止と本人主張)の、電波喫茶が
根本敬の本か何かで紹介されてたね。
そこは何故かすぐには潰れずに割りと長くもってたらしいよ。

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/21(日) 00:22:18
バツゲームが結構恐くて気分悪くなった。

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/21(日) 00:23:49
美容院だと客層が女だから、ドン引きしちゃうんだろう。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/21(日) 07:22:33
文豪芥川の「河童」が怖い。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/21(日) 09:27:29
中井拓志の作品マジで良い!!!!!!レフトハンド
アリス
獣の夢
まだ読んでないけどクォータームーン


96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/21(日) 10:07:45
読んでいないのに怖いとは中井作品恐るべし

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/21(日) 10:46:42
スマン
こんなん有るよって紹介したかっただけです。因みに一番はレフトハンドだと思います

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/21(日) 11:20:08
>>15
でも世界の大半の人(キリスト教徒+イスラム教徒+ヒンズー教徒だけで40億人以上)は少なくとも建前としては信じてて
フェッセンデンの存在を望ましいものと思ってるんだよな。

政教分離できてない地域時代や狂信者にとってはフェッセンデンの趣味にあわないってことが人を薪にする十分な理由になったり。

怖い。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/21(日) 22:22:01
サイレンだ間違いなくサイレンだサイレンが鳴ったら外に出てはならないサイレンが鳴ったら外に出てはならないサイレンが鳴ったら外に出てはならないサイレンが鳴ったら外に出てはならない
サイレンが鳴ったら外に出てはならないサイレンが鳴ったら・・・・・・・・・・


100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/22(月) 00:51:20
小松左京の短編で、夜の露天風呂に入ったら、首まで浸かってるかに
見えた数人の男女が、実は首が外れて飛ぶ小泉八雲タイプのろくろ首
…という話を読んだら、夜はもう露天風呂に入れねぇ!

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/22(月) 01:53:42
小松左京の短編の評価が高いみたいね。
まとめて読みたいのだけど、そういう小松作品の怖いのばかり集めたのってないですか?
やっぱり丹念に短編集から探すしかない?

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/22(月) 02:37:31
SF御三家のホラーはマジで怖い

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/22(月) 14:55:54
>>101
市は無理かもしれんが県図書館なら全集があるんじゃない?
収録作を見て借りてくるとか。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/22(月) 19:28:48
小松左京の「少女を憎む」って短編も怖く実に厭な気分になるよ

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/22(月) 20:39:01
筒井康隆の「母子像」だったかな。まさに悪夢のような読後感。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/23(火) 00:28:15
>>101
角川ホラー文庫の「霧が晴れた時」がお勧め。
絶版だけど、古本屋ですぐ見つかると思う。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/23(火) 00:40:37
フレドリック・ブラウンの『うしろを見るな』。
これ、英語圏の読者なら怖いだろうな〜。
読んでいる者が次に殺される、という仕掛け。
翻訳だと、いまひとつ怖さが伝わらない。
トリックに触れるので、詳しく書けないが。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/23(火) 01:05:02
>>105 不感症なのか余り怖くなかった。
>>107 「さあきちがいに・・・」のタイトルが怖かったが、中身はあんまりかなぁ・・
上手だとは思うけど。

>>73 怖いのも確かだが、傑作過ぎて感動してしまった。
同作者は他作品もいいが、「ロウフィー・・」は傑出していると思う。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/23(火) 12:19:26
読んでずいぶん経つけど、いまだに「ロウフィールド館の惨劇」の
主人公の名を憶えている。ユーニス・パーチマン。
被害者にミリンダとジャイルズという少年少女がいたのも憶えている。
「ロウフィールド〜」に次ぐ怖さなら、キングの「ミザリー」かな。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/24(水) 00:37:31
福澤徹三「憑かれたひと」
双葉社刊「ピースサイン」に収録

年末、忙しくて倒れそうな時に
ちょいと息抜きのつもりで読んだのが大間違い
自分の現状とリンクし過ぎで
思わず、本を落としそうになった



111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/25(木) 21:45:11
はじめて覗いた者ですが、76のレス読んでて思い出しました。
同じような家、オレも知っている。
もう15年近くも前の事、通っていた大学の関係で東京の多摩地区に住んでたんだが、
やっぱり古い洋館で庭木とかで昼から薄暗い感じで、一年中道路に悪臭が漂い出していた。
その家の前を通るたび、息を詰めて早足で通り過ぎてたのを思い出す。
子供の頃、夏の最中に天井裏にねずみホイホイを仕掛けたまま忘れて放置してしまい、ねずみの腐敗臭が1週間以上も消えなかったことがあったが、それを彷佛させる臭いだった。
暗い裏道で、夜遅くに帰った時など、その家の前を通るのがすごく厭だった。
オレの当時住んでいたアパートは、その洋館からはだいぶ離れてたのでよかったが、
近隣の住人はたまらなかただろうな。
その後、遠くへ越してしまったので、その洋館が今どうなっているかは、もうわからないが・・・

ついでなんでオレの1作
スティーブン・キングの「霧」
超自然的な現象というのではなく、B級SF的な原因から引き起こされるカタストロフ。
驕った国家の人為的なミスで、この世界が何処かの他の世界へと繋がってしまう。
取り返しのつかない破滅の進行の中で、理性を失っていく人間も恐い。
それを初めて読んだ当時、まだ東西冷戦の真只中で、米ソが核配備を競い合っていたし、確かチェルノブイリの事故の映像がテレビでくり返し流されていた時期だったからか、それが何かすごく恐かった。
もちろん、こちらの世界を侵食してくるキングの異世界のイマジネーションの恐さもあった。ありえね〜と笑う人も多いとは思うが。
その世界にいる自分を夢で見て、まじ汗をかいてうなされたよ。


112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/25(木) 23:50:42
怖いといえば、これ雨月物語?
一晩をしのいだら何とかなると聞かされて、お堂にこもった男。
夜明け。鶏の声。
ホッとして扉を開けたら、それは怨霊の罠だった……、
ってのは怖かったなぁ。


113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/26(金) 23:48:21
>>111 >スティーブン・キングの「霧」
>B級SF的な原因から引き起こされる
そこらの力技というか、描写等についてのキングの実力は認めるにやぶさかでないのだが、
今ひとつ怖くはなかったな。
如何に上手いかはいいから、名状しがたい恐ろしいものに確実に触れてしまっていて
どうしようもなくゾクっとさせるもの書いてくれよと思ってしまった。
繰り返しになるが、「霧」は文章技巧としては極めて優れているとは思う。
しかし畢竟それだけだ。
などと書くと、最近になってやっと芥川でも読んだのか、とでも言われそうだけどw

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/27(土) 03:31:47
キングの巧さって、他の作家が書いたら何も怖くないどころか笑ってしまうようなシーンの描写が
凄まじく怖いという点じゃないか、と個人的には思う、それこそ超絶技巧的に。
「シャイニング」の植木の動物が動き出す場面とか
「ナイト・フライヤー」での吸血鬼が小便をするのを目撃?する描写とか
初読の時はホントに怖いと思った


115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/27(土) 08:39:27
そのシャイニングの植木動物、映画じゃ思い切り省かれてたな

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/27(土) 12:39:20
シャイニングはキングの原作だと悪霊の憑依現象が描かれているわけだが、
キューブリックの映画では、ジャック・ニコルソンがただのサイコ野郎に
なってしまっている…というのが、キングがあの映画を否定している理由
だとどこかで読んだ記憶があるが。
正直、はるか昔に見たので、映画の方の内容はよく覚えていない。
ただ、それなりに恐かったとは思うけど。
同時期に読んだ原作の方は、細かいエピソードまで、まだかなりの部分を
思い出せる。
やはり、キングの筆力なんだろう。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/27(土) 23:37:40
作家が主人公の話は特に怖いんだよ、キング

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/28(日) 19:12:07
キングスレじゃないので、スレ違いで申し訳ないが

この間、徳間から出た恩田陸と山田正紀の対談集「読書会」で
キングのことが語られてたよ。
なかなか興味深かった。


119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/01(木) 17:02:40
よっしゃ、わてが「黒い家」を読んでみるでえ。本当に怖いんだろうなあ。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/01(木) 17:26:44
>>118
漏れもそれ読んだけど、興味深かったのは萩尾望都のとこだった
佐藤なんとかいう女の監督がドイツで映画化したがってるという『訪問者』もしみじみコワイ漫画だす

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/01(木) 17:42:06
>>93
刃物もったオカシイ奴に、喉さらして髪の毛切ってもらうんだぞ?
女性でなくてもこわいだろ。

平山夢明の怖い話集めたやつ…生々しくて
下手な幽霊話より怖かった。
漫画なら山岸涼子だな。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/01(木) 20:03:25
>120
佐藤嗣麻子のことかな…

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/02(金) 08:49:43
「黒い家」はとりあえず、子供が首を吊ったでえ。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/02(金) 08:56:52
萩尾望都作品の映像化は脳内だけで満足すべき。
みんな「11人いる!」を忘れたのか!?

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/02(金) 09:06:33
あのアニメ、割とよく出来てたと思うけど…

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/02(金) 09:09:45
フッ、若いな・・・(遠い目)

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/02(金) 09:12:22
おれも、あのアニメはわりとよくできていたと思う。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/02(金) 09:44:00
>>123
サイコパスお断り

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/02(金) 10:11:25
>>128 ?

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/02(金) 15:32:20
124は、その昔NHKで放映されたという
伝説の実写版のことを言っているのでは?
見たことはないが、のけぞるような出来だったという噂

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/02(金) 15:49:51
どっちかーつーとSFだけど、岡島二人の「クラインの壷」が怖い。
書かれた年代を考えると、いまだに通用するネタなのはすごい。
後はよく上がるけど、「クリムゾンの迷宮」「酔歩する男」あたりが衝撃的。
牧野 修なら悪魔の発明やらいうホラーアンソロジーに入ってた「非・知工場」がお勧め。
てかそのアンソロジー自体おすすめ

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/02(金) 21:02:27
クラインの壷って昔NHKで
佐藤藍子主演でドラマやってたよね

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/03(土) 01:27:03
>>131
そうだっけ?小説じゃあ主役は男だけど・・・
あまりにも昔過ぎてちらっと見た気もするけど覚えてないな。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/03(土) 01:30:21
小説じゃないど「かまいたちの夜」にも一票

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/09(金) 23:07:34
鈴木光司 『リング』 定番だけどやっぱり怖い
筒井康隆 『驚愕の曠野』 地獄を描いた稀有な作品
小林泰三 『影の国』 この雰囲気が好き
S・キング 『浮き台』 超自然とスプラッタとエロの見事な融合
牧野修   『屍の王』 散りばめられるエピソードが秀逸


とりあえず思いついた5作。ベタかな?

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/09(金) 23:22:48
作者はベタだな

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/10(土) 10:57:42
玄人乙

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/02/11(日) 03:26:08
>>130
リアルで見ていたが死ぬほどひどかった
本気でテレビ壊したくなった

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/13(火) 13:46:54
あげとく

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/13(火) 14:00:26
鈴木光司 『リング』 

こんな糞作品が大ヒットする日本が怖かった

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/13(火) 15:50:23
映画の、降霊って映画が最強にこわかったんだが、これ原作あるんかなぁ・・・
是非読みたい

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/13(火) 15:55:26
>>141
マーク・マクシェーンの「雨の午後の降霊術」

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/13(火) 16:51:52
ただし「雨の午後の降霊術」と「降霊」はかなーり雰囲気が違う。
「雨の午後の降霊祭」の方なら原作に味わいが近い。

ttp://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD11792/

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/13(火) 19:00:26
>>142
>>143

おー有難う!今度古本屋よってみるよ

145 : ◆GacHaPR1Us :2007/03/13(火) 21:21:20
僕の中学ん時の友達に、村井って奴がおったんですよ。
そいつ不治の病に冒されてまして、もう医者も匙をなげるほどの・・・
その投げた匙が曲がったっちゅう話もあるらしいんですけど。

僕も1回見舞い行ったんやけど、もうはっきり顔に「死」という文字が浮かび上がってましたね。

そんである日の夜ね、僕が自分の部屋におったら、窓の外に入院してるはずの村井がおるんですわ。
僕が「どしたんお前、病院抜け出してきたんか?」って言うたら、
「いや、それはもうええねん」って言うて「さよなら」って言うから、
僕も「ああ、ほんならまた・・・」って、
遠ざかっていく村井の後ろ姿を見てたんですけど、
ふと気付いたんですよ「ここ2階やん・・・」あいつが居た場所に屋根あらへんし。
急いで窓の外に顔出して見てみたら、
もんのすごい長い足の村井が・・・・・・・・・・・・・

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/14(水) 05:41:04
羨ましい

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/14(水) 06:03:06
足長手長キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/14(水) 16:15:25
これだろ ttp://stat.ameba.jp/user_images/1b/61/10014082245.jpg

149 : ◆GacHaPR1Us :2007/03/14(水) 22:56:37
怖ぇ〜〜〜

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/17(土) 00:24:38
>>148
最後のコマが怖すぎる件

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/18(日) 15:13:34
墓地を見下ろす家 かなり期待したせいもあって全然怖くなかった
真夜中に一人で読んだのに・・

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/18(日) 20:01:43
リングは面白く無いオレこのてのジャンル好きじゃない

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/18(日) 20:30:03
うん、リングは反則!認めねえ!!

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/19(月) 22:23:15
しるか

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/19(月) 22:26:25
反則とかwwwイタイwww

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/20(火) 03:07:12
リング、らせんはいいとしてもループは容認できない

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/20(火) 12:30:49
四角いリングの話だろ

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/20(火) 20:25:06
ああ、土俵にでぶせんにまわしか。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/22(木) 11:49:39
「RIKA」が一番怖かった

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/22(木) 21:32:16
RIKAは座敷女のパクり

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/04(水) 07:35:33
トンネル

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/04(水) 21:22:09
ジョン・ヴァーリーのPress Enter■ は怖い。
コンピューターが意思を持って
人間をもっと合理的に変えてあげなくてはいけない
とか
人間みたいな無駄な存在消去します
って言い出すのはお約束。

しー…このまま…このままでいい
って言い出したらちょっとやばい。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/04(水) 23:34:37
Doorかな

164 :名無し:2007/04/05(木) 00:18:09
平山夢明 都市伝説シリーズ

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/05(木) 04:45:30
>>76
死体が腐敗してるとか。

今日ニュースでこういう事件を報道してたしな。
ささやき いのり えいしょう ねんじろ →おおっと 福岡民家5遺体事件
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1175695355/l50

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/05(木) 16:16:26
「牛の首」

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/06(金) 10:41:50
短篇だけど小松左京先生の
『悪霊』
は面白かったなあ。素人民俗史研究家が、歴史の闇にズッポリはまって…で、『最後どうなったんだよ!』という読者の想像に任せる曖昧なオチ。
何かと似た展開だと思ったらイギリスのM.R.ジェイムズの短篇怪談だった。
ジェイムズ先生の短篇もどれも面白い。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/07(土) 22:44:55
岩井志麻子『ぼっけえきょうてえ』が
怖かったです
あと、ミステリーだけど山田正紀氏の『サイコトパス』も
怖かったと思います

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/08(日) 11:58:03
>>168
ぼっけぇきょうてぇは映画化されてる、グロキモくてオススメ

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/08(日) 18:21:54
>>169
え、映像化?そうだったんですか・・・
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル…
観る勇気無いです…

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/08(日) 21:18:37
短篇だけどD・マレル(ランボーの原作書いた人)の
『オレンジは苦悩、ブルーは狂気』
ある時期を境に創作意欲を爆発させ、その直後自らの眼窩をえぐって自殺を遂げた天才画家と
その絵に隠された秘密に気付き、画家の生涯について調べ始めた美術史家
画家が『描かずにはいられなかった』のと同じ理由に美術史家も取り憑かれ…という話。
オチはやっぱり詳細には語られてないが。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/08(日) 22:04:45
何か似たような話読んだな
「神鳥イビス」ってやつ

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/09(月) 00:02:27
>>171
あれ、篠田節子がモロパクリしてたな。
172の作品だが、あまりにそのままで笑ってしまった。

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)