2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今日読んだSF/FT/HRの感想 7冊目

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/21(水) 22:33:03
読了した小説の感想を書き込んでください。
必須条件は本の題名、作者、点数(10点満点)、感想

SF・FT・HRであれば漫画や映画でも可です。

まとめサイト
http://www2.atwiki.jp/zgok0079/

前スレ
今日読んだSF/FT/HRの感想 6冊目
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/sf/1160608714/l50
今日読んだSF/FT/HRの感想 5冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1142818206/l50
今日読んだSF/FT/HRの感想 4冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1120281850/l50
今日読んだSF/FT/HRの感想 3冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1102856546/l50
今日読んだSF・FT・HRの感想:2冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1055757509/l50
今日読んだSF・ファンタジーの感想を書くスレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1018270182/l50

2 :このスレのルール:2007/03/21(水) 22:34:35
★荒らしの自作自演や陰湿な挑発、ID表示でも明らかな煽り書き込み等などはスルーを、反応した書き込みにもスルーを。
(反応すると削除依頼の妨げとなります。 荒 ら し の 名 誉 毀 損 書 き 込 み があっても却下されます)

 上記の名誉毀損書き込みを行った、荒らしコテハンにどうしても我慢できない場合は以下のスレへ。

【ボケカス】書斎魔神・アホアホ語録格納庫 その15
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1173795554/l50
(「書斎魔神」は「ミステリ板住人」の別ハンです)

●スレを私有化し、日記代わりにする事や、スレ違いの講義なる長文、オリジナルシナリオなる長文などの書き込みは、
 ご自身のサイトを作り、そこで行ってください。削除人からも警告されている行為です。
●未読の人のために、結末部分のネタバレは厳禁とします。
 どうしても語りたい人はメール欄を活用してください。

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/22(木) 01:45:12
おつ

4 : ◆GacHaPR1Us :2007/03/22(木) 22:21:28
もうまとめサイトも機能停止してるし、単なる雑談スレになっちゃってるし、
さらに言えばなんか変なのに常駐されてわけだし、もう立てなくてよかったと思うよ。

自分ももう書き込まない。それぞれの作家スレに投じるから。んじゃ。

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/22(木) 23:23:25





糸冬








6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/23(金) 12:33:45
うざいコテハンが一匹消えてよかったw

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/23(金) 13:43:23
本当に消えてくれるならね・・・。どうせまた出てくる差・・・。
最近一部で話題の林某みたいにw
さようなら宣言した後にすぐに出てきて叩かれて、その後擁護自演、最後には釣りでした宣言w

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/23(金) 15:27:14
「光の王」ロジャー ゼラズニイ

ファンタジーと東洋思想を融合させたイメージ
漫画家でゼラズニイ 好きな人多いんじゃないかと、、、

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/23(金) 15:50:03
「老人と宇宙」ジョン・スコルジー

先達の作品の影に怯えなくてもオッケー。
ガジェットのアイデアもありそでなさそ。
読んでるときは楽しかったが、回春の
アイデアはどうしても納得いかなかった。w

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 01:42:06
沈黙のフライバイ/のじりん/ハヤカワ文庫

引き締まった物語が並び、読んでいて気持ちいい。
登場人物の善良さも相まってクラークの短編集を思い起こさせる。
(つーか本人も意識しているんだろうけど)
まとまりが良すぎるので、もう少し大きな展開の話も読みたいが
それは今後に期待。というかもっと小説書け。 8点+@

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 02:00:27
「航路」 コニー・ウィリス

女が書いて、女が読む本。

登場人物は、認知心理学者を自称する主人公も含めて全て、
他人の話を聞かない、自分の要件がこの世で最も重要だと思っている、
独善的な性格の人間ばかり。
べらべら良くしゃべるが、まったく共感できない。

訳者は、主人公キャラ・悪役キャラ・活発な女の子キャラ・主人公の友人キャラ等が
明確でわかりやすいと書いているが、自分には全員おなじキャラにしかみえなかった。

キャラクタの書き分けはキャラクタの行動ではなく、主人公の感情でのみ示されている。
つまり、主人公が嫌いだから、悪役キャラなのだ。
キャラクタの行動自体は悪役キャラであるミセス・ダベンポートとなんら代わることの無い
「(私に言わせれば)狡猾でわがまま」な女の子メイジーは、主人公が「気に入っている」という理由だけで
「愛すべき」キャラになってしまう。

「メイジーは可愛い」と思えるような人じゃないと、本書は楽しめないだろう。
わたしにとって、文庫本で上下巻1300ページちかい分量は、苦行そのものだった。

唯一の救いは、会話文が多く、項数の割りに早く読めること。

ちなみに、冒頭で女が云々というのは、以前読んだジル・チャーチル(ミステリ作家)の小説に雰囲気が
そっくりだったから。

3点

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 02:14:12
ニュースペースオーダー ナムコ

http://www.newspaceorder.com/linkoflife/index.htm

SFアニメノベル

宇宙艦隊ものだが男の友情と幼女w
べただが面白い。




13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 10:34:32
「大地への下降」ロバート・シルヴァーバーグ

シルヴァーバーグがこだわるテーマのひとつ「再生」の物語。
異星の生態系もまずまずの描写だし、再生失敗した者の描写はとても良かった。

ただ、全般的に起伏も伏線もなく静かにすすんでいく物語が退屈しがちではあった。
ラストの生態系の秘密も全然驚きはなかったし。(もっともその生態系の秘密はこの小説のキモでもなんでもないので特に気にならないが。)
再生のイメージは、良い。

シルヴァーバーグとしては普通レベルの出来かな?
古本屋では高価(\1500だった)だから、どうしても買わなければというほどでもないし、金返せというほどでもなかった。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 12:06:45
「バーサーカー」
人間が理解できず交渉の余地なぞないジェイムスン教授のような外見の
機械知性と死闘を繰り広げる物語・・・ではなかった。
大昔からそういうストーリーだとばかり思っていた。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 18:22:59
>>11
臨死体験をネタにしたロマンス小説だからなあ。
どう見てもウィリスのなかでは失敗作だよね。

訳者あとがきで「十年のいちどの傑作」とか書いてるのを見て、
おれは大森望を見捨てた。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 18:37:12
「だって駄作でも誉めないと売れないんだから誉めるしかないじゃない」

17 :ミステリ板住人 ◆0FE6khB7i2 :2007/03/24(土) 20:03:27
掘 晃「バビロニア・ウェーブ」    4点
あらかじめタイトルのネタばれをしておくと、
全長5830光年の銀河系を垂直に貫くレーザー光速であり、
単純な概算でも光が片道進むだけで、古代バビロニア以前から出発している点に
由来するものである。
この人が「太陽風交点」でデビューした時は、阪大工学部卒というSF作家としては
申し分のない学歴でもあり、いずれは小松御大の遠未来ものの後継者となり、
特に小松作品には無い宇宙を舞台にした傑作長編(「さよならジュピター」もアレ
だったし…)をモノにするだけの力量の持主だと期待していた。
しかし、初長編にして、もっかのところの唯一の長編である本作の刊行までに
デビューから10年を要したうえに、デビュー当時からの科学的考証に偏重気味で
読み易さ等小説として配慮を欠く点は改善されておらず、
(この点で、同様なハードSF路線を取っていても、適度に萌えキャラを配したり、
お笑いを散りばめる小川一水は「SF」だけでなく「小説」創りにも長けていると言える)
SFとしてのグッドアイデア(反射鏡を利用し太陽系の涯てに発見されたレーザー光束、
通称バビロニア・ウェーブから地球へエネルギー供給する等)ながら、
理科系人間の語りにありがちな「なんだか面白そうな話だけどわかり難い」に終始して
しまっているのが残念ではある。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 20:56:38
堀 晃だ

もはやSFに対する悪意しか感じられないわ
1SFファンとしてお前を排斥する

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 22:15:51
>>17
ネタばれ→回顧→学歴w
フルコースだなw

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 22:25:46
掘 晃waros


21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 22:27:05
おーもりさんは昔っから天性の商売人だから仕方ないよ
業界体質が染み付いています

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 23:08:28
作者名と作品名は間違えない。

これが作品を評するときの最低の礼儀だと思う。
少なくとも商業ベースに載った作品を評しているのだから、
作品や作者に関して、それなりの敬意は払いなさい。

そんな礼儀もわきまえないあなたには、
好意的な感情など抱けるわけが無い。

なぜ排斥されるのか良く考えなさい。

どうも2chだから何をやっても良いかのような
誤解を抱いているようだが、
そんああなたの所業を見ると、
あなたは実社会でも評価されてないでしょう

だからこんなところで鬱憤(うっぷん)を晴らしているのかも
しれないが、
自分の人生をもっと有意義にすごせるように
よく考えなさい。

そんな人生はつまらないぞ

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 23:16:29
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/sf/1174483983/19 2007/03/24(土) 22:15:51
コピペ元 http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1173795554/384 (メール欄の内容を一部改変)

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 23:39:04
このスレは、もうやめようよ。
このスレが楽しいSF者はないよ。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/24(土) 23:55:19
だったら、まずおまえが消えろsage

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/25(日) 00:02:02
ってか、ここはミステリ板住人の隔離スレだろw

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/25(日) 00:06:52
ここが無くなったら奴があらゆるスレで縦横無尽に暴れまくる。
ここはそんな奴を封じ込めておくためのスレであり、貴重な時間を
奴なんぞに割いてあげれる勇者が集うスレでもある。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/25(日) 13:11:17
>>17

掘 晃は堀 晃の間違いでは?

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/25(日) 13:43:22
スルー出来ない馬鹿ばっかり

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/25(日) 14:29:34
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/sf/1174483983/28 2007/03/25(日) 13:11:17
コピペ元 http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1170589481/328 (改変)

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/26(月) 09:17:06
>24
確かにミス住のせいでクソスレ化したな

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/26(月) 12:34:18
>>31
いや、ミス住を追って来たアンチが荒らしている。
書き込みを読めばそれは明白。

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/26(月) 13:42:28
>>31
まとめ氏にスルーされているくらいだからね。
それより何より、スレを汚さないように別板に貼られた叩きレスを
平気でこのスレにコピペしてくる荒らしっぷりがまた香ばしい。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/26(月) 18:37:09
もしかしてコピペして「アンチ」のせいにしてるつもりだったのか
あまりにもアホすぎるぞミス住w

35 : ◆GacHaPR1Us :2007/03/26(月) 22:23:14
>>32
全部同じ奴だろ?

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/26(月) 22:52:36
もう来ないんじゃなかったのかよ
しかも自演に釣られてるし

37 : ◆GacHaPR1Us :2007/03/26(月) 23:06:47
だーれがこないと言った。
簡素を投下しない、とのたまわっただけだ、この逃げ腰ポテトめ!

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/26(月) 23:11:19
感想も書かないなら来なくていいよ

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/26(月) 23:47:17
失せろボケ

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/27(火) 01:21:29
>>36 >>38 >>39 はコテハン叩きだな

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/27(火) 02:40:06
コテハン叩きでも別にいいよ
ガチャだろうと例の気違いだろうと変なコテハンは来なくて結構

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/27(火) 08:02:10
真面目に(自分の)感想upってくれるなら、コテハンでもなんでもいいけどな。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/27(火) 09:35:47
わざとネタバレ書くコテハンはイラネ

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/27(火) 11:13:18
「必須条件は本の題名、作者、点数(10点満点)、感想」
他はいらない。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/27(火) 18:38:16
ガチャさんを悪く言うな。
だいたいそれコテハン叩きでルール違反だからね。

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/27(火) 18:50:25
といいながらageてる>>45に作為的なものを感じるのだが

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/28(水) 19:36:01
>>46
age、sageごときでごちゃごちゃぬかすなボケ。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/29(木) 00:07:14
遂にこらえなくなってキレましたとさwww幼稚園児w北朝鮮ww

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/29(木) 01:20:34
世界の中心で愛を叫んだけもの  ハーラン・エリスン

いまさらながら読んでみました。
己のためだけに暴力をふるうくそったれ野郎どもがなんとも強烈。
不自然な箇所をヴァイオレントでスピーディーな展開でねじ伏せている話が多い気がする。

暴力と狂気の合間に見え隠れする著者の意図はひねくれてるけど、なんとなく分かる気もする。
やっぱ男は闘争心と矜持が無きゃね。


以下印象に残った話
「世界の中心で愛を叫んだけもの」
「眠れ、安らかに」
「星々への脱出」
「聞いていますか?」
「少年と犬」

全体的に男性向けだけど、特に「少年と犬」は女性にはまったく共感できない話だろうなぁ・・・
あと、全体に漂う「俺ってカッケー」な雰囲気が少し鼻についた。

7点

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/29(木) 23:39:28
ウィリアム・テン短編集1〜2 1968年
創元SF文庫1973年初版中村保男訳
アポロ前だから古臭さや未来の読み違えはありますが
その当時としてはアイデア満載の短編集であったのでしょう
文明批判もあるし笑わせてやろうとゆうサービス精神も感じるし
SF者としては軽く流して楽しめるのではないかと思いまつ(笑)
6点

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/30(金) 10:05:10
>>50
未来予知できるといいねw

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/31(土) 22:07:43
空想より科学へ

たまに読むと面白い。8点

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/02(月) 23:44:30
古い小説で恐縮だが。

「さなぎ」 ジョン・ウィンダム ハヤカワ

おもしろかった。
細部に古さと、ちょっとした説教臭さは感じられるが、
全体的な完成度や登場人物たちの物語は高く評価できる仕上がりになっている。
この手のお話は、いくら読んでも飽きない俺の嗜好も大きいだろうがw

8点

一点気になった所がある。
主人公に叔父さんが世界の有り様を教えるところで、
人間の住む領域から外縁に近づくにつれ、〈偏奇〉が増え、
やがて、何も生存できない領域が広がっている世界で、
〈偏奇〉した植物達が、人の住めない領域を矯正し、その領域を小さくしていってる。
という、報告が簡単に紹介されている。

小説の中のごく小さな挿話だが、
これって、ナウシカの腐海そっくりだなと思った。
宮崎はやおは、これについて何か言ってるのだろうか?

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/02(月) 23:52:14
もういっちょ。

「猫語の教科書」 ポール・ギャリコ ちくま文庫

猫語を人間が学ぶための教科書ではなく、
猫語で書かれた、猫による猫のための教科書の人類語版。

内容は、猫が人類を征服するために必要な事。

7点

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/04(水) 21:21:31
オーデュポンの祈り/伊坂幸太郎
クズとゆうか糞とゆうか…変質者の寝言だこりゃ
こんなゴミには触る必要なし
零点

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/04(水) 23:06:37
伊坂はつまらんよな。
文体キモイし。
ちょっと背伸びした子供が文学を気取ると
こんな感じになるかなって様な作風だ。

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/05(木) 09:14:07
>>56
ゴミ箱直行でした
文学賞って信用ならんですなw

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/05(木) 16:45:28
野尻抱介 「太陽の簒奪者」(文庫版)

作者がいろんなSFを読んでいることはよくわかった。
他のSF作品から拝借したアイディア以外の部分はすかすかの内容だった。
ファンの書いた小説なんてろくなもんはないんだなというのが読後感。

個人的には、アイディア面で大いにお世話になっているのに、
作中でも解説でもフォワードを貶しているのが許せなかった。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/05(木) 18:41:54
ファン・ライターがだめ???

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/05(木) 23:41:38
>>59
じゃなくて、ガンダム世代が駄目なんだよ
科学をナメとるからなぁw

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/06(金) 12:07:54
後学のために太陽の簒奪者のパクり部分がどこなのかとその元ネタをご教授して欲しいな

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/06(金) 12:59:37
たぶんレーザー駆動のこと言ってんじゃない?
パクリとはいいがたいなあ。
ていうかこの辺のガジェットをどう見るかで
SF者のセンスってわかるね。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/06(金) 15:05:57
>>58
あのスカスカって何なんだろうね?
クラーク的なところを狙っていることは分かるんだけど、
なにかこう、もうひとつ魂が入ってないんだよね。

64 : ◆GacHaPR1Us :2007/04/06(金) 22:29:32
のじリン★がスカスカなのは頭頂部と人間ドラマ部分だとばかり

65 :58:2007/04/07(土) 09:03:43
>>62
パクリと言うつもりはないよ.
ただ読みながら,
「無限アセンブラ思い出した」
「ロシュワールド思い出した」
「宇宙のランデブー思い出した」
「何かクラークの作品にあったような気がするな」
「銀河旅行思い出した」
としょっちゅう感じたってこと.
ガジェットを消化しきってない感じ.
そのくせ
フォワードのやりかたを「ありゃ欠点だらけ」とか書くから
カチンと来るんだよなぁ.言い方ってもんがあるだろうに.

で,
>>63
>なにかこう、もうひとつ魂が入ってないんだよね。
そうそう.そんな感じ.



66 :ミステリ板住人 ◆0FE6khB7i2 :2007/04/07(土) 10:45:46
T・J・バス「神鯨」         5点
本作を読了したSFオタの評価は高いものの、品切れ状態が継続しており、
再版予定も無い「幻の話題作」と言うても良いものである。
再版出来ないのは、読んでみれば納得、内容というよりは(部分的利用され使い捨てに
されるクローン人間等、現代に十分通用するヘビーなネタはあるが)
かたわ、ちんば、びっこ、気ちがい…70年代の初訳だからこそ許されたであろう
差別用語が満載なのである。
しかし、新訳の可能性はゼロではないものの、本書の思いきりが良いこなれた訳は
読み易く非常に捨て難いものがあり、
特に水棲人女性オパールの台詞を、大河ドラマ「風林火山」のみつを想起させる
甲州弁で訳した点など斬新そのものと言い得る。
「ちゃんと、潜ってするだよ。あのね―愛の―儀式は、水に浸ってするものだで」
(ハイブ人の逃亡者ハーとの水中SEXのシーンより)
物語構成は、短編連作集といった構成であり、前述した医学・生物学ネタのハードSFあり、
海洋冒険ファンタジーあり、戦闘バトルあり等の多彩な内容ではあるが、
視点を人間界を訪れる海神に置いた最終章「聖なる鯨」は、正に異色のファンタジー、
アーノルド(人造人間)との間に出来た王妃の子を王の実子と誤魔化すくだりは、
神によるイカサマ(というよりはイカサマな神か?)で笑えるものがある。
ただし、作者が学者との兼業のうえ、本作執筆当時は作家としてキャリアも浅かった
せいか、語りが理詰めで淡白に過ぎるうえに(これは作風の範疇と言い得るかもしれぬが)
小説としての全体のまとまりを欠く感はある。

67 :ミステリ板住人 ◆0FE6khB7i2 :2007/04/07(土) 10:47:21
訳者の日夏響氏のその後の仕事は聞かず、作者のT・J・バスの邦訳も本作のみ、
共に異色な本作のみで真っ白に燃え尽きてしもうたのであろうか…
タイトルに冠された「神鯨」(名はロークァル・マル)は、シロナガスクジラが改造された
サイボーグ船だが、このアイデアを見て、
筆者の手になる「怪獣軍艦」を想起した読者も多いのではないか?
南太平洋で捕獲された恐竜は密かに国軍秘密基地で戦闘用軍艦へと改造されていた。
北極海で旅客機の謎の失踪が連続して発生、密命を帯びたミフネ中尉(*言うまでもなく、
あの若き日の世界のトシロー・ミフネがモデルである)は、恐竜軍艦に乗り込み厳冬の
北極海へ調査へ向かう、その行く手に待ち受けるものとは…
版元にはまだ僅少な部数が残存しているゆえ、購入希望者は、即、連絡されたし!

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/07(土) 11:21:02
>>65
彼はね、応用SF作家なんだよ。
その意味ではとても日本的なわけだ。
沈黙のフライバイの短編集読めばわかるよ。
出所がわかりづらいのはきちんと書いたりしてる。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/07(土) 18:46:09
>>66-67
>あの若き日の世界のトシロー・ミフネがモデルである)は、恐竜軍艦に乗り込み厳冬の
>北極海へ調査へ向かう、その行く手に待ち受けるものとは…

戦前のSFですか?
書斎のSF観って本当に古くさいな

>版元にはまだ僅少な部数が残存しているゆえ、購入希望者は、即、連絡されたし!

また脳内作家ごっこですか
50にもなってごっこ遊びとは情けないね

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/07(土) 18:46:41
>>67
いくら検索しても、国会図書館にさえ収蔵していないものを、
いったいどこに連絡しろというんだろうこの馬鹿はw

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/07(土) 18:48:32
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1173795554/771-772

嫌がらせコピペなので無視して結構ですので


72 :ミステリ板住人 ◆0FE6khB7i2 :2007/04/08(日) 21:37:39
山田正紀「神狩り」         3点
刊行当時はセンセーショナルな感があった本作だが、現時点での客観的で妥当な評価は
こんなところであろうかと思う。
後に日本でも読書人の間で静かなブームとなるヴィトゲンシュタイン哲学に
下手に触発されたSF(思索小説の方の意)に過ぎないとの辛口な評さえあり得よう。
学生運動による大学封鎖を利用したCP利用、ヒロイン理亜(ユリア)があっさりと
自死し退場してしまうクールさ等、いかにも70年代を感じさせる。
物語は謎の古代文字がいわゆる火星の運河と称されるものの紋様と同じであること、
これが神から人類への何らかのメッセージだということまでは明らかにされるものの、
(ここでまたしても「赤い星はやっぱり、やっぱり漏れの故郷だ!」
と絶叫するアホなSFオタはいい加減に逝ってよし!)
本格的な神との対決(タイトルの神狩り)までには到らず、
後の続編(まさか21世紀になるとは思わなんだが)を予想させて終わる。

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/08(日) 22:15:13
>>72
今頃神狩りを読んでいる奴に
( ´,_ゝ`)プッ
を禁じ得ない。
このあとの
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
ぶりが予想させて終わってる。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/08(日) 22:37:10
>>72
よっぽど気に入ったんだなw >赤い星はやっぱり、やっぱり漏れの故郷だ!
思考のトラックがますます狭くなっているようだなw

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/08(日) 22:38:42
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1173795554/833

嫌がらせ目的のコピペですので無視で


76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/08(日) 23:55:58
>>72
いい加減死ねww

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)